2023/10/26 更新

写真a

カワソエ シン
川添 晋
KAWASOE Shin
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 心血管病予防分析学講座 特任講師
職名
特任講師

学位

  • 博士(医学) ( 2017年3月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 心血管病予防分析学講座   特任講師

    2019年4月 - 現在

 

論文

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Salim AA, Ikeda Y, Miyata M, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Clinical significance of atherosclerotic risk factors differs in early and advanced stages of plaque formation: A longitudinal study in the general population. .  Int J Cardiol. 379   111 - 117   2023年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2023.02.037

    PubMed

  • Mori R, Miyata M, Kubozono T, Inadome N, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Salim AA, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Cutoff Values of Brachial-Ankle Pulse Wave Velocity for Atherosclerotic Risks by Age and Sex in the Japanese General Population. .  J Atheroscler Thromb30 ( 5 ) 481 - 490   2023年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    DOI: 10.5551/jat.63557

    PubMed

  • Mori R, Miyata M, Kubozono T, Inadome N, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Salim AA, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Cutoff values of brachial-ankle pulse wave velocity for atherosclerotic risks by age and sex in the Japanese general population .  J Atheroscler Throm. 30 ( 5 ) 481 - 490   2023年5月

  • Salim AA, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Hashiguchi H, Ikeda Y, Miyata M, Miyahara H, Tokushige K, Nishio Y, Ohishi M .  Development of predictive equation and score for 5-year metabolic syndrome incidence in Japanese adults .  PLoS One. 18 ( 4 ) e0284139   2023年4月査読

  • Kawasoe S, Kubozono T, Salim AA, Yoshimine H, Mawatari S, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ido A, Ohishi M .  Development of a risk prediction score and equation for chronic kidney disease: A retrospective cohort study .  Sci Rep. 13 ( 1 ) 5001   2023年3月査読

  • Masumitsu T, Kubozono T, Miyata M, Makizako H, Tabira T, Takenaka T, Kawasoe S, Tokushige A, Niwa S, Ohishi M .  Association of Sleep Duration and Cardio-Ankle Vascular Index in Community-Dwelling Older Adults .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis29 ( 12 ) 1864 - 1871   2022年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    Aim: This study aims to investigate the association of the Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI) with self-reported sleep duration and sleep quality in community-dwelling older adults aged ≥ 65 years. Methods: The Tarumizu Study was a cohort of community-based health checkups conducted in the Tarumizu City, Japan, in 2018 and 2019. In total, 997 participants aged ≥ 65 years (median age, 74 years) were examined. We obtained the average sleep duration and sleep quality using self-reported questionnaires and classified them into three separate groups according to sleep duration (<6 h, 6–8 h, and ≥ 8 h) and sleep quality (good, medium, and poor). The arterial stiffness was measured using the CAVI. Results: As per our findings, the CAVI was significantly higher in the ≥ 8 h sleep group (CAVI=9.6±1.3) than in the <6 h (CAVI=9.1±1.1) or 6–8 h (CAVI=9.1±1.2) groups (p<0.001). After adjustment for age, sex, systolic blood pressure, current smoking status, body mass index, frequency of exercise, educational background, frailty, sleep medication, sleep quality, and nap duration, multivariable regression analysis demonstrated that the CAVI was significantly higher in the ≥ 8 h group than in the 6–8 h group (p=0.016). In contrast, multivariable regression analysis showed that there was no significant association between sleep quality and CAVI. Conclusions: A significant association was noted between long sleep duration (≥ 8 h) and elevated CAVI in community-dwelling older adults aged ≥ 65 years. We, therefore, suggest that long sleep duration, not sleep quality, is correlated with arterial stiffness in older adults.

    DOI: 10.5551/jat.63594

    Scopus

    PubMed

  • Kawabata T, Kubozono T, Ojima S, Kawasoe S, Akasaki Y, Salim A A, Ikeda Y, Miyata M, Takenaka T, Ohishi M .  Insufficient blood pressure control is independently associated with increased arterial stiffness .  Hypertens Res.45 ( 12 ) 1861 - 1868   2022年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Hypertension Research  

    Hypertension is a risk factor for atherosclerosis. Achieving the therapeutic target value of blood pressure (BP) prevents the onset of cardiovascular events; however, it is not clear how antihypertensive drug use and BP control status relate to arterial stiffness. The purpose of this study is to investigate the relationship between BP control status with or without antihypertensive drugs and arterial stiffness. Nine hundred eighty individuals (mean age: 68 ± 11 years) who participated in a community-based cohort study were enrolled. Arterial stiffness was evaluated using the cardio-ankle vascular index (CAVI). Higher BP was defined as a systolic BP ≥ 140 mmHg or diastolic BP ≥ 90 mmHg. Participants were divided into four groups: normal, non higher BP without antihypertensive drugs (n = 421); untreated, higher BP without antihypertensive drugs (n = 174); good control, non higher BP with antihypertensive drugs (n = 209); and poor control, higher BP with antihypertensive drugs (n = 176). In multivariable logistic analysis adjusted for age, sex, dyslipidemia and diabetes mellitus medication use, obesity, smoking, alcohol drinking, and heart rate at the CAVI measurement for a high CAVI—using a borderline cutoff value of 8.0—the other three groups were significantly associated with a high CAVI when compared with the normal group. By contrast, multivariable logistic analysis of a high CAVI using an abnormal cutoff value of 9.0 demonstrated that the poor control and untreated groups were significantly associated with a high CAVI, whereas the good control group was not. In conclusion, even with antihypertensive drugs, poor BP control is independently associated with a high CAVI.

