2021/08/03 更新

写真a

ニノミヤ ユウイチ
二宮 雄一     
NINOMIYA Yuichi
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 特任助教
職名
特任助教

学位

  • 博士(医学) ( 2008年3月   鹿児島大学 )

学歴

  • 鹿児島大学大学院

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   医学科

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座   特任助教

    2019年4月 - 現在

  • 桜橋渡辺病院 循環器内科   医員

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島市立病院 循環器内科   科長

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島市立病院 循環器内科   医長

    2012年8月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 藤元早鈴病院 循環器内科   医師

    2011年2月 - 2012年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • Pacific Rim Electrophysiology Research Institute(米国)   リサーチフェロー

    2009年12月 - 2011年1月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本心血管インターベンション治療学会

    2010年4月 - 現在

  • 日本不整脈学会

    2003年10月 - 現在

  • 日本心臓病学会

    2002年9月 - 現在

  • 日本循環器学会

    2002年4月 - 現在

  • 日本内科学会

    1999年8月 - 現在

留学歴

  • 2009年12月 - 2011年1月   Pacific Rim Electrophysiology Research Institute(米国)   リサーチフェロー

取得資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医 指導医

  • 日本循環器学会 循環器専門医

  • 日本心臓病学会(FJCC)

  • 日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医

  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医

 

論文

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Sex-specific relationship between abdominal obesity and new-onset atrial fibrillation in the general Japanese population .  Heart and Vessels   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Heart and Vessels  

    DOI: 10.1007/s00380-021-01880-5

    Scopus

    PubMed

  • Okada M, Tanaka N, Oka T, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Yoshimoto I, Inoue H, Kitagaki R, Onishi T, Koyama Y, Okamura A .  Clinical significance of left ventricular reverse remodeling after catheter ablation of atrial fibrillation in patients with left ventricular systolic dysfunction .  Journal of Cardiology77 ( 5 ) 500 - 508   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2020.11.007

    Scopus

    PubMed

  • Tanaka N, Tanaka K, Hirao Y, Okada M, Ninomiya Y, Yoshimoto I, Onishi T, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K, Sakata Y, Inoue K .  Home Sleep Apnea Test to Screen Patients With Atrial Fibrillation for Sleep Apnea Prior to Catheter Ablation .  Circulation Journal85 ( 3 ) 252 - 260   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本循環器学会  

    <p><b><i>Background:</i></b>Whether all atrial fibrillation (AF) patients should be evaluated for sleep apnea before catheter ablation (CA) remains controversial. Watch-type peripheral arterial tonometry (W-PAT) is a home sleep testing device and an easier tool for diagnosing sleep apnea than polysomnography. We investigated the prevalence and predictors of sleep apnea using W-PAT in unscreened sleep apnea patients with AF before CA.</p><p><b><i>Methods and Results:</i></b>The study was conducted under a retrospective, single-center, observational design. We included 776 consecutive patients who underwent both W-PAT and AF ablation. Sleep apnea assessments were successfully performed in 774 patients (99.7%; age 65±11 years, 73.3% male; body mass index [BMI] 24.1±3.5, 56.8% paroxysmal AF). The mean apnea-hypopnea index (AHI) was 20.1±15.6. Although 81.7% of the patients had normal Epworth sleepiness scores (mean 6.5), only 88 (11.4%) had a normal AHI (AHI <5) and 412 (53.2%) had moderate-severe sleep apnea (AHI ≥15). Obesity, male sex, nonparoxysmal AF, hypertension, and a left atrial diameter (LAd) ≥40 mm were predictors of moderate-severe sleep apnea. However, the prevalence of moderate-severe sleep apnea in patients without those predictors (i.e., non-obesity (44.2%), female sex (43.0%), paroxysmal AF (43.9%), no hypertension (45.5%)), and LAd <40 mm (41.0%) was considerably high.</p><p><b><i>Conclusions:</i></b>Almost all patients successfully underwent W-PAT to diagnose sleep apnea. Patients undergoing AF ablation had a high prevalence of sleep apnea, and screening for sleep apnea was important in those patients even if they did not have sleepiness or risk factors.</p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0782

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Oka T, Tanaka K, Inoue H, Ninomiya Y, Tanaka K, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Takayasu K, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K, Inoue K .  A case of pulseless electrical activity due to takotsubo syndrome following radiofrequency catheter ablation for atrial fibrillation .  Journal of Cardiology Cases22 ( 6 ) 294 - 298   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cardiology Cases  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2020.08.001

    Scopus

    PubMed

  • Inoue H, Tanaka N, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Okada M, Kitagaki R, Takayasu K, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K, Sakata Y, Inoue K .  Burden and Long Firing of Premature Atrial Contraction Early After Catheter Ablation Predict Late Recurrence of Atrial Fibrillation .  Circulation Journal84 ( 6 ) 894 - 901   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本循環器学会  

    <p><b><i>Background:</i></b>Associations between characteristics of premature atrial contraction (PAC) 6 months after catheter ablation (CA) and later recurrence are not known. We investigated the effects of PAC characteristics on long-term outcomes of initially successful atrial fibrillation (AF) ablation.</p><p><b><i>Methods and Results:</i></b>In all, 378 patients (mean age 61 years, 21% female, 67% paroxysmal AF) who underwent initial radiofrequency CA for AF without recurrence up to 24-h Holter monitoring 6 months after the procedure were reviewed retrospectively. The calculated number of PAC/24 h and the length of the longest PAC run during Holter recording were analyzed. After 4.3±1.2 years (mean±SD) follow-up, 123 (32.5%) patients experienced late recurrence. Patients with recurrence had significantly more PAC/24 h (median [interquartile range] 110 [33–228] vs. 42 [16–210]; P<0.01) and a longer longest PAC run (5 [2–8] vs. 3 [1–5]; P<0.01) than those without. Receiver operating characteristic curve analysis indicated 58 PAC/24 h and a longest PAC run of 5 were optimal cut-off values for predicting recurrence. After adjusting for previously reported predictors of late recurrence, frequent PAC (≥58/24 h) and longest PAC run ≥5 were found to be independent predictors of late recurrence (hazard ratios [95% confidence intervals] 1.93 [1.24–3.02; P<0.01] and 1.81 [1.20–2.76; P<0.01], respectively).</p><p><b><i>Conclusions:</i></b>Six months after successful AF ablation, both frequent PAC and long PAC run are independent predictors of late recurrence.</p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0976

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Oka T, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Takayasu K, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Sakata Y, Fujii K, Inoue K .  Impact of baseline left atrial function on long-term outcome after catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation .  Journal of Cardiology75 ( 4 ) 352 - 359   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2019.08.014

    Scopus

    PubMed

  • Nakamaru R, Okada M, Tanaka N, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Inoue H, Takayasu K, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Rakugi H, Sakata Y, Fujii K, Inoue K .  Outcomes After Atrial Fibrillation Ablation in Patients With Premature Atrial Contractions Originating From Non-Pulmonary Veins .  JACC: Clinical Electrophysiology5 ( 11 ) 1319 - 1327   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:JACC: Clinical Electrophysiology  

    DOI: 10.1016/j.jacep.2019.08.002

    Scopus

    PubMed

  • Nakamaru R, Tanaka N, Okada M, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Inoue H, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Rakugi H, Sakata Y, Fujii K, Inoue K .  Usefulness of Failed Electrical Cardioversion for Early Recurrence After Catheter Ablation for Atrial Fibrillation as a Predictor of Future Recurrence .  American Journal of Cardiology123 ( 5 ) 794 - 800   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2018.11.039

    Scopus

    PubMed

  • Tanaka N, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Takayasu K, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Sakata Y, Fujii K, Inoue K. .  Comparison of the Safety and Efficacy of Automated Annotation-Guided Radiofrequency Ablation and 2nd-Generation Cryoballoon Ablation in Paroxysmal Atrial Fibrillation .  Circulation Journal83 ( 3 ) 548 - 555   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    2014年7月〜2015年8月に初回発作性心房細動(RAF)アブレーションを実施した患者を後ろ向きに調査して、自動アノテーションガイド下高周波カテーテルアブレーション(RFCA)と第2世代cryoballoonアブレーション(CBA)の安全性と有効性を比較した。RFCA群61例(男性69%、平均63.4±10.5歳)、CBA群70例(男性74%、平均64.1±10.1歳)を対象とした。全患者は、アブレーション後3日間にわたり心調律モニタリングを行い、アブレーションの1、3、6、9、12ヵ月後、その後は6ヵ月ごと心電図を測定した。手術合併症の発生率はRFCA群が1.6%、CBA群が10.0%であった。経過観察期間中央値は2.98年で、RFCA群の88.5%、CBA群の70.0%では再発がなかった。再アブレーションはRFCA群の3.3%、CBA群の24.3%で施行した。RAF患者に対するRFCAは、CBAよりも長期転帰が良好であり、合併症を増加させないことが示された。

  • Okada M, Fujii K, Inoue K, Tanaka K, Matsunaga-Lee Y, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Iwakura K .  Multiple Shifts of the Earliest Retrograde Atrial Activation Site Along the Tricuspid Annulus During the Fast-Slow Form of Atrioventricular Nodal Reentrant Tachycardia by Radiofrequency Modification .  International Heart Journal60 ( 3 ) 761 - 767   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 インターナショナル・ハート・ジャーナル刊行会  

