2022/12/07 更新

写真a

キヤマ ユウジ
城山 優治
KIYAMA Yuji
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2001年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • 表現型解析

  • 行動解析

  • 脳プロ

  • 扁桃体

  • 情動

  • 包括脳ネットワーク

  • てんかん

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 実験動物学

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学

  • ライフサイエンス / 医化学

学歴

  • 東京大学   大学院医学系研究科   機能生物学

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 新潟大学   理学部

    - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座   助教

    2019年3月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学総合研究科   助教

    2019年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学   先端科学技術研究センター   特任助教

    2017年4月 - 2019年2月

所属学協会

  • 日本生化学会

    2019年4月 - 現在

  • 日本神経科学学会

    1998年5月 - 現在

  • 日本分子生物学会

    1997年7月 - 現在

  • 日本神経科学学会

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

▼全件表示

 

論文

  • Fumiko Goto, Yuji Kiyama, Itone Ogawa, Hiroyuki Okuno, Taeko Ichise, Hirotake Ichise, Motonobu Anai, Tatsuhiko Kodama, Nobuaki Yoshida, Haruhiko Bito, Toshiya Manabe .  Gastrin-releasing peptide regulates fear learning under stressed conditions via activation of the amygdalostriatal transition area .  Molecular Psychiatry27 ( 3 ) 1694 - 1703   2022年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Psychiatry  

    The amygdala, a critical brain region responsible for emotional behavior, is crucially involved in the regulation of the effects of stress on emotional behavior. In the mammalian forebrain, gastrin-releasing peptide (GRP), a 27-amino-acid mammalian neuropeptide, which is a homolog of the 14-amino-acid amidated amphibian peptide bombesin, is highly expressed in the amygdala. The levels of GRP are markedly increased in the amygdala after acute stress; therefore, it is known as a stress-activated modulator. To determine the role of GRP in emotional behavior under stress, we conducted some behavioral and biochemical experiments with GRP-knockout (KO) mice. GRP-KO mice exhibited a longer freezing response than wild-type (WT) littermates in both contextual and auditory fear (also known as threat) conditioning tests only when they were subjected to acute restraint stress 20 min before the conditioning. To identify the critical neural circuits associated with the regulation of emotional memory by GRP, we conducted Arc/Arg3.1-reporter mapping in the amygdala with an Arc-Venus reporter transgenic mouse line. In the amygdalostriatal transition area (AST) and the lateral side of the basal nuclei, fear conditioning after restraint stress increased neuronal activity significantly in WT mice, and GRP KO was found to negate this potentiation only in the AST. These results indicate that the GRP-activated neurons in the AST are likely to suppress excessive fear expression through the regulation of downstream circuits related to fear learning following acute stress.

    DOI: 10.1038/s41380-021-01408-3

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41380-021-01408-3

  • Ohnishi T, Kiyama Y, Arima-Yoshida F, Kadota M, Ichikawa T, Yamada K, Watanabe A, Ohba H, Tanaka K, Nakaya A, Horiuchi Y, Iwayama Y, Toyoshima M, Ogawa I, Shimamoto-Mitsuyama C, Maekawa M, Balan S, Arai M, Miyashita M, Toriumi K, Nozaki Y, Kurokawa R, Suzuki K, Yoshikawa A, Toyota T, Hosoya T, Okuno H, Bito H, Itokawa M, Kuraku S, Manabe T, Yoshikawa T. .  Cooperation of LIM domain-binding 2 (LDB2) with EGR in the pathogenesis of schizophrenia .  EMBO Molecular Medicine13 ( 4 ) e12574   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EMBO Molecular Medicine  

    DOI: 10.15252/emmm.202012574

    Scopus

    PubMed

  • Kiyama Y, Kikkawa YS, Kinoshita M, Matsumoto Y, Kondo K, Fujimoto C, Iwasaki S, Yamasoba T, Manabe T .  The adhesion molecule cadherin 11 is essential for acquisition of normal hearing ability through middle ear development in the mouse. .  Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology98 ( 11 ) 1364 - 1374   2018年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41374-018-0083-y

