2021/06/02 更新

写真a

ゴトウ ユウイチ
後藤 雄一
Yuichi Goto
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 助教
職名
助教
プロフィール
口腔扁平上皮癌の浸潤転移における分子メカニズムの解明
外部リンク

学位

  • 博士(歯学)(2012年3月九州大学) ( 2012年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • 上皮間葉転換

  • 浸潤転移

  • 口腔扁平上皮癌

学歴

  • 九州大学

    2008年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    2001年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座   助教

    2016年9月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター   助教

    2015年4月 - 2016年8月

所属学協会

  • 日本障害者歯科学会

    2018年8月 - 現在

  • 日本癌学会

    2015年9月 - 現在

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

    2012年9月 - 現在

  • 日本口腔腫瘍学会

    2009年1月 - 現在

  • 日本口腔インプラント学会

    2009年1月 - 2018年7月

  • 日本口腔科学会

    2008年5月 - 現在

  • 日本口腔外科学会

    2008年4月 - 現在

▼全件表示

取得資格

  • 日本口腔外科学会認定医

 

論文

  • 新田 哲也, 坂元 亮一, 平原 成浩, 松村 吉晃, 中村 康大, 後藤 雄一 .  ビスフォスフォネート製剤の不適切な服用方法による発症が疑われた口腔粘膜潰瘍 .  日本口腔外科学会雑誌65 ( 9 ) 599 - 604   2019年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The side effects of peroral bisphosphonate may cause mucous membrane disorders and oral exulceration if individuals dissolve the drug inside the oral cavity on oral administration. We experienced two cases in which we strongly suspected mucous ulcurs due to this drug. Finally, the oral exulceration disappeared after providing instructions on correct administration.
     An 83-year-old woman was referred because of exulceration of the right mandible. She suffered from osteoporosis, thoracic vertebra compression fracture, and dementia, while taking alendronate weekly. The exulceration appeared from the right lower lip to the right mandibular molar gingiva when we absorbed pooled saliva in the right oral cavity when the patient was lying down. We instructed the patient to confirm that the tablet was completely swallowed. The ulcers in the oral cavity completely disappeared 17 days after presentation.
     A 74-year-old woman with osteoporosis presented because of bleeding and pain in the gingiva of the right mandible. She was taking monthly minodronate while wearing incompatible dentures. Exulceration occurred with peripheral redness ranging from the right buccal mucosa to the right molar gingiva of the mandible and the tongue/floor of her mouth, along with a ventrolateral tongue. We taught her how to swallow minodoronate correctly without dentures, and the ulcers healed 4 weeks later.

    DOI: https://doi.org/10.5794/jjoms.65.599

  • Maruse Y, Kawano S, Jinno T, Matsubara R, Goto Y, Kaneko N, Sakamoto T, Hashiguchi Y, Moriyama M, Toyoshima T, Kitamura R, Tanaka H, Oobu K, Kiyoshima T, Nakamura S. .  Significant association of increased PD-L1 and PD-1 expression with nodal metastasis and a poor prognosis in oral squamous cell carcinoma. .  Int J Oral Maxillofac Surg.47 ( 7 ) 836 - 845   2018年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijom.2018.01.004.

  • Kaneko N, Kawano S, Yasuda K, Hashiguchi Y, Sakamoto T, Matsubara R, Goto Y, Jinno T, Maruse Y, Morioka M, Hattori T, Tanaka S, Tanaka H, Kiyoshima T, Nakamura S. .  Differential roles of kallikrein-related peptidase 6 in malignant transformation and ΔNp63β-mediated epithelial-mesenchymal transition of oral squamous cell carcinoma. .  Oral Oncol.75   148 - 157   2017年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2017.11.004.

  • Kitamura R, Toyoshima T, Tanaka H, Kawano S, Matsubara R, Goto Y, Jinno T, Maruse Y, Oobu K, Nakamura S. .  Cytokeratin 17 mRNA as a prognostic marker of oral squamous cell carcinoma. .  Oncol Lett.14 ( 6 ) 6735 - 6743   2017年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.7066.

  • Hashiguchi Y, Kawano S, Goto Y, Yasuda K, Kaneko N, Sakamoto T, Matsubara R, Jinno T, Maruse Y, Tanaka H, Morioka M, Hattori T, Tanaka S, Kiyoshima T, Nakamura S. .  Tumor-suppressive roles of ΔNp63β-miR-205 axis in epithelial-mesenchymal transition of oral squamous cell carcinoma via targeting ZEB1 and ZEB2. .  J Cell Physiol.   2017年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcp.26267.

