2021/07/15 更新

写真a

ソガ ヨシハル
曽我 欣治
SOGA Yoshiharu
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 外科学講座 教授
職名
教授

学位

  • 医学博士 ( 2004年3月   京都大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科 心臓血管外科   教授

    2021年4月 - 現在

 

論文

  • Kuroda Y, Marui A, Arai Y, Nagasawa A, Tsumaru S, Arakaki R, Iida J, Wada Y, Tamai Y, Fukushima T, Soga Y .  Impact of dialysis in patients undergoing bioprosthetic aortic valve replacement. .  Interactive cardiovascular and thoracic surgery   2021年5月

     詳細を見る

  • Matsumura-Nakano Y, Shiomi H, Morimoto T, Yamaji K, Ehara N, Sakamoto H, Takeji Y, Yoshikawa Y, Yamamoto K, Imada K, Tada T, Taniguchi R, Nishikawa R, Tada T, Uegaito T, Ogawa T, Yamada M, Takeda T, Eizawa H, Tamura N, Tambara K, Suwa S, Shirotani M, Tamura T, Inoko M, Nishizawa J, Natsuaki M, Sakai H, Yamamoto T, Kanemitsu N, Ohno N, Ishii K, Marui A, Tsuneyoshi H, Terai Y, Nakayama S, Yamazaki K, Takahashi M, Tamura T, Esaki J, Miki S, Onodera T, Mabuchi H, Furukawa Y, Tanaka M, Komiya T, Soga Y, Hanyu M, Ando K, Kadota K, Minatoya K, Nakagawa Y, Kimura T, On behalf the CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-3 Investigators. .  Comparison of Outcomes of Percutaneous Coronary Intervention Versus Coronary Artery Bypass Grafting Among Patients With Three-Vessel Coronary Artery Disease in the New-Generation Drug-Eluting Stents Era (From CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-3). .  The American journal of cardiology145   25 - 36   2021年4月

  • Yamamoto K, Shiomi H, Morimoto T, Kadota K, Tada T, Takeji Y, Matsumura-Nakano Y, Yoshikawa Y, Imada K, Domei T, Kaneda K, Taniguchi R, Ehara N, Nawada R, Natsuaki M, Yamaji K, Toyofuku M, Kanemitsu N, Shinoda E, Suwa S, Iwakura A, Tamura T, Soga Y, Inada T, Matsuda M, Koyama T, Aoyama T, Sato Y, Furukawa Y, Ando K, Yamazaki F, Komiya T, Minatoya K, Nakagawa Y, Kimura T, CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-3 investigators. .  Percutaneous Coronary Intervention Versus Coronary Artery Bypass Graftinge Among Patients with Unprotected Left Main Coronary Artery Disease in the New-Generation Drug-Eluting Stents Era (From the CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-3). .  The American journal of cardiology145   47 - 57   2021年4月

  • Yamamoto K, Natsuaki M, Morimoto T, MD, Shiomi H, Takeji Y, Kadota K, Imada K, Toyofuku M, Kanemitsu N, Shinoda E, Suwa S, Iwakura A, Tamura T, Soga Y, Inada T, Matsuda M, Koyama T, Aoyama T, Kato E, Sato Y, Furukawa Y, Ando K, Yamazaki F, Komiya T, Minatoya K, Nakagawa Y, Kimura T .  Percutaneous Coronary Intervention Versus Coronary Artery Bypass Grafting in Patients With Versus Without Chronic Kidney Disease .  Am J Cardiol145   37 - 46   2021年4月

     詳細を見る

  • Takeji Y, Shiomi H, Morimoto T, Yoshikawa Y, Taniguchi R, Mutsumura-Nakano Y, Yamamoto K, Yamaji K, Tazaki J, Kato ET, Watanabe H, Yamamoto E, Yamashita Y, Fuki M, Suwa S, Inoko M, Takeda T, Shirotani M, Ehara N, Ishii K, Inada T, Tamura T, Onodera T, Shinoda E, Yamamoto T, Watanabe H, Yaku H, Nakatsuma K, Sakamoto H, Ando K, Soga Y, Furukawa Y, Sato Y, Nakagawa Y, Kadota K, Komiya T, Minatoya K, Kimura T, CREDO-Kyoto AMI Registry Wave-1 and the CREDO-Kyoto AMI Registry Wave-2 Investigators. .  Changes in demographics, clinical practices and long-term outcomes of patients with ST segment-elevation myocardial infarction who underwent coronary revascularisation in the past two decades: cohort study. .  BMJ open11 ( 3 ) e043683   2021年3月

     詳細を見る

  • Yamamoto K, Natsuaki M, Morimoto T, Shiomi H, Matsumura-Nakano Y, Nakatsuma K, Watanabe H, Yamamoto E, Kato E, Fuki M, Yamaji K, Nishikawa R, Nagao K, Takeji Y, Watanabe H, Tazaki J, Watanabe S, Saito N, Yamazaki K, Soga Y, Komiya T, Ando K, Minatoya K, Furukawa Y, Nakagawa Y, Kadota K, Kimura T, CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-3 investigators. .  Periprocedural Stroke After Coronary Revascularization (from the CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-3). .  The American journal of cardiology142   35 - 43   2021年3月

