2022/07/03 更新

写真a

ソノダ タケシ
薗田 剛嗣
SONODA Takeshi
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 特任助教
職名
特任助教

学位

  • 博士(医学) ( 2018年10月   鹿児島大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学  / 循環器学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学  / 虚血性心疾患

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 救命救急センター   特任助教

    2016年4月 - 2016年6月

所属学協会

  • 日本内科学会

    2006年1月 - 現在

  • 日本循環器学会

    2007年4月 - 現在

  • 日本心血管インターベンション治療学会

    2015年4月 - 現在

  • 日本経カテーテル心臓弁治療学会

    2018年11月 - 現在

取得資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医

  • 日本内科学会 指導医

  • 日本循環器学会 専門医

  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医

  • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医

  • TAVR 実施医(SAPIENシリーズ)

  • TAVR 指導医(SAPIENシリーズ)

▼全件表示

 

論文

  • Sonoda T, Takumi T, Miyata M, Kanda D, Kosedo I, Yoshino S, Ohishi M .  Validity of a novel method for estimating low-density lipoprotein cholesterol levels incardiovascular disease patients treated with statins .  J Atheroscler Thromb25 ( 7 ) 643 - 652   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  • Kanda D, Miyata M, Ikeda Y, Tokushige A, Sonoda T, Arikawa R, Anzaki K, Kosedo I, Yoshino S, Takumi T, Ohishi M .  The priority of Non-HDL-C assessment to predict new lesions among stable angina patients with strong statins .  J Atheroscler Thromb29 ( 6 ) 894 - 905   2022年6月

  • Arikawa R, Kanda D, Ikeda Y, Tokushige A, Sonoda T, Anzaki K, Ohishi M .  Prognostic impact of malnutrition on cardiovascular events in coronary artery disease patients with myocardial damage .  BMC Cardiovasc Disord21 ( 1 ) 479   2021年10月

  • Kanda D, Ikeda Y, Sonoda T, Tokushige A, Kosedo I, Yoshino S, Takumi T, Ohishi M .  Malnutrition and non-use clopidogrel additively aggravate prognosis of critical limb ischemia patients who underwent revascularization .  Circ Rep2 ( 2 ) 121 - 127   2020年2月

  • Kosedo I, Tokushige A, Takumi T, Yoshikawa A, Teraguchi K, Takenouchi K, Shiraishi K, Ikeda D, Imamura M, Sonoda T, Kanda D, Ikeda Y, Ido A, Ohishi M .  Use of proton pump inhibitors is associated with an increase in adverse cardiovascular events in patients with hemodialysis: insight from the KIDS Registry .  Eur J Intern Med72   79 - 87   2020年2月

  • Tokushige A, Miyata M, Sonoda T, Kosedo I, Kanda D, Takumi T, Kumagae Y, Fukukura Y, Ohishi M .  Prospective study on the incidence of cerebrovascular disease after coronary angiography .  J Atheroscler Thromb25 ( 3 ) 224 - 232   2018年3月

  • Kanda D, Takumi T, Miyata M, Tokushige A, Sonoda T, Yoshino S, Saihara K, Ohishi M .  Angiotensin-converting enzyme inhibitor prevents the worsening of renal function in the late phase after percutaneous coronary intervention .  J Atheroscler Thromb23 ( 2 ) 233 - 240   2016年

▼全件表示

MISC

  • Coronary artery perforation secondary to lifesaving pericardiocentesis for cardiac tamponade: a case report

