2024/02/20 更新

写真a

フルサワ ユウ
古澤 悠
FURUSAWA Yu
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(獣医学) ( 2022年3月   山口大学 )

  • 学士(獣医学) ( 2012年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 細胞診

  • 腫瘍

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

学歴

  • 鹿児島大学   獣医学科

    2006年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   助教

    2023年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   特任助教

    2017年9月 - 2023年3月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   特任助手

    2016年9月 - 2017年8月

  • カレン動物病院   勤務医

    2012年4月 - 2016年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本獣医腎泌尿器学会

    2021年4月 - 現在

  • 日本獣医がん学会

    2016年1月 - 現在

 

論文

  • Kurahara N., Yutsudo A., Furusawa Y., Yamato O., Miyoshi N., Hifumi T., Yabuki A. .  Immunohistochemical analysis of renal oxidative damage in senior and geriatric cats with chronic kidney disease .  Journal of Comparative Pathology207   14 - 17   2023年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Comparative Pathology  

    Oxidative stress is a well-known cause of chronic kidney disease (CKD). In this study, renal oxidative damage in azotaemic and non-azotaemic aged cats with naturally occurring CKD was investigated using immunohistochemistry for 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine (8-OHdG) and 4-hydroxynonenal (4-HNE) as markers of oxidative tissue damage. Kidneys were obtained from aged (>10 years old) azotaemic (n = 13) and non-azotaemic (n = 7) cats. Immunoreactivity for 8-OHdG was found in the nuclei of glomeruli, proximal and distal tubules, loops of Henle and collecting ducts, whereas 4-HNE-positive signals were detected in the cytoplasm of distal nephrons in azotaemic and non-azotaemic cats. Quantitative analysis did not identify any significant differences between the azotaemic and non-azotaemic groups for any of the parameters examined. These results indicate that renal oxidative damage occurs in the kidneys of aged cats with CKD, regardless of whether they are azotaemic or non-azotaemic, emphasizing the importance of oxidative stress during early-stage CKD in senior and geriatric cats.

    DOI: 10.1016/j.jcpa.2023.09.001

    Scopus

    PubMed

  • Furusawa Y., Shima-Sawa M., Hifumi T., Miyoshi N., Yamato O., Yabuki A. .  Usefulness and Limitations of Cryopreservation for Immunocytochemical Staining of Canine Cytological Specimens for Detection of Cytokeratin and Vimentin .  Veterinary Sciences10 ( 2 )   2023年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Veterinary Sciences  

    Immunocytochemistry is an advanced diagnostic tool for identifying the origin of tumor cells. This study aimed to highlight the usefulness of cryopreserved, air-dried cytological samples in detecting cytokeratin and vimentin. Air-dried cytological smear samples were prepared from a total of 39 resected canine tumors and stored in a medical freezer without fixation. The duration of cryopreservation ranged from 2 to 56 months. The same tumors were processed for routine histopathological examination. Based on the morphological diagnosis, cryopreserved FNA smears from epithelial tumors were stained by enzymatic immunocytochemistry (ICC) for cytokeratin; those from mesenchymal and melanocytic tumors were stained by ICC for vimentin. To ascertain the positivity of tumor cells to the selected markers, tissue paraffin-embedded sections were also stained by immunohistochemistry (IHC) for the same markers. Immunoreactivity for cytokeratin was detected in cryopreserved cytological smears for a maximum of 46 months. Immunoreactivity for vimentin was clearly detected for 33 months. Smears stored at room temperature for 1 week did not show any signals under immunocytochemical examination. Thus, immunocytochemistry for cytokeratin and vimentin can be safely applied to air-dried smears cryopreserved in a freezer for at least 33 months.