    <p>A 70-year-old woman was admitted for treatment of supraventricular tachycardia. Ventriculoatrial conduction was revealed through programmed ventricular stimulation; the coronary sinus ostium (CSos) was the earliest atrial activation site. The fast-slow forms of atrioventricular nodal reentrant tachycardia (AVNRT) were induced by ventricular extra-stimuli. During tachycardia, the earliest atrial activation site was located at the bottom of CSos. Radiofrequency (RF) energy application to this site resulted in the delay of local electrical potential, prolongation of tachycardia cycle length, and a shift of the earliest retrograde activation site to the roof of CSos. Subsequent ablation induced a similar shift to the inferior tricuspid annulus and to the right posterior septum. Finally, RF energy application to the right posterior septum resulted in the termination of tachycardia, which was not induced afterward. Multiple shifts in the earliest retrograde atrial activation site along the tricuspid annulus after each slow pathway ablation suggested that annular tissue plays a substantial role as a substrate for AVNRT.</p>

    DOI: 10.1536/ihj.18-406

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Sakata Y, Fujii K .  Left Atrial Reverse Remodeling After Catheter Ablation of Nonparoxysmal Atrial Fibrillation in Patients With Heart Failure With Reduced Ejection Fraction .  American Journal of Cardiology122 ( 1 ) 89 - 96   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2018.03.026

    Scopus

    PubMed

  • Ninomiya Y, Hamasaki S, Nomoto Y, Kawabata T, Fukumoto D, Yoshimura A, Imamura S, Ogawa M, Shiramomo Y, Kawaida K, Yotsumoto G, Suzuyama H, Nishigami K, Sakamoto T, Ohishi M .  A case of acute coronary syndrome caused by delayed coronary ischemia after transcatheter aortic valve implantation .  Journal of Cardiology Cases17 ( 4 ) 107 - 110   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cardiology Cases  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2017.11.003

    Scopus

    PubMed

  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Sakata Y, Fujii K .  Efficacy and Safety of Figure-of-Eight Suture for Hemostasis After Radiofrequency Catheter Ablation for Atrial Fibrillation .  Circulation Journal82 ( 4 ) 956 - 964   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-1213

  • Ichiki H, Oketani N, Ishida S, Iriki Y, Okui H, Maenosono R, Namino F, Ninomiya Y, Miyata M, Hamasaki S, Tei C .  The incidence of asymptomatic cerebral microthromboembolism after atrial fibrillation ablation: comparison of warfarin and dabigatran. .  Pacing and clinical electrophysiology : PACE36 ( 11 ) 1328 - 35   2013年11月

     詳細を見る

  • Maenosono R, Oketani N, Ishida S, Iriki Y, Ichiki H, Okui H, Ninomiya Y, Hamasaki S, Namino F, Matsushita M, Tei C, Hashiguchi T .  Effectiveness of esophagus detection by three-dimensional electroanatomical mapping to avoid esophageal injury during ablation of atrial fibrillation. .  Journal of cardiology60 ( 2 ) 119 - 25   2012年8月

     詳細を見る

  • Ichiki H, Oketani N, Ishida S, Iriki Y, Okui H, Maenosono R, Ninomiya Y, Matsushita T, Miyata M, Hamasaki S, Tei C .  Incidence of asymptomatic cerebral microthromboembolism after atrial fibrillation ablation guided by complex fractionated atrial electrogram. .  Journal of cardiovascular electrophysiology23 ( 6 ) 567 - 73   2012年6月

  • Iriki Y, Ishida S, Oketani N, Ichiki H, Okui H, Ninomiya Y, Maenosono R, Matsushita T, Miyata M, Hamasaki S, Tei C .  Relationship between clinical outcomes and unintentional pulmonary vein isolation during substrate ablation of atrial fibrillation guided solely by complex fractionated atrial electrogram mapping. .  Journal of cardiology58 ( 3 ) 278 - 86   2011年11月

     詳細を見る

  • Iriki Yasuhisa, Ishida Sanemasa, Oketani Naoya, Ichiki Hitoshi, Okui Hideki, Ninomiya Yuichi, Maenosono Ryuichi, Matsushita Takehiko, Miyata Masaaki, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  コンプレックス細分化心房電位図のみでガイドした心房細動基質アブレーションでの臨床成績と偶発的肺静脈隔離との関連性(Relationship between clinical outcomes and unintentional pulmonary vein isolation during substrate ablation of atrial fibrillation guided solely by complex fractionated atrial electrogram mapping) .  Journal of Cardiology58 ( 3 ) 278 - 286   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    標的コンプレックス細分化心房電位図(CFAE)領域のみでガイドされた心房細動(AF)アブレーションの有効性を評価し、その臨床的有効性に、偶発的肺静脈(PV)隔離との関係性について検討した。CFAEアブレーションを受けた連続患者100名(年齢59±11歳、発作性AF 54例、持続性AF 35例、長期持続性AF 11例)を対象とした。アブレーションの前後にPV電位(PVP)を記録した。体内式電気除細動によってアブレーション前に洞調律を維持できなかった、および/または肺静脈隔離(PVI)の既往があった39例を除外した後に、PVPを分析した。発作性AFの98%、持続性AFの80%、長期持続性AFの55%がアブレーション中に停止した。Nifekalant(0.3〜0.6mg/kg)は、それぞれ30%、57%、83%に投与された。PV近傍CFAEの共通領域は、右PV前部、左PV後部、左心耳の隆起部であった。61例(発作性42例、持続性19例)における215のPVで、17PV(8%)だけが偶発的に隔離された。PVPへの心房電位は、13%のPVにおいて遷延した。少なくとも12ヵ月の追跡調査(23±5ヵ月)後、発作性AFの65%(薬剤併用11%)、持続性AFの54%(薬剤併用37%)、長期AFの45%(薬剤併用60%) の患者は、1セッションの後、心房性不整脈を発症しなかった。CFAEアブレーションは、PV隔離をすることなく高い確率でAFを停止させ、優れた臨床成績を示した。

  • Iriki Y, Ishida S, Oketani N, Okui H, Ichiki H, Ninomiya Y, Kataoka T, Hamasaki S, Tei C .  Catheter ablation of persistent atrial fibrillation solely guided by complex fractionated atrial electrograms in a patient with persistent left superior vena cava. .  Journal of cardiology cases1 ( 3 ) e154 - e157   2010年6月

  • Ichiki H, Hamasaki S, Nakasaki M, Ishida S, Yoshikawa A, Kataoka T, Ogawa M, Saihara K, Okui H, Orihara K, Shinsato T, Oketani N, Shirasawa T, Ninomiya Y, Kuwahata S, Fujita S, Takumi T, Iriki Y, Yoshino S, Matsushita T, Tei C .  Relationship between hyperglycemia and coronary vascular resistance in non-diabetic patients. .  International journal of cardiology141 ( 1 ) 44 - 8   2010年5月

  • Saihara K, Hamasaki S, Ishida S, Kataoka T, Yoshikawa A, Orihara K, Ogawa M, Oketani N, Fukudome T, Atsuchi N, Shinsato T, Okui H, Kubozono T, Ichiki H, Kuwahata S, Mizoguchi E, Fujita S, Takumi T, Ninomiya Y, Tomita K, Tei C .  Enjoying hobbies is related to desirable cardiovascular effects. .  Heart and vessels25 ( 2 ) 113 - 20   2010年3月

     詳細を見る

  • Kuwahata S, Fujita S, Orihara K, Hamasaki S, Oba R, Hirai H, Nagata K, Ishida S, Kataoka T, Oketani N, Ichiki H, Iriki Y, Saihara K, Okui H, Ninomiya Y, Tei C .  High expression level of Toll-like receptor 2 on monocytes is an important risk factor for arteriosclerotic disease. .  Atherosclerosis209 ( 1 ) 248 - 54   2010年3月

  • Saihara Keishi, Hamasaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Kataoka Tetsuro, Yoshikawa Akiko, Orihara Koji, Ogawa Masakazu, Oketani Naoya, Fukudome Tsuyoshi, Atsuchi Nobuhiko, Shinsato Takuro, Okui Hideki, Kubozono Takuro, Ichiki Hitoshi, Kuwahata So, Mizoguchi Etsuko, Fujita Shoji, Takumi Takuro, Ninomiya Yuichi, Tomita Kaai, Tei Chuwa .  趣味は心血管系に好影響を与える(Enjoying hobbies is related to desirable cardiovascular effects) .  Heart and Vessels25 ( 2 ) 113 - 120   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    趣味が冠動脈内皮機能と心血管系予後に与える影響について調べた。ほぼ正常冠動脈の患者121例を対象として研究を行った。アンケート調査により趣味あり群(n=71、平均年齢60.4±11.9歳)と趣味なし群(n=50、平均年齢64.3±13.8)に分け、平均追跡期間916±515日における主要血管事故を比較した。なお、冠動脈左前下行枝のDoppler血流測定では、アセチルコリンによる冠動脈拡張反応は趣味あり群が趣味なし群より有意に大であった。追跡期間中の主要心血管事故は、趣味あり群2例、趣味なし群9例であり、趣味あり群の方が有意に低率であった(P<0.01)。

  • Ninomiya Y, Iriki Y, Ishida S, Oketani N, Matsushita T, Ichiki H, Okui H, Kataoka T, Yoshikawa A, Ogawa M, Saihara K, Shinsato T, Miyata M, Hamasaki S, Tei C .  Usefulness of the adenosine triphosphate with a sufficient observation period for detecting reconduction after pulmonary vein isolation. .  Pacing and clinical electrophysiology : PACE32 ( 10 ) 1307 - 12   2009年10月

