Updated on 2023/11/15

写真a

 
KATSUMATA Tamaki
 
Organization
Research Field in Dentistry, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course Oral and Maxillofacial Rehabilitation Assistant Professor
Title
Assistant Professor

Degree

  • Doctor of Philosophy in Dental Science ( 2022.3   Kagoshima University )

  • 学士(歯学) ( 北海道大学 )

Research Interests

  • 口腔細菌

  • 接着

Research Areas

  • Life Science / Conservative dentistry  / Streptococcus mutans

  • Life Science / Conservative dentistry

Education

  • Kagoshima University   Medical and Dental Science

    2017.4 - 2022.3

      More details

    Country: Japan

  • 鹿児島大学大学院   医歯学総合研究科   博士課程 先進治療科学専攻

    2017.4 - 2022.3

  • Hokkaido University

    - 2010.3

      More details

    Country: Japan

Research History

  • Kagoshima University   Assistant Professor

    2022.9

  • Kagoshima University   Medical and Dental Hospital, Medical and Dental Sciences Area Medical and Dental Hospital Clinical Center Advanced Dentistry Center   Assistant Professor

    2017.7 - 2022.9

Professional Memberships

  • 日本接着歯科学会

    2023.10

  • 日本歯内療法学会

    2023.6

  • 日本細菌学会

    2018.3

  • 日本歯科保存学会

    2017.1

  • 日本再生歯科医学会

    2017.1

Qualification acquired

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

  • Dentist

 

Papers

  • Comprehensive characterization of sortase A-dependent surface proteins in Streptococcus mutans .  Microbiology and Immunology66 ( 3 ) 145 - 156   2022.3Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Microbiology and Immunology  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12958

    Scopus

    PubMed

  • 勝俣環,西谷佳浩 .  Streptococcus mutansの菌体表層タンパク質の働き .  鹿児島県歯科医師会報TEETHFUL168 ( 747 ) 10 - 12   2023.11Streptococcus mutansの菌体表層タンパク質の働きInvited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  • 星加 知宏, 勝俣 愛一郎, 丁 群展, 西谷 登美子, 高 裕子, 勝俣 環, 根本 章, 伊藤 誠之, 岩田 知幸, 林 宏昌, 永山 雅大, 永山 祥子, 西谷 佳浩 .  新規覆髄剤の細胞増殖ならびに象牙質剪断接着強さへの影響について .  日本歯科保存学雑誌62 ( 4 ) 208 - 214   2019.8新規覆髄剤の細胞増殖ならびに象牙質剪断接着強さへの影響について

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本歯科保存学会  

    目的:覆髄剤として水酸化カルシウム製剤やmineral trioxide aggregate(MTA)等が用いられるが,これらの覆髄剤には歯質や修復物に対する接着性はなく,修復治療後の強度や微小漏洩のリスクが存在する.そこで本研究では歯質接着性を有する覆髄剤の開発を目的として,MTAの主成分であるポルトランドセメントにレジンを添加した新規覆髄剤と市販の覆髄剤を比較・検討した.材料と方法:ポルトランドセメントとメタクリル酸2-ヒドロキシプロピルを配合した新規覆髄剤(PCX-TBB,サンメディカル)を実験に供し,市販の覆髄剤であるセラカルLC(BISCO Dental Products,USA)およびダイカル(Dentsply Sirona,USA)を比較対象とした.各材料のディスクを作製後,蒸留水中に浸漬し,24,48,72時間ごとに水を交換しつつ,pHおよびカルシウムイオン濃度を測定した.次に,ヒト歯髄由来細胞DPCs(Dental Pulp Cells,AD010-F-RA,DV Biologics)を24穴プレートに播種・培養後,ディスクとDPCsを共培養した.その後,培養24,48,72時間後に細胞数を測定した.また新鮮ウシ抜去下顎前歯30本を用い,研削した象牙質面を被着面とし,その半数の象牙質試料を脱灰させ,脱灰象牙質として被着面に用いた.象牙質に内径2.6mmのモールドを設置し,モールド内に各種覆髄剤を填入・硬化させた.その後,接着試料体に対し,剪断接着試験を行った.成績:すべての覆髄剤において蒸留水中のpHは10.5以上を示した.また,すべての時間でPCX-TBB,セラカルLCはともにダイカルよりカルシウムイオン徐放積算値は有意に高く,72時間後ではPCX-TBBが最も高い値を示した.細胞増殖への影響については,コントロール群と比較した場合,各覆髄剤群での細胞数は有意に低く,72時間ではコントロール群に次いでPCX-TBB群が多く,セラカルLC・ダイカルでは細胞数は有意に少なかった.ウシ象牙質との剪断接着強さにおいて,PCX-TBBは健全・脱灰象牙質条件いずれにおいても,ほかの材料と比較して有意に高い値を示した.またPCX-TBBとセラカルLCでは健全象牙質と比較し,脱灰象牙質で有意に高い剪断強さを示した.一方,ダイカルでは健全象牙質・脱灰象牙質条件ともに低い値を示した.結論:本研究によりPCX-TBBは,現在市販されている覆髄剤と同程度の高いpHをもちながら,それらの製品以上のカルシウム徐放性を有し,歯質との接着性のある覆髄剤となりうる可能性を示した.今後,成分分析やEDXなどのさらなる物性の確認や歯髄組織などへの影響を検討するとともに,接着試料の長期経過後の観察などを行う予定である.(著者抄録)

