2024/04/04 更新

写真a

ヘイマ マサヒロ
平間 雅博
HEIMA Masahiro
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2000年3月   岡山大学 )

  • 学士(歯学) ( 1996年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 行動科学

  • 疼痛

  • 歯科通院

  • 歯科治療関連痛

  • 歯科恐怖

  • 性的少数者

  • 小児歯科

  • LGBTQ

  • LGBT

研究分野

  • ライフサイエンス / 社会系歯学  / 歯科関連恐怖

  • ライフサイエンス / 社会系歯学  / 歯科関連疼痛

  • ライフサイエンス / 社会系歯学  / 歯科と性的少数者

  • ライフサイエンス / 社会系歯学  / 歯科受診行動

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座   准教授

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   歯学部   准教授

    2019年4月 - 現在

所属学協会

  • インターナショナルアソシエーションフォーペディアトリックデンティストリー

    2006年1月 - 現在

  • インターナショナルアソシエーションフォーデンタルレサーチ

    2001年12月 - 現在

  • The International Association for Dental Research, Pediatric Oral Health Research

  • The International Association for Dental Research, Behavioral, Epidemiologic & Health Services Research

  • American Dental Education Association

委員歴

  • インターナショナルアソシエーションフォーデンタルレサーチ   POHR バイスプレジデント  

    2023年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島大学   短期留学生選考小委員会  

    2023年4月 - 現在   

  • 鹿児島大学大学院医歯学研究科   国際交流委員会委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The International Association for Dental Research, Pediatric Oral Health Research Group   Symposium Coordinator  

    2019年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • The International Association for Dental Research, Pediatric Oral Health Research Group   Symposium Coordinator  

    2019年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • インターナショナルアソシエーションフォーデンタルレサーチ   POHR プロポーザルコーディネーター・シンポジウムオルガナイザー  

    2019年6月 - 2022年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Faculty of Dentistry, Kagoshima University   Member of IR Committee  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島大学歯学部   学生委員会  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島大学歯学部   国際交流委員会委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Faculty of Dentistry, Kagoshima University   Member of Student Committee  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Faculty of Dentistry, Kagoshima University   庚ember of the Committee of International relationship  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島大学歯学部   IR委員会委員  

    2019年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

留学歴

  • ケースウェスタンリザーブ大学  

 

論文

  • Heima M., Stehli K. .  Reliability and Validity of the Dental Anxiety Question Used With Children .  Anesthesia progress69 ( 3 ) 13 - 19   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Anesthesia progress  

    OBJECTIVE: Dental fear screening is an important part of providing a positive pediatric dental experience. To improve efficiency, the development of a single-item dental fear assessment tool for children has been desired. In this psychometric analysis, the reliability and validity of the Dental Anxiety Question (DAQ) is studied when used in children aged 7 to 18 years. METHODS: Participants completed the DAQ (pre-tx-DAQ), the Children's Fear Survey Schedule-Dental Subscale (CFSS-DS), and a demographic information questionnaire before treatment. Participants repeated the DAQ after treatment (post-tx-DAQ) and once more at least 2 weeks later (follow-up-DAQ). Stability reliability within the DAQ scores and criterion validity with the CFSS-DS were evaluated. RESULTS: Stability reliability analyses between pre-tx-DAQ/post-tx-DAQ and post-tx-DAQ/follow-up-DAQ demonstrated significant positive correlations: Spearman rank correlation coefficient (rs) = 0.420, rs2 = 0.18, P < .001, and rs = 0.563, rs2 = 0.32, P < .001, respectively. Criterion validity analysis between the pre-tx-DAQ and CFSS-DS also demonstrated a significant correlation: Pearson correlation coefficient (r) = 0.584, r2 = 0.34, P < .001. CONCLUSION: The stability reliability and criterion validity of the DAQ was proved among children.

