2022/03/10 更新

写真a

ササヒラ トモノリ
笹平 智則
SASAHIRA Tomonori
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(医学) ( 2008年7月   奈良県立医科大学 )

研究キーワード

  • 頭頸部癌

  • 浸潤・転移

  • 分子腫瘍学

  • シグナル伝達

  • Molecular oncology

  • Invasion and Metastasis

  • Head and Neck Cancer

  • Gastroenterological Cancer

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

  • ライフサイエンス / 人体病理学

学歴

  • 奈良県立医科大学

    - 2005年

  • 昭和大学

    - 2003年

  • 昭和大学   歯学部

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座   教授

    2021年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学総合研究科腫瘍学講座口腔病理解析学分野   教授

    2021年4月 - 現在

  • 奈良県立医科大学   講師

    2012年4月 - 2021年3月

  • 奈良県立医科大学医学部分子病理学講座   講師

    2012年4月 - 2021年3月

  • 奈良県立医科大学   助教

    2005年4月 - 2012年3月

所属学協会

  • 日本臨床細胞学会

  • 日本臨床口腔病理学会(理事)

  • 日本癌学会

  • 日本病理学会(学術評議員)

  • 日本口腔腫瘍学会(学術評議員)

 

論文

  • Searching for new molecular targets for oral squamous cell carcinoma with a view to clinical implementation of precision medicine .      2022年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasahira T, Kurihara-Shimomura M, Shimomura H, Kirita T .  SERPINE2 is an oral cancer-promoting factor that induces angiogenesis and lymphangiogenesis. .  International journal of clinical oncology26 ( 10 ) 1831 - 1839   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10147-021-01970-4

    PubMed

  • Sasahira T, Kurihara-Shimomura M, Shimomura H, Bosserhoff AK, Kirita T .  Identification of oral squamous cell carcinoma markers MUC2 and SPRR1B downstream of TANGO. .  Journal of cancer research and clinical oncology147 ( 6 ) 1659 - 1672   2021年6月

     詳細を見る

  • Kurihara-Shimomura M, Sasahira T, Shimomura H, Kirita T .  Peroxidan Plays a Tumor-Promoting Role in Oral Squamous Cell Carcinoma. .  International journal of molecular sciences21 ( 15 )   2020年7月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kurihara-Shimomura M, Nishiguchi Y, Shimomura H, Kirita T .  Sushi Repeat Containing Protein X-linked 2 Is a Downstream Signal of LEM Domain Containing 1 and Acts as a Tumor-Promoting Factor in Oral Squamous Cell Carcinoma. .  International journal of molecular sciences21 ( 10 )   2020年5月

     詳細を見る

  • Kurihara-Shimomura M, Sasahira T, Shimomura H, Bosserhoff AK, Kirita T .  Mast cell chymase promotes angiogenesis and lymphangiogenesis mediated by activation of melanoma inhibitory activity gene family members in oral squamous cell carcinoma. .  International journal of oncology56 ( 5 ) 1093 - 1100   2020年5月

     詳細を見る

  • Shimomura H, Sasahira T, Nakashima C, Kurihara-Shimomura M, Kirita T .  Non-SMC Condensin I Complex Subunit H (NCAPH) Is Associated with Lymphangiogenesis and Drug Resistance in Oral Squamous Cell Carcinoma. .  Journal of clinical medicine9 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

  • Kurihara-Shimomura M, Sasahira T, Shimomura H, Nakashima C, Kirita T .  The Oncogenic Activity of <i>miR-29b-1-5p</i> Induces the Epithelial-Mesenchymal Transition in Oral Squamous Cell Carcinoma. .  Journal of clinical medicine8 ( 2 )   2019年2月

     詳細を見る

  • Shimomura H, Sasahira T, Nakashima C, Shimomura-Kurihara M, Kirita T .  Downregulation of DHRS9 is associated with poor prognosis in oral squamous cell carcinoma. .  Pathology50 ( 6 ) 642 - 647   2018年10月

  • Kurihara-Shimomura M, Sasahira T, Nakashima C, Kuniyasu H, Shimomura H, Kirita T .  The Multifarious Functions of Pyruvate Kinase M2 in Oral Cancer Cells. .  International journal of molecular sciences19 ( 10 )   2018年9月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kirita T .  Hallmarks of Cancer-Related Newly Prognostic Factors of Oral Squamous Cell Carcinoma. .  International journal of molecular sciences19 ( 8 )   2018年8月

     詳細を見る

  • Nakashima C, Yamamoto K, Fujiwara-Tani R, Luo Y, Matsushima S, Fujii K, Ohmori H, Sasahira T, Sasaki T, Kitadai Y, Kirita T, Kuniyasu H .  Expression of cytosolic malic enzyme (ME1) is associated with disease progression in human oral squamous cell carcinoma. .  Cancer science109 ( 6 ) 2036 - 2045   2018年6月

     詳細を見る

  • Nakashima Chie, Yamamoto Kazuhiko, Fujiwara-Tani Rina, Luo Yi, Matsushima Sayako, Fujii Kiyomu, Ohmori Hitoshi, Sasahira Tomonori, Sasaki Takamitsu, Kitadai Yasuhiko, Kirita Tadaaki, Kuniyasu Hiroki .  ヒト口腔扁平上皮癌において細胞質基質中のリンゴ酸酵素(ME1)の発現は病勢増悪と関連している(Expression of cytosolic malic enzyme(ME1) is associated with disease progression in human oral squamous cell carcinoma) .  Cancer Science109 ( 6 ) 2036 - 2045   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    口腔扁平上皮癌(OSCC)患者由来の臨床組織検体119例を対象としてリンゴ酸酵素(ME)1の発現を免疫組織化学染色にて分析した。ME1発現が中等度〜高度であったのは57例(48%)で、またME1発現はpT分類、pN分類、臨床病期、組織学的グレードと相関していた。ME1が中等度発現〜高発現である集団では低発現集団に比べその患者予後は悪化していた。ヒトOCSS細胞株にてME1をノックダウンまたは不活性化すると細胞の増殖や運動性は阻害され、上皮間葉転換は抑制を受け、エネルギー代謝は好気的解糖や乳酸発酵からミトコンドリアでの酸化的リン酸化に移行し、酸化還元状態は還元状態から酸化状態へと推移した。ヒトOCSS細胞株を担持させた皮下異種移植マウスモデルではME阻害剤の静注にて腫瘍成長は抑制され生存期間は延長した。ME1はOSCC分子治療の標的となることの根拠を示す結果であった。

  • Sasahira T, Nishiguchi Y, Kurihara-Shimomura M, Nakashima C, Kuniyasu H, Kirita T .  NIPA-like domain containing 1 is a novel tumor-promoting factor in oral squamous cell carcinoma. .  Journal of cancer research and clinical oncology144 ( 5 ) 875 - 882   2018年5月

     詳細を見る

  • Kurihara-Shimomura M, Sasahira T, Nakamura H, Nakashima C, Kuniyasu H, Kirita T .  Zinc finger AN1-type containing 4 is a novel marker for predicting metastasis and poor prognosis in oral squamous cell carcinoma. .  Journal of clinical pathology71 ( 5 ) 436 - 441   2018年5月

  • Sasahira T, Bosserhoff AK, Kirita T .  The importance of melanoma inhibitory activity gene family in the tumor progression of oral cancer. .  Pathology international68 ( 5 ) 278 - 286   2018年5月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kurihara M, Nishiguchi Y, Nakashima C, Kirita T, Kuniyasu H .  Pancreatic adenocarcinoma up-regulated factor has oncogenic functions in oral squamous cell carcinoma. .  Histopathology70 ( 4 ) 539 - 548   2017年3月

  • Sasahira T, Kurihara M, Nishiguchi Y, Fujiwara R, Kirita T, Kuniyasu H .  NEDD 4 binding protein 2-like 1 promotes cancer cell invasion in oral squamous cell carcinoma. .  Virchows Archiv : an international journal of pathology469 ( 2 ) 163 - 72   2016年8月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kurihara M, Nakashima C, Kirita T, Kuniyasu H .  LEM domain containing 1 promotes oral squamous cell carcinoma invasion and endothelial transmigration. .  British journal of cancer115 ( 1 ) 52 - 8   2016年6月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kirita T, Nishiguchi Y, Kurihara M, Nakashima C, Bosserhoff AK, Kuniyasu H .  A comprehensive expression analysis of the MIA gene family in malignancies: MIA gene family members are novel, useful markers of esophageal, lung, and cervical squamous cell carcinoma. .  Oncotarget7 ( 21 ) 31137 - 52   2016年5月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Nishiguchi Y, Fujiwara R, Kurihara M, Kirita T, Bosserhoff AK, Kuniyasu H .  Storkhead box 2 and melanoma inhibitory activity promote oral squamous cell carcinoma progression. .  Oncotarget7 ( 18 ) 26751 - 64   2016年5月

     詳細を見る

  • Obayashi M, Yoshida M, Tsunematsu T, Ogawa I, Sasahira T, Kuniyasu H, Imoto I, Abiko Y, Xu D, Fukunaga S, Tahara H, Kudo Y, Nagao T, Takata T .  microRNA-203 suppresses invasion and epithelial-mesenchymal transition induction via targeting NUAK1 in head and neck cancer. .  Oncotarget7 ( 7 ) 8223 - 39   2016年2月

     詳細を見る

  • Luo Y, Tanabe E, Kitayoshi M, Nishiguchi Y, Fujiwara R, Matsushima S, Sasaki T, Sasahira T, Chihara Y, Nakae D, Fujii K, Ohmori H, Kuniyasu H .  Expression of MAS1 in breast cancer. .  Cancer science106 ( 9 ) 1240 - 8   2015年9月

     詳細を見る

  • Luo Yi, Tanabe Eriko, Kitayoshi Misaho, Nishiguchi Yukiko, Fujiwara Rina, Matsushima Sayako, Sasaki Takamitsu, Sasahira Tomonori, Chihara Yoshitomo, Nakae Dai, Fujii Kiyomu, Ohmori Hitoshi, Kuniyasu Hiroki .  乳癌におけるMAS1の発現(Expression of MAS1 in breast cancer) .  Cancer Science106 ( 9 ) 1240 - 1248   2015年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    切除術を行った浸潤性乳管癌(IDC)患者132名を対象に、免疫組織化学的検査によりMAS1発現と腫瘍阻害効果について検討した。良性乳腺組織のMAS1発現は高かったが、IDC患者全例、特にスキルスIDCでは低下していた。MAS1の発現低下は腫瘍増殖、リンパ節転移、悪性度と関連した。132名中12名はトリプルネガティブ乳癌(TNBC)で、この12名と組織アレイを行ったTNBC36名ではMAS1を発現していた。MAS1を発現するTNBC細胞株のMDA-MB-468と4T1の増殖、抗アポトーシス性生存、浸潤はA1-7処理によるMAS1活性化で抑制され、MAS1ノックダウンで増強された。luminal A乳癌細胞株のMCF-7では、タモキシフェンとA1-7との間に相乗作用が認められた。A転換酵素2アクチベーターのシスプラチンとA-II 1型受容体遮断薬との併用は、同系マウスモデルで4T1腫瘍の増殖を相乗的に抑制した。

  • Shimomura H, Sasahira T, Yamanaka Y, Kurihara M, Imai Y, Tamaki S, Yamakawa N, Shirone N, Hasegawa M, Kuniyasu H, Kirita T .  [18F]fluoro-2-deoxyglucose-positron emission tomography for the assessment of histopathological response after preoperative chemoradiotherapy in advanced oral squamous cell carcinoma. .  International journal of clinical oncology20 ( 2 ) 308 - 16   2015年4月

     詳細を見る

  • Shimomura Hiroyuki, Sasahira Tomonori, Yamanaka Yasutsugu, Kurihara Miyako, Imai Yuichiro, Tamaki Shigehiro, Yamakawa Nobuhiro, Shirone Norihisa, Hasegawa Masatoshi, Kuniyasu Hiroki, Kirita Tadaaki .  進行口腔扁平上皮癌における術前化学放射線療法後の病理組織学的反応の評価のための[18F]FDG-PET([18F]fluoro-2-deoxyglucose-positron emission tomography for the assessment of histopathological response after preoperative chemoradiotherapy in advanced oral squamous cell carcinoma) .  International Journal of Clinical Oncology20 ( 2 ) 308 - 316   2015年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    術前同時化学放射線療法(CRT)後に腫瘍切除術が施行された切除可能進行口腔扁平上皮癌(OSCC)45例(男性28例、女性17例、年齢28〜68歳)を対象として、CRTへの組織病理学的反応の評価における[18F]fluoro-2-deoxyglucose positron emission tomography(FDG-PET)の有用性について検討した。なお、FDG-PETは術前CRTの前後に実施し、最大標準化取込値(SUVmax)とSUVmax減衰率(ΔSUV%)を術前CRTに対する反応性の評価に用い、SUVmax、組織病理学的反応、腫瘍抗原Ki-67および低酸素誘導因子1α(HIF-1α)の発現における相関性についても解析を行った。その結果、術前CRTは腫瘍内FDG取り込みを有意に減少させ、CRT前後のSUVは、病理学的完全奏効(pCR)患者において、非pCR患者に比べ有意に低いことが示された。またCRT前SUVでは、治療前生検検体において、Ki-67およびHIF-1α発現と有意な関連性が認められ、Ki-67、HIF-1αの発現は、pCR患者において、非pCR患者よりも有意に低いことが確認された。以上の所見から、CRT前後のSUVおよびΔSUV%は、術前CRTに対する良好な組織病理学的反応を予測可能であり、CRT治療前の生検検体におけるKi-67およびHIF-1αは、術前CRTに対する組織病理学的反応の予測因子となることが示唆された。

  • Sasahira T, Kirita T, Yamamoto K, Ueda N, Kurihara M, Matsushima S, Bhawal UK, Bosserhoff AK, Kuniyasu H .  Transport and Golgi organisation protein 1 is a novel tumour progressive factor in oral squamous cell carcinoma. .  European journal of cancer (Oxford, England : 1990)50 ( 12 ) 2142 - 51   2014年8月

     詳細を見る

  • Luo Y, Yoneda J, Ohmori H, Sasaki T, Shimbo K, Eto S, Kato Y, Miyano H, Kobayashi T, Sasahira T, Chihara Y, Kuniyasu H .  Cancer usurps skeletal muscle as an energy repository. .  Cancer research74 ( 1 ) 330 - 40   2014年1月

  • Sasahira T, Kurihara M, Yamamoto K, Ueda N, Nakashima C, Matsushima S, Bhawal UK, Kirita T, Kuniyasu H .  HuD promotes progression of oral squamous cell carcinoma. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology81 ( 4 ) 206 - 14   2014年

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kirita T, Kuniyasu H .  Update of molecular pathobiology in oral cancer: a review. .  International journal of clinical oncology19 ( 3 ) 431 - 6   2014年

