2022/06/09 更新

写真a

マツモト タカヒロ
松元 隆博
MATSUMOTO Takahiro
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 情報・生体工学プログラム 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2007年1月   山口大学 )

  • 修士(工学) ( 1998年3月   鹿児島大学 )

  • 学士(工学) ( 1996年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • スペクトル拡散、擬似雑音系列、ディジタル信号処理、電子透かし、スクランブル技術、パルス圧縮レーダ、リモートセンシング

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

学歴

  • 鹿児島大学   工学研究科   情報工学専攻

    1996年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   工学部   情報工学科

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島工業高等専門学校   情報工学科

    1989年4月 - 1994年3月

経歴

  • 鹿児島大学   学術研究院理工学域工学系   教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 山口大学   大学院創成科学研究科(工学)   非常勤講師

    2021年6月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 山口大学   大学院創成科学研究科(工学)   准教授

    2016年4月 - 2021年3月

  • 山口大学   大学院理工学研究科(工学)   准教授

    2015年4月 - 2016年3月

  • 山口大学   大学評価室   准教授

    2012年4月 - 2015年3月

  • メルボルン大学   客員研究員

    2010年9月 - 2011年3月

  • 福岡工業大学   工学部   非常勤講師

    2010年4月 - 2011年9月

  • 山口大学   大学院理工学研究科(工学)   助教

    2007年4月 - 2012年3月

  • 山口大学   大学院理工学研究科(工学)   助手

    2006年4月 - 2007年3月

  • 山口大学   工学部   助手

    1998年4月 - 2006年3月

▼全件表示

所属学協会

  • IEEE

    2011年 - 現在

  • 電子情報通信学会

    1996年 - 現在

委員歴

  • 電子情報通信学会   情報理論(IT)研究専門委員会専門委員  

    2022年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 10th International Workshop on Signal Design and its Application in Communications (IWSDA'22)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2021年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   英文論文誌(A)信号設計とその通信への応用小特集号(令和3年2月号)編集委員  

    2019年12月 - 2021年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • IEEE広島支部   会計幹事  

    2019年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019)実行委員(会場)  

    2018年11月 - 2019年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   第4回有限体理論とその擬似乱数系列生成への応用ワークショップ実行委員長  

    2017年8月 - 2018年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   英文論文誌(A)編集委員会編集委員  

    2017年6月 - 2021年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • IEEE広島支部   理事  

    2013年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   ワイドバンドシステム(WBS)研究専門委員会専門委員  

    2012年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 情報理論とその応用学会   第32回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2009)実行委員(総務)  

    2008年12月 - 2009年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   ソサイエティ論⽂誌編集委員会常任査読委員  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 24th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2022)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2021年2月 - 2022年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 23rd International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2021)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2020年2月 - 2021年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • IEEE   Metro Area Workshop 2020 in Hiroshima会計幹事  

    2019年10月 - 2020年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 22nd International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2020)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2019年2月 - 2020年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 9th International Workshop on Signal Design and its Application in Communications (IWSDA'19)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2018年10月 - 2019年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 21st International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2019)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2018年2月 - 2019年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   英文論文誌(A)信号設計とその通信への応用小特集号(平成30年12月号)編集委員  

    2017年10月 - 2018年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   和文論文誌(A)編集委員会編集委員  

    2017年6月 - 2021年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 20th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2018)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2017年2月 - 2018年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 8th International Workshop on Signal Design and its Application in Communications (IWSDA'17)   実行委員(General Secretary)  

    2016年9月 - 2017年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   英文論文誌(A)信号設計とその通信への応用小特集号(平成29年4月号)編集委員  

    2016年5月 - 2017年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 19th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2017)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2016年2月 - 2017年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 信号処理学会   臨時査読委員  

    2015年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 18th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2016)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2015年1月 - 2016年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電気・情報関連学会中国支部   平成27年度電気・情報関連学会中国支部連合大会実行委員(講演出版)  

    2014年10月 - 2015年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 15th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2015)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2014年10月 - 2015年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 7th International Workshop on Signal Design and its Application in Communications (IWSDA'15)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2014年9月 - 2015年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 17th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2015)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2014年7月 - 2015年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   英文論文誌(A)信号設計とその通信への応用小特集号(平成26年12月号)編集委員  

    2014年2月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電気学会   臨時査読委員  

    2013年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 情報処理学会   臨時査読委員  

    2013年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 16th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2014)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2013年2月 - 2014年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • IEEE広島支部   Educational Activity Chair  

    2013年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 6th International Workshop on Signal Design and its Application in Communications (IWSDA'13)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2012年10月 - 2013年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2013)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2012年1月 - 2013年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   英文論文誌(A)信号設計とその通信への応用小特集号(平成24年11月号)編集幹事  

    2012年1月 - 2012年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • ICACT Transactions on the Advanced Communications Technology   編集委員  

    2011年6月 - 2012年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 14th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2012)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2011年2月 - 2012年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 13th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2011)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2010年2月 - 2011年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 12th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2010)   実行委員(Technical Program Committee)  

    2009年2月 - 2010年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 4th International Workshop on Signal Design and its Application in Communications (IWSDA09)   実行委員(Publicity Chair)  

    2008年9月 - 2009年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   英文論文誌(A)信号設計とその通信への応用小特集号(平成20年12月号)編集幹事  

    2007年12月 - 2008年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本機械学会   福祉工学シンポジウム2008実行委員  

    2007年9月 - 2008年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本生活支援工学会   第6回生活支援工学系学会連合大会実行委員  

    2007年9月 - 2008年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会   臨時査読委員  

    2007年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The 2nd International Workshop on Sequence Design and its Application in Communications (IWSDA05)   実行委員(Local Arrangement)  

    2004年10月 - 2005年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

留学歴

  • 2010年9月 - 2011年3月   メルボルン大学   客員研究員

取得資格

  • ソフトウェア開発技術者/第1種情報処理技術者

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • システムアドミニストレータ(上級・初級)

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

 

論文

  • Yuta Ida, Takahiro Matsumoto .  Interleaved Block Subcarrier Allocation and Power Combination for Frequency Symbol Spreading Multiuser Diversity OFDMA .  EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking2022 ( 49 ) 1 - 23   2022年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13638-022-02131-5

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s13638-022-02131-5/fulltext.html

  • Yasuaki OHIRA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA .  Construction of Optical ZCZ Sequence Set with the Zero-Correlation Zone 2^z Suitable for PPM-OCDMA System .  Proc. of the 24th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2022)   106 - 111   2022年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Yuta IDA, Kazuki MARUTA, Takahiro MATSUMOTO .  Phase Rotation and ASK Combination for SD-SM-MIMO .  Proc. of the 26th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC2021)S6 ( 2 ) 1 - 5   2021年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Dai OZAKI, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Study on BER Performance of Synchronous OCDMA System Using Optical ZCZ Sequence With Diffused Link Using Rake Reception .  Proc. of the 2021 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2021)   186 - 189   2021年3月査読

  • Ryosuke SHIMIZU, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Study on OCDMA System Using Two-Dimensional Optical ZCZ Sequences with Two Autocorrelation Peak Values .  Proc. of the 2021 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2021)   190 - 193   2021年3月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Generation Method of Two-Dimensional Optical ZCZ Sequences with High Correlation Peak Value .  IEICE Trans. FundamentalsE104-A ( 2 ) 417 - 421   2021年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.2020sdl0003

  • Yuta IDA, Kazuki MARUTA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  CR-QRM-MLD for SD-SM-MIMO with Null Modulation .  Proc. of the 39th IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2021)WNT(1) ( 4 ) 1 - 3   2021年1月査読

  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Different Antenna Interleaved Allocation with Full and Divided WHT/DFT Spreading for HTRCI-MIMO/OFDM .  IEICE Trans. CommunicationsE103-B ( 12 ) 1438 - 1446   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transcom.2019ebp3216

  • Sho KURODA, Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO, Yuta IDA, Takafumi HAYASHI .  Design of Compact Matched Filter Banks of Polyphase ZCZ Codes .  IEICE Trans. FundamentalsE103-A ( 9 ) 1103 - 1110   2020年9月査読

  • Naoya MUROKAWA, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  CR-QRM-MLD for SD-SM Hybrid MIMO Systems .  Transactions on Emerging Telecommunications Technologies31 ( 8 ) 1 - 16   2020年8月査読

  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Linear Interpolation Complex TFI for SP-OFDM .  Proc. of the 38th IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2020)   2020年1月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  A Generation Method of a Two-Dimensional Optical ZCZ Sequence with the Zero-Correlation Zone (4n-2) * (4n-2) .  Proc. of the 2019 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2019)   2019年12月査読

  • Hideyuki TORII, Takahiro MATSUMOTO .  Comparison of Inter-Cell and Co-Channel Interference Power between A-ZCZ and GMO-ZCZ Sequence Sets by Computer Simulation .  Proc. of the 2019 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2019)   2019年12月査読

  • Kanata MURAKAMI, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Construction of Code Generator of a Modified Pseudo-Orthogonal M- sequence Set .  Proc. of the 2019 International Workshop on Electronics, Information and Communication (IWEIC2019)   15 - 18   2019年11月査読

  • Kazuto OKAWA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Transmission Experiment of Optical ZCZ-CDMA System Using 2- or 4-PPM .  Proc. of the 2019 International Workshop on Electronics, Information and Communication (IWEIC2019)   41 - 44   2019年11月査読

  • Akihiro SAKAI, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Transmission Experiment of Underwater Optical CDMA System With Amplify-and- Forward Relay .  Proc. of the 2019 International Workshop on Electronics, Information and Communication (IWEIC2019)   21 - 24   2019年11月査読

  • Shutaroh TAKEHARA, Sho KURODA, Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO, Yuta IDA .  On Logic Functions of Complementary Sets of Polyphase Sequences .  Proc. of the 2019 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2019)   104 - 108   2019年9月査読

  • Ryosuke SHIMIZU, Koki NOMURA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Research on Optical CDMA System Using Two-Dimensional Optical ZCZ Sequence Set .  Proc. of the 2019 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2019)   109 - 114   2019年9月査読

  • Dai OZAKI, Sho ADACHI, Aoi SAWATARI, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Study on Model of Optical CDMA System Using LED and APD Elements .  Proc. of the 2019 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2019)   115 - 118   2019年9月査読

  • Kahori OGASHIWA, Takahiro MATSUMOTO, Yue WANG, Joji KARIYA, Hiroo NAITOH .  Evaluation of the Yamaguchi University Self-Assessment and Evaluation System and Its Improvement .  International Journal of Institutional Research and Management3 ( 1 ) 1 - 14   2019年5月査読

  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Compensation of Deteriorated CSI Allocation Due to Fast Fading and Feedback Delay Based on Turbo Decision Direct for MUDiv/OFDMA .  IEICE Journal of Nonlinear Theory and Its Applications10 ( 1 ) 190 - 205   2019年4月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  A Generation Method of a Two-Dimensional Optical ZCZ Sequence with the Smallest Zero-Correlation Zone .  Proc. of the 2019 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2019)   172 - 175   2019年3月査読

  • Sho KURODA, Takahiro MATSUMOTO, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Construction of Matched Filter Bank of Multiphase ZCZ Code Reaches Mathematical Upper Bound .  Proc. of the 2019 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2019)   164 - 167   2019年3月査読

  • Hideyuki TORII, Takahiro MATSUMOTO .  Comparison of Co-Channel Interference Power between A-ZCZ Sequence Sets and GMO-ZCZ Sequence Sets by Computer Simulation .  Proc. of the 2019 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2019)   116 - 119   2019年3月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Modified Mutually ZCZ Set of Optical Orthogonal Sequences .  IEICE Trans. FundamentalsE101-A ( 12 ) 2414 - 2418   2018年12月査読

  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Antenna Interleaved Allocation with FSS and Divided FFT Spreading for MIMO-OFDM .  Proc. of the 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2018)   372 - 377   2018年11月査読

  • Shinya Matsufuji, Sho Kuroda, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto .  A study on matched filter banks of P-phase ZCZ codes .  International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC2017-   202 - 205   2018年2月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    A set of sequences with a zero correlation zone named as a ZCZ code can provide CDMA systems with interference free performance called ZCZ-CDMA. A ZCZ code with the slightly large zero correlation zone, in which family size reaches the mathematical upper bound, may be used to offer a CDMA system with high stability and transmission efficiency in inferior channel environment. This paper designs a matched filter bank (MFB) of p-phase ZCZ codes with the above properties, which can simultaneously take correlation between a received symbol sequence and every sequence in the ZCZ code, and can be designed by the minimum number of circuit elements. The MFB will provide a ZCZ-CDMA module which can construct a network system flexibly, since it can detect all data bits at the same time and can utilize them.

    DOI: 10.1109/WPMC.2017.8301808

    Scopus

  • Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  Theoretical analysis of BER performance of OCDMA system using compact matched filter bank for an optical ZCZ sequence set .  International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC2017-   315 - 319   2018年2月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    The optical zero-correlation zone (ZCZ) sequence set is a set of pairs of binary and bi-phase sequences with a zero-correlation zone, and can provide optical code division multiple access (OCDMA) systems without cochannel interference. We have proposed the construction of a compact-type matched filter bank for this sequence set. However, the OCDMA system using this filter bank might have reduced bit error rate (BER) performance because the input-output characteristics of this filter bank for this sequence set with the zero-correlation zone 4z - 2, z = 1, 2, · · · are nonlinear. In this paper, we clarify that the BER performance of the OCDMA system using a compact-type matched filter bank is not influenced by the nonlinear characteristics of this filter bank, using the theoretical formula of BER characteristics and computer simulation.

    DOI: 10.1109/WPMC.2017.8301830

    Scopus

  • Yuta Ida, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Packet splitting and adaptive modulation based on CSI of time domain for decode-and-forward cooperative OFDM systems in different channel model .  International Journal of Communication Systems31 ( 2 ) 1 - 17   2018年1月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley and Sons Ltd  

    Cooperative communications obtain the transmission and channel diversity gains by using the relay node. However, since cooperative communications transmit the redundancy signal to obtain the transmission diversity gain, the transmission rate is degraded. Moreover, since cooperative communications add the interference in the relay node, the diversity gain is also degraded. The packet splitting has been proposed based on the channel state information of the time domain to obtain the good system performance without the redundancy signal. Moreover, the adaptive modulation has been proposed to improve the transmission rate. In this paper, we propose the combination method with the packet splitting and the adaptive modulation based on the channel state information of the time domain to improve the bit error rate and throughput performances for decode-and-forward cooperative orthogonal frequency division multiplexing systems in the different channel model. From the computer simulation results, we determine the optimum weight and threshold for the proposed method. Moreover, the proposed method shows the good bit error rate and throughput performances.

    DOI: 10.1002/dac.3451

    Scopus

  • Yasuaki Ohira, Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  A compact matched filter bank for an optical ZCZ sequence set with zero-correlation zone 2z .  IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE101A ( 1 ) 195 - 198   2018年1月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    In this paper, we propose a new structure for a compact matched filter bank (MFB) for an optical zero-correlation zone (ZCZ) sequence set with Zcz = 2z . The proposed MFB can reduces operation elements such as 2-input adders and delay elements. The number of 2-input adders decrease from O(N2) to O(N log2 N), delay elements decrease from O(N2) to O(N). In addition, the proposed MFBs for the sequence of length 32, 64, 128 and 256 with Zcz = 2
    4 and 8 are implemented on a field programmable gate array (FPGA). As a result, the numbers of logic elements (LEs) of the proposed MFBs for the sequences with Zcz = 2 of length 32, 64, 128 and 256 are suppressed to about 76.2%, 84.2%, 89.7% and 93.4% compared to that of the conventional MFBs, respectively.