  • Yoshida N, Yamada T, Murakami Y, Okada T, Ninomiya Y, Toyama J, Yoshida Y, Tsuboi N, Muto M, Inden Y, Hirai M, Murohara T .  Vagal modification can also help prevent late recurrence of atrial fibrillation after segmental pulmonary vein isolation. .  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society73 ( 4 ) 632 - 8   2009年4月

     詳細を見る

  • Yoshida Naoki, Yamada Takumi, Murakami Yoshimasa, Okada Taro, Ninomiya Yuichi, Toyama Junji, Yoshida Yukihiko, Tsuboi Naoya, Muto Masahiro, Inden Yasuya, Hirai Makoto, Murohara Toyoaki .  迷走神経性調節は部分的肺静脈隔離術後の心房細動晩期再発抑制を促進できる(Vagal Modification Can Also Help Prevent Late Recurrence of Atrial Fibrillation After Segmental Pulmonary Vein Isolation) .  Circulation Journal73 ( 4 ) 632 - 638   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    4本の肺静脈をカテーテルで電気的隔離した発作性心房細動患者77例を対象として隔離術直後及び1、3、6ヵ月後にHolter心電図を記録し、心拍数変動性から迷走神経活動を評価した。77例中51例は心房細動再発がなく(A群)、26例は心房細動の晩期再発があった(B群)。迷走神経活動性を示す標識はA群の方がB群より有意に低く、多変量解析によると迷走神経活動標識は心房細動再発に対する独立予知因子であった。

  • Ichiki H, Orihara K, Hamasaki S, Ishida S, Oketani N, Iriki Y, Ninomiya Y, Okui H, Kuwahata S, Fujita S, Matsushita T, Yoshifuku S, Oba R, Hirai H, Nagata K, Tei C .  The role of infection in the development of non-valvular atrial fibrillation: up-regulation of Toll-like receptor 2 expression levels on monocytes. .  Journal of cardiology53 ( 1 ) 127 - 35   2009年2月

     詳細を見る

  • Ichiki Hitoshi, Orihara Koji, Hamasaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Oketani Naoya, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Okui Hideki, Kuwahata So, Fujita Shoji, Matsushita Takehiko, Yoshifuku Shiro, Oba Ryutaro, Hirai Hiroyuki, Nagata Kinya, Tei Chuwa .  非弁膜性心房細動の発現における感染の役割 単球上のToll様受容体2発現レベルの上方調節(The role of infection in the development of non-valvular atrial fibrillation: Up-regulation of Toll-like receptor 2 expression levels on monocytes) .  Journal of Cardiology53 ( 1 ) 127 - 135   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    Toll様受容体2(TLR2)発現の、非弁膜性心房細動(AF)患者における上方調節について検討した。カテーテルアブレーションのために入院している連続する非弁膜性AF 48例を対象とした。TLR2値についてはフローサイトメトリ法で分析し、洞調律のボランティア(対照群24例)と比較した。非弁膜性AF群のTLR2は対照群より有意に高かった。さらに、IL-6は非弁膜性AF患者の方が高かったが、CRPに両群間の有意差はみられなかった。肺静脈隔離術が奏効したAF 44例において、左心房容積指数はアブレーション1ヵ月後に有意に減少したが、TLR2とIL-6は減少しないことが認められた。感染性炎症が非弁膜性AFの病因に関与することを示した。

  • Matsushita T, Ishida S, Oketani N, Ichiki H, Ninomiya Y, Hamasaki S, Tei C .  A technique for diagnosis of accessory pathway using the H-H and A-A intervals of the first entrained cycle during ventricular overdrive pacing. .  The American journal of cardiology102 ( 2 ) 197 - 202   2008年7月

  • Okui H, Hamasaki S, Ishida S, Kataoka T, Orihara K, Fukudome T, Ogawa M, Oketani N, Saihara K, Shinsato T, Shirasawa T, Mizoguchi E, Kubozono T, Ichiki H, Ninomiya Y, Matsushita T, Nakasaki M, Tei C .  Adiponectin is a better predictor of endothelial function of the coronary artery than HOMA-R, body mass index, immunoreactive insulin, or triglycerides. .  International journal of cardiology126 ( 1 ) 53 - 61   2008年5月

  • Ninomiya Y, Hamasaki S, Saihara K, Ishida S, Kataoka T, Ogawa M, Orihara K, Oketani N, Fukudome T, Okui H, Ichiki T, Shinsato T, Kubozono T, Mizoguchi E, Ichiki H, Tei C .  Comparison of effect between nitrates and calcium channel antagonist on vascular function in patients with normal or mildly diseased coronary arteries. .  Heart and vessels23 ( 2 ) 83 - 90   2008年3月

     詳細を見る

  • Ninomiya Yuichi, Hamasaki Shuichi, Saihara Keishi, Ishida Sanemasa, Kataoka Tetsuro, Ogawa Masakazu, Orihara Koji, Oketani Naoya, Fukudome Tsuyoshi, Okui Hideki, Ichiki Tomoko, Shinsato Takuro, Kubozono Takuro, Mizoguchi Etsuko, Ichiki Hitoshi, Tei Chuwa .  正常冠動脈または軽症冠動脈疾患患者における血管機能に対する硝酸塩とCaチャネル拮抗薬の比較(Comparison of effect between nitrates and calcium channel antagonist on vascular function in patients with normal or mildly diseased coronary arteries) .  Heart and Vessels23 ( 2 ) 83 - 90   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    正常冠動脈または軽症冠動脈疾患があり狭心症の疑いがある患者42例(女15、男27、年齢63±12歳)を対象として検討した。42例中18例は1年以上(平均2.5年)硝酸塩を服用、24例は1年以上(平均2.3年)Ca拮抗薬を服用中であった。左前下行枝血流速度をDoppler法で測定し、血管反応性は冠動脈内にパパヴェリン、アセチルコリン(Ach)、ニトログリセリンを投与することによって評価した。少量のAch投与による冠血流及び冠動脈径の%増加は硝酸塩群がCa拮抗薬群より有意に小で、大量のAch投与時の血管収縮反応(最大血管収縮を示した区域の血管径%減少)は硝酸塩群がCa拮抗薬群より有意に大であった。すなわち、長期硝酸塩投与の内皮機能に対する作用は長期Ca拮抗薬投与と比較して劣っていた。

  • 佐々木 雄一, 市來 仁志, 石田 実雅, 桶谷 直也, 二宮 雄一, 奥井 英樹, 片岡 哲郎, 小川 正一, 才原 啓司, 松下 毅彦, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  濃厚な突然死の家族歴を有する無症候性Brugada症候群の1例 .  心臓40 ( 3 ) 294 - 297   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は49歳男性。Brugada様心電図を指摘され、近医受診。無症候性であるが濃厚な突然死の家族歴を有するため、当科紹介入院、器質的心疾患は否定的で、一般検査に異常所見はなく、常用薬もなかった。心電図V1〜3で、saddle back type(type 2)のST上昇を呈しており、ピルジカイニド負荷試験でcoved type(type 1)へと変化し、心臓電気生理検査で、右室流出路2連期外刺激で心室細動が誘発された。最近のわが国の多施設共同研究の結果では、無症候例においては唯一、突然死やブルガダ症候群の家族歴の有無がその後の心事故の有意な予測因子であった。まだ議論の分かれるところであるが、無症候例でもtype 1心電図変化とともに突然死やブルガダ症候群の家族歴を伴う症例の予後は不良と考えられ、本症例では植込み型除細動器(ICD)を植え込んで経過観察中である。(著者抄録)

  • Yamada T, Murakami Y, Okada T, Yoshida N, Ninomiya Y, Toyama J, Yoshida Y, Tsuboi N, Inden Y, Hirai M, Murohara T, McElderry HT, Epstein AE, Plumb VJ, Kay GN .  Non-pulmonary vein epicardial foci of atrial fibrillation identified in the left atrium after pulmonary vein isolation. .  Pacing and clinical electrophysiology : PACE30 ( 11 ) 1323 - 30   2007年11月

  • 有川 亮, 二宮 雄一, 八反田 和美, 石田 実雅, 桶谷 直也, 市來 仁志, 奥井 英樹, 片岡 哲郎, 植屋 奈美, 平川 立身, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  電気的除細動と肺静脈隔離術により洞調律を維持し心機能が著明に改善した心房細動による頻脈誘発性心筋症の1例 .  心臓39 ( 10 ) 902 - 906   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は57歳、男性。2006年4月、夜間の起座呼吸が出現したため、近医受診。心房細動、高度の左室機能低下、肺うっ血を認め、即日入院。保存的加療で心不全は改善。心臓カテーテル検査を施行されたが、冠動脈に有意狭窄はなく、2次性心筋症をきたす基礎疾患も認められず拡張型心筋症と診断。心房細動に対しては、アミオダロン内服開始後、電気的除細動で洞調律化されたが、その後も心房細動を繰り返し、左室機能低下も遷延したため当科へ紹介入院。入院後、心房細動に対するカテーテルアブレーションによる肺静脈隔離術を施行。以後、再発はなく左室機能低下も徐々に改善し、心不全の出現もなく経過している。心房細動による頻脈誘発性心筋症に対し、除細動、肺静脈隔離術を行って洞調律を維持することにより著明な心機能改善を認めた症例を報告する。(著者抄録)

