Updated on 2021/06/03

写真a

 
 
Organization
University Hospital, Medical and Dental Sciences Area University Hospital Clinical Center Digestive Disease Center Assistant Professor
Title
Assistant Professor

Degree

  • Doctor(medical) ( 2014.3   Kagoshima University )

Research History

  • Kagoshima University   Medical and Dental Hospital, Medical and Dental Sciences Area Medical and Dental Hospital Clinical Center Digestive Disease Center   Assistant Professor

    2017.4

  • Kagoshima University   Medical and Dental Hospital, Medical and Dental Sciences Area Medical and Dental Hospital Clinical Center Digestive Disease Center   Assistant Professor

    2003.4 - 2017.3

 

Papers

  • Hashimoto S, Tanoue S, Fujino Y, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Ido A .  Endoscopic ultrasonography-guided hybrid rendezvous technique for pancreatic stenting in a patient with pancreatoduodenectomy. .  Endoscopy53 ( 6 ) E213 - E214   2021.6Endoscopic ultrasonography-guided hybrid rendezvous technique for pancreatic stenting in a patient with pancreatoduodenectomy.

     More details

  • Iwaya H, Fukukura Y, Hashimoto S, Tanoue S, Kawahira M, Hinokuchi M, Fujita T, Komaki Y, Arima S, Sasaki F, Kanmura S, Higashi M, Tamada K, Ido A .  Prognostic significance of extracellular volume fraction with equilibrium contrast-enhanced computed tomography for pancreatic neuroendocrine neoplasms. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]21 ( 4 ) 779 - 786   2021.6Prognostic significance of extracellular volume fraction with equilibrium contrast-enhanced computed tomography for pancreatic neuroendocrine neoplasms.

  • Nakazawa J, Kawahira M, Kawahira M, Kodama T, Arima S, Iwashita Y, Mawatari S, Hashimoto S, Kanmura S, Hori T, Tsubouchi H, Ido A .  Analysis of factors affecting progression-free survival of first-line chemotherapy in older patients with advanced gastrointestinal cancer. .  Journal of geriatric oncology   2021.5Analysis of factors affecting progression-free survival of first-line chemotherapy in older patients with advanced gastrointestinal cancer.

  • Otsuka T, Shirakawa T, Shimokawa M, Koga F, Kawaguchi Y, Ueda Y, Nakazawa J, Komori A, Otsu S, Arima S, Fukahori M, Okabe Y, Makiyama A, Taguchi H, Honda T, Shibuki T, Nio K, Ide Y, Mizuta T, Mitsugi K, Ureshino N .  A multicenter propensity score analysis of FOLFIRINOX vs gemcitabine plus nab-paclitaxel administered to patients with metastatic pancreatic cancer: results from the NAPOLEON study. .  International journal of clinical oncology26 ( 5 ) 941 - 950   2021.5A multicenter propensity score analysis of FOLFIRINOX vs gemcitabine plus nab-paclitaxel administered to patients with metastatic pancreatic cancer: results from the NAPOLEON study.

  • Otsuka T, Shirakawa T, Shimokawa M, Koga F, Kawaguchi Y, Ueda Y, Nakazawa J, Komori A, Otsu S, Arima S, Fukahori M, Okabe Y, Makiyama A, Taguchi H, Honda T, Shibuki T, Nio K, Ide Y, Mizuta T, Mitsugi K, Ureshino N .  Correction to: A multicenter propensity score analysis of FOLFIRINOX vs gemcitabine plus nab-paclitaxel administered to patients with metastatic pancreatic cancer: results from the NAPOLEON study. .  International journal of clinical oncology26 ( 5 ) 951 - 953   2021.5Correction to: A multicenter propensity score analysis of FOLFIRINOX vs gemcitabine plus nab-paclitaxel administered to patients with metastatic pancreatic cancer: results from the NAPOLEON study.

  • Hashimoto S, Iwaya H, Tanoue S, Fujino Y, Hinokuchi M, Arima S, Ido A .  Salvage endoscopic ultrasound-guided rendezvous technique for disconnected pancreatic duct syndrome in a patient with severe acute pancreatitis. .  Endoscopy53 ( 4 ) 450 - 451   2021.4Salvage endoscopic ultrasound-guided rendezvous technique for disconnected pancreatic duct syndrome in a patient with severe acute pancreatitis.

     More details

  • Maeda H, Sasaki F, Morinaga Y, Kabayama M, Iwaya H, Komaki Y, Arima S, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Kanmura S, Nishiguchi A, Taguchi T, Ido A .  Covering Post-Endoscopic Submucosal Dissection Ulcers in Miniature Swine with Hexanoyl (Hx:C6) Group-Modified Alkaline-Treated Gelatin Porous Film (HAG) Induces Proper Healing by Decreasing Inflammation and Fibrosis. .  Digestion102 ( 3 ) 415 - 427   2021Covering Post-Endoscopic Submucosal Dissection Ulcers in Miniature Swine with Hexanoyl (Hx:C6) Group-Modified Alkaline-Treated Gelatin Porous Film (HAG) Induces Proper Healing by Decreasing Inflammation and Fibrosis.

     More details

  • Sasaki F, Kanmura S, Oda K, Maeda H, Kabayama M, Iwaya H, Komaki Y, Arima S, Tanoue S, Hashimoto S, Fujita H, Ido A .  Acetaldehyde breath test as a cancer risk marker in patients with esophageal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma. .  PloS one16 ( 5 ) e0251457   2021Acetaldehyde breath test as a cancer risk marker in patients with esophageal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma.

  • 矢野 弘樹, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 井戸 章雄 .  膵体部癌との鑑別に難渋し、切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例 .  膵臓35 ( 5 ) 447 - 454   2020.10膵体部癌との鑑別に難渋し、切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例

     More details

    Publisher:(一社)日本膵臓学会  

    症例は46歳女性.心窩部痛,嘔気を主訴に受診した.膵酵素の上昇を認め,急性膵炎の診断で保存的に加療された.画像所見で膵体尾部実質の不均一な造影効果と尾側膵管の拡張を認め,膵腫瘍が疑われた.EUS-FNAにおける組織診断で確定診断が得られなかったが,膵体部癌の可能性が否定できず,手術治療を行った.切除標本にて特徴的な組織所見を示し,2型自己免疫性膵炎の診断に至った.(著者抄録)

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Higashi R, Hakamada H, Nagano H, Hidaka S, Kamimura K, Maemura K, Arima S, Yoshiura T .  Visual enhancement pattern during the delayed phase of enhanced CT as an independent prognostic factor in stage IV pancreatic ductal adenocarcinoma. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]20 ( 6 ) 1155 - 1163   2020.9Visual enhancement pattern during the delayed phase of enhanced CT as an independent prognostic factor in stage IV pancreatic ductal adenocarcinoma.

  • 笠井 亜衣, 橋元 慎一, 恒吉 研吾, 樺山 雅之, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 上村 修司, 東 美智代, 井戸 章雄 .  膵臓の腫瘤性病変に対するEUS-FNAで診断に至ったB細胞リンパ腫の3例 .  膵臓35 ( 2 ) 213 - 221   2020.4膵臓の腫瘤性病変に対するEUS-FNAで診断に至ったB細胞リンパ腫の3例

     More details

    Publisher:(一社)日本膵臓学会  

    膵原発の悪性リンパ腫は,節外性悪性リンパ腫の2%以下,膵悪性腫瘍の0.5%未満と稀である.画像所見のみでは鑑別が難しく,病理組織学的評価による正確な診断が重要である.今回,膵腫瘤に対し超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)でB細胞リンパ腫と診断した3例を経験し,うち2例は化学放射線療法で改善した.EUS-FNAは,リンパ腫の病型診断および治療方針決定に有用と考えられた.(著者抄録)

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Higashi R, Hakamada H, Nakajo M, Maemura K, Arima S, Yoshiura T .  Extracellular volume fraction determined by equilibrium contrast-enhanced dual-energy CT as a prognostic factor in patients with stage IV pancreatic ductal adenocarcinoma. .  European radiology30 ( 3 ) 1679 - 1689   2020.3Extracellular volume fraction determined by equilibrium contrast-enhanced dual-energy CT as a prognostic factor in patients with stage IV pancreatic ductal adenocarcinoma.

  • Tanaka A, Kanmura S, Morinaga Y, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Takeshita M, Takeda S, Ido A .  Oral administration of Lactobacillus plantarum 06CC2 prevents experimental colitis in mice via an anti‑inflammatory response. .  Molecular medicine reports21 ( 3 ) 1181 - 1191   2020.3Oral administration of Lactobacillus plantarum 06CC2 prevents experimental colitis in mice via an anti‑inflammatory response.

     More details

  • Kamikihara Y, Tanoue S, Kawahira M, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Hashimoto S, Kanmura S, Higashi M, Gejima K, Ido A .  A case of gallbladder neuroendocrine carcinoma diagnosed preoperatively using somatostatin receptor scintigraphy. .  Oncology letters19 ( 1 ) 247 - 254   2020.1A case of gallbladder neuroendocrine carcinoma diagnosed preoperatively using somatostatin receptor scintigraphy.

