2021/05/08 更新

写真a

イシツカ ケンジ
石塚 賢治
ISHITSUKA Kenji
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座 教授
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座教授
医歯学域附属病院 附属病院 副病院長(医科総括・医療安全担当)
職名
教授

学位

  • 博士(医学) ( 2000年6月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 腫瘍・血液内科学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座   教授

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 附属難治ウイルス病態制御研究センター   教授

    2015年11月 - 2019年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座   教授

    2015年11月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院   副病院長(医科総括・医療安全担当)

    2020年4月 - 2023年3月

  • 福岡大学病院   腫瘍・血液・感染症内科   准教授

    2015年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 福岡大学病院   腫瘍・血液・感染症内科   講師

    2007年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 福岡大学病院   血液・糖尿病科   講師

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 福岡大学病院   血液・糖尿病科   助手

    2002年10月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 福岡大学病院   血液・糖尿病科   医員

    2001年10月 - 2002年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立療養所霧島病院   内科   医師

    2001年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立都城病院   内科   医師

    1990年7月 - 1991年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本網内系学会

    2016年12月 - 現在

  • 米国臨床腫瘍学会

    2014年10月 - 現在

  • 日本HTLV-1学会

    2014年7月 - 現在

  • 日本癌学会

    2009年8月 - 現在

  • 日本臨床腫瘍学会

    2007年10月 - 現在

  • 米国血液学会

    2006年5月 - 現在

  • 日本内科学会

    1990年4月 - 現在

  • 日本血液学会

    1990年2月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本内科学会   評議員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本HTLV-1学会   評議員  

    2014年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本臨床腫瘍学会   協議員  

    2011年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本血液学会   評議員  

    2008年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

留学歴

  • 2003年4月 - 2006年3月   ダナ・ファーバー癌研究所   リサーチフェロー

取得資格

  • 医師

 

論文

  • Ishitsuka K. .  Diagnosis and management of adult T-cell leukemia/lymphoma .  Seminars in Hematology58 ( 2 ) 114 - 122   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Seminars in Hematology  

    DOI: 10.1053/j.seminhematol.2021.02.005

    Scopus

    PubMed

  • Uchida Y. .  RLTPR Q575E: A novel recurrent gain-of-function mutation in patients with adult T-cell leukemia/lymphoma .  European Journal of Haematology106 ( 2 ) 221 - 229   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/ejh.13540

    Scopus

    PubMed

  • Imaizumi Y. .  Prognosis of patients with adult T-cell leukemia/lymphoma in Japan: A nationwide hospital-based study .  Cancer Science111 ( 12 ) 4567 - 4580   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14658

    Scopus

    PubMed

  • Yonekura K. .  Mogamulizumab for adult T-cell leukemia-lymphoma: a multicenter prospective observational study .  Blood Advances4 ( 20 ) 5133 - 5154   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Blood Advances  

    DOI: 10.1182/BLOODADVANCES.2020003053

    Scopus

    PubMed

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Takashima Maya, Arima Rie, Satou Aya, Tsuchihashi Ryota, Okawa Masafumi, Tamura Kazuo, Kinjo Junei .  Screening of Promising Chemotherapeutic Candidates from Plants against Human Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma(VI): Cardenolides from Asclepias curassavica(和訳中) .  Biological & Pharmaceutical Bulletin43 ( 10 ) 1609 - 1614   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  • Aikawa A. .  Cell death induced by dorsomorphin in adult T-cell leukemia/lymphoma is AMPK-independent .  FEBS Journal287 ( 18 ) 4005 - 4015   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:FEBS Journal  

    DOI: 10.1111/febs.15239

    Scopus

    PubMed

  • Okuma K. .  Establishment of a novel diagnostic test algorithm for human T-cell leukemia virus type 1 infection with line immunoassay replacement of western blotting: A collaborative study for performance evaluation of diagnostic assays in Japan .  Retrovirology17 ( 1 ) 26   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Retrovirology  

    DOI: 10.1186/s12977-020-00534-0

    Scopus

    PubMed

  • Kobata K, Kimura S, Mihashi Y, Iwasaki H, Nonaka S, Matsumoto S, Takamatsu Y, Choi I, Kawauchi S, Ishitsuka K, Takeshita M. .  Clinical and cytopathological characteristics of HTLV-1+ hodgkin lymphoma. .  Cancer Med.9 ( 16 ) 5788 - 5797   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura A, Fujii K, Uchida Y, Higashi Y, Arima N, Yoshimitsu M, Ishitsuka K, Kanekura T. .  Septic vasculitis induces cutaneous involvement of adult T-cell leukemia/lymphoma. .  Int J Dermatol. 59 ( 8 ) e298 - e300   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yokota R. .  Novel anti-CD70 antibody drug conjugate for the treatment of adult T-cell leukemia (ATL) .  Anticancer Research40 ( 8 ) 4471 - 4479   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14452

    Scopus

    PubMed

  • 小代 彩, 井上 大栄, 鎌田 勇平, 藤野 聡司, 田淵 智久, 有馬 直佑, 内田 友一朗, 八幡 美保, 中村 大輔, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  Mogamulizumabが奏効した著明な肝障害と胸腹水を伴う成人T細胞白血病・リンパ腫 .  臨床血液 61 ( 6 ) 612 - 616   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小代 彩, 井上 大栄, 鎌田 勇平, 藤野 聡司, 田淵 智久, 有馬 直佑, 内田 友一朗, 八幡 美保, 中村 大輔, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  Mogamulizumabが奏効した著明な肝障害と胸腹水を伴う成人T細胞白血病・リンパ腫 .  臨床血液61 ( 6 ) 612 - 616   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトTリンパ球向性ウイルスI型が原因となり発症する予後不良な末梢性T細胞腫瘍である。腫瘍浸潤による肝障害のため殺細胞性抗がん剤による化学療法が困難な状況をmogamulizumab(Moga)で救援し,長期寛解が得られている急性型ATLを報告する。症例は66歳男性,ATLの肝浸潤に伴う全身状態悪化のため減量化学療法を開始したが効果に乏しく,高ビリルビン血症,低アルブミン血症のため継続困難であった。Moga投与後,末梢血異常リンパ球は急速に減少,肝障害は改善し,通常量の化学療法が施行可能となった。抗体薬のMogaは体内薬物動態への肝代謝能や血清アルブミン値の影響が少ないと考えられ,肝浸潤による高ビリルビン血症や低アルブミン血症のため通常の殺細胞性抗がん剤を投与しにくい状態のATL患者の救援治療としても有望な選択肢である。(著者抄録)

  • Nakamura D. .  Treatment of aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma: a retrospective study in a hospital located in HTLV-1 highly endemic area .  International Journal of Hematology111 ( 2 ) 234 - 240   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-019-02769-w

    Scopus

    PubMed

  • Nakamura D, Yoshimitsu M, Tabuchi T, Arima N, Hayashida M, Inoue H, Matsushita K, Matsumoto T, Arima N, Ishitsuka K. .  Treatment of aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma: a retrospective study in a hospital located in HTLV-1 highly endemic area. .  Int J Hematol. 111 ( 2 ) 234 - 240   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Daisuke, Yoshimitsu Makoto, Tabuchi Tomohisa, Arima Naosuke, Hayashida Maiko, Inoue Hirosaka, Matsushita Kakushi, Matsumoto Tadashi, Arima Naomichi, Ishitsuka Kenji .  アグレッシブ成人T細胞白血病/リンパ腫の治療 HTLV-1高蔓延地域の病院で実施した後ろ向き研究(Treatment of aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma: a retrospective study in a hospital located in HTLV-1 highly endemic area) .  International Journal of Hematology111 ( 2 ) 234 - 240   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    ヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-1)蔓延地域である鹿児島に位置する一病院において、2005〜2014年に急性型、リンパ腫型、予後不良因子を有する慢性型のアグレッシブ成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)と診断された患者191例(男性105例、女性86例、年齢中央値72歳)の治療について後ろ向きに分析した。138例がOPEC/MPEC、33例がVCAP-AMP-VECPで治療された。2010年頃まではOPEC/MPECが主に使用されていたが、徐々にVCAP-AMP-VECPに切り替えられ、特に若年患者に対する使用が増えた。VCAP-AMP-VECPで治療された患者の2年全生存率は、70歳未満の患者ではOPEC/MPECよりも有意に高かったが、70歳以上の患者では有意差は示されなかった。これらの結果から、OPEC/MPECによる治療は、高齢者であっても治療強度を低下させずに行うことができ、VCAP-AMP-VECPと比較して劣っておらず、高齢のアグレッシブATL患者の代替療法の一つの選択肢となる可能性が示された。

  • 3. Nakano D, Ishitsuka K, Takashima M, Arima R, Satou A, Tsuchihashi R, Okawa M, Tamura K, Kinjo J. .  Screening of Promising Chemotherapeutic Candidates from Plants against Human Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma (VI): Cardenolides from Asclepias curassavica. .  Biol Pharm Bull.63 ( 10 ) 1609 - 1614   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小代 彩, 吉満 誠, 石塚 賢治, 井上 大栄, 鎌田 勇平, 藤野 聡司, 田淵 智久, 有馬 直佑, 内田 友一朗, 八幡 美保, 中村 大輔 .  Mogamulizumabが奏効した著明な肝障害と胸腹水を伴う成人T細胞白血病・リンパ腫 .  臨床血液61 ( 6 ) 612 - 616   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    <p>成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトTリンパ球向性ウイルスI型が原因となり発症する予後不良な末梢性T細胞腫瘍である。腫瘍浸潤による肝障害のため殺細胞性抗がん剤による化学療法が困難な状況をmogamulizumab(Moga)で救援し,長期寛解が得られている急性型ATLを報告する。症例は66歳男性,ATLの肝浸潤に伴う全身状態悪化のため減量化学療法を開始したが効果に乏しく,高ビリルビン血症,低アルブミン血症のため継続困難であった。Moga投与後,末梢血異常リンパ球は急速に減少,肝障害は改善し,通常量の化学療法が施行可能となった。抗体薬のMogaは体内薬物動態への肝代謝能や血清アルブミン値の影響が少ないと考えられ,肝浸潤による高ビリルビン血症や低アルブミン血症のため通常の殺細胞性抗がん剤を投与しにくい状態のATL患者の救援治療としても有望な選択肢である。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.61.612

    PubMed

    CiNii Article

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Takashima Maya, Arima Rie, Satou Aya, Tsuchihashi Ryota, Okawa Masafumi, Tamura Kazuo, Kinjo Junei .  Screening of Promising Chemotherapeutic Candidates from Plants against Human Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma (Ⅵ) : Cardenolides from Asclepias curassavica .  Biological & Pharmaceutical Bulletin43 ( 10 ) 1609 - 1614   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬学会  

    <p>In the course of our screening program for novel chemotherapeutic candidates from plants against adult T-cell leukemia/lymphoma, the extracts of <i>Asclepias curassavica</i> L. showed potent activity against MT-1 and MT-2 cells. Therefore, we attempted to isolate their active components. We identified a new cardenolide, 19-dihydrocalactinic acid methyl ester (<b>1</b>), along with 16 known cardenolides (<b>2</b>–<b>17</b>). Their structures were determined on the basis of spectroscopic data. Almost all of the isolated cardenolides inhibited the growth of both tumor cell lines. All the doubly linked cardenolides (<b>11</b>–<b>17</b>) except for <b>14</b> showed more potent activity than the other cardenolides. A comparison of the activities of <b>11</b>, <b>14</b> and <b>16</b> revealed that the presence of hydroxy or acetoxy functional groups at C-16 led to a decrease in the activity. The 50% effective concentration (EC<sub>50</sub>) value of calotropin (<b>11</b>) against MT-2 cells was comparable to the potency of the clinical antineoplastic drug doxorubicin. The cytotoxic effect of <b>11</b> toward normal mononuclear cells obtained from the peripheral blood (PB-MNCs) was observed at a concentration 6 to 12 times higher than that used to induce growth inhibition against MT-1 and MT-2 cells. The proportions of annexin V-positive cells after 72 h of treatment with <b>11</b> were increased, indicating that it significantly induced apoptosis in MT-1 and MT-2 cells in a concentration-dependent manner. Cell cycle experiments demonstrated that <b>11</b> arrested MT-1 and MT-2 cells at the G2/M phase. Therefore, compound <b>11</b> may be a promising candidate for the treatment of adult T-cell leukemia/lymphoma.</p>

    DOI: 10.1248/bpb.b20-00465

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Kozako T. .  High expression of NAMPT in adult T-cell leukemia/lymphoma and anti-tumor activity of a NAMPT inhibitor .  European Journal of Pharmacology865   172738   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Pharmacology  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2019.172738

    Scopus

    PubMed

  • Yoshimitsu M. .  Essential thrombocytosis attributed to JAK2-T875N germline mutation .  International Journal of Hematology110 ( 5 ) 584 - 590   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-019-02725-8

    Scopus

    PubMed

  • Yoshimitsu M, Hachiman M, Uchida Y, Arima N, Arai A, Kamada Y, Shide K, Ito M, Shimoda K, Ishitsuka K. .  Essential thrombocytosis attributed to JAK2-T875N germline mutation. .  Int J Hematol.110 ( 5 ) 584 - 590   2019年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uchida Y, Okubo A, Hayashida M, Inoue H, Tamura H, Fujii K, Ishitsuka K, Kanekura T. .  Type D lymphomatoid papulosis associated with chemotherapy/chemoradiotherapy-induced severe chronic lymphocytopenia. .  J Dermatol.46 ( 11 ) e412 - e414   2019年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu Makoto, Hachiman Miho, Uchida Yuichiro, Arima Naosuke, Arai Akihiko, Kamada Yuhei, Shide Kotaro, Ito Masafumi, Shimoda Kazuya, Ishitsuka Kenji .  JAK2-T875N生殖細胞系列変異に起因する本態性血小板増加症(Essential thrombocytosis attributed to JAK2-T875N germline mutation) .  International Journal of Hematology110 ( 5 ) 584 - 590   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    症例は46歳女性で、18年間にわたり血小板増加が続いており、本態性血小板増加症(ET)と診断された。末梢血単球のゲノムDNAを用いたエクソーム解析で、エクソン18におけるヌクレオチド2623でのJAK2 C-to-A変異c2623aによってposition 875におけるトレオニンからアスパラギンへのアミノ酸置換がもたらされたことが明らかになった。変異は頬側スワブ由来ゲノムDNAとCD3陽性リンパ球由来ゲノムDNAを用いた標的配列決定によって確認した。父親に血小板増加症と脳卒中の病歴があった。JAK2活性と細胞外シグナル制御キナーゼ(Erk)およびシグナル伝達性転写因子(STAT)といった下流シグナル伝達に対する変異機能を、JAK2-T875N遺伝子導入または形質導入細胞株を用いて評価した。V617FまたはT875N変異を有するJAK2相補DNAを遺伝子導入した293T細胞により、リン酸化JAK2およびErkの増加が示された。プロモーターアッセイによってSTAT3およびSTAT5活性の強化を確認した。JAK2-T875N遺伝子導入Ba/F3細胞では、インターロイキン-3刺激なしで細胞増殖の亢進が認められた。

  • Yoshimitsu M. .  A retrospective analysis of haplo-identical HLA-mismatch hematopoietic transplantation without posttransplantation cyclophosphamide for GVHD prophylaxis in patients with adult T-cell leukemia–lymphoma .  Bone Marrow Transplantation54 ( 8 ) 1266 - 1274   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Bone Marrow Transplantation  

    DOI: 10.1038/s41409-018-0400-5

    Scopus

    PubMed

  • Toyoda K, Tsukasaki K, Machida R, Kadota T, Fukushima T, Ishitsuka K, Maruyama D, Nagai H. .  Possibility of a risk-adapted treatment strategy for untreated aggressive adult T-cell leukaemia-lymphoma (ATL) based on the ATL prognostic index: a supplementary analysis of the JCOG9801. .  Br J Haematol.187 ( 3 ) 440 - 447   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toyoda K. .  Possibility of a risk-adapted treatment strategy for untreated aggressive adult T-cell leukaemia-lymphoma (ATL) based on the ATL prognostic index: a supplementary analysis of the JCOG9801 .  British Journal of Haematology186 ( 3 ) 440 - 447   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/bjh.15950

    Scopus

    PubMed

  • Suzuki S. .  A survivin-responsive, conditionally replicating adenovirus induces potent cytocidal effects in adult T-cell leukemia/lymphoma .  BMC Cancer19 ( 1 ) 516   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Cancer  

    DOI: 10.1186/s12885-019-5730-1

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K, Yurimoto S, Tsuji Y, Iwabuchi M, Takahashi T, Tobinai K. .  Safety and effectiveness of mogamulizumab in relapsed or refractory adult T-cell leukemia-lymphoma. .  Eur J Haematol. 102 ( 5 ) 407 - 415   2019年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ejh.13220.

  • Suzuki S, Kofune H, Uozumi K, Yoshimitsu M, Arima N, Ishitsuka K, Ueno SI, Kosai KI. .  A survivin-responsive, conditionally replicating adenovirus induces potent cytocidal effects in adult T-cell leukemia/lymphoma. .  BMC Cancer.19 ( 1 ) 516   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishitsuka K. .  Safety and effectiveness of mogamulizumab in relapsed or refractory adult T-cell leukemia-lymphoma .  European Journal of Haematology102 ( 5 ) 407 - 415   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/ejh.13220

    Scopus

    PubMed

  • Cook LB, Fuji S, Hermine O, Bazarbachi A, Ramos JC, Ratner L, Horwitz S, Fields P, Tanase A, Bumbea H, Cwynarski K, Taylor G, Waldmann TA, Bittencourt A, Marcais A, Suarez F, Sibon D, Phillips A, Lunning M, Farid R, Imaizumi Y, Choi I, Ishida T, Ishitsuka K, Fukushima T, Uchimaru K, Takaori-Kondo A, Tokura Y, Utsunomiya A, Matsuoka M, Tsukasaki K, Watanabe T. .  Revised Adult T-Cell Leukemia-Lymphoma International Consensus Meeting Report. .  J Clin Oncol.37 ( 8 ) 677 - 687   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.18.00501.

  • Cook L.B. .  Revised adult T-cell leukemia-lymphoma international consensus meeting report .  Journal of Clinical Oncology37 ( 8 ) 677 - 687   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1200/JCO.18.00501

    Scopus

    PubMed

  • Mezawa H. .  Prevalence of congenital anomalies in the Japan environment and children’s study .  Journal of Epidemiology29 ( 7 ) 247 - 256   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Epidemiology  

    DOI: 10.2188/jea.JE20180014

    Scopus

  • Hashimoto G. .  A case of recurrent transient global amnesia showing different symptom duration and MRI findings .  Clinical Neurology59 ( 9 ) 575 - 578   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Clinical Neurology  

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-001318

    Scopus

  • Yoshimitsu M, Utsunomiya A, Fuji S, Fujiwara H, Fukuda T, Ogawa H, Takatsuka Y, Ishitsuka K, Yokota A, Okumura H, Ishii K, Nishikawa A, Eto T, Yonezawa A, Miyashita K, Tsukada J, Tanaka J, Atsuta Y, Kato K; ATL Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation. .  A retrospective analysis of haplo-identical HLA-mismatch hematopoietic transplantation without posttransplantation cyclophosphamide for GVHD prophylaxis in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma. .  Bone Marrow Transplant   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuramitsu M, Okuma K, Nakashima M, Sato T, Sasaki D, Hasegawa H, Umeki K, Kubota R, Sasada K, Sobata R, Matsumoto C, Kaneko N, Tezuka K, Matsuoka S, Utsunomiya A, Koh KR, Ogata M, Ishitsuka K, Taki M, Nosaka K, Uchimaru K, Iwanaga M, Sagara Y, Yamano Y, Okayama A, Miura K, Satake M, Saito S, Watanabe T, Hamaguchi I. .  Development of reference material with assigned value for human T-cell leukemia virus type 1 quantitative PCR in Japan. .  Microbiol Immunol.62 ( 10 ) 673 - 676   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuramitsu Madoka, Okuma Kazu, Nakashima Makoto, Sato Tomoo, Sasaki Daisuke, Hasegawa Hiroo, Umeki Kazumi, Kubota Ryuji, Sasada Keiko, Sobata Rieko, Matsumoto Chieko, Kaneko Noriaki, Tezuka Kenta, Matsuoka Sahoko, Utsunomiya Atae, Koh Ki-Ryang, Ogata Masao, Ishitsuka Kenji, Taki Mai, Nosaka Kisato, Uchimaru Kaoru, Iwanaga Masako, Sagara Yasuko, Yamano Yoshihisa, Okayama Akihiko, Miura Kiyonori, Satake Masahiro, Saito Shigeru, Watanabe Toshiki, Hamaguchi Isao .  日本におけるヒトT細胞白血病ウイルス1型定量的PCRの値を定めた基準試料の開発(Development of reference material with assigned value for human T-cell leukemia virus type 1 quantitative PCR in Japan) .  Microbiology and Immunology62 ( 10 ) 673 - 676   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)定量的PCRの標準化を目的として、基準試料を開発したので報告した。Jurkat細胞で希釈したTL-Om1細胞の凍結乾燥細胞基準試料を調製し、HTLV-1定量的PCRに対する一時的基準として品質を評価した。基準試料のプロウイルス量(PVL)に割り当てる数値をデジタルPCRで判定した。HTLV-1定量的PCR標的シーケンスと内部標準遺伝子標的シーケンスを混合したテスト検体を測定して、デジタルPCR結果の精度を確認した。デジタルPCR結果が絶対値に極めて近いことを確認した。基準試料のPVLを2.71copy/100細胞と判定した。九つの協力機関に対して、それぞれの機関の方法を用いて基準試料のPVLの測定を依頼した。結果は1.08〜3.49copy/100細胞で、機関間の最大差が3.23倍となり、幾何平均は2.23copy/100細胞であった。基準試料の付与値を組み込んだ式を用いてこれらのPVLを修正することで矛盾を最小化しなければならなかった。別機関で臨床検体のPVLを測定したところ、修正後にほとんどの臨床検体で研究室間の幾何変動係数が小さかった。基準試料の値を組み入れた式を用いた修正によって、研究室間の差異を最小化できることが示された。

  • Kuramitsu M. .  Development of reference material with assigned value for human T-cell leukemia virus type 1 quantitative PCR in Japan .  Microbiology and Immunology62 ( 10 ) 673 - 676   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Microbiology and Immunology  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12644

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K, Utsunomiya A, Ishida T. .  PD-1 Inhibitor Therapy in Adult T-Cell Leukemia–Lymphoma. .  N Engl J Med.379 ( 7 ) 695   2018年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-001170.

  • Kozako T. .  The small molecule STF-62247 induces apoptotic and autophagic cell death in leukemic cells .  Oncotarget9 ( 45 ) 27645 - 27655   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncotarget  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25291

    Scopus

    PubMed

  • 中村 大輔, 林田 真衣子, 窪田 佳代子, 松浦 英治, 田淵 智久, 有馬 直佑, 井上 大栄, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  レナリドミド・デキサメタゾン療法で改善したPOEMS症候群による肺高血圧症 .  臨床血液59 ( 5 ) 489 - 491   2018年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村 大輔, 林田 真衣子, 窪田 佳代子, 松浦 英治, 田淵 智久, 有馬 直佑, 井上 大栄, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  レナリドミド・デキサメタゾン療法で改善したPOEMS症候群による肺高血圧症 .  臨床血液59 ( 5 ) 489 - 491   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    54歳女。易疲労感を主訴とした。甲状腺がんの術後経過観察中に肝脾腫を認め、近医婦人科で子宮筋腫と貧血を指摘された。紹介受診時の各種検査で多発ニューロパチー、血清VEGF上昇、IgA-λ型M蛋白、肝脾腫、下肢浮腫、内分泌異常、皮膚の色素沈着を認めたことからpolyneuropathy、organomegaly、endocrinopathy、M-protein and skin changes症候群と診断した。当初、大量化学療法併用自家造血幹細胞移植を計画していたが、治療前に肺高血圧症が判明した。lenalidomide・dexamethazone療法を先行し、3コース施行後の右心カテーテル検査で肺高血圧症の改善を確認してから大量化学療法併用自家造血幹細胞移植を行った。

  • Kataoka K, Iwanaga M, Yasunaga JI, Nagata Y, Kitanaka A, Kameda T, Yoshimitsu M, Shiraishi Y, Sato-Otsubo A, Sanada M, Chiba K, Tanaka H, Ochi Y, Aoki K, Suzuki H, Shiozawa Y, Yoshizato T, Sato Y, Yoshida K, Nosaka K, Hishizawa M, Itonaga H, Imaizumi Y, Munakata W, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Nakamaki T, Ishiyama K, Miyawaki S, Ishii R, Nureki O, Tobinai K, Miyazaki Y, Takaori-Kondo A, Shibata T, Miyano S, Ishitsuka K, Utsunomiya A, Shimoda K, Matsuoka M, Watanabe T, Ogawa S. .  Prognostic relevance of integrated genetic profiling in adult T-cell leukemia/lymphoma. .  Blood131 ( 2 ) 215 - 225   2018年1月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1182/blood-2017-01-761874.

