2022/10/12 更新

写真a

ニシモト ダイサク
西本 大策
NISHIMOTO Daisaku
所属
医歯学域医学系 医学部 保健学科 助教
職名
助教

学位

  • 修士(医科学) ( 2020年3月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医学部 保健学科 基幹看護学講座 成人看護領域   助教

    2015年4月 - 現在

 

論文

  • Daisaku Nishimoto, Mine Imajo, Shimpei Kodama, Ippei Shimoshikiryo, Rie Ibusuki, Yasuhito Nerome, Toshiro Takezaki, Ikuko Nishio .  The effects of resilience and related factors on burnout in clinical nurses, Kagoshima, Japan .  Yonago Acta Medica65 ( 2 ) 148 - 159   2022年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.33160/yam.2022.05.007

  • Yasuyuki Nakamura, Takashi Tamura, Akira Narita, Atsushi Shimizu, Yoichi Sutoh, Naoyuki Takashima, Kenji Matsui, Naoko Miyagawa, Aya Kadota, Katsuyuki Miura, Jun Otonari, Hiroaki Ikezaki, Asahi Hishida, Mako Nagayoshi, Rieko Okada, Yoko Kubo, Keitaro Tanaka, Chisato Shimanoe, Rie Ibusuki, Daisaku Nishimoto, Isao Oze, Hidemi Ito, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Haruo Mikami, Miho Kusakabe, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Kiyonori Kuriki, Masahiro Nakatochi, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai & J-MICC Research Group Consortium .  A genome-wide association study on adherence to low-carbohydrate diets in Japanese .  European Journal of Clinical Nutrition   2022年2月

     詳細を見る

  • Kayoko Koga, Megumi Hara, Chisato Shimanoe, Yuichiro Nishida, Takuma Furukawa, Chiharu Iwasaka, Keitaro Tanaka, Jun Otonari, Hiroaki Ikezaki, Yoko Kubo, Yasufumi Kato, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Keitaro Matsuo, Hidemi Ito, Yohko Nakamura, Miho Kusakabe, Daisaku Nishimoto, Keiichi Shibuya, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura Kamano, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai .  Association of perceived stress and coping strategies with renal function in middle-aged and older Japanese men and women .  Sci Rep12   1 - 10   2022年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-04324-2

  • Hyuma Makizako, Ryoji Kiyama, Daisaku Nishimoto, Ikuko Nishio, Tomomi Masumitsu, Yuriko Ikeda, Misako Hisamatsu, Sachiko Shimizu, Masami Mizuno, Mikiyo Wakamatsu, Naomi Inoue, Takayuki Tabira, Tadasu Ohshige, Ayako Yamashita, Satoshi Nagano, Ku-Ohl Project Team .  Association between Regular Exercise and Self-Rated Health and Sleep Quality among Adults in Japan during the COVID-19 Pandemic .  Int J Environ Res Public Health 18 ( 19 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph181910515

  • Mako Nagayoshi, Kenji Takeuchi, Yudai Tamada, Kato Yasufumi, Yoko Kubo, Rieko Okada, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Jun Otonari, Hiroaki Ikezaki, Yuichiro Nishida, Chisato Shimanoe, Yuriko N Koyanagi, Keitaro Matsuo, Mikami Haruo, Kusakabe Miho, Daisaku Nishimoto, Keiichi Shibuya, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Etsuko Ozaki, Isao Watanabe, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Kenji Wakai .  Sex-specific Relationship between Stress Coping Strategies and All-Cause Mortality: Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study .  J Epidemiol   2021年9月査読

     詳細を見る

  • Yora Nindita, Masahiro Nakatochi, Rie Ibusuki, Ippei Shimoshikiryo, Daisaku Nishimoto, Keiichi Shimatani, Toshiro Takezaki, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Megumi Hara, Yuichiro Nishida, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Mako Nagayoshi, Rieko Okada, Keitaro Matsuo, Hidemi Ito, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Takahiro Otani, Sadao Suzuki, Teruhide Koyama, Etsuko Ozaki, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Naoko Miyagawa, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamao, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai .  Population-Based Impact of Smoking, Drinking, and Genetic Factors on HDL-Cholesterol Levels in J-MICC Study Participants .  J Epidemiol   2021年8月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2188/jea.JE20210142

