2021/06/29 更新

写真a

ニイ ススム
二井 晋
NII Susumu
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学工学プログラム 教授
職名
教授

学位

  • 博士(工学) ( 1994年3月   名古屋大学 )

研究キーワード

  • 超音波

  • 分離工学

  • 物質移動

  • 化学工学

学歴

  • 名古屋大学   化学工学専攻

    1985年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学工学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻   教授

    1955年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 分r技術学会

  • 溶媒抽出学会

  • 日本ソノケミストリー学会

  • 化学工学会

 

論文

  • HIRAYAMA Mikiro, GOSHIMA Takashi, MIZUTA Kei, NII Susumu .  Axial Mixing in Emulsion-flow Column under Iodine Extraction .  Solvent Extraction Research and Development, Japan28 ( 1 ) 11 - 19   2021年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本溶媒抽出学会  

    <p>Strength of axial mixing in the emulsion phase during the progress of extraction was evaluated using the Peclet number under various flow conditions. The Peclet numbers were determined with the established tracer technology which applies inert species for iodine extraction. Very little effect of operating velocities of either aqueous and organic phases was found on the Peclet numbers. This fact indicates that an almost constant degree of axial mixing was kept in this column for different flow velocities of both phases. Furthermore, the degree of axial mixing of the emulsion-flow column was compared with conventional spray and packed columns by plotting the droplet Peclet number against the droplet Reynolds number. Points of the Peclet numbers of emulsion-flow column located in the middle of the spray and the packed columns, which suggests that the strength of axial mixing in the present column is in between spray and packed columns. </p>

    DOI: 10.15261/serdj.28.11

    Scopus

    CiNii Article

  • HIRAYAMA Mikiro, GOSHIMA Takashi, MIZUTA Kei, NII Susumu .  Evaluation of Mass-transfer Performance of Emulsion-flow Column with Height of Transfer Unit (HTU) and Number of Theoretical Plates, and Comparison of HTU with Column-type Extractors .  Analytical Sciences37 ( 6 ) 859 - 864   2021年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:社団法人 日本分析化学会  

    <p>The performance of iodine extraction in the emulsion-flow column was evaluated using an indicator of difficulty in separation, height of transfer unit, <i>HTU</i> and of the number of theoretical plates, <i>N</i><sub>th</sub>. Resulting <i>HTU</i> values ranged from 0.15 to 0.78 m and <i>N</i><sub>th</sub> changed from 0.58 to 1.3. <i>HTU</i> values were formulated in accordance with operating liquid velocities. Despite a 30% margin of error, <i>HTU</i> values were found to be useful in predicting column performance. Observed <i>HTU</i> values were compared with those of conventional extraction columns with or without mechanical agitation. The emulsion-flow column meets the top-level performance of extractors without mechanical agitation, such as packed and spray columns, and performs in the middle range of agitated extractors, although these sacrifice the structure simplicity to assure stable counter-current operation. The advantage of the emulsion-flow column is better <i>HTU</i> values with stable counter-current operation in a simple column structure.</p>

    DOI: 10.2116/analsci.20P320

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • HIRAYAMA Mikiro, GOSHIMA Takashi, MIZUTA Kei, NII Susumu .  Quantification of Iodine Mass Transfer and Height of Emulsion Phase in "Emulsion-flow" Column .  Solvent Extraction Research and Development, Japan27 ( 2 ) 125 - 133   2020年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   出版者・発行元:日本溶媒抽出学会  

    <p>"Emulsion-flow" is a unique regime of counter-current contact between aqueous and organic phases in a column extractor. The operation enables fast mass transfer as well as stable dropwise counter-current of both phases in a simple column-type apparatus. While those advantages have been reported, prediction of the column performance has been difficult because of the lack of correlation with mass transfer coefficient and interfacial area. This study suggests correlation with overall aqueous phase mass transfer capacity coefficient, <i>K</i><sub>w</sub><i>a</i> and the height of emulsion phase, <i>H</i> for various operating conditions. In iodine extraction, velocity of organic phase had a stronger effect on <i>H</i>. Furthermore <i>K</i><sub>w</sub><i>a</i> was correlated with a root of <i>H</i>. This fact suggests that the velocity of the organic phase plays a major role in mass transfer for the case of emulsion-flow. Correlations suggested in the present study are important for rational design and scaling up of emulsion-flow columns.</p>

    DOI: 10.15261/serdj.27.125

    Scopus

    CiNii Article

  • Ono Y. .  Improved ultrasonic degradation of hydrophilic and hydrophobic aldehydes in water by combined use of atomization and UV irradiation onto the mist surface .  Ultrasonics Sonochemistry60   104766   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Ultrasonics Sonochemistry  