     More details

  • KASAI Ai, IDO Akio, HASHIMOTO Shinichi, TSUNEYOSHI Kengo, KABAYAMA Masayuki, IWAYA Hiromichi, ARIMA Shiho, TAGUCHI Hiroki, KANMURA Shuji, HIGASHI Michiyo .  Three patients with B cell lymphoma diagnosed by endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration (EUS-FNA) of pancreatic lesions .  Suizo35 ( 2 ) 213 - 221   2020

     More details

    Publisher:Japan Pancreas Society  

    <p>Three patients with pancreatic lymphoma were seen. Primary pancreatic lymphoma accounts for less than 2% of extranodal malignant lymphomas and less than 0.5% of malignant tumors of the pancreas. In patients with pancreatic lymphoma, an accurate diagnosis is crucial because the tumor is difficult to distinguish from other pancreatic tumors-especially pancreatic cancer-based on imaging findings alone, and because the treatment depends on the specific type of lymphoma. Two of these patients improved after chemoradiation therapy. EUS-FNA was useful for determining the type of lymphoma and determining the treatment strategy.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.35.213

  • YANO Hiroki, IDO Akio, HASHIMOTO Shinichi, TAGUCHI Hiroki, TANOUE Shiroh, IWAYA Hiromichi, ARIMA Shiho, SASAKI Fumisato, KANMURA Shuji, HIGASHI Michiyo .  Type 2 autoimmune pancreatitis diagnosed after resection and difficult to differentiate from cancer of the pancreatic body .  Suizo35 ( 5 ) 447 - 454   2020

     More details

    Publisher:Japan Pancreas Society  

    <p>The patient is a 46-year-old woman admitted with epigastric pain and nausea. She was found to have elevated pancreatic enzymes and treated for acute pancreatitis. Imaging findings showed uneven contrast enhancement of the pancreatic body to tail and enlargement of the caudal pancreatic duct. A pancreatic tumor was suspected. Although no definitive histologic diagnosis was obtained using endoscopic ultrasonography-guided fine needle aspiration (EUS-FNA), the possibility of pancreatic body cancer could not be ruled out, and resection was performed. The resected specimen showed characteristic histologic findings, leading to a diagnosis of type 2 autoimmune pancreatitis.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.35.447

  • Kanmura S, Tanaka A, Yutsudou K, Kuwazuru K, Komaki F, Komaki Y, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Significance of Linked Color Imaging for Predicting the Risk of Clinical Relapse in Ulcerative Colitis. .  Gastroenterology research and practice2020   3108690   2020Significance of Linked Color Imaging for Predicting the Risk of Clinical Relapse in Ulcerative Colitis.

     More details

  • Hiraishi N, Kanmura S, Oda K, Arima S, Kumagai K, Mawatari S, Tanoue S, Sasaki F, Hashimoto S, Ido A .  Extract of <i>Lactobacillus plantarum</i> strain 06CC2 induces JNK/p38 MAPK pathway-mediated apoptosis through endoplasmic reticulum stress in Caco2 colorectal cancer cells. .  Biochemistry and biophysics reports20   100691   2019.12Extract of <i>Lactobacillus plantarum</i> strain 06CC2 induces JNK/p38 MAPK pathway-mediated apoptosis through endoplasmic reticulum stress in Caco2 colorectal cancer cells.

  • Komaki Yuga, Kanmura Shuji, Tanaka Akihito, Nakashima Mari, Komaki Fukiko, Iwaya Hiromichi, Arima Shiho, Sasaki Fumisato, Nasu Yuichiro, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Ido Akio .  腸石で誘発された小腸閉塞のため二次性に発症したイレウスに対して経イレウス管コーラ溶解療法は有効である(Cola Dissolution Therapy via Ileus Tube Was Effective for Ileus Secondary to Small Bowel Obstruction Induced by an Enterolith) .  Internal Medicine58 ( 17 ) 2473 - 2478   2019.9腸石で誘発された小腸閉塞のため二次性に発症したイレウスに対して経イレウス管コーラ溶解療法は有効である(Cola Dissolution Therapy via Ileus Tube Was Effective for Ileus Secondary to Small Bowel Obstruction Induced by an Enterolith)

     More details

    Publisher:(一社)日本内科学会  

    症例は87歳女性で、アルツハイマー型認知症に罹患していて寝たきりとなっており、介護施設にて全介助状態にあった。発熱と嘔吐出現のため近医に入院し、腸閉塞と診断された。経鼻胃管チューブを留置され保存的に加療されたが症状は改善せず、画像検査にて小腸に腫瘍疑いの陰影が認められたため、当院に転院となった。腹部超音波検査などの所見から腸石、胆石、ベゾアールなどの結石の存在を疑った。腸閉塞解除のため超細径経鼻内視鏡を用いてイレウス管を挿入したが、小腸内に何らかの物質塊が閉塞しており、胃内には少量の毛髪を含む数個の結石を認めた。ベゾアールに起因にした小腸閉塞を疑い手術を勧めたが患者は同意しなかったため、代わりに経イレウス管コーラ溶解療法を施行した。500mLのコカ・コーラ(pH 1.9)を30分かけて注入する処置を1日2回行ったところ、開始翌日には小腸内の物質塊は半減し、6日目には小腸閉塞とイレウスは完全消退して元の病院へ戻った。回収した石で溶解実験を行ったところ、pH 1.9のコカ・コーラ、pH 1.0および2.0の塩酸、pH 2.6の食用酢のいずれにも溶解することが確認された。

  • Kanmura S, Hamamoto H, Tanaka A, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Higashi M, Ido A .  Diagnostic utility of linked color imaging in the evaluation of colonic mucosal inflammation in ulcerative colitis: a pilot study. .  Endoscopy international open7 ( 8 ) E937 - E943   2019.8Diagnostic utility of linked color imaging in the evaluation of colonic mucosal inflammation in ulcerative colitis: a pilot study.

     More details

  • Kawabata K, Kanmura S, Morinaga Y, Tanaka A, Makino T, Fujita T, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  A high‑fructose diet induces epithelial barrier dysfunction and exacerbates the severity of dextran sulfate sodium‑induced colitis. .  International journal of molecular medicine43 ( 3 ) 1487 - 1496   2019.3A high‑fructose diet induces epithelial barrier dysfunction and exacerbates the severity of dextran sulfate sodium‑induced colitis.

     More details

  • Komaki Yuga, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Ido Akio, Kanmura Shuji, Tanaka Akihito, Nakashima Mari, Komaki Fukiko, Iwaya Hiromichi, Arima Shiho, Sasaki Fumisato, Nasu Yuichiro .  Cola Dissolution Therapy via Ileus Tube Was Effective for Ileus Secondary to Small Bowel Obstruction Induced by an Enterolith .  Internal Medicine58 ( 17 ) 2473 - 2478   2019

     More details

    Publisher:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>An 87-year-old bedridden woman developed intestinal obstruction caused by an enterolith or bezoar. Since the patient refused surgery, we administered 1,000 mL/day of cola via an ileus tube to dissolve the stone. Occlusion of the small intestine disappeared on day 6. The excreted stones contained calcium phosphate, which is typical of enteroliths. We later confirmed that the retrieved stones could be dissolved in cola (Coca-Cola<sup>®</sup>, pH 1.9) as well as 0.10 and 0.010 mol/L hydrochloric acid (pH 1.0 and 2.0, respectively) and food-grade vinegar (pH 2.6). These findings suggest that the enteroliths were dissolved by an acid-base reaction. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2745-19

    PubMed

  • Komaki Y, Kanmura S, Sasaki F, Maeda H, Oda K, Arima S, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Mawatari S, Tsubouchi H, Ido A .  Hepatocyte Growth Factor Facilitates Esophageal Mucosal Repair and Inhibits the Submucosal Fibrosis in a Rat Model of Esophageal Ulcer. .  Digestion99 ( 3 ) 227 - 238   2019Hepatocyte Growth Factor Facilitates Esophageal Mucosal Repair and Inhibits the Submucosal Fibrosis in a Rat Model of Esophageal Ulcer.

     More details

  • Fujita T, Hashimoto S, Tanoue S, Tsuneyoshi K, Nakamura Y, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Taguchi H, Kanmura S, Ido A .  Factors Associated with the Technical Success of Bilateral Endoscopic Metallic Stenting with Partial Stent-In-Stent Placement in Patients with Malignant Hilar Biliary Obstruction. .  Gastroenterology research and practice2019   5928040   2019Factors Associated with the Technical Success of Bilateral Endoscopic Metallic Stenting with Partial Stent-In-Stent Placement in Patients with Malignant Hilar Biliary Obstruction.

     More details

  • Hamamoto Hitomi, Hashimoto Shinichi, Taguchi Hiroki, Kojima Issei, Kasai Ai, Tsuneyoshi Kengo, Kuwazuru Kosuke, Arima Shiho, Kanmura Shuji, Ido Akio .  十二指腸壁の陥凹により閉塞性黄疸を発症した好酸球性胃腸炎(Eosinophilic Gastroenteritis in Which Obstructive Jaundice Developed due to Invagination of the Duodenal Wall) .  Internal Medicine57 ( 13 ) 1841 - 1847   2018.7十二指腸壁の陥凹により閉塞性黄疸を発症した好酸球性胃腸炎(Eosinophilic Gastroenteritis in Which Obstructive Jaundice Developed due to Invagination of the Duodenal Wall)

     More details

    Publisher:(一社)日本内科学会  

    症例は63歳女性で、高熱と心窩部痛が3ヵ月間続いており、上部消化管内視鏡検査で胃十二指腸の浮腫性肥厚が明らかになった。入院時の臨床検査で好酸球増加症と肝胆道系酵素値の上昇などが認められた。十二指腸の超音波内視鏡検査では十二指腸粘膜および筋肉壁が極度に肥厚しており、カプセル内視鏡では空腸の肥厚・浮腫がみられた。画像所見および病理学的所見から混合型の好酸球性胃腸炎と診断した。入院後に黄疸が出現し、腹部CTおよびMRIで総胆管内への十二指腸の陥凹が認められ、この陥凹による胆管閉塞が胆管炎や肝膿瘍の原因であると推測した。十二指腸壁の陥凹は保存療法後に改善したが、十二指腸内腔の狭窄により胆管ドレナージは不可能であった。ステロイドおよび抗アレルギー薬の投与により好酸球性胃腸炎は改善し、再発はみられなかった。

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 門野 潤, 井戸 章雄 .  審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例 .  日本消化器病学会雑誌115 ( 4 ) 394 - 400   2018.4審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例

     More details

    Publisher:(一財)日本消化器病学会  

    65歳男性。進行胃癌術後3年目に、嘔吐、体重減少が出現した。各種検査で食道アカラシア様の所見を認めた。(1)壮年層の発症、(2)短い有症状期間、(3)著明な体重減少を三徴とするTucker's criteriaを満たし、二次性アカラシアを疑った。原因として胃癌術後再発を疑い、審査腹腔鏡にて確定診断に至った。二次性アカラシアの診断には、Tucker's criteriaが有用であると考えられた。(著者抄録)