    Kanda D, Takumi T, Sonoda T, Arikawa R, Anzaki K, Sasaki Y, Ohishi M

    BMC Cardiovasc Disord.   21 ( 1 )   55   2021年1月

講演・口頭発表等

  • 神田大輔, 大牟禮健太, 薗田剛嗣, 安﨑和博, 有川 亮, 大石 充 .  Rotablator + DCBで治療したCTO症例 .  第35回 日本冠疾患学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • 杉本幸子, 薗田剛嗣, 大牟禮健太, 安﨑和博, 神田大輔, 内匠拓朗, 池田義之, 大石 充 .  劇症1型糖尿病に合併した糖尿病性ケトアシドーシスが誘因と考えられる急性下壁心筋梗塞の一例 .  第131回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • 野﨑圭吾, 神田大輔, 佐々木雄一, 安﨑和博, 薗田剛嗣, 大牟禮健太, 内匠拓朗, 大石 充 .  心タンポナーデに対する心嚢穿刺後の二次的冠動脈穿孔に対してコイル塞栓による止血を行った一例 .  第8回 鹿児島循環器カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • 田島亜佳里, 有川 亮, 大牟禮健太, 安﨑和博, 薗田剛嗣, 神田大輔, 大石 充 .  R2P (radial to peripheral) system による EVT を行った一例 .  第31回 日本心血管インターベンション治療学会九州・沖縄地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    開催地:福岡県北九州市  

  • Sonoda T, Kanda D, Ikeda Y, Anzaki K, Arikawa R, Ohmure K, Tokushige A, Ohishi M .  The impact of malnutrition-inflammation-atherosclerosis (MIA) syndrome on the prognosis of elderly patients with chronic limb-threatening ischemia after endovascular therapy .  ESC Congress 2021 – The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • Kanda D, Miyata M, Anzaki K, Arikawa R, Sonoda T, Ohmure K, Tokushige A, Ikeda Y, Ohishi M .  Priority of non-HDL-C assessment to predict occurrence of new lesions after percutaneous coronary intervention in stable angina patients with diabetes mellitus prescribed strong statins .  ESC Congress 2021 – The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • 神田大輔, 池田義之, 大牟禮健太, 薗田剛嗣, 有川 亮, 安﨑和博, 大石 充 .  高齢者包括的高度慢性下肢虚血 (CLTI) 患者の死亡リスク因子に関する検討. .  第63回 日本老年医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • Sonoda T, Kanda D, Anzaki K, Arikawa R, Ohmure K, Tokushige A, Ikeda Y, Ohishi M .  Malnutrition-Inflammation-Atherosclerosis (MIA) syndrome is a major factor to affect prognosis of elderly patients with chronic limb-threatening ischemia after endovascular therapy .  Joint Meeting of the European Society of Hypertension and International Society of Hypertension  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    開催地:Glasgow, UK  

  • Kanda D, Miyata M, Anzaki K, Arikawa R, Sonoda T, Ohmure K, Tokushige A, Ikeda Y, Ohishi M .  Clinical impact of non-HDL-C assessment to predict occurrence of new lesions after percutaneous coronary intervention in stable angina patients prescribed statins .  Joint Meeting of the European Society of Hypertension and International Society of Hypertension   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    開催地:Glasgow, UK  

  • Ohmure K, Kanda D, Sonoda T, Anzaki K, Arikawa R, Tokushige A, Ikeda Y, Ohishi M .  History of stroke is a major factor affecting mortality of elderly chronic limb-threatening ischemia patients with frailty after endovascular therapy .  第85回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • Kanda D, Ikeda Y, Ohmure K, Anzaki K, Arikawa R, Sonoda T, Tokushige A, Ohishi M .  Utility of nutritional status assessment to predict short-term and long-term prognosis in acute myocardial infarction patients after percutaneous coronary intervention .  第85回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:横浜市  

  • Kanda D, Miyata M, Ohmure K, Anzaki K, Arikawa R, Sonoda T, Tokushige A, Ikeda Y, Ohishi M .  Impact of non-HDL-C assessment to predict presence of new lesions after percutaneous coronary intervention in stable angina patients prescribed statins .  第85回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • Sonoda T, Kanda D, Anzaki K, Arikawa R, Tokushige A, Ikeda Y, Ohishi M .  Malnutrition is a major factor to affect prognosis of patients undergo percutaneous coronary intervention with calcified lesions .  第85回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 林 真生, 安﨑和博, 大牟禮健太, 有川 亮, 薗田剛嗣, 神田大輔, 大石 充 .  浅大腿動脈の慢性完全閉塞病変にステント留置後, 巨大仮性動脈瘤を形成した一例 .  第32回 日本心血管インターベンション治療学会九州・沖縄地方会/第5回 冬季症例検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

