2023/08/31 更新

写真a

ナカエ コウジ
中江 広治
NAKAE Koji
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 小児診療センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2023年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 新生児学

  • 小児循環器学

  • 小児科学

研究分野

  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療施設 周産母子部   特任助教

    2019年5月 - 現在

  • 鹿児島大学病院   周産母子センター小児科   特任助教

    2019年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本感染症学会

    2022年3月 - 現在

  • 日本感染症学会

    2022年3月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2021年11月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2021年11月 - 現在

  • 日本小児感染症学会

    2020年8月 - 現在

  • 日本小児感染症学会

    2020年8月 - 現在

  • 日本先天性心疾患インターベンション学会

    2019年3月 - 現在

  • 日本先天性心疾患インターベンション学会

    2019年3月 - 現在

  • 日本成人先天性心疾患学会

    2019年1月 - 現在

  • 日本成人先天性心疾患学会

    2019年1月 - 現在

  • 日本新生児成育医学会

    2018年11月 - 現在

  • 日本新生児成育医学会

    2018年11月 - 現在

  • 日本周産期・新生児医学会

    2018年10月 - 現在

  • 日本周産期・新生児医学会

    2018年10月 - 現在

  • 日本小児集中治療研究会

    2017年10月 - 現在

  • 日本小児集中治療研究会

    2017年10月 - 現在

  • 日本小児循環器学会

    2013年5月 - 現在

  • 日本小児循環器学会

    2013年5月 - 現在

  • 日本小児科学会

    2012年4月 - 現在

  • 日本小児科学会

    2012年4月 - 現在

▼全件表示

取得資格

  • 日本周産期・新生児医学会専門医(新生児)

  • 日本小児循環器学会専門医

  • 日本小児科学会指導医

  • 日本小児科学会専門医

  • 出生前コンサルト小児科医

  • 災害時小児周産期リエゾン

  • PALSインストラクター

  • 新生児蘇生法(NCPR)インストラクター

▼全件表示

 

論文

  • Nakae K., Ueno K., Kawamura J., Okamoto Y. .  Neonatal complicated right ventricular diverticulum with effective contraction .  Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society65 ( 1 ) e15519   2023年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society  

    DOI: 10.1111/ped.15519

    Scopus

    PubMed

  • Nakae K., Ueno K., Shiokawa N., Takahashi Y., Kawamura J., Hazeki D., Imoto Y., Kawano Y. .  Pediatric Patients Undergoing a Fontan Operation or with a High RACHS-1 Score Require Monitoring for Chronic Kidney Disease in Early Childhood .  Pediatric Cardiology43 ( 5 ) 1020 - 1028   2022年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Cardiology  

    Although the number of pediatric patients with long-term survival following cardiac surgery is increasing, concerns regarding chronic kidney disease (CKD) after surgery are growing. We examined the frequency of and risk factors for pediatric CKD development in patients with congenital heart disease (CHD) at least 2 years after cardiac surgery. This was a cross-sectional study of 147 patients who underwent open-heart surgery for CHD at Kagoshima University Hospital from April 2010 to March 2017. Data on demographics, acute kidney injury after cardiac surgery, cyanotic heart disease, Fontan circulation, medications in the perioperative period, and Risk Adjustment for Congenital Heart Surgery-1 (RACHS-1) category were recorded. CKD was defined using the current classification system described in the National Kidney Foundation’s Kidney Disease Outcomes Quality Initiative and assessed during early childhood within 2–3 years of cardiac surgery. Statistical analyses were performed using SPSS Statistics for Windows version 25.0. We consecutively enrolled 147 patients, of whom 22 (15.0%) had CKD, all with stage-2 severity. Among patients with CKD, a higher proportion underwent Fontan surgery (P < 0.001), a higher proportion had cyanotic heart disease (P = 0.009), and the RACHS-1 category was high (P = 0.003). Patients with CKD appeared more frequently than patients without CKD in RACHS-1 categories 3, 5, and 6. It is essential to evaluate renal function longitudinally and monitor for CKD, given that patients who underwent Fontan surgery or complicated surgery in infancy have a high rate of developing postoperative CKD in early childhood.

