2023/12/05 更新

写真a

マツモト アイリ
松本 愛理
MATSUMOTO Airi
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2021年3月   徳島大学 )

研究キーワード

  • 細菌学

  • 細菌学

所属学協会

  • 歯科基礎医学会

    2022年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本生化学会

    2020年3月

      詳細を見る

  • 日本生化学会

    2020年3月

  • 日本蛋白質科学会

    2020年2月

      詳細を見る

  • 日本蛋白質科学会

    2020年2月

  • 日本細菌学会

    2016年3月

      詳細を見る

  • 日本細菌学会

    2016年3月

  • 毒素シンポジウム

    2016年2月

      詳細を見る

  • 毒素シンポジウム

    2016年2月

▼全件表示

 

論文

  • Toshifumi Tomoyasu, Airi Matsumoto, Ayuko Takao, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune .  A simple method to differentiate three classes of cholesterol-dependent cytolysins .  Journal of Microbiological Methods207   106696 - 106696   2023年4月査読

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mimet.2023.106696

    researchmap

  • Atsushi Tabata, Airi Matsumoto, Ai Fujimoto, Kazuto Ohkura, Takuya Ikeda, Hiroki Oda, Shuto Yokohata, Miho Kobayashi, Toshifumi Tomoyasu, Ayuko Takao, Hisashi Ohkuni & Hideaki Nagamune .  Dual functions of discoidinolysin, a cholesterol-dependent cytolysin with N-terminal discoidin domain produced from Streptococcus mitis strain Nm-76 .  Journal of Oral Microbiology14   2022年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tabata A, Matsumoto A, Fujimoto A, Ohkura K, Ikeda T, Oda H, Yokohata S, Kobayashi M, Tomoyasu T, Takao A, Ohkuni H, Nagamune H .  Dual functions of discoidinolysin, a cholesterol-dependent cytolysin with N-terminal discoidin domain produced from <i>Streptococcus mitis</i> strain Nm-76. .  Journal of oral microbiology14 ( 1 ) 2105013   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/20002297.2022.2105013

    PubMed

    researchmap

  • Hoshi K, Kusumoto K, Matsumoto A, Tabata A, Nagamune H, Hase E, Minamikawa T, Yasui T, Yoshida Y, Minagawa K, Imada Y, Yagishita F .  Synthesis of D-π-A type benzothiazole-pyridinium salt composite and its application as photo-degradation agent for amyloid fibrils. .  Bioorganic & medicinal chemistry letters50   128324 - 128324   2021年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2021.128324

    PubMed

    researchmap

  • Keita Hoshi, Masami Itaya, Koki Tahara, Airi Matsumoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Yoshida, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Tetsuro Katayama, Akihiro Furube, Keiji Minagawa, Yasushi Imada and Fumitoshi Yagishita .  Two-photon excitable boron complex based on tridentate imidazo [1,5-α]pyridine ligand for heavy-atom-free mitochondria-targeted photodynamic therapy .  RSC Adv11 ( 42 ) 26403 - 26407   2021年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Keita Hoshi, Masami Itaya, Koki Tahara, Airi Matsumoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Yoshida, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Tetsuro Katayama, Akihiro Furube, Keiji Minagawa, Yasushi Imada, Fumitoshi Yagishita .  Two-photon excitable boron complex based on tridentate imidazo [1,5-α]pyridine ligand for heavy-atom-free mitochondria-targeted photodynamic therapy .  RSC Adv11 ( 42 ) 26403 - 26407   2021年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Hoshi K, Itaya M, Tahara K, Matsumoto A, Tabata A, Nagamune H, Yoshida Y, Hase E, Minamikawa T, Yasui T, Katayama T, Furube A, Minagawa K, Imada Y, Yagishita F .  Two-photon excitable boron complex based on tridentate imidazo[1,5-<i>a</i>]pyridine ligand for heavy-atom-free mitochondria-targeted photodynamic therapy. .  RSC advances11 ( 42 ) 26403 - 26407   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1039/d1ra05059a

    PubMed

  • Matsumoto A, Tabata A, Ohkura K, Oda H, Kodama C, Ohkuni H, Takao A, Kikuchi K, Tomoyasu T, Nagamune H .  Molecular characteristics of an adhesion molecule containing cholesterol-dependent cytolysin-motif produced by mitis group streptococci. .  Microbiology and immunology65 ( 2 ) 61 - 75   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12868

