2023/08/23 更新

写真a

ヨシムラ タクヤ
吉村 卓也
YOSHIMURA Takuya
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(歯学) ( 2016年4月   鹿児島大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター   助教

    2018年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本癌学会

    2023年3月 - 現在

  • 日本頭頸部癌学会

    2018年4月 - 現在

  • 日本静脈経腸栄養学会

    2016年5月 - 現在

  • 日本口腔科学会

    2015年5月 - 現在

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

    2014年8月 - 現在

  • 日本口腔腫瘍学会

    2013年1月 - 現在

  • 日本口腔外科学会

    2012年12月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Yoshimura T, et al. .  PCP4/PEP19 and HER2 Are Novel Prognostic Markers in Mucoepidermoid Carcinoma of the Salivary Gland .  Cancers14 ( 1 )   2021年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers14010054

  • Takuya Yoshimura, Hajime Suzuki, Hirotaka Takayama, Shotaro Higashi, Yuka Hirano, Masahiro Tezuka, Takayuki Ishida, Kiyohide Ishihata, Marie Amitani, Haruka Amitani, Yasuhiro Nishi, Yasunori Nakamura, Yasushi Imamura, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura. .  Prognostic Role of Preoperative Sarcopenia Evaluation of Cervical Muscles with Long-Term Outcomes of Patients with Oral Squamous Cell Carcinoma .  Cancers13 ( 18 )   2021年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers13184725

  • 2. 吉村卓也、鈴木甫、高山大生、東翔太朗、平野憂花、手塚征宏、石田喬之、中村康典、野添悦郎、中村典史 .  口腔扁平上皮癌患者の予後に対する術前低予後栄養指数および高筋肉内脂肪含有量の影響. .  日本口腔外科学会雑67 ( 6 ) 410 - 416   2021年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.5794/jjoms.67.410

  • Takuya Yoshimura, Hajime Suzuki, Hirotaka Takayama, Shotaro Higashi, Yuka Hirano, Masahiro Tezuka, Takayuki Ishida, Kiyohide Ishihata, Yasuhiro Nishi, Yasunori Nakamura, Yasushi Imamura, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura .  Impact of preoperative low prognostic nutritional index and high intramuscular adipose tissue content on outcomes of patients with oral squamous cell carcinoma .    12 ( 11 ) 3167   2020年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers12113167

    Scopus

    PubMed

  • PCP4/PEP19 downregulates neurite outgrowth via transcriptional regulation of Ascl1 and NeuroD1 expression in human neuroblastoma M17 cells .    100 ( 12 ) 1551 - 1563   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41374-020-0462-z

    Scopus

    PubMed

  • Yoshimura T. .  Cystadenocarcinoma of the minor salivary gland arising in the upper lip: A surgical case of an inadequate cytology specimen hampering conclusive diagnosis .  Human Pathology: Case Reports9   64 - 68   2017年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Pathology: Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.ehpc.2016.08.006

    Scopus

  • Yoshimura Takuya, Hamada Taiji, Hijioka Hiroshi, Souda Masakazu, Hatanaka Kazuhito, Yoshioka Takako, Yamada Sohsuke, Tsutsui Masato, Umekita Yoshihisa, Nakamura Norifumi, Tanimoto Akihide .  PCP4/PEP19 promotes migration, invasion and adhesion in human breast cancer MCF-7 and T47D cells. .    7 ( 31 ) 49065 - 49074   2016年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.7529

    PubMed

  • 2. Marie Amitani, Haruka Amitani, Tetsuhiro Owaki, Takako Monuki, Satomi Adachi, Suguru Kawazu, Takamasa Fukumoto, Hajime Suzuki, Takuya Yoshimura, Kimiko Mizuma, Yuko Nishida, Hiroko Watanabe, Masayuki Hirose, Kouta Funakoshi, Keiko Ota, Kenta Murotani and Akihiro Asakawa. .  The effect of mindfulness yoga in children with school refusal: a study protocol for an exploratory, cluster-randomized, open, standard care-controlled, multicenter clinical trial. .  Front Public Health.   2022年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpubh.2022.881303.

  • Megumi Tajitsu, Kiyohide Ishihata, Masahiro Tezuka, Takuya Yoshimura, Misaki Ichiki, Hiromi Ohta, Kanji Nohara, Norifumi Nakamura .  Effectiveness of fibreoptic endoscopic evaluation of swallowing and dietary intervention during home-visit dental care in older individuals .  Gerodontology   2021年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ger.12581

  • In vivo degradation and bone formation behaviors of hydroxyapatite-coated Mg alloys in rat femur .  Materials Science and Engineering C122   111942   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials Science and Engineering C  