  • Takeji Y, Shiomi H, Morimoto T, Yoshikawa Y, Taniguchi R, Mutsumura-Nakano Y, Yamamoto K, Yamaji K, Tazaki J, Suwa S, Inoko M, Takeda T, Shirotani M, Ehara N, Ishii K, Inada T, Onodera T, Shinoda E, Yamamoto T, Tamura T, Nakatsuma K, Sakamoto H, Ando K, Soga Y, Furukawa Y, Sato Y, Nakagawa Y, Kadota K, Komiya T, Minatoya K, Kimura T, CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-2 and the CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-3 Investigators. .  Demographics, practice patterns and long-term outcomes of patients with non-ST-segment elevation acute coronary syndrome in the past two decades: the CREDO-Kyoto Cohort-2 and Cohort-3. .  BMJ open11 ( 2 ) e044329   2021年2月

     詳細を見る

  • Hakamada K, Sakaguchi G, Marui A, Arai Y, Nagasawa A, Tsumaru S, Hanyu M, Soga Y .  Effect of Multiple Prior Percutaneous Coronary Interventions on Outcomes After Coronary Artery Bypass Grafting. .  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   2020年12月

     詳細を見る

  • Nakatsu T, Minakata K, Tanaka S, Minatoya K, Nishizawa J, Ohno N, Esaki J, Ueyama K, Koyama T, Hanyu M, Tamura N, Komiya T, Saito Y, Kanemitsu N, Soga Y, Shiraga K, Nakayama S, Nonaka M, Sakaguchi G, Nishimura K, Yamanaka K .  Intermediate-term outcomes of aortic valve replacement with bioprosthetic or mechanical valves in patients on hemodialysis .    157 ( 6 ) 2177 - 2186   2019年6月

     詳細を見る

  • Soga Y, Kira H, Wakamiya M, Manabe N, Su T, Doi K, Nakano A, Himura Y .  Calcified Masses in the Inferior Vena Cava. .  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society83 ( 1 ) 239 - 240   2018年12月

     詳細を見る

  • 河野 智, 曽我 欣治 .  大動脈に穿通した下大静脈フィルターの1例 .  静脈学29 ( 3 ) 409 - 412   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本静脈学会  

    近年、手術の合併症として、急性肺血栓塞栓症(APTE)、深部静脈血栓症(DVT)が注目されるようになってきた。また、APTEは出産後の重大な合併症としても知られている。これらの対処の一つとして下大静脈(IVC)フィルターを使用することがある。今回、われわれは出産後に起こったDVTに対して下大静脈フィルターを挿入され、その20年後のCT(コンピューター断層撮影)でIVCフィルターの異常像を指摘された症例を経験した。精査によりIVCフィルターの傾斜・破損はなく、そのstrutが大動脈内腔まで穿通していた。症状もなく、CTでは周囲に出血や炎症像や動静脈瘻も認めず、保存的治療を選択した。手術治療は過大なリスクを伴うため、症状出現時あるいは状態の変化時に施行と考えているが、その後7年間保存的療法のみで無症状で著変なく、CT像も変化なく経過をしているので報告する。(著者抄録)

  • 洞井 和彦, 鄒 貴光, 吉良 浩勝, 曽我 欣治 .  大腿深動脈瘤破裂に対する一手術例 .  日本血管外科学会雑誌27 ( 5 ) 347 - 350   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    大腿深動脈瘤破裂はまれな疾患であり、その治療方針については議論の余地がある。今回筆者らは、本疾患に対する手術症例を経験したので、文献的考察を含めて報告する。症例は80歳、男性。2年前に両側大腿深動脈瘤と診断されていたが、この際は本人の希望で右側のみの手術となった。今回は、突然の左大腿部痛が出現して、当院救急外来へ搬送された。造影CTで左大腿深動脈瘤破裂を認め、緊急手術となった。左大腿深動脈は総大腿動脈からの分岐後first branchを出した以後に巨大な血腫を伴い、瘤形成していた。浅大腿動脈以下の末梢血流は良好に描出されていたため、血行再建は行わず、動脈瘤切除術のみを施行した。術後経過は良好であり、下肢虚血などの合併症は認められなかった。また、瘤拡大(最大径20mm以上)を認めた場合は早期に手術をすることが望ましいと思われた。(著者抄録)

  • Soga Yoshiharu, Taira Kaoru, Sugimoto Akira, Kurosawa Manabu, Kira Hiromasa, Su Takamitsu, Doi Kazuhiko, Nakano Akira, Himura Yoshihiro .  僧帽弁の非細菌性血栓性心内膜炎 トルソー症候群に対する頻回手術を耐えた稀な生存患者(Mitral valve nonbacterial thrombotic endocarditis: a rare multi-surgery-tolerant survivor of Trousseau's syndrome) .  Surgical Case Reports4 ( August ) 1 - 4   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    僧帽弁置換手術後に非細菌性血栓性心内膜炎と診断された、脳梗塞の複数回の既往を有する69歳男性症例んついて検討した。脳卒中は術前にapixaban投与中に再発した。胃生検からも胃腺癌と診断され、術後40日目に胃の手術を実施した。退院後、heparinの自己皮下注射による治療下で血栓塞栓症は認められなかった。

