2023/12/20 更新

写真a

フジモト ヨシカズ
藤本 佳万
FUJIMOTO Yoshikazu
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(獣医学) ( 2011年3月   山口大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属越境性動物疾病制御研究センター   准教授

    2018年4月 - 現在

  • 九州大学大学院医学研究院   附属ヒト疾患モデル研究センター 動物実験施設   助教

    2011年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本実験動物医学専門医協会

    2021年12月 - 現在

  • 鶏病研究会

    2018年4月 - 現在

  • 日本実験動物医学会

    2017年5月 - 現在

  • 日本ウイルス学会

    2013年11月 - 現在

  • 日本獣医学会

    2013年5月 - 現在

取得資格

  • 日本実験動物医学専門医

  • 獣医師

  • JGAP審査員

 

論文

  • Fujimoto Y, Ijiri M, Matsuo T, Kawaguchi H .  In vitro antiviral activity of persimmon-derived tannin against avian influenza viruses .  Letters in Applied Microbiology 76 ( 2 ) ovac053   2023年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: https://academic.oup.com/lambio/article-abstract/76/2/ovac053/6895551?redirectedFrom=fulltext&login=true

  • Matsunaga N, Ijiri M, Ishikawa K, Ozawa M, Okuya K, Khalil AM, Kojima I, Esaki M, Masatani T, Matsui T, Fujimoto Y .  Avian paramyxovirus serotype-1 isolation from migratory birds and environmental water in southern Japan: An epidemiological survey during the 2018/19-2021/2022 winter seasons .  Microbiology and Immunology 67 ( 4 ) 185 - 193   2023年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1348-0421.13053

  • Ijiri M, Yoshinaga K, Kawaguchi H, Miyazaki N, Kawaguchi M, Fujimoto Y, Matsuo T, Maruyama I .  In vivo metabolism of 1,5-anhydro-d-fructose to 1,5-anhydro-d-glucitol .  In Vivo 37 ( 3 ) 1022 - 1027   2023年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.13176

  • Ijiri M, Akioka K, Kitano T, Miura H, Ono HK, Terashima R, Fujimoto Y, Matsuo T, Yamato O, Kawaguchi H .  Acupuncture treatment improves transport stress in microminipigs through the acupoint in ears .  In Vivo37 ( 5 ) 2100 - 2104   2023年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.13307

  • Khalil AM, Hatai H, Fujimoto Y, Kojima I, Okajima M, Mitarai S, Esaki M, Kinoshita K, Ozawa M .  A lethal case of natural infection with the H5N8 highly pathogenic avian influenza virus of clade 2.3.4.4 in a mandarin duck .  Zoonotic Diseases 2 ( 1 ) 32 - 36   2022年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/zoonoticdis2010004

  • Fujimoto Y, Ogasawara K, Isoda N, Hatai H, Okuya K, Watanabe Y, Takada A, Sakoda Y, Saito K, Ozawa M .  Experimental and natural infections of white-tailed sea eagles (Haliaeetus albicilla) with high pathogenicity avian influenza virus of H5 subtype .  Frontiers in Microbiology 13   1007350   2022年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2022.1007350

  • Khalil AM, Kojima I, Fukunaga W, Okajima M, Mitarai S, Fujimoto Y, Matsui T, Kuwahara M, Masatani T, Okuya K, Ozawa M .  Improved method for avian influenza virus isolation from environmental water samples .  Transboundary and Emerging Diseases 69 ( 5 ) e2889 - 2897   2022年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tbed.14639

  • Ijiri M, Odo K, Sato M, Kawaguchi M, Fujimoto Y, Miura N, Matsuo T, Hou DX, Yamato O, Tanabe T, Kawaguchi H .  Potential biomarkers for chronic seasonal heat stress in Kagoshima berkshire pigs reared in the subtropical region .  Journal of Veterinary Research 66 ( 2 ) 209 - 214   2022年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2478/jvetres-2022-0024