  • Hamamoto Hitomi, Ido Akio, Hashimoto Shinichi, Taguchi Hiroki, Kojima Issei, Kasai Ai, Tsuneyoshi Kengo, Kuwazuru Kosuke, Arima Shiho, Kanmura Shuji .  Eosinophilic Gastroenteritis in Which Obstructive Jaundice Developed due to Invagination of the Duodenal Wall .  Internal Medicine57 ( 13 ) 1841 - 1847   2018

     More details

    Publisher:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>A 63-year-old woman was admitted with epigastric pain, eosinophilia, and elevated hepatobiliary enzyme levels. An upper gastrointestinal endoscopic examination showed that the mucosa of the gastroduodenal wall was edematous. Eosinophilic gastroenteritis (EGE) was diagnosed based on eosinophilic infiltration of the gastroduodenal mucosa. Computed tomography showed invagination of the duodenal wall into the common bile duct. The invagination of the duodenal wall improved after conservative therapy, while bile duct drainage was impossible due to the narrowing of the duodenal lumen. EGE was successfully treated without recurrence with steroids and antiallergic therapy. We herein report a rare case of EGE with obstructive jaundice. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9312-17

    PubMed

  • KABAYAMA Masayuki, IDO Akio, SASAKI Fumisato, MAEDA Hidehito, ARIMA Shiho, TANOUE Shiroh, NASU Yuichiro, HASHIMOTO Shinichi, KANMURA Shuji, KADONO Jun .  A case of postoperative recurrent gastric cancer resembling esophageal achalasia diagnosed by staging laparoscopy .  Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi115 ( 4 ) 394 - 400   2018

     More details

    Publisher:The Japanese Society of Gastroenterology  

    <p>A 65-year-old man underwent subtotal gastrectomy for advanced gastric cancer. The histological type of the cancer was signet-ring cell carcinoma, and the clinical stage was stage IB (T2N0M0). Three years after surgery, the patient had the following symptoms:dysphagia, odynophagia, and weight loss. Esophageal endoscopy and esophagography revealed a circular stenosis covered with the normal mucosa between the middle esophagus and the esophagogastric junction. Histologically, the samples obtained by staging laparoscopy revealed signet-ring cell carcinoma. Tucker's criteria are an important tool for differentiating secondary achalasia from primary achalasia with clinical value. Therefore, we suggest that staging laparoscopy is useful for the histological diagnosis of recurrent gastric cancer.</p>

    DOI: 10.11405/nisshoshi.115.394

    PubMed

  • Taguchi H, Kanmura S, Maeda T, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Helicobacter pylori eradication improves the quality of life regardless of the treatment outcome: A multicenter prospective cohort study. .  Medicine96 ( 52 ) e9507   2017.12Helicobacter pylori eradication improves the quality of life regardless of the treatment outcome: A multicenter prospective cohort study.

  • Hashimoto S, Taguchi H, Higashi M, Hatanaka K, Fujita T, Iwaya H, Nakazawa J, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Nasu Y, Kanmura S, Ido A .  Diagnostic efficacy of liquid-based cytology for solid pancreatic lesion samples obtained with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration: Propensity score-matched analysis. .  Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society29 ( 5 ) 608 - 616   2017.7Diagnostic efficacy of liquid-based cytology for solid pancreatic lesion samples obtained with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration: Propensity score-matched analysis.

     More details

  • Hashimoto Shinichi, Taguchi Hiroki, Higashi Michiyo, Hatanaka Kazuhito, Fujita Toshihiro, Iwaya Hiromichi, Nakazawa Junichi, Arima Shiho, Iwashita Yuji, Sasaki Fumisato, Nasu Yuichiro, Kanmura Shuji, Ido Akio .  超音波内視鏡下穿刺吸引法で採取した膵腫瘤性病変検体に対するliquid-based cytologyの診断的有効性 傾向スコアマッチング解析(Diagnostic efficacy of liquid-based cytology for solid pancreatic lesion samples obtained with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration: Propensity score-matched analysis) .  Digestive Endoscopy29 ( 5 ) 608 - 616   2017.7超音波内視鏡下穿刺吸引法で採取した膵腫瘤性病変検体に対するliquid-based cytologyの診断的有効性 傾向スコアマッチング解析(Diagnostic efficacy of liquid-based cytology for solid pancreatic lesion samples obtained with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration: Propensity score-matched analysis)

     More details

    Publisher:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)で採取した膵腫瘤性病変検体に対するliquid-based cytology(LBC)法とconventional Papanicolaou smear(CPS)法の診断的有効性を比較するため後向き研究を実施した。対象は2009年1月〜2014年8月に当院で腫瘤性病変に対して初回EUS-FNAを施行した患者126例で、このうち63例は2012年5月迄にCPSによる細胞診を施行し、その後63例にLBCによる細胞診を施行した。悪性腫瘍の全発生率は86%であった。LBCはCPSと比較して感度および正診率が高かった。LBCは膵頭部病変の診断において感度が高かった。膵管腺癌(PDAC)の感度もLBCが高かった。多変量解析により、PDAC以外の悪性腫瘍と20mm以下の病変は全参加者においてLBCによる誤診の危険因子であることが明らかになった。以上から、膵腫瘤性病変に対するEUS-FNAにおいてLBCは悪性腫瘍の診断に有用であるが、PDAC以外の悪性腫瘍と小型腫瘍の場合はEUS-FNAとLBCの診断は困難であることが示された。

  • Ono Y, Kanmura S, Morinaga Y, Oda K, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Taguchi H, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn's disease. .  BMC gastroenterology17 ( 1 ) 40   2017.3The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn's disease.

  • Arima S, Shimizu K, Okamoto T, Toki M, Suzuki Y, Okano N, Naruge D, Kawai K, Kobayashi T, Kasuga A, Kitamura H, Takasu A, Nagashima F, Sugiyama M, Furuse J. .  A Multicenter Phase II Study of Gemcitabine plus S-1 Chemotherapy for Advanced Biliary Tract Cancer. .  Anticancer Res.37 ( 2 ) 909 - 914   2017.2A Multicenter Phase II Study of Gemcitabine plus S-1 Chemotherapy for Advanced Biliary Tract Cancer.Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11398

    PubMed

  • Kozono M, Uto H, Ibusuki R, Arima S, Oda K, Taguchi H, Sasaki F, Nasu Y, Hashimoto S, Setoyama H, Kanmura S, Numata M, Tsubouchi H, Ido A .  Antihypertensive therapy improves insulin resistance and serum levels of interleukin-6 and -10 in spontaneously hypertensive rats with steatohepatitis. .  Molecular medicine reports14 ( 6 ) 5385 - 5394   2016.12Antihypertensive therapy improves insulin resistance and serum levels of interleukin-6 and -10 in spontaneously hypertensive rats with steatohepatitis.

     More details

  • Maeda T, Sakiyama T, Kanmura S, Hashimoto S, Ibusuki K, Tanoue S, Komaki Y, Arima S, Nasu Y, Sasaki F, Taguchi H, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Low concentrations of human neutrophil peptide ameliorate experimental murine colitis. .  International journal of molecular medicine38 ( 6 ) 1777 - 1785   2016.12Low concentrations of human neutrophil peptide ameliorate experimental murine colitis.

     More details

  • 前田 英仁, 橋元 慎一, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 門野 潤, 東 美智代, 井戸 章雄 .  胃の瘻孔から主膵管内をNBI(narrow band imaging)拡大観察し得た混合型IPMC(Intraductal Papillary-Mucinous Carcinoma)の一例 .  膵臓31 ( 4 ) 638 - 645   2016.8胃の瘻孔から主膵管内をNBI(narrow band imaging)拡大観察し得た混合型IPMC(Intraductal Papillary-Mucinous Carcinoma)の一例

     More details

    Publisher:(一社)日本膵臓学会  

    症例は76歳女性。CTで主膵管の拡張と多房性の嚢胞性病変、総胆管の拡張を認めた。精査目的で紹介、混合型IPMNと診断された。主膵管から胃への穿破があったことから瘻孔より拡大内視鏡を挿入、粘液の除去とCO2送気下での観察を行った。NBI併用拡大観察にて膵管内の結節と絨毛状構造が明瞭となり、通常観察では一見正常に見えた膵管上皮においても絨毛状構造が描出されたことから病変の連続性を評価し得た。直視下にて結節部分より生検を行い、術前にIPMCと診断、膵全摘術を施行し、手術標本で膵管内進展を確認した。IPMN症例の内視鏡観察において腫瘍形態と血管像が良悪性度診断に重要とされている。今回、NBI併用拡大観察で主膵管内の腫瘍形態、血管像を詳細に観察し、膵管進展評価と術前病理診断ができたIPMCの一例を経験した。(著者抄録)

  • Kanmura S, Hamamoto H, Morinaga Y, Oda K, Fujita T, Arima S, Nasu Y, Sasaki F, Hashimoto S, Taguchi H, Setoyama H, Ido A .  Fecal Human Neutrophil Peptide Levels Correlate with Intestinal Inflammation in Ulcerative Colitis. .  Digestion93 ( 4 ) 300 - 8   2016Fecal Human Neutrophil Peptide Levels Correlate with Intestinal Inflammation in Ulcerative Colitis.