  • Yamashita T, Kawada-Matsuo M, Katsumata T, Watanabe A, Oogai Y, Nishitani Y, Miyawaki S, Komatsuzawa H. .  Antibacterial activity of disodium succinoyl glycyrrhetinate, a derivative of glycyrrhetinic acid against Streptococcus mutans .    63 ( 7 ) 251 - 260   2019.7

     More details

  • Aiichiro KATSUMATA, Tamaki KATSUMATA, Shuhei HOSHIKA, Tomohiro HOSHIKA, Tomiko NISHITANI, Takehiro YAJIMA, Tadasu SATO, Hiroyuki ICHIKAWA, Hidehiko SANO, and Yoshihiro NISHITANI. .  Dentin Bond Strength of the Universal Adhesives using the Colloidal Platinum Nanoparticles .  Journal of Oral Tissue Engineering.   2017Dentin Bond Strength of the Universal Adhesives using the Colloidal Platinum NanoparticlesReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Aiichiro KATSUMATA, Pipop SAIKAEW, Shihchun Ting, Tamaki KATSUMATA, Tomohiro HOSHIKA, Hidehiko SANO, Yoshihiro NISHITANI. .  Microtensile Bond Strength Bonded to Dentin of a Newly Universal Adhesive. .  Journal of Oral Tissue Engineering.   2017Microtensile Bond Strength Bonded to Dentin of a Newly Universal Adhesive. Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Presentations

  • Tamaki Katsumata12, Miki Kawada-Matsuo2, Yoshihiro Nishitani1, Hitoshi Komatsuzawa2   Streptococcus mutans のもつSortase依存性菌体表層タンパク質の解析  

    第92回日本細菌学会総会 

     More details

    Event date: 2019.4

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:札幌  

  • 勝俣 環, 根本 章, 髙 裕子, 西谷登美子, 丁 群展, 永山祥子, 勝俣愛一郎, 星加知宏, 西谷佳浩   亜鉛ガラス含有グラスアイオノマーセメントに対する Streptococcus mutans初期付着性   

    第149回日本歯科保存学会学術大会  

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:京都  

  • 星加 知宏,池田 正臣,高 裕子,西谷 登美子,勝俣 環,永山 祥子,勝俣 愛一郎,保坂 啓一,田上 順次,西谷 佳浩.   ピロリドンカルボン酸を配合した新規歯磨剤の根面う蝕抑制効果に関する研究  

    第149回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:京都  

  • 西谷登美子,星加知宏,勝俣愛一郎,丁 群展,林 宏昌,勝俣 環,永山祥子,西谷佳浩   試作覆髄剤の象牙質剪断接着強さ  

    第148回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:横浜  

  • 星加知宏,勝俣愛一郎,丁 群展,勝俣 環,西谷登美子,永山祥子,西谷佳浩   MMPS活性抑制効果を持つ接着システムの象牙質に対する影響について  

    第148回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:横浜  

  • 勝俣環   S. mutansにおけるSortase依存性タンパク質のコンポジットレジンへの付着の影響  

    第10回 歯系研究発表会  鹿児島大学学術研究院医歯学総合研究科 口腔先端科学教育研究センター

     More details

    Event date: 2018.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島大学桜ヶ丘キャンパス鶴陵会館大ホール  