     詳細を見る

  • Sasahira T, Ueda N, Yamamoto K, Kurihara M, Matsushima S, Bhawal UK, Kirita T, Kuniyasu H .  Prox1 and FOXC2 act as regulators of lymphangiogenesis and angiogenesis in oral squamous cell carcinoma. .  PloS one9 ( 3 ) e92534   2014年

  • Sasahira T, Ueda N, Kurihara M, Matsushima S, Ohmori H, Fujii K, Bhawal UK, Yamamoto K, Kirita T, Kuniyasu H .  Tropomyosin receptor kinases B and C are tumor progressive and metastatic marker in colorectal carcinoma. .  Human pathology44 ( 6 ) 1098 - 106   2013年6月

  • Luo Y, Chihara Y, Fujimoto K, Sasahira T, Kuwada M, Fujiwara R, Fujii K, Ohmori H, Kuniyasu H .  High mobility group box 1 released from necrotic cells enhances regrowth and metastasis of cancer cells that have survived chemotherapy. .  European journal of cancer (Oxford, England : 1990)49 ( 3 ) 741 - 51   2013年2月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Ueda N, Yamamoto K, Bhawal UK, Kurihara M, Kirita T, Kuniyasu H .  Trks are novel oncogenes involved in the induction of neovascularization, tumor progression, and nodal metastasis in oral squamous cell carcinoma. .  Clinical & experimental metastasis30 ( 2 ) 165 - 76   2013年2月

     詳細を見る

  • Shimomoto T, Ohmori H, Luo Y, Chihara Y, Denda A, Sasahira T, Tatsumoto N, Fujii K, Kuniyasu H .  Diabetes-associated angiotensin activation enhances liver metastasis of colon cancer. .  Clinical & experimental metastasis29 ( 8 ) 915 - 25   2012年12月

     詳細を見る

  • 玉置 盛浩, 山中 康嗣, 下村 弘幸, 笹平 智則, 山川 延宏, 柳生 貴裕, 青木 久美子, 今井 裕一郎, 桐田 忠昭 .  唾液腺原発粘表皮癌の臨床病理学的検討 .  日本口腔腫瘍学会誌24 ( 4 ) 137 - 145   2012年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    1995年から2010年までに当科で加療した唾液腺原発粘表皮癌12例(男性6例、女性6例、平均年齢59.3歳)に対して臨床病理学的検討を行ったので報告する。Goode分類による病理組織学的悪性度は低悪性度8例、高悪性度4例であった。年齢と病理組織学的悪性度との関連は、低悪性度の平均年齢は55.1歳、高悪性度は67.5歳で年齢差を認めなかった。性別との関連では、低悪性度は女性が多く、高悪性度は男性に多かった。頸部リンパ節転移との関連では、低悪性度はN0が多く、高悪性度はN1-3が多かった。臨床病期分類との関連では、低悪性度はstage Iが多く、高悪性度はstage IVAが多かった。原発巣制御率との関連では、低悪性度75.0%に対して高悪性度の制御率は25.0%と低下していた。生存率は、低悪性度の5年死因特異的累積生存率87.5%に対して高悪性度は25.0%と不良であった。同様に5年無病累積生存率も低悪性度72.9%に対して高悪性度は22.0%と不良であった。Goode分類は粘表皮癌の予後予測として有用な病理組織学的悪性度分類であると思われた。(著者抄録)

  • Shimomoto T, Luo Y, Ohmori H, Chihara Y, Fujii K, Sasahira T, Denda A, Kuniyasu H .  Advanced glycation end products (AGE) induce the receptor for AGE in the colonic mucosa of azoxymethane-injected Fischer 344 rats fed with a high-linoleic acid and high-glucose diet. .  Journal of gastroenterology47 ( 10 ) 1073 - 83   2012年10月

     詳細を見る

  • Bhawal UK, Ito Y, Tanimoto K, Sato F, Fujimoto K, Kawamoto T, Sasahira T, Hamada N, Kuniyasu H, Arakawa H, Kato Y, Abiko Y .  IL-1β-mediated up-regulation of DEC1 in human gingiva cells via the Akt pathway. .  Journal of cellular biochemistry113 ( 10 ) 3246 - 53   2012年10月

     詳細を見る

  • Shimomoto Takasumi, Luo Yi, Ohmori Hitoshi, Chihara Yoshitomo, Fujii Kiyomu, Sasahira Tomonori, Denda Ayumi, Kuniyasu Hiroki .  糖化最終産物(AGE)は高リノール酸食および高グルコース食摂取のアゾキシメタン注入Fisher 344ラット結腸粘膜においてAGE受容体を誘導する(Advanced glycation end products (AGE) induce the receptor for AGE in the colonic mucosa of azoxymethane-injected Fischer 344 rats fed with a high-linoleic acid and high-glucose diet) .  Journal of Gastroenterology47 ( 10 ) 1073 - 1083   2012年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    Fischer 344ラットに対照食(C群)、15%リノール酸(LA)含有食(L群)、対照食+10%グルコース液(G群)または15%LA食+10%グルコース液(L+G群)を投与し、アゾキシメタン(AOM)を注入したモデルにおける糖化最終産物(AGE)およびAGE受容体(RAGE)量を測定した。体重、血糖値、血清インスリン値はL+G群で最も増加していた。L+G群では異常腺窩巣(ACF)および癌が最も多く発生し、RAGEおよびAGE増加を伴っていた。AOM処理したIEC6ラット腸管上皮細胞ではRAGE発現が増加し、この増加はメトフォルミンないしロサルタンにより阻害された。AOMを投与されたラット結腸癌モデルにおいて、L+G群ではRAGEおよびAGE量、ACFと癌の発生がメトフォルミンないしロサルタンにより抑制され、AGE-RAGEの抑制が結腸癌の化学的予防の標的となりうると考えられた。

  • Ito Y, Bhawal UK, Sasahira T, Toyama T, Sato T, Matsuda D, Nishikiori H, Kobayashi M, Sugiyama M, Hamada N, Arakawa H, Kuniyasu H .  Involvement of HMGB1 and RAGE in IL-1β-induced gingival inflammation. .  Archives of oral biology57 ( 1 ) 73 - 80   2012年1月

  • Bhawal UK, Sato F, Arakawa Y, Fujimoto K, Kawamoto T, Tanimoto K, Ito Y, Sasahira T, Sakurai T, Kobayashi M, Kashima I, Kijima H, Kuniyasu H, Abiko Y, Kato Y, Sato S .  Basic helix-loop-helix transcription factor DEC1 negatively regulates cyclin D1. .  The Journal of pathology224 ( 3 ) 420 - 9   2011年7月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kurihara M, Yamamoto K, Bhawal UK, Kirita T, Kuniyasu H .  Downregulation of runt-related transcription factor 3 associated with poor prognosis of adenoid cystic and mucoepidermoid carcinomas of the salivary gland. .  Cancer science102 ( 2 ) 492 - 7   2011年2月

  • Sasahira Tomonori, Kurihara Miyako, Yamamoto Kazuhiko, Bhawal Ujjal K., Kirita Tadaaki, Kuniyasu Hiroki .  唾液腺の腺様嚢胞癌および粘表皮癌の予後不良と関連するrunt関連転写因子3のダウンレギュレーション(Downregulation of runt-related transcription factor 3 associated with poor prognosis of adenoid cystic and mucoepidermoid carcinomas of the salivary gland) .  Cancer Science102 ( 2 ) 492 - 497   2011年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    唾液腺の多形腺腫(PA)、腺様嚢胞癌(ACC)および粘表皮癌(MEC)におけるRUNX3の発現およびメチル化状態を調べた。PA、ACCおよびMECの細胞質におけるRUNX3発現頻度はそれぞれ65%(13/20)、22.2%(8/36)、20.6%(7/34)であった。ACCおよびMECにおけるRUNX3の低発現および欠損は腫瘍進行および予後不良と関連した。microdissection法によるcDNAの検討にて、PAおよび非腫瘍唾液腺と比べてACCおよびMECでRUNX3 mRNA発現が低いことが分かった。RUNX3の過剰メチル化の頻度は非腫瘍唾液腺(0/8、0%)と比べてPA(2/8、25%)、ACC(6/8、75%)およびMEC(7/8、87.5%)で高かった。唾液腺腫瘍におけるRUNX3の低発現および欠損は唾液腺ACCおよびMECにおける腫瘍原性、腫瘍進行および予後不良に関係すると考えられた。

  • Yamanaka Y, Tamaki S, Shimomura H, Imai Y, Sasahira T, Kirita T .  [A case of advanced upper gingival carcinoma responding completely to concurrent chemoradiotherapy with S-1]. .  Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy38 ( 1 ) 89 - 92   2011年1月

     詳細を見る

  • 山中 康嗣, 玉置 盛浩, 下村 弘幸, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  進行上顎歯肉癌に対してS-1と放射線同時療法が著効した1例 .  癌と化学療法38 ( 1 ) 89 - 92   2011年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は83歳、男性。対側頸部リンパ節転移を伴い、左側上顎骨を破壊し、上顎洞内、頬粘膜部まで進行した左側上顎歯肉癌(T4aN2cM0)である。患者および家族は手術療法を希望しなかったため、S-1と放射線同時併用療法を施行した。治療として、入院下でS-1 80mg/body/dayによる化学療法(2週間連続投与後1週間休薬)を繰り返し、同時に放射線治療を週5日間、1日2Gy、計60Gy行った。治療中の有害事象として軽度の白血球減少とgrade 2の口内炎が認められたが、治療中止になるまでには至らなかった。結果として、肉眼、画像所見において原発巣は消失し、病理組織学的にもcomplete response(CR)を得た。また転移リンパ節も触診、画像所見にて消失し、CRと判断した。その後、S-1は維持化学療法として1年間施行した。現在、約2年を経過するが、再発、転移は認められず、経過良好である。(著者抄録)

  • Luo Y, Ohmori H, Shimomoto T, Fujii K, Sasahira T, Chihara Y, Kuniyasu H .  Anti-angiotensin and hypoglycemic treatments suppress liver metastasis of colon cancer cells. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology78 ( 5 ) 285 - 90   2011年

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kirita T, Kurihara M, Yamamoto K, Bhawal UK, Bosserhoff AK, Kuniyasu H .  MIA-dependent angiogenesis and lymphangiogenesis are closely associated with progression, nodal metastasis and poor prognosis in tongue squamous cell carcinoma. .  European journal of cancer (Oxford, England : 1990)46 ( 12 ) 2285 - 94   2010年8月

     詳細を見る

  • Luo Y, Ohmori H, Fujii K, Moriwaka Y, Sasahira T, Kurihara M, Tatsumoto N, Sasaki T, Yamashita Y, Kuniyasu H .  HMGB1 attenuates anti-metastatic defence of the liver in colorectal cancer. .  European journal of cancer (Oxford, England : 1990)46 ( 4 ) 791 - 9   2010年3月

     詳細を見る

  • Luo Y, Takaki M, Misawa H, Matsuyoshi H, Sasahira T, Chihara Y, Fujii K, Ohmori H, Kuniyasu H .  Determinants of the epithelial-muscular axis on embryonic stem cell-derived gut-like structures. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology77 ( 5 ) 253 - 9   2010年

     詳細を見る

  • Ohmori H, Luo Y, Fujii K, Sasahira T, Shimomoto T, Denda A, Kuniyasu H .  Dietary linoleic acid and glucose enhances azoxymethane-induced colon cancer and metastases via the expression of high-mobility group box 1. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology77 ( 4 ) 210 - 7   2010年

     詳細を見る

  • Moriwaka Y, Luo Y, Ohmori H, Fujii K, Tatsumoto N, Sasahira T, Kuniyasu H .  HMGB1 attenuates anti-metastatic defense of the lymph nodes in colorectal cancer. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology77 ( 1 ) 17 - 23   2010年

     詳細を見る

  • Ohmori H, Fujii K, Sasahira T, Luo Y, Isobe M, Tatsumoto N, Kuniyasu H .  Methionine-enkephalin secreted by human colorectal cancer cells suppresses T lymphocytes. .  Cancer science100 ( 3 ) 497 - 502   2009年3月

  • Ohmori Hitoshi, Fujii Kiyomu, Sasahira Tomonori, Luo Yi, Isobe Mamoru, Tatsumoto Naokuni, Kuniyasu Hiroki .  ヒト大腸癌細胞によって分泌されたメチオニン-エンケファリンはTリンパ球を抑制する(Methionine-enkephalin secreted by human colorectal cancer cells suppresses T lymphocytes) .  Cancer Science100 ( 3 ) 497 - 502   2009年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    大腸癌(CRC)における免疫モジュレーターとしてのメチオニン-エンケファリン(MENK)の役割を検討した。MENKはCT26、IEC6A、Colo320、HT29 CRC細胞株で産生されたが、小腸細胞のIEC6では産生されなかった。MENK分泌は、同系げっ歯類モデルのCRC細胞の腫瘍形成能や転移と関連していた。CT26とIEC6A CRC細胞の皮下腫瘍におけるMENK濃度は、腫瘍浸潤Tリンパ球数と逆相関を示した。MENKは濃度依存的にMOLT-4-Tリンパ芽球細胞の成長を阻害した。さらに、MENKはMOLT-4細胞において、c-jun N末端キナーゼのリン酸化レベルを亢進し、アポトーシスを誘導した。MENK誘導アポトーシスはc-jun N末端キナーゼ阻害剤によって抑制された。免疫組織化学的解析によりCRC試料61例中33例でMENKの中等度から強度の発現が認められた。MENK発現はDukes病期分類、リンパ節転移、肝転移と関連していた。腫瘍組織におけるMENK濃度はDukes分類B症例よりDukes分類C症例において高かった。MENK発現は腫瘍浸潤Tリンパ球、特にCD4+細胞サブセットに属するリンパ球と関連していた。CRC細胞によって分泌されるMENKが免疫の影響から宿主を逸脱させたことを示唆していた。

  • Luo Y, Fujii K, Ohmori H, Sasahira T, Moriwaka Y, Isobe M, Kuniyasu H .  Antisense phosphorothioate oligodeoxynucleic acid for CD10 suppresses liver metastasis of colorectal cancer. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology76 ( 5 ) 267 - 73   2009年

     詳細を見る

  • Kusume A, Sasahira T, Luo Y, Isobe M, Nakagawa N, Tatsumoto N, Fujii K, Ohmori H, Kuniyasu H .  Suppression of dendritic cells by HMGB1 is associated with lymph node metastasis of human colon cancer. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology76 ( 4 ) 155 - 62   2009年

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kirita T, Oue N, Bhawal UK, Yamamoto K, Fujii K, Ohmori H, Luo Y, Yasui W, Bosserhoff AK, Kuniyasu H .  High mobility group box-1-inducible melanoma inhibitory activity is associated with nodal metastasis and lymphangiogenesis in oral squamous cell carcinoma. .  Cancer science99 ( 9 ) 1806 - 12   2008年9月

