Updated on 2022/07/29

写真a

 
KAWAI Kei
 
Organization
Research Field in Cooperation, Integrated Arts and Sciences Area International Center for Island Studies, Professor
Title
Professor

Degree

  • 博士(水産学) ( 1993.9   北海道大学 )

Research Interests

  • 人と自然との関係・巻貝の生態・島嶼・DNA多型

  • 奄美群島、薩南諸島、フィジー、オセアニア、東南アジア、太平洋、英国

Research History

  • Kagoshima University   Professor

    2010.4

  • Kagoshima University

    2000.10

Professional Memberships

  • 日本島嶼学会

    2015.10

  • 日本貝類学会

    2015.10

  • 日本ベントス学会

    2015.10

  • 日本生態学会

    2015.10

  • 島嶼産業研究会

Committee Memberships

  • 日本島嶼学会   理事・事務局長  

    2013.10   

      More details

    Committee type:Other

    日本島嶼学会

 

Papers

  • TORII, Takashi, COKANASIGA, Apimeleki, KAWAI, Kei, OGAWA, Ryuichi,NISHIMURA, Satoru, VEITAYAKI, Joeli .  Impact Analysis of Implementation of Sea Cucumber Resource Management Policy in Fiji: Focusing on Changes in People’s Lives and Resources. .  The Journal of Island Studies23 ( 1 ) 15 - 32   2022.3Impact Analysis of Implementation of Sea Cucumber Resource Management Policy in Fiji: Focusing on Changes in People’s Lives and Resources.Reviewed International coauthorship

     More details

    Language:English  

  • 高山耕二・大牟田 愛・中村南美子・落合晋作・秋元 哲・鈴木真理子・河合渓・赤井克己・中西良孝 .  ワイヤーメッシュ柵に対するアマミノクロウサギの行動反応 .  日本暖地畜産学会報64   2021.9ワイヤーメッシュ柵に対するアマミノクロウサギの行動反応Reviewed

  • KAWAI Kei, NISHIMURA Satoru, TORII Takashi, OGAWA Ryoichi, COKANASIGA Apimeleki, VEITAYAKI Joeli .  Sustainable Development Goals and the Coastal Fisheries of Fiji in the Pacific Islands .  Journal for the Island Industry4   8 - 13   2021.6Sustainable Development Goals and the Coastal Fisheries of Fiji in the Pacific IslandsReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 河合 渓, 西村 知, 鳥居享司, 小川領一, A. コカナシカ, J. ベイタヤキ .  沿岸域砂泥底に生息する二枚貝Anadara spp.の人間活動を介した海から陸への移動 -フィジー共和国ビチレブ島南東部の村落を例に- .  島嶼研究21 ( 1 ) 15 - 40   2021.2沿岸域砂泥底に生息する二枚貝Anadara spp.の人間活動を介した海から陸への移動 -フィジー共和国ビチレブ島南東部の村落を例に- Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 髙山耕二 ・小出圭史・中村南美子・鈴木真理子・河合 渓・大島一郎・中西良孝 .  カイウサギが通り抜け出来ない方形枠のサイズは? .  鹿児島大学農学部学術報告71   1 - 10   2021 カイウサギが通り抜け出来ない方形枠のサイズは?

  • Komai T., Kawai K., Ng P.K.L. .  On the identity of the poorly known pea crab, Pinnothera obesa Dana, 1852, and description of a new species of Arcotheres Manning, 1993 from the Southwest Pacific (Decapoda: Brachyura: Pinnotheridae) .  Zootaxa4822 ( 2 ) 221 - 247   2020.8Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Zootaxa  

    DOI: 10.11646/zootaxa.4822.2.5

    Scopus

    PubMed

  • Kawai K., H. Moriwaki, M. Okuno, T. Fujiki, G. Cowan, G. McCormack, P. T. Maoate .  Shell colour polymorphism of the intertidal gastropod Nerita plicata population in the Cook Islands .  South Pacific Studies   2020.3Shell colour polymorphism of the intertidal gastropod Nerita plicata population in the Cook IslandsReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 河合渓 .  薩南諸島沿岸域に生息する貝類の多様性 .  Occasional Papers   2020薩南諸島沿岸域に生息する貝類の多様性

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • 鈴木英治・河合 渓 .  平成28年度~令和元年文部科学省特別経費(プロジェクト)薩南諸島の生物多様性とその保全に関する教育研究拠点整備活動報告書 .  Occasional Papers   2020平成28年度~令和元年文部科学省特別経費(プロジェクト)薩南諸島の生物多様性とその保全に関する教育研究拠点整備活動報告書