    DOI: 10.3390/vetsci10020153

    Scopus

    PubMed

  • Maki S, Islam MS, TItoh T, Nurimoto M, Yabuki A, Furusawa Y, Kamishina H, Kobatake Y, Rakib TM, Tacharina MR, Yamato O .  Molecular epidemiological survey for degenerative myelopathy in German Shepherd Dogs in Japan: allele frequency and clinical progression rate .  Animals 12 ( 13 ) 1647   2022年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3390/ani12131647

  • Yuki Uehara, Yu Furusawa, Md Shafiqul Islam, Osamu Yamato, Hitoshi Hatai, Osamu Ichii, Akira Yabuki .  Immunohistochemical Expression of TGF-β1 in Kidneys of Cats with Chronic Kidney Disease .  Veterinary Sciences9 ( 3 ) 114   2022年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/vetsci9030114

  • Akira YABUKI, Yu FURUSAWA, Noriaki MIYOSHI, Kazuyuki TANIGUCHI, Osamu YAMATO .  Expression of neuronal nitric oxide synthase and renin in dysplastic kidneys of young dogs .  Journal of Veterinary Medical Science   2021年査読

     詳細を見る

  • Fumi MATSUMOTO, Mariko SHIMA-SAWA, Yu FURUSAWA, Osamu YAMATO, Akira YABUKI .  A rapid multiple immunofluorescence method for the simultaneous detection of CD20 and CD3 in canine and feline cytological samples .  Journal of Veterinary Medical Science   2021年査読

  • Yu FURUSAWA, Masashi TAKAHASHI, Mariko SHIMA-SAWA, Hitoshi HATAI, Noriaki MIYOSHI, Osamu YAMATO, Akira YABUKI .  Immunocytochemical evaluation of epithelial-mesenchymal transition in epithelial tumors of dogs and cats .  Journal of Veterinary Medical Science   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1292/jvms.21-0021

  • Yu FURUSAWA, Masashi TAKAHASHI, Mariko SHIMA-SAWA, Osamu YAMATO, Akira YABUKI .  Argyrophilic nucleolar organizer regions staining for cytology smears in dogs and cats .  Journal of Veterinary Medical Science82 ( 9 ) 1267 - 1270   2020年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.20-0271

  • Yu FURUSAWA, Masashi TAKAHASHI, Tomoko IWANAGA, Akira YABUKI, Rui KANO, Hitoshi HATAI, Wako SUENO, Yasuyuki ENDO, Yasuyuki MOMOI .  Systemic Inonotus sp. Infection in a dog .  Journal of Veterinary Medical Science82 ( 6 ) 779 - 783   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1292/jvms.19-0455

  • Nakata K, Heishima K, Sakai H, Yamato O, Furusawa Y, Nishida H, Maeda S, Kamishina H. .  Plasma microRNA miR-26b as a potential diagnostic biomarker of degenerative myelopathy in Pembroke Welsh Corgis .  BMC Veterinary Research15 ( 192 )   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y Furusawa, K Mizukami, A Yabuki, M Kuwamura, H S Chang, M A Hossain, M M Rahman, M M Uddin, S Mitani, O Yamato .  Mutational analysis of the feline CLN3 gene and an ultrastructural evaluation of lysosomal storage materials in a cat with neuronal ceroid lipofuscinosis: an investigation into the molecular basis of the disease. .  The Veterinary Journal.194 ( 3 ) 425 - 428   2012年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Veterinary Journal.  

    DOI: 10.1016/j.tvjl.2012.

▼全件表示

書籍等出版物

  • 文献紹介「犬の再生性および非再生性免疫介在性貧血における免疫グロブリンGとホスファチジルセリン」

    古澤 悠

    Veterinary Board  2022年 

     詳細を見る

    担当ページ:90-91  

  • 【血球異常〜数の評価〜】血小板

    古澤 悠

    CLINIC NOTE  2022年 

     詳細を見る

    担当ページ:36-42  

  • 【犬と猫の乳腺腫瘍〜乳がんで苦しむ犬・猫をゼロにする】犬の乳腺腫瘍の概要

    古澤 悠

    Veterinary Oncology  2022年 

     詳細を見る

    担当ページ:42-44  

  • 【犬と猫の乳腺腫瘍〜乳がんで苦しむ犬・猫をゼロにする】猫の乳腺腫瘍の概要

    古澤 悠

    Veterinary Oncology  2022年 

     詳細を見る

    担当ページ:42-44  

  • どうする?どうなる?この腫瘍〜臨床に役立つ治療と予後のデータ集〜「白血病」

    古澤 悠

    Veterinary Oncology  2021年 

     詳細を見る

    担当ページ:36-39  

  • どうする?どうなる?この腫瘍〜臨床に役立つ治療と予後のデータ集〜「形質細胞性腫瘍」

    古澤 悠

    Veterinary Oncology  2021年 

     詳細を見る

    担当ページ:40-44  

  • 診療力が試される症例Vet Board QUIZ Question 汎血球減少症の原因を考え、次に行うべき検査をあげてください.

