2022/12/06 更新

写真a

ハラダ カエ
原田 佳枝
HARADA Kae
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2004年3月   九州大学 )

  • 学士(歯学) ( 2000年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • 歯科補綴学

  • 義歯ケア

  • 骨再生

  • 義歯洗浄剤

  • 細菌感染

  • オートファジー

  • 口腔ケア

  • 老化

研究分野

  • ライフサイエンス / 補綴系歯学

学歴

  • 九州大学   大学院歯学府

    2000年 - 2004年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 九州大学   歯学部   歯学科

    1994年 - 2000年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 鹿児島大学病院   診療講師   診療講師

    2019年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 口腔顎顔面補綴学分野   助教

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 広島大学   大学院医歯薬学総合研究科 細胞分子薬理学   助教

    2009年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 広島大学病院   咬合・義歯診療科   医員

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 広島大学病院   咬合・義歯診療科   研修医

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本補綴歯科学会   九州支部 会計幹事  

    2017年6月 - 2019年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

取得資格

  • 日本老年歯科医学会 認定医

  • 臨床研修指導歯科医

  • 歯科医師

 

論文

  • Harada K, Horinouchi R, Murakami M, Yamashita Y, Yanagisawa T, Shimotahira N, Kamashita Y, Hamada T, Nishi Y, Nishimura M .  An in vitro study on the selection of surfactants for removal of cream denture adhesives from dentures and their application to denture cleaners .  Journal of Prosthodontic Research   2022年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2186/jpr.JPR_D_21_00286

  • Horinouchi R, Harada K, Murakami M, Yamashita Y, Kamashita Y, Shimotahira N, Hamada T, Nishi Y, Nishimura M .  Properties and characteristics of foam denture cleaners as denture adhesive removers .  Dental Materials Journal   2022年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4012/dmj.2022-007

    PubMed

    researchmap

  • Harada-Hada K, Hong G, Abekura H, Murata H .  Evaluation of the efficiency of denture cleaners for removing denture adhesives .  Gerodontology 33 ( 4 ) 453 - 460   2016年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ger.12183

    PubMed

  • Harada-Hada K, Harada K, Kato F, Hisatsune J, Tanida I, Ogawa M, Asano S, Sugai M, Hirata M, Kanematsu T .  Phospholipase C-related catalytically inactive protein participates in the autophagic elimination of Staphylococcus aureus infecting mouse embryonic fibroblasts .  PLoS One 9 ( 5 )   2014年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0098285

    PubMed

  • Yasuhiro Nishi, Katsura Seto, Mamoru Murakami, Kae Harada, Masakazu Ishii, Yuji Kamashita, Shinichiro Kawamoto, Tohru Hamano, Takuya Yoshimura, Asutsugu Kurono, Yasunori Nakamura, Masahiro Nishimura .  Effects of Denture Cleaning Regimens on the Quantity of Candida on Dentures: A Cross-Sectional Survey on Nursing Home Residents .  International Journal of Environmental Research and Public Health19 ( 23 ) 15805 - 15805   2022年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Oral care involving a denture cleaning regimen is important for reducing the incidence of systemic diseases. However, limited information is currently available on denture cleaning frequencies and regimens. Therefore, the present study investigated the relationship between the number of Candida spp. present on the complete dentures of nursing home residents and cleaning regimens. Residents were surveyed to assess their denture cleaning methods. Plaque was collected by applying a sterile swab to the mucosal surface of each examined complete denture worn by 77 residents, and the Candida spp. collected were cultured, identified, and quantified. The relationship between denture cleaning regimens and the quantity of Candida spp. was investigated. Correlation and multivariable analyses revealed that the strongest factor influencing the number of Candida spp. on dentures was the frequency of use of denture cleansers. The number of Candida spp. was the lowest on dentures cleaned daily with a denture cleanser. The present results demonstrated that the daily use of a denture cleanser effectively controlled the adherence of Candida spp. to dentures. Oral and other healthcare providers need to provide instructions on and assist nursing home residents with the daily care of dentures, using denture cleansers, including the environment where cleaning is performed.

    DOI: 10.3390/ijerph192315805

    researchmap

  • Yamashita Y, Nishi Y, Murakami M, Harada K, Nishimura M .  Impact of surface changes and microbial adhesion on mucosal surface finishing of resin denture bases by shot blast polishing using viscoelastic media .  Materials (Basel, Switzerland) 15 ( 6 )   2022年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ma15062275

    PubMed

    researchmap

  • Murakami M, Harada K, Nishi Y, Shimizu T, Motoyama S, Nishimura M .  Effects of storage temperature and pH on the antifungal effects of commercial oral moisturizers against Candida albicans and Candida glabrata .  Medicina (Lithuania) 56 ( 10 ) 1 - 12   2020年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Medicina (Lithuania)  

    DOI: 10.3390/medicina56100525

    Scopus

    PubMed

  • Murakami M, Nishi Y, Harada K, Masuzaki T, Minemoto Y, Yanagisawa T, Shimizu T, Tsuboi A, Hamada T, Nishimura M .  Impact of oral intake of glucosylceramide extracted from pineapple on xerostomia: a double-blind randomized cross-over trial .  Nutrients 11 ( 9 ) 2020 - 2020   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrients  

    DOI: 10.3390/nu11092020

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Kanematsu T, Oue K, Okumura T, Harada K, Yamawaki Y, Asano S, Mizokami A, Irifune M, Hirata M .  Phospholipase C-related catalytically inactive protein: A novel signaling molecule for modulating fat metabolism and energy expenditure .  Journal of Oral Biosciences 61 ( 2 ) 65 - 72   2019年5月査読

  • Hayashiuchi M, Kitayama T, Morita K, Yamawaki Y, Oue K, Yoshinaka T, Asano S, Harada K, Kang Y, Hirata M, Irifune M, Okada M, Kanematsu T .  General anesthetic actions on GABAA receptors in vivo are reduced in phospholipase C-related catalytically inactive protein knockout mice .  Journal of Anesthesia 31 ( 4 ) 531 - 538   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Anesthesia  

    DOI: 10.1007/s00540-017-2350-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Asano S, Taniguchi Y, Yamawaki Y, Gao J, Harada K, Takeuchi H, Hirata M, Kanematsu T .  Suppression of cell migration by phospholipase C-related catalytically inactive protein-dependent modulation of PI3K signaling .  Scientific Reports 7 ( 1 )   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Harada-Hada K, Mimura S, Hong G, Hashida T, Abekura H, Murata H, Nishimura M, Nikawa H .  Accelerating effects of cellulase in the removal of denture adhesives from acrylic denture bases .  Journal of Prosthodontic Research 61 ( 2 ) 185 - 192   2017年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:the Japan Prosthodontic Society / 日本補綴歯科学会  

    DOI: 10.1016/j.jpor.2016.06.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Yamawaki Y, Oue K, Shirawachi S, Asano S, Harada K, Kanematsu T .  Phospholipase C-related catalytically inactive protein can regulate obesity, a state of peripheral inflammation .  Japanese Dental Science Review 53 ( 1 ) 18 - 24   2017年2月査読

  • Oue K, Zhang J, Harada-Hada K, Asano S, Yamawaki Y, Hayashiuchi M, Furusho H, Takata T, Irifune M, Hirata M, Kanematsu T .  Phospholipase C-related catalytically inactive protein is a new modulator of thermogenesis promoted by β-adrenergic receptors in brown adipocyte .  Journal of Biological Chemistry 291 ( 8 ) 4185 - 4196   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M115.705723

  • Harada-Hada K and Kanematsu T .  Molecular basis involved in autophagy-mediated clearance of intracellular pathogens .  6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry   35 - 37   2015年10月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Okumura T, Harada K, Oue K, Zhang J, Asano S, Hayashiuchi M, Mizokami A, Tanaka H, Irifune M, Kamata N, Hirata M, Kanematsu T .  Phospholipase C-related catalytically inactive protein (PRIP) regulates lipolysis in adipose tissue by modulating the phosphorylation of hormone-sensitive lipase .  PLoS One 9 ( 6 )   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0100559

  • Asano S, Nemoto T, Kitayama T, Harada K, Zhang J, Harada K, Tanida I, Hirata M, Kanematsu T .  Phospholipase C-related catalytically inactive protein (PRIP) controls KIF5B-mediated insulin secretion .  Biology Open 3 ( 6 ) 463 - 474   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/bio.20147591

  • Umebayashi H, Mizokami A, Matsuda M, Harada K, Takeuchi H, Tanida I, Hirata M, Kanematsu T .  Phospholipase C-related catalytically inactive protein, a novel microtubule-associated protein 1 light chain 3-binding protein, negatively regulates autophagosome formation .  Biochemical and Biophysical Research Communications 432 ( 2 ) 268 - 74   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.01.119

  • 小野重弘、武知正晃、原田佳枝、太田耕司、奥村俊哉、香川和子、安部倉 仁、奥井 岳、二宮嘉昭、高本 愛、赤川安正、鎌田伸之 .  異常絞扼反射を呈する上下無歯顎患者に対してインプラントにより咬合再建を行った 1 例 .  広島大学歯学会雑誌43 ( 1 ) 57 - 60   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 原田佳枝、牧平清超、二川浩樹、小川郁子、北川雅恵、安部倉仁、西村正宏、栗原英見、赤川安正、濱田泰三 .  異汗性湿疹の手指症状が口腔内金属の除去治療により緩和された症例 .  日本口腔検査学会雑誌1 ( 1 )   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Makihira S, Mizumachi W, Harada K, Shimoe S, Sadamori S, Nikawa H .  The pre-surgical modification of the provisional over-denture through 3-dimensional image analysis supports the mini dental implant treatment: A clinical report .  Int Chin J Dent8 ( 83 ) 39 - 42   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Harada K, Takeuchi H, Oike M, Matsuda M, Kanematsu T, Yagisawa H, Nakayama KI, Maeda K, Erneux C, Hirata M .  Role of PRIP-1, a novel Ins(1,4,5)P3 binding protein, in Ins(1,4,5)P3-mediated Ca2+ signaling .  Journal of Cellular Physiology 202 ( 2 ) 422 - 433   2005年2月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcp.20136

    PubMed

  • Yoshimura K, Takeuchi H, Sato O, Hidaka K, Doira N, Terunuma M, Harada K, Ogawa Y, Ito Y, Kanematsu T, Hirata M. .  Interaction of p130 with, and consequent inhibition of, the catalytic subunit of protein phosphatase 1α .  Journal of Biological Chemistry 276 ( 21 ) 17908 - 17913   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • エビデンスに基づいてデンチャープラークを徹底除去! 義歯の正しいケアの仕方

    西 恭宏, 原田 佳枝, 西村 正宏

    日本歯科評論   81 ( 9 )   99 - 110   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

  • 臨床に役立つすぐれモノ 入れ歯洗浄剤「デントロクリーンムース」

    原田佳枝

    デンタルダイヤモンド   45 ( 7 )   158 - 162   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:デンタルダイヤモンド社  

  • オートファジーによる細菌排除システム

    原田佳枝,兼松 隆

    広島歯科医学雑誌   43 ( 1 )   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:広島県歯科医師会  

  • ショットブラストによるレジン床義歯粘膜面の表面性状と微生物付着状況の検討

    山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 西村 正宏

    日本歯科医師会雑誌   74 ( 4 )   475 - 475   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 市販口腔保湿剤のpH値に関する研究

    元山彩良, 村上格, 原田佳枝, 西恭宏, 西村正宏

    日本補綴歯科学会誌(Web)   13   2021年

     詳細を見る

  • パイナップル由来セラミドの経口摂取は口腔乾燥を改善する 二重盲検無作為化交差試験

    村上 格, 西 恭宏, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 峰元 洋光, 柳澤 嵩大, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   267 - 267   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 補綴外来患者における口腔機能低下症の下位症状と身体的フレイル指標の関連

    西恭宏, 山下裕輔, 村上格, 原田佳枝, 益崎与泰, 峰元洋光, 堀之内玲耶, 池田菜緒, 中村康典, 西村正宏

    日本老年歯科医学会学術大会(Web)   31st ( 4 )   126 - 126   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査

    村上 格, 西 恭宏, 原田 佳枝, 西村 正宏

    老年歯科医学   34 ( 2 )   225 - 225   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である

    堀之内 玲耶, 原田 佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   11 ( 特別号 )   202 - 202   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 顎骨骨髄由来間質細胞の骨形成能判定のためのマーカー探索

    駒走尚大, 末廣史雄, 石井正和, 柳澤嵩大, 原田佳枝, 西村正宏

    日本再生医療学会総会(Web)   18th   ROMBUNNO.P‐01‐043 (WEB ONLY)   2019年

     詳細を見る

  • 舌苔付着の主観評価と舌背細菌数の関係

    新屋 俊明, 西 恭宏, 中村 康典, 村上 格, 原田 佳枝, 鎌下 祐次, 西村 正宏

    老年歯科医学   33 ( 2 )   154 - 155   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 口腔保湿剤の保管温度と種類がその抗真菌性に及ぼす影響

    村上 格, 藤島 慶, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   10 ( 特別号 )   187 - 187   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 口腔インプラント専門外来におけるインプラントオーバーデンチャーの経過報告について

    下田平 直大, 末廣 史雄, 藤島 慶, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本口腔インプラント学会誌   30 ( 3 )   E188 - E189   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 義歯安定剤使用者のための新しい義歯洗浄剤の開発

    原田 佳枝, 三村 純代, 洪 光, 安部倉 仁, 二川 浩樹, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   9 ( 特別号 )   178 - 178   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 顎骨再生を目的とした顎骨骨髄間質細胞培養法の開発

    末廣 史雄, 藤島 慶, 益崎 与泰, 原田 佳枝, 柳澤 嵩大, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   9 ( 特別号 )   267 - 267   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • PRIPはnon-professional phagocytesにおいてオートファジーによる感染細菌排除機構を調節する

    原田 佳枝, 兼松 隆

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 88回・38回   2P0062   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Salmonella Typhimuriumの細胞内増殖はPLC-related catalytically inactive proteinによるオートファジー調節により抑制される

    原田 佳枝, 兼松 隆

    Journal of Oral Biosciences Supplement 2015   209   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 脱リン酸化制御による脂肪分解の新たな分子基盤 査読

    大植香菜、原田佳枝、兼松 隆

    日本薬理学雑誌   146 ( 2 )   93 - 97   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本薬理学会  

    DOI: 10.1254/fpj.146.93

  • 細菌感染におけるオルガネラダイナミクス PRIPはオートファジー系を介した黄色ブドウ球菌排除を促進する

    兼松 隆, 原田 佳枝

    日本細菌学雑誌   70 ( 1 )   118   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Salmonella Typhimuriumの細胞内増殖はPLC-related catalytically inactive proteinによるオートファジー調節により抑制される

    原田佳枝, 兼松隆

    Journal of Oral Biosciences Supplement 2015   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Prip欠損MEFsにおけるautophagosomeとlysosomeの融合抑制

    原田 佳枝, 原田 佳奈, 兼松 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回   2P-518   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • オートファジー系を介した黄色ブドウ球菌排除機構におけるPRIPの役割解明

    原田佳奈, 原田佳枝, 兼松隆

    日本病態プロテアーゼ学会学術集会プログラム抄録集 19th   45   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • PRIPの遺伝的欠損は脂質生成障害を誘導する(Genetic deficiency of PRIP induces impaired adipogenesis)

    張 君, 大植 香菜, 原田 佳枝, 北山 友也, 兼松 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回   1P-381   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • PRIPはStaphylococcus aureusを包含するオートファゴソームの成熟を制御する

    原田 佳枝, 兼松 隆

    Journal of Oral Biosciences Supplement 2013   229   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • PRIPはStaphylococcus aureusを内包するオートファゴソームの成熟を制御する

    原田 佳枝, 林 靖也, 池田 英恵, 兼松 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 85回   3P-243   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 脂肪分解・熱産生系を制御する新しい分子PRIP

    奥村 俊哉, 原田 佳枝, 鎌田 伸之, 兼松 隆

    Journal of Oral Biosciences Supplement 2012   125   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 脂肪分解を制御する新しい分子PRIP

    奥村 俊哉, 原田 佳枝, 溝上 顕子, 平田 雅人, 鎌田 伸之, 兼松 隆

    広島大学歯学雑誌   43 ( 2 )   138   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • PRIPは生体のエネルギー調節機構を制御する

    奥村 俊哉, 原田 佳枝, 溝上 顕子, 平田 雅人, 鎌田 伸之, 兼松 隆

    Journal of Oral Biosciences   53(Suppl.)   159   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • PRIPは細胞内に侵入したStaphylococcus aureusの増殖をオートファジーにより抑制する

    原田 佳枝, 兼松 隆, 平田 雅人

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 84回   4P-0146   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 新規分子PRIPが仲介するエネルギー代謝調節機構の解明

    奥村 俊哉, 原田 佳枝, 鎌田 伸之, 兼松 隆

    広島大学歯学雑誌   43 ( 1 )   76   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • PRIPは細胞内に侵入したStaphylococcus aureusに対するオートファジーを調節する

    原田 佳枝, 兼松 隆

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 83回・33回   4P-0599   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Autophagy induced by Staphylococcus aureus infection and bacterial proliferation in PRIP knockout cells

    Kae Harada, Takashi Kanematsu

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   112   217P   2010年

  • PRIP分子を介したエネルギー代謝調節機構

    原田 佳枝, 田中 寛人, 平田 雅人, 兼松 隆

    Journal of Oral Biosciences   51(Suppl.)   155   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 実験的ストレス負荷による唾液中クロモグラニンAの変動と口腔習癖の関連性

    安部倉 仁, 貞森 紳丞, 洪 光, 原田 佳枝, 前田 武志, 鎌田 浩一, 坪井 将洋, 柄 博紀, 香川 和子, 林 昭志

    広島大学歯学雑誌   41 ( 1 )   94   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Staphylococcus aureus infection-induced autophagy in phospholipase C-related inactive protein knockout cells

    Harada K, Okumura T, Kanematsu T

    6th Japan-Korea Conference on Cellular Signaling for Young Scientists   77   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 認知症高齢者の全身状態および介護状態と口腔内状態との関係

    井上 俊二, 貞森 紳丞, 濱田 泰三, 香川 和子, 原田 佳枝, 関谷 健祐, 末廣 史雄, 前田 武志, 林 昭志, 佐々木 正和

    日本補綴歯科学会誌   52 ( 2 )   260   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 認知症高齢者の全身状態と口腔内状態との関係についての経年的観察

    井上 俊二, 貞森 紳丞, 濱田 泰三, 香川 和子, 原田 佳枝, 関谷 健祐, 末廣 史雄, 前田 武志

    広島大学歯学雑誌   39 ( 1 )   76 - 77   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 認知症高齢者の全身状態と口腔内状態との関係―経年的観察から―

    井上俊二, 貞森紳丞, 濱田泰三, 香川和子, 原田佳枝, 関谷健祐, 末廣史雄, 前田武志, 佐々木正和

    日本補綴歯科学会誌   51 ( 2 )   363   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 金属アレルギー被疑患者のパッチテスト・元素分析の過去7年間の集計

    内山 裕絵, 二川 浩樹, 牧平 清超, 原田 佳枝, 西村 春樹, 浜田 泰三

    日本補綴歯科学会誌   50 ( 1 )   133   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Involvement of PRIP-1 in Ins(1,4,5)P3-mediated Ca2+ signaling

    Harada K, Kanematsu T, Hirata M

    生化学   75 ( 8 )   985   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Roles of PRIP-1, novel Ins(1,4,5)P3 binding protein, in Ca2+ signaling

    Harada K, Hitata M

    2nd Japan-Korea Conference on Cellular Signaliing for Youung Scientists   38   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Roles of PRIP-1, novel Ins(1,4,5)P3 binding protein, in Ca2+ signaling

    Harada, K, Kanematsu, T, Hirata

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94-S1   94P   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • PRIP-1のIns(1,4,5)P3/Ca2+シグナリングにおける役割

    原田 佳枝, 竹内 弘, 照沼 美穂, 兼松 隆, 平田 雅人

    生化学   74 ( 748 )   915   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Roles of PRIP-1, novel Ins(1,4,5)P3 binding protein, in Ca2+ signaling

    Harada K

    1st Korea-Japan Conference on Signal Transduction   22   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • イノシトールポリリン酸5-ホスファターゼとプレックストリン相同領域の結合解析

    竹内 弘, 原田 佳枝, 照沼 美穂, 八木澤 仁, 平田 雅人

    生化学   73 ( 8 )   964   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 原田 佳枝 .  新義歯製作と口腔機能訓練を併用し口腔機能改善を図った症例 .  令和4年度日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会  2022年8月  公益社団法人 日本補綴歯科学会 中国四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月 - 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松市  

  • 原田佳枝,西 恭宏 .  顎下腺摘出患者に対し口腔機能訓練を行い口腔機能に改善が認められた症例 .  日本老年歯科医学会 第33回学術大会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,村上 格,下田平直大,鎌下祐次,山下裕輔,西 恭宏,西村正宏 .  義歯安定剤使用者のための新しい泡タイプ義歯洗浄剤の開発 .  第24回日本歯科医学会学術大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 村上 格,元山彩良,原田佳枝,西 恭宏,西村正宏 .  口腔保湿剤の抗真菌性に関する研究 .  第24回日本歯科医学会学術大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 山下裕輔,西 恭宏,村上 格,原田佳枝,堀之内玲耶,西村正宏 .  ショットブラストによるレジン床義歯粘膜面の表面性状と微生物付着状況の検討 .  第24回日本歯科医学会学術大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 駒走彩良,村上 格,小野草太,原田佳枝,西 恭宏,西村正宏 .  市販口腔保湿剤における保管温度と保管期間がpHならびにORPへ及ぼす影響 .  令和3年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • 元山 彩良, 村上 格, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏 .  市販口腔保湿剤のpH値に関する研究 .  日本補綴歯科学会第130回記念学術大会  2021年6月  (公社)日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

  • 堀之内 玲耶, 原田 佳枝, 西村 正宏 .  高齢マウス顎骨由来間葉系幹細胞の老化現象と骨分化への影響の解析 .  日本補綴歯科学会第130回記念学術大会  2021年6月  (公社)日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

  • 山下 裕輔, 西 恭宏, 北上 真由美, 神之田 理恵, 大迫 奈里子, 村上 格, 末廣 史雄, 益崎 与泰, 原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 池田 菜緒, 櫻井 智章, 西村 正宏 .  有床義歯における片側咬合力計測の有効性の検討 .  日本補綴歯科学会第130回記念学術大会  2021年6月  (公社)日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

  • 村上 格,原田佳枝,元山彩良,西 恭宏,西村正宏 .  温度とpHは口腔保湿剤の抗真菌性に影響を及ぼす .  第32回日本老年歯科医学会学術大会  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  • 西 恭宏, 山下 裕輔, 村上 格, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 峰元 洋光, 堀之内 玲耶, 池田 菜緒, 中村 康典, 西村 正宏 .  患者特性からみた口腔機能低下症、サルコペニア、フレイルの関係 .  第32回日本老年歯科医学会学術大会  2021年6月  (一社)日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  新規開発した義歯洗浄剤を含めた泡タイプ義歯洗浄剤の比較検討 .  第13回日本義歯ケア学会学術大会  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 西 恭宏,村上 格,原田佳枝,堀之内玲耶,西村正宏 .  義歯洗浄剤の使用頻度は義歯のカンジダ付着量に影響する-施設入所者における調査から- .  第13回日本義歯ケア学会学術大会  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • M. Murakami, K. Harada, Y. Nishi and M. Nishimura .  Storage temperature and pH of commercial oral moisturizers affects the antifungal effects .  7th Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP  JPS-CPS-KAP国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 西 恭宏、山下 裕輔、村上 格、原田 佳枝、益崎 与泰、峰元 洋光、堀之内 玲耶、池田 菜緒、中村 康典、西村 正宏 .  補綴外来患者における口腔機能低下症の下位症状と身体的フレイル指標の関連 .  日本老年歯科医学会第31回学術大会  一般社団法人 日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 堀之内玲耶、原田佳枝、山下裕輔、村上 格、西恭宏、西村正宏 .  義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤の洗浄効果の検討 .  日本老年歯科医学会 第30回学術大会  一般社団法人 日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 村上 格,原田佳枝,元山彩良,西 恭宏,西村正宏 .  口腔保湿剤の保管温度ならびにpHが抗真菌性に及ぼす影響 .  日本老年歯科医学会 第30回学術大会  一般社団法人 日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  要介護者に向けた義歯安定剤が付着した義歯の新規清掃法の開発 .  第17回日本口腔ケア学会学術大会  一般社団法人日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎/web併催  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,山下裕輔,下田平直大,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤の洗浄効果の検討 .  日本補綴歯科学会第129回学術大会  公益社団法人 日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 柳澤嵩大,西村正宏,末廣史雄,益崎与泰,原田佳枝 .  抗菌性ペプチドLL-37のリンパ管新生促進効果の検討 .  日本補綴歯科学会第129回学術大会  公益社団法人 日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:Web  

  • 村上 格,西 恭宏,原田佳枝,益崎与泰,峰元洋光,柳澤嵩大,西村正宏 .  パイナップル由来セラミドの経口摂取は口腔乾燥を改善する:二重盲検無作為化交差試験 .  日本補綴歯科学会第129回学術大会  公益社団法人 日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,神園健人,濱坂厘杏,下田平直大,村上 格, 西 恭宏,西村正宏 .  義歯安定剤使用者に向けた新しい義歯洗浄法の開発 .  第12回日本義歯ケア学会学術大会  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知学院大学楠元キャンパス  

  • 堀之内玲耶,原田佳枝,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  適切なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤に有用である .  第1回南九州歯学会  南九州歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学 鶴陵会館  

  • 山下裕輔,西 恭宏,村上 格,山下皓三,原田佳枝,益崎与泰,有馬 敬,鎌下祐次,中村康典,西村正宏 .  2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況 .  日本老年歯科医学会 第30回学術大会  一般社団法人 日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター  

  • 原田佳枝,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  適正なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である .  日本老年歯科医学会 第30回学術大会  一般社団法人 日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター  

  • 村上 格,西 恭宏,原田佳枝,西村正宏 .  医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査 .  日本老年歯科医学会 第30回学術大会  一般社団法人 日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター  

  • 堀之内玲耶,原田佳枝,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である .  第128回日本補綴歯科学会学術大会  公益社団法人 日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌コンベンションセンター  

  • 堀之内 玲耶,原田 佳枝,西村 正宏 .  界面活性剤のHLB値はクリームタイプ義歯安定剤除去に影響する .  第9回補綴若手研究会  公益社団法人 日本補綴歯科学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 原田 佳枝 .  市民フォーラム 義歯と健康 .  平成30年度日本補綴歯科学会九州支部会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:熊本県歯科医師会館  

  • 新屋 俊明, 西 恭宏, 中村 康典, 村上 格, 原田 佳枝, 鎌下 祐次, 西村 正宏 .  舌苔付着の主観評価と舌背細菌数の関係 .  日本老年歯科医学会 第29回学術大会  2018年9月  (一社)日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 村上 格,藤島 慶,原田佳枝,西 恭宏,西村正宏 .  口腔保湿剤の保管温度と種類がその抗真菌性に及ぼす影響 .  日本補綴歯科学会 第127回学術大会  公益社団法人 日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山コンベンションセンター  

  • 原田 佳枝,三村 純代,洪 光,二川 浩樹,西村 正宏 .  義歯安定剤ユーザーに適した新しい義歯洗浄法開発の試み .  第10回日本義歯ケア学会学術大会  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学蔵本キャンパス  

  • 原田佳枝,三村純代,洪 光,安部倉 仁,二川浩樹,西村正宏 .  義歯安定剤使用者のための新しい義歯洗浄剤の開発 .  第126回日本補綴歯科学会学術大会  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月 - 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県横浜市、パシフィコ横浜  

  • 末廣 史雄, 藤島 慶, 益崎 与泰, 原田 佳枝, 柳澤 嵩大, 西村 正宏 .  顎骨再生を目的とした顎骨骨髄間質細胞培養法の開発 .  第126回日本補綴歯科学会学術大会  2017年7月  (公社)日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月 - 2017年7月

  • 下田平 直大, 末廣 史雄, 藤島 慶, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 西 恭宏, 西村 正宏 .  口腔インプラント専門外来におけるインプラントオーバーデンチャーの経過報告について .  第34回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会  2017年1月  (公社)日本口腔インプラント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

  • 原田佳枝,三村純代,洪 光,橋田竜閲,安部倉仁,村田比呂司,二川浩樹,西村正宏 .  アクリルレジン床に付着した義歯安定剤除去におけるセルラーゼの有用性 .  平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部・中国四国支部合同学術大会  公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部・中国四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本県熊本市、熊本県歯科医師会館  

  • 末廣史雄、益﨑与泰、原田佳枝、柳澤嵩大、西村正宏 .  顎骨増生を目的とした低侵襲・効率的な顎骨骨髄間質細胞培養 .  平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会九州・中四国支部学術大会  公益社団法人日本補綴歯科学会九州・中四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本県熊本市、熊本県歯科医師会館  

  • 原田佳枝、兼松隆 .  PRIPはnon-professional phagocytesにおいてオートファジーによる感染細菌排除機構を抑制する .  BMB2015  日本分子生物学会、日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県神戸市、神戸ポートピアアイランド  

  • Intracellular growth of Salmonella Typhimurium is inhibited by autophagic regulation of PLC-related catalytically inactive protein .  Intracellular growth of Salmonella Typhimurium is inhibited by autophagic regulation of PLC-related catalytically inactive protein .  第57回歯科基礎医学会学術大会  歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟県新潟市、朱鷺メッセ  

  • Kae Harada-Hada,Takashi Kanematsu .  Salmonella Typhimurium enclosed in p62/LC3-positive vacuoles is increased in Prip-knockout cells .  第48回広島大学歯学会総会  広島大学歯学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学  

▼全件表示

知的財産権

  • 義歯洗浄剤

    原田 佳枝, 西村 正宏, 吉川 靖志, 夕田 貞之

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 鹿児島大学

    出願番号:特願2019-087801  出願日:2019年5月

    公開番号:特開2019-196350  公開日:2019年11月

    特許番号/登録番号:特許第6861420号  登録日:2021年4月 

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 義歯安定剤除去剤及び除去方法

    原田 佳枝, 三村 純代, 二川 浩樹

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人広島大学

    出願番号:特願2016-012907  出願日:2016年1月

    公開番号:特開2017-132707  公開日:2017年8月

    J-GLOBAL

    researchmap

受賞

  • 令和4年度鹿児島大学歯学部同窓会奨励賞

    2022年11月   鹿児島大学歯学部同窓会   An in vitro study on the selection of surfactants for removal of cream denture adhesives from dentures and their application to denture cleaners

     詳細を見る

  • 第12回日本義歯ケア学会学術大会優秀口演賞

    2021年2月   日本義歯ケア学会   義歯安定剤使用者に向けた新しい義歯洗浄法の開発

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 高齢ドナー顎骨由来MSCを用いたSASP抑制による高度顎堤吸収治療法の開発研究

    研究課題/領域番号:21K10006  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    原田 佳枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 義歯上の付着微生物に対する光照射殺菌による影響の検討

    2021年4月 - 現在

    共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1000000円 、 間接経費:300000円 )

  • MSCsを用いたオートファジー系を介する高度骨吸収治療法の開発研究

    研究課題/領域番号:18K09703  2018年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    原田 佳枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    高齢(78-80週齢)および若齢(10週齢)の雄性マウス顎骨より細胞の採取に成功し、高齢マウス由来細胞(OMSC)と若齢マウス由来細胞(YMSC)とを比較した。その結果、顎骨OMSCでは形態学的にも老化細胞の性質を持ち、老化マーカー遺伝子についてもmRMAレベルで亢進していることが分かった。一方でオートファジーに関してはマーカー遺伝子LC3、Beclin1、Atg7いずれも顎骨OMSCはYMSCよりもmRNAレベルで亢進しており、基底レベルでオートファジーが更新していることが示唆された。

    researchmap

  • 義歯洗浄剤の開発

    2018年1月 - 2020年6月

    民間企業  共同研究  共同研究

    原田 佳枝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • オートファジーを介した黄色ブドウ球菌排除の分子基盤解明

    研究課題/領域番号:15K11039  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    原田 佳枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • PRIPを介したオートファジーによる感染細菌排除機構の解明

    研究課題/領域番号:25861757  2013年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費  若手研究(B)

    原田 佳枝

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 義歯安定剤使用者のための新規低生体為害性オーラルセルフケア法の開発

    研究課題/領域番号:21791898  2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費  若手研究(B)

    原田 佳枝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 高齢要介護義歯安定剤使用者に向けた口腔ケア法の開発研究

    研究課題/領域番号:22K10082  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    鎌下 祐次

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • ジェルコート保湿による新規保湿法の開発と多軸的評価

    研究課題/領域番号:21K10257  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    清水 孝治, 西村 正宏, 西 恭宏, 元山 彩良, 原田 佳枝, 村上 格

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • 高齢ドナー由来間葉系幹細胞を用いた骨増生時における細菌由来因子影響の解析研究

    研究課題/領域番号:21K10006  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    下田平 直大

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 高齢ドナー由来間葉系幹細胞を用いた骨増生時における細菌由来因子影響の解析研究

    研究課題/領域番号:19K10251  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    下田平 直大, 西村 正宏, 末廣 史雄, 原田 佳枝, 石井 正和

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究は、実験動物を用いて高齢ドナーの顎骨MSC(間葉系幹細胞)の特徴を解析し、組織再生への免疫応答を介した口腔内細菌の影響への関与を解明する研究である。これまでに、10週と78-80週齢雄性マウスから顎骨・長管骨由来MSC採取に成功したが、長管骨から採取した細胞には骨細胞が多く混入することが問題となっていた。今回は採取方法も見直し、顎骨細胞と同様のプロトコールで細胞を採取した細胞に変更して研究を進めた。
    78-80週齢マウス由来MSC(OMSC)と10週齢マウス由来MSC(YMSC)を比較し、同じ動物から採取した長管骨由来MSCとも比較した。誘導による骨分化は顎骨YMSC・OMSCは長管骨由来細胞と比較すると骨分化は亢進していたが、加齢により分化は顎骨由来細胞と大腿骨由来細胞はともに抑制されており、顎骨OMSCは顎骨YMSCよりも、大腿骨OMSCは大腿骨YMSCよりも亢進傾向分化は抑制されていた。一方、脂肪分化については全体的に顎骨由来細胞は大腿骨由来細胞より抑制されていたが、加齢による変化は顎骨と大腿骨で異なる傾向を示した。大腿骨OMSCの脂肪分化は大腿骨YMSCとは変わらなかったが、顎骨OMSCの脂肪分化は顎骨YMSCよりも亢進傾向を示し、顎骨YMSCには殆ど脂肪滴が認められないにもかかわらず、顎骨OMSCでは脂肪滴が確認できた。さらに、SASP因子についてリアルタイムPCR法で解析したところ、顎骨由来細胞と大腿骨由来細胞では、加齢によって遺伝子レベルでも異なる変化が認められた。
    以上より顎骨由来OMSCは、個体老化により細胞の性質が大腿骨由来細胞とは異なることが示唆された。

    researchmap

  • 食味嗜好に対応する温度調節型保湿法の開発とその有効性に関する多軸的評価

    研究課題/領域番号:21K09982  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    村上 格

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 食味嗜好に対応する温度調節型保湿法の開発とその有効性に関する多軸的評価

    研究課題/領域番号:18K09665  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    村上 格, 西村 正宏, 西 恭宏, 藤島 慶, 原田 佳枝

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究の目的は,これまで申請者らが行った口腔乾燥ならびに保湿剤に関する一連の研究成果をもとに,保湿剤を加温や冷却して食味嗜好に対応する温度調節型保湿法を開発し,その有効性について評価するものである.
    保湿剤の味,舌触り,潤い感,塗りやすさ,総合点に対する官能試験の結果,開封直後と比較して,保湿剤の37℃の加温でVAS評価における男女間の有意差は大きく減少した.保湿剤の加温・冷却条件の検討の結果,保湿剤の抗真菌性は,保湿剤のタイプと保管温度に関係し,37℃で保管した場合の抗真菌性が最も高いことが示された.

    researchmap

  • 脂肪細胞の分化と脱分化制御の分子基盤解明研究

    研究課題/領域番号:26670809  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費  挑戦的萌芽研究

    兼松 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • GABAシグナリング調節分子による摂食調節メカニズムの解明研究

    研究課題/領域番号:21390495  2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費  基盤研究(B)

    兼松 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • GABA(A)受容体輸送調節分子による神経因性疼痛制御の基礎的研究

    研究課題/領域番号:21659429  2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費  挑戦的萌芽研究

    兼松 隆

  • Studies on mechanisms of cell signaling

      詳細を見る

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 国際医療人育成学IV

    2019年4月
    -
    2020年3月
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 研究実践II

    2018年12月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 研究実践I

    2018年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 臨床実習II

    2017年3月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 臨床実習I

    2016年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 臨床予備実習

    2016年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 有床義歯補綴学

    2016年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 歯科用薬物

    2009年4月
    -
    2016年3月
    機関名:広島大学

  • 細胞分子薬理学実習

    2009年4月
    -
    2016年3月
    機関名:広島大学

  • 細胞分子薬理学演習

    2009年4月
    -
    2016年3月
    機関名:広島大学

  • 薬理学・歯科薬理学

    2009年4月
    -
    2016年3月
    機関名:広島大学

  • 基礎オーラルサイエンス実習

    2009年4月
    -
    2016年3月
    機関名:広島大学

  • 口腔機能学基礎実習

    2009年4月
    -
    2016年3月
    機関名:広島大学

▼全件表示