2021/08/24 更新

写真a

イエイリ サトシ
家入 里志
Satoshi IEIRI
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 医学博士(九州大学甲1568号) ( 2002年1月   九州大学 )

研究キーワード

  • 小児外科

  • 内視鏡外科手術

  • 低侵襲外科手術

  • ロボット手術

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学  / 小児外科学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

学歴

  • 九州大学   医学部

    1988年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学   医学研究院

    1997年4月 - 2001年3月

経歴

  • 鹿児島大学   小児外科学   教授

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 九州大学   准教授

    2014年7月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 九州大学   九州大学病院   講師

    2010年10月 - 2014年6月

  • 九州大学   九州大学病院   助教

    2003年4月 - 2010年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 九州大学   九州大学病院   医員

    2001年4月 - 2003年3月

所属学協会

  • 日本ロボット外科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本消化器外科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本内視鏡外科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本コンピュータ外科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本小児血液・がん学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本小児泌尿器学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本周産期・新生児医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本小児外科学会

    1994年6月 - 現在

  • 日本外科学会

    1994年6月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Onishi S, Kaji T, Nakame K, Yamada K, Murakami M, Sugita K, Yano K, Matsui M, Nagano A, Harumatsu T, Yamada W, Matsukubo M, Muto M, Ieiri S .  Optimal timing of definitive surgery for Hirschsprung's disease to achieve better long-term bowel function. .  Surgery today   2021年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02356-9

    PubMed

  • Masuya R, Miyoshi K, Nakame K, Nanashima A, Ieiri S .  Laparoscopic repositioning of an aberrant right hepatic artery and hepaticojejunostomy for pediatric choledochal cyst: A case report. .  International journal of surgery case reports86   106300   2021年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2021.106300

    PubMed

  • Harumatsu T, Komori K, Ieiri S, Hirobe S .  Preoperatively detected fallopian tube torsion using MRI: A case report. .  Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   2021年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.14597

    PubMed

  • Kawano T, Sugita K, Kedoin C, Nagano A, Matsui M, Murakami M, Kawano M, Yano K, Onishi S, Harumatsu T, Yamada K, Yamada W, Masuya R, Matsukubo M, Muto M, Machigashira S, Nakame K, Mukai M, Kaji T, Ieiri S .  Retroperitoneal teratomas in children: a single institution experience. .  Surgery today   2021年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02327-0

    PubMed

  • Kawano T, Souzaki R, Sumida W, Ishimaru T, Fujishiro J, Hishiki T, Kinoshita Y, Kawashima H, Uchida H, Tajiri T, Yoneda A, Oue T, Kuroda T, Koshinaga T, Hiyama E, Nio M, Inomata Y, Taguchi T, Ieiri S .  Laparoscopic approach for abdominal neuroblastoma in Japan: results from nationwide multicenter survey. .  Surgical endoscopy   2021年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-021-08599-4

    PubMed

  • Nagano A, Onishi S, Kedoin C, Matsui M, Murakami M, Sugita K, Yano K, Harumatsu T, Yamada K, Yamada W, Matsukubo M, Muto M, Kaji T, Ieiri S .  A rare case of accessory liver lobe torsion in a pediatric patient who showed recurrent epigastralgia and who was treated by elective laparoscopic resection. .  Surgical case reports7 ( 1 ) 143   2021年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-021-01231-6

    PubMed

  • Ieiri S, Hino Y, Irie K, Taguchi T .  Single incision laparoscopic repair for late-onset congenital diaphragmatic hernia using oval-shaped multichannel port device (E•Z ACCESS oval type)-2 months infantile case of Bochdalek hernia. .  Asian journal of endoscopic surgery   2021年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12956

    Web of Science

    PubMed

  • Ieiri S, Kai H, Hirose R .  Thoracoscopic intraoperative esophageal close technique for long-gap esophageal atresia. .  Asian journal of endoscopic surgery   2021年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12947

    Web of Science

    PubMed

  • Ieiri S, Nagata K .  Laparoscopic transposition for crossing vessels (vascular hitch) in pure extrinsic pelvic-ureteric junction obstruction: a successful case report of a 2-year-old infant with horseshoe kidney. .  Surgical case reports7 ( 1 ) 103 - 103   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-021-01190-y

    Web of Science

    PubMed

  • Nagano A, Onishi S, Tazaki Y, Kobayashi H, Ieiri S .  Fetal intestinal volvulus without malrotation detected on prenatal ultrasound. .  Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society63 ( 7 ) 845 - 846   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatrics International  

    DOI: 10.1111/ped.14550

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Nakame K, Kaji T, Onishi S, Murakami M, Nagano A, Matsui M, Nagai T, Yano K, Harumatsu T, Yamada K, Yamada W, Masuya R, Muto M, Ieiri S .  A retrospective analysis of the real-time ultrasound-guided supraclavicular approach for the insertion of a tunneled central venous catheter in pediatric patients. .  The journal of vascular access   11297298211008084 - 11297298211008084   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Vascular Access  

    DOI: 10.1177/11297298211008084

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Harumatsu T, Kaji T, Nagano A, Matsui M, Yano K, Onishi S, Yamada K, Yamada W, Matsukubo M, Muto M, Ieiri S .  Early definitive operation for patients with anorectal malformation was associated with a better long-term postoperative bowel function. .  Pediatric surgery international37 ( 4 ) 445 - 450   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04842-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Torikai M, Sugita K, Ibara S, Ishihara C, Kibe M, Murakami K, Shinyama S, Mukai M, Ikee T, Sueyoshi K, Noguchi H, Ieiri S .  Prophylactic efficacy of enteral antifungal administration of miconazole for intestinal perforation, especially for necrotizing enterocolitis: a historical cohort study at a single institution. .  Surgery today51 ( 4 ) 568 - 574   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02125-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Matsukubo M, Kaji T, Onishi S, Harumatsu T, Nagano A, Matsui M, Murakami M, Sugita K, Yano K, Yamada K, Yamada W, Muto M, Ieiri S .  Differential gastric emptiness according to preoperative stomach position in neurological impaired patients who underwent laparoscopic fundoplication and gastrostomy. .  Surgery today   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02274-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Sugita K, Ibara S, Harumatsu T, Ishihara C, Naito Y, Murakami M, Machigashira S, Noguchi H, Muto M, Matsukubo M, Ieiri S .  Potential predictors of the onset of focal intestinal perforation in extremely low birth weight infants based on an analysis of coagulation and fibrinolysis markers at birth: A case-control study based on ten years of experience at a single institution. .  Journal of pediatric surgery56 ( 7 ) 1121 - 1126   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2021.03.043

    Scopus

    PubMed

  • Ieiri S, Ikoma S, Harumatsu T, Onishi S, Murakami M, Muto M, Kaji T .  Trans-perineal transection through "Neo-Anus" for recto-bulbar urethral fistula using a 5-mm stapler in laparoscopically assisted anorectoplasty - A novel and secure technique. .  Asian journal of endoscopic surgery   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12934

    Web of Science

    PubMed

  • 家入 里志, 大西 峻, 祁答院 千寛, 長野 綾香, 松井 まゆ, 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【小児外科疾患における公費負担医療の種類と申請方法】Hirschsprung病 .  小児外科53 ( 3 ) 303 - 307   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Muto M, Sugita K, Ibara S, Masuya R, Matuskubo M, Kawano T, Saruwatari Y, Machigashira S, Sakamoto K, Nakame K, Shinyama S, Torikai M, Hayashida Y, Mukai M, Ikee T, Shimono R, Noguchi H, Ieiri S .  Discrepancy between the survival rate and neuropsychological development in postsurgical extremely low-birth-weight infants: a retrospective study over two decades at a single institution. .  Pediatric surgery international37 ( 3 ) 411 - 417   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04825-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 家入 里志, 大西 峻, 祁答院 千寛, 長野 綾香, 松井 まゆ, 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【小児外科疾患における公費負担医療の種類と申請方法】Hirschsprung病 .  小児外科53 ( 3 ) 303 - 307   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Matsukubo M, Yano K, Kaji T, Sugita K, Onishi S, Harumatsu T, Nagano A, Matsui M, Murakami M, Yamada K, Yamada W, Muto M, Kumagai K, Ido A, Ieiri S .  The administration of hepatocyte growth factor prevents total parenteral nutrition-induced hepatocellular injury in a rat model. .  Pediatric surgery international37 ( 3 ) 353 - 361   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04823-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Murakami M, Kaji T, Nagano A, Matsui M, Onishi S, Yamada K, Ieiri S .  Complete laparoscopic choledochal cyst excision and hepaticojejunostomy with laparoscopic Roux-Y reconstruction using a 5-mm stapler: A case of a 2-month-old infant. .  Asian journal of endoscopic surgery   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12928

    Web of Science

    PubMed

  • Tatsuru K, Keisuke Y, Shun O, Mayu M, Ayaka N, Masakazu M, Koshiro S, Toshio H, Koji Y, Waka Y, Makoto M, Mitsuru M, Kazuhiko N, Satoshi I .  The evaluation of eye gaze using an eye tracking system in simulation training of real-time ultrasound-guided venipuncture. .  The journal of vascular access   1129729820987362 - 1129729820987362   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1129729820987362

    Web of Science

    PubMed

  • Hozaka Y, Sasaki K, Nishikawa T, Onishi S, Noda M, Tsuruda Y, Uchikado Y, Kita Y, Arigami T, Mori S, Maemura K, Ieiri S, Kawano Y, Natsugoe S, Ohtsuka T .  Successful treatment of post chemotherapy esophageal cicatricial atresia in a pediatric patient with anaplastic large cell lymphoma through minimally invasive esophagectomy: a case report. .  Surgical case reports7 ( 1 ) 41 - 41   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-021-01108-8

    Web of Science

    PubMed

  • 町頭 成郎, 中目 和彦, 村上 雅一, 川野 正人, 矢野 圭輔, 山田 耕嗣, 川野 孝文, 加治 建, 上塘 正人, 茨 聡, 家入 里志 .  【出生前診断された小児外科疾患の鑑別と周産期管理】梨状窩嚢胞 .  小児外科53 ( 2 ) 121 - 125   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Machigashira S, Kaji T, Onishi S, Yano K, Harumatsu T, Yamada K, Yamada W, Matsukubo M, Muto M, Ieiri S .  What is the optimal lipid emulsion for preventing intestinal failure-associated liver disease following parenteral feeding in a rat model of short-bowel syndrome? .  Pediatric surgery international37 ( 2 ) 247 - 256   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04802-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 町頭 成郎, 中目 和彦, 村上 雅一, 川野 正人, 矢野 圭輔, 山田 耕嗣, 川野 孝文, 加治 建, 上塘 正人, 茨 聡, 家入 里志 .  【出生前診断された小児外科疾患の鑑別と周産期管理】梨状窩嚢胞 .  小児外科53 ( 2 ) 121 - 125   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Hozaka Yuto, Sasaki Ken, Nishikawa Takuro, Onishi Shun, Noda Masahiro, Tsuruda Yusuke, Uchikado Yasuto, Kita Yoshiaki, Arigami Takaaki, Mori Shinichiro, Maemura Kosei, Ieiri Satoshi, Kawano Yoshifumi, Natsugoe Shoji, Ohtsuka Takao .  Successful treatment of post chemotherapy esophageal cicatricial atresia in a pediatric patient with anaplastic large cell lymphoma through minimally invasive esophagectomy: a case report(和訳中) .  Surgical Case Reports7   1 of 10 - 10 of 10   2021年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • Muto M, Kaji T, Onishi S, Yano K, Yamada W, Ieiri S .  An overview of the current management of short-bowel syndrome in pediatric patients. .  Surgery today   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02207-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Harumatsu T, Kaji T, Nagano A, Matsui M, Murakami M, Sugita K, Matsukubo M, Ieiri S .  Successful thoracoscopic treatment for tracheoesophageal fistula and esophageal atresia of communicating bronchopulmonary foregut malformation group IB with dextrocardia: a case report of VACTERL association. .  Surgical case reports7 ( 1 ) 11 - 11   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-01099-y

    Web of Science

    PubMed

  • Sugita K, Kaji T, Muto M, Nishikawa T, Okamoto Y, Imamura M, Ieiri S .  Successful laparoscopic extirpation of a vasoactive intestinal polypeptide-secreting neuroblastoma originating from the right adrenal gland: A report of an infantile case. .  Asian journal of endoscopic surgery14 ( 3 ) 611 - 614   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12916

    Web of Science

    PubMed

  • 家入 里志, 中目 和彦, 長野 綾香, 松井 まゆ, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建, 村上 雅一, 杉田 光士郎 .  術後機能を考慮した小児呼吸器外科手術 先天性嚢胞性肺疾患を中心に .  日本小児呼吸器学会雑誌31 ( 2 ) 152 - 158   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本小児呼吸器学会  

    小児先天性嚢胞性肺疾患は肺実質内に先天性に気道以外に恒常的に嚢胞が存在する状態をいう。近年は出生前に胎児肺の異常として診断される症例も多く、生直後に呼吸器症状がない場合でも、90%以上の症例で幼児期までに反復する肺感染などを発症するため、乳児期、遅くも幼児期早期までに手術的に病変を切除すべきとされている。治療としては病変部の外科的切除が原則となるが、従来はそのほとんどの症例に対して開胸手術による切除が行われてきた。近年では内視鏡外科手術、つまり胸腔鏡手術で施行される症例が増えている。これは乳幼児・小児の狭小な胸腔内であっても拡大視効果が得られ精緻な手術が可能であること、また従来は成人用デバイスを流用した手術であったが、小児用の細径デバイスが開発され、新生児期であっても技術的に可能となったことが大きい要因である。出生前診断例の手術時期も含めて術後機能を考慮した小児呼吸外科手術の現状を解説する。(著者抄録)

  • Harumatsu Toshio, Kaji Tatsuru, Nagano Ayaka, Matsui Mayu, Murakami Masakazu, Sugita Koshiro, Matsukubo Makoto, Ieiri Satoshi .  Successful thoracoscopic treatment for tracheoesophageal fistula and esophageal atresia of communicating bronchopulmonary foregut malformation group IB with dextrocardia: a case report of VACTERL association(和訳中) .  Surgical Case Reports7   1 of 5 - 5 of 5   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • 家入 里志, 中目 和彦, 長野 綾香, 松井 まゆ, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建, 村上 雅一, 杉田 光士郎 .  術後機能を考慮した小児呼吸器外科手術 先天性嚢胞性肺疾患を中心に .  日本小児呼吸器学会雑誌31 ( 2 ) 152 - 158   2021年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本小児呼吸器学会  

    小児先天性嚢胞性肺疾患は肺実質内に先天性に気道以外に恒常的に嚢胞が存在する状態をいう。近年は出生前に胎児肺の異常として診断される症例も多く、生直後に呼吸器症状がない場合でも、90%以上の症例で幼児期までに反復する肺感染などを発症するため、乳児期、遅くも幼児期早期までに手術的に病変を切除すべきとされている。治療としては病変部の外科的切除が原則となるが、従来はそのほとんどの症例に対して開胸手術による切除が行われてきた。近年では内視鏡外科手術、つまり胸腔鏡手術で施行される症例が増えている。これは乳幼児・小児の狭小な胸腔内であっても拡大視効果が得られ精緻な手術が可能であること、また従来は成人用デバイスを流用した手術であったが、小児用の細径デバイスが開発され、新生児期であっても技術的に可能となったことが大きい要因である。出生前診断例の手術時期も含めて術後機能を考慮した小児呼吸外科手術の現状を解説する。(著者抄録)

  • 加治 建, 大西 峻, 矢野 圭輔, 長野 綾香, 松井 まゆ, 杉田 光士郎, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 家入 里志 .  【腸管リハビリテーションUpdate】腸管関連肝障害 脂肪乳剤 .  外科と代謝・栄養54 ( 6 ) 241 - 244   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    腸管リハビリテーションプログラムとは、腸管不全患者の最終的な治療目標である経口あるいは経腸栄養の確立にむけてのさまざまな取り組みである。なかでも、長期にわたる静脈栄養管理中に起こる腸管不全関連肝障害(intestinal failure associated liver disease:IFALD)の予防、治療が患者の生命予後に大きく影響する。IFALDの原因としてさまざまな要因が考えられてきたが、中でも大豆由来脂肪乳剤の影響について研究が行われ、IFALD治療には100%魚油由来脂肪乳剤の有効性が報告されてきた。また、新規混合脂肪乳剤も欧米では認可され、臨床経験も集積されてきた。これまでの研究結果から各脂肪乳剤の肝臓に及ぼす影響とその効果について解説する。加えて、自施設で行ってきた短腸症候群ラットモデルを用いた各種脂肪乳剤によるIFALDに関する研究では大豆由来脂肪乳剤によるhepatic steatosis、いわゆるNAFLDが起こり、魚油由来脂肪乳剤ではhepatic steatosisが軽減し、T/T比は正常範囲内であることが明らかになった。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00397&link_issn=&doc_id=20201221360005&doc_link_id=%2Fdj5surgi%2F2020%2F005406%2F005%2F0241-0244%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdj5surgi%2F2020%2F005406%2F005%2F0241-0244%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 川野 正人, 武藤 充, 長野 綾香, 松井 まゆ, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 加治 建, 家入 里志 .  脾固定術後に胃固定を必要とした遊走脾2症例の治療経験 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 7 ) 1139 - 1143   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    遊走脾と脾臓固定不良に起因する胃軸捻転の合併はよく知られるが、脾臓固定のみで胃軸捻症状が制御可能かどうかは不詳である。我々は、retroperitoneal pouch法による遊走脾固定術後に胃壁固定の追加を要した2例を経験した。【症例1】3歳女児。脾結腸間膜と脾腎間膜の欠損、胃脾間膜の伸展をみとめた。臓器軸性胃捻転解除と脾固定を行った。食思不振と胃泡の拡張が残り、術後43日目に胃壁固定を追加した。【症例2】9歳男児。脾固定時、脾臓支持靱帯は4つ全て欠損していた。吃逆、腹痛が解消せず胃軸捻転と自然整復を繰り返していると想定し術後337日目に胃壁固定を追加した。遊走脾固定のみではいずれもゆるい臓器軸性胃捻転が残り、患児らの愁訴を解消できなかった。胃脾間膜の異常は、脾臓固定後も胃軸捻転素地として留意すべきであると考えた。遊走脾固定手術の際には、胃壁固定も同時に行うことが望ましいと考えられた。(著者抄録)

  • 鳥飼 源史, 松久保 眞, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 川野 孝文, 義岡 孝子, 連 利博, 加治 建, 家入 里志 .  肝門部結合織に異所性軟骨組織を認めた胆道閉鎖症の1例 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 7 ) 1133 - 1138   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は日齢60女児。日齢40頃より灰白色便と黄疸を認めるようになり、前医で胆道閉鎖症(以下本症)を疑われ、当科に入院となった。身体所見で全身の黄疸と肝腫大を認め、血液検査で直接ビリルビンの上昇と肝機能異常を認めた。超音波検査で胆嚢の萎縮とtriangular cord signが確認され、胆道シンチでは核種の腸管内排泄を認めなかった。本症が強く疑われたため、日齢67に試験開腹術を施行した。術中所見では萎縮した胆嚢と索状の肝外胆管、肝門部の結合組織塊を認め、本症(III-b1-v)と診断し葛西手術を施行した。病理検査では肝門部結合織内の微小胆管構造の周囲に異所性軟骨組織を認めた。異所性軟骨を伴った本症の症例報告はこれまでにも散見され、発生学的異常や炎症による軟骨化生などが発症要因として推測されているが、原因は明らかとなっていない。異所性軟骨を伴った本症の症例報告をまとめて文献的考察を行った。(著者抄録)

  • 武藤 充, 加治 建, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 和歌, Lim DW, 長野 綾香, 松井 まゆ, 松久保 眞, Turner JM, Wales PW, 家入 里志 .  【腸管リハビリテーションUpdate】腸管順応促進ホルモン-ペプチド成長因子を用いた短腸症候群の治療について .  外科と代謝・栄養54 ( 6 ) 229 - 233   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    本稿では短腸症候群に焦点をあて、ペプチド成長因子を用いた残存腸管順応誘導について最近の知見を報告する。われわれは、ghrelin、glucagon-like peptide-2(GLP-2)、epidermal growth factor(EGF)に注目している。Ghrelin投与は完全静脈栄養管理中の腸管粘膜萎縮を抑制し、吸収面積拡張にも寄与することが分かった。GLP-2治療は、腸切除後早期に行うとより効果的であると推測された。GLP-2とEGFは相乗して粘膜透過性を抑制し、腸管バリア機能強化に寄与することが分かった。現在臨床応用されているペプチド成長因子はGLP-2 analogのみであるが、さらに複数を組み合わせることで、より効果的に残存腸管順応を推進することが可能かもしれない。Ghrelin、EGFはその候補としてあげられる。これら因子の至適組み合わせ、適正な投与タイミング、量などに関する検討は今後の課題である。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00397&link_issn=&doc_id=20201221360003&doc_link_id=%2Fdj5surgi%2F2020%2F005406%2F003%2F0229-0233%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdj5surgi%2F2020%2F005406%2F003%2F0229-0233%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 加治 建, 大西 峻, 矢野 圭輔, 長野 綾香, 松井 まゆ, 杉田 光士郎, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 家入 里志 .  【腸管リハビリテーションUpdate】腸管関連肝障害 脂肪乳剤 .  外科と代謝・栄養54 ( 6 ) 241 - 244   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    腸管リハビリテーションプログラムとは、腸管不全患者の最終的な治療目標である経口あるいは経腸栄養の確立にむけてのさまざまな取り組みである。なかでも、長期にわたる静脈栄養管理中に起こる腸管不全関連肝障害(intestinal failure associated liver disease:IFALD)の予防、治療が患者の生命予後に大きく影響する。IFALDの原因としてさまざまな要因が考えられてきたが、中でも大豆由来脂肪乳剤の影響について研究が行われ、IFALD治療には100%魚油由来脂肪乳剤の有効性が報告されてきた。また、新規混合脂肪乳剤も欧米では認可され、臨床経験も集積されてきた。これまでの研究結果から各脂肪乳剤の肝臓に及ぼす影響とその効果について解説する。加えて、自施設で行ってきた短腸症候群ラットモデルを用いた各種脂肪乳剤によるIFALDに関する研究では大豆由来脂肪乳剤によるhepatic steatosis、いわゆるNAFLDが起こり、魚油由来脂肪乳剤ではhepatic steatosisが軽減し、T/T比は正常範囲内であることが明らかになった。(著者抄録)

  • 武藤 充, 加治 建, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 和歌, Lim DW, 長野 綾香, 松井 まゆ, 松久保 眞, Turner JM, Wales PW, 家入 里志 .  【腸管リハビリテーションUpdate】腸管順応促進ホルモン-ペプチド成長因子を用いた短腸症候群の治療について .  外科と代謝・栄養54 ( 6 ) 229 - 233   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    本稿では短腸症候群に焦点をあて、ペプチド成長因子を用いた残存腸管順応誘導について最近の知見を報告する。われわれは、ghrelin、glucagon-like peptide-2(GLP-2)、epidermal growth factor(EGF)に注目している。Ghrelin投与は完全静脈栄養管理中の腸管粘膜萎縮を抑制し、吸収面積拡張にも寄与することが分かった。GLP-2治療は、腸切除後早期に行うとより効果的であると推測された。GLP-2とEGFは相乗して粘膜透過性を抑制し、腸管バリア機能強化に寄与することが分かった。現在臨床応用されているペプチド成長因子はGLP-2 analogのみであるが、さらに複数を組み合わせることで、より効果的に残存腸管順応を推進することが可能かもしれない。Ghrelin、EGFはその候補としてあげられる。これら因子の至適組み合わせ、適正な投与タイミング、量などに関する検討は今後の課題である。(著者抄録)

  • 鳥飼 源史, 松久保 眞, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 川野 孝文, 義岡 孝子, 連 利博, 加治 建, 家入 里志 .  肝門部結合織に異所性軟骨組織を認めた胆道閉鎖症の1例 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 7 ) 1133 - 1138   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は日齢60女児。日齢40頃より灰白色便と黄疸を認めるようになり、前医で胆道閉鎖症(以下本症)を疑われ、当科に入院となった。身体所見で全身の黄疸と肝腫大を認め、血液検査で直接ビリルビンの上昇と肝機能異常を認めた。超音波検査で胆嚢の萎縮とtriangular cord signが確認され、胆道シンチでは核種の腸管内排泄を認めなかった。本症が強く疑われたため、日齢67に試験開腹術を施行した。術中所見では萎縮した胆嚢と索状の肝外胆管、肝門部の結合組織塊を認め、本症(III-b1-v)と診断し葛西手術を施行した。病理検査では肝門部結合織内の微小胆管構造の周囲に異所性軟骨組織を認めた。異所性軟骨を伴った本症の症例報告はこれまでにも散見され、発生学的異常や炎症による軟骨化生などが発症要因として推測されているが、原因は明らかとなっていない。異所性軟骨を伴った本症の症例報告をまとめて文献的考察を行った。(著者抄録)

  • 川野 正人, 武藤 充, 長野 綾香, 松井 まゆ, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 加治 建, 家入 里志 .  脾固定術後に胃固定を必要とした遊走脾2症例の治療経験 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 7 ) 1139 - 1143   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    遊走脾と脾臓固定不良に起因する胃軸捻転の合併はよく知られるが、脾臓固定のみで胃軸捻症状が制御可能かどうかは不詳である。我々は、retroperitoneal pouch法による遊走脾固定術後に胃壁固定の追加を要した2例を経験した。【症例1】3歳女児。脾結腸間膜と脾腎間膜の欠損、胃脾間膜の伸展をみとめた。臓器軸性胃捻転解除と脾固定を行った。食思不振と胃泡の拡張が残り、術後43日目に胃壁固定を追加した。【症例2】9歳男児。脾固定時、脾臓支持靱帯は4つ全て欠損していた。吃逆、腹痛が解消せず胃軸捻転と自然整復を繰り返していると想定し術後337日目に胃壁固定を追加した。遊走脾固定のみではいずれもゆるい臓器軸性胃捻転が残り、患児らの愁訴を解消できなかった。胃脾間膜の異常は、脾臓固定後も胃軸捻転素地として留意すべきであると考えた。遊走脾固定手術の際には、胃壁固定も同時に行うことが望ましいと考えられた。(著者抄録)

  • 鳥飼 源史, 麻田 貴志, 近藤 千博, 鮫島 浩, 家入 里志 .  術前に先天性十二指腸狭窄症と先天性十二指腸閉鎖症の合併が診断された1例 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 6 ) 1032 - 1036   2020年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は男児、在胎29週時の胎児超音波で羊水過多とtriple bubble signを指摘され、高位空腸閉鎖症を疑われていた。在胎35週2日に出生体重2,090g、Apgarスコア5/8、経腟分娩にて出生した。出生後の腹部X線でもtriple bubble signを認めたが、上部消化管造影では十二指腸下行脚部分の嚢胞が造影されず、注腸造影では回盲部がその嚢胞に接していた。腹部単純CTでは嚢胞と肝胆道系との関連はなく、上部消化管造影時の造影剤が嚢胞内に貯留していたため、十二指腸狭窄と十二指腸閉鎖の合併および腸回転異常を疑い、1生日に開腹手術を施行した。輪状膵による十二指腸狭窄症と遠位側の十二指腸閉鎖症(Type II)、腸回転異常症を認めた。ラッド靱帯を処理した後、輪状膵の上下で十二指腸十二指腸吻合し、遠位側の閉鎖部は側々吻合とし、手術を終了した。術後経過良好にて41生日に退院した。(著者抄録)

  • 町頭 成郎, 山田 和歌, 永井 太一朗, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 山田 耕嗣, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  専門外来において治療に難渋する小児慢性機能性便秘症の検討 遺糞症例の特徴と発達障害との相関 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 4 ) 351 - 357   2020年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】当科で経験した慢性機能性便秘症の症例を集計し、患者背景・治療内容・治療成績について考察を行った。【方法】2018年1月〜12月に当科で経験した慢性機能性便秘症48例を対象とした。患者背景として性別と初・再診、発症月齢、病悩期間、初診時月齢を、また治療内容に関しては便塞栓の除去の方法と治療薬の変遷、乳製品制限の有無を、治療成績に関して現在の受診状況と排便抑制と遺糞の改善状況、乳製品制限の効果について診療録を後方視的に検討した。【結果】48例の内訳は男児26例、女児22例、初診16例、再診32例であった。便秘発症月齢は7.5ヵ月、初診時月齢は42ヵ月、病脳期間は30.8ヵ月であった(いずれも中央値)。また初診時の自排便、排便抑制、遺糞の有無はそれぞれ26例/22例、38例/10例、16例/32例であった。治療効果として排便抑制は38例中30例(78.9%)で消失したが、遺糞は16例中10例(62.5%)で残存した。乳製品制限を行った35例中25例(71.4%)でその有効性を認めた。遺糞を有する症例では非遺糞症例より発症月齢(p=0.027)と初診時月齢(p=0.0001)はともに有意に遅い時期となっており、なおかつ病悩期間が有意に長く(p=0.017)、発達障害の有病率も有意に高かった(p=0.00364)。【結論】遺糞症例では発症月齢が遅く、病悩期間も長い傾向にあることから早期の治療介入を行うことで遺糞症状を軽減できる可能性がある。また発達障害の合併率が高いことから、より治療効果を高めるためには従来の便秘治療のみでなく、小児神経専門医との連携も必要と考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20200903140001&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2020%2F005604%2F007%2F0351-0357%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2020%2F005604%2F007%2F0351-0357%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 町頭 成郎, 山田 和歌, 永井 太一朗, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 山田 耕嗣, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  専門外来において治療に難渋する小児慢性機能性便秘症の検討 遺糞症例の特徴と発達障害との相関 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 4 ) 351 - 357   2020年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】当科で経験した慢性機能性便秘症の症例を集計し、患者背景・治療内容・治療成績について考察を行った。【方法】2018年1月〜12月に当科で経験した慢性機能性便秘症48例を対象とした。患者背景として性別と初・再診、発症月齢、病悩期間、初診時月齢を、また治療内容に関しては便塞栓の除去の方法と治療薬の変遷、乳製品制限の有無を、治療成績に関して現在の受診状況と排便抑制と遺糞の改善状況、乳製品制限の効果について診療録を後方視的に検討した。【結果】48例の内訳は男児26例、女児22例、初診16例、再診32例であった。便秘発症月齢は7.5ヵ月、初診時月齢は42ヵ月、病脳期間は30.8ヵ月であった(いずれも中央値)。また初診時の自排便、排便抑制、遺糞の有無はそれぞれ26例/22例、38例/10例、16例/32例であった。治療効果として排便抑制は38例中30例(78.9%)で消失したが、遺糞は16例中10例(62.5%)で残存した。乳製品制限を行った35例中25例(71.4%)でその有効性を認めた。遺糞を有する症例では非遺糞症例より発症月齢(p=0.027)と初診時月齢(p=0.0001)はともに有意に遅い時期となっており、なおかつ病悩期間が有意に長く(p=0.017)、発達障害の有病率も有意に高かった(p=0.00364)。【結論】遺糞症例では発症月齢が遅く、病悩期間も長い傾向にあることから早期の治療介入を行うことで遺糞症状を軽減できる可能性がある。また発達障害の合併率が高いことから、より治療効果を高めるためには従来の便秘治療のみでなく、小児神経専門医との連携も必要と考えられた。(著者抄録)

  • 松久保 眞, 杉田 光士郎, 中目 和彦, 長野 綾香, 松井 まゆ, 村上 雅一, 川野 正人, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 武藤 充, 加治 建, 野口 啓幸, 家入 里志 .  【小児外科臨床研究の基本と展望】腹壁疾患 .  小児外科52 ( 7 ) 749 - 757   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    1985年4月〜2020年3月までの鹿児島県における腹壁異常の手術症例69例の治療成績について後方視的検討を行った。なお、1985年4月〜2004年3月(前期)までは全例が鹿児島大学病院、2004年4月〜2020年3月(後期)までは鹿児島大学病院と鹿児島市立病院で診療された。対象の内訳は臍帯ヘルニア36例(男児19例、女児17例)、腹壁破裂33例(男児16例、女児17例)で、帝王切開での分娩は臍帯ヘルニア21例(58.3%)、腹壁破裂23例(70.0%)であった。術式は一期閉鎖術31例、silo造設のみ1例、silo造設後の二期閉鎖術37例であった。分娩様式や術式別の予後に有意差は認めなかった。死亡例は臍帯ヘルニア5例(13.9%)、腹壁破裂1例(3.0%)で、臍帯ヘルニア5例は染色体異常または重症合併奇形を認めた。出生前診断率、生存率は後期で増加していたが有意差は認めなかった。

  • 家入 里志, 長野 綾香, 松井 まゆ, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【小児外科臨床研究の基本と展望】COI .  小児外科52 ( 7 ) 698 - 703   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 矢野 圭輔, 杉田 光士郎, 家入 里志 .  IFALDの病態解明に基づくGLP-2を用いた新規治療法の開発 .  Medical Science Digest46 ( 7 ) 437 - 440   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

    小児外科疾患により大量小腸切除を余儀なくされた短腸症候群患児らは、長期絶食下での完全静脈栄養(TPN)による術後管理が必要となる。TPN管理下におかれた患児では腸管不全関連肝障害(IFALD)を発症し、予後を大きく左右する。当研究グループでは、これまでにIFALDの予防・治療法について、短腸症候群モデルラットを用いて、様々な消化管ホルモンや漢方薬の予防・治療効果をみるために動物実験を行っている。当研究グループはグルカゴンライクペプチド-2(GLP-2)の腸管順応・抗炎症作用についても報告している。近年では腸管粘膜のtight junction蛋白の発現促進に関与しているとの報告があるが、IFALDに対する効果は不透明である。本研究では、IFALDを発症する短腸症候群モデルラットを用いてGLP-2のIFALDに対する予防・治療効果を検討し、IFALDの新規予防・治療法を開発することを目的としている。(著者抄録)

  • 家入 里志, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 武藤 充 .  胎児・新生児・小児用デバイス開発の動向 .  日本コンピュータ外科学会誌22 ( 3 ) 180 - 183   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J03729&link_issn=&doc_id=20200813170007&doc_link_id=130007892688&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007892688&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 松久保 眞, 杉田 光士郎, 中目 和彦, 長野 綾香, 松井 まゆ, 村上 雅一, 川野 正人, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 武藤 充, 加治 建, 野口 啓幸, 家入 里志 .  【小児外科臨床研究の基本と展望】腹壁疾患 .  小児外科52 ( 7 ) 749 - 757   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    1985年4月〜2020年3月までの鹿児島県における腹壁異常の手術症例69例の治療成績について後方視的検討を行った。なお、1985年4月〜2004年3月(前期)までは全例が鹿児島大学病院、2004年4月〜2020年3月(後期)までは鹿児島大学病院と鹿児島市立病院で診療された。対象の内訳は臍帯ヘルニア36例(男児19例、女児17例)、腹壁破裂33例(男児16例、女児17例)で、帝王切開での分娩は臍帯ヘルニア21例(58.3%)、腹壁破裂23例(70.0%)であった。術式は一期閉鎖術31例、silo造設のみ1例、silo造設後の二期閉鎖術37例であった。分娩様式や術式別の予後に有意差は認めなかった。死亡例は臍帯ヘルニア5例(13.9%)、腹壁破裂1例(3.0%)で、臍帯ヘルニア5例は染色体異常または重症合併奇形を認めた。出生前診断率、生存率は後期で増加していたが有意差は認めなかった。

  • 家入 里志, 長野 綾香, 松井 まゆ, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【小児外科臨床研究の基本と展望】COI .  小児外科52 ( 7 ) 698 - 703   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 矢野 圭輔, 杉田 光士郎, 家入 里志 .  IFALDの病態解明に基づくGLP-2を用いた新規治療法の開発 .  Medical Science Digest46 ( 7 ) 437 - 440   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

    小児外科疾患により大量小腸切除を余儀なくされた短腸症候群患児らは、長期絶食下での完全静脈栄養(TPN)による術後管理が必要となる。TPN管理下におかれた患児では腸管不全関連肝障害(IFALD)を発症し、予後を大きく左右する。当研究グループでは、これまでにIFALDの予防・治療法について、短腸症候群モデルラットを用いて、様々な消化管ホルモンや漢方薬の予防・治療効果をみるために動物実験を行っている。当研究グループはグルカゴンライクペプチド-2(GLP-2)の腸管順応・抗炎症作用についても報告している。近年では腸管粘膜のtight junction蛋白の発現促進に関与しているとの報告があるが、IFALDに対する効果は不透明である。本研究では、IFALDを発症する短腸症候群モデルラットを用いてGLP-2のIFALDに対する予防・治療効果を検討し、IFALDの新規予防・治療法を開発することを目的としている。(著者抄録)

  • 家入 里志, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 武藤 充 .  胎児・新生児・小児用デバイス開発の動向 .  日本コンピュータ外科学会誌22 ( 3 ) 180 - 183   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

  • Murakami Masakazu, Onishi Shun, Ohya Yuki, Kawabata Seiichi, Isono Kaori, Sugawara Yasuhiko, Asato Tsuguharu, Honda Yumi, Mikami Yoshiki, Inomata Yukihiro, Hibi Taizo, Ieiri Satoshi .  Langerhans cell histiocytosis confined to extrahepatic bile duct causing sclerosing cholangitis in child: a case report. .  Surg Case Rep6 ( 1 ) 137 - 137   2020年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Langerhans cell histiocytosis (LCH) is an abnormal accumulation of Langerhans cells in various organs that sometimes induces organ dysfunction. LCH can affect the liver, resulting in sclerosing cholangitis and biliary cirrhosis. However, liver and bile duct involvement is usually observed in the disseminated form of LCH. We herein report a rare case of LCH localized only in the extrahepatic bile duct that resulted in severe liver cirrhosis. CASE PRESENTATION: A 3-year-old boy with elevated liver enzymes, obstructive jaundice, and dilation of the common bile duct was referred to our institution. Contrast-enhanced computed tomography showed atrophy of the right hepatic lobe, relative hypertrophy of the left hepatic lobe, choledocholiths, and biliary debris extensively with biliary duct dilation. Magnetic resonance cholangiopancreatography revealed dilation of the intrahepatic and extrahepatic bile ducts and multiple choleliths in the gallbladder and common bile duct. Laparoscopic cholecystectomy, intraoperative cholangiography, liver biopsy, and gastrointestinal fiberscopy were performed. A liver specimen showed severe biliary cirrhosis due to sclerosing cholangitis. The patient then underwent living-donor liver transplantation because of severe liver cirrhosis 3 months after the first surgery. The common bile duct was not suitable for duct-to-duct anastomosis and was resected because of severe inflammation. Histologic sections of the common bile duct showed histiocytic cell proliferation. Immunohistochemistry revealed histiocytoses that were positive for Langerin, S-100 protein, and CD1a. However, no histiocytic cell proliferation was noted in the liver tissue. The definitive diagnosis was LCH localized to the extrahepatic bile duct. LCH in the extrahepatic bile duct seemed to cause sclerosing cholangitis. The patient was discharged uneventfully 2 months after living-donor liver transplantation. CONCLUSIONS: LCH localized to the extrahepatic bile duct is extremely rare; however, LCH can still affect the extrahepatic bile ducts on occasion. LCH should be considered as a differential diagnosis if pediatric patients show the presence of sclerosing cholangitis.