    DOI: 10.1038/s41440-022-01039-3

    Scopus

    PubMed

  • Kawasoe M, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Oketani N, Miyahara H, Tokushige K, Miyata M, Ohishi M. .  Development of a risk prediction score for hypertension incidence using Japanese health checkup data. .  Hypertens Res 45 ( 4 ) 730 - 740   2022年4月査読

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Makizako H, Kuwahata S, Takenaka T, Maeda M, Fujiwara S, Miyagawa K, Ikeda Y, Ohishi M. .  The relationship between day-to-day variability in home blood pressure measurement and multiple organ function. .  Hypertens Res45 ( 3 ) 474 - 482   2022年3月査読

  • Salim AA, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Assessment of Future Hypertension Risk by Sex Using Combined Body Mass Index and Waist-to-Height Ratio. .  Circulation Reports4 ( 1 ) 9 - 16   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本循環器学会  

    DOI: 10.1253/circrep.cr-21-0139

    PubMed

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Sex-specific relationship between abdominal obesity and new-onset atrial fibrillation in the general Japanese population. .  Heart Vessels36 ( 12 ) 1879 - 1884   2021年12月査読

  • Salim Anwar A, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Assessment of future hypertension risk by sex using combined body mass index and waist-to-height ratio. .  Circ Rep4 ( 1 ) 9 - 16   2021年11月査読

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  J-shaped curve for the association between serum uric acid levels and the prevalence of blood pressure abnormalities. .  Hypertens Res44 ( 9 ) 1186 - 1193   2021年9月査読

  • Ojima S., Kubozono T., Kawasoe S., Kawabata T., Miyahara H., Tokushige K., Ohishi M. .  Gender differences in the risk factors associated with atherosclerosis by carotid intima-media thickness, plaque score, and pulse wave velocity .  Heart and Vessels36 ( 7 ) 934 - 944   2021年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Heart and Vessels  

    Cardiovascular disease (CVD) remains the leading cause of death, but the risk factors for CVD differ between men and women. Although carotid intima-media thickness (IMT), carotid plaque, and pulse wave velocity (PWV) are useful atherosclerotic parameters, patient backgrounds have differed in previous reports. Therefore, this study aimed to investigate gender differences in associations between these three parameters and traditional risk factors in the same population. We enrolled 3888 participants (women: 743) who underwent routine health checkups. High IMT, high carotid plaque score (PS), or high brachial–ankle PWV (baPWV) were defined by the median values for each gender. We analyzed the association between each parameter and atherosclerotic risk factors, such as obesity, smoking, blood pressure (BP) elevation, impaired fasting glucose (IFG), and dyslipidemia (DL). In both sexes, BP elevation was the only common risk factor for high IMT, high PS, and high baPWV in the multivariate logistic regression analysis adjusted for age. In men, IFG and DL were common risk factors for the three parameters. Furthermore, obesity was an additional risk factor for high IMT and smoking was an additional risk factor for high IMT and high PS. In contrast, in women, obesity, DL, or IFG was an additional risk factor for high IMT, high PS, or high baPWV, respectively. The risk factors for IMT, PS, and baPWV differ in in men and women. The management for atherosclerotic risk factors on early stage should be considered in terms of gender-specific risk factors.

    DOI: 10.1007/s00380-021-01775-5

    Scopus

    PubMed

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Makizako H, Kuwahata S, Takenaka T, Maeda M, Ohno M, Kijimuta M, Fujiwara S, Miyagawa K, Ohishi M. .  The relationship between home blood pressure measurement and room temperature in a Japanese general population. .  Hypertens Res44 ( 4 ) 454 - 463   2021年4月査読

  • Seki T, Takeuchi M, Kawasoe S, Takeuchi K, Miki R, Ueshima K, Kawakami K. .  Gender differences in the risk factors associated with atherosclerosis by carotid intima-media thickness, plaque score, and pulse wave velocity. .  Ann Clin Epidemiol3   10 - 26   2021年1月査読

  • Seki T, Takeuchi M, Kawasoe S, Takeuchi K, Miki R, Ueshima K, Kawakami K .  Survival Benefits of Outpatient Cardiac Rehabilitation after Acute Myocardial Infarction: Propensity Analysis Using Japanese Administrative Database .  Annals of Clinical Epidemiology3 ( 1 ) 10 - 26   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Society for Clinical Epidemiology  