  • Soga Y, Taira K, Sugimoto A, Kurosawa M, Kira H, Su T, Doi K, Nakano A, Himura Y .  Mitral valve nonbacterial endocarditis: a rare multi-surgery-tolerant survivor of Trousseau’s syndrome .  Surgical Case Reports104   2018年8月

  • 中津 太郎, 南方 謙二, 山崎 和裕, 坂本 和久, 平尾 慎吾, 津丸 真一, 西尾 博臣, 西澤 純一郎, 藤原 恵一, 江崎 二郎, 植山 浩二, 小山 忠明, 羽生 道也, 田村 暢成, 小宮 達彦, 齋藤 雄平, 金光 尚樹, 曽我 欣治, 白神 幸太郎, 中山 正吾, 野中 道人, 坂口 元一, 西村 和修, 山中 一朗, 池田 義, 湊谷 謙司 .  透析患者に対する大動脈弁置換術後の生体弁の構造的劣化 18施設による多施設共同研究 .  日本心臓血管外科学会雑誌47 ( 4 ) xiii - xxi   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    2008年〜2015年に生体弁を用いて大動脈弁置換術を行った末期腎不全(ESRD)患者323名(男性206名、女性117名、平均年齢73.6歳)を対象として、術後に構造的劣化(SVD)が生じる頻度と予後予測因子を後方視的に検討した。平均追跡期間2.3年の間にSVDを5名に認め、5年SVD回避率は94.7%であった。1名はSVDが原因で再手術を要し、心エコーにてSVDと定義された4名のうち2名は無症状で再手術を行わず、残りの2名は重症な病態であったため手術を行わなかった。Cox分析により遠隔期におけるヘモグロビン値がSVD発生に関する予後規定因子として同定された。SVDは比較的高頻度に生じるが、ESRD患者は5年生存率が39.3%と遠隔生存率が低かったことを考慮すると、生体弁の使用は一つの選択肢となりうることが示唆された。

  • Soga Y, Kira H, Ikeda T, Su T, Doi K, Wakamiya M, Nakano A, Himura Y .  Platypnea-orthodeoxia syndrome associated with aortic insufficiency and aortic elongation. .  Journal of cardiac surgery33 ( 6 ) 313 - 315   2018年6月

     詳細を見る

  • Shinya Yokoyama, MD, Shigeo Nagasaka, MD, PhD, Yuichi Yoshida, MD, Daisuke Heima, MD, Yoshiharu Soga, MD, PhD, Kozo Kaneda, MD, and Noboru Nishiwaki, MD, PhD .  Truncus Arteriosus Communis With Interrupted Aortic Arch: Successful Repair Using a Novel Technique .  Ann Thorac Surg95 ( 2 ) 714 - 716   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 清水悠,石橋孝,川瀬智隆,田邉信彦,吉川敬子,宮部照美,高島弘行,洞井和彦,曽我欣治 .  当院における心臓リハビリテーションの現状と課題 .  滋賀県理学療法士会学術誌 ( 33 ) 69 - 76   2013年

  • Atsutomo Morishima, MD · Yuichi Yoshida, MD Daisuke Heima, MD · Shigeo Nagasaka, MD, PhD Yoshiharu Soga, MD, PhD · Shinya Yokoyama, MD Kozou Kaneda, MD · Noboru Nishiwaki MD, PhD .  Successful surgical treatment of intravascular ultrasonography catheter entrapment .  Gen Thorac Cardiovasc Surg59   609 - 611   2011年9月

     詳細を見る

  • Soga Y, Okabayashi H, Arai Y, Nomoto T, Nakano J, Matsuo T, Hanyu M .  Up to 6-year follow-up after pulmonary vein isolation for persistent/permanent atrial fibrillation: Importance of sinus node function .  The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery141 ( 6 ) 1455 - 1460   2011年6月

     詳細を見る

  • Kai M, Hanyu M, Soga Y, Nomoto T, Nakano J, Matsuo T, Kawato M, Okabayashi H .  Midterm patency rate after saphenous vein grafting with a PAS-Port device .  The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery137 ( 2 ) 503 - 504   2009年2月

     詳細を見る

  • 羽生道弥, 曽我欣治, 野本卓也, 新井善雄, 中野穣太, 松尾武彦, 瀧本真也, 川東正英, 桑内慎太郎 .  DES治療後1年以内の心拍動下冠動脈バイパス術 .  心臓41 ( 2 ) 97 - 100   2009年

  • A Rare Case of Intracardiac Angiomyolipoma .  Japanese Journal of Cardiovascular Surgery38 ( 2 ) 142 - 145   2009年