    DOI: 10.1186/s40792-020-00899-6

    Web of Science

    PubMed

  • Murakami Masakazu, Onishi Shun, Ohya Yuki, Kawabata Seiichi, Isono Kaori, Sugawara Yasuhiko, Asato Tsuguharu, Honda Yumi, Mikami Yoshiki, Inomata Yukihiro, Hibi Taizo, Ieiri Satoshi .  肝外胆管に限局するランゲルハンス細胞組織球症の小児患者における硬化性胆管炎 1症例報告(Langerhans cell histiocytosis confined to extrahepatic bile duct causing sclerosing cholangitis in child: a case report) .  Surgical Case Reports6   1 of 6 - 6 of 6   2020年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    症例は3歳男児で、胆管炎の治療時に閉塞性黄疸と総胆管拡張を認め、先天性胆道拡張症の疑いで当院へ紹介された。受診時の臨床検査でASTは104U/L、ALTは39U/L、ALPは2206U/L、GGTは133U/L、総ビリルビンは1.7mg/dL、直接ビリルビンは0.6mg/dLであった。CT造影で肝右葉の萎縮、左葉の腫大、総胆管結石、胆嚢内のdebris貯留、総胆管拡張症を認めた。また脾腫大と食道静脈瘤も見られた。以上の所見から門脈圧亢進症と肝硬変を疑った。MR胆管膵管撮影で肝内胆管および肝外胆管の拡張、複数の胆嚢結石および総胆管結石を認め、腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した。術中に胆管造影を施行し、胆管の合流形態に異常がないことを確認した。右葉の肝内胆管は描出されなかった。腹腔鏡下に胆嚢を摘出し、肝生検を実施した。生検の病理組織学的所見は肝硬変と一致した。術後経過は良好であったが、肝硬変が進行したため、3ヵ月後に生体肝移植を施行した。切除した総胆管の病理組織学的所見から肝外胆管に限局するランゲルハンス細胞組織球症と診断した。生体肝移植による合併症はなく、4年後の再診で症状の再発は見られなかった。

  • 小幡 聡, 家入 里志, 田口 智章 .  【Hirschsprung病手術の現在】わが国のHirschsprung病に対する腹腔鏡手術の現在 全国調査結果より .  小児外科52 ( 4 ) 331 - 334   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 武藤 充, 杉田 光士郎, 村上 雅一, 家入 里志 .  出生前診断された先天性胆道拡張症5症例 生後早期の拡張胆管空腸吻合術の効果の検討 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 2 ) 188 - 193   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】先天性胆道拡張症(以下本症)の出生前診断症例は、閉塞性黄疸や消化管通過障害などの有症状症例には早期対応が求められる。しかし、早期対応の方法に関しては、一律の方針はない。今回、出生前診断され、閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認めた本症に対して、生後早期に拡張胆管空腸吻合術(以下本術式)を施行し良好な結果を得たので報告する。【方法】2014年1月から2019年1月までに出生前診断された本症5症例を対象とした。出生後、全症例に本術式後に、二期的根治術(拡張胆管切除、肝管空腸吻合術)を行った。患者背景・手術成績等に関して後方視的に検討し、本術式の妥当性を評価した。【結果】平均在胎週数25週時に胎児超音波検査で指摘された。出生時の平均在胎週数は、38週6日、平均出生体重3,380gであった。戸谷分類は、Iaが3症例でIV-Aが2症例であった。全症例で、出生後早期に本術式を施行した。術後合併症は認めず、症状の改善を得られた。二期的根治手術は4症例に対して平均月例11.5月、平均体重8.8kgで施行した。1症例は、根治手術待機中である。【結論】全症例で生後早期に閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認めたため、本術式を行った。術後に症状は改善を認め、4症例に対し二期的根治手術を施行し、良好な結果を得られている。本術式後に二期的根治術を行う方法は、手技が簡単であり、出生早期の児に対しても安全に行うことができ、出生前診断された閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認める本症に対する治療方針の1つとして考慮してもよいと思われる。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20200526240002&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2020%2F005602%2F002%2F0188-0193%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2020%2F005602%2F002%2F0188-0193%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 山田 耕嗣, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建, 家入 里志 .  【Hirschsprung病手術の現在】開腹Soave-伝田法 .  小児外科52 ( 4 ) 365 - 367   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 小幡 聡, 家入 里志, 田口 智章 .  【Hirschsprung病手術の現在】わが国のHirschsprung病に対する腹腔鏡手術の現在 全国調査結果より .  小児外科52 ( 4 ) 331 - 334   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 武藤 充, 杉田 光士郎, 村上 雅一, 家入 里志 .  出生前診断された先天性胆道拡張症5症例 生後早期の拡張胆管空腸吻合術の効果の検討 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 2 ) 188 - 193   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】先天性胆道拡張症(以下本症)の出生前診断症例は、閉塞性黄疸や消化管通過障害などの有症状症例には早期対応が求められる。しかし、早期対応の方法に関しては、一律の方針はない。今回、出生前診断され、閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認めた本症に対して、生後早期に拡張胆管空腸吻合術(以下本術式)を施行し良好な結果を得たので報告する。【方法】2014年1月から2019年1月までに出生前診断された本症5症例を対象とした。出生後、全症例に本術式後に、二期的根治術(拡張胆管切除、肝管空腸吻合術)を行った。患者背景・手術成績等に関して後方視的に検討し、本術式の妥当性を評価した。【結果】平均在胎週数25週時に胎児超音波検査で指摘された。出生時の平均在胎週数は、38週6日、平均出生体重3,380gであった。戸谷分類は、Iaが3症例でIV-Aが2症例であった。全症例で、出生後早期に本術式を施行した。術後合併症は認めず、症状の改善を得られた。二期的根治手術は4症例に対して平均月例11.5月、平均体重8.8kgで施行した。1症例は、根治手術待機中である。【結論】全症例で生後早期に閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認めたため、本術式を行った。術後に症状は改善を認め、4症例に対し二期的根治手術を施行し、良好な結果を得られている。本術式後に二期的根治術を行う方法は、手技が簡単であり、出生早期の児に対しても安全に行うことができ、出生前診断された閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認める本症に対する治療方針の1つとして考慮してもよいと思われる。(著者抄録)

  • 山田 耕嗣, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建, 家入 里志 .  【Hirschsprung病手術の現在】開腹Soave-伝田法 .  小児外科52 ( 4 ) 365 - 367   2020年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 連 利博, 家入 里志, 春松 敏夫 .  【新生児消化器疾患】胆道閉鎖症の成因 母親マイクロキメリズム仮説を中心に .  日本新生児成育医学会雑誌32 ( 1 ) 11 - 16   2020年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本新生児成育医学会  

    胆道閉鎖症(BA)は新生児・乳児に見られる胆道系の炎症疾患であるが、原因は不明である。本稿ではMaternal microchimerismに伴う移植片対宿主病(GvHD)説を中心に、これまで提唱された仮説を紹介する。BAにおいては母親由来細胞が共存するマイクロキメリズムが存在し、免疫学的には免疫と寛容の間で何らかの反応がありうる。肝の病理組織学的所見はGvHDと類似している。疫学的にも発症頻度はその民族の最頻ハプロタイプの頻度と相関するので、BAにおける遺伝的素因とは免疫学的均一性にあると言える。BAにおける肝内門脈枝は狭細化し肝動脈にも中膜肥厚がある。血管内皮や胆管上皮はアロリンパ球のターゲットとなりうるので胎生期GvHDとしても矛盾しない。本仮説によるBAの成立時期は肝内胆管発生におけるDuctal plate期から妊娠の前半であると考えられ、葛西手術後は母児間の免疫と寛容のバランスにより母親由来細胞が排除されるかどうかで予後が決定されるものと考えている。(著者抄録)

  • 加治 建, 武藤 充, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 松久 保眞, 連 利博, 家入 里志 .  【そこが知りたいシリーズ:手術で必要な局所解剖(腹部編)】STEP手術(短腸症候群) .  小児外科52 ( 2 ) 149 - 153   2020年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 連 利博, 家入 里志, 春松 敏夫 .  【新生児消化器疾患】胆道閉鎖症の成因 母親マイクロキメリズム仮説を中心に .  日本新生児成育医学会雑誌32 ( 1 ) 11 - 16   2020年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本新生児成育医学会  

    胆道閉鎖症(BA)は新生児・乳児に見られる胆道系の炎症疾患であるが、原因は不明である。本稿ではMaternal microchimerismに伴う移植片対宿主病(GvHD)説を中心に、これまで提唱された仮説を紹介する。BAにおいては母親由来細胞が共存するマイクロキメリズムが存在し、免疫学的には免疫と寛容の間で何らかの反応がありうる。肝の病理組織学的所見はGvHDと類似している。疫学的にも発症頻度はその民族の最頻ハプロタイプの頻度と相関するので、BAにおける遺伝的素因とは免疫学的均一性にあると言える。BAにおける肝内門脈枝は狭細化し肝動脈にも中膜肥厚がある。血管内皮や胆管上皮はアロリンパ球のターゲットとなりうるので胎生期GvHDとしても矛盾しない。本仮説によるBAの成立時期は肝内胆管発生におけるDuctal plate期から妊娠の前半であると考えられ、葛西手術後は母児間の免疫と寛容のバランスにより母親由来細胞が排除されるかどうかで予後が決定されるものと考えている。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J06618&link_issn=&doc_id=20200330360003&doc_link_id=%2Fcr5newne%2F2020%2F003201%2F004%2F0011-0016%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcr5newne%2F2020%2F003201%2F004%2F0011-0016%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 家入 里志, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【そこが知りたいシリーズ:手術で必要な局所解剖(腹部編)】腹腔鏡下胆嚢摘出術(胆石症) .  小児外科52 ( 2 ) 170 - 175   2020年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 加治 建, 武藤 充, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 松久 保眞, 連 利博, 家入 里志 .  【そこが知りたいシリーズ:手術で必要な局所解剖(腹部編)】STEP手術(短腸症候群) .  小児外科52 ( 2 ) 149 - 153   2020年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 家入 里志, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【そこが知りたいシリーズ:手術で必要な局所解剖(腹部編)】腹腔鏡下胆嚢摘出術(胆石症) .  小児外科52 ( 2 ) 170 - 175   2020年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Inomata Masafumi, Shiroshita Hidefumi, Uchida Hiroki, Bandoh Toshio, Akira Shigeo, Yamaguchi Shigeki, Kurokawa Yukinori, Seki Yosuke, Eguchi Susumu, Wada Norihito, Takiguchi Shuji, Ieiri Satoshi, Endo Shunsuke, Iwazaki Masayuki, Sato Yukio, Tamaki Yasuhiro, Kitamura Kaoru, Tabata Minoru, Kanayama Hiroomi, Mimata Hiromitsu, Hasegawa Toru, Takahashi Hiroshi, Onishi Kiyoshi, Uemura Tetsuji, Hashizume Makoto, Matsumoto Sumio, Kitano Seigo, Watanabe Masahiko .  日本における内視鏡手術の現状 日本内視鏡外科学会による内視鏡下手術に関しての第14回全国調査(Current status of endoscopic surgery in Japan: The 14th National Survey of Endoscopic Surgery by the Japan Society for Endoscopic Surgery) .  Asian Journal of Endoscopic Surgery13 ( 1 ) 7 - 18   2020年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    日本で最初の内視鏡下手術が施行された1990年以来、日本内視鏡外科学会は2年毎に内視鏡下手術の現状について調べる全国規模の質問票調査を行ってきた。本稿では、2016〜2017年に施行した第14回質問票調査の結果を記述する。日本国内の3290施設を対象に質問票を送付し、うち1336施設(40.6%)から回答を得た。2017年には全手術領域あわせて延べ248743名の患者が内視鏡下手術を受けていた。その手術領域としては、腹部手術、胸部手術、乳房と甲状腺の手術、心血管手術、産婦人科領域、泌尿器科領域、整形外科領域、および形成外科領域などが含まれた。

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 武藤 充, 杉田 光士郎, 村上 雅一, 家入 里志 .  出生前診断された先天性胆道拡張症5症例:―生後早期の拡張胆管空腸吻合術の効果の検討― .  日本小児外科学会雑誌56 ( 2 ) 188 - 193   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】先天性胆道拡張症(以下本症)の出生前診断症例は,閉塞性黄疸や消化管通過障害などの有症状症例には早期対応が求められる.しかし,早期対応の方法に関しては,一律の方針はない.今回,出生前診断され,閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認めた本症に対して,生後早期に拡張胆管空腸吻合術(以下本術式)を施行し良好な結果を得たので報告する.</p><p>【方法】2014年1月から2019年1月までに出生前診断された本症5症例を対象とした.出生後,全症例に本術式後に,二期的根治術(拡張胆管切除,肝管空腸吻合術)を行った.患者背景・手術成績等に関して後方視的に検討し,本術式の妥当性を評価した.</p><p>【結果】平均在胎週数25週時に胎児超音波検査で指摘された.出生時の平均在胎週数は,38週6日,平均出生体重3,380 gであった.戸谷分類は,Iaが3症例でIV-Aが2症例であった.全症例で,出生後早期に本術式を施行した.術後合併症は認めず,症状の改善を得られた.二期的根治手術は4症例に対して平均月例11.5月,平均体重8.8 kgで施行した.1症例は,根治手術待機中である.</p><p>【結論】全症例で生後早期に閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認めたため,本術式を行った.術後に症状は改善を認め,4症例に対し二期的根治手術を施行し,良好な結果を得られている.本術式後に二期的根治術を行う方法は,手技が簡単であり,出生早期の児に対しても安全に行うことができ,出生前診断された閉塞性黄疸や消化管通過障害などの症状を認める本症に対する治療方針の1つとして考慮してもよいと思われる.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.56.2_188

    CiNii Article

  • 町頭 成郎, 家入 里志, 山田 和歌, 永井 太一朗, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 山田 耕嗣, 向井 基, 加治 建 .  専門外来において治療に難渋する小児慢性機能性便秘症の検討:―遺糞症例の特徴と発達障害との相関― .  日本小児外科学会雑誌56 ( 4 ) 351 - 357   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】当科で経験した慢性機能性便秘症の症例を集計し,患者背景・治療内容・治療成績について考察を行った.</p><p>【方法】2018年1月~12月に当科で経験した慢性機能性便秘症48例を対象とした.患者背景として性別と初・再診,発症月齢,病悩期間,初診時月齢を,また治療内容に関しては便塞栓の除去の方法と治療薬の変遷,乳製品制限の有無を,治療成績に関して現在の受診状況と排便抑制と遺糞の改善状況,乳製品制限の効果について診療録を後方視的に検討した.</p><p>【結果】48例の内訳は男児26例,女児22例,初診16例,再診32例であった.便秘発症月齢は7.5か月,初診時月齢は42か月,病脳期間は30.8か月であった(いずれも中央値).また初診時の自排便,排便抑制,遺糞の有無はそれぞれ26例/22例,38例/10例,16例/32例であった.治療効果として排便抑制は38例中30例(78.9%)で消失したが,遺糞は16例中10例(62.5%)で残存した.乳製品制限を行った35例中25例(71.4%)でその有効性を認めた.遺糞を有する症例では非遺糞症例より発症月齢(<i>p</i>=0.027)と初診時月齢(<i>p</i>=0.0001)はともに有意に遅い時期となっており,なおかつ病悩期間が有意に長く(<i>p</i>=0.017),発達障害の有病率も有意に高かった(<i>p</i>=0.00364).</p><p>【結論】遺糞症例では発症月齢が遅く,病脳期間も長い傾向にあることから早期の治療介入を行うことで遺糞症状を軽減できる可能性がある.また発達障害の合併率が高いことから,より治療効果を高めるためには従来の便秘治療のみでなく,小児神経専門医との連携も必要と考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.56.4_351

    CiNii Article

  • 大西 峻, 武藤 充, 加治 建, 家入 里志, 山田 耕嗣, 長野 綾香, 松井 まゆ, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 春松 敏夫, 山田 和歌, 松久保 眞 .  手術時に高度の肝硬変を認めた先天性胆道拡張症の乳児例に対し腹 腔鏡下肝管空腸吻合術を施行した一例 .  日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス43 ( 0 ) 68 - 69   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本膵・胆管合流異常研究会  

    DOI: 10.34410/jspbm.43.0_68

    CiNii Article

  • 鳥飼 源史, 麻田 貴志, 近藤 千博, 鮫島 浩, 家入 里志 .  術前に先天性十二指腸狭窄症と先天性十二指腸閉鎖症の合併が診断された1例 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 6 ) 1032 - 1036   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は男児,在胎29週時の胎児超音波で羊水過多とtriple bubble signを指摘され,高位空腸閉鎖症を疑われていた.在胎35週2日に出生体重2,090 g,Apgarスコア5/8,経膣分娩にて出生した.出生後の腹部X線でもtriple bubble signを認めたが,上部消化管造影では十二指腸下行脚部分の囊胞が造影されず,注腸造影では回盲部がその囊胞に接していた.腹部単純CTでは囊胞と肝胆道系との関連はなく,上部消化管造影時の造影剤が囊胞内に貯留していたため,十二指腸狭窄と十二指腸閉鎖の合併および腸回転異常を疑い,1生日に開腹手術を施行した.輪状膵による十二指腸狭窄症と遠位側の十二指腸閉鎖症(Type II),腸回転異常症を認めた.ラッド靭帯を処理した後,輪状膵の上下で十二指腸十二指腸吻合し,遠位側の閉鎖部は側々吻合とし,手術を終了した.術後経過良好にて41生日に退院した.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.56.6_1032

    CiNii Article

  • 武藤 充, JM Turner, PW Wales, 家入 里志, 加治 建, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 和歌, DW Lim, 長野 綾香, 松井 まゆ, 松久保 眞 .  腸管順応促進ホルモン−ペプチド成長因子を用いた 短腸症候群の治療について .  外科と代謝・栄養54 ( 6 ) 229 - 233   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    &emsp;本稿では短腸症候群に焦点をあて, ペプチド成長因子を用いた残存腸管順応誘導について最近の知見を報告する. われわれは, ghrelin, glucagon‐like peptide‐2 (GLP‐2), epidermal growth factor(EGF)に注目している. Ghrelin投与は完全静脈栄養管理中の腸管粘膜委縮を抑制し, 吸収面積拡張にも寄与することが分かった. GLP‐2治療は, 腸切除後早期に行うとより効果的であると推測された. GLP‐2とEGFは相乗して粘膜透過性を抑制し, 腸管バリア機能強化に寄与することが分かった. 現在臨床応用されているペプチド成長因子はGLP‐2 analogのみであるが, さらに複数を組み合わせることで, より効果的に残存腸管順応を推進することが可能かもしれない. Ghrelin, EGFはその候補としてあげられる. これら因子の至適組み合わせ, 適正な投与タイミング, 量などに関する検討は今後の課題である.

    DOI: 10.11638/jssmn.54.6_229

    CiNii Article

  • 加治 建, 松久保 眞, 武藤 充, 家入 里志, 大西 峻, 矢野 圭輔, 長野 綾香, 松井 まゆ, 杉田 光士郎, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌 .  腸管関連肝障害:脂肪乳剤 .  外科と代謝・栄養54 ( 6 ) 241 - 244   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    &emsp;腸管リハビリテーションプログラムとは, 腸管不全患者の最終的な治療目標である経口あるいは経腸栄養の確立にむけてのさまざまな取り組みである. なかでも, 長期にわたる静脈栄養管理中に起こる腸管不全関連肝障害 (intestinal failure associated liver disease : IFALD) の予防, 治療が患者の生命予後に大きく影響する. FALDの原因としてさまざまな要因が考えられてきたが, 中でも大豆由来脂肪乳剤の影響について研究が行われ, IFALD治療には100%魚油由来脂肪乳剤の有効性が報告されてきた. また, 新規混合脂肪乳剤も欧米では認可され, 臨床経験も集積されてきた. これまでの研究結果から各脂肪乳剤の肝臓に及ぼす影響とその効果について解説する. 加えて, 自施設で行ってきた短腸症候群ラットモデルを用いた各種脂肪乳剤によるIFALDに関する研究では大豆由来脂肪乳剤によるhepatic steatosis, いわゆるNAFLDが起こり, 魚油由来脂肪乳剤ではhepatic steatosisが軽減し, T/T比は正常範囲内であることが明らかになった.

    DOI: 10.11638/jssmn.54.6_241

    CiNii Article

  • 川野 正人, 家入 里志, 武藤 充, 長野 綾香, 松井 まゆ, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 加治 建 .  脾固定術後に胃固定を必要とした遊走脾2症例の治療経験 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 7 ) 1139 - 1143   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>遊走脾と脾臓固定不良に起因する胃軸捻転の合併はよく知られるが,脾臓固定のみで胃軸捻症状が制御可能かどうかは不詳である.我々は,retroperitoneal pouch法による遊走脾固定術後に胃壁固定の追加を要した2例を経験した.【症例1】3歳女児.脾結腸間膜と脾腎間膜の欠損,胃脾間膜の伸展をみとめた.臓器軸性胃捻転解除と脾固定を行った.食思不振と胃泡の拡張が残り,術後43日目に胃壁固定を追加した.【症例2】9歳男児.脾固定時,脾臓支持靭帯は4つ全て欠損していた.吃逆,腹痛が解消せず胃軸捻転と自然整復を繰り返していると想定し術後337日目に胃壁固定を追加した.遊走脾固定のみではいずれもゆるい臓器軸性胃捻転が残り,患児らの愁訴を解消できなかった.胃脾間膜の異常は,脾臓固定後も胃軸捻転素地として留意すべきであると考えた.遊走脾固定手術の際には,胃壁固定も同時に行うことが望ましいと考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.56.7_1139

    CiNii Article

  • 家入 里志, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 武藤 充 .  胎児・新生児・小児用デバイス開発の動向 .  日本コンピュータ外科学会誌22 ( 3 ) 180 - 183   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

    DOI: 10.5759/jscas.22.180

    CiNii Article

  • 鳥飼 源史, 家入 里志, 松久保 眞, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 川野 孝文, 義岡 孝子, 連 利博, 加治 建 .  肝門部結合織に異所性軟骨組織を認めた胆道閉鎖症の1例 .  日本小児外科学会雑誌56 ( 7 ) 1133 - 1138   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は日齢60女児.日齢40頃より灰白色便と黄疸を認めるようになり,前医で胆道閉鎖症(以下本症)を疑われ,当科に入院となった.身体所見で全身の黄疸と肝腫大を認め,血液検査で直接ビリルビンの上昇と肝機能異常を認めた.超音波検査で胆囊の萎縮とtriangular cord signが確認され,胆道シンチでは核種の腸管内排泄を認めなかった.本症が強く疑われたため,日齢67に試験開腹術を施行した.術中所見では萎縮した胆囊と索状の肝外胆管,肝門部の結合組織塊を認め,本症(III-b1-ν)と診断し葛西手術を施行した.病理検査では肝門部結合織内の微小胆管構造の周囲に異所性軟骨組織を認めた.異所性軟骨を伴った本症の症例報告はこれまでにも散見され,発生学的異常や炎症による軟骨化生などが発症要因として推測されているが,原因は明らかとなっていない.異所性軟骨を伴った本症の症例報告をまとめて文献的考察を行った.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.56.7_1133

    CiNii Article

  • Ai Yamada, Mariko Kinoshita, Yusuke Saito, Sachiyo Kamimura, Takafumi Kawano, Satoshi Ieiri, Yujiro Asada, Hiroaki Kataoka, Takako Yoshioka, Hiroshi Moritake .  Neuroblastoma With Multiple Bone Metastasis Showing Differentiation to Ganglioneuroma: A Report of two Cases With A Long-Term Survival .  PEDIATRIC BLOOD & CANCER66   S126 - S126   2019年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  • 杉田 光士郎, 野口 啓幸, 後藤 倫子, 鈴東 昌也, 松久保 眞, 武藤 充, 切原 奈美, 末吉 和宣, 上塘 正人, 家入 里志 .  出生前診断された陰嚢内精巣腫瘍の1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 7 ) 1187 - 1192   2019年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は日齢2、男児。在胎34週の母体超音波検査で左精巣に嚢胞性病変を指摘されていた。在胎37週2日、2,890g、帝王切開分娩で出生した。出生後のMRI検査では10mm大の嚢胞性病変を認め、明らかな充実成分・脂肪成分は指摘されず、単純嚢胞や類表皮嚢胞が疑われ、生後1ヵ月時に手術を施行した。手術所見は精巣実質と境界明瞭な単房性嚢胞であり、嚢胞のみを核出した。病理検査では嚢胞壁内に扁平上皮と一部脂肪を含む線維筋性組織、腸管組織を認め、成熟嚢胞奇形腫の診断であった。陰嚢内精巣腫瘍が出生前診断されることは非常に稀で、発生頻度的には圧倒的に胚細胞腫瘍が多いが、本症例では画像所見上、充実成分を全く認めず、精巣嚢胞が最も疑われた。新生児精巣腫瘍において嚢胞のみの病変であっても胚細胞腫瘍を念頭に診断・治療を行う必要がある。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20191224030006&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005507%2F006%2F1187-1192%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005507%2F006%2F1187-1192%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 杉田 光士郎, 野口 啓幸, 後藤 倫子, 鈴東 昌也, 松久保 眞, 武藤 充, 切原 奈美, 末吉 和宣, 上塘 正人, 家入 里志 .  出生前診断された陰嚢内精巣腫瘍の1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 7 ) 1187 - 1192   2019年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は日齢2、男児。在胎34週の母体超音波検査で左精巣に嚢胞性病変を指摘されていた。在胎37週2日、2,890g、帝王切開分娩で出生した。出生後のMRI検査では10mm大の嚢胞性病変を認め、明らかな充実成分・脂肪成分は指摘されず、単純嚢胞や類表皮嚢胞が疑われ、生後1ヵ月時に手術を施行した。手術所見は精巣実質と境界明瞭な単房性嚢胞であり、嚢胞のみを核出した。病理検査では嚢胞壁内に扁平上皮と一部脂肪を含む線維筋性組織、腸管組織を認め、成熟嚢胞奇形腫の診断であった。陰嚢内精巣腫瘍が出生前診断されることは非常に稀で、発生頻度的には圧倒的に胚細胞腫瘍が多いが、本症例では画像所見上、充実成分を全く認めず、精巣嚢胞が最も疑われた。新生児精巣腫瘍において嚢胞のみの病変であっても胚細胞腫瘍を念頭に診断・治療を行う必要がある。(著者抄録)

  • Kubota Masayuki, Osuga Yutaka, Kato Kiyoko, Ishikura Kenji, Kaneko Kazunari, Akazawa Kohhei, Yonekura Takeo, Tazuke Yuko, Ieiri Satoshi, Fujino Akihiko, Ueno Shigeru, Hayashi Yutaro, Yoshino Kaoru, Yanai Toshihiro, Iwai Jun, Yamaguchi Takanori, Amae Shintaro, Yamazaki Yuichiro, Sugita Yoshifumi, Kohno Miyuki, Kanamori Yutaka, Bitoh Yuko, Shinkai Masato, Ohno Yasuharu, Kinoshita Yoshiaki, Reaearch Team for the Estabilishment of Treatment Guidelines for Persistent Cloaca, Cloacal Exstrophy and Mayer-Rokitansky-kuester-Haeuser syndrome for the Proper Transitional Care of the Patients, The Research Project for Rare and Intractable Diseases of the Ministry of Health, Labour and Welfare .  総排泄腔遺残、総排泄腔外反症、Mayer-Rokitansky-Kuster-Hauser症候群患者の適切な移行期ケアに関する治療ガイドライン(Treatment guidelines for persistent cloaca, cloacal exstrophy, and Mayer-Rokitansky-Kuster-Hauser syndrome for the appropriate transitional care of patients) .  Surgery Today49 ( 12 ) 985 - 1002   2019年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 武藤 充, 加治 建, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 松久保 眞, 連 利博, 家入 里志 .  【これでわかる輸液療法の基本】アミノ酸の基本を整理する .  小児外科51 ( 11 ) 1105 - 1109   2019年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 家入 里志, 矢野 圭輔, 山田 耕嗣, 川野 正人, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建 .  地方から発信する小児外科のアイデンティティー 内憂外患の時代の積極的な人づくりと教室作り .  日本外科学会雑誌120 ( 6 ) 710 - 712   2019年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  • 武藤 充, 加治 建, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 松久保 眞, 連 利博, 家入 里志 .  【これでわかる輸液療法の基本】アミノ酸の基本を整理する .  小児外科51 ( 11 ) 1105 - 1109   2019年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 家入 里志, 矢野 圭輔, 山田 耕嗣, 川野 正人, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建 .  地方から発信する小児外科のアイデンティティー 内憂外患の時代の積極的な人づくりと教室作り .  日本外科学会雑誌120 ( 6 ) 710 - 712   2019年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  • 家入 里志, 杉田 光士郎, 川野 孝文, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【境界領域の診療】泌尿器科・婦人科的疾患 卵巣捻転 .  小児内科51 ( 10 ) 1662 - 1664   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    <Key Points>(1)女児の持続的あるいは間欠的な腹痛を診た場合は卵巣捻転を鑑別する。(2)卵巣捻転であっても消化器症状をメインに呈することもあるため注意を要する。(3)間欠的腹痛に白血球数と炎症反応の上昇を伴う場合は画像診断を考慮する。(4)画像上、卵巣の腫瘍性病変を伴う場合は早急な手術が必要となるため手術可能な施設に速やか紹介する。(著者抄録)

  • Kawamura K. .  Effectiveness of mechanical design optimization using a human-in-the-loop simulator for the development of a pediatric surgical robot .  Applied Sciences (Switzerland)9 ( 19 )   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Sciences (Switzerland)  

    DOI: 10.3390/app9194136

    Web of Science

    Scopus

  • 村上 雅一, 春松 敏夫, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 中目 和彦, 家入 里志 .  異なるアプローチで治療した先天性門脈体循環シャントの3例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1091 - 1098   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    先天性門脈体循環シャント(以下、本症)は肝肺症候群や肝性脳症などを生じる疾患でシャント血流遮断が根治治療となる。今回、異なるアプローチで治療した本症3例を経験した。1例は1歳女児で腹腔鏡下肝切除によるシャント血管遮断術を施行。2例目は心疾患合併の10ヵ月男児で開腹でシャント血管バンディングを施行。3例目は17歳男児でコイル塞栓術を施行した。本症は肺高血圧など重篤な合併症の可能性があり積極的に治療すべきであるが、年齢・病型も異なり標準的な治療アプローチが存在しない。肝内門脈の低形成が軽度で閉塞試験で門脈圧25mmHg未満の症例は一期的血流遮断の適応、肝内門脈が著しく低形成もしくは門脈圧25mmHg以上の症例は二期的血流遮断の適応としている。術式は低侵襲なinterventional radiology(IVR)が望ましいがシャント血管の位置や肝内門脈の形成程度などを複合的に考えて選択すべきである。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20191105140038&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F011%2F1091-1098%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F011%2F1091-1098%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 村上 雅一, 中目 和彦, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 加治 建, 家入 里志 .  小児気道異物15例の臨床的検討 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1049 - 1055   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】小児の気道異物は迅速な治療を要する緊急疾患である。しかしその臨床像は多彩な上、加えて異物がX線透過性であることが多いため診断が困難である。また小児の気道は細く、異物の摘出に難渋する場合もある。当科で経験した症例から小児気道異物の治療戦略について検討した。【方法】当科で診療した小児気道異物症例15例の臨床像や画像所見について後方視的に検討した。【結果】男児が10例(66.7%)と多く、2歳以下の症例が80%を占めた。症状から気道異物を疑い得たのは3例(20.0%)のみであった。異物誤嚥の目撃のみで無症状の症例も1例(6.7%)認めた。異物の種類は豆類が40.0%と最多で、また胸部単純X線検査で異物を指摘できたのは4例(26.7%)のみであり、それらはいずれもX線不透過の非食物であった。CT検査は7例で施行されたが、2例(28.6%)で異物の同定が不可能であった。全体として6例(40.0%)は画像検査上、異物を同定できなかった。摘出方法は硬性気管支鏡と異物鉗子による摘出が最多の6例(40.0%)で施行され、主に硬性の異物で行われた。3例(20.0%)は食物異物で柔らかく鉗子での把持が困難であり、軟性鏡下の洗浄・吸引で摘出された。【結論】小児気道異物は特異的な症状を呈することが少なく、また胸部X線検査で異物を特定することは困難で、CTでも偽陰性が少ないながら存在する。乳幼児の呼吸器症状では常に気道異物を念頭に置いた診察が重要であり、疑わしければ積極的に気管支鏡検査を行うことを検討すべきと考える。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20191105140030&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F003%2F1049-1055%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F003%2F1049-1055%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 山田 耕嗣, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 和歌, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  アルカリ洗剤誤飲による腐食性食道炎後の難治性食道狭窄に対して全胃挙上再建が奏功した1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1071 - 1075   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は6歳女児で、3歳時に強アルカリ洗剤誤飲による腐蝕性食道炎を引き起こし、その後難治性食道狭窄の状態となった。経腸栄養のために胃瘻を造設した後、30回に及ぶ食道拡張術に加え内視鏡的食道粘膜切除術(Radial Incision and Cutting method:RIC法)を行ったが改善が得られず、全胃挙上による食道再建を行う方針となった。手術は胸腔鏡操作にて食道抜去を行い、開腹操作と頸部切開にて胃挙上経路を作成し、頸部にて吻合を行った。術後は経口摂取可能な状態となり、吻合部の観察と軽度の狭窄解除のために定期的な内視鏡検査を行っているが、成長障害を認めず経過は良好である。難治性食道狭窄に対する全胃挙上による食道再建は生理的かつ安全な術式として有効であると考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20191105140034&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F007%2F1071-1075%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005506%2F007%2F1071-1075%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 家入 里志, 杉田 光士郎, 川野 孝文, 永井 太一朗, 矢野 圭輔, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建 .  【境界領域の診療】泌尿器科・婦人科的疾患 卵巣捻転 .  小児内科51 ( 10 ) 1662 - 1664   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    <Key Points>(1)女児の持続的あるいは間欠的な腹痛を診た場合は卵巣捻転を鑑別する。(2)卵巣捻転であっても消化器症状をメインに呈することもあるため注意を要する。(3)間欠的腹痛に白血球数と炎症反応の上昇を伴う場合は画像診断を考慮する。(4)画像上、卵巣の腫瘍性病変を伴う場合は早急な手術が必要となるため手術可能な施設に速やか紹介する。(著者抄録)

  • Shun Onishi, Kazuhiko Nakame, Masakazu Murakami, Toshio Harumatsu, Seiro Machigashira, Tatsuru Kaji, Satoshi Ieiri .  Optimal Timing of Definitive Surgery for Achieving Better Long-Term Outcomes for Bowel Function in Hirschsprung's Disease .  JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS229 ( 4 ) E170 - E170   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.jamcollsurg.2019.08.1193

    Web of Science

  • 山田 耕嗣, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 和歌, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  アルカリ洗剤誤飲による腐食性食道炎後の難治性食道狭窄に対して全胃挙上再建が奏功した1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1071 - 1075   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は6歳女児で、3歳時に強アルカリ洗剤誤飲による腐蝕性食道炎を引き起こし、その後難治性食道狭窄の状態となった。経腸栄養のために胃瘻を造設した後、30回に及ぶ食道拡張術に加え内視鏡的食道粘膜切除術(Radial Incision and Cutting method:RIC法)を行ったが改善が得られず、全胃挙上による食道再建を行う方針となった。手術は胸腔鏡操作にて食道抜去を行い、開腹操作と頸部切開にて胃挙上経路を作成し、頸部にて吻合を行った。術後は経口摂取可能な状態となり、吻合部の観察と軽度の狭窄解除のために定期的な内視鏡検査を行っているが、成長障害を認めず経過は良好である。難治性食道狭窄に対する全胃挙上による食道再建は生理的かつ安全な術式として有効であると考えられた。(著者抄録)

  • 村上 雅一, 中目 和彦, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 加治 建, 家入 里志 .  小児気道異物15例の臨床的検討 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1049 - 1055   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】小児の気道異物は迅速な治療を要する緊急疾患である。しかしその臨床像は多彩な上、加えて異物がX線透過性であることが多いため診断が困難である。また小児の気道は細く、異物の摘出に難渋する場合もある。当科で経験した症例から小児気道異物の治療戦略について検討した。【方法】当科で診療した小児気道異物症例15例の臨床像や画像所見について後方視的に検討した。【結果】男児が10例(66.7%)と多く、2歳以下の症例が80%を占めた。症状から気道異物を疑い得たのは3例(20.0%)のみであった。異物誤嚥の目撃のみで無症状の症例も1例(6.7%)認めた。異物の種類は豆類が40.0%と最多で、また胸部単純X線検査で異物を指摘できたのは4例(26.7%)のみであり、それらはいずれもX線不透過の非食物であった。CT検査は7例で施行されたが、2例(28.6%)で異物の同定が不可能であった。全体として6例(40.0%)は画像検査上、異物を同定できなかった。摘出方法は硬性気管支鏡と異物鉗子による摘出が最多の6例(40.0%)で施行され、主に硬性の異物で行われた。3例(20.0%)は食物異物で柔らかく鉗子での把持が困難であり、軟性鏡下の洗浄・吸引で摘出された。【結論】小児気道異物は特異的な症状を呈することが少なく、また胸部X線検査で異物を特定することは困難で、CTでも偽陰性が少ないながら存在する。乳幼児の呼吸器症状では常に気道異物を念頭に置いた診察が重要であり、疑わしければ積極的に気管支鏡検査を行うことを検討すべきと考える。(著者抄録)