    PubMed

  • Nakazawa T, Hashimoto R, Sakoori K, Sugaya Y, Tanimura A, Hashimotodani Y, Ohi K, Yamamori H, Yasuda Y, Umeda-Yano S, Kiyama Y, Konno K, Inoue T, Yokoyama K, Inoue T, Numata S, Ohnuma T, Iwata N, Ozaki N, Hashimoto H, Watanabe M, Manabe T, Yamamoto T, Takeda M, Kano M. .  Emerging roles of ARHGAP33 in intracellular trafficking of TrkB and pathophysiology of neuropsychiatric disorders. .  Nature Communications   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniguchi S, Nakazawa T, Tanimura A, Kiyama Y, Tezuka T, Watabe AM, Katayama N, Yokoyama K, Inoue T, Izumi-Nakaseko H, Kakuta S, Sudo K, Iwakura Y, Umemori H, Inoue T, Murphy NP, Hashimoto K, Kano M, Manabe T, Yamamoto T. .  Involvement of NMDAR2A tyrosine phosphorylation in depression-related behaviour. .  EMBO Journal   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Youssef M.M.M., Hamada H.T., Lai E.S.K., Kiyama Y., El-Tabbal M., Kiyonari H., Nakano K., Kuhn B., Yamamoto T. .  TOB is an effector of the hippocampus-mediated acute stress response .  Translational Psychiatry12 ( 1 ) 302   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Translational Psychiatry  

    Stress affects behavior and involves critical dynamic changes at multiple levels ranging from molecular pathways to neural circuits and behavior. Abnormalities at any of these levels lead to decreased stress resilience and pathological behavior. However, temporal modulation of molecular pathways underlying stress response remains poorly understood. Transducer of ErbB2.1, known as TOB, is involved in different physiological functions, including cellular stress and immediate response to stimulation. In this study, we investigated the role of TOB in psychological stress machinery at molecular, neural circuit, and behavioral levels. Interestingly, TOB protein levels increased after mice were exposed to acute stress. At the neural circuit level, functional magnetic resonance imaging (fMRI) suggested that intra-hippocampal and hippocampal-prefrontal connectivity were dysregulated in Tob knockout (Tob-KO) mice. Electrophysiological recordings in hippocampal slices showed increased postsynaptic AMPAR-mediated neurotransmission, accompanied by decreased GABA neurotransmission and subsequently altered Excitatory/Inhibitory balance after Tob deletion. At the behavioral level, Tob-KO mice show abnormal, hippocampus-dependent, contextual fear conditioning and extinction, and depression-like behaviors. On the other hand, increased anxiety observed in Tob-KO mice is hippocampus-independent. At the molecular level, we observed changes in factors involved in stress response like decreased stress-induced LCN2 expression and ERK phosphorylation, as well as increased MKP-1 expression. This study introduces TOB as an important modulator in the hippocampal stress signaling machinery. In summary, we reveal a molecular pathway and neural circuit mechanism by which Tob deletion contributes to expression of pathological stress-related behavior.

    DOI: 10.1038/s41398-022-02078-7

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41398-022-02078-7

  • Mori K, Koebis M, Nakao K, Kobayashi S, Kiyama Y, Watanabe M, Manabe T, Iino Y, Aiba A .  Loss of calsyntenin paralogs disrupts interneuron stability and mouse behavior. .  Molecular brain15 ( 1 ) 23 - 23   2022年3月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-022-00909-8

    PubMed

  • Naruse Y, Miyajima K, Sugiura R, Muto M, Ogano M, Kurebayashi N, Shiozawa T, Kiyama Y, Nagata E, Odagiri K, Maekawa Y, Mt. FUJI trial investigators .  Comparison of delivery catheter-based and stylet-based right ventricular lead placement at the right ventricular septum under fluoroscopic guidance judged by cardiac CT (Mt. FUJI): a study protocol for the Mt. FUJI randomised controlled trial. .  BMJ open11 ( 5 ) e046782   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2020-046782

    PubMed

  • Terumitsu-Tsujita M. .  Glial pathology in a novel spontaneous mutant mouse of the Eif2b5 gene: a vanishing white matter disease model .  Journal of Neurochemistry154 ( 1 ) 25 - 40   2020年7月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neurochemistry  