    DOI: 10.1007/s00246-022-02817-z

    Scopus

    PubMed

  • Nakae K., Ueno K., Moriyama M., Baba Y., Kawano Y. .  Low-molecular-weight heparin for asymptomatic cerebral sinovenous thrombosis in a neonate .  Pediatrics International63 ( 11 ) 1388 - 1390   2021年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatrics International  

    DOI: 10.1111/ped.14627

    Scopus

    PubMed

  • Nakae K., Ooka T., Murakami K., Hara-Kudo Y., Imuta N., Gotoh Y., Ogura Y., Hayashi T., Okamoto Y., Nishi J. .  Diversification of Escherichia albertii H-Antigens and Development of H-Genotyping PCR .  Frontiers in Microbiology12   737979 - 737979   2021年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Microbiology  

    Escherichia albertii is a recently recognized human enteropathogen that is closely related to Escherichia coli. As E. albertii sometimes causes outbreaks of gastroenteritis, rapid strain typing systems, such as the O- and H-serotyping systems widely used for E. coli, will be useful for outbreak investigation and surveillance. Although an O-genotyping system has recently been developed, the diversity of E. albertii H-antigens (flagellins) encoded by fliC genes remains to be systematically investigated, and no H-serotyping or genotyping system is currently available. Here, we analyzed the fliC genes of 243 genome-sequenced E. albertii strains and identified 73 sequence types, which were grouped into four clearly distinguishable types designated E. albertii H-genotypes 1–4 (EAHg1–EAHg4). Although there was a clear sign of intraspecies transfer of fliC genes in E. albertii, none of the four E. albertii H-genotypes (EAHgs) were closely related to any of the 53 known E. coli H-antigens, indicating the absence or rare occurrence of interspecies transfer of fliC genes between the two species. Although the analysis of more E. albertii strains will be required to confirm the low level of variation in their fliC genes, this finding suggests that E. albertii may exist in limited natural hosts or environments and/or that the flagella of E. albertii may function in a limited stage(s) in their life cycle. Based on the fliC sequences of the four EAHgs, we developed a multiplex PCR-based H-genotyping system for E. albertii (EAH-genotyping PCR), which will be useful for epidemiological studies of E. albertii infections.

    DOI: 10.3389/fmicb.2021.737979

    Scopus

    PubMed

  • Ueno K, Shimozono T, Takahashi Y, Nakae K, Kawamura J, Okamoto Y .  Association of albuminuria with kidney function and hemodynamic disturbance in pre-school children who undergo congenital heart disease surgery. .  Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00467-023-06130-6

    PubMed

  • Takahashi Y, Ueno K, Nakae K, Kawamura J, Matsuba T, Okamoto Y .  Preoperative and Intraoperative Risk Factors for Surgical Site Infection in Pediatric Cardiac Surgery. .  The Pediatric infectious disease journal   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1097/INF.0000000000004039

    PubMed

  • Takahashi Yoshihiro, Ueno Kentaro, Shiokawa Naohiro, Nakae Koji, Kawamura Junpei, Morita Yasuko, Hazeki Daisuke, Okamoto Yasuhiro .  Fontan術後の小児における内胸動脈瘤に対するコイル塞栓術の奏効 1症例報告と文献レビュー(Successful coil embolization for pediatric internal mammary artery aneurysm after the Fontan procedure: A case report and literature review) .  Journal of Cardiology Cases26 ( 4 ) 279 - 282   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    症例は2歳男児で、在胎39週で経腟分娩にて出生し、出生時体重は2890gであった。Apgarスコアは1分後8点、5分後9点であった。血管炎、結合組織異常症、遺伝性疾患の家族歴はなかった。三尖弁閉鎖症と診断され、BTシャント術を受けた。1歳3ヵ月時に両方向性グレン手術を施行した。術前の心臓カテーテル検査で平均肺動脈圧は10mmHg、肺動脈楔入圧は7mmHg、肺血管抵抗は0.61 Wood unit/m2であった。2歳9ヵ月時に心外導管を用いた両大静脈肺動脈吻合手術(TCPC)を施行した。術後に血圧は80~100mmHgで安定していたが、中心静脈圧は15mmHgの高値を呈した。一酸化窒素吸入療法を施行したが、中心静脈圧は21mmHgに上昇した。静脈血栓を疑い、ヘパリン静注を開始した。術後7日のCTで導管狭窄および導管内に血栓形成を認め、血栓溶解療法を施行した。術後9日に導管内血栓は消失し、中心静脈圧は10mmHg未満に低下した。術後36日のCTで左内胸動脈に径6.8×8.1mmの仮性動脈瘤を認めた。内胸動脈瘤に対してコイル塞栓術を施行した。術後経過は良好で、40日後に退院となった。

