2021/07/28 更新

写真a

タナカ マサカズ
田中 正和
TANAKA Masakazu
所属
医歯学域ヒトレトロウイルス学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(医学) ( 2003年3月   京都大学 )

  • 修士(医科学) ( 1999年3月   筑波大学 )

  • 学士(農学) ( 1996年3月   明治大学 )

研究キーワード

  • 宿主生体応答(HTLV-1感染・リン酸化反応)

  • ウイルス感染及び発症予防ワクチンの解析

  • HTLV-1疾患モデル動物の構築ならびに発症メカニズムの解析

研究分野

  • ライフサイエンス / ウイルス学

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター   准教授

    2019年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本HTLV-1学会

    2013年4月 - 現在

  • 日本癌学会

    1997年4月 - 現在

  • 日本ウイルス学会

    1996年4月 - 現在

 

論文

  • Kodama D, Tanaka M, Matsuzaki T, Nozuma S, Matsuura E, Takashima H, Izumo S, Kubota R. .  Anti-human T-cell Leukemia virus type 1 (HTLV-1) antibody assays in cerebrospinal fluid for the diagnosis of HTLV-1 associated myelopathy/tropical spastic paraparesis .  Journal of Clinical Microbiology59 ( 5 )   2021年5月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Clinical Microbiology  

    DOI: 10.1128/JCM.03230-20

    Scopus

    PubMed

  • Daisuke Kodama, Masakazu Tanaka, Toshio Matsuzaki, Kimiko Izumo, Nobuaki Nakano, Eiji Matsuura, Mineki Saito, Masahiro Nagai, Masahisa Horiuchi, Atae Utsunomiya, Hiroshi Takashima, Ryuji Kubota, Shuji Izumo .  Inhibition of ABL1 tyrosine kinase reduces HTLV-1 proviral loads in peripheral blood mononuclear cells from patients with HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis .  PLoS neglected tropical diseases14 ( 7 ) e0008361   2020年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 古園 麻衣, 松元 陸, 眞弓 芳子, 田代 雄一, 荒田 仁, 山野 嘉久, 田中 正和, 久保田 龍二, 松浦 英治, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症における疾患進行の予測因子 .  NEUROINFECTION25 ( 1 ) 146 - 149   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経感染症学会  

    HAM患者データベース『HAMねっと』に登録されている527例において、疾患進行速度の予測因子としての初発症状の意義を検討した。初発症状は歩行障害、下肢感覚障害、排尿障害の三分類とした。初発症状の出現から車椅子使用レベルである納の運動障害重症度分類(OMDS)でGrade 6にいたるまでの期間を疾患進行速度の指標とした。検討の結果、初発症状が下肢感覚障害であれば有意に急速で、排尿障害であれば有意に緩徐であった。初発症状は疾患進行の予測因子であることを確認した。また、初発症状が排尿障害である例は男女ともに若年発症の傾向があった。若年で排尿障害を呈する患者にはHTLV-1(Human T-lymphotropic virus type 1)感染を積極的に疑い、抗炎症治療の対象となるか検討することが求められる。(著者抄録)

  • Norihiro Takenouchi, Masakazu Tanaka, Teruaki Sato, Jinchun Yao, Jun-Ichi Fujisawa, Shuji Izumo, Ryuji Kubota, Eiji Matsuura .  Expression of TSLC1 in patients with HAM/TSP .  Journal of Neurovirology26 ( 3 ) 404 - 414   2020年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miwa M, Hanai S, Yamashita S, Tanaka M, Uchida K. .  Drosophila melanogaster as a model for understanding polyADP-ribosylation. .  Front Biosci (Landmark Ed)25   118 - 133   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 古園 麻衣, 髙嶋 博, 松元 陸, 眞弓 芳子, 田代 雄一, 荒田 仁, 山野 嘉久, 田中 正和, 久保田 龍二, 松浦 英治 .  HTLV-1 関連脊髄症における疾患進行の予測因子 .  神経感染症25 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経感染症学会  

    <p>【要旨】HAM 患者データベース『HAM ねっと』に登録されている 527 例において、疾患進行速度の予測因子としての初発症状の意義を検討した。初発症状は歩行障害、下肢感覚障害、排尿障害の三分類とした。初発症状の出現から車椅子使用レベルである納の運動障害重症度分類(OMDS)で Grade 6 にいたるまでの期間を疾患進行速度の指標とした。検討の結果、初発症状が下肢感覚障害であれば有意に急速で、排尿障害であれば有意に緩徐であった。初発症状は疾患進行の予測因子であることを確認した。また、初発症状が排尿障害である例は男女ともに若年発症の傾向があった。若年で排尿障害を呈する患者には HTLV-1(Human T-lymphotropic virus type 1)感染を積極的に疑い、抗炎症治療の対象となるか検討することが求められる。</p>

    DOI: 10.34397/jsnd.25.1_146

  • Tanaka M, Kawazu Y, Yoshida T, Konishi T, Takenouchi N, Miwa M. .  Effects of radiation based on whole-body irradiation in HTLV-1-infected mice. .  J Radiat Res.60 ( 5 ) 710 - 713   2019年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Radiation Research  

    DOI: 10.1093/jrr/rrz050

    Scopus

    PubMed

  • Tanaka M, Tanaka K, Ida C, Oue A, Yamashita S, Yao J, Takenouchi N, Miwa M. .  Conflicting effects of poly(ADP-ribose)polymerase inhibitor on cell-mediated and virion-mediated HTLV-1 infection. .  Virus Res.270   197653   2019年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virus Research  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2019.197653

    Scopus

    PubMed

  • Yao J, Tanaka M, Takenouchi N, Ren Y, Lee SI, Fujisawa JI. .  Induction of APOBEC3B cytidine deaminase in HTLV-1-infected humanized mice. .  Exp Ther Med.17 ( 5 ) 3701 - 3708   2019年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm.2019.7375

    PubMed

  • Yamashita S, Tanaka M, Nodono H, Hamada A, Hamada T, Hasegawa M, Nishi Y, Moss J, Miwa M. .  Human alcohol dehydrogenase 1 is an acceptor protein for polyADP-ribosylation. .  Biochem Pharmacol.167   27 - 32   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical Pharmacology  