  • Kataoka K. .  Prognostic relevance of integrated genetic profiling in adult T-cell leukemia/lymphoma .  Blood131 ( 2 ) 215 - 225   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Blood  

    DOI: 10.1182/blood-2017-01-761874

    Scopus

    PubMed

  • 中村 大輔, 林田 真衣子, 窪田 佳代子, 松浦 英治, 田淵 智久, 有馬 直佑, 井上 大栄, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  レナリドミド・デキサメタゾン療法で改善したPOEMS症候群による肺高血圧症 .  臨床血液59 ( 5 ) 489 - 491   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    <p>POEMS syndrome is often complicated by pulmonary hypertension. The standard therapy for patients with POEMS syndrome is high-dose chemotherapy followed by autologous stem cell transplantation. However, the safety of high-dose chemotherapy for patients complicated with pulmonary hypertension remains unclear, and the optimal therapy for these patients is yet to be establishment. Herein, we report the case of a 54-year-old woman with POEMS syndrome accompanied by pulmonary hypertension. We successfully and safely performed lenalidomide and dexamethasone (Ld) therapy followed by high-dose chemotherapy and autologous stem cell transplantation, which improved her pulmonary hypertension. Thus, Ld can be considered as safe and effective for pulmonary hypertension with POEMS syndrome.</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.59.489

    PubMed

    CiNii Article

  • Nosaka K. .  Epidemiological and clinical features of adult T-cell leukemia–lymphoma in Japan, 2010–2011: A nationwide survey .  Cancer Science108 ( 12 ) 2478 - 2486   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.13398

    Scopus

    PubMed

  • Nosaka Kisato, Iwanaga Masako, Imaizumi Yoshitaka, Ishitsuka Kenji, Ishizawa Kenichi, Ishida Yoji, Amano Masahiro, Ishida Takashi, Uike Naokuni, Utsunomiya Atae, Ohshima Koichi, Kawai Kazuhiro, Tanaka Junji, Tokura Yoshiki, Tobinai Kensei, Watanabe Toshiki, Uchimaru Kaoru, Tsukasaki Kunihiro .  日本の2010-2011年の成人T細胞白血病-リンパ腫の疫学的および臨床的特徴 全国的な調査(Epidemiological and clinical features of adult T-cell leukemia-lymphoma in Japan, 2010-2011: A nationwide survey) .  Cancer Science108 ( 12 ) 2478 - 2486   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    日本における成人T細胞白血病(ATL)の最近の疫学的特徴を把握するため、全国的なATL調査を行い、ATLの疫学的および臨床的特徴が、時間とともにどのように変化したのかを評価した。2010年から2011年の間に126病院から新規にATLと診断された患者996名のうち922名(男487名、女435名、年齢中央値68歳)を対象とした。その結果、67.2%は九州-沖縄地方で診断されていた。サブタイプは急性型の49.5%が最も多く、リンパ腫型(25.7%)、慢性型(14.2%)と続いた。リンパ腫型は男性、慢性型は女性で多く罹患している傾向が認められた。リンパ腫型の約半数は70歳以上で、慢性型と診断された患者の3分の1は60歳以下であった。これらの特徴は1980年代および1990年代に行った全国調査の結果とは異なっていた。以上より、最近のATL患者の約半数は集中的な細胞傷害性療法ができない68歳以上で、高齢者のための新しい毒性の低い薬剤やATLの発症を予防する更なる戦略が必要と考えられた。

  • Ishitsuka K. .  Safety and efficacy of mogamulizumab in patients with adult T-cell leukemia–lymphoma in Japan: interim results of postmarketing all-case surveillance .  International Journal of Hematology106 ( 4 ) 522 - 532   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-017-2270-9

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K, Yurimoto S, Kawamura K, Tsuji Y, Iwabuchi M, Takahashi T, Tobinai K. .  Safety and efficacy of mogamulizumab in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma in Japan: interim results of postmarketing all-case surveillance. .  Int J Hematol.106 ( 4 ) 522 - 532   2017年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishitsuka Kenji, Yurimoto Satoshi, Kawamura Kouichi, Tsuji Yukie, Iwabuchi Manabu, Takahashi Takeshi, Tobinai Kensei .  日本における成人T細胞白血病/リンパ腫患者におけるモガムリズマブの安全性と有効性 市販後全症例調査の中間結果(Safety and efficacy of mogamulizumab in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma in Japan: interim results of postmarketing all-case surveillance) .  International Journal of Hematology106 ( 4 ) 522 - 532   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    モガムリズマブ(MO)で治療されたC-Cケモカイン受容体4(CCR4)陽性の再発/難治性成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)患者の市販後調査を行い、有効性を484名(男258名、女226名)、安全性を442名で調べた。ATL亜型は急性が58.9%、リンパ腫が34.2%であった。患者全例にMO 1.0mg/kgを週に1回、単独または他の治療と併用して8週間点滴した。薬物有害反応(ADR)は患者の74.0%で報告され、そのうち35.7%が重篤、6.2%が致死的であった。点滴関連反応は29.3%、皮膚障害は34.3%、感染症は22.1%、免疫障害は3.5%、腫瘍溶解症候群は2.5%で認められた。移植片対宿主病は同種造血幹細胞移植の前にMOを投与された患者42名(男30名、女12名)中25名で報告された。全奏効率は57.7%で、単独治療群が57.5%、併用治療群が58.2%であった。MOの忍容性は許容できるが、重篤なADRのリスクがあるため注意深く監視すべきと考えられた。

  • Mihashi Y, Mizoguchi M, Takamatsu Y, Ishitsuka K, Iwasaki H, Koga M, Urabe K, Momosaki S, Sakata T, Kiyomi F, Takeshita M. .  C-MYC and Its Main Ubiquitin Ligase, FBXW7, Influence Cell Proliferation and Prognosis in Adult T-cell Leukemia/Lymphoma. .  Am J Surg Pathol. 41 ( 8 ) 1139 - 1149   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katsuya H. .  Prognostic index for chronic- and smoldering-type adult T-cell leukemia-lymphoma .  Blood130 ( 1 ) 39 - 47   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Blood  

    DOI: 10.1182/blood-2017-01-757542

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K. .  Treatment of indolent adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL) .  Adult T-cell Leukemia/Lymphoma   117 - 124   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Adult T-cell Leukemia/Lymphoma  

    DOI: 10.1007/978-4-431-56523-9_9

    Scopus

  • Tokunaga M, Yonekura K, Nakamura D, Haraguchi K, Tabuchi T, Fujino S, Hayashida M, Maekawa K, Arai A, Nakano N, Kamada Y, Kubota A, Inoue H, Owatari S, Takeuchi S, Takatsuka Y, Otsuka M, Hanada S, Matsumoto T, Yoshimitsu M, Ishitsuka K, Utsunomiya A. .  Clinical significance of cutaneous adverse reaction to mogamulizumab in relapsed or refractory adult T-cell leukaemia-lymphoma. .  Br J Haematol   2017年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村 桃子, 保坂 加奈子, 秋元 正樹, 吉満 誠, 大坪 秀雄, 石塚 賢治 .  アバタセプト投与中に免疫不全関連リンパ増殖性疾患を再発した関節リウマチの1例 .  九州リウマチ37 ( 1 ) 67 - 71   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州リウマチ学会  

    68歳男性。1991年関節リウマチ(RA)と診断、メトトレキサート(MTX)を開始、2004年インフリキシマブ(IFX)が追加された。2013年に縦隔・腹腔内にリンパ節腫大を認め医原性免疫不全関連リンパ増殖性疾患(OIIA-LPD)を疑い、MTXとIFXを中止し自然退縮した。RAの悪化を認め、免疫抑制剤が追加されたが副作用で中止となり、2014年1月アバタセプト(ABT)単独療法開始、2年後、sIL-2Rの上昇と縦隔リンパ節腫大からOIIA-LPDと診断した。ABTの中止のみでLPDは退縮したが、消化管大量出血による出血性ショックと播種性血管内凝固症候群のため死亡した。病理解剖で残存していた縦隔リンパ節はEBV陽性ホジキンリンパ腫と診断された。OIIA-LPD寛解後のRAの治療においてABTは比較的安全との症例報告が散見されるが、ABTでもLPDを誘発する可能性があり、注意が必要である。(著者抄録)

  • Miyamoto S, Yotsumoto F, Ueda T, Fukami T, Sanui A, Miyata K, Nam SO, Fukagawa S, Katsuta T, Maehara M, Kondo H, Miyahara D, Shirota K, Yoshizato T, Kuroki M, Nishikawa H, Saku K, Tsuboi Y, Ishitsuka K, Takamatsu Y, Tamura K, Matsunaga A, Hachisuga T, Nishino S, Odawara T, Maeda K, Manabe S, Ishikawa T, Okuno Y, Ohishi M, Hikita T, Mizushima H, Iwamoto R, Mekada E. .  BK-UM in patients with recurrent ovarian cancer or peritoneal cancer: a first-in-human phase-I study. .  BMC Cancer. 31 ( 17 ) 3071 - 3075   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyamoto S. .  BK-UM in patients with recurrent ovarian cancer or peritoneal cancer: A first-in-human phase-I study .  BMC Cancer17 ( 1 ) 89   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Cancer  

    DOI: 10.1186/s12885-017-3071-5

    Scopus

    PubMed

  • Nakano D. .  Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma (V): coumarins and alkaloids from Boenninghausenia japonica and Ruta graveolens .  Journal of Natural Medicines71 ( 1 ) 170 - 180   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Natural Medicines  

    DOI: 10.1007/s11418-016-1046-5

    Scopus

    PubMed

  • Nakano D, Ishitsuka K, Matsuda N, Kouguchi A, Tsuchihashi R, Okawa M, Okabe H, Tamura K, Kinjo J. .  Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma (V): coumarins and alkaloids from Boenninghausenia japonica and Ruta graveolens. .  J Nat Med. 71 ( 1 ) 170 - 180   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    During the course of our studies towards the identification of promising chemotherapeutic candidates from plants against two human T-cell lymphotropic virus type I-infected T-cell lines (MT-1 and MT-2), we screened 17 extracts from 9 rutaceous plants against MT-1 and MT-2 cells. The extracts from the aerial parts and roots of Boenninghausenia japonica, as well as the leaves and roots of Ruta graveolens showed potent antiproliferative effects. After activity-guided fractionation, we isolated 44 compounds from two rutaceous plants, including three new compounds (1-3), which were classified into 26 coumarin analogs (13 coumarins, 8 furanocoumarins, 4 dihydrofuranocoumarins and one dihydropyranocoumarin), 15 alkaloid analogs (7 quinolone alkaloids, 4 acridone alkaloids, 3 furanoquinoline alkaloids and one tetrahydroacridone alkaloid) and 3 flavonoid glycosides. Structure-activity relationship studies were also evaluated. The coumarin compounds (2, 3 and 7-9) bearing a 3-dimethylallyl moiety showed potent activity. Similarly, of all the furanocoumarins evaluated in the current study, compound 17 bearing a 3-dimethylallyl group also showed potent activity. A dihydrofuranocoumarin (27) bearing a 3-dimethylallyl moiety showed the most potent activity. Following 27, compound 28 showed potent activity. These results therefore suggested that the presence of a 3-dimethylallyl moiety was important to the antiproliferative activity of these coumarin analogs.

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Matsuda Narumi, Kouguchi Ai, Tsuchihashi Ryota, Okawa Masafumi, Okabe Hikaru, Tamura Kazuo, Kinjo Junei .  ヒト成人T細胞白血病/リンパ腫に対する化学療法に有望な植物由来の候補化合物のスクリーニング(第5報) Boenninghausenia japonicaとRuta graveolensからのクマリンとアルカロイド化合物(Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma(V): coumarins and alkaloids from Boenninghausenia japonica and Ruta graveolens) .  Journal of Natural Medicines71 ( 1 ) 170 - 180   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    ミカン科植物の17種類の抽出物を対象に、2種類のヒトTリンパ球向性ウイルス1型株(MT-1とMT-2)に対する抗増殖活性をスクリーニングした。Boenninghausenia japonicaの地上部と根、およびRuta graveolensの葉と根の抽出物が強い抗増殖活性を示した。これらの抽出物について活性ガイド分画を行い、3種類の新規化合物を含む44種類の化合物を得た。うち26種類はクマリンアナログ、15種類はアルカロイドアナログ、3種類はフラボノイドグリコシドであった。構造活性相関を解析したところ、3-ジメチルアリル部分を持つクマリン化合物とジヒドロフラノクマリン、および3-ジメチルアリル基を持つフラノクマリンが強い抑制活性を示した。これらのクマリンアナログの抗増殖活性には、3-ジメチルアリル部分の存在が重要であると考えられた。

  • 石塚 賢治 .  V.成人T細胞白血病の診断と治療 .  日本内科学会雑誌106 ( 7 ) 1397 - 1403   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>成人T細胞白血病(adult T-cell leukemia:ATL)は,ヒトT細胞白血病ウイルス1型(human T-cell leukemia virus type 1:HTLV-1)によって発生する予後不良な末梢性T細胞腫瘍である.多様な病態・臨床経過から,急性型,リンパ腫型,慢性型,くすぶり型の4病型に分けられる.急性型・リンパ腫型ならびに予後不良因子を有する慢性型ATLはaggressive ATL,予後不良因子を有さない慢性型・くすぶり型ATLはindolent ATLと分類され,治療方針が決定される.Aggressive ATLでは,急速な経過を辿る症例が多く,適切な診断と治療が必要である.</p>

    DOI: 10.2169/naika.106.1397

    CiNii Article

  • Katsuya Hiroo, Ishitsuka Kenji .  Treatment advances and prognosis for patients with adult T-cell leukemia-lymphoma .  Journal of Clinical and Experimental Hematopathology57 ( 3 ) 87 - 97   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本リンパ網内系学会  

    <p>A classification for adult T-cell leukemia-lymphoma (ATL) based on clinical features was proposed in 1991: acute, lymphoma, chronic, and smoldering types, and their median survival times (MSTs) were reported to be 6.2, 10.2, 24.3 months, and not reached, respectively. Several new therapies for ATL have since been developed, i.e. dose-intensity multi-agent chemotherapies, allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (allo-HSCT), monoclonal antibodies, and anti-viral therapy. The monoclonal antibody to CCR4, mogamulizumab, clearly improved response rates in patients with treatment-naïve and relapsed aggressive ATL, and has the potential to provide a survival advantage. The outcomes of allo-HSCT have been reported since the early 2000s. High treatment-related mortality was initially the crucial issue associated with this treatment approach; however, reduced intensity conditioning regimens have decreased the risk of treatment-related mortality. The introduction of allo- HSCT has had a positive impact on the prognosis of and potential curability with treatments for ATL. A meta-analysis of a treatment with interferon-α and zidovudine (IFN/AZT) revealed a survival benefit in patients with the leukemic subtype. A phase 3 study comparing IFN/AZT with watchful waiting in patients with indolent ATL is ongoing in Japan. Several clinical trials on novel agents are currently being conducted, such as the histone deacetylase inhibitors, alemtuzumab, brentuximab vedotin, nivolumab, and an EZH1/2 dual inhibitor.</p>

    DOI: 10.3960/jslrt.17008

    PubMed

    CiNii Article

  • Mihashi Y. .  C-MYC and Its Main Ubiquitin Ligase, FBXW7, Influence Cell Proliferation and Prognosis in Adult T-cell Leukemia/Lymphoma .  American Journal of Surgical Pathology41 ( 8 ) 1139 - 1149   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Surgical Pathology  

    DOI: 10.1097/PAS.0000000000000871

    Scopus

    PubMed

  • 石塚 賢治 .  ATL診療の進歩 .  臨床血液58 ( 6 ) 676 - 682   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    <p>成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトTリンパ球向性ウイルスI型(HTLV-1)によって引き起こされる予後不良な末梢性T細胞腫瘍である。主として母乳によって成立したHTLV-1感染者の3~5%がATLを発症する。現在の本邦の標準治療は,aggressive ATL(急性型,リンパ腫型と予後不良因子を有する慢性型)に対しては多剤併用化学療法,さらに可能な症例では同種造血幹細胞移植を実施すること,indolent ATL(くすぶり型と予後不良因子のない慢性型)に対してはaggressive ATLとなるまで無治療経過観察することである。近年はATL細胞の表面抗原を標的とする抗体療法,ATL細胞の分子異常を標的とする治療,免疫環境を修飾する治療の開発が試みられており,そのうち抗CCR4抗体モガムリズマブと,免疫調整薬レナリドミドはすでに日常臨床に導入されている。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.676

    PubMed

    CiNii Article

  • 石塚 賢治 .  ATLに対する新規治療の開発 .  Skin Cancer31 ( 3 ) 209 - 215   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    DOI: 10.5227/skincancer.31.209

    CiNii Article

  • 石塚 賢治 .  ATL —分子病態と治療— .  臨床血液58 ( 10 ) 2004 - 2011   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    <p>成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトTリンパ球向性ウイルスI型(HTLV-1)によって引き起こされる末梢性T細胞腫瘍である。HTLV-1感染リンパ球は,TaxやHTLV-1 bZIP factorなどによって不死化され,やがてクローナルな増殖を始める。ATLの分子病態の特徴は,ATL細胞が多くのゲノム異常を持ち,しかもそれらのほとんどがいくつかの標的経路に収束すること,ヒストンH3リジン27のトリメチル化に特徴づけられるゲノム全域にわたるエピジェネティックな異常によって機能的microRNAや腫瘍抑制因子の発現が抑制され,腫瘍の発生と維持に関わっていることである。これらATLに特徴的な分子病態のなかで,CCR4を標的とする治療は既に抗体薬として日常診療に導入されたほか,Taxを標的とする免疫療法,免疫チェックポイント阻害薬による治療,EZH1/2を標的とする治療の開発が進んでいる。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.2004

    PubMed

    CiNii Article

  • 坂江 遥, 玉井 努, 小田 耕平, 鈴木 紳介, 平木 翼, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 大西 容雅, 椨 一晃, 室町 香織, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 石塚 賢治, 谷本 昭英, 井戸 章雄 .  脾破裂を伴い急性肝不全様の経過を呈した悪性リンパ腫の一例 .  肝臓57 ( 12 ) 674 - 683   2016年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

    症例は66歳、男性。全身倦怠感、発熱、腹痛、食思不振で近医を受診し、血小板減少、肝腎機能障害を認め、当院へ緊急入院となった。腹部超音波検査、CT検査で著明な肝脾腫と脾内占拠性病変、脾出血を認めた。急速に肝不全が進行、播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC)も合併し、全身状態は増悪した。第3病日には腹腔内出血を来し、第5病日に死亡した。家族の同意を得て、剖検を行った。肝腫大、著明な脾腫大を認め、脾臓は被膜の破綻、出血を伴い脾破裂をきたしていた。肝臓、脾臓には腫瘍細胞がびまん性に増殖しており、免疫染色にて悪性リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma:DLBCL)と診断した。今回、我々は脾破裂を伴い急性肝不全様の急激な経過を呈した悪性リンパ腫の一例を経験したので文献的考察を含めて報告する。(著者抄録)

  • Ishitsuka K. .  Diagnosis and follow-up of posterior inferior cerebellar artery dissection complicated with ischemic stroke assisted by T1-VISTA: A report of two cases .  BMC Neurology16 ( 1 )   2016年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Neurology  

    DOI: 10.1186/s12883-016-0637-9

    Scopus

  • Satou A. .  FoxP3-positive T cell lymphoma arising in non-HTLV1 carrier: Clinicopathological analysis of 11 cases of PTCL-NOS and 2 cases of mycosis fungoides .  Histopathology68 ( 7 ) 1099 - 1108   2016年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Histopathology  

    DOI: 10.1111/his.12885

    Scopus

    PubMed

  • Ishibashi H, Nimura S, Ishitsuka K, Mihashi Y, Mizoguchi M, Nakamura S, Okamura S, Momosaki S, Aoyagi K, Sakisaka S, Takeshita M. .  High Expression of Intestinal Homing Receptor CD103 in Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma, Similar to 2 Other CD8+ T-Cell Lymphomas. .  The American Journal of Surgical Pathology40 ( 4 ) 462 - 470   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishibashi H. .  High expression of intestinal homing receptor CD103 in adult T-cell Leukemia/Lymphoma, similar to 2 other CD8<sup>+</sup>T-cell lymphomas .  American Journal of Surgical Pathology40 ( 4 ) 462 - 470   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Surgical Pathology  

    DOI: 10.1097/PAS.0000000000000597

    Scopus

    PubMed

  • 坂江 遥, 室町 香織, 馬渡 誠一, 森内 昭博, 石塚 賢治, 谷本 昭英, 井戸 章雄, 玉井 努, 小田 耕平, 鈴木 紳介, 平木 翼, 谷山 央樹, 伊集院 翔, 大西 容雅, 椨 一晃 .  脾破裂を伴い急性肝不全様の経過を呈した悪性リンパ腫の一例 .  肝臓57 ( 12 ) 674 - 683   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本肝臓学会  

    <p>症例は66歳,男性.全身倦怠感,発熱,腹痛,食思不振で近医を受診し,血小板減少,肝腎機能障害を認め,当院へ緊急入院となった.腹部超音波検査,CT検査で著明な肝脾腫と脾内占拠性病変,脾出血を認めた.急速に肝不全が進行,播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC)も合併し,全身状態は増悪した.第3病日には腹腔内出血を来し,第5病日に死亡した.家族の同意を得て,剖検を行った.肝腫大,著明な脾腫大を認め,脾臓は被膜の破綻,出血を伴い脾破裂をきたしていた.肝臓,脾臓には腫瘍細胞がびまん性に増殖しており,免疫染色にて悪性リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma:DLBCL)と診断した.今回,我々は脾破裂を伴い急性肝不全様の急激な経過を呈した悪性リンパ腫の一例を経験したので文献的考察を含めて報告する.</p>

    DOI: 10.2957/kanzo.57.674

    Scopus

    CiNii Article

  • Katsuya H, Ishitsuka K, Utsunomiya A, Hanada S, Eto T, Moriuchi Y, Saburi Y, Miyahara M, Sueoka E, Uike N, Yoshida S, Yamashita K, Tsukasaki K, Suzushima H, Ohno Y, Matsuoka H, Jo T, Amano M, Hino R, Shimokawa M, Kawai K, Suzumiya J, Tamura K; ATL-Prognostic Index Project. .  Treatment and survival among 1594 patients with ATL. .  Blood126 ( 24 ) 2570 - 2577   2015年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the expression of the αEβ7 integrin (CD103)-intestinal homing receptor of T-intraepithelial lymphocytes (IELs) in 130 cases of adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL). We detected CD103 lymphoma cells in 55% (31/56) of mainly gastrointestinal (GI)-involved ATLL cases. Among them, lymphoma cells of 18 cases located in other involved organs had similar CD103 expression patterns. Histologically, we found (a) increased reactive IELs in non-neoplastic mucosal layers in 28% (5/18) of surgical and mucosal resection cases, (b) preserved epithelial glands, and (c) numerous small intraepithelial ATLL nests in involved lesions in 36 (69%) and 21 (40%), respectively, of the 52 examined cases. These 3 patterns were common in intestinal type II enteropathy-associated T-cell lymphoma but were rare in intestinal EBV nasal-type/like T/natural killer (NK)-cell lymphoma. We detected CD103 tumor cells in 41% (16/39) of lymph node-involved ATLL, in 31% (11/35) of skin-involved ATLL, in 68% (21/31) of type II CD4 enteropathy-associated T-cell lymphoma cases, in 36% (8/22) of primary gastric T/NK-cell lymphomas, and in 77% (7/9) of CD8 epidermotropic mycosis fungoides. CD103 ATLL prefers involving the GI tract over the skin (P<0.05). CD103 expression in GI-involved and/or total ATLL cases was significantly higher than in other 9 T/NK-cell lymphoma groups (P<0.05 or 0.01). Only ATLL cases were commonly CD103 in CD4 T/NK-cell lymphoma groups (P<0.05 or 0.01). Human T-lymphotropic virus-1-infected CD103 T-IELs and mucosal T cells may be important sources of ATLL.