    DOI: 10.1587/transfun.E101.A.195

    Scopus

  • Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  BER performance of ss system using a human sequence against CW jamming .  IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE101A ( 1 ) 167 - 175   2018年1月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    In this paper, we theoretically analyse the influence of intersymbol interference (ISI) and continuous wave interference (CWI) on the bit error rate (BER) performance of the spread spectrum (SS) system using a real-valued Human sequence under the additive white Gaussian noise (AWGN) environment. The aperiodic correlation function of the Human sequence has zero sidelobes except the shift-end values at the left and right ends of shift. The system can give the unified communication and ranging system because the output of a matched filter (MF) is the ideal impulse by generating transmitted signal of the bit duration T = NTc, N = 2n, n = 1
    2
    from the sequence of length M = 2kN + 1, k = 0
    1
    , where Tc is the chip duration and N is the spreading factor. As a result, the BER performance of the system is improved with decrease in the absolute value of the shift-end value, and is not influenced by ISI if the shift-end value is almost zero-value. In addition, the BER performance of the system of the bit duration T = NTc with CWI is improved with increase in the sequence length M = 2kN + 1, and the system can decrease the influence of CWI.

    DOI: 10.1587/transfun.E101.A.167

    Scopus

  • Naoya MUROKAWA, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Iterative Equalization Based on Estimated Variance and Threshold for Massive MIMO with Spatial Modulation .  Proc. of the 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017)B2L ( E2 ) 538 - 541   2017年12月査読

  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Compensation of Deteriorated CSI Allocation Based on Decision Direct and Turbo Equalization for MUDiv/OFDMA .  Proc. of the 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017)A3L ( A5 ) 209 - 212   2017年12月査読

  • Kahori Ogashiwa, Takahiro Matsumoto, Yue Wang, Joji Kariya, Hiroo Naitoh .  Evaluation and Improvement of Yamaguchi University Self-Assessment and Evaluation System .  Proceedings - 2017 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2017   218 - 220   2017年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    University evaluation is mandated by the School Education Act and the National University Cooperation Act. Universities are currently required to conduct self-assessments and improvements as university organizations. Yamaguchi University introduced Yamaguchi University Self-Assessment and Evaluation System (YUSE) before the incorporation of national universities, and the system has been in operation and under improvements for over ten years. The present paper reports improvements that have been made to the current self-assessment and evaluation system based on user requests. These improvements will provide useful information for improving evaluation systems at other universities. Moreover, it is possible for such improvements to be categorized into three frameworks that relate the systemic issues improved: system usability, links to other systems, and visualization functions (graphs) for analyses.

    DOI: 10.1109/IIAI-AAI.2017.134

    Scopus

  • Zeming Dong, Shinya Matsufuji, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto .  A study on PAPR reduction in OFDM using complex hadamard matrices .  2017 8th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA 2017   154 - 158   2017年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) utilizing the fast Fourier transform (FFT) technique, a high Peak-to-Average-Power-Ratio (PAPR) appears at a transmitter and causes signal wave distortion due to the nonlinearity of the amplifier. Namely the system performance degrades and power consumption increases. In the proposed PAPR reduction techniques, there is an application of the discrete Fourier transform (DFT) which is not FFT, and the fast Hadamard transform (FHT) using a binary Hadamard matrix. This paper considers OFDM with FHT using a complex Hadamard matrix including a binary one applied to complex pseudo-random numbers. Their PAPR characteristic and Bit-Error-Rate (BER) performance are investigated in the view of the matrix order and the output phase-number, and the effectiveness of the complex Hadamard matrix is shown.

    DOI: 10.1109/IWSDA.2017.8097076

    Scopus

  • Pingzhi Fan, Tetsuya Kojima, Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Xiaohu Tang, Udaya Parampalli .  Preface .  2017 8th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA 2017   2017年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    DOI: 10.1109/IWSDA.2017.8097087

    Scopus

  • Takahiro Matsumoto, Masanori Kurashita, Yasuaki Ohira, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  Influence of ISI on synchronous OCDMA system using an optical ZCZ sequence set on a diffuse channel .  2017 8th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA 2017   159 - 163   2017年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In this paper, we analyze the bit error rate (BER) performance of synchronous optical code division multiple access (OCDMA) system using an optical zero-correlation zone (ZCZ) sequence set over diffuse link by computer simulation, and evaluate the influence of inter-symbol interference (ISI) on the system. The optical ZCZ sequence set is a set of pairs of binary and bi-phase sequences with zero-correlation zone. As a result, the ISI can suppress by extension of zero-correlation zone.

    DOI: 10.1109/IWSDA.2017.8097077

    Scopus

  • Yuta Ida, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Three hop AF relay transmissions for OFDM applying real and imaginary TFI pilot signals .  2017 8th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA 2017   145 - 148   2017年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    Multi-hop relay transmissions achieve high quality and vast area communications by using several relay nodes. For the relay method based on an amplify-and-forward (AF), channel estimation (CE) is only demanded in the destination node. In the single-hop AF relay transmission for orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) systems, we have proposed the CE by using the pilot signal based on the time frequency interferometry (TFI). However, in the multi-hop AF relay transmission, the conventional TFI method degrades the system performance due to a null signal and the overlapped channel. To solve this problem, in this paper, we propose the CE based on the real and imaginary TFI pilot signals in the three hop AF relay transmission for OFDM systems.

    DOI: 10.1109/IWSDA.2017.8097074

    Scopus

  • Sho KURODA, Shinya MATSUFUJI, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO .  High-Speed Synchronization Acquisition Methods of Quasi-Synchronous CDMA .  Journal of Signal Processing21 ( 6 ) 273 - 279   2017年11月査読

     詳細を見る

  • Yasuaki OHIRA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Code Generator for an Optical ZCZ Sequence with Zero-Correlation Zone 2^z .  Journal of Signal Processing21 ( 6 ) 265 - 272   2017年11月査読

     詳細を見る

  • Yuta IDA, Chang-Jun AHN, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Four Time Windows Averaging Channel Estimation With Real and Imaginary TFI Pilot Signals for OFDM .  IEICE Communications Express6 ( 10 ) 590 - 595   2017年10月査読

     詳細を見る

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  A Generation Method of a Modified Mutually ZCZ Set of Optical Orthogonal Sequences .  Proc. of the 2017 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2017)   299 - 304   2017年9月査読

  • Sho ADACHI, Yasuaki OHIRA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Experimental Evaluation of Optical ZCZ-CDMA System on the Move .  Proc. of the 2017 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2017)   229 - 233   2017年9月査読

  • Yasuaki OHIRA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Construction of Code Generator for Optical ZCZ Sequence Used as Synchronization Symbol .  Proc. of the 2017 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2017)21 ( 6 ) 283 - 288   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2299/jsp.21.265

  • Tomoaki HIROSAWA, Yasuaki OHIRA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Study on BER Performance of Optical Wireless Code-Shift Keying System Using Compact Matched Filter Bank for Optical ZCZ Sequence Set .  Proc. of the 2017 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2017)   244 - 248   2017年9月査読

     詳細を見る

  • Hiroshi AOKI, Takahiro MATSUMOTO, Tetsuya KOJIMA, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Study on Rotation Attack Tolerability of Digital Watermarking Based on Two-Dimensional Complementary Pairs .  Proc. of the 2017 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2017)   238 - 243   2017年9月査読

  • Toma SAEKI, Shinya MATSUFUJI, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO .  On Block Coding CDMA Using Bent ZCZ Codes .  Proc. of the 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17)   625 - 628   2017年3月査読

  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Interleaved MUDiv Block Allocation and Optimum Power Control for SC-FDMA .  Proc. of the 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17)   517 - 520   2017年3月査読

  • Akihiro KAMENO, Shinya MATSUFUJI, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Takafumi HAYASHI .  Correlation Properties of Bent ZCZ Codes .  Proc. of the 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17)   513 - 516   2017年3月査読

  • Yasuaki OHIRA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Construction of a Code Generator for an Optical ZCZ Sequence with Zero-Correlation Zone 2^z .  Proc. of the 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17)   361 - 364   2017年3月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  A Generation Method of a Mutually ZCZ Set of Optical Orthogonal Sequences Consisting of Binary and Ternary Sequence Pairs .  Proc. of the 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'17)   357 - 360   2017年3月査読

  • Yasuaki OHIRA, Kahori OGASHIWA, Satoshi MURANAGA, Takahiro MATSUMOTO, Hiroo NAITOH .  A Questionnaire System for Institutional Research .  Information Engineering Express3 ( 1 ) 9 - 18   2017年3月査読

  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Packet Splitting and Adaptive Modulation Based on Time Domain CSI for Cooperative OFDM Systems .  Proc. of the 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2016)A2L ( G4 ) 99 - 102   2016年11月査読

  • Yasuaki Ohira, Kahori Ogashiwa, Satoshi Muranaga, Takahiro Matsumoto, Hiroo Naitoh .  A Development of a Questionnaire System for Institutional Research .  PROCEEDINGS 2016 5TH IIAI INTERNATIONAL CONGRESS ON ADVANCED APPLIED INFORMATICS IIAI-AAI 20163 ( 1 ) 505 - 508   2016年7月査読

  • Hideyuki TORII, Takahiro MATSUMOTO, Makoto NAKAMURA .  New Optimal A-ZCZ Sequence Sets Including Uncorrelated Sequences .  Proc. of the 2016 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'16)   562 - 565   2016年3月査読

  • Yasuaki OHIRA, Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Study on Construction of a Matched Filter Bank for an Optical ZCZ Sequence Set with Zero-Correlation Zone 2^z .  Proc. of the 2016 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'16)   363 - 366   2016年3月査読

  • Yuta Ida, Chang-Jun Ahn, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Achievement Accurate CSI for AF Relay MIMO/OFDM Based on Complex HTRCI Pilot Signal with Enhanced MMSE Equalization .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE98A ( 11 ) 2254 - 2262   2015年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Amplify-and-forward (AF) relay multiple-input multiple-output (MIMO) orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) systems can achieve high data rate and high quality communications. On the other hand, it has to estimate all channels between the source-relay and relay-destination nodes in the destination node. In MIMO/OFDM systems, high time resolution carrier interferometry (HTRCI) has been proposed to achieve an accurate channel estimation (CE) with a small number of pilot signals. However, since it has many interferences, an accurate CE is not obtained and the system performance is degraded in AF relay MIMO/OFDM systems. Therefore, in this paper, we propose the complex HTRCI (C-HTRCI) pilot signal and the enhanced minimum mean square error (E-MMSE) equalization to achieve an accurate CE and to improve the system performance for AF relay MIMO/OFDM systems.

    DOI: 10.1587/transfun.E98.A.2254

    Web of Science

  • Yuta Ida, Kota Imafuku, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Performance Evaluation for AF Relay TFI-OFDM Systems .  2015 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATION SYSTEMS (ISPACS) ( 3D-4 ) 548 - 551   2015年11月査読

  • Shinya Matsufuji, Takafumi Hayashi, Sho Kuroda, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto .  On Bent ZCZ Codes .  2015 SEVENTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON SIGNAL DESIGN AND ITS APPLICATIONS IN COMMUNICATIONS (IWSDA)   196 - 199   2015年9月査読

  • Sho Kuroda, Shinya Matsufuji, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto .  On a Block Coding ZCZ-CDMA Scheme with High-Speed Processing .  2015 SEVENTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON SIGNAL DESIGN AND ITS APPLICATIONS IN COMMUNICATIONS (IWSDA)   200 - 204   2015年9月査読

  • Yuta Ida, Masanori Yofune, Chang-Jun Ahn, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Estimation based on weighted channel variance for HTRCI-MIMO/OFDM with QRM-MLD and channel ranking under fast fading Channel .  TRANSACTIONS ON EMERGING TELECOMMUNICATIONS TECHNOLOGIES26 ( 7 ) 1050 - 1059   2015年7月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    To achieve more high-speed communication systems, multiple-input multiple-output orthogonal frequency division multiplexing (MIMO/OFDM) is adopted in several standardisations. On the other hand, the conventional MIMO/OFDM requires many pilot signals to estimate the channel state information (CSI). To achieve an accurate CSI with the small number of pilot signals, high time resolution carrier interferometry (HTRCI) for MIMO/OFDM has been proposed. Moreover, QR decomposition with M-algorithm maximum likelihood detection (QRM-MLD) and channel ranking has been proposed to achieve both the reducing complexity and the improving system performance. However, the conventional HTRCI-MIMO/OFDM with the QRM-MLD and channel ranking did not consider the problem of the fast fading channel. In the fast fading environment, many errors are caused in the last part of the packet. To overcome this problem, the decision-direct method has been proposed. However, it requires large complexity because of the iterative processing. Therefore, in this paper, we propose the non-linear prediction method for an HTRCI-MIMO/OFDM with the QRM-MLD and channel ranking. Copyright (c) 2014 John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/ett.2807

    Web of Science

  • Shinya MATSUFUJI, Keisuke SHIOZAKI, Takahiro MATSUMOTO, Yuta IDA .  A Digital Watermarking Scheme Using Reference Images .  Proc. of the 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'15)   631 - 634   2015年2月査読

  • Hideyuki TORII, Takahiro MATSUMOTO, Makoto NAKAMURA .  An Extension Method of the Periods of Generalized Mutually Orthogonal ZCZ Sequence Sets .  Proc. of the 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'15)   389 - 392   2015年2月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI .  Theoretical Analysis of BER Performance of SS System Using a Huffman Sequence Against CW Jamming Over Rayleigh Fading Channels .  Proc. of the 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'15)   134 - 137   2015年2月査読

  • Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  A Compact Matched Filter Bank for a Mutually Orthogonal ZCZ Sequence Set Consisting of Ternary Sequence Pairs .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE97A ( 12 ) 2595 - 2600   2014年12月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we propose a new structure for a compact matched filter bank for a mutually orthogonal zero-correlation zone (MO-ZCZ) sequence set consisting of ternary sequence pairs obtained by Hadamard and binary ZCZ sequence sets; this construction reduces the number of two-input adders and delay elements. The matched filter banks are implemented on a field-programmable gate array (FPGA) with 51,840 logic elements (LEs). The proposed matched filter bank for an MO-ZCZ sequence set of length 160 can be constructed by a circuit size that is about 8.6% that of a conventional matched filter bank.

    DOI: 10.1587/transfun.E97.A.2595

    Web of Science

  • Yuta Ida, Chang-Jun Ahn, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Removing Deep Faded Subcarrier Channel for Cooperative Multiuser Diversity OFDMA Based on Low Granularity Block .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE97A ( 12 ) 2586 - 2594   2014年12月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    To achieve more high speed and high quality systems of wireless communications, orthogonal frequency division multiple access (OFDMA) has been proposed. Moreover, OFDMA considering the multiuser diversity (MUDiv) has been also proposed to achieve more high system performance. On the other hand, the conventional MUDiv/OFDMA requires large complexity to select the subcarrier of each user. To solve this problem, we have proposed a MUDiv/OFDMA based on the low granularity block (LGB). However, it degrades the system performance in the environment which contains many deep faded subcarrier channels. Therefore, in this paper, we propose a cooperative LGB-MUDiv/OFDMA to mitigate the influence due to the deep faded subcarrier channel.

