2022/09/02 更新

写真a

サカタ ケイイチ
坂田 桂一
SAKATA Keiichi
所属
法文教育学域教育学系 教育学部 学校教育教員養成課程(技術教育) 講師
職名
講師

学位

  • 博士(教育学) ( 2015年3月   東京学芸大学 )

研究キーワード

  • 技能

  • 工業教育

  • 技術教育

研究分野

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学  / 技術科教育

学歴

  • 東京学芸大学   生活・技術系教育講座

    2012年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 千葉大学   技術教育専攻

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 千葉大学   中学校教員養成課程技術科教育分野

    2004年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   法文教育学域教育学系 教育学部 学校教育教員養成課程(技術教育)   講師

    2015年10月 - 現在

所属学協会

  • 日本職業教育学会

    2013年2月 - 現在

  • 日本産業技術教育学会

    2012年8月 - 現在

  • 技術教育研究会

    2008年9月 - 現在

取得資格

  • 中学校教諭専修免許

 

論文

  • 木下 龍, 依田 実, 坂田 桂一 .  船橋市立中学校におけるものづくりに関わる部活動のオンライン交流 .  千葉大学教育学部研究紀要 = Bulletin of The Faculty of Education, Chiba University70   191 - 196   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:千葉大学教育学部  

    type:text
    [要約] 本論文は,千葉県船橋市の公立中学校におけるものづくりに関わる部活動がオンラインで交流した教育実践記録である。船橋市では,2021年7月29日に,「中学生ものづくり@オンライン in 船橋」と題して,「コロナ禍でもできる,ものづくりの交流」をテーマに,市内公立中学校5校10部活が,オンラインで活動内容や製作物についての交流をオンラインで行った。その結果,生徒たちは,同じものづくりに取り組む生徒たちとの交流に参加する中で,ものづくりに関する興味をさらに高めるとともに,自分たちの活動を振り返り,時に刺激と共感を得ながら,情報を共有することの大切さや次の活動への意欲を高めることができた。また,顧問教員にとっても,他校や他分野の活動を参考に,活動の幅を広げる契機となるとともに,こうした交流の中で教員の想定を越えて成長する生徒たちの姿をみとることができる機会となった。

    DOI: 10.20776/s13482084-70-p191

    CiNii Books

  • 坂田, 桂一, 稲森, 龍一 .  教材開発における高校工業科教師の力量形成に関する事例研究 .  鹿児島大学教育学部研究紀要. 教育科学編 = Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Studies in education73   29 - 43   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学  

    教材研究・開発に関わる力量は、その教科における教師の専門的力量において重要な位置づけにある。本研究はそうした教師の力量形成の中でも、これまで着目されることの少ない高校工業科の教師に焦点をあてた。その上で本研究は、高校工業科における教師の教材研究・開発と展開の過程を中心としたライフストーリーを明らかにする中で、その教材研究・開発を支えた要因や教師の力量形成について検討を試みることを目的とした。本研究はその教材として稲森龍一が開発した教材用スターリングエンジンに着目した。検討の結果、稲森による教材用スターリングエンジンの開発、研究の過程は偶然性や同僚性及び他者との関係性に支えられていた。加えてそれを可能とした、授業づくりへの反省的な態度と生徒の実態を把握する力量、他者への敬意、その過程の中で高められた専門的知識や技能、教育的意図と計画性といった教師の力量がその要因としてあったと考えられた。

  • 岩元悟大, 坂田桂一 .  ものづくりの魅力に関するインタビュー手法の考案 .  日本産業技術教育学会九州支部論集29   19 - 26   2022年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 坂田 桂一 .  技術科教育における技能に関する教育的価値の二側面 .  技術教育研究 = Research journal of technology education ( 80 ) 62 - 69   2021年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:技術教育研究会  

    CiNii Books

  • 瀬戸房子,坂田桂一 .  マスク形状保持具の提案と評価 .  鹿児島大学教育学部研究紀要. 自然科学編72   13 - 20   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 坂田 桂一 .  技術科教員養成における体験をもとにした授業研究の方法 : 技能教授を目標とした授業を対象として .  鹿児島大学教育学部研究紀要. 教育科学編 = Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Studies in education ( 71 ) 27 - 38   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島大学  