  • 徳重明央, 神田大輔, 有川 亮, 安﨑和博, 薗田剛嗣, 大石 充 .  下肢閉塞性動脈硬化症患者におけるplatelet-to-lymphocyte ratio .  第56回 日本循環器病予防学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • Kanda D, Ikeda Y, Sonoda T, Anzaki K, Arikawa R, Tokushige A, Ohishi M .  History of stroke is a major factor to affect prognosis of elderly chronic limb-threatening ischemia patients with frailty after endovascular therapy .  ESC Congress 2020-The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

  • Kanda D, Ikeda Y, Sonoda T, Anzaki K, Arikawa R, Tokushige A, Ohishi M .  History of stroke is a major factor to affect prognosis of elderly chronic limb-threatening ischemia patients with frailty after endovascular therapy .  ESC congress 2020-The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

  • Sonoda T, Kanda D, Anzaki K, Arikawa R, Tokushige A, Ikeda Y, Ohishi M .  Malnutrition is a major factor to affect prognosis of patients undergo percutaneous coronary intervention for coronary artery disease with calcified lesions .  ESC congress 2020-The Digital Experience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

  • 神田大輔, 池田義之, 薗田剛嗣, 有川 亮, 安﨑和博, 大石 充 .  フレイル高齢重症虚血趾 (CLI) 患者の死亡リスク因子に関する検討 .  第62回 日本老年医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

  • Kanda D, Ikeda Y, Arikawa R, Anzaki K, Sonoda T, Kosedo I, Ohishi M .  Malnutrition is a major factor to affect prognosis of coronary artery disease patients with myocardial damage .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  • Anzaki K, Kanda D, Arikawa R, Anzaki K, Sonoda T, Kosedo I, Ikeda Y, Ohishi M .  Risk factors of cardiovascular death for 2-years after revascularization in elderly critical limb ischemia patients with coronary artery disease .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  • Arikawa R, Kanda D, Anzaki K, Sonoda T, Kosedo I, Ikeda Y, Ohishi M .  Malnutrition-inflammation-atherosclerosis syndrome is a central role in the prognosis of polyvascular disease .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  • Kosedo I, Tokushige A, Takumi T, Yoshikawa A, Ueyama K, Takenouchi K, Shiraishi K, Ikeda D, Imamura M, Sonoda T, Kanda D, Ikeda Y, Ohishi M .  Use of proton pump inhibitors increase adverse cardiovascular events in hemodialysis patients: Insight from the KIDS registry .  第84回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  • Kanda D, Ikeda Y, Anzaki K, Arikawa R, Sonoda, Tokushige A, Ohishi M .  Assessment of nutrition status is essential to predict prognosis of acute myocardial infarction patients who undergo successful primary percutaneous coronary intervention .  69th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology (ACC2020 in CHICAGO)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  • 末永智大, 神田大輔, 有川 亮, 安﨑和博, 薗田剛嗣, 大石 充 .  Young Investigator Award. 腸骨動脈の CTO に対する EVT 時に体表エコーが有効であった一例 .  第30回 日本心血管インターベンション治療学会九州・沖縄地方会/第4回冬季症例検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

  • 薗田剛嗣 .  鹿児島大学病院におけるTAVI の現状 .  第29回 大隅循環器研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    開催地:鹿屋市  

  • Kosedo I, Tokushige A, Takumi T, Yoshikawa A, Ueyama K, Takenouchi K, Shiraishi K, Ikeda D, Imamura M, Sonoda T, Kanda D, Ikeda Y, Ohishi M .  Use of proton pump inhibitors increase adverse cardiovascular events in hemodialysis patients: insight from the KIDS Registry .  American Heart Association Scientific Sessions 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    開催地:Philadelphia, USA  

  • 神田大輔,薗田剛嗣,有川 亮,安﨑和博,大石 充 .  Rotablator+DCBによるstentlessで治療した一例 .  第21回 鹿児島インターベンション・カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    開催地:鹿児島市  