  • Nakano J, Okabayashi H, Hanyu M, Soga Y, Nomoto T, Arai Y, Matsuo T, Kai M, Kawatou M .  Risk factors for wound infection after off-pump coronary artery bypass grafting: Should bilateral internal thoracic arteries be harvested in patients with diabetes? .  The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery135 ( 3 ) 540 - 454   2008年3月

     詳細を見る

  • Soga Y, Hanyu M, Nakano J, Okabayashi H .  Endoscopic harvesting of saphenous vein with a small caliber .  Interactive cardiovascular and thoracic surgery7 ( 1 ) 10 - 13   2008年2月

     詳細を見る

  • Soga Y, Hanyu M, Kawatou M, Yokota T, Nomoto T, Nakano J, Okabayashi H .  Congenital left internal thoracic artery–pulmonary artery fistula used as an inflow for a coronary artery bypass graft .  The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery134 ( 6 ) 1581 - 1582   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2007.07.055

  • Soga Y, Takai S, Koyama T, Okamoto Y, Ikeda T, Nishimura K, Miyazaki M, Komeda M .  Attenuating Effects of Chymase Inhibitor on Pericardial Adhesion Following Cardiac Surgery .  Journal of cardiac surgery22 ( 4 ) 343 - 347   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1111/j.1540-8191.2007.00420.x

  • Kai M, Hanyu M, Soga Y, Nomoto T, Nakano J, Matsuo T, Umehara E, Kawato M, Okabayashi H .  Off-Pump Coronary Artery Bypass Grafting With Skeletonized Bilateral Internal Thoracic Arteries in Insulin-Dependent Diabetics .  The Annals of thoracic surgery84 ( 1 ) 32 - 36   2007年7月

     詳細を見る

  • Kai M, Okabayashi H, Hanyu M, Soga Y, Nomoto T, Nakano J, Matsuo T, Umehara E, Kawato M .  Long-Term Results of Bilateral Internal Thoracic Artery Grafting in Dialysis Patients .  The Annals of Thoracic Surgery83 ( 5 ) 1666 - 1671   2007年5月

     詳細を見る

  • Koyama T, Soga Y, Unimonh O, Nishimura K, Komeda M .  Mitral annuloplasty as a ventricular restoration method for the failing left ventricle: A pilot study .  The Journal of heart valve disease16 ( 2 ) 195 - 199   2007年3月

  • Doi K, Ikeda T, Marui A, Kushibiki T, Arai Y, Hirose K, Soga Y, Iwakura A, Ueyama K, Yamahara K, Itoh H, Nishimura K, Tabata Y, Komeda M .  Enhanced angiogenesis by gelatin hydrogels incorporating basic fibroblast growth factor in rabbit model of hind limb ischemia .  Heart and vessels 22 ( 2 ) 104 - 108   2007年3月

     詳細を見る

  • Kai M, Okabayashi H, Soga Y, Hanyu M, Nomoto T, Nakano J, Kitamura H, Matsuo T, Tsunekawa T, Umehara E, Kawato M .  Total arch replacement through a midsternotomy for a right-sided aortic arch aneurysm with an aberrant left subclavian artery .  The Journal of thoracic and cardiovascular surgery132 ( 6 ) 1473 - 1475   2006年12月

     詳細を見る

  • Soga Y, Takai S, Okabayashi H, Nagasawa A, Yokota T, Nishimura K, Miyazaki M, Komeda M .  Human gastroepiploic artery has greater chymase activity than the internal thoracic artery .  European journal of cardio-thoracic surgery30 ( 6 ) 877 - 880   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1016/j.ejcts.2006.09.030

  • Kitamura H, Okabayashi H, Hanyu M, Soga Y, Nomoto T, Johno H, Nakano J, Matsuo T, Yokota T, Inoue K .  Successful enucleation of a giant cardiac hemangioendothelioma showing an unusual proliferation pattern .  The Journal of thoracic and cardiovascular surgery 130 ( 4 ) 1199 - 1201   2005年10月

     詳細を見る

  • Kitamura H, Okabayashi H, Hanyu M, Soga Y, Nomoto T, Johno H, Nakano J. Matuso T, Kai M, Umehara E .  Early and midterm patency of the proximal anastomoses of saphenous vein grafts made with a Symmetry Aortic Connector System .  The Journal of thoracic and cardiovascular surgery130 ( 4 ) 1028 - 1031   2005年10月

     詳細を見る

  • Soga Y, Takai S, Koyama T, Okamoto Y, Ikeda T, Nishimura K, Miyazaki M, Komeda M .  Attenuation of adhesion formation after cardiac surgery with a chymase inhibitor in a hamster model .  The Journal of thoracic and cardiovascular surgery 127 ( 1 ) 72 - 78   2004年1月

     詳細を見る

  • Soga Y, Nishimura K, Yamazaki K, Komeda M .  Simplified chordal reconstruction: ‘oblique’ placement of artificial chordae tendineae in mitral valve replacement .  European journal of cardio-thoracic surgery24 ( 4 ) 653 - 655   2003年10月

