Updated on 2024/05/23

写真a

 
TAMAKI Naohumi
 
Organization
Research Field in Medicine and Health Sciences, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Health Research Course Developmental Medicine Professor
Title
Professor

Research Interests

  • 酸化ストレス

  • 歯周病

  • 抗酸化物質

  • 口腔衛生

  • 口腔粘膜疾患

  • 予防歯科

  • Saliva

  • Preventive dentistry

  • Microbiology

Research Areas

  • Life Science / Social dentistry

Education

  • Okayama University

    - 2001

      More details

    Country: Japan

  • Okayama University   Dental School   School of Dentistry

    - 1997

      More details

    Country: Japan

Research History

  • Kagoshima University   Preventive Dentistry   Professor

    2024.1

  • The University of Tokushima   Associate Professor

    2012.4 - 2023.12

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科助手

    2005.4

Professional Memberships

  • International Association for Dental Research

  • 日本歯周病学会

  • 日本口腔衛生学会

 

Papers

  • Watanabe Akari, Tamaki Naofumi, Yokota Kenji, Kokeguchi Susumu, Ito Hiro-o, Matsuyama Miwa .  ATP生物発光測定による口腔内レンサ球菌の測定(Use of ATP Bioluminescence Assay to Evaluate Oral Streptococci) .  Biocontrol Science27 ( 4 ) 229 - 233   2022.12ATP生物発光測定による口腔内レンサ球菌の測定(Use of ATP Bioluminescence Assay to Evaluate Oral Streptococci)

     More details

    Language:English   Publisher:日本防菌防黴学会  

    口腔内レンサ球菌の数とATP生物発光の結果との統計的相関性を調べ、レンサ球菌プレート計数や口腔内細菌定量システムからの結果と比較した。調べた7種の口腔内レンサ球菌すべてについて、口腔細菌定量システムによる細菌数とATPとの間に有意な相関性が認められ、ATPは口腔内衛生の状態を反映していた。この測定法では、凝集体を形成している細菌を正確に定量できなかった。口腔細菌定量システムでは測定できない少数の細菌(10^5CFU/mL以下)でも、ATP生物発光測定法で推定することができた。この測定法は口腔の洗浄効果を定量的に評価するために使用できると考えられた。

  • Chen Shu, Tamaki Naofumi, Kudo Yasusei, Tsunematsu Takaaki, Miki Kaname, Ishimaru Naozumi, Ito Hiro-o .  ヒト角化細胞における5-フルオロウラシル誘発性酸化ストレスおよび炎症反応に対するレスベラトロールの防御効果(Protective effects of resveratrol against 5-fluorouracil-induced oxidative stress and inflammatory responses in human keratinocytes) .  Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition69 ( 3 ) 238 - 246   2021.11ヒト角化細胞における5-フルオロウラシル誘発性酸化ストレスおよび炎症反応に対するレスベラトロールの防御効果(Protective effects of resveratrol against 5-fluorouracil-induced oxidative stress and inflammatory responses in human keratinocytes)

     More details

    Language:English   Publisher:(一社)日本酸化ストレス学会  

    In vitroの口腔粘膜炎モデルとしてのヒト角化細胞(HaCaT細胞)の5-FU誘発性酸化ストレスおよび炎症反応に対するレスベラトロールの作用について検討した。HaCaT細胞を5-FUに曝露し、同時にレスベラトロールで処理した。CellRox蛍光プローブで測定した活性酸素種(ROS)産生量は5-FU曝露により増加し、レスベラトロールはNrf2活性化およびSIRT-1発現を介して酸化に対する防御遺伝子(NQO-1、HO-1)を上方制御することによりROS過剰産生を抑制した。レスベラトロールは5-FUによるNF-κB核移行を介する炎症性サイトカイン(IL-1β、IL-6、TNF-α)発現を抑制した。N-アセチルシステインはROSレベルを低下させたが、炎症性サイトカインの発現には影響しなかった。レスベラトロールは抗酸化および抗炎症反応の活性化により5-FUの副作用を軽減する可能性があると考えられた。