  • Kanda D, Ikeda Y, Sonoda T, Kosedo I, Yoshino S, Takumi T, Ohishi M .  Malnutrition is a major factor to affect prognosis of coronary artery disease patients with myocardial damage .  European Society of Cardiology (ESC)Congress 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:Paris, France  

  • 造影剤未使用で経皮的腎動脈ステント留置術を行い良好な結果が得られた1例 .  小瀬戸一平,有川 亮,安﨑和博,薗田剛嗣,神田大輔,大石 充 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:熊本市  

  • 池田義之,神田大輔,今釜逸美,荒田憲一,小瀬戸一平,薗田剛嗣,吉野聡史,富村奈津子,井本 浩, 大石 充 .  鹿児島における閉塞性動脈硬化症に対するチーム医療の取り組み .  第25回 日本心臓リハビリテーション学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:大阪  

  • 東 大智,小瀬戸一平,薗田剛嗣,神田大輔,大石 充 .  Wright肢位での鎖骨下静脈造影が早期診断に有用であった原発性鎖骨下静脈血栓症の1例 .  第126回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    開催地:宮崎市  

  • 池田義之,神田大輔,今釜逸美,荒田憲一,小瀬戸一平,薗田剛嗣,吉野聡史,富村奈津子,井本 浩,大石 充 .  鹿児島における閉塞性動脈硬化症に対するチーム医療の取り組み .  第29回 日本老年医学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    開催地:福岡市  

  • 神田大輔,池田義之,荒田憲一,今釜逸美,薗田剛嗣,小瀬戸一平,吉野聡史,内匠拓朗,富村奈津子,大石 充 .  冠動脈疾患合併の高齢重症虚血趾(CLI)患者における2年間の心血管イベント死に対するリスク因子の検討 .  第61回 日本老年医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    開催地:仙台市  

  • Kanda D, Ikeda Y, Sasaki Y, Sonoda T, Kosedo I, Yoshino S, Takumi T, Ohishi M .  Malnutrition and non-use clopidogrel additively aggravate prognosis of critical limb ischemia patients who underwent revascularization .  第83回 日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    開催地:神奈川  

  • 横峯辰生,神田大輔,薗田剛嗣,小瀬戸一平,吉野聡史,内匠拓朗,大石 充 .  CTO 病変に対して DES を留置し, OCT で観察し得たその後の経過 .  第28回 日本心血管インターベンション治療学会九州・沖縄地方会/第3回 冬季症例検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  • 柿原裕二,小瀬戸一平,薗田剛嗣,神田大輔,吉野聡史,内匠拓朗,大石 充 .  原発性鎖骨下静脈血栓症の診断にWright肢位での鎖骨下静脈造影が有用であった1例 .  第324回 日本内科学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    開催地:福岡市  

  • 薗田剛嗣 .  第4回 研修医教育セミナー New Wave Seminar. 心臓の動きは良いのに心不全, どう治療する? 突然の呼吸困難のために救急搬送された高齢男性. .  第125回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

  • 江村寛之, 神田大輔, 吉野聡史, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 内匠拓朗, 大石 充 .  CTO病変に対してDES留置し, OCTで観察し得たその後の経過 .  6th Imaging Meeting in South-Kyusyu ~Ime-Q~  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    開催地:宮崎  

  • 薗田剛嗣, 神田大輔, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充 .  THV留置後にoozing ruptureを生じて緊急開胸になったTAVIの1例 .  Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement (ARIA) 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    開催地:福岡  

  • 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 神田大輔, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充 .  閉塞した静脈グラフト経由の逆行性アプローチによる血管内治療で治療し得た重症下肢虚血の1例 .  CPAC2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    開催地:愛知  

  • Kanda D, Takumi T, Sonoda T, Kosedo I, Yoshino S, Ikeda Y, Ohishi M .  Malnutrition and absence of clopidogrel additively have a negative influence on prognosis of patients with critical limb ischemia who underwent revascularization .  American Heart Association Scientific Sessions 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    開催地:Chicago, USA  

  • 田端宏之, 安﨑和博, 福元大地, 沖野秀人, 大牟禮健太, 吉野聡史, 大石 充 .  急性下壁心筋梗塞に対するPCI後にTIMI flow grade 0で終了するも, 慢性期に再灌流が得られ, その後の経過も良好な1例 .  第20回 鹿児島インターベンションカンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    開催地:鹿児島  