  • Katsuya H. .  Treatment and survival among 1594 patients with ATL .  Blood126 ( 24 ) 2570 - 2577   2015年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Blood  

    DOI: 10.1182/blood-2015-03-632489

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K. .  Colitis mimicking graft-versus-host disease during treatment with the anti-CCR4 monoclonal antibody, mogamulizumab .  International Journal of Hematology102 ( 4 ) 493 - 497   2015年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-015-1811-3

    Scopus

    PubMed

  • Satou A, Asano N, Kato S, Katsuya H, Ishitsuka K, Elsayed AA, Nakamura S. .  FoxP3-positive T-cell Lymphoma Arising in non-HTLV1 carrier: Clinicopathological analysis of 11 cases of PTCL-NOS and 2 cases of Mycosis Fungoides. .  Histopathology   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishitsuka K, Murahashi M, Katsuya H, Mogi A, Masaki M, Kawai C, Goto T, Ishizu M, Ikari Y, Takamatsu Y, Ishibashi H, Nimura S, Takeshita M, Tamura K. .  Colitis mimicking graft-versus-host disease during treatment with the anti-CCR4 monoclonal antibody, mogamulizumab. .  International Journal of Hematology102 ( 4 ) 493 - 497   2015年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishitsuka Kenji, Murahashi Mutsunori, Katsuya Hiroo, Mogi Ai, Masaki Michio, Kawai Chisato, Goto Toshitaka, Ishizu Masanao, Ikari Yosuke, Takamatsu Yasushi, Ishibashi Hideki, Nimura Satoshi, Takeshita Morishige, Tamura Kazuo .  抗CCR4モノクローナル抗体モガムリズマブを投与中の移植片対宿主病との鑑別が必要な大腸炎(Colitis mimicking graft-versus-host disease during treatment with the anti-CCR4 monoclonal antibody, mogamulizumab) .  International Journal of Hematology102 ( 4 ) 493 - 497   2015年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    症例は57歳男性で、急性成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)と診断された。患者が同種幹細胞移植を拒絶したためTHP-COP療法を開始した。その後は部分寛解に達したが、THP-COP療法終了直後にリンパ節と皮膚のATL病変が増大したため、当院に紹介となった。末梢血中のATL細胞において抗CCケモカイン受容体4(CCR4)が強力に発現していたため、day1、8、15、22に4回のモガムリズマブ投与を行った。その後、ゲムシタビン、カルボプラチン、デキサメサゾンによる併用化学療法を開始した。モガムリズマブの投与後に2〜3L/日の持続する水様性非血性下痢が出現したが、便中から病原性細菌や寄生虫は検出されなかった。大腸粘膜の生検検体では、結腸腺に多数のアポトーシス小体の小さい巣が認められ、これは急性大腸性移植片対宿主病とよく似ていた。この原因として、モガムリズマブによる制御性T細胞の欠乏による自己反応性免疫系の活性化が疑われた。

  • Ishitsuka K. .  A phase II study of bortezomib in patients with relapsed or refractory aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma .  Cancer Science106 ( 9 ) 1219 - 1223   2015年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.12735

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K, Utsunomiya A, Katsuya H, Takeuchi S, Takatsuka Y, Hidaka M, Sakai T, Yoshimitsu M, Ishida T, Tamura K. .  A phase II study of bortezomib in patients with relapsed or refractory aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma. .  Cancer Science106 ( 9 ) 1219 - 1223   2015年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishitsuka Kenji, Utsunomiya Atae, Katsuya Hiroo, Takeuchi Shogo, Takatsuka Yoshifusa, Hidaka Michihiro, Sakai Tatsunori, Yoshimitsu Makoto, Ishida Takashi, Tamura Kazuo .  再発性または難治性のアグレッシブ成人T細胞白血病/リンパ腫患者におけるボルテゾミブの臨床第II相試験(A phase II study of bortezomib in patients with relapsed or refractory aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma) .  Cancer Science106 ( 9 ) 1219 - 1223   2015年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    少なくとも1レジメンの化学療法を施行された再発/難治性成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)患者15名(男10名、女5名、49〜73歳)を対象に、ボルテゾミブ単剤療法の有効性と安全性を評価する臨床第II相試験を行った。主要評価項目は全奏効率(ORR)、副次評価項目は安全性、病変での最良効果、無増悪生存期間(PFS)であった。全奏効率として部分寛解(PR)が1名、安定が5名で認められ、ORRは6.7%であった。部位別の効果は末梢血の完全寛解が1名、測定可能な標的病変のPRが2名、皮膚病変のPRが2名で、PFRは38日であった。全ての患者で有害事象(AE)が1回以上認められ、80%でグレード3/4のAEが1回以上みられたが、新しい安全性所見はなかった。ボルテゾミブは単独でこのコホートの患者に対し非常に有望とは思われなかったため、この試験の終了を決定した。

  • Nakano D. .  Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma (IV): Phenanthroindolizidine alkaloids from Tylophora tanakae leaves .  Journal of Natural Medicines69 ( 3 ) 397 - 401   2015年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Natural Medicines  

    DOI: 10.1007/s11418-015-0906-8

    Scopus

    PubMed

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Ikeda Mizuki, Tsuchihashi Ryota, Okawa Masafumi, Okabe Hikaru, Tamura Kazuo, Kinjo Junei .  ヒト成人T細胞白血病/リンパ腫に対する化学療法の候補となる植物成分のスクリーニング(IV) Tylophora tanakaeの葉からのフェナンスロインドリジジンアルカロイド(Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma(IV): phenanthroindolizidine alkaloids from Tylophora tanakae leaves) .  Journal of Natural Medicines69 ( 3 ) 397 - 401   2015年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    ガガイモ科植物の15種の抽出物の、ヒトTリンパ球向性ウイルス1型(HTLV-1)感染T細胞系(MT-1およびMT-2)に対する作用を検討した。Tylophora tanakaeの地上部のメタノール抽出物が抗増殖効果を示した。activity-guided fractionationを行ったところ、6種のフェナンスロインドリジジンアルカロイド(1種の新規化合物を含む)が単離された。MT-1およびMT-2細胞に対する抗増殖活性を測定した結果、一部の化合物のEC50は低いナノモル濃度を示し、抗癌薬ドキソルビシンに匹敵した。構造活性相関では、14β-ヒドロキシ基が必須であった。一方、2-メトキシ基、7-メトキシ基、N-オキシド基は抗増殖活性を低下させるようであった。

  • Ishida T. .  Dose-intensified chemotherapy alone or in combination with mogamulizumab in newly diagnosed aggressive adult T-cell leukaemia-lymphoma: A randomized phase II study .  British Journal of Haematology169 ( 5 ) 672 - 682   2015年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/bjh.13338

    Scopus

    PubMed

  • 石塚 賢治、山野 嘉久、宇都宮 與、内丸 薫 .  HTLV-1キャリア外来の実態調査 .  臨床血液56 ( 6 ) 666 - 672   2015年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Human T-lymphotropic virus type-I(HTLV-1)は成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL),HTLV-1関連脊髄症/熱帯性痙性脊髄麻痺などの原因ウイルスで,主に授乳や性交渉によって感染が成立する。本研究では国内4施設におけるHTLV-1感染者(キャリア)対応の実態を調べた。キャリア外来標榜施設では,献血時もしくは妊娠時の検査でHTLV-1感染を知り,HTLV-1関連疾患発症の有無についての検査やHTLV-1感染に伴う不安への説明や相談,関連疾患に対する説明を希望し受診する場合が多かった。受診者の約半数はHTLV-1感染を2年以上前に告知されており,近年のHTLV-1やキャリア外来への社会での認知から,キャリア自身の意識が変わったことが受診につながったものと考えられる。一方で,HTLV-1高度浸淫地域においてはかかりつけ医によって十分な対応がなされている可能性が高いと考えられた。HTLV-1非浸淫地域にある2施設ではHTLV-1キャリアと診断された受診者の50%以上が両親とも出生地は九州以外であり,HTLV-1キャリアは九州出身者に多いとされてきた事実の変貌が明らかになった。今後HTLV-1キャリア数は減少するものの,居住地の偏在は少なくなると考えられ,医療ニーズに適切かつ効率よく対応する体制の構築が重要である。

  • 石塚 賢治, 山野 嘉久, 宇都宮 與, 内丸 薫 .  HTLV-1キャリア外来の実態調査 .  臨床血液56 ( 6 ) 666 - 672   2015年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    Human T-lymphotropic virus type-I(HTLV-1)は成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL),HTLV-1関連脊髄症/熱帯性痙性脊髄麻痺などの原因ウイルスで,主に授乳や性交渉によって感染が成立する。本研究では国内4施設におけるHTLV-1感染者(キャリア)対応の実態を調べた。キャリア外来標榜施設では,献血時もしくは妊娠時の検査でHTLV-1感染を知り,HTLV-1関連疾患発症の有無についての検査やHTLV-1感染に伴う不安への説明や相談,関連疾患に対する説明を希望し受診する場合が多かった。受診者の約半数はHTLV-1感染を2年以上前に告知されており,近年のHTLV-1やキャリア外来への社会での認知から,キャリア自身の意識が変わったことが受診につながったものと考えられる。一方で,HTLV-1高度浸淫地域においてはかかりつけ医によって十分な対応がなされている可能性が高いと考えられた。HTLV-1非浸淫地域にある2施設ではHTLV-1キャリアと診断された受診者の50%以上が両親とも出生地は九州以外であり,HTLV-1キャリアは九州出身者に多いとされてきた事実の変貌が明らかになった。今後HTLV-1キャリア数は減少するものの,居住地の偏在は少なくなると考えられ,医療ニーズに適切かつ効率よく対応する体制の構築が重要である。(著者抄録)

  • 石塚 賢治, 山野 嘉久, 宇都宮 與, 内丸 薫 .  HTLV-1キャリア外来の実態調査 .  臨床血液56 ( 6 ) 666 - 672   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    Human T-lymphotropic virus type-I (HTLV-1)は成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL),HTLV-1関連脊髄症/熱帯性痙性脊髄麻痺などの原因ウイルスで,主に授乳や性交渉によって感染が成立する。本研究では国内4施設におけるHTLV-1感染者(キャリア)対応の実態を調べた。キャリア外来標榜施設では,献血時もしくは妊娠時の検査でHTLV-1感染を知り,HTLV-1関連疾患発症の有無についての検査やHTLV-1感染に伴う不安への説明や相談,関連疾患に対する説明を希望し受診する場合が多かった。受診者の約半数はHTLV-1感染を2年以上前に告知されており,近年のHTLV-1やキャリア外来への社会での認知から,キャリア自身の意識が変わったことが受診につながったものと考えられる。一方で,HTLV-1高度浸淫地域においてはかかりつけ医によって十分な対応がなされている可能性が高いと考えられた。HTLV-1非浸淫地域にある2施設ではHTLV-1キャリアと診断された受診者の50%以上が両親とも出生地は九州以外であり,HTLV-1キャリアは九州出身者に多いとされてきた事実の変貌が明らかになった。今後HTLV-1キャリア数は減少するものの,居住地の偏在は少なくなると考えられ,医療ニーズに適切かつ効率よく対応する体制の構築が重要である。

    DOI: 10.11406/rinketsu.56.666

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Nonokuma Masanari, Kuwabara Yasuo, Takano Koichi, Tamura Kazuo, Ishitsuka Kenji, Yoshimitsu Kengo .  統計的画像解析を用いた体の悪性リンパ腫患者における局所脳グルコース代謝の評価(Evaluation of regional cerebral glucose metabolism in patients with malignant lymphoma of the body using statistical image analysis) .  Annals of Nuclear Medicine28 ( 10 ) 950 - 960   2014年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    治療前にFDG-PET/CT検査を受けた体の悪性リンパ腫患者30名(瀰漫性B細胞リンパ腫16名およびその他のリンパ腫14名)を対象とし、局所脳グルコース代謝をレトロスペクティブに評価した。局所脳グルコース代謝は両側性前頭および頭頂葉皮質において糖分解体積の増加に伴い減少することが示された。化学療法後の統計的画像解析により、良好なレスポンダーでは両側性前頭および後頭皮質の局所脳グルコース代謝の回復が認められたが、低レスポンダーでは治療前後の局所脳グルコース代謝変化は認められなかった。さらに、健常人との比較により、治療前の悪性リンパ腫患者では頭頂-後頭皮質において局所脳グルコース代謝が低下していることが示された。本検討により、悪性リンパ腫患者では脳の機能的変化および/または無症候性の脳の損傷を生じていることが示唆された。

  • Nonokuma M. .  Evaluation of regional cerebral glucose metabolism in patients with malignant lymphoma of the body using statistical image analysis .  Annals of Nuclear Medicine28 ( 10 ) 950 - 960   2014年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Nuclear Medicine  

    DOI: 10.1007/s12149-014-0890-1

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K. .  Human T-cell leukaemia virus type I and adult T-cell leukaemia-lymphoma .  The Lancet Oncology15 ( 11 ) e517 - e526   2014年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Lancet Oncology  

    DOI: 10.1016/S1470-2045(14)70202-5

    Scopus

    PubMed

  • Kunami N. .  Promise of combining a Bcl-2 family inhibitor with bortezomib or SAHA for adult T-cell leukemia/lymphoma .  Anticancer Research34 ( 10 ) 5287 - 5294   2014年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    Scopus

  • Kunami N, Katsuya H, Nogami R, Ishitsuka K, Tamura K .  Promise of combining a Bcl-2 family inhibitor with bortezomib or SAHA for adult T-cell leukemia/lymphoma. .  Anticancer research34 ( 10 ) 5287 - 94   2014年10月

     詳細を見る

  • Fukushima T. .  Japan Clinical Oncology Group (JCOG) prognostic index and characterization of long-term survivors of aggressive adult T-cell leukaemia-lymphoma (JCOG0902A) .  British Journal of Haematology166 ( 5 ) 739 - 748   2014年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/bjh.12962

    Scopus

    PubMed

  • Ikari Y. .  Safety and pharmacokinetic evaluation of repeated intravenous administration of palonosetron 0.75 mg in patients receiving highly or moderately emetogenic chemotherapy .  Supportive Care in Cancer22 ( 7 ) 1959 - 1964   2014年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Supportive Care in Cancer  

    DOI: 10.1007/s00520-014-2179-2

    Scopus

    PubMed

  • Kato H. .  Gene expression profiling of Epstein-Barr virus-positive diffuse large B-cell lymphoma of the elderly reveals alterations of characteristic oncogenetic pathways .  Cancer Science105 ( 5 ) 537 - 544   2014年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.12389

    Scopus

    PubMed

  • Kato Harumi, Karube Kennosuke, Yamamoto Kazuhito, Takizawa Jun, Tsuzuki Shinobu, Yatabe Yasushi, Kanda Teru, Katayama Miyuki, Ozawa Yukiyasu, Ishitsuka Kenji, Okamoto Masataka, Kinoshita Tomohiro, Ohshima Koichi, Nakamura Shigeo, Morishima Yasuo, Seto Masao .  高齢者のEpstein-Barrウイルス陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の遺伝子発現プロファイリングから明らかになった特徴的な発癌経路の変化(Gene expression profiling of Epstein-Barr virus-positive diffuse large B-cell lymphoma of the elderly reveals alterations of characteristic oncogenetic pathways) .  Cancer Science105 ( 5 ) 537 - 544   2014年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    ヒトオリゴヌクレオチドマイクロアレイ分析を用いて、高齢者のEpstein-Barrウイルス(EBV)陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(EBV(+)DLBCL-E)5つとEBV(-)DLBCL7つの遺伝子発現プロファイリングを行い、EBV(+)DLBCL-Eにおける経路の特徴を調べた。遺伝子セット濃縮解析や遺伝子オントロジー解析から、EBV(+)DLBCL-EではJanusキナーゼシグナルトランスデューサー-転写活性化因子(JAK-STAT)と核因子κB経路が豊富であった。これはin vitro分析でも確かめられ、DLBCL細胞株にEBVを感染させるとJAK-STATとNF-κB経路の高活性化が誘導された。ウェスタンブロット分析ではEBV感染細胞株でリン酸化STAT3蛋白質の発現レベル上昇を認めた。免疫組織化学により、EBV(+)DLBCL-E臨床試料のリンパ腫細胞でリン酸化STATS3蛋白質の発現をしばしば認められた。JAK-STATとNF-κB経路を標的とする治療はEBV(+)DLBCL-Eの臨床転帰を改善する可能性があると考えた。

  • Ishitsuka K. .  High blood pressure after acute ischemic stroke is associated with poor clinical outcomes: Fukuoka stroke registry .  Hypertension63 ( 1 ) 54 - 60   2014年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Hypertension  

    DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.113.02189

    Scopus

  • 石塚 賢治 .  ATLプログレス2013 .  臨床血液54 ( 10 ) 1817 - 1828   2013年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    DOI: 10.11406/rinketsu.54.1817

    CiNii Article

  • Ishitsuka K .  [ATL progress 2013]. .  [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology54 ( 10 ) 1817 - 27   2013年10月

     詳細を見る

  • Nakano D. .  Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma (III) .  Journal of Natural Medicines67 ( 4 ) 894 - 903   2013年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Natural Medicines  

    DOI: 10.1007/s11418-013-0747-2

    Scopus

    PubMed

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Kamikawa Mio, Matsuda Michika, Tsuchihashi Ryota, Okawa Masafumi, Okabe Hikaru, Tamura Kazuo, Kinjo Junei .  ヒト成人T細胞白血病/リンパ腫に対する有望な植物由来化学療法薬候補のスクリーニング 第III報(Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma (III)) .  Journal of Natural Medicines67 ( 4 ) 894 - 903   2013年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    ヒト成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)に対する有望な化学療法薬候補を検討するため、植物のスクリーニングを行った。61属182種類の植物から調製した245の抽出物について、2種類のヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-I)感染T細胞株(MT-1、MT-2)に対する活性を評価した。245の抽出物のうち、MT-1細胞に強力な抗増殖作用を示したのは52、MT-2細胞に強力な抗増殖作用を示したのは60であった。そのうち、いずれの細胞に対しても強力な阻害活性を示したのは2つ(EC50 0.1〜1μg/mL、+++)、中等度の阻害活性を示したのは7つ(EC50 1〜10μg/mL、++)、弱い阻害活性を示したのは43で(EC50 10〜100μg/mL、+)、残りの抽出物はMT-1細胞に活性を示さなかった(EC50>100μg/mL、-)。MT-2細胞に対しては、10の抽出物が中等度の阻害活性、48の抽出物が弱い阻害活性を示し、残りは活性を示さなかった。Annona reticulataとA. squamosaの地上部の抽出物は阻害活性が最も強力で、それら抽出物から活性成分として、3つのアポルフィンアルカロイドが分離された。

  • 石井 文規, 山内 靖, 乗富 智明, 石塚 賢治, 林 博之, 鍋島 一樹, 山下 裕一 .  von Willebrand病患者に発生した肝細胞癌の1切除例 .  日本消化器外科学会雑誌46 ( 10 ) 791 - 797   2013年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は59歳の女性で,幼少時より鼻出血を繰り返し,数回の赤血球輸血を受けていた.9年前より慢性C型肝炎を指摘され近医で経過観察されていた.今回,肝S6に径4cm大の腫瘍を指摘され当科紹介となった.家族歴と血液検査結果よりvon Willebrand病(von Willebrand disease;以下,vWDと略記)患者に発生した肝細胞癌と診断した.凝固因子補充療法のガイドラインに従い,activated partial thromboplastin time(APTT)を指標として血液凝固第VIII因子(blood clotting factor VIII;以下,F VIIIと略記)製剤の投与後に肝部分切除術を施行した.術後第1病日より8日間のF VIII製剤の補充を行い,術後経過良好にて第13病日に退院となった.vWD病患者においてもF VIII製剤の補充を行うことで安全に肝切除を施行した症例を報告する.(著者抄録)

  • Nakano D. .  Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma (II): Apoptosis of antiproliferactive principle (24,25-dihydrowithanolide D) against ATL cell lines and structure-activity relationships with withanolides isolated from solanaceous plants .  Journal of Natural Medicines67 ( 2 ) 415 - 420   2013年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Natural Medicines  

    DOI: 10.1007/s11418-012-0700-9

    Scopus

    PubMed

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Katsuya Hiroo, Kunami Naoko, Nogami Rumiko, Yoshimura Yuka, Matsuda Michika, Kamikawa Mio, Tsuchihashi Ryota, Okawa Masafumi, Ikeda Tsuyoshi, Nohara Toshihiro, Tamura Kazuo, Kinjo Junei .  ヒト成人T細胞白血病/リンパ腫(II)に対する植物由来の化学療法の候補のスクリーニング ナス科の植物から単離したウィタノリドの抗増殖活性成分(24,25-ジヒドロウィタノリドD)によるATL細胞株のアポトーシスと構造活性相関(Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma: apoptosis of antiproliferactive principle (24,25-dihydrowithanolide D) against ATL cell lines and structure-activity relationships with withanolides isolated from solanaceous plants) .  Journal of Natural Medicines67 ( 2 ) 415 - 420   2013年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    著者等は以前に、162種の植物からの214種の抽出物について、ヒト成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)細胞株に対する抗増殖成分のスクリーニングを行い、数種のウィタノリドを単離し、その構造活性相関(SAR)について検討した。今回更にSARについての研究範囲を広げて、ナス科の植物から既に単離していた31種のウィタノリドを用いてATL細胞株に対する抗増殖活性を調べた。活性発現には、5β、6β-エポキシ基と共に4β-ヒドロキシ基が必須であると推測された。3-と27-位のどちらかの位置の糖の存在により、逆に活性が低下した。更に24,25-ジヒドロウィタノリドDが最も強い阻害物質であり、アポトーシス性細胞死を誘導してATL細胞株に対する選択毒性を示すことが示された。

  • 石井 文規, 山内 靖, 乗富 智明, 石塚 賢治, 林 博之, 鍋島 一樹, 山下 裕一 .  von Willebrand病患者に発生した肝細胞癌の1切除例 .  日本消化器外科学会雑誌46 ( 10 ) 791 - 797   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    症例は59歳の女性で,幼少時より鼻出血を繰り返し,数回の赤血球輸血を受けていた.9年前より慢性C型肝炎を指摘され近医で経過観察されていた.今回,肝S6に径4 cm大の腫瘍を指摘され当科紹介となった.家族歴と血液検査結果よりvon Willebrand病(von Willebrand disease;以下,vWDと略記)患者に発生した肝細胞癌と診断した.凝固因子補充療法のガイドラインに従い,activated partial thromboplastin time(APTT)を指標として血液凝固第VIII因子(blood clotting factor VIII;以下,F VIIIと略記)製剤の投与後に肝部分切除術を施行した.術後第1病日より8日間のF VIII製剤の補充を行い,術後経過良好にて第13病日に退院となった.v WD病患者においてもF VIII製剤の補充を行うことで安全に肝切除を施行した症例を報告する.

