2022/11/09 更新

写真a

ナカジヨウ マサノリ
中條 正典
NAKAJO MASANORI
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 助教
職名
助教

学位

  • 医学博士 ( 2018年9月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 大学院医歯学総合研究科 先進治療科学専攻腫瘍学講座   助教

    2022年10月 - 現在

 

論文

  • Bohara M, Nakajo M, Kamimura K, Yoneyama T, Ayukawa T, Yoshiura T .  Visualization of incidentally imaged pituitary gland on three-dimensional arterial spin labeling of the brain. .  The British journal of radiology94 ( 1122 ) 20201311   2021年6月

     詳細を見る

  • Nakajo M, Bohara M, Kamimura K, Higa N, Yoshiura T .  Correlation between amide proton transfer-related signal intensity and diffusion and perfusion magnetic resonance imaging parameters in high-grade glioma. .  Scientific reports11 ( 1 ) 11223   2021年5月

     詳細を見る

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Fujisaki Y, Yamagishi R, Nakamura S, Kamizono J, Nakajo M, Kamimura K, Nagano H, Takumi K, Yoshiura T .  Adding Delayed Phase Images to Dual-Phase Contrast-Enhanced CT Increases Sensitivity for Small Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. .  AJR. American journal of roentgenology   2021年3月

     詳細を見る

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Bohara M, Nakanosono R, Fujio S, Iwanaga T, Nickel MD, Imai H, Fukukura Y, Yoshiura T .  Quantitative pharmacokinetic analysis of high-temporal-resolution dynamic contrast-enhanced MRI to differentiate the normal-appearing pituitary gland from pituitary macroadenoma. .  Japanese journal of radiology38 ( 7 ) 649 - 657   2020年7月

     詳細を見る

  • Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Yoneyama Tomohide, Bohara Manisha, Nakanosono Ryota, Fujio Shingo, Iwanaga Takashi, Nickel Marcel Dominik, Imai Hiroshi, Fukukura Yoshihiko, Yoshiura Takashi .  Quantitative pharmacokinetic analysis of high-temporal-resolution dynamic contrast-enhanced MRI to differentiate the normal-appearing pituitary gland from pituitary macroadenoma(和訳中) .  Japanese Journal of Radiology38 ( 7 ) 649 - 657   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Fukukura Y, Fujio S, Goto Y, Iwanaga T, Akamine Y, Yoshiura T .  Assessment of microvessel perfusion of pituitary adenomas: a feasibility study using turbo spin-echo-based intravoxel incoherent motion imaging. .  European radiology30 ( 4 ) 1908 - 1917   2020年4月

     詳細を見る

  • Fukukura Y. .  Extracellular volume fraction determined by equilibrium contrast-enhanced dual-energy CT as a prognostic factor in patients with stage IV pancreatic ductal adenocarcinoma .  European Radiology30 ( 3 ) 1679 - 1689   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Radiology  

    DOI: 10.1007/s00330-019-06517-w

    Scopus

    PubMed

  • Bohara M, Nakajo M, Kamimura K, Yoneyama T, Fukukura Y, Kiyao Y, Yonezawa H, Higa N, Kirishima M, Yoshiura T .  Histological Grade of Meningioma: Prediction by Intravoxel Incoherent Motion Histogram Parameters. .  Academic radiology27 ( 3 ) 342 - 353   2020年3月

     詳細を見る

  • Fukukura Y. .  Estimation of Extracellular Volume Fraction with Routine Multiphasic Pancreatic Computed Tomography to Predict the Survival of Patients with Stage IV Pancreatic Ductal Adenocarcinoma .  Pancreas48 ( 10 ) 1360 - 1366   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pancreas  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000001427

    Scopus

    PubMed

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Fukukura Y, Hirano H, Goto Y, Sasaki M, Akamine Y, Keupp J, Yoshiura T .  Histogram analysis of amide proton transfer-weighted imaging: comparison of glioblastoma and solitary brain metastasis in enhancing tumors and peritumoral regions. .  European radiology29 ( 8 ) 4133 - 4140   2019年8月