  • Takahashi Y., Ueno K., Shiokawa N., Nakae K., Kawamura J., Morita Y., Hazeki D., Okamoto Y. .  Successful coil embolization for pediatric internal mammary artery aneurysm after the Fontan procedure: A case report and literature review .  Journal of Cardiology Cases26 ( 4 ) 279 - 282   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Cardiology Cases  

    We herein describe the first pediatric case of an internal mammary artery (IMA) aneurysm caused by a median sternotomy. He was a 2-year-old with tricuspid atresia who underwent an extracardiac conduit Fontan procedure. On the 36th postoperative day, an asymptomatic left IMA aneurysm was detected via contrast computed tomography, which was successfully treated with coil embolization. The patient had no underlying disease such as vasculitis, connective tissue disease, or other hereditary diseases, and there were no episodes of infection or hypertension before or after the onset of the IMA aneurysm. Because the left IMA ran medially to the periphery and was in a vulnerable position during median sternotomy, we considered the IMA aneurysm was caused by the median sternotomy. We pediatric cardiologists should be aware that IMA aneurysms can occur in pediatric cardiac surgery, and we should be proactive in performing postoperative imaging studies in cases where the preoperative internal thoracic artery runs medially toward the periphery. Learning objective: Internal mammary artery (IMA) aneurysm is a rare vascular disease, especially in children. One-third of adult IMA aneurysms have been reported to be caused by sternotomy, but not in children. We report the first pediatric case of an IMA aneurysm caused by sternotomy. We should recognize that there is a potential risk of IMA aneurysms in pediatric cardiac surgery as well.

    DOI: 10.1016/j.jccase.2022.05.016

    Scopus

    PubMed

  • 下園 翼, 櫨木 大祐, 塩川 直宏, 高橋 宣宏, 中江 広治, 川村 順平, 森田 康子, 上野 健太郎, 河野 嘉文 .  乳児期早期に外科的治療を施行した右冠動脈左室瘻の1例 .  小児科臨床75 ( 4 ) 621 - 625   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)総合医学社  

    症例は4ヵ月の男児。日齢2より心雑音を聴取した。1ヵ月時に心臓超音波検査および心臓カテーテル検査を行い、右冠動脈左室瘻と診断した。心筋シンチグラフィーで中隔から心尖にかけての虚血所見を認めたため瘻孔閉鎖の適応と判断し、生後4ヵ月時に瘻孔閉鎖術を行った。術後の遺残短絡血流は認めず、心筋シンチグラフィーで虚血所見は改善し、右冠動脈も徐々に縮小傾向となった。アスピリン内服を継続して良好な経過をとっている。冠動脈瘻の治療方針として、虚血所見や心機能障害を伴う症例は瘻孔閉鎖が推奨されている。本症例は明確な虚血所見があり、突然死の危険性もあるため乳児期早期の瘻孔閉鎖が必要と判断した。治療法の選択において、瘻孔が大きく体格が小さい本症例では手術を選択した。術後の抗血栓治療としてアスピリン単剤での管理を選択しているが、血栓形成は認めず経過している。(著者抄録)

