2022/07/27 更新

写真a

アオノ マサミ
青野 祐美
AONO Masami
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 電気電子工学プログラム 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2002年3月   岐阜大学 )

  • 修士 ( 1999年3月   岐阜大学 )

  • 学士 ( 1998年3月   岐阜大学 )

  • 準学士 ( 1996年3月   豊田工業高等専門学校 )

研究キーワード

  • 電気物性

  • 光物性

  • アモルファス

  • 炭素系薄膜

  • 炭素系薄膜

  • 半導体薄膜

  • アモルファス薄膜

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電気電子材料工学  / 炭素系薄膜

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 電気電子工学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 電気電子工学専攻   教授

    2018年12月 - 2020年3月

  • 防衛大学校   電気情報学群機能材料工学科   准教授

    2015年10月 - 2018年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 防衛大学校   電気情報学群機能材料工学科   講師

    2012年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 防衛大学校   電気情報学群機能材料工学科   助教

    2007年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 防衛大学校   電気情報学群機能材料工学科   助手

    2001年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

委員歴

  • 応用物理学会   代議員  

    2021年2月 - 2023年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • Aono M. .  XPS study on ultrasonic nitridation of graphite using high-frequency (1.64 MHz) sound wave .  Diamond and Related Materials127   2022年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Diamond and Related Materials  

    DOI: 10.1016/j.diamond.2022.109197

    Scopus

  • Takumi Odaira, Satoshi Kameoka, Masami Aono, Masami Terauchi, An-Pang Tsai .  Carbon fibers having a nano-arched structure on Co-supersaturated Cu foils .    147   154 - 156   2019年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carbon.2019.02.021

  • Aono M, Harata T, Kitazawa N, Abe H, Ishii S, Sato Y, Terauchi M .  Non-uniform Excitation States in Photoinduced Deformation of Amorphous Carbon Nitride Films. .  Scientific reports8 ( 1 ) 15066   2018年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-33364-4

    PubMed

  • Visible light irradiation effects on chemical bonding structure of amorphous carbon nitride thin films using synchrotron radiation infrared rays .    568   120963-1 - 120963-6   2021年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Non-Crystalline Solids  

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2021.120963

    Scopus

  • Masami Aono, Hisashi Miyazaki, Nobuaki Kitazawa, Yohei Sato, Masami Terauchi .  Photoinduced deformation of a-C thin films prepared by RF magnetron sputtering .  Diamond and Related Materials108   107844-1 - 107844-6   2020年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    高周波マグネトロンスパッタ法を用いて作製したアモルファス炭素薄膜の光誘起変形について報告した。これまで報告していた窒素を添加しているアモルファス窒化炭素薄膜に比べ、変形量は少ないものの、純粋な炭素のみで作られた薄膜で光誘起変形が見つかったことを初めて報告した論文である。

    DOI: 10.1016/j.diamond.2020.107844

    Scopus

    researchmap

  • 青野 祐美, 岸村 浩明 .  高輝度赤外光を用いた可視光照射下におけるアモルファス窒化炭素薄膜の化学結合状態解析 .  SPring-8/SACLA利用研究成果集8 ( 2 ) 329 - 332   2020年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:公益財団法人 高輝度光科学研究センター  

    本研究では、アモルファス窒化炭素薄膜でみられる光誘起変形現象の起源の解明を目的とし、BL43IR を用いて可視光照射時の化学結合状態を調べた。その結果、化学結合状態を反映する赤外スペクトルの形状が、試料表面の測定箇所により、可視光照射中と未照射時で異なることが明らかとなった。また、測定温度によっても変化することがわかった。

    DOI: 10.18957/rr.8.2.329

  • Nobuaki Kitazawa, Masami Aono .  Growth and photo-electrochemical properties of rutile TiO2 nanowire arrays prepared by the hydrothermal method .  International Journal of Materials Research109   268 - 274   2019年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3139/146.111734

  • 青野 祐美 .  可視光ー運動エネルギー変換脳を有するアモルファス窒化炭素薄膜 .  NEW DIAMOND133   30 - 33   2019年

  • Hiroaki Imoto, Chieko Yamazawa, Shotaro Hayashi, Masami Aono, Kensuke Naka .  Electropolymerization of Dithieno[3,2-b:2’,3’-d]arsole .  ChemElectroChem5   3357 - 3360   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高い酸化電位を有するDithieno[3,2-b:2’,3’-d]arsole分子の電解重合に関する研究。得られたポリマーフィルムはモノマーの構成元素であるH, C, S, Asで構成され、重合により吸収端波長がレッドシフトすることが確認された。

  • Ishii S, Terauchi M, Sato Y, Tamura N, Aono M, Abe H .  Soft X-ray emission spectroscopy study of characteristic bonding states and its distribution of amorphous carbon-nitride (a-CNx) films. .    64   244 - 249   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jmicro/dfy024

    PubMed

  • Hiroaki Kishimura, Masami Aono, Yoshiki Kyuko, Shoki Nagawa, Shu Koyama, Hiroshi Abe .  Spontaneous polyiodide formation by unbalancing of charge in room temperature ionic liquid-lithium salt solutions .  Chemical Physics503   25 - 30   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemphys.2018.01.021

  • Aono M, Miyazaki H, Takekiyo T, Tsuzuki S, Abe H .  Optical absorption and photoconductivity in iodine-excess ionic liquids: the case of 1-alkyl-3-methyl imidazolium iodides. .  Physical chemistry chemical physics : PCCP20 ( 8 ) 5780 - 5784   2018年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cp07387a

    PubMed

  • Masami Aono, Tomo Harata, Taku Odawara, Shinnosuke Asai, Dai Orihara, Masaya Nogi .  Deposition of amorphous carbon nitride films on flexible substrates by reactive sputtering for application in light driven active devices .  Japanese Journal of Applied Physics57 ( 1S ) 01AC01-1 - 01AC01-5   2018年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.57.01AC01