     詳細を見る

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Hirahara M, Hakamada H, Nagano H, Nakajo M, Kamimura K, Nakajo M, Higashi M, Yoshiura T .  CT and MRI features of undifferentiated carcinomas with osteoclast-like giant cells of the pancreas: a case series. .  Abdominal radiology (New York)44 ( 4 ) 1246 - 1255   2019年4月

     詳細を見る

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Takumi K, Kumagae Y, Fukukura Y, Yoshiura T .  Amide proton transfer imaging of tumors: theory, clinical applications, pitfalls, and future directions. .  Japanese journal of radiology37 ( 2 ) 109 - 116   2019年2月

     詳細を見る

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Higashi R, Hakamada H, Takumi K, Maemura K, Higashi M, Kamimura K, Nakajo M, Yoshiura T .  Extracellular volume fraction determined by equilibrium contrast-enhanced multidetector computed tomography as a prognostic factor in unresectable pancreatic adenocarcinoma treated with chemotherapy. .  European radiology29 ( 1 ) 353 - 361   2019年1月

     詳細を見る

  • Bohara Manisha, Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Yoneyama Tomohide, Yoshiura Takashi .  Amide Proton Transfer Imaging of Cavernous Malformation in the Cavernous Sinus .  Magnetic Resonance in Medical Sciences18 ( 2 ) 109 - 110   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本磁気共鳴医学会  

    DOI: 10.2463/mrms.ci.2017-0160

    PubMed

  • Ueyama T, Arimura T, Takumi K, Nakamura F, Higashi R, Ito S, Fukukura Y, Umanodan T, Nakajo M, Koriyama C, Yoshiura T .  Risk factors for radiation pneumonitis after stereotactic radiation therapy for lung tumours: clinical usefulness of the planning target volume to total lung volume ratio. .  The British journal of radiology91 ( 1086 ) 20170453   2018年6月

     詳細を見る

  • Nakajo M, Fukukura Y, Hakamada H, Yoneyama T, Kamimura K, Nagano S, Nakajo M, Yoshiura T .  Whole-tumor apparent diffusion coefficient (ADC) histogram analysis to differentiate benign peripheral neurogenic tumors from soft tissue sarcomas. .  Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   2018年2月

     詳細を見る

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Hakamada H, Shindo T, Takumi K, Kamimura K, Nakajo M, Umanodan A, Yoshiura T .  Computed diffusion-weighted MR imaging for visualization of pancreatic adenocarcinoma: Comparison with acquired diffusion-weighted imaging. .  European journal of radiology95   39 - 45   2017年10月

     詳細を見る

  • Nagano H, Jinguji M, Nakajo M, Higashi M, Yoshiura T .  Bilateral Tibial Osteofibrous Dysplasia on 18F-FDG PET/CT. .  Clinical nuclear medicine42 ( 8 ) e375 - e376   2017年8月

  • Umanodan T, Fukukura Y, Kumagae Y, Shindo T, Nakajo M, Takumi K, Nakajo M, Hakamada H, Umanodan A, Yoshiura T .  ADC histogram analysis for adrenal tumor histogram analysis of apparent diffusion coefficient in differentiating adrenal adenoma from pheochromocytoma. .  Journal of magnetic resonance imaging : JMRI45 ( 4 ) 1195 - 1203   2017年4月

     詳細を見る

  • Kamimura K. .  Intravoxel incoherent motion in normal pituitary gland: Initial study with turbo spin-echo diffusion-weighted imaging .  American Journal of Neuroradiology37 ( 12 ) 2328 - 2333   2016年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Neuroradiology  

    DOI: 10.3174/ajnr.A4930

    Scopus

    PubMed

  • Fukukura Y. .  Diffusion-weighted MR imaging of the pancreas: optimizing b-value for visualization of pancreatic adenocarcinoma .  European Radiology26 ( 10 ) 3419 - 3427   2016年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Radiology  

    DOI: 10.1007/s00330-015-4174-5

    Scopus

    PubMed

  • Shindo T. .  Histogram analysis of apparent diffusion coefficient in differentiating pancreatic adenocarcinoma and neuroendocrine tumor .  Medicine (United States)95 ( 4 ) e2574   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Medicine (United States)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000002574