  • Nakae Koji, Ueno Kentaro, Moriyama Mizuki, Baba Yusei, Kawano Yoshifumi .  新生児の無症候性脳静脈洞血栓症に対する低分子量heparin(Low-molecular-weight heparin for asymptomatic cerebral sinovenous thrombosis in a neonate) .  Pediatrics International63 ( 11 ) 1388 - 1390   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    低分子量heparin(LMWH)が奏効した脳静脈洞血栓症(CSVT)の新生児(女児、14日齢)について検討した。女児は妊娠38週0日に出生し、胎児機能不全と診断された。出生体重は2024g、アプガースコアは7/9であった。頭部超音波検査で上衣下嚢胞が疑われたためMRI検査を施行したところ、横静脈洞や右側小脳半球に血栓が認められた。新生児CSVTと診断し、抗凝固療法としてLMWH(150IU/kg/日)を6週間投与した。投与中の定期的な脳超音波検査では、脳室周囲および脳室内の出血は認めなかった。LMWH投与後のMRI検査では横静脈洞血栓の消失を認め、MRVでは同部位に正常な静脈血流を認めた。抗凝固療法の施行後、女児は神経学的異常もなく正常に発育した。

  • Successful treatment of pulmonary hypertension with unilateral absent pulmonary artery .  Pediatrics International62 ( 9 ) 1117 - 1118   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatrics International  

    DOI: 10.1111/ped.14262

    Scopus

    PubMed

  • Kidney Disease: Improving Global Outcomes in neonates with acute kidney injury after cardiac surgery .  Clinical and Experimental Nephrology24 ( 2 ) 167 - 173   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Clinical and Experimental Nephrology  

    DOI: 10.1007/s10157-019-01805-7

    Scopus

    PubMed

  • Koji Nakae, Kentaro Ueno, Junpei Kawamura, Kosuke Yanagimoto, Taisuke Eguchi, Yuichi Nomura, Yasuyuki Kakihana, Yoshifumi Kawano .  Mechanical Circulatory Support as a Potentially Useful Strategy in Patients with Severe Cyclophosphamide-induced Cardiotoxicity .  Medical Journal of Kagoshima University67 ( 1-3 ) 41 - 50   2015年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~medjkago/2015-6.pdf

  • 中江 広治, 中川 俊輔, 森田 康子, 渡邉 健二, 新小田 雄一, 四俣 一幸, 島子 敦史, 益田 君教, 鮫島 幸二 .  肺炎を契機に発見された巨大脊髄硬膜外くも膜嚢胞の1例 .  小児内科46 ( 11 ) 1709 - 1713   2014年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 動脈管早期閉鎖が原因と考えられた新生児遷延性肺高血圧症の1例

    中江 広治, 馬場 悠生, 上野 健太郎

    日本新生児成育医学会雑誌   34 ( 3 )   415 - 415   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本新生児成育医学会  

  • 乳児期早期に外科的治療を施行した右冠動脈左室瘻の1例

    下園 翼, 櫨木 大祐, 塩川 直宏, 高橋 宣宏, 中江 広治, 川村 順平, 森田 康子, 上野 健太郎, 河野 嘉文

    小児科臨床   75 ( 4 )   621 - 625   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)総合医学社  

    症例は4ヵ月の男児。日齢2より心雑音を聴取した。1ヵ月時に心臓超音波検査および心臓カテーテル検査を行い、右冠動脈左室瘻と診断した。心筋シンチグラフィーで中隔から心尖にかけての虚血所見を認めたため瘻孔閉鎖の適応と判断し、生後4ヵ月時に瘻孔閉鎖術を行った。術後の遺残短絡血流は認めず、心筋シンチグラフィーで虚血所見は改善し、右冠動脈も徐々に縮小傾向となった。アスピリン内服を継続して良好な経過をとっている。冠動脈瘻の治療方針として、虚血所見や心機能障害を伴う症例は瘻孔閉鎖が推奨されている。本症例は明確な虚血所見があり、突然死の危険性もあるため乳児期早期の瘻孔閉鎖が必要と判断した。治療法の選択において、瘻孔が大きく体格が小さい本症例では手術を選択した。術後の抗血栓治療としてアスピリン単剤での管理を選択しているが、血栓形成は認めず経過している。(著者抄録)

