基本情報

写真a

嶽﨑 俊郎

TAKEZAKI Toshiro


職名

教授

研究分野・キーワード

分子疫学、離島、地域医療、がん、長寿

研究室電話

099-275-6853

ホームページ

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~islands/

プロフィール

生活習慣病予防と長寿に関する分子疫学研究、離島における地域医療学の構築

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学  医学部  医学科

    大学,1982年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),小児科学,鹿児島大学,論文,1991年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 国際島嶼医療学講座,教授,2003年11月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部,離島へき地医療人育成センター長,2003年11月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 総合科学域総合研究学系 研究推進機構 国際島嶼教育研究センター,教授,2017年04月 ~ 継続中

  • 鹿児島大学 附属病院地域医療支援センター,教授,2019年05月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本疫学会,1993年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本公衆衛生学会,1993年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本医学教育学会,2007年10月 ~ 継続中,日本国

  • 九州地域医療教育研究会,2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本プライマリ・ケア連合学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 地域医療

  • 長寿科学

  • 分子疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Impact of PSCA polymorphisms on the risk of duodenal ulcer.,J Epidemiol,31巻 1号 (頁 12 ~ 20) ,2021年,Usui Y, Matsuo K, Oze I, Ugai T, Koyanagi Y, Maeda Y, Ito H, Hishida A, Takeuchi K, Tamura T, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Hara M, Nishida Y, Shimoshikiryo I, Takezaki T, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Suzuki S, Watanabe M, Nakagawa-Senda H, Mikami H, Nakamura Y, Arisawa K, Uemura H, Kuriki K, Takashima N, Kadota A, Ikezaki H, Murata M, Nakatochi M, Momozawa Y, Kubo M, Wakai K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Differential effect of polymorphisms on body mass index across the life course of Japanese: the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study.,J Epidemiol (頁 doi: 10.2188/jea.JE20190296. ~ ) ,2020年,Iwase M, Matsuo K, Nakatochi M, Oze I, Ito H, Koyanagi Y, Ugai T, Kasugai Y, Hishida A, Takeuchi K, Okada R, Kubo Y, Shimanoe C, Tanaka K, Ikezaki H, Murata M, Takezaki T, Nishimoto D, Kuriyama N, Ozaki E, Suzuki S, Watanabe M, Mikami H, Nakamura Y, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Kuriki K, Kita Y, Naoyuki T, Nagino M, Momozawa Y, Kubo M, Wakai K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Association between alcohol intake pattern and metabolic syndrome components and simulated change by alcohol intake reduction: A cross-sectional study from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study.,Alcohol,89巻 (頁 129 ~ 138) ,2020年,Shimoshikiryo I, Ibusuki R, Shimatani K, Nishimoto D, Takezaki T, Nishida Y, Shimanoe C, Hishida A, Tamura T, Okada R, Kubo Y, Ozaki E, Matsui D, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Kuriki K, Kita Y, Takashima N, Arisawa K, Uemura H, Ikezaki H, Furusyo N, Oze I, Koyanagi YN, Mikami H, Nakamura Y, Naito M, Wakai K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Combined effect of weight gain within normal weight range and parental hypertension on the prevalence of hypertension; from the J-MICC Study.,J Hum Hypertens,34巻 2号 (頁 125 ~ 131) ,2020年,Okada R, Kadomatsu Y, Tsukamoto M, Sasakabe T, Kawai S, Tamura T, Hishida A, Ikezaki H, Furusyo N, Tanaka K, Hara M, Suzuki S, Watanabe M, Takezaki T, Nishimoto D, Matsui D, Watanabe I, Kuriki K, Takashima N, Nakamura Y, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Mikami H, Nakamura Y, Oze I, Koyanagi YN, Naito M, Wakai K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Association between plasma levels of homocysteine, folate, and vitamin B(12), and dietary folate intake and hypertension in a cross-sectional study.,Sci Rep,10巻 1号 (頁 18499 ~ ) ,2020年,Tamura T, Kuriyama N, Koyama T, Ozaki E, Matsui D, Kadomatsu Y, Tsukamoto M, Kubo Y, Okada R, Hishida A, Sasakabe T, Kawai S, Naito M, Takashima N, Kadota A, Tanaka K, Hara M, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Takezaki T, Shimoshikiryo I, Ikezaki H, Murata M, Oze I, Ito H, Mikami H, Nakamura Y, Kuriki K, Arisawa K, Uemura H, Takeuchi K, Wakai K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Health and Medical Issues and Longevity in the Amami Island Region.,In: Kawai K, Terada R, Kuwahara S, eds. The Islands of Kagoshima Kagoshima University Research Center for the Pacific Islands, Kagoshima,2013年03月,Takezaki T, Niimura H, Kuwabara K.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Immunoblastic lymphadenopathy (IBL)-like T-cell lymphoma in a child.,Acta Paediatrica Japonica,1991年,Nakazono S, Kitahara T, Takezaki T, Kawakami K, Hasui K, Satoh E, Tokunaga M