    DOI: 10.1016/j.ultsonch.2019.104766

    Scopus

    PubMed

  • Yusei Ono, Kazuhiko Sekiguchi, Kenshi Sankodaa, Susumu Nii, Norikazu Namiki .  Improved Ultrasonic Degradation of Hydrophilic and Hydrophobic Aldehydes in Water by Combined Use of Atomization and UV Irradiation onto The Mist .  Ultrasonics Sonochemistry60   104766   2019年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Mizuta K. .  Quasi one-dimensional approach to evaluate temperature dependent anisotropic thermal conductivity of a flat laminate vapor chamber .  Applied Thermal Engineering146   843 - 853   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Applied Thermal Engineering  

    DOI: 10.1016/j.applthermaleng.2018.10.057

    Scopus

  • Goshima T. .  Conversion of jatropha oil into lower olefins over zeolite catalysts in the presence of water .  Energy Sources, Part A: Recovery, Utilization and Environmental Effects40 ( 20 ) 2400 - 2406   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Energy Sources, Part A: Recovery, Utilization and Environmental Effects  

    DOI: 10.1080/15567036.2018.1496194

    Scopus

  • 朝田 晧,北川慎也,大谷 肇,木下武彦,石垣友三,柴田信行,二井 晋,岡野泰則 .  流動電位測定によるポリオキシエチレン鎖を有する非イオン性界面活性剤と金属イオン間の相互作用の解析 .  分析化学67 ( 8 ) 453 - 459   2018年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本分析化学会  

  • 二井 晋 .  超音波と化学をつなぐソノケミストリー .  信学技報44 ( 4 ) 278 - 283   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Mizuta Kei, Fukunaga Rinkoh, Fukuda Kenji, Nii Susumu, Asano Tanemasa .  Development and characterization of a flat laminate vapor chamber .  Applied Thermal Engineering40 ( 3 ) 306 - 311   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • 五島 崇,須藤 千尋,田中 秀茂,水田 敬,二井 晋 .  廃糖蜜からのプロピレン製造に向けた酸発酵条件の検討 .  化学工学論文集44 ( 4 ) 278 - 283   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:化学工学会  

  • 水田 敬, 西野 巧海, 二井 晋, 五島 崇, 渡邊 大輔, 永谷 裕介, 高木 優州, 浅野 種正 .  定常法を用いた異方性熱伝導率推定手法の高熱伝導性樹脂材料への拡張 .  熱工学コンファレンス講演論文集2018 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>Our newly developed scheme to evaluate anisotropic thermal conductivity has been extended its scope to include resin materials of higher thermal conductivity. In our previous work, heat input to a test sample was evaluated with an assumption that the temperature profile inside the heating block was sufficiently linear, which is no longer adequate for the resin materials because of its higher thermal resistance. To cope with such situation, we have re-defined thermal equivalent circuit to include the effects occurring inside the heating block in addition to those of the test sample. The results show that thermal equivalent circuit was adequate to evaluate the effects, which suggest that our model can be applied to the resin materials.</p>

    DOI: 10.1299/jsmeted.2018.0213

    CiNii Article

  • Goshima T. .  Experimental Investigation on Gas-Solid Behavior in Fluidized Beds with Superfine Particles .  Chemical Engineering and Technology40 ( 12 ) 2295 - 2304   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Chemical Engineering and Technology  

    DOI: 10.1002/ceat.201600542

    Scopus

  • Kudo Takahisa, Sekiguchi Kazuhiko, Sankoda Kenshi, Namiki Norikazu, Nii Susumu .  Effect of ultrasonic frequency on size distributions of nanosized mist generated by ultrasonic atomization .  Ultrasonics Sonochemistry37   16 - 22   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Takashi Goshima, Yumi Isoda, Kouya ShimazakiI, Kenta Fukudome, Kei Mizuta, Susumu Nii .  Experiemntal invesigation on gas-solid behavior in fluidized beds with superfine particles .  Chemical Engineering and Technology40 ( 12 ) 2295 - 2304   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 大谷 武人, 安藤 浩毅, 向吉 郁朗, 筒井 俊雄, 二井 晋, 福留 健太, 井上 誠一 .  P-38 廃糖蜜を原料とした燃料油製造技術の開発 .  バイオマス科学会議発表論文集12 ( 0 ) 125 - 126   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本エネルギー学会  

    <p>Hydrocarbon production from molasses was performed by a combination of hydrothermal treatment and catalytic reaction. In the hydrothermal treatment, a oxygenated compound containing 5-hydroxy-2-methyl-furfuflal (5-HMF) as a main component as a catalytic reaction material was produced from molasses. Thereafter, potassium contained in the oxygenated compound was removed and subjected to a catalytic reaction. In the catalytic reaction carried out at 470&deg;C, aromatic hydrocarbons were obtained , the main components of which were naphthalene.</p>

