2024/06/26 更新

写真a

マツヤ スミト
松屋 純人
MATSUYA Sumito
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 共同獣医学科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(獣医学) ( 2024年3月   山口大学 )

  • 学士(獣医学) ( 2020年3月   山口大学 )

研究キーワード

  • iPS細胞

  • Gh-Igf1 axis

  • 体の大きさ

  • アフリカチビネズミ

  • Mus minutoides

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 形態、構造

  • ライフサイエンス / 分子生物学

学歴

  • 山口大学   共同獣医学研究科

    2020年4月 - 2024年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 山口大学   共同獣医学部   獣医学科

    2014年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 鹿児島大学   共同獣医学部   助教

    2023年9月 - 現在

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本分子生物学会

    2022年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本実験動物医学会

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本獣医学会

    2017年9月 - 現在

      詳細を見る

取得資格

  • 獣医師

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

 

論文

  • Matsuya S, Fujino K, Imai H, Kusakabe KT, Fujii W, Kano K .  Establishment of African pygmy mouse induced pluripotent stem cells using defined doxycycline inducible transcription factors. .  Scientific reports14 ( 1 ) 3204   2024年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Mus minutoides is one of the smallest mammals worldwide; however, the regulatory mechanisms underlying its dwarfism have not been examined. Therefore, we aimed to establish M. minutoides induced pluripotent stem cells (iPSCs) using the PiggyBac transposon system for applications in developmental engineering. The established M. minutoides iPSCs were found to express pluripotency markers and could differentiate into neurons. Based on in vitro differentiation analysis, M. minutoides iPSCs formed embryoid bodies expressing marker genes in all three germ layers. Moreover, according to the in vivo analysis, these cells contributed to the formation of teratoma and development of chimeric mice with Mus musculus. Overall, the M. minutoides iPSCs generated in this study possess properties that are comparable to or closely resemble those of naïve pluripotent stem cells (PSCs). These findings suggest these iPSCs have potential utility in various analytical applications, including methods for blastocyst completion.

    DOI: 10.1038/s41598-024-53687-9

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Imai H, Iwamori N, Iwamori T, Matsuya S, Kano K, Kusakabe KT .  Verification of the efficacy of deciduae for determining the genetic type of mouse embryos. .  Anatomia, histologia, embryologia53 ( 1 ) e12976   2023年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Medicine Series C: Anatomia Histologia Embryologia  

    Mouse embryos in the early-implantation stage require manipulation under a microscope. While the extraction of DNA, RNA and proteins from a single sample allows for both determination of genetic type and analysis of gene expression, whole mount analysis is not possible. In this study, we explored the applicability of PCR using extraembryonic tissues, especially the decidual side tissue after isolating the embryos from implantation sites to establish a method for determining the genetic type of embryos. The implantation site was resected at each day from the date of vaginal plug confirmation, separated into embryos and deciduae. Genomic DNA were isolated separately from the embryos and the deciduae. PCR was performed using these genomic DNA, and the band patterns were compared after electrophoresis. As a result, we demonstrated that detecting embryo-derived cells in the decidua allows determination of the sex and presence of transgenes without harming the mouse embryos themselves, from 8.5 days of age. This method enables the determination of the genetic type of mouse embryos without damaging. This technique would expand the adaptations for analysis of mouse implanted embryos.

    DOI: 10.1111/ahe.12976

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Matsuya S, Fujino K, Imai H, Kusakabe KT, Kano K .  Characteristic amino acid residues in the growth hormone receptor gene on Mus minutoides underlying dwarfism. .  microPublication biology2023   2023年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17912/micropub.biology.000955