  • Iwase Madoka, Matsuo Keitaro, Nakatochi Masahiro, Oze Isao, Ito Hidemi, Koyanagi Yuriko, Ugai Tomotaka, Kasugai Yumiko, Hishida Asahi, Takeuchi Kenji, Okada Rieko, Kubo Yoko, Shimanoe Chisato, Tanaka Keitaro, Ikezaki Hiroaki, Murata Masayuki, Takezaki Toshiro, Nishimoto Daisaku, Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Suzuki Sadao, Watanabe Miki, Mikami Haruo, Nakamura Yohko, Uemura Hirokazu, Katsuura-Kamano Sakurako, Kuriki Kiyonori, Kita Yoshikuni, Takashima Naoyuki, Nagino Masato, Momozawa Yukihide, Kubo Michiaki, Wakai Kenji .  Differential Effect of Polymorphisms on Body Mass Index Across the Life Course of Japanese: The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study(和訳中) .  Journal of Epidemiology31 ( 3-4 ) 172 - 179   2021年4月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本疫学会  

  • Taro Suzuki, Yasuyuki Nakamura, Yukio Doi, Akira Narita, Atsushi Shimizu, Nahomi Imaeda, Chiho Goto, Kenji Matsui, Aya Kadota, Katsuyuki Miura, Masahiro Nakatochi, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Keitaro Matsuo, Isao Oze, Nagato Kuriyama, Etsuko Ozaki, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Miki Watanabe, Sadao Suzuki, Sakurako Katsuura-Kamano, Kokichi Arisawa, Kiyonori Kuriki, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Takeuchi, Yoshikuni Kita, Kenji Wakai, J-MICC Research Group .  A Genome-wide Association Study on Confection Consumption in a Japanese Population-the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort study .  British Journal of Nutrition   1 - 9   2021年2月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Nutrition  

    DOI: 10.1017/S0007114521000684

    Scopus

    PubMed

  • Hishida Asahi, Nakatochi Masahiro, Tamura Takashi, Nagayoshi Mako, Okada Rieko, Kubo Yoko, Tsukamoto Mineko, Kadomatsu Yuka, Suzuki Sadao, Nishiyama Takeshi, Kuriyama Nagato, Watanabe Isao, Takezaki Toshiro, Nishimoto Daisaku, Kuriki Kiyonori, Arisawa Kokichi, Katsuura-Kamano Sakurako, Mikami Haruo, Kusakabe Miho, Oze Isao, Koyanagi Yuriko N., Nakamura Yasuyuki, Kadota Aya, Shimanoe Chisato, Tanaka Keitaro, Ikezaki Hiroaki, Murata Masayuki, Kubo Michiaki, Momozawa Yukihide, Takeuchi Kenji, Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort(J-MICC)Study Group .  Genome-wide association study of serum prostate-specific antigen levels based on 1000 Genomes imputed data in Japanese: the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study(和訳中) .  Nagoya Journal of Medical Science83 ( 1 ) 183 - 194   2021年2月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学医学部  

  • Harumitsu Suzuki, Yasuyuki Nakamura, Keitaro Matsuo, Nahomi Imaeda, Chiho Goto, Akira Narita, Atsushi Shimizu, Naoyuki Takashima, Kenji Matsui, Katsuyuki Miura, Masahiro Nakatochi, Asahi Hishida, Takashi Tamura, Yuka Kadomatsu, Rieko Okada, Yuichiro Nishida, Chisato Shimanoe, Daisaku Nishimoto, Toshiro Takezaki, Isao Oze, Hidemi Ito, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Daisuke Matsui, Etsuko Ozaki, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Kiyonori Kuriki, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Yoshikuni Kita, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai .  A genome-wide association study in Japanese identified one variant associated with a preference for a Japanese dietary pattern .  European Journal of Clinical Nutrition   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimoshikiryo I. .  Association between alcohol intake pattern and metabolic syndrome components and simulated change by alcohol intake reduction: A cross-sectional study from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study .  Alcohol89   129 - 138   2020年12月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Alcohol  