    <p><b>BACKGROUND</b></p><p>Survival benefit of outpatient cardiac rehabilitation (CR) after acute myocardial infarction (AMI) has recently been contested under the current real-world clinical practice. We investigated whether outpatient CR was associated with lower mortality and morbidity risks among Japanese AMI patients.</p><p><b>METHODS</b></p><p>We analyzed patients who were admitted for AMI and received both percutaneous coronary intervention and inpatient CR from January 2011 to December 2014, using a nationwide administrative database in Japan (final date of follow-up: July 31, 2016). We compared patients who received outpatient CR and who did not, and the primary outcome was a composite of all-cause death and recurrence of AMI after the landmark time-point of day 180 after discharge. We applied Cox proportional hazards model to estimate outcomes, and propensity-score matching was applied to adjust for baseline imbalances.</p><p><b>RESULTS</b></p><p>A total of 5,654 patients (mean [SD] age, 66.8 [12.4] years; 21.2% female; median follow-up period [IQR] 1.44 [0.87, 2.27] years), 730 (12.9%) participated in outpatient CR at least once within 180 days of discharge. Of 1,458 propensity-score matched patients, outpatient CR participation was associated with lower but statistically non-significant risks among the primary outcome (1.38 vs. 2.12 per 100 patient-years; HR = 0.71; 95%CI, 0.32 to 1.61).</p><p><b>CONCLUSIONS</b></p><p>Among Japanese patients who admitted for AMI and received both percutaneous coronary intervention and inpatient CR, outpatient CR was underutilized, and associated with a statistically non-significant mortality and morbidity benefits. Further study is necessary to reaffirm the real-world effectiveness of outpatient CR under the current real-world clinical practice.</p>

    DOI: 10.37737/ace.3.1_10

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Sex differences in the effects of weight reduction on future blood pressure elevation in a mildly obese middle-aged population. .  Circ Rep2 ( 8 ) 385 - 392   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Miyata M, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  Association of risk factors for atherosclerosis, including high-sensitivity C-reactive protein, with carotid intima-media thickness, plaque score, and pulse wave velocity in a male population. .  Hypertens Res43 ( 5 ) 422 - 430   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyanaga S, Kubota K, Iwatani N, Higo K, Miyata M, Horizoe Y, Ojima S, Kawasoe S, Kubozono T, Ohishi M. .  Predictors of exercise-induced pulmonary hypertension in patients with connective tissue disease. .  Heart Vessels34 ( 9 ) 1509 - 1518   2019年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawasoe S, Ide K, Usui T, Kubozono T, Yoshifuku S, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M, Kawakami K. .  Distribution and characteristics of hypouricemia within the japanese general population: a cross-sectional study. .  Medicina(Kaunas)55 ( 3 ) E61 - E61   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ojima S, Kubozono T, Saihara K, Miyauchi T, Kawasoe S, Kubota K, Shigemizu S, Ohtsubo H, Miyata M, Ohishi M. .  Significant clinical indexes of exercise-induced pulmonary hypertension in patients with connective tissue disease. .  Circulation Reports1 ( 12 ) 610 - 616   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Yoshifuku S, Ojima S, Miyata M, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  Uric acid level and new-onset atrial fibrillation in the japanese general population - longitudinal study. .  Circ J83 ( 1 ) 156 - 163   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 健診データを用いた機械学習アルゴリズムによる新規高血圧発症の予測.

    川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充

    鹿児島県医師会報   865   75 - 81   2023年

  • Reply to “Oversimplified scoring system may compromise its utility as a predictive model for the development of hypertension” 査読

    Kawasoe M, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Oketani N, Miyahara H, Tokushige K, Miyata M, Ohishi M

    Hypertens Res   45 ( 6 )   1089 - 1090   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Hypertension Research  

    DOI: 10.1038/s41440-022-00903-6

    Scopus

    PubMed

  • 血圧変動性の臨床的意義.

    川添 晋, 大石 充.

    日本臨牀 増刊号 高血圧学 下   78 ( 2 )   30 - 33   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • Yamaguchi S, Ojima S, Nakasaki M, Kihara Y, Kawabata T, Kubozono T, Kawasoe S, Ikeda Y, Ohishi M .  A case of refractory chylothorax influence on COVID-19 infection after fulminant lymphocytic myocarditiss .  第27回 日本心不全学会学術集会  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    開催地:横浜市  

  • Mukai S, Ojima S, Kawabata T, Kubozono T, Kawasoe S, Kanda D, Ikeda Y, Ohishi M .  A life-saving case of fulminant myocarditis with abdominal compartment syndrome caused by the mechanical circulatory support .  第27回 日本心不全学会学術集会  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    開催地:横浜市  

  • 二宮雄一, 川添 晋, 窪薗琢郎, 德重明央, 市來仁志, Ahmed Salim Anwar, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  禁煙後の体重増加は将来の血圧上昇と関連するのか? .  第45回 日本高血圧学会総会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    開催地:大阪市  

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 内門義博, 佐々木雄一, 川添 晋, 德重明央, 窪薗琢郎, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  孤立性拡張期高血圧患者においてTyGインデックスは将来のCKD発症を予測する .  第45回 日本高血圧学会総会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    開催地:大阪市  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 山口 聡, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  機械学習手法を用いた健診データによる5年後の高血圧発症予測 .  第71回 日本心臓病学会学術集会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    開催地:東京  

  • 満留祐也, 小島聡子, 窪薗琢郎, 河合正太郎, 川畑孟子, 川添 晋, 神田大輔, 池田義之, 大石 充 .  Refeeding症候群による2度の心停止から救命に至った一例 .  第71回 日本心臓病学会学術集会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    開催地:東京  