    PubMed

    researchmap

  • 今井啓之, 田中浩, 松尾大樹, 瀬戸美穂, 松屋純人, 兵頭宗厳, 加納聖, 日下部健 .  秋吉台を中心とした山口県産アカネズミの遺伝的解析 .  秋吉台科学博物館報告57   7 - 12   2022年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Matsuya S, Imai H, Kiso Y, Kusakabe KT, Kano K .  Characterization and expression of DNA sequences encoding the growth hormone gene in African Pygmy Mouse (Mus minutoides). .  The Journal of veterinary medical science83 ( 8 ) 1244 - 1247   2021年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    We determined the nucleotide sequence of the growth hormone (Gh) gene in Mus minutoides, one of the smallest mammals, where was predicted to be distinct in the functional regions between M. minutoides and Mus musculus. To investigate the evolutionary characteristics of Gh in M. minutoides, we constructed a phylogenetic tree based on the putative amino acid sequences of Gh, suggesting that the Gh of M. minutoides diverged earlier than M. musculus. Furthermore, the Gh gene expressed higher in M. minutoides than in M. musculus. Our results suggest that the specific feature of the Gh in M. minutoides is in rather the regulatory mechanism than the sequence.

    DOI: 10.1292/jvms.21-0231

    Scopus

    PubMed

    researchmap

MISC

  • アフリカチビネズミ(Mus minutoides)におけるiPS細胞の樹立と性状解析

    松屋純人, 藤野郁, 今井啓之, 日下部健, 藤井渉, 加納聖

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   46th   2023年12月

     詳細を見る

  • 発育鶏卵を用いたマウス胚性幹細胞のテラトーマ形成試験

    今井啓之, 藤野郁, 松屋純人, 兵頭宗厳, 加納聖, 日下部健

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   46th   2023年12月

     詳細を見る

  • 全ゲノム重複マウス初期胚におけるHippoシグナル及び遺伝子発現の解析

    藤野郁, 松屋純人, 日下部健, 今井啓之, 加納聖

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   46th   2023年12月

     詳細を見る

  • マウス多重多倍体化胚を用いた哺乳類個体の多倍体化阻止機構の探索

    今井啓之, 松屋純人, 宮澤秀幸, 野口英樹, 加納聖, 日下部健

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   46th   2023年12月

     詳細を見る

  • 矮小性解析に関する研究応用に向けたアフリカチビネズミiPS細胞の樹立

    松屋純人, 今井啓之, 藤井渉, 日下部健, 加納聖

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   166th   2023年9月

     詳細を見る

  • 脱落膜を用いたマウス胚の遺伝子型同定方法の確立

    今井啓之, 岩森巨樹, 岩森督子, 松屋純人, 加納聖, 日下部健

    日本実験動物学会総会講演要旨集(Web)   70th   2023年5月

     詳細を見る

  • アフリカチビネズミの矮小性を決定するメカニズムの解明

    松屋純人, 今井啓之, 藤井渉, 日下部健, 加納聖

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   45th   2022年11月

     詳細を見る

  • 分子生物学的アプローチによるアフリカチビネズミの矮小性を決定するメカニズムの解明

    松屋純人, 今井啓之, 藤井渉, 日下部健, 加納聖

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   165th (CD-ROM)   2022年9月

     詳細を見る

  • アフリカチビネズミ(Mus minutoides)の成長ホルモン受容体(Ghr)遺伝子の分子遺伝学的解析

    松屋純人, 今井啓之, 日下部健, 加納聖

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   164th (CD-ROM)   2021年9月

     詳細を見る

  • CRISPR/Cas9を用いたSlc10a4遺伝子ノックアウトマウスの作出と機能解析

    佐藤愛理, 溝上ちひろ, 今井啓之, 松屋純人, 日下部健, 木曽康郎, 加納聖

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   163rd   2020年9月

     詳細を見る

  • 子宮内におけるマウス4倍体胚の形態学的解析

    横井元, 今井啓之, 日下部健, 松屋純人, 木曾康郎, 加納聖

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   163rd   2020年9月

     詳細を見る

  • ドロップレットジェネレーターを用いた新規マウスキメラ胚作出法の確立

    今井啓之, 今井啓之, 津田宗一郎, 岩森督子, 岩森督子, 松屋純人, 加納聖, 日下部健, 小野悦郎