  • Mizoguchi E, Orihara K, Hamasaki S, Ishida S, Kataoka T, Ogawa M, Saihara K, Okui H, Fukudome T, Shinsato T, Shirasawa T, Ichiki H, Kubozono T, Ninomiya Y, Otsuji Y, Tei C .  Association between Toll-like receptors and the extent and severity of coronary artery disease in patients with stable angina. .  Coronary artery disease18 ( 1 ) 31 - 8   2007年2月

  • Ichiki H, Oketani N, Hamasaki S, Ishida S, Kataoka T, Ogawa M, Saihara K, Okui H, Fukudome T, Shinasato T, Kubozono T, Ninomiya Y, Matsushita T, Otsuji Y, Tei C .  Effect of right ventricular apex pacing on the Tei index and brain natriuretic peptide in patients with a dual-chamber pacemaker. .  Pacing and clinical electrophysiology : PACE29 ( 9 ) 985 - 90   2006年9月

  • Ninomiya Y, Hamasaki S, Ishida S, Kataoka T, Saihara K, Okui H, Orihara K, Fukudome T, Shinsato T, Ichiki T, Mizoguchi E, Otsuji Y, Tei C .  Elevated levels of brain natriuretic peptide as a predictor of impaired coronary endothelial function in patients with left ventricular remodeling. .  Journal of cardiology48 ( 3 ) 125 - 32   2006年9月

     詳細を見る

  • Saihara K, Hamasaki S, Okui H, Biro S, Ishida S, Yoshikawa A, Kataoka T, Ninomiya Y, Mizoguchi E, Ichiki T, Otsuji Y, Tei C .  Association of coronary shear stress with endothelial function and vascular remodeling in patients with normal or mildly diseased coronary arteries. .  Coronary artery disease17 ( 5 ) 401 - 7   2006年8月

  • Kataoka T, Hamasaki S, Ishida S, Saihara K, Okui H, Fukudome T, Shinsato T, Mizoguchi E, Ninomiya Y, Otsuji Y, Minagoe S, Tei C .  Contribution of increased minimal coronary resistance and attenuated vascular adaptive remodeling to myocardial ischemia in patients with systemic hypertension and ventricular hypertrophy. .  The American journal of cardiology94 ( 4 ) 484 - 7   2004年8月

▼全件表示

書籍等出版物

  • むかしの頭で診ていませんか?総合内科診療をスッキリまとめました-内科外来の隙間を埋めます!

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 7 抗血小板薬と抗凝固役を使うとき)

    南江堂  2021年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:43-51   記述言語:日本語

  • 本日の内科外来

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 51 下肢の浮腫-片足だけか,両足か)

    南江堂  2018年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:168-170   記述言語:日本語

  • 本日の内科外来

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 25 心房細動-抗凝固療法の適応を判断)

    南江堂  2018年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:82-84   記述言語:日本語

  • 本日の内科外来

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 36 労作時の息切れ-心不全,喘息など)

    南江堂  2018年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:117-120   記述言語:日本語

  • 本日の内科外来

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 39 脈が速い-洞頻脈)

    南江堂  2018年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:129-130   記述言語:日本語

  • Electrocardiography A to Z 心電図のリズムと波を見極める

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 呼吸不整脈)

    日本医師会  2015年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:178-179  

  • Electrocardiography A to Z 心電図のリズムと波を見極める

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 洞徐脈)

    日本医師会  2015年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:182-183  

  • Electrocardiography A to Z 心電図のリズムと波を見極める

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 洞頻脈)

    日本医師会  2015年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:180-181  

  • サブウェイ循環器病ファイル-すぐそこにある診療のヒント-

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 1 Ⅱ音の亢進は意味があるか?)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2014年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-4   記述言語:日本語

  • サブウェイ循環器病ファイル-すぐそこにある診療のヒント-

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 53 ジギタリスを使うとき)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2014年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:198-200   記述言語:日本語

  • サブウェイ循環器病ファイル-すぐそこにある診療のヒント-

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 44 心房細動のカテーテルアブレーションとは?)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2014年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:162-164   記述言語:日本語

  • サブウェイ循環器病ファイル-すぐそこにある診療のヒント-

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 38 発作性心房細動も血栓塞栓症のリスクがあるという意味)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2014年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:144-146   記述言語:日本語

  • サブウェイ循環器病ファイル-すぐそこにある診療のヒント-

    二宮雄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 25 ドパミンの低用量投与は心不全に有効か?)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2014年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:97-98   記述言語:日本語

▼全件表示

MISC

  • MEDI QUIZ 心電図

    二宮雄一

    日経メディカル   50 ( 3 )   19 - 20   2021年3月

  • Entrainment法を用いて心外膜-心筋層内に存在する必須緩徐伝導部位を同定し、対側心内膜からの通電で治療に成功した持続性心室頻拍の1例

    岡田 真人, 井上 耕一, 田中 耕史, 二宮 雄一, 平尾 優子, 岡 崇史, 田中 宣暁, 井上 裕之, 北垣 諒, 岩倉 克臣, 藤井 謙司

    心臓   51 ( Suppl.1 )   189 - 197   2019年12月

  • AVリング上の複数領域にわたり逆行性slow pathwayの心房端を認めたfast-slow AVNRTの1例

    岡田 真人, 田中 耕史, 松永 泰治, 二宮 雄一, 平尾 優子, 岡 崇史, 田中 宣暁, 井上 裕之, 中丸 遼, 井上 耕一

    心臓   50 ( Suppl.2 )   54 - 60   2018年12月

  • 【不整脈診療-ずっと疑問・まだ疑問】不整脈診療のベーシック 心拍数が安定した心房粗動はそのままでいいのか

    二宮 雄一

    循環器ジャーナル   65 ( 3 )   423 - 430   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <Point>心房粗動は,250〜350/分の心房興奮頻度の規則正しい粗動波を特徴とする上室頻拍と定義される.心拍数が安定している心房粗動においても,心機能を維持するために心房の担っている機能は可能な限り温存することが望ましい.つまり,洞調律化を狙うべきであると考える.「通常型」心房粗動であれば,解剖学的峡部のアブレーションで90%程度の高い成功率で治癒を期待できる.(著者抄録)

  • 歯磨きすると幸せになるか?

    二宮雄一

    メディカル朝日   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Catheter ablation of atrial fibrillation guided by complex fractionated atrial electrogram mapping with or without pulmonary vein isolation

    Oketani N, Ichiki H, Iriki Y, Okui H, Maenosono R, Namino F, Ninomiya Y, Ishida S, Hamasaki S, Tei C

    Journal of Arrhythmia   28 ( 6 )   311 - 323   2012年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Miyahara H, Ohishi M .  Gender-Specific Relationship between Abdominal Obesity and New-Onset Atrial Fibrillation in the General Japanese Population .  第85回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • Iriki Y, Ichiki H, Ninomiya Y, Enokizono K, Yuasa T, Horizoe Y, Hamamoto Y, Ohishi M .  Is Atrial Septal Puncture Safe in Atrial Fibrillation Ablation? .  第85回 日本循環器学会学術集会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 中原淳志, 大坪稔拓, 榎園 圭, 二宮雄一, 赤﨑雄一, 市來仁志, 大石 充. .  神経調節性失神との鑑別のためにチルト試験が有用であった体位性起立頻脈症候群の一例. .  第129回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二宮雄一 .  ONE TEAM で挑む心房細動の治療戦略. .  6th Arrhythmia Summit in Kyushu 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Ichiki H, Kubozono T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Gender-specific relationship between abdominal obesity and prevalence of new-onset atrial fibrillation in the general Japanese population. .  ESC congress 2020-The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 波野 史典, 山口 宗一, 前之園 隆一, 入來 泰久, 二宮 雄一, 市來 仁志, 政元 いずみ, 大石 充, 堀内 正久, 橋口 照人, 丸山 征郎 .  心房細動アブレーション治療における可溶性トロンボモジュリンと循環miRNAの動態 .  第66回 日本臨床検査医学会学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • Ninomiya Y, Inoue K, Ichiki H, Iriki Y, Tanaka K, Onishi T, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  First-pass isolation is associated with durability of pulmonary vein isolation and has impact on atrial ?brillation ablation outcomes. .  American Heart Association Scientific Sessions 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philadelphia, USA  

  • 坂上友梨,入來泰久,二宮雄一,市來仁志,池田義之,大石 充. .  心房静止を診断しペースメーカ設定変更が有用であった 1 例. .  第327回 日本内科学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀市  

  • Ichiki H, Ninomiya Y, Iriki Y, Ohishi M. .  Approach to asymptomatic cerebral microthromboembolism after atrial fibrillation ablation. .  The 12th APHRS(Asia Pacific Heart Rhythm Society) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok, Thailand  

  • 川浪優,入來泰久,樋口公嗣,市來仁志,二宮雄一,湯淺敏典,大石 充. .  房室ブロックを契機に心ファブリー病を診断し植込型除細動器を必要とした 2 症例. .  第67回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • Okada M, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K, Inoue K. .  Post-procedural plasma brain natriuretic peptide level early after catheter ablation predicts the future clinical outcome in patients with persistent atrial ?brillation and reduced ejection fraction. .  European Society of Cardiology(ESC) Congress 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris, France  

  • Kitagaki R, Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Onishi T, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Takayasu K, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Elevated baseline brain natriuretic peptide level was associated with poor outcome after multiple catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation. .  European Society of Cardiology(ESC) Congress 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris, France  