    DOI: 10.1016/j.bcp.2019.03.037

    Scopus

    PubMed

  • S. Yamashita, M. Tanaka, T. Sato, C. Ida, N. Ohta, T. Hamada, T. Uetsuki, Y. Nishi, J. Moss, M. Miwa. .  Effect of mild temperature shift on poly(ADP-ribose) and γH2AX levels in cultured cells .  Biochem Biophys Res Commun.476   594 - 599   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AF. Mu, M. Li, M. Tanaka, Y. Adachi, TT. Tai, PH. Liem, S. Izawa, K. Furuyama, S. Taketani. .  Enhancements of the production of bilirubin and the expression of globin by carbon monoxide during erythroid differentiation. .  FEBS letters590   1447 - 1454   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • C. Ida, S. Yamashita, M. Tsukada, T. Eguchi, M. Tanaka, S. Ogata, T. Fujii, Y. Nishi, S. Ikegami, J. Moss, M. Miwa. .  An enzyme-linked immunosorbent assay-based system for determining the physiological level of poly(ADP-ribose)in cultured cells. .  Analtical Biochemistry494   76 - 81   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miwa M, Ida C, Yamashita S, Tanaka M, Fujisawa J .  Poly(ADP-ribose): Structure, Physicochemical Properties and Quantification In Vivo, with Special Reference to Poly(ADP-ribose) Binding Protein Modules. .  Current protein & peptide science17 ( 7 ) 683 - 692   2016年

  • Miwa M, Honjo S, You G, Tanaka M, Uchida K, Srivatanakul P, Khuhaprema T, Loilome W, Techasen A, Wongkham C, Limpaiboon T, Yongvanit P, Wongkham S .  Genetic and environmental determinants of risk for cholangiocarcinoma in Thailand. .  World journal of gastrointestinal pathophysiology5 ( 4 ) 570 - 8   2014年11月

     詳細を見る

  • Miwa Masanao, You Gyokukou, Tanaka Hideaki, Taniguchi Seigo, Fujii Takahiro, Kamemura Kazuo, Suzaki Masafumi, Isono Takahiro, Tooyama Ikuo, Tanaka Masakazu, Srivatanakul Petcharin, Viwatthanasittiphong Chutiwan, Sangrajrang Suleeporn, Khuhaprema Thiravud .  胆管癌の新たなバイオマーカーの解析(Analysis of new biomarkers for cholangiocarcinoma) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences21 ( 6 ) 397 - 398   2014年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    タイ北東部在住の胆管癌患者48例と性別・年齢を一致させた健康対照48例から採取した血清を用いて、早期ステージの胆管癌を検出する新規手法を開発した。血清蛋白質の糖部分を8-アミノ-1,3,6-ピレントリスルホン酸で蛍光標識し、DNAシークエンサで解析した。その結果、胆管癌患者の血清から新たなピーク(ピークB)が検出された。ピークBは、胆管癌患者の50%、健常対照の6.3%で検出され、この差は統計的に有意であった。ピークBは胆管癌の有望なバイオマーカーであることが示唆された。

  • Miwa M, You G, Tanaka H, Taniguchi S, Fujii T, Kamemura K, Suzaki M, Isono T, Tooyama I, Tanaka M, Srivatanakul P, Viwatthanasittiphong C, Sangrajrang S, Khuhaprema T .  Analysis of new biomarkers for cholangiocarcinoma. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences21 ( 6 ) 397 - 8   2014年6月

     詳細を見る

  • Tezuka K, Xun R, Tei M, Ueno T, Tanaka M, Takenouchi N, Fujisawa J .  An animal model of adult T-cell leukemia: humanized mice with HTLV-1-specific immunity. .  Blood123 ( 3 ) 346 - 55   2014年1月

  • K.Tezuka, R. Xun, M. Tei, T. Ueno, M. Tanaka, N. Takenouchi, JI. Fujisawa. .  An animal model of adult T-cell leulemia: humanized mice with HTLV-1-specific immunity. .  Blood123 ( 3 ) 397 - 355   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zeng Lu, You Gyokukou, Tanaka Hideaki, Srivatanakul Petcharin, Ohta Emi, Viwatthanasittiphong Chutiwan, Matharit Mantana, Chenvidhya Dhiraphol, Jedpiyawongse Adisorn, Tanaka Masakazu, Fujii Takahiro, Sripa Banchob, Ohshima Kazuhiko, Miwa Masanao, Honjo Satoshi .  DNA修復蛋白質遺伝子と代謝酵素遺伝子の多型が肝内胆管癌リスクに及ぼす複合的影響(Combined Effects of Polymorphisms of DNA-repair Protein Genes and Metabolic Enzyme Genes on the Risk of Cholangiocarcinoma) .  Japanese Journal of Clinical Oncology43 ( 12 ) 1190 - 1194   2013年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oxford University Press  

    炎症関連デオキシリボ核酸損傷の多様な修復能を有する塩基除去修復酵素遺伝子多型が重要な役割を果たす可能性、代謝酵素の多型が同時に存在することにより、それら遺伝子が及ぼす影響の可能性について検討した。87-94の症例-対照ペアにおける8-oxoguanine glycosylase 1 Ser326Cysのヒト相同体、X線修復交差相補蛋白質1 Arg194Trp、Arg280HisおよびArg399Gln、poly(adenosine diphosphate ribose)polymerase 1 Val762Alaを含む、3遺伝子の非同義語一塩基多型5種の遺伝子を決定し、それらの多型と肝内胆管癌リスクとの関係性について検討した。肝内胆管癌リスクとの評価可能な関連性がある多型はひとつもなかった。Glutathione-S-transferases mu 1多型も合わせて考慮した場合、8-oxoguanine glycosylase 1 codon 326多型のヒト相同体はリスク低減と関連しており、オッズ比は、8-oxoguanine glycosylase 1 Ser/Serのヒト相同体およびglutathione-S-transferase mu 1 wild、Ser/Serおよびglutathione-S-transferase mu 1 null、Ser/CysまたはCys/Cysおよびglutathione-S-transferase mu 1 wild、Ser/CysまたはCys/Cysおよびglutathione-S-transferase mu 1 nullの保因者でそれぞれ1.00、0.06、0.06、0.14であった。抗Opisthorchis viverrini抗体、喫煙および飲酒の有無についてさらに調整しても、リスク低減に変化はなかった。デオキシリボ核酸修復遺伝子多型とglutathione-S-transferaseの他の組合せは、肝内胆管癌リスクと関連していなかった。8-oxoguanine glycosylase 1のヒト相同体デオキシリボ核酸修復遺伝子の能力低下は、大きく損傷した細胞が悪性転換前に死滅した場合に、リスク低減と関連している可能性が示唆された。