  • 村上 雅一, 春松 敏夫, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 中目 和彦, 家入 里志 .  異なるアプローチで治療した先天性門脈体循環シャントの3例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1091 - 1098   2019年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    先天性門脈体循環シャント(以下、本症)は肝肺症候群や肝性脳症などを生じる疾患でシャント血流遮断が根治治療となる。今回、異なるアプローチで治療した本症3例を経験した。1例は1歳女児で腹腔鏡下肝切除によるシャント血管遮断術を施行。2例目は心疾患合併の10ヵ月男児で開腹でシャント血管バンディングを施行。3例目は17歳男児でコイル塞栓術を施行した。本症は肺高血圧など重篤な合併症の可能性があり積極的に治療すべきであるが、年齢・病型も異なり標準的な治療アプローチが存在しない。肝内門脈の低形成が軽度で閉塞試験で門脈圧25mmHg未満の症例は一期的血流遮断の適応、肝内門脈が著しく低形成もしくは門脈圧25mmHg以上の症例は二期的血流遮断の適応としている。術式は低侵襲なinterventional radiology(IVR)が望ましいがシャント血管の位置や肝内門脈の形成程度などを複合的に考えて選択すべきである。(著者抄録)

  • 井手迫 俊彦, 江浦 瑠美子, 川野 孝文, 山田 和歌, 家入 里志, 中川 昌之 .  【総排泄腔遺残症の手術】乳幼児期に造設された腟の機能予後 .  小児外科51 ( 9 ) 915 - 918   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 大西 峻, 矢野 圭輔, 野間口 一輝, 家入 里志 .  【小児診療のピットフォールIII】各種症状 その診かたと対応 見逃してはならない腹部症状 乳児期以降の"開腹歴のないイレウス"の臨床的特徴 .  臨牀と研究96 ( 9 ) 1037 - 1042   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 大西 峻, 矢野 圭輔, 野間口 一輝, 家入 里志 .  【小児診療のピットフォールIII】各種症状 その診かたと対応 見逃してはならない腹部症状 乳児期以降の"開腹歴のないイレウス"の臨床的特徴 .  臨牀と研究96 ( 9 ) 1037 - 1042   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 落合 佳代, 山田 愛, 木下 真理子, 澤 大介, 齋藤 祐介, 上村 幸代, 佐藤 勇一郎, 西川 拓朗, 岡本 康裕, 河野 嘉文, 川野 正人, 川野 孝文, 家入 里志, 盛武 浩 .  進行神経芽腫の再発との鑑別が困難であった限局性結節性過形成の2例 .  日本小児科学会雑誌123 ( 9 ) 1400 - 1405   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    症例1(5歳女児)。2歳時に神経芽腫(Stage IV)を発症し、造血幹細胞移植(HSCT)併用超大量化学療法を行った。だが、HSCT後2年6ヵ月後に頭蓋内腫瘍を認めたため開頭腫瘍全摘術を行い、神経芽腫再発の病理診断を得たが、全身検索で腹部MRIにて肝両葉の多発腫瘤が認められた。症例2(4歳男児)。1歳7ヵ月時に神経芽腫(Stage V)を発症し、HSCT併用超大量化学療法を施行したが、HSCT後2年2ヵ月の定期腹部超音波検査にて肝内多発腫瘤が認められた。いずれの症例も神経芽腫の再発を否定できず、腫瘍生検目的で肝部分切除術を施行し、FNH(限局性結節性過形成)と病理診断された。

  • 家入 里志 .  術後機能を考慮した小児呼吸器外科手術 先天性嚢胞性肺疾患を中心に .  日本小児呼吸器学会雑誌30 ( Suppl. ) 72 - 72   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本小児呼吸器学会  

  • 井手迫 俊彦, 江浦 瑠美子, 川野 孝文, 山田 和歌, 家入 里志, 中川 昌之 .  【総排泄腔遺残症の手術】乳幼児期に造設された腟の機能予後 .  小児外科51 ( 9 ) 915 - 918   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Yano Keisuke, Muraji Toshihiro, Hijikuro Kaoru, Shigeta Koichiro, Ieiri Satoshi .  盲腸憩室炎 小児の2症例(Cecal diverticulitis: Two pediatric cases) .  Pediatrics International61 ( 9 ) 931 - 933   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    症例1は11歳女児で、発熱および右下腹部(RLQ)痛で搬送された。McBurney点に急性疼痛があり、超音波検査(US)ではRLQに高エコー領域と音響陰影がみられた。当初糞石を伴う急性虫垂炎が疑われたが、腹腔鏡検査で正常な虫垂および盲腸憩室炎と共に、盲腸周囲腹膜炎と大網癒着が認められた。開腹術で盲腸を引き出し、再発のリスクを考慮して回盲部切除と手縫い吻合を施行した。術後経過は順調で、7日後に退院となった。症例2は14歳男児で、RLQ疼痛とタール便の診断および治療のため入院した。USではRLQに高エコー領域、正常盲腸、脂肪肝がみられた。本例では糞石を伴う盲腸憩室炎が当初から疑われ、抗生物質による保存療法を施行した。症状改善がみられたため退院したが、同様の症状で再入院となり憩室炎再発が疑われた。結腸鏡検査で糞石嵌頓を伴う盲腸憩室炎がみられ、内視鏡用鉗子で糞石を除去し膿性分泌物を憩室から排出させた。BMIが25の肥満傾向で脂肪肝も伴っていたため、退院後は栄養管理を行った。

  • 落合 佳代, 山田 愛, 木下 真理子, 澤 大介, 齋藤 祐介, 上村 幸代, 佐藤 勇一郎, 西川 拓朗, 岡本 康裕, 河野 嘉文, 川野 正人, 川野 孝文, 家入 里志, 盛武 浩 .  進行神経芽腫の再発との鑑別が困難であった限局性結節性過形成の2例 .  日本小児科学会雑誌123 ( 9 ) 1400 - 1405   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    症例1(5歳女児)。2歳時に神経芽腫(Stage IV)を発症し、造血幹細胞移植(HSCT)併用超大量化学療法を行った。だが、HSCT後2年6ヵ月後に頭蓋内腫瘍を認めたため開頭腫瘍全摘術を行い、神経芽腫再発の病理診断を得たが、全身検索で腹部MRIにて肝両葉の多発腫瘤が認められた。症例2(4歳男児)。1歳7ヵ月時に神経芽腫(Stage V)を発症し、HSCT併用超大量化学療法を施行したが、HSCT後2年2ヵ月の定期腹部超音波検査にて肝内多発腫瘤が認められた。いずれの症例も神経芽腫の再発を否定できず、腫瘍生検目的で肝部分切除術を施行し、FNH(限局性結節性過形成)と病理診断された。

  • 杉田 光士郎, 川野 孝文, 森口 智江, 大西 峻, 池江 隆正, 児玉 祐一, 西川 拓朗, 岡本 康裕, 加治 建, 家入 里志 .  異なる経過をたどった小児大腸癌の2例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 5 ) 968 - 976   2019年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【症例1】14歳男児。主訴は食欲不振・るい痩で、腹部造影CT検査で腹部腫瘤を指摘され紹介となった。下行結腸に完全閉塞を伴う全周性隆起性病変とS状結腸以下に多発polypを認めた。左半結腸切除、D2+傍大動脈リンパ節郭清を行い、stage IVの診断であった。術後化学療法を行ったが、診断から1年後に死亡した。【症例2】10歳男児。主訴は血便・腹痛、腹部造影CT検査で腸重積の診断となり紹介となった。年齢と部位より器質的疾患の存在を考え、緊急で審査腹腔鏡を施行した。横行結腸脾彎曲部の腸重積部分に腫瘤性病変を認め、悪性リンパ腫と判断し局所切除を行った。病理診断は粘液癌で、腹腔鏡下左半結腸切除とD3リンパ節郭清を追加した。Stage IIIbの診断で化学療法を施行し、術後2年無再発生存中である。【結語】小児大腸癌は極めて稀であるが、年長時の遷延する消化器症状では鑑別する必要がある。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20190903070010&doc_link_id=10.11164%2Fjjsps.55.5_968&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11164%2Fjjsps.55.5_968&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 加治 建, 家入 里志 .  異時発症の両側新生児精巣捻転が疑われた1例を含む新生児精巣捻転の4例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 5 ) 962 - 967   2019年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    新生児精巣捻転(以下、本症)は緊急手術の適応や対側の精巣固定の是非を含め標準化された治療戦略がない。今回、異時発症の両側新生児精巣捻転疑いの1例を含む、本症4例を経験した。症例は日齢1〜10の男児。いずれも陰嚢の腫大・腫瘤にて発見され緊急手術で患側の除睾術もしくは固定術を施行した。1例は5歳時の超音波検査で、対側精巣の萎縮と点状の石灰化を認め、異時性の対側捻転が疑われ現在も経過観察中である。これを踏まえ直近1例は対側検索・固定を施行した。本症は一般的に胎生期に発症し、不可逆性で緊急手術を行っても精巣温存率は極めて低い。しかし本症の7%は両側発症で、異時性に生後発症すると考えられている。そのため術中対側検索による早期発見と精巣固定術施行により、対側精巣を温存できる可能性がある。両側捻転は両側精巣と妊孕性の喪失につながるため、本症は緊急手術のうえ対側の検索および固定をすることが必要と考える。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20190903070009&doc_link_id=10.11164%2Fjjsps.55.5_962&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11164%2Fjjsps.55.5_962&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 杉田 光士郎, 川野 孝文, 森口 智江, 大西 峻, 池江 隆正, 児玉 祐一, 西川 拓朗, 岡本 康裕, 加治 建, 家入 里志 .  異なる経過をたどった小児大腸癌の2例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 5 ) 968 - 976   2019年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【症例1】14歳男児。主訴は食欲不振・るい痩で、腹部造影CT検査で腹部腫瘤を指摘され紹介となった。下行結腸に完全閉塞を伴う全周性隆起性病変とS状結腸以下に多発polypを認めた。左半結腸切除、D2+傍大動脈リンパ節郭清を行い、stage IVの診断であった。術後化学療法を行ったが、診断から1年後に死亡した。【症例2】10歳男児。主訴は血便・腹痛、腹部造影CT検査で腸重積の診断となり紹介となった。年齢と部位より器質的疾患の存在を考え、緊急で審査腹腔鏡を施行した。横行結腸脾彎曲部の腸重積部分に腫瘤性病変を認め、悪性リンパ腫と判断し局所切除を行った。病理診断は粘液癌で、腹腔鏡下左半結腸切除とD3リンパ節郭清を追加した。Stage IIIbの診断で化学療法を施行し、術後2年無再発生存中である。【結語】小児大腸癌は極めて稀であるが、年長時の遷延する消化器症状では鑑別する必要がある。(著者抄録)

  • 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 加治 建, 家入 里志 .  異時発症の両側新生児精巣捻転が疑われた1例を含む新生児精巣捻転の4例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 5 ) 962 - 967   2019年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    新生児精巣捻転(以下、本症)は緊急手術の適応や対側の精巣固定の是非を含め標準化された治療戦略がない。今回、異時発症の両側新生児精巣捻転疑いの1例を含む、本症4例を経験した。症例は日齢1〜10の男児。いずれも陰嚢の腫大・腫瘤にて発見され緊急手術で患側の除睾術もしくは固定術を施行した。1例は5歳時の超音波検査で、対側精巣の萎縮と点状の石灰化を認め、異時性の対側捻転が疑われ現在も経過観察中である。これを踏まえ直近1例は対側検索・固定を施行した。本症は一般的に胎生期に発症し、不可逆性で緊急手術を行っても精巣温存率は極めて低い。しかし本症の7%は両側発症で、異時性に生後発症すると考えられている。そのため術中対側検索による早期発見と精巣固定術施行により、対側精巣を温存できる可能性がある。両側捻転は両側精巣と妊孕性の喪失につながるため、本症は緊急手術のうえ対側の検索および固定をすることが必要と考える。(著者抄録)

  • Masuya Ryuta, Okamoto Kohji, Kidogawa Hideo, Kamizono Junji, Ieiri Satoshi .  魚骨によってメッケル憩室穿通を生じた小児の稀な1例(Rare pediatric case of Meckel diverticulum penetration caused by a fish bone) .  Pediatrics International61 ( 7 ) 731 - 733   2019年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    症例は13歳男児で、3日間にわたり腹痛が続くため入院した。男児は4日前に鯛の味噌汁を摂食していた。造影CTにて回腸末端部分の腸壁の肥厚と回腸末端の内腔に魚骨状の線形高密度異物を認めた。回盲部腸間膜リンパ節は腫大していたが、腹水貯留はなかった。異物によって生じた腸炎の治療により、翌日に腹痛は改善した。便に白色の線形異物を認め、魚の骨は排出されたと考えられたがその後も症状は完全に消失しなかった。入院第4日のCTでは回腸末端に線形異物の穿通を認め、第5日の腹部超音波検査でも同様の所見を得た。異物の先端は腸管外部に位置しており脂肪組織で覆われていたが腹水貯留はなかった。症状進行のリスクを考え、6日目に緊急手術を実施したところ、メッケル憩室の盲端に魚骨が穿通していた。穿通部周囲に炎症を認め、網が接着していた。メッケル憩室および網は切除した。術後5日に術後合併症なく退院した。病理組織診断ではメッケル憩室に異所性胃粘膜または脾臓組織は認めなかった。

  • 矢野 圭輔, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  【小児膵疾患に対する最新の治療】膵腫瘍の最新の治療 Solid-pseudopapillary neoplasmに対する外科治療 異なる臨床経過をたどった4例 .  小児外科51 ( 6 ) 614 - 621   2019年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    当院で外科手術を行った膵SPN(Solid-Pseudopapillary neoplasm)症例4例について検討した。初回の手術時年齢は8〜15歳で、全例が学童期以降であった。男女比は1:3と女児に多く、原発腫瘍の占拠部位は膵鉤部が1例、膵体部が3例であった。初回手術は脾臓合併膵体尾部切除術、腫瘍核出術、腹腔鏡下脾臓温存膵体尾部切除術、脾臓合併膵尾部切除術が各1例であった。術後の再発は2例で認め、うち1例は試験開腹術を行った。他の1例は腫瘍核出術を行ったが、再々発をきたし膵頭十二指腸切除術が行われた。術後合併症は2例でみられ、それぞれ癒着性イレウス、膵液瘻であり、入院加療を要した。予後は全例が生存中であった。

  • 矢野 圭輔, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  【小児膵疾患に対する最新の治療】膵腫瘍の最新の治療 Solid-pseudopapillary neoplasmに対する外科治療 異なる臨床経過をたどった4例 .  小児外科51 ( 6 ) 614 - 621   2019年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    当院で外科手術を行った膵SPN(Solid-Pseudopapillary neoplasm)症例4例について検討した。初回の手術時年齢は8〜15歳で、全例が学童期以降であった。男女比は1:3と女児に多く、原発腫瘍の占拠部位は膵鉤部が1例、膵体部が3例であった。初回手術は脾臓合併膵体尾部切除術、腫瘍核出術、腹腔鏡下脾臓温存膵体尾部切除術、脾臓合併膵尾部切除術が各1例であった。術後の再発は2例で認め、うち1例は試験開腹術を行った。他の1例は腫瘍核出術を行ったが、再々発をきたし膵頭十二指腸切除術が行われた。術後合併症は2例でみられ、それぞれ癒着性イレウス、膵液瘻であり、入院加療を要した。予後は全例が生存中であった。

  • 桝屋 隆太, 岡本 好司, 木戸川 秀生, 山吉 隆友, 野口 純也, 伊藤 重彦, 南川 将吾, 神薗 淳司, 家入 里志 .  サーモン生食による日本海裂頭条虫寄生に伴い発症した漏出性胆汁性腹膜炎の1小児例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 4 ) 864 - 869   2019年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    14歳男児。日常的にサーモンの刺身を食べていた。突然生じた右上下腹部痛のため当院を受診したところ同部に筋性防御、反跳痛を認めた。血液生化学検査で白血球および肝胆道系酵素の上昇を、腹部造影CTでは胆嚢周囲および右下腹部に腹水貯留を認めたが胆石や胆管拡張の所見はなかった。審査腹腔鏡では黄色透明な胆汁性腹水貯留および胆嚢漿膜の黄色変性を認めたが、明らかな穿孔部位はなく、胆嚢摘出は施行せず腹腔内を洗浄しドレーンを留置して終了した。全身状態は速やかに改善し、術後1日目に腹痛はほぼ消失しドレーン排液も淡血性となった。原因検索のため便を鏡検したところ多数の虫卵を認め、形状から日本海裂頭条虫と診断した。プラジカンテル内服により翌日虫体が排泄され、腹部症状の再燃なく経過し、術後14日目に軽快退院した。条虫の感染を伴う漏出性胆汁性腹膜炎は極めて稀であり、文献的考察を踏まえ報告する。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20190705220012&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005504%2F012%2F0864-0869%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005504%2F012%2F0864-0869%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Sugita K. .  Analysis of the risk of ovarian torsion in 49 consecutive pediatric patients treated at a single institution .  World Journal of Pediatric Surgery2 ( 2 )   2019年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Pediatric Surgery  

    DOI: 10.1136/wjps-2018-000009

    Scopus

  • 桝屋 隆太, 岡本 好司, 木戸川 秀生, 山吉 隆友, 野口 純也, 伊藤 重彦, 南川 将吾, 神薗 淳司, 家入 里志 .  サーモン生食による日本海裂頭条虫寄生に伴い発症した漏出性胆汁性腹膜炎の1小児例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 4 ) 864 - 869   2019年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    14歳男児。日常的にサーモンの刺身を食べていた。突然生じた右上下腹部痛のため当院を受診したところ同部に筋性防御、反跳痛を認めた。血液生化学検査で白血球および肝胆道系酵素の上昇を、腹部造影CTでは胆嚢周囲および右下腹部に腹水貯留を認めたが胆石や胆管拡張の所見はなかった。審査腹腔鏡では黄色透明な胆汁性腹水貯留および胆嚢漿膜の黄色変性を認めたが、明らかな穿孔部位はなく、胆嚢摘出は施行せず腹腔内を洗浄しドレーンを留置して終了した。全身状態は速やかに改善し、術後1日目に腹痛はほぼ消失しドレーン排液も淡血性となった。原因検索のため便を鏡検したところ多数の虫卵を認め、形状から日本海裂頭条虫と診断した。プラジカンテル内服により翌日虫体が排泄され、腹部症状の再燃なく経過し、術後14日目に軽快退院した。条虫の感染を伴う漏出性胆汁性腹膜炎は極めて稀であり、文献的考察を踏まえ報告する。(著者抄録)

  • 家入 里志, 川野 孝文, 山田 耕嗣, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建 .  【次世代小児外科医に贈る診療のポイント:小児がん編】手術デバイス使用の基本と工夫 .  小児外科51 ( 5 ) 457 - 463   2019年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 家入 里志, 川野 孝文, 山田 耕嗣, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建 .  【次世代小児外科医に贈る診療のポイント:小児がん編】手術デバイス使用の基本と工夫 .  小児外科51 ( 5 ) 457 - 463   2019年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Satoshi Ieiri, Masakazu Murakami, Tokuro Baba, Toshio Harumatsu, Koji Yamada .  Technical tips concerning laparoscopic hepaticojejunostomy for choledochal cyst in children with a focus on secure anastomosis for small hepatic ducts .  ANNALS OF LAPAROSCOPIC AND ENDOSCOPIC SURGERY4   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AME PUBL CO  

    Laparoscopic hepaticojejunostomy for choledochal cyst in children is one of the most technically challenging operative procedures. Recent advances in high-definition imaging modalities have brought a better intraperitoneal visibility and expanded the indication to meticulous anastomosis for small bile ducts. In our standardized method, the hepatic duct is resected at the common hepatic duct level above the cyst. The jejunum is then extracted from an umbilical wound, and Roux-en-Y jejuno-jejunostomy is performed. The small hepatic duct is enlarged using a diagonal cut up the left side of the hepatic duct (in the 3 o'clock direction). Anastomotic hole is made at anterior wall of jejunum based on the size of hepatic duct. The mucosa and serosa of the opened hole is approximated using 6-0 monofilament absorbable sutures in order to perform membrane-to-membrane anastomosis. After stay sutures are laid, the posterior wall is sutured using interrupted 6-0 absorbable monofilament intracorporeal knot tying. Anastomosis is completely performed without stent insertion. During the anastomotic steps, the suspension technique for the anterior wall of the hepatic duct is very useful for confirming the lumen of the hepatic duct. However, this approach is associated with several well-known intraoperative pitfalls, such as the involvement of posterior wall needle-driving during anterior wall anastomosis, so the surgical team should be alert to prevent such events.

    DOI: 10.21037/ales.2019.02.03

    Web of Science

  • 矢野 圭輔, 川野 孝文, 中目 和彦, 川野 正人, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  高吸水性樹脂素材の玩具誤飲により腸閉塞を来した幼児の一例 .  日本小児救急医学会雑誌18 ( 1 ) 71 - 75   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児救急医学会  

    症例は1歳女児、4日前から嘔吐あり、その後に腹部膨満が出現した。前医で感染性胃腸炎と麻痺性腸閉塞の診断で経過観察されていたが改善なく、当科に救急搬送された。来院時活気なく、腹部造影CT検査では回腸末端近傍で口側腸管の拡張と肛門側腸管の虚脱を認め、機械的腸閉塞が疑われた。内因性腸閉塞の診断で緊急開腹手術を施行したところ、回盲部から25cm口側の回腸内腔に可動性不良な腫瘤を触知する閉塞部位を認めた。同部位の腸管壁を切開すると異物を認め、消化管異物による腸閉塞と診断した。切開した腸管壁は縫合閉鎖し、術後は問題なく経過した。摘出された異物は直径25mm大の球形で、高吸水性樹脂素材の玩具であった。高吸水性樹脂素材の玩具は、外観上は色鮮やかな数mm〜数cm大で菓子類に酷似しているため、乳幼児が誤飲する危険性が高い。誤飲した場合吸水・膨張し、外科的処置を要する腸閉塞の原因となり得るため、注意喚起が必要である。(著者抄録)

  • 川野 正人, 後藤 倫子, 向井 基, 馬場 徳朗, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 和歌, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志 .  膵分泌性トリプシンインヒビター遺伝子(SPINK1)異常と膵癒合不全を合併した反復性膵炎の1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 1 ) 110 - 114   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    13歳の女児。9歳時に背部打撲後に腹痛、嘔吐、高アミラーゼ血症を認めたため、鈍的膵損傷と診断し保存的治療を行った。11歳時に、再び腹痛、嘔吐を認め、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)で完全型膵癒合不全に伴う反復性膵炎と診断された。膵炎はその後も再燃を繰り返したため、13歳時に内視鏡的副乳頭切開術および膵管ステント挿入術を行った。膵炎の反復はその後も消失せず逆に増悪傾向を認め、膵癒合不全以外の膵炎の原因検索を行いserine protease inhibitor、Kazal type 1(SPINK1)遺伝子にヘテロ変異を認めた。膵癒合不全には健常者と比較してSPINK1遺伝子変異が高頻度に合併する。膵癒合不全に伴う反復性膵炎患者では遺伝性膵炎の遺伝子検索と膵炎の部位診断を事前に行い、遺伝子異常の合併した症例の外科的処置は膵炎が背側膵に限局している症例のみを対象にするなど、より慎重な治療戦略の決定が必要と考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20190228080014&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005501%2F034%2F0110-0114%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005501%2F034%2F0110-0114%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 森口 智江, 大西 峻, 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 中目 和彦, 家入 里志 .  先天性幽門閉鎖症の2例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 1 ) 120 - 124   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例1は日齢0の男児。母体の羊水過多を認め、胎児超音波で胃の拡張と下部消化管の描出不良を認め、先天性幽門閉鎖症と診断した。出生時腹部単純X線写真でsingle bubble signを認め、上部消化管造影検査で十二指腸への造影剤通過を認めず、日齢1日目に手術を施行した。症例2は日齢0の女児。母体の羊水過多、胎児超音波で消化管のdouble bubble sign様の像を認めた。出生時腹部単純X線写真及び上部消化管造影検査でもdouble bubble sign様の像を呈し、先天性十二指腸閉鎖症の診断で日齢1日目に手術を施行した。術中所見で幽門部に膜様閉鎖を認め、先天性幽門閉鎖症の診断となった。先天性幽門閉鎖症は術前の画像検査でのsingle bubble signが特徴的だが、典型像を示さない症例もある。先天性十二指腸閉鎖症を疑った場合でも、本疾患を念頭に置き診察・加療を進める必要があると考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20190228080016&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2019%2F005501%2F036%2F0120-0124%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2019%2F005501%2F036%2F0120-0124%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 森口 智江, 大西 峻, 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 中目 和彦, 家入 里志 .  先天性幽門閉鎖症の2例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 1 ) 120 - 124   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例1は日齢0の男児。母体の羊水過多を認め、胎児超音波で胃の拡張と下部消化管の描出不良を認め、先天性幽門閉鎖症と診断した。出生時腹部単純X線写真でsingle bubble signを認め、上部消化管造影検査で十二指腸への造影剤通過を認めず、日齢1日目に手術を施行した。症例2は日齢0の女児。母体の羊水過多、胎児超音波で消化管のdouble bubble sign様の像を認めた。出生時腹部単純X線写真及び上部消化管造影検査でもdouble bubble sign様の像を呈し、先天性十二指腸閉鎖症の診断で日齢1日目に手術を施行した。術中所見で幽門部に膜様閉鎖を認め、先天性幽門閉鎖症の診断となった。先天性幽門閉鎖症は術前の画像検査でのsingle bubble signが特徴的だが、典型像を示さない症例もある。先天性十二指腸閉鎖症を疑った場合でも、本疾患を念頭に置き診察・加療を進める必要があると考えられた。(著者抄録)

  • 川野 正人, 後藤 倫子, 向井 基, 馬場 徳朗, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 和歌, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志 .  膵分泌性トリプシンインヒビター遺伝子(SPINK1)異常と膵癒合不全を合併した反復性膵炎の1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 1 ) 110 - 114   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    13歳の女児。9歳時に背部打撲後に腹痛、嘔吐、高アミラーゼ血症を認めたため、鈍的膵損傷と診断し保存的治療を行った。11歳時に、再び腹痛、嘔吐を認め、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)で完全型膵癒合不全に伴う反復性膵炎と診断された。膵炎はその後も再燃を繰り返したため、13歳時に内視鏡的副乳頭切開術および膵管ステント挿入術を行った。膵炎の反復はその後も消失せず逆に増悪傾向を認め、膵癒合不全以外の膵炎の原因検索を行いserine protease inhibitor、Kazal type 1(SPINK1)遺伝子にヘテロ変異を認めた。膵癒合不全には健常者と比較してSPINK1遺伝子変異が高頻度に合併する。膵癒合不全に伴う反復性膵炎患者では遺伝性膵炎の遺伝子検索と膵炎の部位診断を事前に行い、遺伝子異常の合併した症例の外科的処置は膵炎が背側膵に限局している症例のみを対象にするなど、より慎重な治療戦略の決定が必要と考えられた。(著者抄録)

  • 矢野 圭輔, 川野 孝文, 中目 和彦, 川野 正人, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  高吸水性樹脂素材の玩具誤飲により腸閉塞を来した幼児の一例 .  日本小児救急医学会雑誌18 ( 1 ) 71 - 75   2019年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児救急医学会  

    症例は1歳女児、4日前から嘔吐あり、その後に腹部膨満が出現した。前医で感染性胃腸炎と麻痺性腸閉塞の診断で経過観察されていたが改善なく、当科に救急搬送された。来院時活気なく、腹部造影CT検査では回腸末端近傍で口側腸管の拡張と肛門側腸管の虚脱を認め、機械的腸閉塞が疑われた。内因性腸閉塞の診断で緊急開腹手術を施行したところ、回盲部から25cm口側の回腸内腔に可動性不良な腫瘤を触知する閉塞部位を認めた。同部位の腸管壁を切開すると異物を認め、消化管異物による腸閉塞と診断した。切開した腸管壁は縫合閉鎖し、術後は問題なく経過した。摘出された異物は直径25mm大の球形で、高吸水性樹脂素材の玩具であった。高吸水性樹脂素材の玩具は、外観上は色鮮やかな数mm〜数cm大で菓子類に酷似しているため、乳幼児が誤飲する危険性が高い。誤飲した場合吸水・膨張し、外科的処置を要する腸閉塞の原因となり得るため、注意喚起が必要である。(著者抄録)

  • 桝屋 隆太, 加治 建, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 家入 里志 .  【新生児外科疾患の精神・身体発育】先天性食道閉鎖症 .  小児外科51 ( 1 ) 42 - 45   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    先天性食道閉鎖症に対し新生児期に手術を行い、15歳以上に至った29例を対象に、身体発育状況(身長、体重、BMI)、晩期合併症、社会的予後、フォローアップ状況を後方視的に評価した。その結果、身長、体重およびBMIが同年齢の日本人の平均より低い傾向にあった。乳児期に5例、幼児期に1例が死亡し、残り23例の晩期合併症は胃食道逆流症が9例(39.1%)で、うち6例に噴門形成術を施行した。また、噴門部狭窄を12例(52.2%)に認め、うち11例にバルーン拡張を行い、うち2例に狭窄部切除端々吻合を追加した。中学卒業以降までフォローアップを継続した症例は7例で、うち6例(85.7%)が普通科高校に進学し、他の1例は養護学校に進学した。高校以上を卒業した5例中4例が就職していた。16歳以降までフォローアップを継続できた症例は7例(30.4%)であった。患児の長期QOLと社会的予後を良好に保つためには、思春期以降も定期的な経過観察が必要と考えられた。

  • 桝屋 隆太, 加治 建, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 家入 里志 .  【新生児外科疾患の精神・身体発育】先天性食道閉鎖症 .  小児外科51 ( 1 ) 42 - 45   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    先天性食道閉鎖症に対し新生児期に手術を行い、15歳以上に至った29例を対象に、身体発育状況(身長、体重、BMI)、晩期合併症、社会的予後、フォローアップ状況を後方視的に評価した。その結果、身長、体重およびBMIが同年齢の日本人の平均より低い傾向にあった。乳児期に5例、幼児期に1例が死亡し、残り23例の晩期合併症は胃食道逆流症が9例(39.1%)で、うち6例に噴門形成術を施行した。また、噴門部狭窄を12例(52.2%)に認め、うち11例にバルーン拡張を行い、うち2例に狭窄部切除端々吻合を追加した。中学卒業以降までフォローアップを継続した症例は7例で、うち6例(85.7%)が普通科高校に進学し、他の1例は養護学校に進学した。高校以上を卒業した5例中4例が就職していた。16歳以降までフォローアップを継続できた症例は7例(30.4%)であった。患児の長期QOLと社会的予後を良好に保つためには、思春期以降も定期的な経過観察が必要と考えられた。

  • 中目 和彦, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 上野 健太郎, 西川 拓朗, 田邊 貴幸, 向井 基, 義岡 孝子, 岡本 康裕, 加治 建, 河野 嘉文, 家入 里志 .  腫瘍破裂により心タンポナーデをきたした縦隔成熟奇形腫の1小児例 .  日本小児血液・がん学会雑誌55 ( 5 ) 427 - 431   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

    今回、腫瘍破裂により心タンポナーデに至った縦隔成熟奇形腫の症例を経験したので報告する。症例は8歳、女児。肩痛、血痰を主訴に受診し、CT検査にて左前縦隔奇形腫が疑われた。AFPとHCGは正常であった。初診時より12日後に手術が予定されたが、術前に全身倦怠感、発熱を認め、CRP9.68mg/dLと高値を認めた。造影CT検査にて腫瘍増大と心嚢液貯留を認め、その後心嚢液貯留は増悪し、呼吸困難が出現した。緊急の心嚢穿刺・ドレナージが施行され、血性の心嚢液を認めた。心嚢液貯留は持続し、貧血も進行したため緊急の開胸腫瘍摘出術を施行した。病理組織診断は成熟奇形腫で、術後に心嚢液貯留は改善した。良性縦隔成熟奇形腫であっても腫瘍増大に伴う周囲臓器への破裂により重篤な合併症をきたす可能性があり、正確な術前評価と注意深い病態変化の観察が必要である。(著者抄録)

  • 家入 里志, 大西 峻, 山田 耕嗣, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 矢野 圭輔, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 橋爪 誠, 田口 智章 .  外科医のトレーニング 技術の継承とは 小児外科疾患に対する網羅的手術シミュレータの開発と検証 開放手術と内視鏡外科手術の双方の技術伝承を目指して .  日本外科学会雑誌120 ( 1 ) 91 - 94   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  • 家入 里志, 大西 峻, 山田 耕嗣, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 矢野 圭輔, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 橋爪 誠, 田口 智章 .  外科医のトレーニング 技術の継承とは 小児外科疾患に対する網羅的手術シミュレータの開発と検証 開放手術と内視鏡外科手術の双方の技術伝承を目指して .  日本外科学会雑誌120 ( 1 ) 91 - 94   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  • Shiroshita Hidefumi, Inomata Masafumi, Bandoh Toshio, Uchida Hiroki, Akira Shigeo, Hashizume Makoto, Yamaguchi Shigeki, Eguchi Susumu, Wada Norihito, Takiguchi Shuji, Ieiri Satoshi, Endo Shunsuke, Iwazaki Masayuki, Tamaki Yasuhiro, Tabata Minoru, Kanayama Hiroomi, Mimata Hiromitsu, Hasegawa Toru, Onishi Kiyoshi, Yanaga Katsuhiko, Morikawa Toshiaki, Terachi Toshiro, Matsumoto Sumio, Yamashita Yuichi, Kitano Seigo, Watanabe Masahiko .  日本における内視鏡外科手術 日本内視鏡外科学会による第13回全国質問紙調査(2014〜2015年)(Endoscopic surgery in Japan: The 13th national survey(2014-2015) by the Japan Society for Endoscopic Surgery) .  Asian Journal of Endoscopic Surgery12 ( 1 ) 7 - 18   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 中目 和彦, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 上野 健太郎, 西川 拓朗, 田邊 貴幸, 向井 基, 義岡 孝子, 岡本 康裕, 加治 建, 河野 嘉文, 家入 里志 .  腫瘍破裂により心タンポナーデをきたした縦隔成熟奇形腫の1小児例 .  日本小児血液・がん学会雑誌55 ( 5 ) 427 - 431   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

    今回、腫瘍破裂により心タンポナーデに至った縦隔成熟奇形腫の症例を経験したので報告する。症例は8歳、女児。肩痛、血痰を主訴に受診し、CT検査にて左前縦隔奇形腫が疑われた。AFPとHCGは正常であった。初診時より12日後に手術が予定されたが、術前に全身倦怠感、発熱を認め、CRP9.68mg/dLと高値を認めた。造影CT検査にて腫瘍増大と心嚢液貯留を認め、その後心嚢液貯留は増悪し、呼吸困難が出現した。緊急の心嚢穿刺・ドレナージが施行され、血性の心嚢液を認めた。心嚢液貯留は持続し、貧血も進行したため緊急の開胸腫瘍摘出術を施行した。病理組織診断は成熟奇形腫で、術後に心嚢液貯留は改善した。良性縦隔成熟奇形腫であっても腫瘍増大に伴う周囲臓器への破裂により重篤な合併症をきたす可能性があり、正確な術前評価と注意深い病態変化の観察が必要である。(著者抄録)

  • 山田 耕嗣, 家入 里志, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 和歌, 向井 基, 加治 建 .  アルカリ洗剤誤飲による腐食性食道炎後の難治性食道狭窄に対して全胃挙上再建が奏功した1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1071 - 1075   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は6歳女児で,3歳時に強アルカリ洗剤誤飲による腐蝕性食道炎を引き起こし,その後難治性食道狭窄の状態となった.経腸栄養のために胃瘻を造設した後,30回に及ぶ食道拡張術に加え内視鏡的食道粘膜切除術(Radial Incision and Cutting method:RIC法)を行ったが改善が得られず,全胃挙上による食道再建を行う方針となった.手術は胸腔鏡操作にて食道抜去を行い,開腹操作と頸部切開にて胃挙上経路を作成し,頸部にて吻合を行った.術後は経口摂取可能な状態となり,吻合部の観察と軽度の狭窄解除のために定期的な内視鏡検査を行っているが,成長障害を認めず経過は良好である.難治性食道狭窄に対する全胃挙上による食道再建は生理的かつ安全な術式として有効であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.6_1071

    CiNii Article

  • 杉田 光士郎, 家入 里志, 野口 啓幸, 後藤 倫子, 鈴東 昌也, 松久保 眞, 武藤 充, 切原 奈美, 末吉 和宣, 上塘 正人 .  出生前診断された陰囊内精巣腫瘍の1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 7 ) 1187 - 1192   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は日齢2,男児.在胎34週の母体超音波検査で左精巣に囊胞性病変を指摘されていた.在胎37週2日,2,890 g,帝王切開分娩で出生した.出生後のMRI検査では10 mm大の囊胞性病変を認め,明らかな充実成分・脂肪成分は指摘されず,単純囊胞や類表皮囊胞が疑われ,生後1か月時に手術を施行した.手術所見は精巣実質と境界明瞭な単房性囊胞であり,囊胞のみを核出した.病理検査では囊胞壁内に扁平上皮と一部脂肪を含む線維筋性組織,腸管組織を認め,成熟囊胞奇形腫の診断であった.陰囊内精巣腫瘍が出生前診断されることは非常に稀で,発生頻度的には圧倒的に胚細胞腫瘍が多いが,本症例では画像所見上,充実成分を全く認めず,精巣囊胞が最も疑われた.新生児精巣腫瘍において囊胞のみの病変であっても胚細胞腫瘍を念頭に診断・治療を行う必要がある.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.7_1187

    CiNii Article

  • 森口 智江, 家入 里志, 大西 峻, 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 中目 和彦 .  先天性幽門閉鎖症の2例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 1 ) 120 - 124   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例1は日齢0の男児.母体の羊水過多を認め,胎児超音波で胃の拡張と下部消化管の描出不良を認め,先天性幽門閉鎖症と診断した.出生時腹部単純X線写真でsingle bubble signを認め,上部消化管造影検査で十二指腸への造影剤通過を認めず,日齢1日目に手術を施行した.症例2は日齢0の女児.母体の羊水過多,胎児超音波で消化管のdouble bubble sign様の像を認めた.出生時腹部単純X線写真及び上部消化管造影検査でもdouble bubble sign様の像を呈し,先天性十二指腸閉鎖症の診断で日齢1日目に手術を施行した.術中所見で幽門部に膜様閉鎖を認め,先天性幽門閉鎖症の診断となった.先天性幽門閉鎖症は術前の画像検査でのsingle bubble signが特徴的だが,典型像を示さない症例もある.先天性十二指腸閉鎖症を疑った場合でも,本疾患を念頭に置き診察・加療を進める必要があると考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.1_120

