2022/10/15 更新

写真a

コダマ マサフミ
小玉 将史
KODAMA Masafumi
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科 助教
職名
助教

学位

  • 博士(農学) ( 2020年3月   東京大学 )

  • 修士(農学) ( 2017年3月   東京大学 )

  • 学士(理学) ( 2015年3月   筑波大学 )

研究キーワード

  • 藻場

  • 分類学

  • 生態学

  • 葉上動物

  • 藻場生態系

  • 端脚類

  • 甲殻類

  • 無脊椎動物

  • ヨコエビ

  • 生態学的機能

  • 端脚目

  • 群集動態

研究分野

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学  / 海洋生態学

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学  / 生態学

学歴

  • 東京大学   農学生命科学研究科   水圏生物科学専攻

    2017年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東京大学   農学生命科学研究科   水圏生物科学専攻

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 筑波大学   生命環境学群   生物学類

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科   助教

    2020年12月 - 現在

  • 東京大学   大気海洋研究所   特任研究員

    2020年4月 - 2020年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学   大気海洋研究所   日本学術振興会特別研究員

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本ベントス学会

    2021年4月 - 現在

  • The Crustacean Society

    2018年1月 - 現在

  • 日本甲殻類学会

    2015年8月 - 現在

  • 日本動物分類学会

    2015年5月 - 現在

委員歴

  • 日本ベントス学会   日本ベントス学会誌 編集委員  

    2022年4月 - 現在   

  • 日本動物分類学会   日本動物分類学会誌タクサ編集委員  

    2022年1月 - 現在   

  • 2021年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会 実行委員  

    2021年9月   

  • 2021年度日本ベントス学会若手の会 世話人  

    2021年9月   

取得資格

  • PADI マスター・スクーバ・ダイバー

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)

  • 中学校教諭一種免許状(理科)

  • PADI レスキュー・ダイバー

  • 潜水士

  • PADI アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

  • PADI オープン・ウォーター・ダイバー

▼全件表示

 

論文

  • Masafumi Kodama, Kristine N. White, Takuya K. Hosoki, Ryuta Yoshida .  Leucothoid amphipod and terebellid polychaete symbiosis with description of a new species of the genus <i>Leucothoe</i> Leach, 1814 (Crustacea: Amphipoda: Leucothoidae) .  Systematics and Biodiversity20 ( 1 )   2022年10月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/14772000.2022.2118389

    その他リンク: https://www.tandfonline.com/eprint/M7MV99WCNNQDCKUE4XJW/full?target=10.1080/14772000.2022.2118389

  • Masafumi Kodama, Jun Hayakawa, Satoki Oba, Tomohiko Kawamura .  Seasonal dispersal of gammaridean amphipods away from Sargassum beds in relation to macroalgal host defoliation. .  Marine Ecology Progress Series681   117 - 128   2022年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Marine Ecology Progress Series  

    Epibenthic invertebrate assemblages in macroalgal beds generally show remarkable seasonal fluctuations in abundance and species composition, reflecting macroalgal host growth and defoliation. Notably, they often drastically decrease during macroalgal host defoliation. Though this reduction has been explained in terms of dispersal away from the macroalgal bed in relation to macroalgal host defoliation, this hypothesis has not previously been experimentally detailed. We conducted a field experiment using an imitation of Sargassum that was set 1 m away from a Sargassum yezoense bed to examine whether the epibenthic gammarids disperse away from the Sargassum bed as a result of Sargassum defoliation. The imitations were replaced monthly throughout the Sargassum defoliation season; subsequently, gammarids associated with the imitation (assumed as migrants from the Sargassum beds) as well as the gammarids that occurred in the Sargassum bed were investigated. Seasonal patterns of gammarid abundance in the Sargassum bed and their dispersal to the imitations were found to be quite different among gammarid species. In particular, 2 dominant gammarids, the suspension-feeding Jassa morinoi and Podocerus sp., drastically decreased in the Sargassum bed and coincidently increased in the imitations during the Sargassum defoliation season, indicating their defoliation-associated dis - persal from the Sargassum bed. This is the first field experimental study demonstrating the defoliation-associated dispersal of epibenthic invertebrates in macroalgal beds. The dispersal is likely caused by a reduction of habitat space and quality due to thalli defoliation. Since many macroalgae show seasonal growth and defoliation, the concept of defoliation-associated dispersal is potentially applicable to various macroalgal species.