    DOI: 10.1016/j.alcohol.2020.09.002

    Scopus

    PubMed

  • Ikuko Nishio, Daisaku Nishimoto, Masami Chujo .  The Study of Experiences during Pregnancy in a Woman with Type 1 Diabetes .  Open Journal of Nursing10 ( 11 ) 1095 - 1108   2020年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ippei Shimoshikiryo,Rie Ibusuki,Keiichi Shimatani,Daisaku Nishimoto,ToshiroTakezaki,Yuichiro Nishida,Chisato Shimanoe,Asahi Hishida,Takashi Tamura,Rieko Okada,Yoko Kubo,Etsuko Ozaki,Daisuke Matsui,Sadao Suzuki,Hiroko Nakagawa-Senda,Kiyonori Kuriki,Yoshikuni Kita,Naoyuki Takashima,Kokichi Arisawa,Hirokazu Uemura,Hiroaki Ikezaki,Norihiro Furusyo,Isao Oze,Yuriko N.Koyanagi,Haruo Mikami,Yohko Nakamura,Mariko Naito,Kenji Wakai, for the J-MICC Study Group .  Association between alcohol intake pattern and metabolic syndrome components andsimulated change by alcohol intake reduction: A cross-sectional study from the JapanMulti-Institutional Collaborative Cohort Study .  Alcohol   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Madoka Iwase, Keitaro Matsuo, Masahiro Nakatochi, Isao Oze, Hidemi Ito, Yuriko Koyanagi, Tomotaka Ugai, Yumiko Kasugai, Asahi Hishida, Kenji Takeuchi, Rieko Okada, Yoko Kubo, Chisato Shimanoe, Keitaro Tanaka, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Nagato Kuriyama, Etsuko Ozaki, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Hirokazu Uemura, Sakurako Katsuura-Kamano, Kiyonori Kuriki, Yoshikuni Kita, Takashima Naoyuki, Masato Nagino, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Wakai .  Differential Effect of Polymorphisms on Body Mass Index Across the Life Course of Japanese: The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study .  Journal of Epidemiology   2020年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Hirokazu Uemura, Nguyen Van Tien, Asahi Hishida, Takashi Tamura, Yoko Kubo, Mineko Tsukamoto, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Teruhide Koyama, Etsuko Ozaki, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Kiyonori Kuriki, Aya Kadota, Naoyuki Takashima, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Isao Oze, Keitaro Matsuo, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai .  Association of dietary acid load with the prevalence of metabolic syndrome among participants in the baseline survey of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study .  Nutrients12 ( 6 ) 1605   2020年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arisawa K. .  Association of dietary acid load with the prevalence of metabolic syndrome among participants in baseline survey of the japan multi-institutional collaborative cohort study .  Nutrients12 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nutrients  

    DOI: 10.3390/nu12061605

    Scopus

    PubMed

  • 西本大策,八代利香 .  2019年度 大学の世界展開力強化事業学生派遣報告―中央大学校赤十字看護大学(韓国)との交流を通して― .  鹿児島大学医学部保健学科紀要30 ( 1 ) 23 - 30   2020年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 西本大策 .  脂肪摂取制限に対する自己意識と実際の脂肪摂取量及び血清脂質値との関連に関する研究 .      2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Okada R. .  Combined effect of weight gain within normal weight range and parental hypertension on the prevalence of hypertension; from the J-MICC Study .  Journal of Human Hypertension34 ( 2 ) 125 - 131   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Hypertension  

    DOI: 10.1038/s41371-019-0230-y

    Scopus

    PubMed

  • Asahi Hishida, Masahiro Nakatochi, Takashi Tamura, Mako Nagayoshi, Rieko Okada, Yoko Kubo, Mineko Tsukamoto, Yuka Kadomatsu, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Nagato Kuriyama, Isao Watanabe, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Kiyonori Kuriki, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Haruo Mikami, Miho Kusakabe, Isao Oze, Yuriko N. Koyanagi, Yasuyuki Nakamura, Aya Kadota, Chisato Shimanoe, Keitaro Tanaka, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Michiaki Kubo, Yukihide Momozawa, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai .  Genome-wide association study of serum PSA levels based on 1000 Genomes-imputed data in Japanese: the J-MICC Study .  Nagoya Journal of Medical Science83 ( 1 )   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Suzuki H. .  A genome-wide association study in Japanese identified one variant associated with a preference for a Japanese dietary pattern .  European Journal of Clinical Nutrition   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Clinical Nutrition  