    DOI: 10.1111/jnc.14887

    Scopus

    PubMed

  • Wakabayashi C, Numakawa T, Odaka H, Ooshima Y, Kiyama Y, Manabe T, Kunugi H, Iwakura Y. .  IL-1 receptor-antagonist (IL-1Ra) knockout mice show anxiety-like behavior by aging. .  Neuroscience Letters   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamada S, Ogawa I, Yamasaki M, Kiyama Y, Kassai H, Watabe AM, Nakao K, Aiba A, Watanabe M, Manabe T. .  The glutamate receptor GluN2 subunit regulates synaptic trafficking of AMPA receptors in the neonatal mouse brain. .  European Journal of Neuroscience   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inoue T, Hoshina N, Nakazawa T, Kiyama Y, Kobayashi S, Abe T, Yamamoto T, Manabe T, Yamamoto T. .  LMTK3 deficiency causes pronounced locomotor hyperactivity and impairs endocytic trafficking. .  The Journal of Neuroscience   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Delawary M, Tezuka T, Kiyama Y, Yokoyama K, Wada E, Wada K, Manabe T, Yamamoto T, Nakazawa T. .  NMDAR2B tyrosine phosphorylation is involved in thermal nociception. .  Neuroscience Letters   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wakabayashi C, Kiyama Y, Kunugi H, Manabe T, Iwakura Y. .  Age-dependent regulation of depression-like behaviors through modulation of adrenergic receptor α?A subtype expression revealed by the analysis of interleukin-1 receptor antagonist knockout mice. .  Neuroscience   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Delawary M, Tezuka T, Kiyama Y, Yokoyama K, Inoue T, Hattori S, Hashimoto R, Umemori H, Manabe T, Yamamoto T, Nakazawa T. .  NMDAR2B tyrosine phosphorylation regulates anxiety-like behavior and CRF expression in the amygdala. .  Molecular Brain   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kina S, Tezuka T, Kusakawa S, Kishimoto Y, Kakizawa S, Hashimoto K, Ohsugi M, Kiyama Y, Horai R, Sudo K, Kakuta S, Iwakura Y, Iino M, Kano M, Manabe T, Yamamoto T. .  Involvement of protein-tyrosine phosphatase PTPMEG in motor learning and cerebellar long-term depression. .  European Journal of Neuroscience   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suto F, Tsuboi M, Kamiya H, Mizuno H, Kiyama Y, Komai S, Shimizu M, Sanbo M, Yagi T, Hiromi Y, Chedotal A, Mitchell KJ, Manabe T, Fujisawa H. .  Interactions between plexin-A2, plexin-A4, and semaphorin 6A control lamina-restricted projection of hippocampal mossy fibers. .  Neuron   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakazawa T, Komai S, Watabe AM, Kiyama Y, Fukaya M, Arima-Yoshida F, Horai R, Sudo K, Ebine K, Delawary M, Goto J, Umemori H, Tezuka T, Iwakura Y, Watanabe M, Yamamoto T, Manabe T. .  NR2B tyrosine phosphorylation modulates fear learning as well as amygdaloid synaptic plasticity. .  EMBO Journal   2006年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeuchi T, Kiyama Y, Nakamura K, Tsujita M, Matsuda I, Mori H, Munemoto Y, Kuriyama H, Natsume R, Sakimura K, Mishina M. .  Roles of the glutamate receptor epsilon2 and delta2 subunits in the potentiation and prepulse inhibition of the acoustic startle reflex. .  European Journal of Neuroscience   2001年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura K, Manabe T, Watanabe M, Mamiya T, Ichikawa R, Kiyama Y, Sanbo M, Yagi T, Inoue Y, Nabeshima T, Mori H, Mishina M. .  Enhancement of hippocampal LTP, reference memory and sensorimotor gating in mutant mice lacking a telencephalon-specific cell adhesion molecule. .  European Journal of Neuroscience   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morikawa E, Mori H, Kiyama Y, Mishina M, Asano T, Kirino T. .  Attenuation of focal ischemic brain injury in mice deficient in the epsilon1 (NR2A) subunit of NMDA receptor. .  The Journal of Neuroscience   1998年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kiyama Y, Manabe T, Sakimura K, Kawakami F, Mori H, Mishina M. .  Increased thresholds for long-term potentiation and contextual learning in mice lacking the NMDA-type glutamate receptor epsilon1 subunit. .  The Journal of Neuroscience   1998年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morita T, Nitta H, Kiyama Y, Mori H, Mishina M. .  Differential expression of two zebrafish emx homeoprotein mRNAs in the developing brain. .  Neuroscience Letters   1995年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • Ldb2 modulates synaptic function and fear learning by regulating Arc expression in the lateral nucleus of the amygdala(和訳中)