    DOI: 10.1016/j.msec.2021.111942

    Scopus

    PubMed

  • 1. Fuchigami T, Suzuki H, Yoshimura T, Kibe T, Chairani E, Kiyono T, Kishida M, Kishida S, Nakamura N. .  Ameloblastoma cell lines derived from different subtypes demonstrate distinct developmental patterns in a novel animal experimental model. .  Journal of Applied Oral Science   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuhide Matsunaga, Hirohisa Kusuhara, Akifumi Enomoto, Testuji Nagata, Takuya Yoshimura, Akinori Takeshita, Noritaka Isogai, Suguru Hamada, Norifumi Nakamura, Narikazu Uzawa .  Swallowing function before and after subtotal glossectomy and reconstruction with a rectus abdominis musculocutaneous flap. .  Surgical Science   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1. Dwi Ariawan, Iwan Tofani, Harun Asjiq Gunawan, Muhammad Syafrudin Hak, Ariadna A.Djais, Agoeng Tjahajani, Aya Maeda-Iino, Shoko Nakagawa, Takuya Yoshimura, Takao Fuchigami, Norifumi Nakamura. .  Correlation of Basic Fibroblast Growth Factor expression in palatal mucoperiosteal tissue with maxillary growth in operated cleft palate patients. .  Journal of International Dental and Medical Research   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Honjo Kie, Hamada Taiji, Yoshimura Takuya, Yokoyama Seiya, Yamada Sohsuke, Tan Yan-Qin, Leung Lai K, Nakamura Norifumi, Ohi Yasuyo, Higashi Michiyo, Tanimoto Akihide .  PCP4/PEP19 upregulates aromatase gene expression via CYP19A1 promoter I.1 in human breast cancer SK-BR-3 cells. .  Oncotarget9 ( 51 ) 29619 - 29633   2018年7月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncotarget  

    The Purkinje cell protein 4/peptide 19 (PCP4/PEP19) is a novel breast cancer cell expressing peptide, originally found in the neural cells as an anti-apoptotic factor, could inhibit cell apoptosis and enhance cell migration and invasion in human breast cancer cell lines. The expression of PCP4/PEP19 is induced by estrogens in estrogen receptor-positive (ER(+)) MCF-7 cells but also highly expressed in ER(-) SK-BR-3 cells. In this study, we investigated the effects of PCP4/PEP19 on aromatase gene expression in MCF-7 and SK-BR-3 human breast cancer cells. In SK-BR-3 cells but not in MCF-7 cells, PCP4/PEP19 knockdown by siRNA silencing decreased the aromatase expression in gene transcriptional level. When PCP4/PEP19 was overexpressed by CMV promoter-driven PCP4/PEP19 expressing plasmid transfection, aromatase gene transcription increased in SK-BR-3 cells. This aromatase gene transcription is mainly mediated through promoter region PI.1, which is usually active in the placental tissue but not in the breast cancer tissue. These results indicate a new function of PCP4/PEP19 that would enhance aromatase gene upregulation to supply estrogens in heterogeneous cancer microenvironment.

    DOI: 10.18632/oncotarget.25651,

    Scopus

    PubMed

  • Honjo Kie, Hiraki Tsubasa, Higashi Michiyo, Noguchi Hirotsugu, Nomoto Mitsuharu, Yoshimura Takuya, Batra Surinder K, Yonezawa Suguru, Semba Ichiro, Nakamura Norifumi, Tanimoto Akihide, Yamada Sohsuke .  Immunohistochemical expression profiles of mucin antigens in salivary gland mucoepidermoid carcinoma: MUC4- and MUC6-negative expression predicts a shortened survival in the early postoperative phase. .  Histol Histopathol33 ( 2 ) 201 - 213   2018年2月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Histology and Histopathology  

    In mucoepidermoid carcinoma (MEC), the most common salivary gland carcinoma, there is a lack of novel prognostic markers, but post-operative early recurrence strongly affects the clinical course and a poor outcome. It is critical to predict which MEC patients are prone to develop recurrence/metastases. Mucins play pivotal roles in influencing cancer biology, thus affecting cell differentiation, adhesion, carcinoma invasion, aggressiveness and/or metastatic potential. Our aim is to elucidate the significance of expression profiles for mucins, particularly MUC4 and MUC6, and their correlations with various clinicopathological features and recurrence in salivary gland MECs. We performed immunohistochemical analyses on patients with surgically resected primary MEC using antibodies against mucin core proteins MUC4/8G7 and MUC6/CLH5 in 73 paraffin-embedded samples. Recurrence was noted in 15 of 73 (20.5%) patients. MUC4 or MUC6 expression was considered to be negative when <30% or 0% of the MEC cells showed positive staining, respectively. MUC4- and/or MUC6-negative expression respectively and variably showed a significant relationship to pathological tumor high-grade, the presence of lymphovascular invasion, lymph node metastasis and/or tumor-related death. In addition, MUC4 showed significantly negative co-expression with MUC6. Kaplan-Meier analyses revealed that not only single MUC4/6-negative expression but also the combination of both predicted significantly shorter disease-free and disease-specific survivals in MECs, especially within the first two years postoperatively. Therefore, each mucin plays a pivotal role in the pathogenesis of MEC progression. The detection of MUC4 and/or MUC6 might be a powerful parameter in the clinical management of MECs in the early postsurgical phase.

