2021/05/27 更新

写真a

イイザサ エイイチ
飯笹 英一
Ei'ichi Iizasa
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座 助教
職名
助教
プロフィール
結核菌感染防御、ITAM関連シグナル伝達

学位

  • 博士(農学) ( 2010年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 酵母相同組換え

  • ITAM

  • 脂質

  • 結核菌

  • パターン認識受容体

  • Gap repair クローニング

  • パターン認識受容体

  • 免疫

研究分野

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

経歴

  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 助教

    2015年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   感染防御学講座免疫学分野   助教

    2003年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本細菌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本免疫学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本農芸化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本免疫学会

  • 日本細菌学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会

▼全件表示

 

論文

  • Iizasa E, Chuma Y, Uematsu T, Kubota M, Kawaguchi H, Umemura M, Toyonaga K, Kiyohara H, Yano I, Colonna M, Sugita M, Matsuzaki G, Yamasaki S, Yoshida H, Hara H .  TREM2 is a receptor for non-glycosylated mycolic acids of mycobacteria that limits anti-mycobacterial macrophage activation. .  Nature communications12 ( 1 ) 2299 - 2299   2021年4月

     詳細を見る

  • Kubota M, Iizasa E, Chuuma Y, Kiyohara H, Hara H, Yoshida H .  Adjuvant activity of <i>Mycobacteria</i>-derived mycolic acids. .  Heliyon6 ( 5 ) e04064   2020年5月

  • Ishikawa A, Miyake Y, Kobayashi K, Murata Y, Iizasa S, Iizasa E, Yamasaki S, Hirakawa N, Hara H, Yoshida H, Yasaka T .  Essential roles of C-type lectin Mincle in induction of neuropathic pain in mice. .  Scientific reports9 ( 1 ) 872   2019年1月

     詳細を見る

  • Sasaguri T, Taguchi T, Murata Y, Kobayashi K, Iizasa S, Iizasa E, Tsuda M, Hirakawa N, Hara H, Yoshida H, Yasaka T .  Interleukin-27 controls basal pain threshold in physiological and pathological conditions. .  Scientific reports8 ( 1 ) 11022   2018年7月

     詳細を見る

  • Iizasa S, Iizasa E, Watanabe K, Nagano Y .  Transcriptome analysis reveals key roles of AtLBR-2 in LPS-induced defense responses in plants. .  BMC genomics18 ( 1 ) 995   2017年12月

  • Ei'ichi Iizasa, Takayuki Uematsu, Yasushi Chuma, Hideyasu Kiyohara, Mio Kutobta, Masayuki Umemura, Goro Matsuzaki, Sho Yamasaki, Hiromitsu Hara .  Two distinct ITAM-coupled receptors recognize mycobacterial mycolic acid-containing lipids and differently regulate immune responses .  CYTOKINE100   26 - 27   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

  • Phongsisay V., Iizasa E., Hara H., and Yoshida Y. .  Pertussis toxin targets the innate immunity through DAP12, FcRγ, and MyD88 adaptor proteins. .  Immunobiology222 ( 4 ) 664 - 671   2017年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phongsisay V, Iizasa E, Hara H, Yoshida H .  Pertussis toxin targets the innate immunity through DAP12, FcRγ, and MyD88 adaptor proteins. .  Immunobiology222 ( 4 ) 664 - 671   2017年4月

  • Iizasa S., Iizasa E., Matsuzaki S., Tanaka H., Kodama Y., Watanabe K., and Nagano Y. .  Arabidopsis LBP/BPI related-1 and -2 bind to LPS directly and regulate PR1 expression .  Scientific reports   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uematsu T, Iizasa E, Kobayashi N, Yoshida H, Hara H. .  Loss of CARD9-mediated innate activation attenuates severe influenza pneumonia without compromising host viral immunity. .  Scientific reports   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 永野幸生、飯笹英一 .  相同組換えで色々できちゃうDNAクローニング .  生物工学会誌   2015年10月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phongsisay V, Iizasa E, Hara H, Yoshida H. .  Evidence for TLR4 and FcRγ-CARD9 activation by cholera toxin B subunit and its direct bindings to TREM2 and LMIR5 receptors. .  molecular immunology   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.