    Scopus

    PubMed

  • 伊集院 俊郎, 石堂 康弘, 八尋 雄平, 廣津 匡隆, 栫 博則, 瀬戸口 啓夫, 中條 正典, 福倉 良彦, 小宮 節郎 .  解剖学的破格をともなった梨状筋症候群の画像所見 症例報告 .  整形外科と災害外科63 ( 4 ) 737 - 740   2014年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本整形・災害外科学会  

    梨状筋症候群は,明らかな画像所見を伴わないことが多く,診断に苦慮することが多い.腰椎椎間板ヘルニアや神経症状を呈する骨盤内腫瘍など,他の疾患の除外も必要である.我々は,坐骨神経の解剖学的破格が原因であった2例を経験した.一例は,術前に解剖学的破格が推定できなかったが,もう一例は,術前にMRI検査でT2強調画像と拡散強調画像の融合画像により,術前に梨状筋・坐骨神経ともに2分しているBeaton分類B型の解剖学的破格を診断することが可能であった.梨状筋症候群は,坐骨神経の破格を伴うことも少なくなく,診断には他の疾患の除外診断とともに,特徴的な理学所見の有無,慎重な画像診断による解剖学的破格の有無を予測することが診断の一助となる.(著者抄録)

  • 伊集院 俊郎, 石堂 康弘, 八尋 雄平, 廣津 匡隆, 栫 博則, 瀬戸口 啓夫, 中條 正典, 福倉 良彦, 小宮 節郎 .  解剖学的破格をともなった梨状筋症候群の画像所見:―症例報告― .  整形外科と災害外科63 ( 4 ) 737 - 740   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本整形・災害外科学会  

    梨状筋症候群は,明らかな画像所見を伴わないことが多く,診断に苦慮することが多い.腰椎椎間板ヘルニアや神経症状を呈する骨盤内腫瘍など,他の疾患の除外も必要である.我々は,坐骨神経の解剖学的破格が原因であった2例を経験した.一例は,術前に解剖学的破格が推定できなかったが,もう一例は,術前にMRI検査でT2強調画像と拡散強調画像の融合画像により,術前に梨状筋・坐骨神経ともに2分しているBeaton分類B型の解剖学的破格を診断することが可能であった.梨状筋症候群は,坐骨神経の破格を伴うことも少なくなく,診断には他の疾患の除外診断とともに,特徴的な理学所見の有無,慎重な画像診断による解剖学的破格の有無を予測することが診断の一助となる.

    DOI: 10.5035/nishiseisai.63.737

  • Nakajo M. .  Computed tomographic features of two cases of acute gastric anisakiasis .  Abdominal Imaging36 ( 5 ) 509 - 513   2011年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Abdominal Imaging  

    DOI: 10.1007/s00261-010-9646-0

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  CT-guided lung biopsy: Diagnostic values and complications .  Japanese Journal of Clinical Radiology55 ( 1 ) 141 - 146   2010年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Radiology  

    Scopus

  • 中條 正典, 中山 博史, 馬ノ段 智一, 神宮司 メグミ, 林 完勇, 馬場 康貴, 瀬之口 輝寿, 中條 政敬 .  【胸部の最新画像情報2010】CTガイド下経皮的肺生検の診断能と合併症の検討 .  臨床放射線55 ( 1 ) 141 - 146   2010年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

    CTガイド下経皮的肺生検(CT下肺生検)を施行した延べ97例を後顧的に解析し、診断成績と合併症について検討した。病変長径は43±26mm、短径は31±20mmで、最終診断は97例中91例で得られ、悪性87例、良性4例であった。91例の悪性検出の診断率は感度93%、特異度100%、陽性適中率100%、陰性適中率40%、正診率93%であった。病変の大きさと正診率との間に一定の傾向は認めなかった。また、CT穿刺用補助デバイスKUナビゲーターTARGの使用の有無でも正診率に有意差はなかったが、使用例は95%で、非使用例の89%に比べ高かった。偽陰性を6例認め、腫瘍径は15〜103mmで、偽陰性の原因は患者の呼吸停止の協力が得られなかった15×12mmの1例、少量の検体しか得られなかった25×16mmの1例、CT上の病変部にヒットしたにも拘わらず癌の随伴病変である壊死部、繊維組織部、炎症部を生検した3例、残り1例は病理診断上の問題であった。CT下肺生検に伴う合併症として、気胸を33%、肺胞出血13%、喀血1%を認めた。気胸発症例は経肺穿刺が有意に多く、病変長径が有意に大で、肺胞出血例でも同様の有意差を認めた。