  • 二宮雄一,入來泰久,市來仁志,大石 充. .  心房細動アブレーション後のアウトカムに心臓周囲脂肪は関係しているのか? .  Kyushu Cardio-Vascular Research Forum 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

  • Ninomiya Y, Inoue K, Tanaka K, Onishi T, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Takayasu K, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  First-pass isolation is associated with durability of pulmonary vein isolation and has impact on atrial fibrillation ablation outcomes. .  第66回 日本不整脈心電学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • Tanaka N, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Onishi T, Hirao Y, Oka T, Okada M, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K. .  Automated ablation annotation algorithm improves learning curve for pulmonary vein isolation. .  第66回 日本不整脈心電学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • Kitagaki R, Inoue K, Tanaka N, Tanaka K, Ninomiya Y, Onishi T, Oka T, Hirao Y, Okada M, Inoue H, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K. .  Predictors of spontaneous echocardiography contrast in atrial fibrillation patients before catheter ablation. .  第66回 日本不整脈心電学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Baseline predictors for recovery in left atrial function after catheter ablation for non-paroxysmal atrial ?brillation. .  第66回 日本不整脈心電学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Onishi T, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Post-procedural plasma brain natriuretic peptide level predicts the recurrence after catheter ablation for persistent atrial ?brillation in patients with reduced ejection fraction. .  第66回 日本不整脈心電学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: 横浜市  

  • Inoue H, Inoue K, Kitagaki R, Okada M, Tanaka N, Oka T, Hirao Y, Ninomiya Y, Tanaka K, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K. .  Length of premature atrial contraction run after initially successful catheter ablation for atrial fibrillation is an independent predictor of future recurrence. .  The Heart Rhythm Society’s 40th Annual Scientific Sessions  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Recovery of atrial kick was associated with favorable long-term outcome after catheter ablation of non-paroxysmal atrial fibrillation. .  The Heart Rhythm Society’s 40th Annual Scientific Sessions  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Kitagaki R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Improvement in left atrial function was associated with long-term success after catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation. .  The Heart Rhythm Society’s 40th Annual Scientific Sessions  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA  

  • 井上裕之,井上耕一,北垣 諒,岡田真人,田中宣暁,岡 崇史,平尾優子,二宮雄一,田中耕史, 小山靖史,岩倉克臣,藤井謙司. .  Premature atrial contraction burden is a strong predictor of recurrence in long-term follow-up after catheter ablation for atrial ?brillation. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 岡田真人,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,岡 崇史,田中宣暁,井上裕之,高安幸太郎, 北垣 諒,岡村篤徳,小山靖史,岩倉克臣,藤井謙司. .  Effect of beta-blocker on left ventricular reverse remodeling after catheter ablation in atrial fibrillation patients with reduced ejection fraction. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 岡 崇史,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,田中宣暁,岡田真人,井上裕之,北垣 諒, 小山靖史,岡村篤徳,岩倉克臣,藤井謙司. .  Reduced left atrial function is associated with poor long-term outcome after catheter ablation to paroxysmal atrial fibrillation. .  第83回 日本循環器学会学術集会   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 岡 崇史,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,田中宣暁,岡田真人,井上裕之,北垣 諒, 小山靖史,岡村篤徳,岩倉克臣,藤井謙司. .  Predictive power of left atrial reverse remodeling for long-term recurrence after catheter ablation: Paroxysmal versus non-paroxysmal atrial fibrillation. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 岩倉克臣,岡村篤徳,小山靖史,井上耕一,岩本 睦,平尾優子,田中耕史,田中宣暁,岡 崇史, 住吉晃典,岡田真人,二宮雄一,井上裕之,田中康太,高安幸太郎,北垣 諒,藤井謙司. .  Effect of ultrasound frequency on global longitudinal strain measured by 2D speckle tracking. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 北垣 諒,井上耕一,田中耕史,二宮雄一,平尾優子,岡 崇史,田中宣暁,井上裕之,高安幸太郎, 岡村篤徳,小山靖史,岩倉克臣,藤井謙司. .  Non-paroxysmal atrial fibrillation was associated with obstructive sleep apnea in patients receiving catheter ablation. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • Ninomiya Y, Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Fujii K. .  Peri-atrial epicardial adipose tissue is associated with atrial fibrillation ablation outcomes. .  European Society of Cardiology (ESC) Congress 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:München, Germany  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Strong association between improved left atrial function and long-term success after catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation. .  European Society of Cardiology (ESC) Congress 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:München, Germany  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura O, Iwakura K, Fujii K. .  Right atrial and ventricular reverse remodeling after catheter ablation to non-paroxysmal atrial fibrillation. .  European Society of Cardiology (ESC) Congress 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:München, Germany  

  • Inoue K, Oka T, Nakamaru R, Tanaka K, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Ninomiya Y, Kitagaki R, Iwakura K, Fujii K. .  Non-pulmonary vein triggers in patients with persistent atrial fibrillation; their prevalence, distribution, and impact on outcome. .  European Society of Cardiology (ESC) Congress 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:München, Germany  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Favorable impact of atrial kick recovery on long-term outcome after catheter ablation to non-paroxysmal atrial fibrillation. .  European Society of Cardiology (ESC) Congress 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:München, Germany  

  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Takayasu K, Nakamaru R, Kitagaki R, Koyama K, Iwakura K, Fujii K. .  Prevalence, predictors, and clinical outcome of left ventricular reverse remodeling after catheter ablation for atrial fibrillation in patients with reduced ejection fraction. .  European Society of Cardiology (ESC) Congress 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:München, Germany  

  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K .  Prevalence and predictors of left ventricular reverse remodeling after catheter ablation for atrial fibrillation in patients with reduced ejection fraction. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Improvement in left atrial reservoir function after catheter ablation for non-paroxysmal atrial fibrillation was associated with subsequent favorable clinical outcome. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K .  Residual inducibility of atrial arrhythmia by burst pacing was associated with long-term recurrence after catheter ablation for non-paroxysmal atrial fibrillation. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Ninomiya Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K. .  Very long term outcome after long-term success of catheter ablation for persistent atrial fibrillation .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Tanaka N, Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Oka T, Ninomiya Y, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Takayasu K, Kitagaki R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K. .  Is treatment for paroxysmal atrial fibrillation with second-generation cryoballoon ablation more reproducible than that with contact force guided radiofrequency ablation? .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Takayasu K, Nakamaru R, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Iwakura K, Fujii K. .  Premature atrial contractions originating from non-pulmonary veins: are they targets for additional ablation after pulmonary vein isolation? .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Tanaka N, Inoue K, Shizuta S, Kobori A, Morimoto T, Kurotobi T, Morishima I, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Kitagaki R, Iwakura K, Fujii K, Kimura T. .  Gender differences in the efficacy and outcome of atrial fibrillation ablation: insights from the kansai plus atrial fibrillation (KPAF) registry. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Inoue H, Tanaka N, Koyama Y, Inoue K, Nakamaru R, Okada M, Oka T, Hirao Y, Ninomiya Y, Tanaka K, Iwakura K, Fujii K. .  Prevalence and prognosis of asymptomatic coronary artery disease in patients undergoing catheter ablation for atrial fibrillation. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 中丸 遼, 井上 耕一, 田中 耕史, 二宮 雄一, 平尾 優子, 岡 崇史, 田中 宣暁, 岡田 真人, 井上 裕之, 岩倉 克臣, 藤井 謙司 .  心房細動アブレーション後急性期再発に対する除細動後の洞調律維持時間は再発予測因子となりうる .  第65回 日本心臓病学会学術集会  2017年9月  (一社)日本心臓病学会

  • 小川 正一, 濱崎 秀一, 二宮 雄一, 今村 春一, 吉村 あきの, 福元 大地, 川畑 孟子, 野元 裕太朗, 大石 充 .  冠動脈瘤治療の至適deviceとしてのBMSの選択 .  第26回 日本心血管インターベンション治療学会  2017年7月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Miyahara H, Ohishi M .  Gender-Specific Relationship between Abdominal Obesity and New-Onset Atrial Fibrillation in the General Japanese Population .  第85回 日本循環器学会学術集会  2021年3月  (一社)日本循環器学会

  • Iriki Y, Ichiki H, Ninomiya Y, Enokizono K, Yuasa T, Horizoe Y, Hamamoto Y, Ohishi M .  Is Atrial Septal Puncture Safe in Atrial Fibrillation Ablation? .  第85回 日本循環器学会学術集会  2021年3月  (一社)日本循環器学会

  • Tsurugida Masanori, Ninomiya Yuichi, Anzaki Kazuhiro, Hamasaki Shuichi .  血管内治療におけるまれな合併症に対する対応(Management to unusual complication in endovascular treatment) .  日本心血管インターベンション治療学会誌  2012年6月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

  • Iriki Yasuhisa, Oketani Naoya, Ichiki Hitoshi, Maenosono Ryuichi, Namino Fuminori, Ishida Sanemasa, Okui Hideki, Ninomiya Yuichi, Matsushita Takehiko, Miyata Masaaki, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  肺静脈隔離術後の基質領域の分布 Complex fractionated atrial electrogramガイド下での心房細動停止領域(Distribution of Substrate Areas after Pulmonary Vein Isolation: The Areas terminated Atrial Fibrillation Guided by Complex Fractionated Atrial Electrogram) .  Circulation Journal  2012年3月  (一社)日本循環器学会