  • Tsuda Masataka, Tanaka Masakazu, Mushiake Masatoshi, Takahashi Jun, Tanaka Koji, Watase Joji, Fujisawa Jun-ichi, Miwa Masanao .  DNA損傷を要しないセントロソーム増幅の新たな経路(Novel pathway of centrosome amplification that does not require DNA lesions) .  Cancer Science103 ( 2 ) 191 - 196   2012年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    CHO-K1細胞を用いて、3-アミノベンズアミド(3-AB)によるセントロソーム増幅誘導のDNA損傷依存性を調べた。N-メチル-N'-ニトロ-N-ニトロソグアニジン(MNNG)および3-ABはセントロソーム増幅を誘導した。γ-H2AX分析およびアルカリコメットアッセイにてMNNGによるDNA損傷および細胞周期停止が観察されたが、3-ABでは観察されなかった。umu試験にてMNNGは変異原性を示し、3-ABは示さなかった。MNNGは血管拡張性失調症変異タンパクの核蓄積を誘導したが、3-ABは誘導しなかった。以上のように、3-AB処理によるセントロソーム増幅とDNA損傷との関連を見出せなかった。DNA損傷を必要としないセントロソーム増幅経路として、エピジェネティックな変化またはポリADP-リボシル化などの翻訳後修飾の制御を介する経路が考えられた。

  • Tsuda M, Tanaka M, Mushiake M, Takahashi J, Tanaka K, Watase J, Fujisawa J, Miwa M .  Novel pathway of centrosome amplification that does not require DNA lesions. .  Cancer science103 ( 2 ) 191 - 6   2012年2月

  • Tanaka M, Nitta T, Sun B, Fujisawa JI, Miwa M .  Route of primary HTLV-1 infection regulates HTLV-1 distribution in reservoir organs of infected mice. .  Experimental and therapeutic medicine2 ( 1 ) 89 - 93   2011年1月

     詳細を見る

  • Tanaka M, Sun B, Tezuka K, Fujisawa J, Tanaka Y, Hoshino H, Miwa M .  Neuraminidase enhances the initial steps of human T-cell leukemia virus type 1 replication. .  Microbes and infection12 ( 2 ) 119 - 25   2010年2月

  • Tanaka M, Nitta T, Yoshida T, Konishi T, Kawazu Y, Fujisawa J, Miwa M .  Clonal proliferation of HTLV-1-infected cells is associated with spontaneous malignant tumor formation in mice. .  International journal of oncology35 ( 4 ) 701 - 7   2009年10月

     詳細を見る

  • NITTA Takayuki, TANAKA Masakazu, SUN Binlian, SUGIHARA Eiji, KIMURA Mako, KAMADA Yuhei, TAKAHASHI Hideto, HANAI Shuji, JIANG Shi-Wen, FUJISAWA Jun-ichi, MIWA Masanao .  Reduction of human T-cell leukemia virus type-1 infection in mice lacking nuclear factor-κB-inducing kinase .  Cancer science99 ( 5 ) 872 - 878   2008年5月

  • Nitta Takayuki, Tanaka Masakazu, Sun Binlian, Sugihara Eiji, Kimura Mako, Kamada Yuhei, Takahashi Hideto, Hanai Shuji, Jiang Shi-Wen, Fujisawa Jun-ichi, Miwa Masanao .  核因子κB誘導性キナーゼ欠損マウスにおけるヒトT細胞白血病1型ウイルス感染性の低下(Reduction of human T-cell leukemia virus type-1 infection in mice lacking nuclear factor-κB-inducing kinase) .  Cancer Science99 ( 5 ) 872 - 878   2008年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    ヒトTリンパ球向性ウイルス1(HTLV-1)は成人T細胞白血病を発症させ、標準的でない経路を介してNF-κB誘導性キナーゼ(NIK)を活性化するが、in vivoでのHTLV-1感染細胞の増殖におけるNIKの役割は明らかではない。リンパ形成不全(aly/aly)マウスはNIK変異を起こしており、リンパ器官の発生を欠損し、重篤な液性、細胞性免疫不全を引き起こすので、aly/alyマウスをHTLV-1感染モデル動物として使用した。aly/alyマウスをHTLV-1感染させると、貯蔵器官におけるHTLV-1感染細胞数は正常対照マウスに比べて有意に低下していた。aly/alyマウスでは1年間プロウイルスが存続できず、HTLV-1に対する抗体も検出されなかった。NIKの機能的欠損によってHTLV-1の増殖が阻害され、プロウイルスの存続が阻まれたと考えられるので、二次リンパ器官におけるHTLV-1感染細胞のクローン性増殖がHTLV-1の存続に重要であることが示唆された。

  • Nitta T, Tanaka M, Sun B, Sugihara E, Kimura M, Kamada Y, Takahashi H, Hanai S, Jiang SW, Fujisawa J, Miwa M .  Reduction of human T-cell leukemia virus type-1 infection in mice lacking nuclear factor-kappaB-inducing kinase. .  Cancer science99 ( 5 ) 872 - 8   2008年5月

  • NITTA Takayuki, KANAI Masayuki, SUGIHARA Eiji, TANAKA Masakazu, SUN Binlian, NAGASAWA Toshiro, SONODA Shunro, SAYA Hideyuki, MIWA Masanao .  Centrosome amplification in adult T-cell leukemia and human T-cell leukemia virus type 1 Tax-induced human T cells .  Cancer science97 ( 9 ) 836 - 841   2006年9月

  • Nitta Takayuki, Kanai Masayuki, Sugihara Eiji, Tanaka Masakazu, Sun Binlian, Nagasawa Toshiro, Sonoda Shunro, Saya Hideyuki, Miwa Masanao .  成人T細胞白血病及びT細胞白血病ウイルス1型Tax誘導性ヒトT細胞における中心体の増幅(Centrosome amplification in adult T-cell leukemia and human T-cell leukemia virus type 1 Tax-induced human T cells) .  Cancer Science97 ( 9 ) 836 - 841   2006年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    成人T細胞白血病(ATL)患者の白血病細胞及びTax誘導性ヒトT細胞における中心体の数量的状態を検討した。ATL患者から分離したリンパ球では中心体の増幅が認められた。ヒトT細胞株では、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)阻害物質のTaxを誘導後に中心体の増幅が見られ、中心体増幅後に微小核形成が認められた。TaxがCDK活性の調節を解除して中心体増幅を誘導し、これらがHTLV1による細胞形質転換及びHTLV1感染ヒトT細胞における染色体不安定性と関連すると考えられた。