    今日、社会が複雑さを増し、教育への要求が多様化する中で、専門家教育としての教師教育及び教員養成の必要性が増している。そのような中で実践的な事例研究(ケースメソッド)としての授業研究は、教師の専門職性を向上させる上で重要である。本研究は、技術科教員養成における授業研究の方法の一つとして実践記録の読み解きと授業の擬似的体験をもとにしたアプローチを提案する。より具体的には対象となる中学校技術科の教育実践の教授・学習過程とほぼ同様の体験と学習を行わせた上で、当該実践の評価を行わせた。その上で本研究は、その評価に関する記述を質的に分析することを通してこの授業研究の方法の教育効果について検討した。その結果、学生らによる当該実践への評価は、「教師の指導やその意図に関する評価」「教材・教具に関する評価」「学習方法や学習内容に関する評価」「改善点に関する評価」といった4点に関わって記述されていた。またそれらの評価は学生らが体験の中で得た発見や実践記録への共感に関連づけながら記されていた。これらの結果や技術科教員養成の現在の課題と照らし合わせた上で、授業研究の方法の一部としての疑似体験は、技術科の教員養成の中でも技能を教授する授業を研究するにあたって有効な手立てとなると考えられた。

    CiNii Books

  • 坂田桂一 .  技術科教員養成における技能教授を目的とした映像教材の製作課題 .  鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編70   55 - 66   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:鹿児島大学教育学部  

    技術科における技能教授のための教材開発に関わる力量形成を目的として、技術科の教育方法に関わる演習型の授業で技能教授を目的とした映像教材の製作課題に取り組ませた。
    上記の課題に取り組んだ学生らによる記述類や教材を分析した結果、教育目標となる技能の選定や教授内容の分析、生徒への伝わりやすさに注意をした表現の工夫、教授内容の配列への工夫といった点において、技術科における技能教授のための教材開発に関わる力量形成に資する学びを展開していたことが明らかとなった。

  • 坂田 桂一, 長谷川雅康 .  工業高校建築科における実験及び実習の変化とその要因 .  鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要27   125 - 134   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学教育学部附属教育実践総合センター  

  • 巻口真子,木下龍,坂田桂一 .  小学生のものづくりにおける豊かな失敗観の育成をめざしたストローブリッジ・コンテストの教材開発 .  千葉大学教育学部研究紀要66 ( 2 ) 233 - 238   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:千葉大学教育学部  

  • 坂田桂一,長谷川雅康 .  工業高校における工業基礎・工業技術基礎の変遷と課題 .  鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編,69   71 - 100   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学教育学部  

  • 坂田桂一,木下龍 .  技術科教員養成における木材加工の技能教授のための教材「キューブパズル」 の開発 .  日本産業技術教育学会 九州支部論集25   109 - 115   2018年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本産業技術教育学会九州支部  

  • 坂田桂一 .  工業高校における実習教育の変遷-建築科・土木科実習内容の変化の特徴- .  工業教育53 ( 4 ) 52 - 55   2017年7月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:全国工業高等学校長協会  

  • 坂田桂一 .  学習指導要領案における「材料と加工の技術」の特徴とその変化 .  技術と教育521   2 - 3   2017年5月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:技術教育研究会  

  • 坂田桂一,瀬戸房子 .  教材としての養蚕の意義と方法についての検討 .  鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編,68   59 - 70   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学教育学部  

  • 鶴岡佑実子,木下龍,坂田桂一 .  小学生ののこぎりによる切削技能の発達過程 .  千葉大学教育学部研究紀要64   287 - 293   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:千葉大学教育学部  

  • 深川和良,藤﨑俊博,坂田桂一,本多満正 .  中学校技術科における治具類を用いた金属加工の実践的研究 .  鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編,67   45 - 53   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学教育学部  