▼全件表示

MISC

  • 【脳腫瘍診断update2020】下垂体とその周囲の腫瘍

    中條 正典, 上村 清央, 米山 知秀, 吉浦 敬

    画像診断   40 ( 1 )   93 - 103   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

    <文献概要>下垂体はトルコ鞍内の小さな内分泌器官であるが,下垂体腺腫は,髄膜腫,神経膠腫に次いで第3番目に多い原発性脳腫瘍であり,日常診療で遭遇する機会が多い.下垂体腺腫の特徴的な臨床症状,画像所見,鑑別疾患ならびに治療方針を知っておくことが重要である.

  • 海綿静脈洞で海綿状血管奇形に対するAmide Proton Transfer Imaging(Amide Proton Transfer Imaging of Cavernous Malformation in the Cavernous Sinus)

    Bohara Manisha, Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Yoneyama Tomohide, Yoshiura Takashi

    Magnetic Resonance in Medical Sciences   18 ( 2 )   109 - 110   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本磁気共鳴医学会  

  • 腫瘍のamide proton transfer imaging 理論、臨床適用、ピットホールと今後の方向性(Amide proton transfer imaging of tumors: theory, clinical applications, pitfalls, and future directions)

    Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Yoneyama Tomohide, Takumi Koji, Kumagae Yuichi, Fukukura Yoshihiko, Yoshiura Takashi

    Japanese Journal of Radiology   37 ( 2 )   109 - 116   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  • 【外来で必要な脳卒中診療のエッセンス】脳卒中の画像診断のポイント

    米山 知秀, 上村 清央, 中條 正典, 吉浦 敬

    臨牀と研究   95 ( 10 )   1060 - 1066   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 脳の非造影MRIアップデート 拡散強調画像とchemical exchange saturation transfer

    吉浦 敬, 上村 清央, 中條 正典

    CI研究   40 ( 1 )   1 - 7   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本脳神経CI学会  

    MRIの最大の特徴は、非侵襲性とコントラストの多様性である。ここ20年ほどの間に様々なコントラストを提供する新たな撮影法が開発され、特に脳神経領域で広く臨床に導入されてきた。造影剤を使うことなく有益な情報を与えてくれる非造影MRIのアップデートのために、拡散強調画像と、近年注目されつつある新たなMR画像コントラストであるCEST(chemical exchange saturation transfer)の2つに絞って概説した。

  • 【頭部の鑑別診断のポイント】(第2章)T1強調像高信号 T1強調像高信号の腫瘤・嚢胞性病変の鑑別

    上村 清央, 中條 正典, 米山 知秀, 吉浦 敬

    画像診断   38 ( 4 )   s60 - s65   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

  • 【脊椎・脊髄MRIのピットフォール-アーチファクトと偶発所見】CSF flowによるアーチファクト

    米山 知秀, 上村 清央, 中條 正典, 佐々木 雅史, 吉浦 敬

    脊椎脊髄ジャーナル   30 ( 9 )   817 - 822   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)三輪書店  

  • 【MRI Evolution 2017】CLINICAL REPORT Multiband SENSEの臨床応用

    岩永 崇, 福倉 良彦, 中條 正典, 吉浦 敬, 奥秋 知幸

    Rad Fan   15 ( 10 )   23 - 26   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルアイ  

    Multiband SENSE(MB)は近年臨床導入が進んできた新しい高速撮像法であり、今後臨床の場で急速に広まっていくであろう注目の撮像技術である。今回は我々の施設におけるMBの使用経験を踏まえ、その有用性について紹介する。(著者抄録)

  • 【動脈・静脈の疾患(上)-最新の診断・治療動向-】動脈・静脈疾患の検査 静脈疾患の検査 静脈疾患におけるMRI MRVを中心に

    米山 知秀, 上村 清央, 中條 正典, 安永 勇太, 吉浦 敬

    日本臨床   75 ( 増刊4 動脈・静脈の疾患(上) )   208 - 212   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【悪性脳腫瘍に対する放射線治療戦略と治療前後の画像診断の役割】悪性神経膠腫に対する治療前後の画像診断の役割 IVIM、CEST

