2021/06/16 更新

写真a

チバ ノリカ
千葉 紀香
CHIBA Norika
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2007年4月   名古屋大学 )

  • 修士(医科学) ( 2003年3月   名古屋大学 )

  • 学士(理学) ( 2001年3月   静岡大学 )

研究キーワード

  • 骨免疫

  • 気道感染症

  • アレルギー

  • 免疫

研究分野

  • ライフサイエンス / 免疫学  / マスト細胞

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 骨芽細胞

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座   助教

    2017年9月 - 現在

留学歴

  • 2009年1月 - 2017年8月   シダースサイナイメディカルセンター(米国)(Cedars-Sinai Medical Center, US)   博士研究員のちにプロジェクト研究員

 

論文

  • Ohnishi T, Hisadome M, Joji K, Chiba N, Amir MS, Kanekura T, Matsuguchi T .  Ultraviolet B irradiation decreases CXCL10 expression in keratinocytes through endoplasmic reticulum stress. .  Journal of cellular biochemistry   2021年4月

     詳細を見る

  • Seong C.H. .  Bone morphogenetic protein 9 (BMP9) directly induces Notch effector molecule Hes1 through the SMAD signaling pathway in osteoblasts .  FEBS Letters595 ( 3 ) 389 - 403   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:FEBS Letters  

    DOI: 10.1002/1873-3468.14016

    Scopus

    PubMed

  • Nahoko Eiraku, Norika Chiba, Toshiaki Nakamura, Muhammad Subhan Amir, Chang-Hwan Seong, Tomokazu Ohnishi, Joji Kusuyama, Kazuyuki Noguchi, Tetsuya Matsuguchi .  BMP9 directly induces rapid GSK3-β phosphorylation in a Wnt-independent manner through class I PI3K-Akt axis in osteoblasts .  The FASEB Journal33 ( 11 ) 12124 - 12134   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons, Inc.  

    Bone morphogenetic protein (BMP)9 has been reported to be the most potent BMP to induce bone formation. However, the details of BMP9‐transduced intracellular signaling remain ambiguous. Here, we have investigated signal transduction mechanisms of BMP9 in comparison to BMP2, another potent inducer of bone formation, in osteoblasts. In a mouse osteoblast cell line, BMP9 induced higher mRNA levels of alkaline phosphatase (ALP) and runt‐related transcription factor 2 (Runx2) than BMP2 within 2 h. Unlike BMP2, BMP9 induced rapid phosphorylation of glycogen synthase kinase 3‐β (GSK3‐β) and protein kinase B (Akt) and increased the cellular protein content of β‐catenin. BMP9 moderately increased mRNA levels of several canonical Wingless‐related integration site to lower degrees than BMP2. Furthermore, BMP9‐induced GSK3‐β phosphorylation was not inhibited by pretreatment with actinomycin D, cycloheximide, or Brefeldin A, indicating it is independent of Wnt protein secretion. BMP9‐induced GSK3‐β phosphorylation was abrogated by Akt or class I PI3K‐specific inhibitors. Moreover, inactivation of GSK3‐β by LiCl did not further promote ALP and Runx2 mRNA induction by BMP9 as significantly as that by BMP2. Notably, BMP9‐induced GSK3‐β phosphorylation was inhibited by small interfering RNA against endoglin and GIPC PDZ domain‐containing family, member 1. Taken together, our present findings have indicated that BMP9 directly activates GSK3β‐β‐catenin signaling pathway through class I PI3K‐Akt Axis in osteoblasts, which may be essential for the potent osteoinductive activity of BMP9.