  • Sakamoto T, Kawano S, Matsubara R, Goto Y, Jinno T, Maruse Y, Kaneko N, Hashiguchi Y, Hattori T, Tanaka S, Kitamura R, Kiyoshima T, Nakamura S. .  Critical roles of Wnt5a-Ror2 signaling in aggressiveness of tongue squamous cell carcinoma and production of matrix metalloproteinase-2 via ΔNp63β-mediated epithelial-mesenchymal transition. .  Oral Oncol.69   15 - 25   2017年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: We previously showed that ΔNp63β, a splicing variant of ΔNp63, mediated EMT and affected cell motility. DNA microarray was thus performed to elucidate the mechanism that ΔNp63β affects cell motility. As the results, Wnt5a was significantly down-regulated by ΔNp63β overexpression in tongue SCC cell line (SQUU-B) with EMT phenotype.
    MATERIALS AND METHODS:
    Seven OSCC cell lines were used. Expression of ΔNp63, Wnt5a, its receptor Ror2, and matrix metalloproteinases (MMPs) were analyzed by RT-PCR, real-time PCR, and western blotting, and gelatin zymography. Furthermore, we examined the effects of siRNA for Wnt5a or Ror2 and recombinant human Wnt5a (rhWnt5a) on motility of tongue SCC cells. Biopsy specimens from tongue SCC patients were used for immunohistochemical staining of Wnt5a and Ror2.
    RESULTS:
    Wnt5a and Ror2 were expressed only in SQUU-B cells without ΔNp63 expression, and negatively associated with ΔNp63 expression in other cells. ΔNp63β overexpression in SQUU-B cells decreased Wnt5a and Ror2 expression. By Wnt5a or Ror2 knockdown, cell motility was remarkably inhibited, but EMT markers expression was unaffected. MMP-2 expression and the activities inversely correlated with ΔNp63 expression, and were inhibited by Wnt5a or Ror2 knockdown. Cell motility and MMP-2 activities were recovered by adding rhWnt5a in the cells with Wnt5a knockdown, but not in those with Ror2 knockdown. Moreover, immunohistochemical analyses in tongue SCC specimens found that high expression of Wnt5a or Ror2 was associated with poorer prognosis.
    CONCLUSION:
    Wnt5a-Ror2 signaling enhanced tongue SCC cell aggressiveness and promoted production of MMP-2 following ΔNp63β-mediated EMT.

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2017.03.019.

  • Sakamoto T, Kawano S, Matsubara R, Goto Y, Jinno T, Maruse Y, Kaneko N, Hashiguchi Y, Hattori T, Tanaka S, Kitamura R, Kiyoshima T, Nakamura S. .  Critical roles of Wnt5a-Ror2 signaling in aggressiveness of tongue squamous cell carcinoma and production of matrix metalloproteinase-2 via ΔNp63β-mediated epithelial-mesenchymal transition. .  Oral Oncol.69   15 - 25   2017年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2017.03.019.

  • 見立 英史, 川野 真太郎, 清島 保, 三上 友里恵, 後藤 雄一, 河津 俊幸, 池邉 哲郎, 中村 誠司 .  巨舌を呈した舌対称性脂肪腫症の1例 .  日本口腔腫瘍学会誌28 ( 4 ) 293 - 298   2016年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5843/jsot.28.293

  • Naoki Kaneko, Shintaro Kawano, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Taiki Sakamoto, Yuma Hashiguchi, Masakazu Iida, Seiji Nakamura .  Tongue squamous cell carcinoma producing both parathyroid hormone-related protein and granulocyte-colony-stimulating factor .  World Journal of Surgical Oncology14 ( 1 ) 161   2016年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-016-0918-1

  • Kawano S, Zheng Y, Oobu K, Matsubara R, Goto Y, Chikui T, Yoshitake T, Kiyoshima T, Jinno T, Maruse Y, Mitate E, Kitamura R, Tanaka H, Toyoshima T, Sugiura T, Nakamura S. .  Clinicopathological evaluation of pre-operative chemoradiotherapy with S-1 as a treatment for locally advanced oral squamous cell carcinoma. .  Oncol Lett.11 ( 5 ) 3369 - 3376   2016年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.4411