    DOI: 10.14670/HH-11-913

    Scopus

    PubMed

  • Ishihata Kiyohide, Kakihana Yasuyuki, Yoshimura Takuya, Murakami Juri, Toyodome Soichiro, Hijioka Hiroshi, Nozoe Etsuro, Nakamura Norifumi .  Assessment of postoperative complications using E-PASS and APACHE II in patients undergoing oral and maxillofacial surgery. .  Patient Saf Surg12 ( 1 ) 3 - 3   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Patient Safety in Surgery  

    Background: The prediction of postoperative complications is important for oral and maxillofacial surgeons. We herein aimed to evaluate the efficacy of the Estimation of Physiologic Ability and Surgical Stress (E-PASS) and Acute Physiology, Age, and Chronic Health Evaluation (APACHE) II scoring systems to predict postoperative complications in patients undergoing oral and maxillofacial surgery. Methods: Thirty patients (22 males, 8 females; mean age: 65.1 +/- 12.9 years) who underwent major oral surgeries and stayed in the intensive care unit for postoperative management were enrolled in this study. Postoperative complications were discriminated according to the necessity of the therapeutic intervention by the Medical Department, i.e. according to the Clavien-Dingo classification. E-PASS and APACHE II scores as well as laboratory test values were compared between patients with/without postoperative complications. Results: Postoperative complications were developed in seven patients. The comprehensive risk score (CRS: 1.13 +/- 0.24) and APACHE II score (13.0 +/- 2.58) were significantly higher in patients with postoperative complications than in those without ones (p < 0.01, p < 0.05, respectively). The CRS showed an appropriate discriminatory power for predicting postoperative complications (area under the curve: 0.814). Furthermore, a correlation was detected between APACHE II scores and postoperative data until C-reactive protein levels decreased to < 1.0 mg/L (r = 0.43, p < 0.05). Conclusion: The E-PASS and APACHE II scoring systems were both shown to be useful to predict postoperative complications after oral and maxillofacial surgery.

    DOI: 10.1186/s13037-018-0152-6,

    Scopus

    PubMed

  • Nishihara Kazuhide, Yoshimine Shin-Ichiro, Goto Takahiro, Ishihata Kiyohide, Kume Ken-Ichi, Yoshimura Takuya, Nakamura Norifumi, Arasaki Akira .  Topographic analysis of the maxillary premolars relative to the maxillary sinus and the alveolar bone using cone beam computed tomography. .  Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol123 ( 5 ) 606 - 612   2017年5月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology  

    OBJECTIVE: The purpose of the present study was to elucidate the anatomic characteristics of the maxillary premolars for the planning of dental treatment using cone beam computed tomography (CBCT). STUDY DESIGN: CBCT images were obtained for 150 maxillary premolars in 68 patients. The internal angle formed by the long axis of the maxillary premolars and the long axis of the alveolar bone was evaluated on the cross-sectional images. The vertical relationships between the maxillary premolars and the maxillary sinus were classified into 5 categories. The bone width and internal angle were compared among the images classified into the 5 categories. RESULTS: The internal angle was 25.5 +/- 6.9 degrees at the maxillary first premolars. The incidence of Type I in the maxillary first premolars was 46.7%. In the maxillary second premolars, the incidence of Type I (14.7%) was significantly lower than the total incidence of Types II, III, IV, and V (85.3%). Type I had the significantly largest internal angle (28.0 +/- 7.7 degrees ) among all types for the maxillary first premolars. CONCLUSION: When considering dental treatment in the maxillary premolars, one should observe the inclination of the maxillary premolars to the alveolar bone as well as the position of the inferior wall of the maxillary sinus.

    DOI: 10.1016/j.oooo.2017.01.007

    Scopus

    PubMed

  • Ishida T. .  A diagnosis system for detecting cervical lymph node metastasis in oral squamous cell carcinoma: Collective consideration of the results of multiple imaging modalities .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology29 ( 3 ) 210 - 216   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2016.12.007