    古澤 悠

    Veterinary Board  2021年 

     詳細を見る

    担当ページ:76-80  

  • 犬と猫の免疫介在性溶血性貧血ーACVIMコンセンサスステートメントに基づく診断と治療ー

    古澤 悠

    VETERINARY BOARD  2020年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:6-19   記述言語:日本語

  • 抗がん薬治療の実際〜薬用量の決定と有害事象への対応「猫の鼻腔内リンパ腫」

    古澤 悠( 担当: 単著)

    Veterinary Oncology  2020年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:102-109   記述言語:日本語

  • 微小凝集塊除去フィルターを介したイヌ血液の模擬輸血による赤血球損傷およびin-line圧力変化の評価.

    古澤 悠

    VETERINARY BOARD  2020年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:91   記述言語:日本語

  • 知っておきたい猫の消化器型リンパ腫〜大顆粒リンパ球性リンパ腫〜

    古澤 悠

    SAC  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:24-27  

  • 大動脈血栓症

    古澤 悠( 担当: 単著)

    CLINIC NOTE  2019年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:46-49   記述言語:日本語

  • 抗がん薬治療の実際〜薬用量の決定と有害事象への対応〜Case21 猫の乳腺腫瘍.

    古澤 悠

    Veterinary Oncology  2019年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:145-150   記述言語:日本語

  • 免疫介在性溶血性貧血に罹患した犬におけるプレドニゾロン分割投与群と非分割投与群の無作為比較対照試験.

    古澤 悠

    VETERINARY BOARD  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 猫の消化器型リンパ腫

    古澤 悠

    Journal of Small Animal Medicine  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:40-43  

  • リンパ腫の治療に“最低限”知っておくべき知識:注意すべき合併症とその対応〜DIC、TLS、消化管穿孔、敗血症〜

    古澤 悠

    CLINIC NOTE  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:54-68  

  • 中枢性尿崩症の犬の1例

    古澤 悠,原口純子,岩永朋子,高橋 香,桃井康行

    鹿児島県獣医師会会報  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:7-8  

  • シロスタゾール無効例にペースメーカー埋め込み術を実施した洞不全症候群の犬の1例

    原口純子,古澤 悠,山口洋平,上村利也,平川篤

    日本獣医麻酔外科学雑誌  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:288  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 古澤 悠 .  基礎から学ぶ細胞診の見方 .  日本小動物獣医学会(九州地区)  2023年9月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 蔵元智英, 古賀靖啓, 高橋香, 斎藤靖生, 野口亜季, 十川英, 古澤悠, 遠藤泰之, 一二三達郎, 三好宣彰, 藤木誠 .  犬の膣腫瘍に対して核出術を行った40症例の回顧的検討 .  日本小動物獣医学会(九州地区)  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古澤 悠, 十川 英, 蔵元智英, 藤木 誠, 矢吹 映 .  猫の非腫瘍性尿管閉塞に対するタムスロシンの効果に関する回顧的研究 .  日本獣医臨床病理学会  2023年8月  日本獣医臨床病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 古澤 悠, 高橋 雅, 一二三達郎, 三好宣彰, 大和 修, 矢吹 映 .  犬の尿路移行上皮癌および前立腺癌における細胞診迅速蛍光抗体法を用いたCOX-2の検出 .  日本獣医臨床病理学会  2022年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年

    開催地:オンライン  

  • 古澤 悠、十川 英、徳持雄太、齋藤靖生、高橋 雅、三浦直樹、大和 修、矢吹 映 .  細胞診および免疫細胞化学染色により診断された鼻腔内髄外性形質細胞腫の犬の1例 .  日本獣医臨床病理学会2021年次大会オンライン  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高橋 香, 古澤 悠, 一二三達郎, 齋藤靖生, 三浦直樹, 十川 英, 藤木 誠, 畑井 仁, 三好宣彰, 田邊美加, 高橋 雅, 山口貴弘, 田平幸輝, 遠藤泰之 .  顎骨中心性扁平上皮癌と考えられた猫の3例 .  日本小動物歯科研究会症例検討会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    開催地:オンライン  