    CiNii Article

  • 桝屋 隆太, 岡本 好司, 木戸川 秀生, 山吉 隆友, 野口 純也, 伊藤 重彦, 南川 将吾, 神薗 淳司, 家入 里志 .  サーモン生食による日本海裂頭条虫寄生に伴い発症した漏出性胆汁性腹膜炎の1小児例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 4 ) 864 - 869   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>14歳男児.日常的にサーモンの刺身を食べていた.突然生じた右上下腹部痛のため当院を受診したところ同部に筋性防御,反跳痛を認めた.血液生化学検査で白血球および肝胆道系酵素の上昇を,腹部造影CTでは胆囊周囲および右下腹部に腹水貯留を認めたが胆石や胆管拡張の所見はなかった.審査腹腔鏡では黄色透明な胆汁性腹水貯留および胆囊漿膜の黄色変性を認めたが,明らかな穿孔部位はなく,胆囊摘出は施行せず腹腔内を洗浄しドレーンを留置して終了した.全身状態は速やかに改善し,術後1日目に腹痛はほぼ消失しドレーン排液も淡血性となった.原因検索のため便を鏡検したところ多数の虫卵を認め,形状から日本海裂頭条虫と診断した.プラジカンテル内服により翌日虫体が排泄され,腹部症状の再燃なく経過し,術後14日目に軽快退院した.条虫の感染を伴う漏出性胆汁性腹膜炎は極めて稀であり,文献的考察を踏まえ報告する.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.4_864

    CiNii Article

  • 村上 雅一, 家入 里志, 中目 和彦, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 加治 建 .  小児気道異物15例の臨床的検討 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1049 - 1055   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】小児の気道異物は迅速な治療を要する緊急疾患である.しかしその臨床像は多彩な上,加えて異物がX線透過性であることが多いため診断が困難である.また小児の気道は細く,異物の摘出に難渋する場合もある.当科で経験した症例から小児気道異物の治療戦略について検討した.</p><p>【方法】当科で診療した小児気道異物症例15例の臨床像や画像所見について後方視的に検討した.</p><p>【結果】男児が10例(66.7%)と多く,2歳以下の症例が80%を占めた.症状から気道異物を疑い得たのは3例(20.0%)のみであった.異物誤嚥の目撃のみで無症状の症例も1例(6.7%)認めた.異物の種類は豆類が40.0%と最多で,また胸部単純X線検査で異物を指摘できたのは4例(26.7%)のみであり,それらはいずれもX線不透過の非食物であった.CT検査は7例で施行されたが,2例(28.6%)で異物の同定が不可能であった.全体として6例(40.0%)は画像検査上,異物を同定できなかった.摘出方法は硬性気管支鏡と異物鉗子による摘出が最多の6例(40.0%)で施行され,主に硬性の異物で行われた.3例(20.0%)は食物異物で柔らかく鉗子での把持が困難であり,軟性鏡下の洗浄・吸引で摘出された.</p><p>【結論】小児気道異物は特異的な症状を呈することが少なく,また胸部X線検査で異物を特定することは困難で,CTでも偽陰性が少ないながら存在する.乳幼児の呼吸器症状では常に気道異物を念頭に置いた診察が重要であり,疑わしければ積極的に気管支鏡検査を行うことを検討すべきと考える.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.6_1049

    CiNii Article

  • 川野 正人, 家入 里志, 後藤 倫子, 向井 基, 馬場 徳朗, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 和歌, 中目 和彦, 加治 建 .  膵分泌性トリプシンインヒビター遺伝子(SPINK1)異常と膵癒合不全を合併した反復性膵炎の1例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 1 ) 110 - 114   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>13歳の女児.9歳時に背部打撲後に腹痛,嘔吐,高アミラーゼ血症を認めたため,鈍的膵損傷と診断し保存的治療を行った.11歳時に,再び腹痛,嘔吐を認め,内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)で完全型膵癒合不全に伴う反復性膵炎と診断された.膵炎はその後も再燃を繰り返したため,13歳時に内視鏡的副乳頭切開術および膵管ステント挿入術を行った.膵炎の反復はその後も消失せず逆に増悪傾向を認め,膵癒合不全以外の膵炎の原因検索を行いserine protease inhibitor, Kazal type 1(SPINK1)遺伝子にヘテロ変異を認めた.膵癒合不全には健常者と比較してSPINK1遺伝子変異が高頻度に合併する.膵癒合不全に伴う反復性膵炎患者では遺伝性膵炎の遺伝子検索と膵炎の部位診断を事前に行い,遺伝子異常の合併した症例の外科的処置は膵炎が背側膵に限局している症例のみを対象にするなど,より慎重な治療戦略の決定が必要と考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.1_110

    CiNii Article

  • 村上 雅一, 家入 里志, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 加治 建 .  異時発症の両側新生児精巣捻転が疑われた1例を含む新生児精巣捻転の4例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 5 ) 962 - 967   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>新生児精巣捻転(以下,本症)は緊急手術の適応や対側の精巣固定の是非を含め標準化された治療戦略がない.今回,異時発症の両側新生児精巣捻転疑いの1例を含む,本症4例を経験した.症例は日齢1~10の男児.いずれも陰囊の腫大・腫瘤にて発見され緊急手術で患側の除睾術もしくは固定術を施行した.1例は5歳時の超音波検査で,対側精巣の萎縮と点状の石灰化を認め,異時性の対側捻転が疑われ現在も経過観察中である.これを踏まえ直近1例は対側検索・固定を施行した.本症は一般的に胎生期に発症し,不可逆性で緊急手術を行っても精巣温存率は極めて低い.しかし本症の7%は両側発症で,異時性に生後発症すると考えられている.そのため術中対側検索による早期発見と精巣固定術施行により,対側精巣を温存できる可能性がある.両側捻転は両側精巣と妊孕性の喪失につながるため,本症は緊急手術のうえ対側の検索および固定をすることが必要と考える.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.5_962

    CiNii Article

  • 杉田 光士郎, 家入 里志, 川野 孝文, 森口 智江, 大西 峻, 池江 隆正, 児玉 祐一, 西川 拓朗, 岡本 康裕, 加治 建 .  異なる経過をたどった小児大腸癌の2例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 5 ) 968 - 976   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【症例1】14歳男児.主訴は食欲不振・るい痩で,腹部造影CT検査で腹部腫瘤を指摘され紹介となった.下行結腸に完全閉塞を伴う全周性隆起性病変とS状結腸以下に多発polypを認めた.左半結腸切除,D2+傍大動脈リンパ節郭清を行い,stage IVの診断であった.術後化学療法を行ったが,診断から1年後に死亡した.【症例2】10歳男児.主訴は血便・腹痛.腹部造影CT検査で腸重積の診断となり紹介となった.年齢と部位より器質的疾患の存在を考え,緊急で審査腹腔鏡を施行した.横行結腸脾弯曲部の腸重積部分に腫瘤性病変を認め,悪性リンパ腫と判断し局所切除を行った.病理診断は粘液癌で,腹腔鏡下左半結腸切除とD3リンパ節郭清を追加した.Stage IIIbの診断で化学療法を施行し,術後2年無再発生存中である.【結語】小児大腸癌は極めて稀であるが,年長時の遷延する消化器症状では鑑別する必要がある.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.5_968

    CiNii Article

  • 村上 雅一, 家入 里志, 春松 敏夫, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 中目 和彦 .  異なるアプローチで治療した先天性門脈体循環シャントの3例 .  日本小児外科学会雑誌55 ( 6 ) 1091 - 1098   2019年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>先天性門脈体循環シャント(以下,本症)は肝肺症候群や肝性脳症などを生じる疾患でシャント血流遮断が根治治療となる.今回,異なるアプローチで治療した本症3例を経験した.1例は1歳女児で腹腔鏡下肝切除によるシャント血管遮断術を施行.2例目は心疾患合併の10か月男児で開腹でシャント血管バンディングを施行.3例目は17歳男児でコイル塞栓術を施行した.本症は肺高血圧など重篤な合併症の可能性があり積極的に治療すべきであるが,年齢・病型も異なり標準的な治療アプローチが存在しない.肝内門脈の低形成が軽度で閉塞試験で門脈圧25 mmHg未満の症例は一期的血流遮断の適応,肝内門脈が著しく低形成もしくは門脈圧25 mmHg以上の症例は二期的血流遮断の適応としている.術式は低侵襲なinterventional radiology(IVR)が望ましいがシャント血管の位置や肝内門脈の形成程度などを複合的に考えて選択すべきである.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.55.6_1091

    CiNii Article

  • 中目 和彦, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  当科における過去30年間の腹壁異常手術症例の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 7 ) 1316 - 1323   2018年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】腹壁異常(腹壁破裂、臍帯ヘルニア)(以下本症)は出生前診断率の向上、周術期の新生児管理の進歩、二期閉鎖の導入等により治療成績が向上している。当科における本症の治療成績について後方視的に検討した。【方法】過去30年間の本症手術症例35例(臍帯ヘルニア21例、腹壁破裂14例)に対して患者背景、術式、治療成績、予後について検討した。【結果】出生前診断は臍帯ヘルニア8例(38.1%)、腹壁破裂10例(71.4%)であった。合併奇形は臍帯ヘルニア18例(85.7%)、腹壁破裂5例(35.7%)に認め、染色体異常は臍帯ヘルニア4例(19%)に認めた。手術は臍帯ヘルニアでは一期閉鎖14例(66.7%)、silo造設のみ1例(4.8%)、二期閉鎖6例(28.6%)が施行され、腹壁破裂では一期閉鎖3例(21.4%)、二期閉鎖11例(78.6%)が施行された。術後合併症は臍帯ヘルニアでは10例(47.6%)、腹壁破裂8例(57.1%)に認めた。腹壁瘢痕ヘルニアを臍帯ヘルニア2例、腹壁破裂では1例に認め、components separation techniqueによる修復術を要した。臍の形成不全は臍帯ヘルニア3例(14.3%)、腹壁破裂5例(35.7%)に認めた。生存率は臍帯ヘルニア81.0%、腹壁破裂が92.9%であった。臍帯ヘルニア4例は重症合併奇形により、腹壁破裂の1例は術後アシドーシスで死亡した。【結論】本症の予後を左右するのは重症合併奇形の有無と考えられる。救命例にも臍形成や腹壁瘢痕ヘルニアに対する治療など問題点も多く残存し、生命予後の改善と共に中長期的治療戦略が必要である。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20190110110002&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005407%2F002%2F1316-1323%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005407%2F002%2F1316-1323%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 桝屋 隆太, 連 利博, 中目 和彦, 川野 孝文, 春松 敏夫, 山田 和歌, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  胆道閉鎖症葛西手術術後患者における自己肝生存率に対する予後因子の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 7 ) 1324 - 1331   2018年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】胆道閉鎖症(以下本症)の自己肝生存率に関連する予後因子を、自験例をもとに検討した。【方法】1984年4月1日より2017年3月31日まで当科で葛西手術を施行した本症84例を対象として患者背景、術前生化学検査所見、初回手術日齢、ステロイド初回投与量、漢方薬投与の有無について自己肝生存例(native liver survival群;NLS群)と死亡または肝移植例(非NLS群)で比較検討した。【結果】自己肝生存率は術後1年77.4%、術後10年62.7%、術後20年56.6%、術後25年46.9%となった。初回手術日齢はNLS群:60.4±16.0日、非NLS群:73.1±29.5日でNLS群が有意に早かった(p=0.0135)。術前ALT、γGTP値において各群に有意差はなかった。術前AST値(IU/l)はNLS群:180.1±113.8、非NLS群:257.2±231.4、T-bil値(mg/dl)はNLS群:9.16±3.65、非NLS群:12.77±5.45、D-bil値(mg/dl)はNLS群:6.27±2.00、非NLS群:8.77±4.15であり、NLS群においてAST(p=0.0489)、T-bil(p=0.000489)、D-bil(p=0.000484)が有意に低値であった。ステロイド初回投与量(mg/kg/day)はNLS群:3.49±1.21、非NLS群:2.49±1.73とNLS群で有意に多かった(p=0.00247)。【結論】今回の検討では自己肝生存に関連する因子として初回手術日齢、術前ASTおよびビリルビン値、ステロイド初回投与量が示唆された。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20190110110003&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005407%2F003%2F1324-1331%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005407%2F003%2F1324-1331%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 中目 和彦, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  当科における過去30年間の腹壁異常手術症例の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 7 ) 1316 - 1323   2018年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】腹壁異常(腹壁破裂、臍帯ヘルニア)(以下本症)は出生前診断率の向上、周術期の新生児管理の進歩、二期閉鎖の導入等により治療成績が向上している。当科における本症の治療成績について後方視的に検討した。【方法】過去30年間の本症手術症例35例(臍帯ヘルニア21例、腹壁破裂14例)に対して患者背景、術式、治療成績、予後について検討した。【結果】出生前診断は臍帯ヘルニア8例(38.1%)、腹壁破裂10例(71.4%)であった。合併奇形は臍帯ヘルニア18例(85.7%)、腹壁破裂5例(35.7%)に認め、染色体異常は臍帯ヘルニア4例(19%)に認めた。手術は臍帯ヘルニアでは一期閉鎖14例(66.7%)、silo造設のみ1例(4.8%)、二期閉鎖6例(28.6%)が施行され、腹壁破裂では一期閉鎖3例(21.4%)、二期閉鎖11例(78.6%)が施行された。術後合併症は臍帯ヘルニアでは10例(47.6%)、腹壁破裂8例(57.1%)に認めた。腹壁瘢痕ヘルニアを臍帯ヘルニア2例、腹壁破裂では1例に認め、components separation techniqueによる修復術を要した。臍の形成不全は臍帯ヘルニア3例(14.3%)、腹壁破裂5例(35.7%)に認めた。生存率は臍帯ヘルニア81.0%、腹壁破裂が92.9%であった。臍帯ヘルニア4例は重症合併奇形により、腹壁破裂の1例は術後アシドーシスで死亡した。【結論】本症の予後を左右するのは重症合併奇形の有無と考えられる。救命例にも臍形成や腹壁瘢痕ヘルニアに対する治療など問題点も多く残存し、生命予後の改善と共に中長期的治療戦略が必要である。(著者抄録)

  • 桝屋 隆太, 連 利博, 中目 和彦, 川野 孝文, 春松 敏夫, 山田 和歌, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  胆道閉鎖症葛西手術術後患者における自己肝生存率に対する予後因子の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 7 ) 1324 - 1331   2018年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】胆道閉鎖症(以下本症)の自己肝生存率に関連する予後因子を、自験例をもとに検討した。【方法】1984年4月1日より2017年3月31日まで当科で葛西手術を施行した本症84例を対象として患者背景、術前生化学検査所見、初回手術日齢、ステロイド初回投与量、漢方薬投与の有無について自己肝生存例(native liver survival群;NLS群)と死亡または肝移植例(非NLS群)で比較検討した。【結果】自己肝生存率は術後1年77.4%、術後10年62.7%、術後20年56.6%、術後25年46.9%となった。初回手術日齢はNLS群:60.4±16.0日、非NLS群:73.1±29.5日でNLS群が有意に早かった(p=0.0135)。術前ALT、γGTP値において各群に有意差はなかった。術前AST値(IU/l)はNLS群:180.1±113.8、非NLS群:257.2±231.4、T-bil値(mg/dl)はNLS群:9.16±3.65、非NLS群:12.77±5.45、D-bil値(mg/dl)はNLS群:6.27±2.00、非NLS群:8.77±4.15であり、NLS群においてAST(p=0.0489)、T-bil(p=0.000489)、D-bil(p=0.000484)が有意に低値であった。ステロイド初回投与量(mg/kg/day)はNLS群:3.49±1.21、非NLS群:2.49±1.73とNLS群で有意に多かった(p=0.00247)。【結論】今回の検討では自己肝生存に関連する因子として初回手術日齢、術前ASTおよびビリルビン値、ステロイド初回投与量が示唆された。(著者抄録)

  • 矢野 圭輔, 加治 建, 町頭 成郎, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 池江 隆正, 松藤 凡, 家入 里志 .  【小児NST病態栄養シリーズ:経腸・静脈栄養手技のUp to date(上級編)】重症心身障がい児に対する術中透視下小開腹胃瘻造設術 .  小児外科50 ( 11 ) 1089 - 1093   2018年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 渡邊 昌彦, 猪股 雅史, 明樂 重夫, 橋爪 誠, 山口 茂樹, 江口 晋, 和田 則仁, 白下 英史, 内田 博喜, 瀧口 修司, 家入 里志, 遠藤 俊輔, 岩崎 正之, 玉木 康博, 田端 実, 金山 博臣, 三股 浩光, 長谷川 徹, 大西 清, 日本内視鏡外科学会学術委員会 .  【内視鏡外科手術に関するアンケート調査-第14回集計結果報告-】 .  日本内視鏡外科学会雑誌23 ( 6 ) 727 - 890   2018年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  • 渡邊 昌彦, 猪股 雅史, 明樂 重夫, 橋爪 誠, 山口 茂樹, 江口 晋, 和田 則仁, 白下 英史, 内田 博喜, 瀧口 修司, 家入 里志, 遠藤 俊輔, 岩崎 正之, 玉木 康博, 田端 実, 金山 博臣, 三股 浩光, 長谷川 徹, 大西 清, 日本内視鏡外科学会学術委員会 .  【内視鏡外科手術に関するアンケート調査-第14回集計結果報告-】 .  日本内視鏡外科学会雑誌23 ( 6 ) 727 - 890   2018年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J03270&link_issn=&doc_id=20181120170008&doc_link_id=10.11477%2Fmf.4426200623&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.4426200623&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 矢野 圭輔, 加治 建, 町頭 成郎, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 池江 隆正, 松藤 凡, 家入 里志 .  【小児NST病態栄養シリーズ:経腸・静脈栄養手技のUp to date(上級編)】重症心身障がい児に対する術中透視下小開腹胃瘻造設術 .  小児外科50 ( 11 ) 1089 - 1093   2018年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 馬場 徳朗, 川野 孝文, 池江 隆正, 大西 峻, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 義岡 孝子, 野口 啓幸, 家入 里志 .  限局性十二指腸拡張症の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 6 ) 1231 - 1235   2018年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    稀な限局性十二指腸拡張症(以下本症)の1例を経験したので報告する。症例は1歳女児。検診にて腹部膨隆を指摘され、精査目的に当院へ紹介となった。腹部レントゲン検査で上部消化管の拡張像を認め、腹部CT検査で、胃から連続する拡張した管腔構造を認めた。上部消化管造影検査では著明な十二指腸の拡張とトライツ靱帯形成不全を認めた。限局性十二指腸拡張症、腸回転異常症の術前診断にて手術の方針とした。手術所見では十二指腸下行脚の著明な拡張を認めた。術中の上部消化管内視鏡にて、肛門側に狭窄などの通過障害となる異常所見は認めず、Vater乳頭の位置を確認し、自動縫合器を用いた十二指腸の拡張部位の部分切除による十二指腸縫縮形成術を行った。術後経過は良好で19日目に退院となり、7年経過した現在も症状の再燃はない。本症は非常に稀な疾患であるが、小児の腹部嚢胞性病変をみた際に念頭に置く必要があると考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20181030120040&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005406%2F008%2F1231-1235%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005406%2F008%2F1231-1235%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 馬場 徳朗, 川野 孝文, 池江 隆正, 大西 峻, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 義岡 孝子, 野口 啓幸, 家入 里志 .  限局性十二指腸拡張症の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 6 ) 1231 - 1235   2018年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    稀な限局性十二指腸拡張症(以下本症)の1例を経験したので報告する。症例は1歳女児。検診にて腹部膨隆を指摘され、精査目的に当院へ紹介となった。腹部レントゲン検査で上部消化管の拡張像を認め、腹部CT検査で、胃から連続する拡張した管腔構造を認めた。上部消化管造影検査では著明な十二指腸の拡張とトライツ靱帯形成不全を認めた。限局性十二指腸拡張症、腸回転異常症の術前診断にて手術の方針とした。手術所見では十二指腸下行脚の著明な拡張を認めた。術中の上部消化管内視鏡にて、肛門側に狭窄などの通過障害となる異常所見は認めず、Vater乳頭の位置を確認し、自動縫合器を用いた十二指腸の拡張部位の部分切除による十二指腸縫縮形成術を行った。術後経過は良好で19日目に退院となり、7年経過した現在も症状の再燃はない。本症は非常に稀な疾患であるが、小児の腹部嚢胞性病変をみた際に念頭に置く必要があると考えられた。(著者抄録)

  • Nakame Kazuhiko, Hamada Roko, Suzuhigashi Masaya, Nanashima Atsushi, Ieiri Satoshi .  持続性臍分泌物を伴う異所性膵のまれな1例(Rare case of ectopic pancreas presenting with persistent umbilical discharge) .  Pediatrics International60 ( 9 ) 891 - 892   2018年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    症例は生後6ヵ月の男児で、持続する臍分泌物を主訴に外来受診した。満期産で経腟分娩され、病歴や家族歴はなく、先天異常もなかった。臍分泌物は生後5日目から持続しており、軟膏や経口抗菌剤を投与するも効果は得られなかった。臍部は明赤色を呈し、漿液性の分泌物に胆汁や腸液は含まれず、臍ポリープ、肉芽腫の形成はみられなかった。血液化学的検査で異常所見はなく、臨床的に臍腸管遺残または尿膜管遺残が疑われたが、膀胱造影では膀胱と尿管は正常であり、確定診断が得られずに3ヵ月間経過観察された。9ヵ月時、超音波検査で臍部に結合する瘻孔様構造の存在を認め、瘻孔造影では尿膜管洞が膀胱と繋がっていないことが判明した。分泌物が持続するため、臍部の外科的探索を施行した。臍部下端にY字の切開を置き、正中臍索を切除したところ、瘻孔と膀胱または腸管との連絡は認められず、白色の軟結節が臍部底にみられた。病理学的に線維性組織を含む異所性膵と診断し、悪性所見は認めなかった。術後経過は良好で、合併症なく退院となった。

  • Mukai Motoi, Kaji Tatsuru, Masuya Ryuta, Yamada Koji, Sugita Koshiro, Moriguchi Tomoe, Onishi Shun, Yamada Waka, Kawano Takafumi, Machigashira Seiro, Nakame Kazuhiko, Takamatsu Hideo, Ieiri Satoshi .  総胆管嚢胞手術の長期転帰 経過観察および晩期合併症に注目した単施設研究(Long-term outcomes of surgery for choledochal cysts: a single-institution study focusing on follow-up and late complications) .  Surgery Today48 ( 9 ) 835 - 840   2018年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    1984年4月〜2016年12月に総胆管嚢胞(CC)に対する手術を受けた患者を後向きに検討した。手術の結果、早期および晩期の術後合併症、術後経過観察率を分析した。手術時の年齢中央値が4歳3ヵ月のCC患者(男性33名、女性77名)を対象とした。1例が肝管十二指腸吻合術または109例が肝管空腸吻合術を受けた。晩期合併症は、肝内胆管(IHBD)拡張、IHBD結石、癒着性イレウスなどであった。対象患者において胆道癌の発現はなかった。

  • 中目 和彦, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 野口 啓幸, 家入 里志 .  呼吸障害を呈し新生児期に発症した梨状窩瘻の3例 自験例を含む本邦報告37例集計の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1117 - 1123   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    新生児期に発症する先天性梨状窩瘻は頸部腫瘤により急激な症状を呈することがある。今回、呼吸困難で発症した新生児梨状窩瘻3例の報告に加え本邦報告例の集積結果より考察する。【症例1】2生日より発熱と呼吸障害を呈し、4生日に心肺停止状態となり気管内挿管により蘇生された。その際に左頸部腫瘤に気づかれ、嚢胞穿刺造影で瘻孔を確認、26生日に摘出術を施行。【症例2】2生日に左頸部腫瘤による吸気性喘鳴が出現、MRI検査にて気泡・鏡面像を伴う嚢胞を認め気管内挿管を必要とした。穿刺ドレナージの効果は一時的で、呼吸困難が持続したため摘出術を施行。【症例3】出生前より左頸部腫瘤を指摘され、出生後に呼吸障害と感染症状を認めたため嚢胞の穿刺ドレナージが施行された。嚢胞造影で瘻孔を認め、26生日に摘出術を施行。結語:呼吸障害を伴う新生児期発症の先天性梨状窩瘻に対しては頸部腫瘤の症状改善に加え早期手術を考慮する必要がある。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20180828120012&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005405%2F018%2F1117-1123%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005405%2F018%2F1117-1123%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 家入 里志, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 山田 耕嗣 .  胎児・新生児・小児用デバイス開発の動向 .  日本コンピュータ外科学会誌20 ( 3 ) 154 - 157   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

    これまで胎児治療のために特殊なデバイスの開発が積極的に行われてきたが、現在臨床使用されている高精細の映像装置(3D、4K、8K)にコマーシャルベースの細径鉗子を組み合わせることで十分な胎児治療が可能な状況まできている。胎児・新生児・小児用デバイスの開発の動向について、以下の項目に分けて概説した。1)人工子宮の開発、2)胎児治療の展開、3)小児外科用手術ロボットの開発、4)臨床応用・製品化の動向、5)求められるブレークスルー、として述べた。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J03729&link_issn=&doc_id=20180904300012&doc_link_id=10.5759%2Fjscas.20.154&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5759%2Fjscas.20.154&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 森口 智江, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 耕嗣, 桝屋 隆太, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  神経芽腫との鑑別を要しoncologic emergencyを呈した新生児胃原発未熟奇形腫の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1106 - 1111   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    神経芽腫との鑑別を要し、oncologic emergencyを呈した胃原発未熟奇形腫の新生児例を経験した。症例は在胎24週時に胎児超音波検査で腹腔内腫瘤、在胎26週に切迫早産、羊水過多を認め、胎児MRI検査で神経芽腫もしくは奇形腫が疑われた。腫瘍は急速に増大し、在胎36週に帝王切開で早期娩出された。著明な腹部膨満を認め、横隔膜挙上に伴う呼吸促迫のため人工呼吸管理となった。2生日に腫瘍生検を行い、迅速病理の所見は神経芽腫に矛盾せず、尿中HVA値と血中NSE値は高値を認めた。早期治療介入が必要と判断し、最終病理診断を待たずに3生日より神経芽腫に準じた化学療法を開始した。最終病理診断は未熟奇形腫で、21生日に腫瘍摘出術を行った。胎児期に指摘された腫瘍性病変は、術前および術中迅速診断では鑑別が難しい症例が存在するため、小児科・病理診断科・放射線科との慎重な討議を重ねることが重要であると考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20180828120010&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005405%2F016%2F1106-1111%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005405%2F016%2F1106-1111%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 武藤 充, 馬場 徳朗, 鈴東 昌也, 家入 里志 .  年長児の磁石誤飲による多発消化管穿孔の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1156 - 1160   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は12歳男児。腹痛で発症し、その後嘔吐も認めるため発症3日目に救急病院を受診した。腹膜刺激症状があり、画像検査で腹部に金属製異物とfree airを認めため、当科に救急搬送された。消化管異物による消化管穿孔を疑い緊急開腹手術を施行した。術中所見で消化管異物は複数の磁石と金属であり、小腸-小腸と小腸-結腸の2ヶ所で癒合し、癒合部位に穿通を認めた。異物をすべて摘出し手術を終了した。術後経過中に患児の異物摂食が目撃され、精神科医の診察により心因性ストレスによる異食症と診断された。術後2年経過しているが、現在も精神科のフォローは継続している。複数の磁石誤飲は消化管の瘻孔形成、穿通、穿孔、腸閉塞などさまざまな消化管障害を起こす危険性があり、積極的な治療介入が必要である。また年長児異物誤飲は、精神疾患が潜在している可能性を考慮し診療を進める必要がある。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20180828120019&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005405%2F025%2F1156-1160%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005405%2F025%2F1156-1160%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 中目 和彦, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 野口 啓幸, 家入 里志 .  呼吸障害を呈し新生児期に発症した梨状窩瘻の3例 自験例を含む本邦報告37例集計の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1117 - 1123   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    新生児期に発症する先天性梨状窩瘻は頸部腫瘤により急激な症状を呈することがある。今回、呼吸困難で発症した新生児梨状窩瘻3例の報告に加え本邦報告例の集積結果より考察する。【症例1】2生日より発熱と呼吸障害を呈し、4生日に心肺停止状態となり気管内挿管により蘇生された。その際に左頸部腫瘤に気づかれ、嚢胞穿刺造影で瘻孔を確認、26生日に摘出術を施行。【症例2】2生日に左頸部腫瘤による吸気性喘鳴が出現、MRI検査にて気泡・鏡面像を伴う嚢胞を認め気管内挿管を必要とした。穿刺ドレナージの効果は一時的で、呼吸困難が持続したため摘出術を施行。【症例3】出生前より左頸部腫瘤を指摘され、出生後に呼吸障害と感染症状を認めたため嚢胞の穿刺ドレナージが施行された。嚢胞造影で瘻孔を認め、26生日に摘出術を施行。結語:呼吸障害を伴う新生児期発症の先天性梨状窩瘻に対しては頸部腫瘤の症状改善に加え早期手術を考慮する必要がある。(著者抄録)

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 武藤 充, 馬場 徳朗, 鈴東 昌也, 家入 里志 .  年長児の磁石誤飲による多発消化管穿孔の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1156 - 1160   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は12歳男児。腹痛で発症し、その後嘔吐も認めるため発症3日目に救急病院を受診した。腹膜刺激症状があり、画像検査で腹部に金属製異物とfree airを認めため、当科に救急搬送された。消化管異物による消化管穿孔を疑い緊急開腹手術を施行した。術中所見で消化管異物は複数の磁石と金属であり、小腸-小腸と小腸-結腸の2ヶ所で癒合し、癒合部位に穿通を認めた。異物をすべて摘出し手術を終了した。術後経過中に患児の異物摂食が目撃され、精神科医の診察により心因性ストレスによる異食症と診断された。術後2年経過しているが、現在も精神科のフォローは継続している。複数の磁石誤飲は消化管の瘻孔形成、穿通、穿孔、腸閉塞などさまざまな消化管障害を起こす危険性があり、積極的な治療介入が必要である。また年長児異物誤飲は、精神疾患が潜在している可能性を考慮し診療を進める必要がある。(著者抄録)

  • 家入 里志, 村上 雅一, 馬場 徳朗, 春松 敏夫, 山田 耕嗣 .  胎児・新生児・小児用デバイス開発の動向 .  日本コンピュータ外科学会誌20 ( 3 ) 154 - 157   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

    これまで胎児治療のために特殊なデバイスの開発が積極的に行われてきたが、現在臨床使用されている高精細の映像装置(3D、4K、8K)にコマーシャルベースの細径鉗子を組み合わせることで十分な胎児治療が可能な状況まできている。胎児・新生児・小児用デバイスの開発の動向について、以下の項目に分けて概説した。1)人工子宮の開発、2)胎児治療の展開、3)小児外科用手術ロボットの開発、4)臨床応用・製品化の動向、5)求められるブレークスルー、として述べた。

  • 森口 智江, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 耕嗣, 桝屋 隆太, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  神経芽腫との鑑別を要しoncologic emergencyを呈した新生児胃原発未熟奇形腫の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1106 - 1111   2018年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    神経芽腫との鑑別を要し、oncologic emergencyを呈した胃原発未熟奇形腫の新生児例を経験した。症例は在胎24週時に胎児超音波検査で腹腔内腫瘤、在胎26週に切迫早産、羊水過多を認め、胎児MRI検査で神経芽腫もしくは奇形腫が疑われた。腫瘍は急速に増大し、在胎36週に帝王切開で早期娩出された。著明な腹部膨満を認め、横隔膜挙上に伴う呼吸促迫のため人工呼吸管理となった。2生日に腫瘍生検を行い、迅速病理の所見は神経芽腫に矛盾せず、尿中HVA値と血中NSE値は高値を認めた。早期治療介入が必要と判断し、最終病理診断を待たずに3生日より神経芽腫に準じた化学療法を開始した。最終病理診断は未熟奇形腫で、21生日に腫瘍摘出術を行った。胎児期に指摘された腫瘍性病変は、術前および術中迅速診断では鑑別が難しい症例が存在するため、小児科・病理診断科・放射線科との慎重な討議を重ねることが重要であると考えられた。(著者抄録)

  • 吉村 翔平, 松藤 凡, 右田 美里, 武藤 充, 茨 聡, 家入 里志 .  【新生児外科-最近の話題】新生児消化管穿孔に対する治療 .  小児外科50 ( 6 ) 608 - 613   2018年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 吉村 翔平, 松藤 凡, 右田 美里, 武藤 充, 茨 聡, 家入 里志 .  【新生児外科-最近の話題】新生児消化管穿孔に対する治療 .  小児外科50 ( 6 ) 608 - 613   2018年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 加治 建, 川野 正人, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 家入 里志 .  【最近の先天性食道閉鎖症関連の手術】開胸・胸膜外到達法 .  小児外科50 ( 5 ) 430 - 434   2018年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 加治 建, 川野 正人, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 家入 里志 .  【最近の先天性食道閉鎖症関連の手術】開胸・胸膜外到達法 .  小児外科50 ( 5 ) 430 - 434   2018年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Muto Mitsuru, Matsufuji Hiroshi, Taguchi Tomoaki, Tomomasa Takeshi, Nio Masaki, Tamai Hiroshi, Tamura Masanori, Sago Haruhiko, Toki Akira, Nosaka Shunsuke, Kuroda Tatsuo, Yoshida Masahiro, Nakajima Atsushi, Kobayashi Hiroyuki, Sou Hideki, Masumoto Kouji, Watanabe Yoshio, Kanamori Yutaka, Hamada Yoshinori, Yamataka Atsuyuki, Shimojima Naoki, Kubota Akio, Ushijima Kosuke, Haruma Ken, Fukudo Shin, Araki Yuko, Kudo Takahiro, Obata Satoshi, Sumita Wataru, Watanabe Toshihiko, Fukahori Suguru, Fujii Yoshimitsu, Yamada Yoshiyuki, Jimbo Keisuke, Kawai Fujimi, Fukuoka Tomoya, Onuma Shinsuke, Morizane Toshio, Ieiri Satoshi, Esumi Genshiro, Jimbo Takahiro, Yamasaki Tomoko, The gideline estblishment group for allied disorders of Hirschsprung's disease, Science Research, Ministry of Health Labour and Welfare, Science Research,Ministry of Health Labour and Welfare .  日本版ヒルシュスプルング病類縁疾患診療ガイドライン2017年(Japanese clinical practice guidelines for allied disorders of Hirschsprung's disease, 2017) .  Pediatrics International60 ( 5 ) 400 - 410   2018年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 臼井 規朗, 岡本 晋弥, 上原 秀一郎, 小笠原 有紀, 古賀 寛之, 佐々木 隆士, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤代 準, 藤野 明浩, 文野 誠久, 古村 眞, 平原 憲道, 岡本 竜弥, 富田 紘史, 藤雄木 亨真, 渡辺 栄一郎, 米倉 竹夫, 家入 里志, 伊勢 一哉, 佐々木 英之, 下野 隆一, 高安 肇, 尾藤 祐子, 宮田 裕章, 江角 元史郎, 日本小児外科学会NCD連絡委員会 .  National Clinical Database(小児外科領域)Annual Report 2013-2014 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 314 - 335   2018年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 馬場 徳朗, 家入 里志 .  脊髄性筋萎縮症I型に対する乳児期喉頭気管分離術の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 231 - 235   2018年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy、以下SMAと略す)I型患児に診断後早期の乳児期に喉頭気管分離術を行うことの有益性の評価を行う。【方法】2008年4月から2015年4月までの当科で喉頭気管分離術を施行したSMAI型の5症例(男児3例、女児2例)を対象とした。手術はすべて乳児期にLindeman変法に準じて行った。自験例の患者背景、手術成績、術後経過に関して後方視的に検討した。【結果】発症の平均月齢は1.6±1.0ヵ月であった。4症例が遺伝子検査、1症例が家族歴と臨床経過よりSMAI型と診断された。術前の画像評価では全症例で無気肺を伴っていた。手術時の平均月齢は5.6±1.0ヵ月で、平均体重は6.4±1.4kgであった。術後合併症は認めず、術後の呼吸器感染による入院の頻度は平均0.77回/年であった。現在、全症例で在宅管理が継続されている。また2症例が、周囲とのコミュニケーションに意思伝達装置を利用していた。【結論】SMAI型の5症例に対して乳児期に、喉頭気管分離術を安全に行うことができ、繰り返す呼吸器感染による肺の荒廃防止に効果的であった。SMAI型に対して乳児期に喉頭気管分離術を行うことは、在宅で生活する患児また家族にとって有益と考えられた。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20180426080001&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005402%2F001%2F0231-0235%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005402%2F001%2F0231-0235%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 町頭 成郎, 向井 基, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志 .  出生前に羊水過多を認めた肥厚性幽門狭窄症の2例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 264 - 267   2018年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    出生前に羊水過多を認めた肥厚性幽門狭窄症(本症)の2例を経験した。症例1は妊娠37週に胎児超音波検査で羊水過多と胃の拡張および蠕動亢進を認めた。在胎38週、3,210gで出生し、出生直後より幽門筋肥厚を認め本症と診断された。症例2は妊娠28週より羊水過多を認め、在胎36週、2,398g緊急帝王切開で出生した。出生直後は無症状であったが日齢15より嘔吐が出現し日齢23に当科を受診し本症と診断された。両症例は出生前の羊水過多の推移と出生後の経過が異なっていた。症例1は妊娠後期より急激な羊水量増加があり出生直後に本症の症状を認めたが、症例2は妊娠中期より認めた羊水過多の増悪は軽度で、出生後の経過も本症の典型例と同様に生後3週時より嘔吐を認めた。症例1の羊水過多は本症の発症に伴って発生したと考えられる。原因不明の羊水過多症例では胎児超音波で胃拡張、胃蠕動亢進の評価による本症の鑑別が必要である。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20180426080007&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2018%2F005402%2F007%2F0264-0267%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2018%2F005402%2F007%2F0264-0267%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 臼井 規朗, 岡本 晋弥, 上原 秀一郎, 小笠原 有紀, 古賀 寛之, 佐々木 隆士, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤代 準, 藤野 明浩, 文野 誠久, 古村 眞, 平原 憲道, 岡本 竜弥, 富田 紘史, 藤雄木 亨真, 渡辺 栄一郎, 米倉 竹夫, 家入 里志, 伊勢 一哉, 佐々木 英之, 下野 隆一, 高安 肇, 尾藤 祐子, 宮田 裕章, 江角 元史郎, 日本小児外科学会NCD連絡委員会 .  National Clinical Database(小児外科領域)Annual Report 2013-2014 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 314 - 335   2018年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

