2021/05/13 更新

写真a

オダ コウヘイ
小田 耕平
ODA Kouhei
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 肝疾患相談センター 特任助教
職名
特任助教

学位

  • 博士(医学) ( 2018年2月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 肝疾患 脂肪性肝疾患

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療施設 肝疾患相談センター   特任助教

    2018年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 HGF組織修復・再生医療学講座   特任助教

    2016年2月 - 2018年3月

所属学協会

  • 日本消化器免疫学会

    2014年1月 - 現在

  • 日本超音波医学会

    2012年4月 - 現在

  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会

    2012年4月 - 現在

  • 日本消化器内視鏡学会

    2009年3月 - 現在

  • 日本肝臓学会

    2008年4月 - 現在

  • 日本消化器病学会

    2007年10月 - 現在

  • 日本内科学会

    2007年4月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Kazuaki Tabu, Seiichi Mawatari, Kohei Oda, Kotaro Kumagai, Yukiko Inada, Hirofumi Uto, Akiko Saisyoji, Yasunari Hiramine, Masafumi Hashiguchi, Tsutomu Tamai, Takeshi Hori, Kunio Fujisaki, Dai Imanaka, Takeshi Kure, Ohki Taniyama, Ai Toyodome, Sho Ijuin, Haruka Sakae, Kazuhiro Sakurai, Akihiro Moriuchi, Shuji Kanmura, Akio Ido .  Hypovascular tumors developed into hepatocellular carcinoma at a high rate despite the elimination of hepatitis C virus by direct-acting antivirals .  PLoS One15 ( 8 ) e0237475   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Mawatari, Kohei Oda, Kotaro Kumagai, Kazuaki Tabu, Sho Ijuin, Kunio Fujisaki, Yukiko Inada, Hirofumi Uto, Akiko Saisyoji, Yasunari Hiramine, Takeshi Hori, Ohki Taniyama, Ai Toyodome, Haruka Sakae, Masafumi Hashiguchi, Takeshi Kure, Kazuhiro Sakurai, Tsutomu Tamai, Akihiro Moriuchi, Akio Ido .  Viral and host factors are associated with retreatment failure in hepatitis C patients receiving all-oral direct antiviral therapy .  Hepatology Research50 ( 4 ) 453 - 465   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nao Nishikoba, Kotaro Kumagai, Shuji Kanmura, Yuko Nakamura, Mayumi Ono, Hiromi Eguchi, Tomomi Kamibayashiyama, Kohei Oda, Seiichi Mawatari, Shiroh Tanoue, Shinichi Hashimoto, Hirohito Tsubouchi, Akio Ido .  HGF-MET Signaling Shifts M1 Macrophages Toward an M2-Like Phenotype Through PI3K-Mediated Induction of Arginase-1 Expression .  Frontiers in Immunology2 ( 11 ) 2135   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeshi Kure, Seiichi Mawatari, Yasushi Imamura, Kohei Oda, Kotaro Kumagai, Yasunari Hiramine, Hironori Miyahara, Shuji Kanmura, Akihiro Moriuchi, Hirofumi Uto, Masahisa Horiuchi, Akio Ido .  Nonalcoholic fatty liver disease is associated with both subcutaneous and visceral adiposity: A cross-sectional study .  Medicine (Baltimore)98 ( 46 ) e17879   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohki Taniyama, Seiichi Mawatari, Kohei Oda, Kazuaki Tabu, Sho Ijuin, Kotaro Kumagai, Ai Kasai, Shuzo Tashima, Tsutomu Tamai, Akihiro Moriuchi, Akio Ido .  Sustained virologic response after eight weeks of treatment with sofosbuvir, ledipasvir, and ribavirin in a decompensated cirrhotic patient with hepatitis C virus genotype 1b .  Hepatology Research49 ( 2 ) 239 - 243   2019年査読

  • Yuga Komaki, Shuji Kanmura, Fumisato Sasaki, Hidehito Maeda, Kohei Oda, Shiho Arima, Shiroh Tanoue, Yuichiro Nasu, Shinichi Hashimoto, Seiichi Mawatari, Hirohito Tsubouchi, Akio Ido .  Hepatocyte Growth Factor Facilitates Esophageal Mucosal Repair and Inhibits the Submucosal Fibrosis in a Rat Model of Esophageal Ulcer .  Digestion99 ( 3 ) 227 - 238   2019年査読