  • Hiroshi Abe, Hiroaki Kishimura, Masami Aono .  Anomalous phase behavior of excess iodide in room-temperature ionic liquid: 1-methyl-3-propylimidazolium iodide .  Chemical Physics502   72 - 76   2018年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemphys.2018.01.013

  • Hiroshi Abe, Masami Aono, Takahiro Takekiyo, Yukihiro Yoshimura, Akio Shimizu .  Phase behavior of water-mediated protic ionic liquid: Ehtylammonium nitrate .  Journal of Molecular Liquids241   301 - 307   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molliq.2017.05.150

  • H. Miyazaki, M. Aono, H. Kishimura, M. Jimbo, H. Katagiri .  Effect of surface treatment on the Cu2ZnSnS4 thin films using a cationic surfactant .  Physics status solidi (c)14   1600176-1 - 1600176-4   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1002/pssc.201600176

  • Effect of surface treatment by hydrogen peroxide solution on Cu2ZnSnS4 thin films .    14   1600175-1 - 1600175-4   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    化合物薄膜太陽電池材料の一つであるCu2ZnSnS4 薄膜の変換効率向上を目指し, 過酸化水素水を用いて表面改質を行った結果について報告した. 過酸化水素水による洗浄後は, 薄膜表面の酸化物が減少することを明らかにした.

    DOI: 10.1002/pssc.201600175

  • H. Abe, M. Aono, T. Kiyotani, S. Tsuzuki .  Polyiodides in room-temperature ionic liquids .  Physical Chemistry Chemical Physics18   32337 - 32344   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6cp06846d

  • H. Abe, K. Nakama, E. Hayashi, M. Aono, T. Takekiyo, Y. Yoshimura, K. Saihara, A. Shimizu .  Electrochemical anomalies of protic ionic liquid – Water systems: A case study using ethylammonium nitrate – Water system .  Chemical Physics475   119 - 125   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    プロトン性イオン液体であるethylammonium nitrate(EAM)と水との相互作用を, インピーダンススペクトロスコピーを用いて, 電気化学的に解明した. 水のモル濃度が70-90 mol%のEAM-水混合系おいて, pHの振動モードが観測された. また, 第一原理計算と実験結果より, 85 mol%に特異点があることを報告した.

  • T. Harata, M. Aono, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Long-term irradiation effects of visible light on amorphous carbon nitride films .  Diamond and Related Materials63   132 - 135   2016年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diamond.2015.09.011

  • M. Aono, T. Takeno, T. Takagi .  Structural, Electrical, and Optical Properties of Amorphous Carbon Nitride Films Prepared using a Hybrid Deposition Technique .  Diamond and Related Materials63   120 - 124   2016年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diamond.2015.07.012

  • M. Aono, T. Harata, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Response to visible light in amorphous carbon nitride films prepared by reactive sputtering .  Japanese Journal of Applied Physics55 ( 1S ) 01AA03-1 - 01AA03-5   2016年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.55.01AA03

  • T. Harata, M. Aono, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Contribution of nitrogen to the photo-induced deformation in amorphous carbon nitride .  Japanese Journal of Applied Physics55 ( 1S ) 01AA01-1 - 01AA01-4   2016年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.55.01AA01

  • H. Abe, T. Takekiyo, M. Aono, H. Kishimura, Y. Yoshimura, N. Hamaya .  Polymorphs in room-temperature ionic liquids: Hierarchical structure, confined water and pressure-induced frustration .  Journal of Molecular Liquids210   200 - 214   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ACインピーダンス測定, X線回折, pH, 光透過率などの実験手法を用いて, 四級アンモニウム塩を中心とするイオン液体のナノ構造と水の相互作用に関する研究をまとめ, 報告した.

  • T. Harata, M. Aono, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Photomechanical response of amorphous carbon nitride thin films on SiO2 substrate .  e-Journal of Surface Science and Nanotechnology13   352 - 356   2015年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    厚さ30 - 100 mの合成石英基板上に反応性高周波マグネトロンスパッタ法を用いて作製した アモルファス窒化炭素薄膜の, 可逆的な光-機械応答性に関する研究について報告した. 特に基板の厚さと応答速度の関係について詳細に報告している.

  • T. Harata, M. Aono, N. Tamura, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Spectroscopic analysis of photo-induced deformation of amorphous carbon nitride films .  Journal of Physics: Conference Series619   012007-1 - 012007-4   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    573Kから873Kの温度で作製した結合状態の異なるアモルファス窒化炭素薄膜の光誘起体積変化について, 入射光エネルギー依存性を調べた結果を報告した. 作製温度が異なる場合でも, 光誘起体積変化の最大値を示す入射光波長は同じであることを明らかにした.

    DOI: 10.1088/1742-6596/619/1/012007

  • H. Miyazaki, M. Aono, H. Kishimura, H. Katagiri .  Effects of surface treatment of CZTS absorber layer by ammonia solution .  Physica Status Solidi (c)12   745 - 748   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    銅系化合物半導体Cu2ZnSnS4(CZTS)薄膜の表面をアンモニア水でエッチングした場合の試料の構造変化等に関する研究を報告した. X線光電子分光法, ラマン散乱分光法等の結果から, 亜鉛の溶解が顕著であるとの知見が得られた.

  • H. Miyazaki, M. Aono, H. Kishimura, H. Katagiri .  Surface etching of CZTS absorber layer by Br-related solution .  Physica Status Solidi (c)12   741 - 744   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    太陽電池材料であるCu2ZnSnS4(CZTS)薄膜の表面を臭素水でエッチングしたときの表面形状変化を, X線光電子分光法, ラマン散乱分光法, 電子顕微鏡等で評価し, CZTS薄膜に対する臭素水のエッチング効果を明らかにした.