  • Jinno T, Kawano S, Maruse Y, Matsubara R, Goto Y, Sakamoto T, Hashiguchi Y, Kaneko N, Tanaka H, Kitamura R, Toyoshima T, Jinno A, Moriyama M, Oobu K, Kiyoshima T, Nakamura S. .  Increased expression of interleukin-6 predicts poor response to chemoradiotherapy and unfavorable prognosis in oral squamous cell carcinoma. .  Oncol Rep.33 ( 5 ) 2161 - 2168   2015年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Furukawa S, Moriyama M, Kawano S, Tanaka A, Maehara T, Hayashida JN, Goto Y, Kiyoshima T, Shiratsuchi H, Ohyama Y, Ohta M, Imabayashi Y, Nakamura S. .  Clinical relevance of Kuttner tumour and IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis. .  Oral Dis.21 ( 2 ) 257 - 262   2015年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maruse Y, Kawano S, Kiyoshima T, Goto Y, Matsubara R, Chikui T, Yoshiga D, Nakamura S. .  A case of mucoepidermoid carcinoma of the sublingual gland accompanied with extensive dystrophic calcification and intratumoral bone formation. .  Head Neck.   2015年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohta M, Moriyama M, Goto Y, Kawano S, Tanaka A, Maehara T, Furukawa S, Hayashida JN, Kiyoshima T, Shimizu M, Arinobu Y, Nakamura S .  A case of marginal zone B cell lymphoma mimicking IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis. .  World J Surg Oncol.13 ( 1 ) 67   2015年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shintaro Kawano, Yanqun Zheng, Kazunari Oobu, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Toru Chikui, Tadamasa Yoshitake, Tamotsu Kiyoshima, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Eiji Mitate, Ryoji Kitmura, Hideaki Tanaka, Takeshi Toyoshima, Tsuyoshi Sugiura, and Seiji Nakamura .  Clinicopathological evaluation of preoperative chemoradiotherapy with S-1 for locally advanced oral squamous cell carcinoma .  Oncology Letters   2014年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Moriyama M, Furukawa S, Kawano S, Goto Y, Kiyoshima T, Tanaka A, Maehara T, Hayashida JN, Ohta M, Nakamura S. .  The diagnostic utility of biopsies from the submandibular and labial salivary glands in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so-called Mikulicz's disease. .  Int J Oral Maxillofac Surg.43 ( 10 ) 1276 - 1281   2014年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitate E, Kawano S, Kiyoshima T, Kawazu T, Chikui T, Goto Y, Matsubara R, Nakamura S. .  Carcinoma ex pleomorphic adenoma of the upper lip: a case of an unusual malignant component of squamous cell carcinoma. .  World J Surg Oncol. 17(11): 234. 20147 ( 11 ) 234 - 234   2014年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka H, Toyoshima T1, Sonoda K, Kitamura R, Sasaguri M, Kawano S, Matsubara R, Goto Y, Nakamura S. .  Apoptotic function of tumor-associated antigen RCAS1 in oral squamous cell carcinoma. .  J Transl Med.6 ( 12 ) 112   2014年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Ryota Matsubara, Takahiro Kiyosue, Mituhiro Hirano, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Takeshi Toyoshima, Ryoji Kitamura, Hideaki Tanaka, Kazunari Oobu, Seiji Nakamura .  Possible involvement of ΔNp63 downregulation in the invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma via induction of a mesenchymal phenotype. .  Clin Exp Metastasis.31 ( 3 ) 293 - 306   2014年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kanda S, Mitsuyasu T, Nakao Y, Kawano S, Goto Y, Matsubara R, Nakamura S. .  Anti-apoptotic role of the sonic hedgehog signaling pathway in the proliferation of ameloblastoma. .  Int J Oncol. 43(3): 695-702. 201343 ( 3 ) 695 - 702   2013年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kiyosue T, Kawano S, Matsubara R, Goto Y, Hirano M, Jinno T, Toyoshima T, Kitamura R, Oobu K, Nakamura N. .  Immunohistochemical location of the p75 neurotrophin receptor (p75NTR) in oral leukoplakia and oral squamous cell carcinoma. .  Int J Clin Oncol.18 ( 1 ) 154 - 163   2013年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitate E, Kawano S, Nakao Y, Goto Y, Kobayashi I, Onozawa K, Hashimoto T, Nakamura S. .  Concurrence of autoantibodies to both laminin γ1 and γ2 subunits in a patient with rejection response to transplanted kidney .  Acta Derm Venereol. 93(1): 114-5. 201393 ( 1 ) 114 - 115   2013年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kakehashi H, Kawano S, Moriyama M, Kiyosue T, Matsubara R, Goto Y, Hirano M, Kiyoshima T, Shimizu M, Nakamura S. .  Parotid gland myoepithelioma with remarkable cystic formation: A case report. .  J Oral Maxillofac Surg Pathol Med.25 ( 2 ) 183 - 188   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 森山雅文,神田詩織,川野真太郎,立石康一郎,後藤雄一,中村誠司 .  口腔扁平苔癬および掌蹠膿疱症の発症と金属アレルギーとの関連についての検討 .  日本口腔外科学会雑誌58 ( 12 ) 718 - 722   2012年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉賀大午,川野真太郎,鈴木華子,小林家吉,後藤雄一,中村誠司 .  下顎臼後部に生じた多形腺腫の1例 .  日本口腔外科学会雑誌 第58巻9号 541-45頁 2012年58 ( 9 ) 541 - 545   2012年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitamura R, Toyoshima T. Tanaka H, Kawano S, Takahiro K, Matsubara R, Goto Y, Oobu K, and Nakamura S .  Association of cytokeratin 17 expression with differentiation in oral squamous cell carcinoma .  J Cancer Res Clin Oncol.138 ( 8 ) 1299 - 1310   2012年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsubara R, Kawano S, Chikui T, Kiyosue T, Goto Y, Hirano M, Jinno T, Nagata T, Oobu K, Abe K, Nakamura S .  Clinical significance of combined assessment of the maximum standardized uptake value of F-18 FDG PET with nodal size in the diagnosis of cervical lymph node metastasis of oral squamous cell carcinoma. .  Acad Radiol.19 ( 6 ) 708 - 717   2012年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Goto Y, Kawano S, Matsubara R, Kiyosue T, Hirano M, Jinno T, Maruse Y, Toyoshima T, Kitamura R, Tanaka H, Oobu K, Nakamura S. .  Possible involvement of ΔNp63 downregulation in the invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma via induction of a mesenchymal phenotype. .  Clin Exp Metastasis.31 ( 3 ) 293 - 306   2012年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    PubMed