    DOI: 10.2344/anpr-69-01-04

    Scopus

    PubMed

  • Heima M, LIN YC, Miura H, Indo H, Nishitani Y .  Promising effects of an online studying abroad program with cultural exchange .  Journal of Dental Education   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Dental Education  

    DOI: 10.1002/jdd.12808

    Scopus

    PubMed

  • Nishitani Yoshihiro, Kurahashi Naoya, Heima Masahiro, Miura Koki, Itotagawa Mihiro, Shiraogawa Takahiko, Sakanoue Yoshinori, Tsutsumi Sadami .  Application of Terahertz Waves for Dental Treatment(和訳中) .  Journal of Oral Tissue Engineering19 ( 1 ) 15 - 20   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    医療分野への応用が期待されているテラヘルツ波を、歯髄保存治療に応用できる可能性について検討した。深在性う蝕治療において歯髄切除を避けるためには、う蝕象牙質の残存量と窩洞の歯髄への距離を測定することが有用であるため、歯科治療への応用の予備研究として、エナメル質と象牙質におけるテラヘルツ波の伝播速度を測定した。対照として、アパタイトの天然単一結晶と熱間等方圧(HIP)処理粉末アパタイトを測定した。エナメル質と象牙質は異なる伝播速度を示した。検体中のアパタイトの密度に依存してテラヘルツ波の伝播速度が上昇するので、口腔のエナメル質と象牙質だけでなく、石灰化の異なるう蝕象牙質も識別することができると考えられた。

  • Chen J, Duangthip D, Gao SS, Huang F, Anthonappa R, Oliveira BH, Turton B, Durward C, El Tantawi M, Attia D, Heima M, Muthu MS, Maharani DA, Folayan MO, Phantumvanit P, Sitthisettapong T, Innes N, Crystal YO, Ramos-Gomez F, Medina AC, Lo ECM, Chu CH .  Oral Health Policies to Tackle the Burden of Early Childhood Caries: A Review of 14 Countries/Regions. .  Frontiers in oral health2   670154   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Frontiers in Oral Health  

    Aim: Early childhood caries (ECC) has significant public health implications but has received inadequate global attention. There is limited information regarding the success of oral health policies implemented to address the challenges of ECC. This review aimed to summarize such policies to tackle ECC from different countries/regions. Method: Independent collaborators from 14 countries/regions (Australia, Brazil, Cambodia, China, Hong Kong, Egypt, India, Indonesia, Japan, Nigeria, Thailand, UK, USA, and Venezuela) collected the data. The ECC status, dental workforce, oral health policies on ECC prevention in different countries/regions were summarized by each country. Results: The findings indicated that ECC prevalence varied in different countries/regions. The lowest prevalence of ECC among 5-year-old children was found in Nigeria (7%), and the highest was found in Indonesia (90%). The existing dental workforce and resources are limited in most countries. The smallest dentist to population ratio was reported by Nigeria at 1:48,400, whereas the highest ratio was in Brazil (1:600). Out of 14, three (21%) countries namely India, Venezuela and Cambodia had no national oral health policies addressing ECC and four (29%) countries (Cambodia, China, India, Venezuela) had no publicly funded dental care program for 0–5-year-old children. Water fluoridation is available in four countries/regions (Australia, Brazil, Hong Kong, USA). Conclusion: ECC remains a global health challenge and dental workforce is limited. National/regional programs to tackle ECC are not yet prioritized in many countries/regions. Evidence to support demonstration projects is limited. Further research on the cost-effectiveness of interventions strategies is required for policymakers.

    DOI: 10.3389/froh.2021.670154

    Scopus

    PubMed

  • Vincent A. .  Therapy Dog Support in Pediatric Dentistry: A Social Welfare Intervention for Reducing Anticipatory Anxiety and Situational Fear in Children .  Child and Adolescent Social Work Journal37 ( 6 ) 615 - 629   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Child and Adolescent Social Work Journal  

    DOI: 10.1007/s10560-020-00701-4

    Scopus

  • Vincent A, Easton S, Sterman J, Farkas K, Heima M .  Acceptability and Demand of Therapy Dog Support Among Oral Health Care Providers and Caregivers of Pediatric Patients. .  Pediatric dentistry42 ( 1 ) 16 - 21   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  • Karibe H, Kato Y, Shimazu K, Okamoto A, Heima M .  Gender differences in adolescents' perceptions toward dentists using the Japanese version of the dental beliefs survey: a cross-sectional survey. .  BMC oral health19 ( 1 ) 144   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s12903-019-0845-y