  • Tamai T, Taniyama O, Oda K, Kasai A, Ijyuin S, Sakae H, Onishi H, Tabu K, Kumagai K, Mawatari S, Moriuchi A, Uto H, Ido A. .  Reduction effect of the quantity of radiation exposure and contrast media by image support system in transarterial chemoembolization contributes to reduction of the quantity of radiation exposure and contrast media. .  Journal of Gastroenterology and Hepatology33 ( 5 ) 1115 - 1122   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Mawatari, Kohei Oda, Kazuaki Tabu, Sho Ijuin, Kotaro Kumagai, Kunio Fujisaki, Masafumi Hashiguchi, Yukiko Inada, Hirofumi Uto, Yasunari Hiramine, Takeshi Kure, Takeshi Hori, Oki Taniyama, Ai Kasai, Tsutomu Tamai, Akihiro Moriuchi, Akio Ido .  The co-existence of NS5A and NS5B resistance-associated substitutions is associated with virologic failure in Hepatitis C Virus genotype 1 patients treated with sofosbuvir and ledipasvir .  PLoS One13 ( 6 ) e0198642   2018年査読

  • Seiichi Mawatari, Akihiro Moriuchi, Fuminori Ohba, Tetsu Kawano, Kohei Oda, Yasuhiro Takikawa, Hajime Takikawa, Akio Ido, Hirohito Tsubouchi .  The recovery of the PT-INR to less than 1.3 predicts survival in patients with severe acute liver injury .  Journal of Gastroenterology53 ( 7 ) 861 - 872   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mawatari S, Oda K, Tabu K, Ijuin S, Kumagai K, Inada Y, Uto H, Hiramine Y, Kure T, Fujisaki K, Hashiguchi M, Hori T, Oshige A, Imanaka D, Saishoji A, Taniyama O, Sakae H, Tamai T, Moriuchi A, Ido A. .  New resistance-associated substitutions and failure of dual oral therapy with daclatasvir and asunaprevir. .  Journal of Gastroenterology   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-016-1303-0.