  • Okui Hideki, Ichiki Hitoshi, Oketani Naoya, Iriki Yasuhisa, Ishida Sanemasa, Maenosono Ryuichi, Namino Fuminori, Ninomiya Yuichi, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  慢性心房細動における左心耳流速の意義(The Significance of Left Atrial Appendage Flow Speed in Chronic Atrial Fibrillation) .  Circulation Journal  2013年3月  (一社)日本循環器学会

  • Ninomiya Yuichi, Tsurugida Masanori, Anzaki Kazuhiro, Kihara Koichi, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  急性心筋梗塞の再灌流後の冠血流予備能が左室のリモデリングと機能に及ぼす影響(The Effect of Coronary Flow Reserve after Reperfusion of Acute Myocardial Infarction on Left Ventricular Remodeling and Function) .  Circulation Journal  2012年3月  (一社)日本循環器学会

  • Orihara Koji, Kuwahata So, Fujita Shyoji, Hamasaki Shuichi, Oba Ryutaro, Hirai Hiroyuki, Nagata Kinya, Ishida Sanemasa, Kataoka Tetsuro, Oketani Naoya, Ichiki Hitoshi, Iriki Yasuhisa, Saihara Keishi, Okui Hideki, Ninomiya Yuichi, Tei Chuwa .  心血管疾患の病因における慢性炎症の役割 アテローム性動脈硬化症および心房細動患者の慢性炎症に対するToll様受容体2の調節(Role of Chronic Inflammation in the Etiology of Cardiovascular Disease: Modulation of Toll-like Receptor 2 on Chronic Inflammation in Patients with Atherosclerosis and Atrial Fibrillation) .  Circulation Journal  2012年3月  (一社)日本循環器学会

  • 今村 春一, 武田 綾乃, 川畑 孟子, 吉元 一成, 福元 大地, 二宮 雄一, 小川 正一, 濱崎 秀一, 大石 充 .  心肺停止を繰り返す重症大動脈弁狭窄患者に血行動態を考慮したslow cardiac massageが有効であった症例 .  日本心血管インターベンション治療学会抄録集  2016年7月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

  • Tsurugida Masanori, Ninomiya Yuichi, Anzaki Kazuhiro, Hamasaki Shuichi .  分岐部病変に対してキッシングバルーンによる拡張は、不必要である ジェイルされた枝の虚血による評価(Kissing Balloon Dilatation of DES is unnecessary for Coronary Bifurcation Lesions: Evaluation by myocardial ischemia of jailed side branch) .  日本心血管インターベンション治療学会誌  2012年6月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

  • 剣田 昌伸, 二宮 雄一, 木原 浩一, 濱崎 秀一 .  インターベンション後の解離に対しバイパス術による血行再建を要した症例に対する一考察 .  日本心臓病学会誌  2012年8月  (一社)日本心臓病学会

  • Ninomiya Yuichi, Tsurugida Masanori, Anzaki Kazuhiro, Hamasaki Shuichi .  ST上昇型心筋梗塞症例における上腕動脈内皮機能と遠隔期左室リモデリングとの関連(The relationship between endothelial function and left ventricular remodeling in patients with ST-elevation myocardial infarction) .  日本心血管インターベンション治療学会誌  2012年6月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

  • 小川 正一, 二宮 雄一, 今村 春一, 福元 大地, 吉元 一成, 川畑 孟子, 武田 彩乃, 濱崎 秀一, 大石 充 .  Retro-grade approachのガイドワイヤーがマイクロカテ内で断裂したら、、、どうしましょう .  日本心血管インターベンション治療学会抄録集  2016年7月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

  • Ichiki Hitoshi, Oketani Naoya, Ishida Sanemasa, Iriki Yasuhisa, Okui Hideki, Maenosono Ryuichi, Ninomiya Yuichi, Matsushita Takehiko, Hamasaki Shuichi, Nademanee Koonlawee, Tei Chuwa .  3D画像技術に基づくカテーテルアブレーションの新しい世界 CARTO3およびCARTO SOUNDを使用した心房細動および心室頻拍の基質アブレーション中の3Dマッピングの貢献と限界(New World of the Catheter Ablation Based on 3D Imaging Technology: Contribution and Limitation of 3D Mapping During Substrate Ablation of Atrial Fibrillation and Ventricular Tachycardia using CARTO3 and CARTO SOUND) .  Circulation Journal  2012年3月  (一社)日本循環器学会