  • HANAI Shuji, NITTA Takayuki, SHODA Momoko, TANAKA Masakazu, ISO Naomi, MIZOGUCHI Izuru, YASHIKI Shinji, SONODA Shunro, HASEGAWA Yuichi, NAGASAWA Toshiro, MIWA Masanao .  Integration of human T-cell leukemia virus type 1 in genes of leukemia cells of patients with adult T-cell leukemia .  Cancer science95 ( 4 ) 306 - 310   2004年4月

  • Hanai Shuji, Nitta Takayuki, Shoda Momoko, Tanaka Masakazu, Iso Naomi, Mizoguchi Izuru, Yashiki Shinji, Sonoda Shunro, Hasegawa Yuichi, Nagasawa Toshiro, Miwa Masanao .  成人T細胞白血病患者の白血病細胞の遺伝子におけるヒトT細胞白血病ウイルス-1の組み込み(Integration of human T-cell leukemia virus type 1 in genes of leukemia cells of patients with adult T-cell leukemia) .  Cancer Science95 ( 4 ) 306 - 310   2004年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    最近使用可能となったヒトゲノムデータベースを利用してヒトの染色体におけるヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV)-1統合部位を同定した. 23例の成人T細胞白血病患者から25ヶ所の統合部位を同定した.このうち13ヶ所(52%)は遺伝子内にあり,ランダムに統合されると仮定した場合の値より有意に高かった.最初の感染時には遺伝子に統合されやすいことがHTLV-1の特徴であることを示唆していた

  • Nitta T, Tanaka M, Sun B, Hanai S, Miwa M .  The genetic background as a determinant of human T-cell leukemia virus type 1 proviral load. .  Biochemical and biophysical research communications309 ( 1 ) 161 - 5   2003年9月

  • M. Tanaka, T. Ueno, T. Nakahara, K. Sasaki, A. Ishimoto, H. Sakai. .  Downregulation of CD4 is required for maintenance of viral infectivity of HIV-1. .  Virology.311   316 - 325   2003年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • SUN Binlian, NITTA Takayuki, SHODA Momoko, TANAKA Masakazu, HANAI Shuji, HOSHINO Hiroo, MIWA Masanao .  Cell^free Human T-cell Leukemia Virus Type 1 Binds to and Efficiently Enters Mouse Cells .  Japanese journal of cancer research : gann93 ( 7 ) 760 - 766   2002年7月

  • Sun B, Nitta T, Shoda M, Tanaka M, Hanai S, Hoshino H, Miwa M .  Cell-free human T-cell leukemia virus type 1 binds to, and efficiently enters mouse cells. .  Japanese journal of cancer research : Gann93 ( 7 ) 760 - 6   2002年7月

  • Sun Binlian, Nitta Takayuki, Shoda Momoko, Tanaka Masakazu, Hanai Shuji, Hoshino Hiroo, Miwa Masanao .  無細胞ヒトT細胞白血球ウイルス1型(HTLV-1)はマウス細胞に結合し効率よく進入する(Cell-free Human T-cell Leukemia Virus Type 1 Binds to, and Efficiently Enters Mouse Cells) .  Japanese Journal of Cancer Research93 ( 7 ) 760 - 766   2002年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    マウス細胞株の無細胞HTLV-1感染24時間後にHTLV-1 DNAが観察されることを最近報告した.これら細胞でのHTLV-1複製を理解するため,c77ネコ腎細胞株から産生されたウイルスを濃縮し十分な感染系を樹立した.HTLV-1の吸着量は,マウスT細胞株(EL4,RLm1)ではヒトT細胞株(Molt4,HUT78)より多く,ヒト腎細胞株293Tの吸着量と同じであった.HTLV-1の細胞への進入は,マウス細胞株ではヒト細胞株の約10倍であり,ウイルスDNAはEL4,RLm1では1時間後から,293T,Molt4,HUT78では2〜3時間後から見出された.EL4でのウイルスDNA量は,Molt4より少なくなった.HTLV-1発現は,RLm1,EL4では第1〜第2日迄,Molt4では第4日まで見出された.以上より,マウス細胞の実験は無細胞HTLV-1感染の早期ステップを分析するための有用な情報を与えるものであると考えられた

  • TANAKA M. .  Human T-cell leukemia virus type 1 (HTLV-1) infection of mice : proliferation of cell clones with integrated HTLV-1 provirus in lymphoid organs .  J Virol75   4420 - 4423   2001年

  • FENG Renqing, TANAKA Masakazu, ABE Hideaki, ARASHI Noriko, SUN Binlian, UCHIDA Kazuhiko, MIWA Masanao .  Human T-cell Leukemia Virus Type 1 Can Infect a Wide Variety of Cells in Mice .  Japanese journal of cancer research : gann90 ( 1 ) 48 - 54   1999年1月

  • Feng Renqing, Tanaka Masakazu, Abe Hideaki, Arashi Noriko, Sun Binlian, Uchida Kazuhiko, Miwa Masanao .  ヒト1型T細胞白血病ウィルスはマウスの多種類の細胞に感染しうる .  Japanese Journal of Cancer Research90 ( 1 ) 48 - 54   1999年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    ヒト1型T細胞白血病ウィルス(HTLV-1)と共培養したヒト臍帯白血球細胞株MT-2をC3H/HeJマウスに移植した.脾臓よりPan T,CD4+,CD8+,顆粒球及びpan B細胞をセル・ソーターにより分離した.各々の分画のライセートからpX配列をPCR法により増幅した.pX配列はCD4+細胞の他に,CD8+細胞,B細胞及び顆粒球分画にも認められた

  • 方 建華, 内田 和彦, 三輪 正直, 串田 茂樹, 馮 仁青, 田中 正和, 河村 智教, 阿部 英明, 前田 直良, 尾登 誠, 堀 光雄 .  39.ヒトT細胞白血病ウイルス1型のマウスへの感染モデル .  日本疾患モデル学会記録15 ( 0 ) 53 - 53   1999年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本実験動物学会  

    DOI: 10.1538/expanim1992.15.53

  • 安田 光孝, 田中 正和, 長澤 弘 .  乳腺の発育,およびいくつかのパラメータにおける,乳癌高発系SHNマウスとICRマウスとの比較 .  Experimental Animals45 ( 2 ) 141 - 148   1996年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

▼全件表示

書籍等出版物

  • HTLV-1のTax発現リンパ腫細胞のウシラクトフェリンによる腫瘍増殖抑制効果の検討

    田中正和、和田直樹、橋本岩雄、竹之内徳博、津田洋幸、藤澤順一、三輪正直( 担当: 共著)