  • Ono Y, Kanmura S, Morinaga Y, Oda K, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Taguchi H, Uto H, Tsubouchi H, Ido A. .  The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn's disease. .  BMC Gastroenterology   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamai T, Oshige A, Tabu K, Tabu E, Ijyuin S, Sakae H, Onishi H, Muromachi K, Saisyoji A, Oda K, Kumagai K, Mawatari S, Moriuchi A, Sakurai K, Hori T, Ido A. .  Utility of percutaneous radiofrequency ablation alone or combined with transarterial chemoembolization for early hepatocellular carcinoma. .  Oncology Letters   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibusuki R, Uto H, Oda K, Ohshige A, Tabu K, Mawatari S, Kumagai K, Kanmura S, Tamai T, Moriuchi A, Tsubouchi H, Ido A. .  Human neutrophil peptide-1 promotes alcohol-induced hepatic fibrosis and hepatocyte apoptosis. .  PLoS One   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsutomu Tamai, Kotaro Kumagai, Haruka Sakae, Hiroka Onishi, Kazuaki Tabu, Eriko Tabu, Kaori Muromachi, Akiko Saishoji, Kohei Oda, Seiichi Mawatari, Akihiro Moriuchi, Kazuhiro Sakurai, Akio Ido .  Early sorafenib induction after transarterial chemoembolization for unresectable hepatocellular carcinoma: Can sorafenib after TACE improve loco-regional control ? .  Molecular and Clinical Oncology7 ( 6 ) 1135 - 1141   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kozono M, Uto H, Ibusuki R, Arima S, Oda K, Taguchi H, Sasaki F, Nasu Y, Hashimoto S, Setoyama H, Kanmura S, Numata M, Tsubouchi H, Ido A. .  Antihypertensive therapy improves insulin resistance and serum levels of interleukin-6 and -10 in spontaneously hypertensive rats with steatohepatitis. .  Molecular Medicine Reports   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kanmura S, Hamamoto H, Morinaga Y, Oda K, Fujita T, Arima S, Nasu Y, Sasaki F, Hashimoto S, Taguchi H, Setoyama H, Ido A. .  Fecal Human Neutrophil Peptide Levels Correlate with Intestinal Inflammation in Ulcerative Colitis. .  Digestion   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiramine Y, Uto H, Imamura Y, Hiwaki T, Kure T, Ijuin S, Oda K, Mawatari S, Kumagai K, Tokunaga K, Higashi H, Kanetsuki I, Kubozono O, Maenohara S, Ido A. .  Efficacy of vasopressin V2 receptor antagonist tolvaptan in treatment of hepatic edema. .  Hepatology Research   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mawatari S, Uto H, Moriuchi A, Tabu K, Muromachi K, Tabu E, Oda K, Imanaka D, Oshige A, Nakazawa J, Kumagai K, Tamai T, Okamoto H, Tsubouchi H, Ido A. .  Horizontal transmission of de novo hepatitis B between spouses: A case report. .  Hepatology Research   2015年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohei Oda, Hirofumi Uto, Seiichi Mawatari, Akio Ido .  Clinical features of hepatocellular carcinoma associated with nonalcoholic fatty liver disease: a review of human studies .  Clinical Journal of Gastroenterology8 ( 1 ) 1 - 9   2015年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  • Arima S, Uto H, Ibusuki R, Kumamoto R, Tanoue S, Mawatari S, Oda K, Numata M, Fujita H, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H. .  Hypertension exacerbates liver injury and hepatic fibrosis induced by a choline-deficient L-amino acid-defined diet in rats. .  International Journal of Molecular Medicine   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oda K, Uto H, Kumagai K, Ido A, Kusumoto K, Shimoda K, Hayashi K, Stuver SO, Tanaka Y, Nishida N, Tokunaga K, Tsubouchi H. .  Impact of a single nucleotide polymorphism upstream of the IL28B gene in patients positive for anti-HCV antibody in an HCV hyperendemic area in Japan. .  Journal of Medical Virology   2014年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tokunaga M, Uto H, Oda K, Tokunaga M, Mawatari S, Kumagai K, Haraguchi K, Oketani M, Ido A, Ohnou N, Utsunomiya A, Tsubouchi H. .  Influence of human T-lymphotropic virus type 1 coinfection on the development of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection. .  Journal of Gastroenterology   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mera K, Uto H, Mawatari S, Ido A, Yoshimine Y, Nosaki T, Oda K, Tabu K, Kumagai K, Tamai T, Moriuchi A, Oketani M, Shimada Y, Hidaka M, Eguchi S, Tsubouchi H. .  Serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage are associated with hepatic fibrosis in patients with chronic hepatitis C. .  BMC Gastroenterology   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kumamoto R, Uto H, Oda K, Ibusuki R, Tanoue S, Arima S, Mawatari S, Kumagai K, Numata M, Tamai T, Moriuchi A, Fujita H, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H. .  Dietary fructose enhances the incidence of precancerous hepatocytes induced by administration of diethylnitrosamine in rat. .  European Journal of Medical Research   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mawatari S, Uto H, Ido A, Nakashima K, Suzuki T, Kanmura S, Kumagai K, Oda K, Tabu K, Tamai T, Moriuchi A, Oketani M, Shimada Y, Sudoh M, Shoji I, Tsubouchi H. .  Hepatitis C virus NS3/4A protease inhibits complement activation by cleaving complement component 4. .  PLoS One   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oda K, Ido A, Tamai T, Matsushita M, Kumagai K, Mawatari S, Saishoji A, Kure T, Ohno K, Toyokura E, Imanaka D, Moriuchi A, Uto H, Oketani M, Hashiguchi T, Tsubouchi H. .  Highly sensitive lens culinaris agglutinin-reactive α-fetoprotein is useful for early detection of hepatocellular carcinoma in patients with chronic liver disease. .  Oncology Reports   2011年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamai T, Uto H, Takami Y, Oda K, Saishoji A, Hashiguchi M, Kumagai K, Kure T, Mawatari S, Moriuchi A, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H. .  Serum manganese superoxide dismutase and thioredoxin are potential prognostic markers for hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma. .  World Journal of Gastroenterology   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Imamura Y. .  Changes in body composition and low blood urea nitrogen level related to an increase in the prevalence of fatty liver over 20 years: A cross-sectional study .  Hepatology Research51 ( 5 ) 570 - 579   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Hepatology Research  

