2022/08/15 更新

写真a

ホリゾエ ヨシヒサ
堀添 善尚
HORIZOE Yoshihisa
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 特任助教
職名
特任助教

学位

  • 博士(医学) ( 2018年10月   鹿児島大学 )

 

論文

  • Hamamoto Y, Tokushige A, Yuasa T, Ikeda Y, Horizoe Y, Yasuda H, Kubozono T, Ohishi M. .  A new pre-test probability score for diagnosis of deep vein thrombosis in patients before surgery .  Journal of Cardiology79 ( 5 ) 664 - 670   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2021.11.025

    Scopus

    PubMed

  • Miyanaga S, Kubota K, Iwatani N, Higo K, Miyata M, Horizoe Y, Ojima S, Kawasoe S, Kubozono T, Ohishi M .  Predictors of exercise-induced pulmonary hypertension in patients with connective tissue disease .  Heart and Vessels34 ( 9 ) 1509 - 1518   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Heart and Vessels  

    DOI: 10.1007/s00380-019-01373-6

    Scopus

    PubMed

  • Uchiyama N, Yuasa T, Miyata M, Horizoe Y, Chaen H, Kubota K, Takasaki K, Mizukami N, Kisanuki A, Ohishi M .  Correlation of Right Ventricular Wall Stress With Plasma B-Type Natriuretic Peptide Levels in Patients With Pulmonary Hypertension .  Circulation Journal83 ( 6 ) 1278 - 1285   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本循環器学会  

    <p><b><i>Background: </i></b>This study was designed to investigate the relationship between right ventricular wall stress (RVWS) and plasma B-type natriuretic peptide (BNP) levels in patients with pulmonary hypertension (PH). </p><p><b><i>Methods and Results: </i></b>The 57 consecutive PH patients and 8 control subjects were enrolled. Right heart catheterization (RHC), echocardiography, and BNP measurements were performed, and RVWS and left ventricular wall stress (LVWS) were calculated with the formula based on Laplace's law. Systolic RVWS and end-diastolic RVWS were higher in PH patients compared with controls (systolic RVWS: 77±41 vs. 17±5 kdynes/cm<sup>2</sup>(P<0.0001), end-diastolic RVWS: 15±12 vs. 8±2 kdynes/cm<sup>2</sup>(P<0.0005)). Univariate analyses showed that logBNP at baseline correlated with systolic RVWS (r=0.58, P<0.0001) and end-diastolic RVWS (r=0.61, P<0.0001). We performed multivariate regression analysis and determined that end-diastolic RVWS was an independent determinant of logBNP in patients with PH. In addition, change in plasma BNP levels after treatment correlated with change in systolic RVWS (r=0.70, P<0.0001) and change in end-diastolic RVWS (r=0.68, P<0.0001). </p><p><b><i>Conclusions: </i></b>Both systolic and end-diastolic RVWS were elevated in patients with PH, and correlated with the symptoms of PH. End-diastolic RVWS was an independent determinant of plasma BNP levels in PH patients. </p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-1155

    Scopus

    PubMed

  • Analysis of biphasic right ventricular outflow doppler waveform in patients with pulmonary hypertension. .  Int Heart J60 ( 1 ) 108 - 114   2019年1月

  • Horizoe Y, Takasaki K, Miyata M, Chaen H, Kubota K, Mizukami N, Yuasa T, Kisanuki A, Ohishi M .  Analysis of Biphasic Right Ventricular Outflow Doppler Waveform in Patients with Pulmonary Hypertension:Estimation of Pulmonary Vascular Resistance .  International Heart Journal60 ( 1 ) 108 - 114   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 インターナショナル・ハート・ジャーナル刊行会  

    <p>Pulmonary hypertension (PH) with pulmonary vascular disease (PVD) is a progressive and debilitating disease associated with increased pulmonary vascular resistance (PVR). Biphasic right ventricular outflow tract (RVOT) Doppler flow is frequently seen in severe PH patients with PVD. In association with hemodynamics, the precise analysis of biphasic RVOT Doppler flow (RVDF) has not been fully elucidated. Therefore, the purpose of the present study is to analyze the relation between the hemodynamics and indices of biphasic RVDF in PH patients with PVD.</p><p>Seventy PH patients with biphasic RVDF were analyzed. All patients underwent transthoracic echocardiography and right heart catheterization. For the analysis of biphasic RVDF, the early waveform was determined as P<sub>1</sub> while the late waveform was determined as P<sub>2</sub>. For each P<sub>1</sub> and P<sub>2</sub>, the duration (D, seconds) and peak flow velocity (PFV, in m/second) were measured.</p><p>P<sub>1</sub>D and P<sub>2</sub>PFV were significantly correlated with PVR (P<sub>1</sub>D: <i>r</i> = −0.542, <i>P</i> < 0.0001, P<sub>2</sub>PFV: <i>r</i> = −0.513, <i>P</i> < 0.0001). Therefore, we propose a novel RVDF formula for estimation of PVR, as follows. PVR = 26 − 77 × P<sub>1</sub>D - 14 × P<sub>2</sub>PFV. The PVR could be estimated by this proposed formula (<i>r</i> = 0.649, <i>P</i> < 0.0001), which is derived from one Doppler image only unlike previously used PVR prediction formula.</p><p>P<sub>1</sub>D and P<sub>2</sub>PFV were associated with PVR. Moreover, this simple RVDF formula proposed herein can estimate PVR in PH patients with PVD.</p>