  • 深川和良,藤﨑俊博,坂田桂一,本多満正 .  中学校技術科における実態に見合う金属加工の教材開発 .  日本産業技術教育学会 九州支部論集23   99 - 104   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本産業技術教育学会九州支部  

  • 坂田桂一 .  技能教授を重視した技術科教師の教育目的の形成過程 .  学校教育学研究論集 ( 30 ) 131 - 144   2014年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科  

  • 坂田桂一,大河内信夫,木下龍 .  中学校技術科の教育実践にみる技能教授の非客観的内容の役割 .  産業教育学研究44 ( 1 ) 39 - 46   2014年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本産業教育学会  

  • 尾高進、木下龍、小嶋晃一、小林志希男、坂田桂一、高岩千尋、直江貞夫、依田有弘 .  技術教育における原発の授業では何を教育目標とするか .  技術教育研究 ( 72 ) 54 - 61   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:技術教育研究会  

  • 木下龍,西川諒,坂田桂一 .  全国公立中学校の技術・家庭科(技術分野)における専任教員の他校「兼務」の実施状況 .  技術教育研究 ( 72 ) 70 - 77   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:技術教育研究会  

  • 丸山剛史、釜田史、山本朗登・坂田桂一 .  教育課程審議会史に関する基礎的研究(1)-教育課程審議会議事録・関係資料目録(稿)(その1)- .  研究論叢 ( 19 ) 17 - 24   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学教育学会  

  • 丸山剛史、釜田史、山本朗登・坂田桂一 .  教育課程審議会史に関する基礎的研究(2)-教育課程審議会議事録・関係資料目録(稿)(その2)- .  研究論叢 ( 19 ) 25 - 32   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学教育学会  

  • 尾高進、木下龍、直江貞夫、坂田桂一 .  中学校技術科の教科書および副読本における原発問題の位置づけ .  技術教育研究 ( 71 ) 2 - 10   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:技術教育研究会  

▼全件表示

MISC

  • 子ども・青年の発達と技術・職業教育分科会の歴史をひもとく 招待

    坂田桂一

    技術と教育   ( 577 )   7 - 10   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • E分科会 討議のまとめ 子ども・青年の発達と技術・職業教育

    坂田桂一, 直江貞夫, 平舘善明

    技術と教育   ( 575 )   1 - 2   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  • A分科会 討議のまとめ 小学校・中学校の技術教育

    坂田桂一, 浅沼公博, 井川大介, 木下龍

    技術と教育   ( 574 )   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  • 問題別分科会E 子ども・青年の発達と技術・職業教育

    坂田桂一, 直江貞夫, 平舘善明

    技術と教育   ( 573 )   11   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 内容別分科会A 小学校・中学校の技術教育

    坂田桂一, 浅沼公博, 井川大介, 木下龍

    技術と教育   ( 573 )   6 - 8   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  • 視点 技術科の新教科書をどう読んだか

    坂田桂一

    技術と教育   ( 572 )   1   2021年8月

  • 『新創る』の第Ⅰ部第1章を学生はこう読んだ 招待

    坂田桂一

    技術と教育   ( 568 )   2021年4月

  • 子ども・青年のリアルな姿から発達と技術・職業教育を語る

    坂田桂一

    技術と教育   ( 560 )   12   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 教育実践を綴り、教師がつながる

    坂田桂一

    技術と教育   ( 560 )   5 - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高校工業科における技能の“自信”とその意義 招待

    坂田桂一

    技術と教育   ( 557 )   6 - 9   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 技教研で学んで 招待

    坂田桂一

    技術と教育   ( 553 )   2020年1月

  • 学生が変わるとき 招待

    坂田桂一

    技術と教育   ( 547 )   10 - 11   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 奄美大島におけるプログラミング教育の試行とその考察 招待

    坂田桂一

    平成30年度「地域IoT実装推進事業」「奄美大島の魅力を地元の小学生が発信するプログラミング教育」報告書   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 地域の技術見学会:韮山反射炉の見学