    DOI: 10.20550/jiebiomassronbun.12.0_125

    CiNii Article

  • MOHAMMED MATOUQ, OMAR AL-AYED, TOMOHIKO TAGAWA, NII SUSUMU .  Removal of High Concentration of Methyl tert-Butyl ether in Synthetic Wastewater by Employing High Frequency Ultrasound Waves .  Asian Journal of Chemistry28 ( 11 ) 2431 - 2434   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian Publication Corporation  

    In this study, the proposed ultrasound technique at high frequency of 2.4 MHz for removal of methyl tert-butyl ether has been investigated.
    The ultrasonic removal mechanism of methyl tert-butyl ether in aqueous solution is complex because of the competition between hydroxyl
    radical attack, pyrolysis and hydrolysis reactions. An investigation of removal of methyl tert-butyl ether using sonolysis has performed
    here with a kinetics models study. Chemical destruction by sonolysis is rationalized using hydroxyl radical chemistry, in which methyl
    tert-butyl ether transfers into the cavitating bubbles and decomposed. The kinetics study indicates that the removal of methyl tert-butyl
    ether at different initial concentration namely (2000, 1000 and 500 ppm) is the best fitted with first order kinetic model with a reaction rate
    constant of 0.034 min-1. The removal of methyl tert-butyl ether investigated at different reactant volumes inside the ultrasound reactor
    found that the lower volume of reactant is preferable on higher volume. The results of removal of methyl tert-butyl ether show that more
    than 85 % has obtained, at only 50 min of exposing to ultrasound irradiation even with high initial concentrations.

    DOI: 10.14233

  • Susumu Nii .  New separation methods using membrane and solvent extraction .      1994年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 分離技術への超音波の応用展開

    小林大祐, 平沢泉 久保正樹, 関口和彦, 松元秀行, 松浦一雄( 担当: 共著)

    分離技術会  2020年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:130   担当ページ:1-33   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Ultrasonic Atomization

    Susumu NII( 担当: 分担執筆)

    Springer  2016年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:239-247   記述言語:英語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等

  • 菊池克城, 川添みと, 水田 敬, 五島 崇, 水口善文, 下小牧伸一, 二井 晋 .  金属メッシュ積層型コアレッサーによる油水分離 .  化学工学会第85年会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西大学  

  • Susumu Nii .  Chemical engineering application of fine bubbles and ultrasound .  Taiwan Association of Interventional and Therapeutic Ultrasound, TAITU2019  Taiwan Association of Interventional and Therapeutic Ultrasound招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taipei  

  • Yuma Tsuji, Takashi Goshima, Kei Mizuta, Susumu.Nii .  Development of fine bubble generator by active control of pressure in gas chamber .  The 32nd International Symposium on Chemical Engineering  化学工学会九州支部国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Daejyon, Korea  

  • 西田雄貴, 島崎幸也, 水田 敬, 五島 崇, 二井 晋 .  Superfine particles を用いた流動層型触媒反応器の設計に関する基礎検討 .  第25回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

  • 赤星 薫, 平山幹朗, 五島 崇, 水田 敬, 二井 晋 .  エマルションフロー塔でのヨウ素逆抽出における物質移動特性 .  第38回溶媒抽出討論会  日本溶媒抽出学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学  

  • 平山幹朗, 五島 崇, 水田 敬, 二井 晋 .  エマルションフロー塔における単分散液滴を用いたヨウ素の物質移動特性 .  第38回溶媒抽出討論会  日本溶媒抽出学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀大学  

  • 竹村草太, 関口和彦, 三小田憲史, 二井 晋, 並木則和 .  多孔質PTFEチューブとUV/超音波ミストを用いた有機汚染ガスの分解処理 .  第28回ソノケミストリー討論会  日本ソノケミストリー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

  • 二宮大樹, 五島 崇, 水田 敬, 二井 晋 .  液柱および霧化を生じる条件でのキャビテーションの可視化 .  第28回ソノケミストリー討論会  日本ソノケミストリー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

  • 市來彩華, 作本祐一郎, 五島 崇, 水田 敬, 二井 晋 .  超音波霧化による水懸濁液からのサブミクロン粒子の選択分離-溶存ガスの影響- .  第28回ソノケミストリー討論会  日本ソノケミストリー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

  • Yudai Mikuni, Takashi.Goshima, Kei.Mizuta, Susumu Nii .  How Fine Bubbles Change Germination and Initial Plant Growth of Spinach and Japanese Mustard Spinach .  2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Egineering Conference  化学工学会九州支部国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大分県別府市  

  • Takashi Goshima, Susumu Nii .  Generation, identification and characterization of ultrafine bubbles in water .  Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, APCChE2019  Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌コンベンションセンター  

  • Susumu NII .  Ultrasound, a potential game changer .  Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, APCChE2019  Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌コンベンションセンター  