    PubMed

  • Horst JA, Heima M .  Prevention of Dental Caries by Silver Diamine Fluoride. .  Compendium of continuing education in dentistry (Jamesburg, N.J. : 1995)40 ( 3 ) 158 - 163; quiz 164   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  • Nelson S, Milgrom P, Albert JM, Selvaraj D, Cunha-Cruz J, Curtan S, Copeland T, Heima M, Rothen M, Beck G, Ferretti G. .  Randomized Trial Based on the Common-Sense Model of Self-regulation to Increase Child Dental Visits .  JDR Clinical & Translational Research4 ( 4 ) 323 - 332   2019年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heima M, Heaton L, Gunzler D, Morris N .  A mediation analysis study: The influence of mothers' dental anxiety on children's dental utilization among low-income African Americans. .  Community dentistry and oral epidemiology45 ( 6 ) 506 - 511   2017年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heima M, Ferretti M, Qureshi M, Ferretti G .  The effect of social geographic factors on the untreated tooth decay among head start children. .  Journal of clinical and experimental dentistry9 ( 10 ) e1224 - e1229   2017年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heima M, Heaton LJ, Ng HH, Roccoforte EC .  Dental fear among transgender individuals - a cross-sectional survey. .  Special care in dentistry37 ( 5 ) 212 - 222   2017年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heima M, Harrison MA, Milgrom P .  Oral health and medical conditions among Amish children. .  Journal of clinical and experimental dentistry9 ( 3 ) e338 - e343   2017年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pinto A, Arem S, Heima M, Syed A, Chmieliauskaite M, Xu Y, Sachdeva S, Jadallah B. .  Pain drawing characteristics and risk for sleep breathing disorders in an orofacial pain service .  Sleep Medicine 40   e260 - e261   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heima M, Ranginwala T, Teich S .  "Dentists' and dietitians' recommendations of snacks and dental caries experience among kindergarteners". .  Journal of clinical and experimental dentistry8 ( 5 ) e556 - e560   2016年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Teich S, Al-Rawi W, Heima M, Faddoul FF, Goldzweig G, Gutmacher Z, Aizenbud D .  Image quality evaluation of eight complementary metal-oxide semiconductor intraoral digital X-ray sensors. .  International dental journal66 ( 5 ) 264 - 271   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • De Veaux CK, Montagnese TA, Heima M, Aminoshariae A, Mickel A .  The Effect of Various Concentrations of Nitrous Oxide and Oxygen on the Hypersensitive Gag Reflex. .  Anesthesia progress63 ( 4 ) 181 - 184   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heima M, Milgrom P .  Soda Consumption May Increase Risk of Dental Caries in Primary Teeth of Low-income African Americans. .  The journal of evidence-based dental practice15 ( 4 ) 200 - 201   2015年12月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Teich ST, Alonso AA, Lang L, Heima M .  Dental Students' Learning Experiences and Preferences Regarding Orofacial Pain: A Cross-Sectional Study. .  Journal of dental education79 ( 10 ) 1208 - 1214   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Teich ST, Heima M, Lang L .  Dental Students' Use of AMSTAR to Critically Appraise Systematic Reviews. .  Journal of dental education79 ( 9 ) 1031 - 1039   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heima M, Lee W, Milgrom P, Nelson S .  Caregiver's education level and child's dental caries in African Americans: a path analytic study. .  Caries research49 ( 2 ) 177 - 183   2015年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lee W, Spiekerman C, Heima M, Eggertsson H, Ferretti G, Milgrom P, Nelson S .  The effectiveness of xylitol in a school-based cluster-randomized clinical trial. .  Caries research49 ( 1 ) 41 - 49   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Alonso AA, Heima M, Lang LA, Teich ST .  Dental students' perceived level of competence in orofacial pain. .  