2021/06/04 更新

写真a

タサキ タカシ
田崎 貴嗣
TASAKI Takashi
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2015年3月   産業医科大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座   助教

    2020年4月 - 現在

 

論文

  • Noguchi H. .  Rare histological subtype of invasive micropapillary carcinoma in the ampulla of Vater: A case report .  World Journal of Clinical Cases9 ( 11 ) 2671 - 2678   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:World Journal of Clinical Cases  

    DOI: 10.12998/wjcc.v9.i11.2671

    Scopus

    PubMed

  • Kumamoto K. .  CD169 Expression on Lymph Node Macrophages Predicts in Patients With Gastric Cancer .  Frontiers in Oncology11   636751   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Oncology  

    DOI: 10.3389/fonc.2021.636751

    Scopus

    PubMed

  • Tasaki T. .  Pulmonary infarction caused by sarcoidosis vascular involvement: A case report .  Pathology International   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pathology International  

    DOI: 10.1111/pin.13104

    Scopus

    PubMed

  • Yamaguchi T. .  Next-generation sequencing in residual liquid-based cytology specimens for cancer genome analysis .  Diagnostic Cytopathology48 ( 11 ) 965 - 971   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Diagnostic Cytopathology  

    DOI: 10.1002/dc.24511

    Scopus

    PubMed

  • Noguchi H. .  Case report of a lymphoepithelioma-like hepatocellular carcinoma with prominent lymphoplasmacytic infiltration .  Human Pathology: Case Reports21   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Human Pathology: Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.ehpc.2020.200402

    Scopus

  • Noguchi H. .  Verruciform Xanthoma of the Esophagus: Two Case Reports With Review of the Literature .  International Journal of Surgical Pathology28 ( 3 ) 302 - 305   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Surgical Pathology  

    DOI: 10.1177/1066896919879495

    Scopus

    PubMed

  • Koya Yudai, Watanabe Tatsuyuki, Kume Keiichiro, Kumei Shinsuke, Yoshikawa Ichiro, Tasaki Takashi, Harada Masaru .  濾胞性リンパ腫の胃浸潤に対する、拡大内視鏡と超音波内視鏡の有用性(Usefulness of magnifying endoscopy and endoscopic ultrasonography for the gastric involvement of follicular lymphoma) .  Clinical Journal of Gastroenterology13 ( 1 ) 55 - 59   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    症例は61歳男性で、腸間膜リンパ節腫脹精査目的で上部消化管内視鏡検査が施行された。胃体部に襞の肥厚と敷石状粘膜が認められた。狭帯域光を用いた拡大観察で、異常血管の分枝とgastric pitの消失および破壊が認められた。超音波内視鏡検査では、粘膜の変化が認められた部位に一致して、粘膜下層の均一な低エコー性肥厚が認められた。同部からの生検で濾胞性リンパ腫と診断された。ベンダムスチン塩酸塩とリツキシマブ投与を開始した。

  • Koya Y, Watanabe T, Kume K, Kumei S, Yoshikawa I, Tasaki T, Harada M .  Usefulness of magnifying endoscopy and endoscopic ultrasonography for the gastric involvement of follicular lymphoma. .  Clinical journal of gastroenterology13 ( 1 ) 55 - 59   2020年2月

     詳細を見る

  • Noguchi H. .  Prevalence of Helicobacter pylori infection rate in heterotopic gastric mucosa in histological analysis of duodenal specimens from patients with duodenal ulcer .  Histology and Histopathology35 ( 2 ) 169 - 176   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Histology and Histopathology  

    DOI: 10.14670/HH-18-142

    Scopus

    PubMed

  • Sato N, Tasaki T, Noguchi H, Irie K, Nakayama T .  The pathological challenge of establishing a precise diagnosis for pulmonary tumour thrombotic microangiopathy: identification of new diagnostic criteria. .  Histopathology74 ( 6 ) 892 - 901   2019年5月

     詳細を見る

  • Tsukamoto M, Wang KY, Tasaki T, Murata Y, Okada Y, Yamanaka Y, Nakamura E, Yamada S, Izumi H, Zhou Q, Azuma K, Sasaguri Y, Kohno K, Sakai A .  Findings as a starting point to unravel the underlying mechanisms of in vivo interactions involving Wnt10a in bone, fat and muscle. .  Bone120   75 - 84   2019年3月