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • Kawai K. Api Cokanasiga, Ryoichi Ogawa, Takashi Torii, Satoru Nishimura, Joeli Veitayaki .  Study on the Ecological Service of Fiji’s Bivalve Population .  Abstract in The 7th East Asian Island and Ocean Forum 2019   64 - 65   2019Study on the Ecological Service of Fiji’s Bivalve Population

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • Masashi Yamamoto, Yuta Natori, Ryuko Mori and Kei Kawai .  Investigation of Local Citrus Genetic Resources Grown on the Chuuk Islands of Micronesia and Their DNA Analysis .  The Horticulture Journal   2018Investigation of Local Citrus Genetic Resources Grown on the Chuuk Islands of Micronesia and Their DNA AnalysisReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books

  • 令和2~3年度文部科学省特別経費(プロジェクト)世界自然遺産候補地・奄美群島におけるグローカル教育研究拠点形成活動報告書

    鈴木英治・河合渓・松田忠大・藤内哲也( Role: Edit)

    鹿児島大学国際島嶼教育研究センター  2022.3 

     More details

    Total pages:172  

  • 知られざる境界のしま・奄美

    河合渓( Role: Contributor ,  島嶼研究としての奄美群島)

    北海道大学出版  2021.11 

     More details

    Total pages:79   Responsible for pages:14-15   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  •  魅惑の島々、奄美大島-自然編-

    河合渓( Role: Joint author)

    北斗書房  2021.10 

     More details

    Total pages:98   Responsible for pages:85-88  

  • The Tokara Islands: Culture, Society, Industry and Nature

    Kawai K( Role: Contributor)

    Hokuto Shobou  2020 

     More details

    Total pages:47-50   Language:English Book type:Scholarly book

  • 『日本ネシア論』別冊環

    河合渓( Role: Contributor)

    藤原書店  2019 

     More details

    Total pages:194-196   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • The Osumi islands : culture, society, industry and nature

    河合 渓, 寺田 竜太, 桑原 季雄, 鹿児島大学国際島嶼教育研究センター

    Kagoshima University Research Center for the Pacific Islands  2017  ( ISBN:9784892900419

     More details

▼display all

MISC

  • Research in the Kagoshima and Pacific Islands Invited

    Kawai K

    South Pacific Newsletter   32   1 - 3   2021.3

     More details

    Authorship:Lead author  

  • 新しいプロジェクト「世界自然遺産候補地・奄美群島におけるグローカル教育研究拠点形成」の紹介

    河合渓

    島嶼研分室便り   11   4 - 4   2020.10

     More details

    Language:Japanese  

  • 電気柵によるアマミノクロウサギののうちへの侵入防止は可能か?

    高山耕二・河合渓

    島嶼研便り   80   2020.10

     More details

    Language:Japanese  

Presentations

  • 河合渓   奄美群島におけるアマミノクロウサギの食害対策:食性調査  

    窓からの研究会  2022.6 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese  

    Venue:神戸  

  • 河合渓   太平洋島嶼における海面上昇への適応策としてのマングローブ植林の影響評価  

    ワークショップ「気候変動下オセアニアの環境・社会・健康」  2022.3 

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese  

    Venue:京都:遠隔  

  • 河合渓   熱帯・亜熱帯島嶼沿岸域の環境と貝類   Invited

    第17回奄美群島島めぐり講演会(沖永良部島・和泊町)  2021.12  鹿児島大学国際島嶼教育研究センター

     More details

    Event date: 2021.12

    Language:Japanese  

    Venue:沖永良部・和泊町  

  • Kawai Kei   Biodiversity and ecosystem services of marine mollusks in coral reefs in Kagoshima   Invited International conference

    MARINE ECOSYSTEM CRADLE OF BIOLOGICAL DIVERSITY, NATURAL CHEMICALS AND LEAD PHARMACEUTICALS  2021.11  Universiti Malaysia Sabah

     More details

    Event date: 2021.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:webinar  

  • Introduction to Japanese islands and their diversity  

    2021.10 

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:English  

    Country:Japan  

  • 鳥居享司, 河合渓, 西村知, 小川領一   フィジーの水産資源管理の現状と今後の視点  

    日本島嶼学会  2021.9  日本島嶼学会

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese  

    Venue:気仙沼・遠隔  

  • 河合 渓・西村 知・鳥居享司・小川領一・ベイタヤキ J   太平洋島嶼沿岸漁業における持続的な開発目標   International coauthorship

    日本島嶼学会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese  

    Venue:気仙沼・遠隔  

  • Mitsuru Okuno , Toshiyuki Fujiki , Keisuke Sakai , Hiroshi Moriwaki , Kei Kawai , Toshio Nakamura   Stratigraphy and AMS radiocarbon ages of the Karekare Swamp, Rarotonga, Cook Islands   International conference