    DOI: 10.3354/meps13903

    Web of Science

    Scopus

  • Jun Hayakawa, Kenta Nakamoto, Masafumi Kodama, Tomohiko Kawamura .  Aggregation of the abalone Haliotis discus hannai during spawning season and its associations with seasonal and interannual changes in macroalgal community .  Marine Ecology Progress Series670   105 - 120   2021年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inter-Research Science Center  

    Clarification of the biological and/or physical factors determining the location requirements for spawning aggregations is necessary for understanding the population dynamics of freespawning marine animals. We monitored the density of adult abalone Haliotis discus hannai on 2 types of artificial reefs with different heights (tall and short blocks) and the surrounding seabed area in Otsuchi Bay, northeast Japan, from February 2016 to December 2019. In addition, the number of neighboring adults located within a 50 cm radius from each individual was counted from March 2017 to December 2019. Algal succession in the 3 types of location (tall and small blocks, seabed) was monitored and compared with temporal fluctuations in adult abalone density. Our results show that the fluctuations in density were different among the 3 locations, especially during the spawning season (August-October). Ontall blocks, clear increases in adult abalone density and number of neighboring adults were confirmed during the spawning seasons in 2016 and 2019. In contrast, there was no clear increase in the adult density on small blocks and surrounding bottom areas. Aggregations on the tall blocks clearly differed among the 4 years, and the difference was considered to be influenced by differences in the macroalgal species and coverage during the spawning season. This is the first study to report that a difference in phenology among algal species is a key factor in the formation of spawning aggregations of a free-spawning marine animal.

    DOI: 10.3354/meps13753

    Web of Science

  • Masafumi Kodama, Tomohiko Kawamura .  Review of the subfamily Cleonardopsinae Lowry, 2006 (Crustacea: Amphipoda: Amathillopsidae) with description of a new genus and species from Japan .  Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom101 ( 2 ) 359 - 369   2021年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom  

    The amathillopsid subfamily Cleonardopsinae Lowry, 2006 is reviewed. The only species of the subfamily, Cleonardopsis carinata K.H. Barnard, 1916, should be regarded as a species-complex. A new genus and species of the subfamily, Carinocleonardopsis seisuiae gen. et sp. nov., is described from the Sea of Kumano, Japan as the second species of the subfamily Cleonardopsinae as well as the first record of the subfamily from the North Pacific. This new genus can be easily distinguished from Cleonardopsis by the presence of distinct large eyes and the dorsal carination on head, pereonites and pleonites.

    DOI: 10.1017/S0025315421000357

    Scopus

  • 神吉隆行, 小玉将史 .  岩手県内での記録が少ない蛾類の撮影・採集記録 .  岩手蟲乃會會報48   9 - 15   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  • 山川宇宙, 内田大貴, 小玉将史 .  青森県十三湖に流入する今泉川から得られた北限記録となるヒヌマヨコエビJesogammarus (Jesogammarus) hinumaensis(軟甲綱:端脚目:キタヨコエビ科) .  日本ベントス学会誌in press   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山川 宇宙, 内田 大貴, 小玉 将史 .  青森県十三湖に流入する今泉川から得られた北限記録となるヒヌマヨコエビ<i>Jesogammarus </i>(<i>Jesogammarus</i>) <i>hinumensis</i>(軟甲綱:端脚目:キタヨコエビ科) .  日本ベントス学会誌76 ( 0 ) 13 - 16   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ベントス学会  

