2022/08/30 更新

写真a

キベ トシロウ
岐部 俊郎
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2012年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 口唇口蓋裂

  • 創傷被覆材

  • 創傷治癒

  • バイオマテリアル

  • 骨移植

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学  / 外科系歯学関連

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座   助教

    2017年4月 - 現在

  • 鹿児島大学学術研究院 医歯学域歯学系   口腔顎顔面外科   助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 麻酔全身管理センター   助教

    2016年4月 - 2017年3月

  • 鹿児島大学学術研究院医歯学域医学部・歯学部付属病院   歯科麻酔科   助教

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻   助教

    2003年4月 - 2016年3月

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 歯科保健医療国際協力協議会   理事  

    2022年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • よりよい口唇口蓋裂治療を考える会   実務医員  

    2017年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

取得資格

  • 専門医

 

論文

  • Kibe T, Maeda-Iino A, Takahashi T, Kamakura S, Suzuki O, Nakamura N .  A Follow-Up Study on the Clinical Outcomes of Alveolar Reconstruction Using Octacalcium Phosphate Granules and Atelocollagen Complex. .  Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons79 ( 12 ) 2462 - 2471   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joms.2021.09.017

    PubMed

    researchmap

  • Kaoru Yamashita, *Toshiro Kibe, Kanae Aoyama, Sachi Ohno, Atsush Kohjitani, Mitsutaka Sugimura, .  The State Anxiety Inventory Is Useful for Predicting the Autonomic Nervous System State of Patients Before the Extraction of an Impacted Mandibular Third Molar. .  J Oral Maxillofac Surg78 ( 4 ) 538 - 544   2020年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaoru Yamashita, *Toshiro Kibe, Rumi Shidou, Atsushi Kohjitani, Norifumi Nakamura and Mitsutaka Sugimura .  Difference in the effects of lidocaine with adrenaline and prilocaine with felypressin on the autonomic nervous system during extraction of the impacted mandibular third molar .  J Oral and Maxillofac. Surg78 ( 2 ) 215.e1 - 215e8   2020年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Koga, Toshiro Kibe, Tetsushi Taguchi, Takao Fuchigami, Kazuhide Nishihara, Kiyohide Ishihata, Norifumi Nakamura, .  Evaluation of the wound healing process in rat skin using a hexanoyl group‐modified alkaline‐treated gelatin porous film. .  Oral Science International18 ( 1 ) 40 - 49   2020年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaoru Yamashita, Toshiro Kibe, Atsushi Kohjitani, Yurina Higa, Ayako Niiro, Minako Uchino, Kanae Aoyama, Rumi Shidou, Kohei Hashiguchi, Mitsutaka Sugimura .  General Anesthesia During Lip Repair and Palatoplasty After Glenn Surgery .  Anesth Prog67 ( 2 ) 107 - 108   2020年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Minako Uchino, Kaoru Yamashita, Toshiro Kibe, Rumi Shidou, Atsushi Kohjitani, Mitsutaka Sugimura .  Effects of intravenous sedation on autonomic nerve activity and the psychological state during tooth extraction: A prospective non-randomized controlled trial. .  Oral Science International   2020年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita Kaoru, Kibe Toshiro, Ohno Sachi, Kohjitani Atsushi, Sugimura Mitsutaka .  The Effects of Music Listening During Extraction of the Impacted Mandibular Third Molar on the Autonomic Nervous System and Psychological State. .  J Oral Maxillofac Surg77 ( 6 ) 1153.e1 - 1153.e8   2019年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joms.2019.02.028

    PubMed

  • Kaoru Yamashita, *Toshiro Kibe, Sachi Ohno, Minako Takahashi, Yurina Higa, Ayako Niiro, Norifumi Nakamura, Mitsutaka Sugimura .  Time to recovery of feeding after alveolar bone graft is associated with postoperative nausea and vomiting within 2 hours in children. .  Clinical Medicine Insights: Pediatrics   2019年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山下 薫、岐部俊郎、糀谷 淳、比嘉憂理奈、新納彩子、内野美菜子、青山歌奈絵、四道瑠美、橋口浩平、杉村光隆 .  グレン循環患児における口唇形成・口蓋形成術に対する全身麻酔経験 .  日本歯科麻酔学会誌47 ( 2 ) 65 - 67   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 古閑 崇,岐部俊郎,大河内孝子,野添悦郎,仙波伊知郎,中村典史 .  MRIでおはじき様所見を認めた口腔底の巨大な類皮囊胞の1例 .  小児口腔外科学会誌   2018年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fuchigami T, Kimura N, Kibe T, Tezuka M, Amir M S, Suga H, Takemoto Y, Hashiguchi M, Maeda-Iino A, Nakamura N .  Effects of pre-surgical nasoalveolar moulding on maxillary arch and nasal form in unilateral cleft lip and palate before lip surgery. .    20 ( 4 ) 209 - 215   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ocr.12199

    PubMed

  • 岐部俊郎, 西原一秀, 渕上貴央,松本幸三,手塚征宏,木村菜美子, 古閑 崇, 中村典史 .  当科における口唇裂・口蓋裂患者一次症例の30年間の臨床統計的観察 .  日本口腔外科学会雑誌63 ( 3 ) 140 - 147   2017年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kibe Toshiro, Koga Takashi, Nishihara Kazuhide, Fuchigami Takao, Yoshimura Takuya, Taguchi Tetsushi, Nakamura Norifumi .  Examination of the early wound healing process under different wound dressing conditions. .  Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol123 ( 3 ) 310 - 319   2017年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oooo.2016.10.023

    PubMed

  • Kibe Toshiro, Fuchigami Takao, Kishida Michiko, Iijima Mikio, Ishihata Kiyohide, Hijioka Hiroshi, Miyawaki Akihiko, Semba Ichiro, Nakamura Norifumi, Kiyono Tohru, Kishida Shosei .  A novel ameloblastoma cell line (AM-3) secretes MMP-9 in response to Wnt-3a and induces osteoclastogenesis. .  Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol115 ( 6 ) 780 - 788   2013年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oooo.2013.03.005

    PubMed

  • Toshiro Kibe .  Establishment of novel ameloblastoma-derived and normal oral epithelial cell lines, and the role of Wnt signaling pathway in ameloblastoma bone invasion. .      2012年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Toshiro Kibe, Michiko Kishida, Masayuki Kamino Mikio Iijima, Lin Chena, Mika Habu, Akihiko Miyawaki, Hiroshi Hijioka, Norifumi Nakamura, Tohru Kiyono, Shosei Kishida .  Immortalization and Characterization of Normal Oral Epithelial Cells without Using HPV and SV40 genes. .  Oral Science International8   20 - 28   2011年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujii S, Fujimoto T, Hasegawa K, Nagano R, Ishibashi T, Kurppa KJ, Mikami Y, Kokura M, Tajiri Y, Kibe T, Wada H, Wada N, Kishida S, Higuchi Y, Kiyoshima T .  The Semaphorin 3A-AKT axis-mediated cell proliferation in salivary gland morphogenesis and adenoid cystic carcinoma pathogenesis. .  Pathology, research and practice236   153991   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.prp.2022.153991

    PubMed

  • Chairani E, Fuchigami T, Koyama H, Ono Y, Iijima M, Kishida M, Kibe T, Nakamura N, Kishida S .  Intercellular signaling between ameloblastoma and osteoblasts. .  Biochemistry and biophysics reports30   101233   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2022.101233