  • 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 神田大輔, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充 .  閉塞した静脈グラフト経由の逆行性アプローチによる血管内治療で治療し得た重症下肢虚血の1例 .  第27回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

  • 神田大輔, 内匠拓朗, 薗田剛嗣, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 池田義之, 大石 充 .  The effect of clopidogrel on prognosis of critical limb ischemia (CLI) patients who had coronary artery disease (CAD) .  第27回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    開催地:兵庫  

  • 薗田剛嗣, 内匠拓朗, 宮田昌明, 神田大輔, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 大石 充. .  スタチン服用中の心血管疾患患者における新しいLDLコレステロール値測定法の有用性. .  第50回 日本動脈硬化学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 神田大輔, 池田義之, 佐々木雄一, 内匠拓朗, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 吉野聡史, 今釜逸美, 荒田憲一, 富村奈津子, 大石 充 .  冠動脈疾患合併重症虚血趾患者の予後にクロピドグレルが及ぼす影響 .  第10回 日本下肢救済・足病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    開催地:札幌  

  • 吉野聡史, 池田義之, 内匠拓朗, 神田大輔, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 大石 充 .  完全型遺残坐骨動脈に対するEVTを施行した重症虚血肢の一例 .  第10回 日本下肢救済・足病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    開催地:札幌  

  • 地頭薗公宏, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 神田大輔, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充 .  血管内治療が奏功した強皮症による重症下肢虚血の1例 .  第124回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    開催地:鹿児島  

  • 神田大輔, 池田義之, 荒田憲一, 今釜逸美, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 薗田剛嗣, 富村奈津子, 井本 浩, 大石 充 .  閉塞性動脈硬化症に対する鹿児島におけるチーム医療の取り組み効果に関する検討 .  第60回 日本老年医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    開催地:京都  

  • 馬渡浩史, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 神田大輔, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充 .  強皮症を合併した重症下肢虚血の1例 .  日本内科学会 第321回 九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    開催地:福岡  

  • 薗田剛嗣, 神田大輔, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充 .  透析患者のEVT施行時のシース挿入の際に生じた下肢動脈解離の一例 .  日本心血管インターベンション治療学会 第26回 九州・沖縄地方会/第2回 冬季症例検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    開催地: 熊本  

  • 吉野聡史, 内匠拓朗, 神田大輔, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 大石 充 .  コーヒーレクチャー. Clinical validity of CoCr-EES assessed by OCT imaging -Neointimal healing assessment after DES deployment- .  日本心血管インターベンション治療学会 第26回 九州・沖縄地方会/第2回 冬季症例検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    開催地:熊本  

  • 佐々木雄一, 池田義之, 神田大輔, 内匠拓朗, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 赤﨑雄一, 宮田昌明, 大石 充 .  重症虚血肢膝下動脈病変に対して救肢のため冠動脈ステントを留置し長期的に有効であった1例 .  日本内科学会 第318回 九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    開催地:鹿児島  

  • 神田大輔, 内匠拓朗, 薗田剛嗣, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 宮田昌明, 大石 充 .  スタチン服用下にPCIを施行した2型糖尿病患者におけるNon HDLコレステロールが再血行再建に及ぼす影響 .  第26回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    開催地:京都  

  • 神田大輔, 池田義之, 佐々木雄一, 内匠拓朗, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 今釜逸美, 荒田憲一, 富村奈津子, 大石 充 .  重症虚血肢膝下動脈病変に対する薬剤溶出性冠動脈ステント留置が長期的に有効であった高齢者1症例 .  第9回 日本下肢救済・足病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    開催地:福岡  

  • 神田大輔, 池田義之, 佐々木雄一, 内匠拓朗, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 赤﨑雄一, 宮田昌明, 大石 充 .  重症虚血肢膝下動脈病変に対する冠動脈ステント留置が長期的に有効であった高齢者1症例 .  第27回 日本老年医学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    開催地:福岡  