  • H. Miyazaki, M. Aono, H. Kishimura, H. Katagiri .  Effects of preferential etching treatment of CZTS absorber layer by deionized water .  Physica Status Solidi (c)12   749 - 752   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    銅系化合物半導体Cu2ZnSnS4(CZTS)薄膜の表面を蒸留水でエッチングした場合の結合状態変化に関する研究結果を報告した. この研究では, CZTS内の硫黄濃度とエッチング液である蒸留水の温度に相関があることが明らかとなった.

  • N. Tamura, M. Aono, H. Abe, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Electrical resistivity response of amorphous carbon nitride thin films in various gas atmospheres .  Japanese Journal of Applied Physics54   041401-1 - 041401-4-5   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜に窒素, 酸素, 二酸化炭素など空気を構成する様々なガス分子を暴露した際に抵抗率が変化することを発見し, その原因について調べた結果を報告した. アモルファス窒化炭素はガスの種類に関係なく, 圧力の変化を抵抗値の変化として感知できることが明らかとなった.

  • N. Kitazawa, M. Aono, Y. Watanabe .  Growth of vertically aligned one-dimensional ZnO nanowire arrays on sol-gel derived ZnO thin films .  Journal of Physics and Chemistry of Solids75   1194 - 1200   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ゾルゲル法を用いてZnOナノワイヤー合成を試み, その結晶状態などを走査型電子顕微鏡, X線回折などを用いて評価した結果を報告した. 特に, 前躯体溶液と温度の関係から, ZnOナノワイヤーの成長過程を明らかにした.

  • N. Tamura, M. Aono, H. Kishimura, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Effects of thermal history on the electrical properties of amorphous carbon nitride films prepared by reactive sputtering .  Japanese Journal of Applied Physics53 ( 11S ) 11RA09-1 - 11RA09-4   2014年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.53.11RA09

  • H. Abe, M. Aono, H. Kishimura, T. Takekiyo, Y. Yoshimura, S. Ozawa .  Kinetics of water-Mediated fluctuations in room temperature ionic liquid: N, N-Diethyl-N-methyl-N-2-methoxyethyl ammonium tetrafluoroborate .  Journal of Solution Chemistry43   1791 - 1798   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    イオン液体(N, N-Diethyl-N-methyl-N-2-methoxyethyl ammonium tetrafluoroborate)と水の相互作用についてX線回折とX線小角散乱の時分割測定を行った結果を報告した. 85 mol% の水濃度を境にキネティクスが大きく変化する. 水の高濃度領域で, クラスター間の相関が時間発展することが分かった.

  • T. Takekiyo, A. Nihei, K. Yamazaki, M. Aono, H. Abe, Y. Yoshimura .  Optical spectroscopic studies on structural changes of helical-rich proteins in aqueous solutions of ionic liquids .  Journal of Solution Chemistry43   1701 - 1709   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    イミダゾリウム系イオン液体と水の混合溶液にヘリカルの割合が多いタンパク質であるミオグロビンとチトクロムCを溶かし, その構造を調べた結果を報告した. 水の濃度によって, タンパク質の高次構造が変化することを明らかにした.

  • H. Abe, M. Aono, S. Kameoka, A. Tsai, Y. Yoshimura, S. Ozawa .  Impedance spectroscopic study using nanoporous electrode on room temperature ionic liquid-propanol mixtures .  ournal of the Japan Institute of Energy93   1015 - 1020   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    電気二重層キャパシタ開発のために, 様々なイオン液体にプロパノールを混合し, ポーラスな電極を用いて電気化学特性を調べた結果を報告した. プロパノール高濃度領域で電気容量が大きくなることが分かった.

  • T. Harata, M. Aono, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Correlation of photothermal conversion on the photo-induced deformation of amorphous carbon nitride films prepared by reactive sputtering .  Applied Physics Letters105   051905-1 - 051905-4   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜の光誘起変形における, 光熱効果の影響を調べた結果について報告した. 熱拡散係数の異なるシリコンと合成石英を基板として用いることで, 光照射により発生した熱で生じる試料の温度変化量を制御し, 基板のたわみと比較したところ, 光誘起体積変化に含まれる熱の影響は小さいことを明らかにした.

  • P. Wang, T. Takeno, J. Fontaine, M. Aono, K. Adachi, H. Miki, T. Takagi .  Effects of substrate bias voltage and target sputtering power on the structural and tribological properties of carbon nitride coatings .  Materials Chemistry and Physics145   434 - 440   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ハイブリッドスパッタリング法を用いて作製したアモルファス窒化炭素薄膜の機械的特性におよぼす基板バイアス電圧とターゲット印加電圧の影響を調べたものである. 実験の結果, 残留応力は基板バイアス電圧の増加とターゲット印加電圧の減少に伴い減少することがわかった.

  • M. Aono, H. Abe, T. Takekiyo, Y. Yoshimura .  Time and temperature dependence of electrochemical property in room temperature ionic liquids-water solutions: N, N-diethyl-N-methyl-N-2-methoxyethyl ammonium tetrafluoroborate .  Journal of the Japan Institute of Energy93   517 - 520   2014年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    イオン液体[DEME][BF4]と水の混合状態のpHの時間分解測定の結果を報告した. 混合溶液の濃度が高くなるに従い, pHは酸性から弱アルカリ性へと変化した. これは水の凝集に起因するものであると考えられる.

  • M. Aono, H. Abe, T. Takekiyo, Y. Yoshimura .  Protonated/deprotonated properties of a room temperature ionic liquid-water system: N, N-diethyl-N-methyl-N-2-methoxyethyl ammonium tetrafluoroborate .  Chemical Physics Letters598   65 - 68   2014年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では, イオン液体[DEME][BF4]と水の混合溶液における, 水濃度とpHの関係について明らかにした. 濃度90 mol%において, pHが時間によって揺らぐ現象が見られ, その濃度における平衡時のpHは約3であった.