  • Naitou K, Iwashita H, Ueda HH, Shiraishi M, Fujimoto Y, Horii K, Sawamura T, Shiina T, Shimizu Y .  Intrathecally administered substance P activated the spinal defecation center and enhanced colorectal motility in anesthetized rats .  American Journal of Physiology-Gastrointestinal and Liver Physiology 323 ( 1 ) G21 - G30   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00342.2021

  • Kameyama H, Fujimoto Y, Tomioka Y, Yamamoto S, Suyama H, Inoue H, Takahashi E, Ono E .  Pathogenicity of Bordetella bronchiseptica isolated from apparently healthy rabbits in guinea pig, rat, and mouse .  Journal of Veterinary Medical Science 84 ( 4 ) 574 - 581   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.21-0494

  • Nagai M, Okabayashi T, Akagami M, Matsuu A, Fujimoto Y, Hashem MA, Mekata H, Nakao R, Matsuno K, Katayama Y, Oba M, Omatsu T, Asai T, Nakagawa K, Ito H, Madarame H, Kawai K, Ito T, Nonaka N, Tsukiyama-Kohara K, Inoshima Y, Mizutani T, Misawa N .  Metagenomic identification, sequencing, and genome analysis of porcine hepe-astroviruses (bastroviruses) in porcine feces in Japan .  Infection, Genetics and Evolution 88   104664   2021年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.meegid.2020.104664

  • Ijiri M, Lai YC, Kawaguchi H, Fujimoto Y, Miura N, Matsuo T, Tanimoto A .  NR6A1 allelic frequencies as an index for both miniaturizing and increasing pig body size .  In Vivo 35 ( 1 ) 163 - 167   2021年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12244

  • Khalil AM, Fujimoto Y, Kojima I, Esaki M, Ri K, Masatani T, Matsui T, Ozawa M .  Genetic characterization of H5N8 highly pathogenic avian influenza viruses isolated from falcated ducks and environmental water in Japan in November 2020 .  Pathogens 10 ( 2 ) 171   2021年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/pathogens10020171

  • Kojima I, Izumi F, Ozawa M, Fujimoto Y, Okajima M, Ito N, Sugiyama M, Masatani T .  Analyses of cell death mechanisms related to amino acid substitution at position 95 in the rabies virus matrix protein .  Journal of General Virology 102 ( 4 )   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/jgv.0.001594

  • Matsuu A, Tanikawa T, Fujimoto Y, Yabuki M, Tsunekuni R, Sakuma S, Uchida Y, Saito T .  Different sensitivity of Japanese native-bred chickens to H5 subtypes of highly pathogenic avian influenza viruses .  Avian Diseases 65 ( 3 ) 508 - 515   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1637/aviandiseases-D-21-00049

  • Fujimoto Y, Inoue H, Kanda T, Ijiri M, Uemura R .  Virulence-associated gene profiles of Escherichia coli isolated from chickens with colibacillosis in Japan and their correlation with pathogenicity in chicken embryos .  Avian Diseases 65 ( 3 ) 401 - 405   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1637/0005-2086-65.3.401

  • Sasazaki N, Obi T, Aridome C, Fujimoto Y, Furumoto M, Toda K, Hasunuma H, Matsumoto D, Sato S, Okawa H, Yamato O, Igari N, Kazami D, Taniguchi M .  Effects of dietary feed supplementation of heat-treated Lactobacillus sakei HS-1 on the health status, blood parameters, and fecal microbes of Japanese Black calves .  Journal of Veterinary Medical Science 82 ( 10 ) 1428 - 1435   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.20-0181

  • Matsunaga N, Suzuki M, Andoh M, Ijiri M, Ishikawa K, Obi T, Chuma T, Fujimoto Y .  Analysis of fecal samples from Amami rabbits (Pentalagus furnessi) indicates low levels of antimicrobial resistance in Escherichia coli .  European Journal of Wildlife Research 66   84   2020年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10344-020-01424-8

  • Fujimoto Y, Kyogoku K, Takeda K, Ozaki K, Yamamoto S, Suyama H, Ono E .  Antiviral effects against influenza A virus infection by a short hairpin RNA targeting the non-coding terminal region of the viral nucleoprotein gene .  Journal of Veterinary Medical Science 81 ( 3 ) 383 - 388   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.18-0436