  • 腹膜透析管理中に腎不全に伴う続発性心筋症を合併し、集学的治療と腎移植で改善した1例

    稲葉 泰洋, 宮園 明典, 光延 拓朗, 中江 広治, 上野 健太郎, 岡本 康裕

    日本小児科学会雑誌   126 ( 8 )   1206 - 1206   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

  • 低酸素血症を伴った先天性右室憩室の1例

    中江 広治, 下園 翼, 高橋 宜宏, 川村 順平, 上野 健太郎

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [II - 10]   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

  • 肺動脈狭窄を合併するチアノーゼ性心疾患における肺動脈連続波ドプラ最大流速時間解析の有用性

    川村 順平, 下園 翼, 高橋 宜宏, 中江 広治, 上野 健太郎

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [I - 01]   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

  • 小児心臓手術における手術部位感染の術前リスクについての検討

    高橋 宜宏, 下園 翼, 中江 広治, 川村 順平, 上野 健太郎, 緒方 裕樹, 松葉 智之

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [III - 05]   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

  • 右室機能の差が治療経過に影響したドキソルビシン心筋症の2例

    下園 翼, 田井村 依里, 高橋 宜宏, 中江 広治, 川村 順平, 上野 健太郎

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [I - 03]   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

  • 先天性心疾患術後合併腎症早期発見におけるアルブミン尿測定の重要性

    上野 健太郎, 下園 翼, 高橋 宜宏, 中江 広治, 関 俊二, 川村 順平, 二宮 由美子

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [II - 02]   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

  • 出生前診断で緩和医療を選択し自宅退院できたBerry症候群合併13トリソミーの1例

    中江 広治, 三浦 希和子, 久米 浩二, 上野 健太郎

    日本周産期・新生児医学会雑誌   58 ( Suppl.1 )   311 - 311   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

  • 四肢の関節可動域制限をきっかけに診断された新生児細菌性髄膜炎の1例

    西 遼太郎, 中江 広治, 中村 達郎, 丸山 慎介, 上野 健太郎, 岡本 康裕

    日本小児科学会雑誌   126 ( 4 )   716 - 716   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

  • 新生児QT延長症候群の1例

    石坂 俊介, 中江 広治, 中村 達郎, 上野 健太郎, 吉永 正夫, 岡本 康裕

    日本小児科学会雑誌   126 ( 2 )   382 - 382   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

  • 新興下痢症起因菌Escherichia albertiiの鞭毛H抗原遺伝子型の多様性と遺伝子型別法開発への応用

    中江 広治, 大岡 唯祐, 村上 光一, 工藤 由起子, 藺牟田 直子, 後藤 恭宏, 小椋 義俊, 林 哲也, 岡本 康裕, 西 順一郎

    日本細菌学雑誌   77 ( 1 )   58 - 58   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

  • 徐脈発作を繰り返した発作性完全房室ブロックの乳児例

    田井村 依里, 川村 順平, 三浦 希和子, 中江 広治, 上野 健太郎, 河野 嘉文

    日本小児科学会雑誌   125 ( 6 )   963 - 964   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