    DOI: 10.5833/jjgs.2012.0320

    Scopus

    CiNii Article

  • ISHITSUKA Kenji, UCHINO Junji, KATO Junko, IKUTA Mikihiro, WATANABE Kentaro, MATSUNAGA Akira, TAMURA Kazuo .  First reported case of hemoglobin lansing in Asia detected by false low oxygen saturation on pulse oximetry .  International journal of hematology95 ( 6 ) 731 - 732   2012年6月

     詳細を見る

  • Katsuya H. .  Prognostic index for acute- and lymphoma-type adult T-cell leukemia/lymphoma .  Journal of Clinical Oncology30 ( 14 ) 1635 - 1640   2012年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1200/JCO.2011.38.2101

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K. .  Targeting Bcl-2 family proteins in adult T-cell leukemia/lymphoma: In vitro and in vivo effects of the novel Bcl-2 family inhibitor ABT-737 .  Cancer Letters317 ( 2 ) 218 - 225   2012年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Letters  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2011.11.030

    Scopus

    PubMed

  • Ishida T. .  Defucosylated anti-CCR4 monoclonal antibody (KW-0761) for relapsed adult T-cell leukemia-lymphoma: A multicenter phase II study .  Journal of Clinical Oncology30 ( 8 ) 837 - 842   2012年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1200/JCO.2011.37.3472

    Scopus

    PubMed

  • Arimura K. .  PDGF receptor β signaling in pericytes following ischemic brain injury .  Current Neurovascular Research9 ( 1 ) 1 - 9   2012年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Current Neurovascular Research  

    DOI: 10.2174/156720212799297100

    Scopus

  • Ishitsuka K. .  Interferon alfa and antiretroviral agents: A treatment option for adult T-cell leukemia/lymphoma .  Drugs of Today47 ( 8 ) 615 - 623   2011年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Drugs of Today  

    DOI: 10.1358/dot.2011.47.8.1590785

    Scopus

    PubMed

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Hatsuse Takahiro, TSUCHIHASHI Ryota, OKAWA Masafumi, OKABE Hikaru, TAMURA Kazuo, KINJO Junei .  Screening of promising chemotherapeutic candidates against human adult T-cell leukemia/lymphoma from plants : active principles from Physalis pruinosa and structure-activity relationships with withanolides .  Journal of natural medicines65 ( 3 ) 559 - 567   2011年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Japan  

    CiNii Article

  • Kunami N. .  Antitumor effects of CRM197, a specific inhibitor of HB-EGF, in T-cell acute lymphoblastic leukemia .  Anticancer Research31 ( 7 ) 2483 - 2488   2011年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    Scopus

  • Nakano D. .  Screening of promising chemotherapeutic candidates against human adult T-cell leukemia/lymphoma from plants: Active principles from Physalis pruinosa and structure-activity relationships with withanolides .  Journal of Natural Medicines65 ( 3-4 ) 559 - 567   2011年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Natural Medicines  

    DOI: 10.1007/s11418-011-0543-9

    Scopus

    PubMed

  • Nakano Daisuke, Ishitsuka Kenji, Hatsuse Takahiro, Tsuchihashi Ryota, Okawa Masafumi, Okabe Hikaru, Tamura Kazuo, Kinjo Junei .  ATLに対する化学療法薬の探索研究:ショクヨウホオズキに含まれる活性成分(withanolides)と構造活性相関について(Screening of promising chemotherapeutic candidates against human adult T-cell leukemia/lymphoma from plants: active principles from Physalis pruinosa and structure-activity relationships with withanolides) .  Journal of Natural Medicines65 ( 3-4 ) 559 - 567   2011年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    ATL(adult T-cell leukemia)はHTLV-1により引き起こされる疾患で,急性期に有効な治療法は存在しない.新たな化学療法薬探索の目的で,抗ATL活性を指標に162種214個の植物エキスライブラリーのスクリーニングを行い,ショクヨウホオズキ地上部エキスが顕著な活性を示すことを明らかとした.生物活性を指標に分離精製を行った結果,5種のwithanolidesを得た.また,活性測定の結果,B環にエポキシ基をもつ化合物が最も強い活性を示すことを明らかにするとともに,正常細胞に対する選択的毒性があることも明らかとした.(著者抄録)

  • Kunami N, Yotsumoto F, Ishitsuka K, Fukami T, Odawara T, Manabe S, Ishikawa T, Tamura K, Kuroki M, Miyamoto S .  Antitumor effects of CRM197, a specific inhibitor of HB-EGF, in T-cell acute lymphoblastic leukemia. .  Anticancer research31 ( 7 ) 2483 - 8   2011年7月

     詳細を見る

  • ISHITSUKA Kenji, KATSUYA Hiroo, TOYOTA Tomona, ISHIZU Masanao, KUNAMI Naoko, FUJITA Mana, SASAKI Hidenori, TAKAMATSU Yasushi, UCHIYAMA Masanobu, FUJIKANE Haruo, OGATA Kentaro, HARA Shuuji, TAMURA Kazuo .  Interferon-α and zidovudine for relapsed/refractory adult T cell leukemia/lymphoma : case reports of Japanese patients .  International journal of hematology92 ( 5 ) 762 - 764   2010年12月

     詳細を見る

  • Ishitsuka K. .  Interferon-α and zidovudine for relapsed/refractory adult T cell leukemia/lymphoma: Case reports of Japanese patients .  International Journal of Hematology92 ( 5 ) 762 - 764   2010年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-010-0717-3

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka Kenji, Katsuya Hiroo, Toyota Tomona, Ishizu Masanao, Kunami Naoko, Fujita Mana, Sasaki Hidenori, Takamatsu Yasushi, Uchiyama Masanobu, Fujikane Haruo, Ogata Kentaro, Hara Shuuji, Tamura Kazuo .  再発/難治性成人T細胞白血病/リンパ腫に対するインターフェロン-αとジドブジン 日本人患者の症例報告(Interferon-α and zidovudine for relapsed/refractory adult T cell leukemia/lymphoma: case reports of Japanese patients) .  International Journal of Hematology92 ( 5 ) 762 - 764   2010年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    インターフェロン-αとジドブジン(IFN/AZT)の日本での評価はまだなされていない。IFN/AZTを成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)の3症例(63歳男性、62歳女性、48歳男性)に用いた。63歳男性は修正EPOCH療法で完全緩解を得たが、斑状皮膚病巣からATL細胞浸潤が認められIFN/AZTを開始し、急速に皮膚症状が消え1ヵ月以内にWBCが減少した。62歳女性は無治療で4年間くすぶっていたATLが発症し、THP-COPで治療し部分緩解となった。2ヵ月後病状が悪化しINF/AZTを開始した。反応は明確ではなかったが、病状は抑えることができた。48歳男性は急性ATLと診断されCHOPとVCAP、AMP、VECPで治療したが効果はなく、この処方は重篤な骨髄抑制を示した。IFN/AZTを開始したが、効果は見られず22日間で中止した。同種幹細胞移植に備えての骨髄機能を廃絶する処方でもATL症状を根絶することはできなかった。

  • 白石 武史, 平塚 昌文, 樋口 隆男, 柳沢 純, 宮原 聡, 今給黎 尚幸, 中島 裕康, 濱中 和歌子, 萩尾 康子, 濱武 大輔, 大渕 俊郎, 吉永 康照, 岡 陽一郎, 中村 晶俊, 増本 幸二, 白日 高歩, 岩崎 昭憲, 山内 靖, 星野 誠一郎, 乗富 智明, 山下 裕一, 白石 素公, 藤田 昌樹, 渡辺 憲太朗, 森重 徳継, 田代 忠, 佐光 英人, 西川 宏明, 朔 啓二郎, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫, 重松 研二, 比嘉 和夫, 尾籠 晃司, 西村 良二, 鍋島 一樹, 吉村 ゆかり, 塩田 悦仁, 植山 美穂, 高石 真奈美 .  福岡大学肺移植プログラム初期5年間の年次統計 .  福岡大学医学紀要37 ( 3 ) 133 - 142   2010年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:福岡大学研究推進部  

    CiNii Article

  • 工並 直子, 高松 泰, 藤田 愛, 勝屋 弘雄, 佐々木 秀法, 若松 信一, 石塚 賢治, 鍋島 一樹, 田村 和夫 .  前腕軟部組織に生じた節外性NK/T細胞リンパ腫 .  臨床血液51 ( 6 ) 422 - 426   2010年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:「臨床血液」編集部  

    CiNii Article

  • Kunami N, Takamatsu Y, Fujita M, Katsuya H, Sasaki H, Wakamatsu S, Ishitsuka K, Nabeshima K, Tamura K .  [Extranodal NK/T-cell lymphoma arising from soft tissue of the left forearm]. .  [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology51 ( 6 ) 422 - 6   2010年6月

     詳細を見る

  • Kunami N. .  Extranodal NK/T-cell lymphoma arising from soft tissue of the left forearm .  [Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology51 ( 6 ) 422 - 426   2010年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:[Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology  

    Scopus

  • 工並 直子, 高松 泰, 藤田 愛, 勝屋 弘雄, 佐々木 秀法, 若松 信一, 石塚 賢治, 鍋島 一樹, 田村 和夫 .  前腕軟部組織に生じた節外性NK/T細胞リンパ腫 .  臨床血液51 ( 6 ) 422 - 426   2010年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    72歳男性。左前腕部に腫脹を生じ蜂窩織炎の診断で抗菌剤治療を受けたが改善しなかった。7ヵ月後に疼痛,発熱を伴い腫脹が増大したため病巣掻爬術と抗菌剤含有セメント挿入術を施行された。2ヵ月後にさらに腫脹が増大したため組織検査を再検し,壊死組織とその辺縁に中型異型リンパ球の増殖を認めた。異型リンパ球はCD3,CD56,CD30,TIA1,granzymeB,EBERが陽性,CD4,CD8,CD25,CD79a,CD20が陰性で節外性NK/T細胞リンパ腫(ENKL)と診断,臨床病期はIIB期だった。左前腕腫瘤の放射線療法と多剤併用化学療法を行い病変は縮小したが,掻爬部の壊死と腐敗が進行し左上肢を切断した。現在まで約2年無増悪生存している。治療に反応しない蜂窩織炎様病変の鑑別診断にはENKLも考慮し,適切な診断と治療を行うことが肝要である。(著者抄録)

  • 津川 潤, 坪井 義夫, 井上 展聡, 石塚 賢治, 竹下 盛重, 山田 達夫 .  円錐上部症候群で発症し骨髄生検により診断した血管内リンパ腫の1例 .  BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩62 ( 3 ) 269 - 272   2010年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    症例は46歳女性で、右足底部の異常感覚(ジンジン感)が出現し、右下腿、大腿後面と広がった。その後、しびれ感が出現し、下肢脱力のためバスの乗り降りなどが困難となり尿意を感じなくなった。意識清明、脳神経に異常を認めず、両下肢遠位筋は軽度の筋力低下を認めた。右大腿・下腿後面、両足底部および臀部に表在覚低下と異常感覚を認めた。深部腱反射右膝蓋腱反射が低下し、両アキレス腱反射が消失し、病的反射は認めなかった。責任病巣は下位腰髄から円錐上部と推測されるもの画像所見から異常を認めず、骨髄穿刺で血管内リンパ腫(IVL)と診断した。円錐上部症候群で発症したIVLで、亜急性進行性で原因不明の下位腰髄・円錐上部障害や上行性脊髄症をみた場合、IVLの可能性を考えることが重要と思われた。

  • 工並 直子, 高松 泰, 藤田 愛, 勝屋 弘雄, 佐々木 秀法, 若松 信一, 石塚 賢治, 鍋島 一樹, 田村 和夫 .  前腕軟部組織に生じた節外性NK/T細胞リンパ腫 .  臨床血液51 ( 6 ) 422 - 426   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    72歳男性。左前腕部に腫脹を生じ蜂窩織炎の診断で抗菌剤治療を受けたが改善しなかった。7ヵ月後に疼痛,発熱を伴い腫脹が増大したため病巣掻爬術と抗菌剤含有セメント挿入術を施行された。2ヵ月後にさらに腫脹が増大したため組織検査を再検し,壊死組織とその辺縁に中型異型リンパ球の増殖を認めた。異型リンパ球はCD3, CD56, CD30, TIA1, granzymeB, EBERが陽性,CD4, CD8, CD25, CD79a, CD20が陰性で節外性NK/T細胞リンパ腫(ENKL)と診断,臨床病期はIIB期だった。左前腕腫瘤の放射線療法と多剤併用化学療法を行い病変は縮小したが,掻爬部の壊死と腐敗が進行し左上肢を切断した。現在まで約2年無増悪生存している。治療に反応しない蜂窩織炎様病変の鑑別診断にはENKLも考慮し,適切な診断と治療を行うことが肝要である。

    DOI: 10.11406/rinketsu.51.422

    CiNii Article

  • TAKAMATSU Yasushi, SUZUMIYA Junji, OGATA Kentaro, KATAYOSE Keiko, SASAKI Hidenori, ISHITSUKA Kenji, KIMURA Nobuhiro, TAMURA Kazuo .  Cladribine Treatment in Two-Hour Intravenous Infusion for Previously-Treated Low Grade B-Cell Lymphoma : A Pilot Study .  Journal of clinical and experimental hematopathology49 ( 2 ) 69 - 75   2009年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本リンパ網内系学会  

    Cladribine is approved to be used in 24-hour continuous infusion for the treatment of low-grade lymphoma by the Ministry of Health, Labor and Welfare in Japan. Pharmacokinetic studies showed that the antitumor activity of cladribine by 2-hour infusion should be comparable to that given by continuous infusion. The safety and anti-tumor activity of short infusion of cladribine was shown in hairy cell leukemia, chronic lymphocytic leukemia and low-grade non-Hodgkin's lymphoma in Europe. We therefore underwent a pilot study to confirm the safety and efficacy of cladribine given by 2-hour infusion for Japanese patients with relapsed or refractory indolent B-cell lymphoma. Cladribine at a dose of 0.09 mg/kg was administered in 2-hour intravenous infusion for 5 consecutive days. The treatment was repeated at a 28-day interval for at least 2 cycles, and its efficacy and toxicity were investigated. Fourteen patients were entered into this study. Eight patients (57%) responded to cladribine, including 2 (14%) complete response (CR) and 6 (43%) partial response (PR). The median duration of response was 20+ and 21+ months for CR, and 12 months ranging from 3 to 34 months for PR, respectively. Grade 3 or 4 neutropenia and lymphocytopenia occurred in 43% and 71% of patients, respectively, but there was no febrile neutropenia or opportunistic infection associated with cladribine treatment. No other adverse events greater than grade 3 were encountered. The tumor response and degree of toxicity were comparable with those observed in cladribine treatment given by continuous infusion at a same dose. Cladribine can be administered in 2-hour infusion in an outpatient clinic and is therefore quite convenient for patients. [<I>J Clin Exp Hematopathol 49(2) : 69-75, 2009</I>]

    DOI: 10.3960/jslrt.49.69

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Takamatsu Yasushi, Suzumiya Junji, Ogata Kentaro, Katayose Keiko, Sasaki Hidenori, Ishitsuka Kenji, Kimura Nobuhiro, Tamura Kazuo .  以前に治療を受けた低悪性度B細胞リンパ腫に対する2時間のクラドリビン静脈内注入による治療 試験的研究(Cladribine Treatment in Two-Hour Intravenous Infusion for Previously-Treated Low Grade B-Cell Lymphoma: A Pilot Study) .  Journal of Clinical and Experimental Hematopathology49 ( 2 ) 69 - 75   2009年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    再発性および難治性の緩慢性B細胞リンパ腫の日本人患者に対して、クラドリビンを2時間静脈内注入し、安全性と有効性を調べる試験的研究を行った。14名の患者を対象として0.09mg/kgのクラドリビンの静脈内注入を1日2時間、5日間行った。投与は28日間隔で最低2サイクル行い、有効性と毒性を評価した。クラドリビン投与に対し2名は完全緩解(CR)、6名は部分緩解(PR)を達成した。反応継続期間はCRで20+と21+ヶ月、PRで3〜34ヵ月であった。第3〜4度の好中球減少とリンパ球減少がそれぞれ43%、71%の患者で生じた。発熱性好中球減少や、クラドリビン投与に関連した日和見感染はみられなかった。第3度以上の有害事象は生じなかった。腫瘍反応と毒性の程度はクラドリビンを持続注入した際と同程度であった。クラドリビン治療は外来診察室での2時間の静脈内注入で行うことが可能である。

  • Katsuya H. .  Addition of rituximab to cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisolone therapy has a high risk of developing interstitial pneumonia in patients with non-Hodgkin lymphoma .  Leukemia and Lymphoma50 ( 11 ) 1818 - 1823   2009年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Leukemia and Lymphoma  

    DOI: 10.3109/10428190903258780

    Scopus

    PubMed

  • KATSUYA Hiroo, TAKATA Tohru, ISHIKAWA Takahiko, SASAKI Hidenori, ISHITSUKA Kenji, TAKAMATSU Yasushi, TAMURA Kazuo .  A patient with acute myeloid leukemia who developed fatal pneumonia caused by carbapenem-resistant Bacillus cereus .  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy15 ( 1 ) 39 - 41   2009年2月

     詳細を見る

  • Katsuya H. .  A patient with acute myeloid leukemia who developed fatal pneumonia caused by carbapenem-resistant Bacillus cereus .  Journal of Infection and Chemotherapy15 ( 1 ) 39 - 41   2009年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    DOI: 10.1007/s10156-008-0654-8

    Scopus

    PubMed

  • Katsuya Hiroo, Takata Tohru, Ishikawa Takahiko, Sasaki Hidenori, Ishitsuka Kenji, Takamatsu Yasushi, Tamura Kazuo .  カルバペネム耐性セレウス菌を原因とする致死性肺炎を発症した急性骨髄性白血病患者(A patient with acute myeloid leukemia who developed fatal pneumonia caused by carbapenem-resistant Bacillus cereus) .  Journal of Infection and Chemotherapy15 ( 1 ) 39 - 41   2009年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    症例は末梢血に芽細胞を認めた60歳の男性で、急性骨髄性白血病と診断された。入院9日目に白血球減少状態となり、14日目に発熱を認めたため、セフェピムの投与を開始した。24日目に再びスパイク熱を発症したことから、セフェピムからパニペネム/ベタミプロンに切り替えた。28日後に咳嗽、左側胸膜痛及び下痢を認めたため、翌日CT検査を行ったところ、左側肺全体に広がる融合性の浸潤物を認め、同日死亡した。血液及び喀痰からセレウス菌が検出された。抗生物質感受性試験を行ったところ、セフェピムのみならずパニペネム/ベタミプロンに耐性を示した。本症例は好中球減少症患者におけるカルバペネム耐性セレウス菌を原因とする劇症型感染症の最初の症例である。好中球減少症患者が肺炎を発症した際にはセレウス菌感染を念頭に置くべきである。

  • Suzuki S. .  Aggressive NK cell leukaemia after splenectomy: Association with CD95-resistant memory T-cell proliferation and recalcitrant clinical course of haemophagocytic syndrome .  European Journal of Haematology81 ( 3 ) 236 - 241   2008年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/j.1600-0609.2008.01097.x

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K. .  p38 mitogen-activated protein kinase inhibitor LY2228820 enhances bortezomib-induced cytotoxicity and inhibits osteoclastogenesis in multiple myeloma; therapeutic implications .  British Journal of Haematology141 ( 5 ) 598 - 606   2008年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/j.1365-2141.2008.07044.x

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K. .  Treatment of adult T-cell leukemia/lymphoma: Past, present, and future .  European Journal of Haematology80 ( 3 ) 185 - 196   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/j.1600-0609.2007.01016.x

    Scopus

    PubMed

  • 勝屋 弘雄, 石塚 賢治, 佐々木 秀法, 若松 信一, 高松 泰, 鈴宮 淳司, 田村 和夫, 井上 展聡, 坪井 義夫 .  傍腫瘍性辺縁系脳炎による突発性睡眠を発症した急性型成人T細胞白血病の1例 .  日本内科学会雑誌97 ( 2 ) 410 - 412   2008年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    傍腫瘍性辺縁系脳炎(paraneoplastic limbic encephalitis,PLE)は,悪性腫瘍に伴う自己免疫機序を介して生じる傍腫瘍性神経症候群の1つで,記憶障害や情動変化,痙攣など多彩な症状を呈する.原疾患としては肺小細胞癌や精巣腫瘍,乳癌などが多く<sup>1)</sup>,成人T細胞白血病(adult T cell leukemia/lymphoma,ATLL)での合併は報告されていない.我々はPLEを合併したATLLの症例を経験したので報告する.<br>

    DOI: 10.2169/naika.97.410

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • 勝屋 弘雄, 石塚 賢治, 佐々木 秀法, 若松 信一, 高松 泰, 鈴宮 淳司, 田村 和夫, 井上 展聡, 坪井 義夫 .  傍腫瘍性辺縁系脳炎による突発性睡眠を発症した急性型成人T細胞白血病の1例 .  日本内科学会雑誌97 ( 2 ) 410 - 412   2008年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    58歳女。右頸部腫瘤と全身倦怠感、その後に傾眠傾向が出現し近医受診したところ、頸部リンパ節腫大の指摘で紹介入院となった。会話を止めると2、3秒で眠る状態で、扁桃生検よりMalignant lymphoma、diffuse、pleomorphic、T-cell typeと判断した。MRI、FLAIR像では両側扁桃体、海馬、海馬傍回、視床下部、尾状核頭部で高信号を呈していた。以上の検査結果から、急性型成人T細胞白血病(ATLL)と診断した。また、突発性睡眠は傍腫瘍性辺縁系脳炎(PLE)と考えた。ATLLに対しLSG15プロトコールによる化学療法を行ったところ、右頸部リンパ節、右扁桃腺は縮小し、突発性睡眠も消失、異常所見もほぼ消失した。

  • 川本 研一郎, 竹下 盛重, 岩崎 宏, 石塚 賢治, 角田 和之, 角田 雄一 .  前立腺に発生したMALTリンパ腫の1例 .  診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology25 ( 1 ) 43 - 46   2008年1月

     詳細を見る

  • 川本 研一郎, 竹下 盛重, 岩崎 宏, 石塚 賢治, 角田 和之, 角田 雄一 .  前立腺に発生したMALTリンパ腫の1例 .  診断病理25 ( 1 ) 43 - 46   2008年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    症例は70歳男性。尿閉を主訴に来院した。直腸診で、前立腺はやや弾性硬で中等度に肥大しており、prostate specific antigen(PSA)は10.4ng/mlと高値を示した。前立腺癌を疑い経直腸的生検と経尿道的切除術(TUR-P)を行った。組織学的には生検、TUR-Pともに小型から中型のcentrocyte-like cells(CCL細胞)の間質へのびまん性浸潤がみられ、上皮内にリンパ球が浸潤したlymphoepithelial lesion(LEL)がみられた。浸潤しているCCL細胞はCD20,CD79a陽性であったが、IgGκ,λに偏りはなく形質細胞分化はみられなかった。MIB-1陽性率は約20%であった。CT検査にて、前立腺以外の臓器に病変は認められなかった。前立腺原発の節外性粘膜関連濾胞辺縁帯リンパ腫(MALTリンパ腫)は報告が少なく、まれな症例と考えた。(著者抄録)

  • 緒方 憲太郎, 内山 将伸, 石塚 賢治, 二神 幸次郎 .  20-P1-109 イマチニブによる用量依存性発熱を克服した1例(有害事象・副作用,来るべき時代への道を拓く) .  日本医療薬学会年会講演要旨集18 ( 0 )   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本医療薬学会  

    DOI: 10.20825/amjsphcs.18.0_301_1

    CiNii Article

  • Vallet S, Raje N, Ishitsuka K, Hideshima T, Podar K, Chhetri S, Pozzi S, Breitkreutz I, Kiziltepe T, Yasui H, Ocio EM, Shiraishi N, Jin J, Okawa Y, Ikeda H, Mukherjee S, Vaghela N, Cirstea D, Ladetto M, Boccadoro M, Anderson KC .  MLN3897, a novel CCR1 inhibitor, impairs osteoclastogenesis and inhibits the interaction of multiple myeloma cells and osteoclasts. .  Blood110 ( 10 ) 3744 - 52   2007年11月

  • Kiziltepe T, Hideshima T, Ishitsuka K, Ocio EM, Raje N, Catley L, Li CQ, Trudel LJ, Yasui H, Vallet S, Kutok JL, Chauhan D, Mitsiades CS, Saavedra JE, Wogan GN, Keefer LK, Shami PJ, Anderson KC .  JS-K, a GST-activated nitric oxide generator, induces DNA double-strand breaks, activates DNA damage response pathways, and induces apoptosis in vitro and in vivo in human multiple myeloma cells. .  Blood110 ( 2 ) 709 - 18   2007年7月

  • Kiziltepe T, Hideshima T, Catley L, Raje N, Yasui H, Shiraishi N, Okawa Y, Ikeda H, Vallet S, Pozzi S, Ishitsuka K, Ocio EM, Chauhan D, Anderson KC .  5-Azacytidine, a DNA methyltransferase inhibitor, induces ATR-mediated DNA double-strand break responses, apoptosis, and synergistic cytotoxicity with doxorubicin and bortezomib against multiple myeloma cells. .  Molecular cancer therapeutics6 ( 6 ) 1718 - 27   2007年6月

  • Ishitsuka K. .  Therapeutic potential of arsenic trioxide with or without interferon-α for relapsed/refractory adult T-cell leukemia/lymphoma .  Haematologica92 ( 5 ) 719 - 720   2007年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Haematologica  

    DOI: 10.3324/haematol.10703

    Scopus

    PubMed

  • Yasui H, Hideshima T, Ikeda H, Jin J, Ocio EM, Kiziltepe T, Okawa Y, Vallet S, Podar K, Ishitsuka K, Richardson PG, Pargellis C, Moss N, Raje N, Anderson KC .  BIRB 796 enhances cytotoxicity triggered by bortezomib, heat shock protein (Hsp) 90 inhibitor, and dexamethasone via inhibition of p38 mitogen-activated protein kinase/Hsp27 pathway in multiple myeloma cell lines and inhibits paracrine tumour growth. .  British journal of haematology136 ( 3 ) 414 - 23   2007年2月

  • Podar K, Tonon G, Sattler M, Tai YT, Legouill S, Yasui H, Ishitsuka K, Kumar S, Kumar R, Pandite LN, Hideshima T, Chauhan D, Anderson KC .  The small-molecule VEGF receptor inhibitor pazopanib (GW786034B) targets both tumor and endothelial cells in multiple myeloma. .  Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America103 ( 51 ) 19478 - 83   2006年12月

     詳細を見る

  • Hideshima T, Neri P, Tassone P, Yasui H, Ishitsuka K, Raje N, Chauhan D, Podar K, Mitsiades C, Dang L, Munshi N, Richardson P, Schenkein D, Anderson KC .  MLN120B, a novel IkappaB kinase beta inhibitor, blocks multiple myeloma cell growth in vitro and in vivo. .  Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research12 ( 19 ) 5887 - 94   2006年10月

  • Neri P, Yasui H, Hideshima T, Tassone P, Raje N, Catley LP, Ishitsuka K, Blotta S, Kiziltepe T, Ocio EM, Fulciniti M, Kanekal S, Elliott GT, Munshi NC, Anderson KC .  In vivo and in vitro cytotoxicity of R-etodolac with dexamethasone in glucocorticoid-resistant multiple myeloma cells. .  British journal of haematology134 ( 1 ) 37 - 44   2006年7月

  • Hideshima T, Catley L, Yasui H, Ishitsuka K, Raje N, Mitsiades C, Podar K, Munshi NC, Chauhan D, Richardson PG, Anderson KC .  Perifosine, an oral bioactive novel alkylphospholipid, inhibits Akt and induces in vitro and in vivo cytotoxicity in human multiple myeloma cells. .  Blood107 ( 10 ) 4053 - 62   2006年5月

     詳細を見る

  • Kumar S, Raje N, Hideshima T, Ishitsuka K, Podar K, Le Gouille S, Chauhan D, Richardson P, Munshi NC, Anderson K .  FQPD, a novel immunomodulatory drug, has significant in vitro activity in multiple myeloma. .  British journal of haematology132 ( 6 ) 698 - 704   2006年3月