  • Fujimoto Y, Hikita SI, Takeda K, Ozaki K, Inoue H, Takakuwa H, Sonoda KH, Ono E .  Evaluation of the antiviral potential of the soluble forms of glycoprotein D receptors on ocular herpes caused by HSV-1 and HSV-2 infections in a transgenic mouse model .  Journal of Medical Virology 91 ( 5 ) 820 - 828   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmv.25384

  • Suenaga Y, Obi T, Ijiri M, Chuma T, Fujimoto Y .  Surveillance of antibiotic resistance in Escherichia coli isolated from wild cranes on the Izumi plain in Kagoshima prefecture, Japan .  Journal of Veterinary Medical Science 81 ( 9 ) 1291 - 1293   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0305

  • Fujimoto Y, Inoue H, Ozawa M, Matsuu A .  Serological survey of influenza A virus infection in Japanese wild boars (Sus scrofa leucomystax) .  Microbiology and Immunology 63 ( 12 ) 517 - 522   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12750

  • Fujimoto Y, Tomioka Y, Ozaki K, Takeda K, Suyama H, Yamamoto S, Takakuwa H, Morimatsu M, Uede T, Ono E .  Comparison of the antiviral potential among soluble forms of herpes simplex virus type-2 glycoprotein D receptors, herpes virus entry mediator A, nectin-1 and nectin-2, in transgenic mice .  Journal of General Virology 98 ( 7 ) 1815 - 1822   2017年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/jgv.0.000804

  • Fujimoto Y, Ozaki K, Iwamori N, Takakuwa H, Ono E .  Accumulation of a soluble form of human nectin-2 is required for exerting the resistance against herpes simplex virus type 2 infection in transfected cells .  Acta Virologica 60 ( 1 ) 41 - 48   2016年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4149/av_2016_01_41

  • Fujimoto Y, Tomioka Y, Takakuwa H, Uechi GI, Yabuta T, Ozaki K, Suyama H, Yamamoto S, Morimatsu M, Mai LQ, Yamashiro T, Ito T, Otsuki K, Ono E .  Cross-protective potential of anti-nucleoprotein human monoclonal antibodies against lethal influenza A virus infection .  Journal of General Virology 97 ( 9 ) 2104 - 2116   2016年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/jgv.0.000518

  • Fujimoto Y, Ito H, Ono E, Kawaoka Y, Ito T .  The low-pH resistance of neuraminidase is essential for the replication of influenza A virus in duck intestine following infection via the oral route .  Journal of Virology 90 ( 8 ) 4127 - 4132   2016年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.03107-15

  • Tomioka Y, Fujimoto Y, Nakai K, Ozaki K, Yamamoto S, Suyama H, Morimatsu M, Ito T, Ono E .  A soluble form of human nectin-2 impairs exocrine secretion of pancreas and formation of zymogen granules in transgenic mice .  Biochemistry and Biophysics Reports 5   196 - 202   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2015.12.006

  • Fujimoto Y, Ito H, Tomita M, Ono E, Usui T, Ito T .  Amino acid substitution at position 44 of matrix protein 2 of an avirulent H5 avian influenza virus is crucial for acquiring the highly pathogenic phenotype in chickens .  Archives of Virology 160 ( 8 ) 2063 - 2070   2015年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00705-015-2470-7

  • Fujimoto Y, Usui T, Ito H, Ono E, Ito T .  Susceptibility of wild passerines to subtype H5N1 highly pathogenic avian influenza viruses .  Avian Pathology 44 ( 4 ) 243 - 247   2015年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/03079457.2015.1043235

  • Fujimoto Y, Ozaki K, Maeda M, Nishijima K, Takakuwa H, Otsuki K, Kida H, Ono E .  Resistance to influenza A virus infection in transformed cell lines expressing an anti-PB2 monoclonal antibody .  Veterinary Journal 198 ( 2 ) 487 - 493   2013年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tvjl.2013.09.019

  • Uno Y, Usui T, Soda K, Fujimoto Y, Takeuchi T, Ito H, Ito T, Yamaguchi T .  The pathogenicity and host immune response associated with H5N1 highly pathogenic avian influenza virus in quail .  Journal of Veterinary Medical Science 75 ( 4 ) 451 - 457   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.12-0433