     More details

  • MAEDA Hidehito, KADONO Jun, HIGASHI Michiyo, IDO Akio, HASHIMOTO Shinichi, NAKAZAWA Junichi, ARIMA Shiho, TAGUCHI Hiroki, NASU Yuichiro, SASAKI Humisato, KANMURA Shuji, SETOYAMA Hitoshi .  Successful visualization of the main pancreatic duct from the gastric fistula by narrow band imaging (NBI) magnification endoscopy in a patient with mixed type intraductal papillary mucinous carcinoma (IPMC) .  Suizo31 ( 4 ) 638 - 645   2016

     More details

    Publisher:Japan Pancreas Society  

    <p>A 76-year-old woman was referred to our hospital for further evaluation of dilation of the main pancreatic duct (MPD), cystic dilation of branches of the pancreatic duct and dilation of the common bile duct detected by computed tomography. She was diagnosed with mixed-type intraductal papillary mucinous neoplasm (IPMN). We inserted a magnifying endoscope into the MPD through the gastropancreatic fistula, removed mucus and observed the MPD under CO<sub>2</sub> insufflation. Magnifying endoscopy with narrow-band imaging (NBI) clearly showed intrapancreatic nodules and villous structures in the pancreatic duct epithelium, which appeared normal under usual observation, allowing for evaluation of lesion continuity. Biopsy of a nodule was performed under direct vision, leading to a preoperative diagnosis of intraductal papillary mucinous carcinoma (IPMC). Intrapancreatic tumor spread was confirmed by surgical pathology. Tumor morphology and microvascular architecture, as observed by endoscopy, are important in differentiating benign from malignant IPMN lesions. Intrapancreatic tumor morphology and vascular architecture were identified by NBI magnifying endoscopy, thereby allowing evaluation of intrapancreatic spread and a preoperative pathological diagnosis of IPMC.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.31.638

  • Makino T, Kanmura S, Sasaki F, Nasu Y, Funakawa K, Tanaka A, Arima S, Nakazawa J, Taguchi H, Hashimoto S, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Preoperative classification of submucosal fibrosis in colorectal laterally spreading tumors by endoscopic ultrasonography. .  Endoscopy international open3 ( 4 ) E363 - 7   2015.8Preoperative classification of submucosal fibrosis in colorectal laterally spreading tumors by endoscopic ultrasonography.

     More details

  • Yoshimine Y, Uto H, Kumagai K, Mawatari S, Arima S, Ibusuki R, Mera K, Nosaki T, Kanmura S, Numata M, Tamai T, Moriuchi A, Tsubouchi H, Ido A .  Hepatic expression of the Sptlc3 subunit of serine palmitoyltransferase is associated with the development of hepatocellular carcinoma in a mouse model of nonalcoholic steatohepatitis. .  Oncology reports33 ( 4 ) 1657 - 66   2015.4Hepatic expression of the Sptlc3 subunit of serine palmitoyltransferase is associated with the development of hepatocellular carcinoma in a mouse model of nonalcoholic steatohepatitis.

     More details

  • Funakawa K, Uto H, Sasaki F, Nasu Y, Mawatari S, Arima S, Nakazawa J, Taguchi H, Hashimoto S, Kanmura S, Setoyama H, Numata M, Tsubouchi H, Ido A .  Effect of endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal neoplasms and risk factors for postoperative stricture. .  Medicine94 ( 1 ) e373   2015.1Effect of endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal neoplasms and risk factors for postoperative stricture.

  • [Arima S], [Uto H], [Ibusuki R], [Kumamoto R], [Tanoue S], [Mawatari S], [Oda K], [Numata M], [Fujita H], [Oketani M], [Ido A], [Tsubouchi H] .  Hypertension exacerbates liver injury and hepatic fibrosis induced by a choline-deficient L-amino acid-defined diet in rats. .  International journal of molecular medicine33 ( 1 ) 68 - 76   2014.3Hypertension exacerbates liver injury and hepatic fibrosis induced by a choline-deficient L-amino acid-defined diet in rats.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Doctoral thesis  

    DOI: 10.3892/ijmm.2013.1544

    PubMed

  • Kumamoto R, Uto H, Oda K, Ibusuki R, Tanoue S, Arima S, Mawatari S, Kumagai K, Numata M, Tamai T, Moriuchi A, Fujita H, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H .  Dietary fructose enhances the incidence of precancerous hepatocytes induced by administration of diethylnitrosamine in rat. .  European journal of medical research18   54   2013.12Dietary fructose enhances the incidence of precancerous hepatocytes induced by administration of diethylnitrosamine in rat.

     More details

  • Ibusuki R, Uto H, Arima S, Mawatari S, Setoguchi Y, Iwashita Y, Hashimoto S, Maeda T, Tanoue S, Kanmura S, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H .  Transgenic expression of human neutrophil peptide-1 enhances hepatic fibrosis in mice fed a choline-deficient, L-amino acid-defined diet. .  Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver33 ( 10 ) 1549 - 56   2013.11Transgenic expression of human neutrophil peptide-1 enhances hepatic fibrosis in mice fed a choline-deficient, L-amino acid-defined diet.

     More details

  • 春日 章良, 成毛 大輔, 有馬 志穂, 北村 浩, 高須 充子, 長島 文夫, 古瀬 純司 .  食道神経内分泌がん(小細胞がん)と胸壁浸潤肺扁平上皮がんの重複がんの1例 .  腫瘍内科10 ( 6 ) 572 - 577   2012.12食道神経内分泌がん(小細胞がん)と胸壁浸潤肺扁平上皮がんの重複がんの1例

     More details

    Publisher:(有)科学評論社  

    63歳男。咽頭痛、食事の通過障害で受診し、右肺尖部に胸壁(第2肋骨)浸潤を伴う腫瘍と頸部食道壁肥厚および周囲縦隔リンパ節腫脹を指摘された。内視鏡では食道入口部から食道頸部に狭窄を伴う潰瘍性病変を認めた。画像所見は食道入口部から頸部食道にかけて食道壁肥厚を認め、周囲の縦隔リンパ節腫脹を認め、右肺尖部には第2肋骨浸潤を伴う肺腫瘍を認めた。食道腫瘍組織所見および肺腫瘍組織所見より、縦隔リンパ節転移を伴う食道神経内分泌癌(小細胞癌)(限局型)と胸壁浸潤扁平上皮癌cT3N0M0の重複癌と診断された。シスプラチン(80mg/m2、1日目)+エトポシド(100mg/m2、1〜3日目)による全身化学療法4コースと、その1、2コース目と同時に胸部放射線治療(1回2.0Gy、総線量60Gy)を併用した。全4コース完了後、食道神経内分泌癌はCRを認め、胸壁浸潤型肺扁平上皮癌はPRを認めた。腫瘍マーカSCCは横ばいであったが、Pro GRPおよびNSEは陰性化した。

  • Arima S, Naruge D, Kasuga A, Kitamura H, Takasu M, Nagashima F, Furuse J .  [The development of chemotherapy to unresectable advanced biliary tract cancer]. .  Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy39 ( 10 ) 1490 - 3   2012.10[The development of chemotherapy to unresectable advanced biliary tract cancer].

     More details

  • 新名 一郎, 前田 資雄, 高屋 剛, 南 史朗, 千々岩 一男, 内山 周一郎, 赤池 義昭, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 岩屋 博道, 藤原 利成, 相良 誠二, 中西 千尋, 井上 龍二, 黒木 和男 .  虫垂憩室炎の1例 当院4症例の検討を加えて .  宮崎県医師会医学会誌36 ( 2 ) 153 - 157   2012.9虫垂憩室炎の1例 当院4症例の検討を加えて

     More details

    Publisher:(公社)宮崎県医師会  

    症例は74歳、男性。右下腹部痛を認め、近医より紹介受診となった。急性虫垂炎と診断し、手術を施行した。虫垂間膜内に膿瘍を形成しており、虫垂切除術を施行した。切除標本で虫垂先端に憩室を認め、虫垂間膜に穿通し膿瘍を形成していた。当院で過去10年間に行った虫垂切除術71例のうち4例(5.7%)に虫垂憩室炎を認めた。憩室はすべて腸間膜側に存在し、すべて仮性憩室であった。また穿孔率は75%と高率であった。(著者抄録)

  • Tanoue S, Uto H, Kumamoto R, Arima S, Hashimoto S, Nasu Y, Takami Y, Moriuchi A, Sakiyama T, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H .  Liver regeneration after partial hepatectomy in rat is more impaired in a steatotic liver induced by dietary fructose compared to dietary fat. .  Biochemical and biophysical research communications407 ( 1 ) 163 - 8   2011.4Liver regeneration after partial hepatectomy in rat is more impaired in a steatotic liver induced by dietary fructose compared to dietary fat.

  • HARADA Taku, INOUE Ryuji, ARIMA Shiho, KUROKI Kazuo, TAHARA Yoshihiro, MIIKE Tadashi, ABE Hiroo, YAMAMOTO Shojiro, KUSUMOTO Kazunori, HASUIKE Satoru, NAGATA Kenji, SHIMODA Kazuya .  A CASE OF IMPACTED DIOSPYROBEZOARS IN GASTRIC ANTRUM TREATED SUCCESSFULLY BY DISSOLUTION THERAPY WITH COLA .  Gastroenterol Endosc50 ( 12 ) 3033 - 3039   2008.12

  • 原田 拓, 井上 龍二, 有馬 志穂, 黒木 和男, 田原 良博, 三池 忠, 安倍 弘生, 山本 章二朗, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 永田 賢治, 下田 和哉 .  胃前庭部の嵌頓柿胃石に対してコーラによる溶解療法が奏功した1例 .  Gastroenterological Endoscopy50 ( 12 ) 3033 - 3039   2008.12胃前庭部の嵌頓柿胃石に対してコーラによる溶解療法が奏功した1例

     More details

    Publisher:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    腹痛、腹部膨満感を主訴とした87歳女性について検討した。患者は自宅で干柿を生産し、発症数日前にも摂取歴があった。上部消化管内視鏡検査で柿胃石と診断した。また、胃角部小彎には多発性の潰瘍を認めた。胃石は非常に硬く、生検鉗子での破砕は困難であった。保存的に経過観察を行っていたが、胃前庭部に胃石は嵌頓し、再び腹部症状が出現した。そのため、コカ・コーラの注入・飲用をさせたところ、胃石は軟化し、除去できた。胃潰瘍も、胃石の消失後、速やかに治癒した。コーラの胃石への作用機序は不明であるが、コーラが胃液に近い酸性である事、二酸化炭素の気泡が胃石表面に浸透する事、コーラに含まれる未知の成分による影響などが考えられた。コーラによる溶解療法は、内視鏡的治療が困難な胃石症に対し、有効である可能性が示唆された。