  • Roccaro AM, Hideshima T, Raje N, Kumar S, Ishitsuka K, Yasui H, Shiraishi N, Ribatti D, Nico B, Vacca A, Dammacco F, Richardson PG, Anderson KC .  Bortezomib mediates antiangiogenesis in multiple myeloma via direct and indirect effects on endothelial cells. .  Cancer research66 ( 1 ) 184 - 91   2006年1月

  • Ishitsuka K, Hideshima T, Hamasaki M, Raje N, Kumar S, Hideshima H, Shiraishi N, Yasui H, Roccaro AM, Richardson P, Podar K, Le Gouill S, Chauhan D, Tamura K, Arbiser J, Anderson KC .  Honokiol overcomes conventional drug resistance in human multiple myeloma by induction of caspase-dependent and -independent apoptosis. .  Blood106 ( 5 ) 1794 - 800   2005年9月

     詳細を見る

  • Ishitsuka K. .  Novel inosine monophosphate dehydrogenase inhibitor VX-944 induces apoptosis in multiple myeloma cells primarily via caspase-independent AIF/Endo G pathway .  Oncogene24 ( 38 ) 5888 - 5896   2005年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncogene  

    DOI: 10.1038/sj.onc.1208739

    Scopus

    PubMed

  • Yasui H, Hideshima T, Raje N, Roccaro AM, Shiraishi N, Kumar S, Hamasaki M, Ishitsuka K, Tai YT, Podar K, Catley L, Mitsiades CS, Richardson PG, Albert R, Brinkmann V, Chauhan D, Anderson KC .  FTY720 induces apoptosis in multiple myeloma cells and overcomes drug resistance. .  Cancer research65 ( 16 ) 7478 - 84   2005年8月

  • Raje N, Kumar S, Hideshima T, Roccaro A, Ishitsuka K, Yasui H, Shiraishi N, Chauhan D, Munshi NC, Green SR, Anderson KC .  Seliciclib (CYC202 or R-roscovitine), a small-molecule cyclin-dependent kinase inhibitor, mediates activity via down-regulation of Mcl-1 in multiple myeloma. .  Blood106 ( 3 ) 1042 - 7   2005年8月

     詳細を見る

  • Yasui H, Hideshima T, Hamasaki M, Roccaro AM, Shiraishi N, Kumar S, Tassone P, Ishitsuka K, Raje N, Tai YT, Podar K, Chauhan D, Leoni LM, Kanekal S, Elliott G, Munshi NC, Anderson KC .  SDX-101, the R-enantiomer of etodolac, induces cytotoxicity, overcomes drug resistance, and enhances the activity of dexamethasone in multiple myeloma. .  Blood106 ( 2 ) 706 - 12   2005年7月

     詳細を見る

  • Hamasaki M, Hideshima T, Tassone P, Neri P, Ishitsuka K, Yasui H, Shiraishi N, Raje N, Kumar S, Picker DH, Jacob GS, Richardson PG, Munshi NC, Anderson KC .  Azaspirane (N-N-diethyl-8,8-dipropyl-2-azaspiro [4.5] decane-2-propanamine) inhibits human multiple myeloma cell growth in the bone marrow milieu in vitro and in vivo. .  Blood105 ( 11 ) 4470 - 6   2005年6月

     詳細を見る

  • Hideshima T, Chauhan D, Ishitsuka K, Yasui H, Raje N, Kumar S, Podar K, Mitsiades C, Hideshima H, Bonham L, Munshi NC, Richardson PG, Singer JW, Anderson KC .  Molecular characterization of PS-341 (bortezomib) resistance: implications for overcoming resistance using lysophosphatidic acid acyltransferase (LPAAT)-beta inhibitors. .  Oncogene24 ( 19 ) 3121 - 9   2005年4月

     詳細を見る

  • Raje N, Kumar S, Hideshima T, Ishitsuka K, Chauhan D, Mitsiades C, Podar K, Le Gouill S, Richardson P, Munshi NC, Stirling DI, Antin JH, Anderson KC .  Combination of the mTOR inhibitor rapamycin and CC-5013 has synergistic activity in multiple myeloma. .  Blood104 ( 13 ) 4188 - 93   2004年12月

     詳細を見る

  • Hideshima T, Podar K, Chauhan D, Ishitsuka K, Mitsiades C, Tai YT, Hamasaki M, Raje N, Hideshima H, Schreiner G, Nguyen AN, Navas T, Munshi NC, Richardson PG, Higgins LS, Anderson KC .  p38 MAPK inhibition enhances PS-341 (bortezomib)-induced cytotoxicity against multiple myeloma cells. .  Oncogene23 ( 54 ) 8766 - 76   2004年11月

     詳細を見る

  • Hayashi T, Hideshima T, Nguyen AN, Munoz O, Podar K, Hamasaki M, Ishitsuka K, Yasui H, Richardson P, Chakravarty S, Murphy A, Chauhan D, Higgins LS, Anderson KC .  Transforming growth factor beta receptor I kinase inhibitor down-regulates cytokine secretion and multiple myeloma cell growth in the bone marrow microenvironment. .  Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research10 ( 22 ) 7540 - 6   2004年11月

  • Le Gouill S, Podar K, Amiot M, Hideshima T, Chauhan D, Ishitsuka K, Kumar S, Raje N, Richardson PG, Harousseau JL, Anderson KC .  VEGF induces Mcl-1 up-regulation and protects multiple myeloma cells against apoptosis. .  Blood104 ( 9 ) 2886 - 92   2004年11月

     詳細を見る

  • Podar K, Shringarpure R, Tai YT, Simoncini M, Sattler M, Ishitsuka K, Richardson PG, Hideshima T, Chauhan D, Anderson KC .  Caveolin-1 is required for vascular endothelial growth factor-triggered multiple myeloma cell migration and is targeted by bortezomib. .  Cancer research64 ( 20 ) 7500 - 6   2004年10月

  • 山内 惠太, 岩尾 泰寛, 緒方 憲太郎, 原 周司, 田村 和夫, 鈴宮 淳司, 石塚 賢治, 小野 信文 .  急性前骨髄球性白血病および成人T細胞性白血病リンパ腫に対する亜ヒ酸療法施行時のヒ素の体内動態 .  医療薬学 = Japanese journal of pharmaceutical health care and sciences30 ( 7 ) 492 - 496   2004年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本医療薬学会  

    Arsenic trioxide (As<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>) chemotherapy is now used for the treatment of relapsed patients with acute promyelocytic leukemia (APL) and adult T-cell leukemia (ATL) in the First Internal Medicine Department of Fukuoka University Hospital. In order to adjust the dosage, we studied the pharmacokinetics of As<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> when administered intravenously to patients with APL and ATL. Plasma arsenic concentrations were measured by gas-chromatograph/mass-spectrometry (GC/MS). The maximum arsenic concentration (C<SUB>max</SUB>) and area under the curve (AUC) were 8.3&plusmn;0.8 (&mu;M) and 61.7&plusmn;4.2 (&mu;M&middot;hr) on the first day and 8.6&plusmn;0.7 (&mu;M) and 63.5&plusmn;6.6 (&mu;M&middot;hr) on the twentieth day of treatment, respectively. Apparent distribution volume and total body clearance were 0.14&plusmn;0.02 (L/kg) (range 0.12-0.18) and 0.036&plusmn;0.004 (L/hr/kg) (range 0.030-0.039), respectively. From these results, we conclude that the pharmacokinetic behavior of As<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> did not alter in continuous administration, and the variation in pharmacokinetic parameters was extremely small among the patients.

    DOI: 10.5649/jjphcs.30.492

    CiNii Article

  • 山内 惠太, 岩尾 泰寛, 緒方 憲太郎, 原 周司, 田村 和夫, 鈴宮 淳司, 石塚 賢治, 小野 信文 .  急性前骨髄球性白血病および成人T細胞性白血病リンパ腫に対する亜ヒ酸療法施行時のヒ素の体内動態 .  医療薬学30 ( 7 ) 492 - 496   2004年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本医療薬学会  

    福岡大学倫理審査委員会の承認を得て,第一内科で実施した再発・治療抵抗性造血器腫瘍患者に対する亜ヒ酸療法施行時の体内動態について検討を行った.亜ヒ酸療法を目的として入院した急性前骨髄性白血病(APL)2例と成人T細胞性白血病リンパ腫(ATL)3例を対象とした.日内および日間変動係数(CV%)は2.1〜5.4%で,血清中からの回収率は95〜98%であった.定量限界(S/N)は0.05μMで,0.1-10μMの範囲内で良好な相関関係が得られた.血漿中ヒ素濃度は点滴静脈内投与終了時に最高値を示した後,速やかに低下し,24時間後にはほぼ投与前レベルに達した.連続投与によるヒ素体内動態の変動および血漿中におけるヒ素の蓄積性はほとんどないことが示唆された

  • Tai YT, Catley LP, Mitsiades CS, Burger R, Podar K, Shringpaure R, Hideshima T, Chauhan D, Hamasaki M, Ishitsuka K, Richardson P, Treon SP, Munshi NC, Anderson KC .  Mechanisms by which SGN-40, a humanized anti-CD40 antibody, induces cytotoxicity in human multiple myeloma cells: clinical implications. .  Cancer research64 ( 8 ) 2846 - 52   2004年4月

  • Ishitsuka K. .  Bone marrow necrosis in a patient with acute promyelocytic leukemia during re-induction therapy with arsenic trioxide .  European Journal of Haematology72 ( 4 ) 280 - 284   2004年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/j.0902-4441.2003.00206.x

    Scopus

    PubMed

  • 石塚 賢治, 池田 柊一, 和泉 洋一郎, 今村 豊, 鵜池 直邦, 魚住 公治, 宇都宮 與, 河野 文夫, 久富木 庸子, 権藤 久司, 佐分利 能生, 渋谷 恒文, 鈴島 仁, 塚田 順一, 林 真, 前田 宏一, 松石 英城, 松岡 均, 牧野 茂義, 田村 和夫 .  造血器腫瘍治療時の感染症対策 : 九州血液疾患治療グループ(K-HOT)アンケート調査 .  臨床血液44 ( 7 ) 483 - 490   2003年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    九州血液疾患治療グループ(K-HOT)は九州内22施設の血液内科で組織される。造血器腫瘍治療時の感染症対策の現状を把握するため,2001年11月から2002年4月にグループ内アンケート調査を行った。回収率は一次調査86%(22施設中19施設),一次調査回答施設を対象にした二次調査89%(19施設中17施設)であった。成人T細胞白血病/リンパ腫ではスルファメトキサゾール・トリメトプリム(ST)合剤や結核既往例での抗結核薬の予防投与が広く行われ,顆粒球コロニー刺激因子の投与タイミングが他疾患より早い特徴があった。自家造血幹細胞移植(自家SCT)時のアシクロビル,免疫グロブリン製剤(Ig)やST合剤投与は簡略化が見られた。一方,同種SCT時のIg総投与量は施設間で大きく異なっていた。本調査は,支持療法の現状を把握する上で非常に有用である。

    DOI: 10.11406/rinketsu.44.483

    CiNii Article

  • Ishitsuka K, Ikeda S, Izumi Y, Imamura Y, Uike N, Uozumi K, Utsunomiya A, Kawano F, Kubuki Y, Gondo H, Saburi Y, Sibuya T, Suzusima J, Tsukada J, Hayashi M, Maeda K, Matuishi E, Matsuoka H, Makino S, Tamura K .  [Infection control for the treatment of hematological malignancies: a survey of the Kyushu Hematology Organization for Treatment Study Group (K-HOT)]. .  [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology44 ( 7 ) 483 - 90   2003年7月

     詳細を見る

  • 石塚 賢治, 池田 柊一, 和泉 洋一郎, 今村 豊, 鵜池 直邦, 魚住 公治, 宇都宮 與, 河野 文夫, 久富木 庸子, 権藤 久司, 佐分利 能生, 渋谷 恒文, 鈴島 仁, 塚田 順一, 林 真, 前田 宏一, 松石 英城, 松岡 均, 牧野 茂義, 田村 和夫 .  造血器腫瘍治療時の感染症対策 九州血液疾患治療グループ(K-HOT)アンケート調査 .  臨床血液44 ( 7 ) 483 - 490   2003年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    九州の22施設の血液内科で構成された九州血液疾患治療グループ(K-HOT)を対象に,造血器腫瘍治療時の感染症対策の現状把握を目的とした記名式アンケート調査を行った.一次調査は19施設より回答を得,その19施設を対象に二次調査を行った.その結果,病室の環境,医療従事者のガウン・マスクの使用,食事の管理は,原疾患や造血幹細胞移植(SCT)の方法によって異なった.感染症対策として,スルファトキサゾール・トリメトプリム(ST)合剤,ニューキノロン系薬剤,フルコナゾールの経口投与が多く使用されていたが,自家SCTでは簡素化されていた.成人T細胞白血病リンパ腫に対しては,予防投薬としてST合剤や結核既往患者に対する抗結核薬を使用する施設が多く,顆粒球コロニー刺激因子投与の開始時期も他の疾患より早かった

  • Ishitsuka K. .  Infection control for the treatment of hematological malignancies: a survey of the Kyushu Hematology Organization for Treatment Study Group (K-HOT) .  [Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology44 ( 7 ) 483 - 490   2003年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:[Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology  

    Scopus

  • Oketani M. .  Inhibition by arsenic trioxide of human hepatoma cell growth .  Cancer Letters183 ( 2 ) 147 - 153   2002年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Letters  

    DOI: 10.1016/S0304-3835(01)00800-X

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K, Utsunomiya A, Aosaki S, Tashiro Y, Takeshita T .  [Indolent primary gastric adult T-cell leukemia/lymphoma with recurrent lesions limited to the stomach and duodenum]. .  [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology43 ( 7 ) 554 - 9   2002年7月

     詳細を見る

  • Ishitsuka K. .  Indolent primary gastric adult T-cell leukemia/lymphoma with recurrent lesions limited to the stomach and duodenum .  [Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology43 ( 7 ) 554 - 559   2002年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:[Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology  

    Scopus

  • 石塚 賢治, 宇都宮 與, 青崎 真一郎, 田代 幸恵, 竹下 武承 .  上部消化管に再発を繰り返し慢性に経過した胃原発成人T細胞白血病/リンパ腫 .  臨床血液43 ( 7 ) 554 - 559   2002年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    75歳男.胸焼けを主訴とした.上部消化管内視鏡検査にて胃前庭部大弯に平盤状隆起性病変,前庭部から体部の広範囲にわたり潰瘍を伴う隆起性病変がみられ,生検にて悪性リンパ腫と診断され,免疫染色にて腫瘍細胞はCD4陽性であり,可溶性IL-2レセプターの軽度上昇,血清抗HTLV-I抗体陽性であったことから胃原発急性型成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)と診断した.多剤併用化学療法を施行し完全寛解となった.胃体上部から穹窿部の後壁に再発がみられたが放射線療法施行にて病変は消失し,胃体部大彎と十二指腸下行脚に2回目の再発を来たしたものの自然消失した.その後,全身性に再発し,多剤併用化学療法を行ったが無効で,肺炎を併発し呼吸不全にて死亡した.以上より,本症例は胃に初発後2年6ヵ月間病変が消化管に限局し緩慢な経過をとった点で極めて稀な症例であると考えられた

  • Ikeda R. .  Molecular basis for the inhibition of hypoxia-induced apoptosis by 2-deoxy-D-ribose .  Biochemical and Biophysical Research Communications291 ( 4 ) 806 - 812   2002年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1006/bbrc.2002.6432

    Scopus

    PubMed

  • Ishitsuka K. .  Arsenic trioxide induces apoptosis in HTLV-I infected T-cell lines and fresh adult T-cell leukemia cells through CD95 or tumor necrosis factor α receptor independent caspase activation .  Leukemia and Lymphoma43 ( 5 ) 1107 - 1114   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Leukemia and Lymphoma  

    DOI: 10.1080/10428190290021461

    Scopus

    PubMed

  • 石塚 賢治, 宇都宮 與, 青崎 真一郎, 田代 幸恵, 竹下 武承 .  上部消化管に再発を繰り返し慢性に経過した胃原発成人T細胞白血病/リンパ腫 .  臨床血液43 ( 7 ) 554 - 559   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    症例は75歳,男性。1997年11月胸やけのため当科を受診した。上部消化管内視鏡検査で胃前庭部から体部の広範囲にわたる潰瘍を伴う隆起性病変,前庭部大弯に平盤状隆起性病変を認めた。同部位の生検の結果CD4陽性悪性リンパ腫で,抗HTLV-I抗体が陽性であったため胃原発急性型成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)と診断した。多剤併用化学療法を施行し完全寛解となった。1998年12月に胃体上部から穹窿部の後壁に再発がみられたが,放射線療法により消失した。1999年5月に胃体部大弯と十二指腸下行脚に2回目の再発をしたが約5カ月で自然消失した。2000年5月に全身性に再発し,多剤併用化学療法を行ったが無効,肺炎を合併し呼吸不全のために死亡した。ATLLではしばしば消化管病変を伴うことが知られているが,初発後2年6カ月間病変が胃・十二指腸に限局し緩慢な経過でATLLとしてはきわめて稀なので報告した。

    DOI: 10.11406/rinketsu.43.554

    CiNii Article

  • Ishitsuka K, Hanada S, Suzuki S, Utsunomiya A, Chyuman Y, Takeuchi S, Takeshita T, Shimotakahara S, Uozumi K, Makino T, Arima T .  Arsenic trioxide inhibits growth of human T-cell leukaemia virus type I infected T-cell lines more effectively than retinoic acids. .  British Society of Haematology 103 ( 3 ) 721 - 728   2000年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Ishitsuka K. .  Arsenic trioxide and the growth of human T-cell leukemia virus type I infected T-cell lines .  Leukemia and Lymphoma37 ( 5-6 ) 649 - 655   2000年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Leukemia and Lymphoma  

    DOI: 10.3109/10428190009058521

    Scopus

  • 青崎 真一郎, 濱田 富志夫, 馬場 泰忠, 古田 敏久, 畠中 真吾, 西俣 寛人, 石塚 賢治, 花田 修一, 大石 一郎, 美園 俊明, 小倉 芳人, 蓮井 和久, 中村 勇一, 尾辻 真人, 南 寛之, 島崎 隆, 宇都宮 與, 高崎 能久 .  【AIDSとATLの消化管病変】ATLの消化管病変の臨床像 .  胃と腸34 ( 7 ) 857 - 872   1999年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    ATLの消化管浸潤は広範囲かつ高度で,多発性又はび漫性の浸潤病変が多い傾向にあった.画像所見の検討により浸潤・発育進展様式とその肉眼像を基本的に以下の3つに分類した. 1)腫瘍細胞が腫瘤をつくらず消化管壁を連続性にび漫性に浸潤するタイプで,肉眼像は粘膜面の凹凸が目立たない平坦病変を呈す-びまん浸潤型(表層型). 2)腫瘍細胞がリンパ装置に浸潤し腫瘤を形成するタイプで,肉眼像はMLP様の多発性の隆起性病変を呈す-多発結節型. 3)腫瘍細胞が多数のリンパ装置に浸潤し小さな腫瘤を形成するタイプで,肉眼像はたこいぼびらん様の小隆起がび漫性に多発した病変を呈す-多発びまん浸潤型

  • Kitazono M. .  Prevention of hypoxia-induced apoptosis by the angiogenic factor thymidine phosphorylase .  Biochemical and Biophysical Research Communications253 ( 3 ) 797 - 803   1998年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.9852

    Scopus

  • Ishitsuka K. .  Arsenic trioxide inhibits growth of human T-cell leukaemia virus type I infected T-cell lines more effectively than retinoic acids .  British Journal of Haematology103 ( 3 ) 721 - 728   1998年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1046/j.1365-2141.1998.01068.x

    Scopus

  • 松木田 純香, 蓮井 和久, 石塚 賢治 .  Hodgkin's病患者に出現した落屑を伴う皮膚硬化性病変 .  皮膚のリンフォーマXV   186 - 189   1996年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:皮膚リンフォーマ研究学会  

    34歳男.1990年,右頸部腫瘤が出現.生検され,Hodgkin's病結節硬化型と診断.1994年10月より腹部膨満出現,1994年12月,腹部CTで大動脈周囲に巨大な腫瘤を認め,肝,脾にも腫瘤を認めた.化学療法施行し,腹腔内腫瘤縮小傾向が認められたが,1995年4月頃より,全身性に落屑を伴う皮膚硬化性病変が出現.皮膚生検では,真皮上層から中層の血管周囲,表皮に小型〜中型の異型リンパ球の浸潤が認められた.免疫染色で,異型リンパ球は,主にCD4細胞で,CD8細胞を混じていた.TCRβ, TCRγ, Immunoglobulin heavy chain遺伝子の再構成の有無を,Hodgkin's病病変と,皮膚病変からのDNAで検討したが,再構成が認められなかった

  • 大納 伸人, 魚住 公治, 石塚 賢治, 高塚 祥芝, 中野 聡子, 宇都宮 與, 花田 修一, 有馬 暉勝, 納 光弘, 甲斐 元朗, 宮原 健吉, 黒岩 義文 .  経過中に腸結核を併発した成人T細胞白血病 .  臨床血液37 ( 2 ) 139 - 144   1996年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japan Atherosclerosis Society  

    We examined the serum lipids, apoproteins and lipoproteins, and several neutral sterols including cholestanol, desmosterol, lathosterol, campesterol and β-sitosterol in 45 male patients with coronary artery disease (CAD) and 40 normal control male subjects. The results were as follows:<br>(1) Statistically significant differences between both groups were noted in triglycerides, high density lipoprotein cholesterol (HDL-Ch), low density lipoprotein cholesterol (LDL-Ch), β-lipoprotein (β-Lipo), apolipoprotein (Apo) A-I, Apo A-II, Apo B, β-Lipo/HDL-Ch, Apo B/Apo A-I, HDL-Ch/total cholesterol, and Atherogenic index, as reported previously.<br>(2) Serum Lp (a) levels were significantly higher (p<0.001) in the CAD group (162.0±120.7mg/l) than in the control group (76.0±64.1mg/l).<br>(3) No significant differences between both groups were noted in plant sterols (campesterol and β-sitosterol) and desmosterol. While, serum cholestanol, which was an intermediate metabolite in the cholesterol metabolic pathway, and lathosterol, which has been reported to be a good indicator of whole-body cholesterol synthesis, were significantly high in the CAD group.<br>These results showed that patients with CAD had multiple risk factors in the metabolism of lipids, particularly of cholesterol, and lipoproteins.

    CiNii Article

  • 末川 清康, 松元 淳, 大納 伸人, 石塚 賢治, 有馬 暉勝, 前田 正彦, 石部 良平, 草野 健, 渋江 正, 田中 貞夫 .  胃形質細胞腫の1例 .  日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy38 ( 2 ) 325 - 330   1996年2月

     詳細を見る

  • Ohno N. .  Adult T-cell leukemia complicated with intestinal tuberculosis .  [Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology37 ( 2 ) 139 - 144   1996年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:[Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology  

    Scopus

  • 大納 伸人, 魚住 公治, 石塚 賢治 .  経過中に腸結核を併発した成人T細胞白血病 .  臨床血液37 ( 2 ) 139 - 144   1996年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    57歳男.発熱と呼吸困難を主訴に来院した.白血球数18,200/μl(異常リンパ球56%, CD4, CD25陽性,CD8陰性)抗HTLV-1抗体陽性より成人T細胞白血病(ATL)と診断し多剤併用化学療法を施行した.LDHは正常化し,表在リンパ節は縮小したが原因不明の発熱が続いた.化学療法続行中,回盲部の穿孔を起こし緊急手術を施行した.摘除標本には乾酪壊死と多数の結核菌を認め,腸結核と診断した

  • 大納 伸人, 魚住 公治, 石塚 賢治, 高塚 祥芝, 中野 聡子, 宇都宮 與, 花田 修一, 有馬 暉勝 .  経過中に腸結核を併発した成人T細胞白血病 .  臨床血液37 ( 2 ) 139 - 144   1996年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    症例は57歳,男性。発熱と呼吸困難を主訴に来院した。白血球数18,200/&mu;<i>l</i>(異常リンパ球56%, CD4, CD25陽性,CD8陰性)抗HTLV-1抗体陽性より成人T細胞白血病(ATL)と診断し多剤併用化学療法を施行した。LDHは正常化し,表在リンパ節は縮小したが原因不明の発熱が続いた。化学療法続行中,回盲部の穿孔を起こし緊急手術を施行した。摘除標本には乾酪壊死と多数の結核菌を認め,腸結核と診断した。肺結核症の併発はATL患者では比較的多くにみられるとされているが,これまで腸結核の併発症例の報告はない。ATL患者に原因不明の発熱が続くときは腸結核も考慮すべきと考えられる。

    DOI: 10.11406/rinketsu.37.139

    CiNii Article

  • 末川 清康, 田中 貞夫, 松元 淳, 大納 伸人, 石塚 賢治, 有馬 暉勝, 前田 正彦, 石部 良平, 草野 健, 渋江 正 .  胃形質細胞腫の1例 .  日本消化器内視鏡学会雑誌38 ( 2 ) 325 - 330_1   1996年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器内視鏡学会  

    症例は65歳,女性.胃の集団検診にて精査を勧められ内視鏡を施行した.胃角部に境界不明瞭な発赤した粘膜の顆粒状変化を認めた.肉眼所見では,表層型の胃悪性リンパ腫または反応性リンパ細網増生症に類似の形態と思われた.末梢血および骨髄像には異常なく,生検の結果形質細胞腫と診断され,手術を施行した.病理組織診断は胃形質細胞腫で,免疫組織学的にはIgA/λ型であった.深達度は一部粘膜下層に達していたが所属リンパ節には異常所見を認めなかった.

