2021/12/02 更新

写真a

トヤマ マサアキ
外山 政明
TOYAMA Masaaki
所属
医歯学域ヒトレトロウイルス学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2014年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 抗ウイルス薬

  • 抗がん薬

  • ウイルス学

  • インシリコスクリーニング

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター   特任助教

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 附属難治ウイルス病態制御研究センター   特任助教

    2016年4月 - 2019年3月

 

論文

  • Okamoto M. .  The chemokine receptor antagonist cenicriviroc inhibits the replication of SARS-CoV-2 in vitro .  Antiviral Research182   104902   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Antiviral Research  

    DOI: 10.1016/j.antiviral.2020.104902

    Scopus

    PubMed

  • Okamoto M. .  Induction of E. coli-derived endonuclease MazF suppresses HIV-1 production and causes apoptosis in latently infected cells .  Biochemical and Biophysical Research Communications530 ( 3 ) 597 - 602   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.07.103

    Scopus

    PubMed

  • Yokota R. .  Novel anti-CD70 antibody drug conjugate for the treatment of adult T-cell leukemia (ATL) .  Anticancer Research40 ( 8 ) 4471 - 4479   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14452

    Scopus

    PubMed

  • Samunuri R. .  Synthesis and anti-HBV activity of carbocyclic nucleoside hybrids with salient features of entecavir and aristeromycin .  RSC Medicinal Chemistry11 ( 5 ) 597 - 601   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:RSC Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1039/d0md00059k

    Scopus

    PubMed

  • Toyama M. .  Pyrimidotriazine derivatives as selective inhibitors of HBV capsid assembly .  Virus Research271   197677   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Virus Research  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2019.197677

    Scopus

    PubMed

  • Okamoto M. .  Galectin-3 is involved in HIV-1 expression through NF-κB activation and associated with Tat in latently infected cells .  Virus Research260   86 - 93   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Virus Research  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2018.11.012

    Scopus

    PubMed

  • Sakurai Y. .  Novel amodiaquine derivatives potently inhibit Ebola virus infection .  Antiviral Research160   175 - 182   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Antiviral Research  

    DOI: 10.1016/j.antiviral.2018.10.025

    Scopus

    PubMed

  • Baba M. .  Establishment of an antiviral assay system and identification of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus inhibitors .  Antiviral Chemistry and Chemotherapy25 ( 3 ) 83 - 89   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Antiviral Chemistry and Chemotherapy  

    DOI: 10.1177/2040206617740303

    Scopus

    PubMed

  • Uto T. .  Induction of innate and adaptive immunity with polyion complex nanoparticle adjuvant carrying human immunodeficiency virus type-1 gp120 .  Journal of Biomedical Nanotechnology13 ( 7 ) 848 - 857   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Biomedical Nanotechnology  