  • Shu Chen, Naofumi Tamaki, Yasusei Kudo, Takaaki Tsunematsu, Kaname Miki, Naozumi Ishimaru, Hiro-O Ito .  Protective effects of resveratrol against 5-fluorouracil-induced oxidative stress and inflammatory responses in human keratinocytes. .  Journal of clinical biochemistry and nutrition69 ( 3 ) 238 - 246   2021.11Protective effects of resveratrol against 5-fluorouracil-induced oxidative stress and inflammatory responses in human keratinocytes.

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Although 5-fluorouracil (5-FU) is currently used as an anti-cancer chemotherapy, adverse effects such as oral mucositis potentially limit its clinical application. Additionally, the prevention of 5-FU-induced side effects are scarce. Resveratrol is known to decrease oxidative damage and inflammation. In this study, we examined the protective effects of resveratrol on 5-FU-induced oxidative stress and inflammatory responses in normal human keratinocytes (HaCaT cell) as in vitro oral mucositis model. HaCaT cells were exposed to 5-FU and simultaneously treated with resveratrol. The effects of resveratrol on 5-FU-induced cytotoxicity were evaluated using cell viability assay. The production of reactive oxygen species (ROS) was measured using a fluorescence spectrophotometer. The effects of resveratrol on nuclear factor erythroid 2-related factor 2 (Nrf2), silent information regulator transcript-1 (SIRT-1), and nuclear factor kappa B (NF-κB) signaling and inflammatory cytokine expression were examined. Resveratrol suppressed 5-FU-induced overproduction of ROS by upregulating anti-oxidant defense genes through Nrf2 activation and SIRT-1 expression. Concerning inflammatory responses, resveratrol suppressed the 5-FU-induced expression of pro-inflammatory cytokines via NF-κB nuclear translocation. Conversely, N-acetylcysteine reduced ROS levels without affecting the expression of pro-inflammatory cytokines. Resveratrol might be useful for preventing 5-FU-induced adverse effects by activating anti-oxidant and anti-inflammatory responses.

    DOI: 10.3164/jcbn.21-23

    PubMed

MISC

  • 【患者さんの疑問に答える 患者さんのセルフケアをアップするために-勧める根拠と提案の仕方がよくわかる】歯磨剤はどう選べばよいですか?

    玉木 直文

    日本歯科評論   81 ( 12 )   36 - 37   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

  • 【患者さんの疑問に答える 患者さんのセルフケアをアップするために-勧める根拠と提案の仕方がよくわかる】洗口液(マウスウォッシュ)と液体歯磨剤(デンタルリンス)の違いは何ですか?

    玉木 直文

    日本歯科評論   81 ( 12 )   54 - 55   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

  • チェアサイドQ&A 予防歯科の疑問[第38回] フッ化物洗口液とフッ化物ジェル、う蝕予防に効果的なのは?

    玉木 直文

    歯科衛生士   45 ( 2 )   19 - 19   2021.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:クインテッセンス出版(株)  

Presentations

  • 木村 年秀, 丸岡 三紗, 小松 明日香, 皆本 麻結, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 渡邊 達夫   歯肉を叩く電動歯ブラシ・TAPGで歯肉出血の改善を試みた2症例の報告  

    口腔衛生学会雑誌  2022.1  (一社)日本口腔衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 渡辺 朱理, 川野 ひなた, 横田 憲治, 玉木 直文, 松山 美和   手用歯ブラシと電動歯ブラシにおける飛沫飛散検証  

    日本歯科衛生学会雑誌  2023.8  日本歯科衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 三木 かなめ, 陳 舒, 玉木 直文, 伊藤 博夫   天然ハーブ・キャッツクローのP.gingivalis LPS誘発性サイトカイン発現に対する抑制作用  