  • Sasahira Tomonori, Kirita Tadaaki, Oue Naohide, Bhawal Ujjal Kumar, Yamamoto Kazuhiko, Fujii Kiyomu, Ohmori Hitoshi, Luo Yi, Yasui Wataru, Bosserhoff Anja Katrin, Kuniyasu Hiroki .  High mobility group box-1誘導メラノーマ阻害活性は口腔扁平上皮癌におけるリンパ節転移およびリンパ管形成に関連する(High mobility group box-1-inducible melanoma inhibitory activity is associated with nodal metastasis and lymphangiogenesis in oral squamous cell carcinoma) .  Cancer Science99 ( 9 ) 1806 - 1812   2008年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    メラノーマ阻害活性(MIA)は、種々のヒト悪性腫瘍において浸潤と転移とに相関を示す悪性黒色腫細胞から分離された11-kDaの分泌蛋白質である。免疫組織化学的方法により口腔扁平上皮癌(OSCC)62株におけるMIA発現を検討した。MIA発現は、リンパ節転移と有意に関連し、またhigh mobility group box-1(HMGB1)の発現とリンパ管密度とも関連を示した。MIA、HMGB1、核因子κB(NFκB) p65の発現レベルとHMGB1-NFκB p65の結合率は、転移性ヒトOSCC細胞株(HSC3)で非転移性OSCC細胞株(HSC4)に比して有意に高かった。Receptor for advanced glycation end product(RAGE)アンチセンスまたは低分子干渉RNAとヒト遺伝子組み換えHMGB1(hrHMGB1)を用いた処理はMIA発現に影響を与えなかった一方で、HMGB1アンチセンスまたはsiRNA処理はHSC3細胞におけるMIA発現を低下させた。HMGB1はRAGEリガンドとしてではなくNFκB共因子としてMIA発現を亢進させた。MIA抗体によるMIA中和は細胞外シグナル関連キナーゼ1/2リン酸化を亢進したが、p38リン酸化と血管内皮増殖因子(VEGF)-C、-Dの発現は低下させた。p38阻害剤による処理はHSC3細胞におけるVEGF-C、-Dの発現を低下させた。これらの結果は、OSCCにおいてMIA発現が細胞内HMGB1とNFκBp65の相互作用により亢進し、MIAがVEGF-CとVEGF-Dの増加により腫瘍進行およびリンパ節転移に強く関与することを示唆していた。

  • Fujii K, Sasahira T, Moriwaka Y, Oue N, Yasui W, Kuniyasu H .  Protection of telomeres 1 protein levels are associated with telomere length in gastric cancer. .  International journal of molecular medicine21 ( 5 ) 599 - 604   2008年5月

     詳細を見る

  • Ohmori H, Sasahira T, Fujii K, Yi L, Shimomoto T, Kuniyasu H .  Linoleic-acid-induced growth suppression induces quiescent cancer cell nests in nude mice. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology75 ( 4 ) 226 - 32   2008年

     詳細を見る

  • Yagyuu T, Kirita T, Sasahira T, Moriwaka Y, Yamamoto K, Kuniyasu H .  Recurrence of keratocystic odontogenic tumor: clinicopathological features and immunohistochemical study of the Hedgehog signaling pathway. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology75 ( 3 ) 171 - 6   2008年

     詳細を見る

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 山中 康嗣, 國安 弘基 .  唾液腺原発腺様嚢胞癌におけるReg IVの発現 .  頭頸部癌33 ( 4 ) 489 - 492   2007年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    Reg IV(Regenerating gene type IV)は炎症性腸疾患や、胃癌、大腸癌でも発現亢進していることが知られている。さらにはホルモン療法に転移性前立腺癌との関連や早期の膵管癌における血清マーカーとしての有用性についても報告されている。今回25例の唾液腺原発腺様嚢胞癌症例におけるReg IVの発現を免疫組織化学的に検討した結果、Reg IVは腺様嚢胞癌のリンパ節転移および術後の遠隔転移に関与することを見出した。これらのことより、Reg IVは腺様嚢胞癌の転移及び予後予測マーカーとして有用である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Bhawal UK, Tsukinoki K, Sasahira T, Sato F, Mori Y, Muto N, Sugiyama M, Kuniyasu H .  Methylation and intratumoural heterogeneity of 14-3-3 sigma in oral cancer. .  Oncology reports18 ( 4 ) 817 - 24   2007年10月

     詳細を見る

  • Sasahira T, Kirita T, Bhawal UK, Ikeda M, Nagasawa A, Yamamoto K, Kuniyasu H .  The expression of receptor for advanced glycation end products is associated with angiogenesis in human oral squamous cell carcinoma. .  Virchows Archiv : an international journal of pathology450 ( 3 ) 287 - 95   2007年3月

     詳細を見る

  • Hirai K, Sasahira T, Ohmori H, Fujii K, Kuniyasu H .  Inhibition of heme oxygenase-1 by zinc protoporphyrin IX reduces tumor growth of LL/2 lung cancer in C57BL mice. .  International journal of cancer120 ( 3 ) 500 - 5   2007年2月

     詳細を見る

  • Chihara Y, Fujimoto K, Kondo H, Moriwaka Y, Sasahira T, Hirao Y, Kuniyasu H .  Anti-tumor effects of liposome-encapsulated titanium dioxide in nude mice. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology74 ( 6 ) 353 - 8   2007年

     詳細を見る

  • 野々村 昭孝, 笠井 孝彦, 榎本 泰典, 武田 麻衣子, 田村 智美, 中峯 寛和, 堤 幹宏, 小西 登, 笹平 智則, 齋藤 能彦, 森井 武志, 吉治 仁志, 川原 誠, 成清 道博, 三島 秀明, 長阪 重雄, 西尾 健治, 前田 光一, 丹羽 欣正, 西久保 敏也, 池 寛子, 古西 満, 米田 淳平, 時間外病理解剖のあり方を考えるワーキンググループ .  病理解剖に関するアンケート調査結果と剖検に関する一考察 .  Journal of Nara Medical Association57 ( 6 ) 175 - 184   2006年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:奈良医学会  

    最近、殆どの医療機関で剖検率が低下している。最新の平成15年のデータによると大学医学部附属病院80とその分院などの関連機関37施設、合計117施設の平均剖検率は14.3%である。奈良医科大学では「時間外病理解剖のあり方を考えるワーキンググループ」で時間外剖検のあり方を検討してきたので、病理解剖の目的、病理解剖に関する法的事項、医療関連死と剖検、病理解剖以外の解剖について、剖検率、大学附属病院における病理解剖の現状、患者の死亡時刻について考察した。大学附属病院における現状は65大学附属病院に対して行ったアンケート調査結果に基づいて報告した。

  • Sakai Y, Sasahira T, Ohmori H, Yoshida K, Kuniyasu H .  Conjugated linoleic acid reduced metastasized LL2 tumors in mouse peritoneum. .  Virchows Archiv : an international journal of pathology449 ( 3 ) 341 - 7   2006年9月

     詳細を見る

  • Sasaki T, Fujii K, Yoshida K, Shimura H, Sasahira T, Ohmori H, Kuniyasu H .  Peritoneal metastasis inhibition by linoleic acid with activation of PPARgamma in human gastrointestinal cancer cells. .  Virchows Archiv : an international journal of pathology448 ( 4 ) 422 - 7   2006年4月

     詳細を見る

  • Kuniyasu H, Yoshida K, Sasaki T, Sasahira T, Fujii K, Ohmori H .  Conjugated linoleic acid inhibits peritoneal metastasis in human gastrointestinal cancer cells. .  International journal of cancer118 ( 3 ) 571 - 6   2006年2月

     詳細を見る

  • Sasaki T, Yoshida K, Shimura H, Ichiba M, Sasahira T, Shimomoto T, Denda A, Kuniyasu H .  Inhibitory effect of linoleic acid on transformation of IEC6 intestinal cells by in vitro azoxymethane treatment. .  International journal of cancer118 ( 3 ) 593 - 9   2006年2月

     詳細を見る

  • Yamamoto K, Kitayama W, Denda A, Sasahira T, Kuniyasu H, Kirita T .  Expression of receptor for advanced glycation end products during rat tongue carcinogenesis by 4-nitroquinoline 1-oxide and effect of a selective cyclooxygenase-2 inhibitor, etodolac. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology73 ( 6 ) 317 - 24   2006年

     詳細を見る

  • Sasahira T, Akama Y, Fujii K, Kuniyasu H .  Expression of receptor for advanced glycation end products and HMGB1/amphoterin in colorectal adenomas. .  Virchows Archiv : an international journal of pathology446 ( 4 ) 411 - 5   2005年4月

     詳細を見る

  • Kuniyasu H, Yano S, Sasaki T, Sasahira T, Sone S, Ohmori H .  Colon cancer cell-derived high mobility group 1/amphoterin induces growth inhibition and apoptosis in macrophages. .  The American journal of pathology166 ( 3 ) 751 - 60   2005年3月

  • Bhawal UK, Ozaki Y, Nishimura M, Sugiyama M, Sasahira T, Nomura Y, Sato F, Fujimoto K, Sasaki N, Ikeda MA, Tsuji K, Kuniyasu H, Kato Y .  Association of expression of receptor for advanced glycation end products and invasive activity of oral squamous cell carcinoma. .  Oncology69 ( 3 ) 246 - 55   2005年

     詳細を見る

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 山本 一彦, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるReceptor for Advanced Glycation End Products(RAGE)発現の意義 .  頭頸部癌30 ( 4 ) 646 - 650   2004年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    口腔扁平上皮癌74例(男40例,女34例)を対象にreceptor for advanced glycation end products(RAGE)発現の意義を検討した.部位は舌39例,歯肉27例,頬粘膜,硬口蓋各4例,分化度は高分化50例,中分化21例,低分化3例,臨床病期はStage Iが4例,IIが21例,IIIが28例,IVが21例であった.癌切除標本の免疫組織化学的検討で,RAGE陽性は61例,82.4%であり,過去に検討した胃癌,大腸癌,前立腺癌に比較して高率であった.RAGE発現と分化度,所属リンパ節転移とは関連を認めなかったが,臨床病期とRAGE発現との間には有意差を認め,Stage IIIおよびIVで高かった.また術後再発を来たした30例では全例RAGE発現を認めた.Coxの比例ハザードモデルによる多変量解析を他の臨床病理学的因子を含めて行ったところ,「RAGE発現」のみが有意な予後と関わる独立因子であった.無病生存期間との関連ではRAGE陽性例が陰性例に比較して有意に予後不良であり,特に強陽性30例が不良であった.RAGEが口腔扁平上皮癌の進展および予後予測マーカーとして有用である可能性が示唆された

  • Sasaki T, Sasahira T, Shimura H, Ikeda S, Kuniyasu H .  Effect of Nma on growth inhibition by TGF-betaa in human gastric carcinoma cell lines. .  Oncology reports11 ( 6 ) 1219 - 23   2004年6月

     詳細を見る

  • Sasaki T, Sasahira T, Shimura H, Ikeda S, Kuniyasu H .  Effect of human noxa on irinotecan-induced apoptosis in human gastric carcinoma cell lines. .  Hepato-gastroenterology51 ( 57 ) 912 - 5   2004年5月

     詳細を見る

  • Kuniyasu H, Sasaki T, Sasahira T, Ohmori H, Takahashi T .  Depletion of tumor-infiltrating macrophages is associated with amphoterin expression in colon cancer. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology71 ( 3 ) 129 - 36   2004年

     詳細を見る

  • Kuniyasu H, Ohmori H, Sasaki T, Sasahira T, Yoshida K, Kitadai Y, Fidler IJ .  Production of interleukin 15 by human colon cancer cells is associated with induction of mucosal hyperplasia, angiogenesis, and metastasis. .  Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research9 ( 13 ) 4802 - 10   2003年10月

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • Oral cancer 査読

    Sasahira T et al.( 担当: 共著 ,  範囲: Molecular biology of the oral cancer)

    Springer  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:63-81  

  • Recent Advances in Metastasis of Gastrointestinal Cancers 査読

    Sasahira T et al.( 担当: 共著 ,  範囲: Angiogenesis and lymphangiogenesis in oral cancer)

    Transworld Research Network  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:23-40  

MISC

  • 口腔癌における分子病理生物学の最新情報 レビュー(Update of molecular pathobiology in oral cancer: a review)

    Sasahira Tomonori, Kirita Tadaaki, Kuniyasu Hiroki

    International Journal of Clinical Oncology   19 ( 3 )   431 - 436   2014年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 【AGEs-HMGB1/RAGEシステムの新展開】癌の増殖・転移におけるAGEs-HMGB1/RAGEシステム

    國安 弘基, 笹平 智則

    血管医学   6 ( 5 )   509 - 517   2005年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    RAGEは,HMGB1,AGEsなどをリガンドとし,癌の発生・進展・転移に大きな役割を果たしている.胃癌,大腸癌,食道癌,口腔癌,前立腺癌では,RAGEとHMGB1の発現が癌の進行・転移や再発・予後と相関する.RAGEの癌細胞への作用は,MAPK,Rac1/Cdc42,NF-κBなど種々の細胞内シグナルを介し,細胞増殖,細胞運動・浸潤,血管新生を促進する.HMGB1とAGEsはいずれも浸潤・転移促進作用を示すが,差異も認められた.また,HMGB1はマクロファージに対しアポトーシスを誘導し,その抗腫瘍効果を抑制し転移を促進する.AGEs-HMGB1/RAGE系は大腸発癌にも関与し,高脂肪食など大腸癌危険因子の受け皿となる可能性が示唆された(著者抄録)

講演・口頭発表等

  • 小野裕右、石畑清秀、岐部俊郎、嶋 香織、近藤智之、渕上貴央、野添悦郎、笹平智則、中村典史 .  当科開設後40年間の新分類(WHO: 2017年)による歯原性腫瘍の臨床統計的検討 .  第66回日本口腔外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 笹平智則 .  Hallmarks of Oral Cancer: 新たな分子マーカーの探索 .  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 近藤智之、 嶋 香織、 吉村卓也、 野添悦郎、 中村典史、 笹平智則 .  診断に苦慮した頬粘膜 mucoepidermoid carcinoma の一例 .  第3回南九州歯学会議  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 笹平智則 .  口腔癌の特性を規定する分子マーカーの探索 .  第3回南九州歯学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語  