Journal of dental education78 ( 10 ) 1379 - 1387   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aminoshariae A, Teich S, Heima M, Kulild JC .  The role of insurance and training in dental decision making. .  Journal of endodontics40 ( 8 ) 1082 - 1086   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Teich ST, Joseph J, Sartori N, Heima M, Duarte S .  Dental floss selection and its impact on evaluation of interproximal contacts in licensure exams. .  Journal of dental education78 ( 6 ) 921 - 926   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nelson S, Albert JM, Geng C, Curtan S, Lang K, Miadich S, Heima M, Malik A, Ferretti G, Eggertsson H, Slayton RL, Milgrom P. .  Increased enamel hypoplasia and very low birth weight infants. .  J Dent Res. 92 ( 9 ) 788 - 94   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nelson S, Mandelaris J, Ferretti G, Heima M, Spiekerman C, Milgrom P .  School screening and parental reminders in increasing dental care for children in need: a retrospective cohort study. .  Journal of public health dentistry72 ( 1 ) 45 - 52   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Coolidge T, Skaret E, Heima M, Johnson EK, Hillstead MB, Farjo N, Asmyhr O, Weinstein P .  Thinking about going to the dentist: a Contemplation Ladder to assess dentally-avoidant individuals' readiness to go to a dentist. .  BMC oral health11   4   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pickrell JE, Hosaka K, Jackson DL, Heima M, Kharasch E, Milgrom PM .  Expanded studies of the pharmacokinetics and clinical effects of multidose sublingual triazolam in healthy volunteers. .  Journal of clinical psychopharmacology29 ( 5 ) 426 - 431   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hosaka K, Jackson D, Pickrell JE, Heima M, Milgrom P .  Flumazenil reversal of sublingual triazolam: a randomized controlled clinical trial. .  Journal of the American Dental Association140 ( 5 ) 559 - 566   2009年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Coolidge T, Heima M, Johnson EK, Weinstein P .  The Dental Neglect Scale in adolescents. .  BMC oral health9   2   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Milgrom P, Heima M, Tomar S, Kunzel C .  Research productivity of members of IADR Behavioral Sciences and Health Services Research Group: relationship to professional and personal factors. .  Journal of dental education72 ( 10 ) 1142 - 1148   2008年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pickrell JE, Heima M, Weinstein P, Coolidge T, Coldwell SE, Skaret E, Castillo J, Milgrom P .  Using memory restructuring strategy to enhance dental behaviour. .  International journal of paediatric dentistry17 ( 6 ) 439 - 448   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Coolidge T, Heima M, Coldwell SE, Weinstein P, Milgrom P .  Psychometric properties of the Revised Dental Beliefs Survey. .  Community dentistry and oral epidemiology33 ( 4 ) 289 - 297   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakai Y, Hirakawa T, Milgrom P, Coolidge T, Heima M, Mori Y, Ishihara C, Yakushiji N, Yoshida T, Shimono T .  The Children's Fear Survey Schedule-Dental Subscale in Japan. .  Community dentistry and oral epidemiology33 ( 3 ) 196 - 204   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Coolidge T, Heima M, Coldwell SE, Weinstein P, Logan HL, Milgrom P. .  Reliability and validity of the Revised Iowa Dental Control Index in a non-clinical sample. .  Personality and individual differences. 38 ( 4 ) 773 - 83   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Coolidge T, Heima M, Heaton LJ, Nakai Y, H?skuldsson O, Smith TA, Weinstein P, Milgrom P. .  The Child Dental Control Assessment (CDCA) in youth: reliability, validity and cross-cultural differences. .  Eur J Paediatr Dent6 ( 1 ) 35 - 43   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 平間 雅博 .  歯科における行動科学ーストレス認知が鼻部皮膚表面温度に及ぼす影響 .  小児歯科学雑誌33 ( 1 ) 84 - 93   2000年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

