2021/07/09 更新

写真a

ヤマサキ ユウイチ
山﨑 雄一
YAMASAKI Yuichi
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 小児診療センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2016年3月   鹿児島大学 )

学歴

  • 鹿児島大学

    - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 小児診療センター   助教

    2015年4月 - 現在

取得資格

  • リウマチ指導医

  • リウマチ専門医

  • 小児科指導医

  • 小児科専門医

 

論文

  • Yamasaki Y, Kobayashi N, Akioka S, Yamazaki K, Takezaki S, Nakaseko H, Ohara A, Nishimura K, Nishida Y, Sato S, Kishi T, Hashimoto M, Mori M, Okazaki Y, Kuwana M, Ohta A. .  Clinical impact of myositis-specific autoantibodies on long-term prognosis of juvenile idiopathic inflammatory myopathies: multicenter study. .  Rheumatology (Oxford)   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitagawa Y, Kawasaki Y, Yamasaki Y, Kambe N, Takei S, Saito MK. .  Anti-TNF treatment corrects IFN-gamma-dependent proinflammatory signatures in Blau syndrome patient-derived macrophages. .  Journal of Allergy and Clinical Immunology   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2021.05.030.

  • Yamasaki Y, Kubota T, Takei S, Imanaka H, Nonaka Y, Kawano Y. .  A case of cryopyrin-associated periodic fever syndrome during canakinumab administration complicated by inflammatory bowel disease. .  Clinical Rheumatology   2020年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi I, Akioka S, Kobayashi N, Iwata N, Takezaki S, Nakaseko H, Sato S, Nishida Y, Nozawa T, Yamasaki Y, Yamazaki K, Arai S, Nishino I, Mori M. .  Clinical practice guidance for juvenile dermatomyositis (JDM) 2018-update. .  Modern Rheumatology   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamazaki K, Ohta A, Akioka S, Yamasaki Y, Ohara A, Nakaseko H, Nishimura K, Kobayashi N, Nishida Y, Sato S, Takezaki S, Kishi T, Hashimoto M, Kobayashi I, Mori M. .  External validation of the EULAR/ACR idiopathic inflammatory myopathies classification criteria with a Japanese paediatric cohort. .  Rheumatology (Oxford)   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Imamura M, Okamoto Y, Nishikawa T, Yoneyama T, Yamasaki Y, Kawamura J, Kawano Y .  Celecoxib as a Potential Treatment for Intractable Lymphatic Malformation. .  Pediatrics   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki Y, Takei S, Imanaka H, Kubota T, Nonaka Y, Takezaki T, Kawano Y .  S100A12 and vascular endothelial growth factor can differentiate Blau syndrome and familial Mediterranean fever from systemic juvenile idiopathic arthritis. .  Clinical Rheumatology   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hara R, Umebayashi H, Takei S, Okamoto N, Iwata N, Yamasaki Y, Nakagishi Y, Kizawa T, Kobayashi I, Imagawa T, Kinjo N, Amano N, Takahashi Y, Mori M, Itoh Y, Yokota S .  Intravenous abatacept in Japanese patients with polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis: results from a phase III open-label study. .  Pediatric Rheumatology Online Journal   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kubota T, Takei S, Shimizu M, Yasumura J, Nakagishi Y, Kizawa T, Yashiro M, Wakiguchi H, Yamasaki Y, Kawano Y. .  Early prediction for over two years efficacy of the first biologic agent for polyarticular juvenile idiopathic arthritis: A multi-institutional study in Japan. .  Modern Rheumatology   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagakura T, Wakiguchi H, Kubota T, Yamatou T, Yamasaki Y, Nonaka Y, Nerome Y, Akaike H, Takezaki T, Imanaka H, Kawano Y, Takei S. .  Tumor Necrosis Factor Inhibitors Provide Longterm Clinical Benefits in Pediatric and YoungAdult Patients with Blau Syndrome. .  The Journal of Rheumatology   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wakiguchi H, Takei S, Imanaka H, Hiraki T, Higashi M, Yamatou T, Yamasaki Y, Kubota T, Kawano Y. .  Severe gluteal skin ulcers in an infant with juvenile dermatomyositis. .  The European Journal of Dermatology   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kubota T, Imanaka H, Takei S, Yamatou T, Nerome Y, Yamasaki Y, Nonaka Y, Akaike H, Takezaki T, Kawano Y. .  Disease activity score in 28 joints at 3 months after the initiation of biologic agent can be a predictive target for switching to the second biologic agent in patients with polyarticular juvenile idiopathic arthritis. .  Modern Rheumatology   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nerome Y, Akaike H, Nonaka Y, Takezaki T, Kubota T, Yamato T, Yamasaki Y, Imanaka H, Kawano Y, Takei S. .  The safety and effectiveness of HBV vaccination in patients with juvenile idiopathic arthritiscontrolled by treatment. .  Modern Rheumatology   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki Y, Takei S, Imanaka H, Nerome Y, Kubota T, Nonaka Y, Akaike H, Takezaki T, Kawano Y. .  Prediction of long-term remission of oligo/polyarticular juvenile idiopathic arthritis with S100A12 and Vascular Endothelial Growth Factor .  Modern Rheumatology   2015年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimizu M, Nakagishi Y, Inoue N, Mizuta M, Ko G, Saikawa Y, Kubota T, Yamasaki Y, Takei S, Yachie A. .  Interleukin-18 for predicting the development of macrophage activation syndrome in systemic juvenile idiopathic arthritis. .  Clinical Immunology   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimizu M, Nakagishi Y, Kasai K, Yamasaki Y, Miyoshi M, Takei S, Yachie A. .  Tocilizumab masks the clinical symptoms of systemic juvenile idiopathic arthritis associated macrophage activation syndrome: the diagnostic significance of interleukin-18 and interleukin-6. .  Cytokine   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki Y, Nishi J, Nishikawa T, Tatsumoto C, Kasano F, Sano N, Kawano Y, Kawakami K .  Descending necrotizing mediastinitis secondary to retropharyngeal abscess in a child .  The Journal of Infection and Chemotherapy   2008年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kubota Tomohiro, Takei Syuji, Yamato Tsuyoshi, Yamasaki Yuichi, Kawano Yoshifumi .  指骨マイクロジオディック症候群における超音波画像 1症例報告(Ultrasonographic imaging in phalangeal microgeodic syndrome: a case report) .  Modern Rheumatology Case Reports3 ( 1 ) 67 - 69   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Taylor & Francis  