    DOI: 10.1536/ihj.18-149

    Scopus

    PubMed

MISC

  • Fabry病(Fabry disease)

    Yuasa Toshinori, Takenaka Toshihiro, Higuchi Koji, Uchiyama Nami, Horizoe Yoshihisa, Cyaen Hideto, Mizukami Naoko, Takasaki Kunitsugu, Kisanuki Akira, Miyata Masaaki, Ohishi Mitsuru

    Journal of Echocardiography   15 ( 4 )   151 - 157   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本心エコー図学会  

講演・口頭発表等

  • 濱元裕喜, 德重明央, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  悪性腫瘍患者における術前の深部静脈血栓症. .  第4回 日本腫瘍循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • 堀添善尚, 濱元裕喜, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  高度の右心負荷所見を伴った超重症僧帽弁狭窄の一例. .  日本超音波医学会 第31回 九州地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • 濱元裕喜, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  Valsalva 洞仮性動脈瘤を合併したStreptococcus dysagalactiaeによる感染性心内膜炎の1例. .  第69回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 西 晴香, 濱元裕喜, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  大腸癌を合併した Enterococcus faecalis 感染性心内膜炎にて三尖弁生体弁機能不全を来たした1例. .  第334回 日本内科学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • 湯之上真吾, 湯淺敏典, 小林沙織, 中村幸美, 大園七瀬, 野口慶久, 濱元裕喜, 堀添善尚, 安田久代, 大石 充. .  高度右室拡大を伴う重症三尖弁逆流術前に急速に進行した重症肺動脈弁逆流の一例. .  第 334 回 日本内科学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • Hamamoto Y, Tokushige A, Yuasa T, Horizoe Y, Yasuda H, Kubozono T, Ikeda Y, Ohishi M. .  Derivation and validation of a pretest probability score for deep vein thrombosis before surgery. .  ESC Congress 2021 – The Digital Experience  2021年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語  

  • Iriki Y, Ichiki H, Ninomiya Y, Enokizono K, Yuasa T, Horizoe Y, Hamamoto Y, Ohishi M .  Is Atrial Septal Puncture Safe in Atrial Fibrillation Ablation? .  第85回 日本循環器学会学術集会  2021年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 濱元裕喜, 山下 誠, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 木佐貫 彰, 大石 充. .  経食道心臓超音波検査にて診断しえた脳塞栓症合併の乳頭状線維弾性腫の一例. .  日本超音波医学会 第93回 学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • 東 大智, 濱元裕喜, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  心電図変化により発見された膵神経内分泌腫瘍術後の転移性心臓腫瘍の1例. .  日本内科学会 第331回 九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • Hamamoto Y, Yuasa T, Tokushige A, Horizoe Y, Yasuda H, Ohishi M. .  The Utility of Tei index in subclinical cardiotoxicity after anthracycline based chemotherapy. .  The American Heart Association’s Scientific Sessions 2020   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • 濱元裕喜, 徳重明央, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  ステロイド未使用で改善したG-CSF関連大動脈炎の一例. .  第3回 日本腫瘍循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  • Horizoe Y, Hamamoto Y, Yamashita M, Yasuda H, Yuasa T, Kisanuki A, Ohishi M. .  Can we detect the patients with cardiac disease in young adults who have borderline ejection fraction?: a speckle tracking study .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  • 大園七瀬, 水上尚子, 中村幸美, 湯之上真吾, 野口慶久, 堀添善尚, 山下 誠, 濱元裕喜, 湯淺敏典, 木佐貫 彰. .  経胸壁心エコー検査による冠動脈血流, 心筋内血流評価が急性冠症候群の早期診断, 治療に有用であった一例. .  第29回 日本超音波医学会九州地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 野口慶久, 大園七瀬, 湯之上真吾, 中村幸美, 水上尚子, 山下 誠, 濱元裕喜, 堀添善尚, 湯淺敏典, 木佐貫 彰. .  冠動脈バイパス手術前の経胸壁心エコー検査を契機に僧帽弁穿孔が発覚した一例. .  第29回 日本超音波医学会九州地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • Tagata K, Iriki Y, Ichiki H, Okui H, Hamamoto H, Horizoe Y, Nagatomi S, Matsumoto K, Namino F, Maenosono R, Ohishi M. .  The tearing of the fossa ovalis floor in the chronicity period after repeated catheter ablation of atrial fibrillation. .  第66回 日本不整脈心電学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 田方健人, 入來泰久, 市來仁志, 奥井英樹, 濱元裕喜, 堀添善尚, 永冨脩二, 松本和久, 波野史典, 前之園隆一, 大石 充. .  複数回の心房細動アブレーション後慢性期に心房中隔穿孔が顕在化した1例. .  第22回 九州不整脈研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 堀添善尚, 濱元裕喜, 山下 誠, 水上尚子, 湯淺敏典, 木佐貫 彰, 大石 充. .  若年成人の境界域左室駆出率症例における器質的心疾患例の鑑別:GLSを用いた検討. .  日本超音波医学会 第92回 学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  • 濱元裕喜, 湯之上真吾, 水上尚子, 堀添善尚, 湯淺敏典, 髙﨑州亜, 木佐貫 彰, 大石 充. .  手術に至った右房内血液嚢胞の2症例. .  日本心エコー図学会 第30回 学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  • 湯之上真吾, 水上尚子, 中村幸美, 大園七瀬, 野口慶久, 堀添善尚, 濱元裕喜, 湯淺敏典, 立石直毅, 松本和久, 井本 浩, 木佐貫 彰, 大石 充. .  腫瘍内に豊富な血流を認めた左房内粘液腫の一例. .  第44回 日本超音波検査学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  • 横峯辰生, 入來泰久, 濱元裕喜, 堀添善尚, 湯淺敏典, 奥井英樹, 市來仁志, 大石 充, 永冨脩二, 松本和久, 東 美智子. .  心房細動アブレーション術前に右房中隔腫瘤を認めた1例. .  日本内科学会 第323回 九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • Maenosono R, Ichiki H, Mizukami N, Iriki Y, Okui H, Namino F, Yunoue S, Kobayashi S, Nakamura Y, Oozono N, Masamoto I, Horizoe Y, Yuasa T, Kisanuki A, Ohishi M, Hashiguchi T. .  Total atrial conduction time may be the predictor of atrial fibrillation recurrence after catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation: Relationship between the time-course of electrical atrial remodeling and structural atrial remodeling. .  Asian Pacific Heart Rhythm Society (APHRS) 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