    3rd International Radiocarbon in the Environment Conference  2021.7 

     More details

    Event date: 2021.7

    Language:English  

    Venue:ポーランド   Country:Poland  

  • 藤木利之・森川源太・酒井恵祐・奥野 充・森脇 広・中村俊夫・河合渓   花粉分析からみた東ポリネシア・クック諸島での人類到達時期  

    国際火山噴火史情報研究集会(福岡大学、オンライン  2021.4 

     More details

    Event date: 2021.4

  • 河合渓   環境変動に適応する島嶼研究の未来を考える  

    シンポジウム「コロナ禍の奄美群島で教育研究をどのように進めたか・進めるか」 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 高山耕二・河合渓   電気柵によるアマミクロウサギの農地への侵入防止は可能か?  

    シンポジウム「コロナ禍の奄美群島で教育研究をどのように進めたか・進めるか」 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 中村 南美子,𠮷本 勝太,鈴木 真理子,河合 渓,赤井克己,大島 一郎,中西 良孝,髙山 耕 二   アマミノクロウサギの侵入防止に向けたタンカン園における電気柵設置の有用性  

    日本畜産学会(オンライン開催)  2021.3 

     More details

    Event date: 2021.3

  • 河合 渓・西村 知・鳥居享司・小川領一・吉野健児・J. ベタヤキ   太平洋島嶼での二枚貝漁業による海から陸への物質移動に関する研究  

    日本貝類学会令和2年度大会  日本貝類学会

     More details

    Event date: 2020.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  • 河合渓   薩南諸島潮間帯に生息する貝類の殻色 多様性  

    日本島嶼学会2020年次大会  日本島嶼学会

     More details

    Event date: 2020.12

    Language:Japanese  

  • Kawai K, Nishimura S, Torii T, Ogawa R, Cokanasiga A, Kitolelei J and Veitayaki J   Sustainable Development of the Anadara spp., a Coastal Resource Bivalve in Fiji Islands   Invited International conference

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  • 河合 渓・藤木利之   アジア太平洋島嶼沿岸域に生息する貝類の殻色と基質の関係  

    国際火山噴火史情報研究集会 

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 福本 侑・藤木利之・奥野 充・森脇 広・河合 渓・酒井恵祐   クック諸島ラロトンガ島カレカレ湿原の完新世の珪藻群集変動  

    国際火山噴火史情報研究集会 

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 酒井恵祐・大串健一・藤木利之・奥野 充・森脇 広・河合 渓・中村俊夫   クック諸島ラロトンガ島カレカレ湿原の海成堆積物から得られた巻貝と有孔虫化石についての予察的研究  

    国際火山噴火史情報研究集会 

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 奥野 充・藤木利之・酒井恵祐・森脇 広・河合 渓・中村俊夫   クック諸島,ラロトンガ島カレカレ湿原の層序と年代:中間報告と今後の展望  

    国際火山噴火史情報研究集会 

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • KAWAI K., NISHIMURA S., TORII T., OGAWA R. COKANASIGA A. and VEITAYAKI J.   Integrated-disciplinary Research “Studying Material Circulation in Island: A Case Study of Viti Levu Island   International conference

    Corroborate Research Meeting in Malta University 

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • Kawai K., Nishimura S.,Torii T., Ogawa R. and Veitayaki J   Study on the Ecological Service of Fiji's Bivalve Population   International conference

    第7回東アジア島嶼海洋文化フォーラム 

     More details

    Event date: 2019.11 - 2019.12

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 小川領一、河合渓   小島嶼開発途上国におけるプラスチックごみの現状と課題  

    日本島嶼学会 

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤木利之、河合渓   東ポリネシア・クック諸島アチウ島の植生変化による人類到達年代  

    日本島嶼学会 

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 鳥居享司、酒井真帆、河合渓、西村知、小川領一、Apimekeli Cokanasiga   フィジー共和国沿岸住民の水産資源利用の変化―ナマ コ資源管理強化によるインパクト―  

    日本島嶼学会 

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 河合渓、西村知、鳥居享司、 A. コカナシカ、小川領一、J. ベタヤキ   沿岸域砂泥底に生息する二枚貝の漁業活動と島内での移動―フィジー諸島共和国ビチレブ島東部の村落を例に  

    日本島嶼学会 

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 河合 渓・藤木利之   太平洋島嶼潮間帯に生息する巻貝の殻色多様性に関する研究  

    日本貝類学会 

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 河合渓   薩南諸島における人と自然の共存   Invited

    国立科学博物館総合研究「黒潮」勉強会 

     More details

    Event date: 2019.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 河合渓   クック諸島における貝類の殻色彩多様性と様々な要因との関係   Invited