    Scopus

  • Ishida Takayuki, Hijioka Hiroshi, Kume Kenichi, Yoshimura Takuya, Miyawaki Akihiko, Nozoe Etsuro, Suenaga Shigeaki, Indo Hiroko, Majima Hideyuki J., Nakamura Norifumi .  口腔扁平上皮癌における頸部リンパ節転移を検出する診断システム 多種類の画像診断法の結果の集合的検討(A diagnosis system for detecting cervical lymph node metastasis in oral squamous cell carcinoma: Collective consideration of the results of multiple imaging modalities) .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology29 ( 3 ) 210 - 216   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    口腔扁平上皮癌における術前の頸部リンパ節転移診断の精度を高めるため、CT、MRI、超音波、18F-FDG PET画像検査の結果を統合利用するチャート式診断基準システムを開発し、その臨床有用性について検討した。当院で手術を施行した口腔扁平上皮癌患者106名を組み入れ、治療時期に応じて、I群(2005年10月〜2008年8月、45名)、II群(2008年9月〜2010年3月、29名)、III群(2010年4月〜2012年3月、32名)、に分類した。頸部リンパ節転移の診断においては、I群では上述の各画像診断法を統合した判定はせず、個別に利用していた。II群、III群では各画像診断法の所見を統合した診断基準が適用されており、II群ではCT/MRIと超音波検査の両者ともに陰性の場合に転移陰性、III群ではII群の基準に加えPET/CTのmaximum standardized uptake value(SUVmax)が3.2未満の場合に転移陰性とそれぞれ診断していた。cN0と診断されていたのは67例で、50例では経過観察が適用されそのうち12例(24%)では原発巣の再発を見ずに頸部リンパ節転移を発症した。術後転移率はI、II、III群でそれぞれ33、24、13%と、診断基準システムが新しいほど改善したが、陽性的中率は50、40、33%と悪化していた。

  • Kibe Toshiro, Koga Takashi, Nishihara Kazuhide, Fuchigami Takao, Yoshimura Takuya, Taguchi Tetsushi, Nakamura Norifumi .  Examination of the early wound healing process under different wound dressing conditions. .  Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol123 ( 3 ) 310 - 319   2017年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology  

    OBJECTIVE: Various types of wound-healing dressings have been used to assist in the healing of surgical wounds. We analyzed the wound-healing process in an animal model using different existing wound dressings. STUDY DESIGN: Full-thickness defects were created using a biopsy punch on the backs of 7-week-old rats. The wounded areas were covered with NEOVEIL (polyglycolic acid [PGA]) or TERUDERMIS (collagen sponge [CS]) affixed using a rat jacket. The wound area, neo-epithelium length, and alpha-smooth muscle actin (alpha-SMA) expression were evaluated and compared among the control, PGA, and CS groups. RESULTS: The wound areas in the control group on days 4 and 7 were significantly smaller than those in the PGA and CS groups. The expression of alpha-SMA in granulation tissue peaked on day 4 for all groups. The expression of alpha-SMA in the control group on days 4 and 7 after injury was greater than in the PGA and CS groups. However, there was no significant difference in the expression of alpha-SMA between the PGA and CS groups. CONCLUSIONS: In this study, PGA and CS suppressed wound contracture and reduced expression of alpha-SMA in wound areas. However, PGA and CS did not affect the neo-epithelium length at the wound site.

    DOI: 10.1016/j.oooo.2016.10.023

    Scopus

    PubMed

  • Yoshimura T, Yamada S, Shima K, Nakamura N and Tanimoto A .  An elastofibromatous lesion at the tip of the sublingual fold. .  Journal of Dentistry & Oral Disorders2 ( 6 ) 1031   2016年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamada Taiji, Souda Masakazu, Yoshimura Takuya, Sasaguri Shoko, Hatanaka Kazuhito, Tasaki Takashi, Yoshioka Takako, Ohi Yasuyo, Yamada Sohsuke, Tsutsui Masato, Umekita Yoshihisa, Tanimoto Akihide .  Anti-apoptotic effects of PCP4/PEP19 in human breast cancer cell lines: a novel oncotarget. .  Oncotarget5 ( 15 ) 6076 - 6086   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The PCP4/PEP19 is a calmodulin-binding anti-apoptotic peptide in neural cells but its potential role in human cancer has largely been unknown. We investigated the expression of PCP4/PEP19 in human breast cancer cell lines MCF-7, SK-BR-3, and MDA-MB-231 cells, and found that estrogen receptor (ER)-positive MCF-7 and ER-negative SK-BR-3 cells expressed PCP4/PEP19. In the MCF-7 cells, cell proliferation was estrogen-dependent, and PCP4/PEP19 expression was induced by estrogen. In both cell lines, PCP4/PEP19 knockdown induced apoptosis and slightly decreased Akt phosphorylation. Knockdown of calcium/calmodulin-dependent protein kinase kinase 1 (CaMKK1), resulting in decreased phospho-Akt(Thr308), enhanced apoptosis in SK-BR-3 but not in MCF-7 cells. CaMKK2 knockdown moderately decreased phospho-Akt(Thr308) and increased apoptosis in MCF-7 cells but not in SK-BR-3 cells. These data indicated that PCP4/PEP19 regulates apoptosis but exact mechanism is still unknown. PCP4/PEP19 can therefore potentially serve as independent oncotarget for therapy of PCP4/PEP19-positive breast cancers irrespective of ER expression.