    DOI: 10.1038/s41430-020-00823-z

    Scopus

    PubMed

  • Uemura H. .  Independent relationships of daily life activity and leisure-time exercise with metabolic syndrome and its traits in the general Japanese population .  Endocrine64 ( 3 ) 552 - 563   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Endocrine  

    DOI: 10.1007/s12020-019-01926-9

    Scopus

    PubMed

  • Rieko Okada, Yuka Kadomatsu, Mineko Tsukamoto, Tae Sasakabe, Sayo Kawai, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Hiroaki Ikezaki, Norihiro Furusyo, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Daisuke Matsui, Isao Watanabe, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Yasuyuki Nakamura, Sakurako Kamano, Kokichi Arisawa, Haruo Mikami, Yoko Nakamura, Isao Oze, Yuriko Koyanagi, Mariko Naito, and Kenji Wakai .  Combined effect of weight gain within normal weight range and parental hypertension on the prevalence of hypertension; from the J-MICC Study .  Journal of Human Hypertension   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirokazu Uemura,Sakurako Katsuura-Kamano, Yuki Iwasaki, Kokichi Arisawa, Asahi Hishida, Rieko Okada, Takashi Tamura, Yoko Kubo, Hidemi Ito, Isao Oze, Chisato Shimanoe, Yuichiro Nishida, Yasuyuki Nakamura, Naoyuki Takashima, Sadao Suzuki, Hiroko Nakagawa-Senda, Daisaku Nishimoto, Toshiro Takezaki, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Norihiro Furusyo, Hiroaki Ikezaki, Etsuko Ozaki, Teruhide Koyama, Kiyonori Kuriki, Kaori Endoh, Mariko Naito, Kenji Wakai, for the Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group .  Independent relationships of daily life activity and leisure-time .  Endocrine64 ( 3 ) 552 - 563   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西本大策,李慧瑛,兒玉慎平 .  看護師のバーンアウトに影響を及ぼす二次元レジリエンス要因の分析 .  日本職業・災害医学会会誌67 ( 1 ) 38 - 43   2019年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西本 大策, 李 慧瑛, 兒玉 慎平 .  看護師のバーンアウトに影響を及ぼす二次元レジリエンス要因の分析 .  日本職業・災害医学会会誌67 ( 1 ) 38 - 43   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本職業・災害医学会  

    【目的】経験年数10年以下の看護師のバーンアウトに影響を及ぼす二次元レジリエンス要因を分析し、その影響を明らかにすることとした。【方法】A県内の総合病院のうち研究協力が得られた2施設で勤務する経験年数10年以下の看護師329名を対象とした。自記式質問紙による調査を行い、Pinesのバーンアウトスケール日本語版と資質的レジリエンス要因と獲得的レジリエンス要因で構成される平野の二次元レジリエンス要因尺度を使用した。対象者を経験年数3年以下と4年以上10年以下に区分し、従属変数をバーンアウト、独立変数をレジリエンス要因とその他の影響要因とする二項ロジスティック回帰分析を行った。【結果】経験年数3年以下の看護師は資質的レジリエンス要因の統御力(OR=0.66、p=0.001)の得点が上がる毎にバーンアウトに陥るリスクが有意に低下していた。一方、経験年数4年以上10年以下の看護師は、獲得的レジリエンス要因の他者心理の理解(OR=0.75、p=0.017)の得点が上がる毎にバーンアウトに陥るリスクが有意に低下していた。また、日勤での実労働時間が長くないことが経験年数3年以下(OR=1.41、p=0.033)と経験年数4年以上10年以下(OR=1.41、p=0.012)の看護師のバーンアウトを予防していた。【結論】経験年数3年以下の看護師は資質的レジリエンス要因の統御力、経験年数4年以上10年以下の看護師は獲得的レジリエンス要因の他者心理の理解を身につけているほどバーンアウトに陥るリスクが低下していた。経験年数3年以下の看護師では、看護ケアに関する不安を減じるための機会を確保すること、経験年数4年以上10年以下の看護師では、看護の体験を語る場を設けることがバーンアウトに陥るリスクを低下させる介入として示唆された。(著者抄録)