  • 湯淺敏典, 濱元裕喜, 山下 誠, 堀添善尚, 水上尚子, 木佐貫 彰, 大石 充. .  僧帽弁逆流の増悪と僧帽弁形態変化を経時的に観察しえた僧帽弁逸脱症の1例 .  日本超音波医学会 第28回 九州地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

  • 宮永 直, 窪田佳代子, 岩谷徳子, 肥後建樹郎, 宮田昌明, 堀添善尚, 小島聡子, 川添 晋, 窪薗琢郎, 大石 充. .  YIA臨床研究 (CR) セッション. 膠原病患者における運動誘発性肺高血圧症の非侵襲的予測因子の検討. .  第124回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    開催地:鹿児島  

  • 堀添善尚, 髙﨑州亜, 宮田昌明, 窪田佳代子, 水上尚子, 湯淺敏典, 木佐貫 彰, 大石 充. .  Analysis of biphasic right ventricular outflow Doppler waveform in patients with pulmonary hypertension; estimation of pulmonary vascular resistance. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    開催地:大阪  

  • 水上尚子, 大園七瀬, 湯之上真吾, 小林沙織, 前之園隆一, 堀添善尚, 茶圓秀人, 湯淺敏典, 髙﨑州亜, 木佐貫 彰, 大石 充. .  チーム医療セッション シンポジウム5. 日本超音波検査学会-日本循環器学会ジョイントシンポジウム. 経胸壁3D心エコー法を活かす. 経胸壁心エコー法における3D対応探触子を2D画像に活かす. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    開催地:大阪  

  • 水上 尚子, 大園 七瀬, 湯之上 真吾, 中村 幸美, 前之園 隆一, 野口 慶久, 堀添 善尚, 湯淺 敏典, 木佐 貫彰, 濱元 裕喜 .  超音波検査の精度保証、教育システム構築(検査室の国際的基準ISO 15189について) 米国における心エコー室の精度保証 .  超音波医学  2019年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 水上 尚子, 大園 七瀬, 湯之上 真吾, 小林 沙織, 前之園 隆一, 野口 慶久, 堀添 善尚, 高崎 州亜, 湯淺 敏典, 木佐貫 彰 .  経過観察可能な疾患評価を究める より精度の高い弁逆流の定量評価 僧帽弁逆流を中心に .  超音波医学  2018年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 沙織, 水上 尚子, 大園 七瀬, 湯之上 真吾, 前之園 隆一, 堀添 善尚, 茶園 秀人, 高崎 州亜, 湯浅 敏典, 木佐貫 彰, 大石 充 .  右室流出路波形を用いた肺高血圧評価における描出断面による影響 .  超音波検査技術  2017年6月  (一社)日本超音波検査学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 水上 尚子, 大園 七瀬, 湯之上 真吾, 小林 沙織, 前之園 隆一, 野口 慶久, 堀添 善尚, 高崎 州亜, 湯淺 敏典, 木佐貫 彰 .  ERで求められる心血管超音波検査 ERにおける血管エコー .  超音波医学  2018年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中村 幸美, 水上 尚子, 大園 七瀬, 湯之上 真吾, 前之園 隆一, 野口 慶久, 堀添 善尚, 湯浅 敏典, 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 大石 充, 橋口 照人 .  Aneurysmal typeの腎動静脈瘤の2症例 .  脈管学  2018年9月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示