2021/05/26 更新

写真a

ナイトウ キヨタダ
内藤 清惟
NAITOU Kiyotada
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(獣医学) ( 2016年9月   岐阜大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科   准教授

    2017年11月 - 現在

委員歴

  • 日本獣医学会   生理学・生化学分科会企画委員  

    2018年9月 - 2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本獣医学会   生理学・生化学分科会評議員  

    2017年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • Ueda HH, Naitou K, Nakamori H, Horii K, Shiina T, Masatani T, Shiraishi M, Shimizu Y. .  α-MSH-induced activation of spinal MC1R but not MC4R enhances colorectal motility in anaesthetised rats .  Scientific Reports11 ( 1 ) 487   2021年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-80020-x

    Scopus

    PubMed

  • Horii K, Ehara Y, Shiina T, Naitou K, Nakamori H, Horii Y, Shimaoka H, Saito S, Shimizu Y .  Sexually dimorphic response of colorectal motility to noxious stimuli in the colorectum in rats. .  The Journal of physiology599 ( 5 ) 1421 - 1437   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/JP279942

    PubMed

  • Hiromi Ueda, Mitsuya Shiraishi, Hiroyuki Nakamori, Takahiko Shiina, Yasutake Shimizu, Kiyotada Naitou .  Analysis of the effect of intraspinal administration of alpha-melanocytestimulating hormone on colorectal motility .  The Journal of Physiological Sciences70   S129 - S129   2020年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他リンク: http://psj2020.umin.jp/img/jps_supplement2020.pdf

  • Nakamori H, Naitou K, Horii Y, Shimaoka H, Horii K, Sakai H, Yamada A, Furue H, Shiina T, Shimizu Y .  Roles of the noradrenergic nucleus locus coeruleus and dopaminergic nucleus A11 region as supraspinal defecation centers in rats. .  American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology317 ( 4 ) G545 - G555   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00062.2019

    PubMed

  • Naitou K, Nakamori H, Horii K, Kato K, Horii Y, Shimaoka H, Shiina T, Shimizu Y .  Descending monoaminergic pathways projecting to the spinal defecation center enhance colorectal motility in rats. .  American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology315 ( 4 ) G631 - G637   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00178.2018

    PubMed

  • Naitou K, Shiina T, Nakamori H, Sano Y, Shimaoka H, Shimizu Y .  Colokinetic effect of somatostatin in the spinal defecation center in rats. .  The journal of physiological sciences : JPS68 ( 3 ) 243 - 251   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12576-017-0524-1

    PubMed

  • Sawada R, Nakamori H, Naitou K, Horii K, Horii Y, Shimaoka H, Shiina T, Shimizu Y .  Local regulatory mechanism to coordinate colorectal motility in rats. .  Physiological reports6 ( 10 ) e13710   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14814/phy2.13710

    PubMed

  • Naitou Kiyotada, Shiina Takahiko, Nakamori Hiroyuki, Sano Yuuki, Shimaoka Hiroki, Shimizu Yasutake .  ラットの脊髄排便中枢におけるソマトスタチンの大腸運動効果(Colokinetic effect of somatostatin in the spinal defecation center in rats) .  The Journal of Physiological Sciences68 ( 3 ) 243 - 251   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    麻酔ラットを用いて脊髄排便中枢におけるソマトスタチン(SOM)の大腸運動効果を検討した。SOMを腰髄内へ髄腔内投与すると結腸直腸の推進収縮が起きたが、SOMの静注や胸髄への髄腔内投与では結腸直腸運動の促進は認められず、胸髄の横断面にはSOMによる大腸運動作用の影響は認められなかった。また、SOMの髄腔内投与による結腸直腸運動の促進は骨盤神経の切断により無効となった。以上より、脊髄排便中枢に作用するSOMはラットの結腸直腸の運動を促進することが分かった。SOMによる侵害信号伝達への関与を考慮すると、これらの結果から過敏性腸症候群患者における慢性腹痛と大腸運動障害の同時出現が合理的に説明できると考えられた。