    PubMed

    researchmap

  • Matsumoto Airi, Tabata Atsushi, Ohkura Kazuto, Oda Hiroki, Kodama Chihiro, Ohkuni Hisashi, Takao Ayuko, Kikuchi Ken, Tomoyasu Toshifumi, Nagamune Hideaki .  ミチス群連鎖球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解素モチーフを含む接着分子の分子特性(Molecular characteristics of an adhesion molecule containing cholesterol-dependent cytolysin-motif produced by mitis group streptococci) .  Microbiology and Immunology65 ( 2 ) 61 - 75   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    既知の機能性ドメインを有するStreptococcus pseudopneumoniae(SPpn)について、以前に報告された候補病原因子の特徴を調べた。遺伝子は、SPpnだけでなく、S.mitis(SM)株やS.pneumoniae(SPn)株からも検出された。ミチス群連鎖球菌(MGS)内の遺伝子の分布とその分子機能に基づいて、遺伝子産物をmitilectin(MLC)と命名し、MLC産生株の病原性への関与を調べた。抗MLC抗体およびmlc遺伝子ノックアウトによる処理は、MLC産生株のヒト細胞結合活性を有意に低下させた。以上より、多機能性MLCは、SPpnやSMなどのMGSに属するMLC産生株の病原性を検討する際の接着分子として重要であることが示唆された。

  • Matsumoto Airi, Tabata Atsushi, Ohkura Kazuto, Oda Hiroki, Kodama Chihiro, Ohkuni Hisashi, Takao Ayuko, Kikuchi Ken, Tomoyasu Toshifumi, Nagamune Hideaki .  ミチス群連鎖球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解素モチーフを含む接着分子の分子特性(Molecular characteristics of an adhesion molecule containing cholesterol-dependent cytolysin-motif produced by mitis group streptococci) .  Microbiology and Immunology65 ( 2 ) 61 - 75   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    既知の機能性ドメインを有するStreptococcus pseudopneumoniae(SPpn)について、以前に報告された候補病原因子の特徴を調べた。遺伝子は、SPpnだけでなく、S.mitis(SM)株やS.pneumoniae(SPn)株からも検出された。ミチス群連鎖球菌(MGS)内の遺伝子の分布とその分子機能に基づいて、遺伝子産物をmitilectin(MLC)と命名し、MLC産生株の病原性への関与を調べた。抗MLC抗体およびmlc遺伝子ノックアウトによる処理は、MLC産生株のヒト細胞結合活性を有意に低下させた。以上より、多機能性MLCは、SPpnやSMなどのMGSに属するMLC産生株の病原性を検討する際の接着分子として重要であることが示唆された。

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 松本 愛理, 大貝 悠一, 住友 倫子, 中田 匡宣 .  ミティス群レンサ球菌が産生する細胞外小胞の作用特性の解明 .  第65回 歯科基礎医学会学術大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 松本 愛理,大貝 悠一,住友 倫子,中田 匡宣 .  ミティス群レンサ球菌が産生する細胞外小胞の作用特性の解明 .  第65回 歯科基礎医学会学術大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本大学 歯学部  

  • 松本 愛理,大貝 悠一,田端 厚之, 住友 倫子,中田 匡宣 .  ミティス群レンサ球菌における メンブランベシクルの産生とその作用特性 .  九州微生物研究フォーラム2023  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米シティプラザ  

  • 松本 愛理, 大貝 悠一, 田端 厚之, 住友 倫子, 中田 匡宣 .  ミティス群レンサ球菌における メンブランベシクルの産生とその作用特性 .  九州微生物研究フォーラム2023  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 松本愛理, 田端厚之, 大倉一人, 尾田優紀, 児玉千紘, 大國寿士, 高尾亞由子, 菊池賢, 友安俊文, 長宗秀明 .  ミティス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  第6回 鹿大細菌カンファレンス  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 松本愛理, 田端厚之, 大倉一人, 尾田優紀, 児玉千紘, 大國寿士, 高尾亞由子, 菊池賢, 友安俊文, 長宗秀明 .  ミティス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  第6回 鹿大細菌カンファレンス  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 松本 愛理 .  ミティス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  第4回南九州歯学会総会  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 松本 愛理 .  ミティス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  第4回南九州歯学会総会  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Molecular characteristics of an adhesion molecule containing cholesterol-dependent cytolysin-motif produced by Mitis group streptococci .  2021年3月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Molecular characteristics of an adhesion molecule containing cholesterol-dependent cytolysin-motif produced by Mitis group streptococci .  2021年3月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 松本 愛理,田端 厚之,大倉 一人,尾田 優紀,児玉 千紘,大國 寿士,高尾 亞由子,友安 俊文,長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  徳島大学研究クラスター Joint Meeting on Microbiology  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 大倉 一人, 尾田 優紀, 児玉 千紘, 大國 寿士, 高尾 亞由子, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  徳島大学研究クラスター Joint Meeting on Microbiology  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

    researchmap

  • 松本 愛理,田端 厚之,高尾 亞由子,菊池 賢,友安 俊文,長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  第73回日本細菌学会総会中国・四国支部総会  2020年10月  日本細菌学会中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:誌上開催  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性 .  第73回日本細菌学会総会中国・四国支部総会  2020年10月  日本細菌学会中国・四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:誌上開催  

    researchmap

  • Airi Matsumoto,Atsushi Tabata,Ayuko Takao,Ken Kikuchi,Toshifumi Tomoyasu,Hideaki Nagamune .  Cholesterol-dependent cytolysin-like adhesion protein of Mitis group streptococci .  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:ポスター発表  

