2022/05/11 更新

写真a

オオイシ カズキ
大石 一樹
OISHI Kazuki
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 助教
職名
助教

学位

  • 博士 (水産) ( 2021年9月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • スフィンゴ糖脂質

  • 小型魚類

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座   助教

    2022年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 運動機能修復学講座   特任研究員

    2020年10月 - 2022年3月

所属学協会

  • 日本分子生物学会

    2016年8月 - 現在

 

論文

  • Oishi K., Morise M., Vo K.L., Tran T.N., Sahashi D., Ueda-Wakamatsu R., Nishimura W., Komatsu M., Shiozaki K .  Host lactosylceramide enhances Edwardsiella tarda infection .  Cellular Microbiology23 ( 9 ) e13365   2021年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cmi.13365

    Scopus

    PubMed

  • Jokoji G., Maeda S., Oishi K., Ijuin T., Nakajima M., Tawaratsumida H., Kawamura I., Tominaga H., Taketomi E., Ikegawa S., Taniguchi N. .  CDC5L promotes early chondrocyte differentiation and proliferation by modulating pre-mRNA splicing of SOX9, COL2A1, and WEE1 .  Journal of Biological Chemistory297   2021年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oishi K., Miyazaki M., Takase R., Chigwechokha K.P., Komatsu M., Shiozaki K. .  Regulation of triglyceride metabolism in medaka (Oryzias latipes) hepatocytes by Neu3a sialidase .  Fish Physiology and Biochemistry 46   563 - 574   2020年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10695-019-00730-6

  • Vo L.K., Tsuzuki T., Kamada-Futagami Y., Chigwechokha K.P., Honda A., Oishi K., Komatsu M., Shiozaki K. .  Desialylation by Edwardsiella tarda is the initial step in the regulation of its invasiveness .  Biochemical Journal476 ( 21 ) 3183 - 3196   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BCJ20190367

    Scopus

    PubMed

  • Yoshinaga A., Kajiya N., Oishi K., Kamada Y., Ikeda A., Chigwechokha K.P., Kibe T., Kishida M., Kishida S., Komatsu M., Shiozaki K. .  NEU3 inhibitory effect of naringin suppresses cancer cell growth by attenuation of EGFR signaling through GM3 ganglioside accumulation .  European Journal of Pharmacology782   21 - 29   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2016.04.035

    Scopus

  • Chigwechokha K.P., Tabata M., Shinyoshi S., Oishi K., Araki K., Komatsu M., Itakura T., Shiozaki K. .  Recombinant sialidase NanA (rNanA) cleave α2-3-linked sialic acid of host cell surface N-linked glycoprotein to promote Edwardsiella tarda infection .  Fish and Shellfish Immunology47   34 - 45   2015年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ryuzono S., Takase R., Oishi K., Ikeda A., Chigwechokha PK., Funahashi A., Komatsu M., Miyagi T., Shiozaki K. .  Lysosomal localization of Japanese medaka (Oryzias latipes) Neu1 sialidase and its highly conserved enzymatic profiles with human .  Gene575   513 - 523   2015年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

MISC

  • Functional characterization of fish sialidases and their diversity among different orders 査読

    Shiozaki K., Oishi K., Honda A.

    Trend. Glycosci. Glycotech.   31   E7 - E13   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 魚類シアリダーゼの生理機能とその魚種間における多様性 査読

    塩﨑一弘、大石一樹、本田晃伸

    31   J7 - J14   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • Oishi K., Miyazaki M., Nishimura W., Komatsu M., Shiozaki K. .  Desialylation of ganglioside regulates triglyceride accumulation in fish liver .  The JFSF 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations”  2017年  国際会議

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo  

  • 大石一樹、守瀬萌里、Vo Khanh Linh、佐橋大地、小松正治、塩﨑一弘 .  魚病細菌Edwardsiella tardaは宿主Neu3のガングリオシド分解を利用して感染する .  第92回日本生化学大会  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  • 大石一樹、小松正治、塩﨑一弘 .  メダカNeu3aによるガングリオシド組成の変化は魚類肝臓細胞のトリグリセリド蓄積量を減少させる .  第41回日本分子生物学会年会  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  • 大石一樹、宮崎未奈、高瀬諒、西村渉、小松正治、塩﨑一弘 .  魚類肝臓細胞におけるガングリオシド脱シアリル化を介した脂質蓄積制御機構の解明 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 大石一樹、宮崎未奈、小松正治、塩﨑一弘 .  肥満の発症におよぼすガングリオシド脱シアリル化の意義 .  第39回日本分子生物学会年会  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  • 大石一樹、小松正治、塩﨑一弘 .  魚類ガングリオシドシアリダーゼNeu3aの形質膜局在機構 .  平成27年度日本水産学会秋季大会  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • Yoshinaga A., Oishi K., Kamada Y., Komatsu M., Shiozaki K. .  Naringin suppresses cancer cell growth through the up-regulation of GM3 ganglioside .  Food for Health Interactional Conference  2016年  国際会議

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kagoshima  

▼全件表示

受賞

  • Food for Health International Conference 2016 Best Poster Presentation Award

    2016年  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