  • 町頭 成郎, 向井 基, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志 .  出生前に羊水過多を認めた肥厚性幽門狭窄症の2例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 264 - 267   2018年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    出生前に羊水過多を認めた肥厚性幽門狭窄症(本症)の2例を経験した。症例1は妊娠37週に胎児超音波検査で羊水過多と胃の拡張および蠕動亢進を認めた。在胎38週、3,210gで出生し、出生直後より幽門筋肥厚を認め本症と診断された。症例2は妊娠28週より羊水過多を認め、在胎36週、2,398g緊急帝王切開で出生した。出生直後は無症状であったが日齢15より嘔吐が出現し日齢23に当科を受診し本症と診断された。両症例は出生前の羊水過多の推移と出生後の経過が異なっていた。症例1は妊娠後期より急激な羊水量増加があり出生直後に本症の症状を認めたが、症例2は妊娠中期より認めた羊水過多の増悪は軽度で、出生後の経過も本症の典型例と同様に生後3週時より嘔吐を認めた。症例1の羊水過多は本症の発症に伴って発生したと考えられる。原因不明の羊水過多症例では胎児超音波で胃拡張、胃蠕動亢進の評価による本症の鑑別が必要である。(著者抄録)

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 馬場 徳朗, 家入 里志 .  脊髄性筋萎縮症I型に対する乳児期喉頭気管分離術の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 231 - 235   2018年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy、以下SMAと略す)I型患児に診断後早期の乳児期に喉頭気管分離術を行うことの有益性の評価を行う。【方法】2008年4月から2015年4月までの当科で喉頭気管分離術を施行したSMAI型の5症例(男児3例、女児2例)を対象とした。手術はすべて乳児期にLindeman変法に準じて行った。自験例の患者背景、手術成績、術後経過に関して後方視的に検討した。【結果】発症の平均月齢は1.6±1.0ヵ月であった。4症例が遺伝子検査、1症例が家族歴と臨床経過よりSMAI型と診断された。術前の画像評価では全症例で無気肺を伴っていた。手術時の平均月齢は5.6±1.0ヵ月で、平均体重は6.4±1.4kgであった。術後合併症は認めず、術後の呼吸器感染による入院の頻度は平均0.77回/年であった。現在、全症例で在宅管理が継続されている。また2症例が、周囲とのコミュニケーションに意思伝達装置を利用していた。【結論】SMAI型の5症例に対して乳児期に、喉頭気管分離術を安全に行うことができ、繰り返す呼吸器感染による肺の荒廃防止に効果的であった。SMAI型に対して乳児期に喉頭気管分離術を行うことは、在宅で生活する患児また家族にとって有益と考えられた。(著者抄録)

  • 山田 耕嗣, 川野 孝文, 馬場 徳朗, 川野 正人, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志, 野口 啓幸 .  【先天性体表瘻孔のすべて】恥骨前瘻孔 .  小児外科50 ( 2 ) 167 - 170   2018年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 連 利博, 桝屋 隆太, 向井 基, 家入 里志 .  【胆道閉鎖症アップデート】GvHD仮説からみた成因と発症時期 .  小児外科50 ( 1 ) 16 - 20   2018年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Oishi K, Himeno Y, Miwa M, Anzai H, Kitajima K, Yasunaka Y, Kumagai H, Ieiri S, Hirooka H .  Correcting the Activity-Specific Component of Heart Rate Variability Using Dynamic Body Acceleration Under Free-Moving Conditions. .  Frontiers in physiology9   1063   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fphys.2018.01063

    PubMed

  • 町頭 成郎, 家入 里志, 向井 基, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 中目 和彦, 加治 建 .  出生前に羊水過多を認めた肥厚性幽門狭窄症の2例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 264 - 267   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>出生前に羊水過多を認めた肥厚性幽門狭窄症(本症)の2例を経験した.症例1は妊娠37週に胎児超音波検査で羊水過多と胃の拡張および蠕動亢進を認めた.在胎38週,3,210 gで出生し,出生直後より幽門筋肥厚を認め本症と診断された.症例2は妊娠28週より羊水過多を認め,在胎36週,2,398 g緊急帝王切開で出生した.出生直後は無症状であったが日齢15より嘔吐が出現し日齢23に当科を受診し本症と診断された.両症例は出生前の羊水過多の推移と出生後の経過が異なっていた.症例1は妊娠後期より急激な羊水量増加があり出生直後に本症の症状を認めたが,症例2は妊娠中期より認めた羊水過多の増悪は軽度で,出生後の経過も本症の典型例と同様に生後3週時より嘔吐を認めた.症例1の羊水過多は本症の発症に伴って発生したと考えられる.原因不明の羊水過多症例では胎児超音波で胃拡張,胃蠕動亢進の評価による本症の鑑別が必要である.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.2_264

    CiNii Article

  • 中目 和彦, 家入 里志, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 川野 孝文, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 野口 啓幸 .  呼吸障害を呈し新生児期に発症した梨状窩瘻の3例:―自験例を含む本邦報告37例集計の検討― .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1117 - 1123   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>新生児期に発症する先天性梨状窩瘻は頸部腫瘤により急激な症状を呈することがある.今回,呼吸困難で発症した新生児梨状窩瘻3例の報告に加え本邦報告例の集積結果より考察する.【症例1】2生日より発熱と呼吸障害を呈し,4生日に心肺停止状態となり気管内挿管により蘇生された.その際に左頸部腫瘤に気づかれ,囊胞穿刺造影で瘻孔を確認,26生日に摘出術を施行.【症例2】2生日に左頸部腫瘤による吸気性喘鳴が出現,MRI検査にて気泡・鏡面像を伴う囊胞を認め気管内挿管を必要とした.穿刺ドレナージの効果は一時的で,呼吸困難が持続したため摘出術を施行.【症例3】出生前より左頸部腫瘤を指摘され,出生後に呼吸障害と感染症状を認めたため囊胞の穿刺ドレナージが施行された.囊胞造影で瘻孔を認め,26生日に摘出術を施行.結語:呼吸障害を伴う新生児期発症の先天性梨状窩瘻に対しては頸部腫瘤の症状改善に加え早期手術を考慮する必要がある.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.5_1117

    CiNii Article

  • 家入 里志 .  小児外科のリーディング施設を目指して .  日本コンピュータ外科学会誌20 ( 2 ) 93 - 95   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

    DOI: 10.5759/jscas.20.93

    CiNii Article

  • 馬場 徳朗, 家入 里志, 川野 孝文, 池江 隆正, 大西 峻, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 義岡 孝子, 野口 啓幸 .  限局性十二指腸拡張症の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 6 ) 1231 - 1235   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>稀な限局性十二指腸拡張症(以下本症)の1例を経験したので報告する.症例は1歳女児.検診にて腹部膨隆を指摘され,精査目的に当院へ紹介となった.腹部レントゲン検査で上部消化管の拡張像を認め,腹部CT検査で,胃から連続する拡張した管腔構造を認めた.上部消化管造影検査では著明な十二指腸の拡張とトライツ靭帯形成不全を認めた.限局性十二指腸拡張症,腸回転異常症の術前診断にて手術の方針とした.手術所見では十二指腸下行脚の著明な拡張を認めた.術中の上部消化管内視鏡にて,肛門側に狭窄などの通過障害となる異常所見は認めず,Vater乳頭の位置を確認し,自動縫合器を用いた十二指腸の拡張部位の部分切除による十二指腸縫縮形成術を行った.術後経過は良好で19日目に退院となり,7年経過した現在も症状の再燃はない.本症は非常に稀な疾患であるが,小児の腹部囊胞性病変をみた際に念頭に置く必要があると考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.6_1231

    CiNii Article

  • 中目 和彦, 岡本 康裕, 加治 建, 河野 嘉文, 家入 里志, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 上野 健太郎, 西川 拓朗, 田邊 貴幸, 向井 基, 義岡 孝子 .  腫瘍破裂により心タンポナーデをきたした縦隔成熟奇形腫の1小児例 .  日本小児血液・がん学会雑誌55 ( 5 ) 427 - 431   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本小児血液・がん学会  

    <p>今回,腫瘍破裂により心タンポナーデに至った縦隔成熟奇形腫の症例を経験したので報告する.症例は8歳,女児.肩痛,血痰を主訴に受診し,CT検査にて左前縦隔奇形腫が疑われた.AFPとHCGは正常であった.初診時より12日後に手術が予定されたが,術前に全身倦怠感,発熱を認め,CRP 9.68 mg/dLと高値を認めた.造影CT検査にて腫瘍増大と心嚢液貯留を認め,その後心嚢液貯留は増悪し,呼吸困難が出現した.緊急の心嚢穿刺・ドレナージが施行され,血性の心嚢液を認めた.心嚢液貯留は持続し,貧血も進行したため緊急の開胸腫瘍摘出術を施行した.病理組織診断は成熟奇形腫で,術後に心嚢液貯留は改善した.良性縦隔成熟奇形腫であっても腫瘍増大に伴う周囲臓器への破裂により重篤な合併症をきたす可能性があり,正確な術前評価と注意深い病態変化の観察が必要である.</p>

    DOI: 10.11412/jspho.55.427

    CiNii Article

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 馬場 徳朗, 家入 里志 .  脊髄性筋萎縮症I型に対する乳児期喉頭気管分離術の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 2 ) 231 - 235   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy,以下SMAと略す)I型患児に診断後早期の乳児期に喉頭気管分離術を行うことの有益性の評価を行う.</p><p>【方法】2008年4月から2015年4月までの当科で喉頭気管分離術を施行したSMA I型の5症例(男児3例,女児2例)を対象とした.手術はすべて乳児期にLindeman変法に準じて行った.自験例の患者背景,手術成績,術後経過に関して後方視的に検討した.</p><p>【結果】発症の平均月齢は1.6±1.0か月であった.4症例が遺伝子検査,1症例が家族歴と臨床経過よりSMA I型と診断された.術前の画像評価では全症例で無気肺を伴っていた.手術時の平均月齢は5.6±1.0か月で,平均体重は6.4±1.4 kgであった.術後合併症は認めず,術後の呼吸器感染による入院の頻度は平均0.77回/年であった.現在,全症例で在宅管理が継続されている.また2症例が,周囲とのコミュニケーションに意思伝達装置を利用していた.</p><p>【結論】SMA I型の5症例に対して乳児期に,喉頭気管分離術を安全に行うことができ,繰り返す呼吸器感染による肺の荒廃防止に効果的であった.SMA I型に対して乳児期に喉頭気管分離術を行うことは,在宅で生活する患児また家族にとって有益と考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.2_231

    CiNii Article

  • 桝屋 隆太, 家入 里志, 連 利博, 中目 和彦, 川野 孝文, 春松 敏夫, 山田 和歌, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建 .  胆道閉鎖症葛西手術術後患者における自己肝生存率に対する予後因子の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 7 ) 1324 - 1331   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】胆道閉鎖症(以下本症)の自己肝生存率に関連する予後因子を,自験例をもとに検討した.</p><p>【方法】1984年4月1日より2017年3月31日まで当科で葛西手術を施行した本症84例を対象として患者背景,術前生化学検査所見,初回手術日齢,ステロイド初回投与量,漢方薬投与の有無について自己肝生存例(native liver survival群;NLS群)と死亡または肝移植例(非NLS群)で比較検討した.</p><p>【結果】自己肝生存率は術後1年77.4%,術後10年62.7%,術後20年56.6%,術後25年46.9%となった.初回手術日齢はNLS群:60.4±16.0日,非NLS群:73.1±29.5日でNLS群が有意に早かった(<i>p</i>=0.0135).術前ALT,γGTP値において各群に有意差はなかった.術前AST値(IU/ <i>l</i>)はNLS群:180.1±113.8,非NLS群:257.2±231.4,T-bil値(mg/dl)はNLS群:9.16±3.65,非NLS群:12.77±5.45,D-bil値(mg/dl)はNLS群:6.27±2.00,非NLS群:8.77±4.15であり,NLS群においてAST(<i>p</i>=0.0489),T-bil(<i>p</i>=0.000489),D-bil(<i>p</i>=0.000484)が有意に低値であった.ステロイド初回投与量(mg/kg/day)はNLS群:3.49±1.21,非NLS群:2.49±1.73とNLS群で有意に多かった(<i>p</i>=0.00247).</p><p>【結論】今回の検討では自己肝生存に関連する因子として初回手術日齢,術前ASTおよびビリルビン値,ステロイド初回投与量が示唆された.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.7_1324

    CiNii Article

  • 森口 智江, 家入 里志, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 耕嗣, 桝屋 隆太, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建 .  神経芽腫との鑑別を要しoncologic emergencyを呈した新生児胃原発未熟奇形腫の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1106 - 1111   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>神経芽腫との鑑別を要し,oncologic emergencyを呈した胃原発未熟奇形腫の新生児例を経験した.症例は在胎24週時に胎児超音波検査で腹腔内腫瘤,在胎26週に切迫早産,羊水過多を認め,胎児MRI検査で神経芽腫もしくは奇形腫が疑われた.腫瘍は急速に増大し,在胎36週に帝王切開で早期娩出された.著明な腹部膨満を認め,横隔膜挙上に伴う呼吸促迫のため人工呼吸管理となった.2生日に腫瘍生検を行い,迅速病理の所見は神経芽腫に矛盾せず,尿中HVA値と血中NSE値は高値を認めた.早期治療介入が必要と判断し,最終病理診断を待たずに3生日より神経芽腫に準じた化学療法を開始した.最終病理診断は未熟奇形腫で,21生日に腫瘍摘出術を行った.胎児期に指摘された腫瘍性病変は,術前および術中迅速診断では鑑別が難しい症例が存在するため,小児科・病理診断科・放射線科との慎重な討議を重ねることが重要であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.5_1106

    CiNii Article

  • 中目 和彦, 家入 里志, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建 .  当科における過去30年間の腹壁異常手術症例の検討 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 7 ) 1316 - 1323   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】腹壁異常(腹壁破裂,臍帯ヘルニア)(以下本症)は出生前診断率の向上,周術期の新生児管理の進歩,二期閉鎖の導入等により治療成績が向上している.当科における本症の治療成績について後方視的に検討した.</p><p>【方法】過去30年間の本症手術症例35例(臍帯ヘルニア21例,腹壁破裂14例)に対して患者背景,術式,治療成績,予後について検討した.</p><p>【結果】出生前診断は臍帯ヘルニア8例(38.1%),腹壁破裂10例(71.4%)であった.合併奇形は臍帯ヘルニア18例(85.7%),腹壁破裂5例(35.7%)に認め,染色体異常は臍帯ヘルニア4例(19%)に認めた.手術は臍帯ヘルニアでは一期閉鎖14例(66.7%),silo造設のみ1例(4.8%),二期閉鎖6例(28.6%)が施行され,腹壁破裂では一期閉鎖3例(21.4%),二期閉鎖11例(78.6%)が施行された.術後合併症は臍帯ヘルニアでは10例(47.6%),腹壁破裂8例(57.1%)に認めた.腹壁瘢痕ヘルニアを臍帯ヘルニア2例,腹壁破裂では1例に認め,components separation techniqueによる修復術を要した.臍の形成不全は臍帯ヘルニア3例(14.3%),腹壁破裂5例(35.7%)に認めた.生存率は臍帯ヘルニア81.0%,腹壁破裂が92.9%であった.臍帯ヘルニア4例は重症合併奇形により,腹壁破裂の1例は術後アシドーシスで死亡した.</p><p>【結論】本症の予後を左右するのは重症合併奇形の有無と考えられる.救命例にも臍形成や腹壁瘢痕ヘルニアに対する治療など問題点も多く残存し,生命予後の改善と共に中長期的治療戦略が必要である.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.7_1316

    CiNii Article

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 武藤 充, 馬場 徳朗, 鈴東 昌也, 家入 里志 .  年長児の磁石誤飲による多発消化管穿孔の1例 .  日本小児外科学会雑誌54 ( 5 ) 1156 - 1160   2018年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は12歳男児.腹痛で発症し,その後嘔吐も認めるため発症3日目に救急病院を受診した.腹膜刺激症状があり,画像検査で腹部に金属製異物とfree airを認めため,当科に救急搬送された.消化管異物による消化管穿孔を疑い緊急開腹手術を施行した.術中所見で消化管異物は複数の磁石と金属であり,小腸-小腸と小腸-結腸の2か所で癒合し,癒合部位に穿通を認めた.異物をすべて摘出し手術を終了した.術後経過中に患児の異物摂食が目撃され,精神科医の診察により心因性ストレスによる異食症と診断された.術後2年経過しているが,現在も精神科のフォローは継続している.複数の磁石誤飲は消化管の瘻孔形成,穿通,穿孔,腸閉塞などさまざまな消化管障害を起こす危険性があり,積極的な治療介入が必要である.また年長児異物誤飲は,精神疾患が潜在している可能性を考慮し診療を進める必要がある.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.5_1156

    CiNii Article

  • Keisuke Yano, Tatsuru Kaji, Takafumi Kawano, Kazuhiko Nakame, Motoi Mukai, Satoshi Ieiri .  Optimal Strategy for Treating Solid Pseudopapillary Tumors of the Pancreas: The Distinctive Clinical Course of 3 Cases .  PEDIATRIC BLOOD & CANCER64   S74 - S74   2017年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  • Takafumi Kawano, Ryota Sozaki, Tomoro Hishiki, Yoshiaki Kinoshita, Tatsuro Tajiri, Akihiro Yoneda, Takaharu Oue, Tsugumichi Koshinaga, Eiso Hiyama, Masaki Nio, Yukihiro Inomata, Tatsuo Kuroda, Tomoaki Taguchi, Satoshi Ieiri .  Possibility of Standardization for Endoscopic Surgery of Neuroblastoma: Results from a Nationwide Survey in Japan .  PEDIATRIC BLOOD & CANCER64   S47 - S48   2017年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  • Kaji Tatsuru, Nakame Kazuhiko, Machigashira Seiro, Kawano Takafumi, Masuya Ryuta, Yamada Waka, Yamada Koji, Onishi Shun, Moriguchi Tomoe, Sugita Koshiro, Mukai Motoi, Ieiri Satoshi .  短腸症候群児における良好な転帰の予測因子 30年間の単施設経験(Predictors of a successful outcome for infants with short bowel syndrome: a 30-year single-institution experience) .  Surgery Today47 ( 11 ) 1391 - 1396   2017年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    生存および非経口栄養(PN)離脱の予測因子について検討した。治療を受けた短腸症候群(SBS)児(男児6名、女児10名、平均妊娠期間36.7週、平均出生体重2592g)を対象とした。予測因子の解析にはKaplan-Meier解析を使用した。平均残存小腸(RSBL)は34.9cm、死亡した患者6例、非経口栄養(PN)から離脱した患者は9例であった。生存予測因子として、胆汁うっ滞、腸瘻造設、絶対RSBLが30cm未満、予想RSBL率が10%未満に有意差がみられた。PN離脱の予測因子として、胆汁うっ滞、回盲弁(ICV)喪失、絶対RSBLが20cm未満、予想RSBL率が10%未満に有意差がみられた。

  • 野中 裕斗, 鈴東 昌也, 向井 基, 野口 啓幸, 後藤 倫子, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志 .  出生前診断され新生児期に無症状で経過した先天性嚢胞状腺腫様肺形成異常(CCAM)の2例 手術時期に関する考察 .  日本小児外科学会雑誌53 ( 5 ) 1042 - 1048   2017年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例1、男児。胎児超音波検査で左胸腔内に嚢胞性病変を指摘され、37週3,452gで出生後、左下葉CCAM I型と診断された。新生児期に症状を認めなかったが、月齢3で嚢胞感染によると考えられる肺炎に罹患した。月齢6に左下葉切除を施行した際の所見で、炎症による著明な癒着を認めた。症例2、女児。胎児超音波検査で両側の胸腔内に嚢胞性病変を認め、36週2,128gで出生後、左下葉全体と右S2領域に嚢胞性病変を認め、両側CCAM I型と診断された。新生児期に症状を認めず、月齢11に左下葉切除、月齢14に右上葉切除と二期的に手術を行った。両側症例では切除肺を最小限にとどめ、残存肺機能を最大限残すために、感染による正常肺への影響のない早期手術が必要である。症例2では術前に認めた体重増加不良が、術後に改善を認めており、成長障害の解決の観点からも早期手術の必要性が再認識された。(著者抄録)

  • 矢野 圭輔, 川野 孝文, 山田 耕嗣, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  胆道拡張症術後の膵石合併慢性膵炎に対してDouble Roux-en-Yを用いたFrey手術が奏効した1例 .  日本小児外科学会雑誌53 ( 4 ) 925 - 929   2017年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    先天性胆道拡張症(CBD)の分流手術後、膵炎を繰り返し、膵石合併慢性膵炎へと移行、反復する腹痛に対してDouble Roux-en-Yを用いたFrey手術を施行した症例を経験した。症例は20歳、女性。4歳時に特発性胆嚢穿孔に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術、7歳時にCBDに対し分流手術を施行されたが、以降も膵炎で入退院を繰り返していた。ERP、MRCPでは遺残胆管や膵癒合異常は確認できず、主膵管減圧目的に内視鏡的乳頭切開も行ったが再燃を繰り返した。19歳時に腹部CTで膵石形成、膵尾部の萎縮、末梢側膵管の拡張を認め、膵石合併慢性膵炎と診断された。膵石は27mm大で内視鏡的治療は困難と判断し、分流手術後であったためDouble Roux-en-Yを用いたFrey手術を施行した。術後、膵炎を起こすことなく腹痛も軽快した。CBDに対する分流手術後の慢性膵炎に、Double Roux-en-Yを用いたFrey手術は有効な術式の1つと考えられた。(著者抄録)

  • 武藤 充, Wales Paul W., Turner Justine M., Wizzard Pamela R., Soukvilay Amanda, Lim David, 加治 建, 家入 里志 .  【脂肪乳剤について考える】研究と臨床経験からみるバランス脂肪乳剤SMOFlipid 20%の有用性 .  外科と代謝・栄養51 ( 2 ) 91 - 102   2017年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

  • 大西 峻, 向井 基, 中目 和彦, 矢野 圭輔, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 加治 建, 家入 里志 .  回腸切除後にビタミンB12欠乏性巨赤芽球性貧血をきたした2例 .  日本小児外科学会雑誌53 ( 2 ) 277 - 281   2017年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例1は2歳男児。胎便性腹膜炎、回腸閉鎖症で1生日に手術施行し、残存小腸95cm(残存回腸0cm)となった。外来フォロー中に大球性貧血を認め、ビタミンB12(VB12)欠乏性巨赤芽球性貧血でVB12投与を開始され貧血は改善した。症例2は10歳男児。小腸閉鎖で出生17時間で手術施行し、残存小腸45cm(残存回腸5mm)となった。10歳時に易疲労感、食欲不振が出現し、鉄欠乏性貧血とされ、鉄剤投与された。しかし貧血に改善なく、その後汎血球減少を認めたため、精査の結果VB12欠乏性巨赤芽球性貧血と診断された。VB12投与で貧血は改善した。VB12欠乏は不可逆的神経障害の原因になるため、吸収障害による欠乏症を起こす可能性のある短腸症候群の患児では、長期フォローが重要である。VB12欠乏を念頭においた注意深いフォローによる早期診断と治療が必要であると考えられた。(著者抄録)

  • Miwa M, Oishi K, Anzai H, Kumagai H, Ieiri S, Hirooka H .  Estimation of the energy expenditure of grazing ruminants by incorporating dynamic body acceleration into a conventional energy requirement system. .  Journal of animal science95 ( 2 ) 901 - 909   2017年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2527/jas.2016.0749

    PubMed

  • 野中 裕斗, 鈴東 昌也, 向井 基, 野口 啓幸, 後藤 倫子, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志 .  出生前診断され新生児期に無症状で経過した先天性囊胞状腺腫様肺形成異常(CCAM)の2例:―手術時期に関する考察― .  日本小児外科学会雑誌53 ( 5 ) 1042 - 1048   2017年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例1,男児.胎児超音波検査で左胸腔内に囊胞性病変を指摘され,37週3,452 gで出生後,左下葉CCAM I型と診断された.新生児期に症状を認めなかったが,月齢3で囊胞感染によると考えられる肺炎に罹患した.月齢6に左下葉切除を施行した際の所見で,炎症による著明な癒着を認めた.症例2,女児.胎児超音波検査で両側の胸腔内に囊胞性病変を認め,36週2,128 gで出生後,左下葉全体と右S2領域に囊胞性病変を認め,両側CCAM I型と診断された.新生児期に症状を認めず,月齢11に左下葉切除,月齢14に右上葉切除と二期的に手術を行った.両側症例では切除肺を最小限にとどめ,残存肺機能を最大限残すために,感染による正常肺への影響のない早期手術が必要である.症例2では術前に認めた体重増加不良が,術後に改善を認めており,成長障害の解決の観点からも早期手術の必要性が再認識された.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.53.5_1042

    CiNii Article

  • 大西 峻, 向井 基, 中目 和彦, 矢野 圭輔, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 加治 建, 家入 里志 .  回腸切除後にビタミンB12欠乏性巨赤芽球性貧血をきたした2例 .  日本小児外科学会雑誌53 ( 2 ) 277 - 281   2017年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例1 は2 歳男児.胎便性腹膜炎,回腸閉鎖症で1 生日に手術施行し,残存小腸95 cm(残存回腸0 cm)となった.外来フォロー中に大球性貧血を認め,ビタミンB<sub>12</sub>(VB<sub>12</sub>)欠乏性巨赤芽球性貧血でVB<sub>12 </sub>投与を開始され貧血は改善した.症例2 は10 歳男児.小腸閉鎖で出生17 時間で手術施行し,残存小腸45 cm(残存回腸5 mm)となった.10 歳時に易疲労感,食欲不振が出現し,鉄欠乏性貧血とされ,鉄剤投与された.しかし貧血に改善なく,その後汎血球減少を認めたため,精査の結果VB<sub>12 </sub>欠乏性巨赤芽球性貧血と診断された.VB<sub>12 </sub>投与で貧血は改善した.VB<sub>12 </sub>欠乏は不可逆的神経障害の原因になるため,吸収障害による欠乏症を起こす可能性のある短腸症候群の患児では,長期フォローが重要である.VB<sub>12 </sub>欠乏を念頭においた注意深いフォローによる早期診断と治療が必要であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.53.2_277

    CiNii Article

  • 武藤 充, Wales Paul W., Turner Justine M., Wizzard Pamela R., Soukvilay Amanda, Lim David, 加治 建, 家入 里志 .  研究と臨床経験からみるバランス脂肪乳剤SMOFlipid<sup>&reg;</sup> 20%の有用性 .  外科と代謝・栄養51 ( 2 ) 91 - 102   2017年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    DOI: 10.11638/jssmn.51.2_91

    CiNii Article

  • 矢野 圭輔, 川野 孝文, 山田 耕嗣, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  胆道拡張症術後の膵石合併慢性膵炎に対してDouble Roux-en-Yを用いたFrey手術が奏効した1例 .  日本小児外科学会雑誌53 ( 4 ) 925 - 929   2017年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>先天性胆道拡張症(CBD)の分流手術後,膵炎を繰り返し,膵石合併慢性膵炎へと移行,反復する腹痛に対してDouble Roux-en-Yを用いたFrey手術を施行した症例を経験した.症例は20歳,女性.4歳時に特発性胆囊穿孔に対し腹腔鏡下胆囊摘出術,7歳時にCBDに対し分流手術を施行されたが,以降も膵炎で入退院を繰り返していた.ERP,MRCPでは遺残胆管や膵癒合異常は確認できず,主膵管減圧目的に内視鏡的乳頭切開も行ったが再燃を繰り返した.19歳時に腹部CTで膵石形成,膵尾部の萎縮,末梢側膵管の拡張を認め,膵石合併慢性膵炎と診断された.膵石は27 mm大で内視鏡的治療は困難と判断し,分流手術後であったためDouble Roux-en-Yを用いたFrey手術を施行した.術後,膵炎を起こすことなく腹痛も軽快した.CBDに対する分流手術後の慢性膵炎に,Double Roux-en-Yを用いたFrey手術は有効な術式の1つと考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.53.4_925

    CiNii Article

  • 米倉 竹夫, 古村 眞, 臼井 規朗, 家入 里志, 高安 肇, 尾藤 祐子, 藤代 準, 藤野 明浩, 伊勢 一哉, 佐々木 英之, 下野 隆一, 寺脇 幹, 岡本 晋弥, 佐々木 隆士, 照井 慶太, 永田 公二, 江角 元史郎, 平原 憲道, 宮田 裕章, 渡辺 栄一郎, 前田 貢作, 日本小児外科学会データベース委員会 .  National Clinical Database(小児外科領域) Annual Report2011-2012 .  日本小児外科学会雑誌52 ( 7 ) 1350 - 1359   2016年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

  • 夏越 祥次, 井本 浩, 佐藤 雅美, 家入 里志, 飯野 聡, 有上 貴明, 荒田 憲一, 北薗 巌, 大塚 綱志, 青木 雅也, 川野 孝文, 山田 和歌 .  新専門医制度の夜明け ピンチをチャンスに ピンチの地方外科医療 新専門医制度をチャンスとするための1県1プログラム .  日本外科学会雑誌117 ( 6 ) 591 - 593   2016年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  • Yoshimaru Koichiro, Kinoshita Yoshiaki, Matsuura Toshiharu, Esumi Genshiro, Wada Momoko, Takahashi Yoshiaki, Yanagi Yusuke, Hayashida Makoto, Ieiri Satoshi, Taguchi Tomoaki .  開腹歴のない腸閉塞 患者70例の臨床的解析(Bowel obstruction without history of laparotomy: Clinical analysis of 70 patients) .  Pediatrics International58 ( 11 ) 1205 - 1210   2016年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    2004年1月〜2014年9月に当施設の手術記録から開腹歴のない16歳未満の腸閉塞児70例(男児43例、女児27例、生後1〜5647日)を同定し、臨床的特徴と病因を後向きに調査した。70例の内訳は、腸回転異常が34例、腸重積症が19例、内ヘルニアが6例、メッケル憩室が5例であった。術前診断を50例で達成した。術前確定診断の結果によると、内ヘルニア、メッケル憩室、特発性腸軸捻転の有病率は、腸回転異常または腸重積症よりも有意に低かった。術中確定診断では、39例に絞扼がみられ、21例で腸切除を行った。絞扼性腸の切除を回避するための初期症状発症から手術までの最適なタイミングを解明したところ、最適間隔のカットオフ値は19時間であった。

  • 加治 建, 中条 哲浩, 町頭 成郎, 川野 孝文, 山田 和歌, 山田 耕嗣, 大西 峻, 森口 智江, 杉田 光士郎, 中目 和彦, 向井 基, 夏越 祥次, 家入 里志 .  【この一冊でわかる甲状腺疾患】小児外科施設における小児甲状腺がんの治療 .  小児外科48 ( 10 ) 1061 - 1066   2016年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 中目 和彦, 家入 里志 .  左顎関節内木片異物の1幼児例 .  日本小児外科学会雑誌52 ( 6 ) 1218 - 1222   2016年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は1歳7ヵ月女児。夕食後、木製の箸を手に把持した状態で転倒した際に、箸先端が左頬部に刺さった。母親が可及的に刺さった箸を抜去した後に当院救急センターを受診した。箸の先端は約1.5cm破損し、その所在は不明であったが、単純X線検査と超音波検査では異物の残存は同定できず経過観察となった。しかし2日後に発熱、食欲不振が出現したため再診した際に、CT検査を施行したところ左顎関節周囲に高吸収域を認め、異物の残存が疑われた。3次元再構築したCT画像(以下3D-CT)により左顎関節内に残存する木片異物の正確な位置と形状を特定し、全身麻酔下の手術で木片を除去することができた。術後に軽度の顔面神経麻痺を認めたが軽快し、術後7日目に退院となった。木片異物はX線透過性が高いため単純X線検査では見逃される可能性がある。異物の残存が否定できない場合はCT検査まで行い、3次元構成により確認することが必要であると考えられた。(著者抄録)

  • 家入 里志, 山田 耕嗣, 加治 建 .  胎児・新生児・小児用デバイス開発の動向 .  日本コンピュータ外科学会誌18 ( 3 ) 168 - 169   2016年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

  • 山田 耕嗣, 義岡 孝子, 大西 峻, 山田 和歌, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  気管支原性嚢胞の発生部位からみた臨床病理学的検討 .  日本小児外科学会雑誌52 ( 6 ) 1163 - 1168   2016年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】気管支原性嚢胞の自験例を集計し、今後の診断治療の参考とすべく、発生部位別にその臨床像、病理像を明らかとする。【方法】1989年1月より2015年12月までに当科で経験した気管支原性嚢胞13例を対象とし診療録を用いて後方視的に臨床所見と病理所見を詳細に検討した。【結果】年齢は0〜12歳(中央値9歳)で性別は女児4例男児9例であった。発生部位は縦隔7例、胸腔内4例、頸部2例で、初発症状は頸部腫瘤が2例、発熱が1例、胸背部痛が3例、無症状が7例であった。気管支原性嚢胞に特徴的な病理所見である気管支腺や気管軟骨を11例に認めたが、2例では腫瘤壁の炎症が強く認めなかった。【結論】10歳以上の年長児にみられた症候性の縦隔症例は腫瘤サイズの増大とともに症状も増悪し、腫瘤サイズ増大とともに気管・食道との癒着が高度となり、その結果手術難度を上昇させることが示唆された。肺内症例は固有の胸膜を有し正常肺実質と交通がない肺葉外発生型と、正常肺実質と接し肺胞や気道レベルでの交通を有し、感染を合併する肺葉内発生型の2種類に分類されると考えられた。頸部症例は術前診断が困難であり、気管と離れた部位に腫瘤が発生していた。(著者抄録)

  • 木下 義晶, 貝沼 茂三郎, 永田 公二, 宮田 潤子, 家入 里志, 田口 智章 .  【小児漢方:温故知新-建中湯・補剤・利水剤】遺糞症に対するpull through術後に生じた便失禁に対する補中益気湯の応用 .  小児外科48 ( 7 ) 705 - 707   2016年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    14歳女児。10歳時に遺糞症で高度の直腸拡張を認め、初診となった。緩下剤、摘便、カウンセリングなどによる治療を行ったが改善傾向は認められなかった。腹部単純X線像では著明な便塊の貯留がみられ、注腸造影検査では著明な直腸の拡張と便塊の貯留が認められた。直腸肛門内圧検査では静止時の肛門管圧は55cmH2O、肛門管律動波は13.5回/分で、直腸肛門反射は陽性、直腸粘膜生検ほか、脊椎MRIでも異常所見は認められなかった。以上、これらの所見を踏まえて、12歳時に拡張直腸切除+腹腔鏡補助下経肛門的pull through術が施行された。その結果、術後は便の貯留は改善したが、下痢傾向と便失禁が出現し、月経発来後は気分不良、腹痛も頻発するようになった。QOLの低下がみられたため、漢方外来にコンサルトすることになり、気血水理論などの観点から診断を行い、補中益気湯の適応病態と考えられた。以後、補中益気湯導入1ヵ月後には月経痛が軽くなり、下着汚染の頻度が減り、2ヵ月後には風邪をひいても下痢にはならなくなった。更に6ヵ月後には月経痛、倦怠感もなくなり、排便回数は1日1回になった。

  • 服部 麻木, 鈴木 直樹, 田中 亮輔, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 赤星 朋比古, 田口 智章, 家入 里志, 橋爪 誠 .  ヒトの成長による内部構造の長期間にわたる変化を可視化するシステムの開発 .  MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY ( Suppl. ) np198 - np200   2016年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    われわれの研究グループでは、ヒトの四次元現象の中でも歩行や心拍動といった短い時間に生じる内部構造の変化を可視化するシステムの研究開発を継続して行なっており、これまでに本大会でも報告を行なってきた。これらの四次元現象よりも長い時間のレンジで生じる変化、ヒトの成長や治療した部位の変化を可視化し解析することは、診断や治療、そして将来の予測などに有用であると考える。今回、特に大きな変化が生じる小児の成長を対象とし、5年ほどの間に複数回撮影されたX線CTデータを用いて、長い時間の間にどのように内部構造が変化していくのか可視化するための表示手法の開発を行なった。本発表では、生体肝移植や先天性横隔膜ヘルニア治療後の小児の数年間にわたるX線CTデータを用いた結果について報告する。(著者抄録)

  • Ieiri S. .  Anorectal prolapse .  Operative General Surgery in Neonates and Infants   273 - 276   2016年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Operative General Surgery in Neonates and Infants  

    DOI: 10.1007/978-4-431-55876-7_43

    Scopus

  • 家入 里志, 小幡 聡, 大西 峻, 中目 和彦, 三好 きな, 宮田 潤子, 田口 智章 .  【直視下縫合・吻合のテクニック:工夫とコツ】Hirschsprung病Z型吻合術 .  小児外科48 ( 6 ) 591 - 595   2016年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Tomikawa Morimasa, Uemura Munenori, Kenmotsu Hajime, Konishi Kozo, Ohuchida Kenoki, Okazaki Ken, Ieiri Satoshi, Tanoue Kazuo, Hashizume Makoto .  九州大学における10年間の2日間標準的腹腔鏡下手術技能研修プログラムの評価(Evaluation of the 10-year history of a 2-day standardized laparoscopic surgical skills training program at Kyushu University) .  Surgery Today46 ( 6 ) 750 - 756   2016年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    10年間実施してきた2日間標準的腹腔鏡下手術技能研修プログラムの有効性を評価した。研修プログラムを受けた外科医は914名(男性796名、女性118名)で、卒後経験年数のピークは、2、8、17年目であった。縫合および糸結び時間は、プログラム終了時の方が開始時より有意に短かった。しかし、縫合の誤配置および弛みの回数、誤配置の最大距離、ラバーシートの損傷回数は、プログラム終了時の方が有意に多かった。研修後6ヵ月目のアンケートにより、全般的技術および鉗子操作における有意な改善と、腹腔鏡下胆嚢切除術の平均手術時間の有意な短縮が明らかになった。

  • Kawamura K. .  Design parameter evaluation based on human operation for tip mechanism of forceps manipulator using surgical robot simulation .  Advanced Robotics30 ( 7 ) 476 - 488   2016年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Robotics  