    DOI: 10.18632/oncotarget.2161

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 吉村卓也 .  :子どもの生活習慣から考える歯と口の健康づくり〜口腔機能の重要性〜 .  子どもの心と体の健やかな発達第5回市民公開講座  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也、高山大生、石田喬之、東翔太朗、平野憂花、中村康典、野添悦郎、中村典史 .  口腔がん患者の予後とサルコペニア .  第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2022年2月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月 - 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:web  

  •  東翔太朗、吉村卓也、高山大生、平野憂花、石田喬之、中村康典、野添悦郎、中村典史 .  口腔癌患者における手術部位感染の予測における頸部筋肉評価の有用性 .  第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月 - 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:web  

  •  高山大生、吉村卓也、東翔太朗、平野憂花、石田喬之、中村康典、野添悦郎、中村典史 .  口腔癌患者予後予測における頸部骨格筋断面積評価の有用性の検討 .  第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2022年2月  日本口腔腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月 - 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:web  

  • 吉村卓也 .  血管柄付き骨皮弁〜肩甲骨、腓骨の解剖と術式〜 .  鹿児島大学病院検査部超音波検査室セミナー④  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  •  吉村卓也、鈴木甫、高山大生、平野憂花、東翔太朗、小野裕右、手塚征宏、石田喬之、野添悦郎、中村典史 .  運動による口腔癌細胞の生着・増殖抑制および生存期間の延長にはmyokineが関与する .  第66回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  •  高山大生、吉村卓也、鈴木甫、東翔太朗、平野憂花、手塚征宏、石田喬之、中村康典、野添悦郎、中村典史 .  口腔癌患者予後予測における骨格筋指数(SMI)や筋肉内脂肪(IMAT)の有用性の検討 .  第66回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

  • 吉村卓也 .  顎関節脱臼への対応 .  グループホームくりのセミナー  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  リスク管理と現場での実際2・胃瘻 .  歯科的装置,鹿児島大学公開講座第4回摂食・嚥下リハビリテーション研修講座初級コース  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  遊離皮弁〜腹直筋皮弁の解剖と術式〜 .  鹿児島大学病院検査部超音波検査室セミナー③  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  超高齢社会における口腔機能の重要性〜フレイル・サルコペニア・オーラルフレイル〜 .  鹿児島大学病院NST勉強会  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  遊離皮弁〜前腕皮弁の解剖と術式〜 .  鹿児島大学病院検査部超音波検査室セミナー②  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  口腔癌の基本と治療〜頚部郭清術と再建のためのレシピエント血管の選択〜 .  鹿児島大学病院検査部超音波検査室セミナー①  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • TAKAYAMA Hirotaka,SUZUKI Hajime,YOSHIMURA Takuya,TEZUKA Masahiro,HIGASHI Shotaro,TANAKA Takaaki,FUKUNAGA Kaori,AMITANI Marie, AMITANI Haruka,KAIMOTO Kaori,WATANABE Misato, ENOMOTO Takashi,YAMANAKA Toshikazu,HIDAKA Naoto,SHIMOKAWA Akiyo,NAKAMURA Yasunori,ABURADA Sachiko,IMAMURA Yasushi,ISHIBE Ryohei, NAKAMURA Norifumi .  A cross-sectional analysis of the baseline data from the cohort study in the community dwelling eldery:The Tanegashima Study .  2021年4月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 吉村卓也 .  看護師と口腔ケア〜フレイル、口腔がんと多職種連携〜 .  川内市医師会立川内看護専門学校特別講義  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  微小血管吻合を用いた顎骨再建後の管理 .  鹿児島大学病院C7病棟看護部勉強会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  「健康は健口から!」〜歯科の立場から健康を考える〜 .  農村医学研究会健康フォーラム(指宿)  2020年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  口腔癌と摂食嚥下 .  鹿児島大学病院B3病棟看護部勉強会  2020年1月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  リスク管理と現場での実際2・胃瘻、歯科的装置 .  鹿児島大学公開講座第3回摂食・嚥下リハビリテーション研修講座初級コース  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  管理栄養士と口腔機能 .  管理栄養士講座  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也、鈴木甫、手塚征宏、石田喬之、東翔太朗、渕上貴央、小野裕右、石畑清秀、野添悦郎、中村典史 .  口腔癌患者における頸部筋肉評価の有用性 .  第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 吉村卓也 .  摂食嚥下障害における管理栄養士の役割 .  鹿児島純心女子大学特別講義  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  栄養管理の重要性 .  鹿児島純心女子大学特別講義  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Takuya Yoshimura .  Mandibular reconstruction with microsurgery in our department .  Basic microsurgery course in oral and maxillofacial approach  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Takuya Yoshimura .  Hands-on seminar for vascular anastomosis .  Basic microsurgery course in oral and maxillofacial approach  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  “健口”からはじまる栄養療法 .  栄養療法研修認定薬剤師教育セミナー  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