    DOI: 10.1166/jbn.2017.2399

    Scopus

  • Oyero O.G., M. Toyama, N. Mitsuhiro, Onifade A.A., A. Hidaka, M. Okamoto and M. Baba. .  Selective inhibition of hepatitis C virus replication by alpha-zam, a nigella sativa seed formulation. .  African Journal of Traditional Complementary and Alternative medicines   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Kasula, M. Toyama, R. Samunuri, F. Rozy, M. Yadav, C. Bal, A. K. Jha, M. Baba, A. Sharon. .  Synthesis and anti-HBV activity of α-stereoisomer of aristeromycin based analogs. .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A. Thiyagarajan, M. Toyama, M. Baba, A. Sharon and C. Bal. .  Synthesis and Anti-HCV Activity of 4-Methoxy-7H- Pyrrolo[2,3-d] Pyrimidine Carbocyclic Nucleosides. .  Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, M. Toyama, K. Yoshinaga, and M. Baba. .  Cepharanthine induces apoptosis through the mitochondria/caspase pathway in murine dendritic cells. .  Immunopharmacology And Immunotoxicology   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • W. Ito, M. Toyama, M. Okamoto, M. Ikeda, K. Watashi, T. Wakita, Y. Hashimoto, M. Baba. .  Isolation and characterization of hepatitis C virus resistant to a novel phenanthridinone derivatives. .  Antiviral Chemistry and Chemotherapy   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A. Yamashita, Y. Fujimoto, M. Tamaki, A. Setiawan, T. Tanaka, K. Okuyama-Dobashi, H. Kasai, K. Watashi, T. Wakita, M. Toyama, M. Baba, NJ. Voogd, S. Maekawa, N. Enomoto, J. Tanaka, K. Moriishi*. .  Identification of antiviral agents targeting hepatitis B virus promoter from extracts of Indonesian marine organisms by a novel cell-based screening assay. .  Marine drugs   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Okamoto, A. Hidaka, M. Toyama, T. Hosoya, M. Yamamoto, M. Hagiwara, M. Baba. .  Selective inhibition of HIV-1 replication by the CDK9 inhibitor FIT-039. .  Antiviral Research   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • N. Sakakibara, M. Baba, M. Okamoto, M. Toyama, Y. Demizu, T. Misawa, M. Kurihara, K. Irie, Y. Kato and T. Maruyama. .  Design, synthesis, and anti-HIV-1 activity of 1-aromatic methyl-substituted 3-(3,5-dimethylbenzyl)uracil and N-3,5-dimethylbenzyl-substituted urea derivatives. .  Antiviral Chemistry and Chemotherapy   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Balaraju, A.K. Konreddy, A. Parveen, M. Toyama, W. Ito, S. Karampuri, M. Baba, A. Sharon, C. Bal. .  Synthesis and anti-HCV determinant motif identification in pyranone carboxamide scaffold. .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Toyama, H. Aoyama, R. Mukai, M. Nakamura, K. Yoshimura, M. Okamoto, T. Ohshima, Y. Hashimoto and M. Baba. .  A novel tetramethylnaphthalene derivative selectively inhibits adult T-cell leukemia (ATL) cells in vitro. .  Anticancer Research   2014年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AK. Konreddy, M. Toyama, W. Ito, C. Bal, M. Baba, A. Sharon. .  Synthesis and anti-HCV activity of 4-hydroxyamino α-pyranone carboxamide analogs. .  ACS Medicinal Chemistry Letters   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, M. Toyama, Y. Nishi, T. Akagi, F. Shima, M. Akashi, M. Baba. .  Uptake of biodegradable poly(γ-glutamic acid) nanoparticles and antigen presentation by dendritic cells in vivo. .  Results in Immunology   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Nakamura, Y. Matsumoto, M. Toyama, M. Baba, and Y. Hashimoto. .  Organosilicon compounds as adult T-cell leukemia (ATL) cell proliferation inhibitors. .  Chemical and Pharmaceutical Bulletin   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Kasula, B. Tuniki, M. Toyama, A. Thiyagarajan, C. Bal, M. Baba, A. Sharon. .  Conformational mimetic approach for synthesis of new carbocyclic nucleosides as anti-HCV lead. .  ChemMedChem   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Shimo, Y. Taketsugu, T. Goto, M. Toyama, K. Yoshimura, M. Baba. .  A facile synthesis of (5-hydroxy-4-oxo-4H-pyran-2-yl)methyl carboxylates and their antiviral activity against hepatitis C virus. .  Heterocycles   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamasaki, M. Toyama, H. Aoyama, Y. White, M. Okamoto, N. Arima, Y. Hashimoto, M. Baba. .  Selective inhibition of HTLV-1-infected cell proliferation by a novel tetramethylnaphthalene derivative. .  Anticancer Research   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, T. Akagi, M. Toyama, Y. Nishi, F. Shima, M. Akashi, M. Baba. .  Comparative activity of biodegradable nanoparticles with aluminum adjuvants: antigen uptake by dendritic cells and induction of immune response in mice. .  Immunology Letters   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ikejiri, T. Ohshima, K. Kato, M. Toyama, T. Murata, K. Shimotohno, T. Maruyama. .  5’-O-Masked 2’-deoxyadenosine analogues as lead compounds for hepatitis C virus (HCV) therapeutic agents. .  Bioorganic & Medicinal Chemistry   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 馬場 昌範, 岡本 実佳, 青木 伸, 八木 良樹, 外山 政明, 田中 智博, 丹羽 卓朗 .  MedChemCorona:COVID-19治療薬創製研究の最前線 新型コロナウイルスの複製を阻害する新規化合物の同定と開発(Identification and development of novel compounds inhibitory to SARS-CoV-2 replication) .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 馬場 昌範, 岡本 実佳, 青木 伸, 八木 良樹, 外山 政明, 田中 智博, 丹羽 卓朗 .  MedChemCorona:COVID-19治療薬創製研究の最前線 新型コロナウイルスの複製を阻害する新規化合物の同定と開発(Identification and development of novel compounds inhibitory to SARS-CoV-2 replication) .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

知的財産権

  • 抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬

    馬場 昌範, 外山 政明, 榊原 紀和

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 鹿児島大学

    出願番号:JP2018000887  出願日:2018年1月

    公表番号:WO2018-135449  公表日:2018年7月

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗B型肝炎ウイルス薬

    馬場 昌範, 外山 政明, 榊原 紀和

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 鹿児島大学

    出願番号:特願2017-528393  出願日:2016年7月

    公表番号:WO2017-010330  公表日:2017年1月

    特許番号/登録番号:特許第6707763号  登録日:2020年5月 

    J-GLOBAL

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • エイズ根治療法を目指したHIV-1慢性感染細胞を選択的に殺傷する薬剤の開発

    研究課題/領域番号:17K08862  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岡本 実佳, 古川 良尚, 馬場 昌範, 橋口 照人, 外山 政明

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • 選択的抗ATL効果作用を有する新規薬剤TMNAAの作用機序解析

    研究課題/領域番号:16K19185  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    外山 政明

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    成人T細胞白血病(ATL)はHTLV-1の感染が原因で起こる致死的な造血器悪性腫瘍であり,現在のところ有効な治療法は確立されていない。これまでに我々は,選択的な抗ATL効果を有するTMNAAを同定しており,本研究は,選択的な抗ATL効果を有するTMNAAの作用機序解析を目的としている。作用機序解析のため、マイクロアレイ解析を行ったが,薬剤処理されたATL細胞株において共通する遺伝子発現の増減については得られなかった。一方で,TMNAAがATL細胞に対しアポトーシスを誘導することで抗ATL効果を示すことが明らかとなった。

    researchmap