    DOI: 10.1111/hepr.13631

    Scopus

▼全件表示

MISC

  • 【肝臓リハビリテーションUpdate】NAFLD/NASH患者のリハビリテーション

    小田耕平、井戸章雄

    Journal of Clinical Rehabilitation   29 ( 1 )   20 - 26   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 漢方製剤(筋痙攣、肝庇護)

    小田耕平、井戸章雄

    肝硬変診療マニュアル   215 - 217   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • 【肝癌治療のイノベーション-シミュレーション・ナビゲーション技術の新展開-】TACE 肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法における血管造影装置の進歩

    玉井 努, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 堀 剛, 坪内 博仁, 井戸 章雄

    肝胆膵   77 ( 6 )   1219 - 1226   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 肝不全治療薬 肝不全用アミノ酸製剤,成分栄養剤

    小田耕平,井戸章雄

    肝疾患治療マニュアル   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【肝臓を診る-肝臓病のキモ】肝不全・肝硬変・肝細胞がん 急性肝不全 致死的経過となるリスクの見極めとその後の対応

    小田 耕平, 井戸 章雄

    内科   119 ( 6 )   1163 - 1167   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

    正常肝に肝障害が生じ,8週間以内に高度の肝機能障害に基づいてプロトロンビン時間が40%以下ないしはINR値が1.5以上を示すものを急性肝不全と定義する.成因には肝炎によるものと肝炎以外によるものがあり成因や病型によって治療法や予後が異なる.急性肝不全は内科救命率がきわめて低く,感染症やDICなど多臓器にわたる合併症を併発するため厳重な全身管理を要する.近年では発症年齢の高齢化により基礎疾患を複数有する症例も多く,全身管理の重要性が増している.肝移植のみが唯一救命率を向上させる治療法であり,非専門医療機関においてはPT値等を適切に評価し,専門医療機関への移送の時機を逸せぬよう注意する.(著者抄録)

  • 【急性肝不全】急性肝不全治療薬HGFの臨床開発

    井戸 章雄, 森内 昭博, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 玉井 努, 坪内 博仁

    ICUとCCU   41 ( 10 )   631 - 636   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    肝細胞増殖因子(HGF)は肝再生を強力に促進する増殖因子で、抗アポトーシス、抗繊維化作用などの多彩な作用を併せ持っている。われわれは長年、組換えヒトHGFの医薬品化に取り組み、2005年に劇症肝炎を対象とした第I/II相臨床試験を医師主導治験の枠組みで実施した。本臨床試験では劇症肝炎患者4例に組換えヒトHGFを反復静脈内投与したが、重篤な有害事象はみられなかった。その後、製薬企業の協力を得てJST研究成果最適展開支援プログラムA-STEP本格研究開発ステージ実用化挑戦タイプ「組換えヒト肝細胞増殖因子を用いた急性肝不全の治療」に採択され、新たに製造した組換えヒトHGFを用いて臨床開発を推進している。(著者抄録)

  • 劇症肝炎と肝不全

    井戸章雄、小田耕平

    Annual Review 消化器2016   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • NAFLD・NASH

    小田耕平、宇都浩文

    Medicina   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • de novo B型肝炎の予防ガイドラインは機能したか?