  • 吉村卓也 .  NSTにおける口腔ケアの重要性〜口腔機能、口腔がんと多職種連携〜 .  NST専門療法士研修会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

  • 吉村卓也 .  あなたの“健口”大丈夫? .  健康塾  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  • 吉村卓也 .  摂食嚥下の検査VE検査 .  鹿児島大学歯学部同窓会卒後研修委員会主催摂食・嚥下セミナー  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  • 吉村卓也、鈴木甫、手塚征宏、石田喬之、渕上貴央、東翔太朗、野添悦郎、中村典史 .  口腔癌患者における体組成評価の有用性の検討 .  第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2019年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

  • 吉村卓也 .  口腔癌と摂食・嚥下 .  鹿児島大学病院B3病棟看護部勉強会  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

  • 吉村卓也 .  医科歯科連携の重要性 .  鹿児島厚生連病院看護部勉強会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • 吉村卓也 .  リスク管理と現場での実際2・胃瘻、歯科的装置 .  鹿児島大学公開講座第2回摂食・嚥下リハビリテーション研修講座初級コース  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  •  Takuya Yoshimura, Sohsuke Yamada, Seiya Yokoyama, Takao Fuchigam, Takayuki Ishida, Kie Honjo, Shotaro Higashi, Etsuro Nozoe, Akihide Tanimoto, Norifumi Nakamura .  A clinicopathological study and prognostic factor analysison mucoepidermoid carcinoma .  13th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2018年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taipei  

  • Takuya Yoshimura, Hajime Suzuki, Masahiro Tezuka, Takao Fuchigami, Takayuki Ishida,Kie Honjo, Shotaro Higashi, Kiyohide Ishihata, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura .  Sarcopenia and prognosis in oral cancer patients .  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  • 廣本 祥子, 野添 悦郎, 花田 幸太郎, 古閑 崇, 吉村 卓也, 嶋 香織, 岐部 俊郎, 久米 健一, 中村 典史 .  水酸アパタイト被覆Mg合金のラット大腿骨埋入による腐食・骨形成挙動の評価 .  日本バイオマテリアル学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語  

  • 吉村卓也 .  口腔ケアと口腔がん .  西之表市地域支え合い推進員及び地域サロン支援者研修会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

  • 吉村卓也 .  臨床に役立つ口腔ケアのABC .  与次郎ヶ浜病診連携セミナー  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

  • 本庄 希江, 吉村 卓也, 石田 喬之, 中村 典史 .  乳癌におけるPEP19によるaromataseの制御 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  • 吉村卓也、鈴木 甫、手塚征宏、石田喬之、渕上貴央、東翔太朗、石畑清秀、中村典史 .  口腔癌患者における体組成評価の有用性の検討 .  第42回日本頭頸部癌学会  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 吉村卓也、鈴木 甫、手塚征宏、石畑清秀、比地岡浩志、中村典史 .  口腔がん患者におけるサルコペニアの実態と予後との関連の検討 .  第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会  2018年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

  • 吉村卓也 .  摂食・嚥下の検査VE検査 .  鹿児島大学歯学部同窓会卒後研修委員会主催摂食・嚥下セミナー  2018年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

  • 真邉 久美, 大久保 理沙, 外山 尊子, 松井 香代子, 白井 宗子, 川西 孝子, 桑原 ともみ, 油田 幸子, 飯干 聡子, 恒吉 梨奈, 松木田 浩介, 斎藤 義光, 吉村 卓也, 手塚 征宏, 鈴木 甫, 前田 光喜, 谷口 鎌一郎, 奥村 浩, 今村 也寸志, 今井 和子 .  術後誤嚥性肺炎を発症し、多職種連携・院外スタッフを加えた連携にて改善へ繋がった一症例 .  (一社)日本病態栄養学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語  

  • 吉村卓也 .  摂食・嚥下リハビリテーションの基礎(訓練・検査) .  鹿児島大学病院歯科病棟看護部勉強会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • 吉村卓也 .  リスク管理と現場での実際2・胃瘻、歯科的装置 .  鹿児島大学公開講座第1回摂食・嚥下リハビリテーション研修講座初級コース  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • 吉村卓也,山田壮亮,福元祥子,石畑清秀,比地岡浩志,野添悦郎,仙波伊知郎,黒野祐一,谷本昭英,中村典史 .  粘表皮癌におけるPEP19,EGFR,HER2の発現とその意義 .  第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • 吉村卓也 .  摂食嚥下障害における管理栄養士の役割〜当科の症例を通して〜 .  鹿児島純心女子大学特別講義  2017年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  口腔ケアの重要性〜医科歯科連携と口腔ケア〜 .  NST専門療法士研修会  2017年6月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 吉村卓也 .  遊離皮弁の基礎と術前検査 .  鹿児島大学病院検査部超音波検査室勉強会  2017年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  • 福永 香, 吉村 卓也 .  消化器外科病棟における口腔ケア回診の効果と今後の課題 .  (一社)日本口腔ケア学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  • 本庄 希江, 山口 壮亮, 平木 翼, 東 美智代, 吉村 卓也, 中村 典史, 野元 三治, 野口 紘嗣, 米澤 傑, 谷本 昭英 .  粘膜類表皮癌においてMUC4とMUC6の発現低下から生存期間の短縮が予想される .  (一社)日本病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語  