  • N. Tamura, M. Aono, T. Harata, H. Kishimura, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  DC electrical conductivity study of amorphous carbon nitride films prepared by reactive RF magnetron sputtering .  Japanese Journal of Applied Physics53   02BC03-1 - 02BC03-4   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では, 反応性高周波マグネトロンスパッタリング法で作製したアモルファス窒化炭素薄膜の化学結合状態をX線光電子分光法とラマン散乱分光を用いて調べ, 電気伝導度と化学結合状態の関係を明らかにした.

  • M. Aono, T. Harata, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Reversible photo-induced deformation of amorphous carbon nitride thin films .  Diamond and Related Materials41   20 - 24   2014年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    反応性高周波マグネトロンスパッタ法で作製したアモルファス窒化炭素薄膜に可視光が照射されると, 薄膜の体積が収縮する現象を発見し,報告した最初の論文. 基板温度の異なる短冊状の試料を作製し, 体積の収縮量を試料のたわみ量として測定した.

  • C. Iwasaki, M. Aono, N. Tamura, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Fabrication of graded band gap amorphous carbon nitride thin films for new generation Photovoltaic applications .  Japanese Journal of Applied Physics51   10NE26-1 - 10NE26-4   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    バンドギャップの異なるアモルファス窒化炭素(a-CNx)薄膜を堆積させることで光導電率向上を試みた. 2種類の積層方法で試料を作製した結果, 多層膜では光導電率の向上は見られなかったが, 傾斜膜において向上することが確認された.電子顕微鏡の観察結果から, 多層膜で光導電率が向上しなかった理由は各層の間の密着性が悪いためだと考えられる.

  • M. Aono, M. Takahashi, H. Takiguchi, Y. Okamoto, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  XPS depth profile study of CZTS thin films prepared by spray pyrolysis .  Physica Status Solidi (c)358   2150 - 2153   2012年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファスシリコン(a-Si)と金(Au)を交互に積層させたa-Si/Au超格子薄膜を作製し, その熱処理温度依存性を調べた. 600℃で熱処理を行った薄膜はAu層が溶融しAu微粒子となり, a-Si層は結晶化した. Au層とa-Si層の2層構造の場合, 積層構造にすることでAuの拡散・凝集が薄膜全体で素早く起こるため, 短時間の熱処理で高い結晶化率のSi膜を得ることができた.

  • H. Miyazaki, H. Takiguchi, M. Aono, Y. Okamoto .  Influence of annealing temperature and Au concentration on the electrical properties of multilayered a-Ge/Au films .  Journal of Non-Crystalline Solids358   2103 - 2106   2012年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    金属誘起結晶化を利用した, ゲルマニウム(Ge)多結晶薄膜の作製とその特性評価を行った. 本研究では, 極薄い金(Au)層とアモルファスゲルマニウム(a-Ge)層を交互に重ねた多層構造の試料を熱処理することでGe多結晶薄膜を得た. Au濃度を変化させることで, Ge多結晶の粒子径および結晶化速度が変わることを見出した.

  • N. Kitazawa, M. Aono, Y. Watanabe .  Temperature-dependent time-resolved photoluminescence of (C6H5C2H4NH3)2PbX4 (X=Br and I) .  Materials Chemistry and Physics134   875 - 880   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    鉛ハライド系有機無機層状ペロブスカイト化合物の励起子の緩和過程について議論した. 時間分解蛍光スペクトルの温度依存性の測定結果から, ハロゲン配向子がヨウ素の場合には6Kから室温の範囲で蛍光のみを示した. 一方, 配向子が臭素の場合には項間交差による燐光が低温下で観測された. これは, 有機層と無機層の界面揺らぎに励起子が捕獲されたためと推察された.

  • N. Kitazawa, W. Aroonjaeng, M. Aono, Y. Watanabe .  Synthesis and luminescence properties of dye-doped deoxyribonucleic acid films .  Journal of Luminescence132   1432 - 1436   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    あらかじめ作製したデオキシリボ核酸(DNA)―脂質膜を色素水溶液に浸漬させるポストドーピング法によって,レーザ色素として知られるローダミン6G(Rh6G)をドープしたDNA膜の光学的性質について検討した.

  • H. Abe, M. Aono, Y. Yoshimura .  Impedance spectroscopic study on room temperature ionic liquid-water mixtures .  Journal of Chemistry and Chemical Engineering6   383 - 390   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    四級アンモニウム塩およびイミダゾリウム系イオン液体と水混合系の電気特性を測定し, 水濃度依存性について報告した.

  • M. Aono, Y. Imai, H. Abe, H. Matsumoto, Y. Yoshimura .  UV–vis spectroscopic study of room temperature ionic liquid–water mixtures: N, N-diethyl-N-methyl-N-(2-methoxyethyl) ammonium tetrafluoroborate .  Thermochimica Acta532   179 - 182   2012年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    紫外可視分光光度計を用いて, [DEME][BF4]と水の混合液の光吸収特性について調べた. 90-95 mol%の水濃度の時, スペクトル強度が急激に下がることがわかった. その原因として, 水のネットワークが新しく形成されている可能性を指摘した.

  • N. Tamura, M. Aono, H. Kishimura, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Influence of chemical bonding states on electrical properties of amorphous carbon nitride films .  Japanese Journal of Applied Physics51   121401-1 - 121401-4   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    反応性高周波マグネトロンスパッタ法で作製したアモルファス窒化炭素薄膜の電気伝導特性におよぼす化学結合状態の影響を光電子分光法を用いて解析した.その結果, アモルファス窒化炭素薄膜の電気伝導度はsp2C結合の割合によって大きく変わることがわかった.また, sp2C結合にはsp2C-Nとsp2C-C結合があり, それぞれの働きを明らかにした.