    DOI: 10.1587/transfun.E97.A.2586

    Web of Science

  • Ainiwan Abudoukeremu, Shinya Matsufuji, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto .  A Novel Multicarrier CDMA scheme with interference free performance in very large delay spread .  ITE Transactions on Media Technology and Applications2 ( 4 ) 362 - 369   2014年10月査読

     詳細を見る

  • Yuta Ida, Chang-Jun Ahn, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Performance Enhancement for AF Relay MIMO/OFDM with Complex HTRCI Pilot Signal .  PROCEEDINGS OF THE 20TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC2014) ( F3B-1 ) 325 - 330   2014年10月査読

     詳細を見る

  • Ainiwan Abudoukeremu, Jincheng Huang, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  On BER Performance of Block Coding MC-ZCZ-CDMA .  2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA)   516 - 520   2014年10月査読

     詳細を見る

  • Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  Study on BER Performance of SS System Using a Huffman Sequence Against CW Jamming Over AWGN Channels .  2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA)   595 - 599   2014年10月査読

     詳細を見る

  • Takahiro Matsumoto, Yasuaki Ohira, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  Study on BER Performance of Atmospheric Optical ZCZ-CDMA System Using Equal Gain Combining .  Proc. of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'14)   521 - 524   2014年3月査読

  • Hideyuki Torii, Daichi Kawasaki, Takahiro Matsumoto, Makoto, Nakamura .  Zero-Cross-Correlation Properties of Generalized Mutually Orthogonal ZCZ Sequence Sets .  Proc. of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'14)   157 - 160   2014年3月査読

  • Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  BER Performance of ASK-SS and M-ary/ASK-SS Systems Using Compact Matched Filter Bank for an Optical ZCZ Code with Zero-Correlation Zone 4n-2 .  Journal of Signal Processing17 ( 6 ) 265 - 271   2013年11月査読

     詳細を見る

  • Hideyuki Torii, Takahiro Matsumoto, Makoto Nakamura .  Extension of Methods for Constructing Polyphase Asymmetric ZCZ Sequence Sets .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE96A ( 11 ) 2244 - 2252   2013年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The present paper proposes two new methods for constructing polyphase asymmetric zero-correlation zone (A-ZCZ) sequence sets. In previous studies, the authors proposed methods for constructing quasi-optimal polyphase A-ZCZ sequence sets using perfect sequences and for constructing optimal polyphase A-ZCZ sequence sets using discrete Fourier transform (DFT) matrices. However, in these methods, the total number of sequences in an A-ZCZ sequence set cannot exceed the period of the perfect sequence or the dimension of the DFT matrix used for constructing the A-ZCZ sequence set. We now propose two extended versions of these methods. The proposed methods can generate a quasi-optimal or optimal polyphase A-ZCZ sequence set where the total number of sequences exceeds the period of the perfect sequence or the dimension of the DFT matrix. In other words, the proposed methods can generate new A-ZCZ sequence sets that cannot be obtained from the known methods.

    DOI: 10.1587/transfun.E96.A.2244

    Web of Science

  • Ainiwan Abudoukeremu, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuj .  Multicarrier Transmission Systems With Spreading Sequences in Large Delay Spread Channel .  SIXTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON SIGNAL DESIGN AND ITS APPLICATIONS IN COMMUNICATIONS   80 - 83   2013年10月査読

  • Akinori Ueganna, Sho Kuroda, Yuta Ida, Takahiro Matsumoto, Shinya Mats .  On Fast Synchronization Acquisition of ZCZ-CDMA .  SIXTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON SIGNAL DESIGN AND ITS APPLICATIONS IN COMMUNICATIONS   76 - 79   2013年10月査読

  • Yuta Ida, Masanori Yofune, Chang-Jun Ahn, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Non-linear Fast Fading Compensation for HTRCI-MIMO/OFDM with QRM-MLD and Channel Ranking .  SIXTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON SIGNAL DESIGN AND ITS APPLICATIONS IN COMMUNICATIONS   130 - 133   2013年10月査読

  • Takahiro Matsumoto, Takashi Sugimoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  Theoretical Analysis of BER Performance of Spread Spectrum System Using a Huffman Sequence Over Rayleigh Fading Channels .  SIXTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON SIGNAL DESIGN AND ITS APPLICATIONS IN COMMUNICATIONS   60 - 63   2013年10月査読

  • Takahiro Matsumoto, Yasuaki Ohira, Satoshi Muranaga, Hideyuki Torri, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  Trial of Free-Space Parallel Transmission System Based on Optical ZCZ-CDMA System .  SIXTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON SIGNAL DESIGN AND ITS APPLICATIONS IN COMMUNICATIONS   84 - 87   2013年10月査読

  • Takahiro Matsumoto, Takashi Sugimoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji .  Theoretical Analysis of BER Performance of Spread Spectrum System Using a Huffman Sequence Over AWGN Channels .  Proc. of the 2013 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2013)   27 - 31   2013年9月査読

  • Hideyuki TORII, Masaaki SATOH, Takahiro MATSUMOTO, Makoto NAKAMURA .  Quasi-Optimal and Optimal Generalized Mutually Orthogonal ZCZ Sequence Sets Based on an Interleaving Technique .  International Journal of Communications1 ( 7 ) 18 - 25   2013年5月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Shinya MATSUFUJI .  Theoretical Analysis of BER Performance of Optical ZCZ-CDMA System .  International Journal of Computers and Communications1 ( 7 ) 18 - 25   2013年5月査読

  • Yuta Ida, Chang-Jun Ahn, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Mitigated deep faded channel with relay node allocation for MUDiv/OFDMA .  2013 19th Asia-Pacific Conference on Communications, APCC 2013   6 - 11   2013年4月査読

  • Hideyuki Torii, Masaaki Satoh, Takahiro Matsumoto, Makoto Nakamura .  Generalized Mutually Orthogonal ZCZ Sequence Sets Based on Perfect Sequences and Orthogonal Codes .  Proc. of the 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2013)   894 - 899   2013年1月査読

     詳細を見る

  • Ainiwan Abudoukeremu, Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto .  On Optical ZCZ Codes With a Good Aperiodic Autocorrelation Property .  Proc. of the 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2013)   586 - 589   2013年1月査読

     詳細を見る

  • Takahiro MATSUMOTO, Takahiro NISHIKAWA, Hideyuki TORII, Shinya MATSUFUJI .  Matched Filter Bank Implementation on FPGA for a Mutually Orthogonal Set of ZCZ Codes Using Hadamard and ZCZ Codes .  Proc. of the 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2013)   764 - 767   2013年1月査読

  • Hideyuki TORII, Masaaki SATOH, Takahiro MATSUMOTO, Makoto NAKAMURA .  New Generalized Mutually Orthogonal ZCZ Sequence Sets Constructed from DFT Matrices .  Proc. of the 3rd European Conference of Communications (ECCOM'12)   262 - 267   2012年12月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Shinya MATSUFUJI .  Comparison of Optical ZCZ-CDMA System with Zero Correlation Zone 4n − 2 by Electrical and Optical Processing .  Proc. of the 3rd European Conference of Communications (ECCOM'12)   268 - 273   2012年12月査読

  • Jincheng Huang, Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Noriyoshi Kuroyanagi .  A ZCZ-CDMA system with BFSK modulation .  INTERNATIONAL JOURNAL OF COMMUNICATION SYSTEMS25 ( 12 ) 1620 - 1638   2012年12月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    A quasi-timing synchronous code division multiple access (CDMA) system called ZCZ-CDMA, which uses a set of sequences with a zero-correlation zone called ZCZ code as a spreading code, is useful for short-range wireless communications because of its excellent properties such as co-channel interference-free performance, simplified hardware design, and low transmit power as well as fast frame synchronization capability. In this paper, a ZCZ-CDMA system with binary frequency-shift keying (BFSK) modulation called BFSK-ZCZ-CDMA is proposed. This system is characterized by using a pair of balanced ZCZ codes for spreading and transmitting the two spread components over the respective keying carrier frequencies. Its bit error rate performance, compared with those of existing BPSK-ZCZ-CDMA, ASK-ZCZ-CDMA, and CDMA systems using the other spreading codes, is evaluated in theory and simulation. The bit error rate performance of the three ZCZ-CDMA systems over additive white Gaussian noise and Rayleigh fading channels are formulated. It is proved that BFSK-ZCZ-CDMA is much more robust in anti-fading performance and low transmit power in such an environment that fading distributions on the keying frequencies are independent mutually. Fading versus frequency characteristics are also investigated. Copyright (c) 2012 John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/dac.2313

    Web of Science

  • Hayashida Tomohiro, Matsufuji Shinya, Matsumoto Takahiro, Fan Pingzhi .  Construction of ZCZ codes with low aperiodic autocorrelation .  Journal of signal processing16 ( 6 ) 477 - 485   2012年11月査読

     詳細を見る

  • Torii, Hideyuki, Matsumoto, Takahiro, Nakamura, Makoto .  Optimal polyphase asymmetric ZCZ sequence sets including uncorrelated sequences .  Journal of signal processing16 ( 6 ) 487 - 494   2012年11月査読

     詳細を見る

  • Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Pingzhi Fan .  Even-Shift Orthogonal Arrays .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE95A ( 11 ) 1937 - 1940   2012年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The even-shift orthogonal sequence whose out-of-phase aperiodic autocorrelation function takes zero at any even shifts is generalized to multi-dimension called even-shift orthogonal array (E-array), and the logic function of E-array of power-of-two length is clarified. It is shown that E-array can be constructed by complementary arrays, which mean pairs of arrays that the sum of each aperiodic autocorrelation function at the same phase shifts takes zero at any shift except zero shift, as well as the one-dimensional case. It is also shown that the number of mates of E-array with which the cross correlation function between E-arrays takes zero at any even shifts is equal to the dimension. Furthermore it is investigated that E-array possesses good aperiodic autocorrelation that the rate of zero correlation values to array length approaches one as the dimension becomes large.

    DOI: 10.1587/transfun.E95.A.1937

    Web of Science

  • Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Shinya Matsufuji .  Theoretical Analysis of BER Performance of Optical ZCZ-CDMA System With Smallest Zero Correlation Zone Using Optical Correlator .  IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS SYSTEMS (ISPACS 2012)   549 - 552   2012年11月査読

  • Kosuke Omata, Hideyuki Torii, Takahiro Matsumoto .  Zero-Cross-Correlation Properties of Asymmetric ZCZ Sequence Sets .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE95A ( 11 ) 1926 - 1930   2012年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Recently, asymmetric zero-correlation zone (A-ZCZ) sequence sets that are composed of several sequence subsets have been proposed. In A-ZCZ sequence sets, the zero-cross-con-elation zone (ZCCZ) length between different sequence subsets is larger than the zero-correlation zone (ZCZ) length in each sequence subset. However, the ZCCZ length between different sequence subsets was not precisely shown in previous studies. The present letter shows precisely the ZCCZ length between different sequence subsets. This information is useful for estimating the magnitude of inter-cell interference when designing approximately synchronized code-division multiple-access (AS-CDMA) systems.

    DOI: 10.1587/transfun.E95.A.1926

    Web of Science

  • 市川, 哲彦, 小柏, 香穂理, 鈴木, 素之,松元, 隆博, 内藤, 博夫 .  山口大学自己点検評価システム(YUSE)の開発と運用 : 第1期中期目標期間及び第2期中期目標期間前半のまとめ .  学術情報処理研究16   3 - 14   2012年9月査読

  • Hideyuki Torii, Takahiro Matsumoto, Makoto Nakamura .  A New Method for Constructing Asymmetric ZCZ Sequence Sets .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE95A ( 9 ) 1577 - 1586   2012年9月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The present paper proposes a new method for constructing polyphase asymmetric zero-correlation zone (A-ZCZ) sequence sets. The proposed method can generate A-ZCZ sequence sets that cannot be obtained from methods proposed by other researchers and is a generalized version of our previously proposed method. An A-ZCZ sequence set can be regarded as a ZCZ sequence set. The newly obtained A-ZCZ sequence sets include quasi-optimal ZCZ sequence sets of which the zero-cross-correlation zone (ZCCZ) length between different sequence subsets is larger than the mathematical upper bound of conventional ZCZ sequence sets. A new method for extending the A-ZCZ sequence sets is also presented in the present paper.

    DOI: 10.1587/transfun.E95.A.1577

    Web of Science

  • Hideyuki TORII, Takahiro MATSUMOTO, Makoto, NAKAMURA .  New Asymmetric ZCZ Sequence Sets Based on DFT Matrices .  Proc. of the 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'12)   792 - 795   2012年3月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Mika, INOUE, Hideyuki TORII, Shinya MATSUFUJI .  Study on BER Performance of Atmospheric Optical CDMA System Using Optical ZCZ Code .  Proc. of the 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'12)   210 - 213   2012年3月査読

  • Matsumoto, Takahiro,Torii, Hideyuki, Matsufuji, Shinya .  Fast periodic auto and cross correlation algorithms for an orthogonal set of real-valued perfect sequences from the huffman sequence .  International Journal of Circuits, Systems and Signal Processing6 ( 1 ) 87 - 96   2012年2月査読

  • Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji, Tetsuya Kojima, Udaya Parampalli .  Orthogonal and ZCZ Sets of Real-Valued Periodic Orthogonal Sequences from Huffman Sequences .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE94A ( 12 ) 2728 - 2736   2011年12月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a method of generating sets of orthogonal and zero-correlation zone (ZCZ) periodic real-valued sequences of period 2(n), n >= 1. The sequences admit a fast correlation algorithm and the sets of sequences achieve the upper bound on family size. A periodic orthogonal sequence has the periodic autocorrelation function with zero sidelobes, and a set with orthogonal sequences whose mutual periodic crosscorrelation function at zero shift is zero. Similarly, a ZCZ set is the set of the sequences with zero-correlation zone. In this paper, we derive the real-valued periodic orthogonal sequences of period 2" from a real-valued Huffman sequence of length 2(v) + 1, v being a positive integer and v >= n, whose aperiodic autocorrelation function has zero sidelobes except possibly at the left and right shift-ends. The orthogonal and ZCZ sets of real-valued periodic orthogonal sequences are useful in various systems, such as synchronous code division multiple access (CDMA) systems, quasi-synchronous CDMA systems and digital watermarkings.

    DOI: 10.1587/transfun.E94.A.2728

    Web of Science

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Shinya MATSUFUJI .  Theoretical Analysis of BER Performance in ASK-SS and M-ary/ASK-SS Systems Using Compact Matched Filter Bank for an Optical ZCZ Code Over Rayleigh Fading Channels .  Proc. of the 2011 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2011)   171 - 175   2011年11月査読

  • Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Takahide Matsuo, Noriyoshi Kuroyanagi .  A ZCZ-CDMA system with high tolerance to frequency selective fading .  Proceedings of the 5th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA'11   157 - 160   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/IWSDA.2011.6159413

    DOI: 10.1109/IWSDA.2011.6159413

    Scopus

  • Tetsuya Kojima, Naoki Ohtani, Takahiro Matsumoto, Udaya Parampalli .  On multiple information embedding by digital watermarking based on complete complementary codes .  Proceedings of the 5th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA'11   100 - 103   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/IWSDA.2011.6159397

    DOI: 10.1109/IWSDA.2011.6159397

    Scopus

  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Shinya MATSUFUJI .  Fast Correlation Algorithm for an Orthogonal Set of Real-Valued Perfect Sequences from the Huffman Sequences .  Proc. of the 11th International Conference on Applied Computer Science (ACS '11)   146 - 151   2011年10月査読

  • Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Theoretical analysis of BER performance in ASK-SS and M-ary/ASK-SS systems using compact matched filter bank for an optical ZCZ code over AWGN channels .  Proceedings of the 5th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA'11   161 - 164   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/IWSDA.2011.6159414

    DOI: 10.1109/IWSDA.2011.6159414

    Scopus

  • Takayuki HIRANO, Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO .  Transmission Characteristics of Grid-Shaped Networks on Ad-Hoc Wireless Sensor Networks .  Proc. of the 11th International Conference on Applied Computer Science (ACS '11)   140 - 145   2011年10月査読

  • 瀧本浩一, 三浦房紀, 松元隆博, 関原弦, 組田良則, 山本真吾 .  自律分散協調による避難誘導システムの開発 .  社会技術研究論文集 ( 8 ) 82 - 90   2011年4月査読

     詳細を見る

  • Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI, Tetsuya KOJIMA, Udaya PARAMPALLI .  A Generation Method of a ZCZ Set of Real-Valued Periodic Orthogonal Sequences from Huffman Sequences .  Proc. of the 2011 2nd International Conference on Innovative Computing and Communication and 2011 Asia-Pacific Conference on Information Technology and Ocean Engineering (CICC-ITOE2011)2   266 - 269   2011年3月査読

  • Ainiwan ABUDOUKEREMU, Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO .  On Spreading Sequences for ASK/SS Systems .  Proc. of the 2011 2nd International Conference on Innovative Computing and Communication and 2011 Asia-Pacific Conference on Information Technology and Ocean Engineering (CICC-ITOE2011)2   366 - 369   2011年3月査読