  • Tsurugida Masanori, Anzaki Kazuhiro, Ninomiya Yuichi, Kihara Koichi, Hamasaki Shuichi .  分岐部病変におけるKBTの有用性の検討 心筋シンチによる機能的評価(Simple Versus Kissing balloon Technique Strategy For Coronary Artery Bifurcation Lesions: Functional Evaluation Assessed By Myocardial Perfusion Scintigraphy) .  日本心血管インターベンション治療学会抄録集  2011年6月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Saihara Keishi, Hamasaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Yoshikawa Akiko, Kataoka Tetsuro, Ogawa Masakazu, Oketani Naoya, Okui Hideki, Niizato Takuro, Kubozono Takuro, Ichiki Hitoshi, Kuwahata So, Fujita Shoji, Ninomiya Yuichi, Takumi Takuro, Yoshino Satoshi, Tei Chuwa .  冠動脈疾患でない患者における冠動脈内皮機能、B型ナトリウム利尿ペプチド及びC反応性蛋白質の予後に与える影響(Prognostic Implications of Coronary Endothelial Function, B-type Natriuretic Peptide and C-reactive Protein in Patients without Coronary Artery Disease) .  Circulation Journal  2009年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Saihara Keishi, Hamasaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Yoshikawa Akiko, Kataoka Tetsuro, Ogawa Masakazu, Oketani Naoya, Okui Hideki, Niizato Takuro, Ichiki Hitoshi, Kubozono Takuro, Kuwahata So, Takumi Takuro, Ninomiya Yuichi, Fujita Shoji, Yoshino Satoshi, Tomita Kaai, Tei Chuwa .  冠動脈内膜機能異常患者の飲水に関連した心血管系イベントリスク 炎症性ストレスに与える影響(Cardiovascular Event Risk in relation to Water-intake in Patients with Coronary Endothelial Dysfunction: Effect on Inflammatory Stress) .  Circulation Journal  2009年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 剣田 昌伸, 濱崎 秀一, 安崎 和博, 二宮 雄一, 木原 浩一, 鄭 忠和 .  冠動脈ステントによりJailされた枝に対してPCIが必要か? 心筋シンチグラフィーによる検討 .  日本心臓病学会誌  2011年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 木村 崇, 入來 泰久, 奥井 英樹, 二宮 雄一, 石田 実雅, 石澤 宗純, 中崎 満浩, 鄭 忠和 .  アミオダロン誘発性甲状腺中毒症により持続性心室頻拍を認めた一例 .  日本内分泌学会雑誌  2008年9月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 入來 泰久, 石田 実雅, 市來 仁志, 二宮 雄一, 桶谷 直也, 奥井 英樹, 松下 毅彦, 片岡 哲郎, 小川 正一, 才原 啓司, 内匠 拓朗, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  QRS幅変動に伴うICD誤作動を認めた閉塞性肥大型心筋症の1症例 .  Journal of Arrhythmia  2008年4月  (一社)日本不整脈心電学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 入來 泰久, 市来 仁志, 石田 実雅, 桶谷 直也, 二宮 雄一, 奥井 英樹, 片岡 哲郎, 小川 正一, 才原 啓司, 内匠 拓朗, 松下 毅彦, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  QRS幅変動に伴うICD誤作動を認めた閉塞性肥大型心筋症の1症例 .  Circulation Journal  2008年4月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 市來 仁志, 入來 泰久, 折原 弘治, 石田 実雅, 濱崎 秀一, 二宮 雄一, 奥井 英樹, 桶谷 直也, 松下 毅彦, 才原 啓司, 小川 正一, 片岡 哲郎, 大葉 龍太郎, 平井 博之, 永田 欽也, 鄭 忠和 .  Non-valvular AF症例における単球膜上のToll-like receptor2発現量の末梢静脈採血と左房採血での比較検討 .  日本心臓病学会誌  2008年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 市來 仁志, 石田 実雅, 桶谷 直也, 濱崎 秀一, 二宮 雄一, 奥井 英樹, 片岡 哲郎, 小川 正一, 才原 啓司, 松下 毅彦, 折原 弘治, 大場 龍太郎, 平井 博之, 永田 欽也, 鄭 忠和 .  Non-valvular AF症例におけるアブレーション前後の単球膜上のToll-like receptor2発現量およびLA volume indexの比較検討 .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 入來 泰久, 石田 実雅, 桶谷 直也, 市來 仁志, 奥井 英樹, 二宮 雄一, 前之園 隆一, 松下 毅彦, 宮田 昌明, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  Complex Fractionated Atrial Electrogramマッピング単独ガイド下での心房細動に対する器質アブレーション時の意図していなかった肺静脈隔離術と臨床アウトカムの関係(Relationship Between Clinical Outcomes and Unintentional Pulmonary Vein Isolation During Substrate Ablation of Atrial Fibrillation Guided Solely by Complex Fractionated Atrial Electrogram Mapping) .  日本心臓病学会誌  2011年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 入來 泰久, 桶谷 直也, 石田 実雅, 市來 仁志, 奥井 英樹, 二宮 雄一, 前之園 隆一, 松下 毅彦, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  CFAEアブレーションによるAFの停止効果について .  日本心臓病学会誌  2010年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ichiki Hitoshi, Oketani Naoya, Ishida Sanemasa, Okui Hideki, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Maenosono Ryuichi, Matsushita Takehiko, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  AF/AFL/AT アブレーション CFAEガイド下AFアブレーション後の微小脳内血栓塞栓症の発生(AF/AFL/AT: Ablation The Incidence of Cerebral Micro Thromboembolism after AF Ablation Guided by CFAE) .  心電図  2011年9月  (一社)日本不整脈心電学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Ichiki Hitoshi, Oketani Naoya, Ishida Sanemasa, Okui Hideki, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Maenosono Ryuichi, Matsushita Takehiko, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  AF/AFL/AT アブレーション コンプレックス細分化心房電位図法(CFAE)ガイド下心房細動アブレーション後の脳微小血栓塞栓症の発生率(AF/AFL/AT: Ablation The Incidence of Cerebral Micro Thromboembolism after AF Ablation Guided by CFAE) .  Journal of Arrhythmia  2011年9月  (一社)日本不整脈心電学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 嘉川 亜希子, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 小川 正一, 才原 啓司, 奥井 英樹, 折原 弘治, 新里 拓郎, 窪薗 琢郎, 桑波田 聡, 溝口 悦子, 市来 仁志, 藤田 祥次, 二宮 雄一, 鄭 忠和 .  加齢に伴う冠動脈血管内皮機能低下にはAsymmetric dymetylargine(ADMA)が関与する .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ichiki Hitoshi, Orihara Kouji, Ishida Sanemasa, Oketani Naoya, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Okui Hideki, Matsushia Takehiko, Fujita Shoji, Kuwahata So, Oba Ryutaro, Hirai Hiroyuki, Nagata Kinya, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  非弁膜症性心房細動に対するカテーテルアブレーション後の心房細動再発の予測バイオマーカー(Biomarkers to Predict the AF Recurrence after Catheter Ablation for Non-valvular Atrial Fibrillation) .  Circulation Journal  2009年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Iriki Yasuhisa, Orihara Koji, Ishida Sanemasa, Hamazaki Shuichi, Ichiki Hitoshi, Ninomiya Yuichi, Oketani Naoya, Okui Hideki, Saihara Keishi, Ogawa Masakazu, Kataoka Tetsuro, Matsushita Takehiko, Oba Ryutaro, Hirai Hiroyuki, Nagata Kinya, Tei Chuwa .  非弁膜症性心房細動におけるtoll-like receptor 2発現レベルのアップレギュレーション 末梢静脈と左心房からの血液検体の比較(Up-regulation of Toll-like Receptor 2 Expression Levels in non-Valvular AF: Comparison between blood samples from peripheral vein and left atrium) .  Circulation Journal  2008年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Ichiki Hitoshi, Orihara Koji, Ishida Sanemasa, Oketani Naoya, Ninomiya Yuichi, Ogawa Masakazu, Kataoka Tetsuro, Matsushita Takehiko, Hamazaki Shuichi, Tei Chuwa, Oba Ryutaro, Hirai Hiroyuki, Nagata Kinya .  非弁膜性心房細動患者におけるtoll-like receptor 2の発現(The Expression of Toll-like Receptor2 in Patients with Non-valvular Atrial Fibrillation) .  Circulation Journal  2007年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 嘉川 亜希子, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 小川 正一, 才原 啓司, 奥井 英樹, 折原 弘治, 新里 拓郎, 溝口 悦子, 窪園 琢郎, 桑波田 聡, 市来 仁志, 藤田 祥次, 二宮 雄一, 鄭 忠和 .  閉経後女性における血流依存性冠動脈拡張反応の予測因子 .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Yoshikawa Akiko, Hamazaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Kataoka Tetsuro, Ogawa Masakazu, Saihara Keishi, Okui Hideki, Niizato Takuro, Orihara Koji, Kubozono Takuro, Mizoguchi Etsuko, Kuwahata So, Fujita Shouji, Ninomiya Yuichi, Takumi Takuro, Tei Chuwa .  閉経後女性における卵胞刺激ホルモン(FSH)と冠動脈疾患(CAD)との関連(The Relationship Between Follicle Stimulating Hormone(FSH) and Coronary Artery Disease(CAD) in Postmenopausal Women) .  Circulation Journal  2008年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Ninomiya Yuichi, Tei Chuwa, Nademanee Koonlawee .  長期持続再発性心房細動症例に対する電位図ガイド下カテーテルアブレーションの試行 症例報告(A Trial of the Electrogram Guided Catheter Ablation for Long-Lasting Recurrent Atrial Fibrillation Case: Case Report) .  Journal of Arrhythmia  2011年9月  (一社)日本不整脈心電学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 才原 啓司, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 嘉川 亜希子, 折原 弘治, 小川 正一, 福留 剛, 奥井 英樹, 新里 拓郎, 市来 仁志, 窪薗 琢郎, 桑波田 聡, 藤田 祥次, 内匠 拓郎, 二宮 雄一, 松下 毅彦, 厚地 伸彦, 青木 正明, 富田 可愛, 鄭 忠和 .  趣味を楽しむことは良好な冠血管機能維持により心血管予後を改善させる .  Circulation Journal  2008年4月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 藤田 祥次, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 嘉川 亜希子, 小川 正一, 桶谷 直也, 才原 啓司, 奥井 英樹, 折原 弘治, 福留 剛, 新里 拓郎, 白澤 尚宏, 溝口 悦子, 市来 仁志, 窪薗 琢郎, 桑波田 聡, 内匠 拓郎, 二宮 雄一, 松下 毅彦, 鄭 忠和 .  血中カルシウム濃度と血糖コントロールの関連およびその冠血流動態に及ぼす影響 .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Anzaki Kazuhiro, Ninomiya Yuichi, Tsurugida Masanori, Kihara Koichi, Hamasaki Shuichi .  薬剤溶出性ステント植え込みによる冠動脈内皮機能への影響 ATPを用いたFMDによる評価(Endothelial function is not impaired after Drug-Eluting Stent implantation: evaluation by flow-mediated dilatation using ATP) .  日本心血管インターベンション治療学会抄録集  2011年6月  (一社)日本心血管インターベンション治療学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Ichiki Hitoshi, Oketani Naoya, Ishida Sanemasa, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Okui Hideki, Maenosono Ryuichi, Matsushita Takehiko, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  肺静脈隔離術後の左心房容積インデックスと、complex fractionated atrial electrogramsガイド下アブレーション後のそれとの比較(The Comparison of Left Atrial Volume Index(LAVI) after Pulmonary Vein Isolation v.s. Complex Fractionated Electrograms Guided Ablation) .  