    PubMed

  • Kiyohide Ishihata, Toshiro Kibe, Chang-Hwan Seong, Ryouhei Tada, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura .  Four-dimensional assessment of facial expression before and after orthognathic surgery in skeletal Class III patients .  ORAL SCIENCE INTERNATIONAL   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Aim: It is widely known that orthognathic surgery affects changes in facial soft tissue morphology. However, the effect of orthognathic surgery on facial expression remains to be verified. The purpose of this study was to examine the pros and cons of the effects of orthognathic surgery on facial expression in skeletal Class III patients.Methods: Fifteen patients (5 males, 10 females) were captured pre-surgery and at 6 months' post-surgery using Kinect camera while performing facial soft tissue movements (opening mouth, smiling, and blowing). The three-dimensional coordinates, amount of movement, and velocity of the eight facial soft tissue landmarks during motion were obtained. As controls, 15 Japanese healthy volunteers with Class I occlusion were included.Results: Differences in the three-dimensional coordinate values during movement were confirmed, and there were some landmarks in the lower face region of the preoperative patient that showed significant differences compared with the control. Total amount of movement and velocity of Pogonion during smiling were significantly smaller than those of the control group, but there was no significant difference between the control and postoperative groups at any landmarks after surgery. It was suggested that patients with skeletal Class III may have limited movement in some movements, and it was confirmed that with orthognathic surgery, the aspect of movement would be similar to that of the control.Conclusions: Orthognathic surgery may be beneficial to the facial muscles without limiting facial movements.

    DOI: 10.1002/osi2.1152

    Web of Science

    researchmap

  • Kiyohide Ishihata, Takako Okawachi, Toshiro Kibe, Masahiro Tezuka, Mohammad Farid Ratman, Norifumi Nakamura .  Three-dimensional nasal forms following unilateral cleft-lip nose correction with mandibular ramus cortical bone augmentation for concaved nasal dorsum .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: To observe the pre- and postoperative three-dimensional (3D) nasal morphologies following mandibular ramus cortical bone augmentation (CBA) for a concaved nasal dorsum in definitive correction of an underdeveloped unilateral cleft lip (UCL) nose. Subjects and Methods: Three Japanese women with complete unilateral cleft lip and palate (UCLP) underwent nose correction using CBA on the flat or concaved nasal dorsum in combination with an extended spreader cartilage graft. The measurement items included the nasal dorsal angle, the nasal tip angle, and the x- and z- axis values of the nasal dorsum ridge and nasal tip points. The results were compared with those of thirteen sex- and age-matched women with complete UCLP who underwent the same nasal correction excluding CBA. Postoperative changes in cortical bone were also observed radiographically. Results: The nasal dorsal angle increased and nasal tip angle decreased postoperatively in the patients with CBA, becoming more similar to those of subjects without CBA. Postoperatively, improvement of the lateral nose profile with natural hardness was achieved in three all patients with CBA. 3D analyses of patients with CBA demonstrated an increased height of the nasal dorsum ridge and nasal tip points in the center of the face. Radiological observation revealed remaining transplanted cortical bone, although it became smaller. Conclusions: Mandibular ramus cortical bone augmentation may be one of the options for molding up the severely concaved nasal dorsum on definitive correction of an underdeveloped nose in Asian patients with complete UCLP, without damaging other parts of the body.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2022.06.007

    Scopus

    researchmap

  • Kiyohide Ishihata, Toshiro Kibe, Masahiro Tezuka, Chang Hwan Seong, Aya Maeda-Iino, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura .  Postoperative stability following orthognathic surgery and final skeletal morphology in class III patients with cleft lip and palate .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: Orthognathic surgery has become useful procedures for patients with cleft lip and palate (CLP) to improve the inharmonious relationship between the maxilla and mandible. The purpose of this study is to assess the postoperative stability and skeletal morphology following orthognathic surgeries for patients with skeletal class III deformity with CLP. Methods: This study retrospectively evaluated the long-term stability of orthognathic surgery and the final profile of skeletal morphology in 30 patients using lateral cephalometric imaging. Sagittal split ramus osteotomy was performed for 10 patients (CLP-S), Le Fort I osteotomy was performed for 5 patients (CLP-L) and two-jaw surgery was performed for 15 patients (CLP-T). As a control, we included 5 patients treated by two-jaw surgery, 7 patients treated by SSRO without CLP and 20 CLP patients with orthodontic treatment alone. Results: In the CLP group at 2 years postoperatively, the mean relapse in SNA was 19.8% (CLP-T) and 18.1% (CLP-L), and the mean relapse in SNB was 17.6% (CLP-S) and 26.9% (CLP-T). No significant differences were observed in the relapse ratio of the same operation between with and without CLP. In comparison of surgical and non-operative patients with CLP, there were significant differences in preoperative skeletal factors, but the profiles were similar at the end of treatment. Conclusion: Our orthognathic surgeries provided the same level of stability for patients with skeletal class III deformity with or without CLP, creating harmonious intermaxillary relationship.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2022.04.005

    Scopus

    researchmap

  • Fukuoka H, Fukuoka N, Kibe T, Tubbs RS, Iwanaga J .  Oral Herpes Zoster Infection Following COVID-19 Vaccination: A Report of Five Cases. .  Cureus13 ( 11 ) e19433   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.7759/cureus.19433

    PubMed

  • Tezuka M, Kamikuri Y, Ishihata K, Kibe T, Fuchigami T, Amir MS, Matsunaga K, Nakamura N .  Comparison of recurrence rate and speech outcome between two different techniques for cleft palatal fistula closure: A retrospective cohort study. .  Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jcms.2021.09.018

    PubMed

  • 本庄 希江, 久米 健一, 岐部 俊郎, 比地岡 浩志, 中村 典史 .  顎骨嚢胞様の画像所見を呈した下顎骨転移性肺癌の1例 .  有病者歯科医療30 ( 4 ) 302 - 307   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    顎口腔領域の転移性腫瘍は比較的まれで全口腔悪性腫瘍の約1%と言われている。臨床所見や自覚症状に乏しく、臨床診断がきわめて困難となり、また、発見された時点ですでに多臓器に転移していることが多く、予後はきわめて不良である。われわれは下顎骨に顎骨嚢胞様の画像所見を呈した転移性肺癌の1例を報告する。症例は60歳男性。下顎骨正中部にエックス線透過像を認め、顎骨嚢胞または歯原性腫瘍の臨床診断とした。しかし、生検で転移性癌の疑いの診断を得たため、PET検査を行い、胸膜播種と多発性骨転移を伴う肺腺癌を認め、当院呼吸器内科で化学療法が開始された。その後放射線治療も行ったが治療の甲斐なく永眠された。(著者抄録)

  • Yamashita K, Uto A, Uchino M, Shidou R, Kibe T, Sugimura M .  Sympathetic Nerve Activity During Tooth Extraction in Women Is Related to Dental Anxiety Immediately After Surgery. .  Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons79 ( 11 ) 2268.e1 - 2268.e5   2021年6月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joms.2021.06.019

    PubMed

    researchmap

  • Fukuoka H, Fukuoka N, Daigo Y, Daigo E, Ishikawa M, Kibe T .  Healing of Open Upper Lip Vermillion Wounds Irradiated with CO<sub>2</sub> Laser Immediately After Injury. .  Photobiomodulation, photomedicine, and laser surgery39 ( 9 ) 612 - 616   2021年2月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/photob.2020.4912