    小田耕平、宇都浩文、井戸章雄

    肝胆膵   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • NAFLD/NASHの診断および肝発癌ハイリスク群の拾い上げをどう行うか

    宇都浩文、小田耕平、井戸章雄

    消化器の臨床   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 意識障害の原因疾患と対応 肝疾患

    小田耕平、井戸章雄、坪内博仁

    臨床と研究   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • バイオマーカー

    小田耕平、宇都浩文

    Hepatology Practice Vol.2   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 急性肝炎・劇症肝炎

    井戸章雄、小田耕平

    Hepatology Practice Vol.1   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • NAFLD/NASH の疾患概念

    小田耕平、宇都浩文、坪内博仁

    臨牀消化器内科   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Sho Ijyuin, Kohei Oda, Tsutomu Tamai, Seiichi Mawatari, Nobuhiro Hiraishi, Haruka Sakae, Hiroka Onishi, Kazuaki Tabu, Akihiro Moriuchi, Hirofumi Uto, Akio Ido .  The association between serum levels of Sptlc3 and the clinical features of patients with NAFLD .  •APASL 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kohei Oda, Hirofumi Uto, Yoshio Sumida, Takeshi Okanoue, Seiichi Mawatari, Rie Ibusuki, Syo Ijyuin, Hiroka Onishi, Haruka Sakae, Kaori Muromachi, Eriko Tabu, Akihiko Oshige, Tsutomu Tamai, Akihiro Moriuchi, Hirohito Tsubouchi, Akio Ido. .  The association between serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage (AIM) and the clinical features of non-obese patients with nonalcoholic fatty liver disease. .  APASL 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kohei Oda, Hirofumi Uto, Seiichi Mawatari, Rie Ibusuki, Sho Ijyuin, Hiroka Onishi, Haruka Sakae, Kaori Muromachi, Akihiko Oshige, Kotaro Kumagai, Tsutomu Tamai, Akihiro Moriuchi, Akio Ido. .  Serum levels of Wisteria floribunda agglutinin?positive human Mac-2 binding protein are useful for evaluating early liver fibrosis in hepatitis C patients. .  AASLD The Liver Meeting 2015  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kohei Oda, Hirofumi Uto, Yoshio Sumida, Takeshi Okanoue, Seiichi Mawatari, Hiroka Onishi, Haruka Sakae, Kaori Muromachi, Eriko Tabu, Akihiko Oshige, Dai Imanaka, Tsutomu Tamai, Akihiro Moriuchi, Hirohito Tsubouchi, Akio Ido. .  Serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage (AIM) are associated with hepatic fibrosis and insulin resistance in patients with nonalcoholic fatty liver disease. .  AASLD The Liver Meeting 2014  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kohei Oda, Hirofumi Uto, Seiichi Mawatari, Kazuaki Tabu, Kaori Ohno, Eriko Toyokura, Akihiko Oshige, Dai Imanaka, Kotaro Kumagai, Tsutomu Tamai, Akihiro Moriuchi, Makoto Oketani, Akio Ido, Yoshio Sumida, Hirohito Tsubouchi. .  The association between serum levels of apoptosis inhibitor of macrophage and the clinical features of nonalcoholic fatty liver disease. .  AASLD The Liver Meeting 2013  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Kohei Oda, Hirofumi Uto, Naoko Tsubouchi, Kotaro Kumagai, Fumisato Sasaki, Masatsugu Numata, Akihiro Moriuchi, Makoto Oketani, Akio Ido, Kazunori Kusumoto, Kazuya Shimoda, Katsuhiro Hayashi, Sherri O. Stuver, Yasuhito Tanaka, Nao Nishida, Katsushi Tokunaga, Hirohito Tsubouchi. .  Impact of a single nucleotide polymorphism upstream of the IL28B gene in subjects positive for anti-HCV antibody in an HCV hyperendemic area in Japan. .  AASLD The Liver Meeting 2012  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 室町 香織, 森内 昭博, 伊集院 翔, 大西 容雅, 坂江 遥, 大重 彰彦, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 玉井 努, 平峯 靖也, 桜井 一宏, 井戸 章雄 .  鹿児島県におけるA型急性肝炎流行時の急性肝不全例の特徴 .  肝臓  2017年6月  (一社)日本肝臓学会