     詳細を見る

  • Koyama T, Nishimura K, Soga Y, Unimonh O, Ueyama K, Komeda M .  Importance of preserving the apex and plication of the base in left ventricular volume reduction surgery .  The Journal of thoracic and cardiovascular surgery125 ( 3 ) 669 - 677   2003年3月

     詳細を見る

  • Soga Y, Nishimura K, Ikeda T, Nishina T, Ueyama K, Nakamura T, Miwa S, Koyama T, Komeda M .  Chordal-Sparing Mitral Valve Replacement Using Artificial Chordae Tendineae for Rheumatic Mitral Stenosis: Experience of the “Oblique” Method .  Artificial organs26 ( 9 ) 802 - 805   2002年9月

     詳細を見る

  • Soga Y, Okabayashi H, Nishina T, Enomoto S, Shimada I, Miyamoto AT, Ban T .  Up to 8-year follow-up of valve replacement with carbomedics valve .  Ann Thorac Surg73 ( 2 ) 474 - 479   2002年2月

     詳細を見る

  • Soga Y, Okabayashi H, Shimada I, Enomoto S, Matsubayashi K, Kamikawa Y, Saitoh Y, Nagasawa A, Morimoto T .  Plastic surgical reconstruction of left main coronary artery .  The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery47 ( 3 ) 95 - 98   1999年3月

     詳細を見る

  • 伴敏彦,曽我欣治 .  再胸骨正中切開法 .  日本外科学会雑誌99   63 - 67   1998年2月

  • 岡林均,嶋田一郎,仁科健、曽我欣治 .  冠動脈バイパス術と頭蓋外脳血管病変に対する血行再建術の同時施行症例に関する検討 .  日本外科系連合学会雑誌21 ( 6 ) 937 - 940   1996年12月

     詳細を見る

  • 仁科健,岡林均,嶋田一郎,大野暢久,曽我欣治,松林景一,上川雄士 .  腹部大動脈瘤手術における人工血管選択の検討 .  日本人工臓器学会雑誌25 ( 2 ) 460 - 462   1996年4月

     詳細を見る

  • Shimada I, Okabayashi H, Nishina T, Minatoya K, Soga Y, Matsubayashi K, Kamikawa Y, Tanabe A, Kanai Y, Miyamoto AT .  Doppler hemodynamics of CarboMedics prosthetic valves in aortic position at rest and exercise .  Asian cardiovascular & thoracic annals4 ( 3 ) 146 - 151   1996年

     詳細を見る

  • 岡林均,嶋田一郎,大野暢久,仁科健,曽我欣治,松林景一,野口英樹,金井泰貴 .  上行大動脈病変及び脳血管病変を有する症例に対する冠状動脈バイパス術 .  日本胸部外科学会雑誌44 ( 3 ) 374 - 375   1996年

  • 仁科健,岡林均,嶋田一郎,大野暢久,湊谷謙司,亀山敬幸,曽我欣治,松林景一 .  腹部大動脈瘤におけるヘマシールド人工血管の臨床使用の検討 .    24 ( 3 ) 838 - 840   1995年6月

     詳細を見る

  • 8. 亀山敬幸,岡林均,嶋田一郎,大野暢久,野口英樹,仁科健,湊谷謙司,曽我欣治,松林景一,金井泰貴 .  The hazards of coronary revascularization under hypothermic ventricular fibrillation .    48 ( 6 ) 452 - 456   1995年

  • A successful case of emergency CABG using PCPS due to acute myocardial infarction .    48 ( 9 ) 773 - 775   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 仁科健,岡林均,嶋田一郎、大野暢久、湊谷謙司、亀山敬幸、曽我欣治 .  腹部大動脈瘤におけるゲルシール人工血管の検討 .  人工臓器学会雑誌23 ( 3 ) 829 - 831   1994年6月

     詳細を見る

  • 榎本栄,宮本忠臣,岡林均,嶋田一郎,大野暢久,仁科健,湊谷謙司,亀山敬幸,曽我欣治,伴 敏彦 .  Annuloaortic ectasiaに対する外科治療の遠隔成績 .  日本胸部外科学会雑誌42 ( 5 ) 727 - 729   1994年

▼全件表示

書籍等出版物

  • Toward an Ideal Large Animal Model of Dilated Cardiomyopathy to Study Left Ventricular Volume Reduction Surgery

    Koyama T, Nishimura K, Nishina T, Miwa S, Soga Y, Unimonh O, Ueyama K, Horii T, Komeda M

    Springer US 

     詳細を見る

MISC

  • 下大静脈における石灰化病変(Calcified Masses in the Inferior Vena Cava)

    Soga Yoshiharu, Kira Hiromasa, Wakamiya Makoto, Manabe Naomi, Su Takamitsu, Doi Kazuhiko, Nakano Akira, Himura Yoshihiro

    Circulation Journal   83 ( 1 )   239 - 240   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