  • N. Kitazawa, M. Aono, Y. Watanabe .  Synthesis and luminescence properties of lead-halide based organic-inorganic layered perovskite compounds (CnH2n+1NH3)2PbI4 (n=4, 5, 7, 8 and 9) .  Journal of Physics and Chemistry of Solids72   1467 - 1471   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    自然量子井戸構造を有する表記組成の有機無機層状ペロブスカイトの励起子緩和過程に与える炭素鎖数nの影響ついて検討した. スピンコート法により作製された試料はいずれもc軸に優先配向した単相の多結晶薄膜であった. 蛍光寿命の温度依存性測定結果から,ハロゲンがヨウ素の場合には,既報で検討した臭素の場合とは異なり, 試料の炭素鎖数nによらず三重項励起子による燐光発光は認められなかった.

  • H. Takiguchi, M. Aono, Y. Okamoto .  Nano structural and thermoelectric properties of SiGeAu thin films .  Japanese Journal of Applied Physics50   041301-1 - 041301-5   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    SiGeAu薄膜を超高真空下で電子ビーム蒸着法を用いて作製し, その熱電特性向上におけるナノ構造の重要性について, 研究を行った.

  • I. Saito, W. Miyazaki, M. Onishi, Y. Kudo, T. Masuzawa, T. Yamada, A. Koh, D. Chua, K. Soga, M. Overend, M. Aono, G. A. J. Amaratunga, K. Okano .  A transparent ultraviolet triggered amorphous selenium p-n junction .  Applied Physics Letters98   152102-1 - 152102-3   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新しい可視光透過型太陽電池として, アモルファスセレンを主体とするpn接合デバイスを作製し, その特性を評価した. アモルファスセレン薄膜は真空蒸着法で作製され, ドナーおよびアクセプターにはヒ素と塩素を用いた. ヒ素はセレン化ヒ素を原料とする真空蒸着法で, 塩素は電気めっき法でそれぞれ添加された. 紫外線に対して良好なI-Vカーブが得られた.

  • N. Kitazawa, W. Aroonjaeng, M. Aono, Y. Watanabe .  Surfactant modified deoxyribonucleic acid films: synthesis, interaction with acridine orange and luminescent properties .  Journal of Materials Science46   2036 - 2040   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    界面活性剤を用いて色素をドープしたデオキシリボ核酸(DNA)を作製し, その蛍光特性を調べた. 用いた色素はアクリジンオレンジである.

  • M. Aono, Y. Imai, Y. Ogata, H. Abe, T. Goto, Y. Yoshimura, T. Takekiyo, H. Matsumoto, T. Arai .  Anomalous mixing state in room-temperature ionic liquid-water mixtures: N, N-diethyl-N-methyl-N-(2-methoxyethyl) ammonium tetrafluoroborate .  Metallurgical and Materials Transactions 42A   37 - 40   2010年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    四級アンモニウム塩 [DEME][BF4]と水を混合した際に生じる不均一な状態を, X線回折および紫外可視分光光度計を用いて明らかにした.90-95 mol%の水が混合した状態で特異な現象が現れることがわかった.

  • M. Aono, T. Goto, N. Tamura, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Photoconductivity study of amorphous carbon nitride films for opto-electronics devices .  Diamond and Related Materials20   1208 - 1211   2010年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜は, 作製が容易であり, 製造コストが低いことから次世代太陽電池材料として期待されている. しかしながらその光伝導度はアモルファスシリコンなどに比べ, 一桁以上低い. そのため本研究では, 反応性高周波マグネトロンスパッタ法で作製されたアモルファス窒化炭素薄膜の光伝導特性向上に取り組んだ.

  • H. Abe, Y. Imai, T. Goto, Y. Yoshimura, M. Aono, T. Takekiyo, H. Matsumoto, T. Arai .  Water network in room-temperature ionic liquid: N, N-Diethyl-N-Methyl-N-2-methoxyethyl ammonium tetrafluoroborate .  Metallurgical and Materials Transactions41A   1137 - 1143   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    四級アンモニウム塩N, N-Diethyl-N-Methyl-N-2-methoxyethyl ammonium tetrafluoroborate([DEME][BF4])と水の混合系について, 水の濃度を変化させた時の液体状態をX線回折等を用いて観察した.

  • N. Kitazawa, M. Aono, Y. Watanabe .  Excitons in organic-inorganic hybrid compounds (CnH2n + 1NH3)2PbBr4 (n = 4, 5, 7, and 12) .  Thin Solid Films518   3199 - 3203   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    有機-無機ハイブリッド材料である(CnH2n + 1NH3)2PbBr4 (n = 4, 5, 7, and 12)の合成と光学的性質について調べた結果を報告した. (CnH2n + 1NH3)2PbBr4 (n = 5, 7, and 12)では一重項励起子による発光が見られなかった.

  • M. Aono, S. Kikuchi, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Change in surface states of amorphous carbon nitride films after exposure to oxygen plasma .  Materials Science Forum638-642   818 - 823   2010年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜の表面を酸素プラズマ処理することで, NO2およびNO3結合が表面に生じることが明らかとなった.

  • M. Aono, S. Kikuchi, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Effect of oxygen plasma treatment on bonding states for columnar structured a-CNx thin films prepared by reactive sputtering .  Thin Solid Films518   1512 - 1516   2009年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜の表面を酸素プラズマ処理した際の, 酸素の拡散距離および化学結合状態の変化を調べた.さらに, 酸素処理することで疎水性だった表面が親水性になることが明らかとなった.