    症例は11歳女児で、3週前からの左足第4つま先と右手第4/第5指の疼痛と腫脹を認めて来院した。身体検査では、左足第4つま先の腫脹、圧痛、局所熱感が判明した。検査データでは、C反応性蛋白、赤沈、マトリックスメタロプロテアーゼ-3は正常範囲内であった。X線検査では、中節骨に複数の小さな溶骨性領域が認められ、指骨マイクロジオディック症候群(PMS)が示唆された。超音波検査では、グレースケール画像で腫脹つま先の中節骨に小型の骨小腔が認められ、パワードップラーを用いると骨小腔と軟部組織に血流シグナル増大が認められた。3ヵ月後、つま先と指の腫脹は薬物療法を行わずに改善した。超音波検査はMRIなどの画像検査に比べて利便性が高く、費用が安いことから、PMSの診断に有用であると考えられた。

  • Kubota Tomohiro, Takei Syuji, Shimizu Masaki, Yasumura Junko, Nakagishi Yasuo, Kizawa Toshitaka, Yashiro Masato, Wakiguchi Hiroyuki, Yamasaki Yuichi, Kawano Yoshifumi .  多関節型若年性特発性関節炎に対して初回導入した生物学的製剤の2年以上の有効性に関する早期予測 日本における多施設共同研究(Early prediction for over two years efficacy of the first biologic agent for polyarticular juvenile idiopathic arthritis: A multi-institutional study in Japan) .  Modern Rheumatology28 ( 5 ) 826 - 831   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Taylor & Francis  