  • 丁 群展,西谷登美子,髙 裕子,勝俣 環,達山祥子,勝俣愛一郎,星加知宏,西谷佳浩   各種覆髄剤がヒト歯髄由来細胞の増殖に及ぼす影響  

    第15回日本再生歯科医学会大会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 星加知宏,勝俣愛一郎,丁 群展,勝俣 環,西谷佳浩   新規接着性レジンシステムを用いた象牙質とコンポジットレジンの微小引張接着強さについて  

    第147回 日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 勝俣愛一郎,星加知宏,丁 群展,勝俣 環,西谷佳浩   新規亜鉛含有バイオアクティブガラスによる象牙質脱灰抑制効果の検討   

    第147回 日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 星加知宏,勝俣愛一郎,勝俣 環,西谷佳浩   新規接着性レジンセメントを用いた象牙質とレジンブロックの微小引張接着強さについて  

    第146回日本歯科保存学会学術大会 

     More details

    Event date: 2017.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:aomori  

  • 勝俣 環,勝俣愛一郎,星加知宏,梶原武弘,佐野英彦,西谷佳浩   白金ナノコロイドを用いたユニバーサルボンドの象牙質接着強さ  

    第14回日本再生歯科医学会学術大会 

     More details

    Event date: 2017.2

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:sapporo  

  • 勝俣 環, 松尾 美樹[川田], 西谷 佳浩, 小松澤 均   Streptococcus mutansにおけるsortase依存性細胞表面タンパク質の分析(Analysis of Sortase-dependent cell surface protein in Streptococcus mutans)  

    日本細菌学雑誌  2019.3  日本細菌学会

     More details

    Language:English  

  • 星加 知宏, 池田 正臣, 高 裕子, 西谷 登美子, 勝俣 環, 永山 祥子, 勝俣 愛一郎, 西谷 佳浩   ピロリドンカルボン酸を配合した歯磨剤の根面う蝕抑制効果に関する研究(第2報)  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2022.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

  • 勝俣 愛一郎, 星加 知宏, 永山 祥子, 高 裕子, 西谷 登美子, 宮下 桂子, 勝俣 環, 三浦 滉毅, 西谷 佳浩   ポルトランドセメント配合TBBレジンを逆根管充填に用いた1症例  

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2022.10  (NPO)日本歯科保存学会

     More details

    Language:Japanese  

▼display all

Awards

  • 第10回 歯系研究発表会 コンペティション部門・大学院生 優秀発表者

    2018.2   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター   S. mutansにおけるSortase依存性タンパク質のコンポジットレジンへの付着の影響

    勝俣環

     More details

    Country:Japan

  • 第10回歯系研究発表会,大学院生発表優秀賞

    鹿児島大学学術研究院医歯学総合研究科口腔先端科学教育研究センター   S. mutansにおけるSortase依存性タンパク質のコンポジットレジンへの付着の影響

    勝俣環

Research Projects

  • ミュータンスレンサ球菌表層タンパクの病原性解析に基づくう蝕予防法の開発

    2019.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4290000

  • ミュータンスレンサ球菌表層タンパクの病原性解析に基づく齲蝕予防法の開発

    Grant number:19K19033  2019.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    勝俣 環

      More details

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    令和3年度は育児休業取得により研究を中断している状態であった。(中断期間:令和元年12月2日から令和4年3月31日まで)

 

Teaching Experience

  • 総合歯科学(歯科保存学分野)

    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Undergraduate (specialized)  Country:Japan

  • 臨床実習II(保存科)

    Institution:鹿児島大学

  • 臨床実習I(保存科)

    Institution:鹿児島大学

  • 臨床予備実習(保存科)

    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Undergraduate (specialized)  Country:Japan

  • 歯科保存学(実習)

    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Undergraduate (specialized)