  • 馬渡 誠一, 玉井 努, 最勝寺 晶子, 谷山 央樹, 豊留 亜衣, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 平峯 靖也, 桜井 一宏, 井戸 章雄 .  進行肝癌に対するレンバチニブの至適導入時期の検討 .  肝臓  2020年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 豊留 亜衣, 馬渡 誠一, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  重症型アルコール性肝炎に対しステロイドが奏功し,全身管理を継続し救命しえた1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 灰床 裕介, 谷山 央樹, 馬渡 誠一, 樺山 雅之, 豊留 亜衣, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  高アンモニア血症を伴った十二指腸憩室出血に対し経カテーテル動脈塞栓術(IVR)が著効した一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 椨 一晃, 馬渡 誠一, 小田 耕平, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 玉井 努, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  高感度AFP-L3%は肝発癌の予測マーカーである .  肝臓  2018年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 椨 一晃, 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  高感度AFP-L3分画はDAA療法後の肝発癌を予測する有用なマーカーである .  肝臓  2020年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 馬渡 誠一, 玉井 努, 最勝寺 晶子, 谷山 央樹, 笠井 亜衣, 坂江 遥, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 平峯 靖也, 井戸 章雄 .  進行肝癌に対するレンバチニブの至適導入時期の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2020年7月  (一財)日本消化器病学会

  • 大井 貴之, 笠井 亜衣, 馬渡 誠一, 田嶋 修三, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  自己免疫性好中球減少症の合併が疑われた自己免疫性肝炎の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 笠井 亜衣, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 玉井 努, 森内 昭博, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  自己免疫性肝炎急性期におけるshear wave elastographyの臨床的意義の検討 .  肝臓  2018年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 笠井 亜衣, 谷山 央樹, 坂江 遙, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  自己免疫性肝炎急性期の肝硬度測定の意義と再燃との関連の検討 .  肝臓  2019年10月  (一社)日本肝臓学会

  • 仮屋 遥香, 豊留 亜衣, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 井戸 章雄 .  診断に苦慮した胆管細胞癌の1例 .  肝臓  2020年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 嶋田 淳之介, 豊留 亜衣, 小牧 祐雅, 湯通堂 和樹, 樺山 雅之, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  腸重積を契機に発見された回腸異所性膵の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 馬渡 誠一, 玉井 努, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  肝腫瘍のトータルマネジメント 切除不能肝細胞癌に対するレンバチニブの治療成績 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 今村 也寸志, 馬渡 誠一, 小田 耕平, 細山田 香, 伊集院 大生, 平峯 靖也, 最勝寺 晶子, 井戸 章雄 .  脂肪肝に見られる量的・質的変容について .  糖尿病  2019年4月  (一社)日本糖尿病学会

  • 寺田 芳寛, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  腸腰筋膿瘍に対しCTガイド下ドレナージ術が奏功し救命し得たAcute on chronic型肝不全の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 谷山 央樹, 玉井 努, 最勝寺 晶子, 伊集院 翔, 坂江 遥, 大西 容雅, 椨 恵理子, 椨 一晃, 大重 彰彦, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 桜井 一宏, 堀 剛, 井戸 章雄 .  肝細胞癌(HCC)に対するバイポーラ針を用いた経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)の安全性と有効性についての検討 .  肝臓  2017年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 今村 也寸志, 宇都 浩文, 馬渡 誠一, 平峯 靖也, 小田 耕平, 最勝寺 晶子, 井戸 章雄 .  生活習慣病と肝疾患 脂肪肝における世代間の違いについて .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 柴田 隆佑, 笠井 亜衣, 馬渡 誠一, 田嶋 修三, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  甲状腺中毒症に薬物性肝障害を合併した急性肝不全の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 最勝寺 晶子, 桜井 一宏, 西田 紀子, 小田 耕平, 玉井 努, 井戸 章雄 .  糖尿病合併NAFLD患者に対するSGLT2阻害薬の治療効果の検討 .  肝臓  2017年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 谷山 央樹, 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  肝がん治療の最前線 肝細胞癌(HCC)に対するバイポーラ針を用いた経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)の安全性と有効性についての検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 豊留 亜衣, 馬渡 誠一, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  肝動脈化学塞栓療法におけるエマルション薬液調整用コネクタの初期使用経験 .  肝臓  2020年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 金丸 紗千, 谷山 央樹, 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  肝外転移を伴った肝細胞癌に対し集学的治療で長期生存が得られた一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  肝疾患に対する非侵襲的診断法の進歩 アルデヒド呼気テストによる非侵襲的アルコール代謝能評価の有用性の検討 .  肝臓  2019年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 森内 昭博, 小田 耕平, 井戸 章雄 .  肝硬変の成因別実態 当科における肝硬変の成因別実態 .  肝臓  2018年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 田島 修三, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  生活習慣病と肝疾患 慢性肝疾患診療におけるアルデヒド呼気テストの有用性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 豊留 亜衣, 小田 耕平, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 大西 容雅, 坂江 遥, 椨 一晃, 室町 香織, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  施設内感染が疑われたB型急性肝炎の3症例 .  肝臓  2019年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 井戸 章雄 .  当科における薬物性急性肝不全の特徴 .  肝臓  2021年2月  (一社)日本肝臓学会