  • Uno Y, Usui T, Fujimoto Y, Ito T, Yamaguchi T .  Quantification of interferon, interleukin, and Toll-like receptor 7 mRNA in quail splenocytes using real-time PCR .  Poultry Science 91 ( 10 ) 2496 - 2501   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3382/ps.2012-02283

  • Uchida U, Kanehira K, Mase M, Takemae N, Watanabe C, Usui T, Fujimoto Y, Ito T, Igarashi M, Ito K, Takada A, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto Y, Nakamura K, Kida H, Hiromoto Y, Tsuda T, Saito T .  Genetic characterization and susceptibility on poultry and mammal of H7N6 subtype avian influenza virus isolated in Japan in 2009 .  Veterinary Microbiology 147 ( 1-2 ) 1 - 10   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vetmic.2010.05.037

  • Said AW, Kodani M, Usui T, Fujimoto Y, Ito T, Yamaguchi T .  Molecular changes associated with adaptation of equine influenza H3N8 virus in embryonated chicken eggs .  Journal of Veterinary Medical Science 73 ( 4 ) 545 - 548   2011年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.10-0510

  • Fujimoto Y, Ito H, Shinya K, Yamaguchi T, Usui T, Murase T, Ozaki H, Ono E, Takakuwa H, Otsuki K, Ito T .  Susceptibility of two species of wild terrestrial birds to infection with a highly pathogenic avian influenza virus of H5N1 subtype .  Avian Pathology 39 ( 2 ) 95 - 98   2010年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/03079451003599268

  • Fujimoto Y, Ito H, Shivakoti S, Nakamori J, Tsunekuni R, Otsuki K, Ito T .  Avian influenza virus and paramyxovirus isolation from migratory waterfowl and shorebirds in San-in district of western Japan from 2001 to 2008 .  Journal of Veterinary Medical Science 72 ( 7 ) 963 - 967   2010年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.10-0012

▼全件表示

MISC

  • Incidences of H5N1 highly pathogenic avian influenza virus infections among wild birds in Japan

    Fujimoto Y, Ito T, Ono E

    Kyushu journal of experimental animals   27   3 - 10   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

講演・口頭発表等

  • 池田 智仁、一二三 達郎、井尻 萌、中馬 猛久、藤本 佳万 .  ブロイラーの腓腹腱断裂症例から分離されたトリレオウイルスの遺伝学的解析 .  第166回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 松永 ののか、井尻 萌、石川 希実、藤本 佳万 .  鹿児島県出水平野の野生鳥類越冬地における鳥パラミクソウイルス血清型1の疫学調査 .  第166回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Kiyotada Naitou, Honoka Iwashita, Hiromi H Ueda, Mitsuya Shiraishi, Yoshikazu Fujimoto, Kazuhiro Horii, Tomoya Sawamura, Takahiko Shiina, Yasutake Shimizu .  Spinal substance P related to defecation reflexes and enhanced colorectal motility .  Congress of the International Society of Autonomic Neuroscience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 佐藤 麗聞、和田 十喜子、安藤 亮、井尻 萌、松尾 恵、藤本 佳万、松尾 智英、岩井 聡美、朴 天縞、川口 博明 .  マイクロミニピッグDNFBアレルギー性皮膚炎モデルを用いた天然由来被験物質KTの効能検討 .  第9回日本獣医病理学専門家協会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤本 佳万 .  A型インフルエンザウイルスの感染性を決定するノイラミニダーゼ蛋白質の性質 .  第5回鹿児島大学感染症制御のためのシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