  • Tomohiro HAYASHIDA, Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO, Pingzhi FAN .  Binary ZCZ Codes With a Good Aperiodic Autocorrelation Property .  Proc. of the 2011 2nd International Conference on Innovative Computing and Communication and 2011 Asia-Pacific Conference on Information Technology and Ocean Engineering (CICC-ITOE2011)2   362 - 365   2011年3月査読

  • 松元隆博 .  シフト直交実数有限長系列セットに対するマッチドフィルタバンクの小規模な構成法 .  電子情報通信学会論文誌AJ94-A ( 3 ) 168 - 179   2011年3月査読

  • Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji, Tetsuya Kojima, Udaya Parampalli .  A generation method of an orthogonal set of real-valued periodic orthogonal sequences from huffman sequences .  Proceedings of the 2011 Australian Communications Theory Workshop, AusCTW 2011   66 - 70   2011年1月査読

  • Tetsuya Kojima, Naoki Ohtani, Takahiro Matsumoto, Udaya Parampalli .  A blind digital watermarking scheme based on complete complementary codes .  Proceedings of the 2011 Australian Communications Theory Workshop, AusCTW 2011   1 - 6   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/AUSCTW.2011.5728728

    DOI: 10.1109/AUSCTW.2011.5728728

    Scopus

  • Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Compact Matched Filter Banks of Optical ZCZ Codes Using Fast Algorithm for M-sequence Type Hadamard Matrix .  Journal of Signal Processing14 ( 6 ) 427 - 432   2010年11月査読

  • Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Tomohiro Hayashida, Takafumi Hayashi, Noriyoshi Kuroyanagi, Pingzhi Fan .  On a ZCZ Code including a Sequence Used for a Synchronization Symbol .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE93A ( 11 ) 2286 - 2290   2010年11月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a ZCZ code which are combinedly used for spreading sequences and a synchronization symbol in quasi synchronous CDMA systems using PSK ASK or BFSK Furthermore a simple matched filter is presented which simultaneously calculates corre lawns with any sequences in the ZCZ code

    DOI: 10.1587/transfun.E93.A.2286

    Web of Science

  • Takahiro Matsumoto .  Compact Matched Filter for Integrand Code Using a Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequence .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE93A ( 11 ) 2328 - 2331   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E93.A.2328

    Web of Science

  • Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO .  Logic Functions of Complementary Arrays .  International Journal of Applied Mathematics and Informatics1 ( 4 ) 9 - 16   2010年9月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Optical ZCZ Code Generators Using Sylvester-type Hadamard Matrix .  International Journal of Communications1 ( 4 ) 22 - 29   2010年9月査読

  • Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto .  On Logic Functions of Complementary Arrays of Length 2^n .  Proc. of the 10th International Conference on Applied Informatics and Communications (AIC'10)   208 - +   2010年8月査読

     詳細を見る

  • Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Construction of Optical ZCZ Code Generators With the Smallest Zero Correlation Zone .  Proc. of the 10th International Conference on Applied Informatics and Communications (AIC'10)   216 - +   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  • Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Compact Bank of Matched Filters for Optical ZCZ Codes Using Fast Algorithm for M-sequence Type Hadamard Matrix .  Proc. of the 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'10)   628 - 631   2010年3月査読

  • Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  BER Performance of M-ary/ASK-SS System Using Compact Matched Filter Bank for Optical ZCZ Code .  Proc. of the 12th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2010)   617 - 622   2010年2月査読

     詳細を見る

  • Takahiro Matsumoto, Yu Suwaki, Shinya Matsufuji .  Indoor Experiment of BER Performance of Optical CDMA System Using Optical ZCZ Code .  Proc. of the 12th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2010)   890 - 893   2010年2月査読

     詳細を見る

  • Jincheng Huang, Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Noriyoshi Kuroyanagi .  A Study on ZCZ-CDMA Systems in Short-Range Wireless Communications .  Proc. of the Ninth IEEE Malaysia International Conference on Communications (MICC 2009)   565 - 569   2009年12月査読

  • Takayuki Hirano, Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Koichi Takimoto, Fusanori Miura .  On Lattice Wireless Network for Autonomous Distributed System .  Proc. of the Ninth IEEE Malaysia International Conference on Communications (MICC 2009)   725 - 729   2009年12月査読

  • Takahiro Matsumoto, Yu Suwaki, Shinya Matsufuji .  Experimental Evaluation of Parallel Transmission Using Optical ZCZ-CDMA System .  Proc. of the Fourth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications (IWSDA'09)   118 - 121   2009年10月査読

  • Takayuki Hirano, Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Koichi Takimoto, Fusanori Miura .  On Transmission Characteristics of Lattice Wireless Networks .  Proc. of the Fourth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications (IWSDA'09)   177 - 180   2009年10月査読

  • Jincheng Huang, Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Noriyoshi Kuroyanagi, Pingzhi Fan .  On BFSK-ZCZ-CDMA Systems .  Proc. of the Fourth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications (IWSDA'09)   32 - +   2009年10月査読

  • Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Tomohiro Hayashida, Takafumi Hayshi, Noriyoshi Kuroyanagi, Pingzhi Fan .  On a ZCZ Code Including a Sequence Useful for Synchronization .  Proc. of the Fourth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications(IWSDA'09)   28 - +   2009年10月査読

  • Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Matched Filter Implementation on FPGA for Integrand Code Using a Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequence .  Proc. of the 11th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2009)   179 - 183   2009年2月査読

     詳細を見る

  • Yu SUWAKI, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  Experimental Evaluation of Optical ZCZ-CDMA System .  Proc. of the 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)   1809 - 1812   2008年7月査読

  • Yukari TSUCHIYAMA, Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO .  Generalization of Even-Shift Orthogonal Sequences to Multi-Dimension .  Proc. of the 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)   1425 - 1428   2008年7月査読

  • Takahiro Matsumoto, Yoshihiro Tanada .  A Real-Valued Periodic Orthogonal Sequence Derived from A Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequence and Its Fast Periodic Correlation Algorithm .  Electronics and Communications in Japan,Part 390 ( 10 ) 18 - 28   2007年10月査読

  • Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji .  Code Generator Implementation on FPGA for an Optical ZCZ Code Using a Sylvester Type Hadamard Matrix .  Proc. of 2007 International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications (IWSDA'07)   228 - 232   2007年9月査読

  • Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Kouki Funakoshi .  Properties of Even-Shift Orthogonal Sequences .  Proc. of 2007 International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications (IWSDA'07)   181 - +   2007年9月査読

  • Yoshihiro Tanada, Takahiro Matsumoto .  Fast Aperiodic Correlation Algorithm for Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequence of Length 2^ν+1 .  Electronics and Communications in Japan90 ( 9 ) 18 - 30   2007年9月査読

  • Takahiro Matsumoto, Shigeo Tsukiashi, Shinya Matsufuji, Yoshihiro Tanada .  The bank of matched filters for an optical ZCZ code using a sylvester type hadamard matrix .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE89A ( 9 ) 2292 - 2298   2006年9月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The optical ZCZ code is a set of pairs of binary and biphase sequences with zero correlation zone. An optical M-ary direct sequence spread spectrum (M-ary/DS-SS) system using this code can detect a desired sequence without interference of undesired sequences. However, the bank of matched filters in a receiver circuit may fall into large scale. In this paper, we propose the compact construction of a bank of matched filters for an M-ary/DS-SS system using an optical ZCZ code. This filter bank can decrease the number of 2-input adders from O(N-2) to O(N) and delay circuits from O(N-2) to O(N log(2) N), respectively, and is implemented on a field programmable gate array (FPGA) corresponding to 400, 000 logic gates.

    DOI: 10.1093/ietfec/e89-a.9.2292

    Web of Science

  • Shinya Matsufuji, Takahiro Matsumoto, Yoshihiro Tanada, Noriyoshi Kuroyanagi .  ZCZ codes for ASK-CDMA system .  IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCESE89A ( 9 ) 2268 - 2274   2006年9月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents two kinds of new ZCZ codes consisting of trios of two binary sequences and a bi-phase sequence, which can reach the upper bound on the ZCZ codes. From the viewpoint of sequence design, it is shown that they can provide the most effective ASK-CDMA system, which can remove co-channel interference.

    DOI: 10.1093/ietfec/e89-a.9.2268

    Web of Science

  • 棚田嘉博, 松元隆博 .  長さ2^ν+1のシフト直交実数有限長系列に対する高速相関演算法 .  電子情報通信学会論文誌AVol.J89-A ( 6 ) 502 - 513   2006年6月査読

  • 松元隆博, 棚田嘉博 .  シフト直交実数有限長系列から導かれる実数直交周期系列とその高速相関アルゴリズム .  電子情報通信学会論文誌AJ89-A ( 5 ) 323 - 332   2006年5月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Shigeo TSUKIASHI, Shinya MATSUFUJI, Yoshihiro TANADA .  A Design of a Digital Matched Filter Bank for an Optical ZCZ Code Using a Sylvester Type Hadamard Matrix .  Proc. of the Second International Workshop on Sequence Design and Its Applications in Communications (IWSDA'05)   184 - 188   2005年10月査読

  • Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO, Yoshihiro TANADA, Noriyoshi KUROYANAGI .  Extended ZCZ Codes for ASK-CDMA system .  Proc. of the Second International Workshop on Sequence Design and Its Applications in Communications (IWSDA'05)   90 - 93   2005年10月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Yoshihiro TANADA .  Aperiodic autocorrelation functions of real-valued shift-orthogonal finite-length sequences with round-off errors .  Electronics and Communications in Japan,Part 387 ( 6 ) 1 - 12   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecjc.10152

    DOI: 10.1002/ecjc.10152

    Web of Science

  • 松元隆博, 棚田嘉博 .  丸め誤差のあるシフト直交実数有限長系列の非周期自己相関特性 .  電子情報通信学会論文誌AJ86-A ( 6 ) 674 - 683   2003年6月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Yoshihiro TANADA .  Implementation of Multiple Digital Matched Filter for Quasi-Synchronous CDMA without Cochannel Interference Using Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequences .  Proc. of the 5th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2003)   357 - 361   2003年1月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Yoshihiro TANADA .  Fast Correlation Algorithms for a Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequence .  Proc. of 1st International Workshop on Sequence Design and Applications for CDMA Systems (IWSDA2001)   74 - 81   2001年9月査読

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 佐藤公則, 長澤庸二 .  シフト直交実数有限長系列に対する高速ディジタルマッチトフィルタの試作 .  電子情報通信学会論文誌AJ84-A ( 3 ) 374 - 386   2001年3月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Yoshihiro TANADA, Takahiro WATANABE .  Digital Matched Filter of Reduced Operation Elements for M-ary/DS-SS System Using Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequences .  Proc. of Third IEEE Signal Processing Workshop on Signal Processing Advances in Wireless Communications (SPAWC2001)   46 - 49   2001年3月査読

  • Yoshihiro TANADA, Takahiro MATSUMOTO .  Real-Valued Convolutional PN Sequences and Their Application to Interference-Free Quasi-Synchronous CDMA .  Proc. of 4th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI2000)VII   129 - 134   2000年7月査読

  • Takahiro MATSUMOTO, Yoshihiro TANADA, Kiminori SATOH, Youji NAGASAWA .  Digital Matched Filter Implementation on FPGA for a Shift-Orthogonal Finite-Length Sequence .  Proc. of the 10th International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC'99)   721 - 725   1999年9月査読

▼全件表示

書籍等出版物

  • 情報工学実験及び演習IIテキスト

    田中稔, 松元隆博( 範囲: 2章)

    山口大学工学部知能情報工学科  2008年4月 

  • スペクトル拡散方式のためのシフト直交実数有限長系列の対する相関処理の高速化

    山口大学博士論文  2007年 

  • ものづくり創成実習I,IIテキスト

    松元隆博, 内村俊二, 瀧本浩一, 平林晃( 範囲: 29,90)

    山口大学工学部知能情報システム工学科  2006年  ( ISBN:9784902207026

  • 情報工学実験及び演習IIテキスト

    山口真悟, 松元隆博, 小林邦和, 佐伯徹郎, 内村俊二, 宮島啓一, 古賀和利, 伊藤暁( 範囲: 7,15)

    山口大学工学部知能情報システム工学科  2006年 

  • 「LSI設計講習会」~論理設計とHDL設計~

    株式会社トッパンテクニカルデザインセンタ, 松元隆博( 範囲: 80,135)

    財団法人福岡県産業・科学技術振興財団システムLSI推進室  2004年 

  • 情報工学実験および演習IIIテキスト

    松元隆博, 内村俊二, 瀧本浩一, 平林晃( 範囲: 36,82)

    山口大学工学部知能情報システム工学科  2002年 

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 吉良隆志, 柴田智彦, 松元隆博, 村永聡, 渡邊孝博 .  FPGAによる16ビットμプロセッサ学生実験のハードウェア開発 .  第4回IEEE広島学生シンポジウム論文集  2002年12月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉, 范平志 .  E系列より導かれるZCZ符号の性質について .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2010-68  2011年3月 

  • 舟越公毅, 松元隆博, 松藤信哉 .  E系列の性質について .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2007-29  2007年8月 

  • 西隈永一郎, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  DF協調通信におけるパケット分割と適応変調を用いた高速・高品質化の実現 .  2015年電子情報通信学会総合大会情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション予稿集  2015年3月 

  • 井田悠太, 西隈永一郎, 安昌俊, 松元隆博, 松藤信哉 .  DF-協調通信における同一フィードバック情報を用いたパケット分割と適応変調の実現 .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2014-108  2015年2月 

  • 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  CW妨害を受けるハフマン系列を用いたSS 方式のAWGN環境下でのBER特性の理論解析 .  平26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集  2014年9月 

  • Shinya MATSUFUJI, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO .  Construction of Bent ZCZ Codes .  第4回有限体理論とその擬似乱数生成への応用ワークショップ論文集  2018年8月 

  • 藤井宏之, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  CDMA用符号の構成と多重伝送実験 .  2000年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2000年1月 

  • 黄金城, 松藤信哉, 松元隆博 .  BFSK‐ZCZ‐CDMA 方式の性能評価 .  第11回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2009年11月 

  • 佐伯透真, 松藤信哉, 松元隆博, 井田悠太 .  Bent型ZCZ符号を適用したブロック符号化CDMAの性能評価 .  平27電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2015年10月 

  • 佐伯透真, 松藤信哉, 井田悠太, 松元隆博 .  Bent型ZCZ符号を適用したCDMAの性能評価 .  第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2016年11月 

  • 亀野晃弘, 松藤信哉, 林隆史, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博 .  Bent型ZCZ符号の構成について .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2015-18  2015年7月 

  • 亀野晃弘, 松藤信哉, 井田悠太, 松元隆博 .  Bent型ZCZ符号の性質について .  第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2016年11月 

  • 松藤信哉, 林隆史, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博 .  Bent型ZCZ符号とCDMAへの適用について .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2015-26  2015年7月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉 .  Bent 関数に関連したZCZ符号の相関特性について .  第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2011年11月 

  • 新明人, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博, 畔柳功芳 .  Barker系列対を用いたASK-SS方式の提案 .  平17電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2005年10月 

  • エニワンアブドケレム, 松元隆博, 松藤信哉 .  ASK変調を用いたスペクトル拡散通信に適した拡散系列について .  平成22年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集  2010年9月 

  • 新明人, 松元隆博, 松藤信哉 .  ASKを用いたSS方式に適した拡散系列の検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2007-52  2007年12月 

  • 久田竜也, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  ASK-ZCZ-CDMA方式の同期制御誤りに対する伝送効率の検討 .  第8回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2006年11月 

  • 本田彰平, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博, 畔柳功芳 .  ASK-SS方式に適した拡散符号の検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2005-13  2005年7月 

  • 中村亮太, 大平康旦, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  AF中継方式を用いた光ZCZ-CDMA 方式に関する検討 .  第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2017年12月 