  • HARADA Taku, HASUIKE Satoru, NAGATA Kenji, SHIMODA Kazuya, INOUE Ryuji, ARIMA Shiho, KUROKP Kazuo, TAHARA Yoshihiro, MIIKE Tadashi, ABE Hiroo, YAMAMOTO Shojiro, KUSUMOTO Kazunori .  A CASE OF IMPACTED DIOSPYROBEZOARS IN GASTRIC ANTRUM TREATED SUCCESSFULLY BY DISSOLUTION THERAPY WITH COLA .  GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY50 ( 12 ) 3033 - 3039   2008

     More details

    Publisher:Japan Gastroenterological Endoscopy Society  

    We report a case of impacted diospyrobezoars in gastric antrum, which were treated successfully by dissolution therapy with Coca-Cola administration. An 87-year-old woman was admitted to our hospital because of abdominal pain and feeling of abdominal distension. Upper gastrointestinal endoscopy revealed two diospyrobezoars (each size was 7cm and 3cm in diameter) in the stomach, and one bezoar became impacted in gastric antrum at a later date. The endoscopic removal using forceps and polypectomy snare resulted in failure. Therefore., she received dissolution therapy with Coca-Cola. On the next day, the impacted bezoar was partially dissolved and turned to be softened, and that was safely-removed endoscopically. She took extra dose of Coca-Cola, and the next day, remaining bezoars were completely dissolved. The dissolution therapy with Coca-Cola may be useful in patients with diospyrobezoar resistant to endoscopic therapy.

    DOI: 10.11280/gee1973b.50.3033

  • 三池 忠, 児玉 眞由美, 沼田 政嗣, 有馬 志穂, 佐々木 秀法, 山下 清, 久冨木 庸子, 林 克裕, 岩砂 里美, 前原 直樹, 千々岩 一男, 山本 一治, 藤 也寸志 .  腹膜原発悪性中皮腫の1例 .  宮崎県医師会医学会誌30 ( 2 ) 81 - 85   2007.1腹膜原発悪性中皮腫の1例

     More details

    Publisher:(公社)宮崎県医師会  

    56歳男。下腹部痛、体重減少を主訴とした。塗装業、電装業、建設業に従事しており、15歳から20歳にアスベスト曝露歴を有した。入院時、軽度の貧血、低蛋白血症、CRP軽度高値、CA125軽度上昇を認めた。下部消化管内視鏡にて上行結腸、直腸に黄白色の粘膜下腫瘤様小隆起を数ヶ所認めた。腹部CTにて肝右葉下部に小結節、上行結腸右側に腹膜の不整な肥厚、腹腔内や直腸腹側に小結節、骨盤内に軽度腹水を認め、FDG-PETで同部に異常集積を認めた。腹腔鏡下腹膜生検にて腹壁、横隔膜、肝右葉下部に白色調の板状、小結節性病変をびまん性に認め、腹水細胞診はclass Vであった。開腹下腫瘍生検にて大網、腹膜より腫瘍を一塊として摘出した。病理組織学的に腹膜原発びまん性悪性中皮腫、肉腫型と診断した。化学療法を1クール終了したが、腫瘍の縮小や全身状態の改善は認めず、現在も経過観察中であった。

▼display all

MISC

  • 【IPMN大全】診断 EUS 結節の評価、壁肥厚の意義、併存膵癌の診断

    岩屋 博道, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 川平 真知子, 有馬 志穂, 藤野 悠介, 児島 一成, 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄

    胆と膵   41 ( 臨増特大 )   1267 - 1274   2020.11

     More details

    Publisher:医学図書出版(株)  

    2017年に改訂されたIPMN/MCN国際診療ガイドラインの診療方針選択アルゴリズムにおいて、壁在結節、隔壁肥厚、主膵管径、嚢胞径は重要な悪性化予測因子として位置付けられている。それらを画像で評価するうえで、EUSの果たす役割は大きく、全観察期間において必須のmodalityとなりつつある。壁在結節≧5mmと壁肥厚の所見はIPMNの切除適応を判断する際に幅広く活用されているが、現状においても術後病理結果がlow grade dysplasiaであった症例が少なからず存在するため、悪性化の鑑別についてはさらなる工夫が必要である。近年、IPMN併存膵癌が注目されているが、現行ガイドラインにおける嚢胞サイズに応じた経過観察法はIPMN自体の悪性化に主眼が置かれており、そのため、IPMN併存膵癌を含めたスクリーニング法の構築が今後の課題である。(著者抄録)

  • 【12のレジメンと投与法&目的別 病棟ナースの消化器がん化学療法ケア だいじなとこだけ!】(2章)レジメン別のケア FOLFIRI(5-FU+LV+CPT-11)療法

    有馬 志穂

    消化器ナーシング   24 ( 9 )   825 - 827   2019.9

     More details

    Publisher:(株)メディカ出版  

  • 【大腸がんの薬物療法-最近の進歩】高齢者大腸がんにおける治療戦略

    長島 文夫, 有馬 志穂, 成毛 大輔, 北村 浩, 春日 章良, 高須 充子, 中澤 潤一, 古瀬 純司, 濱口 哲弥, 須藤 紀子

    腫瘍内科   10 ( 6 )   543 - 548   2012.12

     More details

    Publisher:(有)科学評論社  

  • 【肝細胞癌のすべて2012】治療法の進歩 現在開発中の分子標的薬 Brivanib

    古瀬 純司, 有馬 志穂, 成毛 大輔, 春日 章良, 北村 浩, 高須 充子, 長島 文夫

    肝胆膵   65 ( 6 )   1297 - 1301   2012.12

     More details

    Publisher:(株)アークメディア  

  • Liver、Pancreas、Biliary Tract Cancer 肝・胆・膵癌 胆道癌治療の新展開 切除不能進行胆道がんの化学療法の進歩

    有馬 志穂, 成毛 大輔, 春日 章良, 北村 浩, 高須 充子, 長島 文夫, 古瀬 純司

    癌と化学療法   39 ( 10 )   1490 - 1493   2012.10

     More details

    Publisher:(株)癌と化学療法社  

  • 【胆膵領域におけるDPCと電子カルテ時代に対応したクリニカルパス】膵胆道癌外来化学療法におけるクリニカルパス

    春日 章良, 成毛 大輔, 有馬 志穂, 北村 浩, 高須 充子, 長島 文夫, 吉田 正, 野村 久祥, 川上 英泰, 臼井 浩明, 畔蒜 祐一郎, 長澤 知徳, 古瀬 純司

    胆と膵   33 ( 9 )   745 - 751   2012.9

     More details

    Publisher:医学図書出版(株)  

    安定した安全な外来化学療法のためには、システムとしての患者・多職種参加型のチーム医療が必要である。クリニカルパスの多様なメリットとしては、患者満足度の向上・チーム医療の前進・業務の改善・職員と組織の活性化・教育のツール・医療資源の有効活用などがあげられる。膵胆道癌領域の化学療法はゲムシタビンを中心に臨床開発されており、忍容性・簡便性がともに良好な治療である。近年保険承認されたゲムシタビン+シスプラチン併用療法ではゲムシタビン単剤療法では必要のない支持療法が必要であり、エルロチニブなどの分子標的治療薬では、特有な有害事象も起こりえる。また、今後、新規治療方法の導入も予想される。今後、医療が複雑化するのは必至であり、医療スタッフならびに患者の共通認識としての診療計画であるクリニカルパスの作成は、安定した患者・多職種参加型のチーム医療の推進のためのツールの一つとして重要である。(著者抄録)

  • がん診療における総合的機能評価

    長島 文夫, 北村 浩, 高須 充子, 春日 章良, 有馬 志穂, 宮島 謙介, 古瀬 純司, 小川 朝生, 濱口 哲弥

    腫瘍内科   9 ( 6 )   734 - 742   2012.6

     More details

    Publisher:(有)科学評論社  

  • 【全身疾患としての非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)】生活習慣病・全身疾患としてのNAFLDの位置づけ、自然史、QOL

    宇都 浩文, 有馬 志穂, 指宿 りえ, 坪内 博仁

    診断と治療   99 ( 9 )   1469 - 1476   2011.9

     More details

    Publisher:(株)診断と治療社  

  • Human neutrophil peptideは腸管上皮細胞IL-8、ICAM-1の発現を亢進させる

    指宿 和成, 嵜山 敏男, 上村 修司, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   101 - 103   2011.3

     More details

    Publisher:日本消化器免疫学会  

    我々は炎症性腸疾患の患者血清を用いたプロテオーム解析により、human neutrophil peptide(HNP)が活動期の潰瘍性大腸炎(UC)患者で上昇しており、UCのバイオマーカーになりうることを報告した。HNPは主に好中球のアズール顆粒から分泌される、抗菌的作用を持つ蛋白であるが、HNPの腸管上皮細胞に対する作用は十分明らかになっていない。我々は高濃度のHNPが腸管上皮細胞のIL-8、ICAM-1発現を亢進させることを見いだした。大腸粘膜に多量の好中球が集簇しているUCでは、HNPがさらなる好中球の遊走を促進させ、炎症を持続させている可能性が示唆された。(著者抄録)

  • グルタミンによる腸管上皮細胞Heat shock protein発現誘導はポリアミンにより制御されている

    岩下 祐司, 嵜山 敏男, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 高見 陽一郎, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   98 - 100   2011.3

     More details

    Publisher:日本消化器免疫学会  

    グルタミンは腸管上皮細胞の主たるエネルギー源であり、腸管粘膜の保護作用を有している。グルタミンによる腸管保護作用の一つにHeat shock protein(Hsp)の発現誘導があるが、その誘導メカニズムは十分明らかになっていない。我々は、グルタミン除去により低下した腸管上皮細胞Hsp発現がポリアミン添加で回復すること、グルタミンを含む培地でもポリアミン合成の阻害によりHsp発現が低下することを見いだした。グルタミンは腸管上皮細胞のポリアミン合成を促進させることでHsp発現を増強し、腸管の恒常性を保っていることが示唆された。(著者抄録)