  • 吉村卓也 .  口腔ケアと感染〜基本的なことから〜 .  鹿児島赤十字病院ICT・NST共同研修会  2016年10月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 豊留 宗一郎, 倉本 恵梨子, 岩井 治樹, 山中 淳之, 吉村 卓也, 中村 典史, 後藤 哲哉 .  Substance Pによるマウス骨芽細胞の骨形成に対するNK1受容体ノックダウンの影響について .  (一社)歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 吉村卓也 .  口腔ケアの必要性〜誰が、いつ、何をする?〜 .  NST研修会  2016年7月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 品川 憲穂, 野添 悦郎, 久米 健一, 豊留 宗一郎, 大河内 孝子, 岐部 俊郎, 吉村 卓也, 古閑 崇, 本庄 希江, 中村 典史 .  下顎管と近接する下顎智歯に関するX線学的研究 パノラマX線像とCT像との関連性 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

  • 吉村 卓也, 比地岡 浩志, 石畑 清秀, 石田 喬之, 中村 典史 .  診断に苦慮した頸部交感神経幹由来神経鞘腫の1例 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

  • 吉村卓也 .  MRONJ(薬物関連顎骨壊死)の予防と医科歯科連携の重要性〜アメリカ口腔顎顔面外科学会誌(AAOMS)の新しいposition paperに基づいて〜 .  薩摩郡歯科医師会学術研修会  2016年2月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島市  

  • 吉村卓也、比地岡浩志、石田喬之、久米健一、中村典史 .  乳癌におけるPCP4/PEP19の浸潤転移、細胞形態、接着への関与 .  第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

  • 吉村卓也,比地岡浩志,石畑清秀,石田喬之,中村典史 .  診断に苦慮した頸部交感神経幹由来神経鞘腫の一例 .  第48回NPO法人日本口腔科学会九州地方部会  2015年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 吉村 卓也, 比地岡 浩志, 石田 喬之, 久米 健一, 中村 典史 .  PCP4/PEP19の浸潤転移への関与 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語  

  • 吉村卓也,比地岡浩志,石田喬之,久米健一,野添悦郎,中村典史 .  口腔白板症における臨床像と病理組織診断の検討 .  九州地区口腔癌治療研究会第19回学術講演会  2015年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

  • 吉村卓也,比地岡浩志,石田喬之,久米健一,中村典史 .  乳癌におけるPCP4/PEP19の浸潤転移への関与 .  第69回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2015年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

  • 比地岡 浩志, 吉村 卓也, 豊留 宗一郎, 石田 喬之, 久米 健一, 野添 悦郎, 中村 典史 .  当科における口腔扁平苔癬の臨床病理学的検討 .  (一社)日本口腔診断学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

  • 比地岡 浩志, 吉村 卓也, 豊留 宗一郎, 石田 喬之, 久米 健一, 野添 悦郎, 中村 典史 .  当科における口腔扁平苔癬の臨床病理学的検討 .  (一社)日本口腔内科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語  

  • 石田 喬之, 比地岡 浩志, 宮脇 昭彦, 久米 健一, 吉村 卓也, 末永 重明, 野添 悦郎, 馬嶋 秀行, 中村 典史 .  頸部リンパ節転移の診断基準の構築とその評価 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

  • 吉村卓也 .  口腔ケアの必要性 .  川内市医師会立市民病院研修会  2014年8月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 久米 健一, 比地岡 浩志, 石田 喬之, 吉村 卓也, 小澤 政之, 中村 典史 .  転写因子Snailは口腔扁平上皮癌においてE-カドヘリンとデスモグレイン2の分解を亢進する .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

  • 野添 悦郎, 大河内 孝子, 中村 康典, 石畑 清秀, 下松 孝太, 石田 喬之, 田中 荘子, 渕上 貴央, 吉村 卓也, 松本 幸三, 久米 健一, 岐部 俊郎, 中村 典史 .  鹿児島大学口腔顎顔面外科における2回法智歯抜歯術の現況 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