  • 井田悠太, 安昌俊, 松元隆博, 松藤信哉 .  AFリレー伝送C-HTRCI-MIMO/OFDMにおける干渉分散値を用いたチャネル推定強化法 .  電子情報通信学会技術研究報告,SRW2014-27  2014年10月 

  • 井田悠太, 今福航太, 松元隆博, 松藤信哉 .  AFリレーTFI-OFDMシステムの性能評価 .  2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集(通信)  2015年9月 

  • 井田悠太, 安昌俊, 松元隆博, 松藤信哉 .  AF リレーMIMO/OFDMにおける複素HTRCI パイロット信号を用いた性能強化 .  2014年電子情報通信学会総合大会講演論文集  2014年3月 

  • Jincheng HUANG, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI, Noriyoshi KUROYANAGI .  A Study on Frequency Correlation Characteristics over Rayleigh Fading Channel .  平22電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2010年10月 

  • Zeming DONG, Sho KURODA, Shinya MATSUFUJI, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO .  A Study on Block Coding ZCZ-CDMA Using the Hadamard Transform .  第40回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2017年11月 

  • 松藤信哉, 松元隆博 .  2次元相補系列を用いた 画像の電子透かし .  科研費ワークショップ「相関特性の優れたスペクトル拡散系列に基づく安全性の高い情報ハイディングの開発」  2012年3月 

  • 石藤潤一, 棚田嘉博, 松元隆博 .  2次元シフト直交実数有限長系列を用いた画像の電子透かし .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 廣澤知明, 野村浩輝, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  2次元ZCZ系列を用いた光CDMA方式の検討 .  平30電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2018年10月 

  • 小山貴弘, 棚田嘉博, 松元隆博 .  2次元DCTを用いた音楽データへの電子透かし .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 大川和人, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  2値PPMを用いた光ZCZ-CDMA方式の伝送実験 .  平30電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2018年10月 

  • 貞末克也, 松元隆博, 鳥井秀幸, 小嶋徹也, 松藤信哉 .  2 次元相補系列を用いた電子透かしの回転攻撃耐性 .  電子情報通信学会技術研究報告,EMM2012-40  2012年8月 

  • 清水亮介, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  2 つの自己相関ピーク値を持つ2 次元光ZCZ 系列を用いたOCDMA方式に関する研究 .  第22回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2020年11月 

  • 柴田智彦, 吉良隆志, 松元隆博, 村永聡, 渡邊孝博 .  16ビットμプロセッサ学生実験のソフトウェア環境の開発 .  第4回IEEE広島学生シンポジウム論文集  2002年12月 

  • 菱岡大樹, 吉良隆志, 柴田智彦, 村永聡, 松元隆博, 渡邊孝博 .  16ビットμプロセッサによる学部情報工学実験 ~(その2)プロセッサの開発 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 村永聡, 石村勝成, 三嶋一馬, 松元隆博, 渡邊孝博 .  16ビットμプロセッサによる学部情報工学実験 ~(その1)実験企画の概要 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 杉本隆, 松元隆博, 鳥井秀幸, 松藤信哉 .  Huffman系列を用いたスペクトル拡散通信方式のBER特性の検討 .  第14回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2012年11月 

  • 塩崎圭亮, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  圧縮への高耐性を有する電子透かしの提案 .  第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2014年11月 

  • 塩崎圭亮, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  圧縮への高耐性を有する電子透かしの提案 .  第15回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2013年11月 

  • 冨士谷豪, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA方式のハードウェア実現について .  第15回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2013年11月 

  • 冨士谷豪, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA 方式のハードウェア実現について .  第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2014年11月 

  • Takahiro MATSUMOTO .  Digital Matched Filter of Reduced Operation Elements for M-ary/DS-SS System Using Real-Valued Shift-Orthogonal Finite-Length Sequences .  Invited Talk in National Chung Hsing University, Taiwan  2001年3月 

  • 菊田英夫, 前田桂子, 松元隆博, 棚田嘉博 .  高速相関可能な同期CDMA符号に対するマッチトフィルタの試作 .  第3回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年12月 

  • 菊田英夫, 松元隆博, 棚田嘉博 .  高速相関可能な同期CDMA符号に対するマッチトフィルタの演算素子数 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 岡野修身, 松元隆博, 棚田嘉博 .  高速相関可能なあるシフト直交実数有限長系列に関する検討 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博 .  高速相関アルゴリズムを有する偶数長のシフト直交実数有限長系列の乗算器数 .  平13年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 中村良生, 棚田嘉博, 松元隆博 .  高速相関に適した実数有限長系列の相互相関 .  第3回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年12月 

  • 渡邉肇, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  高速伝送可能な2つのマルチキャリアZCZーCDMA方式の検討 .  第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2004年12月 

  • 黒田翔, 小林一宏, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  高速伝送のためのブロック拡散ZCZ-CDMAについて .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2014-81  2015年3月 

  • エニワン アブドケレム, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  高速伝送において干渉の無いマルチキャリア符号分割多元接続方式について .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2014-160  2014年10月 

  • 川崎裕志, 棚田嘉博, 松元隆博 .  音楽データの切断に耐える電子透かし .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 室川直哉, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  非対称SM-MIMOにおける推定分散値と閾値に基づく逐次等化の評価 .  電子情報通信学会技術研究報告,第4回コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎講座ワークショップ  2017年10月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉 .  非周期自己相関特性の鋭い系列を含むZCZ符号の設計 .  第32回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2009年12月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉, 范平志 .  非周期自己相関特性が良好なZCZ符号について .  第33回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2010年11月 

  • 本田彰平, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  非同期ASK-CDMA方式に適した拡散符号の検討 .  第8回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2006年11月 

  • 大平康旦, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  零相関区間2zを有する光ZCZ系列の符号発生器の構成の検討 .  第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2016年11月 

  • 松藤信哉, 高興, 松元隆博, 末広直樹, 棚田嘉博 .  雑音への耐性を考慮したアナログ暗号化方式の提案 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2005-22  2005年7月 

  • 貞末克也, 松元隆博, 松藤信哉 .  鋭い非周期自己相関特性を持つ光ZCZ 符号の発生器の試作 .  第12回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2010年11月 

  • 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  鋭い相関ピークを有する2次元光ZCZ系列セットの構成法の検討 .  第42回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2019年11月 

  • 小山貴弘, 棚田嘉博, 松元隆博 .  量子化処理を利用した音楽への電子透かし .  第5回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2003年12月 

  • 松尾昴英, 松元隆博, 松藤信哉 .  通信路推定を適用したZCZ-CDMA符号化方式の検討 .  第12回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2010年11月 

  • 相本貴史, 棚田嘉博, 松元隆博 .  透かし画像の重ね合わせを用いた検出方法 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 西岡賢幸, 松元隆博, 松藤信哉 .  透かし入り音楽参照型電子透かしの検討 .  第14回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2012年11月 

  • 高橋拓生, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  近似同期CDMA方式を用いた光無線通信 .  第5回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2003年12月 

  • 久田竜也, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博, 畔柳功芳, 末広直樹 .  近似同期CDMA方式の誤り特性の検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2006-83  2007年3月 

  • 西村祐二, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  複素アダマール行列を用いたOFDMのPAPR低減について .  第20回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2018年11月 

  • 大石周平, 瀧本浩一, 松元隆博, 三浦房紀, 関原弦 .  自律分散協調型避難誘導システムの開発 ~避難誘導ユニットへのアルゴリズムの実装~ .  第11回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2009年11月 

  • 淵野智博, 松尾昴英, 松元隆博, 松藤信哉, 瀧本浩一, 三浦房紀 .  自律分散システムにおける格子型無線ネットワークの検討 .  2009年電子情報通信学会総合大会通信講演論文集  2009年3月 

  • 青木博資, 松元隆博, 小嶋徹也, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  背景差分法を用いた2 次元ZCZ系列による情報ハイディング手法の検討 .  平30電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2018年10月 

  • 國光良輔, 松元隆博, 松藤信哉, 畔柳功芳 .  経路分離機能をもつユーザMIMO多段中継伝送システムの提案 .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2011-243  2011年12月 

  • 岡野修身, 松元隆博, 棚田嘉博 .  系列値の絶対値を抑えた実数有限長系列の検討 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 大平康旦, 村永聡, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  等利得合成を用いた光ZCZ-CDMA方式の伝送実験 .  平25電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2013年10月 

  • 室川直哉, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  空間変調を用いたMassive MIMOにおける推定分散値と閾値に基づく逐次等化 .  2017年電子情報通信学会総合大会講演論文集  2017年3月 

  • 野村浩輝, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  移動時における光ZCZ-CDMA方式の伝送実験とその性能評価 .  第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2016年11月 

  • 野村浩輝, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  移動時における光ZCZ-CDMA方式のBER特性の検討 .  平27電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2015年10月 

  • 亀山博紀, 平野貴之, 松尾昴英, 松元隆博, 松藤信哉 .  短距離無線通信における性能評価 .  第11回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2009年11月 

  • 田中敏輝, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  相関処理を利用した高信頼OFDMの検討 .  平30電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2018年10月 

  • 網永博之, 棚田嘉博, 松元隆博, 松藤信哉 .  相補系列を用いた原画像非参照型電子透かし .  平15電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2003年10月 

  • 久田竜也, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博, 畔柳功芳 .  直交系列対の一構成法 .  平17電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2005年10月 

  • 松藤信哉, 井田悠太, 松元隆博 .  直交性を活用した符号分割多元接続方式について .  電子情報通信学会技術研究報告, 2016年度アシュアランスシステム研究会, AS2016  2017年3月 

  • 藤井宏之, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  直交する実数有限長系列の組の数値的検討 .  平11電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  1999年10月 

  • 松元隆博, 前田桂子, 菊田英夫, 棚田嘉博 .  畳込み合成による実数有限長系列に対するマッチトフィルタの係数誤差 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 菊田英夫, 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  畳み込み法による合成系列のMFの構成 .  平12電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2000年10月 

  • 菊田英夫, 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  畳み込み法による合成系列に対するM-ary/DS-SS方式用マッチトフィルタの演算素子数の検討 .  2001年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年1月 

  • 犬飼悠, 棚田嘉博, 松元隆博 .  画像への符号分割による多重型電子透かし .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 犬飼悠, 松元隆博, 棚田嘉博 .  画像への実数値無相関系列を用いた多重型電子透かし .  第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2004年12月 

  • 相本貴史, 棚田嘉博, 松元隆博, 松藤信哉 .  画像の電子透かしにおける埋め込み画像の画質の向上 .  第5回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2003年12月 

  • 石藤潤一, 棚田嘉博, 松元隆博 .  狭帯域化2次元シフト直交実数有限長系列を用いた画像の電子透かしの圧縮歪改善 .  平17電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2005年10月 

  • 三浦秀章, 松元隆博, 松藤信哉 .  狭帯域下での音声暗号化方式の検討 .  平19電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2007年10月 

  • 石村勝成, 渡邊孝博, 松元隆博, 棚田嘉博 .  状態遷移図入力による制御回路のCAD設計法 .  平12電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2000年10月 

  • 田邉政憲, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  準同期CDMA方式用Gold系列と複合実数系列の系列数 .  平12電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2000年10月 

  • 中芝諒, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  汎用的な部品を用いた光ZCZ-CDMA 方式の伝送実験 .  第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2017年12月 

  • 荒瀬尚史, 井上実香, 松元隆博, 松藤信哉, 楠田正博 .  機械学習による個人認証システムの検討 .  第12回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2010年11月 

  • 平野貴之, 松元隆博, 松藤信哉 .  格子型無線アドホックネットワークにおける高速な伝送アルゴリズムの検討 .  第33回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2010年11月 

  • 筒井崇朗, 棚田嘉博, 松元隆博, 松藤信哉 .  有限長PN系列を用いた多重ソナー .  第5回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2003年12月 

  • 廣澤章, 高橋徹, 棚田嘉博, 松元隆博 .  有限長系列を用いた準同期CDMA方式 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 酒井研道, 松元隆博, 棚田嘉博 .  有限長系列による可変拡散率伝送で用いる符号発生器の比較 .  第4回IEEE広島学生シンポジウム論文集  2002年10月 

  • 酒井研道, 林洋平, 松元隆博, 棚田嘉博 .  有限長系列による可変拡散率伝送で用いる符号発生器の検討 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 吉良隆志, 柴田智彦, 松元隆博, 村永聡, 渡邊孝博 .  教育用16ビットμプロセッサシステム~ハードウェア部の開発~ .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 柴田智彦, 吉良隆志, 松元隆博, 村永聡, 渡邊孝博 .  教育用16ビットμプロセッサシステム~ソフトウェア部の開発~ .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 國光良輔, 松元隆博, 松藤信哉, 畔柳功芳 .  擬似雑音系列を用いたMIMO多段伝送システムの誤り率特性に関する検討 .  第12回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2010年11月 

  • 山口秀雄, 棚田嘉博, 松元隆博 .  擬似雑音化した透かしデータへのJPEG圧縮の影響 .  第4回IEEE広島学生シンポジウム論文集  2002年12月 

  • 吉田純也, 松藤信哉, 松元隆博 .  搬送波周波数偏移下におけるZCZ-CDMA 方式の評価 .  第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2011年11月 

  • 吉田純也, 松元隆博, 松藤信哉, 畔柳功芳 .  搬送波周波数偏移におけるPSK-ZCZ-CDMAの検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2011-233  2011年12月 

  • 佐々木圭太, 江頭ちひろ, 松元隆博, 松藤信哉 .  搬送波周波数偏差下におけるASK-ZCZ-CDMA方式の誤り率特性の検討 .  第10回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2008年11月 

  • 小柏香穂理, 松元隆博, 王躍, 刈谷丈治, 内藤博夫 .  授業外学習時間とMoodleコース開設数の関係に関する一考察-大学評価とIRの視点から- .  Moodle Moot Japan 2016  2016年2月 

  • 蔵下征則, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  拡散反射通信路における光ZCZ系列セットを用いた同期光CDMA方式のBER特性の検討 .  2016年電子情報通信学会総合大会講演論文集  2016年3月 

  • 蔵下征則, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  拡散反射通信路における光ZCZ-CDMA方式のBER特性の検討 .  第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2014年11月 

  • 蔵下征則, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  拡散反射型同期光ZCZ-CDMA方式の誤り率特性の理論的検討 .  平27電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2015年10月 

  • 蔵下征則, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  拡散反射型の光ZCZ-CDMA方式における符号間干渉の影響 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2014-45  2014年12月 

  • 高橋拓生, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  拡張したZCZ符号を用いた光CDMA方式の提案 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2003-83  2003年12月 

  • 小柏香穂理, 松元隆博, 王躍, 刈谷丈治, 内藤博夫 .  山口大学自己点検評価システムの評価とその改善 .  平27電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2015年10月 

  • 平林晃, 松元隆博, 石川昌明, 大坂英雄 .  山口大学工学部におけるディジタル信号処理教育事例-工学教育の理想像の実現を目指して- .  平成15年度工学・工業教育研究講演会講演論文集  2003年9月 

  • 平林晃, 渡邊孝博, 松元隆博, 浜本義彦, 石川昌明 .  山口大学工学部におけるディジタル信号処理教育 -学部3年次後期における学生実験の構想- .  平成14年度工学・工業教育研究講演会講演論文集  2002年7月 

  • 松元隆博, 村永聡, 渡邊孝博, 平林晃, 棚田嘉博, 石川昌明 .  山口大学工学部におけるLSI設計教育 -学部3年次後期における学生実験の構想- .  平成14年度工学・工業教育研究講演会講演論文集  2002年7月 

  • 棚田嘉博, 松元隆博 .  局間干渉のない準同期光空間CDMA .  平11電子情報通信学会総合大会講演論文集  1999年3月 

  • 棚田嘉博, 松元隆博 .  局間干渉のない準同期CDMAに対する系列の構成法 .  平10電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  1998年10月 