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 内門義博, 佐々木雄一, 川添 晋, 徳重明央, 窪薗琢郎, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  慢性腎臓病発症に関わるトリグリセリド-グルコース(TyG)インデックスの性差・年代差 .  第71回 日本心臓病学会学術集会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    開催地:東京  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 山口 聡, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  血清尿酸値と慢性腎臓病有病率のJ字型の関連 .  第71回 日本心臓病学会学術集会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    開催地:東京  

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Kamada H, Yoshimoto I, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Relationship between corrected QT prolongation and new-onset atrial fibrillation in the general Japanese population. .  ESC Congress 2023  2023年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    開催地:Amsterdam, Netherlands  

  • Salim AA, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Sex specific associations between serum uric acid levels and risk of hypertension for different reference values of high blood pressure .  ESC Congress 2023  2023年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    開催地:Amsterdam, Netherlands  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Salim AA, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  J-shaped association between serum uric acid levels and chronic kidney disease: a cross-sectional study using large health examination data .  ESC Congress 2023  2023年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    開催地:Amsterdam, Netherlands  

  • 柴田啓佑, 德重明央, 窪薗琢郎, 田中悠二, 村上慎之介, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 池田義之, 大石 充 .  「温泉水99®」の血糖値に対する有効性と安全性ならびに腸内環境変動の影響を検証する臨床試験:オープンランダム化プラセボ対照2シークエンス2期クロスオーバー第IIb相試験 .  超異分野学会大阪大会2023  2023年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    開催地:大阪市  

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, 池田義之, 大石 充 .  左室駆出率の改善と伴に周期性呼吸変動が消失した拡張型心筋症の1例 .  第29回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    開催地:横浜市  

  • 窪薗琢郎, 川添 晋, 小島聡子, 川畑孟子, Anwar Ahmed Salim, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  性別ごとにみた高齢者における炎症所見と血管機能との関連 .  第65回 日本老年医学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:横浜市  

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 佐々木雄一, 川添 晋, 德重明央, 窪薗琢郎, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  上腕-足首脈波伝播速度とトリグリセリド-グルコースインデックスとの関連 .  第65回 日本老年医学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:横浜市  

  • 二宮雄一, 川添 晋, 窪薗琢郎, 德重明央, 市來仁志, Anwar Ahmed Salim, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  禁煙後の体重増加と将来の高血圧発症との関連性 .  第59回 日本循環器病予防学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:鹿児島市  

  • Anwar Ahmed Salim, 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  血清尿酸値と5年後の高血圧症リスクの性差に関する検討 .  第59回 日本循環器病予防学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:鹿児島市  

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 内門義博, 佐々木雄一, 川添 晋, 德重明央, 窪薗琢郎, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  トリグリセリド-グルコース(TyG)インデックスと, 将来の慢性腎臓病発症との関連 .  第59回 日本循環器病予防学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:鹿児島市  

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, Anwar Ahmed Salim, 池田義之, 宮田昌明, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  頸動脈プラークの進行に関連する動脈硬化の危険因子の検討:一般住民を対象とした縦断研究 .  第59回 日本循環器病予防学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:鹿児島市  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  低尿酸血症と慢性腎臓病の関連:大規模健診データを用いた研究 .  第59回 日本循環器病予防学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:鹿児島市  

  • 川添 晋 .  パネルディスカッション1. AIで循環器疾患を予測する:予防・治療にどう生かすか. 健診ビッグデータの利用による心血管疾患予測の取組み .  第59回 日本循環器病予防学会学術集会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    開催地:鹿児島市  

  • 中崎雅也,小島聡子,木原悠起,窪薗琢郎,川畑孟子,川添 晋,神田大輔,池田義之,大石 充 .  劇症型心筋炎後にCOVID-19感染を併発し難治性乳び胸を来した1例 .  第341回 日本内科学会九州地方会  2023年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    開催地:北九州市  

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Tezuka A, Kuwahata S, Takenaka T, Ohishi M .  Effect of defecation status on blood pressure variability .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Anwar Salim, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Sex-specific associations between uric acid and incidence of hypertension and chronic kidney disease in an apparently healthy Japanese population .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Kamada H, Kawasoe S, Ichiki H, Yoshimoto I, Ninomiya Y, Iriki Y, Kubozono T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  QT prolongation on residents of remote islands in Kagoshima Prefecture .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Sakoda T, Akasaki Y, Sasaki Y, Kawasoe S, Kubozono T, Ikeda Y, Ohishi M .  Characteristics of isolated diastolic hypertension which progresses to systolic diastolic hypertension .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Kawabata T, Kubozono T, Ojima S, Kawasoe S, Ikeda Y, Ohishi M .  Clinical significance of red blood cell distribution width (RDW) for prognosis in patients with cardiovascular disease .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Ikeda Y, Ohishi M .  Oxidative stress was significantly associated with peak oxygen uptake in patients with dilated cardiomyopathy .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Ikeda Y, Ohishi M .  Increasing β-blockers was associated with improving peak oxygen uptake in patients with cardiomyopathy: a longitudinal study for cardiopulmonary exercise testing .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Anwar Salim, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Ability of machine learning algorithms to predict chronic kidney disease using health examination data .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Kamada H, Yoshimoto I, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Association between weight gain after smoking cessation and future hypertension .  第87回 日本循環器学会学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:福岡市  