  • 【見抜く・伝える・判断する 循環管理が必要な赤ちゃんのケア】心雑音を認める心疾患

    中江 広治

    with NEO   32 ( 5 )   707 - 717   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 稲葉 泰洋, 宮園 明典, 光延 拓朗, 中江 広治, 上野 健太郎, 岡本 康裕 .  腹膜透析管理中に腎不全に伴う続発性心筋症を合併し、集学的治療と腎移植で改善した1例 .  日本小児科学会雑誌  2022年8月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 順平, 下園 翼, 高橋 宜宏, 中江 広治, 上野 健太郎 .  肺動脈狭窄を合併するチアノーゼ性心疾患における肺動脈連続波ドプラ最大流速時間解析の有用性 .  日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集  2022年7月  (NPO)日本小児循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 平野 京香, 中江 広治, 松永 愛香, 上野 健太郎, 岡本 康裕 .  日齢1からプレドニゾロンを投与した先天性乳び胸を合併した21トリソミーの1例 .  日本小児科学会雑誌  2023年2月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中江 広治, 大岡 唯祐, 村上 光一, 工藤 由起子, 藺牟田 直子, 後藤 恭宏, 小椋 義俊, 林 哲也, 岡本 康裕, 西 順一郎 .  新興下痢症起因菌Escherichia albertiiの鞭毛H抗原遺伝子型の多様性と遺伝子型別法開発への応用 .  日本細菌学雑誌  2022年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 石坂 俊介, 中江 広治, 中村 達郎, 上野 健太郎, 吉永 正夫, 岡本 康裕 .  新生児QT延長症候群の1例 .  日本小児科学会雑誌  2022年2月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田井村 依里, 川村 順平, 三浦 希和子, 中江 広治, 上野 健太郎, 河野 嘉文 .  徐脈発作を繰り返した発作性完全房室ブロックの乳児例 .  日本小児科学会雑誌  2021年6月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 榎木 美幸, 中江 広治, 平野 京香, 松永 愛香, 上野 健太郎, 岡本 康裕 .  当院で経験したCOVID-19母体から出生した児の検討 .  日本小児科学会雑誌  2023年3月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 宜宏, 下園 翼, 中江 広治, 川村 順平, 上野 健太郎, 緒方 裕樹, 松葉 智之 .  小児心臓手術における手術部位感染の術前リスクについての検討 .  日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集  2022年7月  (NPO)日本小児循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中江 広治, 児玉 祐一, 西 順一郎 .  四肢の関節可動域制限を契機に診断に至った新生児B群溶血性連鎖球菌性髄膜炎の1例 .  日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2022年11月  (一社)日本小児感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 西 遼太郎, 中江 広治, 中村 達郎, 丸山 慎介, 上野 健太郎, 岡本 康裕 .  四肢の関節可動域制限をきっかけに診断された新生児細菌性髄膜炎の1例 .  日本小児科学会雑誌  2022年4月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 下園 翼, 田井村 依里, 高橋 宜宏, 中江 広治, 川村 順平, 上野 健太郎 .  右室機能の差が治療経過に影響したドキソルビシン心筋症の2例 .  日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集  2022年7月  (NPO)日本小児循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中江 広治, 馬場 悠生, 上野 健太郎 .  動脈管早期閉鎖が原因と考えられた新生児遷延性肺高血圧症の1例 .  日本新生児成育医学会雑誌  2022年10月  (公社)日本新生児成育医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中江 広治, 三浦 希和子, 久米 浩二, 上野 健太郎 .  出生前診断で緩和医療を選択し自宅退院できたBerry症候群合併13トリソミーの1例 .  日本周産期・新生児医学会雑誌  2022年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 上野 健太郎, 下園 翼, 高橋 宜宏, 中江 広治, 関 俊二, 川村 順平, 二宮 由美子 .  先天性心疾患術後合併腎症早期発見におけるアルブミン尿測定の重要性 .  日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集  2022年7月  (NPO)日本小児循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中江 広治, 下園 翼, 高橋 宜宏, 川村 順平, 上野 健太郎 .  低酸素血症を伴った先天性右室憩室の1例 .  日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集  2022年7月  (NPO)日本小児循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 宜宏, 中江 広治, 川村 順平, 上野 健太郎, 福重 寿郎, 岡本 康裕 .  4歳女児を発端者として診断されたTCAP遺伝子変異を伴う拡張型心筋症の親子例 .  日本小児科学会雑誌  2023年3月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 上野 健太郎, 高橋 宜宏, 中江 広治, 新谷 光央 .  新生児期における心臓手術後急性腎障害のリスク因子と予後に関する検討 .  日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