  • Ryota Matsubara, Shintaro Kawano, Takahiro Kiyosue, Yuichi Goto, Mituhiro Hirano, Teppei Jinno, Takeshi Toyoshima, Ryoji Kitamura, Kazunari Oobu, Seiji Nakamura .  Increased DeltaNp63 expression is predictive of malignant transformation in oral epithelial dysplasia and poor prognosis in oral squamous cell carcinoma. .  Int J Oncol, 39(6): 1391-9. 201139 ( 6 ) 1391 - 1399   2011年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 井出文雄, 小林家吉, 川野真太郎, 後藤雄一 .  Letters to the Editor著明な嚢胞形成を伴った顎下腺多形腺腫の1例 .  日本口腔腫瘍学会雑誌23 ( 2 ) 47 - 48   2011年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 後藤雄一,川野真太郎,大部一成,鈴木華子,松原良太,清末崇裕,小林家吉,白土雄司,中村誠司 .  著明な嚢胞形成を伴った顎下腺多形腺腫の1例 .  日本口腔腫瘍学会雑誌23 ( 1 ) 17 - 23   2011年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 後藤雄一、田畑博章、比地岡浩志、東友太郎、西慶太郎、内野祥徳、田中昭彦、久米健一、別府真広、杉浦 剛 .  Inflammation based prognostic scoreを用いたARONJにおける外科的治療の予後予測 .  日本口腔科学会九州地方部会  日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分市  

    【目的】当科では難治性の骨髄炎であるARONJに対し、近年積極的な感染骨削除による外科的治療を行っている。術後の経過はその後の治癒を左右し、追加治療が必要となることがある。今回われわれは、外科的治療の経過が術前のInflammation based prognostic score(IBPS)を用いて予測が可能か検討を行ったので報告する。【対象と方法】2018年10月から1年間に当科にてARONJと診断し、全身麻酔下に外科的治療を行った24例を対象とし、IBPSと術後経過との関連を検討した。【結果】対象の平均年齢は72.9歳、男性10名、女性14名であった。術後早期の創部し開を11例に認めた。予後は治癒が18例、骨露出の持続や再発を認めたものは6例であった。IBPSとの比較では、創部し開とPrognostic nutrition indexおよび血小板・リンパ球比の間に有意な差を認めた。【結論】術前のIBPSはARONJの外科的治療において、術後早期の経過を予測できる可能性が示された。