  • 玉井 努, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  当科における非B非C型肝細胞癌の臨床的特徴に関する検討 .  肝臓  2017年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 井戸 章雄, 森内 昭博, 小田 耕平, 坪内 博仁 .  急性肝不全の集中治療 肝再生を目指したHGFの臨床開発 .  日本集中治療医学会雑誌  2017年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 伊集院 翔, 馬渡 誠一, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 谷山 央樹, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  急速な腫瘍内壊死を呈し、レンバチニブが奏功した肝細胞癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 谷山 央樹, 豊留 亜衣, 坂江 遥, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 井戸 章雄 .  慢性肝疾患患者における皮膚そう痒症の臨床学的特徴 .  肝臓  2020年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 坂江 遥, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  慢性肝疾患診療におけるサルコペニアの現状 .  日本消化器病学会雑誌  2019年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 馬渡 誠一, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 玉井 努, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  当科におけるソホスブビル+レジパスビル療法の成績 .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 軸屋 賢一, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 森内 昭博, 小田 耕平, 井戸 章雄 .  当県における肝炎医療コーディネーター養成の現状 .  肝臓  2019年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 小田 耕平, 尻無濱 君代, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 井戸 章雄 .  当県における肝炎医療コーディネーター養成の現状と課題 .  肝臓  2020年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 椨 一晃, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 坂江 遥, 玉井 努, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  当科で経験した骨髄性プロトポルフィリン症の4例 .  肝臓  2017年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌ESD患者における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 馬渡 誠一, 熊谷 公太郎, 玉井 努, 森内 昭博, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の慢性肝疾患診療における有用性の検討 .  肝臓  2018年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 井戸 章雄 .  呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定は、咽頭・食道扁平上皮癌診断の新たなバイオマーカーとして有用である .  日本消化器病学会雑誌  2020年7月  (一財)日本消化器病学会

  • 玉井 努, 馬渡 誠一, 笠井 亜衣, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  切除不能進行肝細胞癌(HCC)に対するSorafenib不応後の集学的治療に関する検討 .  The Liver Cancer Journal  2018年12月  (株)メディカルレビュー社

  • 馬渡 誠一, 玉井 努, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  切除不能肝細胞癌に対する分子標的治療薬有効例の検討 .  肝臓  2019年10月  (一社)日本肝臓学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 井戸 章雄 .  アルデヒド呼気試験は、咽頭食道扁平上皮癌の重複・多重患者を非侵襲的に抽出する .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