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 德重明央, 川添 晋, 佐々木雄一, 窪薗琢郎, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  トリグリセリド - グルコースインデックスによる動脈硬化の予測 .  第33回 日本老年医学会九州地方会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    開催地:北九州市  

  • 窪薗琢郎, 赤﨑雄一, 川添 晋, 小島聡子, 川畑孟子, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 池田義之, 大石 充 .  排便状態と経時的な血圧変動性との関連. .  第34回 血圧管理研究会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    開催地:京都府向日市  

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 川添 晋, 佐々木雄一, 内門義博, 池田義之, 大石 充 .  高血圧の基準値と高血圧発症リスク因子の関係. .  第34回 血圧管理研究会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    開催地:京都府向日市  

  • 榎田唯人, 小島聡子, 窪薗琢郎, 川畑孟子, 川添 晋, 神田大輔, 池田義之, 大石 充 .  COVID-19による遅発性劇症型心筋炎にて5日間持続した心室細動に対しPCPSとIMPELLAで救命し得た1例. .  第9回 鹿児島循環器カンファレンス  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    開催地:鹿児島市  

  • 窪薗琢郎, 川添 晋, 小島聡子, 川畑孟子, 赤﨑雄一, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 池田義之, 大石 充 .  測定時の室温と中期的な家庭血圧の変化の関連. .  第8回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    開催地:宮崎市  

  • 中尾周平, 窪薗琢郎, 川添 晋, 薗田剛嗣, 豊川建二, 木佐貫 勲, 吉永 翼, 吉田 輝 .  大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁留置術後の歩行開始日数には術前の日常生活活動が関連する. .  第8回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    開催地:宮崎市  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Anwar Ahmed Salim, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Ability of machine learning algorithms to predict chronic kidney disease using health examination data from the Japanese general population. .  AHA Scientific Sessions 2022  2022年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Association between weight gain after smoking cessation and future hypertension. .  AHA Scientific Sessions 2022  2022年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    開催地:Chicago, USA  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 大石 充 .  Relationship between hemoglobin to red blood cell distribution width ratio and exercise tolerance in patients with heart failure. .  第26回 日本心不全学会学術集会  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:奈良市  

  • 川畑孟子, 小島聡子, 川添 晋, 窪薗琢郎, 池田義之, 大石 充 .  免疫グロブリンとステロイドが著効したSLE関連心筋症の1例. .  第26回 日本心不全学会学術集会  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:奈良市  

  • Anwar Ahmed Salim, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Metabolic syndrome risk prediction equation and a simple score model derivation and validation in Japanese general population. .  The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)  2022年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:Kyoto, Japan  

  • Sakoda T, Akasaki Y, Kawasoe S, Kubozono T, Sasaki Y, Ikeda Y, Ohishi M, Miyahara H, Tokushige K. .  Differences in risk factors for developing hypertension when hypertension reference values are changed. .  The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)  2022年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:Kyoto, Japan  

  • Sakoda T, Akasaki Y, Kawasoe S, Kubozono T, Sasaki Y, Ikeda Y, Ohishi M, Miyahara H, Tokushige K. .  Factors for new-onset isolated diastolic hypertension and progression to systolic hypertension in Japan. .  The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)  2022年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地: Kyoto, Japan  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Awar Armed Salim, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Predictive ability for new-onset chronic kidney diseases by machine learning algorithm using health checkup data. .  The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)  2022年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:Kyoto, Japan  

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Association between increased abdominal circumference and future development of hypertension in mildly obese middle-aged individuals. .  The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)  2022年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:Kyoto, Japan  

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Anwar Ahmed Salim, Ikeda Y, Ohishi M .  Association between defecation status and blood pressure variability. .  The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)  2022年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:Kyoto, Japan  

  • Anwar Ahmed Salim, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Associations between uric acid levels and hypertension incidence in an apparently healthy Japanese population. .  The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)  2022年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    開催地:Kyoto, Japan  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, アンワー アーメド サリム, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  健診データを用いた機械学習アルゴリズムによる慢性腎臓病の発症予測. .  第70回 日本心臓病学会学術集会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:京都市  

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 德重明央, 内門義博, 上坊翔太, 佐々木雄一, 川添 晋, 窪薗琢郎, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  トリグリセリド-グルコースインデックスは動脈硬化発症の予測因子となりうる. .  第70回 日本心臓病学会学術集会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:京都市  

  • 川畑孟子, 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 池田義之, 大石 充 .  レンバチニブメシル酸塩による薬剤性心筋症を来した一例. .  第70回 日本心臓病学会学術集会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:京都市  