  • Airi Matsumoto, Atsushi Tabata, Ayuko Takao, Ken Kikuchi, Toshifumi Tomoyasu, Hideaki Nagamune .  Cholesterol-dependent cytolysin-like adhesion protein of Mitis group streptococci .  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 松本 愛理,田端 厚之,友安 俊文,長宗 秀明 .  Streptococcus pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子 .  第93回日本生化学大会  2019年9月  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県横浜市  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  <i>Streptococcus pseudopneumoniae</i>が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子 .  第93回日本生化学大会  2019年9月  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県横浜市  

    researchmap

  • 松本 愛理,田端 厚之,友安 俊文,長宗 秀明 .  Streptococcus pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の解析 .  第13回細菌学若手コロッセウム in みやぎ蔵王  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県刈田郡蔵王町  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  <i>Streptococcus pseudopneumoniae</i>が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の解析 .  第13回細菌学若手コロッセウム in みやぎ蔵王  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県刈田郡蔵王町  

    researchmap

  • Characterization of Cholesterol-dependent cytolysin-like molecule of Streptococcus pseudopneumoniae .  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    会議種別:ポスター発表  

  • Characterization of Cholesterol-dependent cytolysin-like molecule of <i>Streptococcus pseudopneumoniae</i> .  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 松本 愛理,田端 厚之,友安 俊文,長宗 秀明 .  Streptococcus pseudopneumoniaeが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の解析 .  第12回細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA  2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:誌上開催  

  • 松本 愛理,田端 厚之,友安 俊文,長宗 秀明 .  Streptococcus pseudopneumoniaeが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子 .  第65回トキシンシンポジウム  2018年7月  毒素シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川県金沢市  

  • Cytotoxic action shown by N-terminal additional domain of S. Mitis-derived 5 domain-type cytolysin .  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    会議種別:ポスター発表  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子 .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 大倉 一人, 尾田 優紀, 児玉 千紘, 大國 寿士, 高尾 亜由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素モチーフを持つ細胞接着分子の特性 .  日本細菌学雑誌  2021年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  S.pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  S. pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の特性解析 .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子 .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 大倉 一人, 尾田 優紀, 児玉 千紘, 大國 寿士, 高尾 亜由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素モチーフを持つ細胞接着分子の特性 .  日本細菌学雑誌  2021年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 尾田 優紀, 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 大國 寿士, 長宗 秀明 .  Streptococcus mitis由来Mitilectinホモログの産生特性及び分子特性の解析 .  日本細菌学雑誌  2022年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  S.pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 .  S. pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の特性解析 .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 田端 厚之, 松本 愛理, 藤本 あい, 友安 俊文, 高尾 亜由子, 大國 寿士, 長宗 秀明 .  病原性 S.mitis由来新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素Discoidinolysinの分子特性 .  日本細菌学雑誌  2023年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 愛理, 大貝 悠一, 住友 倫子, 中田 匡宣, 田端 厚之 .  ミティス群レンサ球菌が産生する細胞外小胞の作用特性の解明 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2023年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田中 友三佳, 大貝 悠一, 松本 愛理, 中田 匡宣 .  Fusobacterium nucleatumがFap2を介してAggregatibacter actinomycetemcomitansと共凝集する機構の解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2023年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • 徳島大学・日亜賞

    2021年3月   徳島大学  

     詳細を見る

  • 徳島大学・日亜賞

    2021年3月   徳島大学  

  • 徳島大学研究クラスター Joint Meeting on Microbiology 2020 Best Presenter Award

    2020年11月  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 徳島大学研究クラスター Joint Meeting on Microbiology 2020 Best Presenter Award

    2020年11月  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    researchmap

  • 第92回日本生化学会大会若手優秀発表賞

    2019年9月   日本生化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    researchmap

  • 第92回日本生化学会大会若手優秀発表賞

    2019年9月   日本生化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 徳島大学・日亜賞

    2018年3月   徳島大学  

  • 第90回細菌学会総会優秀ポスター賞

    2017年3月   日本細菌学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 徳島大学生物工学科・しらさぎ会賞

    2016年3月   徳島大学  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 歯周病原因細菌の口腔から全身への定着に関与する因子の研究

    研究課題/領域番号:23K09141  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大貝 悠一, 中田 匡宣, 松本 愛理

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • ミティス群レンサ球菌が産生する細胞外小胞と亜鉛メタロプロテアーゼの機能解明

    研究課題/領域番号:23K15981  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    松本 愛理

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 口腔内の病原性共生細菌に対する一本鎖可変断片の創生と応用

    研究課題/領域番号:22K19633  2022年6月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    中田 匡宣, 大貝 悠一, 松本 愛理

      詳細を見る

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    researchmap

  • RNAサーモセンサーとタンパク質重合体を介するレンサ球菌感染機構の探索

    研究課題/領域番号:22H03263  2022年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中田 匡宣, 松本 愛理, 大貝 悠一

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    researchmap