  • 木村 菜美子, 中村 康典, 西 恭宏, 吉村 卓也, 中村 典史 .  鹿児島医療センターにおけるARONJの現状 .  日本口腔ケア学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 桑原 ともみ, 眞邉 久美, 松井 香代子, 大久保 理沙, 油田 幸子, 今井 和子, 前之原 茂穂, 今村 也寸志, 吉村 卓也, 鈴木 甫 .  鹿児島大学病院歯科との連携による口腔ケア管理への取り組み .  日本農村医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本農村医学会

  • 本庄 希江, 山口 壮亮, 平木 翼, 東 美智代, 吉村 卓也, 中村 典史, 野元 三治, 野口 紘嗣, 米澤 傑, 谷本 昭英 .  粘膜類表皮癌においてMUC4とMUC6の発現低下から生存期間の短縮が予想される(MUC4 and MUC6 negative expression predicts a shortened survival in mucoepidermoid carcinoma) .  日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

  • 梶原 武弘, 松下 幸誠, 藤島 慶, 吉村 卓也, 藤田 愛弓[田島], 川上 克子 .  重度の歯根内部吸収歯の保存を試みた1症例 .  日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集  2019年6月  日本歯内療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 真邉 久美, 大久保 理沙, 外山 尊子, 松井 香代子, 白井 宗子, 川西 孝子, 桑原 ともみ, 油田 幸子, 飯干 聡子, 恒吉 梨奈, 松木田 浩介, 斎藤 義光, 吉村 卓也, 手塚 征宏, 鈴木 甫, 前田 光喜, 谷口 鎌一郎, 奥村 浩, 今村 也寸志, 今井 和子 .  術後誤嚥性肺炎を発症し、多職種連携・院外スタッフを加えた連携にて改善へ繋がった一症例 .  日本病態栄養学会誌  2018年1月  (一社)日本病態栄養学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 福永 香, 吉村 卓也 .  消化器外科病棟における口腔ケア回診の効果と今後の課題 .  日本口腔ケア学会雑誌  2017年4月  (一社)日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 廣本 祥子, 野添 悦郎, 花田 幸太郎, 古閑 崇, 吉村 卓也, 嶋 香織, 岐部 俊郎, 久米 健一, 中村 典史 .  水酸アパタイト被覆Mg合金のラット大腿骨埋入による腐食・骨形成挙動の評価 .  日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2018年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 今井 和子, 柴田 由香, 宮内 ひろ子, 飯干 聡子, 大久保 理沙, 白井 宗子, 松井 香代子, 眞邉 久美, 桑原 ともみ, 齋藤 義光, 中村 有莉恵, 池増 鮎美, 鈴木 甫, 吉村 卓也, 今村 也寸志 .  向精神薬により生じたと思われる悪性症候群患者に対するNST介入の1症例 .  学会誌JSPEN  2020年11月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 吉村 卓也, 鈴木 甫, 手塚 征宏, 石田 喬之, 渕上 貴央, 東 翔太朗, 石畑 清秀, 中村 典史 .  口腔癌患者における体組成評価の有用性の検討 .  頭頸部癌  2018年5月  (一社)日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 吉村 卓也, 鈴木 甫, 手塚 征宏, 石畑 清秀, 比地岡 浩志, 中村 典史 .  口腔がん患者におけるサルコペニアの実態と予後との関連の検討 .  日本静脈経腸栄養学会雑誌  2018年1月  (株)ジェフコーポレーション

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 本庄 希江, 吉村 卓也, 石田 喬之, 中村 典史 .  乳癌におけるPEP19によるaromataseの制御 .  日本口腔科学会雑誌  2018年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

受賞

  • 優秀ポスター賞

    2019年1月   第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  

    吉村卓也「他」

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • 優秀ポスター発表賞

    2018年11月   第63回日本口腔外科学会総会・学術大会  

    吉村卓也「他」

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 口腔先端優秀賞

    2018年2月   口腔先端科学教育研究センター研究発表会コンペティション部門  

    吉村卓也「他」

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 運動による口腔癌発癌・転移の制御のメカニズムとしてのmyokineの関与

    研究課題/領域番号:20K18674  2020年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業 若手研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 口腔がん患者のフレイルの多角的評価と縦断的な治療を実現する全人的医療の実践

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 造血幹細胞移植療法における口腔合併症に対する系統的口腔管理の構築

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 治療選択を目的とした唾液腺癌のsubtype分類の確立

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 新規樹立したSnail高発現OSCC細胞株を用いた間葉上皮転換機構の解明

    2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 口腔癌の浸潤・転移におけるがん幹細胞マーカーの発現と役割

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

▼全件表示

 

その他教育活動及び特記事項

  • 2021年3月 - 現在   臨床能力試験臨床実地試験認定評価者

  • 2021年3月 - 現在   臨床能力試験一斉技能試験認定評価者

  • 2020年4月 - 現在   CSX実施部会

  • 2020年4月 - 現在   CPX実施部会

  • 2018年4月 - 2020年3月   OSCE実施部会

  • 2018年2月   指導歯科医講習会受講

▼全件表示