講演・口頭発表等

  • 津丸真一、新井善雄、長澤淳、新垣涼子、飯田淳、黒田悠規、和田裕樹、玉井夢果、福嶋崇志、丸井晃、曽我欣治 .  エンクローズ、ハートストリング使用時の注意点 .  第26回日本冠動脈外科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    開催地:山口  

  • 福嶋崇志、津丸真一、新井善雄、長澤淳、新垣涼子、飯田淳、黒田悠規、和田裕樹、玉井夢果、丸井晃、曽我欣治 .  冠動脈有意狭窄のない心筋微小循環障害による虚血性乳頭筋断裂による急性僧帽弁閉鎖不全の 一手術例 .  第26回日本冠動脈外科学会学術大会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    開催地:山口  

  • 新井善雄、丸井晃、長澤淳、津丸真一、新垣涼子、飯田淳、黒田悠規、和田裕樹、玉井夢果、福嶋崇志、曽我欣治 .  3枝病変に対する単独冠動脈バイパス術(CABG)のgraft designと成績 .  第26回日本冠動脈外科学会学術大会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    開催地:山口  

  • 曽我欣治、新井善雄、長澤淳、津丸真一、新垣涼子、飯田淳、黒田悠規、和田裕樹、玉井夢果、福嶋崇志 .  私の冠動脈吻合の実際 .  第26回日本冠動脈外科学会学術大会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    開催地:山口  

  • 上村 諒, 若宮 誠, 宮川 善浩, 前田 清澄, 鄒 貴光, 吉良 浩勝, 洞井 和彦, 曽我 欣治 .  遺残坐骨動脈瘤に対しvascular plugを用いた動脈塞栓術と人工血管バイパス術により治療しえた1例 .  IVR: Interventional Radiology  2018年5月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 中津 太郎, 南方 謙二, 坂口 元一, 小宮 達彦, 小山 忠明, 恒吉 裕史, 田村 暢成, 山中 一朗, 金光 尚樹, 中山 正吾, 西村 和修, 齋藤 雄平, 曽我 欣治, 西澤 純一郎, 植山 浩二, 白神 幸太郎, 藤原 慶一, 山田 知行, 江崎 二郎, 池田 義, 湊谷 謙司 .  透析患者に対する大動脈弁置換術後の生体弁の構造的劣化 18施設による多施設研究 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2018年2月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • 和田 裕樹, 丸井 晃, 新井 善雄, 長澤 淳, 津丸 真一, 新垣 涼子, 飯田 淳, 袴田 圭佑, 黒田 悠規, 曽我 欣治 .  超高齢者(80歳以上)急性A型大動脈解離の至適治療方針 外科vs.内科治療 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2020年3月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • 丸井 晃, 新井 善雄, 長澤 淳, 津丸 真一, 新垣 涼子, 飯田 淳, 袴田 圭祐, 黒田 悠規, 和田 裕樹, 曽我 欣治 .  複雑病変に対する僧帽弁形成術とその長期成績 複雑病変に対する僧帽弁形成術の遠隔期成績 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2020年3月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • 白井 伸一, 磯谷 彰宏, 林 昌臣, 川口 朋宏, 谷口 智彦, 森 信太郎, 村上 直人, 藤岡 慎平, 石津 賢一, 中村 美穂, 田端 宏之, 北野 一樹, 片岡 達宏, 安藤 献児, 曽我 欣治, 新井 善雄, 長澤 淳, 角本 真一 .  血行動態から考えるデバイス治療の適応とその効果の評価 当院におけるTAVI後血行動態の変化ならびに長期予後 .  日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集  2021年2月  日本循環制御医学会

  • 上村 諒, 宮川 善浩, 若宮 誠, 前田 清澄, 鄒 貴光, 吉良 浩勝, 洞井 和彦, 曽我 欣治 .  腹腔動脈瘤に対しステントグラフトにより治療しえた1例 .  IVR: Interventional Radiology  2018年11月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

  • 近藤 昭仁, 塚口 昌文, 新田 朋美, 次郎内 圭子, 山田 耕士, 藤本 とき江, 烏脇 富子, 曽我 欣治, 市立長浜病院医療安全対策委員会 .  演習ガイドによるSBAR報告事例演習活動と推進者の育成について .  医療の質・安全学会誌  2018年10月  (一社)医療の質・安全学会

  • 津丸 真一, 丸井 晃, 新井 善雄, 長澤 淳, 新垣 涼子, 飯田 淳, 袴田 圭祐, 黒田 悠規, 和田 裕樹, 曽我 欣治 .  慢性大動脈解離に対するfrozen elephant trunkを用いた全弓部置換の早期成績 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2020年3月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • 鄒 貴光, 曽我 欣治, 吉良 浩勝, 洞井 和彦 .  急性A型大動脈解離術後の残存解離瘤化に対する1手術例 .  滋賀医学  2017年3月  (一社)滋賀県医師会

