2022/11/22 更新

写真a

クラモト トモヒデ
藏元 智英
KURAMOTO Tomohide
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院 助教
職名
助教

学位

  • 獣医学士 ( 2015年4月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   特任助手

    2017年6月 - 2019年1月

 

論文

  • Fumi Yamaguchi , Hiroshi Nishi , Tomohide Kuramoto , Yasuo Saitoh , Takeshi Sogawa , Kazuhiro Misumi , Makoto Fujiki .  Relationship between serum estradiol, cathepsin K, and N-telopeptide of type I collagen in female dogs .  Research in Veterinary Science   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamaguchi F. .  Relationship between serum estradiol, cathepsin K, and N-telopeptide of type I collagen in female dogs .  Research in Veterinary Science130   133 - 138   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Research in Veterinary Science  

    DOI: 10.1016/j.rvsc.2020.03.015

    Scopus

    PubMed

  • Atsushi Yamasaki, Yoshihiro Kunitomi, Daiki Murata, Takafumi Sunaga, Tomohide Kuramoto, Takeshi Sogawa, Kazuhiro Misumi .  Osteochondral regeneration using constructs of mesenchymal stem cells made by bio three‐dimensional printing in mini‐pigs .  Journal of Orthopaedic Research   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki A. .  Osteochondral regeneration using constructs of mesenchymal stem cells made by bio three-dimensional printing in mini-pigs .  Journal of Orthopaedic Research37 ( 6 ) 1398 - 1408   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Orthopaedic Research  

    DOI: 10.1002/jor.24206

    Scopus

    PubMed

  • Kazuhiro MISUMI .  A pilot study of regenerative therapy by implanting synovium-derived mesenchymal stromal cells in equine osteochondral defect models. .  Journal of Equine Science   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki Atsushi, Omura Takaya, Murata Daiki, Kobayashi Minoru, Sunaga Takafumi, Kusano Kanichi, Ueno Yoshiharu, Kuramoto Tomohide, Hobo Seiji, Misumi Kazuhiro .  馬の骨軟骨欠損モデルを用いた滑膜由来間葉系間質細胞移植による再生医療に関するパイロット研究(A pilot study of regenerative therapy by implanting synovium-derived mesenchymal stromal cells in equine osteochondral defect models) .  Journal of Equine Science29 ( 4 ) 117 - 122   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本ウマ科学会  

  • YAMASAKI Atsushi, OMURA Takaya, MURATA Daiki, KOBAYASHI Minoru, SUNAGA Takafumi, KUSANO Kanichi, UENO Yoshiharu, KURAMOTO Tomohide, HOBO Seiji, MISUMI Kazuhiro .  A pilot study of regenerative therapy by implanting synovium-derived mesenchymal stromal cells in equine osteochondral defect models .  Journal of Equine Science29 ( 4 ) 117 - 122   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本ウマ科学会  

    <p>Synovium-derived mesenchymal stromal cells (SM-MSCs) from seven Thoroughbreds with naturally occurring intra-articular fracture proliferated to over ten million cells by the second passage. Using three experimental Thoroughbreds, columnar osteochondral defects were made arthroscopically at the bilateral distal radius. Five million allogenic SM-MSCs were implanted into the right defect, and another five million were injected into the right radio-carpal joint (implantation site). No SM-MSCs were implanted into the left defect or the same joint (control site). At 3 and 6 weeks after surgery, ten million autologous SM-MSCs were injected into the right joints. Radiolucent volumes of defects calculated by analysis of postmortem CT images 9 weeks after surgery were decreased in implanted sites compared with control sites in all horses. The average scores for ICRS gross and histopathological grading scales in implanted sites were equal to or higher than those of the controls. These results suggest that allogenic implantation and subsequent autologous injection of SM-MSCs might not obstruct subchondral bone formation in defects.</p>

    DOI: 10.1294/jes.29.117

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

MISC

  • 抗がん薬治療の実際〜薬用量の決定と有害事象への対応(第16回) (CASE37)軟部組織原発のリンパ腫を発症した猫の1例

    藏元 智英

    Veterinary Oncology   8 ( 1 )   118 - 124   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

講演・口頭発表等

受賞

  • 優秀発表賞

    2022年9月   日本獣医学会   PETフィラメント不織布を用いた馬滑膜由来間葉系幹細胞の大量培養の検討〜自己血清添加培地による培養法の検討〜

    蔵元智英、三角一浩

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

社会貢献活動

  • 高齢犬の介護をお家でできること

    役割:出演

    鹿児島大学共同獣医学部  令和4年度 秋季市民公開講座  2022年10月 - 2022年11月

  • 鹿児島大学学部企画「ワンちゃんの介護・リハビリテーション~よりよい未来のために私たちができること~」

    役割:出演

    鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院  「ワンちゃんの介護・リハビリテーション~よりよい未来のために私たちができること~」  鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院  2018年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 社会人・一般

    種別:講演会

    鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院の会議室に一般の方を招いて、実際にリハビリテーションのやり方やセミナーを開催した。

メディア報道

  • 高齢動物の介護・病気

    鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院・鹿児島県動物愛護センター  高齢動物の介護・病気  鹿児島県動物愛護センター  2018年12月

     詳細を見る

    鹿児島県動物愛護センターにて一般の動物の飼い主向けに介護やかかりやすい病気に関してセミナーを行った。