  • Phongsisay V., Iizasa E., Hara H., and Yamasaki S. .  3-O-sulfo-β-d-galactose moiety of endogenous sulfoglycolipids is a potential ligand for immunoglobulin-like receptor LMIR5 .  Molecular immunology63 ( 2 ) 595 - 599   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phongsisay V., Iizasa E., Hara H., and Yamasaki S .  LMIR5 extracellular domain activates myeloid cells through Toll-like receptor 4 .  Molecular immunology62   169 - 177   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasukawa S., Miyazaki Y., Yoshii C., Nakaya M., Ozaki N., Toda S., Kuroda E., Ishibashi K., Yasuda T., Natsuaki Y., Mi-ichi F., Iizasa E., Nakahara T., Yamazaki M., Kabashima K., Iwakura Y., Takai T., Saito T., Kurosaki T., Malissen B., Ohno N., Furue M., Yoshida H., and Hara H*. .  An ITAM-Syk-CARD9 signalling axis triggers contact hypersensitivity by stimulating IL-1 production in dendritic cells .  Nature Communications5   3755   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iizasa E., Mitsutomi M., and Nagano Y .  Direct binding of a plant LysM receptor-like kinase, LysM RLK1/CERK1, to chitin in vitro .  Journal of Biological Chemistry285   2996 - 3004   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hara H.,Iizasa E., Nakaya M., and Yoshida H. .  L-CBM signaling in lymphocyte development and function, .  Journal of Blood Medicine1   93 - 104   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagano Y., Takao S., Kudo T., Iizasa E., and Anai T .  Yeast-based recombineering of DNA fragments into plant transformation vectors by one-step transformation .  Plant Cell Reports26   2111 - 2117   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iizasa E. and Nagano Y. .  Highly efficient yeast-based in vivo DNA cloning of multiple DNA fragments and the simultaneous construction of yeast/ Escherichia coli shuttle vectors .  Biotechniques40   75 - 83   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 免疫ペディア〜101のイラストで免疫学・臨床免疫学に強くなる!

    飯笹 英一, 原博満( 範囲: Keyword7 抗原認識とプロセシング)

    羊土社  2017年6月 

講演・口頭発表等

  • 飯笹 英一 .  結核菌脂質ミコール酸を認識するパターン認識受容体とその免疫制御 .  第43回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  2019年9月 

  • 飯笹英一, 植松崇之, 清原秀泰, 中馬康志, 久保田未央, 三山英夫, 梅村正幸, 松崎吾朗, 山崎晶, 吉田裕樹, 原博満 .  結核菌脂質を認識するDAP12会合型ITAM関連受容体の免疫制御 .  第2回抗酸菌研究会  2017年11月 

  • 原 博満, 飯笹 英一, 清原 秀泰, 中馬 康志, 梅村 正幸, 山崎 晶, 松崎 吾朗, 吉田 裕樹 .  アルツハイマー病脳内炎症の中核機構に迫る ITAM共役型受容体による抗酸菌脂質の認識と自然免疫応答の制御 .  Dementia Japan  2017年10月  (一社)日本認知症学会

  • 笹栗 智子, 田口 徹, 村田 祐造, 小林 希美子, 飯笹 さやか, 飯笹 英一, 津田 誠, 平川 奈緒美, 原 博満, 吉田 裕樹, 八坂 敏一 .  IL-27による感覚閾値の調節 .  日本生理学雑誌  2019年2月  (一社)日本生理学会

  • 飯笹 英一, 三山英夫, 豊永憲司, 原博満 .  ITAM-Card9経路のGM-CSF受容体シグナルへの関与 .  第84回インターフェロン・サイトカイン学会  2019年8月 