  • N. Kitazawa, S. Miyagawa, K. Date, W. Aroonjaeng, M. Aono, Y. Watanabe .  Optical properties of dye-doped deoxyribonucleic acid films .  Journal of Materials Science,44   4999 - 5003   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    色素をドープしたデオキシリボ核酸(DNA)の作製とその光学特性について報告した. 色素にはクマリンを用いている. クマリンは界面活性剤のアルキル鎖とDNA中に留まることを確認した.

  • N. Kitazawa, D. Yaemponga, M. Aono, Y. Watanabe .  Optical properties of organic-inorganic hybrid films prepared by the two-step growth process .  Journal of Luminescence129   1036 - 1041   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    (C8H17NH3)2PbBr4微結晶薄膜を2段階法により作製し, 結晶性の評価を行なった. またフォトルミネッセンス測定を行い, 3.07, 3.14, 3.20 eVの3つの発光ピークを確認した.

  • M. Aono, H. Akiyoshi, S. Kikuchi, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Effect of substrate temperatures on amorphous carbon nitride films prepared by reactive sputtering .  Journal of Vacuum Science and Technology A26   966 - 969   2008年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    反応性高周波マグネトロンスパッタ法を用いてアモルファス窒化炭素薄膜を作製し, 組成比や化学結合状態の基板温度依存性について明らかにした.

  • M. Aono, S. Aizawa, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  XPS study of carbon nitride films deposited by hot filament chemical vapor deposition using carbon filament .  Thin Solid FIlms516   648 - 651   2008年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    カーボンフィラメントを用いたホットフィラメント化学気相法で作製したアモルファス窒化炭素薄膜の組成比および化学結合状態を, X線光電子分光法(XPS)を用いて分析した.

  • Y. Watanabe, M. Aono, N. Kitazawa .  Nitrogen ion beam irradiation on amorphous carbon .  Materials Science Forum539-543   3297 - 3302   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファスカーボンに窒素イオンを照射した際の窒化の状態について報告した.表面を原子間力顕微鏡およびX線光電子分光法を用いて調べた結果, 窒化炭素の合成が確認された.

  • K. Gjerde, M. F. Mora, J. Kjelstrup-Hansen, T. Schurmann, L. Gammelgaard, M. Aono, K. B. K. Teo, W. I. Milne, P. Bøggild .  Integrating nanotubes into microsystems with electron beam lithography and in situ catalytically activated growth .  Physica Status Solidi (a)203   1094 - 1099   2006年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    任意の場所にカーボンナノチューブを合成する方法として, 電子ビームリソグラフィを用いて触媒を点状に配置した. メタンとアンモニアのガスを原料とする化学気相法を用いて, 独立したカーボンナノチューブの合成に成功した.

  • C. Iwasaki, M. Aono, N. Kitazawa, Y. Watanabe .  Surface nitridation of amorphous carbon by nitrogen ion beam irradiation .  Materials Research Society Symposium Proceedings843   209 - 214   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    炭素材料の表面に窒素イオンを照射した際の表面の窒化状態について報告した.

  • I. Saito, K. Oonuki, T. Yamada, M. Aono, T. Butler, N. L. Rupesinghe, G. A. J. Amaratunga, W. I. Milne, K. Okano .  Anneal-induced degradation of amorphous selenium characterized by photoconductivity measurements .  Japanese Journal of Applied Physics44   L334 - L337   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    太陽電池応用を目指し, アモルファスセレン(a-Se)とセレン化ヒ素(a-As2Se3)を333-358 Kの範囲でアニールした時の光電効果特性, 吸収係数等を報告した.

  • N. Kitazawa, K. Enomoto, M. Aono, Y. Watanabe .  Optical properties of (C6H5C2H4NH3)2PbI4-xBrx (x=0-4) mixed-crystal doped PMMA films .  Journal of Materials Science39   749 - 751   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ポリマーの一種であるPMMAにC6H5C2H4NH3)2PbI4-xBrx (x=0-4)をドープし, その発光特性について調べた結果を報告した.

  • N. Kitazawa, H. Namba, M. Aono, Y. Watanabe .  Sol-gel derived mesoporous silica films using amphiphilic triblock copolymers .  Journal of Non-Crystalline Solids332   199 - 206   2003年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ゾルゲル法を用いてメソポーラスなシリカ(SiO2)薄膜を作製し, その構造を, X線回折等を用いて評価した. メソ孔の密度を制御することで, 誘電率1.9-2.1の試料を得ることができた.

  • N. Kitazawa, K. Sakaguchi, M. Aono, Y. Watanabe .  Synthesis of mesostructured titanium dioxide films by surfactant-templated sol-gel method .  Journal of Materials Science38   3069 - 3072   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ゾルゲル法を用いてメソ構造を有する酸化チタン(TiO2)薄膜の合成を試みた. 本論文では, テンプレートの効果についてX線回折, 透過型電子顕微鏡の制限視野回折による結晶構造解析を行なった.

  • S. Aizawa, M. Aono, N. Kitazawa, Y. Watanabe, O. Shimizu, Y. Suda .  Effects of graphite content on carbon nitride films prepared by hot carbon filament chemical vapor deposition .  Journal of Vacuum Science and Technology A21   1386 - 1388   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    カーボンフィラメントを用いたホットフィラメント化学気相法により作製した窒化炭素薄膜の構造について, カーボンフィラメントの成分の影響を中心に調べた結果を報告した.

  • S. Nitta, M. Aono, T. Katsuno, Y. Naruse .  Amorphous carbon nitride deposition by nitrogen radical sputtering C+N+O+H .  Diamond and Related Materials12   219 - 226   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜の成膜途中に断続的に水素プラズマ処理および酸素プラズマ処理の効果について報告した.