    日本医学館  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ウシラクトフェリンによるHTLV-1抗腫瘍効果について

    田中正和、鄭真美、長谷川翔、和田直樹、橋本岩男、津田洋幸、藤澤順一、三輪正直( 担当: 共著)

    日本医学館  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ウシラクトフェリンによるHTLV-1感染抑制効果

    田中正和、鄭真美、小西智子、河津祐介、長谷川翔、手塚健太、津田洋幸、藤澤順一、三輪正直( 担当: 共著)

    日本医学館  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • HTLV-1感染マウスへの全身照射に放射線が及ぼす影響(Effects of radiation based on whole-body irradiation in HTLV-1-infected mice) 査読

    Tanaka Masakazu, Kawazu Yusuke, Yoshida Toshinori, Konishi Tomoko, Takenouchi Norihiro, Miwa Masanao

    Journal of Radiation Research   60 ( 5 )   710 - 713   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

講演・口頭発表等

  • M. Tanaka, N. Takenouchi, H. Tsuda, M. Miwa .  Suppression of HTLV-1 infection by lactoferrin. .  52th Annual Meeting of the Society for Leukocyte Biology.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston.  

  • M. Tanaka, D. Kodama, E. Matsuura, H. Takashima, S. Izumo, R. Kubota .  Effect of neuraminidase inhibitors on HTLV-1 infection and lymphocyte chemotaxis in HAM/TSP. .  19th International Conference on Human Retrovirology.   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lima.  

  • S. Yamashita, M. Tanaka, H. Nodono, A. Hamada, T. Hamada, M. Hasegawa, Y. Nishi, J. Moss, M. Miwa .  Human alcohol dehydrogenase 1 is an acceptor protein for polyADP-ribosylation. .  PARP2019 Conference.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Budapest.  

  • M. Tanaka .  Tax long peptide vaccine suppressed leukemic growth of HTLV-1-infected human cells in humanized mouse. .  The 14th Japan-Korea Joint Symposium on Cancer and Aging Research.   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月 - 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Saga-city. Japan  

  • M. Miwa, K. Tanaka, C. Ida, S. Yamashita, J. Yao, N. Takenouchi, J. Fujisawa, M. Tanaka .  Conflicting effects of PARP inhibitor on two modes of infection by human T-cell leukemia virus type 1. .  The 14th Japan-Korea Joint Symposium on Cancer and Aging Research.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月 - 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Saga-city. Japan  

  • 田中正和、児玉大介、松浦英治、高嶋 博、久保田龍二 .  The effects of neuraminidase inhibitors on HTLV-1 infection and lymphocyte chemotaxis in HAM/TSP. .  第59回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市  

  • 田代雄一、松浦英治、橋口昭大、中村友紀、野妻智嗣、松崎敏男、児玉大介、田中正和、久保田龍二、高嶋 博 .  HAM患者に対するL-アルギニン内服治療の試み .  第59回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市  

  • M. Tanaka, K. Tanaka, C. Ida, S. Yamashita, J. Yao, N. Takenouchi, J. Fujisawa, M. Miwa : .  A PARP inhibitor enhances virion production from a human T-cell leukemia virus type 1-producing cell line. .  The PARP Family & ADP-Ribosylation.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cold Spring Harbor, U.S.A.  

  • 上野孝治、Ancy Joseph、任翊華、姚錦春、李成一、田中正和、藤澤順一 .  HTLV-1感染モデルを用いたHBZ遺伝子産物の機能解析 .  第65回日本ウイルス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市  

  • 田中正和、福原貴太郎、李成一、任翊華、姚錦春、竹之内徳博、植田祥啓、木梨達雄、藤澤順一 .  HTLV-1感染ヒト化マウスを用いた感染予防ワクチンにおけるアジュバント効果 .  日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

  • 田中正和、福原貴太郎、竹之内徳博、任 華、姚錦春、李成一、植田祥啓、木梨達雄、藤澤順一 .  HTLV-1感染ヒト化マウスを用いた感染予防ワクチンにおける組織病理学的検討 .  日本HTLV-1学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:枚方市  

  • 上野孝治、Ancy Joseph、任翊華、姚錦春、李成一、田中正和、藤澤順一 .  個体レベルでの感染におけるHBZ遺伝子産物の機能解析 .  第4回日本HTLV-1学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:枚方市  

  • Masakazu Tanaka, Yihua Ren, Jinchun Yao, Sung-il Lee, Norihiro Takenouchi, Jun-ichi Fujisawa .  Effect of Adjuvant in the Tax Vaccination of Humanized Mouse to Prevent HTLV-1 Infection .  International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 高橋 淳, 津田 雅貴, 虫明 正敏, 田中 正和, 井田 智恵利, 亀村 和生, 小宮 徹, 水上 民夫, 三輪 正直 .  ポリADPリボシル化阻害剤3-aminobenzamideによる細胞周期進行の遅延(Inhibitor of polyADP-ribosylation, 3-aminobenzamide, causes delay in cell cycle progression) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 塩川 くみ, 鄭 真美, 小西 智子, 河津 祐介, 津田 洋幸, 藤澤 順一, 三輪 正直 .  HTLV-1感染におけるラクトフェリンの効果について(Effect of Lactoferrin on HTLV-1 Infection) .  日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 荀 潤澤, 巽 理恵, 手塚 健太, 長谷川 翔, 三輪 正直, 藤澤 順一 .  HTLV-1感染SCID-huマウスにおけるCD4+CD25+ヒトTリンパ球増大(HTLV-1 infection and overgrowth of CD4+CD25+ human T-lymphocytes in SCID-hu mice) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 長谷川 翔, 橋本 岩男, 足立 靖, 池原 進, 三輪 正直, 藤澤 順一 .  HTLV-1Tax発現個体内における骨髄内骨髄移植療法による腫瘍抑制効果(Immunotherapy for tumors by intra-bone-marrow bone-marrow transplantation and donor lymphocyte infusion in EL4/Gax mice) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • 三輪 正直, 山田 真生, 津田 雅貴, 虫明 正敏, 中山 敬子, 中山 敬一, 藤澤 順一, 田中 正和 .  DNA損傷で誘導される中心体増幅の新しいシグナル経路(A new signaling pathway for DNA damage-induced centrosome amplification) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 津田 雅貴, 田中 正和, 藤澤 順一, 太田 恵美 .  DNA損傷がない条件下において、ポリADP-リボシル化阻害は中心体増幅を引き起こす(Without DNA damage, inhibition of polyADP-ribosylation causes centrosome amplification) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 高橋 淳, 江口 貴之, 虫明 正敏, 藤澤 順一, 三輪 正直 .  CHO-K1細胞におけるポリADP-リボシル化阻害が細胞増殖に及ぼす影響(Effect of inhibition of polyADP-ribosylation on cell proliferation in CHO-K1 cells) .  日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

