2021/05/12 更新

写真a

ヤスダ ヒサヨ
安田 久代
YASUDA Hisayo
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 特任講師
職名
特任講師

学位

  • 博士(医学) ( 2008年9月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座   特任講師

    2019年4月 - 現在

 

論文

  • Yasuda H, Nakatani S, Stugaard M, Tsujita-Kuroda Y, Bando K, Kobayashi J, Yamagishi M, Kitakaze S, Kitamura M, Miyatake K .  Failure to prevent progressive dilatation of ascending aorta by aortic valve replacement in patients with bicuspid aortic valve: compared with tricuspid aortic valve. .  Circulation108   291 - 294   2003年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H Yasuda, K Kamide, S Takiuchi, , C Tei, T Miyata, Y Kawano et al. .  Association of single nucleotide polymorphisms in endothelin family genes with the progression of atherosclerosis in patients with essential hypertension .  Journal of Human Hypertension21   883 - 892   2008年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    Endothelin-1 (ET-1) is a potent vasoconstrictive peptide
    and its activity is mediated by the receptors ET type A
    (EDNRA) and ET type B (EDNRB). Although ET-1 is
    thought to play an important role in the development of
    atherosclerosis, it remains unclear whether polymorphisms
    of ET-1 family genes, including the ET-1 gene
    (EDN1), EDNRA, EDNRB and the genes for endothelin
    converting enzymes 1 and 2 (ECE1 and ECE2 ), are
    associated with the progression of atherosclerosis. We
    investigated the relationship between 11 single nucleotide
    polymorphisms (SNPs) of ET-1 family genes
    (including three in EDN1, one in EDNRA, two in EDNRB,
    four in ECE1 and one in ECE2 ) and atherosclerotic
    changes assessed using pulse wave velocity (PWV) and
    carotid ultrasonography in 630 patients with essential
    hypertension (EHT). In male subjects, we found significant
    differences in brachial-ankle PWV (baPWV) in
    additive and recessive models in EDNRB-rs5351 after
    Bonferroni correction. Also in male subjects, there were
    significant differences in mean intima-media thickness
    (IMT) in additive and recessive models in EDNRA-rs5333
    after Bonferroni correction. We found no significant
    correlation between any SNPs in the ET family genes
    and baPWV, IMT and Plaque score (PS) in female
    subjects. Furthermore, after multiple logistic regression
    analysis, only EDNRB-rs5351 indicated as an independent
    risk of atherosclerosis in male hypertensive subjects.
    Of the endothelin-related genes, EDNRB-rs5351
    was the most susceptible SNP associated with atherosclerosis
    in male hypertensives, and the genetic background
    may be involved in the progression of
    atherosclerosis in EHT patients.