    多関節型若年性特発性関節炎(pJIA)に対して初回導入した生物学的製剤の長期有効性の予測マーカーを特定した。2005年3月〜2014年10月に日本の6施設で治療したpJIA患者を後ろ向きに同定した。診療録からマトリックスメタロプロテイナーゼ-3、赤血球沈降速度(ESR)、disease activity score(DAS)28-ESRを調査した。患者を、初回の生物学的製剤によって2年以上治療に成功した継続治療群24例(女児17例、男児7例、発症時年齢1.2〜15.5歳)と、初回の生物学的製剤が無効であったため別の生物学的製剤に切り替えた切り替え群8例(女児7例、男児1例、年齢6〜14.8歳)に分けた。初回導入した生物学的製剤の治療期間中央値は継続治療群が40ヵ月、切り替え群が9.5ヵ月であった。ウェルチのt検定で、ベースラインから3ヵ月までの両群の各マーカー中央値を解析したところ、2、3ヵ月のDAS28-ESRに両群間で有意差があった。受信者動作特性曲線解析では3ヵ月でのDAS28-ESRカットオフ値2.49が最も高い鑑別能を有した。初回導入した生物学的製剤による治療開始から3ヵ月後のDAS28-ESR<2.49は、臨床的寛解が2年以上継続する予測因子であり、治療標的であることが示唆された。

▼全件表示

MISC

  • 若年性特発性関節炎 カナキヌマブ治療の理論と実際

    監修 森雅亮、武井修治 著者複数名

    メディカルビュー社   2021年4月

  • 成人診療科医のための小児リウマチ性疾患移行支援ガイド

    山﨑雄一, 他

    成人診療科医のための小児リウマチ性疾患移行支援ガイド   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:羊土社  

  • Blau症候群

    山﨑雄一, 他

    小児リウマチ学   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:朝倉書店  

  • 若年性皮膚筋炎診療の手引き

    山﨑雄一, 他

    若年性皮膚筋炎診療の手引き   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:羊土社  

  • 若年性特発性関節炎と免疫抑制薬/生物学的製剤

    山﨑雄一, 他

    小児科   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 小児科臨床実習における学生の担当患者数と学生による実習評価との関連. 査読

    野村裕一、山﨑雄一、児玉祐一、新小田雄一、江口太助、田邊貴幸、徳田浩一、豊島光雄、岡本康裕、河野嘉文

    日本小児科学会雑誌   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 膠原病に見られる発疹

    山﨑雄一, 他

    小児内科   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • SLEにおける肺出血

    山﨑雄一, 武井修治

    小児リウマチ   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 若年性皮膚筋炎(JDM)診療の手引き2018年版 最新情報(Clinical practice guidance for juvenile dermatomyositis(JDM) 2018-Update)

    Kobayashi Ichiro, Akioka Shinji, Kobayashi Norimoto, Iwata Naomi, Takezaki Shunichiro, Nakaseko Haruna, Sato Satoshi, Nishida Yutaka, Nozawa Tomo, Yamasaki Yuichi, Yamazaki Kazuko, Arai Satoru, Nishino Ichizo, Mori Masaaki

    Modern Rheumatology   30 ( 3 )   411 - 423   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Taylor & Francis  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 山﨑雄一 .  少関節炎・多関節炎の病態と分類基準 .  第29回日本小児リウマチ学会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 山﨑雄一 .  若年性特発性関節炎~自己免疫疾患なのか、自己炎症性疾患なのか~ .  第119回日本小児科学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 山﨑雄一 .  s-JIAの治療方針 .  第21回日本小児リウマチ学会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  • 山﨑雄一 .  JIA患者に対するトシリズマブ使用のこつ TCZ投与中におけるMAS早期診断の試み .  第19回日本小児リウマチ学会  2009年10月  招待

  • 山﨑雄一 .  イラリス治療中にMASへ移行したsJIAの1例 .  Nation wide symposia for sJIA  2018年12月  招待

  • 山﨑雄一 .  Drug-free寛解、Bio-Free寛解は可能か .  第20回日本小児リウマチ学会  2011年2月  招待

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 若年性皮膚筋炎の全国前向きコホート研究

    研究課題/領域番号:科学研究費補助金 若手研究  2021年4月 - 2024年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 移行期JIAを中心としたリウマチ性疾患における患者の層別化に基づいた生物学的製剤等の適正使用に資する研究

    2021年4月 - 2024年3月

    厚生労働科学研究費補助金(免疫・アレルギー疾患政策研究事業) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

職務上の実績に関する事項

  • 2021年3月 -現在
    治験管理責任者
 

社会貢献活動

  • 発達障害

    役割:講師

    枕崎市立病院  市民公開講座  2018年12月