基本情報

写真a

橋本 雅仁

HASHIMOTO Masahito


職名

教授

研究分野・キーワード

複合糖質、構造、機能解析、生物活性、分子間相互作用、NMR、細菌、感染症、自然免疫、植物免疫

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.cb.kagoshima-u.ac.jp/lab/hsk/

特記事項

化学生命工学科

プロフィール

細菌由来分子の化学構造および機能解析、宿主細胞との分子間相互作用解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学,准教授,2004年04月 ~ 2014年04月

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻,教授,2014年05月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,1992年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生化学会,1996年10月 ~ 継続中,日本国

  • American Chemical Society,1997年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本免疫学会,2000年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本細菌学会,2001年01月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物分子化学

  • 細菌学(含真菌学)

  • 高分子化学

  • 有機化学

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Characterization of outer membrane vesicles of Acetobacter pasteurianus NBRC3283 ,J. Biosci. Bioeng.,125巻 4号 (頁 425 ~ 431) ,2018年04月,Hashimoto M, Matsumoto T, Tamura-Nakano M, Ozono M, Hashiguchi S, Suda Y.

    DOI:10.1016/j.jbiosc.2017.11.006,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,D-tagatose inhibits the growth and biofilm formation of Streptococcus mutans.,Mol Med Rep,17巻 (頁 843 ~ 851) ,2018年01月,2. Hasibul K, Nakayama-Imaohji H, Hashimoto M, Yamasaki H, Ogawa T, Waki J, Tada A, Yoneda S, Tokuda M, Miyake M, Kuwahara T.

    DOI:10.3892/mmr.2017.8017,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Characterization of the O-antigen polysaccharide derived from Pantoea agglomerans IG1 lipopolysaccharide.,Carbohydr. Res.,449巻 (頁 32 ~ 36) ,2017年06月,1. Hashimoto M, Satou R, Ozono M, Inagawa H, Soma G-i

    DOI:10.1016/j.carres.2017.06.017,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,TLR2-stimulating contaminants in glycoconjugate fractions prepared from Bacteroides fragilis.,Innate Immun.,23巻 5号 (頁 449 ~ 458) ,2017年05月,2. Hashimoto M, Waki J, Nakayama-Imaohji H, Ozono M, Hashiguchi S, Kuwahara T.

    DOI:10.1177/1753425917714313,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Characterization of O-antigen polysaccharide backbone derived from nitric oxide-inducing Mesorhizobium loti MAFF 303099 lipopolysaccharide.,Carbohydr. Res.,445巻 (頁 44 ~ 50) ,2017年04月,Hashimoto M, Mizukami M, Osuki KI, Fujiwara N, Suda Y, Uchiumi T.

    DOI:10.1016/j.carres.2017.04.002,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,エンドトキシン・自然免疫研究 18,医学図書出版,2015年09月,橋本雅仁

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,エンドトキシン・自然免疫研究 16,医学図書出版,2013年10月,橋本雅仁、隅田泰生、俵積田一樹

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,エンドトキシン・自然免疫研究 14,医学図書出版,2011年11月,小野敬子、俵積田一樹、隅田泰生、橋本雅仁

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,エンドトキシン研究 12,医学図書出版,2009年11月,俵積田一樹、橋本雅仁、隅田泰生

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Structure and synthesis of lipid A.,Adv. Exp. Med. Biol.,667巻 (頁 5 ~ 23) ,2010年08月,Kusumoto S, Hashimoto M, Kawahara K.

    DOI:10.1007/978-1-4419-1603-7_2,総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,グラム陰性菌のペプチドグリカンを認識する Nod1 と自然免疫,臨床免疫,41巻 3号 (頁 309 ~ 313) ,2004年03月,橋本雅仁、猪原直弘

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞,2014年12月06日,日本国,その他の賞,日本エンドトキシン・自然免疫研究会,橋本 雅仁

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第24回日本エンドトキシン・自然免疫研究会,国内会議,2018年11月 ~ 2018年12月,関東学院大・関内メディアセンター,酢酸菌による外膜小胞の産生とその性質,口頭(一般)

  • 4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018),国際会議,2018年10月 ~ 2018年11月,Kagoshima University,Immunostimulatory components in kurozu,口頭(一般)

  • 第70回日本生物工学会大会 (2018),国内会議,2018年09月,関西大学千里山キャンパス,酢酸菌由来外膜小胞の収量改善の検討,口頭(一般)

  • 2017年度生命科学系学会合同年次大会,国内会議,2017年12月,神戸市,Acetobacter pasteurianus 由来外膜小胞の分離と免疫刺激能,ポスター(一般)

  • 酢酸菌研究会第9回研究集会,国内会議,2017年10月,愛知県半田市,酢酸菌リポ多糖の構造と生物活性,口頭(招待・特別)

全件表示 >>