  • 馬渡 誠一, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 玉井 努, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  インターフェロンフリー治療不成功例の薬剤耐性変異の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 馬渡 誠一, 森内 昭博, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 玉井 努, 井戸 章雄 .  インターフェロンフリー治療不成功例の薬剤耐性変異解析 .  肝臓  2017年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  インターフェロンフリー療法後の新規発癌例の検討 .  肝臓  2020年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 馬渡 誠一, 玉井 努, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  インターフェロンフリー療法後の発癌例の検討 .  肝臓  2017年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 馬渡 誠一, 森内 昭博, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  ウイルス性肝炎の残された課題と対策 インターフェロンフリー療法再治療の実態と治療効果 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 伊比 裕太郎, 伊集院 翔, 小田 耕平, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  シスプラチンを用いたTACE後に著明な低Na血症をきたした胆管細胞癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 谷山 央樹, 豊留 亜衣, 坂江 遥, 椨 一晃, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  スフィンゴ脂質代謝酵素SPTLC3とNASH肝発癌との関連の検討 .  肝臓  2020年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 玉井 努, 馬渡 誠一, 笠井 亜衣, 谷山 央樹, 大西 容雅, 坂江 遙, 椨 一晃, 室町 香織, 森内 昭博, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  スフィンゴ脂質代謝酵素SPTLC3のNAFLD診療における有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  健常成人に発症したサイトメガロウイルス感染症に脾梗塞を合併した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  健診受診者におけるアルデヒド呼気試験の有用性の検討 .  糖尿病  2019年4月  (一社)日本糖尿病学会

  • 小田 耕平, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  アルデヒド呼気テストの肝疾患診療における有用性の検討 .  肝臓  2019年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 東 大智, 伊集院 翔, 小田 耕平, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  TAEにて腫瘍縮小が得られた頭蓋内血管外皮腫の肝転移の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 宮之前 優香, 伊集院 翔, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 笠井 亜衣, 谷山 央樹, 坂江 遙, 椨 一晃, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  S状結腸膿瘍の血行性散布と考えられた多発細菌性肝膿瘍の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 馬渡 誠一, 玉井 努, 最勝寺 晶子, 豊留 亜衣, 谷山 央樹, 坂江 遥, 伊集院 翔, 椨 一晃, 橋口 正史, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  BCLC intermediate-stageに対するレンバチニブ投与の有用性の検討 .  肝臓  2020年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 椨 一晃, 馬渡 誠一, 田嶋 修三, 笠井 亜衣, 伊集院 翔, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  C型肝炎ウイルスの再感染後に自然消失が疑われた1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 笠井 亜衣, 馬渡 誠一, 田嶋 修三, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  C型肝炎治療前後におけるShear Wave Elastographyの有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 谷山 央樹, 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  C型非代償性肝硬変患者に対するソホスブビルベース治療の有効性と安全性の検討 .  肝臓  2020年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 小田 耕平, 笠井 亜衣, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 大西 容雅, 坂江 遥, 椨 一晃, 室町 香織, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  FIB-4外来の有効性とその課題について .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 笠井 亜衣, 馬渡 誠一, 田嶋 修三, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  Genotype3b型のC型代償性肝硬変に対しグレカプレビル/ピブレンタスビルを投与し、ウイルスの再燃を認めた1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 豊留 亜衣, 馬渡 誠一, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 坂江 遥, 椨 一晃, 小田 耕平, 熊谷 公太郎, 井戸 章雄 .  GLE/PIB治療不成功例の検討 .  肝臓  2020年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 玉井 努, 馬渡 誠一, 谷山 央樹, 大西 容雅, 坂江 遥, 椨 一晃, 森内 昭博, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  NASH肝発癌におけるスフィンゴ脂質代謝酵素SPTLC3の検討 .  糖尿病  2017年4月  (一社)日本糖尿病学会

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 玉井 努, 馬渡 誠一, 笠井 亜衣, 谷山 央樹, 大西 容雅, 坂江 遥, 椨 一晃, 森内 昭博, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  NASH肝発癌におけるスフィンゴ脂質代謝酵素Sptlc3の検討 .  肝臓  2017年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 井戸 章雄 .  NASH診療の現状と問題点 スフィンゴ脂質代謝酵素SPTLC3はNASHの肝発癌に関連する .  肝臓  2017年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 馬渡 誠一, 森内 昭博, 谷山 央樹, 坂江 遥, 伊集院 翔, 椨 一晃, 小田 耕平, 玉井 努, 井戸 章雄 .  SOF/LDV治療不成功に関連する因子の検討 .  肝臓  2017年9月  (一社)日本肝臓学会

▼全件表示

受賞

  • 鹿児島県医師会医学研究助成

    2016年6月   鹿児島県医師会  

    小田耕平

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本肝臓学会冠Award 第14回 MSD Award

    2015年10月   日本肝臓学会  

    小田耕平

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国