    坂田桂一

    技術と教育   ( 第513号 )   12   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:技術教育研究会  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 森健太郎, 坂田桂一, 山口隼人, 土屋雅宏, 寺床勝也, 深川和良, 浅野陽樹 .  中学校技術科における生徒の主体性を重視した情報セキュリティの授業開発 .  日本作業技術教育学会 第65回全国大会(広島)  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岩元悟大;坂田桂一 .  ものづくりの魅力に関するインタビュー手法の開発 .  日本産業技術教育学会第34回九州支部大会(オンライン)  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語  

  • 坂田桂一 .  高等学校工業科の建築に関する学科における実験・実習の変遷 .  日本産業教育学会第57回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 坂田桂一,長谷川雅康 .  高等学校工業科の土木に関する学科における実験・実習の変遷 .  日本産業技術教育学会第29回九州支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 坂田桂一,木下龍 .  技術科教員養成における相互評価を意図した木材加工の技能教授教材 .  日本産業技術教育学会第58回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 坂田桂一 .  中学校技術科教育における技能教授を重視した授業の形成過程と教育目的の関連 .  日本産業教育学会第54回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 坂田桂一,大河内信夫,木下龍 .  技能教授を重視した技術科の授業にみる「かんな削り」の教育目標の特徴 .  日本産業技術教育学会第24回関東支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 坂田桂一 .  技術科教育における技能教授の目標に関する事例研究 .  日本産業技術教育学会第54回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

知的財産権

  • マスク形状保持具

    瀬戸房子, 坂田桂一

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 鹿児島大学

    出願番号:特願2020012484  出願日:2020年6月

    特許番号/登録番号:特許1686721  登録日:2021年5月  発行日:2021年5月

    権利者:国立大学法人 鹿児島大学

  • マスク形状保持具

    瀬戸房子, 坂田桂一

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 鹿児島大学

    出願番号:特願2020012485  出願日:2020年6月

    特許番号/登録番号:特許1682790  登録日:2021年3月  発行日:2021年3月

    権利者:国立大学法人 鹿児島大学

共同研究・競争的資金等の研究

  • ライフストーリー的アプローチに基づく技術教育に関わる教師の力量形成

    研究課題/領域番号:21K13577  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    坂田 桂一

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

  • 奄美大島の魅力を地元の小学生が発信するプログラミング教育の研究

    2019年1月 - 2019年2月

    民間企業  学内共同研究 

    濱田 眞民、中武貞文

      詳細を見る

    自然や観光情報などの地元の魅力についてWEB上に発信させる活動を通して、子どもたちにプログラミングに関する思考や能力を身につけさせることを意図した教育プログラムの開発及び評価を行うことを目的とする。また、そうした教育を行うために必要な教育条件について検討する。

  • 技能教授のための力量形成を図る技術科教員養成の研究

    2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    本研究の目的は、中学校技術・家庭科技術分野(以下技術科と略記)における教員養成のため の技能教授に関する指導力を向上させるための教材および指導法を開発することである。 生徒の技能習得を成功裏に導くために必要な力量は少なくとも以下の3点が挙げられる。
    ①作業の要点の抽出ならびに教授内容を整理するための力量
    ②生徒への伝わりやすさを考慮して助言を行うための力量
    ③生徒のつまずきやクセを読み取り、それを修正するための力量
    本研究は上記3点の力量の習得を目標とした技術科教員養成における指導法を開発する。

  • 高校工業科における実習教育の内容等の歴史的分析と教員養成に関する実証的調査研究

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    日本の中等工業教育は1890年代以降、多くの有為な人材を工業会に送ってきたが、1978年の高等学校学習指導要領改訂で工業科の目標が大転換され、教育内容の縮減が相次ぎ、専門性維持に危機が迫っている。
    研究代表者である長谷川らは工業科教育課程の中核をなす実習等の指導内容、授業形態などの実態調査を1976年以来4度にわたって行ってきた。本研究は新教育課程下における実態を過去4度の調査と同様に明らかにする。その上で、工業教育の必須要件と問題点を摘出し、今後の具体的方策を提起する。さらに、工業科教員養成制度の改善方策について歴史的な分析を踏まえ提起する。