    DOI: 10.11280/gee1973b.38.325

    CiNii Article

  • Otsuka M. .  Expression of the intestinal T‐lymphocyte‐associated‐molecule recognized by the HML‐1 antibody on mononuclear cells from HTLV‐I‐infected subjects .  American Journal of Hematology50 ( 1 ) 1 - 8   1995年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Hematology  

    DOI: 10.1002/ajh.2830500102

    Scopus

  • 牧野 虎彦, 宇都 宮與, 鈴木 紳介, 石塚 賢治, 中原 勝志, 竹下 武承, 大納 伸人, 中馬 好子, 大塚 真紀, 魚住 公治, 花田 修一, 有馬 暉勝, 徳永 正義 .  成人T細胞白血病における癌の合併 .  臨床血液36 ( 8 ) 792 - 794   1995年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    We have studied the incidence and characteristics of associated neoplasms in 210 ATL patients. Twelve patients had other primary neoplasms and the incidence of double cancer was 5.7%. The additional malignancies in ATL patients consisted of 4 cases of stomach, 3 cases of colon and one of each lung, ovary, uterus, liver and bladder cancer. In metachronous double cancer patients, the neoplasm was found before the time of diagnosis of ATL in 5 out of 6 patients.<br>Immunodeficiency due to HTLV-I infection as well as chemotherapy for the preceding neoplasm are suggested to be related to the leukemogenesis of ATL.

    DOI: 10.11406/rinketsu.36.792

    CiNii Article

  • Uozumi K. .  Combination chemotherapy (RCM protocol: Response-oriented cyclic multidrug protocol) for the acute or lymphoma type adult t-cell leukemia .  Leukemia and Lymphoma18 ( 3-4 ) 317 - 323   1995年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Leukemia and Lymphoma  

    DOI: 10.3109/10428199509059624

    Scopus

  • Uozumi K. .  Significance of elevated levels of soluble factors in the cerebrospinal fluid in patients with, adult t-cell leukemia .  Leukemia and Lymphoma19 ( 5-6 ) 437 - 445   1995年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Leukemia and Lymphoma  

    DOI: 10.3109/10428199509112202

    Scopus

  • Utsunomiya A. .  Oral administration of low-dow etoposide for maintenance chemotherapy in adult T cell leukemia patients .  Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy21 ( 6 ) 839 - 844   1994年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy  

    Scopus

  • Uozumi K. .  Elevated soluble CD4 levels in the cerebrospinal fluid in patients with adult T‐cell leukemia .  American Journal of Hematology46 ( 2 ) 95 - 100   1994年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Journal of Hematology  

    DOI: 10.1002/ajh.2830460208

    Scopus

  • Ishibashi K. .  Tumor necrosis factor-β in the serum of adult T-cell leukemia with hypercalcemia .  Blood77 ( 11 ) 2451 - 2455   1991年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Blood  

    DOI: 10.1182/blood.v77.11.2451.bloodjournal77112451

    Scopus

  • 石橋 和明, 石塚 賢治, 上田 博一郎 .  ATL患者血清sIL-2R測定の有用性 .  医学と薬学24 ( 5 ) 1205 - 1210   1990年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)自然科学社  

    成人T細胞白血病(ATL)およびヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)キャリアーの血清中可溶性インターロキキン-2受容体(sIL-2R)を測定し,ATLの病状との変化を検討した.HTLV-1キャリアーでは,すべてsIL-2Rはカットオフ値以下であり,ATL発症例では1例を除きsIL-2Rは高値を示した.臨床経過を掌握できたATL患者の血清sIL-2Rは,病状に比例して推移していた.血清保存時の間接蛍光抗体法による末梢血リンパ球表面IL-2レセプター陽性細胞比率とsIL-2Rとの相関を回帰分析により検討すると,5%危険率で相関関係が確認された.血清LDH,血清Caとの相関を重回帰分析で検討し,sIL-2Rはいずれとも危険率1%で相関関係を認めた

▼全件表示

書籍等出版物

  • 1. Treatment of Indolent Adult T-cell Leukemia/Lymphoma (ATL)/Ishitsuka K./Adult T-cell Leukemia/Lymphoma

    Ishitsuka K( 担当: 分担執筆)

    Springer  2017年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:117-124   記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

  • Septic vasculitis induces cutaneous involvement of adult T-cell leukemia/lymphoma

    Arimura A.

    International Journal of Dermatology   59 ( 8 )   e298 - e300   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Dermatology  

    DOI: 10.1111/ijd.14860

    Scopus

    PubMed

  • 【造血器腫瘍学(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向-】リンパ系腫瘍の臨床 T細胞リンパ腫 成人T細胞白血病・リンパ腫の診断と治療

    石塚賢治

    日本臨床   78 ( 増刷3 )   573 - 579   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【造血器腫瘍学(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向-】リンパ系腫瘍の臨床 T細胞リンパ腫 成人T細胞白血病・リンパ腫の診断と治療

    石塚 賢治

    日本臨床   78 ( 増刊3 造血器腫瘍学 )   573 - 579   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • Correction to: Treatment of aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma: a retrospective study in a hospital located in HTLV-1 highly endemic area (International Journal of Hematology, (2020), 111, 2, (234-240), 10.1007/s12185-019-02769-w)

    Nakamura D.

    International Journal of Hematology   111 ( 5 )   745   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-020-02850-9

    Scopus

    PubMed

  • 【造血器腫瘍の治療選択に関するエキスパートオピニオン】未治療末梢性T細胞リンパ腫に対する治療選択

    中村 大輔, 石塚 賢治

    血液内科   80 ( 2 )   186 - 194   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【造血器腫瘍の治療選択に関するエキスパートオピニオン】未治療末梢性T細胞リンパ腫に対する治療選択

    中村 大輔, 石塚 賢治

    血液内科   80 ( 2 )   186 - 194   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • Type D lymphomatoid papulosis associated with chemotherapy/chemoradiotherapy-induced severe chronic lymphocytopenia

    Uchida Y.

    Journal of Dermatology   46 ( 11 )   e412 - e414   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Dermatology  

    DOI: 10.1111/1346-8138.15019

    Scopus

    PubMed

  • 化学療法/化学放射線療法で誘発された重度慢性リンパ球減少症を伴うD型リンパ腫様丘疹症(Type D lymphomatoid papulosis associated with chemotherapy/chemoradiotherapy-induced severe chronic lymphocytopenia)

    Uchida Youhei, Okubo Aoi, Hayashida Maiko, Inoue Hirosaka, Tamura Hiroko, Fujii Kazuyasu, Ishitsuka Kenji, Kanekura Takuro

    The Journal of Dermatology   46 ( 11 )   e412 - e414   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 【血液領域における免疫療法と抗体医薬-最近の展開】T細胞性リンパ腫に対するモガムリズマブの有用性

    中村 大輔, 石塚 賢治

    血液内科   79 ( 1 )   70 - 75   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【血液領域における免疫療法と抗体医薬-最近の展開】T細胞性リンパ腫に対するモガムリズマブの有用性

    中村 大輔, 石塚 賢治

    血液内科   79 ( 1 )   70 - 75   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 抗PD-1抗体投与後の成人T細胞白血病・リンパ腫の急速な進行

    石塚賢治

    がん免疫療法   3 ( 1 )   31 - 33   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 抗PD-1抗体投与後の成人T細胞白血病・リンパ腫の急速な進行

    石塚 賢治

    がん免疫療法   3 ( 1 )   31 - 33   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • 【リンパ腫update II:高悪性度B、T、NK、Hodgkinリンパ腫、医原性免疫不全LPD】成人T細胞白血病/リンパ腫

    石塚賢治

    病理と臨床   37 ( 4 )   330 - 335   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【リンパ腫・骨髄腫に対する免疫療法の現状と展望】成人T細胞白血病・リンパ腫に対する免疫チェックポイント阻害薬

    吉満 誠, 石塚 賢治

    血液内科   78 ( 4 )   460 - 464   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【リンパ腫update II:高悪性度B、T、NK、Hodgkinリンパ腫、医原性免疫不全LPD】成人T細胞白血病/リンパ腫

    石塚 賢治

    病理と臨床   37 ( 4 )   330 - 335   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • 【リンパ腫・骨髄腫に対する免疫療法の現状と展望】成人T細胞白血病・リンパ腫に対する免疫チェックポイント阻害薬

    吉満 誠, 石塚 賢治

    血液内科   78 ( 4 )   460 - 464   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • Follow-up of a randomised phase II study of chemotherapy alone or in combination with mogamulizumab in newly diagnosed aggressive adult T-cell leukaemia-lymphoma: impact on allogeneic haematopoietic stem cell transplantation

    Ishida T.

    British Journal of Haematology   184 ( 3 )   479 - 483   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/bjh.15123

    Scopus

    PubMed

  • PD-1 inhibitor therapy in adult T-Cell leukemia–Lymphoma

    Ishitsuka K.

    New England Journal of Medicine   379 ( 7 )   695 - 696   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:New England Journal of Medicine  

    DOI: 10.1056/NEJMc1807852

    Scopus

    PubMed

  • 【期待される新薬-分子標的治療薬の効果と副作用】 抗体薬 オビヌツズマブ

    石塚賢治

    腫瘍内科   21 ( 6 )   654 - 659   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【期待される新薬-分子標的治療薬の効果と副作用】抗体薬 オビヌツズマブ

    石塚 賢治

    腫瘍内科   21 ( 6 )   654 - 659   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • Clinical significance of cutaneous adverse reaction to mogamulizumab in relapsed or refractory adult T-cell leukaemia-lymphoma

    Tokunaga M.

    British Journal of Haematology   181 ( 4 )   539 - 542   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/bjh.14634

    Scopus

    PubMed

  • 【診断と治療のABC〔133〕悪性リンパ腫】ウイルスとリンパ腫 リンパ腫の発生に直接関連する3つのウイルス

    石塚 賢治

    最新医学   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【臨床で遭遇する難治な血液疾患の病態解析研究と治療の進歩】 再発・難治アグレッシブATLの病態と治療

    中村 大輔, 石塚 賢治

    血液内科   76 ( 4 )   510 - 515   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【臨床で遭遇する難治な血液疾患の病態解析研究と治療の進歩】再発・難治アグレッシブATLの病態と治療

    中村 大輔, 石塚 賢治

    血液内科   76 ( 4 )   510 - 515   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【診断と治療のABC[133]悪性リンパ腫】ウイルスとリンパ腫 リンパ腫の発生に直接関連する3つのウイルス

    石塚 賢治

    最新医学   別冊 ( 悪性リンパ腫 )   50 - 50   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

  • 【知っておきたい感染によるがん診療の知識】 各種がんの現状と対策 HTLV-1と成人T細胞白血病・リンパ腫

    鎌田 勇平, 石塚 賢治

    臨牀と研究   95 ( 2 )   159 - 164   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【知っておきたい感染によるがん診療の知識】各種がんの現状と対策 HTLV-1と成人T細胞白血病・リンパ腫

    鎌田 勇平, 石塚 賢治

    臨牀と研究   95 ( 2 )   159 - 164   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 再発・難治成人T細胞白血病リンパ腫に対するレナリドミドの臨床効果

    3. 鎌田 勇平、石塚 賢治

    血液内科   76 ( 1 )   124 - 129   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 再発・難治成人T細胞白血病リンパ腫に対するレナリドミドの臨床効果

    鎌田 勇平, 石塚 賢治

    血液内科   76 ( 1 )   124 - 129   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • Treatment advances and prognosis for patients with adult T-cell leukemia-lymphoma. 査読

    Katsuya H, Ishitsuka K.

    J Clin Exp Hematop.   57 ( 3 )   87 - 97   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3960/jslrt.17008.

  • 成人T細胞白血病リンパ腫患者に対する治療の進歩と予後(Treatment advances and prognosis for patients with adult T-cell leukemia-lymphoma)

    Katsuya Hiroo, Ishitsuka Kenji

    Journal of Clinical and Experimental Hematopathology   57 ( 3 )   87 - 97   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

  • ATL 分子病態と治療 査読

    4. 石塚 賢治

    臨床血液   58 ( 10 )   2004 - 2011   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ATL 分子病態と治療

    石塚 賢治

    臨床血液   58 ( 10 )   2004 - 2011   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトTリンパ球向性ウイルスI型(HTLV-1)によって引き起こされる末梢性T細胞腫瘍である。HTLV-1感染リンパ球は,TaxやHTLV-1 bZIP factorなどによって不死化され,やがてクローナルな増殖を始める。ATLの分子病態の特徴は,ATL細胞が多くのゲノム異常を持ち,しかもそれらのほとんどがいくつかの標的経路に収束すること,ヒストンH3リジン27のトリメチル化に特徴づけられるゲノム全域にわたるエピジェネティックな異常によって機能的microRNAや腫瘍抑制因子の発現が抑制され,腫瘍の発生と維持に関わっていることである。これらATLに特徴的な分子病態のなかで,CCR4を標的とする治療は既に抗体薬として日常診療に導入されたほか,Taxを標的とする免疫療法,免疫チェックポイント阻害薬による治療,EZH1/2を標的とする治療の開発が進んでいる。(著者抄録)

  • 【HTLV-1関連疾患の診断と治療の進歩】成人T細胞白血病の診断と治療

    石塚 賢治

    日本内科学会雑誌   106 ( 7 )   1397 - 1403   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  • Molecular heterogeneity and target therapies of malignant lymphoma in new WHO classification era 査読

    石塚 賢治

    臨床血液   58 ( 6 )   676 - 682   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Molecular heterogeneity and target therapies of malignant lymphoma in new WHO classification era ATL診療の進歩

    石塚 賢治

    臨床血液   58 ( 6 )   676 - 682   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトTリンパ球向性ウイルスI型(HTLV-1)によって引き起こされる予後不良な末梢性T細胞腫瘍である。主として母乳によって成立したHTLV-1感染者の3〜5%がATLを発症する。現在の本邦の標準治療は,aggressive ATL(急性型,リンパ腫型と予後不良因子を有する慢性型)に対しては多剤併用化学療法,さらに可能な症例では同種造血幹細胞移植を実施すること,indolent ATL(くすぶり型と予後不良因子のない慢性型)に対してはaggressive ATLとなるまで無治療経過観察することである。近年はATL細胞の表面抗原を標的とする抗体療法,ATL細胞の分子異常を標的とする治療,免疫環境を修飾する治療の開発が試みられており,そのうち抗CCR4抗体モガムリズマブと,免疫調整薬レナリドミドはすでに日常臨床に導入されている。(著者抄録)

  • 【HTLV-1関連疾患の診断と治療の進歩】 成人T細胞白血病の診断と治療 査読

    石塚 賢治

    日本内科学会雑誌   106 ( 7 )   1397 - 1403   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【悪性リンパ腫に関する診療と研究の現在の到達点と今後の課題】 ATL診療の現在の到達点と今後の課題

    石塚 賢治、

    血液内科   74 ( 4 )   507 - 513   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 【悪性リンパ腫に関する診療と研究の現在の到達点と今後の課題】ATL診療の現在の到達点と今後の課題

    石塚 賢治

    血液内科   74 ( 4 )   507 - 513   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • ATL ATLに対する新規治療の開発

    石塚 賢治

    Skin Cancer   31 ( 3 )   209 - 215   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

  • 【成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)研究と診療の進歩】ATLに対する免疫療法の可能性

    石塚 賢治

    血液内科   74 ( 3 )   363 - 367   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • ATL診療の最前線と未来

    石塚 賢治

    日本検査血液学会雑誌   18 ( 1 )   125 - 136   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本検査血液学会  

    成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトTリンパ球向性ウイルスI型によって起こる末梢性T細胞腫瘍である。本邦で2000年から2009年にATLと診断された患者の後ろ向き調査(ATL-PI project)では病型別の生存期間中央値(MST)は急性型8.3、リンパ腫型10.6、慢性型31.5、くすぶり型55.0ヵ月であった。下山らが報告した1980年代後半に診断された患者群のMSTと4年全生存割合(4-OS)を比較すると、MSTの改善は造血幹細胞移植を受けた急性型の患者以外では明らかでなかったが、4-OSは移植を受けた急性型のほか、リンパ腫型の移植・非移植群で延長していた。このことは、急性型では移植、リンパ腫型では化学療法の進歩と移植が予後の改善に貢献していること、長期予後は改善されつつあるが診断後早期に増悪する症例は今も救命に至っていないことを示している。移植群・非移植群での比較は選択バイアスが大きいことに注意が必要だが、移植群の5年生存割合約30%に対し非移植群は約10%に留まる。近年のATL治療の進歩は、抗CCR4抗体 モガムリズマブの導入である。CCR4はほとんどのATL症例の腫瘍細胞で発現しており、本剤はCCR4陽性細胞をADCC活性により傷害する。同種造血幹細胞移植前の投与は移植片対宿主病を増悪させるため慎重に行うべきであることがコンセンサスとなりつつあるが、移植前後の使用の適否のみでなく、至適投与時期、至適投与方法の解明が今後の課題である。免疫調整薬レナリドマイドは承認申請中である。これまで無治療経過観察が行われてきたくすぶり型や慢性型に対してはインターフェロンとジドブジンを併用する早期治療介入の検証試験が実施されている。(著者抄録)

  • 【血液がん〜最新治療と支持療法〜】(第III章)新規薬剤による治療戦略とケアの実際 多発性骨髄腫 多発性骨髄腫

    石塚 賢治

    がん看護   22 ( 2 )   109 - 115   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

  • 【造血器腫瘍のゲノム/エピゲノム解析研究と免疫/分子標的療法の進歩】成人T細胞白血病・リンパ腫におけるゲノム解析と免疫/分子標的療法

    石塚 賢治

    血液内科   73 ( 5 )   612 - 616   2016年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【低悪性度血液腫瘍に対する無治療経過観察と合理的な治療介入基準】 くすぶり型・慢性型成人T細胞白血病・リンパ腫に対する無治療経過観察と合理的な治療介入基準(

    石塚 賢治

    血液内科   73 ( 1 )   46 - 51   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 【低悪性度血液腫瘍に対する無治療経過観察と合理的な治療介入基準】くすぶり型・慢性型成人T細胞白血病・リンパ腫に対する無治療経過観察と合理的な治療介入基準

    石塚 賢治

    血液内科   73 ( 1 )   46 - 51   2016年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【リンパ系腫瘍に対するさらなる新薬開発と国内外の診療】ATLに対するmogamulizumabの役割 現状と今後の課題

    石塚 賢治

    血液内科   71 ( 1 )   59 - 63   2015年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【消化管原発悪性リンパ腫】消化管リンパ腫の臨床病理

    二村 聡, 石塚 賢治, 石橋 英樹, 塩飽 洋生, 木庭 郁朗, 中屋 照雄, 蓮池 典明

    消化器内視鏡   27 ( 5 )   749 - 753   2015年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)東京医学社  

    リンパ腫の診療に病理診断は不可欠である。その病理診断の過程は概ね3つに分けられる。最初の過程は、反応性リンパ増殖性病巣とリンパ腫の鑑別である。次は、他系統の悪性腫瘍の除外診断である。そして最後は、リンパ腫の疾患単位の確定である。なかでも最初の作業が難しく、小さな生検組織での鑑別作業には限界もある。診断精度をあげるためには、良質で十分量の組織を採取し、補助的な診断手法を用いて、その結果を総合的に判断しながら鑑別作業を進めなければならない。また、検索結果を解釈する際、独善に陥らぬよう留意し、臨床医と病理医は十分に情報交換する必要がある。(著者抄録)

  • Human T-cell leukaemia virus type I and adult T-cell leukaemia-lymphoma.

    Ishitsuka K, Tamura K

    Lancet Oncology   15 ( 11 )   e517 - e526   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ATLプログレス2013

    石塚 賢治

    臨床血液   54 ( 10 )   1817 - 1827   2013年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

  • 【リンパ腫治療最前線-進歩する病型別マネジメント-】成人T細胞白血病・リンパ腫 治療前評価と治療法の最新情報

    石塚 賢治

    Mebio   30 ( 8 )   74 - 83   2013年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

  • 【悪性リンパ腫-診断と治療の進歩】成人T細胞白血病/リンパ腫診療の現状と課題

    石塚 賢治

    日本医師会雑誌   142 ( 5 )   1059 - 1062   2013年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本医師会  

  • 【血液症候群(第2版)-その他の血液疾患を含めて-】血漿タンパクの異常 原発性マクログロブリン血症と類縁疾患 X連鎖性高IgM症候群

    石塚 賢治

    日本臨床   別冊 ( 血液症候群第2版III )   593 - 596   2013年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【造血器腫瘍の予後指標と診療での活用】本邦から出された急性・リンパ腫型ATLの新たな予後指標ATL-PI

    勝屋 弘雄, 石塚 賢治, 山中 竹春, 田村 和夫

    血液内科   65 ( 5 )   675 - 679   2012年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • Reply to J.J. Castillo et al

    Ishitsuka K.

    Journal of Clinical Oncology   30 ( 28 )   2012年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1200/JCO.2012.45.0288

    Scopus

  • 【悪性リンパ腫の薬物療法最前線】非ホジキンリンパ腫に対する組織型別薬物療法の実際 T/NK細胞性リンパ腫に対する薬物療法 超高悪性度T細胞性リンパ腫に対する薬物療法 成人T細胞白血病/リンパ腫

    石塚 賢治

    臨床腫瘍プラクティス   8 ( 3 )   266 - 272   2012年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ヴァンメディカル  

    <View Points>▼病型分類を行い、aggressive ATLかindolent ATLかを見極め、直ちに治療を開始するべきかどうかを決定する。▼ATLの治療成績はまだまだ改善の必要があり、臨床試験に組み入れることを積極的に検討する。▼臨床試験外では、aggressive ATLに対しては強力な化学療法を開始し、可能な症例では骨髄破壊的あるいは非破壊的造血幹細胞移植を計画する。▼臨床試験外では、indolent ATLに対しては無治療経過観察、必要に応じて皮膚病変等への局所治療を行う。(著者抄録)

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫に対するインターフェロンα・ジドブジン併用療法

    石塚 賢治

    血液内科   65 ( 2 )   277 - 282   2012年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • First reported case of hemoglobin lansing in Asia detected by false low oxygen saturation on pulse oximetry

    Ishitsuka K.

    International Journal of Hematology   95 ( 6 )   731 - 732   2012年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-012-1096-8

    Scopus

    PubMed

  • パルス酸素濃度計で偽低酸素飽和により検出されたアジアにおけるヘモグロビンlansingの最初の報告例(First reported case of hemoglobin lansing in Asia detected by false low oxygen saturation on pulse oximetry)

    Ishitsuka Kenji, Uchino Junji, Kato Junko, Ikuta Mikihiro, Watanabe Kentaro, Matsunaga Akira, Tamura Kazuo

    International Journal of Hematology   95 ( 6 )   731 - 732   2012年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

  • 【進行・再発婦人科がんの治療と管理】疼痛以外の緩和ケア

    石塚 賢治

    産科と婦人科   78 ( 5 )   593 - 597   2011年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)診断と治療社  

  • Is zidovudine and interferon-alfa the gold standard for adult T-cell leukemia-lymphoma?

    Ishitsuka K.