    PubMed

    researchmap

  • Koga Takashi, Kibe Toshiro, Taguchi Tetsushi, Fuchigami Takao, Nishihara Kazuhide, Ishihata Kiyohide, Nakamura Norifumi .  ヘキサノイル基で修飾しアルカリで処理したゼラチン製の多孔性フィルムを適用したラット皮膚で生じる創傷治癒過程の評価(Evaluation of the wound healing process in rat skin using a hexanoyl group-modified alkaline-treated gelatin porous film) .  Oral Science International18 ( 1 ) 40 - 49   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    ラット皮膚創傷モデルに対し、創傷被覆材にヘキサノイル基で修飾したアルカリ処理ゼラチン製多孔性フィルム(以下、改変ゼラチンフィルム)を使用した場合と、コラーゲン製スポンジ(CS)を用いた場合で生じる創傷治癒過程を比較した。8週齢の雌性ラットの背部に10mm大の円形な皮膚全層欠損創を作成した。この創を上記2材料のいずれかで被覆する2群、または何も被覆しない対照群を設定した。この処置の直後から最長28日目まで創傷の幅径と面積を経時的に評価したところ、改変ゼラチンフィルム群の両値は他2群のそれぞれよりも有意に大きかった。免疫組織化学にて評価した7日目のα平滑筋アクチンの発現は、改変ゼラチンフィルム群では他2群に比べ有意に弱かった。また同群の血管新生は4日目と7日目に著明であった。新生上皮の長さは3群間で有意差がみられなかったが、その厚はCS群よりも改変ゼラチンフィルム群の方が厚かった。皮膚全層欠損に用いた場合、改変ゼラチンフィルムはCSと比較して瘢痕収縮を軽減し血管新生を促進する結果が示されたことから、同フィルムは創傷被覆材としての能力を潜在的に有していることが示唆された。

  • Sachiko Hiromoto, Etsuro Nozoe, Kotaro Hanada, Takuya Yoshimura, Kaori Shima, Toshiro Kibe, Norifumi Nakamura, Kotaro Doi .  In vivo degradation and bone formation behaviors of hydroxyapatite coated Mg alloys in rat femur. .  Materials Science & Engineering,112   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroshi Fukuoka, Nobuko Fukuoka, Yuki Daigo, Erina Daigo, Masatsugu Ishikawa, Toshiro Kibe .  Healing of Open Upper Lip Vermillion Wounds Irradiated with CO2 Laser Immediately After Injury, .  Photobiomodulation., Photomedicine, and Laser Surgery   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上栗 裕平, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 石畑 清秀, 中村 典史 .  片側性唇顎裂患者の鼻前庭部にみられた鼻唇囊胞の一例 .  日本口蓋裂学会雑誌46 ( 1 ) 41 - 46   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本口蓋裂学会  

    鼻唇囊胞は口唇外鼻周辺に発症する非歯原性発育性の軟組織囊胞で,1992年のWHO分類では鼻歯槽囊胞と同義語とされていた疾患である。その病因は貯留囊胞説,顔裂性囊胞説,鼻涙管原基囊胞説など諸説あるが定説はない。今回我々は,片側性完全唇顎裂に対して口唇形成術,口唇外鼻修正術,顎裂部自家骨移植術といった一連の手術を施行した患者の鼻前庭部に鼻唇囊胞が発症した症例を経験したので報告する。

    DOI: 10.11224/cleftpalate.46.41

  • 中囿賢太,石畑清秀,岐部俊郎,手塚征宏,渕上貴央,中村典史 .  口唇形成術後に肺炎加療を要した13トリソミー患児の一例 .  日本口蓋裂学会雑誌45   220 - 224   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroshi Fukuoka, Nobuko Fukuoka, Yuki Daigo, Erina Daigo, Toshiro Kibe, Masatsugu Ishikawa .  Initial treatment for patients with temporomandibular disorders: pain relief and muscle tone relief by photobiomodulation therapy using carbon dioxide laser. .  Lasers in Dental Science   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tadashi Kawai, Shinji Kamakura, Keiko Matsui, Masayuki Fukuda, Hiroshi Takano, Mitsuyoshi Iino, Shigeo Ishikawa, Hiromasa Kawana, Tomoya Soma, Eisaku Imamura, Hideki Kizu, Aya Michibata, Izumi Asahina, Keiichiro Miura, Norifumi Nakamura, Toshiro Kibe, Osamu Suzuki, Tetsu Takahashi .  Clinical study of octacalcium phosphate and collagen composite in oral and maxillofacial surgery. .  Journal of Tissue Engineering 11   1 - 15   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Badr Abdullah Al-Tayar, Azlina Ahmad, Mohamad Ezany Yusoff, Siti Fadilah Abdullah, Noor Khairiena Mohamad, Siti Nurnasihah Md Hashim, Shosei Kishida, Michiko Kishida, Norifumi Nakamura, Toshiro Kibe, Masitah Hayati Harun .  Cytotoxic Effects of Betel Quid and Areca Nut Aqueous Extracts on Mouse Fibroblast, Human Mouth-Ordinary-Epithelium 1 and Human Oral Squamous Cell Carcinoma Cell Lines .  Asian Pacific journal of cancer prevention21 ( 4 ) 1005 - 1009   2020年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takao Fuchigami, Hajime Suzuki, Takuya Yoshimura, Toshiro Kibe, Elissa Chairani, Michiko Kishida, Shosei Kishida, Norifumi Nakamura .  Ameloblastoma cell lines derived from different subtypes demonstrate distinct developmental patterns in a novel animal experimental mode. .  Journal of Applied Oral Science28   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fuchigami T, Suzuki H, Yoshimura T, Kibe T, Chairani E, Kiyono T, Kishida M, Kishida S, Nakamura N .  Ameloblastoma cell lines derived from different subtypes demonstrate distinct developmental patterns in a novel animal experimental model. .  Journal of applied oral science : revista FOB28   e20190558   2020年国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1590/1678-7757-2019-0558

    PubMed

    researchmap

  • Fuchigami T, Kimura N, Tezuka M, Kibe T, Amir MS, Suga H, Takemoto Y, Hashiguchi M, Maeda-Iino A, Nakamura N .  Comparison of short-term effects of pre-surgical nasoalveolar molding and Hotz’s plate on the maxillar arch from in unilateral cleft lip and palate. .  J Oral Maxillofacial Surgery, Medicine and Pathology   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Amir MS, Fuchigami T, Kibe T, Tezuka M, Ishihata K, Nakamura N .  Reliability of Americleft Yardstick Nasolabial Appearance Assessment With/Without Basal View for Japanese Children With Unilateral Complete Cleft Lip and Palate. .  The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association56 ( 7 ) 1055665618818679 - 1055665618818679   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE:: There is debate on the reliability of the Americleft Yardstick (AY) global nasolabial appearance assessment method. The objective was to analyze the effect of the additional basal view (BV) feature on the reliability of the AY method for Japanese children with complete cleft lip and palate (CUCLP). DESIGN:: Blind retrospective analysis of clinical records on 43 patients (5- to 7-year-old) with nonsyndromic CUCLP who underwent primary lip repair from 2005 to 2011. MAIN OUTCOME MEASURE:: Color pictures published in AY and Rubin's studies were used as reference pictures. Patients' photographs were cropped and rated on a 5-point scale for the vermilion border (VB), nasolabial frontal (NLF), and nasolabial profile (NLP) according to AY with/without BV assessment by Rubin's methods. Rating was performed twice by 3 oral surgeons. Intra- and inter-rater reliabilities were analyzed using weighted kappa, and correlations between BV and other features were analyzed. RESULTS:: Overall average assessment scores were 2.742 (0.573) with AY and 2.702 (0.489) with AY+BV methods ( P = .728). Average intra-rater reliabilities were 0.605 and 0.611 and average inter-rater reliabilities were 0.525 and 0.48 with AY and AY+BV, respectively. Inter-rater reliability was the lowest for NLP. rho scores between BV versus VB, NLF, and NLP were 0.025, 0.659, and 0.092, respectively. CONCLUSIONS:: Present study demonstrates moderate intra- and inter-rater reliabilities obtained with the AY assessment method for Japanese children with CUCLP. Nasolabial profile standard ambiguity may lead to the poor reliability of AY assessment. Addition of the BV feature does not improve overall reliability.