  • 櫨木 大祐, 塩川 直宏, 関 俊二, 高橋 宣宏, 中江 広治, 中川 俊輔, 二宮 由美子, 上野 健太郎, 江口 太助, 河野 嘉文 .  救命できた右鎖骨下動脈起始異常-食道瘻の1例 .  日本小児循環器学会雑誌  2017年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 下園 翼, 塩川 直宏, 高橋 宣宏, 中江 広治, 森田 康子, 櫨木 大祐, 上野 健太郎, 緒方 裕樹, 松葉 智之, 井本 浩 .  心雑音を契機に診断した右冠動脈左室瘻の1例 .  日本小児循環器学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 下園 翼, 中江 広治, 櫨木 大祐, 上野 健太郎, 和田 昭宏, 河野 嘉文 .  心雑音を契機に診断した右冠動脈左室瘻の1例 .  日本小児科学会雑誌  2018年3月  (公社)日本小児科学会

  • 川村 順平, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 中江 広治, 上野 健太郎 .  心室中隔欠損術後に肺高血圧症を合併したDown症候群患者の術前右心機能に関する検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2020年11月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 益田 君教, 野村 裕一, 高橋 宣宏, 中江 広治, 森田 康子, 楠生 亮 .  当院における川崎病プレドニゾロン初期併用療法の有用性の検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2017年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 櫨木 大祐, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 中江 広治, 森田 康子, 二宮 由美子, 上野 健太郎, 吉永 正夫 .  小児期・青年期におけるQT短縮スクリーニング基準値に関する検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 上野 健太郎, 下園 翼, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 中江 広治, 森田 康子, 櫨木 大祐, 松葉 智之, 井本 浩 .  小児先天性心疾患術後の急性腎障害(Acute Kidney Injury)は、小児慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease)の危険因子となりうるか .  日本小児循環器学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 下村 育史, 上野 健太郎, 中江 広治 .  出生時に左頸部腫瘤を指摘され、新生児期の感染症を契機に、左梨状窩瘻と診断した1例 .  日本新生児成育医学会雑誌  2019年10月  (公社)日本新生児成育医学会

  • 高橋 宜宏, 上野 健太郎, 池田 正樹, 塩川 直宏, 中江 広治, 川村 順平, 櫨木 大祐, 森田 康子, 田中 裕治, 関 俊二, 西畠 信 .  先天性無脾症候群における感染対策の必要性と課題 .  日本小児循環器学会雑誌  2019年6月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 中江 広治, 上野 健太郎, 堀之内 健祐, 池田 正樹, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 川村 順平, 櫨木 大祐, 緒方 裕樹, 松葉 智之, 井本 浩 .  先天性心疾患術後患者における幼児期の慢性腎臓病合併に関する検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2019年6月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 高橋 宜宏, 塩川 直宏, 中江 広治, 永留 祐佳, 森田 康子, 櫨木 大祐, 上野 健太郎, 河野 嘉文, 新谷 光央 .  先天性心疾患を有するSmall-for-Gestational Age児の予後に関する検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 高橋 宜宏, 塩川 直宏, 中江 広治, 永留 祐佳, 川村 順平, 森田 康子, 櫨木 大祐, 上野 健太郎, 河野 嘉文 .  先天性心疾患を有するSmall-for-Gestational Age児の予後に関する検討 .  日本小児科学会雑誌  2018年10月  (公社)日本小児科学会

  • 下園 翼, 上野 健太郎, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 中江 広治, 川村 順平, 森田 康子, 二宮 由美子 .  先天性心疾患を合併したDown症候群児における周術期急性腎障害と予後 .  日本小児循環器学会雑誌  2020年11月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 上野 健太郎, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 関 俊二, 中江 広治, 二宮 由美子, 櫨木 大祐, 松葉 智之, 井本 浩 .  人工心肺下乳児心臓手術後の急性腎障害(AKI)の危険因子、短期予後と術後循環作動薬・血管拡張薬のAKI発症予防効果に関する検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2017年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 堀之内 健祐, 上野 健太郎, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 中江 広治, 川村 順平, 櫨木 大祐, 河野 嘉文 .  乳児先天性心疾患周術期管理におけるデクスメデトミジンの有用性 .  日本小児科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本小児科学会