    日本歯科医師会雑誌  2021.7  (公社)日本歯科医師会

     More details

    Language:Japanese  

  • 玉木 直文, 陳 舒, 三木 かなめ, 伊藤 博夫   口腔粘膜炎のin vitroモデルにおけるレスベラトロールの抗酸化・抗炎症効果  

    口腔衛生学会雑誌  2021.4  (一社)日本口腔衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫   ヒト歯肉線維芽細胞を用いた天然ハーブ・キャッツクロー抽出物の創傷治癒に及ぼす効果  

    口腔衛生学会雑誌  2023.4  (一社)日本口腔衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 三木 かなめ, 陳 舒, 玉木 直文, 伊藤 博夫   ヒト歯肉線維芽細胞における天然ハーブ・キャッツクロー抽出物の抗炎症効果  

    口腔衛生学会雑誌  2022.1  (一社)日本口腔衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 玉木 直文, 三木 かなめ, 伊藤 博夫   ヒト歯肉上皮細胞における抗癌剤による有害事象へのレスベラトロールの効果  

    口腔衛生学会雑誌  2022.4  (一社)日本口腔衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 渡辺 朱理, 真鍋 響子, 横田 憲治, 玉木 直文, 松山 美和   スマートフォンの汚染状況と効果的な清掃方法の検討  

    日本歯科衛生学会雑誌  2022.8  日本歯科衛生学会

     More details

    Language:Japanese  

▼display all

Research Projects

  • 酸化ストレスと炎症の制御を応用した口腔粘膜炎の発症予防と治療を目指した新戦略

    Grant number:24K13261  2024.4 - 2028.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    玉木 直文

      More details

    Grant amount:\4550000 ( Direct Cost: \3500000 、 Indirect Cost:\1050000 )

  • オゾン水の歯科医療環境感染予防対策実用化に向けた研究

    Grant number:22K10290  2022.4 - 2025.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    渡辺 朱理, 横田 憲治, 玉木 直文, 松山 美和

      More details

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

  • 化学放射線療法時の口腔粘膜炎発生に関する機序の解明と新たな予防及び治療戦略

    Grant number:21K10255  2021.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    玉木 直文

      More details

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    癌治療の手段の一つとして化学放射線療法を行うことが増えてきているが,その副作用として口内粘膜炎が発症することが問題となっている。近年,この化学放射線療法時に発生する口腔粘膜炎に酸化ストレスが関与していることが分かってきた。そこで本研究においては,抗酸化物質の摂取によって酸化ストレスを制御することで,口腔粘膜炎の発症予防を行うことを目的とする。
    2021年度は,頭頸部がん患者における化学療法時の口腔粘膜炎の発症を想定した,細胞培養によるモデルを用いた研究を行った。細胞培養系として,ヒト歯肉上皮細胞を用いて,以下の実験を行った。細胞に投与する抗がん剤としては,Cisplatin (CDDP)を用いた。抗酸化物質としては,レスベラトロールとを用いた。
    まず最初に,テトラゾリウム塩(WST-1)を用いて,抗がん剤であるCDDPの歯肉上皮細胞に対する細胞毒性実験を行った。0.5 ~ 10 μg / ml の様々な濃度のCDDPを,96ウェルプレートにまいた歯肉上皮細胞に投与し,24時間・48時間・72時間後に,それぞれの細胞毒性の測定を行った。その結果,24時間後における,CDDP 3 μg / mlが今後の研究を進めていく上で最適な実験条件であることが分かった。次に,レスベラトロール単独投与による効果について検討した。1 ~ 100 μMの様々な濃度のレスベラトロールを単独で投与したところ,10μMを超えた濃度では細胞毒性を示したため,今後の実験では10μM以下の濃度で用いることとした。
    さらに,CDDP投与時の活性酸素種の過剰発生や炎症性サイトカインの産生についても研究を進めており,これらに対するレスベラトロールの抑制効果についても検討している。

  • 抗酸化物質を用いた酸化ストレス制御による口腔粘膜炎の発症予防・進行抑制効果の解明

    2018.4 - 2021.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research 

    玉木 直文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )