2021/09/20 更新

写真a

タビラ タカユキ
田平 隆行
TABIRA Takayuki
所属
医歯学域医学系 医学部 保健学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(保健医療学) ( 2007年3月   国際医療福祉大学 )

研究キーワード

  • 認知症,高齢者,リハビリテーション,作業療法

学歴

  • 国際医療福祉大学   大学院医療福祉学研究科

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 長崎純心大学   大学院人間文化研究科

    - 2001年3月

  • 長崎大学   長崎大学医療技術短期大学部   作業療法学科

    - 1993年3月

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医学部 保健学科   教授

    2016年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本老年精神医学会

    2016年12月 - 現在

  • 日本作業療法士協会

    1993年5月 - 現在

  • 作業療法ジャーナル

    2020年4月 - 現在

  • Review Circle on Rehabilitation for Dementia

    2018年4月 - 現在

  • 日本作業療法研究学会

    2007年6月 - 現在

  • 鹿児島県身障・高齢期作業療法勉強会

    2017年4月 - 現在

  • 鹿児島県作業療法士協会

    2017年4月 - 現在

  • 日本臨床神経生理学会

    2002年10月 - 2018年3月

▼全件表示

委員歴

  • 日本作業療法士協会   学術部学術委員会研究推進班 班長  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本作業療法研究学会   事務局長  

    2011年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本作業療法士協会   学術誌「作業療法」編集協力委員  

    2011年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 作業療法ジャーナル   編集協力者  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Review Circle on Rehabilitation for Dementia   代表  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島県身障・高齢期作業療法勉強会   代表  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島県作業療法士協会   かごしま認知症OTネットワーク  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本作業療法士協会   認知症の人の生活支援推進委員会委員  

    2015年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

取得資格

  • 専門作業療法士(認知症)

  • 作業療法士

 

論文

  • Okabe T, Suzuki M, Iso N, Tanaka K, Sagari A, Miyata H, Maruta M, Han G, Tabira T, Kawagoe M .  Long-Term Changes in Older Adults’ Independence Levels for Performing Activities of Daily Living in Care Settings: A Nine-Year Follow-Up Study .    18 ( 18 )   2021年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.3390/ijerph18189641

  • Sagari A, Tabira T, Maruta M, Miyata H, Hasegawa T, Kawagoe M .  Effect of Daily Living Activities on the Need for Long-Term Care in Older Adults .  Asian Journal of Occupational Therapy17 ( 1 )   2021年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.11596/asiajot.17.69 Details

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/asiajot/17/1/17_69/_article

  • Ikeda Y, Maruta M, Shimokihara S, Nakamura A, Han G, Tabira T .  Difficulties in the Use of Everyday Technology among Older Adults with Subjective Memory Complaint and Cognitive Decline .  Gerontology   2021年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000518390

  • Maruta M, Makizako H, Ikeda Y, Miyata H, Nakamura A, Han G, Shimokihara S, Tokuda K, Kubozono T, Ohishi M, Tabira T .  Association between apathy and satisfaction with meaningful activities in older adults with mild cognitive impairment: A population-based cross-sectional study .  Int J Geriatr Psychiatry   2021年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/gps.5544

  • Maya Nakamura, Tomofumi Hamada, Akihiko Tanaka, Keitaro Nishi, Kenichi Kume, Yuichi Goto, Mahiro Beppu, Hiroshi Hijioka, Yutaro Higashi, Hiroaki Tabata, Kazuki Mori, Yumiko Mishima, Yoshinori Uchino, Kouta Yamashiro, Yoshiaki Matsumura, Hyuma Makizako, Takuro Kubozono, Takayuki Tabira, Toshihiro Takenaka, Mitsuru Ohishi, Tsuyoshi Sugiura .  Association of Oral Hypofunction with Frailty, Sarcopenia, and Mild Cognitive Impairment: A Cross-Sectional Study of Community-Dwelling Japanese Older Adults .  J Clin Med10 ( 8 )   2021年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10081626

  • Shimokihara S, Maruta M, Hidaka Y, Akasaki Y, Tokuda K, Han G, Ikeda Y, Tabira T .  Relationship of Decrease in Frequency of Socialization to Daily Life, Social Life and Physical Function in Community-Dwelling Adults Aged 60 and over after the COVID-19 Pandemic. .  Int. J. Environ. Res   2021年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph180525

  • Tabira T, Maruta M, Matsudaira K, Matsuo T, Hasegawa T, Sagari A, Han G, Takahashi H, Tayama J .  Relationship between attention bias and psychological index in individuals with chronic low back pain: A preliminary event-related potential study .  Front Hum Neurosci   2020年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum

  • Ikeda Y, Han G, Maruta M, Hotta M, Ueno E, Tabira T .  Association between Daily Activities and Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia in Community-Dwelling Older Adults with Memory Complaints by Their Families .  Int. J. Environ. Res. Public Health17 ( 18 )   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tokuda K, Maruta M, Shimokihara S, Han G, Tomori K, Tabira T .  Self-Selection of Interesting Occupation Facilitates Cognitive Response to the Task: An Event-Related Potential Study .  Frontiers in Human Neuroscience   2020年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.3389/fnhum.2020.00299

  • Tabira T, Hotta M, Murata M, Yoshiura K, Han G, Ishikawa T, Koyama A, Ogawa N, Maruta M, Ikeda Y, Mori T, Yoshida T, Hashimoto M, Ikeda M .  Age-Related Changes in Instrumental and Basic Activities of Daily Living Impairment in Older Adults with Very Mild Alzheimer’s Disease .  Dement Geriatr Cogn Disord Extra   2020年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000506281

    PubMed

  • Sagari A, Tabira T, Maruta M, Miyata H, Han G, Kawagoe M .  Causes of changes in basic activities of daily living in older adults with long‐term care needs. .  Australas J Ageing   1 - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Han G, Maruta M, Ikeda Y, Ishikawa T, Tanaka H, Koyama A, Fukuhara R, Boku S, Takebayashi M, Tabira T. .  Relationship between Performance on the Mini-Mental State Examination Sub-Items and Activities of Daily Living in Patients with Alzheimer’s Disease .  Journal of Clinical Medicine6 ( 5 )   2020年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.3390/jcm9051537

    PubMed

    その他リンク: https://www.mdpi.com/2077-0383/9/5/1537/htm

  • Matsuo T, Moriuchi T, Iso N, Hasegawa T, Miyata H, Maruta M, Mitsutake T, Yamaguchi Y, Tabira T, Higashi T .  Effects of prism adaptation on auditory spatial attention in patients with left unilateral spatial neglect: a non-randomized pilot trial .  International Journal of rehabilitation Research43 ( 3 ) 228 - 234   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MRR.0000000000000413

  • Maruta, M, Makizako, H, Ikeda, Y, Miyata, H, Nakamura, A, Han, G, Shimokihara, S, Tokuda, K.; Kubozono, T, Ohishi, M, Tomori, K, Tabira, T. .  Associations between Depressive Symptoms and Satisfaction with Meaningful Activities in Community-Dwelling Japanese Older Adults .  J Clin Med   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm9030795

    PubMed

  • Miyata H, Hasegawa T, Maruta M, Takahashi H, Matsuo T, Tabira T .  Cognitive task suppresses extra-epidermal electrical stimulation evoked potentials .  nerv super rediviva62 ( 1 ) 5 - 9   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maruta M, Tabira T, Sagari A, Miyata H, Yoshimitsu K, Han G, Yoshiura K, Matsuo T, Kawagoe M .  Impact of sensory impairments on dementia incidence and symptoms among Japanese older adults .  Psychogeriatric   2019年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/psyg.12494

  • Ikeda Y, Ogawa N, Yoshiura K, Han G, Maruta M, Hotta M, Tabira T .  Instrumental Activities of Daily Living: The Processes Involved in and Performance of These Activities by Japanese Community-Dwelling Older Adults with Subjective Memory Complaints. .  Int J Environ Res Public Health16 ( 14 )   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph16142617.

    PubMed

  • Maruta, M, Takahashi H, Han G, Miyata H, Matsuo T, Koura S, Tayama J, Tabira T .  Effects of self-selected task content on the P300 component and reaction times .  Activitas Nervosa Superior Rediviva   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maruta M, Tabira T, Makizako H, Sagari A, Miyata H, Yoshimitsu K, Han G, Yoshiura K, Kawagoe M .  Impact of Outpatient Rehabilitation Service in Preventing the Deterioration of the Care-Needs Level Among Japanese Older Adults Availing Long-Term Care Insurance: A Propensity Score Matched Retrospective Study .  Int J Environ Res Public Health16 ( 7 )   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph16071292.

    PubMed

  • Makizako H, Kubozono T, Kiyama R, Takenaka T, Kuwahata S, Tabira T, Kanoya T,Horinouchi K, Shimada H, Ohishi M .  Associations of social frailty with loss of muscle mass and muscle weakness among community-dwelling older adults .  Geriatrics & Gerontology International   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13571

  • Sagari A, Ikio Y T, Imamura N, Deguchi K, Sakai T, Tabira T, Higashi T .  Effect of Occupation-Based Interventions in patients with Haematopoietic Malignancies undergoing Chemotherapy: A Pilot Randomised Controlled Trial .  Hong Kong Journal of Occupational Therapy   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1177/1569186118818680, 2018.

  • Yoshimitsu K, Tabira T, Kubota M, Ikeda Y, Inoue K, Akasaki Y. .  Factors affecting the self-rated health of elderly individuals living alone: A cross-sectional study .  BMC Research Notes   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-017-2836-x.

  • Hasegawa T, Miyata H, Nishi K, Sagari A, Moriuchi T, Matsuo T, Tabira T, Higashi T. .  Somatosensory cortex excitability changes due to differences in instruction conditions of motor imagery .  Somatosens Mot Res.   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/08990220

  • Iso N, Ooso S, Yamamoto N, Moriuchi T, Sagari A, Iso F, Tanaka K, Tabira T, Higashi T .  Effect of mental practice using inverse video of the unaffected upper limb in a subject with chronic hemiparesis after stroke .  J Phys Ther Sci28 ( 10 ) 2984 - 2987   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iso N, Moriuchi T, Sagari A, Kitajima K, Iso F, Tanaka K, Kikuchi Y, Tabira T, Higashi T .  Monitering local regional hemodynamic signal changes during motor execution and motor imagery using near-infrared spectroscopy .  Front Physiol416   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389

  • Sagari A, Iso N, Moriuchi T, Ogahara K, Kitajima E, Tanaka K, Tabira T, Higashi T .  Changes in cerebral hemodynamics during complex motor learing by character entry into touch-screen termibals. .  PLoS One.   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Moriuchi T, Iso N, Sagari A, Ogahara K, Kitajima E, Tanaka K, Tabira T, Higashi T .  Excitability of the primary motor cortex increases more strongly with slow- than with normal-speed presentation of actions .  PLoS One   2014年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1371/journal.pone.0114355

  • 和田あゆみ,牧迫飛雄馬,中井雄貴,富岡一俊,谷口善昭,佐藤菜々,木山良二,田平隆行,窪薗琢郎,大石充 .  地域在住高齢者における社会的フレイルとうつ傾向との関連 .  鹿児島大学医学部保健学科紀要   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,上野恵理 .  脳血管性認知症と作業療法 .  OTジャーナル55 ( 8 ) 859 - 863   2021年8月招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Hamada T, Tanaka A, Nishi K, Kume K, Goto Y, Beppu M, Hijioka H, Higashi Y, Tabata H, Mori K, Mishima Y, Uchino Y, Yamashiro K, Matsumura Y, Makizako H, Kubozono T, Tabira T, Takenaka T, Ohishi M, Sugiura T .  Association of Oral Hypofunction with Frailty, Sarcopenia, and Mild Cognitive Impairment: A Cross-Sectional Study of Community-Dwelling Japanese Older Adult .    10 ( 8 )   2021年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10081626

  • Tanaka H, Umeda R, Shoumura Y, Kurogi T, Nagata Y, Ishimaru D, Tabira T, Yoshimitsu K, Ishi R, Nishikawa T .  Development of an Assessment Scale for Engagement in Activities for Patients with Moderate to Severe dementia .  Psychogeriatrics   2021年2月招待

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/psyg.12678

  • Shimokihara S, Tanoue T, Takeshita K, Tokuda K, Maruta M, Moriuchi T, Tabira T .  Usefulness of navigation application for outdoor mobility guides in community-dwelling older adults: a preliminary study. .  Disability and Rehabilitation: Assistive Technology4   1 - 8   2021年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17483107.202

  • Sagari A, Tabira T, Maruta M, Miyata H, Han G, Kawagoe M .  Causes of changes in basic activities of daily living in older adults with long‐term care needs .  Australasian Journal on Ageing   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1111/ajag.12848

  • 韓侊熙, 丸田道雄, 髙橋弘樹, 上城憲司, 田平隆行 .  脳血管障害患者の表情認知における情報処理パターンと損傷領域に関する予備的研究 .  作業療法39 ( 1 ) 38 - 46   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 丸田道雄,田平隆行,川越雅弘 .  地域で継続して生活するために介護認定調査から見た認知症者のADL・BPSDの実態と介入 .  作業療法ジャーナル53 ( 10 ) 1135 - 1140   2019年10月招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,堀田牧 .  地域で継続して生活するために在宅での生活行為に対する評価と介入ポイント .  作業療法ジャーナル53 ( 10 ) 1153 - 1157   2019年10月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,堀田牧,小川敬之,村田美希,吉浦和宏,丸田道雄,池田由里子,石川智久,池田学 .  地域在住認知症患者に対する生活行為工程分析表(PADA-D)の開発 .  老年精神医学雑誌30 ( 8 )   2019年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 丸田道雄,田平隆行,牧迫飛雄馬,韓侊熙,吉満孝二,中村篤,窪薗琢郎,大石充 .  地域在住独居高齢者における心の理論課題成績と社会参加との関連 .  老年精神医学雑誌30 ( 2 )   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 髙橋弘樹,丸田道雄,韓侊熙,宮田浩紀,田平隆行 .  精神的ストレスと注意要求のある身体運動が侵害受容情報処理過程に及ぼす影響 .  作業療法38   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 丸田道雄,髙橋弘樹,韓侊熙,宮田浩紀,田平隆行 .  課題内容の自己選択や外的報酬が事象関連電位P300成分と反応時間に及ぼす影響 .  作業療法37 ( 5 ) 481 - 489   2018年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行 .  医療と地域における認知症施策と生活行為を中心とした作業療法介入ポイント .  作業療法鹿児島24   2 - 6   2018年3月招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 丸田道雄,田平隆行,佐賀里昭,宮田浩紀,堀田牧,吉満孝二,韓侊熙,髙橋弘樹,川越雅弘 .  BPSD 関連項目に該当する要支援高齢者の介護度悪化 に関わる要因の検討 .  保健医療学雑誌10 ( 1 )   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行 .  高齢者のADLの特徴 .  老年精神医学雑誌28   978 - 983   2017年9月招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 堀田牧,田平隆行,石川智久,橋本衛 .  アルツハイマー病患者のADL障害 .  老年精神医学雑誌28   984 - 988   2017年9月招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,佐賀里昭 .  認知症の人のための法的整備と予防事業 .  MB Med Reha206   59 - 64   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行 .  日頃の臨床実践を実験研究で検証してみる .  作業療法35 ( 6 ) 577 - 581   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 冨永美紀,上城憲司,西田征治,田平隆行,太田保之 .  若年性認知症の人とその家族介護者の思いの分析 .  作業療法35 ( 5 ) 545 - 555   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行 .  認知症高齢者に対するリハビリテーション介入のレビュー-地域での介入研究を中心に- .  作業療法ジャーナル50 ( 2 ) 117 - 121   2016年2月招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 平野佳奈子,上城憲司,田平隆行,村田伸,太田保之 .  寝たきり高齢者に対する声かけの反応と家族の言動変容の分析 .  作業療法ジャーナル49 ( 9 ) 963 - 968   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 筬島知佳,石井都萌,土井貴裕,横田浩輝,松尾崇史,長谷川隆史,宮田浩紀,田平隆行 .  眼から判断する表情認知の表情特異性に関する研究 .  西九州リハビリテーション研究8   23 - 27   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宮原洋八,長住達樹,小松洋平,藤原和彦,田中真一,大田尾浩,田平隆行,上城憲司 .  介護予防教室参加者の運動機能,生活機能に及ぼす運動介入の影響 .  体育の科学85   73 - 77   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松野豊,杉谷一輝,村田 弓,田平隆行,山本伸一 .  脳卒中片麻痺患者の上衣着脱動作の効率性向上を目的とした縄抜け訓練の効果 .  作業療法ジャーナル48 ( 9 ) 981 - 987   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中野沙織,内山園子,佐藤大介,福山真生,松尾崇史,長谷川隆史,宮田浩紀,田平隆行 .  表情の相違がGo/No-go課題遂行時の反応時間に及ぼす影響 .  西九州リハビリテーション研究7   11 - 16   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐藤大介,中野沙織,内山園子,福山真生,松尾崇史,長谷川隆史,宮田浩紀,田平隆行 .  外傷性脳損傷による高次脳機能障害者の職業適性能と認知機能との関係 .  西九州リハビリテーション研究7   17 - 21   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松尾崇史, 山口洋一, 荒巻裕迪, 寺崎司, 桑原知泰,田平隆行 .  半側空間無視が聴覚的音源探索に与える影響について .  作業療法佐賀3 ( 1 ) 31 - 38   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松尾崇史,田平隆行 .  左半側空間無視患者における聴覚的空間探索の方向的ずれに関する研究 .  日本作業療法研究学会雑誌16 ( 2 ) 7 - 12   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行, 田中浩二, 中村剛, 佐賀里昭, 磯直樹, 井口茂 .  単語・写真遅延再生課題の信頼性と妥当性の検証-認知機能低下予防事業の活用を目的として- .  日本作業療法研究学会雑誌16 ( 2 ) 1 - 5   2013年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐賀里昭, 壱岐尾優太, 立石尚, 田平隆行, 吉村俊朗 .  パーキンソン病患者の残存歯数と日常生活及び運動機能との関連 .  日本作業療法研究学会雑誌16 ( 1 ) 11 - 14   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松尾崇史, 山口洋一, 荒巻裕迪, 寺崎司, 田平隆行 .  脳血管障害患者における大脳半球損傷の左右差が聴覚的空間探索に与える影響 .  作業療法32 ( 5 ) 411 - 418   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行, 太田保之, 上城憲司, 植田友貴, 宮田浩紀, 松尾崇史, 長谷川隆史, 松坂誠應 .  高次脳機能障害の職業適性能力に関する研究-厚生労働省偏一版職業検査(事業用)T版を用いて .  日本作業療法研究学会雑誌16 ( 1 ) 31 - 35   2013年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行 .  作業療法における地域支援生活-学術誌「作業療法」の論文レビュー .  作業療法32 ( 4 ) 298 - 306   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 植田友貴,田平隆行,東嶋美佐子 .  自宅内でも走行可能な人工呼吸器を搭載した電動車椅子の作成 .  西九州リハビリテーション研究6   63 - 68   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 仙波梨沙,上城憲司,田平 隆行,西田征治,納戸美佐子,中村貴志 .  地域在住高齢者における財布動作と認知機能の関連―いい老後(1,165)テスト― .  精神科治療学27 ( 11 ) 1477 - 1482   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 仙波梨沙,上城憲司,,西田征治,小松洋平,田平隆行 .  回復期リハビリテーション病棟入院高齢者における財布動作と認知機能との関連 .  作業療法佐賀2 ( 1 ) 43 - 47   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 仙波梨沙,上城憲司,田平隆行,西田征治,原口健三 .  認知症と手段的ADLに関する文献研究 .  日本作業療法研究学会15 ( 1 ) 7 - 12   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,中村剛,磯直樹,佐賀里昭,平瀬達哉 .  高齢者の認知機能低下予防プログラム「拮抗体操」の開発-前頭前野に及ぼす影響に関する予備的研究- .  作業療法31 ( 4 ) 353 - 362   2012年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 深堀聖子,磯直樹,鶴田明穂,里村潤一,内村ふみ子,田平隆行 .  通所だより発刊による利用者・家族への影響及びスタッフの意識の変化 .  長崎作業療法7 ( 1 ) 3 - 9   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 磯直樹,内村ふみ子,鶴田明穂,田平隆行,長尾哲男 .  集団活動における作業工程の進め方の違いが認知症者の精神・心理機能へ及ぼす影響 -回復期リハビリテーション病棟における介入研究- .  作業療法30 ( 1 ) 20 - 28   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 磯直樹,相山真智,谷口弥生,内村ふみ子,田中浩二,佐賀里昭,田平隆行 .  回復期リハビリテーション病棟における認知症者に対する集団レクリエーションの実践 .  日本作業療法研究学会雑誌14 ( 2 ) 35 - 39   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 長谷川隆史,佐賀里昭,田中浩二,磯直樹,田平隆行 .  mirror box課題における運動イメージ想起の関与が体性感覚野に及ぼす影響 .  総合リハ39 ( 11 ) 1075 - 1079   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 平瀬達哉,井口茂,中尾理恵子,川崎涼子,新田章子,田平隆行,松坂誠應 .  在宅虚弱高齢者に対するバランス強化運動とその効果尺度に関する検討 -パフォーマンステストと静止立位時重心動揺での効果検証- .  保健学研究23 ( 2 ) 35 - 39   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上城憲司,小松洋平,加藤稔子,堀江淳,田平隆行,村田伸 .  認知症の行動・心理症状(BPSD)対応の基礎知識に関する実態調査 .  日本作業療法研究学会雑誌14 ( 1 ) 33 - 38   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐賀里昭,田中浩二,平瀬達哉,井口茂,磯直樹,上城憲司,田平隆行 .  介護保険職員の自己効力感の特徴-医療・保健施設職員との比較から- .  日本作業療法研究学会雑誌14 ( 1 ) 23 - 28   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐賀里昭,田平隆行,磯直樹,西村洋子,田中浩二,前園健之,中村剛,井口茂 .  認知症介護予防事業における事業形態の相違と認知機能との関係-一般高齢者事業と一般・特定高齢者合同事業との比較 .  長崎作業療法研究6 ( 1 ) 3 - 8   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山田真季,大久保篤史,村田潤,田平隆行 .  聴覚刺激による運動のペースコントロールが脳内運動準備活動に及ぼす影響 .  日本作業療法研究学会雑誌12 ( 2 ) 13 - 18   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行 .  高齢者の認知機能面に対する運動及び作業療法介入の効果について .  理学療法探求13   13 - 18   2010年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐賀里昭,田平隆行,長谷川隆史,磯直樹,田中浩二,船瀬広三 .  複雑動作や疑似動作の動作観察が皮質運動関連領域に及ぼす影響 .  日本作業療法研究学会雑誌13 ( 1 ) 17 - 22   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 磯直樹,内村ふみ子,谷口弥生,田中浩二,田平隆行 .  協会版認知症タイプ分類別にみた集団作業の影響-回復期リハビリテーション病棟において― .  長崎作業療法研究5 ( 1 ) 7 - 14   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村勇輔,窪田伸一郎,江崎香織,佐賀里昭,田平隆行 .  高次脳機能障害者とその家族の障害認識の相違について .  長崎作業療法研究5 ( 1 ) 15 - 19   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 東嶋美佐子,田平隆行,中川弘巳,井口茂,中尾理恵子,大町いづみ,中原和美,川崎涼子,新田章子,松坂誠應 .  デイケア利用者における摂食機能障害徴候に関する実態調査 .  日本作業療法研究学会雑誌12 ( 2 ) 25 - 30   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中原和美,大町いづみ,松坂誠應,糸山景光,長尾哲男,森下路子,井口茂,中尾理恵子,田平隆行,川崎涼子 .  長崎大学医学部保健学科におけるチームアプローチ教育の効果Ⅰ .  リハビリテーション連携科学10 ( 1 ) 38 - 39   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大町いづみ,中原和美,松坂誠應,糸山景光,長尾哲男,森下路子,井口茂,中尾理恵子,田平隆行,川崎涼子 .  長崎大学医学部保健学科におけるチームアプローチ教育の効果Ⅱ .  リハビリテーション連携科学10 ( 1 ) 39   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Funase K, Liang N, Tsukazaki I, Tabira T, Narita T, Kasai K .  Bilateral Facilitation of Hand-motor Cortices During a Reading Task .  dvances in Exercise and Sports Physiology14 ( 3 ) 57 - 62   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,榊原淳,沖英一,田中浩二 .  認知症介護予防モデル事業の紹介と成果について .  保健学研究20 ( 2 ) 19 - 24   2008年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 杉本幸子,小河原格也,田平隆行 .  地域参加を促す介護老人保健施設における作業療法の役割 .  作業療法27 ( 1 ) 83 - 88   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,東登志夫,稲冨宏之,田中悟郎 .  パーキンソン病患者における視覚情報処理過程の特徴—視覚探索課題を用いた検討 .  作業療法27 ( 1 ) 65 - 72   2008年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Funase K, Tabira T, Higashi T, Liang N, Kasai K .  Increased corticospinal excitability during direct observation of self-movement and indirect observation with a mirror box. .  Neuroscience Letters419   108 - 112   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 榊原淳,大久保英梨子,佐々木麻衣,山西葉子,田平隆行 .  転換性障害患者に対する作業療法の経験 .  長崎作業療法研究4 ( 1 ) 15 - 21   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山田真季,清水希,田平隆行 .  背景音楽が認知的処理と課題遂行に及ぼす影響 .  長崎作業療法研究4 ( 1 ) 9 - 13   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田口雅也, 井上直美,田平隆行,船瀬広三 .  音楽課題時における手指支配運動野の興奮性変化 .  保健学研究20 ( 1 ) 23 - 27   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,船瀬広三 .  Mirror Box課題における運動野及び体性感覚野の興奮性の変化 .  保健学研究20 ( 1 ) 9 - 15   2007年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 村田潤,伊賀舞衣香,結城聡子,原田加奈子,田平隆行 .  視力低下が作業パフォーマンスに与える影響 .  日本作業療法研究学会雑誌10 ( 1 ) 37 - 42   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田口雅也,田平隆行,成田知弘,船瀬広三 .  上肢筋の持続性伸張時における前腕筋及び下肢筋の脊髄運動ニューロンの興奮性の変化 .  日本作業療法研究学会雑誌10 ( 1 ) 25 - 30   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,村田潤, 榊原淳, 大久保篤史,奈良進弘 .  軽度認知症における課題の認知的負荷量の相違がP300に及ぼす影響 .  日本作業療法研究学会雑誌10 ( 1 ) 31 - 36   2007年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seki N, Shimizu M, Shimizu K, Oyama M, Tabira T, Hamaguchi T .  Effect of prolonged Stretch Exercise of upper Extremity Muscles on both Arm and Hand of Cooperative Motion. .  Niigata Journal of Health and Welfare6 ( 1 ) 17 - 24   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,長尾哲男,東登志夫,榊原淳,大久保篤史 .  ペグ差し替え作業の動作分析-利き手交換の基礎的研究- .  長崎作業療法研究3 ( 1 ) 3 - 7   2006年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小河原格也,田平隆行,東登志夫,杉本幸子 .  アルミ箔を使用した簡易スイッチの紹介 .  長崎作業療法研究3 ( 1 ) 35 - 39   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大藪みゆき,田平隆行,友利幸之介,出口友喜,山田麻和 .  実現困難な到達目標を希望する進行性疾患患者に対しての「意味ある作業」の探索-カナダ作業遂行モデルに基づいた実践- .  長崎作業療法研究2 ( 1 ) 11 - 17   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行 .  軽度認知症の注意配分機能に関する生理心理学的評価と作業療法の介入研究 .  国際医療福祉大学紀要10 ( 2 ) 148 - 149   2005年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 出口友喜,田平隆行,友利幸之介,長谷龍太郎,浜辺由美子 .  生活史の語りの中から自分らしい作業に気づくことの出来た一症例-ナラティブ・ベースド・メディスンの実践- .  長崎作業療法研究2 ( 1 ) 3 - 10   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,奈良進弘,小川昌宏 .  軽度痴呆症の注意資源配分に関する研究-二重課題法を用いたP300による検討- .  老年精神医学雑誌15 ( 4 ) 425 - 432   2004年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鎌田篤子,長尾哲男,田平隆行 .  介護老人保健施設における言語療法士の老人性難聴者への関わり方 -病院に勤務する言語療法士との比較- .  長崎大学医学部保健学科紀要17 ( 2 ) 27 - 31   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 田平隆行,奈良進弘 .  認知的作業負荷量の相違が事象関連電位に及ぼす影響 .  長崎大学医学部保健学科紀要17 ( 1 ) 25 - 29   2004年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 榊原淳,東登志夫,船瀬広三,田平隆行,坂井憲太郎 .  遠隔筋収縮による運動細胞興奮性の促通効果 -収縮強度および収縮側による違い- .  作業療法20 ( 1 ) 45 - 51   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 長尾哲男,田平隆行,東登志夫 .  作業療法における体幹・下肢機能の理解 .  作業療法ジャーナル43 ( 12 ) 8 - 12   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Higashi T, Funase K,      Kusano K, Tabira T, Harada N, Sakakibara A, Yoshimura T. .  Motorneuron Poll Excitability of Hemiplegic Patients: Assessing Recovery Stages by Using H-Reflex and M response .  Arch Phys Med Rehabil82   1604 - 1610   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,草野加奈,東登志夫,榊原淳,船瀬広三 .  遠隔筋収縮が皮質錐体路ニューロンに及ぼす影響 -促通手技の理論的根拠に関する基礎的検討-(筆頭論文) .  作業療法20 ( 5 ) 465 - 471   2001年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 草野加奈,田平隆行,東登志夫 .  脳血管障害における運動療法の有効性 -基本動作の再教育により能力向上を図ることができた症例を通じて- .  理学療法探求3   7 - 12   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 東登志夫,長尾哲男,吉村俊朗,田原弘幸,沖田実,田平隆行,榊原淳,平貴天 .  老人保健施設入所者の主観的QOLと対人関係 -老人デイケア利用者と比較して- .  長崎大学医療技術短期大学部紀要12   99 - 104   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 原田直樹,田平隆行,中野治郎,田浦直美,大木田治夫 .  ALS患者の在宅療養におけるアプローチ –摂食動作を中心に- .  理学療法探求1   22 - 27   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田平隆行,原田直樹,福江芳子,長尾哲男,東登志夫,井口馨子 .  脳血管障害患者の視覚注意機能評価 -視覚探索課題を用いた検討-(筆頭論文) .  長崎大学医療技術短期大学部紀要12   111 - 114   1998年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 東登志夫,田原弘幸,沖田実,中野裕之,井口茂,吉村俊朗,長尾哲男,岩永竜一郎,田平隆行 .  老人の主観的幸福感に影響を及ぼす諸要因-老人関連施設利用者における検討- .  長崎大学医療技術短期大学部紀要11   67 - 71   1997年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 田平隆行,原田直樹,辻畑光宏,長尾哲男,東登志夫 .  運動失調における重垂負荷・弾性緊薄帯負荷が上肢動作能力に及ぼす影響 .  長崎大学医療技術短期大学部紀要11   89 - 90   1997年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 認知障害作業療法ケースブック 重度別の認知症と作業療法

    池田学,村井千賀,田平隆行,田中寛之ほか( 担当: 共著 ,  範囲: 軽度者・中高度者におけるADL/IADL)

    メジカルビュー社  2021年3月  ( ISBN:978-4-7583-1946-1

     詳細を見る

    総ページ数:175   担当ページ:6-15   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Evidence basedで考える認知症リハビリテーション,根拠に基づいた認知症リハビリテーション介入を行うために

    田中寛之,田平隆行( 担当: 共著)

    医学書院  2019年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:2-4   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ADL評価,軽度認知障害・軽度認知症.evidence basedで考える認知症リハビリテーション

    田平隆行( 担当: 単著)

    医学書院  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 軽度認知障害・軽度認知症の認知機能評価.evidence basedで考える認知症リハビリテーション

    韓 侊熙,田平隆行( 担当: 単著)

    医学書院  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 認知症の重症度別特徴,軽度認知障害・軽度認知症.evidence basedで考える認知症リハビリテーション

    田平隆行( 担当: 単著)

    医学書院  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ADL介入,軽度認知障害・軽度認知症.evidence basedで考える認知症リハビリテーション

    田平隆行( 担当: 単著)

    医学書院  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 認知機能評価指標の使い分け―認知症患者の認知機能評価に適した指標―.どう向き合う!? 高齢者の認知機能

    田平隆行( 担当: 単著)

    医学書院  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 理学療法士のための知っておきたい! 認知症知識Q&A

    島田裕之(監修) 牧迫飛雄馬(編) ( 担当: 分担執筆)

    医歯薬出版  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 軽度認知障害(MCI)と認知機能低下予防の評価と実践.作業療法マニュアル62,認知症の人と家族に対する作業療法

    田平隆行( 担当: 共著 ,  範囲: 軽度認知障害(MCI)と認知機能低下予防の評価と実践)

    日本作業療法士協会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 臨床におけるMCIへの接遇. 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)-効果的な認知症予防を目指して-

    田平隆行( 担当: 共著 ,  範囲: 臨床におけるMCIへの接遇)

    医学書院  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 認知症初期集中支援チームの実際:アセスメント.作業療法マニュアル59:初期集中支援-作業療法士の役割と視点-

    田平隆行( 担当: 共著 ,  範囲: 認知症初期集中支援チームの実際:アセスメント)

    日本作業療法士協会  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:27-36   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 食事:日常生活活動・社会生活行為学

    田平隆行,松尾崇史( 担当: 共著)

    医学書院  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:83-103   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 公共交通機関利用. 日常生活活動の作業療法

    田平隆行,植田友貴( 担当: 共著)

    中央法規  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 層を厚く

    田平 隆行

    OTジャーナル   54 ( 5 )   3 - 4   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

講演・口頭発表等

  • 中村 篤,牧迫飛雄馬,丸田道雄,宮田浩紀,田平隆行 .  運転を中断した地域在住高齢者の生活上重要な作業の特徴および抑うつとの関連 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 磯 直樹,岡部拓大,鈴木 誠,田平隆行,川越雅弘 .  訪問リハビリテーションを利用した要介護者の心身機能を含めた生活機能の経時的変化 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 岡部拓大,鈴木 誠,磯 直樹,田平隆行,川越雅弘 .  生活自立確率の長期的変化―要介護高齢者を対象にした項目反応理論解析― .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 韓 侊熙,福原竜治,朴 秀賢,竹林 実,田平隆行 .  レビー小体型認知症患者のMMSEの下位項目とADLとの関連についての研究 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下木原俊,丸田道雄,中村 篤,池田由里子,田平隆行 .  地域在住高齢者が生活の中で重要としている作業の特徴―性別および年代別の検討― .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上野恵理,池田由里子,下木原俊,日髙憲太郎,田平隆行 .  地域在住認知症高齢者における生活行為工程分析表(PADA-D)を用いた更衣,整容に関する特徴 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宮田浩紀,丸田道雄,中村 篤,池田由里子,田平隆 .  地域在住高齢者の生活上重要な作業活動の満足度と社会的フレイルとの関連 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 田平隆行,丸田道雄,韓 侊熙,岡部拓大,川越雅弘 .  認知症高齢者の要介護度に伴うADL自立度の低下様式 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 池田由里子,丸田道雄,平田 優,田平隆行 .  家族が捉えているもの忘れがある地域在住高齢者のIADLとBPSDの特徴 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 丸田道雄,牧迫飛雄馬,中村 篤,大勝秀樹,田平隆行 .  フレイル状態の地域在住高齢者が生活の中で重要とする活動の特徴 .  第54回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 韓 侊熙,丸田道雄,池田由里子,小山明日香,田中響,石川智久,福原竜治,橋本衛,竹林実,田平隆行 .  レビー小体型認知症の認知機能と日常生活活動についてのアルツハイマー病との比較 .  第13回日本作業療法研究学会  日本作業療法研究学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 池田由里子,韓侊熙,丸田道雄,田平隆行 .  主観的もの忘れのある地域在住高齢者の趣味活動と生活行為の関連性 .  第13回日本作業療法研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 下木原俊,田之上友彦,徳田圭一郎,丸田道雄,日高雄磨,田平隆行 .  地域在住高齢者に対する屋外移動ガイドを目的としたナビゲーションアプリの有用性に関する予備的研究 .  第13回日本作業療法研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 田平隆行,丸田道雄,佐賀里昭,宮田浩紀,川越雅弘 .  地域在住認知症高齢者における3年後の介護認定変化に及ぼす心身機能,生活行為,行動心理症状の要因に関する縦断研究 .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 池田由里子,吉満孝二,丸田道雄,平田優,田平隆行 .  もの忘れを自覚する地域在住高齢者の加齢による生活行為の特徴に関する検討 .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中村篤,臼杵扶佐子,田平隆行 .  小児性水俣病認定患者の生活行為および心理的要因に関する探索的研究 .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐賀里昭,田平隆行,丸田道雄,宮田浩紀,川越雅弘 .  要支援・要介護高齢者の生活行為の経年変化 .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 丸田道雄,田平隆行,佐賀里昭,大勝秀樹,川越雅弘 .  介護認定調査における視力・聴力の低下が認知機能低下リスクへ与える影響 .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Makizako H, Nakai Y, Tomioka K, Taniguchi Y, Tabira T, Shimada H, Kubozono T, Takenaka T, Ohishi M. .  Effects of social engagement on multidimensional cognitive function among community-dwelling older adults .  Alzheimer’s Association International Conference, Satellite Symposium  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 吉満孝二,藤田賢太郎,西 綾,福永一喜,田平隆行 .  介護ロボット開発の取り組み ―認知症高齢者のコミュニケーション支援― .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宮田浩紀,丸田道雄,佐賀里昭,田平隆行,川越雅弘 .  介護保険施設入居者における3年後の介護認定変化に及ぼす心身機能及び起居動作の要因 .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 田中有貴,藤田賢太郎,吉満孝二,田平隆行,大勝秀樹 .  最新の表情解析技術を用いた認知症高齢者の表情解析の実用化に向けた予備的研究 .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 徳田圭一郎,丸田道雄 ,下木原俊,友利幸之介,田平隆行 .  興味ある作業を自己選択することは課題の認知処理反応を促進する .  第53回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 和田あゆみ,中井雄貴,富岡一俊,谷口善昭,佐藤菜々,木山良二,田平隆行,窪園琢郎,竹中俊宏,大石充,牧迫飛雄馬 .  地域在住高齢者における社会的フレイルとうつとの関連について .  第5回日本予防理学療法学会サテライト集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 田平隆行,池田由里子,丸田道雄,小川敬之,石川智久,吉浦和宏,韓侊熙,堀田牧,池田学 .  生活行為工程分析表に基づいた地域在住AD患者のADL工程障害と残存の特徴 .  第34回日本老年精神医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 牧迫飛雄馬,窪薗琢郎,中井雄貴,富岡一俊,谷口善昭,木山良二,田平隆行,大石充 .  基本チェックリスト下位項目によるサルコペニアの一次スクリーニングの可能性 .  第61回日本老年医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 丸田道雄,田平隆行,吉満孝二,佐賀里昭,宮田浩紀,韓侊熙,吉浦和宏,大勝秀樹,川越雅弘 .  護認定調査に基づいた要介護度と生活機能への通所リハビリテーションの効果-傾向スコアマッチングを用いた後方視的研究- .  第34回日本老年精神医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Makizako H, Kubozono T, Kiyama R, Tabira T, Shimada H, Doi T, Ohishi M .  Associations of current driving status with social frailty and functional capacity among community-dwelling elderly. .  Asia Confederation for Physical Therapy Congress 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Makizako H, Kubozono T, Kiyama R, Takenaka T, Kuwahata S, Tabira T, Kanoya Y, Horinouchi K, Shimada H, Ohishi M. .  Associations of social frailty with loss of muscle mass and weakness among community older adults .  Gerontological Society of America (GSA) 2018 Annual Scientific Meeting,  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 田平隆行,牧迫飛雄馬,吉満孝二,丸田道雄,池田由里子,中村篤,下木原俊,徳田圭一郎,竹中俊宏,窪薗琢郎,大石充 .  地域在住高齢者における墓参り行動と心身機能,生活機能との関連 .  第12回日本作業療法研究学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:埼玉  

  • 下木原俊, 丸田道雄, 吉満孝二, 上城憲司, 西田征治, 田平隆行 .  医療介護施設における徘徊行動とその支援についての実態調査 .  第12回日本作業療法研究学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 堀田牧,吉浦和宏,村田美希,田平隆行,石川智久,田中響.兼田桂一郎,津野田尚子,橋本衛,池田学 .  軽度AD患者の生活行為障害の特徴とAD-ADL評価表の実用性に関する考察 .  第37回認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 田平隆行,牧迫飛雄馬,吉満孝二,丸田道雄,池田由里子,中村篤,下木原俊,徳田圭一郎,竹中俊宏,窪薗琢郎,大石充 .  地域在住高齢者における墓参り行動と心身機能,生活機能との関連 .  第12回日本作業療法研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 韓侊熙,吉浦和宏,堀田牧,小山明日香,田平隆行,竹林実,池田学,橋本衛 .  アルツハイマー型認知症患者における MMSE の認知領域と ADL 自立度低下の関連 .  第12回日本作業療法研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 下木原俊, 丸田道雄,吉満孝二,上城憲司,西田征治,田平隆行 .  医療介護施設における徘徊行動とその支援についての実態調査 .  第12回日本作業療法研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 田平隆行, 丸田道雄, 小川敬之, 堀田牧 , 池田学 .  地域在住の独居AD患者におけるIADL工程障害と残存能力に関する研究 .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 田平隆行,田中寛之,永田優馬 .  認知症のADL・QOL研究最前線 .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋  

  • 韓侊熙, 丸田道雄, 中村篤, 吉満孝二, 田平隆行 .  地域在住高齢者における心の理論課題成績の加齢変化 .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 丸田道雄, 韓侊熙 , 吉満孝二 , 牧迫飛雄馬, 田平隆行 .  地域在住独居高齢者における心の理論課題成績と社会参加との関連 .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 宮田浩紀, 丸田道雄, 佐賀里昭, 田平隆行, 川越雅弘 .  介護認定調査における要介護度別の行動心理症状の出現割合の特徴 .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 中村篤, 臼杵扶佐, 田平隆行 .  胎児性・小児性水俣病認定患者の生活行為および心理的要因に関する調査 .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 佐賀里昭, 田平隆行, 丸田道雄, 宮田浩紀, 川越雅弘 .  要支援高齢者の2年後の認定変化に及ぼす生活行為の要因について .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 堀田牧, 吉浦和宏, 村田美希, 田平隆行, 池田学 .  アルツハイマー病患者を対象とした生活行為自立評価尺度の考案と実用性に関する研究 .  第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 田平隆行,丸田道雄,吉満孝二,小川敬之,辻本貴志,家村美里,北原光一朗,池田大,石川智久,吉浦和弘,堀田牧,池田学 .  生活行為工程分析表による地域在住AD患者のIADL工程障害と残存の特徴 .  第33回日本老年精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:郡山  

  • 堀田牧,村田美希,吉浦和弘,田平隆行,石川智久,田中響,兼田桂一郎,津野田尚子,橋本衛,池田学 .  軽度認知症者の生活行為障害へのリハビリ介入から得られた「日常の過ごし方」の課題 .  第33回日本老年精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:郡山  

  • 丸田道雄,田平隆行,吉満孝二,佐賀里昭,宮田浩紀,堀田牧,川越雅弘 .  介護認定調査におけるBPSD関連項目と認知症高齢者日常生活自立度との関連 .  第33回日本老年精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Akira Sagari. Yuta Ikio.Takayuki Tabira. Jun Iwanami. Masayoshi Kobayashi.Toshio Higashi .  Effect of Occupation-Based-Interventions Using ADOC for Hematopoietic Malignancies in Patients during Chemotherapy .  The 1st Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 佐賀里昭 , 壱岐尾優太 , 木下暢子, 岩波潤, 田平隆行 .  化学療法施行中の造血器腫瘍患者に対するADOCを用いたOccupation-Focused-Interventionsの効果 .  第51回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 田平隆行, 佐賀里昭, 堀田牧, 菊池潤, 川越雅弘 .  要介護認定者における認知症の有無及び重症度がADL/IADL に及ぼす影響 .  第51回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 松尾崇史, 山口洋一 , 森内剛史 , 田平隆行, 東登志夫 .  半側空間無視に対するプリズム順応療法が音源定位能力に与える即時効果 .  第51回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 4. 田平隆行,堀田牧,村田美希,吉浦和弘,石川智久,小川敬之,森崇明,吉田卓,池田学 .  加齢による初期AD患者のADL/IADL自立度低下の特徴 .  第32回日本老年精神医学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  • 韓侊熙,高橋弘樹,丸田道雄,宮田浩紀,田平隆行 .  高齢脳損傷患者の表情認知,心の理論とMMSEカットオフ値との関係 .  第11回日本作業療法研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2. 田平隆行,松尾崇史,丸田道雄,高橋弘樹,韓侊熙,長谷川隆史,宮田浩 .  高齢の慢性腰痛患者に対する注意バイアスと恐怖回避思考等の心理社会要因との関係 .  第29回活動分析研究大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 堀田牧,小山明日香,村田美希,吉浦和宏,田平隆行,田中響,石川智久,橋本衛,池田学 .  ADとDLBにおける生活行為障害の特徴と自立の割合に関する研究 .  第35回日本認知症学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 田平隆行 .  認知症介護予防事業の実践と成果 .  第50回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:札幌  

  • 田平隆行, 田山淳, 松尾崇史, 長谷川隆史, 松平浩 .  慢性腰痛を有する高齢者に対する注意バイアス修正法に関する事象関連電位研究 .  第50回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 丸田道雄, 高橋弘樹, 韓侊熙, 宮田浩紀, 田平隆行 .  課題内容を自分で選択することは視覚的反応時間や認知処理反応を促進するか? .  第50回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 高橋弘樹, 丸田道雄, 韓侊熙, 田平隆行 .  精神的ストレス課題と運動課題が主観的痛みと痛み関連電位に及ぼす影響 .  第50回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 松尾崇史, 荒巻裕迪, 森内剛史, 田平隆行, 東登志夫 .  視覚的無視症状に対する聴覚的空間探索訓練の効果検証 .  第50回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 韓侊熙, 丸田道雄, 高橋弘樹, 國崎啓介, 田平隆行 .  高齢脳損傷患者の表情認知の特徴 .  第50回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 田平隆行 .  軽度認知症に対する視覚と聴覚刺激による二重課題法を用いた介入研究 .  第10回日本作業療法研究学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 韓侊熙,高橋弘樹,丸田道雄,田平隆行 .  高齢脳損傷患者の心の理論の特徴 .  第10回日本作業療法研究学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 高橋弘樹,韓侊熙,丸田道雄,田平隆行 .  運動課題と精神的ストレス課題が痛み関連脳電位に及ぼす影響 .  第10回日本作業療法研究学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 丸田道雄,高橋弘樹,韓侊熙,宮田浩紀,田平隆行 .  自己選択や外的報酬が反応時間とP300に及ぼす影響 .  第10回日本作業療法研究学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 荒巻裕迪, 松尾崇史, 田平隆行 .  プリズム順応療法が脳卒中片麻痺患者の座位姿勢に与える影響‐パイロットスタディ‐ .  第15回佐賀県作業療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • プリズム順応が360°水平空間における音源定位(多方向性注意)に与える効果検証

    2019年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • アルツハイマー病患者に対する生活行為工程分析に基づいたリハビリテーション介入の標準化に関する研究

    2019年4月 - 2021年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 地域在住認知症者に対する生活行為工程分析に基づいたリハビリテーション介入に関する効果研究-多施設共同研究―

    2019年4月 - 2021年3月

    民間財団等  日本作業療法士協会 課題研究助成Ⅰ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 抑うつや不安症状を有する軽度認知症患者に対する認知バイアス修正の効果検証

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 高齢慢性疼痛患者に対する注意バイアス修正プログラムの効果検証

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究

    2015年4月 - 2018年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 軽度認知障害および軽度認知症者の生活支援プログラムのランダム化比較試験

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 高次脳機能障害者の職業検査中のエラー出現様式と前頭前野の活動動態

    2011年9月 - 2012年8月

    民間財団等  交通事故に関する一般研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 手指感覚情報処理時の自律神経性手指循環制御機構に対する脳皮質活性変調の効果

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ミラーボックスを用いた神経リハビリテーションに関する研究

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 身体運動におけるミラーニューロンシステムに関する研究

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 痴呆症の注意資源配分に関する基礎的研究

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示