  • Y. Watanabe, M. Aono, A. Yamazaki, N. Kitazawa, Y. Nakamura .  Effects of argon addition on a-CNx film deposition by hot carbon filament chemical vapor deposition .  Journal of Vacuum Science and Technology A20   1242 - 1246   2002年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    カーボンフィラメントを加熱, 蒸発させてカーボン膜を作製する, ホットフィラメント化学気相法を用いて, アモルファス窒化炭素薄膜を作製し, その物性について調べた結果を報告した.

  • M. Aono, S. Nitta .  High resistivity and low dielectric constant amorphous carbon nitride films: application to low-k materials for ULSI .  Diamond and Related Materials11   1219 - 1222   2002年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    集積回路の層間絶縁膜へのアモルファス窒化炭素薄膜の応用を検討した.測定周波数1 MHzの時, 誘電率1.9とバルク材料としては極めて低い値を示したことから, 層間絶縁膜として十分応用可能であると結論づけた.

  • M Aono, Y. Naruse, S. Nitta, T. Katsuno .  The effect of hydrogen- and oxygen-plasma treatments on dielectric properties of amorphous carbon nitride films .  Diamond and Related Materials10   1147 - 1151   2001年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜の誘電率およぼす水素および酸素プラズマ処理の効果について調べた.水素プラズマ処理を施した試料では, イオン分極の減少が見られたが, 酸素プラズマ処理した試料では逆に増加することがわかった.

  • M. Aono, S. Nitta, T. Katsuno, T. Itoh, S. Nonomura .  Characterization of low dielectric constant amorphous carbon nitride films .  Applied Surface Science159-160   341 - 344   2000年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜の誘電率について, 周波数依存性, 電圧依存性を調べた. また低誘電率の起源を探るため, ラマン散乱分光測定を行なった結果を報告した.

  • M. Aono, S. Nitta, T. Katsuno, T. Iuchi .  Internal stress of amorphous carbon nitride films .  Journal of Vacuum Science and Technology B18   1773 - 1775   2000年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜の内部応力について, 作製温度との関係を調べた. アモルファス窒化炭素薄膜の内部応力は圧縮性であり, 作製時の温度が高くなるに従い, 内部応力は10から50 MPaと大きくなることを明らかにした.

  • T. Itoh, M. Aono, S. Yoshida, S. Hattori, T. Katsuno, S. Nitta, S. Nonomura .  Structural stability for UV irradiation and dielectric properties of a-CNx films .  Journal of Non-Crystalline Solids266-269   825 - 829   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アモルファス窒化炭素薄膜に紫外光を照射した際の構造安定性, 光学特性, 誘電特性について報告した.

  • T. Iwasaki, M. Aono, S. Nitta, H. Habuchi, T. Itoh, S. Nonomura .  Structural and electronic properties of highly photoconductive amorphous carbon nitride .  Diamond and Related Materials8   440 - 445   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    反応性高周波マグネトロンスパッタ法を用いて作製したアモルファス窒化炭素薄膜の構造, 電気的特性, 光学特性について報告した.本研究では特に, サマリウムコバルト磁石の影響について検討している.

▼全件表示

書籍等出版物

  • Carbon Related Materials

    Masami Aono, Tomo Harata( 担当: 共著)

    Springer  2021年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:394   担当ページ:303-315   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Carbon-related Materials – in Recognition of Nobel Lectures by Prof. Akira Suzuki in ICCE

    Masami Aono, Naoyuki Tamura( 担当: 共著)

    Springer  2017年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:457   担当ページ:261-275   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 3. DLCの基礎と応用展開

    青野 祐美( 担当: 分担執筆)

    CMC出版  2016年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:263   担当ページ:209-215   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 2. DLC膜ハンドブック

    青野 祐美( 担当: 分担執筆)

    NTS  2006年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:601   担当ページ:259-264, 485-491   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Properties of amorphous carbon

    S. Nitta, M. Aono( 担当: 分担執筆)

    INSPEC  2003年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:367   担当ページ:342-343   記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

  • Carbon fibers having a nano-arched structure on Co-supersaturated Cu foils 査読 国際誌

    Odaira T.

    Carbon   147   154 - 156   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Carbon  

    © 2019 Elsevier Ltd A unique nano-arched carbon fiber (NACF) structure was formed on Cu-1at.%Co foil prepared by melt-spinning. NACFs were generated in a flow of a C 2 H 4 + H 2 (1:1) mixture at both 823 and 873 K on the surfaces of Co particles embedded in the Cu foil. Each NACF was a bundle of a large number of small rods that gradually changed their longitudinal orientations along the [001] graphite growth direction. These NACFs were only obtained in conjunction with the in situ growth of Co particles, indicating dynamic, simultaneous growth of the carbon fibers and Co particles.

    DOI: 10.1016/j.carbon.2019.02.021

    Scopus

    researchmap

  • アモルファス炭素系薄膜の光応答特性とその応用

    青野 祐美

    プラスチック   72 ( 3 )   1 - 4   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本工業出版  

    アモルファス炭素、アモルファス窒化炭素の光誘起変形に関する解説。

  • 可視光―運動エネルギー変換能を有するアモルファス窒化炭素薄膜 査読

    青野 祐美, 原田 人萌, 寺内 正己

    NEW DIAMOND   35 ( 2 )   30 - 33   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ニューダイヤモンドフォーラム  

  • 可視光‐運動エネルギー変換能を有するアモルファス窒化炭素薄膜

    青野祐美, 原田人萌, 寺内正己

    ニューダイヤモンド   133 ( 2 )   30 - 33   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Growth and photo-electrochemical properties of rutile TiO <inf>2</inf> nanowire arrays prepared by the hydrothermal method 国際誌