     詳細を見る

  • 永田 祐貴, 門野 潤, 基 俊介, 田崎 貴嗣, 井本 浩 .  セプラフィルムが誘発したと考えられた癒着による腸管皮膚瘻の1例 .  日本腹部救急医学会雑誌39 ( 3 ) 519 - 523   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    癒着性腸閉塞の防止対策としてセプラフィルム(以下、SF)の有用性が認められている一方で、SFの有害事象の報告も散見される。SFが誘発した癒着が原因と考えられる腸管皮膚瘻の1例を経験したので報告する。症例は79歳の男性で、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術の際にSFを貼付した。術後12日目に癒着性腸閉塞を発症したが、保存的に改善した。術後42日目に手術創に腸管皮膚瘻を併発し、緊急手術を行った。一塊となった小腸がSFを貼付した範囲の腹壁に強固に癒着し、肥厚した腹膜とともに一塊に切除した。病理組織所見で小腸漿膜下層の広範囲な線維化と異物を貪食した多核巨細胞を認めた。SFに対する異物反応が強固な炎症性癒着を誘発し、亜腸閉塞を繰り返して腸管皮膚瘻を形成したと考えられた。SFに対する異物反応が癒着を誘発する可能性があることを念頭に置く必要がある。(著者抄録)

  • Kumagai M, Guo X, Wang KY, Izumi H, Tsukamoto M, Nakashima T, Tasaki T, Kurose N, Uramoto H, Sasaguri Y, Kohno K, Yamada S .  Depletion of WNT10A Prevents Tumor Growth by Suppressing Microvessels and Collagen Expression. .  International journal of medical sciences16 ( 3 ) 416 - 423   2019年

     詳細を見る

  • 永田 祐貴, 門野 潤, 基 俊介, 田崎 貴嗣, 井本 浩 .  セプラフィルム<sup>®</sup>が誘発したと考えられた癒着による腸管皮膚瘻の1例 .  日本腹部救急医学会雑誌39 ( 3 ) 519 - 523   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    <p>癒着性腸閉塞の防止対策としてセプラフィルム<sup>®</sup>(以下,SF)の有用性が認められている一方で,SFの有害事象の報告も散見される。SFが誘発した癒着が原因と考えられる腸管皮膚瘻の1例を経験したので報告する。症例は79歳の男性で,腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術の際にSFを貼付した。術後12日目に癒着性腸閉塞を発症したが,保存的に改善した。術後42日目に手術創に腸管皮膚瘻を併発し,緊急手術を行った。一塊となった小腸がSFを貼付した範囲の腹壁に強固に癒着し,肥厚した腹膜とともに一塊に切除した。病理組織所見で小腸漿膜下層の広範囲な線維化と異物を貪食した多核巨細胞を認めた。SFに対する異物反応が強固な炎症性癒着を誘発し,亜腸閉塞を繰り返して腸管皮膚瘻を形成したと考えられた。SFに対する異物反応が癒着を誘発する可能性があることを念頭に置く必要がある。</p>

    DOI: 10.11231/jaem.39.519

  • Wang KY, Yamada S, Izumi H, Tsukamoto M, Nakashima T, Tasaki T, Guo X, Uramoto H, Sasaguri Y, Kohno K .  Critical in vivo roles of WNT10A in wound healing by regulating collagen expression/synthesis in WNT10A-deficient mice. .  PloS one13 ( 3 ) e0195156   2018年

  • Yamada Sohsuke, Kawaguchi Hiroaki, Yamada Tomonobu, Guo Xin, Matsuo Kei, Hamada Taiji, Miura Naoki, Tasaki Takashi, Tanimoto Akihide .  コール酸はマイクロミニピッグにおける内臓脂肪症、アテローム性動脈硬化症、非アルコール性脂肪性肝疾患を悪化させる(Cholic Acid Enhances Visceral Adiposity, Atherosclerosis and Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Microminipigs) .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis24 ( 11 ) 1150 - 1166   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    マイクロミニピッグ(μMP)を用いて、肥満、血清脂質代謝、アテローム性動脈硬化、肝傷害、肝臓、全身マクロファージ活性化に対するコール酸(CA)の影響を評価した。μMPを高脂肪/高コレステロール食(HcD)群、HcDに0.7%CAを添加(HcD+CA)群に分け、8週間飼育した。飼育前後に腹部CTを行い、血糖値、血球数、血液化学、リポ蛋白質値、血圧を測定した。全器官を切除して組織学的および免疫組織化学検査を行った。mRNA発現をリアルタイムPCRで定量した。HcD+CA群はHcD群よりも内臓脂肪症、アテローム性動脈硬化の進行、高血清酸化ストレスマーカー値を示したが、血清脂質値は同じであった。肝臓では脂質蓄積が増加し、酸化ストレスマーカーの発現が高く、泡沫性クッパー細胞と星状細胞の活性化が促進し、肝細胞アポトーシスが増加し、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を示した。HcD+CA群では網内系、肺毛細血管、皮膚を含む種々の器官で泡沫性マクロファージの動員が観察された。CAは局所的および全身での酸化ストレスと炎症性サイトカインを発現亢進させ、種々の器官でのマクロファージを活性化させ、内臓型肥満、アテローム性動脈硬化、NAFLDを促進させた。