    DOI: 10.1177/1055665618818679

    PubMed

  • Fuchigami Takao, Kimura Namiko, Tezuka Masahiro, Kibe Toshiro, Amir Muhammad Subhan, Tsujii Toshiya, Suga Hokuto, Hashiguchi Makiko, Maeda-Iino Aya, Nakamura Norifumi .  片側性口唇口蓋裂での上顎歯列弓の形成に関し、術前鼻歯槽形成法とHotz床とが示す短期効果の比較(Comparison of short-term effects of presurgical nasoalveolar molding and Hotz's plate on maxillary arch form in unilateral cleft lip and palate) .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology31 ( 1 ) 25 - 30   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    片側性口唇口蓋裂に対し上顎歯列弓を形成する治療法として、術前鼻歯槽形成法(PNAM)とHotz床を用いた治療とで短期効果を比較する後方視的研究を行った。片側性口唇口蓋裂に罹患した日本人患児の自験例で、口唇修復術を施行前の術前顎矯正治療として2003〜2009年にPNAMを施行した27例(男児15例、初診時日齢7.4±7.1、修復術施行時の日齢146.9±48.4)と、2009〜2016年にHotz床を用いて治療した29例(女児15例、初診時日齢9.8±5.4、修復術施行時の日齢143.4±49.7)の診療録を再調査した。初診時と口唇修復術施行時との両時点における上顎歯列模型をスキャンデータ化し、両群の上顎歯列形成を比較した。PNAM群ではHotz床群に対し両時点間で生じた切歯点の後方移動量がより大きく、口蓋裂のmajor segmentにおける口蓋破裂縁点の後方移動量も大きいことがいずれも有意に示された。またPNAM群の切歯点は両時点間での比較において口蓋裂側方向へ側方移動していることも有意に示された。さらに修復術施行時点においてPNAM群ではHotz床群に比べ顎裂幅や歯槽弓長が有意に短かった。PNAM施行によってmajor segmentの口蓋裂側への回転が生じていたことから、PNAMはより対称的な上顎歯列弓を形成するのに貢献すると考えられたが、同時に歯槽弓長を短くしてしまう可能性も示された。

  • 福岡宏士、大郷友規、大郷英里奈、石川真嗣、岐部俊郎 .  CO2レーザーを用いた再発性アフタ性口内炎治療 初診から7年間の経過報告 .  日本レーザー歯学会誌29   148 - 151   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sarkar Ripon, Shisei Kishida, Michiko Kishida, Norifumi Nakamura, Toshiro Kibe, Karmakar Deepmala, Chaudhuri Chirasree Roy, Barui Ananya .  Effect of cigarette smoke extract on mitochondrial heme-metabolism: An in vitro model of oral cancer progression .  Toxicol In Vitro60   336 - 346   2019年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福岡 宏士, 大郷 友規, 大郷 英里奈, 石川 昌嗣, 岐部 俊郎 .  CO<sub>2</sub>レーザーを用いた再発性アフタ性口内炎治療初診から7年間の経過報告 .  日本レーザー歯学会誌29 ( 3 ) 148 - 151   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本レーザー歯学会  

    DOI: 10.5984/jjpnsoclaserdent.29.148

  • Kimura N, Kim H, Okawachi T, Fuchigami T, Tezuka M, Kibe T, Amir MS, Inada E, Ishihata K, Nozoe E, Nakamura N .  Pilot Study of Visual and Quantitative Image Analysis of Facial Surface Asymmetry in Unilateral Complete Cleft Lip and Palate. .  The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association56 ( 7 ) 1055665618819645 - 1055665618819645   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE:: To visualize and quantitatively analyze facial surface asymmetry following primary cleft lip repair in patients with unilateral cleft lip and palate (UCLP) and to compare this with noncleft controls. DESIGN:: Retrospective comparative study. PATIENTS:: Twenty-two patients with complete UCLP who underwent primary lip repair from 2009 to 2013 were enrolled in this study. The preserved 3-dimensional (3D) data of 23 healthy Japanese participants with the same age were used as controls. INTERVENTIONS:: All patients had received primary labioplasty in accordance with Cronin triangular flap method with orbicular oris muscle reconstruction. MAIN OUTCOME MEASURES:: Shadow and zebra images established from moire images, which were reconstructed from 3D facial data using stereophotogrammetry, were bisected and reversed by the symmetry axes (the middle line of the face). The discrepancies of the gravity and density between cleft and noncleft sides in 2 regions of interest, facial and lip areas, were then calculated and compared with those of healthy participants. RESULTS:: In the UCLP group, the mean discrepancies of gravity on shadow and zebra images were 1.76 +/- 0.70 and 2.63 +/- 1.72 pixels, respectively, in the facial area and 1.31 +/- 0.36 and 3.83 +/- 2.08 pixels, respectively, in the lip area. There was a significant difference in the mean discrepancies of gravity and density on zebra images in the lip area between the UCLP and control groups. CONCLUSIONS:: Our image analysis of digital facial surface asymmetry in patients with UCLP provides visual and quantitative information, and it may contribute to improvements in muscle reconstruction on cleft lip repair.

    DOI: 10.1177/1055665618819645

    PubMed

  • 山下 薫, 糀谷 淳, 岐部俊郎, 大野 幸, 遠矢明菜, 是枝清孝, 千堂良造, 眞鍋庸三, 杉村光隆 .  精神発達遅滞と肺高血圧症を有する18p-症候群患者の智歯抜歯術における全身麻酔経験 .  障歯誌   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 渕上貴央,岐部俊郎,木村菜美子,手塚征宏,ムハンマド スバン アミール,松永和秀,中村典史 .  顎裂部自家腸骨海綿骨移植術における再骨部の術後創部状態はRoher Indexと相関する .  日本口蓋裂学会雑誌   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山下 薫, 糀谷 淳, 岐部俊郎, 大野 幸, 遠矢明菜, 是枝清孝, 千堂良造, 眞鍋庸三, 杉村光隆 .  肺高血圧症を合併した18p-症候群患者の智歯抜歯術における全身麻酔経験 .  障害者歯科39 ( 1 ) 28 - 32   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Fuchigami Takao, Koyama Hirofumi, Kishida Michiko, Nishizawa Yoshiaki, Iijima Mikio, Kibe Toshiro, Ueda Masahiro, Kiyono Tohru, Maniwa Yoshimasa, Nakamura Norifumi, Kishida Shosei .  Fibroblasts promote the collective invasion of ameloblastoma tumor cells in a 3D coculture model. .  FEBS Open Bio7 ( 12 ) 2000 - 2007   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2211-5463.12313,