    Nobuaki Kitazawa, Masami Aono

    International Journal of Materials Research   110   268 - 274   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    © Carl Hanser Verlag GmbH &amp; Co. KG. Rutile TiO 2 nanowire arrays have been synthesized on a fluorine-doped tin oxide (FTO) coated glass substrate by a hydrothermal method. The effect of synthetic parameters on the morphology and initial growth mechanism have been investigated by X-ray diffraction, field emission scanning electron microscopy, high-resolution transmission electron microscopy and selected area electron diffraction. Titanium n-butoxide concentration in the precursor solutions and growth temperatures are important parameters for synthesizing TiO 2 nanowires. Although the FTO glass substrate showed the preferred orientation in (110), (101) and (200) faces of rutile SnO 2 , [001]-oriented TiO 2 nanowire arrays were grown. Lattice matching between FTO and TiO 2 is important for the initial nucleation and subsequent growth process. The anisotropic growth of TiO 2 nanowire arrays along the [001] direction can be understood from the viewpoints of surface energy and growth rate of rutile TiO 2

    DOI: 10.3139/146.111734

    Scopus

    researchmap

  • 光で動くアモルファス窒化炭素薄膜 査読

    青野 祐美

    応用物理   87   282 - 286   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会  

  • アモルファス窒化炭素薄膜の光誘起変形 査読

    青野 祐美, 原田 人萌

    NEW DIAMOND   33 ( 1 )   32 - 33   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ニューダイヤモンドフォーラム  

  • 低誘電率媒体としてのアモルファス窒化炭素薄膜 査読

    仁田 昌二, 青野 祐美

    応用物理   71   892 - 894   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会  

  • 窒素ラディカル・スパッタ法によるアモルファス窒化炭素薄膜 ─創製、物性とその応用─

    仁田 昌二, 青野 祐美, 勝野 高志, 成瀬 陽子

    固体物理   37 ( 6 )   410 - 418   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 青野 祐美 .  アモルファス炭素薄膜の光誘起変形に及ぼす窒素添加効果 .  応用物理学会学術講演会講演予稿集  2020年8月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.11470/jsapmeeting.2020.2.0_911

  • 青野祐美 .  アモルファス炭素薄膜の光誘起変形に及ぼす窒素添加効果 .  第81回応用物理学会秋季学術講演会  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    スパッタ法で作製したアモルファス炭素(a-C)薄膜の光誘起変形に及ぼす窒素の影響を調べ、報告した。

  • 青野祐美, 鈴木健太, 北沢 信章, 佐藤 庸平, 寺内 正己 .  アモルファス炭素(a-C)薄膜の光誘起変形 .  第80回応用物理学会秋季学術講演会  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学(北海道札幌市)  

    スパッタ法で作製したアモルファス炭素(a-C)薄膜に可視光を照射し、その変形挙動およびその時の化学結合状態について報告した。

  • 青野祐美, 岸村浩明, 石井信伍, 佐藤庸平, 寺内正己 .  軟X線発光分光および高輝度赤外分光を用いたアモルファス窒化炭素薄膜の化学結合状態評価 .  第66回応用物理学会春季学術講演会  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学(東京都目黒区)  

  • 宮崎尚, 中山勇輝, 青野祐美, 岸村浩明, 遠藤祐貴, 神保和夫, 片桐裕則 .  CZTS薄膜の鉄イオン添加硫酸水溶液での表面処理 .  第66回応用物理学会春季学術講演会  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学(東京都目黒区)  

共同研究・競争的資金等の研究

  • スパッタ法による二次電子放出量の大きな窒化炭素の開発

    2020年10月 - 2021年3月

    地方自治体  国内共同研究 

      詳細を見る

    兵庫県立粒子線医療センターと共同で、重粒子線検出のための線量モニターの開発を最終目標とする研究である。本件では、新しい手法のスパッタ法を用いてアモルファス窒化炭素薄膜の合成を行い、二次電子放出量と成膜条件の関係を明らかにする。

  • アモルファス炭素系薄膜の光誘起変形能を利用した光駆動ナノペーパーデバイスの開発

    研究課題/領域番号:20203008  2020年4月 - 2021年3月

    文部科学省  物質・デバイス領域共同研究  展開共同研究A

    青野祐美、寺内正己、能木雅也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 可視光照射下におけるアモルファス炭素薄膜およびアモルファス窒化炭素薄膜の表面二次電子放出

    研究課題/領域番号:20191080  2019年4月 - 2020年3月

    文部科学省  物質・デバイス領域共同研究  基盤共同研究

    青野祐美、寺内正己

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • アモルファス炭素系材料の熱膨張係数評価

    研究課題/領域番号:20191249  2019年4月 - 2020年3月

    文部科学省  物質・デバイス領域共同研究  基盤共同研究

    青野祐美、能木雅也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • アモルファス窒化炭素薄膜における光誘起変形現象の解明

    研究課題/領域番号:18H01715  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 光SEMを用いたアモルファス窒化炭素の表面状態解析

    研究課題/領域番号:20181065  2018年4月 - 2019年3月

    文部科学省  物質・デバイス領域共同研究  基盤共同研究

    青野祐美、寺内正己

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 格子欠陥(ナノ双晶)とバルク金属触媒の活性起源

    研究課題/領域番号:15H02299  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • アモルファス窒化炭素薄膜の光誘起体積変化

    研究課題/領域番号:26790054  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 薄膜工学

    2019年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

  • 半導体工学

    2019年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

 

社会貢献活動

  • 甲南高校SSH事業における研究室見学

    役割:助言・指導

    2020年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

  • 第3回スマート・マテリアル研究会講演会

    役割:講師

    一般社団法人 日本材料学会  第3回スマート・マテリアル研究会講演会  東京理科大学森戸記念館  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 学術団体

    種別:講演会

  • 桜陰理工系女子育成プログラム

    役割:講師, 助言・指導

    2019年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

  • 甲南高校SGH事業における課題研究の指導・助言

    役割:助言・指導

    2019年7月 - 2020年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導