2021/06/01 更新

写真a

イジュウイン トシロウ
伊集院 俊郎
IJUIN Toshiro
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 医療関節材料開発(京セラメディカル) 特任助教
職名
特任助教

学位

  • 学士(医学)(2011年03月鹿児島大学) ( 2011年3月   鹿児島大学 )

 

論文

  • 高橋 建吾, 伊集院 俊郎, 小倉 拓馬, 谷口 昇 .  離島診療における腰椎椎体骨折に対するカバー付きキャスティングシステムの有用性 .  整形外科と災害外科70 ( 2 ) 287 - 291   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本整形・災害外科学会  

    <p>種子島は鹿児島県本土の南方に位置する人口およそ3万人の離島である.65歳以上の高齢者の人口はおよそ1万人程度であり転倒による大腿骨頸部骨折,椎体骨折の患者も多く救急搬送される.椎体骨折の治療は一般的にコルセットによる外固定が基本であるが,種子島のような離島においては義肢装具士が週に1回しか来島せず,また台風や天候不良の影響で船や飛行機が欠航となり装具採型が出来ない,また装具が予定通りに届かないといった事例も発生するために離床やリハビリ開始が遅れてしまうことも珍しくはなかった.そこで当院では2018年6月よりカバー付きキャスティングシステム(商品名:フィットキュア・スパイン アルケア株式会社)という外固定装具を採用し院内に常備する体制を整えた.本装具の導入により椎体骨折患者の早期離床,早期退院が可能となった.</p>

    DOI: 10.5035/nishiseisai.70.287

  • Yahiro Y. .  BMP-induced Atoh8 attenuates osteoclastogenesis by suppressing Runx2 transcriptional activity and reducing the Rankl/Opg expression ratio in osteoblasts .  Bone Research8 ( 1 ) 32   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Bone Research  

    DOI: 10.1038/s41413-020-00106-0

    Scopus

    PubMed

  • 藤元 祐介, 伊集院 俊郎, 瀬戸口 啓夫, 石堂 康弘 .  転子下骨切り術を併用した人工股関節全置換術の臨床成績 .  Hip Joint46 ( 2 ) 801 - 804   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本股関節学会  

    過去8年9ヵ月間の転子下骨切り術併用人工股関節全置換術(THA)症例17例20関節(男性2関節、女性18関節、手術時年齢52〜74歳、平均62.2歳)を対象に、臨床成績について検討した。観察期間は12〜114ヵ月、平均5年8ヵ月で、ステムは全例にPerFix HAステム、カップはセメントレスカップ19関節、セメントカップ1関節を使用した。その結果、術後JOAスコアは有意に改善した。合併症は術中大腿骨側骨折5関節、術中臼蓋側骨折2関節、術後脱臼1関節、骨切り部偽関節1関節、術後無症候性肺塞栓症1例を認め、骨癒合は全例で得られた。多くの症例でステム遠位にspot weldsを認め、18関節でstress shieldingを認めた。

講演・口頭発表等

  • 高橋 建吾, 伊集院 俊郎, 谷口 昇 .  離島診療における腰椎椎体骨折に対するフィットキュア・スパインの有用性 .  整形外科と災害外科  2019年5月  西日本整形・災害外科学会

  • 前田 真吾, 城光寺 豪, 伊集院 俊郎, 河村 一郎, 今村 勝行, 栫 博則, 篠原 直弘, 八尋 雄平, 谷口 昇 .  軟骨代謝研究の最前線 BMPシグナルと骨軟骨代謝 .  日本整形外科学会雑誌  2020年9月  (公社)日本整形外科学会

  • 栫 博則, 伊集院 俊郎, 海江田 英泰, 藤元 祐介, 中村 俊介, 今村 勝行, 廣津 匡隆, 藤井 康成, 谷口 昇 .  腱板断裂患者の三次元動作解析 挙上可能群と不可能群の比較 .  整形外科と災害外科  2019年5月  西日本整形・災害外科学会

  • 瀬戸山 傑, 伊集院 俊郎, 海江田 英泰 .  当院でのTFNA使用例と他機種使用例との成績比較 .  骨折  2017年7月  (一社)日本骨折治療学会

  • 藤元 祐介, 瀬戸口 啓夫, 伊集院 俊郎, 中村 俊介, 今村 勝行, 海江田 英泰, 廣津 匡隆, 栫 博則, 谷口 昇 .  インプラント周囲感染における二期的再置換時の術中好中球数組織診断の有用性 .  整形外科と災害外科  2019年11月  西日本整形・災害外科学会

  • 栫 博則, 海江田 英泰, 伊集院 俊郎, 海江田 光祥, 中村 俊介, 藤元 祐介, 今村 勝之, 泉 俊彦, 廣津 匡隆, 藤井 康成, 谷口 昇 .  critical shoulder angleと関節鏡下腱板修復術の術後成績との関連 .  整形外科と災害外科  2019年11月  西日本整形・災害外科学会

▼全件表示