▼display all

Presentations

  • 樋之口 真, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄   当科におけるEST/EPSTの現状  

    Gastroenterological Endoscopy  2016.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 船川 慶太, 佐々木 文郷, 上村 修司, 有馬 志穂, 田中 啓仁, 坪内 直子, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁   当科での食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断について  

    Gastroenterological Endoscopy  2013.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 濱元 ひとみ, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 沼田 政嗣, 井戸 章雄   大腸隆起性腫瘍に対するESDにおけるEUS専用機術前診断とPocket Creation Methodの有用性  

    Gastroenterological Endoscopy  2015.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 北島 信一, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄   大腸側方発育型腫瘍に対するESD前生検の必要性の検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2014.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 軸屋 賢一, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   大腸ESD前の局注有無による線維化および手技難度への影響  

    Gastroenterological Endoscopy  2020.8  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 田中 啓仁, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 坪内 直子, 橋元 慎一, 那須 雄一郎, 上村 修司, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁   大腸ESDにおける術前生検の影響についての検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2013.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 前田 拓郎, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   大腸ESDにおけるPocket Creation Methodは高度線維化を有する病変に有用である  

    日本消化器病学会雑誌  2017.3  (一財)日本消化器病学会

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 樺山 雅之, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   喉頭軟骨上に存在する咽喉頭表在癌に対するESDの工夫  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.5  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 軸屋 賢一, 藤田 浩, 井戸 章雄   咽頭癌・食道癌における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2018.10  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 藤田 浩, 井戸 章雄   咽頭癌・食道癌ESD患者における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2019.3  (一財)日本消化器病学会

  • 藤田 俊浩, 那須 雄一郎, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 井戸 章雄   各種プロトンポンプ阻害薬が胃ESD後潰瘍の後出血に及ぼす影響  

    Gastroenterological Endoscopy  2015.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡的切除及び腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS:laparoscopic-endoscopic cooperative surgery)の有用性  

    日本消化器病学会雑誌  2017.9  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 佐久間 真友子, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡治療(EMR/ESD)と腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2017.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 将久, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 井上 和彦, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   十二指腸神経内分泌腫瘍に多発性の腹腔内リンパ節腫大を合併し、治療方針の決定に苦慮した1例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 沼田 政嗣, 児玉 眞由美, 坪内 直子, 佐々木 文郷, 有馬 志穂, 三池 忠, 蓮池 悟, 永田 賢治, 堀 剛, 宇都 浩文   化学療法後の小腸絨毛萎縮をダブルバルーン内視鏡にて経過観察をした悪性リンパ腫の1例  

    Gastroenterological Endoscopy  2006.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 中澤 潤一, 川平 正博, 川平 真知子, 有馬 志穂, 小吉 尚裕, 上原 翔平, 谷山 央樹, 樋之口 真, 岩下 祐司, 玉井 努, 船川 慶太, 堀 剛, 坪内 博仁, 井戸 章雄   初回化学療法を受ける高齢膵がん患者の背景因子と腫瘍学的転帰についての検討  

    膵臓  2019.6  (一社)日本膵臓学会

  • 有馬 志穂, 橋元 慎一, 川崎 洋太, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 新地 洋之, 井戸 章雄, 夏越 祥次   切除不能進行膵癌に対する二次治療としてのGEM+nab-paclitaxel療法  

    膵臓  2017.5  (一社)日本膵臓学会

  • 鶴田 展大, 三ツ木 健二, 下川 元継, 中澤 潤一, 古賀 風太, 上田 裕二郎, 小森 梓, 有馬 志穂, 深堀 理, 牧山 明資, 田口 宏樹, 本田 琢也, 澁木 太郎, 大塚 大河, 白川 剛   切除不能膵癌におけるoriginal FOLFIRINOX(FFX)及びmodified FFXの後方視的比較検討  

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2020.10  (一社)日本癌治療学会

  • 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 小野 陽平, 田中 啓仁, 牧野 智礼, 小薗 雅哉, 岩屋 博通, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 坪内 直子, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁   分化型・未分化型組織混在胃癌に対するNBI併用拡大観察の有用性と問題点  

    Gastroenterological Endoscopy  2013.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 有馬 志穂, 沼田 政嗣, 三池 忠, 安倍 弘生, 上村 修司, 児玉 眞由美, 林 克裕   出血性のクローン病に対しinfliximab投与が奏効した3例  

    日本内科学会雑誌  2006.2  (一社)日本内科学会

  • 前田 拓郎, 船川 慶太, 鮫島 洋一, 上村 徳郎, 牧野 智礼, 有馬 志穂, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 嵜山 敏男, 鈴木 紳介, 魚住 公治, 東 美智代, 坪内 博仁   二次性白血病を合併した総胆管原発diffuse large B-cell lymphomaの一例  

    日本消化器病学会雑誌  2010.9  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 前田 英仁, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 田ノ上 史朗, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 井戸 章雄   下咽頭表在癌に対するESDの有用性と後出血対策  

    Gastroenterological Endoscopy  2018.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 仮屋 遥香, 藤野 悠介, 上原 翔平, 湯通堂 和樹, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 矢野 弘樹, 田中 啓仁, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 有上 貴明, 夏越 祥次, 井戸 章雄   リンパ節転移を認めた多発性胃神経内分泌腫瘍の1例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 上村 修司, 船川 慶太, 嵜山 敏男, 坪内 博仁   ベーチェット病食道病変の臨床的検討  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2010.8  (NPO)日本食道学会

  • 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 濱元 ひとみ, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄   ヘリコバクターピロリ除菌が上腹部症状、QOLにもたらす効果について  

    日本消化器病学会雑誌  2015.9  (一財)日本消化器病学会

  • 指宿 りえ, 宇都 浩文, 有馬 志穂, 馬渡 誠一, 小田 耕平, 大重 彰彦, 熊谷 公太郎, 玉井 努, 森内 昭博, 桶谷 眞, 井戸 章雄, 坪内 博仁   ヒト好中球ペプチド-1はアルコール性肝障害モデルマウスの肝線維化を促進する  

    肝臓  2013.11  (一社)日本肝臓学会

  • 原田 拓, 井上 龍二, 有馬 志穂, 黒木 和男   コカ・コーラによる溶解治療が有効であった胃前庭部嵌頓柿胃石の一例  

    Gastroenterological Endoscopy  2007.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩下 祐司, 嵜山 敏男, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 高見 陽一郎, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁   グルタミンによる腸管上皮Heat shock protein発現誘導機構の解明  

    日本消化器病学会雑誌  2010.9  (一財)日本消化器病学会

  • 有馬 志穂, 嵜山 敏男, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 坪内 直子, 坪内 博仁   クローン病類似の消化管病変を合併した糖原病Ia型の一例  

    日本消化器病学会雑誌  2010.3  (一財)日本消化器病学会

  • 有馬 志穂, 中澤 潤一, 徳重 浩一, 中尾 慎二, 福田 芳生, 大石 一郎, 市来 秀一, 谷口 鎌一郎, 中村 勇一, 前之原 茂穂, 窪薗 修, 坪内 博仁   クローン病の吻合部狭窄に対してステント治療を行った一例  

    Gastroenterological Endoscopy  2008.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 濱元 ひとみ, 藤田 俊浩, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中村 勇一, 徳重 浩一, 井戸 章雄   クローン病に対するinfliximabの二次無効に関する予測因子の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2016.9  (一財)日本消化器病学会

  • 小野 陽平, 上村 修司, 小田 耕平, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 宇都 浩文, 井戸 章雄   クローン病におけるアポトーシス抑制因子AIMの臨床的意義  

    日本消化器病学会雑誌  2016.3  (一財)日本消化器病学会

  • 有馬 志穂, 宇都 浩文, 指宿 りえ, 隈元 亮, 熊谷 公太郎, 呉 健, 馬渡 誠一, 桶谷 眞, 井戸 章雄, 坪内 博仁   カルシウム拮抗薬は高血圧により増悪したコリン欠乏アミノ酸置換食による肝炎と肝線維化を改善する  

    肝臓  2013.4  (一社)日本肝臓学会

  • 北村 浩, 長島 文夫, 宮島 謙介, 高須 充子, 春日 章好, 有馬 志穂, 古瀬 純司, 須藤 紀子, 奥山 徹, 明智 龍男   がん薬物療法時の高齢者総合的機能評価の実施可能性  

    日本大腸肛門病学会雑誌  2013.4  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 長島 文夫, 北村 浩, 宮島 謙介, 有馬 志穂, 成毛 大輔, 春日 章良, 高須 充子, 古瀬 純司, 濱口 哲弥, 島田 安博, 小川 朝生, 明智 龍男   Unfit populationに対するがん化学療法の現状とエビデンス構築のための臨床試験 高齢者を対象としたがん化学療法と臨床開発(消化器)切除不能大腸がんを対象とした第3相試験(JCOG1018)と高齢者総合的機能評価  

    臨床薬理  2012.10  (一社)日本臨床薬理学会

  • 福倉 良彦, 前村 公成, 又木 雄弘, 蔵原 弘, 橋元 慎一, 有馬 志穂   Stage IV膵臓癌の化学療法後予後予測における造影CT平衡相細胞外液分画値の有用性  

    膵臓  2018.5  (一社)日本膵臓学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 井戸 章雄   Pocket-creation method(PCM)を用いた大腸ESDは、粘膜下層の高度線維化を有する症例で有用である  

    Gastroenterological Endoscopy  2016.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 吉嶺 陽造, 宇都 浩文, 熊谷 公太郎, 米良 久美子, 有馬 志穂, 椨 一晃, 馬渡 誠一, 呉 建, 沼田 政嗣, 玉井 努, 森内 昭博, 桶谷 眞, 井戸 章雄, 坪内 博仁   NASH基礎 非アルコール性脂肪肝炎モデル(STAM)マウスの特徴と肝遺伝子発現  