  • 高橋 宜宏, 益田 大夢, 塩川 直宏, 中江 広治, 川村 順平, 上野 健太郎 .  Fontan candidateにおける鉄欠乏症についての検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2020年11月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 緒方 裕樹, 松葉 智之, 上田 英昭, 上野 健太郎, 櫨木 大祐, 中江 広治, 井本 浩 .  ACTH療法中による心筋肥厚によってRV-PA conduit下狭窄を来たした1例 .  日本小児循環器学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 上野 健太郎, 益田 大夢, 池田 正樹, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 中江 広治, 川村 順平, 櫨木 大祐, 緒方 裕樹, 松葉 智之, 井本 浩 .  新生児期における心臓手術後急性腎障害のリスク因子と予後に関する検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2019年6月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 高橋 宜宏, 上野 健太郎, 塩川 直宏, 中江 広治, 永留 祐佳, 櫨木 大祐, 河野 嘉文, 松葉 智之, 井本 浩, 西畠 信, 新谷 光央 .  離島を抱える鹿児島県での先天性心疾患患児における胎児診断の現状と今後の課題 .  日本小児循環器学会雑誌  2017年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 高橋 宜宏, 上野 健太郎, 塩川 直宏, 中江 広治, 永留 祐佳, 櫨木 大祐, 松葉 智之, 井本 浩, 西畠 信, 新谷 光央 .  離島を抱える鹿児島県での先天性心疾患患児における胎児診断の現状と今後の課題 .  日本小児科学会雑誌  2018年3月  (公社)日本小児科学会

  • 中江 広治, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 川村 順平, 森田 康子, 上野 健太郎, 山下 雄史, 松葉 智之, 井本 浩 .  血管輪における気道狭窄の重症度に対するCTIによる有用性の検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2020年11月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 松葉 智之, 山下 雄史, 緒方 裕樹, 井本 浩, 塩川 直宏, 中江 広治, 高橋 宜宏, 川村 順平, 櫨木 大祐, 上野 健太郎 .  虚血性心筋症を併発した血栓閉鎖左冠動脈瘤に対して冠動脈バイパス術および僧帽弁弁輪縫縮術を施行した1例 .  日本小児循環器学会雑誌  2019年6月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 下園 翼, 塩川 直宏, 益田 大夢, 堀之内 健佑, 池田 正樹, 高橋 宜宏, 中江 広治, 川村 順平, 櫨木 大祐, 上野 健太郎, 廣野 恵一 .  生後3ヵ月で心筋肥厚が出現し、Danon病と診断したFallot四徴症の1例 .  日本小児循環器学会雑誌  2019年6月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 中江 広治, 上野 健太郎 .  無症状で上衣下嚢胞の精査中に新生児脳静脈洞血栓症と診断し、低分子ヘパリン療法が奏効した1例 .  日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

  • 中江 広治, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 永留 祐佳, 森田 康子, 櫨木 大祐, 上野 健太郎 .  母体精神疾患合併と新生児先天性心疾患の関連性と問題点に関する検討 .  日本小児循環器学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 三浦 希和子, 塩川 直宏, 高橋 宜宏, 中江 広治, 永留 祐佳, 櫨木 大祐, 上野 健太郎, 河野 嘉文 .  母体リトドリン投与の影響と考えられた、新生児心室頻拍の1例 .  日本小児科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本小児科学会

  • 塩川 直宏, 高橋 宣宏, 馬場 悠生, 中江 広治, 永留 祐佳, 二宮 由美子, 櫨木 大祐, 上野 健太郎, 井之上 寿美, 西畠 信 .  母体リトドリン投与の影響と考えられた、新生児心室頻拍の1例 .  日本小児循環器学会雑誌  2017年7月  (NPO)日本小児循環器学会

  • 中江 広治, 上野 健太郎, 下村 育史 .  新生児期の先天性心疾患術後患者における早期および遠隔期死亡に関する検討 .  日本新生児成育医学会雑誌  2019年10月  (公社)日本新生児成育医学会

  • 中江 広治, 下村 育史, 武藤 充, 家入 里志, 上野 健太郎, 河野 嘉文 .  新生児期に発症した梨状窩瘻の1例 .  日本小児科学会雑誌  2020年8月  (公社)日本小児科学会

▼全件表示