2022/03/16 更新

写真a

マルタニ カナコ
丸谷 佳菜子
MARUTANI Kanako
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 発達系歯科センター 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 学士(歯学) ( 2014年3月   鹿児島大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学  / 矯正

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

学歴

  • 鹿児島大学

    - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 発達系歯科センター   助教

    2019年12月 - 現在

所属学協会

  • 日本口蓋裂学会

    2018年5月 - 現在

  • 日本口蓋裂学会

    2018年5月 - 現在

  • 公益社団法人 日本矯正歯科学会

    2015年4月 - 現在

  • 九州矯正歯科学会

    2015年4月 - 現在

取得資格

  • 認定医

 

論文

  • 丸谷 佳菜子, 權 相豪, 友成 博, 中村 典史, 宮脇 正一 .  顎間骨整位術と顎裂部への骨移植後に小臼歯の移植を行った両側性不完全唇顎口蓋裂を伴う不正咬合症例 .  九州矯正歯科学会雑誌15 ( 1 ) 51 - 56   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    唇顎口蓋裂を伴う患者においては、歯槽骨の欠損、歯の傾斜・捻転や形態異常、歯数の異常などが高頻度に発現する。歯の欠損数や顎裂部の大きさによっては、矯正歯科治療単独による咬合改善は困難なことがある。両側性不完全唇顎口蓋裂を伴う患者に対して、治療期間や隣在歯の負担を考慮して垂直的顎間関係の改善のために顎間骨整位術と顎裂部への骨移植を行い、上顎左側側切歯欠如部に便宜抜去した上顎左側第二小臼歯の移植を行い、良好な咬合を獲得したので報告する。(著者抄録)

  • Maeda-Iino A. .  Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 2: Relationship between root resorption, horizontal tooth movement, and quantity of grafted autogenous bone .  Angle Orthodontist87 ( 6 ) 863 - 870   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angle Orthodontist  

    DOI: 10.2319/031317-189.1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Maeda-Iino A. .  Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement .  Angle Orthodontist87 ( 6 ) 855 - 862   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angle Orthodontist  

    DOI: 10.2319/031317-188.1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 菅 真有, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  舌癖と前歯部開咬を伴うハイアングル成人症例の一治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌12 ( 1 ) 1 - 8   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    我々は、舌癖を伴う骨格性開咬症例に対し、前歯の挺出を防止しながら、緊密な咬合と側方運動を含む顎口腔機能の改善をすることが出来たので報告する。患者は19歳5ヵ月の女性で、舌癖と前歯部開咬を伴うハイアングル症例と診断した。歯科矯正用アンカースクリューを用いて臼歯を圧下する案とハイプルヘッドギアを用いて臼歯の挺出を防止する案を提示し、患者は後者を選択し、上下顎第一小臼歯の抜去を伴うエッジワイズ装置による治療を行った。その結果、上下顎前歯部の舌側移動によって適切な水平、垂直被蓋が得られ、上下口唇の突出が改善し、側貌の改善を認めた。現在治療後30ヵ月が経過し、良好な顔貌と咬合が維持されている。(著者抄録)

MISC

  • 鹿児島大学病院における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の矯正歯科治療

    前田 綾, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 大賀 泰彦, 宮脇 正一

    南九州歯学会雑誌   1 ( 1 )   19 - 26   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南九州歯学会  

    口唇裂・口蓋裂は,顔面の形成不全や口腔の機能障害を伴う先天性疾患であり,上顎骨の劣成長や上顎歯列の狭窄を伴う反対咬合,顎裂に隣接した歯の萌出位置の異常を認めるなど,重度の不正咬合を呈することが多い.口唇裂・口蓋裂治療の中でも,矯正歯科治療は長い期間を要する治療である.鹿児島大学病院矯正歯科における乳歯列期および混合歯列期に行う第一期治療では,主に上顎骨の前方成長促進や上顎歯列の拡大,顎裂部骨移植後の顎裂部に隣接する犬歯・側切歯などの萌出誘導もしくは矯正学的歯の移動を行っている.永久歯列期に行う第二期治療では,マルチブラケット装置による最終的な咬合の確立を行うが,上下顎骨の不調和が大きい場合は,外科的矯正治療を選択している.マルチブラケット装置撤去後は,必要に応じて補綴治療を行い,咬合の安定のため長期間の保定を行う.このように,治療が長期間に及ぶことから,患者や保護者の心理状態を把握し,多職種連携を強化したチーム医療を提供することが重要である.鹿児島大学病院矯正歯科では,長期的評価による臨床研究や症例報告を行うことで,治療成績の向上に努めてきた.今回,我々は,鹿児島大学矯正歯科で行っている口唇裂・口蓋裂治療の概要を紹介するとともに,当科で報告してきた臨床研究や症例報告について紹介する.(著者抄録)

  • 鹿児島大学病院における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の矯正歯科治療 査読

    前田 綾,丸谷 佳菜子,中川 祥子,渡邉 温子,大賀 泰彦,宮脇 正一

    南九州歯学会雑誌   1 ( 1 )   19 - 26   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 鹿児島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療.