  • Nakamori H, Naitou K, Horii Y, Shimaoka H, Horii K, Sakai H, Yamada A, Furue H, Shiina T, Shimizu Y .  Medullary raphe nuclei activate the lumbosacral defecation center through the descending serotonergic pathway to regulate colorectal motility in rats. .  American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology314 ( 3 ) G341 - G348   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00317.2017

    PubMed

  • Nakamori H, Naitou K, Sano Y, Shimaoka H, Shiina T, Shimizu Y. .  Exogenous serotonin regulates colorectal motility via the 5-HT2 and 5-HT3 receptors in the spinal cord of rats. .  Neurogastroenterology and motility30 ( 3 )   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.13183.

    PubMed

  • Shiina T, Naitou K, Nakamori H, Suzuki Y, Horii K, Sano Y, Shimaoka H, Shimizu Y. .  Serotonin-induced contractile responses of esophageal smooth muscle in the house musk shrew (Suncus murinus). .  Neurogastroenterol Motil.28 ( 11 ) 1641 - 1648   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.12863.

    PubMed

  • Naitou K, Nakamori H, Shiina T, Ikeda A, Nozue Y, Sano Y, Yokoyama T, Yamamoto Y, Yamada A, Akimoto N, Furue H, Shimizu Y. .  Stimulation of dopamine D2-like receptors in the lumbosacral defaecation centre causes propulsive colorectal contractions in rats. .  J Physiol.   2016年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/JP272073.

    PubMed

  • Naitou K, Mamerto TP, Pustovit RV, Callaghan B, Rivera LR, Chan AJ, Ringuet MT, Pietra C, Furness JB. .  Site and mechanism of the colokinetic action of the ghrelin receptor agonist, HM01. .  Neurogastroenterol Motil.   2015年12月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.12688.

    PubMed

  • Naitou K, Shiina T, Kato K, Nakamori H, Sano Y, Shimizu Y. .  Colokinetic effect of noradrenaline in the spinal defecation center: implication for motility disorders. .  Sci Rep.   2015年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep12623.

    PubMed

  • Naitou K, Shiina T, Sugita R, Nakamori H, Shimizu Y. .  Characterization of ghrelin-sensitive neurons in the lumbosacral defecation center in rats. .  Neurogastroenterol Motil.   2015年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.12492.

    PubMed

  • Horii K, Ehara Y, Naitou K, Nakamori H, Shiina T, Shimizu Y. .  The mechanism of sexually dimorphic responses of colorectal motility by noxious stimulation in rats. .  The Journal of Physiological Sciences69   S164 - S164   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Horii K, Shiina T, Naitou K, Nakamori H, Horii Y, Shimaoka H, Shimizu Y .  Characterization of peristaltic motility in the striated muscle portion of the esophagus using a novel in vivo method in rats. .  Neurogastroenterology and motility : the official journal of the European Gastrointestinal Motility Society31 ( 4 ) e13518   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.13518

    PubMed

  • Wang B, Murakami Y, Ono M, Fujikawa S, Matsuyama H, Unno T, Naitou K, Tanahashi Y. .  Muscarinic suppression of atp-sensitive k<sup>+</sup> channels mediated by the m<inf>3</inf>/g<inf>q/11</inf>/phospholipase c pathway contributes to mouse ileal smooth muscle contractions .  American Journal of Physiology - Gastrointestinal and Liver Physiology315 ( 4 ) G618 - G630   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Journal of Physiology - Gastrointestinal and Liver Physiology  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00069.2018

    Scopus

    PubMed

  • Shimaoka H, Kawaguchi T, Morikawa K, Sano Y, Naitou K, Nakamori H, Shiina T, Shimizu Y .  Induction of hibernation-like hypothermia by central activation of the A1 adenosine receptor in a non-hibernator, the rat. .  The journal of physiological sciences : JPS68 ( 4 ) 425 - 430   2018年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Seiri Gakkai  