    基盤研究B「東ポリネシアにおける人類到達時期とその後の植生改変」平成30年度研究集会 

     More details

    Event date: 2019.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 奥野充・藤木利之・酒井恵祐・森脇 広・河合 渓・中村俊夫   ック諸島・ラロトンガ島カレカレ湿原から採取したコア試料Karekare 19-2の層序とAMS14C年代  

    日本第四紀学会2021年大会  2021.8 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 鳥居享司,河合渓,西村知,小川領一   フィジーの水産資源管理の現状と今後の視点  

    日本島嶼学会  2021.9 

  • 河合 渓・西村 知・鳥居享司・小川領一・J. ベタヤキ   太平洋島嶼沿岸漁業における持続的な開発目標  

    日本島嶼学会  2021.9 

▼display all

Research Projects

  • 奄美群島の持続的社会を目指した高付加価値漁業生産への変革とイノベーション研究

    2022.4 - 2026.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(C)

    鳥居 享司

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 世界遺産登録地奄美群島でのアマミノクロウサギと人との共存に関する研究

    Grant number:22K18509  2022.4 - 2026.3

    科研費  挑戦的研究(萌芽)

    河合渓

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 太平洋小島嶼国での資源利用の時空間解析による「人と自然の『共生』」に関する研究

    2021.4 - 2025.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 亜熱帯・熱帯アジア島嶼域における人と自然の「共生」に関する研究拠点形成

    2021.4 - 2024.3

    日本学術振興会   拠点形成事業:アジア・アフリカ学術基盤形成型 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • オセアニアの海面上昇による環境・社会・健康影響の検証とレジリエント社会の構築

    2020.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    古澤 拓郎

  • 地域醸成型の看護実践ならびに熟達を促す学習プログラム教材の開発

    2020.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    森隆子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 東ポリネシアにおける人類到達時期とその後の植生改変

    2019.4 - 2021.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    藤木 利之

  • 薩南諸島における陸貝の多様性維持機構の解明

    2018.4 - 2019.3

    科学技術振興機構  日本・アジア青少年サイエンス交流事業 さくらサイエンスプラン 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 太平洋島嶼域での「人と自然の持続可能な生態系」における生態系サービスに関する研究

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 亜熱帯島嶼生態系における水陸境界域の生物多様性保全の研究

    2014.3 - 2018.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(A)

    鈴木英治

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 島嶼沿岸域における生態系サービスと人間活動の相互関係に関する学融的研究

    2012.4 - 2015.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 亜熱帯島嶼域における「小さな島」の多様性に関する学融的研究

    2011.4 - 2013.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  挑戦的萌芽

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 南太平洋島嶼沿岸域における「人と自然の連動システム」に関する学融的研究

    2009.4 - 2012.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • ミクロネシア環礁域生態系における環境変動の影響を類型化するための定量調査

    2008.4 - 2011.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(C)

    長嶋俊介

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 南太平洋、クック諸島完新世海面変化と海岸環境変化に関する研究

    2008.4 - 2011.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(B)

    森脇広

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 南太平洋島嶼国にみられる伝統的社会における人と自然の共生システム

    2006.4 - 2008.3

    旭硝子  研究助成 

    西村知

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 環礁域の環境変動: 国際共同研究による拠点形成

    2006.4 - 2007.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(C)

    長嶋俊介

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 南太平洋島嶼国にみられる伝統的社会における人と自然の共生システム

    2005.4 - 2008.3

    日本学術振興会   科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 地球温暖化と太平洋島嶼地域

    2005.4 - 2006.3

    地域研究コンソーシアム  アンブレラプログラム 

    野田伸一

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 地球温暖化による南太平洋低島の水没が及ぼす生物多様性に与える影響に関する研究

    2002.4 - 2003.3

    文部科学省  在外研究員(創造開発研究) 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Social Activities

  • 琉球大学島嶼地域科学研究所学外委員

    2022.4 - 2024.3

  • 鹿児島県生物多様性鹿児島県戦略中間評価検討会委員

    2018.4 - 2019.3

     More details

    Audience: Governmental agency

  • 日本学術振興会科学技術委員会専門委員2段階書面審査基盤(C)

    2017.4 - 2019.3

  • 第21期南日カライモ倶楽部例会

    Role(s): Lecturer

    2017.4

     More details

    Audience: Company

  • 鹿児島県十島村簡易水道事業遠泳審議会委員

    Role(s): Organizing member

    2017.4

  • 鹿児島県奄美市総合戦略検討委員会委員

    Role(s): Advisor

    2016.4 - 2021.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  • 鹿児島県十島村地方創生効果検証委員会委員

    2016.4 - 2021.3

     More details

    Audience: Governmental agency

  • 日本学術振興会科学技術研究費助成審査委員

    2014.4 - 2016.3

▼display all