    DOI: 10.1096/fj.201900733RR

    Scopus

    PubMed

  • Changfu Yao, Gianni Carraro, Bindu Konda, Xiangrong Guan, Takako Mizuno, Norika Chiba, Matthew Kostelny, Adrianne Kurkciyan, Gregory David, Jonathan L McQualter, Barry R Stripp .  Sin3a regulates epithelial progenitor cell fate during lung development .  Development144 ( 14 ) 2618 - 2628   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Magali Noval Rivas, Youngho Lee, Daiko Wakita, Norika Chiba, Jargalsaikhan Dagvadorj, Kenichi Shimada, Shuang Chen, Michael C Fishbein, Thomas JA Lehman, Timothy R Crother, Moshe Arditi .  CD8+ T Cells Contribute to the Development of Coronary Arteritis in the Lactobacillus casei Cell Wall Extract–Induced Murine Model of Kawasaki Disease .  Arthritis & Rheumatology69 ( 2 ) 410 - 421   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noval Rivas M, Lee Y, Wakita D, Chiba N, Dagvadorj J, Shimada K, Chen S, Fishbein MC, Lehman TJ, Crother TR, Arditi M .  CD8+ T Cells Contribute to the Development of Coronary Arteritis in the Lactobacillus casei Cell Wall Extract-Induced Murine Model of Kawasaki Disease. .  Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)69 ( 2 ) 410 - 421   2017年2月

     詳細を見る

  • Samriddha Ray, Norika Chiba, Changfu Yao, Xiangrong Guan, Alicia M McConnell, Brian Brockway, Loretta Que, Jonathan L McQualter, Barry R Stripp .  Rare SOX2+ Airway Progenitor Cells Generate KRT5+ Cells that Repopulate Damaged Alveolar Parenchyma following Influenza Virus Infection .  Stem cell reports7 ( 5 ) 817 - 825   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norika Chiba, Kenichi Shimada, Shuang Chen, Heather D. Jones, Randa Alsabeh, Anatoly V. Slepenkin, Ellena Peterson, Timothy R. Crother, and Moshe Arditi .  Mast cells play an important role in Chlamydia pneumonia lung infection by facilitating immune cell recruitment into the airway .  The Journal of Immunology194 ( 8 ) 3840 - 3851   2015年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Association of Immunologists  

  • Jupelli M, Shimada K, Chiba N, Slepenkin A, Alsabeh R, Jones HD, Peterson E, Chen S, Arditi M, Crother TR .  Chlamydia pneumonia infection in mice induces chronic lung inflammation, iBALT formation, and fibrosis. .  PLoS ONE   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lee YH, Schulte DJ, Shimada K, Chen S, Crother TR, Chiba N, Fishbein MC, Lehman TJA, Arditi M .  IL-1β is Crucial for Induction of Coronary Artery Inflammation in a Mouse Model of Kawasaki Disease. .  Circulation125 ( 12 ) 1542 - 1550   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Crother TR, Ma J, Jupelli M, Chiba N, Chen S, Slepenkin A, Alsabeh R, Peterson E, Shimada K, Arditi M .  Plasmacytoid Dendritic Cells Play a Role for Effective Innate Immune Responses during Chlamydia pneumoniae Infection in Mice. .  PLoS ONE   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimada K, Crother TR, Karlin J, Dagvadorj J, Chiba N, Chen S, Ramanujan VK, Wolf AW, Vergnes L, Ojcius DM, Rentsendorj A, Vargas M, Guerrero C, Wang Y, Fitzgerald KA, Underhill DM, Town T, Arditi M .  Oxidized Mitochondrial DNA Activates the NLRP3 Inflammasome During Apoptosis. .  Immunity36 ( 3 ) 401 - 414   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimada K, Crother TR, Karlin J, Chen S, Chiba N, Rmanujan VK, Vergnes L, Ojcius DM, Arditi M .  Caspase-1 Dependent IL-1β Secretion Is Critical for Host Defense in a Mouse Model of Chlamydia pneumoniae Lung Infection. .  PLoS ONE   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chiba N., Kakimoto K., Masuda A., Matsuguchi T. .  Functional roles of Cot/Tpl2 in mast cell responses to lipopolysaccharide and FcεRI-clustering. .  Chiba N., Kakimoto K., Masuda A., Matsuguchi T.402 ( 1 ) 1 - 6   2010年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kasai T., Bandow K., Suzuki H., Chiba N., kakimoto K., Ohnishi T., Kawamoto S., Nagaoka E., Matsuguchi T. .  Osteoblast differentiation is functionally associated with decreased AMP kinase activity. .  Journal of Cellular Physiology221 ( 3 ) 740 - 749   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamoto A., Ohnishi T., Bandow K., Kakimoto K., Chiba N., Maeda A., Fukunaga T., Miyawaki S., Matsuguchi T. .  Reduction of orthodontic tooth movement by experimental induced periodontal inflammation in mice. .  European Journal of Oral Science117 ( 3 ) 238 - 247   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuguhi T., Chiba N., Bandow K., Kakimoto K., Ohnishi T .  JNK activity is essential for Aft4 expression and late-stage osteoblast differentiation. .  Journal of Bone and Mineral Research24 ( 3 ) 398 - 410   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chiba N., Masuda A., Yoshikai Y., and Matsuguchi T. .  Ceramide inhibits LPS-induced production of IL-5, IL-10, and IL-13 from mast cells. .  Journal of Cellular Physiology213 ( 1 ) 126 - 136   2007年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Musikacharoen T., Oguma A., Yoshikai Y., Chiba N., Masuda A., and Matsuguchi T. .  Interleukin-15 induces IL-12 receptor beta1 gene expression through PU.1 and IRF3 by targeting Chromatin remodeling. .  Blood105 ( 2 ) 711 - 720   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • LPS刺激によるマスト細胞からのサイトカイン産生機構におけるセラミドの役割