    <p>The anisogammarid amphipod <i>Jesogammarus</i>(<i>Jesogammarus</i>)<i>hinumensis</i> Morino, 1993 has been reported from south of Iwate Prefecture in Japan and Jeju Island in Korea. In this study, one male and one female of <i>J.</i>(<i>J.</i>)<i>hinumensis</i> were collected from the Imaizumi River flowing into the Lake Jusan, in the Tsugaru Peninsula of Aomori Prefecture in northern Honshu, Japan. This is the first record of <i>J.</i>(<i>J.</i>)<i>hinumensis</i> from the prefecture, representing the northernmost record. At the site, <i>J.</i>(<i>J.</i>)<i>hinumensis</i> was found under fallen leaves deposited at the roots of <i>Phragmites australis</i></p>

    DOI: 10.5179/benthos.76.13

  • HIROYUKI ARIYAMA, MASAFUMI KODAMA, KO TOMIKAWA .  Species of the Maera-clade collected from Japan. Part 4: addenda to genera Maera Leach, 1814 and Quadrimaera Krapp-Schickel &amp; Ruffo, 2000, with revised keys to Japanese species of the clade (Crustacea: Amphipoda: Maeridae) .  Zootaxa4885 ( 3 ) 336 - 352   2020年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11646/zootaxa.4885.3.2

    PubMed

    その他リンク: https://www.biotaxa.org/Zootaxa/article/viewFile/65760/64202

  • Masafumi Kodama, Jun Hayakawa, Tomohiko Kawamura .  Aggregations of Dactylopleustes (Amphipoda: Pleustidae) on diseased areas of the host sea-urchin, Strongylocentrotus intermedius .  Marine Biodiversity50 ( 4 ) Article number 62   2020年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Marine Biodiversity  

    DOI: 10.1007/s12526-020-01100-9

    Scopus

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s12526-020-01100-9.pdf

  • 小玉 将史 .  鈴木博若手育成国際交流基金による援助を受けて参加したThe Crustacean Society Mid-Year Meeting 2019香港大会の報告 .  CANCER29 ( 0 ) e136 - e141   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本甲殻類学会  

    DOI: 10.18988/cancer.29.0_e136

  • Kazuya Nagasawa, Masafumi Kodama .  Northword range extension of the cymothoid isopod Ceratothoa oxyrrhynchaena, a buccal cavity parasite of marine demersal fish, in Japan. .  Nature of Kagoshima47   21 - 25   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A pair of a gravid female and a male of Ceratothoa oxyrrhynchaena Koelbel, 1878 (Isopoda: Cymothoidae) were collected from the buccal cavity of a blackthroat seaperch, Doederleinia berycoides (Hilgendorf, 1879) (Perciformes: Acropomatidae), in the western North Pacific Ocean off Kinkasan Island, Miyagi Prefecture, northeastern Japan. This expands the geographical distribution range of C. oxyrrhynchaena from off Onahama (ca. 37°N), Fukushima Prefecture, northward to off Kinkasan Island (38°17′N) and represents the first record of the species from the southern subarctic waters. Based on the previous and present records of C. oxyrrhynchaena from Japan, the species is suggested to occur in a wide area ranging from the subtropical through temperate to southern subarctic waters.

  • Masafumi Kodama, Toshihiro Onitsuka, Tomohiko Kawamura .  A new species of Sunamphitoe Bate, 1857 (Crustacea: Amphipoda: Ampithoidae) from Hokkaido, Japan .  Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom100 ( 1 ) 63 - 72   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S002531541900105X

    その他リンク: https://doi.org/10.1017/S002531541900105X

  • Masafumi Kodama, Tomohiko Kawamura, Kenta Nakamoto, Naoya Ohtsuchi, Jun Hayakawa, Takayuki Kanki, Takashi Kitagawa, Yoshiro Watanabe .  Effect of algal phenology on seasonal dynamics of gammarid assemblages: differences between canopy and understory strata in a Sargassum yezoense bed .  Marine Ecology Progress Series643   63 - 76   2020年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3354/meps13194

    Web of Science

    その他リンク: https://doi.org/10.3354/meps13194

  • Masafumi Kodama, Tomohiko Kawamura .  First record of the genus Ventojassa Barnard, 1970 (Amphipoda, Ischyroceridae) from Japan .  Crustaceana92 ( 8 ) 1007 - 1013   2019年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Brill  