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, 池田義之, 大石 充 .  左室駆出率の保たれた心疾患患者において最高酸素摂取量は左室拡張障害と関連する. .  第70回 日本心臓病学会学術集会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:京都市  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Ikeda Y, Ohishi M .  Factors related to low peak VO2 in cardiopulmonary exercise testing were different between men and women. .  10th Congress of IGM 2022  2022年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:Padua, Italy  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Salim Anwar Ahmed, Ojima S, Kawabata T, Yoshimine H, Mawatari S, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ido A, Ohishi M .  Development of a score and an equation to predict 5-year chronic kidney disease using Japanese health checkup data. .  ESC Congress 2022  2022年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    開催地:Barcelona, Spain  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Anwar A Salim, Ikeda Y, Ohishi M .  Oxidative stress was significantly associated with peak oxygen uptake in patients with dilated cardiomyopathy. .  ESC Congress 2022  2022年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    開催地:Barcelona, Spain  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Anwar A Salim, Ikeda Y, Ohishi M. .  Peak oxygen uptake in cardiopulmonary exercise testing was associated with left ventricular diastolic dysfunction in patients with preserved ejection fraction. .  ESC Congress 2022   2022年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    開催地:Barcelona, Spain  

  • 益満智美, 宮田昌明, 丹羽さよ子, 牧迫飛雄馬, 田平隆行, 窪薗琢郎, 川添 晋, 德重明央, 大石 充. .  透析症例における動脈硬化:Insight from KIDSレジストリー. .  第54回 日本動脈硬化学会総会・学術集会  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    開催地:久留米市  

  • 森 隆子, 宮田昌明, 窪薗琢郎, 稻留直子, 川添 晋, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充. .  日本人における動脈硬化性疾患リスクに対する上腕・足首脈波伝播速度 (baPWV) のカットオフ値の検討. .  第54回 日本動脈硬化学会総会・学術集会  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    開催地:久留米市  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, アンワー・アーメド・サリム, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充. .  健康診断データによる 5 年後の慢性腎臓病の発症予測. .  第58回 日本循環器病予防学会学術集会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 川畑孟子, 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 木佐貫 勲, 池田義之, 大石 充. .  多職種連携によりADL改善を認めた植込型左室補助人工心臓装着患者の一例. .  第28回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    開催地:沖縄県宜野湾市  

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, 池田義之, 大石 充. .  疾患別にみた膠原病疾患患者における運動耐容能に関連する因子の検討. .  第28回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    開催地:沖縄県宜野湾市  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充. .  血清中性脂肪値は5年後の高血圧発症の関連因子である. .  第28回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    開催地:沖縄県宜野湾市  

  • 窪薗琢郎, 川添 晋, 小島聡子, 川添 晋, 川畑孟子, サリムアンワー, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充. .  高齢者における運動習慣と血管機能との関連. .  第64回 日本老年医学会学術集会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    開催地:大阪市  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 吉峯陽仁, 馬渡誠一, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 井戸章雄, 大石 充. .  日本人一般集団における慢性腎臓病の発症予測式とスコアの開発. .  第119回 日本内科学会総会・講演会  2022年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Sex differences in future hypertension caused by increased abdominal circumference in middle-aged participants. .  71th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology  2022年4月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    開催地:Washington, D.C. USA  

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Yamaguchi S, Kuwahata S, Takenaka T, Ohishi M. .  The effect of room temperature during measurement on short-term change of home blood pressure level. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Sex differences in future hypertension caused by increased abdominal circumference in middle-aged participants. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Salim Anwar, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Development of risk prediction score for metabolic syndrome using Japanese health checkup data. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Sakoda T, Akasaki Y, Sasaki Y, Kawasoe S, Kubozono T, Ikeda Y, Ohishi M. .  Characteristics of isolated diastolic hypertension which progresses to systolic diastolic hypertension. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Sakoda T, Akasaki Y, Kawasoe S, Sasaki Y, Ikeda Y, Ohishi M. .  Predictors of new-onset isolated diastolic hypertension and progression to systolic hypertension in Japan. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Kawabata T, Kubozono T, Kawasoe S, Ojima S, Salim Anwar, Ikeda Y, Ohishi M. .  Association between red blood cell distribution width and exercise tolerance in patients with heart failure. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Kawasoe M, Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Salim Anwar, Oketani N, Ikeda Y, Miyahara H, Tokushige K, Miyata M, Ohishi M. .  Development of a risk prediction score for hypertension incidence using Japanese health checkup data. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Salim Armed Anwar, Miyahara H, Tokushige K, Ikeda Y, Ohishi M. .  Development of a risk prediction equation for chronic kidney disease using Japanese health checkup data. .  第86回 日本循環器学会学術集会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, 嘉川亜希子, 池田義之, 大石 充. .  頸動脈プラーク進展に関わる因子の性差. .  第15回 日本性差医学・医療学会  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

  • 迫田 隆, 赤﨑雄一, 川添 晋, 佐々木雄一, 内門義博, 池田義之, 大石 充 .  ACC/AHA2017の高血圧基準値変更による高血圧発症リスク因子の変化. .  第32回 日本老年医学会九州地方会  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, アンワー・アーメド・サリム, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充. .  Development of a risk prediction equation for chronic kidney disease using Japanese health checkup data. .  第32回 日本疫学会学術総会  2022年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