    吉浦 敬, 上村 清央, 中條 正典

    臨床放射線   62 ( 3 )   375 - 382   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 画像から読み解く感染症 中枢神経 単純ヘルペス脳炎

    上村 清央, 中條 正典, 吉浦 敬

    化学療法の領域   31 ( 9 )   1774 - 1782   2015年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    化学療法を受けている患者は免疫力低下のために、さまざまな感染症罹患の危険性が高まる。三叉神経節に潜伏感染する単純ヘルペスウイルスが再活性化し、単純ヘルペス脳炎を起こすことがある。単純ヘルペス脳炎は意識障害をともなう重篤な疾患であるが、早期に治療を行えば予後はよく、この疾患を疑った場合にはただちにMRIを撮影することが薦められる。体動でT1・T2強調像やfluid attenuated inversion recovery(FLAIR)像がきれいに撮影することができない場合でも、短時間で撮影可能な拡散強調像は必ず撮影する。側頭葉内側部や島、前頭葉底面の皮質に信号異常を認めることが診断のポイントになる。(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 岩永 崇, 平野 宏文 .  AMICOを用いたNODDI解析 脳腫瘍患者での検討 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 上村 清央, 中條 正典, 袴田 裕人, 内匠 浩二, 熊谷 雄一, 井手上 淳一, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 米澤 大, 平野 宏文 .  ASL灌流画像で高い血流量を示したtumefactive demyelinating lesionの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 林 六計, 中島 祐二, 西郷 康正, 中條 正典 .  Dual-energy CTにおける電子密度画像による脊髄疾患の検出 .  日本放射線技術学会総会学術大会予稿集  2020年3月  (公社)日本放射線技術学会

  • 中條 正典, 上村 清央, 米山 知秀, 吉浦 敬, 平野 宏文 .  IVIMによる灌流評価 計算法の影響に関する検討 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 上村 清央, 中條 正典, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 岩永 崇, 斉藤 朋典, 佐々木 雅史, 篠崎 拓郎, 平野 宏文, 奥秋 智幸 .  MR spectroscopyを用いたIDH変異グリオーマ患者における2HGの検出 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 上村 清央, 中條 正典, 米山 知秀, 吉浦 敬, 大塚 洋和, 今井 広 .  OGSE法による短い拡散時間でのADC測定 健常脳におけるPGSE法との比較 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 平原 充穂, 中條 正典, 福倉 良彦, 米山 知秀, 上村 清央, 吉浦 敬, 永野 聡, 平木 翼 .  Sclerotic lipomaの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 小戝 健一郎, 永野 聡, 伊地知 暢広, 二川 俊隆, 角 栄里子, 山口 宗一, 中條 正典, 橋口 照人, 武田 泰生, 吉浦 敬, 清水 章, 高谷 宗男, 小宮 節郎 .  トランスレーショナルリサーチの現状と展望 次世代の腫瘍溶解性ウイルス・免疫遺伝子治療の独自開発と実用化を目指したFirst-in-human医師主導治験(Current status and prospects in translational research Development of next-generation oncolytic viro-immuno-therapy and investigator-initiated first-in-human clinical trial) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 鮎川 卓朗, 林 完勇, 永里 耕平, 中條 正典, 内匠 浩二, 東 龍太郎, 吉浦 敬, 中川 俊輔, 江口 太助, 川野 嘉文 .  異所性右鎖骨下動脈出血に対してマイクロバルーン閉塞下にコイル塞栓を施行した1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 鮎川 卓朗, 熊谷 雄一, 福倉 良彦, 内匠 浩二, 馬ノ段 彩, 中條 正典, 袴田 裕人, 井手上 淳一, 上村 清央, 吉浦 敬 .  胆道系拡張を来した好酸球性胃腸炎の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 佐々木 裕美, 藤元 祐介, 天辰 愛弓, 中島 隆之, 瀬戸口 啓夫, 平木 翼, 中條 正典, 永野 聡, 小宮 節郎 .  著明な粘液性変化を来した紡錘形細胞脂肪腫の1例 .  日本整形外科学会雑誌  2017年6月  (公社)日本整形外科学会