  • 神田大輔, 内匠拓朗, 薗田剛嗣, 小瀬戸一平, 宮田昌明, 大石 充 .  Ace inhibitor, not ARB, has preventive effect on worsening renal function in late phase after PCI in patient with statin .  第81回 日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    開催地:石川  

  • 神田大輔, 内匠拓朗, 薗田剛嗣, 小瀬戸一平, 宮田昌明, 大石 充 .  The association between the level of low-density lipoprotein cholesterol at baseline and cardiovascular events after percutaneous coronary intervention .  第81回 日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    開催地:石川  

  • Kanda D, Takumi T, Sonoda T, Kosedo I, Miyata M, Ohishi M .  The preventive effect of angiotensin-converting enzyme inhibitor on renal function in the late phase after percutaneous coronary intervention in patients with statin. .  AHA Scientific Sessions 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:New Orleands, USA  

  • 徳重明央, 薗田剛嗣 , 神田大輔, 内匠拓朗, 大石 充 .  冠動脈造影検査後の脳血管疾患発生率の検討 .  第29回 日本冠疾患学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:札幌  

  • Sonoda T, Okamura A, Kameda S, Yamasaki T, Nakatani S, Nagai H, Iwamoto M, Iwakura K, Fujii K .  The IVUS own guidewire can be used for constructing a 3D image on angiographic image by using the IVUS image .  Complex Cardiovascular Therapeutics 2015 (CCT2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    開催地:神戸  

  • Ojima S, Saihara K, Hamasaki S, Oketani N, Kubozono T, Ichiki H, Takumi T, Kanda D, Higo K, Tokushige A, Kawasoe S, Sonoda T, Takano S, Ohishi M .  The association of abnormal circadian change in body temperature with cardiac dysfunction and poor outcome .  第79回 日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    開催地:大阪  

  • 吉元一成, 濱元裕喜, 薗田剛嗣, 二宮雄一, 小川正一, 石田実雅, 豊永浩一, 李 相崎 .  閉塞性肥大型心筋症に対するペースメーカ植込み後にリードdislodgement に苦慮した1例 .  第5回 植込みデバイス関連冬季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    開催地:東京  

  • 吉元一成, 濱元裕喜, 薗田剛嗣, 二宮雄一, 小川正一, 石田実雅, 豊永浩一, 李 相崎 .  閉塞性肥大型心筋症に対するペースメーカー植込み後にリードdislodgementに苦慮した1例 .  第113回 日本循環器学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    開催地:熊本  

  • 吉元一成, 石田実雅, 宮内栄治, 佐々木雄一, 薗田剛嗣, 有馬良一, 豊永浩一, 李 相崎 .  ファーフィールドR波センシングによりSafe Rモード設定に難渋した一例 .  第296回 日本内科学会九州地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    開催地:福岡  

  • 佐々木雄一, 豊永浩一, 薗田剛嗣, 有馬良一, 吉元一成, 宮内栄治, 李 相崎, 井本 浩 .  僧帽弁置換術後に生じた急性人工弁逆流の成因に苦慮した一例 .  第13回 桜ケ丘循環器研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    開催地:鹿児島  

  • 宮内栄治, 福元大地, 佐々木雄一, 薗田剛嗣, 有馬良一, 豊永浩一, 李 相崎 .  たこつぼ型心筋症の原因となったくも膜下出血の診断に苦慮した1例 .  鹿児島救急医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    開催地:鹿児島  

  • 大牟禮健太, 豊永浩一, 有馬良一, 薗田剛嗣, 佐々木雄一, 福元大地, 李 相崎 .  僧帽弁置換術後の人工弁に感染性心内膜炎を発症した一例 .  第12回 桜ヶ丘循環器研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    開催地:鹿児島  

  • 山下 誠, 李 相崎, 西元達也, 豊永浩一, 有馬良一, 薗田剛嗣, 佐々木雄一, 大牟禮健太, 福元大地, 戸田 仁 .  64列CTスキャンによる急性心筋梗塞後の再灌流の評価 .  第7回 鹿児島インターベンション・カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    開催地:鹿児島  

▼全件表示