    千葉紀香, 増田章男, 松口徹也

    アレルギー科   15 ( 3 )   220 - 227   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

講演・口頭発表等

  • 千葉紀香, 大西智和, 松口徹也 .  Egr-1 plays an important role in BMP-9-induced osteoblast differentiation .  第61回歯科基礎医学会学術大会  歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 千葉紀香, 大西智和, 松口徹也 .  Chlamydia pneumoniae肺感染におけるマスト細胞の役割 .  第1回南九州歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 千葉紀香, 楠山譲二, 大西智和, 松口徹也 .  クラミジア肺炎時の肺への免疫細胞の浸潤におけるマスト細胞の重要な役割 .  歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 松口 徹也, 千葉 紀香, 楠山 譲二, 大西 智和 .  BMP9の骨芽細胞分化誘導作用におけるPI3K-Akt-GSK3β/β-cateninシグナル経路の重要性 .  歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也, 久留 光博, 榮樂 菜保子, スバン・アミル .  ケラチノサイトにおける紫外線B波長によるインターフェロンγ反応性の阻害はERストレスを介する .  日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Norika Chiba, Xiangrong Guan, Changfu Yao, Jonathan McQualter, Samriddha Ray, Barry R Stripp .  Cytokines regulate progenitor cell expansion in lung parenchyma post H1N1 flu infection. .  Lung repair and regeneration consortium annual meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Norika Chiba, Changfu Yao, Xiangrong Guan, Samriddha Ray, Barry R Stripp .  Immune-related signaling in club cells regulates progenitor cell expansion in lung parenchyma post H1N1 flu infection .  Lung repair and regeneration consortium annual meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Norika Chiba, Kenichi Shimada, Shuang Chen, Randa Alsabeh, Anatoly Slepenkin, Ellena Peterson, Timothy R Crother, Moshe Aiditi .  Mast cells play an important role in Chlamydia pneumoniae lung infection by facilitating immune cell recruitment into the airway. .  LA immunology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Norika Chiba, Kenichi Shimada, Shuang Chen, Anatoly V Slepenkin, Ellena Peterson, Timothy R Crother, Moshe Arditi .  Mast cells play an important role in Chlamydia pneumoniae-induced murine lung inflammation. .  Chlamydia basic research society sixth biennial meeting.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Norika Chiba, Kenichi Shimada, Timothy R Crother, Shuang Chen, Randa Alsabeh, Moshe Arditi .  Mast cells are required for proper immune responses against Chlamydia pneumoniae lung infection .  LA immunology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Timothy R Crother, Jun Ma, Madhulika Jupelli, Norika Chiba, Randa Alsabeh, Kenichi Shimada, Moshe Arditi .  Plasmacytoid dendritic cells orchestrate innate immune responses during Chlamydia pneumoniae infection in mice. .  LA immunology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Norika Chiba, Kenichi Shimada, Shuang Chen, Randa Alsabeh, Moshe Arditi .  The role of mast cells during Chlamydia pneumoniae lung infection. .  Gordon Research Conference  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Timothy R Crother, Jun Ma, Kenichi Shimada, Randa Alsabeh, Norika Chiba, Moshe Arditi .  Plasmacytoid dendritic cells are required to direct an effective Th1 response to Chlamydia pneumoniae infection in mice .  Gordon Research Conference  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Norika Chiba, Akio Masuda, Yasunobu Yoshikai, Tetsuya Matsuguchi .  Functional role of Cot/Tpl-2 mast cell responses to lipopolysaccharide and FceRI-clustering. .  日本免疫学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Tomokuzu Ohnishi, Kenjiro Bandow, Kyoko Kakimoto, Norika Chiba, Tetsuya Matsuguchi .  Effect of high glucose on mechanical stress-induced responses in osteoblast. .  日本分子生物学会年会・日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Kenjiro Bandow, Kyoko Kakimoto, Tomokuzu Ohnishi, Norika Chiba, Tetsuya Matsuguchi .  Functional role of AMP-activated protein kinase (AMPK) in Chondrocytes. .  日本分子生物学会年会・日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Kenjiro Bandow, Tomokuzu Ohnishi, Kyoko Kakimoto, Norika Chiba, Tetsuya Matsuguchi .  Effect of low intensity pulsed ultrasound (LIPUS) on transient receptor potential canonical (TPRC) expression in murine osteoblasts. .  日本分子生物学会年会・日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Kyoko Kakimoto, Norika Chiba, Kenjiro Bandow, Tomokuzu Ohnishi, Tetsuya Matsuguchi .  Effect of Cot/Tpl-2 on IL-12/23/27 production by LPS-stimulated murine macrophages. .  日本分子生物学会年会・日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Tetsuya Matsuguchi, Norika Chiba, Kenjiro Bandow, Kyoko Kakimoto, Tomokuzu Ohnishi .  The role of JNK during osteoblast differentiation. .  日本分子生物学会年会・日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Norika Chiba, Akio Masuda, Yasunobu Yoshikai, Tetsuya Matsuguchi .  The role of Ceramide in LPS-induced cytokine production by mast cells. .  日本免疫学会総会・学術集会  日本免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  解糖阻害は初期分化段階の初代骨芽細胞においてユビキチン-プロテアソーム系を介してアポトーシスタンパク質の発現を増加させる .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 成 昌奐, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  All-transレチノイン酸はHes1を介して骨芽細胞のTnfrsf11b mRNA発現低下を誘導する .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 千葉 紀香, 大西 智和, 松口 徹也 .  BMP-9による骨芽細胞分化におけるEgr-1の役割の解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 千葉 紀香, 成 昌奐, 大西 智和, 松口 徹也 .  BMP-9骨分化誘導シグナル伝達における転写因子Egr-1の重要な役割 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 榮樂 菜保子, 千葉 紀香, 大西 智和, 中村 利明, 松口 徹也, 野口 和行 .  BMP9のClass1 PI3K-Akt経路を介した直接的な骨芽細胞分化誘導 .  日本歯周病学会会誌  2019年10月  (NPO)日本歯周病学会