  • 藤澤 順一, 田中 正和, 上野 孝治, 荀 潤澤, 姚 錦春, 李 成一 .  ATL発がん機構と治療の新展開 ATLのマウスモデル(New insights on leukemogenesis of ATL and development of therapy Mouse model of ATL) .  日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

  • 松浦 英治, 荒田 仁, 東 桂子, 田中 正和, 安藤 匡宏, 平松 有, 野妻 智嗣, 田代 雄一, 崎山 佑介, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HPVワクチン関連疾患の臨床経過とワクチン接種後血液サイトカイン・自己抗体の検討 .  神経免疫学  2020年10月  日本神経免疫学会

  • 山下 幸子, 井田 智恵理, 田中 正和, 三輪 正直, 西 義介 .  HeLa細胞を用いたポリADPリボシル化反応と細胞周期進行との関連性研究 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 竹之内 徳博, 田中 正和, 姚 錦春 .  HAM患者末梢血におけるAPOBEC3ファミリーの発現解析 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 田代 雄一, 松浦 英治, 橋口 昭大, 中村 友紀, 野妻 智嗣, 松崎 敏男, 兒玉 大介, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HAM患者に対するL-アルギニン内服治療の試み .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 松浦 英治, 田代 雄一, 野妻 智嗣, 安藤 匡宏, 平松 有, 崎山 佑介, 荒田 仁, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HAM患者に対するL-アルギニン内服治療の試み .  神経免疫学  2020年10月  日本神経免疫学会

  • 松浦 英治, 田代 雄一, 荒田 仁, 橋口 昭大, 中村 友紀, 野妻 智嗣, 松崎 敏男, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HAMに対するアミノ酸内服治療の効果 .  神経免疫学  2018年9月  日本神経免疫学会

  • Kodama Daisuke, Matsuzaki Toshio, Tanaka Masakazu, Matsuura Eiji, Takashima Hiroshi, Kubota Ryuji, Izumo Shuji .  HAM/TSPにおける生存遺伝子ABL1の阻害はHTLV-1感染CD4+T細胞を劇的に減少させる(Inhibition of survival gene ABL1 dramatically decreases HTLV-1 infected CD4+T cells in HAM/TSP) .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 田中 正和, 兒玉 大介, 松浦 英治, 高嶋 博, 久保田 龍二 .  HAM/TSPにおけるneuraminidase阻害剤がHTLV-1感染症とリンパ球走化性に与える効果(The effects of neuraminidase inhibitors on HTLV-1 infection and lymphocyte chemotaxis in HAM/TSP) .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 田中 正和, 三輪 正直 .  モノ/ポリADP-リボシル化経路による多様な生体制御 HTLV-1感染時におけるポリADPリボースポリメラーゼ阻害効果 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 松浦 英治, 田代 雄一, 荒田 仁, 崎山 祐介, 中村 友紀, 野妻 智嗣, 松崎 敏男, 兒玉 大介, 橋口 昭大, 岡本 裕嗣, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  アルギニン塩酸塩を用いたHAM患者治療の試み .  NEUROINFECTION  2018年10月  日本神経感染症学会

  • 三輪 正直, 井田 智恵利, 山下 幸子, 田中 正和 .  PARP阻害剤の効果評価のための生体内ポリ(ADP-リボース)量の測定法(Method to measure in vivo level of poly(ADP-ribose) for estimation of efficacy of PARP inhibitors) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 松元 陸, 眞弓 芳子, 古園 麻衣, 田代 雄一, 松浦 英治, 荒田 仁, 山野 嘉久, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症の初発症状は疾患進行の予測因子である .  NEUROINFECTION  2019年9月  日本神経感染症学会

  • 野妻 智嗣, 松浦 英治, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症における疾患特異的TCRレパトアの同定 .  神経免疫学  2020年10月  日本神経免疫学会

  • 古園 麻衣, 眞弓 芳子, 樋口 雄二郎, 野妻 智嗣, 田代 雄一, 中村 友紀, 橋口 昭大, 松浦 英治, 兒玉 大介, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症(HAM)患者の臨床経過における排尿障害の意義について .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • Kubota Ryuji, Tanaka Masakazu, Matsuura Eiji, Takashima Hiroshi .  HTLV-1感染細胞のマイクロアレイ解析によるHAMに対する治療標的分子の検索(Retrieval of therapeutic target molecules for HAM by microarray analysis of HTLV-1-infected cells) .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • 田中 正和, 福原 貴太郎, 李 成一, 任 翊華, 姚 錦春, 竹之内 徳博, 植田 祥啓, 木梨 達雄, 藤澤 順一 .  HTLV-1感染ヒト化マウスを用いた感染予防ワクチンにおけるアジュバント効果 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

  • Kodama Daisuke, Tanaka Masakazu, Matsuzaki Toshio, Nozuma Satoshi, Matsuura Eiji, Takashima Hiroshi, Izumo Shuji, Kubota Ryuji .  HTLV-1型感染者における抗HERV-K10抗体への高い反応性(High reactivity to anti-HERV-K10 in HTLV-1-infected individuals) .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • Kubota Ryuji, Kodama Daisuke, Tanaka Masakazu, Takashima Hiroshi .  HTLV-1はHAM/TSP患者におけるToll様受容体遺伝子の発現を抑制する(HTLV-1 reduces the expression of Toll-like receptor genes in HAM/TSP patients) .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 田中 正和, 姚 錦春, 李 成一, 任 翊華, 竹之内 徳博, 藤澤 順一 .  HTLV-1感染ヒト化マウスにおけるAPOBEC3Bの誘導について .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

  • 孫 賓蓮, 新田 孝幸, 田中 正和, 花井 修次, 内田 和彦, 星野 洪郎, 三輪 正直 .  無細胞系におけるHTLV-1のマウス細胞への効率的な付着と侵入(Cell-free Human T-cell Leukemia Virus Type 1 Adsorbs and Enters Efficiently into Mouse Cells) .  日本癌学会総会記事  2002年10月  (一社)日本癌学会