  • 嶋 香織、近藤智之、別府真広、杉浦 剛、笹平智則 .  顎下部腫瘍 .  第32回日本臨床口腔病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • 西口 由希子, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 國安 弘基 .  胃癌におけるHMGB1抑制物質によるシスプラチン効果増強についての検討 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • バワール・ウジャール, 笹平 智則, 佐藤 冬樹, 國安 弘基 .  CXCL14のエピジェネティクス制御機構は口腔癌の病態生理に関与する(The epigenetic regulation of CXCL14 plays a role in the pathobiology of oral cancers) .  日本病理学会会誌  2019年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  • 西口 由希子, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 國安 弘基 .  胃癌におけるHMGB1抑制物質によるシスプラチン効果増強についての検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 森 汐莉, 谷 里奈, 近藤 裕美子, 西口 由希子, 笹平 智則, 藤井 宏真, 塚本 真治, 城戸 顕, 田中 康仁, 國安 弘基 .  プテロスティルベンはcMYC阻害剤の骨肉腫に対する抗腫瘍効果を増強する(Pterostilbene sensitizes osteosarcoma cells to killing by cMYC inhibitors) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • 中嶋 千惠, 山本 一彦, 谷 里奈, バワール・ウジャール, 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるME1発現と腫瘍促進の関係(Expression of cytosolic malic enzyme(ME1) is associated with disease progression in human oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討(The investigation of predictor genes for chemoresistance in gastric cancer) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 安井 弥, 國安 弘基, 庄 雅之 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 森 汐莉, 塚本 真治, 近藤 裕美子, 藤井 宏真, 城戸 顕, 谷 里奈, 西口 由希子, 笹平 智則, 辻内 俊文, 國安 弘基, 田中 康仁 .  プテロスティルベンはF0-F1ATPシンターゼ阻害を介して骨肉腫の幹細胞性を抑制しドキソルビシンの効果を増強させる .  日本整形外科学会雑誌  2018年6月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 中嶋 千恵, 山本 一彦, 谷 里奈, バワール・ウジャール, 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔衛生評価に有用な口腔腫瘍モデルの作製 .  日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討 .  日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討(The investigation of predictor genes for chemoresistance in gastric cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2018年3月  (一社)日本胃癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

  • 中嶋 千恵, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  Malic enzyme 1による口腔扁平上皮癌促進作用 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • 西口 由希子, 谷 里奈, 岸 真五, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 近藤 昌夫, 庄 雅之, 國安 弘基 .  抗クローディン4抗体による胃癌抗がん剤感受性への影響 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • 笹平 智則 .  口腔癌における腫瘍促進因子としてのMIA gene familyの役割 .  日本病理学会会誌  2017年9月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 国安 弘基, 城戸 顕, 藤井 宏真, 塚本 真治, 近藤 裕美子, 羅 奕, 門地 優衣, 森 汐莉, 藤原 里奈, 笹平 智則, 辻内 俊文, 田中 康仁 .  Pterostilbeneは骨肉腫の増殖能およびスフェア形成能を抑制しドキソルビシンの効果を増強する .  日本整形外科学会雑誌  2017年6月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

  • 中嶋 千恵, 谷 里奈, バワール・ウジャール, 山本 一彦, 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  Malic enzyme 1の口腔扁平上皮癌における腫瘍促進機序 .  日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • 西口 由希子, 羅 奕, 藤原 里奈, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌におけるDyrk2/HMGB1発現のCisplatin治療効果への影響(The influence of Dyrk2/HMGB1 on cisplatin chemotherapeutic effect in gastric cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 谷 里奈, 西口 由希子, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体とMTUS1の相互作用 .  日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • 西口 由希子, 羅 奕, 谷 里奈, 笹平 智則, 近藤 昌夫, 庄 雅之, 國安 弘基 .  胃癌における抗Claudin-4抗体の化学療法感受性への影響 .  日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • 西口 由希子, 羅 奕, 藤原 里奈, 笹平 智則, 近藤 昌夫, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌における抗Claudin-4抗体の化学療法感受性への影響(The effect of anti-claudin-4 antibody on chemotherapeutic sensitivity in gastric cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 松島 紗弥子, バワール・ウジャール, 山本 一彦, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzyme発現の意義 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • 西口 由希子, 藤原 里奈, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌におけるDyrk2及びHMGB1のCisplatin・5-FU効果予測因子としての有用性 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • 三瀬 浩二, 政岡 佳久, 福田 文美, 笹平 智則, 竹田 雅司 .  多形腺腫由来唾液腺導管癌の一例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2016年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 藤原 里奈, 西口 由希子, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 藤井 宏真, 塚本 真治, 城戸 顕, 藤原 里奈, 森 汐莉, 門地 優衣, 羅 奕, 笹平 智則, 辻内 俊文, 田中 康仁, 国安 弘基 .  骨肉腫細胞に対する低グルコース環境下におけるクレアチンキナーゼ阻害剤の抗腫瘍効果の検討 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • Hitoshi Ohmori, Toshio Kuwai, Yasuhiko Kitadai, Kiyomu Fujii, Rina Fujiwara, Yukiko Nishiguchi, Tomonori Sasahira, Hiroki Kuniyasu .  Protumoral role of trans fatty acid in colorectal cancer .  CANCER RESEARCH  2016年7月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • 岸 真五, 國安 弘基, 朴木 寛弥, 塚本 真治, 城戸 顕, 藤井 宏真, 近藤 裕美子, 羅 奕, 門地 優衣, 森 汐莉, 笹平 智則, 辻内 俊文, 田中 康仁 .  骨肉腫細胞に対する低グルコース環境下におけるクレアチニンキナーゼ阻害剤の抗腫瘍効果の検討 .  日本整形外科学会雑誌  2016年6月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 松島 紗弥子, バワール・ウジャール, 山本 一彦, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzymeの役割 .  日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

  • 西口 由希子, 藤原 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌におけるDyrk2及びHMGB1のCisplatin・5-FU効果予測因子としての有用性 .  日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

  • 藤原 里奈, 佐々木 隆光, 羅 奕, 西口 由希子, 笹平 智則, 國安 弘基 .  膵管癌・大腸癌におけるmast4発現の意義 .  日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

  • 栗原 都, 桐田 忠昭, 中嶋 千恵, 笹平 智則, Bhawal Ujjal, 佐々木 隆光 .  口腔および食道扁平上皮癌におけるピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの発現 .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 藤原 里奈, 森 汐莉, 門地 優衣, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義 .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 羅 奕, 山本 一彦, 岩田 直也, 桂川 広幸, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzymeの発現 .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 羅 奕, 笹平 智則, バワール・ウジャール, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzymeの発現 .  日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるN4BP2L1の役割 .  日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 周 林艶, 佐藤 清哉, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  大腸癌・口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義(Role of angiotensin-II type 2 receptor in colorectal and oral cancers) .  日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 栗原 都, 中島 千恵, 松島 紗弥子, 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 佐々木 隆光, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  食道癌におけるピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの発現(Expression of isozymes of pyruvate kinase in esophageal cancer) .  日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 千原 良友, 大西 健太, 桑田 真臣, 穴井 智, 藤本 清秀, 本山 靖, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳頭状腎細胞癌に合併したTrousseau症候群の1剖検例 .  泌尿器外科  2014年5月  医学図書出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 國安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔癌におけるピルビン酸キナーゼ作用の多様性 .  頭頸部癌  2014年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

  • 森若 優希子, 大森 斉, 羅 奕, 田邊 絵里子, 北吉 美沙穂, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  アンギオテンシン系および血糖調節を標的とする大腸癌肝転移の抑制 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 北吉 美沙穂, 田邊 絵里子, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  口腔癌・大腸癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるPCMTD1発現の意義と役割 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるN4BP2L1の発現 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 松島 紗弥子, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるピルビン酸キナーゼ・アイソザイム変換の意義 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の役割 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 國安 弘基, 羅 奕, 北吉 美沙穂, 田邊 絵里子, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光 .  トランス脂肪酸によるEGFRの活性化と幹細胞性誘導 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 千原 良友, 大塚 憲司, 桑田 真臣, 田中 宣道, 藤本 清秀, 笹平 智則, 國安 弘基 .  集合管癌の1剖検例 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 下元 貴澄, 羅 奕, 後藤 桂, 川原 勲, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  高脂肪・高糖質食におけるAGE形成は大腸におけるRAGE発現を促進する .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 下村 弘幸, 山中 康嗣, 玉置 盛浩, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  下顎骨に広範囲な骨欠損を伴ったvon Recklinghausen病の2例 .  日本口腔診断学会雑誌  2014年2月  (一社)日本口腔診断学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

  • 山本 育功美, 山川 延宏, 下村 忠弘, 笹平 智則, 柳生 貴裕, 桐田 忠昭 .  顎下部の腫脹を契機に発見されたメトトレキセート関連リンパ増殖性疾患の1例 .  日本口腔科学会雑誌  2014年1月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

  • Tomonori Sasahira, Tadaaki Kirita, Hiroki Kuniyasu .  Update of molecular pathobiology in oral cancer: a review. .  International journal of clinical oncology  2014年  SPRINGER JAPAN KK

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    Head and neck cancer including oral squamous cell carcinoma (OSCC) is the sixth most common cancer in the world. OSCC has a high potential for local invasion and nodal metastasis, and the overall 5-year survival rate has not significantly changed during the past 30 years. Recent research has elucidated the detailed molecular mechanisms of carcinogenesis, tumor progression, and metastasis of OSCC. It is generally accepted that OSCC arises from multiple genetic alterations caused by chronic exposure to carcinogens such as alcohol, smoking, viral infections, and inflammation. The molecular mechanisms of carcinogenesis, tumor progression, and metastasis of head and neck cancer have been elucidated by recent advances in molecular biology. However, many unsolved questions remain. In this review, we describe the current molecular biological findings such as human papillomavirus infection, epithelial-mesenchymal transition, microRNA, and our novel molecular pathological findings of OSCC.

  • 下村 弘幸, 山中 康嗣, 玉置 盛浩, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  下顎骨に広範囲な骨欠損を伴ったvon Recklinghausen病の2例 .  日本口腔内科学会雑誌  2013年12月  (一社)日本口腔内科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

  • 笹平 智則, 栗原 都, ばわーる・うじゃーる, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  Prox1とFOXC2は口腔癌の脈管新生因子である(Prox1 and FOXC2 act as regulator of lymphangiogenesis and angiogenesis in oral cancer) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • 羅 奕, 米田 純也, 佐々木 隆光, 桑田 真臣, 笹平 智則, 千原 良友, 藤本 清秀, 國安 弘基 .  癌細胞は骨格筋をエネルギー源として利用する(Cancer usurps skeletal muscle as an energy repository) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • 藤井 澄, 佐藤 清哉, 羅 奕, 田邊 絵里子, 北吉 美沙穂, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 安井 弥, 國安 弘基 .  大腸癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の発現(Expression of angiotensin II type 2 receptor in colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の役割(Protumoral roles of melanoma inhibitory activity 2 in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • バワール・ウジャール, 笹平 智則, 福岡 シンテイア由希, 國安 弘基, 安孫子 宜光 .  ベーシック・ヘリックス・ループ・ヘリックス型転写因子DEC1と上皮間葉移行(Basic helix-loop helix transcription factor DEC1 and Epithelial-Mesenchymal Transition) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • 下村 弘幸, 笹平 智則, 山中 康嗣, 栗原 都, 今井 裕一郎, 玉置 盛浩, 青木 久美子, 國安 弘基, 長谷川 正俊, 桐田 忠昭 .  進行口腔癌の術前治療の評価におけるFDG-PET/CTの有用性 .  日本癌治療学会誌  2013年9月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

  • 千原 良友, 大西 健太, 桑田 真臣, 穴井 智, 藤本 清秀, 本山 靖, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳頭状腎細胞癌に合併したTrousseau症候群の1剖検例 .  腎癌研究会会報  2013年7月  (一社)腎癌研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 國安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の発現 .  頭頸部癌  2013年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, 上田 順宏, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるTrkの機能および発現解析 .  頭頸部癌  2013年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

  • 後藤 桂, 川原 勲, 羅 奕, 栗原 都, 藤原 里奈, 笹平 智則, 國安 弘基 .  がん化学療法による骨格筋の障害 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  • 佐藤 清哉, 羅 奕, 藤井 澄, 嶋 健作, バワール・ウジャール, 笹平 智則, 安井 弥, 國安 弘基 .  大腸癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の発現 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 國安 弘基 .  大腸癌におけるTrkの発現の意義と役割 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  • 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 栗原 都, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌の新規腫瘍進展マーカーであるTANGOの機能と役割 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるHuDの発現と役割 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  • 千原 良友, 大西 健太, 橋村 正哉, 桑田 真臣, 穴井 智, 藤本 清秀, 本山 靖, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳頭状腎細胞癌に合併したTrousseau症候群の1剖検例 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  • 羅 奕, 千原 良友, 笹平 智則, 桑田 正臣, 栗原 都, 田邊 絵里子, 國安 弘基 .  間欠的カロリー制限のがん幹細胞への影響 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  • 栗原 都, 山本 一彦, 笹平 智則, 国安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔扁平上皮癌におけるhas-miR29b-1の発現とc-metおよびEMTとの関連 .  日本口腔診断学会雑誌  2013年2月  (一社)日本口腔診断学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

  • 栗原 都, 山本 一彦, 笹平 智則, 国安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔扁平上皮癌におけるhas-miR29b-1の発現とc-metおよびEMTとの関連 .  日本口腔内科学会雑誌  2012年12月  (一社)日本口腔内科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  • 玉置 盛浩, 山中 康嗣, 下村 弘幸, 笹平 智則, 山川 延宏, 柳生 貴裕, 青木 久美子, 今井 裕一郎, 桐田 忠昭 .  唾液腺原発粘表皮癌の臨床病理学的検討 .  日本口腔腫瘍学会誌  2012年12月  (一社)日本口腔腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    1995年から2010年までに当科で加療した唾液腺原発粘表皮癌12例(男性6例、女性6例、平均年齢59.3歳)に対して臨床病理学的検討を行ったので報告する。Goode分類による病理組織学的悪性度は低悪性度8例、高悪性度4例であった。年齢と病理組織学的悪性度との関連は、低悪性度の平均年齢は55.1歳、高悪性度は67.5歳で年齢差を認めなかった。性別との関連では、低悪性度は女性が多く、高悪性度は男性に多かった。頸部リンパ節転移との関連では、低悪性度はN0が多く、高悪性度はN1-3が多かった。臨床病期分類との関連では、低悪性度はstage Iが多く、高悪性度はstage IVAが多かった。原発巣制御率との関連では、低悪性度75.0%に対して高悪性度の制御率は25.0%と低下していた。生存率は、低悪性度の5年死因特異的累積生存率87.5%に対して高悪性度は25.0%と不良であった。同様に5年無病累積生存率も低悪性度72.9%に対して高悪性度は22.0%と不良であった。Goode分類は粘表皮癌の予後予測として有用な病理組織学的悪性度分類であると思われた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J02382&link_issn=&doc_id=20121218220002&doc_link_id=%2Fdy8ortum%2F2012%2F002404%2F002%2F0137-0145%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy8ortum%2F2012%2F002404%2F002%2F0137-0145%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 下村 弘幸, 笹平 智則, 山中 康嗣, 栗原 都, 山川 延宏, 今井 裕一郎, 玉置 盛浩, 青木 久美子, 國安 弘基, 桐田 忠昭 .  進行口腔癌の術前治療効果判定におけるFDG-PETの有用性についての検討 .  日本癌治療学会誌  2012年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • ばわーる・うじゃーる, 伊藤 由美, 笹平 智則, 國安 弘基, 安孫子 宜光 .  Smad3のヒト歯肉線維芽細胞およびヒト間葉系幹細胞における概日リズムの解明(Smad3 shows circadian expression in human gingival fibroblasts and human mesenchymal stem cell) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