  • 上村 清央, 中條 正典, 米山 知秀, 吉浦 敬, 平野 宏文, 岩永 崇, 奥秋 知幸 .  転移性脳腫瘍における腫瘍および腫瘍周囲T2延長域のAPT強調像の検討 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 大吉 達樹, 有田 和徳, 西川 拓朗, 河野 嘉文, 田崎 貴嗣, 崎元 芳大 .  鞍上部発生の播種を伴ったDesmoplastic infantile astrocytomaの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 長野 広明, 神宮司 メグミ, 中條 正典, 中條 正豊, 吉浦 敬, 中條 政敬, 東 美智代, 永野 聡 .  骨シンチグラフィおよびFDG-PET/CTで高集積を認めた両脛骨の骨線維性異形成(Osteofibrous dysplasia)の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 上村 清央, 中條 正典, 吉浦 敬, 岩永 崇, 細山 浩史, 奥秋 知幸 .  高いAPT信号を示した海綿状血管腫の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中條 正典, 上村 清央, 米山 知秀, 吉浦 敬, 平野 宏文 .  高悪性度神経膠腫のAPT信号 ADCおよびrCBVとの相関 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Bohara Manisha, Nakajo Masanori, Kamimura Kiyohisa, Yoneyama Tomohide, Yoshiura Takashi .  IVIMヒストグラム解析による髄膜腫の術前グレード判定(Histological Grade of Meningioma: Prediction by IVIM Histogram Parameters) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Kosai Kenichiro, Nagano Satoshi, Ijichi Nobuhiro, Futagawa Toshitaka, Sumi Eriko, Yamaguchi Munekazu, Nakajo Masanori, Hashiguchi Teruto, Takeda Yasuo, Yoshiura Takashi, Shimizu Akira, Takatani Muneo, Komiya Setsuro .  小児固形腫瘍に対する遺伝子細胞療法の新展開 独自開発の腫瘍溶解性ウイルスSurv.-m-CRAのFirst-in-human医師主導治験と実用化の展望 .  日本小児血液・がん学会雑誌  2018年10月  (一社)日本小児血液・がん学会

  • Nakajo Masanori, Kamimura Kiyohisa, Yoneyama Tomohide, Iwanaga Takashi, Saito Tomonori, Akamine Yuta, Keupp Jochen, Fukukura Yoshihiko, Yoshiura Takashi .  神経膠芽腫と中枢神経系原発リンパ腫の鑑別のamide proton transfer MR imagingの有用性の検討(Feasibility of Amide Proton Transfer MR Imaging for Differentiation between Glioblastomas and Primary Central Nervous System Lymphomas) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Yoneyama Tomohide, Hirano Hirofumi, Iwanaga Takashi, Keupp Jochen, Akamine Yuta, Yoshiura Takashi .  神経膠芽腫と転移性脳腫瘍のAPTヒストグラム解析による比較(Histogram Analysis of Amide Proton Transfer-weighted Imaging: Comparing Glioblastoma and Metastatic Brain Tumor in Enhancing Tumors and Peritumoral Regions) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Yoneyama Tomohide, Fujio Shingo, Sasaki Masashi, Imai Hiroshi, Yoshiura Takashi .  高速DCE-MRIによる下垂体腺腫と正常下垂体の定量的比較(High-temporal Resolution Dynamic Contrast-Enhanced MRI: Quantitative Comparison of Pituitary Adenoma and Normal Pituitary Gland) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Sasaki Masashi, Fujio Shingo, Okuaki Tomoyuki, Yoshiura Takashi .  高速スピンエコー拡散強調画像による下垂体腺腫におけるintravoxel incoherent motionの検討(Evaluation of Intravoxel Incoherent Motion in Pituitary Adenoma Using Turbo Spin-echo Diffusion-weighted Imaging) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Takumi Koji, Umanodan Tomokazu, Hakamada Hiroto, Fukukura Yoshihiko, Ideue Junichi, Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Umanodan Aya, Yoshiura Takashi .  頸部CTでのSEMARによる口腔内金属アーチファクト除去の有用性の検討(Feasibility of single energy metal artifact reduction technique (SEMAR) with 320-row detector CT for reduction of dental metallic artifacts) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2015年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 片野田 和沙, 崎元 仁志, 石塚 貴周, 春日井 基文, 崎元 芳大, 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 東 美智代, 谷本 昭英, 中村 雅之, 佐野 輝 .  頭部MRIと皮膚生検により確定診断に至った神経核内封入体病の1例 .  九州神経精神医学  2016年4月  九州精神神経学会