    DOI: 10.1080/01691864.2015.1129361

    Web of Science

    Scopus

  • 鈴東 昌也, 野口 啓幸, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  九州・沖縄・山口地区における先天性食道疾患の診療の現況 第45回九州小児外科研究会アンケート調査の解析結果から .  日本小児外科学会雑誌52 ( 2 ) 252 - 258   2016年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    【目的】食道閉鎖症、先天性食道狭窄症の両疾患に対する、九州・沖縄・山口地区における診療の現況を明らかにすることを目的とした。【方法】九州・沖縄・山口地区の小児外科診療施設に対し、過去10年間に診断、治療された食道閉鎖症と先天性食道狭窄症を対象として、症例数とその概要、および診療方針についてアンケート調査を依頼した。【結果】29施設中20施設(69.0%)から回答を得た。食道閉鎖症190例と先天性食道狭窄症39例を集計した。食道閉鎖症において、各施設の経験症例数は、0例が5施設、1〜5例が1施設、6〜10例が7施設、15〜20例が5施設、20〜25例が2施設であった。出生前診断率は174例中47例(27.0%)であった。手術アプローチは側方切開を行っている施設が60.0%を占め、胸腔鏡手術を導入している施設は2施設のみであった。手術施行症例の救命率は90.9%で、非手術症例を含む全体の救命率は73.7%であった。低出生体重児の比率は63.0%、極低出生体重児の比率は14.7%と高率であった。先天性食道狭窄症の分析では、病型は気管原基迷入型狭窄が12例と最も多く、筋線維性肥厚性狭窄10例、膜様狭窄3例の順であった。合併奇形の比率は35.9%で、うち食道閉鎖症との合併を15.4%に認めた。発症時期は乳児期後半が56.8%と最も多かったが、新生児期発症も21.6%に認めた。【結論】食道閉鎖症の一期的手術症例については、全国集計と遜色ない結果であった。先天性食道狭窄症は、新生児期に嚥下障害で発症する症例もあるため、離乳食開始時期以外でも鑑別診断として念頭に置くべき疾患であると考えられた。(著者抄録)

  • 家入 里志, 古澤 敬子, 池田 祐子, 田口 智章 .  【へそを使う手術の実際】横隔膜ヘルニア .  小児外科48 ( 3 ) 294 - 298   2016年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    生後2ヵ月の女児。チアノーゼを主訴に前医を受診、胸部X線検査にて左横隔膜ヘルニアを疑われ、著者らの施設へ救急搬送となった。臨床経過および腹部X線、造影CT所見より先天性遅発性横隔膜ヘルニアと診断された。治療として楕円型EZアクセス装着による単孔式腹腔鏡下で横隔膜ヘルニア修復術を行ったところ、術後は合併症や再発を認めず、良好に経過している。

  • 山田 耕嗣, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 和歌, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  【小児救急セミナーシリーズ:外因性疾患への初期対応】酸アルカリ誤飲 .  小児外科48 ( 2 ) 207 - 211   2016年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 鈴東 昌也, 松久保 眞, 野口 啓幸, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  前腸嚢胞を合併したA型食道閉鎖症の1例 .  日本小児外科学会雑誌52 ( 1 ) 120 - 123   2016年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    A型食道閉鎖症と前腸嚢胞を合併した症例を経験した。症例は男児。妊娠24週時の胎児超音波検査にて食道閉鎖症と右胸腔内嚢胞を指摘され、36週2日1,762gで出生後にA型食道閉鎖症および右縦隔嚢胞と診断された。出生後の呼吸障害は一過性であり、嚢胞サイズや呼吸状態を注意深く監視しながら計20回のブジーによる食道延長術を行ったのち、生後192日目に嚢胞切除と食道端々吻合を同時に施行した。切除した嚢胞壁には線毛円柱上皮と扁平上皮を認め、最終的に前腸嚢胞と診断された。A型食道閉鎖症は一般的に食道盲端間の距離が長く根治術までに長期間を要するが、一方、前腸嚢胞は後縦隔に好発し、圧迫による呼吸障害の原因となるため早期手術が望まれる。自験例では最終的に一期的に同時手術を行い得たが、待機するにあたっては急速な呼吸障害発生も想定した綿密な治療計画の策定が必要である。(著者抄録)

  • 代居 良太, 木下 義晶, 林田 真, 家入 里志, 宗崎 良太, 孝橋 賢一, 西江 昭弘, 相島 慎一, 小田 義直, 田尻 達郎, 田口 智章 .  非典型的な画像所見・病理所見を呈した小児多発性肝限局性結節性過形成類似病変の1例 .  日本小児血液・がん学会雑誌52 ( 5 ) 430 - 434   2016年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

    画像所見が非典型的で、肝細胞癌との鑑別が困難な小児多発性肝限局性結節性過形成類似病変(FNH-like lesion)の症例を経験した。症例は10歳女児で、右下肢痛の経過観察中、MRIで偶然多発肝腫瘤影を指摘された。ガドキセト酸ナトリウム(Gd-EOB-DTPA)による造影MRIで、大部分の腫瘤は限局性結節性過形成(FNH)に一致する所見だった。ところがS3の腫瘤が高分化型肝細胞癌を疑う所見だったため、腹腔鏡下肝腫瘍切除を行った。切除組織の病理診断は肝細胞の過形成性病変で、肝細胞癌は否定された。しかし、FNH以外の他の過形成性病変との区別は困難で、最終診断はFNH-like lesionとした。FNHと同様に肝内血管走行異常が原因で生じる過形成性病変で、FNHの病理所見を満たさないものをFNH-like lesionと呼ぶ。本症は組織像だけでなく画像上もFNHに非典型的な所見を呈し得る。画像上肝細胞癌が疑われるが、他の臨床像が悪性を示唆しない場合、本疾患も念頭に置く必要がある。(著者抄録)

  • 鈴東 昌也, 野口 啓幸, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  九州・沖縄・山口地区における先天性食道疾患の診療の現況:―第45回九州小児外科研究会アンケート調査の解析結果から― .  日本小児外科学会雑誌52 ( 2 ) 252 - 258   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    【目的】食道閉鎖症,先天性食道狭窄症の両疾患に対する,九州・沖縄・山口地区における診療の現況を明らかにすることを目的とした.<br>【方法】九州・沖縄・山口地区の小児外科診療施設に対し,過去10 年間に診断,治療された食道閉鎖症と先天性食道狭窄症を対象として,症例数とその概要,および診療方針についてアンケート調査を依頼した.<br>【結果】29 施設中20 施設(69.0%)から回答を得た.食道閉鎖症190 例と先天性食道狭窄症39 例を集計した.食道閉鎖症において,各施設の経験症例数は,0 例が5 施設,1~5 例が1 施設,6~10 例が7 施設,15~20 例が5 施設,20~25 例が2 施設であった.出生前診断率は174 例中47 例(27.0%)であった.手術アプローチは側方切開を行っている施設が60.0%を占め,胸腔鏡手術を導入している施設は2 施設のみであった.手術施行症例の救命率は90.9%で,非手術症例を含む全体の救命率は73.7%であった.低出生体重児の比率は63.0%,極低出生体重児の比率は14.7%と高率であった.先天性食道狭窄症の分析では,病型は気管原基迷入型狭窄が12 例と最も多く,筋線維性肥厚性狭窄10 例,膜様狭窄3 例の順であった.合併奇形の比率は35.9%で,うち食道閉鎖症との合併を15.4%に認めた.発症時期は乳児期後半が56.8%と最も多かったが,新生児期発症も21.6%に認めた.<br>【結論】食道閉鎖症の一期的手術症例については,全国集計と遜色ない結果であった.先天性食道狭窄症は,新生児期に嚥下障害で発症する症例もあるため,離乳食開始時期以外でも鑑別診断として念頭に置くべき疾患であると考えられた.

    DOI: 10.11164/jjsps.52.2_252

    CiNii Article

  • 服部 麻木, 橋爪 誠, 鈴木 直樹, 中田 亮輔, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 赤星 朋比古, 田口 智章, 家入 里志 .  変化の著しい小児の成長を可視化するための手法の開発 .  生体医工学54 ( 28 ) S341 - S341   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    <p>ヒトの内部ではミクロからマクロのどのレベルにおいても四次元現象が生じており、この空間と時間軸での変化を可視化し、解析することは診断や治療に大変有用だと考える。これまでにわれわれの研究グループでは、心拍動や歩行など、比較的短い時間で変化する四次元現象を可視化するシステムの開発を行なってきた。そして現在、これらよりも長い時間間隔で変化するヒトの成長の中でも特に成長の著しい小児期を対象とし、その変化を可視化するシステムの開発を行なっている。本システムでは数年の間に複数回撮影された小児のX線CTデータを用い、小児の骨や臓器などの内部構造が成長によってどのように変化していくのか、理解しやすい可視化システムを目指している。本発表では開発中のシステムについて報告する。</p>

    DOI: 10.11239/jsmbe.54Annual.S341

    CiNii Article

  • 鈴東 昌也, 松久保 眞, 野口 啓幸, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  前腸囊胞を合併したA型食道閉鎖症の1例 .  日本小児外科学会雑誌52 ( 1 ) 120 - 123   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    A 型食道閉鎖症と前腸囊胞を合併した症例を経験した.症例は男児.妊娠24 週時の胎児超音波検査にて食道閉鎖症と右胸腔内囊胞を指摘され,36 週2 日1,762 g で出生後にA 型食道閉鎖症および右縦隔囊胞と診断された.出生後の呼吸障害は一過性であり,囊胞サイズや呼吸状態を注意深く監視しながら計20 回のブジーによる食道延長術を行ったのち,生後192 日目に囊胞切除と食道端々吻合を同時に施行した.切除した囊胞壁には線毛円柱上皮と扁平上皮を認め,最終的に前腸囊胞と診断された.A 型食道閉鎖症は一般的に食道盲端間の距離が長く根治術までに長期間を要するが,一方,前腸囊胞は後縦隔に好発し,圧迫による呼吸障害の原因となるため早期手術が望まれる.自験例では最終的に一期的に同時手術を行い得たが,待機するにあたっては急速な呼吸障害発生も想定した綿密な治療計画の策定が必要である.

    DOI: 10.11164/jjsps.52.1_120

    CiNii Article

  • 松久保 眞, 野口 啓幸, 中目 和彦, 家入 里志 .  左顎関節内木片異物の1幼児例 .  日本小児外科学会雑誌52 ( 6 ) 1218 - 1222   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は1 歳7 か月女児.夕食後,木製の箸を手に把持した状態で転倒した際に,箸先端が左頬部に刺さった.母親が可及的に刺さった箸を抜去した後に当院救急センターを受診した.箸の先端は約1.5 cm 破損し,その所在は不明であったが,単純X 線検査と超音波検査では異物の残存は同定できず経過観察となった.しかし2 日後に発熱,食欲不振が出現したため再診した際に,CT 検査を施行したところ左顎関節周囲に高吸収域を認め,異物の残存が疑われた.3 次元再構築したCT 画像(以下3D-CT)により左顎関節内に残存する木片異物の正確な位置と形状を特定し,全身麻酔下の手術で木片を除去することができた.術後に軽度の顔面神経麻痺を認めたが軽快し,術後7 日目に退院となった.木片異物はX 線透過性が高いため単純X 線検査では見逃される可能性がある.異物の残存が否定できない場合はCT 検査まで行い,3 次元構成により確認することが必要であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.52.6_1218

    CiNii Article

  • 山田 耕嗣, 義岡 孝子, 大西 峻, 山田 和歌, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志 .  気管支原性囊胞の発生部位からみた臨床病理学的検討 .  日本小児外科学会雑誌52 ( 6 ) 1163 - 1168   2016年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】気管支原性囊胞の自験例を集計し,今後の診断治療の参考とすべく,発生部位別にその臨床像,病理像を明らかとする.</p><p>【方法】1989 年1 月より2015 年12 月までに当科で経験した気管支原性囊胞13 例を対象とし診療録を用いて後方視的に臨床所見と病理所見を詳細に検討した.</p><p>【結果】年齢は0~12 歳(中央値9 歳)で性別は女児4 例男児9 例であった.発生部位は縦隔7 例,胸腔内4 例,頸部2 例で,初発症状は頸部腫瘤が2 例,発熱が1 例,胸背部痛が3 例,無症状が7 例であった.気管支原性囊胞に特徴的な病理所見である気管支腺や気管軟骨を11 例に認めたが,2 例では腫瘤壁の炎症が強く認めなかった.</p><p>【結論】10 歳以上の年長児にみられた症候性の縦隔症例は腫瘤サイズの増大とともに症状も増悪し,腫瘤サイズ増大とともに気管・食道との癒着が高度となり,その結果手術難度を上昇させることが示唆された.肺内症例は固有の胸膜を有し正常肺実質と交通がない肺葉外発生型と,正常肺実質と接し肺胞や気道レベルでの交通を有し,感染を合併する肺葉内発生型の2 種類に分類されると考えられた.頸部症例は術前診断が困難であり,気管と離れた部位に腫瘤が発生していた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.52.6_1163

    CiNii Article

  • 小幡 聡, 家入 里志, 宗崎 良太, 神保 教広, 橋爪 誠, 田口 智章 .  【エンジョイ!症例報告:手術・治療の工夫(II)】臓器機能温存を目指したintra-gastric surgery .  小児外科47 ( 12 ) 1279 - 1283   2015年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    症例1は12歳男児で、上部消化管内視鏡検査でEC junctionから3cmの胃穹窿部後壁に径4cmの腫瘤を認めた。臍部から12mmのトロカーを挿入し、軟性内視鏡で胃内に二酸化炭素を送気し、腹腔鏡・軟性内視鏡観察下に腹壁と胃体部前壁を固定させ、5mm Pediportを3本挿入し、胃内操作で腫瘤を穿破することなく切除した。一部全層切除となった胃壁欠損部分およびトロッカー刺入部は腹腔鏡手術で閉鎖した。病理診断は気管支原性嚢胞であった。術後6ヵ月でHis角に問題や胃食道逆流は認めず、噴門機能の温存を確認し、創部はほとんど目立たなかった。症例2は13歳女児で、上部消化管内視鏡で胃体部を占拠する巨大な毛髪胃石を認めた。臍部を縦切開してXゲート装着により腹壁と胃壁を固定し、5mmカメラ+操作用2ポートを用いて胃内で毛髪胃石を少しずつ破砕して摘出し、直視下に胃壁を縫合閉鎖した。術後経過に問題なく退院となった。

  • Iwanaka Tadashi, Yamataka Atsuyuki, Uemura Sadashige, Okuyama Hiroomi, Segawa Osamu, Nio Masaki, Yoshizawa Joji, Yagi Makoto, Ieiri Satoshi, Uchida Hiroo, Koga Hiroyuki, Sato Masahito, Soh Hideki, Take Hiroshi, Hirose Ryuichiro, Fukuzawa Hiroaki, Mizuno Masaru, Watanabe Toshihiko, JSES .  JSESガイドライン 小児外科(JSES GUIDELINE: Pediatric Surgery) .  Asian Journal of Endoscopic Surgery8 ( 4 ) 390 - 407   2015年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 山田 和歌, 向井 基, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 川野 孝文, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志 .  【素朴な疑問:私ならこう考える】症状のない腸回転異常症、手術は必要か .  小児外科47 ( 10 ) 1031 - 1033   2015年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 家入 里志, 小幡 聡, 吉丸 耕一朗, 柳 祐典, 三好 きな, 神保 教広, 宮田 潤子, 川野 孝文, 山田 耕嗣, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 田口 智章 .  【素朴な疑問:私ならこう考える】Hirschsprung病の直腸粘膜生検、いつから可能か .  小児外科47 ( 10 ) 1034 - 1036   2015年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 家入 里志, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 橋爪 誠 .  ロボット手術リレー連載(第6回) ロボット支援手術のトレーニング .  日本コンピュータ外科学会誌17 ( 2 ) 67 - 71   2015年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

  • Uemura M. .  Novel Surgical Skill Evaluation with Reference to Two-handed Coordination .  Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica106 ( 7 ) 213 - 222   2015年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica  

    Scopus

  • Uemura M, Sakata K, Tomikawa M, Nagao Y, Ohuchida K, Ieiri S, Akahoshi T, Hashizume M .  Novel Surgical Skill Evaluation with Reference to Two-handed Coordination. .  Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica106 ( 7 ) 213 - 22   2015年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 永田 公二, 小幡 聡, 吉丸 耕一朗, 神保 教広, 宮田 潤子, 家入 里志, 田口 智章 .  【トランジション】Hirschsprung病類縁疾患成人例の実際 .  小児外科47 ( 7 ) 693 - 699   2015年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 植村 宗則, 坂田 一仁, 富川 盛雅, 長尾 吉泰, 大内田 研宙, 家入 里志, 赤星 朋比古, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術におけるBi-Hand Coordination技術評価系に関する研究(Novel Surgical Skill Evaluation with Reference to Two-handed Coordination) .  福岡医学雑誌106 ( 7 ) 213 - 222   2015年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:福岡医学会  

    1.はじめに 内視鏡外科手術は従来の開腹手術に比べ切開創が小さく術後回復が早いため、患者に対して利点が多い。他方、術具の操作性が低く、術者にとって負担が大きい上に、高度な技術が要求される。このことから、内視鏡外科手術における手術トレーニングの必要性が認識されつつある。最も一般的なトレーニング方法としてボックストレーナーを用いたトレーニングが挙げられるが、手術手技の客観的な評価系が確立されていないため、指導者が付き添っていない場合、独善的なトレーニングになってしまうことが懸念される。今回我々はBi-Hand Coordination技術(BHC技術)が内視鏡外科手術を安全かつ効率的に行う上で重要であることに注目し、それ客観的評価システムを考案したので報告する。2.手法 2.1 対象 コントロール群として内視鏡外科手術経験数500例以上の医師7名(Expert群)と対照群の内視鏡外科手術未経験の医学部生20名(Novice群)を被験者とした。2.2 技術評価モデル BHC技術を評価するために、滑りやすい台座上にそれぞれ異なる方向に開閉するジッパーを設置したトレーニングモデルを用いた評価タスクを考案した。モデルと鉗子先端は磁気センサを備え、タスク中のそれぞれの軌跡を計測することが出来る。2.3 実験方法 初めに、被験者はジッパーの操作を行わずジッパーの上を決められた順番通りになぞる(task1)。次に、開いているジッパーを順次閉じていく(task2)。task1、task2とも開始から完遂までの時間および台座と鉗子の軌跡をそれぞれ計測した。2.4 評価方法および評価関数 第1の評価として両群間におけるtask2の鉗子先端および台座の移動距離、タスクを完遂するまでの時間を比較した。第2の評価として、task1における鉗子先端の軌跡とtask2における鉗子先端の軌跡の差分dIとtask2における台座の軌跡DSの相関関係から回帰直線を算出し、Expert群における回帰直線を基準に評価タスク結果を点数化した。評価スコアSは技術点SI≦50、時間点としてST≦50合計100点満点とした。技術点SFはExpert群における最小dIをとる相関関数上の点Rから切片までの距離lRと任付スコア対象の点Pから相関関数と垂直に交わる点から切片までの距lPを用い、SI=50 lR/lPと定義した。また時間点STはExpert群における最速タイムTEと任意の完遂時間TAよりST=50 TE/TAとした。統計解析にはt検定をそれぞれ用いた。3.結果 Expert群はNovice群に比べ、鉗子先端の移動距離、台座の移動距離が有意に小さく、タスクを有意に早く完遂することができた。task1における鉗子先端の軌跡とtask2における鉗子先端の軌跡の差分とtask2における台座の軌跡の相関関係を比較したところ両群間に相関が認めたが、Expert群はより強い関係を示した評価タスク結果を点数化するためのExpert群における回帰直線は、相関係数0.40(p<0.01)、切片-0.60、決定係数0.92(p<0.01)であった。評価スコアは、Expert群61.1±21.9、Novice群40.3±15.7でありExpert群は有意にNovice群より高得点であった。4.むすび 評価システムは内視鏡外科手術におけるBHC技術の客観的評価系になりうると考えられた。(著者抄録)

  • Kobayashi Y, Sekiguchi Y, Noguchi T, Takahashi Y, Liu Q, Oguri S, Toyoda K, Uemura M, Ieiri S, Tomikawa M, Ohdaira T, Hashizume M, Fujie MG .  Development of a robotic system with six-degrees-of-freedom robotic tool manipulators for single-port surgery. .  The international journal of medical robotics + computer assisted surgery : MRCAS11 ( 2 ) 235 - 46   2015年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Medical Robotics and Computer Assisted Surgery  

    DOI: 10.1002/rcs.1600

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Souzaki R, Kinoshita Y, Ieiri S, Hayashida M, Koga Y, Shirabe K, Hara T, Maehara Y, Hashizume M, Taguchi T .  Three-dimensional liver model based on preoperative CT images as a tool to assist in surgical planning for hepatoblastoma in a child. .  Pediatric surgery international31 ( 6 ) 593 - 6   2015年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-015-3709-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Budianto IR, Obata S, Kinoshita Y, Yoshimaru K, Yanagi Y, Miyata J, Nagata K, Ieiri S, Taguchi T .  Reevaluation of acetylcholinesterase staining for the diagnosis of Hirschsprung disease and allied disorders. .  Journal of pediatric gastroenterology and nutrition60 ( 5 ) 606 - 12   2015年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of pediatric gastroenterology and nutrition  

    DOI: 10.1097/MPG.0000000000000664

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Koreeda Y, Obata S, Nishio Y, Miura S, Kobayashi Y, Kawamura K, Souzaki R, Ieiri S, Hashizume M, Fujie MG .  Development and testing of an endoscopic pseudo-viewpoint alternating system. .  International journal of computer assisted radiology and surgery10 ( 5 ) 619 - 28   2015年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery  

    DOI: 10.1007/s11548-014-1083-z

    Scopus

    PubMed

  • 家入 里志, 三好 きな, 小幡 聡, 神保 教広, 永田 公二, 宮田 潤子, 小田 義直, 田口 智章 .  【腸をもっと知る】Immaturity of ganglia 全国アンケート調査からみた臨床像と今後の診断方法の展望 .  小児外科47 ( 4 ) 377 - 381   2015年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 山下 実, 植村 宗則, 松岡 紀之, 家入 里志, 大内田 研宙, 赤星 朋比古, 富川 盛雅, 池田 哲夫, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術における縫合技術評価法の有用性に関する研究 .  日本コンピュータ外科学会誌17 ( 1 ) 15 - 22   2015年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

    内視鏡外科手術における縫合技術評価法の有用性について検討した。内視鏡外科手術経験症例数100例以上の医師を熟練者群(E群)、同手術未経験の医学生を初心者群(N群)とした。E群とN群におけるタスク完遂時間は、模擬腸管において、それぞれ155.4±29.6s、588.1±250.1s、生体腸管において、それぞれ142.1±21.1s、422.0±138.3sで、E群はN群と比較し、いずれの腸管においても有意にタスク完遂時間が短かった。E群とN群における内圧値は、模擬腸管において、それぞれ1.06±0.90kPa、0.66±1.45kPa、生体腸管において、それぞれ0.23±0.25、0.14±0.16kPaで、模擬腸管においてE群の内圧値がN群と比較し、有意に高かった。両群ともに模擬腸管と生体腸管の内圧値に有意な相関は認めなかった。

  • 家入 里志, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 橋爪 誠, 田口 智章 .  ロボット手術リレー連載(第5回) 小児外科領域 .  日本コンピュータ外科学会誌17 ( 1 ) 5 - 9   2015年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

  • 家入 里志, 小幡 聡, 神保 教広, 植村 宗則, 宗崎 良太, 橋爪 誠, 田口 智章 .  【知っておきたい脾臓の話題】手術ナビゲーションシステム 腹腔鏡下脾臓摘出術に対するaugmented reality(拡張現実)技術を用いたナビゲーション手術 .  小児外科47 ( 3 ) 309 - 314   2015年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Uemura M, Yamashita M, Tomikawa M, Obata S, Souzaki R, Ieiri S, Ohuchida K, Matsuoka N, Katayama T, Hashizume M .  Objective assessment of the suture ligature method for the laparoscopic intestinal anastomosis model using a new computerized system. .  Surgical endoscopy29 ( 2 ) 444 - 52   2015年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    DOI: 10.1007/s00464-014-3681-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 家入 里志, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 橋爪 誠 .  ロボット支援手術のトレーニング .  日本コンピュータ外科学会誌17 ( 2 ) 67 - 71   2015年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

    欧米とほぼ同時期の2000年頃に臨床試験が開始されたロボット手術<sup>1), 2) </sup>も, わが国においては医療機器に対する薬事法での製造販売承認に時間を要したものの, 2014年12月現在, 200台近いda Vinci<sup>&reg;</sup>システムが導入され, いよいよ今後の外科系の各領域での普及が期待される. この約15年間で, わが国における低侵襲外科治療は内視鏡外科手術を中心に飛躍的な発展を遂げ, 世界有数の内視鏡外科手術の技術を有する国となっている. <br>このような状況下で, 今後ロボット手術が本邦で普及するにあたっては, ロボット手術のコストに見合う診療報酬を確保できるかという医療制度の問題と, 手術のクオリティを担保する医師の教育・トレーニングが課題となると考えられる. 本稿では, 現在のトレーニングの状況に関して解説する.

    DOI: 10.5759/jscas.17.67

    CiNii Article

  • 山下 実, 植村 宗則, 松岡 紀之, 家入 里志, 大内田 研宙, 赤星 朋比古, 富川 盛雅, 池田 哲夫, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術における縫合技術評価法の有用性に関する研究 .  日本コンピュータ外科学会誌17 ( 1 ) 15 - 22   2015年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

    Introduction : We designed a new skill assessment system for the suture ligature method employing a model of intestinal anastomosis for laparoscopic surgery, and examined the usefulness of this system.<br>Materials & Methods : In this system, the internal pressure of the model was measured by the leak test using the air pressure as an indicator of dehiscence. The new artificial intestinal anastomosis model (artificial model) has an intestine-like structure. Expert surgeons (expert group) and medical students (novice group) performed a suturing task by putting stitches in a 10 mm wound in the artificial model and in a pig's intestine (tissue model). The performance time and the internal pressure of each model were then compared by the means between the two groups.<br>Results : The performance time of the expert group was found to be significantly shorter for both models than that of the novice group (<i>p</i><0.01). The internal pressure of the expert group in the artificial model was also significantly higher than that of the novice group (<i>p</i><0.05).<br>Conclusion : The system was found to be a potentially useful objective suturing skill assessment. Laparoscopic surgery, Clinical skills, Training, Education, Skill assessment

    DOI: 10.5759/jscas.17.15

    CiNii Article

  • 家入 里志, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 橋爪 誠, 田口 智章 .  小児外科領域 .  日本コンピュータ外科学会誌17 ( 1 ) 5 - 9   2015年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

    DOI: 10.5759/jscas.17.5

    CiNii Article

  • 代居 良太, 田尻 達郎, 田口 智章, 木下 義晶, 林田 真, 家入 里志, 宗崎 良太, 孝橋 賢一, 西江 昭弘, 相島 慎一, 小田 義直 .  非典型的な画像所見・病理所見を呈した小児多発性肝限局性結節性過形成類似病変の1例 .  日本小児血液・がん学会雑誌52 ( 5 ) 430 - 434   2015年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本小児血液・がん学会  

    画像所見が非典型的で,肝細胞癌との鑑別が困難な小児多発性肝限局性結節性過形成類似病変(FNH-like lesion)の症例を経験した.症例は10歳女児で,右下肢痛の経過観察中,MRIで偶然多発肝腫瘤影を指摘された.ガドキセト酸ナトリウム(Gd-EOB-DTPA)による造影MRIで,大部分の腫瘤は限局性結節性過形成(FNH)に一致する所見だった.ところがS3の腫瘤が高分化型肝細胞癌を疑う所見だったため,腹腔鏡下肝腫瘍切除を行った.切除組織の病理診断は肝細胞の過形成性病変で,肝細胞癌は否定された.しかし,FNH以外の他の過形成性病変との区別は困難で,最終診断はFNH-like lesionとした.<br/>FNHと同様に肝内血管走行異常が原因で生じる過形成性病変で,FNHの病理所見を満たさないものをFNH-like lesionと呼ぶ.本症は組織像だけでなく画像上もFNHに非典型的な所見を呈し得る.画像上肝細胞癌が疑われるが,他の臨床像が悪性を示唆しない場合,本疾患も念頭に置く必要がある.

    DOI: 10.11412/jspho.52.430

    CiNii Article

  • Kobayashi Y. .  Preliminary in vivo evaluation of a needle insertion manipulator for central venous catheterization .  ROBOMECH Journal1 ( 1 )   2014年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROBOMECH Journal  

    DOI: 10.1186/s40648-014-0018-3

    Scopus

  • Kobayashi Y. .  Preliminary in vivo evaluation of a needle insertion manipulator for central venous catheterization .  Afrika Matematika1 ( 1 ) 1 - 7   2014年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Afrika Matematika  

    DOI: 10.1186/s40648-014-0018-3

    Scopus

  • 永田 公二, 小幡 聡, 吉丸 耕一郎, 神保 教広, 宮田 潤子, 家入 里志, 田口 智章 .  【ビジュアル小児外科疾患のフォローアップ・プログラム-手術直後から遠隔期の問題点まで】遠隔期における全結腸型Hirschsprung病患者の諸問題 .  小児外科46 ( 11 ) 1111 - 1118   2014年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Liu Q. .  Development of a smart surgical robot with bended forceps for infant congenital esophageal atresia surgery .  Proceedings - IEEE International Conference on Robotics and Automation   2430 - 2435   2014年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings - IEEE International Conference on Robotics and Automation  

    DOI: 10.1109/ICRA.2014.6907197

    Scopus

  • 家入 里志, 小幡 聡, 神保 教広, 宗崎 良太, 宮田 潤子, 田口 智章 .  【基本を教えて!小児慢性機能性便秘症】外科治療の適応と実際 .  小児外科46 ( 9 ) 962 - 965   2014年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Taguchi T, Kobayashi H, Kanamori Y, Segawa O, Yamataka A, Sugiyama M, Iwanaka T, Shimojima N, Kuroda T, Nakazawa A, Oda Y, Miyoshi K, Ieiri S .  Isolated intestinal neuronal dysplasia Type B (IND-B) in Japan: results from a nationwide survey. .  Pediatric surgery international30 ( 8 ) 815 - 22   2014年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-014-3542-6

    Scopus

    PubMed

  • Uemura M, Tomikawa M, Nagao Y, Yamashita N, Kumashiro R, Tsutsumi N, Ohuchida K, Ieiri S, Ohdaira T, Hashizume M .  Significance of metacognitive skills in laparoscopic surgery assessed by essential task simulation. .  Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy23 ( 3 ) 165 - 72   2014年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies  

    DOI: 10.3109/13645706.2013.867273

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Uemura M, Tomikawa M, Kumashiro R, Miao T, Souzaki R, Ieiri S, Ohuchida K, Lefor AT, Hashizume M .  Analysis of hand motion differentiates expert and novice surgeons. .  The Journal of surgical research188 ( 1 ) 8 - 13   2014年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Surgical Research  

    DOI: 10.1016/j.jss.2013.12.009

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 富川 盛雅, 植村 宗則, 赤星 朋比古, 内山 秀昭, 遠藤 和也, 大内田 研宙, 家入 里志, 田上 和夫, 大平 猛, 是永 大輔, 竹中 賢治, 橋爪 誠 .  OP-076-7 内視鏡外科手術経験量を反映する客観的評価法に基づくトレーニング指針の提案(OP-076 教育-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌115 ( 2 )   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 宗崎 良太, 小幡 聡, 江角 元史郎, 永田 公二, 宮田 潤子, 林田 真, 木下 義晶, 田口 智章 .  PD-6-8 小児内視鏡外科医育成におけるジレンマ : スカイツリー型かピラミッド型か(PD-6 パネルディスカッション(6)小児外科疾患における内視鏡外科手術の功罪,第114回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌115 ( 2 )   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 廣瀬 龍一郎, 甲斐 裕樹, 岩崎 昭憲, 山田 耕治, 中村 晶俊, 宮田 潤子, 家入 里志, 田口 智章 .  OP-131-4 腹腔鏡下鎖肛手術に必要な神経解剖の検討(OP-131 小児 手術・その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌115 ( 2 )   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 林田 真, 家入 里志, 宗崎 良太, 永田 公二, 木下 義晶, 賀来 典之, 李 守永, 原 寿郎, 前原 喜彦, 田口 智章 .  SY-8-1 小児外傷性小腸穿孔に対する治療戦略(SY-8 シンポジウム(8)小児の胸部・腹部外傷に対する治療戦略,第114回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌115 ( 2 )   2014年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠 .  本邦におけるロボット手術の導入と今後の展望 .  日本コンピュータ外科学会誌15 ( 4 ) 319 - 322   2014年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

  • 家入 里志, 橋爪 誠 .  【ロボット手術とハイブリッド手術室】ロボット手術 ロボット手術のトレーニング .  消化器外科37 ( 1 ) 15 - 22   2014年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • Quanquan Liu, Yo Kobayashi, Bo Zhang, Takehiko Noguchi, Yu Takahashi, Yuya Nishio, Yang Cao, Satoshi Ieiri, Kazutaka Toyoda, Munenori Uemura, Morimasa Tomikawa, Makoto Hashizume, Masakatsu G. Fujie .  Development of a Smart Surgical Robot with Bended Forceps for Infant Congenital Esophageal Atresia Surgery .  2014 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA)   2430 - 2435   2014年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    Minimally invasive surgery (MIS) is commonly used in pediatric operations. This method greatly benefits patients because of the reduced surgical trauma. To perform such surgery smoothly, doctors must be highly skilled. To reduce operating difficulties, a great deal of research on surgical systems have been carried out. However, in some cases, smaller workspaces limit the application of MIS. For example, the workspace of infant congenital esophageal atresia (ICEA) surgery is only around 30x30x30 mm. Until now, most ICEA surgeries have been manually performed with traditional instruments. This paper presents a smart surgical robot (SSR) for ICEA surgery. The robot is composed of two slave arms, each consisting of a positioning manipulator and a surgical tool manipulator. The positioning manipulator uses a selective compliance assembly robot arm (SCARA) and a screw-pair mechanism to achieve translational movement in 3D space, and the surgical tool manipulator uses a "double screw drive + universal joint" structure to allow an omni directional bending motion. During surgery, the surgeon first creates the workspace manually to explore the target esophagus. The SSR system is then applied to perform operation. The configuration of the SSR means it can perform tissue manipulation under endoscopic view in a small workspace. Experimental results show that the endoscopic view permits the SSR system to be operated intuitively and accurately in the target workspace.

    Web of Science

  • 家入 里志, 橋爪 誠 .  本邦におけるロボット手術の導入と今後の展望 .  日本コンピュータ外科学会誌15 ( 4 ) 319 - 322   2014年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

    欧米とほぼ同時期に臨床試験が開始されたロボット手術もわが国においては,医療機器に対する承認に時間を要したが,現在 160台を越える da VinciRが導入され,いよいよ外科系の各領域での普及が期待される.この間わが国における低侵襲外科治療は内視鏡外科手術を中心に発展をとげ,世界有数の内視鏡外科手術の医療水準を有する国となっている.この状況の中で,今後ロボット手術が本邦で普及するにあたっては,ロボット手術のコスト見合う診療報酬を確保できるかという医療制度の問題と,手術のクオリティを担保する医師の教育・トレーニングが課題となるが,さらにロボット手術の安全性の担保とロボット手術ならではのエビデンスを発信する必要がある.

    DOI: 10.5759/jscas.15.319

    CiNii Article

  • Souzaki R, Ieiri S, Uemura M, Ohuchida K, Tomikawa M, Kinoshita Y, Koga Y, Suminoe A, Kohashi K, Oda Y, Hara T, Hashizume M, Taguchi T .  An augmented reality navigation system for pediatric oncologic surgery based on preoperative CT and MRI images. .  Journal of pediatric surgery48 ( 12 ) 2479 - 83   2013年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2013.08.025

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 田口 智章, 木下 義晶, 永田 公二, 家入 里志, 柳 佑典 .  新生児の傷の目立たない手術への挑戦 .  日本周産期・新生児医学会雑誌49 ( 4 ) 1190 - 1195   2013年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

  • 大賀 由紀, 永田 良隆, 河野 祥二, 住友 健三, 一瀬 理沙, 王寺 裕, 家入 里志, 田口 智章 .  嘔吐と体重減少を認め心身症が疑われた食道アカラシアの13歳女児例 .  小児科臨床66 ( 11 ) 2269 - 2275   2013年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)日本小児医事出版社  

    症例は13歳女児、中学校に入学後より食後の嘔吐を認め受診した。頭部CT、血液、腹部X線検査で器質的異常を認めず、心因性嘔吐症を疑われて心身症外来へ紹介となった。しかし心身症として治療を行うも症状の改善は乏しく、5ヵ月間で5.5kgの体重減少を認め精査入院となった。上部消化管内視鏡検査、食道影造、食道内圧検査等を実施し食道アカラシアと診断した。内視鏡下バルーン拡張術を4回実施したが効果が一時的であることより手術療法を実施した。術後5ヵ月の時点で経過は良好、初回入院時から17kgの体重増加を認めている。食道アカラシアは小児期において稀な疾患であるが、繰り返す嘔吐の鑑別疾患として留意する必要があると思われた。(著者抄録)

  • 永田 公二, 手柴 理沙, 江角 元史郎, 家入 里志, 木下 義晶, 田口 智章 .  小児の在宅栄養支援の問題点と今後の展開 小児外科疾患を有する患者の在宅医療における問題点 .  日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌27 ( 2 ) 129 - 132   2013年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児栄養消化器肝臓学会  

    平成24年年7月時点において、当科外来で在宅経管栄養(HEN)もしくは在宅静脈栄養(HPN)を継続している症例19例の実態について検討した。19例のうち、HENは13例に、HPNは6例に実施されていた。疾患の内訳は、HEN施行例は、主に胃食道逆流症を有する症例であり、胃瘻からの栄養剤の注入を必要としていた。HPN施行例は、短腸症候群やヒルシュスプルング病類縁疾患などの腸管機能不全であり、HPN手技の習得や食事指導、療育施設通所や就学に関する問題があった。小児在宅医療に関しては、従来、成人の在宅医療を中心として確立された制度を小児へ適用する試みがなされているが、地域格差があり制度上の問題点も存在する。在宅医療を受ける患児とその家族の生活環境がより改善されるためにも問題点の抽出と改善策を考案する必要がある。(著者抄録)

  • 植村 宗則, 富川 盛雅, MIAO Teijun, 家入 里志, 宗崎 良太, 大内田 研宙, 橋爪 誠 .  カオス解析を用いた内視鏡外科手術における鉗子先端動作解析 : 熟練者と初心者の潜在的な動きの違い .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS15 ( 2 ) 218 - 219   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 植村 宗則, 神代 竜一, 森 恩, 宗崎 良太, 大内田 研宙, 赤星 朋比古, 家入 里志, 大平 猛, 池田 哲夫, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術トレーニングセミナーの有効性一受講者に対するアンケート結果を加味した解析 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS15 ( 2 ) 214 - 215   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 山下 実, 植村 宗則, 神代 竜一, 家入 里志, 大内田 研宙, 布施 健一, 三宅 章郁, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術における客観的消化管縫合技術評価シミュレータの開発 : 第2報 : 縫合技術評価における最適条件の検討 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS15 ( 2 ) 216 - 217   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 是枝 祐太, 三浦 智, 西尾 祐也, 小林 洋, 川村 和也, 家入 里志, 富川 盛雅, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  画像処理を用いた視点変更技術よる手術支援ロボットのhand-eye coordination の向上 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS15 ( 2 ) 126 - 127   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 山崎 望, 小池 卓慎, 張 博, 小林 洋, 豊田 和孝, 植村 宗則, 家入 里志, 富川 盛雅, 橋爪 誠, 藤井 正克 .  血管の逃げと潰れを考慮した中心静脈穿刺手法の検討 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS15 ( 2 ) 236 - 237   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 家入 里志, 近藤 琢也, 橋爪 誠, 田口 智章 .  Xゲートを用いた胃内手術にて摘出した毛髪胃石の1例 .  日本小児外科学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgery49 ( 5 ) 1018 - 1021   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    胃石には柿胃石,繊維胃石などがあり,小児では毛髪胃石がもっとも多く,治療は外科的に摘出されることが多い.我々は,X ゲート<sup>®</sup>を用いた胃内手術および腹腔鏡補助下手術にて巨大毛髪胃石を摘出しえたので報告する.症例は13 歳,女児.腹部腫瘤と腹痛を主訴に来院.CT,上部消化管内視鏡で胃内に18 cm 大と空腸内に8 cm 大の毛髪胃石を認めた.内視鏡的摘出は困難であり,外科的摘出術を施行した.臍部より小開腹を行い,胃壁を切開し,X ゲート<sup>®</sup>を胃内に挿入した.5 mm カメラと5 mm 鉗子2 本を用いて,毛髪胃石をほぐしてはX ゲート<sup>®</sup>のカバーを外して摘出する操作を繰り返し摘出した.空腸の胃石は,X ゲート<sup>®</sup>を用いて単孔式内視鏡手術にて空腸を一部切開,毛髪胃石を袋に回収し,袋の中で破砕しながら臍の創から摘出した.胃内胃石は554 g,胃内手術のみでは1 時間47 分であった.毛髪胃石は,内視鏡による摘出や開腹手術,胃内手術の報告があるが,我々の術式は,手術時間も短く整容性に優れており,非常に有用であると考えられた.