  • 窪薗琢郎, 赤﨑雄一, 川添 晋, 小島聡子, 川畑孟子, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 池田義之, 大石 充 .  家庭血圧の短期的変化と測定時の気温との関連 .  第33回 血圧管理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Ikeda Y, Ohishi M .  The relationship between day-to-day variability in home blood pressure and multiple organ function .  American Heart Association’s annual Scientific Sessions 2021  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawsabata T, Salim Anwar A, Miyahara H, Tokushige K, Miyata M, Ikeda Y, Ohishi M .  Atherosclerotic risk factors associated with carotid plaque progression are different depending on the severity of plaque stage: a longitudinal study in general population .  American Heart Association’s annual Scientific Sessions 2021  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Ability of machine learning algorithms to predict stage 2 hypertension using health examination data from the Japanese general population .  American Heart Association’s annual Scientific Sessions 2021  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 窪薗琢郎, 川添 晋, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  年齢別にみたBMI及び体脂肪率とIMTとの関連 .  第7回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 川畑孟子, 小島聡子, 川添 晋, 窪薗琢郎, 池田義之, 大石 充 .  薬剤調整とリハビリにより症状及び運動耐容能が改善した間質性肺炎を合併した重症三尖弁閉鎖不全症の一例 .  第7回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, 池田義之, 大石 充 .  心肺運動負荷試験における心拍数回復過程に関する因子の検討 .  第7回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, サリム・アンワー, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充 .  前期高齢者女性において腹囲は高血圧発症の予測因子である .  第7回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Abdominal obesity is independently associated with width of QRS complex: a cross-sectional study using health checkup data from aged <40 years populations .  ESC Congress 2021 – The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M .  Predictive ability for new-onset hypertension by machine learning algorithm using medical examination data .  ESC Congress 2021 – The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Kubozono T, Tokushige A, Ichiki H, Miyahara H, Ohishi M .  Gender-Specific Relationship between Abdominal Obesity and New-Onset Atrial Fibrillation in the General Japanese Population .  第85回 日本循環器学会学術集会  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 窪薗琢郎, 川畑孟子, 小島聡子, 川添 晋, 牧迫飛雄馬, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 大石 充. .  Cardio-ankle vascular index (CAVI) の経時的変化に関連する因子の検討. .  第56回 日本循環器病予防学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川添 晋, 窪薗 琢郎, 小島 聡子, 川畑 孟子, 宮原 広典, 徳重 浩一, 大石 充 .  体重減少による血圧上昇抑制効果の性差 .  第56回 日本循環器病予防学会学術集会  (一社)日本循環器病予防学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • 窪薗琢郎, 赤﨑雄一, 川添 晋, 前田真由佳, 大野真由, 雉牟田美香, 藤原誠助, 宮川 健, 竹中俊宏, 大石 充. .  血圧変動性と心電図との関連. .  第32回 血圧管理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 窪薗琢郎, 赤﨑雄一, 川添 晋, 川畑孟子, 山口 聡, 小島聡子, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 大石 充. .  一般住民における歯磨きの習慣と高血圧との関連. .  第6回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 山口 聡, 大石 充. .  腹囲は心電図QRS幅と正の関連を示す. .  第6回 日本心臓リハビリテーション学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑孟子, 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 山口 聡, 大石 充. .  潰瘍性大腸炎に高安動脈炎と一過性LV dysfunctionを合併した一例. .  第24回 日本心不全学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Fib4 index is a more relevant marker for pulse wave velocity but not for carotid intima-media thickness in a men population. .  ESC congress 2020-The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ninomiya Y, Kawasoe S, Ichiki H, Kubozono T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Gender-specific relationship between abdominal obesity and prevalence of new-onset atrial fibrillation in the general Japanese population. .  ESC congress 2020-The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Tokushige K, Ohishi M. .  Gender differences in the effects of weight reduction on future blood pressure elevation in the overweight middle-aged population. .  ESC congress 2020-The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Kuwahata S, Takenaka T, Ohishi M .  Clinical significance of the urinary sodium-to-potassium ratio for home blood pressure. .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M .  The atherosclerotic risk factors associated with the transformation of carotid plaque over time. .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  Gender differences in effectiveness of weight reduction on future blood pressure increase in mildly obese middle-aged population. .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kubozono T, Akasaki Y, Kawasoe S, Ojima S, Kawabata T, Kuwahata S, Takenaka T, Ohishi M .  The relationship between home blood pressure and temperature in the general population. .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湯淺敏典, 大石雄貴, 窪薗琢郎, 徳重明央, 川添 晋, 清水大地, 阿部礼真, 加美翔平, 竹中俊宏, 叶内宏明, 牧迫飛雄馬, 大石 充 .  フレイルと食習慣の関連について:垂水コホート研究より .  第52回 日本医学教育学会大会  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑孟子, 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 大石 充. .  多職種の介入により在宅治療まで可能となったアドリアマイシン心筋症による末期心不全の一例. .  第26回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 窪薗琢郎, 赤﨑雄一, 川添 晋, 小島聡子, 川畑孟子,桑波田 聡, 竹中俊宏, 大石 充. .  地域一般住民における家庭血圧測定及び高血圧管理教室による降圧効果の検討. .  第26回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 牧迫飛雄馬, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 小島聡子, 川畑孟子, 大石 充. .  高齢者における同居者の有無とJST版活動能力指標スコアとの関連. .  第26回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 宮原広典, 徳重浩一, 大石 充. .  血清尿酸値と高血圧有病率のJカーブ型の関連. .  第30回 日本疫学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, 嘉川亜希子, 大石 充. .  年齢別にみたIMTに対するリスク因子の男女比較. .  第13回 日本性差医学・医療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米市  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Kawabata T, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  The J-shaped association between serum uric acid levels and prevalence of hypertension. .  American Heart Association Scientific Sessions 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philadelphia, USA  