  • 小笠原 浩平、藤本 佳万、畑井 仁、磯田 典和、渡辺 有希子、大沼 学、小澤 真、迫田 義博、齊藤 慶輔 .  高病原性鳥インフルエンザウイルスの自然感染が確認されたオジロワシの事例 .  日本獣医公衆衛生学会北海道地区学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内藤 清惟、岩下 朋乃樺、植田 大海、白石 光也、藤本 佳万、椎名 貴彦、志水 泰武 .  脊髄排便中枢におけるサブスタンスPの大腸運動促進作用 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ahmed Magdy Khalil、奥谷 公亮、藤本 佳万、児島 一州、江㟢 真南、李 京河、西 奈津子、正谷 達謄、松井 勉、小澤 真 .  野鳥渡来地の環境水から紐解く鳥インフルエンザウイルスの流行動態 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 牧野 遥、正谷 達謄、藤本 佳万、内藤 清惟、白石 光也 .  未分化型および分化型ヒト由来培養神経細胞におけるウイルス感受性の比較 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 井尻 萌、尾堂 憲司、佐藤 元彦、川口 麻依子、藤本 佳万、三浦 直樹、松尾 智英、侯 德興、大和 修、田邊 隆、川口 博明 .  暑熱環境で飼養される肥育豚における潜在的ストレスマーカーの検討 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川口 博明、井尻 萌、松尾 恵、藤本 佳万、松尾 智英 .  マイクロミニピッグDNFBアレルギー性皮膚炎モデルの確立 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤本 佳万、石川 希実、畑井 仁、堀江 真行、小澤 真、富岡 幸子、丸山 覚詞、所崎 香織、原口 優子、松井 勉 .  ツル封入体病症例から分離されたヘルペスウイルスの遺伝学的解析 .  第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 出家 淳、富岡 幸子、竹内 崇師、八木田 晴香、尾崎 絹代、武田 啓子、山本 沙代、藤本 佳万、小野 悦郎 .  Cre/loxPシステムを利用したHSV-1前初期タンパク質ICP4発現トランスジェニックマウスの表現型解析 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 井尻 萌、Yu-Chang Lai、三浦 直樹、藤本 佳万、松尾 智英、川口 博明 .  ブタの大きさの指標としての多脊椎数関連遺伝子NR6A1の有用性 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 笹崎 直哉、小尾 岳士、有留 千春、藤本 佳万、松本 大策、蓮沼 浩、戸田 克樹、大川 洋明、佐藤 聡子、風見 大司、猪狩 直樹、谷口 雅康、大和 修、髙木 光博 .  黒毛和種哺乳期子牛への乳酸菌死菌体製剤(HK-LS HS-1)添加が健康状態、血液性状および糞便内微生物フローラに及ぼす影響 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長井 誠、岡林 環樹、松鵜 彩、藤本 佳万、目堅 博久、中尾 亮、浅井 鉄夫、中川 敬介、伊藤 壽啓、中野 成晃、小原 恭子、猪島 康雄、水谷 哲也、三澤 尚明 .  次世代シーケンス(NGS)を用いた豚糞便中のウイルス検索:新しいBastrovirus遺伝子の発見 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川口 博明、井尻 萌、松尾 恵、藤本 佳万、松尾 智英 .  マイクロミニピッグDNFBアレルギー性皮膚炎モデルの開発 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高瀬 日穂子、藤本 佳万、藤野 寛、田原口 智士、小野 悦郎 .  IE180の酸性活性化部位のscFv-NLSは、その活性を抑制する .  第162回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤本 佳万、井上 英耶、小澤 真、松鵜 彩 .  野生イノシシにおけるA型インフルエンザウイルスの血清疫学調査 .  第162回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 亀山 英子, 藤本 佳万, 山本 沙代, 陶山 晴香, 名倉 悟郎, 小野 悦郎 .  動物実験施設で分離されたBordetella bronchisepticaのddYマウスおよびWistarラットに対する病原性 .  第52回日本実験動物技術者協会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 藤本 佳万, 武田 啓子, 尾崎 絹代, 小野 悦郎 .  可溶型glycoprotein D受容体の角膜ヘルペス発症予防効果の検討 .  第161回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高木 翔矢, 藤本 佳万, 高瀬 日穂子, 藤野 寛, 田原口 智士, 小野 悦郎 .  オーエスキー病ウイルス前初期蛋白質(IE180)の1-34位アミノ酸に対するモノクローナル抗体の作製 .  第161回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末永 泰大, 藤本 佳万, 宮岡 悠, 中馬 猛久, 高瀬 公三, 小尾 岳士 .  出水平野に飛来する野生ツルにおける薬剤耐性大腸菌保有状況の変動 .  第161回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Etsuro Ono, Yoshikazu Fujimoto, Kinuyo Ozaki .  Suppression of influenza A virus replication in chicken embryonic fibroblasts lacking CD209L and ANP32A by the CRSPR/Cas9 system. .  11th International Congress for Veterinary Virology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 藤本佳万 .  野生水禽由来鳥インフルエンザウイルスの病原性および宿主域を規定する分子基盤の解明 .  平成30年度鶏病研究会鹿児島県支部技術検討会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島県日置市  