  • 新田 孝幸, 田中 正和, 孫 賓蓮, 木村 真子, 杉原 英志, 斎藤 総一郎, 鎌田 勇平, 三輪 正直 .  様々な臓器におけるHTLV-1感染細胞クローンとプロウイルス量の解析 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 曽 路, 太田 恵美, 藤井 貴弘, 田中 正和, 本庄 哲, 三輪 正直 .  タイ北東部ウボンラチャタニにおけるDNA修復遺伝子多型と胆管癌リスク(Polymorphism of DNA repair genes and risk of cholangiocarcinoma in Ubon Ratchathani, northeast Thailand) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 新田 孝幸, 田中 正和, 孫 賓蓮, 花井 修次, 三輪 正直 .  感染経路がHTLV-1感染細胞の臓器分布及び増殖に与える影響 .  日本癌学会総会記事  2003年8月  (一社)日本癌学会

  • 方 建華, 串田 茂樹, 馮 仁青, 田中 正和, 河村 智教, 阿部 英明, 前田 直良, 尾登 誠, 堀 光雄, 内田 和彦 .  ヒトT細胞白血病ウイルス1型のマウスへの感染モデル .  日本疾患モデル学会記録  1999年8月  日本疾患モデル学会

  • 田中 正和, 上野 孝治, 川野 久美, 石本 秋稔, 酒井 博幸 .  Vpu及びNefによるCD4 down-regulationのウイルス感染初期過程における意義について .  日本エイズ学会誌  2000年11月  (一社)日本エイズ学会

  • 齋藤 総一郎, 杉原 英志, 金居 正幸, 田中 正和, 三輪 正直 .  MYCN遺伝子の発現は腫瘍抑制遺伝子タンパク質p53を蓄積させる .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

  • 齋藤 総一郎, 杉原 英志, 金居 正幸, 田中 正和, 新田 孝幸, 三輪 正直 .  MYCN遺伝子の強制発現細胞におけるp53タンパク質の解析 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 新田 孝幸, 田中 正和, 孫 賓蓮, 高野 克己, 花井 修次, 内田 和彦, 三輪 正直 .  HTLV-1組み込み細胞のクローン性増殖のマウスを用いた解析 .  日本癌学会総会記事  2002年10月  (一社)日本癌学会

  • 新田 孝幸, 田中 正和, 孫 賓蓮, 木村 真子, 鎌田 勇平, 花井 修次, 三輪 正直 .  HTLV-1感染細胞クローンの臓器特異的増殖 .  日本癌学会総会記事  2004年9月  (一社)日本癌学会

  • 嵐 紀子, 阿部 英明, 田中 正和, 馮 仁青, 方 建華, 芝田 英生, 星野 洪郎, 内田 和彦, 三輪 正直 .  HTLV-1感染細胞におけるプロウィルス発現の検討 .  生化学  1998年8月  (公社)日本生化学会

  • 三輪 正直, Feng Renqing, 田中 正和, 樺山 綾子, Fang Jianhua, Sun Binlian, 内田 和彦, 星野 洪郎 .  HTLV-1のマウス感染モデル .  日本癌学会総会記事  2000年9月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 中村 博保, 佐々木 健太, 吉田 智志, 新田 孝幸, 酒井 博幸, 三輪 正直 .  HIV-1及びMLVの組み込み過程での宿主DNA修復系の関与について .  日本エイズ学会誌  2005年11月  (一社)日本エイズ学会

  • 上野 孝治, 田中 正和, 酒井 博幸 .  HIV-1vpr遺伝子産物の機能発現メカニズムに関する研究 .  日本エイズ学会誌  2001年11月  (一社)日本エイズ学会

  • 上野 孝治, 田中 正和, 川野 久美, 石本 秋稔, 酒井 博幸 .  HIV-1 vpr遺伝子産物の機能発現メカニズムに関する研究 .  日本エイズ学会誌  2000年11月  (一社)日本エイズ学会

  • 吉田 敏則, 阿部 英明, 嵐 紀子, Fang Jianhua, 田中 正和, Feng Renqing, 内田 和彦, 原田 孝則, 星野 洪郎, 三輪 正直 .  Cell freeヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)のマウスへの感染 .  日本癌学会総会記事  1998年8月  (一社)日本癌学会

  • 山下 幸子, 石崎 智恵利, 田中 正和, 江口 貴之, 三輪 正直, 西 義介 .  細胞周期におけるポリADP-リボース量の解析 .  日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2015年12月  (公社)日本生化学会

  • Takenouchi Norihiro, Ueno Takaharu, Tezuka Kenta, Tanaka Masakazu, Fujisawa Jun-ichi .  樹状細胞を介したin vitroヒトTリンパ球向性ウイルス(HTLV)-1型感染モデルの確立(Establishment of an in vitro HTLV-1 infection model via dendritic cells) .  Clinical and Experimental Neuroimmunology  2014年6月  日本神経免疫学会

  • 竹之内 徳博, 上野 孝治, 手塚 健太, 田中 正和, 藤澤 順一 .  樹状細胞を介したin vitro HTLV-1感染モデルの構築 .  神経免疫学  2013年11月  日本神経免疫学会

  • 竹之内 徳博, 上野 孝治, 荀 潤澤, 田中 正和, 藤澤 順一 .  樹状細胞を介したHTLV-1感染モデルの構築と薬剤スクリーニングへの応用 .  NEUROINFECTION  2014年8月  日本神経感染症学会

  • 竹之内 徳博, 上野 孝治, 手塚 健太, 田中 正和, 藤澤 順一 .  樹状細胞を介したHTLV-1感染モデルの構築 .  臨床神経学  2014年12月  (一社)日本神経学会

  • 竹之内 徳博, 田中 正和, 藤澤 順一 .  抗原提示細胞を介したin vitro HTLV-1感染モデルの構築 .  NEUROINFECTION  2016年9月  日本神経感染症学会

  • 竹之内 徳博, 田中 正和, 藤澤 順一 .  抗原提示細胞を介したHTLV-1感染モデル作製の試み .  神経免疫学  2016年9月  日本神経免疫学会

  • 新田 孝幸, 杉原 英志, 田中 正和, 金居 正幸, 孫 賓蓮, 長澤 俊郎, 園田 俊郎, 佐谷 秀行 .  成人T細胞白血病およびHTLV-1 Tax発現細胞における中心体増幅(Centrosome amplification in adult T-cell leukemia and human T-cell leukemia virus type 1 Tax-induced human T-cells) .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • 三輪 正直, 井田 智恵利, 田中 正和 .  創薬の基盤としてのADP-リボシル化の生化学 生体内ポリADP-リボシル化量と細胞増殖との関連 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2014年10月  (公社)日本生化学会