    肝臓  2012.4  (一社)日本肝臓学会

  • 有馬 志穂, 宇都 浩文, 指宿 りえ, 隈元 亮, 熊谷 公太郎, 呉 建, 馬渡 誠一, 嵜山 敏男, 桶谷 眞, 井戸 章雄, 坪内 博仁   NASH/NAFLDと全身疾患 発症・経過・治療・予後に及ぼす影響 高血圧はコリン欠乏アミノ酸置換食による肝線維化を促進する  

    肝臓  2012.4  (一社)日本肝臓学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中村 義孝, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄   Interventional EUSの偶発症とその対策  

    Gastroenterological Endoscopy  2014.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 指宿 和成, 嵜山 敏男, 上村 修司, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁   Human neutrophil peptideは腸管上皮細胞IL-8、ICAM-1の発現を亢進させる  

    日本消化器病学会雑誌  2010.9  (一財)日本消化器病学会

  • 瀬戸山 仁, 嵜山 敏男, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 指宿 和成, 岩下 祐司, 隈元 亮, 橋元 慎一, 山路 尚久, 船川 慶太, 藤田 浩, 坪内 博仁   Henoch-Schoenlein紫斑病小腸病変におけるカプセル内視鏡の有用性  

    Gastroenterological Endoscopy  2011.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 重田 早紀子, 藤野 悠介, 児島 一成, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 軸屋 賢一, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   EUS-FNA施行1週間後に後出血を認めた膵尾部癌の1例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020.12  日本消化器病学会-九州支部

  • 笠井 亜衣, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 濱元 ひとみ, 井上 和彦, 牧野 智礼, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 上村 修司, 畠中 真吾, 東 美智代, 井戸 章雄   EUS-FNAで診断に至った膵悪性リンパ腫の3例  

    日本消化器病学会雑誌  2016.3  (一財)日本消化器病学会

  • 濱元 ひとみ, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中澤 潤一, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 沼田 政嗣, 蔵原 弘, 又木 雅弘, 前村 公成, 井戸 章雄   EUS-FNAで診断し得た神経鞘腫の3例  

    日本消化器病学会雑誌  2015.3  (一財)日本消化器病学会

  • 鉾之原 基, 橋元 慎一, 矢野 弘樹, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田口 宏樹, 上村 修司, 井戸 章雄   EUS-FNAで診断した転移性膵腫瘍の検討  

    超音波医学  2016.1  (公社)日本超音波医学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 東 美智代, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄   EUS-FNAで得られた膵腫瘤性病変の検体におけるliquid-based cytology法の有用性  

    Gastroenterological Endoscopy  2016.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄   EUS-FNAが診断に有用であったSolid-pseudopapillary neoplasmの二例  

    超音波医学  2016.1  (公社)日本超音波医学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 竹田 志郎, 竹下 正彦   DSS誘発腸炎マウスモデルにおけるLactobacillus plantarum 06CC2の腸炎予防効果の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2015.9  (一財)日本消化器病学会

  • 米良 久美子, 宇都 浩文, 椨 一晃, 馬渡 誠一, 有馬 志穂, 玉井 努, 森内 昭博, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁   C型慢性肝炎患者における血清AIM濃度の検討  

    日本内科学会雑誌  2012.2  (一社)日本内科学会

  • 宮田 尚幸, 樋之口 真, 上原 翔平, 川平 真知子, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄   Bouveret症候群に対して内視鏡的治療の奏功した1例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   当科におけるMM/SM1食道扁平上皮癌に対する内視鏡治療後の成績  

    Gastroenterological Endoscopy  2017.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 有馬 志穂, 橋元 慎一, 川崎 洋太, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 新地 洋之, 井戸 章雄, 夏越 祥次   鹿児島県内外における切除不能膵癌に対するGEM+nab-paclitaxel療法の実態調査  

    膵臓  2018.5  (一社)日本膵臓学会

  • 上原 翔平, 佐々木 文郷, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 那須 雄一郎, 重田 浩一朗, 福田 芳生, 中村 義孝, 前田 英仁, 井戸 章雄   鹿児島県におけるバレット食道腺癌の10年間の推移を含めた臨床的特徴の検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2020.10  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 古賀 風太, 大塚 大河, 下川 元継, 上田 裕二郎, 中澤 潤一, 大津 智, 有馬 志穂, 深堀 理, 牧山 明資, 田口 宏樹, 本田 琢也, 澁木 太郎, 白川 剛, 三ツ木 健二, 二尾 健太, 井手 康史, 嬉野 紀夫   高齢者進行膵癌患者でのGemcitabine+nab-paclitaxel療法の治療成績 NAPOLEON研究の結果から  

    日本消化器病学会雑誌  2019.11  (一財)日本消化器病学会

  • 北村 浩, 長島 文夫, 有馬 志穂, 成毛 大輔, 春日 章良, 高須 充子, 古瀬 純司   高齢者がん薬物療法における高齢者機能評価の臨床開発  

    日本消化器病学会雑誌  2013.2  (一財)日本消化器病学会

  • 小薗 雅哉, 宇都 浩文, 指宿 りえ, 有馬 志穂, 大重 彰彦, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 上村 修司, 玉井 努, 森内 昭博, 坪内 博仁, 井戸 章雄   高血圧治療は脂肪肝炎を合併した高血圧モデルラットのインスリン抵抗性と血清IL-6濃度上昇を改善する  

    肝臓  2015.9  (一社)日本肝臓学会

  • Sasaki Fumisato, Oda Kohei, Arima Shiho, Nasu Yuichiro, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Kanmura Shuji, Ido Akio   食道と下咽頭扁平上皮細胞癌患者に対する呼気中の微量のacetaldehyde/ethanol濃度測定(Aldehyde Breath Test)の有用性(Usefulness of Trace Acetaldehyde/Ethanol Measurements in breath (Aldehyde Breath Test) for patients with esophageal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma)  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019.6  (NPO)日本食道学会

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄   非切除肝門部悪性胆道狭窄の両葉ドレナージにおける細径デリバリーシステムの有用性  

    日本消化器病学会雑誌  2019.11  (一財)日本消化器病学会

  • 有馬 志穂, 嵜山 敏男, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 小山 恒男, 坪内 博仁   静脈瘤を合併した食道表在癌に対するESD  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2010.8  (NPO)日本食道学会

  • 上村 修司, 沼田 政嗣, 田中 啓仁, 小園 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 佐々木 文郷, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁   難治性腸管ベーチェット病に対する抗TNFα抗体製剤投与例の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2013.9  (一財)日本消化器病学会

  • 田平 悠二, 小牧 祐雅, 古賀 甲菜, 湯通堂 和樹, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 揖宿 敦子, 金蔵 拓郎, 井戸 章雄   長期ステロイド投与患者に合併した腸管気腫症にメトロニダゾールが著効した1例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 有馬 志穂, 大塚 大河, 下川 元継, 古賀 風太, 上田 裕二郎, 中澤 潤一, 大津 智, 深堀 理, 牧山 明資, 嬉野 紀夫   進行膵癌の治療 局所進行切除不能膵癌に対するGEM+nab-PTX療法およびFOLFIRINOX療法の比較 NAPOLEON研究の結果より  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.5  日本消化器病学会-九州支部

  • 有馬 志穂, 清水 京子, 岡本 友好, 土岐 真朗, 成毛 大輔, 春日 章良, 北村 浩, 高須 充子, 長島 文夫, 杉山 政則, 古瀬 純司   進行胆道癌に対する塩酸ゲムシタビンとTS-1併用化学療法(GS療法)の第II相臨床試験  

    日本消化器病学会雑誌  2013.2  (一財)日本消化器病学会

  • 中澤 潤一, 川平 正博, 児玉 朋子, 川平 真知子, 有馬 志穂, 堀 剛, 坪内 博仁, 井戸 章雄   超高齢社会における症状緩和の医療 高齢消化器がん患者の化学療法における高齢者機能評価及びスクリーニングツールの有用性について  

    Palliative Care Research  2020.8  (NPO)日本緩和医療学会

  • 中野 緩奈, 有馬 志穂, 羽田 明生, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 中澤 潤一, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄   超音波内視鏡下穿刺生検法(EUS-FNA)で診断した卵巣癌腹膜転移の1例  

    日本大腸肛門病学会雑誌  2014.7  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 上木原 雄介, 佐久間 真友子, 柊元 洋紀, 福田 芳生, 大石 一郎, 児島 豊史, 堀之内 博人, 宮原 広典, 徳重 浩一, 谷口 謙一郎, 中村 勇一, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   診断に難渋した糞線虫による腸閉塞の一例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 川平 真知子, 有馬 志穂, 恒吉 研吾, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 岩下 祐司, 橋元 慎一, 蔵原 弘, 又木 雅弘, 前村 公成, 井戸 章雄   術後早期再発を来した若年膵管内乳頭粘液性腺癌の一例  

    膵臓  2019.6  (一社)日本膵臓学会

  • 大塚 薫行, 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄   術後再建腸管の総胆管結石性胆管炎、胆石性膵炎に対しEUS下順行性治療が有用であった一例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 新名 一郎, 長沼 志興, 千々岩 一男, 内山 周一郎, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 牧野 智礼, 岩屋 博道, 中西 千尋, 井上 龍二, 黒木 和男, 赤池 義昭   虫垂憩室炎の1例  

    日本消化器病学会雑誌  2009.9  (一財)日本消化器病学会

  • 田ノ上 史郎, 樋之口 真, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 田口 弘樹, 橋元 慎一, 井戸 章雄   自己免疫性膵炎の長期予後 当科におけるIgG4関連疾患・自己免疫性膵炎ステロイド治療未施行症例の経過の特徴  

    膵臓  2020.7  (一社)日本膵臓学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 又木 雄弘, 前村 公成, 井戸 章雄   膵術後のPancreatic fluid collectionに対する超音波内視鏡ガイド下ドレナージの成績  