  • 棚田嘉博, 松元隆博 .  局間干渉および符号間干渉を抑圧した準同期CDMA .  電子情報通信学会技術研究報告,SST98-81  1999年2月 

  • 楠康正, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  実数直交PN系列を用いた電子透かし .  2000年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2000年1月 

  • 川崎裕志, 佐田丈治, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  実数直交PN系列による音楽データへの電子透かし .  2001年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年1月 

  • 楠康正, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  実数直交PN系列による電子透かしの閾値判定 .  平12電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2000年10月 

  • 松尾忠宜, 楠康正, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  実数直交PN系列による電子透かしにおける埋め込み位置の決定法 .  2001年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年1月 

  • 楠康正, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  実数直交PN系列によるスクランブルを用いた電子透かし .  平11電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  1999年10月 

  • 山口秀雄, 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数直交PN系列を用いた電子透かしの画像圧縮処理への耐性 .  第3回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年12月 

  • 藤井宏之, 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数直交PN系列を用いた画像の多重スクランブル方式 .  平10電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  1998年10月 

  • 山口秀雄, 川崎裕志, 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数直交PN系列を用いた2値透かしデータの閾値判定 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 川崎裕志, 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数直交PN系列による音楽データの電子透かし .  電子情報通信学会技術研究報告,SST2001-55  2001年12月 

  • 山口秀雄, 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数直交PN系列による画像の電子透かし .  電子情報通信学会技術研究報告,SST2001-56  2001年12月 

  • 筒井崇朗, 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数有限長系列を用いたバースト符号化ソナーの実験 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 松元隆博 .  実数有限長系列と2値系列とのマッチトフィルタの回路規模の比較 .  ミレニアムプロジェクト ミニワークショップ  2002年12月 

  • 河村慎吾, 松元隆博, 棚田嘉博 .  実数値系列に対する被積分符号器の試作 .  第8回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2006年11月 

  • 廣澤章, 邵鵬, 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数値系列に基づくパルス幅変調2値化符号の検討 .  平15電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2003年10月 

  • 棚田嘉博, 松元隆博 .  実数値有限長系列を用いた局間干渉と速度低下のない準同期CDMA .  平12電子情報通信学会総合大会講演論文集  2000年3月 

  • 松元隆博, 植松良介, 棚田嘉博 .  実数ZCZ有限長系列を用いたM-ary/DS-SS通信モデムの試作 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2004-51  2004年12月 

  • 安達充, 松元隆博, 棚田嘉博 .  実数ZCZ有限長系列によるM-ary/DS-SSのための符号発生器の試作 .  第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2004年12月 

  • 安達充, 松元隆博, 棚田嘉博 .  実数ZCZ有限長系列によるM-ary/DS-SSのための符号発生器の構成 .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 竹原周太朗, 黒田翔, 松藤信哉, 松元隆博, 井田悠太 .  多相相補系列セットの論理関数の導出について .  第21回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2019年11月 

  • 竹原周太朗, 黒田翔, 松元隆博, 井田悠太, 松藤信哉 .  多相相補系列セットについて .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2019-2  2019年5月 

  • 黒田翔, 松元隆博, 井田悠太, 松藤信哉 .  多相ZCZ符号のマッチドフィルターバンクの設計について .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2018-254  2019年1月 

  • 平田智彦, 松元隆博, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  多次元直交変換器の構成 .  第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2005年11月 

  • 高興, 松藤信哉, 松元隆博, 末広直樹, 棚田嘉博 .  多次元直交変換を用いた高速アナログ暗号化方式の提案 .  第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2005年11月 

  • 東島大祐, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  多次元直交変換を用いた電子印鑑の検討 .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 東島大祐, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  多次元直交変換の電子印鑑への適用 .  第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2004年12月 

  • 三浦秀章, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博, 末広直樹 .  多次元直交変換における誤り補正について .  平17電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2005年10月 

  • 土山由嘉莉, 松元隆博, 松藤信哉 .  多次元偶差直交系列の性質 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2008-40  2008年10月 

  • 土山由嘉莉, 松元隆博, 松藤信哉 .  多次元E系列の構成法 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2007-38  2007年10月 

  • 酒井陽光, 大川和人, 松元隆博, 井田悠太, 松藤信哉, 鳥井秀幸 .  多値PPMを用いた光ZCZ-CDMA 方式の伝送実験 .  第22回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2020年11月 

  • 村上哉太, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  変形擬直交M系列対の符号発生器の試作 .  平30電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2018年10月 

  • 大平康旦, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  変形擬直交M系列対のためのマッチドフィルタバンクの構成の検討 .  第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2017年12月 

  • 坂口春香, 根賀大介, 松元隆博, 松藤信哉 .  埋め込み画像参照型電子透かしの検討 .  平成22年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集  2010年9月 

  • 平野貴之, 松藤信哉, 松元隆博 .  埋め込み画像参照型電子透かしについて .  電子情報通信学会技術研究報告,EMM2012-39  2012年8月 

  • 山口秀雄, 棚田嘉博, 松元隆博 .  埋め込み画像の透かしの荷重とPSNRとの関係に関する検討 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 星出哲郎, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  圧縮への高い耐性を有する音楽の電子透かしに関する研究 .  第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2014年11月 

  • 松元隆博, 松藤信哉 .  回転攻撃を考慮した電子透かし手法について .  科研費ワークショップ「相関特性の優れたスペクトル拡散系列に基づく安全性の高い情報ハイディングの開発」  2012年3月 

  • 貞末克也, 松元隆博, 鳥井秀幸, 小嶋徹也, 松藤信哉 .  回転攻撃を考慮した電子透かしの高速化手法 .  第14回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2012年11月 

  • 根賀大介, 坂口春香, 松元隆博, 松藤信哉 .  回転攻撃を考慮した2 次元相補系列を用いた電子透かしの検討 .  第12回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2010年11月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉 .  同期制御信号を兼用可能な光ZCZ符号の検討 .  2009年電子情報通信学会総合大会基礎・境界講演論文集  2009年3月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉 .  同期信号を兼用可能なZCZ符号とその相関器の設計 .  第11回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2009年11月 

  • 貞末克也, 松元隆博, 松藤信哉 .  同期信号に使用できる光ZCZ符号の符号発生器の小規模構成法 .  第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2011年11月 

  • 大平康旦, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  同期ずれを考慮した光ZCZ-CDMA方式のBER特性に関する検討 .  2018年電子情報通信学会総合大会講演論文集  2018年3月 

  • 高橋徹, 田邉政憲, 棚田嘉博, 松元隆博 .  合成直交実数有限長系列を用いたCDMAの基礎実験 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  分割FFT拡散MIMO-OFDMにおけるアンテナインターリーブ割当 .  2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2018年9月 

  • 松元隆博, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  光ZCZ系列に対するM-ary方式用マッチトフィルタの一構成法 .  平16電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  2004年9月 

  • 松元隆博, 月足繁夫, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  光ZCZ符号発生器の設計 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2005-41  2005年10月 

  • 松元隆博, 月足繁夫, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  光ZCZ符号を用いたM-ary/DS-SS方式のためのマッチトフィルタの試作 .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2004-309  2005年1月 

  • 松元隆博, 松藤信哉 .  光ZCZ符号を用いたM-ary/ASK-SS方式のBER特性の検討 .  第32回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2009年12月 

  • 高橋拓生, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  光ZCZ符号の相関特性 .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 形部智哉, 松元隆博, 井田悠太, 松藤信哉 .  光ZCZ符号の構成について .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2019-3  2019年5月 

  • 高橋拓生, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  光ZCZ符号の一構成法 .  2004電子情報通信学会ソサイエティ大会(基礎・境界)  2004年7月 

  • 高橋拓生, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  光ZCZ符号と光CDMAシステムへの適用に関する研究 .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2004-308  2005年1月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉 .  光ZCZ-SS/CDMA方式の符号設計について .  第10回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2008年11月 

  • 洲脇優, 松元隆博, 松藤信哉 .  光ZCZ-CDMA方式を用いた並列伝送の検討 .  第10回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2008年11月 

  • 洲脇優, 松元隆博, 松藤信哉 .  光ZCZ-CDMA方式の伝送実験 .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2007-73  2008年3月 

  • 中芝諒, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  光ZCZ-CDMA方式によるAF中継伝送実験 .  平30電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2018年10月 

  • 井上実香, 松元隆博, 松藤信哉 .  光ZCZ-CDMA方式とOOC-CDMA方式の性能比較 .  第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2011年11月 

  • 井上実香, 松元隆博, 松藤信哉 .  光ZCZ-CDMA 方式の誤り率特性に関する一検討 .  第12回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2010年11月 

  • 洲脇優, 松元隆博, 松藤信哉 .  光ZCZ-CDMA 方式の並列伝送実験 .  第11回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2009年11月 

  • 中村亮太, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  光ZCZ 系列セットを用いた光無線MIMO通信方式に関する検討 .  第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2016年11月 

  • 佐渡葵, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  光ZCZ 系列セットを用いた並列組合せSS 方式の伝送実験 .  第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2017年12月 

  • 舟越公毅, 松元隆博, 松藤信哉, 末広直樹 .  偶差直交系列の非周期相関特性 .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2007-90  2008年3月 

  • 形部智哉, 松元隆博, 井田悠太, 松藤信哉 .  低い相関特性を有す光ZCZ の構成について .  第21回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2019年11月 

  • 大橋祐平, 黒田翔, 松元隆博, 井田悠太, 松藤信哉 .  低い相関特性を有する多相系列について .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2018-118  2019年3月 

  • 形部智哉, 松藤信哉, 井田悠太, 松元隆博 .  位置情報に基づく省電力伝送方式の検討 .  第20回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2018年11月 

  • 井田悠太, 丸田一輝, 松元隆博, 松藤信哉 .  位相回転とASKを組み合わせたSD-SM-MIMOの検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2020-90  2021年3月 

  • 網永博之, 棚田嘉博, 松元隆博, 松藤信哉 .  二次元相補系列を用いた相関利用型電子透かし .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2003-79  2003年10月 

  • 竹原周太朗, 黒田翔, 松藤信哉, 松元隆博, 井田悠太 .  一般化された多相相補系列セットの論理関数について .  第5回有限体理論とその擬似乱数生成への応用ワークショップ論文集  2019年9月 

  • 田邉政憲, 棚田嘉博, 松元隆博 .  一定のシフト範囲で局間干渉のない準同期CDMA用符号の数値的検討 .  第3回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年12月 

  • 大田晃弘, 松元隆博, 松藤信哉 .  レイリーフェージング環境下におけるブロック符号化ZCZ-CDMA方式の性能評価 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2012-41  2012年11月 

  • 藤井優希, 棚田嘉博, 松元隆博 .  マルチパス対応準同期CDMA方式の基礎実験 .  平17電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2005年10月 

  • 渡邉肇, 松藤信哉, 松元隆博, 棚田嘉博 .  マルチキャリアZCZーCDMA方式の検討 .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 稲垣達也, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  マッチドフィルタバンクを用いたZCZ-CDMA 通信モジュールの試作 .  第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2017年12月 

  • 村永聡, 渡邊孝博, 守川和夫, 松元隆博, 棚田嘉博 .  マイクロプロセッサのFPGA実装に関する一検討 .  平11電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  1999年10月 

  • 柴田智彦, 吉良隆志, 渡邊孝博, 松元隆博, 棚田嘉博 .  プロセッサコアの再利用設計に関する研究-Rip-up IP方式の提案とその利用設計環境- .  第5回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2003年12月 

  • 田村昌弘, 松藤信哉, 松元隆博 .  ブロック符号化方式を用いたASK-ZCZ-SS方式の検討 .  第10回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2008年11月 

  • 大田晃弘, 松元隆博, 松藤信哉 .  ブロック符号化ZCZ-CDMAの検討 .  第14回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2012年11月 

  • 小林一宏, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ブロック拡散高速伝送方式の検討 .  第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2014年11月 

  • 大田晃弘, 松元隆博, 松藤信哉, 畔柳功芳 .  ブロック拡散ZCZ-CDMA方式の性能評価 .  第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2011年11月 

  • 林田知大, 松元隆博, 松藤信哉 .  パイロットシンボルに兼用できるZCZ符号の設計法について .  平22電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2010年10月 

  • 林憲秀, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ソフトウェア無線によるZCZ-CDMA方式の実現についての検討 .  第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2014年11月 

  • 犬飼悠, 棚田嘉博, 松元隆博 .  スクランブルを用いたビット情報の埋め込み電子透かし .  平15電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2003年10月 

  • 月足繁夫, 河村慎吾, 松元隆博, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  シルベスタ形アダマール行列による光ZCZ符号発生器の試作 .  平17電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2005年10月 

  • 月足繁夫, 松元隆博, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  シルベスタ型アダマール行列による光ZCZ系列に対するM-ary方式用マッチトフィルタの試作 .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 酒井研道, 松元隆博, 棚田嘉博 .  シフト直交実数有限長系列を用いたSS通信変復調回路の試作 .  第5回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2003年12月 

  • 酒井研道, 松元隆博, 棚田嘉博 .  シフト直交実数有限長系列を用いたSS通信変復調回路の検討 .  平15電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2003年10月 

  • 松尾仁史, 筒井崇朗, 棚田嘉博, 松元隆博 .  シフト直交実数有限長系列を用いた車車間通信測距統合システムの基礎実験 .  平13年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2001年10月 

  • 山形裕紀, 松元隆博, 松藤信哉 .  シフト直交実数有限長系列を用いた被積分符号のためのマッチトフィルタの構成 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2008-38  2008年10月 

  • 山形裕紀, 松元隆博, 松藤信哉 .  シフト直交実数有限長系列を用いた被積分符号のためのマッチトフィルタの検討 .  第10回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2008年11月 

  • 松尾仁史, 棚田嘉博, 松元隆博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列を用いたSS通信測距統合システム .  2001年IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年1月 

  • 松元隆博, 前田桂子, 棚田嘉博 .  シフト直交実数有限長系列の要素系列の誤差と相関特性 .  電子情報通信学会技術研究報告,SST2001-54  2001年12月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列に対するマッチトフィルタの演算誤差の検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,SST2000-63  2000年12月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列に対するマッチトフィルタの演算誤差 .  平11電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  1999年10月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列に対するマッチトフィルタの係数誤差の検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,SST98-136  1999年3月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列に対するマッチトフィルタの係数誤差 .  平11電子情報通信学会総合大会講演論文集  1999年3月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列に対するM-ary/DS-SS変調方式用MFの演算素子数の検討 .  第23回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2000年10月 

  • 松元隆博, 菊田英夫, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列に対するM-ary/DS-SS変調方式用MFの演算素子数 .  平12電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  2000年9月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列による合成周期系列とその信号処理デバイス .  平10電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  1998年10月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列による可変拡散率伝送とその符号発生器の構成 .  平10電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  1998年10月 

  • 松元隆博, 田邉政憲, 中村良生, 藤井宏之, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列による光空間多重伝送実験 .  平11電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  1999年10月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博 .  シフト直交実数有限長系列によるスクランブルの高速演算法 .  平15電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2003年10月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 渡邊孝博 .  シフト直交実数有限長系列から導いた合成周期系列の高速相関アルゴリズムの演算数 .  平12電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2000年10月 

  • 松尾忠宜, 棚田嘉博, 松元隆博 .  カラー画像の電子透かしに関する基礎的検討 .  第3回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2001年12月 

  • 網永博之, 棚田嘉博, 松元隆博 .  カラー画像の電子透かしにおける切り取り処理耐性 .  第4回IEEE広島学生シンポジウム論文集  2002年12月 

  • 網永博之, 棚田嘉博, 松元隆博 .  カラー画像の電子透かしにおけるJPEG圧縮耐性 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 安達奨, 大平康旦, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  インターリーブによる光ZCZ符号のためのマッチドフィルタバンクの構成の検討 .  平27電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2015年10月 

  • 西川隆洋, 松元隆博, 鳥井秀幸, 松藤信哉 .  アダマール符号とZCZ符号から得られる直交符号に対するマッチドフィルタバンクの小規模化の検討 .  第14回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2012年11月 