    前田綾,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,大賀泰彦,宮脇正一

    鹿歯会報   150 ( 729 )   11 - 13   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

講演・口頭発表等

  • Osako Yuki, Maeda-Iino Aya, Nakagawa Shoko, Oga Yasuhiko, Takahashi Kotaro, Fukushima Mika, Marutani Kanako, Miyawaki Shouichi .  The relationships between the subjective symptoms of awake bruxism, masseter muscle activity in wakefulness, and temporomandibular disorders. .  The 9th International Orthodontic Congress.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Relationships between upper gastrointestinal symptoms and symptoms of temporomandibular disorders. .  The 9th International Orthodontic Congress.  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾, 中川祥子, 大石章仁, 渡邉温子, 丸谷佳菜子, 渕上貴央, 手塚征宏, 岐部俊郎, 中村典史, 宮脇正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎前方牽引装置による治療効果の長期的評価. .  第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 大迫佑季, 前田綾, 中川祥子, 古川みなみ, 大賀泰彦, 髙橋広太郎, 大石章仁, 福嶋美佳, 丸谷佳菜子, 宮脇正一 .  顎関節・咀嚼筋疼痛と覚醒時咬筋活動との関連性について. .  第15回九州矯正歯科学会学術大会  2020年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 髙橋広太郎, 前田綾, 大石章仁, 大賀泰彦, 大迫佑季, 古川みなみ, 中川祥子, 福嶋美佳, 丸谷佳菜子, 宮脇正一 .  上部消化器症状と咬筋活動との関連性について. .  第15回九州矯正歯科学会学術大会  2020年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 迫口陽子,前田綾,福嶋美佳,大牟禮治人,大石章仁,大賀泰彦,古川みなみ,髙橋広太郎,大迫佑季,丸谷佳菜子,中川祥子,宮脇正一. .  覚醒時の食道内酸刺激後の咬筋活動と自律神経活動の経時的変化. .  第78回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: 長崎  

  • 前田綾, 岐部俊郎, 菅真有, 丸谷佳菜子, 中川祥子, 中村典史, 宮脇正一 .  新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後に顎裂部の骨再生および歯の萌出と移動を認めた片側性唇顎裂の2治験例. .  第78回日本矯正歯科学会学術大会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前田綾,古川みなみ,權相豪,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,岐部俊郎,手塚征宏,渕上貴央,中村典史,宮脇正一. .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連. .  第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 丸谷佳菜子,友成博,前田綾,西原一秀,手塚征宏,中村典史,宮脇正一. .  顎間骨整位術と骨移植後に歯の移植を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う患者の一貫治療例. .  第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 前田 綾, 丸谷 佳菜子,古川 みなみ, 權 相豪,中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一. .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長と矯正治療による歯の移動との関連:健側と顎裂側の比較. .  第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 永山邦宏,末永重明,大牟禮治人,福嶋美佳,丸谷佳菜子,宮脇正一 .  クレンチング時の脳賦活部位の左右差についての検討:fMRIを用いた研究. .  第74回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 丸谷 佳菜子, 友成 博, 前田 綾, 西原 一秀, 手塚 征宏, 中村 典史, 宮脇 正一 .  顎間骨整位術と骨移植後に歯の移植を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う患者の一貫治療例. .  第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 大迫 佑季, 前田 綾, 中川 祥子, 古川 みなみ, 大賀 泰彦, 高橋 広太郎, 大石 章仁, 福嶋 美佳, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  顎関節・咀嚼筋疼痛と覚醒時咬筋活動との関連性について .  九州矯正歯科学会雑誌  2021年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 丸谷 佳菜子, 古川 みなみ, 權 相豪, 中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長と矯正治療による歯の移動との関連:健側と顎裂側の比較. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 .  第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 丸谷 佳菜子, 丸谷佳菜子, 前田綾, 古川みなみ, 中川祥子, 權相豪, 中村典史, 宮脇正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長の長期的評価. .  第14回九州矯正歯科学会大会  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前田 綾, 中川 祥子, 大石 章仁, 渡邉 温子, 丸谷 佳菜子, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎前方牽引装置による治療効果の長期的評価 .  日本口蓋裂学会雑誌  2020年5月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 古川 みなみ, 權 相豪, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連. .  第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾, 古川 みなみ, 權 相豪, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連 .  日本口蓋裂学会雑誌  2018年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 広太郎, 前田 綾, 大石 章仁, 大賀 泰彦, 大迫 佑季, 古川 みなみ, 中川 祥子, 福嶋 美佳, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  上部消化器症状と咬筋活動との関連性について .  九州矯正歯科学会雑誌  2021年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 新たな食道疾患の発症機序の解明:不正咬合と咀嚼筋障害に起因する口腔機能低下の影響

    研究課題/領域番号:20K10232  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    宮脇 正一, 大賀 泰彦, 前田 綾, 中川 祥子, 福嶋 美佳, 丸谷 佳菜子, 井戸 章雄, 上村 修司

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  • 胃内と口腔内の常在細菌叢、ブラキシズム及び胃食道逆流との関連性の解明

    研究課題/領域番号:19K10389  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    丸谷 佳菜子, 宮脇 正一, 前田 綾, 松尾 美樹, 井戸 章雄, 上村 修司, 八木 孝和, 小松澤 均

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

 

担当経験のある授業科目

  • 歯科矯正学

    2020年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

その他教育活動及び特記事項

  • 2020年4月 - 2021年3月   CBT作問部会

  • 2018年11月   指導歯科医講習会受講

  • OSCEスタッフ