    DOI: 10.1007/s12576-017-0543-y

    PubMed

  • Shimaoka Hiroki, Kawaguchi Takayuki, Morikawa Kahori, Sano Yuuki, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake .  非冬眠動物であるラットにおけるアデノシンA1受容体の中枢性活性化による冬眠様低体温の誘導(Induction of hibernation-like hypothermia by central activation of the A1 adenosine receptor in a non-hibernator, the rat) .  The Journal of Physiological Sciences68 ( 4 ) 425 - 430   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    中枢でのアデノシンA1受容体(A1AR)仲介シグナルが、低体温を誘導するだけでなく、正常な心拍動の維持に適した状況を作り出しているか検討した。ラット脳室内にA1ARアゴニストであるN6-シクロヘキシルアデノシン(CHA)を注入して、低温環境下に置き、体温を20℃以下まで冷却した。極度の低体温でも正常な洞調律が維持された。対照的に麻酔ラットの冷却による強制的な低体温誘発では心停止が出現した。CHAで低体温を誘発したラットへのペントバルビタール追加投与により心停止が起きた。これらの結果から、低体温下の心拍維持に必要で、麻酔下では起動しない何らかのメカニズムがあると推定された。麻酔薬がない状態下で、中枢性A1ARを介するシグナルは、極度の低体温時の正常洞調律を維持する条件を提供すると考えられた。

  • Shima T, Shiina T, Naitou K, Nakamori H, Sano Y, Shimizu Y. .  Does the capsaicin-sensitive local neural circuit constitutively regulate vagally evoked esophageal striated muscle contraction in rats? .  J Physiol Sci.66 ( 2 ) 105 - 111   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12576-015-0401-8.

    PubMed

  • Shiina T, Shima T, Horii K, Naitou K, Nakamori H, Sano Y, Shimizu Y. .  Inhibitory action of hydrogen sulfide on esophageal striated muscle motility in rats. .  Eur J Pharmacol.771   123 - 129   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2015.

    PubMed

  • Shiina T, Shima T, Naitou K, Nakamori H, Sano Y, Horii K, Shimakawa M, Ohno H, Shimizu Y. .  Actions of probiotics on trinitrobenzenesulfonic acid-induced colitis in rats. .  Biomed Res Int.2015   528523   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2015/528523.

    PubMed

  • Sano Y, Shiina T, Naitou K, Nakamori H, Shimizu Y. .  Hibernation-specific alternative splicing of the mRNA encoding cold-inducible RNA-binding protein in the hearts of hamsters. .  Biochem Biophys Res Commun.462 ( 4 ) 322 - 532   2015年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.04.135.

    PubMed

  • Shiina T, Naitou K, Nakamori H, Sakai H, Shimizu Y. .  Regulation of longitudinal esophageal motility in the house musk shrew (Suncus murinus). .  Auton Neurosci.189   37 - 42   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.autneu.2015.02.003.

    PubMed

  • Shima T, Shiina T, Naitou K, Nakamori H, Shimizu Y. .  Functional roles of capsaicin-sensitive intrinsic neural circuit in the regulation of esophageal peristalsis in rats: in vivo studies using a novel method. .  Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol.306 ( 9 ) G811 - G818   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00250.2013.

    PubMed

▼全件表示

MISC

  • 脊髄排便中枢に着目した排便障害の病態メカニズムの解明

    内藤 清惟, 中森 裕之, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武

    日本病態生理学会雑誌   26 ( 3 )   42 - 47   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本病態生理学会  

    近年、ストレスによる排便障害が注目を集めており、中枢神経系による排便制御メカニズムの解明が求められているが、未だその多くの部分が謎に包まれている。そこで私たちは、これまで特に研究の進んでいなかった脊髄排便中枢に着目することで、中枢神経系による排便制御メカニズムの解明を目指してきた。これまでの研究の成果から、1)モノアミン神経伝達物質であるノルアドレナリン、ドパミン、セロトニンが脊髄排便中枢に作用し、大腸運動を促進すること、2)大腸に与えた侵害刺激によって中枢神経系を介して大腸運動が亢進すること、3)この反応に脊髄排便中枢のドパミンおよびセロトニンが関与すること、が明らかになった。これらのことから、大腸における侵害刺激が脳からの下行性ドパミンおよびセロトニン経路を活性化することで、大腸運動を促進することが示された。本稿では、私たちの研究結果とそこから見えてくる中枢神経系による排便制御メカニズムについて概説する。(著者抄録)