  • 田中 浩司, 田中 正和, 藤澤 順一, 三輪 正直 .  レトロウイルス感染におけるポリADP-リボシル化酵素(PARP)の関与について .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2009年9月  (公社)日本生化学会

  • 高橋 淳, 虫明 正敏, 津田 雅貴, 田中 正和, 井田 智恵利, 亀村 和生, 小宮 徹, 水上 民夫, 三輪 正直 .  ポリADPリボシル化阻害剤3-aminobenzamideによる細胞周期進行の遅延(Inhibitor of polyADP-ribosylation, 3-aminobenzamide, causes delay in cell cycle progression) .  日本細胞生物学会大会講演要旨集  2010年5月  (一社)日本細胞生物学会

  • 虫明 正敏, 田中 正和, 高橋 淳, 津田 雅貴, 藤井 貴弘, 藤澤 順一, 三輪 正直 .  ポリADPリボシル化の阻害が中心体複製および染色体数に及ぼす影響(Effect of Inhibition of PolyADP-ribosylation on Centrosome Amplification and Chromosome Numbers) .  日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2010年12月  (公社)日本生化学会

  • 虫明 正敏, 津田 雅貴, 田中 正和, 藤澤 順一, 藤井 貴弘, 三輪 正直 .  ポリADP-リボシル化の阻害が中心体数と染色体数へ及ぼす影響(Effect of inhibition of polyADP-ribosylation on centrosome and chromosome numbers) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 三輪 正直, 虫明 正敏, 高橋 淳, 江口 貴之, 家村 顕自, 大杉 美穂, 藤澤 順一, 田中 正和 .  ポリADP-リボシル化の阻害が中心体と染色体に及ぼす影響(Effect of inhibition of polyADP-ribosylation on centrosome and chromosome) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

  • 三輪 正直, 渡瀬 成治, 田中 浩司, 山田 真生, 黒田 泰仁, 家村 顕自, 太田 恵美, 植月 太一, 亀村 和生, 田中 正和 .  ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼの阻害剤による中心体増幅の誘導(Induction of centrosome amplification by inhibitors of poly(ADP-ribose) polymerases) .  日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 荀 潤澤, 手塚 健太, 巽 理恵, 竹之内 徳博, 三輪 正直, 藤澤 順一 .  ヒト化マウスモデルにおけるHTLV-1感染CD4CD25陽性T細胞のクローナル増殖性とTax特異的なCTL検出について(Clonal expansion of HTLV-1 infected CD4+CD25+ T-cells and the detection of Tax-specific CTLs in humanized mouse model) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 李 成一, 荀 潤鐸, 姚 錦春, 藤澤 順一 .  ヒト化マウスモデルにTaxロングペプチドワクチン投与を行うことでHTLV-1感染細胞の増殖を抑えることができた(Long peptides vaccine to Tax suppressed the overgrowth of HTLV-1-infected lymphocytes in humanized mouse model) .  日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

  • 竹之内 徳博, 手塚 健太, 田中 正和, 荀 潤澤, 三輪 正直, 藤澤 順一 .  ヒト免疫化HAMマウスモデルにおける脊髄の解析 .  臨床神経学  2009年12月  (一社)日本神経学会

  • 楊 玉興, 本荘 哲, 曽 路, 田中 秀明, 太田 恵美, 藤井 貴弘, 田中 正和, 三輪 正直 .  タイ王国の胆道がんの発がんリスクに関する遺伝的多型と環境要因(Genetic polymorphisms and environmental determinants on cancer risk of carcinogenesis of cholangiocarcinoma in Thailand) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

  • 三輪 正直, 本荘 哲, 曽 路, 田中 秀明, 楊 玉興, 太田 恵美, 藤井 貴弘, 田中 正和 .  タイ王国における胆管がんリスクの遺伝的及び環境要因(Genetic and environmental determinants of risk of cholangiocarcinoma in Thailand) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • 曽 路, 上田 明弘, 太田 恵美, 田中 正和, 本荘 哲, 三輪 正直 .  タイ王国での肝内胆管がんの発がんにおいての遺伝要因と環境要因(Genetic and environmental risk factors for cholangiocarcinoma in Ubon Ratchathani, northeast Thailand) .  日本癌学会総会記事  2008年9月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 和田 直樹, 橋本 岩男, 長谷川 翔, 津田 洋幸, 三輪 正直, 藤澤 順一 .  ウシラクトフェリン投与によるHTLV-1腫瘍抑制効果の検討(Anti-tumor effects of bovine lactoferrin to lymphoma cells expressing HTLV-1 Tax) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 石崎 智恵利[井田], 山下 幸子, 佐々木 由香, 益谷 美都子, 藤澤 順一, 三輪 正直 .  NAD+-poly(ADP-ribose)代謝を標的とした創薬研究の新展開 基礎から臨床応用まで ポリADPリボシル化経路とAKT経路との関連について .  日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2015年12月  (公社)日本生化学会

  • 手塚 健太, 田中 正和, 孫 鬢蓮, 津田 雅貴, 藤澤 順一, 三輪 正直 .  HTLV-1感染時におけるシアル酸の役割について(Role of sialidase in HTLV-1 infection) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 田中 正和, 小西 智子, 河津 祐介, 藤澤 順一, 三輪 正直 .  HTLV-1感染マウスにおける腫瘍発生 .  日本癌学会総会記事  2006年9月  (一社)日本癌学会

  • 三輪 正直, 河津 祐介, 小西 智子, 長谷川 翔, 鄭 真美, 椙村 春彦, 八神 健一, 藤澤 順一, 田中 正和 .  HTLV-1感染マウスでの放射線照射における腫瘍発生のメカニズム .  日本疾患モデル学会記録  2007年8月  日本疾患モデル学会

  • 手塚 健太, 上野 孝治, 荀 潤澤, 竹之内 徳博, 田中 正和, 藤澤 順一 .  HTLV-1感染ヒト化マウスにおける欠損型プロウイルスの解析(Analysis of defective provirus in HTLV-1 infected humanized mouse model) .  日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

▼全件表示

受賞

  • HTLV-1 学会賞 (Young Investigator Award)

    2014年8月   HTLV-1 学会  

    田中正和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本ラクトフェリン学会賞(基礎部門)

    2010年11月   日本ラクトフェリン学会  

    田中正和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • HTLV-1感染ヒト化マウスを用いた腫瘍発生過程における遺伝子変異蓄積機序の解明

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)