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   163rd   2020年9月

     詳細を見る

  • Mus minutoidesの成長関連因子の分子遺伝学的解析

    松屋純人, 今井啓之, 日下部健, 木曾康郎, 加納聖

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   163rd   2020年9月

     詳細を見る

  • Mus minutoidesを用いた哺乳類のボディサイズ決定に関する基礎的研究

    松屋純人, 今井啓之, 日下部健, 木曽康郎, 加納聖

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   162nd   2019年9月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 松屋純人, 藤野郁, 今井啓之, 日下部健, 藤井渉, 加納聖 .  アフリカチビネズミ(Mus minutoides)におけるiPS細胞の樹立と性状解析 .  第46回日本分子生物学会年会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 藤井 渉, 日下部健, 加納 聖 .  世界最小級の哺乳動物アフリカチビネズミのiPS細胞樹立 .  第8回ユニーク会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 藤井 渉, 日下部健, 加納 聖 .  矮小性解析に関する研究応用に向けたアフリカチビネズミiPS細胞の樹立 .  第166回日本獣医学会学術集会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 藤井 渉, 日下部健, 加納 聖 .  個体サイズ制御に関する研究応用に向けたアフリカチビネズミiPS細胞の樹立 .  ゲノム量変動生物学研究推進体キックオフ研究交流会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 藤井 渉, 日下部健, 加納 聖 .  アフリカチビネズミの矮小性を決定するメカニズムの解明 .  第45回日本分子生物学会年会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 藤井 渉, 日下部健, 加納 聖 .  分子生物学的アプローチによるアフリカチビネズミの矮小性を決定するメカニズムの解明 .  第165回日本獣医学会学術集会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 日下部健, 加納 聖 .  アフリカチビネズミ(Mus minutoides)の成長ホルモン受容体(Ghr)遺伝子の分子遺伝学的解析 .  第164回日本獣医学会学術集会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 日下部健, 加納 聖 .  Mus minutoidesの成長関連因子の遺伝学的解析 .  第10回超異分野学会本大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Matsuya S, Imai H, Kano K .  Genetic analysis of growth-related factors in Mus minutoides .  The 5th Symposium of Association of Japan-Indonesia Veterinary Education  2021年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 日下部健, 木曾康郎, 加納聖 .  Mus minutoidesの成長関連因子の分子遺伝学的解析 .  第163回日本獣医学会学術集会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 松屋純人, 今井啓之, 日下部健, 木曽康郎, 加納 聖 .  Mus minutoidesを用いた哺乳類のボディサイズ決定に関する基礎的研究 .  第162回日本獣医学会学術集会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Matsuya S, Kano K, Imai H, Kusakabe KT, Kiso Y .  Morphological characterization of the African Pygmy Mouse .  The 6th Congress of Asian Association of Veterinary Anatomists  2017年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • MBSJ2023サイエンスピッチ優秀発表賞

    2023年12月   日本分子生物学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 優秀発表賞

    2023年3月   ゲノム量変動生物学研究推進体キックオフ研究交流会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 第28回上級バイオ技術者認定試験 優秀賞

    2023年1月   日本バイオ技術教育学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • Gh-Igf1 axis関連因子がアフリカチビネズミの矮小性に与える影響の解明

    2024年4月 - 2025年3月

    公益財団法人サンケイ科学振興財団  科学研究助成 

    松屋純人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 共生関係を利用したゾウリムシの細菌カプセルとしての活用に関する基礎的検討

    2024年4月 - 2025年3月

    国立大学法人 山口大学 中高温微生物研究センター  公募型共同研究 

    松屋純人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 情報リテラシー演習

    2024年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

  • 獣医組織学実習

    2023年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

  • 獣医解剖学実習

    2023年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

  • 専攻演習

    2023年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

 

社会貢献活動

メディア報道