    DOI: 10.1038/sj.jhh.1002234

  • Yasuda H, Kamide K, Takiuchi S, Matayoshi T, Hanada H, Kada A, Yang J, Miwa Y, Yoshii M, Horio T, Yoshihara F, Nakamura S, Nakahama H, Tei C, Miyata T, Kawano Y. .  Association of single nucleotide polymorphisms in endothelin family genes with the progression of atherosclerosis in patients with essential hypertension .  Journal of Human Hypertension21 ( 11 ) 883 - 892   2007年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuda O, Fujii Y, Komaki R, Yasuda H, Moriyama T, Soejima Y .  Correlation between renal function and muscle mass .  Campus Health55 ( 2 ) 52 - 56   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamamura S, Izumiya Y*, Ishida T, Onoue Y, Kimura Y, Hanatani S, Araki S, Fujisue K, Sueta D, Kanazawa H, Takashio S, Usuku H, Sugamura K, Sakamoto K, Yamamoto E, Yamamuro M, Yasuda H, Kojima S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H, Tsujita K .  Reduced trans-mitral A-wave velocity predicts the presence of wild-type transthyretin amyloidosis in elderly patients with left ventricular hypertrophy .  Heart Vessels32 ( 6 ) 708 - 713   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sueta D, Hokimoto S, Okamoto K, Yasuda H, Usuku H, Tazume H, Yamamoto E, Sakamoto K, Izumiya Y, Tsujita K, Kaikita K, Sakaguchi H, Fukui T, Ogawa H .  More Haste, Less Speed: Cardiac Perforation by a Thoracentesis Cathter .  International Journal of Cardiology Heart & Vasculature.11   17 - 18   2016年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamamoto M, Yamamoto E, Yasuda O, Yasuda H, Sakamoto K, Tsujita K, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto O, Ogawa H .  A case of Werner’s syndrome with cardiac syncrome X and heart failure with presereved ejection fraction. .  Journal of Cardiology Cases12 ( 6 ) 195 - 198   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misumi I, Honda T, Kurokawa H, Kubota Y, Ishii M, Sato R, Yamabe H, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H .  Systolic Flow Reversal in a Case of Mid-Ventricular Obstructive Hypertrophic Cardiomyopathy. .  Intern Med54 ( 14 ) 1765 - 1769   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurokawa H, Misumi I, Honda T, Usuku H, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H, Nakatsuka D, Tabata M .  Resonant cardiac chamber with diastolic thrill .  J Echocardiogr.13 ( 12 ) 69 - 71   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misumi I, Nishida Y, Honda T, Kurokawa H, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H .  Markedly High B-type Natriuretic Peptide Level in a Patient with Duchenne Muscular Dystrophy and Left Ventricular Non-Compaction .  Internal Medicine54 ( 17 ) 2197 - 2200   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misumi I, Honda T, Kusuhara K, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H .  Paradoxical increase in E/e’ratio after treatment of heart failure intwo patients with preserved ejection fraction .  Journal of Medical Ultrasonocs42   239 - 241   2014年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usuku H, Obayashi K, Shono M, Oshima T, Tasaki M, Yasuda H, Ogawa H, Ando Y. .  Usefulness of plasma B-type natriuretic peptide as a prognostic marker of cardiac function in senile systemic amyloidosis and in familial amyloidotic polyneuropathy .  Amyloidosis20 ( 4 ) 251 - 255   2014年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misumi I, Ito M, Rokutanda T, Kusuhara K, Akahoshi R, Matsumoto M, Tanaka H, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H .  Hemodynamic influence of triphasic mitral inflow velocity: a case report. .  Journal of Echocardiography12   43 - 45   2014年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ito M, Misumi I, Rokutanda T, Kusuhara K, Akahoshi R, Matsumoto M, Shojima T, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H .  Mid-systolic flow reversal in a patient with mid-ventricular obstructive hypertrophic cardiomyopathy. .  Journal of Echocardiography12   78 - 80   2014年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misumi I, Usuku H, Kusuhara K, Rokutanda T, Akahoshi R, Matsumoto M, Kimura K, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Sugiyama S, Ogawa H .  Early diastolic overinflation in diastolic mitral regurgitation .  Journal of Echocardiography11 ( 1 ) 32 - 33   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kusuhara K, Misumi I, Itou M, Rokutanda T, Akahoshi R, Matsumoto M, Shimoda K, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H .  Mid-diastolic mitral flow vectors in complete atrioventricular block .  Journal of Echocardiography11 ( 4 ) 169 - 170   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rokutanda T, Misumi I, Usuku H, Kusuhara K, Akahoshi R, Matsumoto M, Akahoshi G, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Sugiyama S, Ogawa H .  Decreased left ventricular compliance contributing to diastolic mitral regurgitation in a patient with atrioventricular block .  Journal of Echocardiography11 ( 4 ) 167 - 168   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usuku H, Misumi I, Kusuhara K, Rokutanda T, Akahoshi R, Matsumoto M, Omori K, Yasuda H, Kaikita K, Hokimoto S, Sugiyama S, Ogawa H .  Mid-diastolic mitral regurgitation in a patient with diastolic heart failure .  Journal of Echocardiography11 ( 4 ) 161 - 163   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsujita-Kuroda Y, Nakatani S, Hirooka K, Andoh M, Nakasone I, Yasuda H, Kanzaki H, Kawamura A, Hanatani A, Yasumura Y, Yamagoshi Y, Miyatake K .  Bicuspid aortic valve complicated by descending aortic dissection mimicking coarctation of the aorta. .  J Am Soc Echocardiogr. 159 ( 9 ) 994 - 996   2012年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamide K, Kokubo K, Yasuda H, et al. .  Association of intima-media thickness of carotid artery with genetic polymorpgism of the regulator of G-protein signaling 2 gene in patients with hypertention and in the general population .  Hypertension Research34 ( 6 ) 740 - 746   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyashita H, Aizawa A, Hashimoto J, Hirooka Y, Imai Y, Kawano Y, Kohara K, Sunagawa K, Suzuki H, Tabara Y, Takazawa K, Takenaka T, Yasuda H, Shimada K .  Cross-sectional characterization of all classes of antihypertensives in terms of central blood pressure in Japanese hypertensives .  Am J Hypertens23   260 - 268   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 24. Tanaka H, Munakata M, Kawano Y, Ohishi M, Shoji T, Sugawara J, Tomiyama H, Yamashina A, Yasuda H, Sawayama T, Ozawa T. .  Comparison between carotid-femoral and brachial-ankle pulse wave velocity as measures of arterial stiffness .  J Hypertens. 2009; 27: 2022-2027.27   2022 - 2027   2009年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 25. Kamide K, Yang J, Matayoshi T, Takiuchi S, Horio T, Yoshii M, Miwa Y, Yasuda H, Yoshihara F, Nakamura S, Nakahama H, Miyata T, Kawano Y. .  Genetic polymorphisms of L-type calcium channel alpha1c and alpha1D subunit genes are associated with sensitivity to the antihypertensive effects of L-type dihydropyridine calcium-channel blockers. .  Circ J.73   732 - 740   2009年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 安田 修, 藤井 康成, 小牧 梨沙, 安田 久代, 守山 敏樹, 添嶋 裕嗣 .  腎機能と筋肉量の相関 .  CAMPUS HEALTH55 ( 2 ) 133 - 137   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)全国大学保健管理協会  

