2021/12/10 更新

写真a

ラフィークモハンマド アブドゥール
RAFIQUE MD ABDUR
RAFIQUE MD ABDUR
所属
理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム 特任助教
職名
特任助教

学位

  • 博士(理学) ( 2020年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 機能性ペプチドのデザイン

  • ファージディスプレイ

  • 抗体医薬

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / 抗体医薬品

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / ファージライブラリ

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / ペプチド

学歴

  • 鹿児島大学   大学院

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士(理学)取得

  • 鹿児島大学   大学院理工学研究科   博士後期課程システム情報科学専攻

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 単位取得退学

  • 鹿児島大学   理学部   理工学研究科

    2013年10月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 研究生

  • ノースサウス大学   大学院生物工学専攻   博士前期課程

    2011年8月 - 2013年4月

  • ラジシャヒ大学   生化学・分子生物学部

    1997年10月 - 2004年9月

      詳細を見る

    国名: バングラデシュ人民共和国

  • ラジシャヒ・カレッジ

    1995年9月 - 1997年5月

      詳細を見る

    国名: バングラデシュ人民共和国

▼全件表示

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系)理学専攻化学プログラム   特任助教

    2021年 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   大学院理工学研究科   研究員

    2018年4月 - 2020年4月

  • 鹿児島大学   大学院理工学研究科   技能補佐員

    2017年5月 - 2018年3月

  • 鹿児島大学   大学院理工学研究科   研究員

    2016年9月 - 2017年1月

  • 鹿児島大学   大学院理工学研究科   研究員

    2016年1月 - 2016年3月

  • 鹿児島大学   地域コトづくりセンター   研究員

    2015年9月 - 2015年12月

  • 鹿児島大学   地域コトづくりセンター   研究員

    2014年12月 - 2015年3月

  • 鹿児島大学   理工学研究科   研究員

    2014年9月 - 2014年11月

▼全件表示

教員組織審査実績

  • 鹿児島大学   特任助教

 

論文

  • Mori S, Abe A, Ishikawa N, Rafique A, Ito Y .  A novel site-specific chemical conjugation of IgG antibodies by affinity peptide for immunoassays. .  Journal of biochemistry169 ( 1 ) 35 - 42   2021年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jb/mvaa084

    PubMed

  • Mori Satoka, Abe Arisa, Ishikawa Naoto, Rafique Abdur, Ito Yuji .  A novel site-specific chemical conjugation of IgG antibodies by affinity peptide for immunoassays(和訳中) .  The Journal of Biochemistry169 ( 1 ) 35 - 42   2021年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  • Rafique A, Satake K, Kishimoto S, Hasan Khan K, Kato DI, Ito Y .  Efficient Screening and Design of Variable Domain of Heavy Chain Antibody Ligands Through High Throughput Sequencing for Affinity Chromatography to Purify Fab Fragments. .  Monoclonal antibodies in immunodiagnosis and immunotherapy38 ( 5 ) 190 - 200   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1089/mab.2019.0027

    PubMed

  • Khan KH, Himeno A, Kosugi S, Nakashima Y, Rafique A, Imamura A, Hatanaka T, Kato DI, Ito Y .  IgY-binding peptide screened from a random peptide library as a ligand for IgY purification. .  Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society23 ( 10 ) 790 - 797   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/psc.3027

    PubMed

書籍等出版物

  • 高機能化抗体医薬品の開発に向けたIgG抗体部位特異的修飾法、医学のあゆみVol.278 No.6

    伊東祐二、ラフィーク アブドゥール

    医歯薬出版株式会社  2021年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:623-629   記述言語:日本語

  • 抗体の機能向上を可能にする部位特異的修飾技術CCAP法と高機能性抗体医薬品の創出、ファルマシアVol 57 No.7

    伊東祐二、ラフィーク アブドゥール

    公益社団法人日本薬学会  2021年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:625-629   記述言語:日本語

講演・口頭発表等

  • High functionality of antibody therapeutics for drug-delivery system using site-specific covalent modification with affinity peptide .  第73回日本生物工学会大会  2021年10月  日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  • Development of small affinity peptide ligands for human antibody purification .  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Abdur Rafique .  Efficient screening and design of VHH ligands through high throughput sequencing for affinity chromatography to purify Fab fragments .  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    国名:日本国  

  • Abdur Rafique .  Isolation and characterization of Fab-specific Alpaca VHH antibodies with enhanced affinity maturation by functional mutations .  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    国名:日本国