  • 東友太郎、後藤雄一、山城康太、松村吉晃、田中秀明、久米健一、田中昭彦、別府真広、山下真由美、浜田倫史、比地岡浩志、杉浦剛 .  口腔癌におけるInflammation based prognostic score(IBPS)の有用性の検討 .  第64回日本口腔外科学会  日本口腔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市  

    血液データの炎症に関連する項目の割合を指標とするInflammation based prognostic score(IBPS)は、近年消化器系の癌を中心として予後推定の指標になると研究されている。また、血液データをもとにすることから患者に対して比較的低侵襲という点でも注目されている。今回、予後推定栄養指数(PNI)、好中球・リンパ球数比(NLR)、血小板・リンパ球数比(PLR)、リンパ球単球数比(LMR)、Japan modified Glasgow prognostic score(JMGPS)、CRP・アルブミン比(CAR)の6つのIBPSに着目した。 【対象と方法】2014年1月から2019年3月までに口腔扁平上皮癌と診断された121例中上皮内癌を除いた109症例のうち、当科で根治的手術を行った103例で上記した各IBPSを求めることができた99例を対象とした。臨床病理的所見を元に2群間に分け各IBPSの有用性ついて検討を行った。

  • 松村吉晃、後藤雄一、比地岡浩志、吉村卓也、別府真広、今村晴幸、坂元亮一、杉浦 剛 .  医療用ヒルにて腹直筋皮弁のうっ血状態が改善した1例 .  第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月26日 - 2017年1月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 金子直樹, 川野真太郎, 松原良太, 後藤雄一, 坂本泰基, 橋口有真, 神野哲平, 丸瀬靖之, 松村万由, 服部多市, 田中秀明, 大部一成, 中村誠司 .  口腔扁平上皮癌におけるkallikrein related peptidase 6の発現と機能に関する研究 .  第35回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  日本口腔腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月26日 - 2017年1月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場  

  • 後藤雄一、今村晴幸、坂元亮一、松村吉晃、石田喬之、別府真広、杉浦 剛 .  左側全頸部郭清後に乳糜胸をきたした1例 .  第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月26日 - 2017年1月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 後藤雄一、濵田倫史、山下麻由美、中村康大、上川善昭、杉浦 剛 .  右側下顎疼痛を初発症状とし脳腫瘍が発見された症候性三叉神経痛の一例 .  第84回日本口腔外科学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市  

  • 橋口有真、川野真太郎、後藤雄一、松原良太、神野哲平、丸瀬靖之、金子直樹、坂本泰基、松村万由、中村誠司 .  口腔扁平上皮癌におけるmiR-205の発現と機能に関する研究 ?特にΔNp63との関連について? .  第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会  日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月16日 - 2016年4月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 金子直樹、川野真太郎、松原良太、後藤雄一、神野哲平、丸瀬靖之、金子直樹、橋口有真、松村万由、中村誠司 .  口腔扁平上皮癌におけるchalkier related peptidase 6の発現と機能 ?上皮間葉転換におけるΔNp63との関わりについて? .  第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会  日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月16日 - 2016年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 坂本泰基、川野真太郎、松原良太、後藤雄一、神野哲平、丸瀬靖之、金子直樹、橋口有真、松村万由、大部一成、中村誠司 .  口腔扁平上皮癌の遊走能におけるΔNp63を介したEnt5a-Ror2シグナル経路の関連 .  第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会  日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月16日 - 2016年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • Taiki SAKAMOTO, Shintaro KAWANO, Ryota MATSUBARA, Teppei JINNO, Yasuyuki MARUSE, Yuichi GOTO, Naoki KANEKO, Yuma HASHIGUCHI, Ryoji KITAMURA, Hideaki TANAKA, and Seiji NAKAMURA .  Involvement of Wnt5a-Ror2 signaling in migration of oral squamous cell c arcinoma cells through ΔNp63 down-regulation .  2016 Annual Congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Taiwan  台湾口腔外科学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月5日 - 2016年3月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台湾  