  • 新垣 涼子, 坪田 秀樹, 新井 善雄, 丸井 晃, 長澤 敦, 津丸 真一, 飯田 淳, 袴田 圭祐, 黒田 悠規, 曽我 欣治 .  当院における僧帽弁位SJM Epic生体弁の術後早期成績 .  人工臓器  2019年10月  (一社)日本人工臓器学会

  • 近藤 昭仁, 塚口 昌文, 新田 朋美, 山田 耕士, 越石 由紀子, 藤本 とき江, 川崎 悦子, 曽我 欣治, 村中 幸二, 市立長浜病院医療安全対策委員会 .  当院におけるSBAR推進活動の経過と直面する課題 .  医療の質・安全学会誌  2017年10月  (一社)医療の質・安全学会

  • 中津 太郎, 南方 謙二, 田中 司朗, 西澤 純一郎, 藤原 慶一, 江崎 二郎, 植山 浩二, 小山 忠明, 羽生 道弥, 田村 暢成, 小宮 達彦, 齋藤 雄平, 金光 尚樹, 曽我 欣治, 白神 幸太郎, 中山 正吾, 野中 道仁, 坂口 元一, 西村 和修, 山中 一朗, 湊谷 謙司 .  大動脈弁置換を受ける末期腎臓病患者における最適な人工弁の選択(Optimal Prosthetic Valve Choice in Patients with End-stage Renal Disease Undergoing Aortic Valve Replacement) .  日本循環器学会学術集会抄録集  2017年3月  (一社)日本循環器学会

  • 新井 善雄, 丸井 晃, 長澤 淳, 津丸 真一, 新垣 涼子, 飯田 淳, 袴田 圭祐, 黒田 悠規, 和田 裕樹, 曽我 欣治 .  大動脈基部病変に対する治療戦略 大動脈基部置換術の遠隔期成績 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2020年3月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • 袴田 圭祐, 新井 善雄, 丸井 晃, 長澤 淳, 津丸 真一, 新垣 涼子, 飯田 淳, 黒田 悠規, 和田 裕樹, 曽我 欣治 .  右内胸動脈をどう使うか-In situ LAD、CX、RCA、free- RITAをどう使うか transverse sinus経由in situ RITAの長期成績 .  日本冠疾患学会誌  2019年12月  (NPO)日本冠疾患学会

  • 和田 裕樹, 新井 善雄, 丸井 晃, 長澤 淳, 津丸 真一, 新垣 涼子, 飯田 淳, 袴田 圭佑, 黒田 悠規, 曽我 欣治 .  冠状動静脈瘻13例に対する外科治療の早期および遠隔成績 .  日本冠疾患学会誌  2019年12月  (NPO)日本冠疾患学会

  • 池田 智之, 日村 好宏, 綿貫 正人, 中野 顯, 下司 徹, 宮澤 豪, 椙本 晃, 真鍋 奈緒美, 佐藤 裕介, 曽我 欣治, 洞井 和彦, 鄒 貴光, 吉良 浩勝 .  低酸素血症の1例 .  滋賀医学  2017年3月  (一社)滋賀県医師会

  • 洞井 和彦, 鄒 貴光, 吉良 浩勝, 曽我 欣治 .  両側遺残坐骨動脈に対する1手術例 .  日本血管外科学会雑誌  2018年6月  (NPO)日本血管外科学会

  • 吉良 浩勝, 洞井 和彦, 鄒 貴光, 曽我 欣治 .  下大静脈に迷入した静脈石の一例 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2018年2月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • 滝口 洋, 白井 伸一, 藤岡 慎平, 石津 賢一, 森 信太郎, 伊藤 慎八, 矢野 真理子, 川口 朋宏, 森永 崇, 谷口 智彦, 林 昌臣, 磯谷 彰宏, 角本 眞一, 新井 善雄, 曽我 欣治, 安藤 献児 .  バルーン拡張型人工弁による経皮的大動脈弁植え込み術の4年成績 .  日本心血管インターベンション治療学会抄録集  2019年9月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

  • Shirai Shinichi, Isotani Akihiro, Hayashi Masaomi, Morinaga Takashi, Kawaguchi Tomohiro, Yano Mariko, Ito Shinya, Takiguchi Hiroshi, Mori Shintaro, Fujioka Shimpei, Taniguchi Tomohiko, Ishizu Kenichi, Murakami Naoto, Ura Yujiro, Arai Yoshio, Kuroda Yuki, Soga Yoshiharu, Ando Kenji .  Impact of Surgical Risk Scores on Mid-Term Clinical Outcomes of Transcatheter Aortic Valve Implantation(和訳中) .  日本循環器学会学術集会抄録集  2020年7月  (一社)日本循環器学会