    DOI: 10.11164/jjsps.49.5_1018

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 家入 里志, 近藤 琢也, 橋爪 誠, 田口 智章 .  Xゲートを用いた胃内手術にて摘出した毛髪胃石の1例 .  日本小児外科学会雑誌49 ( 5 ) 1018 - 1021   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    胃石には柿胃石、繊維胃石などがあり、小児では毛髪胃石がもっとも多く、治療は外科的に摘出されることが多い。我々は、Xゲートを用いた胃内手術および腹腔鏡補助下手術にて巨大毛髪胃石を摘出しえたので報告する。症例は13歳、女児。腹部腫瘤と腹痛を主訴に来院。CT、上部消化管内視鏡で胃内に18cm大と空腸内に8cm大の毛髪胃石を認めた。内視鏡的摘出は困難であり、外科的摘出術を施行した。臍部より小開腹を行い、胃壁を切開し、Xゲートを胃内に挿入した。5mmカメラと5mm鉗子2本を用いて、毛髪胃石をほぐしてはXゲートのカバーを外して摘出する操作を繰り返し摘出した。空腸の胃石は、Xゲートを用いて単孔式内視鏡手術にて空腸を一部切開、毛髪胃石を袋に回収し、袋の中で破砕しながら臍の創から摘出した。胃内胃石は554g、胃内手術のみでは1時間47分であった。毛髪胃石は、内視鏡による摘出や開腹手術、胃内手術の報告があるが、我々の術式は、手術時間も短く整容性に優れており、非常に有用であると考えられた。(著者抄録)

  • Souzaki R. .  Laparoscopic resection of an isolated retroperitoneal enteric duplication in an infant .  Journal of Pediatric Surgery Case Reports1 ( 7 ) 167 - 170   2013年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.epsc.2013.05.012

    Scopus

  • Tsutsumi N, Tomikawa M, Uemura M, Akahoshi T, Nagao Y, Konishi K, Ieiri S, Hong J, Maehara Y, Hashizume M .  Image-guided laparoscopic surgery in an open MRI operating theater. .  Surgical endoscopy27 ( 6 ) 2178 - 84   2013年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    DOI: 10.1007/s00464-012-2737-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Xu H, Ohdaira T, Nagao Y, Tsutsumi N, Mori M, Uemura M, Toyoda K, Ieiri S, Hashizume M .  New detachable occlusion balloon unit for transrectal natural orifice translumenal endoscopic surgery. .  Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy22 ( 3 ) 136 - 43   2013年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies  

    DOI: 10.3109/13645706.2012.732080

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Ieiri S, Ishii H, Souzaki R, Uemura M, Tomikawa M, Matsuoka N, Takanishi A, Hashizume M, Taguchi T .  Development of an objective endoscopic surgical skill assessment system for pediatric surgeons: suture ligature model of the crura of the diaphragm in infant fundoplication. .  Pediatric surgery international29 ( 5 ) 501 - 4   2013年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-013-3276-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 家入 里志, 宗崎 良太, 田口 智章 .  【プロが見せる手術シリーズ(1):難易度の高い胸部手術】胸腔鏡下胸腺摘出術 .  小児外科45 ( 5 ) 533 - 537   2013年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 家入 里志, 岩中 督, 窪田 昭男, 渡邉 芳夫, 小林 弘幸, 上野 滋, 仁尾 正記, 松藤 凡, 増本 幸二, 孝橋 賢一, 牛島 高介, 松井 陽, 田口 智章 .  PD-11-5 「Hirschsprung病類縁疾患の現状調査と診断基準に関するガイドライン作成」に関する研究班報告(PD パネルディスカッション,第113回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌114 ( 2 )   2013年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 家入 里志, 大内田 研宙, 木下 義晶, 植村 宗則, 古賀 友紀, 住江 愛子, 原 寿郎, 橋爪 誠, 田口 智章 .  VF-010-2 小児内視鏡外科における画像支援手術(リアルタイムナビゲーション・3D)のもたらす未来(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌114 ( 2 )   2013年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 小林 洋, 関口 雄太, 伴野 裕, 野口 建彦, 高橋 悠, 渡辺 広樹, 豊田 和孝, 植村 宗則, 家入 里志, 富川 盛雅, 大平 猛, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  視野を操作する機能を有する単孔式手術支援ロボットの開発 .  計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers49 ( 1 ) 183 - 189   2013年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:計測自動制御学会 ; [196-]-  

    CiNii Article

  • Suzuki N, Hattori A, Ieiri S, Tomikawa M, Kenmotsu H, Hashizume M .  Formulation of wire control mechanism for surgical robot to create virtual reality environment aimed at conducting surgery inside the body. .  Studies in health technology and informatics184   424 - 30   2013年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Suzuki N. .  Formulation of wire control mechanism for surgical robot to create virtual reality environment aimed at conducting surgery inside the body .  Studies in Health Technology and Informatics184   424 - 430   2013年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Studies in Health Technology and Informatics  

    DOI: 10.3233/978-1-61499-209-7-424

    Scopus

  • 小林 洋, 富川 盛雅, 大平 猛, 橋爪 誠, 藤江 正克, 関口 雄太, 伴野 裕, 野口 建彦, 高橋 悠, 渡辺 広樹, 豊田 和孝, 植村 宗則, 家入 里志 .  視野を操作する機能を有する単孔式手術支援ロボットの開発 .  計測自動制御学会論文集49 ( 1 ) 183 - 189   2013年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 計測自動制御学会  

    Recently, robotics systems are focused to assist in Single Port Endoscopic Surgery (SPS). However, the existing system required a manual operation of vision and viewpoint, hindering the surgical task. We proposed a surgical endoscopic robot for SPS with dynamic vision control, the endoscopic view being manipulated by a master controller. The prototype robot consists of a manipulator for vision control, and dual tool tissue manipulators (gripping: 5DOFs, cautery: 3DOFs) can be attached at the tip of sheath manipulator. Feasibility of the robot was demonstrated in vitro experiment. The &ldquo;cut and vision control&rdquo; is suitable for precise cutting tasks in risky areas while a &ldquo;cut by vision control&rdquo; is effective for rapid macro cutting of tissues. A restriction task was accomplished using a combination of both methods. Moreover, this paper addresses an in vivo experiment. We showed that vision control in the stomach and a cautery task by a cautery tool could be effectively achieved.

    DOI: 10.9746/sicetr.49.183

    CiNii Article

  • 永田 公二, 手柴 理沙, 江角 元史郎, 宗崎 良太, 林田 真, 家入 里志, 金城 唯宗, 落合 正行, 木下 義晶, 原 寿郎, 田口 智章 .  【低出生体重児に対する外科手術の長期予後】外科疾患を伴う極低出生体重児と外科疾患を伴わない極低出生体重児の長期予後 .  小児外科44 ( 11 ) 1077 - 1081   2012年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Suzuki N. .  VR training system for endoscopic surgery robot: Development of a system enabling 4D analysis of surgical technique training .  Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)7264 LNCS   117 - 129   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-642-32630-1_12

    Scopus

  • 石井 裕之, 木下 新一, 家入 里志, 植村 宗則, 富川 盛雅, 橋爪 誠, 高西 淳夫 .  インテリジェント腹腔鏡手術トレーニングシステムの開発 : (第2報)-臓器モデルの動作がタスクの難易度に及ぼす影響の検討- .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 200 - 201   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 小林 洋, 関口 雄太, 野口 建彦, 高橋 悠, 豊田 和孝, 植村 宗則, 家入 里志, 富川 盛雅, 大平 猛, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  単孔式手術の支援を目的とした術具マニピュレータの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 250 - 251   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 植村 宗則, 神代 竜一, 豊田 和孝, 岡 正倫, 井上 大輔, 森 恩, 宗崎 良太, 大内田 研宙, 家入 里志, 大平 猛, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術トレーニングセミナーにおける技術評価タスクの成績の解析 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 202 - 203   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 植村 宗則, 神代 竜一, 家入 里志, 大内田 研宙, 布施 健一, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術における客観的消化管縫合技術評価シミュレータの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 338 - 339   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 西尾 祐也, 野口 建彦, 小林 洋, 川村 和也, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  内視鏡2台を用いた術具による遮蔽領域の画像補完手法 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 294 - 295   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 石井 裕之, 宗崎 良太, 富川 盛雅, 松岡 紀之, 高西 淳夫, 橋爪 誠, 田口 智章 .  小児内視鏡外科手術における客観的技術評価システム開発の試み(第2報) : 噴門形成術における呼吸性移動モデル .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 274 - 275   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 小林 洋, 濱野 竜太郎, 山崎 望, 渡辺 広樹, 豊田 和孝, 植村 宗則, 家入 里志, 富川 盛雅, 大平 猛, 洪 在成, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  静脈穿刺支援ロボットの開発と実用化に向けた取り組み .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 172 - 173   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 川村 和也, 瀬能 洸冬, 小林 洋, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  狭小な仮想手術環境における医師の操作情報を利用した手術支援ロボット鉗子機構設計に関する検討 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS14 ( 3 ) 208 - 209   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 永田 公二, 手柴 理沙, 江角 元史郎, 宗崎 良太, 林田 真, 家入 里志, 和田 美香, 原田 起代枝, 宮崎 敬子, 立花 由紀子, 木下 義晶, 田口 智章 .  【小児ストーマ・褥瘡管理の最前線】難治性手術創に対する局所陰圧閉鎖療法の適応 .  小児外科44 ( 10 ) 943 - 950   2012年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 富川 盛雅, 大内田 研宙, 家入 里志, 橋爪 誠 .  【Robotic surgeryの今】肝・胆・膵・脾のrobotic surgery .  外科74 ( 8 ) 834 - 837   2012年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)南江堂  

    九州大学ではda Vinci(Intuitive Surgical社)による手術を62例に、ZEUS(Computer Motion社)による手術を25例に施行した。Robotic surgeryによる胆嚢結石嵌頓例の手術時間は有意に短縮された。手ぶれのない微細な操作が時間短縮を可能にしたと考えられる。肝・胆・膵・脾領域のrobotic surgeryは、コストの問題がなお存在している。そのメリットを生かすためには、大規模なclinical trialが必要である。(著者抄録)

  • 家入 里志, 柳 佑典, 松浦 俊治, 宗崎 良太, 永田 公二, 林田 真, 木下 義晶, 橋爪 誠, 田口 智章 .  【急性虫垂炎の治療方針の変遷と現状】Interval appendectomyの適応と至適手術時期についての検討 .  日本腹部救急医学会雑誌32 ( 4 ) 771 - 774   2012年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    腹腔内膿瘍を合併した穿孔性虫垂炎においては,術中術後合併症のリスクが高いことから,interval appendectomy(IA)の有用性が論じられている。当科のIA症例から,その適応と至適時期について検討した。対象は当科でIAを選択した10例で当院紹介時,全例で虫垂周囲の腫瘤形成を認めた。1例でドレナージ術を施行したが,他の9例はドレナージなしの待機手術とした。抗生剤3剤を投与,炎症所見軽快した後,一旦退院,腹腔鏡下IAを施行した。開腹移行例および術後合併症も認めなかった。Intervalは平均3.5ヵ月であったが,6例は待機中に再燃を認め,5例で緊急IA,1例で再保存的治療後にIAを施行した。再燃したIA症例では糞石を有している症例を多く認めた。IAは,腫瘤形成性虫垂炎の第一選択であると考えられ,3ヵ月のintervalを基本としているが,糞石症例では,緊急IAを要した症例が多いことから,intervalを短くすべきと考えられた。(著者抄録)

  • Ieiri S, Uemura M, Konishi K, Souzaki R, Nagao Y, Tsutsumi N, Akahoshi T, Ohuchida K, Ohdaira T, Tomikawa M, Tanoue K, Hashizume M, Taguchi T .  Augmented reality navigation system for laparoscopic splenectomy in children based on preoperative CT image using optical tracking device. .  Pediatric surgery international28 ( 4 ) 341 - 6   2012年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-011-3034-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 村守 克己, 宗崎 良太, 家入 里志, 松浦 俊治, 永田 公二, 林田 真, 木下 義晶, 富川 盛雅, 橋爪 誠, 田口 智章 .  小児における腹腔鏡下虫垂切除の有用性およびInterval appendectomyの必要性について .  臨牀と研究89 ( 4 ) 528 - 532   2012年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大道学館出版部  

    小児急性虫垂炎症例を対象に初診時開腹手術症例(OA)、腹腔鏡下手術症例(LA)、Interval appendectomy症例(IA)について後方視的検討を行った。OAとLAについては各手術群を病態の異なる非穿孔症例と穿孔症例に分け比較を行い、IAについては至適時期を検討する目的で糞石の有無と再発有無との関係を観察期間を30、60、90、120日に区切って比較した。その結果、1)非穿孔例、穿孔例ともに手術時間はLA群が長く、入院期間では穿孔例でLA群が短かった。術後合併症の有無では穿孔例でLA群が有意に少なかった。またドレーン留置においては留置することによって入院期間が延長される傾向にあった。尚、術後合併症発生の有無については有意差はなかった。2)IA症例は全虫垂炎症例の13%を占め、再燃症例は55%であった。初回退院後から再燃までの平均は51日で、再燃例はすべて糞石を有し、観察期間を区切って検討したところ、期間60日間、90日間で有意差が認められ、また虫垂炎の再発11例みなに炎症所見が認められ、臨床的にも半数以上が再燃していた。

  • 木下 義晶, 家入 里志, 和氣 徳夫, 田口 智章 .  PD-11-5 総排泄腔症,総排泄腔外反症の長期経過症例における問題点(PD-11 パネルディスカッション(11)鎖肛-成人期の性と生殖に関する諸問題-,第112回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌113 ( 2 )   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 赤星 朋比古, 堤 敬文, 長尾 吉泰, 家守 雅大, 神代 竜一, 橋本 直隆, 大内田 研宙, 家入 里志, 大平 猛, 前原 喜彦, 橋爪 誠 .  PS-027-6 Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgeryを想定した脾摘術の意義と新しい先端医療機器開発への取り組み(PS-027 肝 画像・画像支援,第112回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌113 ( 2 )   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 家入 里志, 石井 裕之, 富川 盛雅, 松岡 紀之, 高西 淳夫, 橋爪 誠, 田口 智章 .  SF-016-6 小児内視鏡外科手術における客観的技術評価システム開発(SF-016 サージカルフォーラム(16)小児 臨床,第112回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌113 ( 2 )   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 宗崎 良太, 長尾 吉泰, 大内田 研宙, 赤星 朋比古, 大平 猛, 富川 盛雅, 田口 智章, 橋爪 誠 .  WS-5-7 九州大学病院におけるロボット手術の普及へ向けた取り組み : ロボット外科医の教育と新規国産手術支援ロボットの研究開発(WS-5 ワークショップ(5)Robotic Surgery:外科手術の新たなる可能性) .  日本外科学会雑誌113 ( 2 )   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 田口 智章, 家入 里志, 手柴 理沙, 〓 佑典 .  SY-3-KL ヒルシュスプルング病根治術式の変遷と最新の術式(SY-3 シンポジウム(3)ヒルシュスプルング病-術式の変遷と最近のアプローチ,第112回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌113 ( 2 )   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 大内田 研宙, 家入 里志, 永井 英司, 剣持 一, 長尾 吉泰, 井上 大輔, 川原 周平, 江内田 寛, 富川 盛雅, 田中 雅夫, 橋爪 誠 .  SF-049-2 外科領域における3D立体映像システムの開発と臨床応用(SF-049 サージカルフォーラム(49)手術手技-2,第112回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌113 ( 2 )   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 長尾 吉泰, 植村 宗則, 石井 裕之, 吉田 正樹, 堀 淳一, 堤 敬文, 家入 里志, 大内田 研宙, 富川 盛雅, 前原 喜彦, 橋爪 誠 .  SF-017-2 3Dモニターの効果および加圧センサーの結果から見た単孔式手術の修練法(SF-017 サージカルフォーラム(17)外科教育,第112回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌113 ( 2 )   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • Taguchi T, Nagata K, Kinoshita Y, Ieiri S, Tajiri T, Teshiba R, Esumi G, Karashima Y, Hoka S, Masumoto K .  The utility of muscle sparing axillar skin crease incision for pediatric thoracic surgery. .  Pediatric surgery international28 ( 3 ) 239 - 44   2012年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-011-3013-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 家入 里志, 宗崎 良太, 田口 智章 .  【乳幼児健診でみつかる外科系疾患】乳幼児健診において外から見てわかる疾患 肛門周囲膿瘍、痔瘻、裂肛 .  小児科診療75 ( 2 ) 253 - 256   2012年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

  • Oouchida K. .  Robotic surgery for cancer treatment .  Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy39 ( 1 ) 1 - 7   2012年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy  

    Scopus

  • Oouchida K, Ieiri S, Kenmotsu H, Tomikawa M, Hashizume M .  [Robotic surgery for cancer treatment]. .  Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy39 ( 1 ) 1 - 7   2012年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 大内田 研宙, 家入 里志, 剣持 一, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  ロボット手術によるがん治療 .  癌と化学療法39 ( 1 ) 1 - 7   2012年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    手術は、依然として多くのがん腫で、治療の重要なオプションの一つである。外科手術は、過去の拡大手術の時代を経て、現在では患者の生活の質いわゆるquality of lifeが重視され、根治性を損なわずに低侵襲化していくことが求められている。この流れは、鏡視下手術の普及によりいっそう加速している。しかし、鏡視下手術は高度な技量が必要であり、これにより開腹術の時代以上に外科医の技量の格差の問題が生じてきている。手術支援ロボットはこの問題を肉眼に匹敵する3D映像と外科医の手以上に可動性があるマニュピレーション機能により解決している。さらに、この手術支援ロボットは低侵襲を実現するだけでなく、3Dフルハイビションによる高画質と精緻な手技を可能にするmotion scale機能やfiltering機能により開腹術以上のmicrosurgeryを実現している。本稿では現在のがん治療におけるロボット手術の中心であるこのMaster-slave型手術支援ロボットに焦点を当て、その構成、低侵襲手術におけるその必要性、がん治療における現状、今後の方向性を解説する。(著者抄録)

  • Zuo S, Ohdaira T, Kuwana K, Nagao Y, Ieiri S, Hashizume M, Dohi T, Masamune K .  Developing essential rigid-flexible outer sheath to enable novel multi-piercing surgery. .  Medical image computing and computer-assisted intervention : MICCAI ... International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention15 ( Pt 1 ) 26 - 33   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-642-33415-3_4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Hattori A, Suzuki N, Ieiri S, Tomikawa M, Kenmotsu H, Hashizume M .  Training system for NOTES and SPS surgery robot that enables spatiotemporal retrospective analysis of the training process. .  Studies in health technology and informatics173   166 - 70   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 高橋 良彰, 松浦 俊治, 家入 里志, 木下 義晶, 田口 智章 .  10. コイン型リチウム電池誤飲の2例(一般演題,第49回日本小児外科学会九州地方会) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 6 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.6_982_2

    CiNii Article

  • 高橋 良彰, 松浦 俊治, 家入 里志, 木下 義晶, 田口 智章 .  PD1-19 コイン型リチウム電池誤飲の2例(ポスター展示1) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 3 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.3_572_1

    CiNii Article

  • 永田 公二, 手柴 理沙, 宗崎 良太, 林田 真, 木下 義晶, 家入 里志, 田口 智章 .  PD-09 当科におけるcarry-over診療の課題(パネルディスカッション 成育外科(carry-over診療)の課題) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 3 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.3_389_1

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 田口 智章, 永田 公二, 林田 真, 家入 里志, 木下 義晶, 賀来 典之, 李 守永, 馬場 晴久, 橋爪 誠 .  OS1-02 ICUへ入室した小児外傷患者における小児外科医のかかわり .  日本小児外科学会雑誌48 ( 3 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.3_455_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 孝橋 賢一, 田口 智章, 岩中 督, 窪田 昭男, 渡邉 芳夫, 小林 弘幸, 上野 滋, 仁尾 正記, 松藤 凡, 増本 幸二 .  O10-04 「Hirschsprung病類緑疾患の現状調査と診断基準に関するガイドライン作成」に関する研究班報告(一般口演10 Hirschsprung病) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 3 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.3_508_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 柳 佑典, 松浦 俊治, 宗崎 良太, 永田 公二, 林田 真, 木下 義晶, 橋爪 誠, 田口 智章 .  Interval appendectomyの適応と至適手術時期についての検討 .  日本腹部救急医学会雑誌32 ( 4 ) 771 - 774   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    腹腔内膿瘍を合併した穿孔性虫垂炎においては,術中術後合併症のリスクが高いことから,interval appendectomy(IA)の有用性が論じられている。当科のIA症例から,その適応と至適時期について検討した。対象は当科でIAを選択した10例で当院紹介時,全例で虫垂周囲の腫瘤形成を認めた。1例でドレナージ術を施行したが,他の9例はドレナージなしの待機手術とした。抗生剤3剤を投与,炎症所見軽快した後,一旦退院,腹腔鏡下IAを施行した。開腹移行例および術後合併症も認めなかった。Intervalは平均3.5ヵ月であったが,6例は待機中に再燃を認め,5例で緊急IA,1例で再保存的治療後にIAを施行した。再燃したIA症例では糞石を有している症例を多く認めた。IAは,腫瘤形成性虫垂炎の第一選択であると考えられ,3ヵ月のintervalを基本としているが,糞石症例では,緊急IAを要した症例が多いことから,intervalを短くすべきと考えられた。

    DOI: 10.11231/jaem.32.771

    CiNii Article

  • 永田 公二, 三島 泰彦, 高橋 良彰, 武本 淳吉, 近藤 琢也, 家入 里志, 田口 智章 .  9-33. 開腹胸管結紮術が著効した難治性乳糜胸水の1例(9.肺形成不全,手術,第23回日本小児呼吸器外科研究会) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 7 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.7_1107_2

    CiNii Article

  • 麻生 沙耶佳, 田口 智章, 田代 恵理, 川島 良子, 光武 玲子, 藤澤 空彦, 宗崎 良太, 永田 公二, 家入 里志, 木下 義晶 .  39. 経口摂取が困難で著明な成長発達遅延を示した児への発達援助(一般演題,第22回日本小児外科QOL研究会) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 1 ) 162 - 163   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.1_162_4

    CiNii Article

  • 永田 公二, 武本 淳吉, 岡村 かおり, 家入 里志, 田口 智章 .  31. Malrotationにhypoganglionosisを併発した1例(第42回日本小児消化管機能研究会) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 7 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.7_1095_1

    CiNii Article

  • 西尾 拓也, 小林 洋, 川村 和也, 瀬能 洸冬, 野口 建彦, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  2A2-S10 術具による術野遮蔽領域に対する画像補完手法の開発(手術支援ロボティクス・メカトロニクス(1)) .  ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集2012 ( 0 ) _2A2 - S10_1-_2A2-S10_3   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Recently, small incision pediatric surgeries have been widely performed due to their minimally invasiveness. However, they make it difficult for surgeons to manipulate surgical tools. Robotic assist is required to reduce the workload for surgeons. Single port endoscopic surgery (SPS) assist robot we have developed is important option for it. It enables surgeons to perform precise operation using its tool manipulators. However, the operative field of a child is so tight that manipulators are limited for range of movement and hide working area from their view. We proposed the compensation method that complements the view by superimposing the image taken with added endoscope on forceps region of view. This paper presents a basic evaluation for validity of proposal method. In the experiment, delay time and resultant error of complemented image satisfied requirement specifications. In addition, we heard views of a pediatric surgeon on it.

    DOI: 10.1299/jsmermd.2012._2A2-S10_1

    CiNii Article

  • 家入 里志, 牛島 高介, 増本 幸二, 孝橋 賢一, 友政 剛, 川原 央好, 金森 豊, 渡邉 稔彦, 工藤 博典, 中島 淳, 八木 実, 岩中 督, 位田 忍, 池田 佳世, 濱田 吉則, 黒田 達夫, 下島 直樹, 中澤 温子, 田尻 達郎, 松浦 俊治, 永田 公二, 三好 きな, 松井 陽, 桐野 浩輔, 田口 智章, 窪田 昭男, 渡邉 芳夫, 小林 弘幸, 上野 滋, 仁尾 正記, 松藤 凡 .  25. 「Hirschsprung病類縁疾患の現状調査と診断基準に関するガイドライン作成」に関する研究班報告 : 第1次調査結果から(第42回日本小児消化管機能研究会) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 7 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.7_1093_2

    CiNii Article

  • 和田 美香, 島ノ江 栄子, 永田 公二, 木下 義晶, 家入 里志, 田口 智章 .  22. J-VAC^[○!R]バルブ型リザーバーで創傷管理を行いながら退院し治癒に至った1例(一般演題,第22回日本小児外科QOL研究会) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 1 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.1_159_1

    CiNii Article

  • 永田 公二, 橋爪 誠, 田口 智章, 宗崎 良太, 手柴 理沙, 江角 元史郎, 林田 誠, 加来 典之, 李 守永, 家入 里志, 木下 義晶 .  S4-4. 当院救命ICUにて治療を行った小児外科入院患者のまとめ(シンポジウム4「集中治療と小児外科」,小児外科集中治療の新しい展開,第28回日本小児外科学会秋季シンポジウム) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 6 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.6_904_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 宗崎 良太, 石井 裕之, 富川 盛雅, 松岡 紀之, 高西 淳夫, 橋爪 誠, 田口 智章 .  WS2-13 小児内視鏡外科手術における客観的技術評価システム開発による手術教育の試み(ワークショップ2 手術の教育) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 3 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.3_402

    CiNii Article

  • 木下 義晶, 京極 新治, 田口 智章, 代居 良太, 柳 佑典, 手柴 理沙, 宗崎 良太, 永田 公二, 林田 真, 家入 里志, 濱田 裕子 .  WS1-02 小児外科医が関わる小児在宅医療の現状(ワークショップ1 手術を越えて(QOLを重んじる小児外科診療)) .  日本小児外科学会雑誌48 ( 3 )   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.48.3_391_2

    CiNii Article

  • Hattori A. .  Training system for NOTES and SPS surgery robot that enables spatiotemporal retrospective analysis of the training process .  Studies in Health Technology and Informatics173   166 - 170   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Studies in Health Technology and Informatics  

    DOI: 10.3233/978-1-61499-022-2-166

    Scopus

  • Sekiguchi Y. .  Development of a tool manipulator driven by a flexible shaft for Single-Port Endoscopic Surgery .  Journal of Robotics and Mechatronics23 ( 6 ) 1115 - 1124   2011年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Robotics and Mechatronics  

    DOI: 10.20965/jrm.2011.p1115

    Scopus

  • In vivo experiments of a surgical robot with vision field control for Single Port Endoscopic Surgery. .  Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference2011   7045 - 7048   2011年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference  

    Scopus

  • 豊田 和孝, 鄭 載憲, 村田 正治, 大内田 研宙, 家入 里志, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  MR画像撮影時のMRI対応内視鏡ロボットのマスタ・スレーブ操作 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 324 - 325   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 左 思洋, 正宗 賢, 大平 猛, 桑名 健太, 長尾 吉泰, 家入 里志, 橋爪 誠, 土肥 健純 .  Multi piercing surgery における柔剛可変ガイド管の開発と有用性検討実験 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 198 - 199   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 服部 麻木, 鈴木 直樹, 家入 里志, 富川 盛雅, 剣持 一, 橋爪 誠 .  Retrospective 4D イメージング機能を持った手術ロボットシミュレーションシステム .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 228 - 229   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 長尾 吉泰, 植村 宗則, 剣持 一, 吉田 正樹, 堀 淳一, 石井 裕之, 家入 里志, 大内田 研宙, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  単孔式手術における3Dドームモニターの有用性の検討 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 244 - 245   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 豊田 和孝, 鄭 載憲, 〓 柄〓, 植村 宗則, 岡 正倫, 森 恩, 井上 大輔, 家入 里志, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  医学系組織所属の工学系研究者の場合 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 170 - 171   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 植村 宗則, 石井 裕之, 松岡 紀之, 長尾 吉泰, 大内田 研宙, 赤星 朋比古, 家入 里志, 大平 猛, 高西 淳夫, 橋爪 誠 .  効果的な内視鏡外科手術トレーニングのためのメタ認知の重要性と定量的縫合技術シミュレータの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 214 - 215   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 植村 宗則, 富川 盛雅, 長尾 吉泰, 家入 里志, 橋爪 誠 .  内視鏡外科手術における Bi-Hand Coordination 技術評価系に関する研究 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 220 - 221   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 瀬能 洸冬, 川村 和也, 小林 洋, 豊田 和孝, 家入 里志, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  仮想手術環境下における医師の操作情報を規範とする手術支援ロボット設計手法に関する検討 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 230 - 231   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 鈴木 直樹, 服部 麻木, 家入 里志, 富川 盛雅, 剣持 一, 橋爪 誠 .  ヒトの手術動作を模した内視鏡型手術ロボットシステムの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 328 - 329   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 石井 裕之, 宗崎 良太, 富川 盛雅, 松岡 紀之, 高西 淳夫, 橋爪 誠, 田口 智章 .  小児内視鏡外科手術における客観的技術評価システム開発 : 乳児腹腔鏡下噴門形成術における食道裂孔縫縮モデル .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS13 ( 3 ) 216 - 217   2011年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠 .  【外科医を支援する生体医工学】遠隔治療のための手術支援システム .  生体医工学49 ( 5 ) 673 - 677   2011年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本生体医工学会  

  • 田口 智章, 宗崎 良太, 代居 良太, 田尻 達郎, 木下 義晶, 家入 里志, 松浦 俊治, 林田 真, 柳 佑典 .  小児肝胆膵腫瘍の外科手術 .  小児がん48 ( 3 ) 224 - 230   2011年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本小児がん学会  

  • 鈴木 直樹, 服部 麻木, 家入 里志, 富川 盛雅, 剣持 一, 橋爪 誠 .  四次元的解析機能を持つ手術ロボットトレーニングシステム .  MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY29 ( Suppl. ) 1 - 4   2011年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    本研究の目的は、開発を行なっている消化器外科用内視鏡型手術ロボットのトレーニングシステムを開発し、手術ロボットの基本的な操作から臨床で必要な手技までのトレーニングとその評価を行なった後に、手術ロボットを用いた手術に臨めるようにすることである。そのために本システムが対象としている部位である胃のモデルをリアルタイムの臓器変形を可能とするSphere filled modelによって構築し、実際の術野と似たVR環境下で手術ロボットによる軟組織の把持や切開、切除といった基本的な手技を可能にしてきた。今回、手術ロボットの基本的操作のトレーニングに数種類のタスクを設定して、本システムの初心者がロボットアームの操作に慣れることができるようにするとともに、手術手技のトレーニングでは術者の手技を記録することで、トレーニング中の術野及びロボットアームの四次元的な変化を解析可能なシステムとすることができた。(著者抄録)

  • 鬼丸 学, 大内田 研宙, 家入 里志, 富川 盛雅, 永井 英司, 橋爪 誠 .  新規ドーム型立体内視鏡映像提示システムの臨床例における有用性の検討 .  日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association72 ( 7 ) 1673 - 1677   2011年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Ohdaira T, Tsutsumi N, Xu H, Mori M, Uemura M, Ieiri S, Hashizume M .  Ultra-minimally invasive local immune cell therapy and regenerative therapy by multi-piercing surgery for abdominal solid tumor: therapeutic simulation by natural orifice translumenal endoscopic surgery-assisted needlescopic surgery using 3-mm diameter robots. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences18 ( 4 ) 499 - 505   2011年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  

    DOI: 10.1007/s00534-011-0384-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 鬼丸 学, 大内田 研宙, 家入 里志, 富川 盛雅, 永井 英司, 橋爪 誠 .  新規ドーム型立体内視鏡映像提示システムの臨床例における有用性の検討 .  日本臨床外科学会雑誌72 ( 7 ) 1673 - 1677   2011年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    鏡視下手術における2次元映像の奥行き情報の欠如は,技術精度が要求される外科医にとって大きなストレスである.今回,われわれはドーム型立体内視鏡映像(3DD)提示システムを臨床症例に導入し評価したので報告する.2010年1月までに15例に使用し,9名の熟練した術者にアンケート調査を行った.3DDは奥行き情報を提示することで縫合結紮など煩雑な操作を容易にし,また実質臓器の病変などの凹凸の認識にも有効であった.また,屈曲可能鉗子の使用や単孔式手術など,奥行き情報が重要な場面で特に有用であった.高度な技術をもつ外科医がより難度の高い手術を行う際の手術支援システムとして3DDは今後普及していくと考えられる.(著者抄録)

  • Ohdaira Takeshi, Tsutsumi Norifumi, Xu Hao, Mori Megumu, Uemura Munenori, Ieiri Satoshi, Hashizume Makoto .  腹部固形癌に対する多孔式手術による超低侵襲性局所免疫細胞療法と再生療法 3mm直径ロボットを用いたNOTES(経生理的開口部的管腔内視鏡手術)支援needlescopic surgeryによる治療シミュレーション(Ultra-minimally invasive local immune cell therapy and regenerative therapy by multi-piercing surgery for abdominal solid tumor: therapeutic simulation by natural orifice translumenal endoscopic surgery-assisted needlescopic surgery using 3-mm diameter robots) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences18 ( 4 ) 499 - 505   2011年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    Single-port surgery(SPS)で起こるtriangular formationの喪失やデバイスクラッシングあるいは、単孔式手術(NS)における視野制限、細径器具による臓器損傷、切除標本の体外搬出障害といった問題を解決すると考えられる多孔式手術(MPS)について検討した。膵癌に対する局所免疫細胞療法と幹細胞を用いた再生療法の可能性を調べるためのMPS用細径器具として、直径3mmのロボットを用いた。2台のロボットを使用したMPSにおいて、2匹のブタの膵臓標的部位に治療用細胞懸濁液を注入し、懸濁液カプセルの滞留と浸潤性を評価した。その結果triangular formationを確保できた。細径ロボットの使用により、膵臓と後腹膜の外科的剥離、免疫細胞と幹細胞懸濁液を含有しているカプセルの形成が可能になった。NOTES用内視鏡は鮮明な視野を提供し、切除臓器の体外搬出も支援した。内視鏡の視野は、磁気誘導システムを用いることで良好に方位を決定できた。細径ロボットを使用したMPSは、SPSとNS固有の問題を解決できると考えられ、低侵襲局所免疫細胞療法と幹細胞療法を可能にした。

  • 富川 盛雅, 植村 宗則, 堤 敬文, 家入 里志, 橋爪 誠 .  【画像ガイド下治療の今】画像ガイド下内視鏡外科手術の現状 .  映像情報Medical43 ( 6 ) 474 - 478   2011年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:産業開発機構(株)  

  • 田口 智章, 手柴 理沙, 佐伯 勇, 家入 里志 .  【小児における消化管機能障害の診断と治療】Hirschsprung病の組織診断 .  小児外科43 ( 6 ) 627 - 636   2011年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 田口 智章, 永田 公二, 家入 里志, 松浦 俊治, 手柴 理沙, 佐伯 勇, 増本 幸二 .  IS-13-2 Hirschsprung病類縁疾患の分類と治療戦略(IS-13 国際シンポジウム(13)Intestinal failure in pediatric surgery,第111回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌112 ( 1 )   2011年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 植村 宗則, 石井 裕之, 長尾 吉泰, 堤 敬文, 大内田 研宙, 赤星 朋比古, 家入 里志, 大平 猛, 高西 淳夫, 橋爪 誠 .  SF-043-1 より安全な内視鏡外科医療を構築するために : 認知心理学的知見に基づく効果的トレーニング法の開発(SF-043 サージカルフォーラム(43)外科教育,第111回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌112 ( 1 )   2011年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 林田 真, 田尻 達郎, 宗崎 良太, 木下 義晶, 松浦 俊治, 富川 盛雅, 橋爪 誠, 田口 智章 .  VW-9-8 小児腹腔鏡下肝切除の経験とその工夫(VW9 ビデオワークショップ(9) 小児内視鏡手術:新しい工夫と適応拡大,第111回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌112 ( 1 )   2011年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 家入 里志, 田尻 達郎, 植村 宗則, 木下 義晶, 古賀 友紀, 住江 愛子, 孝橋 賢一, 小田 義直, 原 寿郎, 橋爪 誠, 田口 智章 .  VF-006-1 小児外科領域における手術ナビゲーションの導入・実践(VF-006 ビデオフォーラム(6)小児・その他,第111回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌112 ( 1 )   2011年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 大内田 研宙, 家入 里志, 永井 英司, 堤 敬文, 中村 雅史, 富川 盛雅, 田上 和夫, 田中 雅夫, 橋爪 誠 .  SF-081-1 3D立体映像の縫合手技における有用性評価とハイビジョン対応3Dシステムの臨床導入(サージカルフォーラム(81)胃:手術-4,第111回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌112 ( 1 )   2011年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 家入 里志, 橋爪 誠 .  【ここまで進んだ先端医療】外科治療 低侵襲ロボット手術 .  臨牀と研究88 ( 4 ) 405 - 409   2011年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大道学館出版部  