  • 中條 正典, 上山 友子, 谷 淳至, 加治屋 より子, 中條 政敬, 島岡 俊治, 新原 亨, 田中 貞夫 .  若年男性に発症した充実性成分を主体とするsolid pseudopapillary tumorの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2015年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Nakajo Masanori, Fukukura Yoshihiko, Kamimura Kiyohisa, Iwanaga Takashi, Yoshiura Takashi .  良性-良悪性中間的腫瘍と軟部肉腫の鑑別における灌流・拡散強調MR画像(IVIM-MRI)の有用性(Intravoxel incoherent motion MRI for differentiation of benign-intermediate malignancy soft tissue tumors and soft tissue sarcomas) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2016年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 田原 由紀子, 石原 聡一, 梅原 藤雄, 島岡 俊治, 西俣 嘉人, 田中 貞夫, 中條 正典, 加治屋 より子 .  胃癌切除術の12年後に発症した髄膜癌腫症の1例 .  臨床神経学  2013年8月  (一社)日本神経学会

  • 田邉 博昭, 中條 正典, 神宮司 メグミ, 中別府 良昭, 中條 政敬, 中條 正豊, 谷 淳至, 加治屋 より子 .  肺癌多発骨転移の治療中にフレア現象を認めた1例 骨シンチグラフィとFDG-PET所見の対比 .  核医学  2009年6月  (一社)日本核医学会

  • 永里 耕平, 中條 正典, 神宮司 メグミ, 上野 雅子, 加治屋 より子, 柴藤 俊彦, 迫 勝巳, 小森園 康二, 中條 政敬 .  肝血管肉腫の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2014年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中條 正典, 馬ノ段 智一, 中條 政敬 .  破裂に伴う急性腹症で発症した膵粘液性嚢胞腺癌の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2013年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中條 正豊, 加治屋 より子, 神宮司 メグミ, 谷 淳至, 中條 正典, 福倉 良彦, 中別府 良昭, 中條 政敬 .  後腹膜腫瘍2症例のFDG及びFLT PET/CT所見 .  核医学  2013年9月  (一社)日本核医学会

  • 瀬戸口 陽樹, 中條 正典, 小野原 信一, 堂満 洋司, 畠中 真吾, 中條 政敬 .  後腹膜孤立性線維性腫瘍の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2012年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中條 正典, 馬之段 智一, 神宮司 メグミ, 中山 博史, 林 完勇, 馬場 康貴, 瀬ノ口 輝寿, 田之畑 佐也佳, 中條 政敬 .  当科におけるCTガイド下肺生検の検討 .  Japanese Journal of Radiology  2010年7月  (公社)日本医学放射線学会

  • 石原 聡一, 池上 眞由美, 梅原 藤雄, 川畑 拓也, 新原 亨, 北園 正樹, 田中 貞夫, 永里 耕平, 中條 正典, 加治屋 より子 .  子宮癌に対する放射線照射の26年後に発症した腰仙部神経叢障害の1例 併存する放射線性多臓器障害 .  臨床神経学  2013年8月  (一社)日本神経学会