  • Naoki KANEKO, Shintaro KAWANO, Ryota MATSUBARA, Teppei JINNO, Yasuyuki MARUSE, Yuichi GOTO, Taiki SAKAMOTO, Yuma HASHIGUCHI, Ryoji KITAMURA, Hideaki TANAKA, and Seiji NAKAMURA .  Expression and function of kallikrein-related peptidase 6 in oral squamous cell carcinoma: the association with epithelial-mesenchymal transition mediated by ΔNp63 .  2016 Annual Congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Taiwan  台湾口腔外科学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月5日 - 2016年3月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台湾  

  • 坂本泰基、川野真太郎、松原良太、後藤雄一、神野哲平、丸瀬靖之、金子直樹、橋口有真、松村万由、大部一成、中村誠司 .  口腔扁平上皮癌におけるΔNp63を介した浸潤・転移の分子生物学的メカニズムの 解明 ?Wnt5a-Ror2シグナル経路との関連? .  第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  日本口腔腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月22日 - 2016年1月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Koudai Nakamura, Tomofumi Hamada, Seiji Nakamura, Tsuyoshi Sugiura .  Downregulation of delta-Np63 induces a mesenchymal cell phenotype, possibly involving invasion and metastasis of OSCC .  第74回日本癌学会学術総会  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月8日 - 2015年10月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • Taiki Sakamoto, Kazunari Oobu, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Naoki Kaneko, Yuma Hashiguchi, Masahiko Morioka, Seiji Nakamura .  A clinicopathological study of malignant salivary gland tumors .  第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会   日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月3日 - 2015年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Naoki Kaneko, Kazunari Oobu, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse,Taiki Sakamoto, Yuma Hashiguchi, Masahiko Morioka, Seiji Nakamura .  Usefulness of postoperative chemoradiotherapy for cervical lymph nodes metastasis of OSCC .  第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会   日本頭頸部癌学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月3日 - 2015年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Yuma hashiguchi , Shintaro Kawano , Kazunari Oobu , Ryota Matsubara , Yuichi Goto , Teppei Jinno , Yasuyuki Maruse , Taiki Sakamoto , Naoki Kaneko , Masahiko Morioka , and Seiji Nakamura .  Clinicopathological evaluation of preoperative chemoradiotherapy with S-1 for locally advanced OSCC .  第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会  日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月3日 - 2015年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 後藤 雄一, 川野 真太郎, 松原 良太, 神野 哲平, 丸瀬 靖之, 橋口 有真, 金子 直樹, 坂本 泰基, 豊嶋 健史, 北村 亮二, 田中 秀明, 大部 一成, 杉浦 剛, 中村 誠司 .  口腔扁平上皮癌の浸潤・転移におけるΔNp63を介した上皮 間葉転換の関与 .  第69回日本口腔科学会学術総会  日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月13日 - 2015年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪国際会議場  

  • Yuma Hashiguchi, Shintaro Kawano, Yuichi Goto, Ryota Matsubara, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Naoki Kaneko, Taiki Sakamoto, Kazunari Oobu, and Seiji Nakamura .  A function of microRNA-205 associated withΔNp63 in oral squamous cell carcinoma .  2016 Annual Congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Taiwan  台湾口腔外科学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月5日 - 2015年3月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台湾  

  • 後藤 雄一,大部 一成,星野 亜紀,金子 直樹,今利 一寿,三上 友理恵,森 悦秀,中村 誠司 .  口腔癌手術後に経口にて栄養摂取できなかった症例についての検討 .  第20回日本摂食嚥下リハビリテーション学会  第20回日本摂食嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Ryota Matsubara, Takahiro Kiyosue, Mitsuhiro Hirano, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Takeshi Toyoshima, Ryoji Kitamura, Hideaki Tanaka, Kazunari Oobu, and Seiji Nakamura .  Down-regulation of ΔNp63 possibly involves in the progression of oral squamous cell carcinoma by inducing mesenchymal phenotype .  6th International p63/p73 Workshop  6th International p63/p73 Workshop