    血清クレアチニン値は腎機能の指標として最も頻繁に用いられる検査値である。一方、血清クレアチニン値と筋肉量の相関を検討した報告は殆ど知られていない。本研究では腎機能と筋肉量の相関の有無について検討するため、若年アスリートを対象として解析を行った。筋肉量の測定にはインピーダンス法を用いた。筋肉量は左右の握力と有意な相関を示した。一方、筋肉量と血清クレアチニン値間では統計的に有意な相関は見られなかった。同様に筋肉量は推定糸球体濾過量とも有意な相関を示さなかった。以上より筋肉量と腎機能に有意な相関は認められず、更なる検討が必要であると考えられた。(著者抄録)

  • Yamamura Satoru, Izumiya Yasuhiro, Ishida Toshifumi, Onoue Yoshiro, Kimura Yuichi, Hanatani Shinsuke, Araki Satoshi, Fujisue Koichiro, Sueta Daisuke, Kanazawa Hisanori, Takashio Seiji, Usuku Hiroki, Sugamura Koichi, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Yamamuro Megumi, Yasuda Hisayo, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi .  高齢左室肥大患者におけるtrans-mitral A-wave velocity低下による野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの予測(Reduced trans-mitral A-wave velocity predicts the presence of wild-type transthyretin amyloidosis in elderly patients with left ventricular hypertrophy) .  Heart and Vessels32 ( 6 ) 708 - 713   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    高齢左室肥大(LVH)患者において、A波速度で評価される心房機能が野生型トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTRwt)の診断に有用かどうかについて検討した。パルスドップラー心エコー検査を施行されたLVH患者51例を対象とした。ATTRwtと診断されたのが16例(全例男性、平均75.9±7.0歳)、非ATTRwtとされたのが35例(男性23例、女性12例、平均66.5±9.4歳)であった。心エコー所見ではATTRwt群と非ATTRwt群に関して、前胸部誘導における低電圧とV1-3 QSパターンに差はなく、房室伝導障害と左右脚ブロックの重症度にも差は認められなかった。単変量ロジスティック回帰分析では年齢、収縮期血圧、ループ利尿剤の使用、E/A、E/e'、A波速度低値が心アミロイドーシスと関連しており、多重ロジスティック回帰分析ではA波速度、年齢、収縮期血圧、ループ利尿剤の使用、心室中隔厚(IVSTd)、E/A、E/e'、a'、低電圧、V1-3 QSパターンが心アミロイドーシスと有意に関連する因子であった。ROC解析では、ATTRwtと非ATTRwtを識別するA波速度のAUCは0.86であることが示された。高齢左室肥大患者において、A波速度の低下は野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの予測に有用であると思われた。

▼全件表示

MISC

  • 成人の失神 不整脈以外の心血管疾患と失神

    安田 久代、杉山 正悟、小川 久雄

    Heart View17   508 - 513   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 中心血圧

    安田 久代、河野 雄平

    日本臨床 高血圧(上)   108 - 112   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特殊検査(2)動脈硬化指標

    河野雄平、安田 久代

    高血圧専門医ガイドブック   47 - 51   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本高血圧学会編集  