  • 藤本佳万 .  遺伝子組換えマウスを利用したインフルエンザウイルス感染防御抗体の検索 .  第93回鹿児島県家畜疾病診断研究会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島市  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 家禽におけるツルヘルペスウイルス病原性発現機構の解明

    2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 伴侶動物の重症熱性血小板減少症の診断と治療に向けた研究

    2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 野鳥から分離されるニューカッスル病ウイルスの性状解析

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人サンケイ科学振興財団研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 天然由来素材(タンニン)の機能性探索と活用機材装置の開発

    2021年4月 - 2022年3月

    一般財団法人九州オープンイノベーションセンター  -九州Earth戦略推進のためのオープンイノベーションによる新事業創出- 機械工業振興チャレンジ研究調査 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • さつまいも由来1,5-D-アンヒドロフルクトースの新しい機能性の探索:オキシトシン分泌作用

    2021年4月 - 2022年3月

    一般財団法人九州オープンイノベーションセンター  -九州Earth戦略推進のためのオープンイノベーションによる新事業創出- 機械工業振興チャレンジ研究調査 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 奄美島豚のルーツ探索及びブランド化、そして奄美伝統文化の継承と未来への展望

    2020年11月 - 2021年3月

    地方自治体  令和2年度アイランドキャンパス事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 希少野生ツルに病原性を示すヘルペスウイルスの性状解析および流行状況把握

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 病原関連遺伝子の保有パターンを指標とした鶏病原性大腸菌同定法の確立

    2019年4月 - 2020年3月

    一般財団法人旗影会研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • キヌレニン経路関連遺伝子改変マウスの比較解析とその新規神経疾患治療法開発への応用

    2018年4月 - 2020年3月

    二国間交流事業共同研究・セミナー 

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  • 抗ヌクレオカプシド蛋白質抗体によるインフルエンザウイルス感染防御メカニズムの解明

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 可溶型HVEMのワクチン賦活化効果によるインフルエンザウイルス感染防御

    2016年4月 - 2017年3月

    公益財団法人三島海雲記念財団個人研究奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 抗NP抗体依存性細胞障害作用を増強するUniversal Influenza Vaccineの開発

    2015年4月 - 2016年3月

    公益財団法人日本科学協会  笹川科学研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 鳥インフルエンザ万能ワクチン開発を目指したペプチド免疫法の確立

    2015年4月 - 2016年3月

    一般財団法人旗影会研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • CRISPR/Cas9システムを用いたゲノム編集によるPRRS抵抗性ブタの開発

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  • 高病原性鳥インフルエンザ抵抗性家畜開発のための細胞内免疫法の確立

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金   若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • キヌレニン経路関連遺伝子改変マウスによる中枢神経系障害と神経保護作用機序の解析

    2013年4月 - 2015年3月

    二国間交流事業共同研究・セミナー 

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  • インフルエンザウイルスPB1-F2蛋白の性状解析と機能阻害による感染抵抗性の付与

    2013年4月 - 2014年3月

    一般財団法人旗影会研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)に対するヒト中和抗体産生マウスの開発

    2012年4月 - 2013年3月

    長崎大学熱帯医学研究拠点一般共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 獣医微生物学ⅡB

    2021年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 獣医学研究基礎実習

    2021年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 生物学実験

    2020年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 応用獣医学特別講義(感染症制御学特別講義)

    2020年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 家禽疾病学

    2018年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 獣医微生物学実習B

    2018年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 専攻演習

    2018年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

▼全件表示