    調査報告書,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,医師修学資金貸与生が専門医を取得するのは現状では困難である,日医雑誌,143巻 6号 (頁 1223 ~ 1231) ,2014年09月,根路銘安仁、大脇哲洋、嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,鹿児島県における地域枠学生のキャリア計画時の問題点,医学教育,44巻 6号 (頁 461 ~ 465) ,2013年12月,根路銘安仁、大脇哲洋、桑原和代、新村英士、嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,日米の肺癌のリスク,THE LUNG perspectives,21巻 1号 (頁 77 ~ 81) ,2013年01月,嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,がん対策-途上国-,総合臨床,55巻 3号 (頁 453 ~ 459) ,2006年01月,嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,食道がん,田島和雄監修、古野純典、中地敬編、がん予防の最前線上基礎知識から新戦略へ.昭和堂:京都 (頁 52 ~ 58) ,2004年01月,嶽崎俊郎

    総説・解説(学術雑誌),単著

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • JICA地域別研修事業,嶽﨑俊郎,2019年10月,JICA九州,その他

  • JICA地域別研修事業,嶽﨑俊郎,2018年10月 ~ 2018年11月,JICA九州,その他

  • タラソ利用におけるストレス及び生活習慣病予防に関する研究,嶽崎俊郎,2016年05月 ~ 2017年03月,和泊町,一般受託研究

  • JICA地域別研修事業,嶽﨑俊郎,2013年04月 ~ 2014年03月,JICA九州,その他

  • JICA地域別研修事業,嶽﨑俊郎,2012年04月 ~ 2013年03月,JICA九州,その他

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 12th European Public Health Conference,国際会議,2019年11月,Marseille, France,Comprehensive Unhealthy Lifestyle is associated with Alcohol Consumption as J-Shaped Curve,ポスター(一般),疫学・予防医学

  • 12th European Public Health Conference,国際会議,2019年11月,Marseille, France,Advancement of hepatic fibrosis among general women with/without NAFLD,ポスター(一般),疫学・予防医学

  • 第78回日本公衆衛生学会総会,国内会議,2019年10月,高知,脂肪摂取制限に対する自己意識と実際の脂肪摂取量及び血清脂質値との関連に関する研究,ポスター(一般),疫学・予防医学

  • 第78回日本公衆衛生学会総会,国内会議,2019年10月,高知,アルコール1日摂取量ごとの飲酒頻度と動脈硬化関連要因との関連に関する研究,ポスター(一般),疫学・予防医学

  • 第78回日本公衆衛生学会総会,国内会議,2019年10月,高知,非アルコール性脂肪性肝疾患の経時的変化に関するコーホート研究,ポスター(一般),疫学・予防医学

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 桜ヶ丘地区疫学研究等倫理委員会,2018年04月 ~ 継続中

  • 医歯学総合研究科離島へき地医療人育成センター運営委員会,2007年04月 ~ 継続中

  • 医歯学総合研究科疫学研究等倫理委員会,2006年04月 ~ 2017年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本疫学会,理事,2015年12月 ~ 2017年11月

  • へき地離島救急医療学会,幹事,2015年10月 ~ 継続中

  • 鹿児島農村医学研究会,会長,2014年08月 ~ 継続中

  • 鹿児島県JICA派遣専門家連絡会,幹事,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 特定非営利活動法人こども医療ネットワーク,理事,2006年03月 ~ 2017年02月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 市民公開講座,2019年11月

    あまみの生活習慣病予防と長寿に関する研究の紹介と生活習慣病予防に関する啓発

  • 国際協力活動に関する市民公開講座,2019年01月

    国際協力への理解に関する市民への広報活動、テーマは「中国でのポリオ撲滅活動、そして南米のHTLV-Iを探して」

  • 国際協力活動に関する市民公開講座,2018年01月

    国際協力への理解に関する市民への広報活動

  • 国際協力活動に関する市民公開講演会,2017年01月

    国際協力の市民への広報活動