講演・口頭発表等

  • 濱元裕喜, 山下 誠, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 木佐貫 彰, 大石 充. .  経食道心臓超音波検査にて診断しえた脳塞栓症合併の乳頭状線維弾性腫の一例. .  日本超音波医学会 第93回 学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月1日 - 2020年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 東 大智, 濱元裕喜, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  心電図変化により発見された膵神経内分泌腫瘍術後の転移性心臓腫瘍の1例. .  日本内科学会 第331回 九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 濱元裕喜, 徳重明央, 堀添善尚, 安田久代, 湯淺敏典, 大石 充. .  ステロイド未使用で改善したG-CSF関連大動脈炎の一例. .  第3回 日本腫瘍循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月11日 - 2020年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Horizoe Y, Hamamoto Y, Yamashita M, Yasuda H, Yuasa T, Kisanuki A, Ohishi M. .  Can we detect the patients with cardiac disease in young adults who have borderline ejection fraction?: a speckle tracking study. .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月27日 - 2020年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Yasuda H, Yasuda O, Ohishi M .  Correlation of muscle mass and estimated glomerular filtration rate based on creatinine and cystatin C in young athletes. .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月27日 - 2020年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • H Yasuda, O Yasuda, M Ohishi .  Correlation of muscle mass and estimated glomerular filtration rate based on creatinine and cystatin C in young athletes. .  日本循環器学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月11日 - 2020年3月15日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 安田 修,安田久代,大石 充. .  アスリートを対象とした腎機能マーカーと筋肉量の解析. .  第42回 日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 安田 久代, 鈴山 寛人, 田口 英詞, 井上 雅之, 田村 祐大, 稲森 大治, 神波 裕, 菊池 保宏, 古賀 智典, 佐々 利明, 山田 雅大, 堀端 洋子, 出田 一郎, 中尾 浩一, 坂本 知浩 .  高度石灰化冠動脈病変を合併した大動脈生体弁機能不全症例に対しorbital atherectomyとTAV in SAVが奏功した高齢者重症左心不全の一例 .  日本冠疾患学会雑誌  2018年11月  (NPO)日本冠疾患学会

  • Yasuda Hisayo, Yasuda Osamu, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Fukui Toshihiro, Tsujita Kenichi .  重度大動脈弁狭窄症患者における僧帽弁逆流併発の意義(Significance of Concomitant Mitral Regurgitation in Severe Aortic Stenosis Patients) .  日本循環器学会学術集会抄録集  2018年3月  (一社)日本循環器学会

  • Yasuda Hisayo, Yasuda Osamu, Fukui Toshihiro, Tsujita Kenichi .  重度大動脈弁狭窄患者における同時僧帽弁逆流の分析(Analysis of Concomitant Mitral Regurgitation in Severe Aortic Stenosis Patients) .  日本循環器学会学術集会抄録集  2017年3月  (一社)日本循環器学会

  • Yamada Masahiro, Kounami Yutaka, Suzuyama Hiroto, Taguchi Eiji, Yasuda Hisayo, Horibata Yoko, Sakamoto Tomohiro .  経カテーテル大動脈弁置換後の随伴性僧帽弁逆流の予後的影響と変化(Prognostic Impact and Change of Concomitant Mitral Regurgitation after Transcatheter Aortic Valve Implantation) .  日本循環器学会学術集会抄録集  2019年3月  (一社)日本循環器学会

  • 山田 雅大, 堀端 洋子, 安田 久代, 川原 勇成, 菊池 保宏, 野本 美智留, 神波 裕, 鵜木 崇, 井上 雅之, 鈴山 寛人, 由布 哲夫, 兒玉 和久, 寺嶋 豊, 田口 英詞, 中尾 浩一, 坂本 知浩 .  今あらためて問う、心筋虚血判定の的確性 冠疾患におけるエコードプラによる非観血的CFR計測の有用性 .  日本冠疾患学会雑誌  2018年11月  (NPO)日本冠疾患学会

  • Yasuda Hisayo, Yasuda Osamu, Ohishi Mitsuru .  Correlation of Muscle Mass and Estimated Glomerular Filtration Rate Based on Creatinine and Cystatin C in Young Athletes(和訳中) .  日本循環器学会学術集会抄録集  2020年7月  (一社)日本循環器学会

  • Horizoe Yoshihisa, Hamamoto Yuki, Yamashita Makoto, Yuasa Toshinori, Yasuda Hisayo, Kisanuki Akira, Ohishi Mitsuru .  Can We Detect the Patients with Cardiac Disease in Young Adults Who Have Borderline Ejection Fraction?: A Speckle Tracking Study(和訳中) .  日本循環器学会学術集会抄録集  2020年7月  (一社)日本循環器学会

▼全件表示