MISC

講演・口頭発表等

  • Heima M, Yuki YOSHITOMI, Ryusei FUKATA, Tukasa YAMASAKI, Daniel McNeil .  Test-retest Reliability of Japanese Questionnaires for Fear of Pain .  IADR/APR General Session  2022年6月  国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Hirota K, Aoyama Y, Kinjo S, Heaton LJ, Coldwell SE, Heima M .  Development of the Japanese Labeled Magnitude Scale for Dentin Hypersensitivity .  IADR/APR General Session  2021年6月  IADR国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:USA Online   国名:アメリカ合衆国  

  • Heima M, Lin YC, Indo H, Miura H, Nishitani Y .  Report of an Online International Student Exchange Program .  2021 IADR/AADR/CADR General Session  IADR/AADR/CADR国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston, Virtual   国名:アメリカ合衆国  

  • Hirota K, Aoyama Y, Kinjo S, Heaton LJ, Coldwell SE, Heima M .  Development of the Japanese Labeled Magnitude Scale for Dentin Hypersensitivity .  2021 IADR/AADR/CADR General Session   IADR/AADR/CADR 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston, Virtual   国名:アメリカ合衆国  

  • Owen, C. K., Lilly, C. L., Hickey, K., Quetsch, L. B., Heima, M., McNeil, C. B., & McNeil, D. W. .  Evaluating child dental fear, child behavior, and caregiver-child interactions during pediatric dental appointments .  2020年11月  Association for Behavioral and Cognitive Therapies国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Virtual   国名:アメリカ合衆国  

  • MASAHIRO HEIMA, JENIFFER PEREDA, AND NIKITA SALWAN .  Patient’s Demand for Use of a Handheld Mirror for Restorative Dental Treatment .  IADR, Behavioral and Social Oral Health Sciences Summit  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Owen CK, Lilly CL, Hickey KM, Quetsch LB, Heima M, McNeil CB, McNeil CW .  Investigating Relationships between Child Dental Fear, Child Behavior, and Caregiver-Child Interactions during Young Child Dental Appointments .  IADR, Behavioral and Social Oral Health Sciences Summit  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Perez LNB, Maeda A, Heima M .  Methods of Children’s Behavior Assessment During Restorative Treatment .  AAPD annual meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Heima M, Owen CK, Hickey KM, Lilly CL, Quetsch LB, McNeil CB, McNeil CW .  Can It Be Fun?: Best Behavioral Practices in Dental Care for Preschoolers- Using Dental-Specific Codes to Evaluate the Behavior of Preschoolers during Dental Appointments .  International Association for Dental Research  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Eackles K, Owen CK, Lilly CL, Quetsch LB, Hickey K, Heima M, McNeil CB, McNeil CW .  Exploring Provider-Patient Interactions with Young Children in the Dental Setting .  International Association for Dental Research  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Effectiveness of Handheld Mirror on Children’s Behavior during Restorative Treatment .  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Lipinski SM, Simpson M, Owen CK, Quetsch LB, Hickey K, Eackles K, Lilly CL, Heima M, McNeil CB, McNeil CW .  Exploring the Impact of Waiting Time on Child Behavior During Dental Appointments .  International Association for Dental Research  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kim S, Mui P, Vincent A, Heima M .  Behavior Assessment during Therapy Dog Intervention in Dental Treatment .  The Hinman Student Research Symposium  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kim S, Mui P, Vincent A, Heima M .  Behavior Assessment during Therapy Dog Intervention in Dental Treatment .  International Association for Dental Research  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Yan R, Yang RG, Ng B, ChoudaryLS, Heaton JL, Heima M .  Reliability and Validity of a Measure of Dental Injection Pain .  International Association for Dental Research  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kim S, Mui P, Easton S, Salwan N, Vincent A, Heima M .  Reliability and Validity of a Behavior Assessment System during Therapy Dog Intervention .  Professionals day, CWRU  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Aviva Vincent, Jordan Sterman, Sunghyun Kim, Sandhya Purighalia, Nikita Salwan, Phil Muy, Sarah Easton, Katharine Bussert, Masahiro Heima, Supriya Gaitonde, John Stebbins, Kathmeen Farkas .  Feasibility of Canine Support in Pediatric Dentistry a pilot study .  Institute for Interdisciplinary Salivary Bioscience Research Virtual Salivary Bioscience Conference  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Methods of Children’s Behavior Assessment During Restorative Treatment .  AAPD annual meeting  2020年5月  American Academy of Pediatric Dentistry国際共著 国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:Nashville, Tennessee   国名:アメリカ合衆国  