  • 窪薗琢郎,赤﨑雄一,川添 晋,牧迫飛雄馬,桑波田 聡,竹中俊宏,堀之内貢子,山口親志,雉牟田美香,藤原誠助,宮川 健,大石 充. .  地域コホート研究における家庭血圧と尿ナトリウム/カリウム比の関連性に関する研究. .  第31回 血圧管理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Miyata M, Kawabata T, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  High-sensitivity C-reactive protein is a signi?cantly associated with the advanced atherosclerosis, but not with the presence of atherosclerosis in general male population. .  American Heart Association Scientific Sessions 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philadelphia, USA  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Miyata M, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  Gender di?erences in the risk factors associated with atherosclerosis evaluated by carotid intima-media thickness, plaque score and pulse wave velocity. .  American Heart Association Scientific Sessions 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philadelphia, USA  

  • 川畑孟子,窪薗琢郎,小島聡子,川添 晋,大石 充. .  シスタチンCを基にした推算糸球体濾過量は,血清クレアチニンを基にした推算糸球体濾過量より心疾患患者の運動耐容能に関連する. .  第5回 日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市  

  • 小島聡子,窪薗琢郎,川添 晋,川畑孟子,大石 充. .  心不全患者及び肺高血圧患者におけるPeak O2 pulseに関連する因子の検討. .  第5回 日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Kawabata T, Miyata M, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  Gender di?erences in the risk factors associated with atherosclerosis by carotid intima-media thickness, plaque score and pulse wave velocity. .  The 9th IGM Congress 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Wien, Austria  

  • 窪薗琢郎,小島聡子,川畑孟子,川添 晋,大石 充. .  頸動脈内膜中膜複合体肥厚に関連するリスク因子の年齢別検討. .  第67回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 川畑孟子,小島聡子,川添 晋,窪薗琢郎,大石 充. .  末梢血で好酸球上昇を認めなかった劇症型好酸球性心筋症の一例. .  第67回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 川添 晋,窪薗琢郎,小島聡子,川畑孟子,宮原広典,前之原茂穂,大石 充. .  低尿酸血症の分布,及び尿酸値と他の心血管リスク因子との関連性についての検討. .  第67回 日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • Kawasoe S, Kubozono T, Ojima S, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  Exploring the bottom of J-shaped curve association between serum uric acid and cardiovascular risks: Description using a large Japanese general population. .  European Society of Cardiology (ESC)Congress 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris, France  

  • 小島聡子,窪薗琢郎,川添 晋,大石 充. .  VE/VCO2 slopeは脈派伝播速度の独立した因子である. .  第25回 日本心臓リハビリテーション学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Ohtsubo H, Miyata M, Ohishi M. .  The patients with rheumatoid arthritis had a risk of progression on aortic valve stenosis. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Miyata M, Miyahara H, Maenohara S, Ohishi M. .  C-reactive protein was signi?cantly associated with arterial sti?ness, but not with carotid atherosclerosis in general population. .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • 小島聡子,窪薗琢郎,嘉川亜希子,川添 晋,大石 充. .  女性における形態的及び機能的動脈硬化に関連する因子の検討. .  第12回 日本性差医学・医療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉  

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 宮田昌明, 大石 充. .  心疾患患者におけるCONUTスコアは最大酸素摂取量と関連する. .  第4回 日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 才原啓司, 川添 晋, 市來仁志, 宮田昌明, 大石 充. .  女性研究者奨励賞セッション. 冠動脈内皮機能障害患者における飲水量と心血管イベントの関連. .  第124回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 吉福士郎, 小島聡子, 宮田昌明, 宮原広典, 前之原茂穂, 大石 充. .  Uric acid level and incidence of atrial fibrillation in Japanese general population. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Miyata M, Ohishi M. .  Comparison in the association of muscle strength and exercise capacity between chronic heart failure and pulmonary hypertension. .  第82回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

▼全件表示

受賞

  • 第7回 日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会 優秀演題賞.

    2021年11月   心肺運動負荷試験における心拍数回復過程に関する因子の検討.

    小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 川畑孟子, 池田義之, 大石 充.

  • 第7回 日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会 優秀演題賞.

    2021年11月   前期高齢者女性において腹囲は高血圧発症の予測因子である.

    川添 晋, 窪薗琢郎, 小島聡子, 川畑孟子, 池田義之, 大石 充.

  • 第7回 日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会 優秀演題賞

    2021年11月   年齢別にみた BMI 及び体脂肪率と IMT との関連

    窪薗琢郎, 川添 晋, 小島聡子, 川畑孟子, 宮原広典, 徳重浩一, 池田義之, 大石 充

共同研究・競争的資金等の研究

  • 70万人, 43年の大規模健診データによる心血管病発症AI予測モデルの構築と実装.(代表)

    2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会科学研究助成  基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 高齢者コホートデータ人工知能解析によるフレイルネットワーク分析及び予後因子の同定(分担)

    2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会科学研究助成  基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金