    Gastroenterological Endoscopy  2015.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 有馬 志穂, 中村 義孝, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 槐島 健太郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 井戸 章雄   膵癌の腹膜播種とEUS-FNAは関連するか?膵手術施行例と播種の有無に関する後方視的検討  

    日本消化器病学会雑誌  2018.10  (一財)日本消化器病学会

  • 岩屋 博道, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 藤田 俊浩, 川平 真知子, 恒吉 研吾, 岩下 祐司, 樋之口 真, 中村 義孝, 田口 宏樹, 井戸 章雄   膵疾患に対する新たな診断法への取り組み 膵神経内分泌腫瘍の画像診断におけるSRSの有用性についての検討  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 夏越 祥次, 井戸 章雄   腹腔内高度癒着症例に対して大腸LECS(Laparoscopy and Endoscopy Cooperative Surgery)を行った2例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 川畑 活人, 上村 修司, 藤田 俊浩, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 森内 昭博, 井戸 章雄   腸管恒常性維持機構に対するフルクトース過剰摂取の影響  

    日本消化器病学会雑誌  2016.9  (一財)日本消化器病学会

  • 中島 麻里, 小牧 祐雅, 山科 絵莉子, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 千堂 一樹, 小野 陽平, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   腸石イレウスに対しイレウス管を介したコーラ溶解療法が著効した一例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 柿原 敦子, 川平 真知子, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 大井 城一郎, 井戸 章雄   脈絡膜転移を契機に診断したBarrett食道腺癌の臨床経過  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020.12  日本消化器病学会-九州支部

  • 有馬 志穂, 宇都 浩文, 隈元 亮, 熊谷 公太郎, 呉 建, 馬渡 誠一, 玉井 努, 森内 昭博, 嵜山 敏男, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁   脂肪肝における高血圧の病態への関与  

    肝臓  2011.4  (一社)日本肝臓学会

  • 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 岩下 祐司, 上木原 雄介, 恒吉 研吾, 中村 義孝, 藤田 俊浩, 樋之口 真, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 井戸 章雄   胆道癌を原因とした肝門部胆管狭窄に対する内視鏡的ラジオ波焼灼術と両葉金属ステント併用治療の探索研究  

    胆道  2020.8  日本胆道学会

  • 岩屋 博道, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 藤田 俊浩, 川平 真知子, 恒吉 研吾, 岩下 祐司, 樋之口 真, 田口 宏樹, 井戸 章雄   胆膵内視鏡・腹腔鏡低侵襲治療および合併症 胆膵内視鏡を用いた術後再建腸管の胆管結石に対する治療成績の検討  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.5  日本消化器病学会-九州支部

  • 樋之口 真, 橋元 慎一, 岩屋 博道, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄   胆管内粘液産生による胆道閉塞に対してEUS下胆道ドレナージ(EUS-BD)が効果的であった粘液産生胆管癌の2例  

    胆道  2016.8  日本胆道学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 井上 和彦, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   胃ESD症例における同時性・異時性多発胃腫瘍(腺腫・癌)の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2017.3  (一財)日本消化器病学会

  • 藤野 悠介, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   胃ESD後出血の加療に難渋し、血小板機能異常が疑われた一例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.5  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 井戸 章雄   肝門部悪性胆道狭窄に対する金属ステントの両葉留置成功に関する検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2016.10  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 森内 昭博, 坪内 博仁, 井戸 章雄   肝細胞増殖因子は、ラット食道粘膜傷害モデルにおいて食道粘膜修復を促進し、狭窄を抑制する  

    日本消化器病学会雑誌  2018.3  (一財)日本消化器病学会

  • 山内 拓真, 樺山 雅之, 前田 英仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 才原 哲史, 井戸 章雄   経時的変化が追えた胃底腺型胃癌の1例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 桑水流 康介, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄   粘膜治癒を目指した炎症性腸疾患治療の新たな展開と今後の課題 当科における小児期発症潰瘍性大腸炎の現状  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020.12  日本消化器病学会-九州支部

  • 古賀 甲菜, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 樺山 雅之, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 又木 雄弘, 夏越 祥次, 井戸 章雄   策状物の関与が疑われた狭窄型虚血性小腸炎の一例  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.5  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 沼田 政嗣, 井戸 章雄   直腸肛門部の隆起性腫瘍に対するEUS専用機の有用性およびESDの工夫  

    Gastroenterological Endoscopy  2015.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 濱元 ひとみ, 上村 修司, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 井戸 章雄   潰瘍性大腸炎の内視鏡的活動性評価における内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)の有用性  

    Gastroenterological Endoscopy  2017.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 上村 修司, 濱元 ひとみ, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 森内 昭博, 井戸 章雄   潰瘍性大腸炎における便中ヒト好中球ペプチド濃度の臨床的意義  

    日本消化器病学会雑誌  2016.3  (一財)日本消化器病学会

  • 川平 真知子, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 川平 正博, 恒吉 研吾, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   消化器癌に対する集学的治療 切除不能膵癌に対する化学療法の検討  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 中澤 潤一, 川平 正博, 川平 真知子, 有馬 志穂, 小吉 尚裕, 上原 翔平, 谷山 央樹, 樋ノ口 真, 岩下 祐司, 玉井 努, 船川 慶太, 堀 剛, 柳 政行, 中村 登, 軸屋 賢一, 田之上 史郎, 濱田 信男, 坪内 博仁, 井戸 章雄   消化器癌に対する集学的治療 G-SOX療法後に根治手術を企図した進行胃癌の検討  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 田口 宏樹, 大塚 大河, 下川 元継, 古賀 風太, 上田 裕二郎, 中澤 潤一, 小森 梓, 有馬 志穂, 深堀 理, 白川 剛   消化器悪性腫瘍に対する薬物療法の進歩 膵癌術後補助化学療法後の再発症例に対するGEM+nab-PTX療法およびFOLFIRINOX療法の比較検討 NAPOLEON研究の結果より  

    日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019.11  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤島 弘光, 藤田 俊浩, 野妻 愛, 有馬 志穂, 坪内 直子   治癒切除不能な進行・再発大腸癌に対するIFL+bevacizumab療法のfeasibility study  

    日本癌治療学会誌  2008.10  (一社)日本癌治療学会

  • 軸屋 賢一, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 矢野 弘樹, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   放射線化学療法後の食道表在癌再発病変に対するsalvage ESDの安全性・有用性の検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2020.10  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 藤野 悠介, 井上 和彦, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 岩屋 博道, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄   悪性胆道・十二指腸狭窄に対するEUSガイド下胆道ドレナージと十二指腸ステンティング併用治療の成績  

    Gastroenterological Endoscopy  2016.10  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 三池 忠, 児玉 眞由美, 有馬 志穂, 石井 隆雄, 沼田 政嗣, 田原 良博, 宇都 浩文, 林 克裕   急性膵炎を合併した成人発症Henoch-Schoenlein紫斑病の1例  

    日本消化器病学会雑誌  2006.9  (一財)日本消化器病学会

  • 中澤 潤一, 川平 真知子, 桑水流 康介, 大重 彰彦, 岩下 祐司, 船川 慶太, 堀 剛, 濱田 信男, 坪内 博仁, 有馬 志穂, 井戸 章雄   当院における高齢胃癌患者に対する非外科的治療についての検討  

    日本消化器病学会雑誌  2017.9  (一財)日本消化器病学会

  • 田口 宏樹, 船川 慶太, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 坪内 直子, 瀬戸山 仁, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁   当院における内視鏡的乳頭切除術の臨床的検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2013.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 樋之口 真, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 濱本 ひとみ, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄   当院における乳幼児の消化管内視鏡検査・治療の現状  

    Gastroenterological Endoscopy  2016.10  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 有馬 志穂, 中澤 潤一, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田口 宏樹, 上村 修司, 井戸 章雄   当院での切除不能膵癌に対するmodified FOLFIRINOX療法の現状  

    日本消化器病学会雑誌  2016.3  (一財)日本消化器病学会

  • 田中 啓仁, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄   当科の大腸ESD断念例の検討とその対策  

    日本消化器病学会雑誌  2014.3  (一財)日本消化器病学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 濱元 ひとみ, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 中澤 潤一, 船川 慶太, 井戸 章雄   当科のMM以深食道表在癌に対する治療の妥当性の検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2016.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩下 祐司, 嵜山 敏男, 大井 秀久, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁   当科における高齢発症潰瘍性大腸炎の臨床的特徴についての検討  

    日本消化器病学会雑誌  2010.3  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 船川 慶太, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄   当科における超高齢者胃腫瘍に対するESDの安全性と有用性  

    Gastroenterological Endoscopy  2014.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 哲仁, 藤田 俊浩, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄   当科における胃ESDの後出血に関する危険因子の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2019.11  (一財)日本消化器病学会

  • 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄   当科における消化器内視鏡時の抗血栓療法患者の取り扱いの現状  

    Gastroenterological Endoscopy  2014.9  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩屋 博道, 船川 慶太, 田中 啓仁, 小薗 雅哉, 有馬 志穂, 坪内 直子, 田口 宏樹, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁   当科における咽喉頭表在癌に対する内視鏡的深達度診断の検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2013.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 高須 充子, 春日 章良, 北村 浩, 成毛 大輔, 有馬 志穂, 長島 文夫, 古瀬 純司   当科における原発不明腺癌症例の検討  

    日本消化器病学会雑誌  2013.2  (一財)日本消化器病学会

  • 山路 尚久, 山元 隆文, 船川 慶太, 岩下 祐司, 指宿 和成, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 嵜山 敏男, 坪内 博仁   当科における内視鏡的乳頭切除術の臨床的検討  

    Gastroenterological Endoscopy  2010.4  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄   当科における下咽頭・頸部食道表在癌に対するESDの現状  

    日本消化器病学会雑誌  2016.9  (一財)日本消化器病学会

  • 田口 宏樹, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄   当科におけるダブルバルーン内視鏡下でのEPLBDの検討  

    日本消化器病学会雑誌  2016.3  (一財)日本消化器病学会

▼display all