  • 山崎 由花, 野村 恭子, 佐藤 克哉, 野原 理子, 片岡 仁美, 大久保 由美子, 苅田 香苗, 平間 雅博, 清水 郁夫, 北野 尚美, 小塩 真司 .  理系アカデミアのパワハラ・アカハラ可能性測定尺度の開発 .  医学教育  2023年7月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山崎 由花, 野村 恭子, 佐藤 克哉, 野原 理子, 片岡 仁美, 大久保 由美子, 苅田 香苗, 平間 雅博, 清水 郁夫, 北野 尚美, 小塩 真司 .  理系アカデミアのパワハラ・アカハラ可能性測定尺度の開発 .  医学教育  2023年7月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 理系アカデミアのパワハラ・アカハラ尺度の開発

    研究課題/領域番号:21H03171  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山崎 由花, 片岡 仁美, 野原 理子, 苅田 香苗, 北野 尚美, 野村 恭子, 小塩 真司, 清水 郁夫, 大久保 由美子, 平間 雅博

      詳細を見る

    配分額:14170000円 ( 直接経費:10900000円 、 間接経費:3270000円 )

    背景・目的:教育・研究機関で生じるパワーハラスメント(パワハラ)やアカデミックハラスメント(アカハラ)は人材育成を阻む深刻な問題である。Banduraによると、人の価値観、信念、感情は自らの行動をコントロール上で重要な役割を担うが、ハラスメント行為者の心理状態に注目した研究は見当たらない。、我々は主に理系学部の研究環境における、パワハラ・アカハラ行為者のリスク度を測定する尺度を開発する。また、副次目的として、理系学部と文系学部の研究者間の尺度の各質問項目への回答の得点差についても探索する。
    <BR>
    方法:2021年度は尺度原案を作成した。具体的には、日本の出版社が出版した日本国内のパワハラ・アカハラの現状に関する書籍、論文を検索し、最終的に、44冊の書籍、5本の論文からパワハラ・アカハラ行為者の心理や価値観についての記載を抜粋した。その後、抜粋部分を修正し、282個の質問項目を作成した。さらに、研究代表者と分担者、それぞれが、理系学部の修士、博士の大学院生、教員、合計55名の作成した質問項目に対する意見をWeb上で聴取し、最終的に質問項目を141まで絞り込んだ。具体的には、55名の大学院生または教員を2グループに分け、1つ目のグループには「パワハラ・アカハラを行いそうな人物」が考えたり、言ったり、行ったりする可能性がある言動に各質問項目が当てはまるか判断してもらい、2つ目のグループには「パワハラ・アカハラを絶対に行わないであろう人物」の言動に当てはまるか判断してもらった。その後、パワハラ・アカハラを絶対に行わない人物よりも、行いそうな人物の言動に有意に当てはまる項目(p < 0.05, Φ≧0.30)を選択した。また、質問項目の回答として、5件法の選択肢も作成した。

  • Cognitive Interventions in Pediatric Dentistry

    National Institute of Health, Institute National Institute of Dental & Craniofacial Research 

    Peter Milgrom

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

 