  • 下髙原理恵,西本大策,上野栄一 他 .  日本の公衆衛生研究の歴史的外観 .  鹿児島大学医学部保健学科紀要 第28巻(1)   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Kazuharu Mine,Daisaku Nishimoto,Shigemitsu Ogata .  Source artery of the dorso-cranial part of subcutaneous structures in the rat trunk .  鹿児島大学医学部保健学科紀要 第28巻(1)   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Mine Kazuharu, Shimotakahara Rie, Lee Hyeyong, Nishimoto Daisaku, Ogata Shigemitsu .  ラット体幹皮下構造の背側頭側への供給動脈(Source artery of the dorso-cranial part of subcutaneous structures in the rat trunk) .  鹿児島大学医学部保健学科紀要28 ( 1 ) 77 - 81   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

    哺乳動物の皮膚実験で誤った処置を回避するため、ラット体幹皮下構造の背側頭側への供給動脈を確認した。ラット皮下層への供給動脈は光学顕微鏡下で観察したところ、外側胸動脈(LT)は腋窩動脈から生じ、腹側枝、中間枝および背枝に分枝し、背側枝は背側頭側に供給されていることが確認された。また、胸背動脈(TD)は肩甲下動脈から生じ、背筋枝と浅枝に分枝し、背側頭側皮幹筋の小領域に供給されることが示された。本検討より、ラット体幹背側頭側領域への主な供給動脈はLT背枝であり、TD浅枝が小領域に供給することが明らかにされ、これら供給動脈に関する解剖学的所見により、創傷治癒や皮弁設計を目的とした動物皮膚実験の改善が期待された。

  • 下高原 理恵, 李 慧瑛, 峰 和治, 西本 大策, 緒方 重光, 上野 栄一 .  日本の公衆衛生研究の歴史的概観 .  鹿児島大学医学部保健学科紀要28 ( 1 ) 9 - 19   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

  • 下髙原理恵,李慧瑛,西本大策,峰和治,緒方重光 .  健康増進に関する調査研究の歴史的変遷:ヘルスプロモーションの可視化 .  鹿児島大学医学部保健学科紀要27(1)   2017年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 下髙原理恵、緒方重光、西本大策、李慧瑛 .  大和証券ヘルス財団の全研究業績集の計量テキスト分析-38年間の成果報告書の可視化- .  大和証券ヘルス財団の助成による…研究業績集 第40集   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 下高原 理恵, 李 慧瑛, 西本 大策, 峰 和治, 緒方 重光 .  健康増進に関する調査研究の歴史的変遷 ヘルスプロモーションの可視化 .  鹿児島大学医学部保健学科紀要27 ( 1 ) 7 - 17   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

  • 下高原 理恵, 緒方 重光, 西本 大策, 李 慧瑛 .  大和証券ヘルス財団の全研究業績集の計量テキスト分析 38年間の成果報告書の可視化 .  大和証券ヘルス財団研究業績集 ( 40 ) 131 - 136   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)大和証券ヘルス財団  

    38年間にヘルスケアにかかわる専門家がどのようなテーマに関心を持ち、研究を行ってきたか調査した。38年間の全成果報告書のテキストデータは、文章数161480、総抽出語数3172487語、分析対象語数1275652語であり、異なり語数118583語、分析対象異なり語数91185語であった。頻出語の1位は「細胞」、2位は「血」、3位は「癌」であった。38年間の各年度に特徴的な言葉を探るためにクラスター分析を行った。その結果、各期の抽出語の全体的布置において、年代ごとに語の使われ方がいかに異なっていたのか、どの年代とどの年代の内容が似通っていたのかといったことが俯瞰できた。内容は、概ね中高年・高齢者向けの医学・医療、保健および福祉・介護などに関する調査研究であった。