    Journal of Clinical Oncology   28 ( 36 )   e765; author reply e766   2010年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1200/JCO.2010.32.1380

    Scopus

    PubMed

  • 福岡大学肺移植プログラム初期5年間の年次統計

    白石 武史, 平塚 昌文, 樋口 隆男, 柳沢 純, 宮原 聡, 今給黎 尚幸, 中島 裕康, 濱中 和歌子, 萩尾 康子, 濱武 大輔, 大渕 俊郎, 吉永 康照, 岡 陽一郎, 中村 晶俊, 増本 幸二, 白日 高歩, 岩崎 昭憲, 山内 靖, 星野 誠一郎, 乗富 智明, 山下 裕一, 白石 素公, 藤田 昌樹, 渡辺 憲太朗, 森重 徳継, 田代 忠, 佐光 英人, 西川 宏明, 朔 啓二郎, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫, 重松 研二, 比嘉 和夫, 尾籠 晃司, 西村 良二, 鍋島 一樹, 吉村 ゆかり, 塩田 悦仁, 植山 美穂, 高石 真奈美

    福岡大学医学紀要   37 ( 3 )   133 - 142   2010年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:福岡大学研究推進部  

  • 【がん患者への支持療法 専門医の実践する症状軽減のてだて】化学療法に伴う各種有害事象に対する支持療法 骨髄抑制に対してどう対応すべきか

    石塚 賢治

    臨床腫瘍プラクティス   6 ( 3 )   248 - 252   2010年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ヴァンメディカル  

    <View Points!>骨髄抑制に対する支持療法はがん化学療法の成否の鍵を握る。発熱性好中球減少症は緊急事態として対応する。血小板、貧血に対する輸血の適応を吟味し、不必要な輸血は行わない。(著者抄録)

  • ATLに対するinterferon/zidovudine併用療法 現状と課題

    石塚 賢治

    血液・腫瘍科   60 ( 1 )   89 - 93   2010年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【新薬展望2010】治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 がん治療補助薬

    石塚 賢治

    医薬ジャーナル   46 ( 増刊 )   411 - 417   2010年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    化学療法によって誘発される遅発性嘔吐を強力に抑制する新規薬剤neurokinin-1受容体拮抗薬;アプレピタントが、わが国でも2009年12月に上市された。急性嘔吐は、これまでも5-hydroxytriptamine 3(5HT3)受容体拮抗薬によって一定のコントロールが可能であったが、遅発性嘔吐には課題が残っていた。アプレピタントは薬物相互作用に注意を必要とするが、遅発性嘔吐に有用な薬剤として使用可能になったことは非常に有意義である。そのほか、5HT3受容体への親和性が高い第二世代5HT3受容体拮抗薬;palonosetronが申請中で、従来の5HT3受容体拮抗薬と比較して半減期が約40時間と非常に長く、遅発性嘔吐も抑制するとされ、アプレピタントが相互作用等のために使用できない状況等での有用性が期待される。(著者抄録)

  • 【貧血を診る】多発性骨髄腫に対する新規治療薬

    石塚 賢治

    綜合臨床   58 ( 8 )   1713 - 1716   2009年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)永井書店  

  • 【新時代の骨髄腫治療】骨髄腫に対して期待される次世代の新規薬剤

    石塚 賢治

    血液フロンティア   19 ( 8 )   1259 - 1263   2009年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    骨髄腫に対する新規薬剤として、ボルテゾミブ、サリドマイド、レナリドマイドの評価はほぼ定着した。次世代の新規薬剤として、新規プロテアソーム阻害剤、新規immunomodulatory drugs(IMiDs)、heat shock protein 90(HSP90)阻害薬、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害薬、Akt阻害薬の開発が進められている。これらのなかで、新規プロテアソーム阻害剤と新規IMiDsを除くと単剤での抗骨髄腫効果は不十分で、ボルテゾミブ等との併用療法による臨床試験の結果が待たれる。(著者抄録)

  • 【新しい分子標的薬の開発】プロテアソーム阻害剤

    石塚 賢治

    腫瘍内科   3 ( 3 )   291 - 297   2009年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • Smouldering adult T-cell leukaemia/lymphoma: A follow-up study in Kyushu

    Ishitsuka K.

    British Journal of Haematology   143 ( 3 )   442 - 444   2008年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/j.1365-2141.2008.07351.x

    Scopus

    PubMed

  • 【がん診療のガイドライン】G-CSFのガイドライン

    石塚 賢治, 田村 和夫

    腫瘍内科   2 ( 5 )   406 - 411   2008年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【多発性骨髄腫の治療の進歩】アントラサイクリンの役割 最近の評価

    石塚 賢治

    血液・腫瘍科   57 ( 3 )   299 - 305   2008年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【内科医のためのがん診療Update】がんの診断 治療方針決定,経過観察のための検査

    石塚 賢治

    Medicina   45 ( 8 )   1422 - 1425   2008年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>●治療方針決定,治療後の経過観察とも,過不足なく計画的に検査を行う.●それぞれの疾患の予想される経過,各種検査の長所と短所を知り,必要な検査を選択して行う.●がん診療におけるFDG-PETのエビデンスの確立が今後の課題である.(著者抄録)

  • 再発または難治性多発性骨髄腫においてボルテゾミブをより効果的に使うために

    鈴木 憲史, 飯田 真介, 張 高明, 石塚 賢治, 尾崎 修治

    血液フロンティア   18 ( 9 )   1451 - 1466   2008年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

  • 【多発性骨髄腫 分子標的治療薬の現況と今後】多発性骨髄腫治療の将来展望 多発性骨髄腫における分子標的治療薬の将来展望

    石塚 賢治

    医薬ジャーナル   44 ( 7 )   130 - 134   2008年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    多発性骨髄腫に対する分子標的治療薬として、プロテアソーム阻害薬、ボルテゾミブに加え、immunomodulatory drugs(IMiDs)であるサリドマイド・レナリドマイドが近い将来本邦でも使用可能となる。現在、臨床試験中の新規分子標的薬では、次世代プロテアソーム阻害薬以外は単剤での強力な抗骨髄腫効果は得難く、他剤との併用にもっぱら関心が注がれている。今後の治療研究は、ボルテゾミブ・サリドマイド・レナリドマイド、それらに従来から使用されてきた化学療法薬との至適併用の研究が進む。その最終目標を、これまで注目してきた奏効率や無増悪生存期間から長期間観察された全生存期間に移していくことが重要である。(著者抄録)

  • Targeting CD56 by the maytansinoid immunoconjugate IMGN901 (huN901-DM1): A potential therapeutic modality implication against natural killer/T cell malignancy

    Ishitsuka K.

    British Journal of Haematology   141 ( 1 )   129 - 131   2008年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/j.1365-2141.2008.07000.x

    Scopus

    PubMed

  • 【腫瘍内科診療データファイル】化学療法・放射線療法 化学療法の副作用とその対策

    石塚 賢治, 田村 和夫

    内科   100 ( 6 )   1089 - 1096   2007年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

    癌化学療法の治療成績の向上には、十分な支持療法・副作用対策が必須である。白血球(好中球)減少は、感染症発症のリスクを伴う。顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤をはじめとする白血球増殖因子と抗菌薬・抗真菌薬のエビデンスに基づいた適切な使用が必要である。悪心・嘔吐は、使用する抗癌薬の惹起する悪心・嘔吐のリスクによって、5HT3受容体拮抗薬や副腎皮質ホルモン薬を適切に使用する。今後使用可能になるNK1受容体拮抗薬による遅延性嘔吐の抑制は、癌患者のQOL向上と治療計画の完遂に貢献すると考えられる。肺毒性・心毒性・神経毒性・皮膚障害に対しては確立した治療法はないが、用量依存性に毒性が発現する薬剤では一定の総投与量を遵守する。(著者抄録)

  • 【実地医家のための造血器腫瘍の診療 minimum-requirementとtopics】造血器腫瘍のWHO分類

    石塚 賢治, 田村 和夫

    成人病と生活習慣病   37 ( 2 )   140 - 145   2007年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)東京医学社  

    WHO分類は単に形態だけでなく、発生母地、細胞起源、発生要因、特徴的な臨床像に基づいて疾患単位を明確にした分類法である。免疫形質、遺伝子、臨床像を加味して診断することによって、単なる疾患分類ではなく治療法・予後を含む重要な情報を包括させた分類となっている。リンパ系腫瘍は、(1)前駆細胞型BおよびT細胞腫瘍、(2)成熟B細胞腫瘍、(3)成熟TおよびNK細胞腫瘍、(4)Hodgkinリンパ腫に大別される。骨髄系腫瘍は、(1)急性骨髄性白血病、(2)慢性骨髄増殖性疾患、(3)骨髄異形成/骨髄増殖性疾患、(4)骨髄異形成症候群に分けられる。WHO分類に従った診断を的確に行うためには、各種の免疫染色やフローサイトメーターによる表現型の検索に加え、染色体分析や遺伝子解析が必要になる場合が多いので、プライマリーケア医においても、診断のため検査を行う際にはサンプルの取り扱いに注意が必要である。(著者抄録)

  • 【多発性骨髄腫研究における最近の進歩】骨髄腫に対する新規治療法開発の現状

    石塚 賢治, 秀島 輝

    血液・腫瘍科   50 ( 4 )   392 - 400   2005年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 熊川 みどり, Tournilhac Olivier, 石塚 賢治, 池田 柊一, 鵜池 直邦, 渋谷 恒文, 河野 文夫, 久冨木 庸子, 岡村 精一, 宇都宮 興, 牧野 茂義, 岡村 孝, 佐分利 能生, Morel Pierre, Travade Philippe, 田村 和夫, 九州血液疾患治療研究グループ .  九州地区におけるマクログロブリン血症の臨床像 九州血液疾患治療グループ(K-HOT)アンケート調査 .  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  2005年9月  日本臨床血液学会

  • 志々目 光希子, 白橋 顕彦, 石塚 賢治, 高松 泰, 鈴宮 淳司, 田村 和夫, 岩尾 恭寛, 原 周司 .  亜ヒ酸はATLにも有効か?自験例3例のまとめ .  日本リンパ網内系学会会誌  2003年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 白橋 顕彦, 石塚 賢治, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  亜砒酸治療中に骨髄壊死を来たした急性前骨髄球性白血病 .  臨床血液  2003年8月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 池田 龍二, 北薗 正樹, 石塚 賢治, 奥村 浩, 谷 綾子, 住澤 知之, 古川 龍彦, 本屋 敏郎, 山田 勝士, 秋山 伸一 .  低酸素で誘導されるアポトーシスの2-デオキシ-D-リボースによる抑制機構 .  生化学  2001年4月  (公社)日本生化学会

  • 池田 龍二, 北薗 正樹, 石塚 賢治, 奥村 浩, 谷 綾子, 小松 正治, 原口 みさこ, 住澤 知之, 古川 龍彦, 本屋 敏郎 .  低酸素で誘導されるアポトーシスの2-デオキシ-D-リボースによる抑制機構 .  日本癌学会総会記事  2000年9月  (一社)日本癌学会

  • 池田 龍二, 北薗 正樹, 石塚 賢治, 奥村 浩, 谷 綾子, 小松 正治, 原口 みさこ, 住澤 知之, 古川 龍彦, 本屋 敏郎 .  低酸素で誘導されるアポトーシスの2-デオキシ-D-リボースによる抑制機構 .  日本薬理学雑誌  2001年3月  (公社)日本薬理学会

  • 今福 信一, 古賀 文二, 中山 樹一郎, 古賀 佳織, 鍋島 一樹, 石塚 賢治 .  全身に生じたランゲルハンス細胞肉腫の1例 .  西日本皮膚科  2012年4月  日本皮膚科学会-西部支部

  • 野々熊 真也, 桑原 康雄, 高野 浩一, 吉満 研吾, 石塚 賢治, 田村 和夫 .  全身FDG-PET/CTを用いた悪性リンパ腫における局所脳糖代謝異常の検討 .  核医学  2012年8月  (一社)日本核医学会

  • 秋元 正樹, 松田 剛正, 大坪 秀雄, 海江田 智絵, 重水 早苗, 中村 桃子, 高木 博祐, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  関節リウマチ患者の新規骨びらん発生リスク因子の検討 .  九州リウマチ  2018年9月  九州リウマチ学会

  • 秋元 正樹, 大坪 秀雄, 松田 剛正, 海江田 智絵, 重水 早苗, 伊藤 加菜絵, 保坂 加奈子, 中村 桃子, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  関節リウマチ患者におけるゴリムマブへのスイッチの有効性の検討 .  日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2017年3月  (一社)日本リウマチ学会

  • 秋元 正樹, 松田 剛正, 大坪 秀雄, 海江田 智絵, 重水 早苗, 中村 桃子, 高木 博佑, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  関節リウマチの治療評価と予測1 関節リウマチ患者の新規骨びらん発生予測因子の検討 .  日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2018年3月  (一社)日本リウマチ学会

  • 島 晃大, 新居 亮彦, 二之宮 謙次郎, 田代 幸恵, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  関節リウマチに対するメトトレキサート療法開始直後に著明な非クローナルB細胞増加を呈した一例(A case showing a marked increase in nonclonal B cells immediately after methotrexate therapy) .  臨床血液  2018年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 小代 彩, 田淵 智久, 有馬 直祐, 鎌田 勇平, 林田 真衣子, 藤野 聡司, 中村 大輔, 井上 大栄, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  軽鎖沈着症に対して自家末梢血幹細胞移植を施行し臨床的改善を得た症例 .  臨床血液  2017年6月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 高木 博佑, 中村 桃子, 保坂 加奈子, 秋元 正樹, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  自己免疫性肝炎合併が疑われた膠原病関連肺高血圧症の二例 .  日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2018年3月  (一社)日本リウマチ学会

  • 有村 亜希子, 藤井 一恭, 畠中 美帆, 内田 洋平, 東 裕子, 有馬 直佑, 石塚 賢治, 金蔵 拓郎, 神崎 保, 瀬戸山 充, 米倉 健太郎 .  膿疱を主な皮膚症状としたATLの1例 .  西日本皮膚科  2018年8月  日本皮膚科学会-西部支部

  • 野元 裕輔, 勝江 浩未, 山田 きよ子, 畠中 美帆, 馬場 直子, 多田 浩一, 内田 洋平, 藤井 一恭, 東 裕子, 中村 大輔, 石塚 賢治, 具志 亮, 金蔵 拓郎 .  皮膚原発の古典的ホジキンリンパ腫の1例 .  日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集  2020年12月  (一社)日本皮膚悪性腫瘍学会

  • 木暮 泰寛, 亀田 拓郎, 古屋 淳史, 野坂 生郷, 今泉 芳孝, 斎藤 優樹, McClure Marni B., 田畑 真梨子, 高折 晃史, 宮崎 泰司, 松岡 雅雄, 石塚 賢治, 小川 誠司, 下田 和哉, 片岡 圭亮 .  発がんの要因解明とメカニズムを基盤とした予防戦略 ATLの全ゲノム解析 .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

  • 秋元 正樹, 大坪 秀雄, 松田 剛正, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  生物学的製剤およびJAK阻害薬治療中の関節リウマチ患者におけるpresepsin血中濃度の抑制 .  日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年8月  (一社)日本リウマチ学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 倉園 千穂, 佐藤 文, 松江 由樹, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 食用ホオズキ地上部について(2) .  日本生薬学会年会講演要旨集  2018年8月  (一社)日本生薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 石原 まどか, 佐藤 文, 松江 由樹, 倉園 千穂, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 ニオイヒバ花部について .  日本生薬学会年会講演要旨集  2017年8月  (一社)日本生薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 内田 早央里, 出石 ゆりえ, 佐藤 文, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 シマホオズキ地上部について .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 野口 幹太, 石塚 賢治, 佐藤 文, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 サカキカズラ種子について .  日本薬学会年会要旨集  2020年3月  (公社)日本薬学会

  • 佐藤 文, 中野 大輔, 石塚 賢治, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 キョウチクトウ果実について .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 佐藤 文, 松江 由樹, 倉園 千穂, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 キョウチクトウについて .  日本薬学会年会要旨集  2017年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 松江 由樹, 倉園 千穂, 佐藤 文, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 イヌガヤ地上部について .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 金山 文香, 佐藤 文, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 アシュワガンダ地上部について .  日本薬学会年会要旨集  2020年3月  (公社)日本薬学会

  • 伊藤 薫樹, 岩永 正子, 野坂 生郷, 石塚 賢治, 今泉 芳孝, 内丸 薫, 宇都宮 與, 戸倉 新樹, 飛内 賢正, 下田 和哉, 仲地 佐和子, 渡邉 俊樹, 塚崎 邦弘 .  本邦における成人T細胞白血病リンパ腫の臨床的特徴2012〜2013年 第12次全国ATL実態調査報告(A nationwide survey of adult T-cell leukemia-lymphoma(ATL) in Japan, 2012-2013) .  臨床血液  2018年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 大久保 葵, 内田 洋平, 林田 真衣子, 井上 大栄, 田村 浩子, 藤井 一恭, 東 裕子, 石塚 賢治, 金蔵 拓郎 .  抗癌治療に伴うリンパ球減少症の回復期に生じたリンパ腫様丘疹症D型の1例 .  日本皮膚科学会雑誌  2019年5月  (公社)日本皮膚科学会

  • Imaizumi Yoshitaka, Iwanaga Masako, Nosaka Kisato, Ito Shigeki, Ishitsuka Kenji, Utsunomiya Atae, Tokura Yoshiki, Nakachi Sawako, Shimoda Kazuya, Tobinai Kensei, Watanabe Toshiki, Uchimaru Kaoru, Tsukasaki Kunihiro .  成人T細胞白血病・リンパ腫(急性型・リンパ腫型)に対する治療と予後の実際に関する検討(Treatment and prognosis of ATL patients of acute and lymphoma types: A nationwide survey) .  臨床血液  2017年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • Ishitsuka Kenji, Yurimoto Satoshi, Kawamura Kouichi, Tsuji Yukie, Iwabuchi Manabu, Takahashi Takeshi, Tobinai Kensei .  成人T細胞白血病リンパ腫に対するモガムリズマブの市販後調査 中間成績(A postmarketing surveillance of mogamulizumab in adult T-cell leukemia-lymphoma: Interim results) .  臨床血液  2017年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 木暮 泰寛, 亀田 拓郎, 古屋 淳史, 上運天 綾子, 吉満 誠, 野坂 生郷, 今泉 芳孝, 斎藤 優樹, McClure Marni Siegel, 田畑 真梨子, 柴田 龍弘, 高折 晃史, 宮崎 泰司, 松岡 雅雄, 白石 友一, 小川 誠司, Ye Hilda, 石塚 賢治, 下田 和哉, 片岡 圭亮 .  成人T細胞白血病/リンパ腫の全ゲノムの様相(Whole-genome landscape of adult T-cell leukemia/lymphoma) .  日本リンパ網内系学会会誌  2020年7月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 有馬 直佑, 内田 友一朗, 吉満 誠, 八幡 美保, 石塚 賢治 .  成人T細胞性白血病リンパ腫における新たな機能獲得型変異としてのRLTPR Q575E変異(A novel recurrent gain-of-function mutation of RLTPR Q575E in adult T cell leukemia/lymphoma) .  臨床血液  2018年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 中川 俊輔, 吉満 誠, あべ松 貴成, 児玉 祐一, 西川 拓朗, 岡本 康裕, 石塚 賢治, 河野 嘉文 .  急性骨髄性白血病を発症した遺伝性血小板増多症の1歳女児 .  臨床血液  2019年6月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 吉満 誠, 八幡 美保, 幣 光太郎, 下田 和哉, 石塚 賢治 .  家族性血小板増多症1家系における新規JAK2変異の同定(JAK2 T875N, a causative novel activating germline mutation for familial essential thrombocytosis) .  臨床血液  2018年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 中村 桃子, 保坂 加奈子, 有馬 直佑, 井上 大栄, 秋元 正樹, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  リウマチ性疾患の合併症 免疫抑制療法中に発症した播種性ノカルジア症の2例 .  日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2017年3月  (一社)日本リウマチ学会

  • 小代 彩, 内田 友一朗, 八幡 美保, 有馬 直佑, 林田 真衣子, 鎌田 勇平, 新居 亮彦, 中村 大輔, 井上 大栄, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  モガムリズマブ投与が劇的に奏功した著明な肝障害と胸腹水を伴う成人T細胞白血病・リンパ腫の一例 .  日本リンパ網内系学会会誌  2019年5月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 田淵 智久, 松下 格司, 鈴木 紳介, 濱田 平一郎, 吉満 誠, 井上 大栄, 中村 大輔, 林田 真衣子, 有馬 直佑, 保坂 加奈子, 小代 彩, 中村 桃子, 秋元 正樹, 大坪 秀雄, 石塚 賢治 .  メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患15例の後方視的解析 .  臨床血液  2017年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 藤崎 真由, 高木 博祐, 島 晃大, 林田 真衣子, 中村 大輔, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  プロテインS遺伝子のスプライシング変異を認め全身性血栓症を合併した骨髄異形成症候群の1例 .  臨床血液  2020年10月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 濱田 平一郎, 古川 良尚, 中島 篤人, 中島 恵美, 橋ノ口 寛仁, 原口 安江, 外室 喜英, 宮元 珠華, 舞木 弘幸, 石塚 賢治, 有馬 直佑, 林田 真衣子 .  プレリキサホル投与による採取後に自家造血幹細胞移植を実施した2症例 .  日本輸血細胞治療学会誌  2019年6月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

  • 石塚 賢治 .  ウイルスとがん HTLV-1とATL(Cancer Prevention-Our Final Goal-) .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 日高 朋, 寺薗 英之, 高橋 毅行, 奥津 果優, 吉満 誠, 石塚 賢治, 武田 泰生 .  LC-MS/MSを用いたゴーシェ病診断の測定系確立 .  日本薬学会年会要旨集  2020年3月  (公社)日本薬学会

  • 中別府 聖一郎, 鎌田 勇平, 中村 大輔, 有馬 直佑, 林田 真衣子, 新居 亮彦, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  G-CSF単独による造血幹細胞動員不良に対しプレリキサホルを使用し十分量採取し得たPOEMS症候群の2例 .  臨床血液  2019年6月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 島 晃大, 新居 亮彦, 小代 彩, 二之宮 謙次郎, 田代 幸恵, 石塚 賢治 .  頭蓋骨に著明なpunched-out像を呈したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例 .  臨床血液  2019年5月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 勝屋 弘雄, 工並 直子, 中島 勇太, 佐藤 栄一, 猪狩 洋介, 後藤 敏孝, 白橋 顕彦, 田中 俊裕, 石塚 賢治, 津川 潤, 深江 治郎, 高松 泰, 坪井 義夫, 竹下 盛重, 坂田 則行, 田村 和夫 .  髄液中のIL-10上昇で中枢神経原発悪性リンパ腫を疑われた2例 .  日本リンパ網内系学会会誌  2013年4月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 桝屋 愛, 白橋 顕彦, 鈴木 恵子, 石塚 賢治, 高松 泰, 鈴宮 淳司, 緒方 憲太郎, 佐々木 紀彰, 原 周司, 田村 和夫 .  難治性急性前骨髄球性白血病に対する亜ヒ酸治療 .  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  2005年9月  日本臨床血液学会

  • 渡邉 廉也, 安永 智恵, 伊藤 健二, 安部 泰弘, 三宅 勝久, 笹冨 佳江, 小河原 悟, 中島 衡, 石塚 賢治, 久野 敏, 斉藤 喬雄 .  長期の腎機能維持が可能であった腎アミロイドーシスの一例 .  日本腎臓学会誌  2011年8月  (一社)日本腎臓学会

  • 石塚 賢治 .  造血器腫瘍細胞のHML-1反応性 ATLを中心に .  臨床血液  1990年8月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 竹林 勇二, 北薗 正樹, 石塚 賢治, 谷 綾子, 古川 龍彦, 高尾 尊身, 福島 正和, 山田 雄次, 愛甲 孝, 秋山 伸一 .  血管新生因子Thymidine phosphorylaseによる低酸素下のアポトーシスの抑制 .  日本癌学会総会記事  1998年8月  (一社)日本癌学会

  • 佐藤 栄一, 中島 勇太, 猪狩 洋介, 勝屋 弘雄, 後藤 敏孝, 石津 昌直, 田中 俊裕, 石塚 賢治, 高松 泰, 茂木 愛, 桑原 康雄, 竹下 盛重, 田村 和夫 .  血球貪食症候群を呈した組織球肉腫の一例 .  日本リンパ網内系学会会誌  2012年5月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 石塚 賢治 .  血液透析により救命しえたhemolytic uremic like syndrome with hypoxemia (HUSH)の2例 .  医療  1991年10月  (一社)国立医療学会

  • 石塚 賢治, 池田 柊一, 和泉 洋一郎, 今村 豊, 鵜池 直邦, 魚住 公治, 宇都宮 與, 河野 文夫, 久富木 庸子, 権藤 久司, 佐分利 能生, 澁谷 恒文, 鈴島 仁, 塚田 順一, 林 真, 前田 宏一, 松石 英城, 松岡 均, 牧野 茂義, 田村 和夫, 九州血液疾患治療グループ .  血液疾患治療時の支持療法 九州血液疾患治療グループアンケート調査 .  臨床血液  2002年8月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 石塚 賢治, 竹内 昇吾, 鈴木 紳介, 魚住 公治, 花田 修一, 有馬 暉勝, 宇都宮 與, 川畑 久, 牧野 虎彦, 鈴宮 淳司 .  肉芽腫病変より発症し後に白血化をきたした末梢性T細胞性腫瘍の1例 病理学的診断困難例 .  臨床血液  1998年10月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 佐々木 秀法, 白橋 顕彦, 入江 慎一郎, 鈴宮 淳司, 勝屋 弘雄, 高松 泰, 石塚 賢治, 溝口 幹朗, 竹下 盛重, 久野 敏, 田村 和夫 .  肉眼的血尿が診断のきっかけとなったintravascular lymphomaの一例 .  臨床血液  2008年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 中島 勇太, 正木 充生, 猪狩 洋介, 北井 良和, 茂木 愛, 後藤 敏孝, 田中 俊裕, 熊川 みどり, 石塚 賢治, 高松 泰 .  筋肉内出血に伴う出血性ショックをきたした真性赤血球増加症の2例 .  臨床血液  2016年6月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 白濱 重敏, 木村 暢宏, 一瀬 一郎, 高松 泰, 熊川 みどり, 鈴木 恵子, 石塚 賢治, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  皮膚ATLのIFNγ療法におけるATLとCD8クローンの動態 .  臨床血液  2002年8月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 小倉 玄睦, 津川 潤, 米良 英和, 緒方 利安, 深江 治郎, 坪井 義夫, 石塚 賢治 .  特発性血小板減少性紫斑病の経過中に両側バリズムが出現した1例 .  臨床神経学  2015年7月  (一社)日本神経学会