    <jats:title>Abstract</jats:title>
    <jats:p>The ischyrocerid amphipod <jats:italic>Ventojassa dentipalma</jats:italic> Kim & Kim, 1991 was recently collected from Otsuchi Bay, northeast Japan. The present specimens represent the second record of the species as well as the first Japanese record of the genus. Brief morphological descriptions and line drawings of diagnostic characters are provided. Details of the characters distinguishing the species from <jats:italic>V. ventosa</jats:italic> (Barnard, 1962) are discussed.</jats:p>

    DOI: 10.1163/15685403-00003923

    その他リンク: https://brill.com/view/journals/cr/92/8/article-p1007_8.xml

  • Masafumi Kodama, Tomohiko Kawamura .  A new species of Bemlos Shoemaker, 1925 (Amphipoda: Aoridae) from deep water off Tanabe Bay, Japan, with a review of the deep-sea aorids and their adaptations to the deep sea. .  Journal of Crustacean Biology39 ( 1 ) 54 - 61   2019年1月査読

     詳細を見る

  • Masafumi Kodama, Tomohiko Kawamura .  First Japanese record of the genus Paragrubia Chevreux,1901 (Crustacea: Amphipoda: Amphithoidae) from Kumejima Island, Japan. .  Fauna Ryukyuana45   9 - 14   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://w3.u-ryukyu.ac.jp/naruse/lab/Contents_J_files/45-3_Kodama_Kawamura.pdf

  • Kenta Nakamoto, Jun Hayakawa, Tomohiko Kawamura, Masafumi Kodama, Hideaki Yamada, Takashi Kitagawa, Yoshiro Watanabe .  Species list and the amount of macrophytes and mobile epi-benthic invertebrates in a subtropical seagrass-seaweed mixed bed in Ishigaki Island, Japan. .  Data in Brief19   2442 - 2444   2018年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dib.2018.07.031

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352340918308047

  • Kenta Nakamoto, Jun Hayakawa, Tomohiko Kawamura, Masafumi Kodama, Hideaki Yamada, Takashi Kitagawa, Yoshiro Watanabe .  Phylogenetically diverse macrophyte community promotes species diversity of mobile epi-benthic invertebrates. .  Estuarine, Coastal and Shelf Science207   56 - 62   2018年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Estuarine, Coastal and Shelf Science  

    Various aspects of plant diversity such as species diversity and phylogenetic diversity enhance the species diversity of associated animals in terrestrial systems. In marine systems, however, the effects of macrophyte diversity on the species diversity of associated animals have received little attention. Here, we sampled in a subtropical seagrass-seaweed mixed bed to elucidate the effect of the macrophyte phylogenetic diversity based on the taxonomic relatedness as well as the macrophyte species diversity on species diversity of mobile epi-benthic invertebrates. Using regression analyses for each macrophyte parameter as well as multiple regression analyses, we found that the macrophyte phylogenetic diversity (taxonomic diversity index: Delta) positively influenced the invertebrate species richness and diversity index (H′). Although the macrophyte species richness and H′ also positively influenced the invertebrate species richness, the best fit model for invertebrate species richness did not include them, suggesting that the macrophyte species diversity indirectly influenced invertebrate species diversity. Possible explanations of the effects of macrophyte Delta on the invertebrate species diversity were the niche complementarity effect and the selection effect. This is the first study which demonstrates that macrophyte phylogenetic diversity has a strong effect on the species diversity of mobile epi-benthic invertebrates.