  • 國安 弘基, 藤本 雷, 羅 奕, 藤井 澄, 大森 斉, 丸山 博司, 笹平 智則, 千原 良友 .  大腸癌粘液腫状間質の骨髄間葉系幹細胞への影響(Role of myxomatous stroma to mesenchymal stem cells in colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

  • 笹平 智則, バワール・ウジャール, 栗原 都, 上田 順宏, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるTANGOの発現(Expression of TANGO in oral cancer) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現(Expression of pyruvate kinase isozymes in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

  • 國安 弘基, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 加藤 大輔, 新屋 智志, 山下 裕一, 大森 斉 .  EGFの胆嚢癌のEMT形質への関与 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, 上田 順宏, バワール・ウジャール, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるProx1の発現と役割 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • Bhawal Ujjal, 伊藤 由美, 笹平 智則, 國安 弘基, 安孫子 宜光 .  口腔扁平上皮癌におけるCXCL14のエピジェネティックス機構を介した遺伝子発現制御 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • 藤原 里奈, 金岡 幸嗣朗, 栗原 都, 笹平 智則, 國安 弘基 .  ナノ粒子による炎症性促進因子の産生 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 上田 順宏, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  FOXC2が口腔癌に及ぼす影響についての検討 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 千原 良友, 國安 弘基 .  トランス脂肪酸の大腸癌への影響 .  日本分子腫瘍マーカー研究会誌  2012年2月  日本分子腫瘍マーカー研究会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  RegIVとRUNX3は腺様嚢胞癌の新規予後不良因子である .  日本唾液腺学会誌  2011年11月  日本唾液腺学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  • バワール・ウジャール, 佐藤 冬樹, 笹平 智則, 伊藤 由美, 國安 弘基, 鬼島 宏, 安孫子 宜光 .  Basic-helix-loop-helix(bHLH)転写因子DEC1がE-boxを介してCyclinD1を制御する(Basic-helix-loop-helix (bHLH) transcription factor DEC1 regulates CyclinD1 expression through E-box element) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 大森 斉, 羅 奕, 千原 良友, 傳田 阿由美, 笹平 智則, 國安 弘基 .  糖尿病はアンギオテンシン系を活性化し大腸癌肝転移を促進する(Diabetic condition-associated angiotensin activation enhances liver metastasis of colon cancer) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるmiR-126の機能解析(Functional analysis of miR-126 in oral cancer) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現(Expression of pyruvate kinase isozymes in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 千原 良友, 國安 弘基 .  トランス脂肪酸の大腸癌への影響 .  日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録  2011年9月  日本分子腫瘍マーカー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • Hiroki Kuniyasu, Yi Luo, Hitoshi Ohmori, Kiyomu Fujii, Tomonori Sasahira, Yoshitomo Chihara, Junya Yoneda, Kazutaka Shimbo, Sachise Eto .  HMGB1 affects plasma amino acid profiles in colon carcinogenesis .  CANCER RESEARCH  2011年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

  • 國安 弘基, 羅 奕, 北台 靖彦, 笹平 智則, 丸山 博司, 大森 斉 .  HMGB1の間葉系幹細胞への影響 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 千原 良友, 羅 奕, バワール・ウジャール, 笹平 智則, 藤井 澄, 國安 弘基 .  大腸癌先進部のCD133陽性間質細胞は肝転移と相関する .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 笹平 智則, 山本 一彦, 栗原 都, 上田 順宏, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmiR126の発現と役割 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, ウジャール・バワール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 藤井 澄, 笹平 智則, 大森 斉, 松吉 ひろ子, 高木 都, 國安 弘基 .  セロトニン4型受容体アゴニストの腸管吻合部神経再生への影響 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, 上田 順宏, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  RUNX3は唾液腺腫瘍の発生、進展に関与する .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 山中 康嗣, 玉置 盛浩, 下村 弘幸, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  進行上顎歯肉癌に対してS-1と放射線同時療法が著効した1例 .  癌と化学療法  2011年1月  (株)癌と化学療法社

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    症例は83歳、男性。対側頸部リンパ節転移を伴い、左側上顎骨を破壊し、上顎洞内、頬粘膜部まで進行した左側上顎歯肉癌(T4aN2cM0)である。患者および家族は手術療法を希望しなかったため、S-1と放射線同時併用療法を施行した。治療として、入院下でS-1 80mg/body/dayによる化学療法(2週間連続投与後1週間休薬)を繰り返し、同時に放射線治療を週5日間、1日2Gy、計60Gy行った。治療中の有害事象として軽度の白血球減少とgrade 2の口内炎が認められたが、治療中止になるまでには至らなかった。結果として、肉眼、画像所見において原発巣は消失し、病理組織学的にもcomplete response(CR)を得た。また転移リンパ節も触診、画像所見にて消失し、CRと判断した。その後、S-1は維持化学療法として1年間施行した。現在、約2年を経過するが、再発、転移は認められず、経過良好である。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20110119550017&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2011%2F003801%2F018%2F0089-0092%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2011%2F003801%2F018%2F0089-0092%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 藤井 澄, 羅 奕, 下元 貴澄, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳癌におけるMAS1の発現(Expression of MAS1 in breast cancer) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるMIA3の役割(The role of MIA3 in oral squmous cell casrcinoma) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の発現(MIA2 is associated with the local invasion and nodal metastasis in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

  • バワール・ウジャール, 佐藤 冬樹, 笹平 智則, 伊藤 由美, 國安 弘基, 鬼島 宏, 佐藤 貞雄 .  口腔内炎症と癌における低酸素関連遺伝子DECの機能解析(Molecular mechanism of hypoxia inducible gene DEC in oral inflammation and cancer) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  MIA2は口腔癌において局所浸潤へ関与する .  頭頸部癌  2010年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるchymaseの役割 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • 羅 奕, 大森 斉, 磯部 衛, 笹平 智則, 傳田 阿由美, 國安 弘基 .  細胞壊死はHMGB1を介して腫瘍増殖を促進する .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • 大森 斉, 藤井 澄, 羅 奕, 笹平 智則, 國安 弘基 .  小腸粘膜に発現するCD10は粘膜免疫系の保持に関与する .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 千原 良友, 國安 弘基 .  大腸癌のアンギオテンシン活性化能は肝転移と相関する .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  唾液腺腫瘍におけるRUNX3の発現およびメチル化 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるMIA3の役割 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • Bhawal Ujjal, 佐藤 冬樹, 生駒 武治, 笹平 智則, 國安 弘基, 鬼島 宏, 久保田 英朗 .  口腔炎と口腔癌における低酸素誘導遺伝子DECの分子メカニズム(Molecular mechanism of hypoxia inducible gene DEC in oral inflammation and cancer) .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の発現 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • 玉置 盛浩, 山中 康嗣, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 下村 弘幸, 青木 久美子, 桐田 忠昭 .  上顎結節部に発症した粘表皮癌の1例 .  日本口腔腫瘍学会誌  2009年12月  (一社)日本口腔腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

  • K. Fujii, Y. Luo, T. Sasahira, A. Denda, H. Ohmori, H. Kuniyasu .  Co-treatment with deoxycholic acid and azoxymethane accelerates secretion of HMGB1 in IEC6 intestinal epithelial cells .  CELL PROLIFERATION  2009年10月  WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    Objectives: High-mobility group box 1 (HMGB1) is a nuclear protein that acts as a ligand of the receptor for advanced glycation end products (RAGE) and its expression enhances progression of cancer. However, the mechanism underlying HMGB1 secretion is still unclear. In this study, we examined the effect of deoxycholic acid (DCA), a promoter of colon carcinogenesis, on HMGB1 secretion. Materials and Methods: We used an in vitro transformation model comprised of IEC6 intestinal epithelial cells treated with azoxymethane (AOM) and/or DCA. HMGB1 expression and secretion were examined by Western and Northern blot analyses, and ELISA. Intracellular translocation of HMGB1 was examined by protein fractionation. Results: AOM + DCA-treated IEC6 cells showed upregulation of HMGB1 mRNA expression and increased level of HMGB1 protein in culture medium, but decreased level of HMGB1 protein in the nucleus. AOM + DCA treatment increased level of histone H4 acetylation, which induced translocation of HMGB1 from the nucleus to the cytoplasm and increased HMGB1 secretion. Leptomycin B inhibited extranuclear translocation and secretion of the HMGB1 protein. Conclusion: These findings suggest that DCA affects intracellular localization and secretion of HMGB1.

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 森若 優希子, 佐々木 隆光, 山下 裕一, 國安 弘基 .  CD10は肝Metエンケファリンの抗腫瘍作用を抑制し大腸癌の肝転移を促進する(CD10 enhances metastasis of colorectal cancer by abrogating the antitumoral effect of methionine-enkephalin in the liver) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール, 大森 斉, 國安 弘基 .  大腸癌におけるTrkB、TrkC発現の意義(Significance of TrkB and TrkC expression in colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

  • 國安 弘基, 笹平 智則, 羅 奕, バワール・ウジャール, 大森 斉 .  トランス脂肪酸であるエライジン酸は大腸癌の転移を促進する(A trans fatty acid, elaidic acid enhanses metastasis of colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  HuDは口腔扁平上皮癌の進展、リンパ節転移に関与する(HuD is associated with progression and nodal metastasis in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

  • 笹平 智則 .  頭頸部癌におけるリンパ管新生 .  Journal of Nara Medical Association  2009年8月  奈良医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    現在ではリンパ節転移が成立するには既存のリンパ管から腫瘍リンパ管新生が誘導されることが不可欠であると考えられている。本稿では新生リンパ管の特徴やVEGF-C/D-VEGF-R3をはじめとしたリンパ管新生因子について概説したのち、筆者らが見出した頭頸部癌における新規リンパ管新生誘導シグナルであるHMGB1-MIA系について述べる。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J03187&link_issn=&doc_id=20090916110003&doc_link_id=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10564%2F1089&url=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10564%2F1089&type=%93%DE%97%C7%8C%A7%97%A7%88%E3%89%C8%91%E5%8Aw%81F%93%DE%97%C7%8C%A7%97%A7%88%E3%89%C8%91%E5%8Aw%8B%40%8A%D6%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A_GINMU&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80059_3.gif

  • Toshio Kuwai, Yasuhiko Kitadai, Yi Luo, Tomonori Sasahira, Keiichi Masaki, Hiroshi Kohno, Mamoru Isobe, Hitoshi Ohmori, Hiroki Kuniyasu .  Activation of angiotensin system enhances liver metastasis of human colorectal cancer .  CANCER RESEARCH  2009年5月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 栗原 都, 山本 一彦, 國安 弘基 .  唾液腺腫瘍におけるRUNX3の発現およびメチル化の検討 .  頭頸部癌  2009年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

  • 笹平 智則, 北山 若紫, 佐々木 隆光, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ヒト口腔扁平上皮癌におけるRAGE発現の意義 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

  • 大森 斉, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  蛍光定量化によるMMP/E-cadherin比を用いた前立腺癌転移能診断 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 丸山 博司, 傅田 阿由美, 國安 弘基 .  AOM大腸発癌における高脂肪食・高糖質食の相乗作用 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • 笹平 智則, 佐々木 隆光, 北橋 宗, 大森 斉, 横瀬 喜彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  大腸癌におけるamphoterin発現とマクロファージ浸潤抑制 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 岡 保夫, 志村 英生, 池田 靖洋, 堤 雅弘, 國安 弘基 .  リノール酸による腹膜播種の抑制 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • 國安 弘基, 市場 正良, 笹平 智則, 佐々木 隆光 .  リノール酸によるAOM in vitro形質転換の抑制 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • 笹平 智則, 佐々木 隆光, 北山 若紫, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ヒト口腔癌におけるRAGE蛋白発現と浸潤・進行度との相関,ならびに,再発能予測マーカーとしての役割 .  頭頸部腫瘍  2004年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • 笹平 智則, 北山 若紫, 佐々木 隆光, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ヒト口腔扁平上皮癌におけるRAGE発現の意義 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • 近藤 秀明, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 辻内 俊文, 千原 良友, 國安 弘基 .  Nitric oxideの癌細胞に対する作用 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 近藤 秀明, 千原 良友, 國安 弘基 .  蛍光定量化によるMMP/E-cadherin比を用いた前立腺癌転移能診断 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

  • H Kuniyasu, T Sasaki, T Sasahira, H Ohmori, T Takahashi .  Depletion of tumor-infiltrating macrophages is associated with amphoterin expression in colon cancer .  PATHOBIOLOGY  2004年  KARGER

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    Macrophage infiltration into colon cancer and amphoterin expression in cancer cells was examined in 42 human colon cancers invading the subserosa. The mean number of infiltrating macrophages was significantly higher in Dukes' B cases than in Dukes' C cases (p = 0.0065). Tumors with few infiltrating macrophages ( macrophage depletion) were significantly more frequent in Dukes' C cases than in Dukes' B cases ( p = 0.0014). No Dukes' C cases with relevant macrophage infiltration showed macrophage-cancer cell contact, whereas 5 Dukes' B cases showed such contact (p &lt; 0.0001). In human colon cancer cells implanted in the cecum of nude mice, KM12SM ( highly metastatic) tumors yielded less macrophage infiltration and more liver metastases than KM12C ( low risk of metastasis) tumors ( 14 B 3 vs. 78 B 32 and 24 B 6 vs. 5 B 3 per liver, respectively). Amphoterin expression was detected at high frequency in both Dukes' B and C cases ( p = 0.0684). In macrophage-depleted cases, amphoterin expression was significantly higher than that in non-depleted cases ( p = 0.0015). To confirm biological effects of amphoterin on macrophages, an infiltration assay using the cell-layered Boyden chamber was done. Infiltration of PMA-treated U937 monocytes through the KM12SM cell layer was increased by pretreatment of KM12SM cells with amphoterin antisense S-oligodeoxynucleotide exposure. Moreover, extracted amphoterin inhibited PMA-U937 monocyte infiltration in a dose-dependent manner. Thus, amphoterin may play an important role in the inhibition of macrophage infiltration into colon cancer. Copyright (C) 2004 S. Karger AG, Basel.