  • Tasaki T. .  Aortic fibromuscular dysplasia complicated by dissection: a case report and review of literature .  Cardiovascular Pathology31   41 - 46   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cardiovascular Pathology  

    DOI: 10.1016/j.carpath.2017.07.007

    Scopus

    PubMed

  • Yamada Sohsuke, Kawaguchi Hiroaki, Yamada Tomonobu, Guo Xin, Matsuo Kei, Hamada Taiji, Miura Naoki, Tasaki Takashi, Tanimoto Akihide .  Cholic Acid Enhances Visceral Adiposity, Atherosclerosis and Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Microminipigs .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis24 ( 11 ) 1150 - 1166   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    <p><b><i>Aim</i>:</b> We have recently established a novel swine model for studies of atherosclerosis using Microminipigs<sup>TM</sup> (µMPs) fed a high-fat/high-cholesterol diet (HcD). Using this swine model, we re-evaluated the effects of dietary cholic acid (CA) on serum lipid profile, atherosclerosis and hepatic injuries.</p><p><b><i>Methods</i>:</b> The µMPs were fed HcD supplemented with 0.7% CA (HcD+CA) for eight weeks, and the effect of CA on serum lipoprotein levels, expression of oxidative stress markers, adiposity and lesion formation in the aorta, liver, and other organs was investigated.</p><p><b><i>Results</i>:</b> The HcD+CA-fed group exhibited more visceral adiposity, progression of atherosclerosis and higher serum levels of oxidative stress markers than the HcD-fed group, even though they showed similar serum lipid levels. The liver demonstrated increased lipid accumulation, higher expression of oxidative stress markers, accelerated activation of foamy Kupffer cells and stellate cells, and increased hepatocyte apoptosis, indicating non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD). Intriguingly, foamy macrophage mobilization was observed in various organs, including the reticuloendothelial system, pulmonary capillary vessels and skin very often in HcD+CA-fed µMPs.</p><p><b><i>Conclusion</i>:</b> To our knowledge, this is the first large animal model, in which visceral obesity, NAFLD and atherosclerosis are concomitantly induced by dietary manipulation. These data suggest the detrimental effects of CA, potentially through local and systemic activation of oxidative stress-induced signaling to macrophage mobilization, on the acceleration of visceral adiposity, atherosclerosis and NAFLD.</p>

    DOI: 10.5551/jat.39909

    Scopus

    PubMed

  • Takashi Tasaki, Sohsuke Yamada, Xin Guo, Akihide Tanimoto, Ke-Yong Wang et al. .  Apoptosis signal-regulating kinase 1 deficiency attenuates vascular injury-induced neointimal hyperplasia by suppressing apoptosis in smooth muscle cells .      2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 田崎 貴嗣, 王 克ヨン, 野口 紘嗣, 佐藤 奈帆子, 名和田 彩, 熊元 啓一郎, 片渕 瑛介, 島尻 正平, 中山 敏幸 .  WNT10A-Knockoutマウスを用いたWNT10A/β-catenin経路による性ホルモン産生への関与の検討 .  日本病理学会会誌  2019年4月  (一社)日本病理学会

  • 塚本 純, 林田 佳子, 大成 宣弘, 掛田 伸吾, 青木 隆敏, 興梠 征典, 西村 和郎, 柴田 英治, 田崎 貴嗣, 松山 篤二 .  Breus' moleの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 田崎 貴嗣, 王 克よう, 周 倩, 張 家赫, 片渕 瑛介, 島尻 正平, 谷本 昭英, 東 華岳, 中山 敏幸 .  Wnt10aの欠損はCYP19A1発現量とエストロゲン値の低下により不妊を引き起こしうる(Wnt10a deficiency can cause infertility by reduced expression of CYP19A1 and estrogen levels) .  日本病理学会会誌  2020年3月  (一社)日本病理学会

  • 王 克ヨン, 塚本 学, 田崎 貴嗣 .  骨・脂肪および筋組織発生におけるWnt10Aの役割の初期研究(Initial study of the role of Wnt10A in bone, fat and muscle tissue development) .  日本病理学会会誌  2019年4月  (一社)日本病理学会

  • 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 大吉 達樹, 有田 和徳, 西川 拓朗, 河野 嘉文, 田崎 貴嗣, 崎元 芳大 .  鞍上部発生の播種を伴ったDesmoplastic infantile astrocytomaの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 西田 ゆかり, 平木 翼, 宿里 亜李沙, 窪田 恵美, 竹下 かおり, 赤羽 俊章, 霧島 茉莉, 田崎 貴嗣, 北薗 育美, 東 美智代, 谷本 昭英 .  腫瘍穿刺細胞診にて癌の転移との鑑別に苦慮した血管肉腫の一例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2020年11月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 植村 瑞紀, 谷垣 直子, 高原 浩, 田崎 貴嗣, 入江 康司 .  耳下腺原発扁平上皮癌の2例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2019年5月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 野口 紘嗣, 名和田 彩, 佐藤 奈帆子, 田崎 貴嗣, 熊元 啓一郎, 木村 聡, 島尻 正平, 中山 敏幸 .  異所性胃粘膜と十二指腸潰瘍の形成機序について .  日本消化管学会雑誌  2018年2月  (一社)日本消化管学会