  • 松田悠希, 松藤信哉, 松元隆博, 井田悠太 .  アダマール変換を用いた伝送方式について .  平27電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2015年10月 

  • 井上実香, 吉田祐太郎, 松元隆博, 松藤信哉, 楠田正博 .  アクティブRFID とWeb カメラを用いた個人認証システムの検討 .  第11回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2009年11月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博 .  ある型のシフト直交実数有限長系列に関する高速信号処理 .  第24回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2001年12月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 松藤信哉 .  ZCZ系列に対するマッチトフィルタの構成法 .  平14電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2002年10月 

  • 大橋祐平, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ系列とZadoff-Chu系列の相関特性について .  第21回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2019年11月 

  • 亀野晃弘, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ符号間の相互相関特性について .  第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2017年12月 

  • 小林一宏, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ符号を用いた高速伝送方式の検討 .  第15回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2013年11月 

  • 佐々木勝士, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-SS/CDMA方式の誤り特性の検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2008-39  2008年10月 

  • 佐々木勝士, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-SS/CDMA方式の性能評価 .  第10回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2008年11月 

  • 上鉄穴明典, 黒田翔, 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA方式の高速同期捕捉の一検討 .  平25電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2013年10月 

  • 吉田純也, 黄金城, 松藤信哉, 松元隆博 .  ZCZ-CDMA方式の搬送周波数偏移に対する他局間干渉の検討 .  平22電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2010年10月 

  • 佐々木勝士, 松元隆博, 松藤信哉, 畔柳功芳 .  ZCZ-CDMA方式の性能評価 .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2007-74  2008年3月 

  • 上鉄穴明典, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA方式の同期確立について .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2012-269  2013年2月 

  • 松尾昂英, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA方式における高速伝送の検討 .  第32回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2009年12月 

  • 田中大輔, 松元隆博, 平野貴之, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA方式におけるRTS衝突発生時のバックオフ時間の検討 .  平22電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2010年10月 

  • 田中大輔, 平野貴之, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA方式におけるMACプロトコルの提案 .  電子情報通信学会技術研究報告,RRRC2011-12  2011年11月 

  • 大田晃弘, 黄金城, 松元隆博, 松藤信哉 .  ZCZ-CDMA差動符号化方式の検討 .  平22電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2010年10月 

  • Shinya MATSUFUJI, Takahide MATSUO, Takahiro MATSUMOTO, Noriyoshi KUROYANAGI .  Study on a Block Coding ZCZ-CDMA System for High-Speed Transmission .  電子情報通信学会技術研究報告,WBS2011-17  2011年7月 

  • 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉 .  SP-OFDMにおける複素TFIと線形補間を用いたチャネル推定の実現 .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2018-117  2019年3月 

  • 井田悠太, 松元隆博, 松藤信哉, 丸田一輝 .  SD-SM-MIMOにおけるヌル変調を適応したCR-QRM-MLDの検討 .  電子情報通信学会技術研究報告,CS2019-115  2020年2月 

  • 尾崎大, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  RAKE受信を用いた拡散反射型同期光ZCZ-CDMA 方式のBER特性評価 .  第22回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2020年11月 

  • 井田悠太, 夜船誠致, 安昌俊, 松元隆博, 松藤信哉 .  QRM-MLDとチャネルランキングを適用したHTRCI-MIMO/OFDMにおける非線形高速フェージング補償 .  電子情報通信学会技術研究報告,RCS2013-186  2013年11月 

  • Ainiwan ABUDOUKEREMU, Shinya MATSUFUJI, Takahiro MATSUMOTO .  On Optical ZCZ Codes and Their Aperiodic Autocorrelation Properties .  第14回IEEE広島支部学生シンポジウム予稿集  2012年11月 

  • Ainiwan ABUDOUKEREMU, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI .  On Block Coding MC-ZCZ-CDMA System .  第36回情報理論とその応用シンポジウム論文集  2013年11月 

  • Zeming DONG, Sho KURODA, Shinya MATSUFUJI, Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO .  On BC-ZCZ-CDMA Using an Hadamard Matrix .  第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2017年12月 

  • 月足繁夫, 松元隆博, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  M系列型アダマール行列による光ZCZ符号発生器のFPGAへの実装 .  第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2005年11月 

  • 月足繁夫, 松元隆博, 松藤信哉, 棚田嘉博 .  M系列型アダマール行列による光ZCZ符号に対するM-ary方式用MFの試作 .  第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2004年12月 

  • 松元隆博, 平田智彦, 松藤信哉, 棚田嘉博, 末広直樹 .  M系列型アダマール系列による光ZCZ系列に対するM-ary方式用MFの構成法 .  平16電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2004年10月 

  • 井田悠太, 植田真帆, 松元隆博, 松藤信哉 .  MUDiv/OFDMA における直接判定法とターボ等化を用いた劣化CSI 割当の補償 .  2017年電子情報通信学会総合大会講演論文集  2017年3月 

  • 西岡賢幸, 松元隆博, 松藤信哉 .  MP3圧縮に耐性を有する透かし入り音楽参照型電 子透かしの提案 .  第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2011年11月 

  • 河村慎吾, 松元隆博, 松藤信哉 .  M-ary/ASK-DS-SS方式の送受信機の試作 .  第9回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2007年11月 

  • 安達奨, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  LEDを用いた光無線通信の伝送特性の検証実験 .  第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2016年11月 

  • 佐渡葵, 安達奨, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太, 松藤信哉 .  LEDとAPDを用いた光無線通信方式モデルの提案 .  平30電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2018年10月 

  • 坂口春香, 松元隆博, 松藤信哉 .  JPEG圧縮への耐性を持つ埋め込み画像参照型電子透かしの検討 .  第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2011年11月 

  • 大平康旦, 村永聡, 小柏香穂理, 松元隆博, 内藤博夫 .  IRのためのアンケートシステムの構築 .  平27電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集  2015年10月 

  • 松元隆博, 棚田嘉博, 佐藤公則, 長澤庸二 .  シフト直交実数有限長系列に対する符号発生器の試作 .  平8電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  1996年10月 

  • 棚田嘉博, 松元隆博, 佐藤公則, 長澤庸二 .  シフト直交実数有限長系列に対するディジタル相関器の構成 .  電子情報通信学会技術研究報告,SST96-21  1996年7月 

  • 大平康旦, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太 .  PPM-OCDMA方式に適した光ZCZ系列セットの構成に関する検討 .  第7回有限体理論とその擬似乱数生成への応用ワークショップ論文集  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蝶勢広翔, 清水亮介, 大平康旦, 松元隆博, 鳥井秀幸, 井田悠太 .  EWOとPPMを用いた光ZCZ-CDMA 方式のBER特性の検討 .  第23回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 吉村龍, 井田悠太, 松元隆博 .  DFリレー伝送下におけるCR-QRM-MLDを用いたSD-SM-MIMO の検討 .  第23回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

知的財産権

  • 同期捕捉方法、同期捕捉回路及び無線通信システム

    松藤信哉, 松元隆博, 黒田翔

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学,エフエクスシステムズ株式会社

    出願番号:特願2014-558561  出願日:2014年1月

    公開番号:特開2014-115693  公開日:2014年7月

    特許番号/登録番号:特許6025157  登録日:2016年10月 

  • 分散ノード通信システム

    松藤信哉, 松元隆博, 畔柳功芳, 大竹孝平

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2010-039521  出願日:2010年2月

    公開番号:特開2011-176650  公開日:2011年9月

    特許番号/登録番号:特許5414055  登録日:2013年11月 

  • 近似同期CDMA通信方式

    松藤信哉, 松元隆博, 畔柳功芳

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2009-197665  出願日:2009年8月

    公開番号:特開2011-049922  公開日:2011年3月

    特許番号/登録番号:特許5300073  登録日:2013年6月 

  • アナログ符号化システム

    松藤信哉, 田中幹也, 棚田嘉博, 松元隆博

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2005-319320  出願日:2005年11月

    公開番号:特開2007-129409  公開日:2007年5月

    特許番号/登録番号:特許4719880  登録日:2011年4月 

  • 光近似同期CDMA方式とそれを用いた光無線システム

    松藤信哉, 棚田嘉博, 田中幹也, 松元隆博, 内堀晃彦

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2003-412590  出願日:2003年12月

    公開番号:特開2005-175849  公開日:2005年6月

    特許番号/登録番号:特許4304335  登録日:2009年5月 

  • 通信システム、通信局及び通信方法

    松藤信哉, 松元隆博, 井田悠太, 黒田翔

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学,エフエクスシステムズ株式会社

    出願番号:特願2015-080552  出願日:2015年4月

    公開番号:特開2016-201676  公開日:2016年12月

  • 近似同期CDMA通信方式

    松藤信哉, 松元隆博, 畔柳功芳

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2009-270034  出願日:2009年11月

    公開番号:特開2011-114657  公開日:2011年6月

  • 近似同期CDMA通信方式

    松藤信哉, 松元隆博, 畔柳功芳

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2009-269881  出願日:2009年11月

    公開番号:特開2011-114636  公開日:2011年6月

  • 近似同期CDMA送受信装置

    松藤信哉, 松元隆博, 畔柳功芳, 末広直樹

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2009-502558  出願日:2008年2月

    公開番号:特開2008-108294  公開日:2008年9月

  • 近似同期CDMA通信方式

    松藤信哉, 棚田嘉博, 田中幹也, 松元隆博, 若佐祐治

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2006-189632  出願日:2006年7月

    公開番号:特開2007-49688  公開日:2007年2月

  • 異常検知通報装置

    田中幹也, 若佐祐治, 棚田嘉博, 松藤信哉, 松元隆博

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人山口大学

    出願番号:特願2005-146228  出願日:2005年5月

    公開番号:特開2006-320517  公開日:2006年11月

▼全件表示

Works(作品等)

  • 実数ZCZ有限長系列セットを用いたM-ary/DS-SS 通信モデムのベースバンド処理部の試作

    松元隆博, 植松良介, 棚田嘉博

    2005年

  • 電灯線通信を用いた居住管理システムに関する研究

    2000年

受賞

  • 基礎・境界ソサイエティ編集活動感謝状

    2021年9月   電子情報通信学会  

    松元 隆博

  • 基礎・境界ソサイエティ貢献賞(編集)

    2019年9月   電子情報通信学会  

    松元 隆博

  • Outstanding Paper Award of the 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2013)

    2013年1月   ICACT2013  

    Takahiro MATSUMOTO

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:大韓民国

  • Best Paper for the 10th International Conference on Applied Informatics and Communications (AIC '10)

    2010年8月   AIC'10  

    松藤信哉, 松元隆博

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 電気学会優秀論文発表賞

    2002年4月   電気学会  

    松元 隆博

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 超柔軟性と最適性を付随させるCSIの推定と解析による資源割当の研究開発

    2022年4月 - 2023年3月

    総務省  戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)  電波有効利用促進型研究開発(先進的電波有効利用型)フェーズI

    井田悠太, 松元隆博, 福士将, 相田紗織, 黒川陽太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • ビーム広がりに強い並列光無線通信方式の評価とその実現

    研究課題/領域番号:21K04062  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松元 隆博 小嶋 徹也 井田 悠太

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  • 可視聴型情報ハイディングを応用したメディアアートに基づく新世代情報伝送技術の開発

    研究課題/領域番号:18K11609  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小嶋 徹也, 鵜木 祐史, 松元 隆博, 田中 晶, 姜 玄浩, 青木 直史, 松崎 頼人

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    前年度に引き続き,映像や音楽の一要素を秘密のメッセージで構成して情報伝送を実現するため,音楽や映像の構成要素となり得る情報の新しい埋め込み方式を検討した。令和元年度は,可視型の映像データハイディング技術を用いて情報伝送を行う方式について検討を行なった。一つは,映像の切り替わりでフェードイン・フェードアウト効果を用いてバーコードを用いて情報伝送する方式である。前年度は1次元バーコードのみを用いていたが,令和元年度はこれに加え,2次元バーコードであるQRコードを用いて同様の視覚効果を生成する方式について検討した。これに加え,動画データにおけるフレーム間の差分を利用してメッセージを埋めこむ方式についても検討した。これは,まったく同一のフレームが連続する場合を1,そうでない場合に0を表現するというもので,映像の変化によって2進に符号化されたメッセージを埋めこむものである。以上の方式については,メッセージが正しく伝送されるかを検証するのみならず,映像として自然に認識できるかどうかを主観評価を用いて検証した。また,メッセージの抽出精度に関しては,計算機上のシミュレーションだけではなく,ディスプレイにメッセージが埋め込まれた動画を表示し,これをカメラで撮影した映像からでも正しくメッセージの抽出が行なえることを確認した。 作成されたステゴ映像は学内でウェブ上で公開し,主観評価を行なったが,学外に公開して不特定多数を対象とした調査はできなかった。これについては次年度以降の課題とする。また,スマートフォンやタブレット用の受信アプリの開発も次年度の課題である。研究成果は学会等で発表を行なった。

  • 長距離伝送と多重通信が可能な海中光無線通信方式の実現

    研究課題/領域番号:18K04145  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松元 隆博, 松藤 信哉, 井田悠太

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本年度は,提案する光CDMA技術を適用した多段中継伝送方式を実現するために,それで用いられる送信機と受信機をFPGA(MMS・MU200-SXⅡ),AD変換器(MMS・MU200-XAD), DA変換器(MMS・MU200-XDA),LED,APD(浜松ホトニクス・C5331-03)を用いて試作した.LEDは,光の波長による性能の比較を行うために,赤色、青色、緑色、及び白色の4種類の色のLEDを用いた.ここでは特に系列に特化した符号発生器とマッチドフィルタの小規模な構成法の検討を行い,回路を省電力にする構成法を検討し,それぞれFPGA上に試作した.送信機と受信機のテストには既存の任意波形発生器(テクトロニクス・AFG3252)とスペクトルアナライザ(キーサイト・N1996A),光パワーメータ(ADC・8250A)に加え,新規に購入したデジタルオシロスコープ(テクトロニクス・MSOX3034T)を使用した.その結果,伝送実験を行うための送受信機の準備が整った.

  • The 8th International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications (IWSDA'17)

    2017年6月 - 2017年12月

    村田学術振興財団  研究会(学会)助成 

  • 水中光無線通信方式の多段中継による大容量化に関する研究

    2016年4月 - 2019年3月

    公益財団電気通信普及財団  電気通信普及財団研究調査助成 

    松元隆博

  • Bent型ZCZ符号を用いた高効率・高信頼CDMA方式に関する研究

    研究課題/領域番号:15K06068  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松藤 信哉, 松元 隆博, 井田 悠太

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    複数移動端末が動的に無線ネットワークを柔軟に構築可能な干渉の無い符号分割多元接続方式(ZCZ-CDMA)の高信頼,高効率化について探索した・これには,零相関領域以外の相関関数も全体的に低く抑えられる新しいBent型ZCZ符号の設計,受信信号とZCZ符号の全ての系列との相関を出力できるマッチドフィルターバンク(MFB)のコンパクトな設計,MFBを用いた高速同期捕捉回路の提案,そして,複素アダマール変換を適用した高速伝送のためのブロック符号化方式の構築などが含まれる.

