2022/10/18 更新

写真a

ハシグチ コウヘイ
橋口 浩平
HASHIGUCHI Kohei
所属
医歯学域附属病院
 

論文

  • Kambe Y, Nguyen TT, Yasaka T, Nguyen TT, Sameshima Y, Hashiguchi K, Shintani N, Hashimoto H, Kurihara T, Miyata A .  The Pivotal Role of Neuropeptide Crosstalk from Ventromedial-PACAP to Dorsomedial-Galanin in the Appetite Regulation in the Mouse Hypothalamus. .  Molecular neurobiology   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s12035-022-03084-y

    PubMed

  • Kambe Y. .  The dorsal hippocampal protein targeting to glycogen maintains ionotropic glutamate receptor subunits expression and contributes to working and short-term memories in mice .  Journal of Pharmacological Sciences148 ( 1 ) 108 - 115   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    Brain glycogen metabolism is known to be involved in the learning and memory processes. Protein targeting to glycogen (PTG) is a crucial molecule for glycogenesis, and its expression level is shown to be increased in the dorsal hippocampus during fear memory acquisition and recall, suggesting that PTG may contribute to the memory process. However, its detailed role in the dorsal hippocampus remains unclear. Therefore, we knocked down the expression of PTG in the dorsal hippocampus and attempted to analyze its function behaviorally. PTG expression was found to be enriched in astrocytes. Furthermore, short hairpin RNA against PTG suppressed the expression of PTG in astrocytes. Mice with knockdown of PTG in the dorsal hippocampus showed suppressed alternation behavior in the Y-maze test and reduced memory recall at the first hour after acquisition in the passive avoidance test. Knockdown of mouse dorsal hippocampal astrocyte-specific PTG also impaired working memory in the Y-maze test. GluR1, GluR2, and NR2a subunits expressions were significantly down-regulated in the dorsal hippocampus of mice in which PTG was knocked down. These results indicate that PTG in the dorsal hippocampal astrocytes may contribute to working and short-term memories by maintaining the expression of glutamate receptor subunits.

    DOI: 10.1016/j.jphs.2021.10.008

    Scopus

    PubMed

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 糀谷 淳, 比嘉 憂里奈, 新納 彩子, 内野 美菜子, 青山 歌奈絵, 四道 瑠美, 橋口 浩平, 杉村 光隆 .  グレン循環患児における口唇形成・口蓋形成術に対する全身麻酔経験 .  日本歯科麻酔学会雑誌47 ( 2 ) 65 - 67   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    在胎週数34週、帝王切開で出生した児。当院NICUで管理されていた。出生後14日目に両側肺動脈絞扼術が施行され、術後に左室流出路狭窄が懸念されたため、単心室修復を行う方針となり、4ヵ月時にノーウッド手術が施行され、11ヵ月時にグレン術が施行された。さらに、1歳2ヵ月時に口唇形成術、1歳10ヵ月時に口蓋形成術を行った。口唇形成術時、麻酔は酸素2L/分、空気4L/分、セボフルラン1.5〜2.0%、フェンタニルクエン酸塩で維持し、局所麻酔薬は20万倍希釈アドレナリン含有0.5%リドカインを用いた。口蓋形成術に際しては、抜管後にSpO2が55%まで低下したため、純酸素でマスク換気を行い、患児の体動を抑えるためにセボフルランを吸入させた。マスク換気は可能であったが、SpO2が改善せず口腔内を確認したところ出血を認めたため、吸引後再挿管を行いICU管理とした。

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 糀谷 淳, 比嘉 憂理奈, 新納 彩子, 内野 美菜子, 青山 歌奈絵, 四道 瑠美, 橋口 浩平, 杉村 光隆 .  グレン循環患児における口唇形成・口蓋形成術に対する全身麻酔経験 .  日本歯科麻酔学会雑誌47 ( 2 ) 65 - 67   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本歯科麻酔学会  

    DOI: 10.24569/jjdsa.47.2_65

    Scopus

講演・口頭発表等

  • 橋口浩平 .  マウスにおける慢性疼痛に伴う負情動反応に視床下部室傍核のPACAPは関与するか .  第95回日本薬理学会年会  2022年3月  宮田 篤郎

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

    DOI: https://doi.org/10.1254/jpssuppl.95.0_1-SS-14

  • 千堂 良造, 橋口 浩平, 真鍋 庸三, 杉村 光隆 .  病悩期間の短い舌痛症に漢方薬が著効した一症例 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2019年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 橋口 浩平, 神戸 悠輝, 杉村 光隆, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  次世代の若手研究者が切り開く薬学研究の発展と医療への貢献 PACAPは視床下部室傍核において末梢神経障害性疼痛に伴う不安様行動発現に寄与する .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語