  • 中村 信哉, 中條 正典, 福倉 良彦, 井手上 淳一, 馬ノ段 智一, 米山 和秀, 内匠 浩二, 馬ノ段 彩, 袴田 裕人, 吉浦 敬 .  右膝関節部のangiofibroma of soft tissueの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2016年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Takumi Koji, Fukukura Yoshihiko, Ideue Junichi, Umanodan Aya, Umanodan Tomokazu, Kamimura Kiyohisa, Hakamada Hiroto, Nakajo Masanori, Nakajo Masatoyo, Yoshiura Takashi .  副腎皮質腺腫の診断におけるdua energy CTの有用性 single energy CT、MRIとの比較(Distinguishing adrenal adenomas from non-adenomas by dual-energy CT analysis: Comparison with single energy CT and chemical shift MR imaging) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2015年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Umanodan Tomokazu, Fukukura Yoshihiko, Ideue Junichi, Yoneyama Tomohide, Takumi Koji, Hakamada Hiroto, Umanodan Aya, Nakajo Masanori, Kanzaki Fumiko .  副腎皮質腺腫と褐色細胞腫の鑑別における拡散強調MRIの診断的有用性(Diagnostic utility of diffusion-weighted MR imaging for the differentiation of adrenal cortical adenomas from pheochromocytomas) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2014年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 崎元 仁志, 片野田 和沙, 瀬戸下 玄郎, 石塚 貴周, 春日井 基文, 崎元 芳大, 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 東 美智代, 谷本 昭英, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭側頭型認知症と鑑別を要した神経核内封入体病の一例 神経核内封入体病に対する頭部MRIと皮膚生検の有用性について .  老年精神医学雑誌  2016年6月  (株)ワールドプランニング

  • Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Fukukura Yoshihiko, Iwanaga Takashi, Saito Tomonori, Sasaki Masashi, Fujisaki Takuro, Takemura Atsushi, Okuaki Tomoyuki, Yoshiura Takashi .  下垂体前葉のIVIM 高速スピンエコー拡散強調画像を用いて(Evaluation of intravoxel incoherent motion perfusion in the normal pituitary anterior lobe: turbo spin-echo diffusion-weighted imaging) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2016年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • Fukukura Yoshihiko, Takumi Koji, Shindo Toshikazu, Ideue Junichi, Ummanodan Aya, Umanodan Tomokazu, Hakamada Hiroto, Kamimura Kiyohisa, Nakajo Masanori, Yoshiura Takashi .  Lipid-rich Neuroendocrine TumorsのCT・MRI所見(Computed Tomography and Magnetic Resonance Imaging Features of Lipid-rich Neuroendocrine Tumors of the Pancreas) .  日本医学放射線学会学術集会抄録集  2015年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中條 正典, 福倉 良彦, 井出上 淳一, 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 馬ノ段 智一, 米山 知秀, 内匠 浩二, 袴田 裕人, 中別府 良昭 .  FDG-PETが診断に有用であった褐色脂肪腫の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2016年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 仮屋 圭佑, 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 中別府 良昭, 中條 正典, 吉浦 敬, 嶋田 博文, 田崎 貴嗣 .  FDG-PET/CTで集積を認めた多発性黄色腫の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2016年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 神宮司 メグミ, 加治屋 より子, 上野 雅子, 上野 いづみ, 中條 正典, 中條 政敬 .  FDG-PET/CTで癌の多発性転移と紛らわしかった粟粒結核の1例 .  核医学  2012年8月  (一社)日本核医学会

  • 中條 正典, 有村 健, 中村 文彦, 池之上 彩, 平木 嘉幸, 中條 政敬 .  Ewing肉腫に対してextracorporeal irradiation(ECI)を施行した1例 .  Japanese Journal of Radiology  2009年4月  (公社)日本医学放射線学会

  • 中條 正典, 瀬戸口 陽樹, 小野原 信一, 中條 政敬 .  CT検査を施行した胃アニサキス症の2例 .  Japanese Journal of Radiology  2012年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 崎元 仁志, 片野田 和沙, 瀬戸下 玄郎, 石塚 貴周, 春日井 基文, 崎元 芳大, 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 東 美智代, 谷本 昭英, 中村 雅之, 佐野 輝 .  Alzheimer型認知症と鑑別を要した核内封入体病の一例 .  精神神経学雑誌  2016年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 片野田 和沙, 崎元 仁志, 瀬戸下 玄郎, 石塚 貴周, 春日井 基文, 崎元 芳大, 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 東 美智代, 谷本 昭英, 中村 雅之, 佐野 輝 .  Alzheimer型認知症と診断されていた神経核内封入体病の1例 .  九州神経精神医学  2016年4月  九州精神神経学会

▼全件表示