担当経験のある授業科目

  • 国際医療人育成学I

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 海外歯科研修プログラムVI

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 海外歯科研修プログラムV

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 海外歯科研修プログラムⅠV

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 海外歯科研修プログラIII

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 海外歯科研修プログラII

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 海外歯科研修プログラムⅠ

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 国際医療人育成学IV

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 国際医療人育成学III

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 国際医療人育成学II

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 歯科解剖学

    機関名:岡山歯科技工専門学院

  • 小児歯科学

    機関名:岡山歯科技工専門学院

  • Research Methods DENT 514

  • Professional Development LDRS 310 as an additional faculty

  • Professional Development LDRS 310

    機関名:Case Western Reserve University

  • Pediatric Dentistry Resident Research Program

  • Pediatric Dentistry Resident Research Program

    機関名:Case Western Reserve University

  • Pediatric Dentistry COMP478

    機関名:Case Western Reserve University

  • Pediatric Dentistry COMP378

    機関名:Case Western Reserve University

  • Pediatric Dentistry

  • Essentials of Pediatric Dentistry REMA 371

    機関名:Case Western Reserve University

  • Dental Anatomy

  • Clinical Management of the Fearful and Phobic Patients DPHS 640

  • Clinical Management of the Fearful and Phobic Patients DPHS 640

    機関名:University of Washington

  • Behavioral Considerations in Oral Health Care DENT 518

  • Behavioral Considerations in Oral Health Care

    機関名:Case Western Reserve University

  • Development of International Dentist

    機関名:Kagoshima University

  • Essentials of Pediatric Dentistry REMA 371

  • 国際医療人育成学I-IV

    機関名:鹿児島大学

  • Research Methods

    機関名:Case Western Reserve University

  • Pediatric Dentistry COMP478

  • Pediatric Dentistry COMP378

  • Essentials of Pediatric Dentistry REMA 371

  • Development of International Dentist

    機関名:Kagoshima University

  • 国際医療人育成学I-IV

    機関名:鹿児島大学

  • Research Methods

    機関名:Case Western Reserve University

  • Pediatric Dentistry COMP478

  • Pediatric Dentistry COMP378

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • エシカルライフ

    役割:助言・指導, 運営参加・支援, 報告書執筆

    2023年5月 - 現在

  • レインボーライツ九州

    役割:助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    2020年4月 - 現在

  • Oral Health and Dental Fear

    役割:講師

    Margie’s hope  2016年3月

メディア報道

  • 韓国の歯学生が最先端の研究学ぶ 新聞・雑誌

    日本歯科新聞社   日本歯科新聞  2023年2月

  • 鹿児島大と韓国・慶熙大学校歯学生国際医療で議論 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2023年1月

  • 韓国・慶熙大学校歯学生国際医療人育成学の講義を受ける国際医療で議論 テレビ・ラジオ番組

    鹿児島読売テレビ  鹿児島読売テレビ ニュース(1/24夕方放送)  2023年1月

  • 行動を科学する 会誌・広報誌

    鹿児島県歯科医師会  鹿歯会報 TEETHFUL  2022年

  • Ease fear, improve oral health: Memory-reconstruction for “good” dental experience 会誌・広報誌

    鹿児島大学  KU TODAY Kagoshima University Newsletter, Special Issue Faculty of Dentistry  2019年

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • Education level, dental habits of low-income parents linked to their children’s oral health

    2015年5月

  • Parental Action Can Influence a Child’s Oral Health インターネットメディア

    2015年5月

  • Researchers hope to improve dental health by changing caregiver’s behavior

    2015年5月

  • Education level, dental habits of low-income parents linked to their children’s oral health

    2015年5月

  • Education level, dental habits of low-income parents linked to their children’s oral health

    2015年5月

  • Researchers hope to improve dental health by changing caregiver’s behavior

    2015年5月

  • Caregiver's behavior influences oral health habits in children

    2015年5月

  • Education level and dental habits of low-income parents linked to their children’s oral health; Researchers hope to improve dental health by changing caregiver behavior (Case Western Reserve University)

    2015年5月

  • Education level and dental habits of low-income parents linked to their children’s oral health; Researchers hope to improve dental health by changing caregiver behavior

    Think   Think   2015年5月

  • May 4, 2015 Education level and dental habits of low-income parents linked to their children’s oral health; Researchers hope to improve dental health by changing caregiver behavior

    HealthNewsChannel.com   HealthNewsChannel.com   2015年5月

  • Researchers hope to improve dental health by changing caregiver’s behavior

    EurekAlert! (NAT)   EurekAlert! (NAT)   2015年5月

  • Researchers hope to improve dental health by changing caregiver’s behavior

    Medical Xpress (NAT)   Medical Xpress (NAT)   2015年5月

  • Researchers hope to improve dental health by changing caregiver’s behavior

    Science Daily (NAT)   Science Daily (NAT)   2015年5月

  • Education level, dental habits of low-income parents linked to their children’s oral health

    HealthCanal.com (NAT)   HealthCanal.com (NAT)   2015年5月

▼全件表示