  • Rie Shimotakahara,Hyeyong Lee,Daisaku Nishimoto,Shigemitsu Ogata .  Morphological study of the hypoglossal and lingual nerve. .  National Journal of Clinical Anatomy [NJCA]   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 李 慧瑛, 西本 大策, 緒方 重光,峰 和治,下髙原 理恵 .  クリティカルシンキング力の変化:領域別学習の前後における比較 .  鹿児島大学医学部保健学科紀要   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Kazuharu Mine, Rie Shimotakahara, Hyeyong Lee, Daisaku Nishimoto, Shigemitsu Ogata .  Dorsal origin of the cutaneus trunci muscle in the rat,with special reference to the tail attachment .  鹿児島大学医学部保健学科紀要   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 西本 大策, 李 慧瑛, 緒方 重光, 下髙原 理恵 , 峰 和治, 新橋 澄子,深田 あきみ .  テキストマイニングによる成長報告書の分析 .  鹿児島大学医学部保健学科紀要   2016年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 4. 深田あきみ,新橋澄子,横山美江,橋本智美,西本大策,李慧瑛,緒方重光 .  ポートフォリオ導入後の成長報告書の内容分析- 臨地実習における看護学生の内省傾向 - .  インターネットジャーナル 看護科学研究   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 2019年度大学の世界展開力強化事業学生派遣報告 中央大学校赤十字看護大学(韓国)との交流を通して

    西本 大策, 八代 利香

    鹿児島大学医学部保健学科紀要   30 ( 1 )   23 - 30   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

講演・口頭発表等

  • 西本大策、兒玉慎平、下敷領一平、指宿りえ、根路銘安仁、 西尾育子、嶽﨑俊郎 .  看護師におけるバーンアウトとレジリエンスに対する介入試験後の変化に関する研究 .  第81回日本公衆衛生学会総会   2022年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山梨(ハイブリッド)   国名:日本国  

  • 西本大策、兒玉慎平、下敷領一平、指宿りえ、根路銘安仁、 西尾育子、嶽﨑俊郎 .  臨床看護師のバーンアウトに対するレジリエンスへの介入研究 .  第80回日本公衆衛生学会総会  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京およびオンデマンド  

  • Local vegetables and decreased risk of mortality and cancer incidence in Amami .  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 嶽崎俊郎、指宿りえ、西本大策、下敷領一平 .  全死亡に対するHTLV-Iと炎症性サイトカイン遺伝子多型の交互作用に関する研究 .  第80回日本公衆衛生学会総会  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京およびオンデマンド  

  • 丹治 史也,南部 泰士,柿崎 真沙子,嶋谷 圭一,西本 大策,黒澤 昌洋  .  看護系大学における教学IR活動の実態調査 .  第41回日本看護科学学会学術集会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催(愛知)  

  • Daisaku Nishimoto, Mine Imajo, Michiko Ochiai, Shimpei Kodama, Yasuhito Nerome, Ikuko Nishio, Toshiro Takezaki .  Association between bidimensional resilience and social support, and burnout among clinical nurses .  ICN Congress  2021年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Rie IBUSUKI, Ippei SHIMOSHIKIRYO, Daisaku NISHIMOTO, Hironori MIYAHARA, Koichi TOKUSHIGE, Toshiro TAKEZAKI .  Gene and environmental factors for liver fibrosis among Japanese general population with NAFLD .  WORLD CONGRESS OF EPIDEMIOLOGY  2021年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Virtual congress  

  • Daisaku Nishimoto, Rie Ibusuki, Ippei Shimoshikiryo, Keiichi Shimatani, Toshiro Takezaki .  Restricting lipid intake awareness is not associated with lipid intake and serum lipid levels .  WORLD CONGRESS OF EPIDEMIOLOGY  2021年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Virtual congress  