  • Hiroki Kuniyasu, Takamitsu Sasaki, Tomonori Sasahira, Hitoshi Ohmori, Tadateru Takahashi .  Depletion of tumor-infiltrating macrophages is associated with amphoterin expression in colon cancer. .  Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology  2004年  KARGER

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    Macrophage infiltration into colon cancer and amphoterin expression in cancer cells was examined in 42 human colon cancers invading the subserosa. The mean number of infiltrating macrophages was significantly higher in Dukes' B cases than in Dukes' C cases (p = 0.0065). Tumors with few infiltrating macrophages (macrophage depletion) were significantly more frequent in Dukes' C cases than in Dukes' B cases (p = 0.0014). No Dukes' C cases with relevant macrophage infiltration showed macrophage-cancer cell contact, whereas 5 Dukes' B cases showed such contact (p < 0.0001). In human colon cancer cells implanted in the cecum of nude mice, KM12SM (highly metastatic) tumors yielded less macrophage infiltration and more liver metastases than KM12C (low risk of metastasis) tumors (14 +/- 3 vs. 78 +/- 32 and 24 +/- 6 vs. 5 +/- 3 per liver, respectively). Amphoterin expression was detected at high frequency in both Dukes' B and C cases (p = 0.0684). In macrophage-depleted cases, amphoterin expression was significantly higher than that in non-depleted cases (p = 0.0015). To confirm biological effects of amphoterin on macrophages, an infiltration assay using the cell-layered Boyden chamber was done. Infiltration of PMA-treated U937 monocytes through the KM12SM cell layer was increased by pretreatment of KM12SM cells with amphoterin antisense S-oligodeoxynucleotide exposure. Moreover, extracted amphoterin inhibited PMA-U937 monocyte infiltration in a dose-dependent manner. Thus, amphoterin may play an important role in the inhibition of macrophage infiltration into colon cancer.

  • Hiroki Kuniyasu, Hitoshi Ohmori, Takamistu Sasaki, Tomonori Sasahira, Kazuhiro Yoshida, Yasuhiko Kitadai, Isaiah J Fidler .  Production of interleukin 15 by human colon cancer cells is associated with induction of mucosal hyperplasia, angiogenesis, and metastasis. .  Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research  2003年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    PURPOSE: The purpose of this study was to identify a mediator produced by human colon cancer cells that is responsible for the induction of hyperplasia in the adjacent mucosa. EXPERIMENTAL DESIGN: Seventy human colon cancer surgical specimens were immunostained to determine the presence of cytokines that can induce hyperplasia in the adjacent mucosal. Human colon cancer cells with low and high metastatic potential were implanted into the cecal wall of nude mice. The resulting lesions were studied by immunohistochemistry to detect possible mediators of mucosal hyperplasia. RESULTS: Immunostaining of 70 colon cancer specimens from 70 patients suggested that mucosal hyperplasia and distant metastasis were associated with the expression of interleukin (IL)-15 and, to a lesser extent, transforming growth factor alpha. The production of IL-15 by colon cancer cells was not associated with the infiltration of natural killer cells into the tumors. Cecal tumors produced in nude mice by human colon cancer cells with low and high metastatic potential (KM12C and KM12SM cells, respectively) expressed similar levels of transforming growth factor alpha, and expression of IL-15 was detected only in the metastatic KM12SM cells and was associated with hyperplasia of the surrounding mucosa. The expression of the IL-15 receptor in rat intestinal epithelial cells (IEC6 cells) was confirmed by immunoblotting with antibodies against IL-15 receptor alpha and IL-2 receptor beta and gamma subunits and by a binding assay using (125)I-labeled IL-15 (K(d) = 0.011 nM). IL-15 stimulated proliferation of the IEC6 cells, even under serum starvation. Treatment of IEC6 cells with IL-15 decreased doxorubicin-mediated cytotoxicity. In IEC6 cells treated with either IL-15- or KM12SM-conditioned medium, immunoblotting revealed a decrease in the production of p21Waf1, Bax, and Bak and an increase in the production of cyclin E, proliferating cell nuclear antigen, the phosphorylated active form of AKT, basic fibroblast growth factor, and vascular endothelial growth factor, changes associated with cell growth, survival, and induction of angiogenesis. CONCLUSIONS: These data indicate that IL-15 produced by metastatic colon carcinoma cells can induce hyperplasia in the mucosa adjacent to colon cancer, thus contributing to angiogenesis and progression of the disease.

  • 國安 弘基, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 近藤 秀明, 岡 保夫, 千原 良友, 大森 斉 .  アンフォテリンによるPMA-U937マクロファージに対する増殖抑制 .  日本癌学会総会記事  2003年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

  • 笹平 智則, 傳田 阿由美, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  大腸癌におけるamphoterin発現とマクロファージ浸潤抑制 .  日本癌学会総会記事  2003年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

  • 由利 麻理子, 笹平 智則, 大森 斉, 趙 成大, 中井 訓治, 石丸 正平, 吉田 和弘, 國安 弘基 .  大腸腺腫及び大腸癌におけるCOX-2と15LOX-1の発現変化 .  日本病理学会会誌  2007年2月  (一社)日本病理学会

  • 大森 斉, 笹平 智則, 三澤 裕美, 傳田 阿由美, 高木 都, 國安 弘基 .  ES細胞による腸管様組織構築と運動能の関係 .  日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

  • 森若 優希子, 三澤 裕美, 笹平 智則, 下元 貴澄, 丸山 博司, 高木 都, 國安 弘基 .  ES細胞からの腸管様構造誘導におけるBDNFの効果 .  日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

  • 國安 弘基, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 加藤 大輔, 新屋 智志, 山下 裕一, 大森 斉 .  EGFの胆嚢癌のEMT形質への関与 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

  • 羅 奕, 米田 純也, 佐々木 隆光, 桑田 真臣, 笹平 智則, 千原 良友, 藤本 清秀, 國安 弘基 .  癌細胞は骨格筋をエネルギー源として利用する(Cancer usurps skeletal muscle as an energy repository) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

  • Bhawal Ujjal K., Sato Fuyuki, Sasahira Tomonori, Kuniyasu Hiroki .  DEC1(STRA13)タンパク質発現は予後不良のヒト舌癌に関連する(DEC1 (STRA13) protein expression relates to poor prognosis of human tongue carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

  • バワール・ウジャール , 笹平 智則, 佐藤 冬樹, 國安 弘基 .  CXCL14のエピジェネティクス制御機構は口腔癌の病態生理に関与する(The epigenetic regulation of CXCL14 plays a role in the pathobiology of oral cancers) .  日本病理学会会誌  2019年4月  (一社)日本病理学会

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 森若 優希子, 佐々木 隆光, 山下 裕一, 國安 弘基 .  CD10は肝Metエンケファリンの抗腫瘍作用を抑制し大腸癌の肝転移を促進する(CD10 enhances metastasis of colorectal cancer by abrogating the antitumoral effect of methionine-enkephalin in the liver) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 藤井 澄, 北台 靖彦, 笹平 智則, 大森 斉, 大上 直秀, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃粘膜におけるテロメア短縮病変 .  日本病理学会会誌  2007年2月  (一社)日本病理学会

  • Fujita Maiko, Bhawal Ujjal K., Ikoma Takeharu, Sato Fuyuki, Sasahira Tomonori, Kuniyasu Hiroki, Kijima Hiroshi, Kubota Eiro .  Basic-helix-loop-helix転写因子はAkt及びSREBP-1活性化を介する低酸素により上方制御される(Basic-helix-loop-helix transcription factors are up-regulated by hypoxia via activation of Akt and SREBP-1) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • Bhawal Ujjal K., Sato Fuyuki, Ikoma Takeharu, Sasahira Tomonori, Kuniyasu Hiroki, Kijima Hiroshi, Kubota Erio .  basic-helix-loop-helix(bHLH)転写因子DEC1はEボックス配列を介してサイクリンD1発現を制御する(Basic-helix-loop-helix (bHLH) transcription factor DEC1 regulates CyclinD1 expression through E-box elements) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • バワール・ウジャール , 佐藤 冬樹, 笹平 智則, 伊藤 由美, 國安 弘基, 鬼島 宏, 安孫子 宜光 .  Basic-helix-loop-helix(bHLH)転写因子DEC1がE-boxを介してCyclinD1を制御する(Basic-helix-loop-helix (bHLH) transcription factor DEC1 regulates CyclinD1 expression through E-box element) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

  • 大森 斉, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  蛍光定量化によるMMP/E-cadherin比を用いた前立腺癌転移能診断 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

  • 羅 奕, 千原 良友, 笹平 智則, 桑田 正臣, 栗原 都, 田邊 絵里子, 國安 弘基 .  間欠的カロリー制限のがん幹細胞への影響 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

  • 千原 良友, 大塚 憲司, 桑田 真臣, 田中 宣道, 藤本 清秀, 笹平 智則, 國安 弘基 .  集合管癌の1剖検例 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 北山 若紫, 山本 一彦, 塩谷 洋史, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  4-NQO誘発ラット舌癌におけるProstaglandin E2受容体の発現と選択的COX-2阻害剤etodolacの効果 .  日本口腔科学会雑誌  2008年1月  (NPO)日本口腔科学会

  • 山本 育功美, 山川 延宏, 下村 忠弘, 笹平 智則, 柳生 貴裕, 桐田 忠昭 .  顎下部の腫脹を契機に発見されたメトトレキセート関連リンパ増殖性疾患の1例 .  日本口腔科学会雑誌  2014年1月  (NPO)日本口腔科学会

  • 栗原 都, 中島 千恵, 松島 紗弥子, 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 佐々木 隆光, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  食道癌におけるピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの発現(Expression of isozymes of pyruvate kinase in esophageal cancer) .  日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

  • 北山 若紫, 山本 一彦, 塩谷 洋史, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  4-NQO誘発ラット舌癌におけるPGE2受容体の発現と選択的COX-2阻害剤etodolacの修飾効果 .  日本口腔外科学会雑誌  2007年8月  (公社)日本口腔外科学会

  • 山本 一彦, 北山 若紫, 笹平 智則, 塩谷 洋史, 桐田 忠昭 .  4-Nitroquinoline 1-oxide(4-NQO)によるラット舌発癌過程におけるCyclooxygenase(COX)-2とReceptor for advanced glycation end products(RAGE)の発現 .  日本口腔外科学会雑誌  2004年12月  (公社)日本口腔外科学会

  • 下元 貴澄, 羅 奕, 後藤 桂, 川原 勲, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  高脂肪・高糖質食におけるAGE形成は大腸におけるRAGE発現を促進する .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 岸 真五, 國安 弘基, 朴木 寛弥, 塚本 真治, 城戸 顕, 藤井 宏真, 近藤 裕美子, 羅 奕, 門地 優衣, 森 汐莉, 笹平 智則, 辻内 俊文, 田中 康仁 .  骨肉腫細胞に対する低グルコース環境下におけるクレアチニンキナーゼ阻害剤の抗腫瘍効果の検討 .  日本整形外科学会雑誌  2016年6月  (公社)日本整形外科学会

  • 國安 弘基, 藤本 雷, 羅 奕, 藤井 澄, 大森 斉, 丸山 博司, 笹平 智則, 千原 良友 .  大腸癌粘液腫状間質の骨髄間葉系幹細胞への影響(Role of myxomatous stroma to mesenchymal stem cells in colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則 .  頭頸部癌におけるリンパ管新生 .  Journal of Nara Medical Association  2009年8月  奈良医学会

     詳細を見る

    現在ではリンパ節転移が成立するには既存のリンパ管から腫瘍リンパ管新生が誘導されることが不可欠であると考えられている。本稿では新生リンパ管の特徴やVEGF-C/D-VEGF-R3をはじめとしたリンパ管新生因子について概説したのち、筆者らが見出した頭頸部癌における新規リンパ管新生誘導シグナルであるHMGB1-MIA系について述べる。(著者抄録)

  • 笹平 智則, 大森 斉, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  頭頸部癌と食道癌におけるPatched発現の検討 .  頭頸部癌  2005年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 下村 弘幸, 笹平 智則, 山中 康嗣, 栗原 都, 山川 延宏, 今井 裕一郎, 玉置 盛浩, 青木 久美子, 國安 弘基, 桐田 忠昭 .  進行口腔癌の術前治療効果判定におけるFDG-PETの有用性についての検討 .  日本癌治療学会誌  2012年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 周 林艶, 佐藤 清哉, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  大腸癌・口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義(Role of angiotensin-II type 2 receptor in colorectal and oral cancers) .  日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

  • 下村 弘幸, 笹平 智則, 山中 康嗣, 栗原 都, 今井 裕一郎, 玉置 盛浩, 青木 久美子, 國安 弘基, 長谷川 正俊, 桐田 忠昭 .  進行口腔癌の術前治療の評価におけるFDG-PET/CTの有用性 .  日本癌治療学会誌  2013年9月  (一社)日本癌治療学会

  • 藤井 澄, 佐藤 清哉, 羅 奕, 田邊 絵里子, 北吉 美沙穂, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 安井 弥, 國安 弘基 .  大腸癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の発現(Expression of angiotensin II type 2 receptor in colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 國安 弘基 .  大腸癌におけるTrkの発現の意義と役割 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 近藤 秀明, 千原 良友, 國安 弘基 .  蛍光定量化によるMMP/E-cadherin比を用いた前立腺癌転移能診断 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

  • 藤原 里奈, 佐々木 隆光, 羅 奕, 西口 由希子, 笹平 智則, 國安 弘基 .  膵管癌・大腸癌におけるmast4発現の意義 .  日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, バワール・ウジャール , 大上 直秀, 安井 弥, 國安 弘基 .  腺様嚢胞癌におけるRegIVの発現(Expression of RegIV in salivary gland adenoid cystic carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 大上 直秀, 桐田 忠昭, 安井 弥, 國安 弘基 .  腺様嚢胞癌におけるRegIVの発現 .  日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

  • 國安 弘基, 笹平 智則, 勝井 錬太, 三澤 裕美, 羅 奕, 高木 都 .  腸管吻合部における壁内神経再生に対するBDNFの効果 .  日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

  • 西口 由希子, 羅 奕, 藤原 里奈, 笹平 智則, 近藤 昌夫, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌における抗Claudin-4抗体の化学療法感受性への影響(The effect of anti-claudin-4 antibody on chemotherapeutic sensitivity in gastric cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 西口 由希子, 羅 奕, 谷 里奈, 笹平 智則, 近藤 昌夫, 庄 雅之, 國安 弘基 .  胃癌における抗Claudin-4抗体の化学療法感受性への影響 .  日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討(The investigation of predictor genes for chemoresistance in gastric cancer) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討(The investigation of predictor genes for chemoresistance in gastric cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2018年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 安井 弥, 國安 弘基, 庄 雅之 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 西口 由希子, 大上 直秀, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 安井 弥, 國安 弘基 .  胃癌における化学療法治療効果予測因子の検討 .  日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 北吉 美沙穂, 田邊 絵里子, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  口腔癌・大腸癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 西口 由希子, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 國安 弘基 .  胃癌におけるHMGB1抑制物質によるシスプラチン効果増強についての検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 笹平 智則, 大上 直秀, 大森 斉, 桐田 忠昭, 安井 弥, 國安 弘基 .  口腔癌の新規転移マーカー:MIAについて .  日本病理学会会誌  2006年4月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 栗原 都, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌の新規腫瘍進展マーカーであるTANGOの機能と役割 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