  • Susumu Nii, Shogo Onitsuka, Takashi Goshima, Kei Mizuta .  Preparation of surfactant-free nanoemulsions by sequential ultrasonic irradiation .  Asia-Oceania Sonochemical Society Conference, AOSS-4  Asia-Oceania Sonochemical Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nanjing,China  

  • 二宮大樹, 二井 晋 .  液中への高周波超音波照射時の化学発光法によるキャビテーション定量の調査 .  第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本県玉名市  

  • 長森弘晃, 二井 晋 .  ファインバブルが植物の成長に与える影響 .  第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本県玉名市  

  • 上田裕喜, 二井 晋 .  酒類の低アルコール化に向けたエタノール分離 .  第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本県玉名市  

  • 西田雄貴, 二井 晋 .  低密度な微粒子の流動化挙動を制御した触媒反応器の設計 .  第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本県玉名市  

  • 別府大志, 五島 崇, 水田 敬, 坂東芳行, 増井龍也, 二井 晋 .  連続向流泡沫分離法による粒子混合物の分離に向けた基礎検討 .  分離技術会年会2019  分離技術会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学  

  • 野元宏晃、五島崇、水田敬、二井晋 .  超音波照射による茶葉からのカテキン抽出促進 .  第25回ソノケミストリー討論会  日本ソノケミストリー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山市  

  • 二井晋、作本祐一郎、水田敬、五島崇 .  超音波による定在波場を利用したグリシンの結晶化挙動 .  第25回ソノケミストリー討論会  日本ソノケミストリー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市  

  • 水田敬、二井晋、福永倫康、福田賢司、五島崇、浅野種正 .  積層型ベーパーチャンバーの開発と熱的特性評価 .  化学工学会第48回秋季大会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島市  

  • 中里健人、水田敬、五島崇、二井晋 .  ダイレクトコンタクトを考慮した気泡流動層逐次反応モデルの解析 .  化学工学会第48回秋季大会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:徳島市  

  • 二井晋、作本祐一郎、水田敬、五島崇 .  高周波超音波照射による定在波場を利用したグリシンの結晶化挙動 .  化学工学会第48回秋季大会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島市  

  • 野澤賢、竹内啓悟、五島崇、水田敬、二井晋、向井康人、坂東芳行 .  繊維充填層を用いたO/Wエマルションn油分分離 .  化学工学会第48回秋季大会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:徳島市  

  • 二井 晋 .  泡によるレアメタルの選択濃縮分離 .  化学工学会第48回秋季大会  化学工学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徳島市  

  • 五島崇、福留健太、水田敬、二井晋 .  蓄気室内圧力変動の能動的制御によるファインバブル発生器の開発 .  化学工学会第81年会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市  

  • 野澤賢、竹内啓悟、五島崇、水田敬、二井晋、向井康人、坂東芳行 .  テフロンウール充填層を用いたO/Wエマルションの油分分離-界面活性剤の影響 .  化学工学会第81年会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市  

  • 福留健太、五島崇、水田敬、二井晋、筒井俊雄 .  ZSM-5を用いるバイオマス由来のフルフラールから芳香族炭化水素への転化反応に与える反応条件の影響 .  化学工学会第81年会  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市  

  • Susumu NII .  Separation of Nanoparticles from Suspensions with Ultrasonic Atomization .  Pacifichem 2015  American Chemica Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Honolulu  

  • Susumu NII .  Applications of Ultrasound Technology in Crystallization and Atomization .  Pacifichem 2015  American Chemica Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Honolulu  

  • Susumu NII .  Separation of Nanoparticles from Suspensions with Ultrasonic Atomization .  Pacifichem 2015  American Chemica Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Honolulu  

  • Susumu NII .  Applications of Ultrasound Technology in Crystallization and Atomization .  Pacifichem 2015  American Chemica Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Honolulu  

  • Susumu NII .  Separation of Nanoparticles from Suspensions with Ultrasonic Atomization .  Pacifichem 2015  American Chemica Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Honolulu  

  • Susumu NII .  Applications of Ultrasound Technology in Crystallization and Atomization .  Pacifichem 2015  American Chemica Society招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Honolulu  

  • Susumu NII, Takuya WATASE .  Antisolvent Crystallization of Glycine under Irradiation of High Frequency Ultrasound .  2nd Meeting of the Asia-Oceania Society of Sonochemistry  Asia-Oceania Society of Sonochemistry招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kuala Lumpur  

  • 関口 和彦, 楢原 壮馬, 小野 雄誠, 三小田 憲史, 並木 則和, 二井 晋 .  小空間を対象とした超音波ミスト表面でのVOCガスの促進酸化分解と無機化 .  大気環境学会年会講演要旨集  2017年8月  (公社)大気環境学会

▼全件表示