  • Iizasa E, Uematsu T, Chuma Y, Kiyohara H, Kubota M, Umemura M, Matsuzaki G, Yamasaki S, Hara H .  The function of a DAP12-associated receptor recognizing mycobacterial lipids .  日米医学協力計画 抗酸菌専門部会 第52回日米合同部会  2018年3月 

  • Two distinct ITAM-coupled receptors recognize mycobacterial mycolic acid-containing lipids and differently regulate immune responses .  The 5th Annual Meeting of the International Cytokine and Interferon Society  2017年10月 

  • Iizasa E, Uematsu T, Chuma Y, Kiyohara H, Kubota M, Umemura M, Matsuzaki G, Yamasaki S, Hara H .  Two ITAM-coupled receptors recognizing Mycobacterial mycolic acid-containing lipids and having the different roles .  第46回日本免疫学会学術集会  2017年12月 

▼全件表示

受賞

  • 第85回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会

    2021年5月   ベストプレゼンテーション賞 銅賞

  • 第2回抗酸菌研究会ベストプレゼンテーション賞

    2017年11月  

    飯笹 英一

共同研究・競争的資金等の研究

  • βcサイトカイン受容体のシグナル伝達におけるITAM-Card9経路の役割解明

    研究課題/領域番号:20K07551  2020年4月 - 現在

    日本学術振興会   科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    飯笹 英一

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  • キチンによるII型免疫応答の分子制御機構解明

    2019年1月 - 2019年12月

    biolegend Japan株式会社  LEGEND Research Grant Program 2018(後期) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:500000円

  • キチンによるII型免疫応答の分子制御機構解明

    2019年1月 - 2019年12月

    Biolegend株式会社  LEGEND Research Grant Program 2018(後期) 

    飯笹 英一

      詳細を見る

  • Th2型免疫応答誘導に関わるキチン受容体およびシグナル分子の同定

    2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • Th2型免疫応答誘導に関わるキチン受容体およびシグナル分子の同定

    2017年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究B 

    飯笹 英一

      詳細を見る

  • 敗血症におけるTREM1Lの同定

    2015年12月 - 2017年12月

    GSKジャパン  GSKジャパン若手研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 敗血症におけるTREM1リガンドの探索

    2015年9月 - 2017年3月

    グラクソ・スミスクライン株式会社  2015年度GSKジャパン研究助成 

    飯笹 英一

      詳細を見る

  • 哺乳類におけるキチン受容体の同定

    2015年4月 - 2016年3月

    民間財団等  笹川科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 結核菌を認識する新規骨髄系ITAMRの同定

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    結核菌を認識する新規骨髄系ITAMRの同定

  • 自然免疫におけるCard9シグナル伝達経路の解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  特別研究員(PD)研究奨励費

      詳細を見る

    自然免疫におけるCard9シグナル伝達経路の解明

  • ロイシンリッチリピート受容体キナーゼとそのリガンドの相互作用機構の解明

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特別研究員(DC1)研究奨励費

      詳細を見る

    ロイシンリッチリピート受容体キナーゼとそのリガンドの相互作用機構の解明

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 免疫学

    機関名:鹿児島大学

 

社会貢献活動

  • サイエンスカフェかごしま

    役割:情報提供, 運営参加・支援

    鹿児島大学若手教員サイエンスカフェ有志の会 

     詳細を見る

    種別:サイエンスカフェ

    鹿児島大学若手教員サイエンスカフェ有志の会は、市民の方々に研究の話を気軽に楽しんでもらうサイエンスカフェを行うために、鹿児島大学の若手教員を中心に結成されました。私達、有志の会は、大体2ヶ月に1度のペースで、鹿児島市内のカフェでサイエンスカフェを開催しています。また、不定期に鹿児島県内の離島やその他の地域でもサイエンスカフェを行っています。