  • 古市汐美,古澤 悠,岩永朋子,矢吹 映,遠藤泰之 .  鹿児島大学附属動物病院における献血ドナーの現状 .  第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    開催地:神奈川  

  • 古澤 悠, 須永隆文, 畑井 仁, 藤武伯康, 一二三達郎, 三好宣彰, 三浦直樹 .  超音波検査とCT検査で臨床診断した全身性アミロイドーシスの猫の1例 .  九州地区獣医師大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古澤 悠,水上圭二郎,阪口雅弘,矢吹 映,大和 修 .  犬の遺伝性膵炎関連遺伝子の検索:トイプードルにおけるSPINK1アレル頻度 .  15th Japanese College of Veterinary Internal Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Pacifico Yokohama  

  • 蔵元智英, 十川 英, 齋藤靖生, 高橋 香, 古澤 悠, 高橋 雅, 矢吹 映, 一二三達郎, 畑井 仁, 三好宣彰, 桃井康行, 藤木 誠, 遠藤泰之 .  猫の右上腕の骨・軟部組織を主病変としたリンパ腫の1例 .  九州地区獣医師大会  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    開催地:佐賀  

  • 古澤 悠, 高橋 雅, 上村利也, 桃井康行, 岩永朋子, 矢吹 映,加納 塁,遠藤泰之 .  Inonotus属真菌による全身性深在性真菌症の犬の一例 .  第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    開催地:神奈川  

  • Plasma microRNAs for Diagnostic Biomarkers of Canine Degenerative Myelopathy .  ECVN/ESVN conference 2017  2017年  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

  • 市川華帆, 岩永朋子, 齋藤靖夫, 十川 英, 蔵元智英, 古澤 悠, 高橋 香, 須永隆文, 高橋 雅, 福島隆治, 三浦直樹 .  新規血液凝固能検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System: T-TAS)の臨床使用例 .  九州地区獣医師大会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    開催地:沖縄  

  • 古澤 悠,矢吹 映,水上圭二郎,桑村 充,二瓶和美,内田和幸,大和 修 .  日本猫の神経セロイドリポフスチン症における原因遺伝子の検討 .  第152回日本獣医学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    開催地:大阪  

  • 古澤 悠 .  【抗血栓療法】免疫介在性溶血性貧血に起因した血栓症が疑われた犬の一例 .  Veterinary Board  2023年12月  (株)エデュワードプレス

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 古澤 悠, 遠藤 泰之 .  【ハイリスク症例への抗がん薬療法 質の高い治療を行うために!】感染症症例への対応 .  Veterinary Oncology  2023年10月  (株)エデュワードプレス

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • 優秀発表賞

    2021年9月   日本獣医臨床病理学会   細胞診および免疫細胞化学染色により診断された鼻腔内髄外性形質細胞腫の犬の1例

    古澤 悠、十川 英、徳持雄太、齋藤靖生、高橋 雅、三浦直樹、大和 修、矢吹 映

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

社会貢献活動

  • 臨書検査ってニャンだろう?

    役割:講師

    鹿児島大学・鹿児島県動物愛護センター共同開催  2024年2月

  • なぜ貧血になるの?もっと知りたい!犬と猫の血液のこと

    役割:講師

    鹿児島大学共同獣医学部  令和5年度動物慰霊祭・特別講演  2023年10月

  • 伴侶動物の臨床検査

    役割:講師

    動物取扱責任者研修会  2023年9月

  • 動物看護師だからこそ押さえておきたい抗がん剤の取り扱い

    役割:パネリスト, 司会, 企画, 運営参加・支援

    鹿児島大学オンラインがん動物看護セミナー  2021年9月

  • 人獣共通感染症

    役割:講師

    2020年2月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • 野良猫のTNR活動

    2019年 - 現在

  • イシナンデス〜犬と猫の尿石症〜、鹿児島県動物愛護センター・鹿児島大学動物病院共同開催セミナー

    役割:講師

    鹿児島県動物愛護センター・鹿児島大学動物病院共同開催セミナー  イシナンデス〜犬と猫の尿石症〜  鹿児島県動物愛護センター  2017年2月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 市民団体

    犬と猫の尿石症について、分かりやすく飼い主さんに講演を行った。

▼全件表示