  • 竹内 昇吾, 宇都宮 與, 高塚 祥芝, 牧野 虎彦, 石塚 賢治, 魚住 公治, 花田 修一, 有馬 暉勝, 野村 紘一郎 .  消化管原発Granulocytic Sarcomaから急性骨髄性白血病に進展後,緩解期に同種骨髄移植を施行した1例 .  臨床血液  2000年10月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 高口 綾依, 山口 凌, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 マツカゼソウについて .  日本薬学会年会要旨集  2015年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 松田 菜瑠美, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 ヘンルーダ根について .  日本薬学会年会要旨集  2013年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 上川 美緒, 松田 迪香, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 バンレイシ・ギュウシンリについて .  日本生薬学会年会講演要旨集  2015年8月  (一社)日本生薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 石原 まどか, 日下部 兼一郎, 佐藤 文, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 ニオイヒバについて .  日本薬学会年会要旨集  2016年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 高島 麻那, 有馬 理恵, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 トウワタについて .  日本薬学会年会要旨集  2014年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 池田 瑞季, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 ツルモウリンカ地上部について .  日本薬学会年会要旨集  2013年3月  (公社)日本薬学会

  • 中野 大輔, 石塚 賢治, 山口 凌, 日下部 兼一郎, 石原 まどか, 土橋 良太, 大川 雅史, 田村 和夫, 金城 順英 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 シナアブラギリについて .  日本生薬学会年会講演要旨集  2016年8月  (一社)日本生薬学会

  • 中野 大輔, 松田 迪香, 上川 美緒, 土橋 良太, 大川 雅史, 金城 順英, 石塚 賢治, 工並 直子, 勝屋 弘雄, 田村 和夫, 池田 剛, 野原 稔弘 .  植物由来抗腫瘍活性成分の臨床応用のための探索的研究 Withanolidesの構造活性相関について .  日本薬学会年会要旨集  2012年3月  (公社)日本薬学会

  • 石塚 賢治, 太田 雅嗣, 松井 利充, 原田 芳巳, 村山 徹, 田村 和夫, 森 眞由美 .  本邦における高齢者白血病、悪性リンパ腫の実態 高齢者血液腫瘍研究会全数調査解析 .  臨床血液  2007年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • Imaizumi Yoshitaka, Iwanaga Masako, Nosaka Kisato, Ito Shigeki, Ishitsuka Kenji, Utsunomiya Atae, Tokura Yoshiki, Tomoyose Takeaki, Shimoda Kazuya, Tobinai Kensei, Watanabe Toshiki, Uchimaru Kaoru, Tsukasaki Kunihiro .  本邦における予後と治療介入に関するATLの全国調査(Nationwide survey of ATL in Japan on the prognosis and therapeutic interventions) .  臨床血液  2016年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • Uozumi Kimiharu, Ishida Takashi, Jo Tatsuro, Suzushima Hitoshi, Takemoto Shigeki, Yamamoto Kazuhito, Uike Naokuni, Saburi Yoshio, Nosaka Kisato, Utsunomiya Atae, Tobinai Kensei, Fujiwara Hiroshi, Ishitsuka Kenji, Yoshida Shinichiro, Taira Naoya, Moriuchi Yukiyoshi, Imada Kazunori, Miyamoto Toshihiro, Tsukasaki Kunihiro, Tomonaga Masao, Ueda Ryuzo .  未治療侵襲性ATLにおいてmLSG15+mogamulizumabとmLSG15単剤を比較した無作為化第II相試験(Randomized phase II study of mLSG15 plus mogamulizumab vs mLSG15 alone for untreated, aggressive ATL) .  臨床血液  2013年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • Nosaka Kisato, Iwanaga Masako, Ishizawa Kenichi, Ishida Yoji, Uchimaru Kaoru, Ishitsuka Kenji, Amano Masahiro, Ishida Takashi, Imaizumi Yoshitaka, Uike Naokuni, Utsunomiya Atae, Ohshima Koichi, Kawai Kazuhiro, Tanaka Junji, Tokura Yoshiki, Tobinai Kensei, Watanabe Toshiki, Tsukasaki Kunihiro, The Japan ATL Survey Study Group .  日本における成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)患者の全国調査 2010〜2011年(A nationwide survey of patients with adult T cell leukemia/lymphoma(ATL) in Japan: 2010-2011) .  臨床血液  2014年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 石塚 賢治 .  成人T細胞白血病細胞のHML-1反応性 .  日本網内系学会会誌  1990年4月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 吉満 誠, 石塚 賢治 .  成人T細胞白血病・リンパ腫の治療の現状と新たな試み 成人T細胞白血病リンパ腫に対する免疫チェックポイント療法の開発 .  国立病院総合医学会講演抄録集  2016年11月  国立病院総合医学会

  • Ishitsuka Kenji, Ishikawa Chie, Kunami Naoko, Katsuya Hiroo, Yotsumoto Fusanori, Sawada Shigeki, Tanji Hiroe, Takeshita Morishige, Miyamoto Shingo, Mori Naoki, Tamura Kazuo .  成人T細胞白血病/リンパ腫の治療のためのBcl-2ファミリー蛋白質の標的化(Targeting Bcl-2 family proteins for the treatment of adult T-cell leukemia/lymphoma) .  臨床血液  2010年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 魚住 公治, 大納 伸人, 竹下 武承, 石塚 賢治, 高塚 祥芝, 鈴木 紳介, 竹内 昇吾, 中野 聡子, 下高原 茂巳, 中原 勝志 .  成人T細胞白血病(ATL)患者家族のキャリアは,一般のキャリアよりもATLを発症しやすい .  臨床血液  1999年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 大納 伸人, 鈴木 紳介, 石塚 賢治, 中原 勝志, 魚住 公治, 花田 修一, 有馬 暉勝, 秋山 伸一 .  成人T細胞白血病(ATL)での多剤耐性関連蛋白(MRP)の発現とその克服 .  臨床血液  1999年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 大納 伸人, 鈴木 紳介, 石塚 賢治, 中原 勝志, 魚住 公治, 花田 修一, 有馬 暉勝, 秋山 伸一 .  成人T細胞白血病(ATL)でのlung resistance-related protein(LRP)の発現 .  臨床血液  2000年10月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 三橋 泰仁, 桃崎 征也, 石塚 賢治, 中川 尚志, 竹下 盛重 .  成人T細胞性白血病/リンパ腫におけるC-MYCの解析 .  日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

  • Katsuya Hiroo, Shimokawa Mototsugu, Ishitsuka Kenji, Kawai Kazuhiro, Amano Masahiro, Utsunomiya Atae, Hino Ryosuke, Hanada Shuichi, Jo Tatsuro, Tsukasaki Kunihiro, Suzumiya Junji, Tamura Kazuo .  慢性およびくすぶり型成人T細胞白血病/リンパ腫に対する予後指標(Prognostic index for chronic and smoldering type adult T-cell leukemia/lymphoma) .  臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 勝屋 弘雄, 山中 竹春, 石塚 賢治, 宇都宮 與, 花田 修一, 衛藤 徹也, 森内 幸美, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  急性・リンパ腫型ATLの予後因子モデル .  日本内科学会雑誌  2012年2月  (一社)日本内科学会

  • 松下 格司, 浦田 正和, 小玉 哲史, 長谷 純子, 落合 美智子, 長瀧 恵, 岩坪 笑, 満尾 明恵, 石塚 賢治, 鹿児島大学病院緩和ケアセンター緩和ケアチーム .  当院における緩和ケアチームが介入した血液腫瘍患者の依頼内容と介入結果 .  Palliative Care Research  2016年6月  (NPO)日本緩和医療学会

  • 尾畑 由美子, 若松 信一, 鈴木 恵子, 高松 泰, 石塚 賢治, 一瀬 一郎, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  当科における不明熱35症例に対する検討 .  臨床血液  2007年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 山口 隆広, 久保田 由美子, 中山 樹一郎, 石塚 賢治, 田村 和夫 .  巨赤芽球性貧血を合併した色素異常症を疑った1例 .  西日本皮膚科  2008年2月  日本皮膚科学会-西部支部

  • 山口 隆広, 久保田 由美子, 中山 樹一郎, 石塚 賢治, 田村 和夫 .  巨赤芽球性貧血を合併した色素異常症を疑った1例 .  日本皮膚科学会雑誌  2007年10月  (公社)日本皮膚科学会

  • 島 晃大, 鎌田 勇平, 保坂 加奈子, 田淵 智久, 有馬 直佑, 藤野 聡司, 井上 大栄, 濱田 平一郎, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  多発末梢性神経障害による歩行障害で発症した頸椎形質細胞腫を伴うPOEMS症候群 .  臨床血液  2016年6月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 益田 加奈子, 秋元 正樹, 吉満 誠, 石塚 賢治 .  多発性筋炎・皮膚筋炎 強皮症、関節リウマチ合併の多発性筋炎に対しトシリズマブが有効であった1例 .  日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2016年3月  (一社)日本リウマチ学会

  • 角田 和之, 角田 雄一, 川本 研一郎, 竹下 盛重, 石塚 賢治, 田村 和夫 .  原発性前立腺悪性リンパ腫の一例(MALT type) .  西日本泌尿器科  2008年2月  西日本泌尿器科学会

  • 牧野 虎彦, 宇都宮 與, 竹内 昇吾, 高塚 祥芝, 石塚 賢治, 魚住 公治, 有馬 暉勝, 木村 暢宏 .  原因不明のTリンパ球増多症の1例 .  臨床血液  2000年10月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • Kato Harumi, Karube Kennosuke, Yamamoto Kazuhito, Takizawa Jun, Tsuzuki Shinobu, Katayama Miyuki, Kanda Teru, Yatabe Yasushi, Ozawa Yukiyasu, Ishitsuka Kenji, Okamoto Masataka, Kinoshita Tomohiro, Oshima Koichi, Nakamura Shigeo, Morishima Yasuo, Seto Masao .  加齢関連EBLPDの発現解析から明らかとなった特徴的な発癌経路における変化(Expression analysis of age-related EBLPD uncovers alterations in characteristic oncogenetic pathways) .  臨床血液  2012年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 中原 勝志, 石塚 賢治, 鈴木 紳介, 下高原 茂巳, 魚住 公治, 花田 修一, 有馬 暉勝 .  剖検によりglioblastomaの合併が明らかとなった急性型ATLの1例 .  臨床血液  1998年10月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 工並 直子, 藤田 愛, 勝屋 弘雄, 佐々木 秀法, 若松 信一, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫, 鍋島 一樹 .  前腕軟部組織に生じたExtranodal NK/T-cell lymphoma .  日本リンパ網内系学会会誌  2008年5月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • Shimoji Sonoko, Kato Koji, Ishitsuka Kenji, Kuriyama Takuro, Nishida Ruriko, Takenaka Katsuto, Iwasaki Hiromi, Miyamoto Toshihiro, Teshima Takanori, Akashi Koichi .  分類不能型免疫不全患者における同種SCTによる治療の成功(Successful treatment of allogeneic SCT in a patient with common variable immunodeficiency) .  臨床血液  2013年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 石塚 賢治, 石田 高司 .  分子標的療法とコンパニオン診断 ATLに対する分子標的療法のコンパニオン診断(CCR4) .  日本検査血液学会雑誌  2014年6月  (一社)日本検査血液学会

  • Utsunomiya Atae, Ishitsuka Kenji, Katsuya Hiroo, Takeuchi Shogo, Takatsuka Yoshifusa, Hidaka Michihiro, Sakai Tatsunori, Ishida Takashi, Yoshimitsu Makoto, Tamura Kazuo .  再発性または難治性侵攻性ATL患者におけるbortezomibの第II相試験(A phase II study of bortezomib in patients with relapsed or refractory aggressive ATL) .  臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 高松 泰, 佐々木 秀法, 若松 信一, 片寄 恵子, 石塚 賢治, 木村 暢宏, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  再発・進行性の低悪性度B細胞リンパ腫に対するクラドリビン療法 .  日本リンパ網内系学会会誌  2008年5月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 白橋 顕彦, 若松 信一, 石塚 賢治, 高松 泰, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  再発、難治性非ホジキンリンパ腫に対するCDE11療法 .  臨床血液  2006年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 白橋 顕彦, 鈴宮 淳司, 石津 昌直, 白濱 重敏, 若松 信一, 鈴木 恵子, 石塚 賢治, 長野 光之, 高松 泰, 田村 和夫 .  再発,治療抵抗性非ホジキンリンパ腫に対するCDE11(CBDCA,DEXA,VP-16,CPT-11)療法 .  臨床血液  2002年8月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 津川 潤, 坪井 義夫, 井上 展聡, 馬場 康彦, 山田 達夫, 工並 直子, 石塚 賢治, 田村 和夫 .  円錐上部症候群で発症した血管内悪性リンパ腫 .  臨床神経学  2009年4月  (一社)日本神経学会

  • 河合 智聡, 勝屋 弘雄, 猪狩 洋介, 正木 充生, 村橋 睦了, 後藤 敏孝, 白橋 顕彦, 田中 俊裕, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫 .  中枢神経原発悪性リンパ腫の治療成績 単施設後方視的解析 .  日本リンパ網内系学会会誌  2014年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 佐々木 秀法, 石川 崇彦, 高田 徹, 後藤 敏孝, 勝屋 弘雄, 鎌田 裕之, 益山 紫鶴, 白橋 顕彦, 鈴木 恵子, 若松 信一, 石塚 賢治, 高松 泰, 木村 暢宏, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  ミカファンギン投与中に増悪した肺真菌症に対し、ボリコナゾールが奏効した急性骨髄性白血病の一例 .  臨床血液  2007年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 中島 勇太, 堤 光太郎, 猪狩 洋介, 勝屋 弘雄, 石津 昌直, 田中 俊裕, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫, 竹下 盛重 .  ホジキンリンパ腫の治療後早期に血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫となった1例 .  臨床血液  2012年2月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • Katsuya Hiroo, Kunami Naoko, Ishitsuka Kenji, Tamura Kazuo .  ベンダムスチンは骨髄腫細胞株の増殖を阻害する(Bendamustine inhibits growth of myeloma cell lines) .  臨床血液  2010年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 石塚 賢治 .  クリプトコッカス髄膜炎,真菌性食道炎,壊死性網膜炎を併発したくすぶり型ATLの1症例 .  九州血液研究同好会誌  1989年12月  九州血液研究同好会

  • 米倉 健太郎, 神崎 保, 宇都宮 與, 高塚 祥芝, 竹内 昇吾, 徳永 雅仁, 窪田 歩, 河井 一浩, 内田 洋平, 金蔵 拓郎, 石塚 賢治 .  くすぶり型ATLの予後因子としての皮膚病変について .  西日本皮膚科  2012年10月  日本皮膚科学会-西部支部

  • 内藤 淑子, 工並 直子, 後藤 敏孝, 猪狩 洋介, 茂木 愛, 勝屋 弘雄, 田中 俊裕, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫 .  がん患者の苦痛に対する調査研究 .  日本内科学会雑誌  2013年2月  (一社)日本内科学会

  • 内藤 淑子, 中島 勇太, 佐藤 栄一, 正木 充生, 猪狩 洋介, 後藤 敏孝, 田中 俊裕, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫 .  がん患者の自己記入式による高齢者総合的機能評価(Comprehensive Geriatric Assessment, CGA)の検討 .  日本内科学会雑誌  2014年2月  (一社)日本内科学会

  • 北岡 朋子, 鬼窪 利英, 真島 宏太, 緒方 憲太郎, 石塚 賢治, 原 周司, 二神 幸次郎, 飛野 幸子 .  がん化学療法における腫瘍崩壊症候群のマネージメント .  日本薬学会年会要旨集  2007年3月  (公社)日本薬学会

  • Ishitsuka Kenji .  WHO分類の新時代における悪性リンパ腫の分子不均一性と標的化治療 ATLの治療における進歩(Molecular heterogeneity and target therapies of malignant lymphoma in new WHO classification era Progress in the management of ATL) .  臨床血液  2016年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 工並 直子, 深見 達弥, 四元 房典, 讃井 絢子, 石塚 賢治, 田村 和夫, 黒木 政秀, 宮本 新吾 .  T細胞性リンパ性白血病におけるHB-EGF特異的抑制剤CRM197の抗腫瘍効果(Anti-tumor effect of CRM197, a specific inhibitor for HB-EGF, in T lymphoblastic leukemia) .  日本癌学会総会記事  2009年8月  (一社)日本癌学会

  • 石塚 賢治 .  T/NK細胞腫瘍 診療と研究の新たな展開 Indolent ATL 診療の現状と今後の課題 .  日本リンパ網内系学会会誌  2011年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 安井 寛, 秀島 輝, 石塚 賢治, 浜崎 慎, Brinkmann Volker, 篠村 恭久, 今井 浩三, Anderson Kenneth C. .  sphingosine analog FTY720による多発性骨髄腫細胞に対するアポトーシス誘導の解析(FTY720 Induces Apoptosis in Multiple Myeloma Cells and Overcomes Drug Resistance) .  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  2005年9月  日本臨床血液学会

  • 勝屋 弘雄, 高松 泰, 佐々木 秀法, 石津 昌直, 石塚 賢治, 鈴宮 淳司, 田村 和夫 .  Rituximab併用化学療法中に発症した急性肺障害の検討 .  日本リンパ網内系学会会誌  2009年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 安井 寛, 秀島 輝, 浜崎 慎, Ishitsuka Kenji, Leoni Lorenzo M., 篠村 恭久, 今井 浩三, Anderson Kenneth C. .  R-etodolacによる多発性骨髄腫細胞に対するアポトーシス誘導とデキサメサゾン抗腫瘍効果の増強 .  日本癌学会総会記事  2005年9月  (一社)日本癌学会

  • 津川 潤, 木村 聡, 合馬 慎二, 深江 治郎, 坪井 義夫, 石塚 賢治, 高松 泰 .  POEMS症候群における神経伝導検査と神経超音波検査に関する検討 .  臨床神経学  2014年12月  (一社)日本神経学会

  • 深江 治郎, 真島 久, 緒方 利安, 石塚 賢治, 正木 充, 田村 和夫, 坪井 義夫 .  HTLV-1関連脊髄症の加療中に成人T細胞白血病を合併した症例 .  神経免疫学  2014年9月  日本神経免疫学会

  • 深江 治郎, 真島 久, 緒方 利安, 石塚 賢治, 正木 充, 田村 和夫, 坪井 義夫 .  HTLV-1関連脊髄症の加療中に成人T細胞白血病を合併した症例 .  NEUROINFECTION  2014年8月  日本神経感染症学会

  • 横田 俊, 長部 誠, 頭金 正博, 石塚 賢治, 石田 高司, 伊藤 旭, 李 政樹, 飯田 真介, 植田 龍三 .  HLA-DRB1遺伝子解析手法における既報の方法との比較・検討 .  日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2015年12月  (公社)日本生化学会

  • 野々熊 真也, 桑原 康雄, 高野 浩一, 吉満 研吾, 石塚 賢治, 田村 和夫 .  FDG-PET/CTを用いた悪性リンパ腫における局所脳糖代謝異常の検討 .  核医学  2012年5月  (一社)日本核医学会

  • 工並 直子, 石塚 賢治, 四元 房典, 石川 千恵, 勝屋 弘雄, 澤田 茂樹, 丹治 弘江, 竹下 盛重, 森 直樹, 宮本 新吾, 黒木 政秀, 田村 和夫 .  Bcl-2蛋白を標的とする成人T細胞性白血病/リンパ腫治療の可能性(Targeting Bcl-2 family proteins in adult T-cell leukemia/lymphoma) .  日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

  • 工並 直子, 石塚 賢治, 四元 房典, 石川 知恵, 勝屋 弘雄, 澤田 茂樹, 丹治 弘江, 竹下 盛重, 森 直樹, 宮本 新吾, 黒木 政秀, 田村 和夫 .  Bcl-2蛋白を標的とする成人T細胞性白血病/リンパ腫治療の可能性 .  日本リンパ網内系学会会誌  2011年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 石塚 賢治 .  bcl-2蛋白やFas抗原の発現とATLの臨床病型は関連がない .  日本癌学会総会記事  1995年9月  (一社)日本癌学会

  • 石塚 賢治, 勝屋 弘雄, 工並 直子, 藤田 愛, 豊田 知名, 佐々木 秀法, 石津 昌直, 高松 泰, 田村 和夫 .  AZT/IFN療法は再発・難治性成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)に対し有効か? .  日本リンパ網内系学会会誌  2009年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • 石塚 賢治 .  ATL診療の最前線と未来 .  日本検査血液学会雑誌  2016年7月  (一社)日本検査血液学会

  • 石塚 賢治 .  ATL治療はまだまだ変わる .  日本リンパ網内系学会会誌  2015年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

  • Kamada Yuhei, Kuroki Ayako, Shima Koudai, Arima Naosuke, Fujino Satoshi, Inoue Hirosaka, Hamada Hei-ichirou, Suzuki Shinsuke, Matsushita Kakushi, Yoshimitsu Makoto, Ishitsuka Kenji .  ATLに対する同種SCT後の制御性T細胞とGVHDのリスクに対するmogamulizumabの影響(Regulatory T cell and the impact of mogamulizumab upon the risk of GVHD after allogeneic SCT for ATL) .  臨床血液  2016年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 石田 高司, 崔 日承, 宇都宮 與, 今泉 芳孝, 野坂 生郷, 佐分利 能生, 城 達郎, 石塚 賢治, 谷口 広明, 日高 道弘, 伊藤 旭, 楠本 茂, 上田 龍三 .  ATLに対するモガムリズマブ治療 MIMOGA study 中間解析 .  日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

  • Ito Asahi, Choi Ilseung, Utsunomiya Atae, Imaizumi Yoshitaka, Nosaka Kisato, Miyazaki Yasuhiko, Jo Tatsuro, Ishitsuka Kenji, Moriuchi Yukiyoshi, Hidaka Michihiro, Kusumoto Shigeru, Ueda Ryuzo, Ishida Takashi .  ATLに対するmogamulizumab MIMOGA試験の中間報告(Mogamulizumab for ATL: interim report of the MIMOGA study) .  臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 石塚 賢治 .  ATLにおけるbcl-2蛋白の発現 .  International Journal of Hematology  1994年4月  (一社)日本血液学会

  • 石塚 賢治 .  ATLにおけるbcl-2蛋白とFas抗原の発現 .  日本癌学会総会記事  1994年10月  (一社)日本癌学会

  • 石塚 賢治 .  ATL ATLに対する新規治療の開発 .  日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集  2016年5月  (一社)日本皮膚悪性腫瘍学会

  • 石塚 賢治 .  Arsenic trioxideによる成人T細胞白血病治療の可能性 .  International Journal of Hematology  1998年4月  (一社)日本血液学会

  • 前田 俊樹, 堤 光太郎, 石津 昌直, 佐々木 秀法, 石塚 賢治, 高松 泰, 田村 和夫 .  acute lysis pneumopathyをきたした急性単球性白血病の一例 .  臨床血液  2009年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 成人T細胞リンパ腫・白血病(以下、ATL)における腫瘍免疫関連分子に関する研究

    2019年7月 - 現在

    民間企業  国内共同研究 

  • 再発又は難治性の成人T細胞白血病・リンパ腫に対するニボルマブの第Ⅱ相医師主導治験

    2017年9月 - 現在

    民間企業  国内共同研究 

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫に対する抗アポトーシス蛋白を標的とする新規治療開発

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ヒトとウイルスのゲノム情報と臨床情報の統合によるHTLV-1関連疾患の診療支援全国ネットワークの確立

    2016年9月 - 現在

    日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発  日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 未治療CCR4陽性高齢者ATLに対する モガムリズマブ併用CHOP-14の第Ⅱ相試験

    2015年10月 - 現在

    民間企業  国内共同研究 

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)に対する新規治療を開発する医師主導治験

    2014年9月 - 現在

    日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 成人T細胞白血病リンパ腫に対するインターフェロンαとジドブジン併用療法の有用性の検証

    2014年9月 - 現在

    日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • HTLV-1疫学研究及び検査法の標準化に関する研究

    2014年4月 - 現在

    日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ボルテゾミブによる成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)救援療法の医師主導治験

    2011年4月 - 2014年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 鹿児島県医師会 理事

    2020年6月 - 現在

  • 鹿児島県感染症発生動向調査企画委員会委員

    役割:助言・指導

    鹿児島県  2016年4月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 行政機関