基本情報

写真a

嶽﨑 俊郎

TAKEZAKI Toshiro


職名

教授

研究分野・キーワード

分子疫学、離島、地域医療、がん、長寿

研究室電話

099-275-6853

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~islands/

プロフィール

生活習慣病予防と長寿に関する分子疫学研究、離島における地域医療学の構築

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 国際島嶼医療学講座,教授,2003年11月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部,所長,2003年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 九州地域医療教育研究会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島県農村医学研究会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本小児保健学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 鹿児島農村医学研究会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • へき地離島救急医療研究会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子疫学

  • 地域医療

  • 長寿科学

  • 疫学・予防医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Interactions between inflammatory gene polymorphisms and HTLV-I infection for total death, incidence of cancer, and atherosclerosis-related diseases among the Japanese population.,J Epidemiol,27巻 9号 (頁 420 ~ 427) ,2017年09月,Kairupan TS, Ibusuki R, Kheradmand M, Sagara Y, Mantjoro EM, Nindita Y, Niimura H, Kuwabara K, Ogawa S, Tsumematsu-Nakahata N, Nerome Y, Owaki T, Matsushita T, Maenohara S, Yamaguchi K, Takezaki T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,衛生学・公衆衛生学

  • 英語,ALDH2 polymorphism is associated with fasting blood glucose through alcohol consumption in Japanese men.,Nagoya J Med Sci,78巻 (頁 183 ~ 193) ,2016年05月,Yin G, Naito M, Wakai K, Morita E, Kawai S, Hamajima N, Suzuki S, Kita Y, Takezaki T, Tanaka K, Morita M, Uemura H, Ozaki E, Hosono S, Mikami H, Kubo M, Tanaka H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,衛生学・公衆衛生学

  • 英語,Validity of a food frequency questionnaire in a population with high alcohol consumption in Japan.,Asia Pac J Clin Nutr,25巻 1号 (頁 195 ~ 201) ,2016年03月,Nakahata NT, Takada AN, Imaeda N, Goto C, Kuwabara KH, Niimura H, Arai Y, Yoshita K, Takezaki T

    DOI:10.6133/apjcn.2016.25.1.10.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Positive association of plasma homocysteine with cardio-ankle vascular index in a prospective study of Japanese men from the general population.,J Atheroscler Thromb,23巻 ,2016年01月,Mantjoro EM, Toyota K, Kanouchi H, Kheradmand M, Niimura H, Kuwabara K, Nakahata N, Ogawa S, Shimatani K, Kairupan TS, Nindita Y, Ibusuki R, Nerome Y, Owaki T, Maenohara S, Takezaki T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,疫学・予防医学

  • 英語,Current human T-cell lymphotropic virus type 1 mother-to-child transmission prevention status in Kagoshima.,Pediatr Int,56巻 4号 (頁 640 ~ 643) ,2014年08月,Nerome Y, Kojyo K, Ninomiya Y, Ishikawa T, Ogiso A, Takei S, Kawano Y, Douchi T, Takezaki T, Owaki T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Health and Medical Issues and Longevity in the Amami Island Region.,In: Kawai K, Terada R, Kuwahara S, eds. The Islands of Kagoshima Kagoshima University Research Center for the Pacific Islands, Kagoshima,2013年03月,Takezaki T, Niimura H, Kuwabara K.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Immunoblastic lymphadenopathy (IBL)-like T-cell lymphoma in a child.,Acta Paediatrica Japonica,1991年,Nakazono S, Kitahara T, Takezaki T, Kawakami K, Hasui K, Satoh E, Tokunaga M

    調査報告書,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,医師修学資金貸与生が専門医を取得するのは現状では困難である,日医雑誌,143巻 6号 (頁 1223 ~ 1231) ,2014年09月,根路銘安仁、大脇哲洋、嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,鹿児島県における地域枠学生のキャリア計画時の問題点,医学教育,44巻 6号 (頁 461 ~ 465) ,2013年12月,根路銘安仁、大脇哲洋、桑原和代、新村英士、嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,日米の肺癌のリスク,THE LUNG perspectives,21巻 1号 (頁 77 ~ 81) ,2013年01月,嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,がん対策-途上国-,総合臨床,55巻 3号 (頁 453 ~ 459) ,2006年01月,嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,食道がん,田島和雄監修、古野純典、中地敬編、がん予防の最前線上基礎知識から新戦略へ.昭和堂:京都 (頁 52 ~ 58) ,2004年01月,嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • タラソ利用におけるストレス及び生活習慣病予防に関する研究,嶽崎俊郎,2016年05月 ~ 2017年03月,和泊町,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第75回日本公衆衛生学会総会,国内会議,2016年10月,大阪,脂肪肝の進展と動脈硬化要因との関連についての横断的研究,ポスター(一般),疫学・予防医学

  • 8th General Assembly of the Asian Pacific Organization for Cancer Prevention,国際会議,2016年04月,Brisbane,Risk of nonalcoholic steatohepatitis among Japanese general population,口頭(一般),疫学・予防医学

  • 8th General Assembly of the Asian Pacific Organization for Cancer Prevention,国際会議,2016年04月,Brisbane,Association of nicotine concentration and smoking habit with cigarette consumption among Japanese,口頭(一般),疫学・予防医学

  • 第17回九州予防医学研究会学術大会,国内会議,2016年03月,鹿児島市,タラソセラピーを活用した健康増進,口頭(招待・特別),疫学・予防医学

  • Seminar: Lesson Learned from Japan at Faculty of Public Health,国際会議,2016年02月,Manado, Indonesia,Health Issues and Genome-cohort Study in Amami Island Region, Japan.,口頭(招待・特別),疫学・予防医学

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本疫学会,理事,2015年12月 ~ 2017年11月

  • へき地離島救急医療研究会,幹事,2015年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島農村医学研究会,会長,2014年08月 ~ 継続中

  • 鹿児島県JICA派遣専門家連絡会,幹事,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 特定非営利活動法人こども医療ネットワーク,理事,2006年03月 ~ 2017年02月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 国際協力活動に関する市民公開講演会,2017年01月

    国際協力の市民への広報活動