  • 新垣 涼子, 新井 善雄, 丸井 晃, 長澤 淳, 津丸 真一, 飯田 淳, 袴田 圭祐, 黒田 悠規, 和田 祐樹, 曽我 欣治 .  80歳以上低-中等度リスク大動脈弁狭窄症に対する外科的大動脈弁置換術の長期成績 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2020年3月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • 袴田 圭祐, 新井 善雄, 丸井 晃, 長澤 淳, 津丸 真一, 新垣 涼子, 飯田 淳, 黒田 悠規, 和田 裕樹, 曽我 欣治 .  3枝病変に対する完全血行"動脈"グラフト再建と静脈グラフトの役割:遠隔成績から治療戦略を考える 多枝病変に対するTransverse sinus経由in situ RITAの遠隔期成績 .  日本心臓血管外科学会学術総会抄録集  2020年3月  (NPO)日本心臓血管外科学会

  • Soga Y, Okabayashi H .  Mid-term results of mitral valve repair using Carpentier ring. .  The 7th annual meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery  1999年 

     詳細を見る

    開催地:Singapore  

  • Kuroda Y, Marui A, Arai Y, Nagasawa A, Soga Y .  Significance of central repair for acute type A dissection with cerebral Malperfusion. .  34th EACTS annual meeting  2020年 

  • Wada Y, Soga Y .  Long-term outcomes after surgical repair of coronary artery fistula in adult. .  28th congress of ASCVS  2020年 

     詳細を見る

    開催地:Chiang Mai  

  • Kuroda Y, Soga Y, Arai Y, Marui A, Nagasawa A .  Is Bioprosthetic aortic valve replacement a good option in patients with dialysis? –Comparison with non-dialysis patients -. .  33rd EACTS annual meeting  2019年 

     詳細を見る

    開催地:Lisbon  

  • Kamiya K, Doi K, Meshii Y, Okada Y, Soga Y .  Direct ascending aortic versus peripheral arterial cannulation for type A acute aortic dissection. .  23rd World Congress of the World Society of Cardio-thoracic surgeons  2013年 

     詳細を見る

    開催地:Split  

  • Morishima A, Yoshida Y, Heima D, Nagasaka S, Soga Y, Yokoyama S, Kaneda K, Nishiwaki N .  A case of multiple visceral artery aneurysm due to segmental arterial medialysis successfully treated by hyprid procedure. .  XXIV annual meeting of European Society for Vascular Surgery  2010年 

     詳細を見る

    開催地:Amsterdam  

  • Soga Y, Hanyu M, Nomoto T, Arai Y, Nakano J, Matsuo T, Takimoto S, Kawatou M, Kuwauchi S, Okabayashi H .  Midterm follow-up of cut-and-sew pulmonary vein isolation for chronic atrial fibrillation: Importance of sinus node artery. .  The 17th annual meeting of Asian Society of Cardiovascular and Thoracic Surgery  2009年 

     詳細を見る

    開催地:Taipei  

  • Koyama T, Soga Y, Gao B, Unimonh O, Nishimura K, Komeda M .  Mitral Annuloplasty as a method to repair the failing left ventricle - a pilot study .  The 2nd biennial meeting of the Society for Heart Valve Disease  2003年 

     詳細を見る

    開催地:Paris  

  • Soga Y, Nishimura K, Ikeda T, Nishina T, Kameyama T, Miwa S, Koyama T, Komeda M .  Simplified chordal-reconstructive mitral valve replacement ('oblique' method) for rheumatic mitral stenosis - midterm results. .  The 2nd biennial meeting of Society for the Heart Valve Disease  2003年 

     詳細を見る

    開催地:Paris  

  • Soga Y, Takai S, Koyama T, Okamoto Y, Ikeda T, Nishimura K, Miyazaki M, Komeda M .  Less adhesion formation after cardiac surgery by chymase inhibitor − a new strategy toward safer reoperations. .  the 9th annual Cardiothoracic Techniques & Technology meeting  2003年 

  • Soga Y, Nishimura K, Ikeda T, Nishina T, Nakamura T, Miwa S, Koyama T, Komeda M .  Chordal-sparing mitral valve replacement using artificial chordae tendineae for rheumatic mitral stenosis: initial experience of the 'oblique' method. .  The 51st international congress of the European Society for Cardiovascular Surgery  2001年 

     詳細を見る

    開催地:Helsinki  

  • Koyama T, Nishimura K, Soga Y, Unimonh O, Ueyama K, Komeda M .  Toward more structure-oriented left ventricular volume reduction surgery for better outcomes. .  The 82nd annual meeting of American Association for Thoracic Surgeons  2002年 

     詳細を見る

    開催地:Washington DC  

  • Unimonh O, Koyama T, Nishimura K, Soga Y, Ueyama K, Komeda M .  Importance of preserving the left ventiricular apex in left ventricular volume reduction surgery. .  15th Biennial Congress of Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia (ATCSA)  2001年 

     詳細を見る

    開催地:Bombei  

  • Enomoto S, Okabayashi H, Shimada I, Soga Y, Morimoto T, Kamikawa Y, Saitoh Y, Nagasawa A, Ban T. .  Study of the prognosis of the aortic surgical cases with selected cerebral perfusion. .  The World Society of Cardio-Thoracic Surgeons IX World Congres  1999年 

     詳細を見る

    開催地:Portugal  

▼全件表示