講演・口頭発表等

  • 内藤清惟、植田大海、白石光也、正谷逹謄、中森裕之、堀井和広、椎名貴彦、志水泰武 .  1型メラノコルチン受容体を介した脊髄排便中枢の活性化作用 .  第98回日本生理学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 植田大海、内藤清惟、白石光也、中森裕之、椎名貴彦、志水泰武 .  in vivo大腸運動記録を用いたα-MSHによる排便促進作用メカニズムの検討 .  第10回 名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植田 大海、白石 光也、中森 裕之、椎名 貴彦、志水 泰武、内藤 清惟 .  alpha-melanocyte-stimulating hormone(alpha-MSH)の脊髄内投与による排便促進作用の解析 .  第97回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大分県別府市(別府国際コンベンションセンター)  

  • 植田大海、白石光也、中森裕之、椎名貴彦、志水泰武、内藤清惟 .  脊髄排便中枢におけるα-MSHによる大腸運動促進メカニズムの検討 .  第162回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば国際会議場(茨城県つくば市)  

  • Kazuhiro Horii, Yuka Ehara, Kiyotada Naitou, Hiroyuki Nakamori, Takahiko Shiina, Yasutake Shimizu .  The mechanism of sexually dimorphic responses of colorectal motility by noxious stimulation in rats. .  9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019)  日本生理学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市  

  • Kazuhiro Horii, Yuka Ehara, Kiyotada Naitou, Hiroyuki Nakamori, Takahiko Shiina, Yasutake Shimizu .  Sexually dimorphic regulation of colorectal motility by descending pain inhibitory pathways in rats. .  10th Joint Symposium of Veterinary Research in East Asia  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜市  

  • 堀井和広、江原優花、内藤清惟、中森裕之、椎名貴彦、志水泰武 .  ラットの下行性疼痛抑制経路を介した大腸運動制御における雌雄差 .  第65回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(愛知・名古屋)  

  • 堀井和広, 江原優花, 内藤清惟, 中森裕之, 椎名貴彦, 志水泰武 .  侵害刺激による大腸運動の促進反応に性差がみられるメカニズムの解明 .  第161回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中森 裕之, 内藤 清惟, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラットのモノアミン関連神経核による脊髄排便中枢を介した大腸運動制御 .  第28回日本病態生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Naitou Kiyotada, Shiina Takahiko, Nakamori Hiroyuki, Horii Kazuhiro, Shimizu Yasutake .  Colokinetic effect of somatostatin on the spinal cord in anesthetized rats. .  第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Shiina Takahiko, Horii Kazuhiro, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shimizu Yasutake .  Regulation of esophageal motility by purinergic signaling in rats .  第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Horii Kazuhiro, Ehara Yuka, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake .  Sex-specific regulation of colorectal motility via descending inhibitory pathway in rats .  第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 堀井 和広, 江原 優花, 内藤 清惟, 中森 裕之, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  侵害刺激による大腸運動の促進反応に性差がみられるメカニズムの解明 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

  • Sawada Rika, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Sano Yuuki, Shimaoka Hiroki, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake .  結直腸の糞塊は、ラットにおいてその上下の部位の運動に異なる影響を与える(Fecal pellet at a specific part of the colorectum may differentially affect propulsive motility in upstream and downstream segments in rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

  • 植田 大海, 白石 光也, 中森 裕之, 椎名 貴彦, 志水 泰武, 内藤 清惟 .  脊髄排便中枢におけるα-MSHによる大腸運動促進メカニズムの検討 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2019年8月  (公社)日本獣医学会

