基本情報

写真a

野口 和行

NOGUCHI Kazuyuki


職名

教授

研究分野・キーワード

歯周病、炎症、免疫、プロスタグランジン、サイトカイン、歯周組織、再生療法

プロフィール

歯周病の病因の研究、歯周組織再生の研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科

    大学,1985年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科

    博士課程,1989年03月,修了,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座,教授,2008年03月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 歯学部 歯学科 歯周病学, ,2008年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • IADR,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 口腔病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯科保存学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯周病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯周病学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,BMP9 directly induces rapid GSK3-β phosphorylation in a Wnt-independent manner through class I PI3K-Akt axis in osteoblasts,FASEB J,33巻 11号 (頁 12124 ~ 12134) ,2019年11月,2. Eiraku N, Chiba N, Nakamura T, Amir MS, Seong CH, Ohnishi T, Kusuyama J, Noguchi K,Matsuguchi T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,BMP9 Prevents Induction of Osteopontin in JNK-inactivated Osteoblasts via Hey1-Id4 Interaction,Int J Biochem Cell Biol,116巻 (頁 105614 ~ ) ,2019年11月,1. Joji Kusuyama*, Changhwan Seong, Toshiaki Nakamura, Tomokazu Ohnishi, Muhammad Subhan Amir, Kaori Shima, Ichiro Semba, Kazuyuki Noguchi, Tetsuya Matsuguchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Low-intensity pulsed ultrasound promotes bone morphogenic protein 9-induced osteogenesis and suppresses inhibitory effects of inflammatory cytokines on cellular responses via Rho-associated kinase 1 in human periodontal ligament fibroblasts.,J Cell Biochem (頁 10 ~ ) ,2019年09月,Kusuyama J, Nakamura T, Ohnishi T, Albertson BG, Ebe Y, Eiraku N, Noguchi K, Matsuguchi T.

    DOI:10.1002/jcb.28727. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Split-mouth evaluation of connective tissue graft with or without enamel ,Clin Oral Investi,23巻 8号 (頁 3339 ~ 3349) ,2019年08月, Shirakata Y, Nakamura T, Shinohara Y, Nakamura-Hasegawa K, Hashiguchi C, Takeuchi N, Imafuji T, Sculean A, Noguchi K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,JNK inactivation suppresses osteogenic differentiation, but robustly induces osteopontin expression in osteoblasts through the induction of inhibitor of DNA binding 4 (Id4).,FASEB J,33巻 6号 (頁 7331 ~ 7347) ,2019年06月,Kusuyama J, Amir MS, Albertson BG, Bandow K, Ohnishi T, Nakamura T, Noguchi K, Shima K, Semba I, Matsuguchi T.

    DOI:10.1096/fj.201802465R. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,歯周病患者に対する歯周治療ガイドライン 改訂第2版,医歯薬出版,2015年03月,石原裕一、大石慶二、須田玲子、玉澤かほる、内藤 徹、中川種昭、長澤敏行、西村英紀、野口和行、三邊正人、山田 聡、吉成伸夫、松山孝司

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,骨格性下顎前突症を伴う広汎型重度慢性歯周炎に包括的治療を行った一症例,日歯周誌,2014年12月,白方良典、山本芳文丈、野口和行

    調査報告書,共著

  • 日本語,ザ・ペリオドントロジー第1章 歯周病を正しく理解するための基礎知識7.歯周病の生化学 2 プロスタグランジンと歯周組織破壊,永末書店,2014年03月,迫田賢二、野口和行

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,歯周病と早産・低体重児出産,イラストで語る歯科医療最前線,2013年03月,和泉雄一、長谷川―中村 梢、野口和行、古市保志

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,歯周病の分類,臨床歯周病学 第2版,2013年01月,野口和行,松山孝司

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,特殊な歯周病の診断と治療,日歯保存誌,57巻 6号 (頁 477 ~ 483) ,2014年12月,野口和行、中村利明、白方良典

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,歯周病とは,月刊糖尿病,6巻 5号 (頁 21 ~ 29) ,2014年06月,白方良典、野口和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,細胞移植による歯周組織再生,鹿歯会報,110巻 689号 (頁 7 ~ 9) ,2013年09月,迫田賢二、白方良典、中村利明、野口和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,歯周病と産婦人科疾患の関連性 ー最近の研究動向についてー,日本歯周病学会会誌,54巻 1号 (頁 5 ~ 10) ,2012年03月,中村 梢、立石ふみ、中村利明、野口和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,歯周組織再生療法の現状と今後の展望,鹿歯会報,100巻 679号 (頁 5 ~ 7) ,2012年01月,白方良典、吉元剛彦、中村利明、谷山勝義、竹内尚士、野口 和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 47th Asia Pacific  Advanced Network Meeting,国際会議,2019年02月,Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea.,Osteocytes in Periodontal Disease. ,口頭(一般)

  • 平成30年度 日本歯周病学会九州五大学 日本臨床歯周病学会九州支部 合同研修会,国内会議,2018年11月,福岡市 アクロス福岡,BMP9のWnt非依存的Gsk3β/β− cateninシグナル伝達経路を介した骨芽細胞分化,口頭(一般)

  • 日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会,国内会議,2018年11月,京都市  みやこめっせ(京都市勧業館),骨芽細胞分化におけるBMP-9の特異的シグナル伝達経路 の解明,口頭(一般)

  • Europerio 9,国際会議,2018年06月,Amsterdam,Healing of gingival recessions treated with coronally advanced flaps and subepithelial connective tissue grafts with or without an enamel matrix derivative: A comparative study in dogs,口頭(一般)

  • 10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting,国際会議,2013年09月,Nara,An exploratory study on the efficacy of rat dedifferentiated fat cells (rDFATs) with poly lactic-co-glycolic acid/hydroxylapatite (PLGA/HA) composite for bone formation in a rat calvarial defect model.,その他

全件表示 >>