    PubMed

  • Maeda-Iino Aya, Marutani Kanako, Furukawa Minami, Nakagawa Shoko, Kwon Sangho, Kibe Toshiro, Tezuka Masahiro, Nakamura Norifumi, Miyawaki Shouichi .  Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement. .  Angle Orthod87 ( 6 ) 855 - 862   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/031317-188.1

    PubMed

  • Macha Muzafar A, Rachagani Satyanarayana, Qazi Asif Khurshid, Jahan Rahat, Gupta Suprit, Patel Anery, Seshacharyulu Parthasarathy, Lin Chi, Li Sicong, Wang Shuo, Verma Vivek, Kishida Shosei, Kishida Michiko, Nakamura Norifumi, Kibe Toshiro, Lydiatt William M, Smith Russell B, Ganti Apar K, Jones Dwight T, Batra Surinder K, Jain Maneesh .  Afatinib radiosensitizes head and neck squamous cell carcinoma cells by targeting cancer stem cells. .  Oncotarget8 ( 13 ) 20961 - 20973   2017年3月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.15468

    PubMed

  • Yoshinaga Ayana, Kajiya Natsuki, Oishi Kazuki, Kamada Yuko, Ikeda Asami, Chigwechokha Petros Kingstone, Kibe Toshiro, Kishida Michiko, Kishida Shosei, Komatsu Masaharu, Shiozaki Kazuhiro .  NEU3 inhibitory effect of naringin suppresses cancer cell growth by attenuation of EGFR signaling through GM3 ganglioside accumulation. .  Eur J Pharmacol782   21 - 29   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2016.04.035

    PubMed

  • Nakamura Norifumi, Okawachi Takako, Matsumoto Kouzou, Kimura Namiko, Kibe Toshiro, Fuchigami Takao .  Clinical and 3-Dimensional Analyses of Nasal Forms After Secondary Correction of Cleft Lip-Nose Deformities Using Extended Spreader Cartilage Graft With a Cross-Lap Joint Technique. .  J Oral Maxillofac Surg74 ( 7 ) 1465.e1 - 1465.e21   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joms.2016.03.027

    PubMed

  • Oyama Kentaro, Nishihara Kazuhide, Matsunaga Kazuhide, Miura Naoko, Kibe Toshiro, Nakamura Norifumi .  Perceptual-Speech, Nasometric, and Cephalometric Results After Modified V-Y Palatoplasties With or Without Mucosal Graft. .  Cleft Palate Craniofac J53 ( 4 ) 469 - 480   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1597/14-141

    PubMed

  • 松永和秀、 濱田 傑、松本幸三、岐部俊郎、久米健一、中村典史 .  進行性顔面半側萎縮症患者の上唇変形をCross-lip vermilion flapで再建した1例 .  日本口腔外科学会誌   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tezuka M, Tamatsu Y, Miura N, Kibe T, Nishihara K, Nakamura N .  Cephalometric analysis of the velopharyngeal muscular triangle as a possible prognostic factor for velopharyngeal closure in submucous cleft palate .  Journal of Speech Pathology & Therapy   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fuchigami Takao, Kibe Toshiro, Koyama Hirofumi, Kishida Shosei, Iijima Mikio, Nishizawa Yoshiaki, Hijioka Hiroshi, Fujii Tomomi, Ueda Masahiro, Nakamura Norifumi, Kiyono Tohru, Kishida Michiko .  Regulation of IL-6 and IL-8 production by reciprocal cell-to-cell interactions between tumor cells and stromal fibroblasts through IL-1alpha in ameloblastoma. .  Biochem Biophys Res Commun451 ( 4 ) 491 - 496   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.07.137

    PubMed

  • Kiyohide Ishihata, Kenichi Kume, Hiroshi Hijioka, Toshiro Kibe, Shoko Tanaka, Hitoshi Komatsuzawa, Hidemitsu Harada, Norifumi Nakamura .  Expression of antimicrobial peptides and E-cadherin in periapical lesions. .  Oral Science International10 ( 2 ) 1 - 7   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamino Masayuki, Kishida Michiko, Kibe Toshiro, Ikoma Kyoko, Iijima Mikio, Hirano Hirofumi, Tokudome Mai, Chen Lin, Koriyama Chihaya, Yamada Katsushi, Arita Kazunori, Kishida Shosei .  Wnt-5a signaling is correlated with infiltrative activity in human glioma by inducing cellular migration and MMP-2. .  Cancer Sci102 ( 3 ) 540 - 548   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01815.x

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 今日の治療指針2021年 査読

    岐部俊郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 先天性鼻咽腔閉鎖機能不全)

    2021年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • 廣本 祥子, 野添 悦郎, 花田 幸太郎, 古閑 崇, 吉村 卓也, 嶋 香織, 岐部 俊郎, 久米 健一, 中村 典史 .  水酸アパタイト被覆Mg合金のラット大腿骨埋入による腐食・骨形成挙動の評価 .  日本バイオマテリアル学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 古閑 崇, 大河内 孝子, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 木村 菜美子, 西原 一秀, 中村 典史 .  片側性唇顎口蓋裂患者に対する顎裂部腸骨海綿骨移植術のコーンビームCTを用いた三次元的評価 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  • 木村 菜美子, 大河内 孝子, 渕上 貴央, 金 亨燮, 石畑 清秀, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 野添 悦郎, 中村 典史 .  モアレ重心偏位値による片側性唇顎口蓋裂の顔面表面形状非対称評価の試み .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  • 大河内 孝子, 木村 菜美子, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 石畑 清秀, 野添 悦郎, 中村 典史 .  相欠き継ぎ法を用いて二次的外鼻修正術を行った片側性唇裂患者外鼻形態の三次元的比較 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

  • 手塚 征宏, 三浦 尚子, 坂田 聡, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 木村 菜美子, 上田 裕市, 中村 典史 .  瘻孔閉鎖術前後の言語変化の客観的および視覚的評価 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 古川 みなみ, 權 相豪, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

  • 渕上 貴央, 木村 菜美子, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, ムハンマド・アミール , 中村 典史 .  片側性唇顎口蓋裂児における初診時および顎裂部骨移植術前の顎裂部形態の比較 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 古閑 崇, 下松 孝太, 中村 典史 .  鹿児島大学病院口唇・口蓋裂専門外来における顎裂部腸骨移植プロトコルを用いた短期的術後評価についての検討 .  (一社)日本小児口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 古閑 崇, 岐部 俊郎, 下松 孝太, 中村 典史 .  当科における過去11年間の口唇裂・口蓋裂手術の臨床的観察 .  (一社)日本小児口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語  

  • 山下 薫, 岐部 俊郎, 杉村 光隆 .  亜酸化窒素吸入鎮静法と音楽聴取の併用が脳波・自律神経活動と心理状態に与える影響 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

  • 古閑 崇, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 木村 菜美子, 田口 哲志, 中村 典史 .  多孔膜状疎水化ゼラチン接着膜が創傷治癒過程に与える影響の評価 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語  

  • 大河内 孝子, 野添 悦郎, 石畑 清秀, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史 .  唇顎口蓋裂患者に対する顎矯正手術の術後評価 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語  