  • 内藤 清惟, 中森 裕之, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  脊髄排便中枢におけるソマトスタチンによる大腸運動亢進メカニズムの検討 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 内藤 清惟, 中森 裕之, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  脊髄排便中枢に着目した排便障害の病態メカニズムの解明 .  日本病態生理学会雑誌  2017年7月  日本病態生理学会

  • 佐野 有希, 島岡 弘樹, 内藤 清惟, 中森 裕之, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  非冬眠動物におけるcold-inducible RNA-binding proteinの発現調節 .  日本生理学雑誌  2017年2月  (一社)日本生理学会

  • 内藤 清惟, 中森 裕之, 佐野 有希, 島岡 弘樹, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  中枢神経系による排便制御における下行性モノアミン神経経路の関与 .  日本生理学雑誌  2017年2月  (一社)日本生理学会

  • Ueda Hiromi, Shiraishi Mitsuya, Nakamori Hiroyuki, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake, Naitou Kiyotada .  Alpha-melanocyte-stimulating hormoneの脊髄内投与による排便促進作用の解析(Analysis of the effect of intraspinal administration of alpha-melanocyte-stimulating hormone on colorectal motility) .  The Journal of Physiological Sciences  2020年3月  (一社)日本生理学会

  • Naitou Kiyotada, Shiina Takahiko, Nakamori Hiroyuki, Horii Kazuhiro, Shimizu Yasutake .  Somatostatinが麻酔下ラット脊髄において大腸運動に与える作用(Colokinetic effect of somatostatin on the spinal cord in anesthetized rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2018年3月  (一社)日本生理学会

  • 椎名 貴彦, 嶋 剛士, 堀井 和広, 大橋 錬, 内藤 清惟, 中森 裕之, 堀井 有希, 島岡 弘樹, 志水 泰武 .  カプサイシン感受性局所神経回路によるラット食道横紋筋運動の調節 .  日本病態生理学会雑誌  2017年7月  日本病態生理学会

  • 堀井 和広, 中森 裕之, 内藤 清惟, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  カリウムチャネルを介するラット食道横紋筋の運動制御 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • Shiina Takahiko, Horii Kazuhiro, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shimizu Yasutake .  プリン作動性シグナル伝達によるラットの食道運動の制御(Regulation of esophageal motility by purinergic signaling in rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2018年3月  (一社)日本生理学会

  • Horii Kazuhiro, Ehara Yuka, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake .  ラットにおける侵害刺激による結腸直腸運動性の性的二形性反応に関するメカニズム(The mechanism of sexually dimorphic responses of colorectal motility by noxious stimulation in rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会

  • Shimaoka Hiroki, Kawaguchi Takayuki, Sasaki Kahori, Sano Yuuki, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake .  ラットにおける冬眠様低体温誘導法の確立(Establishment of methods for inducing hibernation-like hypothermia in rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

  • 中森 裕之, 内藤 清惟, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラットにおける脊髄のセロトニン受容体を介した延髄縫線核群による大腸運動制御 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 中森 裕之, 内藤 清惟, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラットのモノアミン関連神経核による脊髄排便中枢を介した大腸運動制御 .  日本病態生理学会雑誌  2018年7月  日本病態生理学会

  • 堀井 和広, 江原 優花, 内藤 清惟, 中森 裕之, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラットの下行性疼痛抑制系を介した大腸運動制御における雌雄差 .  日本生理学雑誌  2019年2月  (一社)日本生理学会

  • Horii Kazuhiro, Ehara Yuka, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake .  ラットの性別特異的な大腸運動制御には下行性抑制経路が介在する(Sex-specific regulation of colorectal motility via descending inhibitory pathway in rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2018年3月  (一社)日本生理学会

  • 堀井 和広, 江原 優花, 中森 裕之, 内藤 清惟, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラットの痛みによる大腸運動制御における脊髄内伝達物質の性差 .  日本病態生理学会雑誌  2018年7月  日本病態生理学会

  • Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Shiina Takahiko, Sano Yuuki, Shimaoka Hiroki, Horii Kazuhiro, Shimizu Yasutake .  ラットの脊髄排便中枢に作用する神経伝達物質の同定(Identification of neurotransmitters acting on the spinal defecation center in rats) .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2017年8月  日本自律神経学会

  • Nakamori Hroyuki, Naitou Kiyotada, Sano Yuuki, Shimaoka Hiroki, Horii Kazuhiro, Shiina Takahiko, Shimizu Yasutake .  ラットの腰仙髄排便中枢のセロトニンが結腸直腸運動を制御する(Serotonin in the lumbosacral defecation center regulates colorectal motility in rats) .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2017年8月  日本自律神経学会

  • 堀井 和広, 中森 裕之, 内藤 清惟, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラットの食道蠕動を解析できるin vivo実験法の確立 .  日本生理学雑誌  2018年2月  (一社)日本生理学会

  • 中森 裕之, 内藤 清惟, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラット延髄縫線核群による脊髄排便中枢を介した大腸運動制御機構 .  日本病態生理学会雑誌  2017年7月  日本病態生理学会

  • 澤田 梨花, 内藤 清惟, 中森 裕之, 堀井 有希, 島岡 弘樹, 堀井 和広, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラット結直腸における部位間相互作用による蠕動運動調節 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 堀井 和広, 中森 裕之, 内藤 清惟, 椎名 貴彦, 志水 泰武 .  ラット食道横紋筋の運動制御に対するカリウムチャネルの関与 .  日本病態生理学会雑誌  2017年7月  日本病態生理学会

  • 椎名 貴彦, 嶋 剛士, 堀井 和広, 大橋 錬, 内藤 清惟, 中森 裕之, 堀井 有希, 島岡 弘樹, 志水 泰武 .  ラット食道横紋筋運動の制御におけるカプサイシン感受性内在神経回路の役割 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • Horii Kazuhiro, Shiina Takahiko, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Sano Yuuki, Shimaoka Hiroki, Shimizu Yasutake .  ラット食道蠕動の中枢メカニズムを調べるために有用な新しいin vivo手法(A novel in vivo method is useful for investigating central mechanisms of esophageal peristalsis in rats) .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2017年8月  日本自律神経学会

  • Horii Kazuhiro, Shiina Takahiko, Naitou Kiyotada, Nakamori Hiroyuki, Sano Yuuki, Shimaoka Hiroki, Shimizu Yasutake .  ラット食道蠕動運動を評価するための新規in vivo実験法の開発(A novel method for evaluating esophageal peristalsis in vivo in rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 中枢神経系による排便制御に関わる脳領域および神経回路の特定とその機能の解析

    2020年4月 - 現在

    科学研究費補助金  若手研究

  • 中枢神経による大腸運動制御機構と排便異常に認められる性差のメカニズム解明

    2020年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 匂いによる排便促進作用の生理的メカニズムの解明

    2020年3月 - 現在

    民間財団等  公益財団法人ロッテ財団第7回(2020年度)研究助成事業「奨励研究助成(A)」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 中枢神経による排便制御における脊髄の神経回路の解析

    2020年3月 - 現在

    民間財団等  上原記念生命科学財団 2019年度研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 脊髄の排便中枢における新たな生理活性物質の網羅的な検索と排便制御メカニズムの解明

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 下行性モノアミン神経による排便制御メカニズムの解明

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 令和2年度岐阜大学大学院共同獣医学研究科学際領域特別演習(特別講演)

    役割:講師, 助言・指導

    2020年8月 - 2020年9月

     詳細を見る

    対象: 大学院生

    種別:講演会

  • 2019年度共同獣医学部オープンキャンパス体験授業

    役割:講師, 実演

    2019年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 保護者

    種別:施設一般公開

  • 2018年度共同獣医学部オープンキャンパス体験授業

    役割:講師, 実演

    2018年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 保護者

    種別:出前授業