  • Yamaguchi S, Yoshida D, Kenmotsu H, Yasunaga T, Konishi K, Ieiri S, Nakashima H, Tanoue K, Hashizume M .  Objective assessment of laparoscopic suturing skills using a motion-tracking system. .  Surgical endoscopy25 ( 3 ) 771 - 5   2011年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    DOI: 10.1007/s00464-010-1251-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Souzaki R, Kinoshita Y, Matsuura T, Tajiri T, Taguchi T, Ieiri S, Hong J, Uemura M, Konishi K, Tomikawa M, Tanoue K, Hashizume M, Koga Y, Suminoe A, Hara T, Kohashi K, Oda Y .  Successful resection of an undifferentiated sarcoma in a child using a real-time surgical navigation system in an open magnetic resonance imaging operation room. .  Journal of pediatric surgery46 ( 3 ) 608 - 11   2011年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2010.11.043

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 秋吉 潤子, 家入 里志, 田口 智章 .  【小児移植医療 最近の話題】FK506の小腸移植グラフト血流に与える影響 .  小児外科43 ( 1 ) 25 - 29   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Sekiguchi Y, Kobayashi Y, Watanabe H, Tomono Y, Noguchi T, Takahashi Y, Toyoda K, Uemura M, Ieiri S, Ohdaira T, Tomikawa M, Hashizume M, Fujie MG .  In vivo experiments of a surgical robot with vision field control for Single Port Endoscopic Surgery. .  Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual International Conference2011   7045 - 8   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS  

    DOI: 10.1109/IEMBS.2011.6091781

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Zuo S, Masamune K, Kuwana K, Tomikawa M, Ieiri S, Ohdaira T, Hashizume M, Dohi T .  Nonmetallic rigid-flexible outer sheath with pneumatic shapelocking mechanism and double curvature structure. .  Medical image computing and computer-assisted intervention : MICCAI ... International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention14 ( Pt 1 ) 169 - 77   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-642-23623-5_22

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 手柴 理沙, 佐伯 勇, 家入 里志, 田口 智章 .  14.教室における直腸粘膜生検のAchE染色に関する検討(一般演題,第40回日本小児消化管機能研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 6 ) 971 - 972   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.6_971_5

    CiNii Article

  • 松浦 俊治, 宗崎 良太, 永田 公二, 林田 真, 家入 里志, 木下 義晶, 田尻 達郎, 田口 智章 .  PRS2-6.Interval appendectomyの適応と至適手術時期についての検討(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 1 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_157_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 永田 公二, 江角 元史郎, 手柴 理沙, 林田 真, 松浦 俊治, 木下 義晶, 増本 幸二, 田口 智章 .  PRS1-4.Hirschsprung病類縁疾患に対する治療戦略(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 1 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_155_3

    CiNii Article

  • 田尻 達郎, 宗崎 良太, 木下 義晶, 田中 桜, 家入 里志, 孝橋 賢一, 小田 義直, 田口 智章 .  POS-07.小児卵巣腫瘍に対する治療方針と術式の検討(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 1 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_161_3

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠, 植村 宗則, 宗崎 良太, 木下 義晶, 孝橋 賢一, 古賀 友紀, 住江 愛子, 原 寿郎, 田口 智章 .  PJRS4-6.横紋筋肉腫微小胸膜転移にARナビゲーション併用胸腔鏡下生検が有用であった1小児例(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 1 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_159_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 山内 健, 廣瀬 龍一郎, 財前 善雄, 橋爪 誠, 田口 智章 .  PJRS4-4.両手での縫合結紮を駆使した小児遅発性横隔膜ヘルニアに対する腹腔鏡下修復術(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 1 ) 158 - 159   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_158_3

    CiNii Article

  • 田尻 達郎, 家入 里志, 松浦 俊治, 林田 真, 宗崎 良太, 永田 公二, 木下 義晶, 代居 良太, 田口 智章 .  P-321 小児外科手術におけるWound Retractorの使用経験(手術の工夫,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 4 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_740_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 林田 真, 田口 智章 .  7.根治術後46年目に永久人工肛門造設を行った鎖肛の1例(要望演題:鎖肛患児のQOL,第67回直腸肛門奇形研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 3 ) 390 - 391   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.3_390_4

    CiNii Article

  • 家入 里志, 田口 智章 .  6.小児排便障害における大建中湯の効果の検討(第2報)(一般演題,第15回日本小児外科漢方研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 2 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.2_294_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠, 田口 智章 .  47.慢性便秘症に対する外科治療(腹腔鏡補助下左半結腸切除術)の経験(一般演題,第40回日本小児消化管機能研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 6 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.6_979_4

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 原 寿郎, 田口 智章, 田尻 達郎, 家入 里志, 木下 義晶, 古賀 友紀, 住江 愛子, 孝橋 賢一, 小田 義直, 橋爪 誠 .  41.縦隔腫瘍手術に対する当科の試み(セッション8 要望演題(縦隔腫瘍に対するアプローチ法),第21回日本小児呼吸器外科研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 7 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.7_1096_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 宗崎 良太, 林田 真, 新山 新, 橋爪 誠, 田口 智章 .  35.胃粘膜下腫瘍に対して噴門機能温存のため鏡視下胃内手術を施行した1例(一般演題,第38回日本小児内視鏡研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 7 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.7_1107_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 永田 公二, 江角 元史郎, 手柴 理沙, 林田 真, 松浦 俊治, 木下 義晶, 増本 幸二, 田口 智章 .  32.当科におけるHirschsprung病類縁疾患(CIIPS症例)に対する検討(一般演題,第41回日本小児消化管機能研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 6 ) 988 - 989   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.6_988_4

    CiNii Article

  • 田口 智章, 手柴 理沙, 佐伯 勇, 家入 里志 .  19.スタンダードなヒルシュスプルング病の診断法(一般演題,第40回日本小児消化管機能研究会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 6 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.6_973_1

    CiNii Article

  • 林田 真, 家入 里志, 宗崎 良太, 永田 公二, 松浦 俊治, 木下 義晶, 田尻 達郎, 田口 智章 .  S2-01 小児外来検査における診療報酬上の問題点(ここがおかしい小児保険診療,シンポジウム2,第48回日本小児外科学会学術集会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 4 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_493_1

    CiNii Article

  • 家入 里志, 田口 智章 .  WS2-02 Hirschsprung病(Z型吻合術)術後患者の長期予後 : 48年間の教室症例の検討を中心に(Hirschsprung病術後の術式別排便機能,ワークショップII,第48回日本小児外科学会学術集会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 4 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_515_2

    CiNii Article

  • 家入 里志, 永田 公二, 江角 元史郎, 手柴 理沙, 木下 義晶, 田口 智章 .  V-02 食道閉鎖症に対する腋窩皺切開手術(ビデオセッション1,第48回日本小児外科学会学術集会) .  日本小児外科学会雑誌47 ( 4 )   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_559_2

    CiNii Article

  • 田口 智章, 宗崎 良太, 代居 良太, 田尻 達郎, 木下 義晶, 家入 里志, 松浦 俊治, 林田 真, 柳 佑典 .  小児肝胆膵腫瘍の外科手術(外科治療,<総会特集>小児脳腫瘍) .  小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録48 ( 3 ) 224 - 230   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:がんの子供を守る会  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠 .  遠隔治療のための手術支援システム .  生体医工学49 ( 5 ) 673 - 677   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.49.673

    CiNii Article

  • 鬼丸 学, 大内田 研宙, 家入 里志, 富川 盛雅, 永井 英司, 橋爪 誠 .  新規ドーム型立体内視鏡映像提示システムの臨床例における有用性の検討 .  日本臨床外科学会雑誌72 ( 7 ) 1673 - 1677   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    鏡視下手術における2次元映像の奥行き情報の欠如は,技術精度が要求される外科医にとって大きなストレスである.今回,われわれはドーム型立体内視鏡映像(3DD)提示システムを臨床症例に導入し評価したので報告する.2010年1月までに15例に使用し,9名の熟練した術者にアンケート調査を行った.3DDは奥行き情報を提示することで縫合結紮など煩雑な操作を容易にし,また実質臓器の病変などの凹凸の認識にも有効であった.また,屈曲可能鉗子の使用や単孔式手術など,奥行き情報が重要な場面で特に有用であった.高度な技術をもつ外科医がより難度の高い手術を行う際の手術支援システムとして3DDは今後普及していくと考えられる.

    DOI: 10.3919/jjsa.72.1673

    CiNii Article

  • Sekiguchi Y. .  Development of a tool manipulator driven by a flexible shaft for single port Endoscopic Surgery .  2010 3rd IEEE RAS and EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics, BioRob 2010   120 - 125   2010年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2010 3rd IEEE RAS and EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics, BioRob 2010  

    DOI: 10.1109/BIOROB.2010.5625975

    Scopus

  • Kobayashi Y, Tomono Y, Sekiguchi Y, Watanabe H, Toyoda K, Konishi K, Tomikawa M, Ieiri S, Tanoue K, Hashizume M, Fujie MG .  A surgical robot with vision field control for single port endoscopic surgery. .  The international journal of medical robotics + computer assisted surgery : MRCAS6 ( 4 ) 454 - 64   2010年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Medical Robotics and Computer Assisted Surgery  

    DOI: 10.1002/rcs.355

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Ieiri S, Nakatsuji T, Akiyoshi J, Higashi M, Hashizume M, Suita S, Taguchi T .  Long-term outcomes and the quality of life of Hirschsprung disease in adolescents who have reached 18 years or older--a 47-year single-institute experience. .  Journal of pediatric surgery45 ( 12 ) 2398 - 402   2010年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2010.08.040

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Lin Z. .  Objective evaluation of laparoscopic surgical skills using waseda bioinstrumentation system WB-3 .  2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2010   247 - 252   2010年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2010  

    DOI: 10.1109/ROBIO.2010.5723335

    Scopus

  • Suzuki N. .  Scorpion shaped endoscopic surgical robot for NOTES and SPS with augmented reality functions .  Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)6326 LNCS   541 - 550   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-642-15699-1_57

    Scopus

  • 植村 宗則, 田代 泰隆, 洪 在成, 鄭 載憲, 小西 晃造, 富川 盛雅, 家入 里志, 三浦 裕正, 松田 秀一, 岡崎 賢, 岩本 幸英, 橋爪 誠 .  Augmented Reality 技術を用いた病変可視化システムの関節鏡視下手術への応用 : 第2報 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS12 ( 3 ) 256 - 257   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 豊田 和孝, 洪 在成, 鄭 載憲, 村田 正治, 家入 里志, 大平 猛, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  MR対応内視鏡ロボットのMR装置内での性能評価 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS12 ( 3 ) 202 - 203   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 洪 在成, 植村 宗則, 堤 敬文, 〓 柄〓, 徐 号, 豊田 和孝, 大内田 研宙, 赤星 朋比古, 家入 里志, 大平 猛, 橋爪 誠 .  消化器・一般外科領域の Computer Aided Surgery .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS12 ( 3 ) 196 - 197   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 小林 洋, 伴野 裕, 関口 雄太, 渡辺 広樹, 豊田 和孝, 小西 晃造, 富川 盛雅, 家入 里志, 田上 和夫, 橋爪 誠, 藤江 正克 .  視野の操作機能を有する単孔式手術支援ロボットの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS12 ( 3 ) 204 - 205   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 鈴木 直樹, 服部 麻木, 家入 里志, 富川 盛雅, 剣持 一, 橋爪 誠 .  経口式手術ロボットシステムの持つべき機能とその開発 : NOTES, SPS用軟性手術ロボットシステム開発の経緯とシステムの持つ機能 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS12 ( 3 ) 180 - 181   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 鈴木 悠人, 迎田 美和, 林 〓華, バルトロメオ ルカ, 伊藤 加寿子, 石井 裕之, セッサ サルバトーレ, ゼッカ マッシミリアーノ, 植村 宗則, 富川 盛雅, 大平 猛, 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 橋爪 誠, 高西 淳夫 .  生体計測システムWB-3を用いた腹腔鏡手術技能の客観的評価 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS12 ( 3 ) 226 - 227   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 服部 麻木, 鈴木 直樹, 家入 里志, 富川 盛雅, 剣持 一, 橋爪 誠 .  消化器外科用内視鏡型経口式手術システムのための手術シミュレーションシステムの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS12 ( 3 ) 310 - 311   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Ieiri S, Nakatsuji T, Higashi M, Akiyoshi J, Uemura M, Konishi K, Onimaru M, Ohuchida K, Hong J, Tomikawa M, Tanoue K, Hashizume M, Taguchi T .  Effectiveness of basic endoscopic surgical skill training for pediatric surgeons. .  Pediatric surgery international26 ( 10 ) 947 - 54   2010年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-010-2665-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Takahashi Y, Tajiri T, Masumoto K, Kinoshita Y, Ieiri S, Matsuura T, Higashi M, Taguchi T .  Umbilical crease incision for duodenal atresia achieves excellent cosmetic results. .  Pediatric surgery international26 ( 10 ) 963 - 6   2010年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-010-2645-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 早見 武人, 諸岡 健一, 山本 厚行, 大内田 研宙, 星野 洋, 澤田 一哉, 植村 宗則, 剣持 一, 小西 晃造, 家入 里志, 吉田 大輔, 前田 貴司, 田上 和夫, 橋爪 誠 .  立体内視鏡を用いた縫合, 結紮作業における鉗子操作特性 .  電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会2010 ( 121 ) 7 - 10   2010年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 小西 晃造, 植村 宗則, 富川 盛雅, 田上 和夫, 田口 智章, 橋爪 誠 .  【ロボット手術と最新の内視鏡外科手術】最新のナビゲーション技術によるロボット手術 .  Surgery Frontier17 ( 3 ) 215 - 222   2010年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    2009年11月、わが国において、手術支援ロボットに対する医療機器としての製造販売の承認が得られた。最新型のda Vinci Siは、内視鏡画像の高精細化と術者2名での手術にも対応しており、手術支援装置として進化しているが、残念ながら、いまだ力触覚のフィードバックは実装されておらず、ナビゲーションシステムももたないため、その精確な鉗子操作も、あくまで視覚による補完と術者の経験に頼らざるを得ない状況である。一方で平成20年度には画像等手術支援加算、いわゆるナビゲーション加算が保険収載され、画像誘導手術に関する社会的基盤も、次第に整備されつつある。将来的には、診断とナビゲーションによる治療を融合させたロボット手術が可能な、未来型手術室における低侵襲治療が期待される。(著者抄録)

  • 田口 智章, 家入 里志 .  【先天異常の長期フォローアップ】ヒルシュスプルング病 .  周産期医学40 ( 8 ) 1239 - 1243   2010年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Trovato G, Shikanai M, Ukawa G, Kinoshita J, Murai N, Lee JW, Ishii H, Takanishi A, Tanoue K, Ieiri S, Konishi K, Hashizume M .  Development of a colon endoscope robot that adjusts its locomotion through the use of reinforcement learning. .  International journal of computer assisted radiology and surgery5 ( 4 ) 317 - 25   2010年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery  

    DOI: 10.1007/s11548-010-0481-0

    Scopus

    PubMed

  • 服部 麻木, 鈴木 直樹, 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 富川 盛雅, 剣持 一, 橋爪 誠 .  情報統合による消化器外科用内視鏡型経口式手術システムのためのイメージガイド手術システムの開発 .  MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY28 ( Suppl. ) 1 - 3   2010年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    われわれの研究グループでは消化器外科用内視鏡型経口式手術システムの開発を行なっている。本研究では、本システムの術野画像上に術前の患者のX線CTやMRIから再構築された三次元画像を重畳表示するだけでなく、術中に必要な様々な情報を術者に提示する情報統合呈示システムの構築を目的としている。本システムでは、ロボット先端に設置された位置センサの情報を用い、X線CTやMRIデータをボリュームレンダリングにより重畳表示する機能、術前に再構築した三次元モデル上でロボット先端位置を呈示する機能、断層像上でロボット先端位置を呈示する機能、ロボットが把持したものの柔らかさを呈示する機能、術中の患者の各種情報を呈示する機能、以上5つの機能を一つのディスプレイ上に統合して提示できるようにした。本システムにより、術中にできるだけ術野から目を離さずに術者が必要な情報を得られる情報統合呈示システムとすることができた。(著者抄録)

  • 鈴木 直樹, 服部 麻木, 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 富川 盛雅, 剣持 一, 橋爪 誠 .  消化器外科用内視鏡型経口式手術システムのためのVRトレーニングシステムの開発 .  MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY28 ( Suppl. ) 1 - 4   2010年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    現在、われわれの研究グループでは消化器外科用内視鏡型経口式手術システムの開発を行なっている。本研究では、開発中のシステムを臨床で用いるためのトレーニングを目的とし、実際の手術作業空間を仮想空間内に構築して現実と同じ状況下で外科的作業が可能なトレーニングシステムの開発を行なっている。手術作業空間の構築に関しては、MRIデータセットから再構築した胃のモデルを用い、われわれがこれまで開発してきたSphere filled modelを用いて外力により変形する軟組織モデルとした。そして仮想空間内のロボットアームによる胃内壁の把持、持ち上げ時の軟組織モデルの挙動が、実際のアームにより実施した際と同様の変形が得られるようにした。本システムにより、ロボットアームと鉗子孔から取り出したニードルナイフの連係動作により胃粘膜を剥離し、剥離部分を切除して体外に運び出すといった手術作業を仮想空間上で可能にした。(著者抄録)

  • 家入 里志, 小西 晃造, 植村 宗則, 富川 盛雅, 田上 和夫, 橋爪 誠, 田口 智章 .  【小児外科領域の放射線診断・治療 最近の話題】CT画像を用いた腹腔鏡手術ナビゲーションシステム .  小児外科42 ( 6 ) 665 - 669   2010年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • Tomikawa M, Hong J, Shiotani S, Tokunaga E, Konishi K, Ieiri S, Tanoue K, Akahoshi T, Maehara Y, Hashizume M .  Real-time 3-dimensional virtual reality navigation system with open MRI for breast-conserving surgery. .  Journal of the American College of Surgeons210 ( 6 ) 927 - 33   2010年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American College of Surgeons  

    DOI: 10.1016/j.jamcollsurg.2010.01.032

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 家入 里志, 橋爪 誠 .  【消化器外科手術における新しい潮流】ロボット手術 いよいよ本格化するわが国のロボット手術の今後の展望 .  臨床外科65 ( 5 ) 668 - 673   2010年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)医学書院  

    わが国では欧米とほぼ同時期に臨床試験が開始されたロボット手術であるが,医療機器としての製造・販売承認に時間を要したため,本格的な臨床導入はこれからスタートすることとなる.この間,わが国における低侵襲外科治療は内視鏡外科手術を中心に発展をとげ,世界有数の内視鏡外科手術の技術を有するようになった.このような状況のなかで,今後,ロボット手術がわが国で普及するにあたって,ロボット手術のコストに見合う診療報酬を確保できるかという医療制度と,手術のクオリティを担保する医師の教育・トレーニングが課題となると考えられる.(著者抄録)

  • 掛地 吉弘, 佐伯 浩司, 小西 晃造, 富川 盛雅, 家入 里志, 田上 和夫, 森田 勝, 前原 喜彦, 橋爪 誠 .  【早期大腸癌2010】早期大腸癌の精密画像診断 共焦点レーザー内視鏡 .  胃と腸45 ( 5 ) 868 - 871   2010年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)医学書院  

    共焦点内視鏡は消化管粘膜を細胞レベルで観察可能であり,内視鏡検査中にmacroの内視鏡画像とmicroの共焦点画像を並行して同時に見ることができる.蛍光剤のアクリフラビンの局所撒布やフルオレセインの静注で粘膜細胞や血管構築画像が得られる.大腸粘膜では杯細胞と円柱上皮細胞が区別でき,腺窩と周囲の毛細血管構築も250μmほどの深さまで観察できる.正常粘膜から,腺腫,癌へと変化するにつれて細胞や組織の異型度が増し,腺窩が消失して歪な血管新生を生じる.macroで異常所見を認めた部位を拡大観察して組織学的鑑別もつくようになり,実用化が進めば内視鏡で観察したその場で治療に移行できる可能性を含んでいる.(著者抄録)

  • 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 大内田 研宙, 鬼丸 学, 長尾 吉泰, 神代 竜一, 仲田 興平, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  PD-11-8 内視鏡外科手術における教育システムの確立を目指した取り組み(外科医の教育 : 内視鏡手術の時代における教育のノウハウと工夫,パネルディスカッション,第110回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌111 ( 2 )   2010年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 永田 公二, 江角 元史朗, 手柴 理沙, 木下 義晶, 家入 里志, 増本 幸二, 田口 智章 .  PD-6-2 当科における横隔膜ヘルニアに対する治療戦略(小児外科疾患に対する成績向上のための工夫と今後の課題,パネルディスカッション,第110回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌111 ( 2 )   2010年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 東 真弓, 家入 里志, 田口 智章 .  SY-3-2 鎖肛に対するposterior sagittal anorectoplasty(PSARP)の機能予後の検証(シンポジウム(3)鎖肛手術-機能的肛門形成術をめざして,シンポジウム,第110回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌111 ( 2 )   2010年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 植村 宗則, 洪 在成, 宗崎 良太, 東 真弓, 木下 義晶, 小西 晃造, 富川 盛雅, 田尻 達郎, 田上 和夫, 田口 智章, 橋爪 誠 .  VD-020-3 小児に対するAugmented Reality手術ナビゲーションシステムの開発・導人(小児,一般ビデオ,第110回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌111 ( 2 )   2010年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 洪 在成, 小西 晃造, 家入 里志, 田上 和夫, 塩谷 聡子, 徳永 えり子, 前原 喜彦, 橋爪 誠 .  SY-7-1 Open MRIを応用した3次元バーチャル画像によるリアルタイムナビゲーション下乳腺部分切除術の有用性(シンポジウム(7)乳癌低侵襲治療,シンポジウム,第110回日本外科学会定期学術集会) .  日本外科学会雑誌111 ( 2 )   2010年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠 .  消化器外科領域におけるロボット手術 期待できるとする立場から .  Frontiers in Gastroenterology15 ( 1 ) 20 - 26   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • Kobayashi Y, Sekiguchi Y, Tomono Y, Watanabe H, Toyoda K, Konishi K, Tomikawa M, Ieiri S, Tanoue K, Hashizume M, Fujie MG .  Design of a surgical robot with dynamic vision field control for Single Port Endoscopic Surgery. .  Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual International Conference2010   979 - 83   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2010 Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC'10  

    DOI: 10.1109/IEMBS.2010.5627615

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Yuta Sekiguchi, Yo Kobayashi, Yu Tomono, Hiroki Watanabe, Kazutaka Toyoda, Kozo Konishi, Morimasa Tomikawa, Satoshi Ieiri, Kazuo Tanoue, Makoto Hashizume, Masakatsu G. Fujie .  Development of a Tool Manipulator Driven by a Flexible Shaft for Single Port Endoscopic Surgery .  2010 3RD IEEE RAS AND EMBS INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOMEDICAL ROBOTICS AND BIOMECHATRONICS   120 - 125   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    Recently, a robotics system was developed to assist in Single Port Endoscopic Surgery (SPS). However, the existing system required a manual operation of vision and viewpoint, hindering the surgical task. We proposed a surgical endoscopic robot for SPS with dynamic vision control, the endoscopic view being manipulated by a master controller. The prototype robot consists of a manipulator for vision control, and dual tool tissue manipulators (gripping: 5DOF, cautery: 3DOF) can be attached at the tip of sheath manipulator. In particular, this paper focuses on the details of the mechanism and control scheme of the tool manipulator. The experimental results show that our manipulator exhibits a response with a precision of less than 0.15 [mm] and a time delay of less than 31 [ms], when the input frequency was 1.0[Hz].

    Web of Science

  • Tanoue K, Uemura M, Kenmotsu H, Ieiri S, Konishi K, Ohuchida K, Onimaru M, Nagao Y, Kumashiro R, Tomikawa M, Hashizume M .  Skills assessment using a virtual reality simulator, LapSim, after training to develop fundamental skills for endoscopic surgery. .  Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy19 ( 1 ) 24 - 9   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies  

    DOI: 10.3109/13645700903492993

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Naoki Suzuki, Asaki Hattori, Kazuo Tanoue, Satoshi Ieiri, Kozo Konishi, Morimasa Tomjkawa, Hajime Kenmotsu, Makoto Hashizume .  Scorpion Shaped Endoscopic Surgical Robot for NOTES and SPS With Augmented Reality Functions .  MEDICAL IMAGING AND AUGMENTED REALITY6326   541 - +   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    In the process of developing an endoscopic surgical robot system that adapts to NOTES (Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgery) and SPS (Single port surgery), by making the tip a soft tubular structure and adding an augmented reality function to the system, we were able to improve the general function of the surgical robot system. First, we added a haptic sense function to avoid breaking the soft tissue and to avoid the danger of cutting it. These occur due to the small size of the touching surface between the tip of the robot arm and the soft tissue. We were able to conduct operation by feeding back to the surgeon the force applied to the soft tissue by detecting the haptic sense of the small forceps at the tip through measuring the tension variation at the base of the wire that drives the robot arm. We also mounted various numbers of augmented reality function such as grasping the exact location of the surgical robot inside the human body and information on how the robot is reaching the location of surgery. As a result, we were able to build a system that can conduct safe surgery with the system's two main characteristics - the smallness and the high degree of freedom to move.

    Web of Science

  • 家入 里志, 東 真弓, 田口 智章 .  10. 腹腔鏡補助下鎖肛根治術の術後合併症に関する検討(要望演題II,第66回直腸肛門奇形研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 1 ) 135 - 136   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.1_135_4

    CiNii Article

  • 家入 里志, 田口 智章 .  PS-173 Hirschsprung病術後患者の長期予後 : 47年間の教室症例の検討から(排便障害の診断と治療,ポスターシンポジウム,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 3 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_577_1

    CiNii Article

  • 家入 里志, 田口 智章, 大内田 研宙, 山本 厚之, 澤田 一哉, 鬼丸 学, 小西 晃造, 富川 盛雅, 田上 和夫, 橋爪 誠 .  PS-018 新規内視鏡外科手術用ドーム型立体映像提示システム(Cyber Dome 3D)を用いた内視鏡外科手術の経験(画像診断の小児外科への応用2,ポスターシンポジウム,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 3 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_499_2

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 大平 美紀, 中川原 章, 田口 智章, 田尻 達郎, 代居 良太, 木下 義晶, 家入 里志, 古賀 友紀, 住江 愛子, 原 寿郎, 増本 幸二 .  P025.一卵性双生児に同時発生した神経芽腫(一般演題,第47回日本小児外科学会九州地方会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_988_4

    CiNii Article

  • 小幡 聡, 家入 里志, 橋爪 誠, 田口 智章 .  P011.腹腔鏡下穿孔部閉鎖術を施行した小児上部消化管穿孔の2例(一般演題,第47回日本小児外科学会九州地方会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_985_3

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠, 田口 智章 .  9.再発性GERDに対して内視鏡的食道憩室切開・腹腔鏡下再噴門形成を施行して軽快した1例(一般演題,第37回日本小児内視鏡研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1016_3

    CiNii Article

  • 松浦 俊治, 林田 真, 東 真弓, 家入 里志, 木下 義晶, 田尻 達郎, 田口 智章 .  62.当科におけるinterval appendectomy症例の検討(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1006_1

    CiNii Article

  • 家入 里志, 植村 宗則, 東 真弓, 小西 晃造, 富川 盛雅, 田上 和夫, 橋爪 誠, 田口 智章 .  54.Augmented reality手術ナビゲーションシステムによる腹腔鏡下脾臓摘出術(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1004_1

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 古賀 友紀, 住江 愛子, 松崎 彰信, 原 寿郎, 田上 和夫, 橋爪 誠, 田口 智章, 家入 里志, 木下 義晶, 田尻 達郎, 洪 在成, 植村 宗則, 小西 晃造, 富川 盛雅, 松浦 俊治 .  53.Open MRIによるリアルタイムナビゲーションを用いた骨盤原発未分化肉腫摘出の試み(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 ) 1003 - 1004   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1003_4

    CiNii Article

  • 東 真弓, 家入 里志, 林田 真, 松浦 俊治, 木下 義晶, 田尻 達郎, 田口 智章 .  42.LPEC再発症例の検討(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1001_1

    CiNii Article

  • 田尻 達郎, 木下 義晶, 家入 里志, 松浦 俊治, 東 真弓, 林田 真, 田口 智章 .  28. いかにして小児外科医を増やすか? : 学生,研修医の入局戦略(特別企画「小児外科医のQOLを考える」,一般演題,第20回日本小児外科QOL研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 1 ) 129 - 130   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.1_129_5

    CiNii Article

  • 家入 里志, 東 真弓, 田口 智章 .  23.当科における鎖肛のない直腸膣(前庭)瘻症例の検討(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_996_3

    CiNii Article

  • 家入 里志, 橋爪 誠, 田口 智章 .  19.小児に対するNOTES/endolumenal surgeryの可能性に関する検討 : 成人例および前臨床試験の経験から(一般演題,第37回日本小児内視鏡研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1018_4

    CiNii Article

  • 家入 里志, 東 真弓, 田口 智章 .  11. 小児排便障害における大建中湯の効果の検討(一般演題,第14回日本小児外科漢方研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 1 ) 139 - 140   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.1_139_5

    CiNii Article

  • 山内 健, 伊崎 智子, 財前 善雄, 松浦 俊治, 家入 里志, 田口 智章 .  10.トランスアミナーゼの上昇を認めず手術のタイミングが遅れた胆道閉鎖症の1例(一般演題,第36回日本胆道閉鎖症研究会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 4 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.4_820_3

    CiNii Article

  • 宗崎 良太, 古賀 友紀, 住江 愛子, 原 寿郎, 田上 和夫, 橋爪 誠, 田口 智章, 家入 里志, 洪 在成, 植村 宗則, 小西 晃造, 富川 盛雅, 木下 義晶, 松浦 俊治, 田尻 達郎 .  S1-01 Open MRIによるリアルタイムナビゲーションを用いた骨盤原発未分化肉腫摘出の試み(画像診断の小児外科への応用,シンポジウムI,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 3 )   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_405_1

    CiNii Article

  • 林田 真, 家入 里志, 木下 義晶, 増本 幸二, 田口 智章 .  S4-1.重症心身障害児に対する小児外科の関わり : 当院にて手術を行った重症心身障害児の検討(シンポジウム4「外科治療の必要性とその効果」,障がい児を支える-小児外科医の役割-,第26回日本小児外科学会秋季シンポジウム) .  日本小児外科学会雑誌46 ( 6 ) 903 - 904   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_903_2

    CiNii Article

  • 田口 智章, 木下 義晶, 田尻 達郎, 家入 里志, 高橋 由紀子, 松浦 俊治, 東 真弓, 増本 幸二 .  QOLを考えた新生児外科手術の進歩 .  日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine45 ( 4 ) 977 - 979   2009年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Ieiri S, Higashi M, Teshiba R, Saeki I, Esumi G, Akiyoshi J, Nakatsuji T, Taguchi T .  Clinical features of Hirschsprung's disease associated with Down syndrome: a 30-year retrospective nationwide survey in Japan. .  Journal of pediatric surgery44 ( 12 ) 2347 - 51   2009年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2009.07.055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Akiyoshi J, Ieiri S, Nakatsuji T, Taguchi T .  Direct vasodilative effect of FK506 on porcine mesenteric artery in small bowel transplantation. .  Journal of pediatric surgery44 ( 12 ) 2322 - 6   2009年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2009.07.060

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 田口 智章, 木下 義晶, 田尻 達郎, 家入 里志, 高橋 由紀子, 松浦 俊治, 東 真弓, 増本 幸二 .  QOLを考えた新生児外科手術の進歩 .  日本周産期・新生児医学会雑誌45 ( 4 ) 977 - 979   2009年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

  • 植村 宗則, 田代 泰隆, 小西 晃造, 富川 盛雅, 田上 和夫, 家入 里志, 三浦 裕正, 松田 秀一, 岡崎 賢, 岩本 幸英, 橋爪 誠 .  Augmented Reality 技術を用いた病変可視化システムの関節鏡視下手術への応用 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS11 ( 3 ) 188 - 189   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 小西 晃造, 赤星 朋比古, 洪 在成, 家入 里志, 田上 和夫, 前原 喜彦, 橋爪 誠 .  Open MRI 治療室で行う腹腔鏡下外科手術とその環境整備 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS11 ( 3 ) 352 - 353   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 鈴木 直樹, 服部 麻木, 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 剣持 一, 橋爪 誠 .  内視鏡型経口式手術システムのための触覚を持つロボットアームの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS11 ( 3 ) 254 - 255   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 松井 仁, 諸岡 健一, 植村 宗則, 小西 晃造, 家入 里志, 大平 猛, 洪 在成, 富川 盛雅, 田上 和夫, 橋爪 誠 .  学習データ選択に基づく実時間非線形有限要素解析による臓器変形シミュレータ構築の高速化 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS11 ( 3 ) 330 - 331   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 鹿内 真樹, 木下 純一, 村井 夏樹, 石井 裕之, 伊藤 加寿子, 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 橋爪 誠, 高西 淳夫 .  受動屈曲自由度を有し逆ねじ型推進機構を用いた大腸内視鏡ロボットの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS11 ( 3 ) 240 - 241   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 服部 麻木, 鈴木 直樹, 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 剣持 一, 橋爪 誠 .  消化器外科用内視鏡型経口式手術システムのための情報統合呈示システムの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS11 ( 3 ) 382 - 383   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 鈴木 直樹, 服部 麻木, 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 剣持 一, 橋爪 誠 .  軟組織モデルを用いた消化器外科用内視鏡型経口式手術システムのトレーニングシステムの開発 .  Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS11 ( 3 ) 336 - 337   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HIGASHI Mayumi, IEIRI Satoshi, TESHIBA Risa, SAEKI Isamu, ESUMI Genshiro, TAGUCHI Tomoaki .  Hirschsprung's disease patients diagnosed at over 15 years of age : an analysis of a Japanese nationwide survey .  Pediatric surgery international25 ( 11 ) 945 - 947   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • AKIYOSHI Junko, IEIRI Satoshi, NAKATSUJI Takanori, TAGUCHI Tomoaki .  Mechanism of Rho-kinase-mediated Ca^<2+>-independent contraction in aganglionic smooth muscle in a rat model of Hirschsprung's disease .  Pediatric surgery international25 ( 11 ) 955 - 960   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 小西 晃造, 赤星 朋比古, 家入 里志, 田上 和夫, 橋爪 誠 .  【肝胆膵脾手術 出血を減らし合併症を起こさないコツ】腹腔鏡下脾摘出術 .  手術63 ( 12 ) 1807 - 1814   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:金原出版(株)  

  • Higashi M, Ieiri S, Teshiba R, Saeki I, Esumi G, Taguchi T .  Hirschsprung's disease patients diagnosed at over 15 years of age: an analysis of a Japanese nationwide survey. .  Pediatric surgery international25 ( 11 ) 945 - 7   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-009-2447-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Akiyoshi J, Ieiri S, Nakatsuji T, Taguchi T .  Mechanism of Rho-kinase-mediated Ca2+-independent contraction in aganglionic smooth muscle in a rat model of Hirschsprung's disease. .  Pediatric surgery international25 ( 11 ) 955 - 60   2009年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-009-2461-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 田口 智章, 田尻 達郎, 増本 幸二, 木下 義晶, 家入 里志, 高橋 由紀子, 松浦 俊治, 東 真弓 .  新生児外科の現状と傷の目立たない手術 .  日本小児科学会雑誌113 ( 10 ) 1531 - 1537   2009年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本小児科学会  

    CiNii Article

  • Ohuchida K, Kenmotsu H, Yamamoto A, Sawada K, Hayami T, Morooka K, Takasugi S, Konishi K, Ieiri S, Tanoue K, Iwamoto Y, Tanaka M, Hashizume M .  The frontal cortex is activated during learning of endoscopic procedures. .  Surgical endoscopy23 ( 10 ) 2296 - 301   2009年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    DOI: 10.1007/s00464-008-0316-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • 田口 智章, 田尻 達郎, 増本 幸二, 木下 義晶, 家入 里志, 高橋 由紀子, 松浦 俊治, 東 真弓 .  新生児外科の現状と傷の目立たない手術 .  日本小児科学会雑誌113 ( 10 ) 1531 - 1537   2009年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

  • 家入 里志, 橋爪 誠, 田口 智章 .  【小児内視鏡手術の適応拡大 安全な術式と従来法との比較検討】小児におけるNOTESの将来展望 .  小児外科41 ( 9 ) 1006 - 1011   2009年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 大内田 研宙, 諸岡 健一, 早見 武人, 山本 厚行, 剣持 一, 小西 晃造, 家入 里志, 田上 和夫, 田中 雅夫, 橋爪 誠 .  P-2-711 3次元立体映像と2次元映像下における鉗子軌跡の比較 : 利用空間と軸回転量の検討(教育(医学・内視鏡),一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) .  日本消化器外科学会雑誌42 ( 7 )   2009年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

  • 富川 盛雅, 洪 在成, 小西 晃造, 杉町 圭史, 祇園 智信, 武冨 紹信, 家入 里志, 田上 和夫, 前原 喜彦, 橋爪 誠 .  RS-10-8 Open MRIを応用したリアルタイム3次元ナビゲーションシステムによる肝癌の局所治療(要望演題10-2 新しい機器の工夫2,第64回日本消化器外科学会総会) .  日本消化器外科学会雑誌42 ( 7 )   2009年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

  • 田口 智章, 家入 里志 .  ヒルシュスプルング病 .  日本外科学会雑誌110 ( 4 ) 184 - 190   2009年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

  • 田上 和夫, 家入 里志, 小西 晃造, 大内田 研宙, 東 真弓, 鬼丸 学, 富川 盛雅, 橋爪 誠 .  VS-5-4 安全確実な腹腔鏡下手術の標準化を目指して : 基本手技から体内吻合トレーニングまで(ビデオシンポジウム5 内視鏡外科手術の標準化を目指して(胃),第64回日本消化器外科学会総会) .  日本消化器外科学会雑誌42 ( 7 )   2009年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語