  • 渕上 貴央, 岸田 昭世, 岐部 俊郎, 石畑 清秀, 中村 典史 .  エナメル上皮腫細胞におけるIL-1α依存性のMMP-9分泌は腫瘍細胞の浸潤に重要である .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 丸谷 佳菜子, 古川 みなみ, 權 相豪, 中川 祥子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長と矯正治療による歯の移動との関連:健側と顎裂側の比較 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  • 渕上 貴央, 岐部 俊郎, 木村 菜美子, 手塚 征宏, 中村 典史 .  顎裂部自家腸骨海綿骨移植術における採骨部の術後創部状態はRohrer Indexと相関する .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  • 手塚 征宏, 三浦 尚子, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 木村 菜美子, 松永 和秀, 中村 典史 .  口蓋裂術後の瘻孔閉鎖術が言語機能に与える影響 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  • アミール・ムハンマド・スバン , 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 木村 奈美子, 中村 典史 .  Americleft Yardstickを用いた片側性唇顎口蓋裂患者の口唇外鼻形態評価 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語  

  • 木村 菜美子, 大河内 孝子, 野添 悦郎, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 中村 典史 .  片側性唇裂患児における術後顔面の三次元形態評価 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  • 是枝 清孝, 大野 幸, 山下 薫, 千堂 良造, 遠矢 明菜, 岐部 俊郎, 真鍋 庸三, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  静脈内鎮静法におけるRoot(Sed-Line+Radical-7)の使用経験 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 高橋 直樹, 岐部 俊郎, 夏目 長門 .  歯科麻酔科医だからできる発展途上国での麻酔術前診察 .  (一社)日本歯科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  • 渕上 貴央, 岸田 昭世, 岐部 俊郎, 中村 典史 .  エナメル上皮腫の病態解明に有用な蛍光蛋白質安定発現細胞株を用いた新規三次元共培養実験系の構築 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

  • 品川 憲穂, 野添 悦郎, 久米 健一, 豊留 宗一郎, 大河内 孝子, 岐部 俊郎, 吉村 卓也, 古閑 崇, 本庄 希江, 中村 典史 .  下顎管と近接する下顎智歯に関するX線学的研究 パノラマX線像とCT像との関連性 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

  • 渕上 貴央, 木村 菜美子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 菅 北斗, 武元 嘉彦, 橋口 真紀子, 中村 典史 .  片側性唇顎口蓋裂児に対するPNAM治療が外鼻に与える形態変化は上顎歯槽弓形態の変化と相関する .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

  • 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 中村 典史 .  口蓋裂術後の鼻咽腔閉鎖機能不全に対するBulb-PLP治療後のネーザランス値の縦断的観察 .  (一社)日本小児口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 西原 一秀, 古閑 崇, 渕上 貴央, 松本 幸三, 松永 和秀, 深水 篤, 大牟禮 治人, 西山 毅, 前田 綾, 三浦 尚子, 福重 雅美, 有水 尚子, 馬場 輝子, 上坂 博子, 宮脇 正一, 中村 典史 .  鹿児島大学病院口唇口蓋裂専門外来における33年間の口唇口蓋裂一次症例の臨床統計的観察 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

  • 西原 一秀, 岐部 俊郎, 松永 和秀, 石畑 清秀, 渕上 貴央, 高橋 尚樹, 古川 博雄, 中村 典史, 夏目 長門, 新崎 章 .  エチオピア連邦共和国における口唇口蓋裂医療援助活動 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 中村 典史 .  当院の口唇口蓋裂専門外来での早期サポート .  西日本臨床小児口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 下松 孝太, 中村 典史 .  鹿児島大学病院口唇口蓋裂専門外来での早期サポート .  (一社)日本小児口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

  • T. Kibe, K. Oyama, T. Fuchigami, T. Yoshimura, K. Matsunaga, K. Nishihara, T. Taguchi, N. Nakamura .  Examination of the process underlying healing of epithelial defects by using different wound dressings .  the 2014 AAOMS(The American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons) Annual Meeting in Honolulu  the 2014 AAOMS(The American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons) Annual Meeting in Honolulu国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Honolulu  

    国際学会

  • K. Nishihara , T. Okawachi, K. Matsunaga, T. KIbe, K. Matsumoto, N. Kimura, S. Makishi, T. Goto, N. Nakamura, A. Arasaki .  Short-term outcomes after a modifying protocol of secondary autogenous bone grafting in our clinic .  The 4th ICPF Workshop in conjunction with 5th Conference of MAOMS  The 4th ICPF Workshop in conjunction with 5th Conference of MAOMS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Ulaanbaatar, Mongolia  

    国際学会

  • 松永 和秀, 緒方 祐子, 三浦 尚子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏 .  口蓋裂手術後の鼻口腔瘻が構音に及ぼす影響の検討 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

  • 三浦 尚子, 緒方 祐子, 大山 健太郎, 手塚 征宏, 西原 一秀, 松永 和秀, 岐部 俊郎, 中村 典史 .  鹿児島大学病院口腔顎顔面外科の口蓋裂手術基準化と言語成績 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

  • 西原 一秀, 大河内 孝子, 松永 和秀, 岐部 俊郎, 松本 幸三, 前田 綾, 宮脇 正一, 中村 典史 .  二次的顎裂部骨移植術再考後の短期成績 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

  • K. Kibe .  The role of Wnt signaling pathway in growth characteristics of Ameloblastoma cells. .  Lecture. Faculty of dentistry Addis Ababa Univ.  Lecture. Faculty of dentistry Addis Ababa Univ.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:Addis Ababa, Ethiopia  

    その他

  • 西原 一秀, 岐部 俊郎, 松本 幸三, 渕上 貴央, 大河内 孝子, 野添 悦郎, 中村 典史 .  当科における二次的顎裂部骨移植術の術後評価 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

  • 野添 悦郎, 大河内 孝子, 中村 康典, 石畑 清秀, 下松 孝太, 石田 喬之, 田中 荘子, 渕上 貴央, 吉村 卓也, 松本 幸三, 久米 健一, 岐部 俊郎, 中村 典史 .  鹿児島大学口腔顎顔面外科における2回法智歯抜歯術の現況 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

  • Kazuhide Nishihara, Toshiro Kibe, Takao Fuchigami, Takako Okawachi, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura .  Outcome following secondary autogenous bone grafting in patients with unilateral cleft lip and aveolus with/ without palate .  12th Iternational Congress on Cleft Lip/Palate abd Related Craniofacial Anomalies  12th Iternational Congress on Cleft Lip/Palate abd Related Craniofacial Anomalies国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Florida, United States of America.  