    城山 優治, 大西 哲生, 有馬 史子, 門田 満隆, 尾藤 晴彦, 吉川 武男, 真鍋 俊也, 奥野 浩行

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   94回   [P - 861]   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  • 術後認知機能障害に関与する大脳神経回路同定の試み

    中原 真由美, 向原 桂香, 大江 将軍, 城山 優治, 奥野 浩行, 上村 裕一

    日本集中治療医学会雑誌   27 ( Suppl. )   504 - 504   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

  • マウスにおける全身麻酔下手術による扁桃体の神経活動亢進と記憶障害

    城山 優治, 中原 真由美, 大江 将軍, 坂口 茜, 黒江 那彩, 上村 裕一, 奥野 浩行

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   93回   [P - 626]   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  • てんかん発症に至るまでの海馬歯状回 APE欠損をモデルとして

    城山 優治, 奥野 浩行, 内藤 眞, 尾藤 晴彦, 児玉 龍彦, 真鍋 俊也, 穴井 元暢

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [1P - 311]   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  • 脳における新たな遺伝子発現制御システム「LDB2-EGR軸」と精神疾患の病態生理における役割

    大西哲生, 城山優治, 有馬(吉田)史子, 門田満隆, 田中かおり, 山田一之, 山田一之, 市川智恵, 新井誠, 中谷明弘, 小川糸音, 渡辺明子, 大羽尚子, 豊島学, 島本(光山)知英, 前川素子, BALAN Shabeesh, 岩山佳美, 野崎弥生, ORNTHANALAI Veravej G., 奥野浩行, 尾藤晴彦, 糸川昌成, 工樂樹洋, 真鍋俊也, 吉川武男

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • 哺乳類におけるカルシンテニンの機能 トリプルノックアウトマウスを用いた解析

    森 啓太, 古戎 道典, 小林 静香, 城山 優治, 真鍋 俊也, 饗場 篤, 飯野 雄一

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [2P - 1171]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 中原 真由美, 向原 桂香, 大江 将軍, 城山 優治, 奥野 浩行, 上村 裕一 .  術後認知機能障害に関与する大脳神経回路同定の試み .  日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

  • 森 啓太, 古戎 道典, 小林 静香, 城山 優治, 真鍋 俊也, 饗場 篤, 飯野 雄一 .  哺乳類におけるカルシンテニンの機能 トリプルノックアウトマウスを用いた解析 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 城山 優治, 中原 真由美, 大江 将軍, 坂口 茜, 黒江 那彩, 上村 裕一, 奥野 浩行 .  マウスにおける全身麻酔下手術による扁桃体の神経活動亢進と記憶障害 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 城山 優治, 奥野 浩行, 内藤 眞, 尾藤 晴彦, 児玉 龍彦, 真鍋 俊也, 穴井 元暢 .  てんかん発症に至るまでの海馬歯状回 APE欠損をモデルとして .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

  • 城山 優治, 大西 哲生, 有馬 史子, 門田 満隆, 尾藤 晴彦, 吉川 武男, 真鍋 俊也, 奥野 浩行 .  Ldb2は扁桃体側核におけるArcの発現を制御することでシナプス機能と恐怖条件づけ学習を制御する(Ldb2 modulates synaptic function and fear learning by regulating Arc expression in the lateral nucleus of the amygdala) .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

Works(作品等)

  • 学生への相談対応に関する研修会

    日本語

    2019年9月

     詳細を見る

    発表場所:桜ヶ丘共通教育棟501講義室  

共同研究・競争的資金等の研究

  • ストレス下で心の平穏を保つための脳神経回路

    研究課題/領域番号:19K07799  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    城山優治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 脳部位特異性の極めて高い遺伝子ノックダウンマウスの新規作製法の開発とその応用

    研究課題/領域番号:21200006  2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究課題提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 活動神経のプロファイリングを通じた扁桃体機能解析

    研究課題/領域番号:15K01848  2015年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    城山優治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ドミナント・ネガティブ型Creを応用した扁桃体特異的遺伝子KOマウスの作成と解析

    研究課題/領域番号:23700488  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 前脳特異的な遺伝子欠損マウスの作成と学習・記憶に関する表現型の解析

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

 

担当経験のある授業科目

  • 生化学

    2019年4月
    -
    現在

  • 生化学

    2019年3月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学医学部

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国