Circulation Journal  2010年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 桑波田 聡, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 嘉川 亜希子, 小川 正一, 桶谷 直也, 才原 啓司, 奥井 英樹, 折原 弘治, 福留 剛, 新里 拓郎, 白澤 尚宏, 溝口 悦子, 二宮 雄一, 窪薗 琢郎, 市来 仁志, 藤田 祥次, 内匠 拓郎, 松下 毅彦, 鄭 忠和 .  肥満患者における酸化ストレス指標 malondialdehyde-modified LDLの冠血管機能に及ぼす影響 .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Okui Hideki, Hamazaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Yoshikawa Akiko, Kataoka Tetsuro, Matsushita Takehiko, Orihara Koji, Fukudome Tsuyoshi, Ogawa Masakazu, Oketani Naoya, Saihara Keishi, Niizato Takuro, Ichiki Hitoshi, Kubozono Takuro, Kuwahata So, Mizoguchi Etsuko, Ninomiya Yuichi, Fujita Shouji, Tei Chuwa .  肥満は右室機能を悪化させる(Obesity Deteriorates Right Ventricular Function) .  Circulation Journal  2007年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 嘉川 亜希子, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 小川 正一, 才原 啓司, 奥井 英樹, 新里 拓郎, 窪園 琢朗, 桑波田 聡, 藤田 祥次, 二宮 雄一, 内匠 拓朗, 吉野 聡史, 入来 泰久, 鄭 忠和 .  肥満とメタボリックシンドローム診断基準との関連 冠血管機能と性差からの検討 .  日本心臓病学会誌  2008年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ichiki Hitoshi, Oketani Naoya, Orihara Koji, Ishida Sanemasa, Okui Hideki, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Maenosono Ryuichi, Matsushita Takehiko, Hamasaki Shuichi, Oba Ryutaro, Hirai Hiroyuki, Nagata Kinya, Tei Chuwa .  発作性および持続性AF患者におけるバイオマーカー、左房容積、CFAE領域の広がりの比較(The Comparison of Biomarkers, Left Atrial Volume, and the Extent of CFAE areas in Paroxysmal and Persistent AF Patients) .  Circulation Journal  2011年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Kataoka Tetsuro, Hamasaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Ogawa Masakazu, Saihara Keishi, Okui Hideki, Oketani Naoya, Ichiki Hitoshi, Ninomiya Yuichi, Kuwahata So, Fujita Shouji, Yuasa Toshinori, Matsushita Takehiko, Inoue Katsumi, Higashi Akihiro, Sakata Ryuzo, Tei Chuwa .  病理学的所見と比較した左房容積指数は、心房細動患者に対するMaze手術による洞調律復帰の予測因子である(Left Atrium Volume Index Related with Pathological Findings as Predictor of Sinus Conversion with Maze Procedure to Atrial Fibrillation patiens) .  Circulation Journal  2007年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 桑波田 聡, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 嘉川 亜希子, 折原 弘治, 小川 正一, 桶谷 直也, 福留 剛, 才原 啓司, 奥井 英樹, 新里 拓郎, 白澤 尚宏, 溝口 悦子, 市来 仁志, 窪薗 琢郎, 二宮 雄一, 藤田 祥次, 内匠 拓郎, 松下 毅彦, 鄭 忠和 .  男性喫煙者における冠血管機能と酸化ストレス指標malondialdehyde-modified LDLとの関係 .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 佐々木 雄一, 石田 実雅, 二宮 雄一, 市來 仁志, 桶谷 直也, 松下 毅彦, 片岡 哲郎, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  濃厚な突然死の家族歴を有する無症候性ブルガダ症候群の一例 .  Circulation Journal  2007年10月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 藤田 祥次, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 嘉川 亜希子, 小川 正一, 桶谷 直也, 才原 啓司, 奥井 英樹, 折原 弘治, 福留 剛, 新里 拓郎, 白澤 尚宏, 溝口 悦子, 窪園 琢郎, 桑波田 聡, 市来 仁志, 内匠 拓郎, 二宮 雄一, 松下 毅彦, 鄭 忠和 .  正常冠動脈患者における冠動脈内皮依存性血管拡張反応に対するマグネシウムとカルシウムの拮抗的な役割 .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 奥井 英樹, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 松下 毅彦, 嘉川 亜希子, 小川 正一, 福留 剛, 才原 啓司, 新里 拓郎, 市来 仁志, 藤田 祥次, 桑波田 聡, 窪薗 琢郎, 溝口 悦子, 内匠 拓朗, 二宮 雄一, 鄭 忠和 .  未治療高血圧患者における冠内皮機能と左心機能との関係 .  Journal of Cardiology  2007年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ninomiya Yuichi, Tei Chuwa, Nademanee Koonlawee .  持続性心房細動に対する電位図ガイド下カテーテルアブレーションの試み 症例報告(A Trial of the Electrogram Guided Catheter Ablation for Long-Lasting Recurrent Atrial Fibrillation Case: Case Report) .  心電図  2011年9月  (一社)日本不整脈心電学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 市來 仁志, 桶谷 直也, 石田 実雅, 奥井 英樹, 入來 泰久, 二宮 雄一, 松下 毅彦, 前之園 隆一, 濱崎 秀一, Koonlawee Nademanee, 鄭 忠和 .  慢性心房細動に対する肺静脈隔離術の適応はいかにあるべきか 慢性心房細動に対するCFAEアブレーションについて 肺静脈隔離術との比較 .  日本心臓病学会誌  2010年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Oketani Naoya, Ishida Sanemasa, Ichiki Hitoshi, Okui Hideki, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Maenosono Ryuichi, Matsushita Takehiko, Hamasaki Shuichi, Nademanee Koonlawee, Tei Chuwa .  慢性心房細動に対するカテーテルアブレーションの新戦略 コンプレックス細分化心房電位図マッピングのみでガイドされた心房細動基質アブレーション 停止率と転帰(New Strategy of Catheter Ablation for Chronic Atrial Fibrillation Substrate Ablation of Atrial Fibrillation Solely Guided by Complex Fractionated Atrial Electrogram Mapping: The Termination Rate and the Outcome) .  Circulation Journal  2011年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Maenosono Ryuichi, Oketani Naoya, Ishida Sanemasa, Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Ichiki Hitoshi, Okui Hideki, Matsushita Takehiko, Hamasaki Shuichi, Tei Chuwa .  心房細動アブレーション時の食道損傷を回避するための3D電気解剖学的マッピングによる食道検出の有効性(Effectiveness of the Esophagus detection by 3D Electro-Anatomical Mapping to avoid the Esophagus injury in the Ablation of Atrial Fibrillation) .  Circulation Journal  2011年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Iriki Yasuhisa, Ninomiya Yuichi, Ishida Sanemasa, Ichiki Hitoshi, Okui Hideki, Oketani Naoya, Matsushita Takehiko, Kataoka Tetsuro, Yoshikawa Akiko, Ogawa Masakazu, Saihara Keishi, Niizato Takuro, Kubozono Takuro, Kuwahata So, Fujita Shouji, Takumi Takuro, Hamazaki Shuichi, Tei Chuwa .  心房細動に対する肺静脈隔離後の肺静脈伝導の早期回復(Early Recovery of Pulmonary Vein Conduction after Pulmonary Vein Isolation for Atrial Fibrillation) .  Circulation Journal  2008年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 有川 亮, 二宮 雄一, 八反田 和美, 石田 実雅, 松下 毅彦, 桶谷 直也, 市来 仁志, 奥井 英樹, 新里 拓郎, 才原 啓司, 福留 剛, 小川 正一, 片岡 哲郎, 濱崎 秀一, 鄭 忠和, 植屋 奈美, 平川 立身 .  心房細動による頻脈誘発性心筋症に対し、電気的除細動と肺静脈隔離術により、心機能の改善を認めた1例 .  Circulation Journal  2007年4月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ninomiya Yuichi, Oketani Naoya, Tei Chuwa, Gidney Brett, Nademanee Koonlawee .  心室性頻脈基質のアブレーション療法のガイドとして3D電気解剖学的マッピングへのリアルタイム2D心腔内心エコー画像統合が果たす役割(The Role of Real-time 2-D Intracardiac Echocardiography Image Integration into 3-D Electroanatomical Mapping in Guiding Ablation of Ventricular Tachycardia Substrates) .  Circulation Journal  2011年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 入來 泰久, 石田 実雅, 桶谷 直也, 二宮 雄一, 市來 仁志, 奥井 英樹, 松下 毅彦, 才原 啓司, 片岡 哲郎, 濱崎 秀一, 鄭 忠和, 前之園 隆一 .  左上大静脈遺残を有した持続性心房細動に対してcomplex fractionated atrial electrogramsを標的にしたアブレーション .  心電図  2009年6月  (一社)日本不整脈心電学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 斉藤 真理子, 窪薗 琢郎, 濱崎 秀一, 新里 拓郎, 片岡 哲郎, 石田 実雅, 小川 正一, 桶谷 直也, 仲敷 健一, 福留 剛, 才原 啓司, 市来 仁志, 桑波田 聡, 二宮 雄一, 藤田 祥次, 木原 貴士, 久保 忠弘, 上村 清央, 上野 隆幸, 坂田 隆造, 鄭 忠和 .  大動脈縮窄症根治術後20年以上経過した上行大動脈拡大を来たした一例 .  Circulation Journal  2007年4月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大牟禮 健太, 石田 実雅, 入來 泰久, 二宮 雄一, 内匠 拓朗, 藤田 祥次, 市來 仁志, 窪薗 琢郎, 桑波田 聡, 窪田 佳代子, 新里 拓郎, 才原 啓司, 小川 正一, 濱崎 秀一, 鄭 忠和 .  多形性心室頻拍のトリガーとなる心室性期外収縮にカテーテル・アブレーションを施行した1例 .  心電図  2009年3月  (一社)日本不整脈心電学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ninomiya Yuichi, Hamazaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Kataoka Tetsuro, Yoshikawa Akiko, Ogawa Masakazu, Saihara Keishi, Okui Hideki, Niizato Takuro, Ichiki Hitoshi, Kubozono Takuro, Kuwahata So, Mizoguchi Etsuko, Fujita Shouji, Takumi Takuro, Yoshifuku Shiro, Tei Chuwa .  喫煙患者のTei指数により評価される左室機能不全の改善を予測する因子としての冠血流予備能(Coronary Flow Reserve as a Predictor of Improvement of Left Ventricular Dysfunction Assessed by Tei index in Smoking Patients) .  Circulation Journal  2008年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Kuwahata So, Hamasaki Shuichi, Ishida Sanemasa, Kataoka Tetsuro, Yoshikawa Akiko, Ogawa Masakazu, Saihara Keishi, Okui Hideki, Shinsato Takuro, Orihara Koji, Fukudome Tsuyoshi, Oketani Naoya, Shirasawa Takahiro, Kubozono Takuro, Mizoguchi Etsuko, Ichiki Hitoshi, Fujita Shoji, Ninomiya Yuichi, Takumi Takuro, Tei Chuwa .  喫煙がマロンジアルデヒド調節性LDLレベルと冠微小血管機能障害に及ぼす効果(Effect of smoking on malondialdehyde-modified LDL levels and coronary microvascular dysfunction) .  Circulation Journal  2008年3月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 桑波田 聡, 折原 弘治, 濱崎 秀一, 石田 実雅, 片岡 哲郎, 小川 正一, 桶谷 直也, 才原 啓司, 奥井 英樹, 市來 仁志, 藤田 祥次, 二宮 雄一, 大葉 龍太郎, 平井 博之, 永田 欽也, 鄭 忠和 .  動脈硬化性疾患とToll-like Receptor 2発現量レベル 危険因子としての可能性をもつ新たな血液マーカー .  日本心臓病学会誌  2008年8月  (一社)日本心臓病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 心房細動患者における心外膜脂肪組織と心房細動トリガーに関する後ろ向き研究.

    2019年10月 - 2020年9月

    ベーリンガーインゲルハイム  ベーリンガーインゲルハイム研究助成  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 心房細動に対するカテーテル心筋焼灼術

    2009年12月 - 2011年1月

    民間財団等  上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金