    国際学会

  • 松永 和秀, 西原 一秀, 岐部 俊郎, 緒方 祐子, 三浦 尚子, 中村 典史 .  局所口蓋粘膜弁サンドイッチ法による鼻口腔瘻閉鎖術の経験 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 岸田 昭世, 比地岡 浩志, 宮脇 昭彦, 中村 典史 .  エナメル上皮腫由来細胞株の浸潤能におけるWntシグナルの意義 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 比地岡 浩志, 宮脇 昭彦, 中村 典史, 岸田 昭世 .  新規口腔粘膜上皮細胞株,MOE1の樹立 HPVやSV40遺伝子を用いない不死化 .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

  • Kibe T, Kishida S, Hijioka H, Miyawaki A, Nakamura N .  The role of Wnt signaling pathway in growth characteristics of Ameloblastoma cells .  11th Annual Meeting of Indonesian Association of Oral and Maxillofacial Surgery  11th Annual Meeting of Indonesian Association of Oral and Maxillofacial Surgery国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Batam, Indonesia  

    国際学会

  • 石田 喬之, 比地岡 浩志, 宮脇 昭彦, 岐部 俊郎, 久米 健一, 中村 典史 .  低酸素環境下での口腔扁平上皮癌細胞の上皮間葉移行におけるNotchシグナルの意義 .  (公社)日本口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

  • 神野 真幸, 岸田 想子, 岐部 俊郎, 生駒 今日子, 飯島 幹雄, 平野 宏文, 徳留 舞, 陳 琳, 郡山 千早, 武田 泰生, 山田 勝士, 有田 和徳, 岸田 昭世 .  ヒトグリオーマ浸潤活性におけるWntシグナルの作用機序 .  (公社)日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

  • 神野 真幸, 岸田 想子, 岐部 俊郎, 生駒 今日子, 飯島 幹雄, 平野 宏文, 徳留 舞, 陳 琳, 郡山 千早, 武田 泰生, 山田 勝士, 有田 和徳, 岸田 昭世 .  ヒトグリオーマ細胞においてWnt-5aシグナルは細胞運動性およびMMP-2と相関する .  (公社)日本生化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

  • 岐部 俊郎, 比地岡 浩志, 宮脇 昭彦, 光安 岳志, 岸田 想子, 清野 透, 岸田 昭世, 中村 典史 .  エナメル上皮腫でのWntシグナルの作用解析および、新規正常口腔粘膜上皮細胞株の樹立 .  (公社)日本口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 宮脇 昭彦, 比地岡 浩志, 野添 悦郎, 中村 典史 .  当科における舌扁平上皮癌一次症例の臨床統計的観察 頸部リンパ節後発転移について .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

  • 西原 一秀, 野添 悦郎, 岐部 俊郎, 中村 典史, 五味 暁憲, 平原 成浩 .  唇顎口蓋裂患者における舌弁による鼻口腔瘻孔閉鎖術の臨床的検討 .  (一社)日本口蓋裂学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

  • 手塚征宏, 三浦尚子, 木村菜美子, 渕上貴央, 岐部俊郎, 中村典史 .  口蓋裂二次手術としてのRepushback術と咽頭弁形成術の術後成績 .  第62回日本口腔外科学会総会・学術総会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 青山 歌奈絵, 山下 薫, 岐部 俊郎 .  グレン循環患児における口唇形成術に対する全身麻酔経験 .  小児口腔外科  2019年10月  (一社)日本小児口腔外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Natsume Nagato, Imura Hideto, Hayakawa Toko, Nishihara Kazuhide, Arasaki Akira, Takahashi Naoki, Kibe Toshiro, Yamauchi Fuko, Yoshida Maya, Suzuki Satoshi, Tran Le Duy, Furukawa Hiroo .  エチオピア連邦民主共和国における口唇口蓋裂の医療援助活動と学術研究(Medical cooperation and academic research for cleft lip and palate in the Federal Republic of Ethiopia) .  Congenital Anomalies  2019年11月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Fuchigami T, Kishida S, Kibe T, Nakamura N .  THE PRESENCE OF STROMAL FIBROBLASTS AFFECT ON THE COLLECTIVE CELLULAR MIGRATION OF TUMOR CELLS IN AMELOBRASTOMA .  23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery 2017  2017年3月  国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Yamashita K, Kibe T, Sugimura M .  Effect for autonomic nerves activity and psychological condition by the combination of nitrous oxide inhalation sedation and listening to music. .  International Society for Autonomic Neuroscience 2017  2017年8月  国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Amir MS, Kibe T, Fuchigami T, Tezuka M, Namiko K, Nakamura N .  Correlation analysis of Americleft Yardstick method with addition of basal view for complete unilateral cleft lip surgery outcomes assessment .  第62回日本口腔外科学会総会・学術総会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 古閑 崇, 岐部俊郎, 渕上貴央, 手塚征宏, 木村菜美子, 田口哲志, 中村典史 .  多孔膜状疎水化ゼラチン接着膜のラット背部の創部での評価 瘢痕なき口唇・口蓋裂治療を目指して .  つくば医工連携フォーラム 2017  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Yamashita Kaoru, Kibe Toshiro, Sugimura Mitsutaka .  顎裂部への腸骨稜移植術における麻酔タイプと術後QOLとの関連性(Relationship between anesthesia types and postoperative quality of life after iliac crest bone grafting of the alveolar cleft) .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 吉野 浩史, 岐部 俊郎, 山下 薫, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 中村 典史 .  顎裂部腸骨海綿骨移植術における、術後悪心・嘔吐と摂食回復期間との関連 .  小児口腔外科  2019年10月  (一社)日本小児口腔外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岐部俊郎, 大河内孝子, 渕上貴央, 古閑 崇, 手塚征宏, 木村菜美子, 中村典史 .  鹿児島大学病院における顎裂部腸骨移植手術時期決定のためのプロトコルを用いた短期的術後評価についての検討 .  第50回 NPO 法人日本口腔科学会九州地方部会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新中須真奈, 野添悦郎, 比地岡浩志, 大河内孝子, 石畑清秀, 石田喬之, 岐部俊郎, 久米健一, 鈴木 甫, 手塚征宏, 渕上貴央, 吉村卓也, 大山健太郎, 木村菜美子, 豊留宗一郎, 村上寿理, 古閑 崇, 品川憲穂, 本庄希江, 野村綾子, 中村康則, 松本幸三, 中村典史 .  鹿児島大学病院口腔顎顔面外科における下顎智歯2回法抜歯術の10年間の成績 .  第21回口腔顔面神経機能学会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前田 綾, 中川 祥子, 丸谷 佳菜子, 岐部 俊郎, 中村 典史, 宮脇 正一 .  骨移植を伴う矯正歯科治療 鹿児島大学における顎裂部骨移植に関連する矯正歯科治療のプロトコールならびに新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植6年後の治療結果について .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大迫 佑季, 大賀 泰彦, 中村 典史, 岐部 俊郎, 宮脇 正一 .  顎間骨整位術と外科的矯正治療を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う反対咬合症例 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎 .  顎裂骨欠損へのOCP/Collagen移植と自家骨移植の骨架橋における三次元的比較 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内野 美菜子, 山下 薫, 岐部 俊郎, 宇都 明莉, 四道 瑠美, 糀谷 淳, 杉村 光隆 .  静脈内鎮静法が抜歯時の自律神経系と心理状態に与える影響 .  日本歯科麻酔学会雑誌  2021年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 椎木 彩乃, 石畑 清秀, 前田 綾, 中川 祥子, Ratman Mohammad Farid, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 宮脇 正一, 中村 典史 .  片側性唇顎口蓋裂患者の唇裂手術時における鼻前庭拡張が硬・軟組織の成長に与える影響の長期的観察 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岐部 俊郎, 中囿 賢太, 石畑 清秀, 本庄 希江, 手塚 征宏, 上栗 裕平, 椎木 彩乃, 中村 典史 .  炭酸アパタイト骨補填材充填したビーグル犬乳歯抜歯部位における後継永久歯自然萠出の評価 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 西原 一秀, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 後藤 尊広, 中村 典史 .  心身両面を支えるチーム医療 家族とともに口唇裂・口蓋裂児に寄り添うチーム医療の取り組み .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 幸三, 伊藤 雅樹, 林 升, 平原 成浩, 岐部 俊郎, 大河内 孝子, 野添 悦郎, 中村 典史 .  当院における口唇・口蓋裂患者の過去15年間の実態調査 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 多田 亮平, 石畑 清秀, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 上栗 裕平, 木村 菜美子, 大河内 孝子, 野添 悦郎, 宮脇 正一, 中村 典史 .  当科開設後40年間の口唇口蓋裂患者における顎矯正手術の臨床統計学的検討 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 佐井 新一, 岐部 俊郎, 石畑 清秀, 手塚 征宏, 大河内 孝子, 野添 悦郎, 西原 一秀, 平泉 成浩, 三村 保, 中村 典史 .  当科における口唇裂・口蓋裂一次症例の40年間の臨床統計的観察 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 上栗 裕平, 手塚 征宏, 小倉 道広, 椎木 彩乃, 岐部 俊郎, 木村 菜美子, 坂田 聡, 中村 典史 .  声門破裂音の改善を認めた口蓋裂児に対する音声可視化システムによる評価の応用 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 香西 早苗, 中新 美保子, 稲川 喜一, 井上 信次, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 中村 典史 .  口唇裂口蓋裂児の同胞のQOL 自己評価と保護者による評価の差異について .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 宇都 明莉, 山下 薫, 内野 美菜子, 岐部 俊郎, 杉村 光隆 .  下顎埋伏智歯抜歯中の交感神経活動は処置前後の不安の変化と関連する .  日本歯科麻酔学会雑誌  2021年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • poster presentation 1st prize