  • 映像への情報ハイディング技術に基づく効果的なMOOCs利用能動学習システムの開発

    研究課題/領域番号:15K01109  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小嶋 徹也, 土居 信数, 田中 晶, 市川 裕子, 松元 隆博, 秋山 寛子, パラムパリ ウダヤ, 立川 徹, 市岡 由偉, 佐田 悠生, 鎌田 寛, 松永 悠斗

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では,授業の予習用に提供された動画データに電子透かしを埋め込み,学生の自学自習の状況を教員側で常にリアルタイムに把握できるオンライン自学自習システムを開発した。ウェブ形式の教材に学生がログインして動画を閲覧すると,動画像に埋め込まれたマーカが自動的に抽出され,ビデオ教材を閲覧したエビデンスとして教員側に送られる。埋め込まれたマーカは,動画を閲覧する際には人間の視聴覚ではほとんど認識できず,かつ,従来の動画電子透かし技術に比べて高速に抽出できるものとなった。電子透かしには画像特徴量を応用した方式を用い,高い抽出制度を保証することができた。

  • データに基づく教育活動の組織的評価・改善のための可視化ツールの開発とIRへの適用

    研究課題/領域番号:15K01071  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小柏 香穂理, 松元 隆博, 内藤 博夫, 王 躍, 刈谷 丈治, 廣川 佐千男, 森 雅生

      詳細を見る

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    本研究の目的は,大学組織としての教育活動の評価方法を提案することである.山口大学の自己点検評価システムを基に,大学内の教育活動データベースから必要なデータを集約し,その分析結果を可視化するツールの開発・改善を行った.また,大学の教育活動を表す文書を対象に,テキストマイニング技術を活用した可視化システムを提案した.これらの大学独自及び大学間比較の観点において事例分析を行った結果,大学の特性や類似大学を抽出することができ,これらの観点は組織としての教育活動の評価方法の一つとして期待できる可能性が示された.

  • 移動時を考慮した高速・高信頼性の光無線通信方式の実現

    研究課題/領域番号:24760301  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    松元 隆博

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では,移動しているときでも,高速かつ,信頼性のある通信ができる光無線方式を提案した.この方式では複数の発光素子(LED)と受光素子(APD)を備え,受信した信号の合成と使用する擬似雑音系列の直交性によって,ビット誤り率を低く抑える.このシステムをLED素子とAPD素子,FPGA素子からなる送受信機による光空間伝送実験と計算機シミュレーションによって評価した.その結果,移動速度の向上に伴ってビット誤り率特性が劣化するが,発光素子(LED)と受光素子(APD)の増加によって移動によるビット誤り率特性の劣化を抑えられることと,それぞれの間隔には最適な距離が存在することを明らかにした.

  • 高性能なスペクトル拡散型電子透かしを防災サイレンに応用した防災無線システムの開発

    研究課題/領域番号:24510240  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小嶋 徹也, 吉本 定伸, 松元 隆博, 田中 晶, 土居 信数

      詳細を見る

    配分額:5590000円 ( 直接経費:4300000円 、 間接経費:1290000円 )

    本研究では,完全相補系列系を用いた音声データハイディング方式を防災サイレンに応用した新しい防災無線システムを提案した。主な研究成果は,情報埋め込み方式の考案と実装,各種パラメータの設定方式の検討,誤り訂正方式の検討および受信アプリケーションの開発である。提案方式の特性評価として,計算機シミュレーションに加え,災害情報を埋め込んだサイレン音を実際にスピーカから鳴動させ,屋内における情報通信実験を行なった。その結果,スピーカから受信機までの距離が離れるほど,受信ビット誤り率は低下するものの,適切なパラメータ設定のもとでは誤り率を低く抑えた情報通信を実現できることが判明した。

  • 都市の広告用大型ディスプレイ群により引き起こされる有害な光刺激 抑制の基礎検討

    研究課題/領域番号:23651167  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    多田村 克己, 松元 隆博

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では,大型高出力デジタルサイネージ群により引き起こされる可能性のある,有害な光刺激の発生を未然に防止する手法の基礎検討を行った.まず,ディスプレイ間の情報のやりとりを効率的に行う光無線通信システムを試作し,伝送実験によってその性能を評価した.伝送実験の結果,従来の方式に比べてビット誤り率特性を改善できることを明らかにした.そして,現在の情報通信環境に適した装置構成を含めた管理手法,および有害光刺激に起因する健康被害発生を回避するために必要な情報やそれを利用した危険性の評価方法を考案した.

  • オーストラリアメルボルン大学での在外研究

    2010年9月 - 2011年3月

    山口大学工学部  プロジェクト等経費(新長州五傑) 

    松元隆博

  • 光軸ずれに強い並列光無線通信方式の評価とその実現

    研究課題/領域番号:21760294  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    松元 隆博

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では, LED素子とアバランシェフォトダイオード(APD)素子、FPGA搭載ボードからなる光無線通信システムによる多重伝送実験によって、光ZCZ-CDMAシステムが他局からの干渉と光軸ずれによる干渉を抑圧できることを確かめた。伝送実験の結果、他局からの干渉は抑圧できるが、理論通り完全には除去することは出来ないことがわかった。また、光軸ずれによる干渉は約±30度の範囲でその干渉を抑圧できることが明らかになった。なお、この30度は使用したLEDの指向角半値幅であった。

  • 相関特性の優れたスペクトル拡散系列に基づく安全性の高い情報ハイディング技術の開発

    研究課題/領域番号:21560423  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    吉本 定伸, 小嶋 徹也, 小嶋 徹也, 松藤 信哉, 河村 豊, 飯作 俊一, 土居 信数, 田中 晶, 松元 隆博, 吉本 定伸

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    理想的な相関特性をもつ完全相補系列を用いた情報ハイディング方式,具体的には,画像データを用いた電子透かし,電子指紋,ステガノグラフィ方式を考案し,その特性について計算機実験をもとに検証した。その結果,他のスペクトル拡散系列を用いた場合よりも,埋め込んだ秘密情報が画像に与える影響,秘密情報の抽出精度,攻撃への耐性などの面で優れていることが実証された。

  • 被写体情報編集システムの開発に関する研究

    2008年4月 - 2011年3月

    共同研究 

    松元隆博

  • 高効率・低価格を実現するCDMA方式

    研究課題/領域番号:20560358  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松藤 信哉, 松元 隆博, 畔柳 功芳, 内藤 敏勝

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    複数移動ロボットや車々間を瞬時に結ぶ高度移動体無線ネットワークシステムは、今後、大きな市場を生み出すものと考えられる。これらへの適用には、瞬時接続可能、リアルタイム伝送可能、複数同時多元接続可能といった性質を持つ通信方式が要求されるが、そのような方式は存在しない。本研究では、それらの性質を有す符号分割多元接続方式(ZCZ-CDMA方式)について検討し、システム性能を明らかにした。さらに、通信プロトコルと実用化のための低価格化を考慮して、送受信回路の基本設計を与えた。

  • 自律分散協調型避難誘導システムの開発

    2007年4月 - 2010年3月

    総務省消防庁  消防防災科学技術研究推進制度 

    三浦房紀, 瀧本浩一, 松藤信哉, 松元隆博, 藤本充, 榎原秀樹, 松野太, 須加昌昭, 岸下崇裕, 門田俊一, 山田茂, 城尾好文 鈴木修 組田良則 小幡克実

  • スペクトル拡散信号処理システムのFPGAによる試作に関する研究

    2007年4月 - 2009年3月

    共同研究 

    松元隆博

  • 他局による干渉を抑制する光CDMA方式の性能評価

    2007年4月 - 2008年3月

    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)  シーズ発掘試験 

    松元隆博

  • 有限長PN系列を用いたユーザ識別位置センシング非同期CDMA通信方式

    研究課題/領域番号:18560378  2006年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    棚田 嘉博, 松藤 信哉, 松元 隆博

      詳細を見る

    配分額:3690000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:390000円 )

    本研究は、センサネットワーク、アドホックネットワークの要素技術として、自己相関関数が両端の微小値を除いてインパルスとなる有限長系列を用いてユーザ識別と位置センシングが同時にできる非同期スペクトル拡散多重伝送方式の開発を目的としたものである。本研究における主要な研究実績は以下の通りである。
    (1)実数有限長系列の研究
    本方式のために送受信の効率が高い系列を開発した。そのほか、今後、送受信者が選択的に無線ネットワークを形成できるように、送受信の効率はやや低いが相関出力がインパルスになる実数有限長系列対を研究した。
    (2)多重通信方式の開発
    4ユーザに長さ65の実数有限長系列を割り当て、可変速度のデータ入力に対して変調出力を2値符号として送信し、受信信号を相関処理することによって、振幅歪み、雑音、相互干渉を低く抑える方式を開発した。この方式は周波数効率が高く、OFDM方式(地上波デジタルTVの方式)よりも振幅歪みに強い。
    (3)位置検出方式の開発
    3角形の頂点に受信アンテナを配置して送信アンテナからの距離差を求め、距離差から双曲線上の位置を検出する方式を開発した。検出位置の精度はアンテナの相互の距離とシステムクロックの時間間隔に依存する。
    本研究によって、符号を割り当てられた人や物の位置を特定し通信するために、一つの方式が提案された。今後は実用化のための改善研究が期待される。

  • 医療福祉用通信システムの研究

    2004年4月 - 2005年3月

    受託研究 

    棚田嘉博 松元隆博

  • 無線LAN国際標準IEEE802.11bおよび11gに準拠した高性能受信チップの研究開発

    2003年4月 - 2006年3月

    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)  大学発ベンチャー創出事業 

    末広直樹, 棚田嘉博, 松藤信哉, 伊本俊明, 内藤敏勝 松元隆博

  • 局間干渉、符号間干渉を抑圧するCDMA符号による並列高速伝送システムの小規模化

    研究課題/領域番号:15760266  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    松元 隆博

      詳細を見る

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    本研究では,実数ZCZ有限長系列を用いたM-ary/DS-SS通信モデムのベースバンド処理部の小規模な構成法を提案し、実際にそれをLSIで試作を行った。
    実数ZCZ有限長系列セットは,その非周期自己相関関数が端点を除き直交し,相互相関関数がある区間において0となる系列セットである。そのため,この系列を用いたM-ary/DS-SS通信では,系列同士を干渉なく識別することが出来る。しかしながら、実数値をとる系列であるために回路規模が大規模になることが問題となっていた。
    受信側で用いるマッチフィルタについては,系列を隼成するときに用いた実数直交有限長系列に対するマッチトフィルタを縦続接続させて構成し,さらに共通部分を共有化することによって回路規模を減少させる構成法を提案した。また、送信側で用いる符号発生器については,上記構成のマッチトフィルタを用いることによって小規模な回路で実現できるツリー型符号発生器を提案した。これは、マッチトフィルタのインパルス応答が系列の時間反転波形になることを利用している。これによると,系列セット内の各系列に対する複数のマッチトフィルタに入力するインパルス信号の入力端子と入力タイミングを制御するだけで簡単に,所望の系列を発生させることができる。
    これらの構成法を適用した、系列長129,系列数8,無相関区間3の実数ZCZ有限長系列を用いたM-ary/DS-SS通信モデムのベースバンド処理部を,東京大学大規模集積システム設計教育研究センタ(VDEC)を介して,実際にLSIの試作を行った。設計は,ハードウェア記述言語の一つであるverilog HDLを用い,シミュレーションはメンターグラフィックス社のmodel sim,またはケーデンス社のverilogXLを,論理合成は,シノプシス社のDesign Compilerを,配置配線には,シノプシス社のApolloを,デザインルールチェック(DRC)とレイアウト対スケマティック(LVS)には,メンターグラフィックス社のCalibreをそれぞれ用いた。試作したLSIは、電源電圧が3.3V、チップ寸法が4.9mm角のCMOS 0.35μmプロセスのLSI(ローム社)である。その結果、送信側、受信側合わせて、系列長129のマッチトフィルタを16個含んでいるのにもかかわらず、2入力のNANDゲート換算で約7.7万ゲートの規模で実装できた。また、80MHzのクロックで動作することが確認できた。これはチップレートが80Mcpsであることを意味する。動作確認の結果、理論通り、同期点の前後1チップの区間において、他の系列による干渉を抑圧出来ていることが確認できた。

  • 局間干渉,符号間干渉を抑圧するCDMA符号による並列伝送システムの小規模化

    2002年10月 - 2003年3月

    山口大学工学部  プロジェクト21M-A 

    松元隆博

  • 実数値系列を用いたスペクトル拡散通信方式のディジタル化に関する研究

    研究課題/領域番号:10650365  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    棚田 嘉博, 松元 隆博, 渡邊 孝博

      詳細を見る

    配分額:2500000円 ( 直接経費:2500000円 )

    本研究では、一定のシフト範囲で不要信号の局間干渉がなく、必要信号の符号間干渉も殆どなく、かつディジタル信号処理が高速に実行できるような準同期CDMA方式のための符号の系列を開発し、実際にディジタル信号処理を主体としたスペクトル拡散モデムを試作することによってCDMA方式への新しい技術の導入の可能性を与えることを目的として、平成10年度から平成11年度まで行われた。所期の目的は概ね達成された。実数値の系列であっても高速演算アルゴリズムが適用できるように系列を構成したので、符号発生および相関処理をディジタル的に高速に実行する回路がFPGAを用いて実現され、多元接続実験でも相関処理の性能はほぼ設計通りであった。本研究で開発された有限長の系列は符号設計において干渉回避のためのガード区間を設ける必要もなく、情報伝送効率が高いので、今後の具体的応用への発展が期待される。以下に研究成果を要約する。
    (1)CDMA用の系列と高速相関アルゴリズムの開発
    自己相関が鋭く、異なる系列が直交し、各々高速相関アルゴリズムが適用できる有限長系列の組を要素系列のたたみ込みによって導いた。
    (2)符号発生器、相関器の試作
    長さ33のシフト直交実数有限長系列を整数近似し、ROMを用いた符号発生器、および1万ゲート相当のFPGAを用いた高速相関器を試作した。8ビットの分解能の符号発生器出力と相関器入力に対し16Mchip/sの動作速度、誤差1%の相関パルスを得た。
    (3)CDMA伝送実験
    2つの実数有限長系列に基づく信号の光空間多重伝送実験により、相関器の入力で0dBのDU比が出力で40dBに抑圧され、直交性は誤差の範囲で満たされた。

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 通信信号処理特論

    2022年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 情報理論

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 離散数学と論理回路

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 信号処理

    2017年4月
    -
    2021年3月
    機関名:山口大学

  • 信号処理特論

    2016年4月
    -
    現在
    機関名:山口大学

  • 情報通信工学

    2016年4月
    -
    2021年3月
    機関名:山口大学

  • 情報ネットワーク特論

    2012年4月
    -
    2016年3月
    機関名:山口大学

  • 情報通信符号論

    2010年4月
    -
    2021年3月
    機関名:山口大学

  • デジタル回路

    2010年4月
    -
    2012年3月
    機関名:福岡工業大学

  • 論理設計

    2009年4月
    -
    2021年3月
    機関名:山口大学

  • 信頼性システム工学

    2022年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 科学技術と生産

    2022年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 環境生体センシング技術

    2022年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 情報・生体工学実験Ⅰ

    2022年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 情報システム

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • インターンシップ

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 情報生体工学特論

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 情報生体システム工学実験IV

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 情報生体システム工学実験II

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 工学概論

    2020年4月
    -
    2021年3月
    機関名:山口大学

  • 先端情報システム工学特論Ⅱ

    2016年4月
    -
    2021年3月
    機関名:山口大学

  • 情報技術概論

    2016年4月
    -
    2017年3月
    機関名:山口大学

  • デジタル回路

    2012年4月
    -
    2013年3月
    機関名:山口大学

  • 先端情報工学演習Ⅱ

    2009年4月
    -
    2012年3月
    機関名:山口大学

  • ITプロジェクト開発I

    2008年4月
    -
    2014年3月
    機関名:山口大学

  • ITプロジェクト開発II

    2008年4月
    -
    2014年3月
    機関名:山口大学

  • 先端情報工学演習Ⅰ

    2008年4月
    -
    2012年3月
    機関名:山口大学

  • 特別講義(創成)

    2008年4月
    -
    2009年3月
    機関名:山口大学

  • ものづくり創成実習I

    2005年4月
    -
    2009年3月
    機関名:山口大学

  • 情報工学実験及び演習III

    2002年4月
    -
    2005年3月
    機関名:山口大学

  • 情報工学実験及び演習II

    1998年4月
    -
    2020年3月
    機関名:山口大学

  • 情報工学実験及び演習I

    1998年4月
    -
    2010年3月
    機関名:山口大学

▼全件表示