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Chiba  

    国際学会

  • 後藤 雄一, 川野 真太郎, 松原 良太, 清末 崇裕, 平野 充広, 豊嶋 健史, 北村 亮二, 大部 一成, 中村 誠司 .  口腔扁平上皮癌における浸潤・転移の分子機構の解明 ΔNp63の発現と上皮-間葉転換との関連について .  第66回日本口腔科学会総会  第66回日本口腔科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 後藤 雄一、川野 真太郎、松原 良太、清末 崇裕、平野 充広、神野 哲平、豊嶋 健史、北村 亮二、田中 秀明、大部 一成、中村 誠司 .  口腔扁平上皮癌の浸潤・転移におけるΔNp63 を介した上皮-間葉転換 の関与 .  第30回日本口腔腫瘍学会総会  第30回日本口腔腫瘍学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • 後藤 雄一, 川野 真太郎, 松原 良太, 清末 崇裕, 平野 充広, 神野 哲平, 豊嶋 健史, 北村 亮二, 大部 一成, 中村 誠司 .  口腔扁平上皮癌の浸潤・転移におけるΔNp63を介した上皮ー間葉転換の関与 .  第56回日本口腔外科学会総会  第56回日本口腔外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Goto Y, Kawano S, Matsubara R, Kiyosue T, Hirano M, Jinno T, Maruse Y, Toyoshima T, Kitamura R, Oobu K, Nakamura S. .  Possible involvement of ΔNp63 in invasion and metastasis of OSCC .  JADR  JADR

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Hiroshima  

    国際学会

  • 後藤 雄一, 川野 真太郎, 松原 良太, 清末 崇裕, 平野 充広, 豊嶋 健史, 北村 亮二, 大部 一成, 中村 誠司 .  口腔扁平上皮癌における浸潤、転移の分子機構の解明 ΔNp63を介した上皮-間葉転換の関与について .  第35回日本頭頸部癌学会  第35回日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 後藤雄一、川野真太郎、南里篤太郎、清末崇裕、松原良太、林田淳之介、碇 竜也、蔵原慎一、大部一成、竹之下康治、森 悦秀、白土雄司、中村誠司 .  ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の臨床的検討 ー保存的治療におけるリスクファクター .  第55回日本口腔外科学会総会  第55回日本口腔外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • Goto Y., Kawano S., Hayashida J., Ikari T., Kurahara S., Toyoshima T., Minamizato T., Kiyosue T ., Matsubara R., Oobu K., Takenoshita Y., Mori Y., Shiratsuchi Y., Nakamura S. .  Resistant factors of the conservative therapy to BRONJ .  10th Biennial Congress of the European Association of Oral Medicine  10th Biennial Congress of the European Association of Oral Medicine

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語  

    開催地:U.K  

    国際学会

  • 後藤雄一、川野真太郎、大部一成、清島 保、中尾 祐、森 康一郎、清末崇裕、松原良太、白土雄司、中村誠司 .  著明な嚢胞化を伴った顎下腺多形腺腫の1例 .  第54回日本口腔外科学会総会  第54回日本口腔外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 後藤雄一・川野真太郎・中尾 祐・南里篤太郎・見立英史・梯 裕恵・松原良太・大部一成・白土雄司、中村誠司 .  保存的治療が有効であったビスフォスフォネート関連顎骨壊死(Stage 3)の2例 .  第77回日本口腔外科学会 九州地方会  第77回日本口腔外科学会 九州地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 後藤雄一、立石康一郎、川野真太郎、原田志織、松原良太、山城崇裕、大部一成、竹之下康治、白砂兼光、中村誠司 .  ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死の臨床的検討 .  第53回日本口腔外科学会総会  第53回日本口腔外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    国内学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 口腔・大腸マイクロバイオーム解析による大腸がんリスク診断および予防概念の創生

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 摂食機能評価に基づいた栄養食事指導の有効性と体組成改善への影響の検討

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 癌遺伝子ΔNp63とmicroRNAを介した癌の浸潤・転移機構の解析と治療応用

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  平成28年度 若手研究(B)

    後藤雄一、杉浦剛、川野真太郎、松原良太

      詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるΔNp63を介した上皮-間葉転換の浸潤・転移における役割

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  平成25年度 若手研究(B)

      詳細を見る

 

社会貢献活動

  • 口腔癌検診

    企画, 運営参加・支援

    指宿市歯科医師会  ふれ愛フェスタ  鹿児島県指宿市開聞総合体育館  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:フェスティバル

    フェスタイベント内にブースを設け口腔癌の早期発見啓蒙活動と実際の検診を行う。

  • 口腔癌検診

    企画, 運営参加・支援

    小林市歯科医師会  小林市体育館  2017年6月

     詳細を見る

    種別:フェスティバル

    口腔癌早期発見の啓蒙活動と実際の口腔癌検診