    2019年7月   13th World Congress of The International Cleft Lip & Palate Foundation CLEFT2019  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • 優秀ポスター賞

    2019年5月   日本口蓋裂学会  

    岐部俊郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本口腔科学会学会賞奨励賞

    2012年5月   日本口腔科学会  

    岐部 俊郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 鹿児島大学大学院医歯学奨励賞

    2012年3月   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

    岐部 俊郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 口腔先端科学若手研究者 優秀賞

    2011年12月   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

    岐部 俊郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ベストライター賞

    2020年10月   鹿児島大学歯学部  

    岐部俊郎

     詳細を見る

  • 学術大会優秀発表賞

    2019年11月   日本矯正歯科学会   新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後に顎裂部の骨再生および歯の萌出と移動を認めた片側性唇顎裂の2治験例

    前田(飯野) 綾, 岐部俊郎, 菅 真有, 丸谷佳菜子, 中川祥子, 中村典史, 宮脇正一

     詳細を見る

  • poster presentation 1st prize

    2019年7月   World Congress of The International Cleft Lip and Palate Foundation   International Volunteer Surgical Projects for Cleft Lip or/and Palate Patients in Ethiopia

    西原一秀, 岐部俊郎

     詳細を見る

  • 日本口蓋裂学会雑誌 優秀論文賞

    2019年5月   日本口蓋裂学会   顎裂部自家腸骨海綿骨移植術における採骨部の術後創部状態はRohrer Indexと相関する

    渕上 貴央, 岐部 俊郎, 木村 菜美子, 手塚 征宏, 松永 和秀, ムハンマド スバン アミール, 中村 典史

     詳細を見る

  • 優秀ポスター賞

    2019年5月   日本口蓋裂学会   新規骨再生誘導材OCP/Collagenを用いた 片側性唇顎口蓋裂に対する顎裂治療への有効性

    岐部敏郎, 大河内孝子, 前田(飯野) 綾, 渕上貴央, 手塚征宏, 木村菜美子, 石畑清秀, 宮脇正一, 中村典史

     詳細を見る

  • Suture Expert Contest 3位

    2014年10月   第59回日本口腔外科学会総会  

    岐部 俊郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Suture Expert Contest 3位

    2013年10月   第58回日本口腔外科学会  

    岐部 俊郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • OCP/Collagenが骨芽細胞・血管内皮細胞・線維芽細胞に及ぼす影響

    2020年12月 - 2022年3月

    東洋紡株式会社  共同研究  共同研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  • 炭酸アパタイト骨補填材による口蓋裂治療への応用に関する基礎的研究

    2020年3月 - 2022年3月

    株式会社ジーシー  共同研究  共同研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  • 血管新生誘導マイクロ粒子の応用とWntを標的とした薬剤関連顎骨壊死の新規治療戦略

    2020年 - 2023年

    科学研究費助成事業  基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 骨成長因子・骨再生材料を用いた唇顎口蓋裂患者の顎裂部骨移植術の臨床的研究

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 瘢痕拘縮抑制効果を示す自己治癒誘導型接着性多孔膜の開発

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 口蓋形成手術後のろう孔発生を防止するための多血小板血漿を用いた臨床学的研究

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 口蓋裂術後の瘢痕拘縮分子メカニズムの解明と新規創傷被覆材開発への展開

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 次世代型生体吸収性アパタイト表面被覆Mg合金の骨表面変化に関する研究

    2020年 - 2023年

    科学研究費助成事業  基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 独自の動物実験モデルを用いたエナメル上皮腫の治療標的因子の同定

    2020年 - 2023年

    科学研究費助成事業  基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 奨学寄付金

    2020年

    東洋紡 株式会社 

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

  • 次世代型生体吸収性ハイドロキシアパタイト表面被覆Mg合金の骨内変化に関する研究

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 三叉神経領域の痛覚日内変動機構の解明 ‐効果的な時間薬物療法の確立に向けて‐

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • エナメル上皮腫の骨浸潤メカニズムにおける上皮-間葉クロストーク

    2015年 - 2018年

    科学研究費助成事業  基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  • 共培養実験系を用いたエナメル上皮腫による骨破壊の分子機構解明とリスク判定への応用

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 口腔外科学2

    機関名:鹿児島大学

教育活動に関する受賞

  • ベストライター賞

    2020年10月   鹿児島大学  

その他教育活動及び特記事項

  • 共用試験歯学系OSCE評価者養成workshop I 修了 第863号

  • 共用試験歯学系OSCE評価者養成workshop Ⅱ 修了 第1234号

  • ライター長

  • 学生支援部会

  • OSCE 内部評価者

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医講習会 修了

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 鹿児島県離島歯科巡回診療

    役割:助言・指導, 実演

    2019年12月

     詳細を見る

  • 2019年度鹿児島大学病院・鹿児島県看護協会共催 公開講座 口唇裂・口蓋裂医療を支える看護職のための研修

    役割:パネリスト, 司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    2019年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 熊本市立熊本市民病院セミナー 口唇口蓋裂の一貫治療 出生から手術までの管理について

    役割:講師, 助言・指導

    2019年7月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • エチオピア、Grarbet Hospitalにおける口唇口蓋裂ボランティア手術活動および技術移転

    役割:助言・指導, 運営参加・支援, 実演

    2019年1月 - 2019年2月

     詳細を見る

    種別:その他

    researchmap

  • エチオピア、Grarbet Hospitalにおける口唇口蓋裂ボランティア手術活動

    役割:助言・指導, 運営参加・支援, 実演

    2018年1月 - 2018年2月

     詳細を見る

    種別:その他

    researchmap

  • 第13回 鹿児島口唇口蓋裂親の会「もみじ会」総会

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    鹿児島大学 口唇口蓋裂専門外来  2015年3月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 第12回 鹿児島口唇口蓋裂親の会「もみじ会」総会

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    鹿児島大学 口唇口蓋裂専門外来  2014年3月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • アジア・アフリカにおける口唇口蓋裂医療活動

    役割:寄稿

    鹿児島大学 

▼全件表示