  • 西口 由希子, 谷 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 庄 雅之, 國安 弘基 .  胃癌におけるHMGB1抑制物質によるシスプラチン効果増強についての検討 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 西口 由希子, 藤原 里奈, 岸 真五, 笹平 智則, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌におけるDyrk2及びHMGB1のCisplatin・5-FU効果予測因子としての有用性 .  日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 山本 一彦, 國安 弘基 .  口腔癌における脈管新生 .  日本病理学会会誌  2007年2月  (一社)日本病理学会

  • 西口 由希子, 藤原 里奈, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌におけるDyrk2及びHMGB1のCisplatin・5-FU効果予測因子としての有用性 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 國安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔癌におけるピルビン酸キナーゼ作用の多様性 .  頭頸部癌  2014年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 西口 由希子, 羅 奕, 藤原 里奈, 笹平 智則, 松本 壮平, 若月 幸平, 中島 祥介, 國安 弘基 .  胃癌におけるDyrk2/HMGB1発現のCisplatin治療効果への影響(The influence of Dyrk2/HMGB1 on cisplatin chemotherapeutic effect in gastric cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 羅 奕, 大森 斉, 磯部 衛, 笹平 智則, 傳田 阿由美, 國安 弘基 .  細胞壊死はHMGB1を介して腫瘍増殖を促進する .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • 大森 斉, 羅 奕, 千原 良友, 傳田 阿由美, 笹平 智則, 國安 弘基 .  糖尿病はアンギオテンシン系を活性化し大腸癌肝転移を促進する(Diabetic condition-associated angiotensin activation enhances liver metastasis of colon cancer) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 山本 一彦, 國安 弘基 .  口腔癌におけるTrkファミリーの発現 .  日本病理学会会誌  2007年2月  (一社)日本病理学会

  • 西口 由希子, 谷 里奈, 岸 真五, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 近藤 昌夫, 庄 雅之, 國安 弘基 .  抗クローディン4抗体による胃癌抗がん剤感受性への影響 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, バワール・ウジャール , 栗原 都, 上田 順宏, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるTANGOの発現(Expression of TANGO in oral cancer) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

  • 傳田 阿由美, 北山 若紫, 羅 奕, 笹平 智則, 國安 弘基 .  幹細胞マーカー発現oval cellはラット肝前癌性病変の発生に関与する(Possible involvement of stem cell marker expressing oval cells in the development of preneoplastic liver lesions in rats) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるPCMTD1発現の意義と役割 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるN4BP2L1の発現 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 大森 斉, 藤井 澄, 羅 奕, 笹平 智則, 國安 弘基 .  小腸粘膜に発現するCD10は粘膜免疫系の保持に関与する .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 藤井 澄, 丸山 博司, 國安 弘基 .  大腸腺腫におけるRAGE-HMGB1系の関与 .  日本病理学会会誌  2005年3月  (一社)日本病理学会

  • 藤井 澄, 笹平 智則, 丸山 博司, 大上 直秀, 安井 弥, 國安 弘基 .  大腸腺腫におけるRAGE-HMGB1系の関与 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 國安 弘基, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 傳田 阿由美, 堤 雅弘, 大森 斉 .  大腸癌発生におけるRAGEとそのligandの関与 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

  • バワール・ウジャール , 笹平 智則, 池田 征幸, 林 直樹, 永澤 昌, 國安 弘基 .  口腔癌における14-3-3σ遺伝子のメチル化 .  日本病理学会会誌  2007年2月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 柳生 貴裕, 藤井 澄, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌と食道癌におけるHedgehog signal活性化の差異:Ptchの発現の動態は臓器により異なっている .  日本病理学会会誌  2006年4月  (一社)日本病理学会

  • 大森 斉, 笹平 智則, 丸山 博司, 傳田 阿由美, 藤井 澄, 立本 直邦, 國安 弘基 .  大腸癌由来HMGB1によるリンパ節樹状細胞の抑制(Colon cancer-derived HMGB 1 inhibits lymph node dendritic cells) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 北山 若紫, 山本 一彦, 桐田 忠昭 .  口腔扁平上皮癌の局所進展,再発とRAGEについての検討 .  日本口腔外科学会雑誌  2005年9月  (公社)日本口腔外科学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 松島 紗弥子, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるピルビン酸キナーゼ・アイソザイム変換の意義 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 千原 良友, 羅 奕, バワール・ウジャール , 笹平 智則, 藤井 澄, 國安 弘基 .  大腸癌先進部のCD133陽性間質細胞は肝転移と相関する .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 千原 良友, 國安 弘基 .  大腸癌のアンギオテンシン活性化能は肝転移と相関する .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, バワール・ウジャール , 羅 奕, 傳田 阿由美, 國安 弘基 .  大腸癌におけるリンパ節樹状細胞に対するHMGB1の作用 .  日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

  • 佐藤 清哉, 羅 奕, 藤井 澄, 嶋 健作, バワール・ウジャール , 笹平 智則, 安井 弥, 國安 弘基 .  大腸癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の発現 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 大森 斉, 國安 弘基 .  大腸癌におけるTrkB、TrkC発現の意義(Significance of TrkB and TrkC expression in colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 大上 直秀, 安井 弥, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA発現 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 國安 弘基, 笹平 智則, 傳田 阿由美, 羅 奕, 大森 斉 .  大腸癌におけるCD10エンドペプチダーゼの癌免疫への影響 .  日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 佐々木 隆光, 北橋 宗, 大森 斉, 横瀬 喜彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  大腸癌におけるamphoterin発現とマクロファージ浸潤抑制 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 傳田 阿由美, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  大腸癌におけるamphoterin発現とマクロファージ浸潤抑制 .  日本癌学会総会記事  2003年8月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の役割(Protumoral roles of melanoma inhibitory activity 2 in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の役割 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 三瀬 浩二, 政岡 佳久, 福田 文美, 笹平 智則, 竹田 雅司 .  多形腺腫由来唾液腺導管癌の一例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2016年10月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 笹平 智則, 大上 直秀, 桐田 忠昭, 安井 弥, 國安 弘基 .  唾液腺腺様嚢胞癌におけるReg IVの機能解析 .  頭頸部癌  2007年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 栗原 都, 山本 一彦, 國安 弘基 .  唾液腺腫瘍におけるRUNX3の発現およびメチル化の検討 .  頭頸部癌  2009年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  唾液腺腫瘍におけるRUNX3の発現およびメチル化 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • 中嶋 千恵, 山本 一彦, 谷 里奈, バワール・ウジャール , 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔衛生評価に有用な口腔腫瘍モデルの作製 .  日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

  • Sasahira Tomonori, Bosserhoff Anja Katrin, Kirita Tadaaki .  口腔癌の腫瘍進行におけるmelanoma inhibitory activity遺伝子ファミリーの重要性(The importance of melanoma inhibitory activity gene family in the tumor progression of oral cancer) .  Pathology International  2018年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • Sasahira Tomonori .  口腔癌における腫瘍促進因子としてのMIA遺伝子ファミリーの役割(The role of MIA gene family as a tumor-promoting factor in oral cancer) .  Pathology International  2017年11月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • 笹平 智則 .  口腔癌における腫瘍促進因子としてのMIA gene familyの役割 .  日本病理学会会誌  2017年9月  (一社)日本病理学会

  • 佐々木 隆光, 桐田 忠昭, 山本 一彦, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔・食道扁平上皮癌におけるpatched発現 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 柳生 貴裕, 桐田 忠昭, バワール・ウジャール , 赤間 芳彦, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔癌における脈管新生 .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 藤原 里奈, 西口 由希子, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

  • 平井 香衣子, 笹平 智則, 丸山 博司, 市場 正良, 國安 弘基 .  亜鉛プロトポルフィリンの抗腫瘍効果 .  日本病理学会会誌  2006年4月  (一社)日本病理学会

  • 千原 良友, 大西 健太, 橋村 正哉, 桑田 真臣, 穴井 智, 藤本 清秀, 本山 靖, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳頭状腎細胞癌に合併したTrousseau症候群の1剖検例 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 藤原 里奈, 森 汐莉, 門地 優衣, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体の意義 .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

  • 松島 紗弥子, 羅 奕, 谷 里奈, 西口 由希子, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔癌におけるアンギオテンシンII2型受容体とMTUS1の相互作用 .  日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

  • 藤井 澄, 羅 奕, 下元 貴澄, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳癌におけるMAS1の発現(Expression of MAS1 in breast cancer) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, 上田 順宏, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるTrkの機能および発現解析 .  頭頸部癌  2013年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭 .  口腔癌におけるTrk famiyの発現 .  日本口腔外科学会雑誌  2007年8月  (公社)日本口腔外科学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 柳生 貴裕, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 國安 弘基 .  口腔癌におけるTrk familyの発現 .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, 上田 順宏, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるProx1の発現と役割 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるmiR-126の機能解析(Functional analysis of miR-126 in oral cancer) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

  • 國安 弘基, 市場 正良, 笹平 智則, 佐々木 隆光 .  リノール酸によるAOM in vitro形質転換の抑制 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 志村 英生, 丸山 博司, 市場 正良, 國安 弘基 .  リノール酸によるAOM in vitro形質転換の抑制 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるMIA3の役割(The role of MIA3 in oral squmous cell casrcinoma) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • バワール・ウジャール , 笹平 智則, 福岡 シンテイア由希, 國安 弘基, 安孫子 宜光 .  ベーシック・ヘリックス・ループ・ヘリックス型転写因子DEC1と上皮間葉移行(Basic helix-loop helix transcription factor DEC1 and Epithelial-Mesenchymal Transition) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるMIA3の役割 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔癌におけるHuDの発現と役割 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現(Expression of pyruvate kinase isozymes in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

  • Bhawal Ujjal, 佐藤 冬樹, 生駒 武治, 笹平 智則, 國安 弘基, 鬼島 宏, 久保田 英朗 .  口腔炎と口腔癌における低酸素誘導遺伝子DECの分子メカニズム(Molecular mechanism of hypoxia inducible gene DEC in oral inflammation and cancer) .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 山本 一彦, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるRAGE発現と腫瘍血管新生の検討 .  日本口腔腫瘍学会誌  2005年9月  (一社)日本口腔腫瘍学会

  • 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるRAGE発現と腫瘍脈管新生の検討 .  日本病理学会会誌  2005年3月  (一社)日本病理学会

  • 大森 斉, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるRAGE発現と腫瘍脈管新生の検討 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるN4BP2L1の役割 .  日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 山本 一彦, 栗原 都, 上田 順宏, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmiR126の発現と役割 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 北山 若紫, 佐々木 隆光, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ヒト口腔扁平上皮癌におけるRAGE発現の意義 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 北山 若紫, 佐々木 隆光, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ヒト口腔扁平上皮癌におけるRAGE発現の意義 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の発現(MIA2 is associated with the local invasion and nodal metastasis in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 國安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の発現 .  頭頸部癌  2013年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるMIA2の発現 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • 中嶋 千惠, 山本 一彦, 谷 里奈, バワール・ウジャール , 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるME1発現と腫瘍促進の関係(Expression of cytosolic malic enzyme(ME1) is associated with disease progression in human oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 國安 弘基, 羅 奕, 北吉 美沙穂, 田邊 絵里子, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光 .  トランス脂肪酸によるEGFRの活性化と幹細胞性誘導 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 松島 紗弥子, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzyme発現の意義 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 羅 奕, 笹平 智則, バワール・ウジャール , 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzymeの発現 .  日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 羅 奕, 山本 一彦, 岩田 直也, 桂川 広幸, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzymeの発現 .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

  • 中嶋 千恵, 桐田 忠昭, 栗原 都, 松島 紗弥子, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 笹平 智則, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるmalic enzymeの役割 .  日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

  • 傳田 阿由美, 笹平 智則, 國安 弘基 .  コリン欠乏アミノ酸食によるラット肝発がん過程でのPGE2 receptor subtype EP4 mRNAの発現亢進とEP3の発現低下 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 傳田 阿由美, 中江 大, 笹平 智則, 木下 アンナ, 鰐渕 英機, 福島 昭治, 國安 弘基 .  コリン欠乏アミノ酸(CDAA)食によるマウス肝発がんに対するOgg1遺伝子欠損の修飾効果 .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 山本 一彦, 笹平 智則, 国安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔扁平上皮癌におけるhas-miR29b-1の発現とc-metおよびEMTとの関連 .  日本口腔内科学会雑誌  2012年12月  (一社)日本口腔内科学会

  • 森若 優希子, 大森 斉, 羅 奕, 田邊 絵里子, 北吉 美沙穂, 千原 良友, 笹平 智則, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  アンギオテンシン系および血糖調節を標的とする大腸癌肝転移の抑制 .  日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

  • 栗原 都, 山本 一彦, 笹平 智則, 国安 弘基, 桐田 忠昭 .  口腔扁平上皮癌におけるhas-miR29b-1の発現とc-metおよびEMTとの関連 .  日本口腔診断学会雑誌  2013年2月  (一社)日本口腔診断学会

  • Bhawal Ujjal, 伊藤 由美, 笹平 智則, 國安 弘基, 安孫子 宜光 .  口腔扁平上皮癌におけるCXCL14のエピジェネティックス機構を介した遺伝子発現制御 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  口腔扁平上皮癌におけるchymaseの役割 .  日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

  • Bhawal Ujjal K., Sato Fuyuki, Ikoma Takeharu, Sasahira Tomonori, Kuniyasu Hiroki, Kijima Hiroshi, Kubota Eiro .  口腔扁平上皮癌においてDEC2はVEGF発現を負方向に制御する(DEC2 negatively regulates VEGF expression in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • バワール・ウジャール , 佐藤 冬樹, 笹平 智則, 伊藤 由美, 國安 弘基, 鬼島 宏, 佐藤 貞雄 .  口腔内炎症と癌における低酸素関連遺伝子DECの機能解析(Molecular mechanism of hypoxia inducible gene DEC in oral inflammation and cancer) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 桐田 忠昭, 中嶋 千恵, 笹平 智則, Bhawal Ujjal, 佐々木 隆光 .  口腔および食道扁平上皮癌におけるピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの発現 .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

  • 藤井 澄, 酒井 保葉, 笹平 智則, 市場 正良, 傳田 阿由美, 國安 弘基 .  共役リノール酸による腹膜播種の抑制 .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • 千原 良友, 大西 健太, 桑田 真臣, 穴井 智, 藤本 清秀, 本山 靖, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳頭状腎細胞癌に合併したTrousseau症候群の1剖検例 .  泌尿器外科  2014年5月  医学図書出版(株)