  • Ippei SHIMOSHIKIRYO, Rie IBUSUKI, Keiichi SHIMATANI, Daisaku NISHIMOTO, Toshiro TAKEZAKI, for the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study Group .  Estimated prevalence of metabolic syndrome components by simulated reducing amount and frequency of alcohol intake .  WORLD CONGRESS OF EPIDEMIOLOGY  2021年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 指宿 りえ, 下敷領 一平, 西本 大策, 嶋谷 圭一, 嶽崎 俊郎 .  日本人における間食習慣と耐糖能異常との関連 J-MICC横断研究 .  第31回日本疫学会学術総会  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催(佐賀)  

  • 西本大策, 兒玉槙平, 下敷領一平, 指宿りえ, 根路銘安仁, 西尾育子, 嶽﨑俊郎 .  臨床看護師のバーンアウトとレジリエンスの関連-本土と離島の地域差について .  第79回日本公衆衛生学会総会2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 西本大策, 八代利香 .  活動報告 2019年度大学の世界展開力強化事業における中央大学校赤十字看護大学(韓国)との交流 .  第52回日本医学教育学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 西本大策,指宿りえ,下敷領一平,嶽﨑俊郎,J-MICC Study Group .  脂肪摂取制限に対する自己意識と実際の脂肪摂取量及び血清脂質値との関連に関する研究 .  第78回日本公衆衛生学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 西本 大策,兒玉 慎平,李 慧瑛,嶽崎 俊郎 .  看護師のバーンアウトに影響を及ぼす二次元レジリエンス要因の分析 .  第77回日本公衆衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 西本大策,下敷領一平,Yora Nindita,指宿りえ,緒方重光,前之原茂穂,嶽﨑俊郎 .  食生活に関する健康意識と生活習慣及び検診結果との関連に関する横断的研究 .  鹿児島農村医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 指宿 りえ, 下敷領 一平, 西本 大策, 嶽崎 俊郎 .  非アルコール性脂肪性肝疾患の経時的変化の男女差に関するコーホート研究 .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2018年10月  日本公衆衛生学会

  • 西本 大策, 兒玉 慎平, 下敷領 一平, 指宿 りえ, 根路銘 安仁, 西尾 育子, 嶽崎 俊郎 .  臨床看護師のバーンアウトとレジリエンスの関連 本土と離島の地域差について .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2020年10月  日本公衆衛生学会

  • 西本 大策, 指宿 りえ, 下敷領 一平, 嶽崎 俊郎, J-MICC Study Group .  脂肪摂取制限に対する自己意識と実際の脂肪摂取量及び血清脂質値との関連に関する研究 .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2019年10月  日本公衆衛生学会

  • 西本 大策, 兒玉 慎平, 李 慧瑛, 嶽崎 俊郎 .  看護師のバーンアウトに影響を及ぼす二次元レジリエンス要因の分析 .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2018年10月  日本公衆衛生学会

  • 西本 大策, 八代 利香 .  活動報告 2019年度大学の世界展開力強化事業における中央大学校赤十字看護大学(韓国)との交流 .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 下敷領 一平, 指宿 りえ, 西本 大策, 内藤 真理子, 若井 建志, 嶽崎 俊郎, J-MICC Study Group .  日本人一般集団における飲酒量と健診結果の関連に関する横断的研究 J-MICC研究より .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2018年10月  日本公衆衛生学会

  • 下敷領 一平, 指宿 りえ, 西本 大策, 嶽崎 俊郎, J-MICC Study Group .  アルコール1日摂取量ごとの飲酒頻度と動脈硬化関連要因との関連に関する研究 .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2019年10月  日本公衆衛生学会

  • 指宿 りえ, 下敷領 一平, 西本 大策, 嶽崎 俊郎 .  NAFLDに対する肥満とBAR2とBAR3遺伝子多型との相互作用に関する研究 .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2019年10月  日本公衆衛生学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 看護学生~新卒看護師を対象としたバーンアウト耐性形成プログラムの作成

    2022年4月 - 2026年3月

    令和4(2022)年度科学研究費助成事業(基盤研究C) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 本土と離島の臨床看護師を対象としたバーンアウト耐性形成プログラムの開発

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金(若手研究)  若手研究

 

社会貢献活動

  • 看護研究研修

    役割:運営参加・支援

    2020年6月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    鹿児島大学病院看護師を対象とした看護研究研修における会運営支援。