  • 松口 徹也, 千葉 紀香, 楠山 譲二, 大西 智和 .  BMP9の骨芽細胞分化誘導作用におけるPI3K-Akt-GSK3β/β-cateninシグナル経路の重要性 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 松口 徹也, 千葉 紀香, 成 昌奐, 大西 智和 .  BMP9刺激によって誘導されるHif-1αは解糖系酵素PDK1の発現を介して骨芽細胞分化に必須の役割を果たす .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 成 昌奐, 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  BMP9誘導性骨芽細胞分化におけるNotchエフェクター分子Hes1の発現機構および機能的意義の解明(Bone morphogenetic protein 9(BMP 9) induces the expression of Hes1 in osteoblasts: Analyses of its molecular mechanisms and functional roles) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 成 昌奐, 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  Notchエフェクター分子Hes1のBMP9誘導性骨芽細胞分化における発現機構および機能的意義の解明(Elucidation of molecular mechanisms and functional roles of Notch signaling molecule Hes1 in BMP9-induced osteoblast differentiation) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 松口 徹也, 千葉 紀香, 成 昌奐, 大西 智和 .  低酸素誘導因子Hif-1α蛋白は骨芽細胞のBMP9刺激により早期に誘導され、解糖系酵素PDK1の発現を介して骨芽細胞分化に重要な役割を果たす .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 抗アレルギー治療新規ターゲット分子としてのMAPキナーゼフォスファターゼの解析

    2018年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    千葉紀香、松口徹也, 大西智和

  • 骨代謝におけるマスト細胞の役割の解明

    2008年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)