  • 千原 良友, 大西 健太, 桑田 真臣, 穴井 智, 藤本 清秀, 本山 靖, 笹平 智則, 國安 弘基 .  乳頭状腎細胞癌に合併したTrousseau症候群の1剖検例 .  腎癌研究会会報  2013年7月  (一社)腎癌研究会

  • 下村 弘幸, 山中 康嗣, 玉置 盛浩, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  下顎骨に広範囲な骨欠損を伴ったvon Recklinghausen病の2例 .  日本口腔内科学会雑誌  2013年12月  (一社)日本口腔内科学会

  • 下村 弘幸, 山中 康嗣, 玉置 盛浩, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  下顎骨に広範囲な骨欠損を伴ったvon Recklinghausen病の2例 .  日本口腔診断学会雑誌  2014年2月  (一社)日本口腔診断学会

  • ばわーる・うじゃーる , 伊藤 由美, 笹平 智則, 國安 弘基, 安孫子 宜光 .  Smad3のヒト歯肉線維芽細胞およびヒト間葉系幹細胞における概日リズムの解明(Smad3 shows circadian expression in human gingival fibroblasts and human mesenchymal stem cell) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

  • 玉置 盛浩, 山中 康嗣, 今井 裕一郎, 笹平 智則, 下村 弘幸, 青木 久美子, 桐田 忠昭 .  上顎結節部に発症した粘表皮癌の1例 .  日本口腔腫瘍学会誌  2009年12月  (一社)日本口腔腫瘍学会

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 岡 保夫, 志村 英生, 池田 靖洋, 堤 雅弘, 國安 弘基 .  リノール酸による腹膜播種の抑制 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

  • 國安 弘基, 大上 直秀, 笹平 智則, 安井 弥, 大森 斉 .  Reg IVは胃癌細胞の腹膜播種を促進する .  日本病理学会会誌  2006年4月  (一社)日本病理学会

  • 國安 弘基, 笹平 智則, 森若 優希子, 三澤 裕美, 高木 都 .  ユビキタスペースメーカ ES腸管における組織構築と運動能 .  日本平滑筋学会雑誌  2007年6月  日本平滑筋学会

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 森 汐莉, 塚本 真治, 近藤 裕美子, 藤井 宏真, 城戸 顕, 谷 里奈, 西口 由希子, 笹平 智則, 辻内 俊文, 國安 弘基, 田中 康仁 .  プテロスティルベンはF0-F1ATPシンターゼ阻害を介して骨肉腫の幹細胞性を抑制しドキソルビシンの効果を増強させる .  日本整形外科学会雑誌  2018年6月  (公社)日本整形外科学会

  • バワール・ウジャール , 笹平 智則, 大森 斉, 佐々木 隆光, 國安 弘基 .  RAGE発現は口腔扁平上皮癌の転移能に関与する .  日本病理学会会誌  2007年2月  (一社)日本病理学会

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 森 汐莉, 谷 里奈, 近藤 裕美子, 西口 由希子, 笹平 智則, 藤井 宏真, 塚本 真治, 城戸 顕, 田中 康仁, 國安 弘基 .  プテロスティルベンはcMYC阻害剤の骨肉腫に対する抗腫瘍効果を増強する(Pterostilbene sensitizes osteosarcoma cells to killing by cMYC inhibitors) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現(Expression of pyruvate kinase isozymes in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, ばわーる・うじゃーる , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  Prox1とFOXC2は口腔癌の脈管新生因子である(Prox1 and FOXC2 act as regulator of lymphangiogenesis and angiogenesis in oral cancer) .  日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, ウジャール・バワール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ピルビン酸キナーゼ・アイソザイムの口腔扁平上皮癌における発現 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

  • Fujisawa Megumi, Bhawal Ujjal K., Ikoma Takeharu, Sato Fuyuki, Sasahira Tomonori, Kuniyasu Hiroki, Kijima Hiroshi, Kubota Eiro .  ヒト歯肉におけるbasic-helix-loop-helix転写因子のIL-1β介在性の上方制御(IL-1 beta mediated up-regulation of basic-helix-loop-helix transcription factors in human gingiva) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 佐々木 隆光, 北山 若紫, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  ヒト口腔癌におけるRAGE蛋白発現と浸潤・進行度との相関,ならびに,再発能予測マーカーとしての役割 .  頭頸部腫瘍  2004年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 藤原 里奈, 金岡 幸嗣朗, 栗原 都, 笹平 智則, 國安 弘基 .  ナノ粒子による炎症性促進因子の産生 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

  • 近藤 秀明, 千原 良友, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  Nitric oxideによる泌尿器系癌細胞株への影響 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 千原 良友, 國安 弘基 .  トランス脂肪酸の大腸癌への影響 .  日本分子腫瘍マーカー研究会誌  2012年2月  日本分子腫瘍マーカー研究会

  • 羅 奕, 大森 斉, 笹平 智則, 千原 良友, 國安 弘基 .  トランス脂肪酸の大腸癌への影響 .  日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録  2011年9月  日本分子腫瘍マーカー研究会

  • 國安 弘基, 笹平 智則, 羅 奕, バワール・ウジャール , 大森 斉 .  トランス脂肪酸であるエライジン酸は大腸癌の転移を促進する(A trans fatty acid, elaidic acid enhanses metastasis of colorectal cancer) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  MIAと口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移についての検討 .  日本口腔外科学会雑誌  2005年9月  (公社)日本口腔外科学会

  • 笹平 智則, 佐々木 隆光, 傳田 阿由美, 國安 弘基 .  デオキシコール酸によるHMGB1分泌促進 .  日本病理学会会誌  2005年3月  (一社)日本病理学会

  • 藤井 澄, 笹平 智則, 大森 斉, 松吉 ひろ子, 高木 都, 國安 弘基 .  セロトニン4型受容体アゴニストの腸管吻合部神経再生への影響 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

  • 傳田 阿由美, 北山 若紫, 笹平 智則, 國安 弘基 .  コリン欠乏アミノ酸食によるラット肝発癌過程におけるPGE2受容体サブタイプmRNAの発現(Expressions of PGE2 receptor subtypes mRNAs during rat hepatocarcinogenesis caused by a CDAA diet) .  日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

  • 國安 弘基, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 近藤 秀明, 岡 保夫, 千原 良友, 大森 斉 .  アンフォテリンによるPMA-U937マクロファージに対する増殖抑制 .  日本癌学会総会記事  2003年8月  (一社)日本癌学会

  • 後藤 桂, 川原 勲, 羅 奕, 栗原 都, 藤原 里奈, 笹平 智則, 國安 弘基 .  がん化学療法による骨格筋の障害 .  日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

  • ロ・イ , 笹平 智則, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  TrkBとTrkCは口腔扁平上皮癌の進展、予後に関与する(TrkB and TrkC are associated with tumor progression, and poor prognosis in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 大森 斉, 國安 弘基 .  TrkBおよびTrkCは口腔癌の増殖能・浸潤能の獲得に関与する .  日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

  • Kurihara Miyako, Sasahira Tomonori, Yamamoto Kazuhiko, Kuniyasu Hiroki, Kirita Tadaaki .  HuDは口腔扁平上皮がんの進行を促進する(HuD Promotes Progression of Oral Squamous Cell Carcinoma) .  頭頸部癌  2015年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 笹平 智則, 大森 斉, 國安 弘基 .  TGF-α・IL-15によるマクロファージの大腸癌組織への浸潤抑制 .  日本病理学会会誌  2005年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, 山本 一彦, 上田 順宏, バワール・ウジャール , 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  RUNX3は唾液腺腫瘍の発生、進展に関与する .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  RegIVとRUNX3は腺様嚢胞癌の新規予後不良因子である .  日本唾液腺学会誌  2011年11月  日本唾液腺学会

  • 國安 弘基, 大上 直秀, 笹平 智則, 安井 弥, 大森 斉 .  Reg IVは胃癌の腹膜播種を促進する .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • バワール・ウジャール , 笹平 智則, 大森 斉, 國安 弘基 .  RAGE発現は口腔扁平上皮癌の転移能に関与する .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 国安 弘基, 城戸 顕, 藤井 宏真, 塚本 真治, 近藤 裕美子, 羅 奕, 門地 優衣, 森 汐莉, 藤原 里奈, 笹平 智則, 辻内 俊文, 田中 康仁 .  Pterostilbeneは骨肉腫の増殖能およびスフェア形成能を抑制しドキソルビシンの効果を増強する .  日本整形外科学会雑誌  2017年6月  (公社)日本整形外科学会

  • 柳生 貴裕, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  Hedgehog signalは角化嚢胞性歯原性腫瘍の再発にも関与している .  日本病理学会会誌  2006年4月  (一社)日本病理学会

  • 藤井 澄, 笹平 智則, 森若 優希子, 大上 直秀, 安井 弥, 國安 弘基 .  Pot1発現と胃粘膜・胃癌におけるテロメア長との相関(Pot1 expression is associated with telomere length in gastric mucosa and cancer) .  日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 國安 弘基 .  Nitric oxideメディエーターとしてのヘム・オキシゲナーゼ-1の作用 .  日本病理学会会誌  2005年3月  (一社)日本病理学会

  • 近藤 秀明, 佐々木 隆光, 笹平 智則, 辻内 俊文, 千原 良友, 國安 弘基 .  Nitric oxideの癌細胞に対する作用 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 山本 一彦, 國安 弘基 .  MIAは口腔扁平上皮癌のリンパ節転移に関与する .  頭頸部癌  2008年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  MIA2は口腔癌において局所浸潤へ関与する .  頭頸部癌  2010年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • 中嶋 千恵, 谷 里奈, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  Malic enzyme 1の口腔扁平上皮癌における腫瘍促進機序 .  日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

  • 中嶋 千恵, 栗原 都, 山本 一彦, バワール・ウジャール , 笹平 智則, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  Malic enzyme 1による口腔扁平上皮癌促進作用 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

  • 栗原 都, 笹平 智則, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  HuDは口腔扁平上皮癌の進展、リンパ節転移に関与する(HuD is associated with progression and nodal metastasis in oral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 國安 弘基, 笹平 智則, 羅 奕, バワール・ウジャール , 森若 優希子, 下元 貴澄, 大森 斉 .  HT29ヒト大腸癌細胞におけるアンギオテンシン活性化機構の肝転移への関与(Angiotensin activation system in HT29 colon cancer cells enhances liver metastasis) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 大森 斉, 笹平 智則, 傳田 阿由美, 内藤 浩之, 立本 直邦, 國安 弘基 .  HMGB1は転移標的臓器の転移抵抗性を低下させる(HMGB1 attenuates anti-metastasis defense in target organs in colon cancer) .  日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

  • 國安 弘基, 羅 奕, 北台 靖彦, 笹平 智則, 丸山 博司, 大森 斉 .  HMGB1の間葉系幹細胞への影響 .  日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

  • 笹平 智則, 桐田 忠昭, 大上 直秀, バワール・ウジャール , 山本 一彦, 藤井 澄, 大森 斉, ロ・イ , 安井 弥, ボッサーホフ・アンナ , 國安 弘基 .  HMGB1により誘導されるMIAは口腔扁平上皮癌のリンパ節転移・リンパ管新生に関わる(HMGB1-inducible MIA is associated with nodal metastasis and lymphangiogenesis inoral squamous cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 佐々木 隆光, 笹平 智則, 丸山 博司, 傅田 阿由美, 國安 弘基 .  AOM大腸発癌における高脂肪食・高糖質食の相乗作用 .  日本病理学会会誌  2004年5月  (一社)日本病理学会

  • 北山 若紫, 山本 一彦, 塩谷 洋史, 安本 順一, 徳宮 元富, 松末 友美子, 笹平 智則, 桐田 忠昭 .  4-NQO誘発ラット舌癌におけるProstaglandinE2受容体の発現 .  日本口腔外科学会雑誌  2006年9月  (公社)日本口腔外科学会

  • 笹平 智則, 栗原 都, バワール・ウジャール , 上田 順宏, 山本 一彦, 桐田 忠昭, 國安 弘基 .  FOXC2が口腔癌に及ぼす影響についての検討 .  日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

  • 北山 若紫, 山本 一彦, 笹平 智則, 塩谷 洋史, 桐田 忠昭 .  4-NQOによるラット舌発癌過程におけるreceptor for advanced glycation end productsの発現と選択的COX-2インヒビターの効果 .  日本口腔科学会雑誌  2005年9月  (NPO)日本口腔科学会

  • 北山 若紫, 山本 一彦, 笹平 智則, 森崎 歩, 桐田 忠昭 .  4-Nitroquinoline 1-oxide(4-NQO)によるラット舌発癌過程におけるReceptor for advanced glycation end products(RAGE)の発現 .  日本口腔科学会雑誌  2005年1月  (NPO)日本口腔科学会

  • 岸 真五, 朴木 寛弥, 藤井 宏真, 塚本 真治, 城戸 顕, 藤原 里奈, 森 汐莉, 門地 優衣, 羅 奕, 笹平 智則, 辻内 俊文, 田中 康仁, 国安 弘基 .  骨肉腫細胞に対する低グルコース環境下におけるクレアチンキナーゼ阻害剤の抗腫瘍効果の検討 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

  • 近藤智之、嶋 香織、吉村卓也、野添悦郎、中村典史、笹平智則 .  診断に苦慮した頬粘膜mucoepidermoid carcinomaの一例 .  第3回南九州歯学会  2021年9月 

  • 笹平智則 .  Hallmarls of Oral Cancer: 新たな分子マーカーの探索 .  昭和大学学士セミナー  2021年9月 

  • 笹平智則 .  口腔癌の特性を規定する分子マーカーの探索 .  第3回南九州歯学会  2021年9月 

▼全件表示

受賞

  • 第39回日本口腔腫瘍学会総会優秀ポスター賞

    2021年  

  • 第31回日本臨床口腔病理学会優秀発表賞

    2020年  

  • 中島佐一学術研究奨励賞

    2016年7月  

  • 日本病理学会学術奨励賞

    2013年6月  

  • 第31回日本口腔腫瘍学会優秀ポスター賞

    2013年1月  

  • 日本臨床口腔病理学会奨励賞(実験病理分野)

    2011年8月  

  • 日本病理学会学術研究賞

    2007年11月  

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 病理学Ⅱ

    2021年12月
    -
    2021年2月
    機関名:鹿児島大学

  • 総合歯科学

    2021年10月
    -
    2021年11月

  • 病理学

    2021年4月
    -
    2021年9月
    機関名:奈良県立医科大学

  • 臨床予備実習

    2021年4月
    機関名:鹿児島大学

  • 病理学Ⅰ

    機関名:鹿児島大学