    DOI: 10.1016/j.ecss.2018.03.020

    Scopus

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0272771417308946

  • Masafumi Kodama, Tomohiko Kawamura, Kenta Nakamoto, Naoya Ohtsuchi, Jun Hayakawa, Takashi Kitagawa, Yoshiro Watanabe .  A comparison of amphipod assemblages between canopy and understory strata in seaweed and seagrass beds off the coast of Otsuchi Bay, Japan. .  Biodiversity Journal8 ( 2 ) 471 - 473   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他リンク: http://www.biodiversityjournal.com/pdf/8(2)_391-688.pdf#page=81

  • Masafumi Kodama, So Shimizu .  Collection of terrestrial amphipods using a yellow pan trap. .  Crustaceana90 ( 5 ) 639 - 642   2017年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1163/15685403-00003676

    その他リンク: https://brill.com/view/journals/cr/90/5/article-p639_10.xml

  • Masafumi Kodama, Koetsu Kon, Naoya Ohtsuchi .  A new species of the genus Rhinoecetes Just, 1983 (Crustacea: Amphipoda: Ischyroceridae) from Japan. .  Zootaxa4169 ( 1 ) 133 - 144   2016年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11646/zootaxa.4169.1.6

    PubMed

    その他リンク: https://www.mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4169.1.6

▼全件表示

MISC

  • 書評 ヨコエビガイドブック 有山啓之[著]海文堂出版

    小玉将史

    CANCER   31 ( 0 )   68 - 68   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:日本甲殻類学会  

    DOI: 10.18988/cancer.31.0_68

  • 藻場に生息するヨコエビ類の群集動態

    小玉将史

    うみうし通信   113   8 - 11   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  • 岩手県内での記録が少ない蛾類の撮影・採集記録

    神吉隆行, 小玉将史

    岩手蟲乃會會報   48   9 - 15   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  • 鈴木博若手育成国際交流基金による援助を受けて参加したThe Crustacean Society Mid-Year Meeting 2019香港大会の報告

    小玉将史

    CANCER   29 ( 0 )   e136 - e141   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本甲殻類学会  

    DOI: 10.18988/cancer.29.0_e136

  • 紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相

    木村 妙子, 木村 昭一, 自見 直人, 倉持 利明, 藤田 敏彦, 駒井 智幸, 吉田 隆太, 田中 隼人, 岡西 政典, 小川 晟人, 小林 格, 小玉 将史, 齋藤 礼弥, 清野 裕暉, 片平 浩孝, 中野 裕昭, 吉川 晟弘, 上野 大輔, 田中 正敦, 大矢 佑基, 前川 陽一, 中村 亨, 奥村 順哉, 田中 香月, Kimura Taeko, Kimura Shoichi, Jimi Naoto, Kuramochi Toshiaki, Fujita Toshihiko, Komai Tomoyuki, Yoshida Ryuta, Tanaka Hayato, Okanishi Masanori, Ogawa Akito, Kobayashi Itaru, Kodama Masafumi, Saito Masaya, Kiyono Yuki, Katahira Hirotaka, Nakano Hiroaki, Yoshikawa Akihiro, Uyeno Daisuke, Tanaka Masaatsu, Oya Yuki, Maekawa Yoichi, Nakamura Toru, Okumura Junya, Tanaka Kazuki

    三重大学大学院生物資源学研究科紀要   ( 45 )   11 - 50   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:三重大学大学院生物資源学研究科  

    紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相を明らかにするために,2018年4月三重大学練習船勢水丸のNo.1803研究航海において,ドレッジ及びビームトロール調査を行った。この調査には幅広い動物門を対象とする,三重大学内外の系統分類学と生態学研究者18名が参加した。水深80m から821m の11か所で調査を行い,11の動物門が確認された。最も多様性が高い定点では1か所に100種以上の動物が確認された。節足動物,棘皮動物,環形動物,軟体動物のマクロベントスは大部分の調査定点から採集された。メイオベントスでは,節足動物の貝形虫類,タナイス類,等脚類,クーマ類,ダニ類,そして鰓曳動物が確認された。また自由生活性の生物の他に,甲殻類や多毛類,ナマコ類,ウニ類,ホヤ類,魚類に寄生する節足動物,扁形動物,鉤頭動物,環形動物,刺胞動物が認められた。甲殻類や多毛類,ユムシ類の未記載種や棘皮動物,珍渦虫類の日本初記録種及び海域初記録種が確認された。今後,試料を検討,種同定することにより,さらに確認種数は増加し,生物相が明らかにされるだろう。