  • 平木 翼, 田崎 貴嗣, 霧島 茉莉, 後藤 優子, 北薗 育美, 山田 壮亮, 東 美智代, 畑中 一仁, 谷本 昭英 .  生下時より存在する前胸部隆起性病変の1例 .  日本皮膚病理組織学会抄録集  2017年6月  日本皮膚病理組織学会

  • 松尾 勇児, 桑原 三郎, 田崎 貴嗣, 栗脇 一三, 東矢 俊光 .  特異的な臨床病理像を呈するセルトリ・ライディッヒ細胞腫瘍(低分化型)の一例 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

  • 畑中 一仁, 濱田 大治, 田崎 貴嗣, 山田 壮亮, 北薗 育美, 中村 直哉, 谷本 昭英 .  小細胞肺癌におけるPurkinje cell protein 4の発現と免疫組織化学への応用 .  日本病理学会会誌  2020年3月  (一社)日本病理学会

  • 中島 悠貴, 寺戸 信芳, 福島 千晃, 光田 成未, 恒成 徳子, 岡 春子, 佐藤 斉, 片渕 瑛介, 田崎 貴嗣, 松山 篤二, 網本 頌子, 松浦 祐介, 島尻 正平, 中山 敏幸 .  子宮体部原発神経内分泌癌の1例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2019年10月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 野口 紘嗣, 熊元 啓一郎, 名和田 彩, 佐藤 奈帆子, 田崎 貴嗣, 木村 聡, 島尻 正平, 中山 敏幸 .  大腸鋸歯状病変の悪性化についての検討 .  日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

  • 恒成 徳子, 寺戸 信芳, 田崎 貴嗣, 福島 千晃, 光田 成未, 中島 悠貴, 岡 ハル子, 佐藤 斉, 島尻 正平, 中山 敏幸 .  多形腺腫内に発生した血管内大細胞型B細胞リンパ腫の一例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2020年5月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 光田 成未, 島尻 正平, 福島 千晃, 恒成 徳子, 中島 悠貴, 岡 春子, 佐藤 斉, 小原 光祥, 藤原 仁, 名和田 彩, 田崎 貴嗣, 松山 篤二, 久岡 正典, 中山 敏幸 .  原発部位不明の充実型腺様嚢胞癌の一例 小円形細胞腫瘍の鑑別診断を含めて .  日本臨床細胞学会雑誌  2018年10月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 田崎 貴嗣, 野口 紘嗣, 佐藤 奈帆子, 名和田 彩, 熊元 啓一郎, 島尻 正平, 谷本 昭英, 中山 敏幸, 王 克よう .  ミノサイクリンによる色素沈着を多臓器に認めた極めて稀な2解剖例(Extremely rare two autopsy cases of the minocycle-induced black pigmentation in multiple organs) .  日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

  • 田崎 貴嗣, 槇原 康亮, 松木 康真, 濱田 哲夫, 島尻 正平 .  パラフィンブロック材料における遺伝子の保存性の検討 .  臨床病理  2017年10月  (一社)日本臨床検査医学会

  • 塚本 学, 王 克よう, 田崎 貴嗣, 山中 芳亮, 中村 英一郎, 山田 壮亮, 和泉 弘人, 東 華岳, 河野 公俊, 酒井 昭典 .  Wnt10a遺伝子欠損マウスにおける骨形態学的調査 .  日本骨形態計測学会雑誌  2019年5月  日本骨形態計測学会

  • 王 克よう, 山田 壮亮, 郭 しん, 和泉 弘人, 塚本 学, 中島 民治, 田崎 貴嗣, 笹栗 靖之 .  WNT10A欠損マウスで検討した間質発生におけるWNT10Aの役割(Roles of WNT10A in stromagenesis by WNT10A-deficient mice) .  日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

  • 熊谷 泉那, 王 克ヨン, 郭 シン, 水谷 謙一, 塩谷 晃広, 中田 聡子, 黒瀬 望, 田崎 貴嗣, 笹栗 靖之, 山田 壮亮 .  WNT10A欠損は、微小血管およびコラーゲン発現を抑制することによって腫瘍増殖を妨げる .  日本病理学会会誌  2019年4月  (一社)日本病理学会

▼全件表示