    CiNii Books

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10076/00018847

受賞

  • 2021年度日本生態学会中部地区大会 研究発表賞

    2021年11月   日本生態学会中部地区会   2011年東北震災後に出現したトゲウオ雑種集団における再種分化

    細木拓也, 森誠一, 西田翔太郎, 久米学, 永野惇, 神部飛雄, 柿岡涼, 中本健太, 飯野佑樹, 小玉将史, 大場理幹, 山﨑曜, 北野潤

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 第37回井上研究奨励賞

    2021年2月   井上科学振興財団  

    小玉将史

  • 東京大学総長賞 候補

    2020年3月   東京大学  

    小玉将史

     詳細を見る

    研究科代表の東京大学総長賞の候補。全学生のうち候補29名、そのうち受賞8名。大学本部の最終選考にて落選。

  • 東京大学大学院農学生命科学研究科 研究科長賞

    2020年3月   東京大学大学院農学生命科学研究科  

    小玉将史

  • 東京大学大気海洋研究所 所長賞

    2020年3月   東京大学大気海洋研究所  

    小玉将史

  • 平成30年度 岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業 岩手県知事賞

    2018年11月   岩手県  

    小玉将史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 特に優れた業績い夜奨学金返還免除(半額免除:博士課程)

    2018年5月   日本学生支援機構  

    小玉将史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 特に優れた成績による奨学金返還免除(半額免除:修士課程)

    2017年5月   日本学生支援機構  

    小玉将史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻修士論文発表賞

    2017年3月   東京大学  

    小玉将史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 筑波大学生物学類長賞

    2015年3月   筑波大学  

    小玉将史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 分布南限北上に伴うアマモ場の生物生産構造の変化:多年生群落の一年生化に着目して

    研究課題/領域番号:22K14939  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    小玉 将史

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

  • 流れ藻生態系の形成過程とそのメカニズムの解明

    2022年4月 - 2024年3月

    公益財団法人稲盛財団  稲盛研究助成 

    小玉将史

  • 流れ藻生態系の形成過程とそのメカニズムの解明

    2022年4月 - 2024年3月

    公益財団法人稲盛財団  稲盛研究助成 

    小玉将史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ウニ類に寄生するヨコエビ類の生態とその宿主ウニへの影響解明

    2020年10月 - 2022年9月

    民間財団等  公益信託ミキモト海洋生態研究助成基金 

    小玉将史、早川淳

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ウニ類に寄生するヨコエビ類の生態とその宿主ウニへの影響の解明

    2020年10月 - 2022年9月

    公益信託ミキモト海洋生態研究助成基金 

    小玉将史, 早川淳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 魚類の索餌場としての夜間の藻場の機能

    2020年10月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

  • 魚類の索餌場としての夜間の藻場の機能

    2020年10月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金(研究活動スタート支援) 

    小玉将史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

  • アマモ場水域における食物網構造の昼夜変動の解明

    2020年10月 - 2021年9月

    民間財団等  公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団,国内研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • アマモ場水域における食物網構造の昼夜変動の解明

    2020年10月 - 2021年9月

    公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団  国内研究助成 

    小玉将史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • Amphipods as prey for fish inhabiting Sargassum beds on the coast of Otsuchi Bay, Japan.

    2018年10月

    日本甲殻類学会  日本甲殻類学会,鈴木博若手育成国際交流基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 鈴木博若手育成国際交流基金

    2018年10月

    日本甲殻類学会 

    小玉将史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 藻場生態系におけるヨコエビ類の役割の解明

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

  • 藻場生態系におけるヨコエビ類の役割の解明

    2018年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費(DC2) 

    小玉将史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2100000円

  • 藻場の食物網に果たすヨコエビ類の役割の解明

    2017年4月 - 2018年2月

    民間財団等  公益財団法人日本科学協会,平成29年度笹川科学研究助成 

    小玉将史、神吉隆行

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 平成29年度内田海洋学術基金

    2017年

    東京大学大気海洋研究所 

    小玉将史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 藻場生態系におけるヨコエビ類の動態と機能の解明

    2016年4月 - 2017年3月

    民間財団等  公益財団法人水産無脊椎動物研究所,個別研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示